青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「有る~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

月給~ ~有 有~ 有し~ ~有する 有する~ ~有っ 有っ~ 有り~ ~有る
有る~
~有力 有力~ ~有名 有名~ ~有様 有様~ 有難い~ ~服 服~ ~服装

「有る~」 3803, 41ppm, 2831位

▼ 有る~ (457, 12.0%)

46 ですか 33 である 26 です 24 では 1716 だから 876 か, かい, だった, は 5 だらう, でしょう, ですから, ですが, ですね 4 か無い, だが, ぢや 3 かね, だもの, でございますか, ですよ

2 [12件] かも知れない, だと, だね, であった, であるが, でございますね, でも, で御座いますが, は何, を伺つた事さ, を見, を見た

1 [183件] かい可愛い, かえ, かちょっと, かと云, かと妙, かと怪しまれる, かと私, かない, かなア, かねえ, かねえなんてねお, かね久我さん, かもしれません, かも知らぬ, かも知れぬ, かよ, から微か, か何, か或は, か杓子, か牢番, か目, か私ぁ, がどう, が全部, が消え始めた, が無い, が私, が見えん, さえわかる, じゃ, じゃあない, じゃない, じゃ私, じゃ種々, だえ, だか, だけれど, だけれども, だつた, だという, だどの, だもう, だよ, だらうから, だらう位, だろうかとも, だろうと, だ先生, だ其の, だ好, だ廊下, だ有るべき道理, だ決して, だ無礼講, であります, であろうか, であろう後世此, でございましょう, でございます, でございますから, でございまする, でございまするが, でしたらどうぞ, でしょうか, ですかい, ですな, ですワ, です先生, です夫位, です幾等探偵, です正直, です第, です若し, でないそこで, でなくもっと, とで何となく, とで到底, と同じく, と同一, と品行, と恥しく, と無い, と種々, と高等野次馬, なにか, なら借金, なら捕えたらいい, には証拠, にも注意, に対してお, に心付い, に想い附かれ, に無茶苦茶, に買わい, に驚かされた, はあなた, はおかしい, はその, はただ, はどの, はショオペンハウエル, はムッシュウ・ジッド, はルゲナンシェさん, は一枚, は今, は伊香保, は余, は先, は壁, は外部, は多少, は大, は大勢, は大阪町人, は太腿, は始めて, は定まった, は少し, は山風, は当り前, は御存じ, は拳法体術, は掴, は旧, は旧藩, は梯子段, は無い, は無理, は犯罪, は當, は真剣, は確か, は私, は聖賢, は血, は見聞, は言語, は豫, は貴方さま, は間違, は防水扉, まで無限, も不思議, も亦, も困った, も形式的, も是, も無い, も発見, やら無い, よおじ, をさぞかし, を幸, を幸い, を待っ, を御存じ, を忘れ, を承る, を洗立て, を疑, を皆, を知っ, を知らん, を知る, を見れ, を見付けやがっ, を認めた, を貝塚, を露, を頂い, んなら, サ, サ位に, ネ, 分御尋ね有る, 名也, 旨聞食し及ぶ, 曉には, 無いの, 理無し, 由聞食すに, 聰明を

▼ 有る~ (261, 6.9%)

16 すれば 7 云ふ 5 思って 4 云うので, 云って, 思う, 見えて 3 いうので, するならば, 思うの, 思ふ, 急に, 見える

2 [14件] いえば, つて質屋のく, 云うから, 云う事, 假定する, 判断するなら, 判斷するなら, 有るもの, 楚を, 無いとの, 私は, 聞いて, 見える余, 言ふ

1 [171件] いいイヤ, いう, いうが, いうこと, いうんで, いえるの, いけません他, いつて, いふ, いへば, えそん, お比丘さん, お気の毒, お雪, かや聞り, きめて, こまるわ, ころがら楚王, された信仰, したま, したら私, するを, する墨家, それは, つく, とても妙, なら実に近頃, ほんとうに, もう私, ロダンさんは, 一々私, 丘助手の, 云いましたか, 云いましたサア是, 云い兼ねて, 云う, 云うお, 云うて, 云うの, 云うは, 云うも, 云う一点, 云う伝説, 云う家, 云う役所, 云う言い伝え, 云えよう幾ら, 云えエ, 云っても, 云つても, 云ふと時に, 云ふなら, 云へ, 云り, 云われよもやそれ程, 云われる祈り, 人も, 仰しゃいました樹, 仰しゃるのは何方, 仰有る, 何か, 何でえ, 余は, 信じて, 信じました, 信じる, 信ずるが, 先島方面の, 六ツ限で, 共にあらぬ, 共に有らぬ, 其の鎖, 兼ねて, 化けて, 又髻, 反って, 取返しが, 可恐し, 同じでございます, 同じ様, 同時に身體状態, 同様であろう, 同樣, 命懸で, 国手両, 夢想権之, 好の, 弄謔とは, 心配で, 必と, 思いまして, 思いますよ, 思い後, 思うね, 思うん, 思う考えかた, 思えば, 思えれば, 思ったの, 思った金, 思つてた, 思つてゐたら, 思つて居る, 思つて見る, 思はれる, 思ひちが, 思ひます, 思ふから, 思へばこそ, 思わせたよう, 思わせられてるもの, 怪美人へ, 感じて, 有せざる, 榊原様へ, 殆ん, 為れば, 無いじゃ, 無いという, 無いとを, 申したの, 申しました, 皆, 直ぐやって来る, 知ったら見ない方, 知り其所, 知覚した, 知覺した, 私信じ, 私共も, 答えた, 答へる, 聞いたが, 聞いたがなあ, 聞いた事, 聞き庭, 自分で, 若殿様は, 裁いたん, 見えひらり, 見える此, 見え猶, 見て, 見ても, 言い伝えられて, 言う, 言うた, 言うたの, 言うの, 言うもん, 言うん, 言う程, 言う縁, 言って, 言つたつ, 言つて出, 言つて居る, 言つて生徒一同の, 言つて訴へ, 言て, 言ひたいが, 言ひたい位であります, 言ふけど, 言ふもんだ, 言るる, 言われりゃ悪い, 言出した, 詩經に, 認められて, 誰かに, 謂えば

▼ 有る~ (229, 6.0%)

7 如くに 6 ままの 5 それは 4 ままに, 而も 3 併し 2 これは, 儘に, 儘の, 如く無きが, 彼の, 是は, 此の

1 [186件] あなたに, あの泥炭, あまり長く, あれだけは, あれも, おくのさん, おのづか, お前が, お前どうか, お鍋は, この人, これが, しかも亦決して, すでに間違え, その同じよう, その後沈着い, その速力, その間に, それが, それで, それでもすべて從來做, それでも初めて, それでも各, それを, そんなもん, そんな事, たいして詩的, たとへば勇士, でも結局, どれ程の, まさか四十面, また小, まだ仕合, まま見ゆるが, もう一息, もう行ら, よろしいの, イエその, イワンデミトリチは, シカシもう, シカシ菽麦を, 一人の, 一体病人, 一寸おかしい, 一時に, 下から, 不思議じゃ, 不自然と, 世に, 之に, 之を, 些と, 今時の, 住居は, 何うかし, 何も, 何分にも, 余には, 余の, 余は, 余程広く, 働いて, 先天には, 全体に, 兩子とも, 其の新しい, 其れ, 其外には, 其奴の, 前文は, 勿論地図, 原因は, 又やがて, 又睡らん, 叔父さんは, 叔父は, 可なり, 同胞の, 問題に, 堅く締, 夏子でなく, 多くは, 多分浅草辺, 多數, 多數人, 大体において, 夫は, 奈何だい, 女房に, 好いか, 如きである, 如きも, 如きもの, 如く, 如く無き, 如く無し, 如し, 如何なる人物, 孱弱な, 宇宙に, 実は茂之, 実際是, 実際此, 實に, 寧そ此の, 少々仔細有ッ, 張る氣, 当り前です, 彼は, 往來へ, 徃來へ, 徃来へ, 御当家, 我が料簡, 手当を, 扨何樣したら, 攻掠, 政宗にも, 故に有らしめる, 故に産, 故に覆面, 斯うし, 新利根川端には, 明星の, 昨夜の, 是なら, 是の, 普通には, 朋友の, 望見す, 未だ十分, 本陣の, 村の, 歎きの種とこそ, 此に, 此処には, 此時の, 此等は, 武蔵は, 比べて, 氣の, 汝は, 江州日野の, 決氣篇に, 澄んで, 激しく泣出, 為で, 為なり, 無い時, 然しもう, 然し若しも, 然程, 然程能力, 猶其の, 生憎に, 病後とでも, 皆違っ, 直に皆掻, 知れて, 矮奴という, 禮詩春秋の, 秀子の, 私と, 私の, 竪板の, 美人は, 聞く所, 肉体も, 自ら新に, 苟も人, 若し御, 荀と, 荒仕事に, 要するに此, 要するに社會, 親の, 誠に天, 貴公などは, 貴公様の, 追, 関さんの, 預けて, 風に, 駒の, 魚は, 鷺を

▼ 有るもの~ (228, 6.0%)

1511 である, では 7 だと 54 か無い, ですか 3 であった, と見える, はただ, は有る

2 [20件] かと考へる, が浮い, じゃありません, じゃございません, じゃない, だから, だねえ, であるから, です, ですが, でない, と無い, なので, なのよ, に成る, は, は必ず, を出し, を書く, を無い

1 [119件] あり, かあはれ息子, かいいかげん, かお, かって私, かといふ説, かと云う, かと否認, かと思っ, かな西八條, かね, かエ, か三拾, か塩梅, か夢, か容易, か少し, か己, か曲者, か無え, か知らん, か私, か馬鹿, がその, がひどく, が多い, が有った, が発見, じゃァねえ, じゃア, だが, だそれ, だらうかと, だろう, だ飛びながら, で, であの, であり學海, でご, でございますか, でございますから, でしょうか, ですあの, ですから, ですねえ, ですよ, でないから, でねえ何, で何とか, で出家, で古い, で只今, で夜ごと, で是, で柳田典藏, で此の前, で無い, で無いと, で無ければ, で豐田さん, で間に合わす, で間に合わせ, で雅, で頂い, とて無い, とは同一, とも思わなかった, と信じ, と信じた, と思っ, と決め, と認め, と諒, ならずや, なら少, なら彼様, なんかは馬, にて口, にて我々日本人, によらなけれ, に對, に肖た, に船梯子, ねえお婆さん, のやう, の別, の心づく, の煩悩, の當體, はあれ, はガラクタ文士, は何, は借金, は唯一個, は巫, は常磐津, は弱し, は悉く, は東洋風, は美, は華やか, は鮮少, やらわからん, ゆえ振ッ, より同じ, をいくらか, をだまっ, をとせん方, をネエ, を口許, を差上げませう, を探求, を献上, を着ん, を通して天上, 何となり, 少からず, 有り, 有り土器形状模様中

▼ 有るから~ (220, 5.8%)

5 である 3 だとて 2 お前に, ぢや, 妙だ, 是を, 私は, 聞くの, 能く, 貴方は

1 [196件] ああし, あが, あれを, いずれは, いっとき私に, おくのさん, お前が, お前の, お勢, お勢さん, お汁, お渡し, お目, お礼まいり, こう信じ, この勢, これを, こんなドブドロ, さうし, さぞお祖母さん, じゃアお父さん私, そいで, そういうこと, そこへ, その伯父さん, その家, それからは, それだけに為, それで私, それで貴君, それを, それを以てと, た, ついこんな, ついでに, で, であったろう, でありその, であります, でありもし, どんな大, どんな筋違, なんだ, ひょっと途中, まア, もっと書い, よもやと, ストア派の, ッて, ナア, ナニ此の, ボクまで, 一寸小言, 一度で, 一所に, 一日夜中に, 一緒に, 三人ばらばらに, 世話を, 乗ったが, 二人で, 云うの, 云ふ, 人殺しと, 仕方がねえ, 他に, 何でも, 何んの, 余は, 余り無下, 余所の, 俺も, 優越の, 先へ, 先達ての, 其の又家来共, 其の用事, 其作用は, 出して, 剋殺を, 剣術は, 動も, 即ちそれ, 参った, 参詣人が, 只の, 右方贔負の, 合計六百五十位は, 周旋しよう, 嘸お祖母さん, 困って, 困ります私, 外の, 大きな声, 大悟し, 女に, 好きな, 始終心, 子は, 容易に, 寒気も, 寛り出来る, 少しも, 少し足りない, 差上げますから, 差支えは, 己が, 巴里へ, 帰って, 引出まで, 張る氣, 当人同志で, 彼も, 彼奴は, 往く積り, 待ちなましよ, 待て, 從來が, 思い切って, 恕すべきで, 或は実説, 戸を, 手が, 手も, 手放すの, 打明けて, 拒絶は, 新しいの, 既に一種, 日延を, 旦那の, 旨え, 早く行かぬ, 早やく行っ, 是れ, 是非も, 昼間ほどには, 昼間其所へ, 智光愈, 最後に, 未練で, 案内し, 止しなよ, 此方が, 殺せないの, 気だるいの, 浪人する, 灯火が, 為ない, 為方, 無は, 無暗に, 無論相当, 物見遊山にも, 独創の, 甚藏は, 生氣, 男振, 皆茶讌を, 直ぐ返討, 真逆, 眼を, 確か彼, 確実だ, 秀子が, 米を, 精神勞作より, 紳士たる, 縄も, 縦しや, 自ら新に, 自分で, 自力に, 致方は, 舟に, 若し情談, 茲に, 落着い, 袈裟文庫を, 見ると, 詳しく四季, 貴様が, 貴様も, 買いたいと, 貸して, 貸て, 身体は, 追手の, 透して, 遂, 遣って, 鉄砲を, 銭い呉れる, 開けようと, 駆出して, 黙って

▼ 有る~ (160, 4.2%)

25 無きかの 23 無いか 8 無いかの 76 無いかを, 無きかに 4 何う 3 して, ないか, 無いかは, 無しか, 知らんと 2 無いかも, 無しの, 知らぬが, 知れない

1 [58件] え上, この評定, そもそも已に, どうか, どうかと, ないかという, ないかも, なきかの, なきかを, ねえか, はりに, ツて, ヤイ此ん, 万一したら, 不埓, 何うじゃ, 分らぬという, 君は, 否かを, 否やを, 咎めたらこそ, 困るな, 坐んなよ, 太え, 弟か, 必定心有っ, 教えろ声, 此の, 母様どういう, 浄めて, 無いかが, 無いかぐらいに, 無いかさえも, 無いかと, 無いかという, 無いかといふ, 無い程, 無からう, 無きか, 無きに, 無しじゃ, 物を, 真にお, 知らんが, 知れぬの, 知れぬ事, 知れねえから, 知れねえやう, 私こそ, 素顔で, 総て分ります, 自分で, 若しくは作用, 見せとくなれ, 誰のだ, 謝罪と, 赤ら顔の, 頭巾を

▼ 有る~ (141, 3.7%)

1815 です 10 ですか 9 だよ 8 だから 5 じゃない, だが, ですよ 4 でしょう, ですもの 3 だね, ですから 2 だし, だな, ですけど, ですね

1 [44件] じゃありません, じゃから, じゃないだろう, じゃア, だか, だからな, だからね, だからねえ, だけど, だけれども, だって, だって京橋, だで, だと, だなと, だねえ, だもの, だろう, だろうかと, だろうが, だろうキット, だッ, だトサ, だ御馳走, だ此, でございましょうか, でしょ, でしょうか, ですかと, ですかねえ, ですからね, ですが, ですきっと, ですけどね, ですっ, ですって, ですの, ですフロオマンさん, です今度, です先方, です好い, です逢いたかったが, でないから, でね

▼ 有ること~ (124, 3.3%)

5 無いこと 4 を知っ 3 である 2 だから, はある, はよく, は必要, は有, は爭, を全く

1 [98件] かと思う, かと驚きまし, か無い, がありました, ができた, ができる, が事実, が今日, が嘘, が知れた, じゃない, じゃないだろう, じや, だ, だからと, だがね, だし, であり私, であるといふ, でがん, でその, で仕方, で四五人, で戦乱, で男, とは思ふ, ないこと, ないこと告げ口, なし, ならあ, ならん, なら屍, には一, には成, には賛成, に気, に覚える, の分っ, の方, の許される, の証拠, はありません, はあるでしょう, はしるさざれ, はつまり, はなかつた, は何所, は別, は勿論, は原子爆彈, は同じ, は左, は後年, は断言, は有りません, は疑ひ得ない, は聞かぬ, は言うまでもない, は負傷, もある, も不思議, よ, をうちあけ, をお, をしめし, をふと, をも知らなかつた, を今日, を信じ, を信ぜぬ, を信用, を前, を否む, を報告, を感じ出した, を気づかなかった, を生命, を知つて, を知らす, を知らず, を知らなかった, を知らなけれ, を知らぬ, を知りませんでした, を知覚, を知覺, を確知, を示し, を聞かず, を見せ, を誌, を認め, を認めざる, を語つて, を説い, 無いことたくさん, 無からしむること是, 無し

▼ 有る~ (83, 2.2%)

4 だから 3 を知っ 2 だ, である, では, ない事, にいや, を知り, 無い事

1 [62件] か, から察, が分る, が様々, が直ちに, さえ判れ, たから, だらう, だろうと, だ奈何, で, でげしょう, でさあ, です余, で君, とて其詩, なぞ夢にも, なり, にて三歳, にや, に依る, に候え, に御座候, はありません, は何だか, は前, は決して, は爭, は知っ, は知ってる, は知つて, は知り, は罪人, は聞いてる, は自分, は見抜い, も分った, も知つて, も知らね, も確か, やら無い, よ, をも無い, を何やら, を信じ, を君, を夫, を心づい, を忘れ, を思い出し, を思い出した, を是, を申, を申せ, を發見, を直ちに, を知らず, を聴く, を話した, を述べし, 否之, 無い事告口

▼ 有る~ (79, 2.1%)

10 違いない 7 相違ない 4 しても 3 任せて, 違い無い 2 きまって, 依て, 依りて, 違ひない, 關らず

1 [42件] あらざれば, あらずして, あらずば, お住居, お勢, きまつて, しましてからが, しろ又, せよ不利益状態, せよ今, せよ其の, せよ少く, ちがいない, またその, ア有る, 人が, 似たり, 原因すとの, 同じ, 因りて, 委ねなば, 就いて, 幹事と, 拘はらず其理論, 極た, 極つて, 極ッ, 由つて出頭を, 由る, 相違無から, 違いなかろ, 違いは, 違い有りません, 違えねえ, 違えねえん, 違えねえ彼様, 違ひ無い, 関らず, 關はらず, 非ざれ, 非ずして, 髣髴たる

▼ 有るよう~ (64, 1.7%)

3 だが, な気 2 だし, な無い, に, に私, に考えられ, 相聞え

1 [46件] か無い, じゃない, だったらわすれないで, だ善藏, だ夫, である, でございますから, です, ですが, でただ, でない, でなく, でまた, で全く, で無い, で無いもの, で無いよう, で立て, で貴方, と, なそれでいて, なら今夜, な心持, な感じ, な氣, にあの, にせめて, にどうどう, になった, にぼく, にも思いました, にも見える, にゆさゆさ, に大, に妄信, に思う, に思われた, に来, に海境, に目立つ, に精神, に考える, に見え, に見えた, に記憶, ね

▼ 有るので~ (56, 1.5%)

3 せう, それが 2 あつた, 己らあ, 有らう

1 [44件] あつて, お目, お関, せうそれに, そこを, どうかする, なに間違え, へえ, やがて曾根, ガツカリしました, 一人旅の, 三吉も, 何も, 入つて, 其儘に, 別して深く, 到頭ご覧, 十分に, 参って, 又市, 合力という, 唯縄, 始めの, 実は昨日, 幽霊という, 当分厄介に, 後の, 御座りまする, 思う通り, 是から, 是だけでも, 是で, 是非浜へ, 有る, 疝気を, 看て, 着物を, 私は, 茲に, 覗き込ん, 軽蔑と, 遂に其の, 驚いたが, 骨董を

▼ 有るもん~ (49, 1.3%)

126 ですか 3 じゃない 2 だから, だが, です

1 [22件] かい, かい疾く, かえ, かそん, かてえと, かどう, かもう, かネ正しい, か何, か卯平等根性薄弱, じゃア, だからなあ, だからね, だぞ, だな, だねえ, だよ, でげす, ですからね, ですかネ, ですね, なら

▼ 有る~ (44, 1.2%)

7 がない 6 はない 4 である 2 だ, だが, のない

1 [21件] がある, がございません, が無い, じゃがね, だから, だと, だ外, です, ですよ, です内部, でない, ないから, なの, なのに, なり, のもの, はなく, は無い, もございません, もない, も無し

▼ 有るけれど~ (40, 1.1%)

5 余は 2

1 [33件] お前さんの, その論拠, それは, カッフェーは, 一番多い, 一番小さい, 下女から, 不知案内の, 仕方が, 何う, 余が, 余の, 先年幽霊塔で, 全く抉る, 其の意味, 叔父の, 叩き起して, 君の, 多年検事を, 夫は, 孔墨兩家の, 断然其の, 是が, 是より, 書替, 最と, 棚の, 此は, 登る所, 破落漢, 私は, 考えると, 鍵は

▼ 有るかも~ (38, 1.0%)

4 知れない, 知れないが, 知れぬと 3 知れぬ 2 知れません, 知れませんが, 知れんが

1 [17件] しれない, しれんですね, 分らないね, 判りません, 知れずないかも, 知れないもの, 知れないよ, 知れないわよ, 知れぬが, 知れぬで, 知れぬ姿, 知れぬ怪しんで, 知れませんけど, 知れませんよ, 知れません直に, 知れん, 知れんという

▼ 有る~ (36, 0.9%)

5 からざる 3 しと 2 きか, きに, き筈, き道理

1 [20件] からざる事, からず, きであらうか, きなりと, きの変なり, きの由を, きの由仰下さる, きの由将軍家年来の, きものが, きものでは, き事, き様, き理, き譯, くと, く候, く是, し信濃守行光奉行, 恐い山, 笑な

▼ 有る無し~ (35, 0.9%)

2 じゃア, では, に係らず, はお

1 [27件] にある, によってでなく, に影響, に拘らず, に関ら, のこと, のわずらい, の如き, の論議, はその, はどの, はまつたく, は今, は別, は問題, は話, は誘導性, を尋ねます, を探る, を検, を確かめる, を見届ける, を調べさせる, 囮鮎の, 目し, 網を, 身分の

▼ 有る~ (35, 0.9%)

1 [35件] かと誰, かイエ, かネ, か何, か余, か其の, が他, が多かっ, が妾, が御陵, が続々, だ, です, です松谷秀子, でなけ, で公, で夫, とは云え, と評した, に違い, の数, はほか, は千年, は大方, は妾, は実正, は百人, は結縁, は育児院, は誰, は軽, をお抱え, をとり巻い, を作ろう, 爾し

▼ 有る~ (33, 0.9%)

3 だから

1 [30件] から頼まれました, がある, が居ます, が此, が秀子, が習い, が隨分去年, た思いませんでしたもの, だ, です, でなくさ, でなくては, で容貌, で無ければ, とてそれなら, となれ, と思います, と無い, なりそれ, にし, になつて頭角, には有る, にまで招状, の免れ, の骨, はない, は居っ, は支払, は誰, 殊に天子

▼ 有るやう~ (31, 0.8%)

3 でないの 2 だぜ, である

1 [24件] だが, だし, で無いの, で無いやう, で無し, どう云, な心持, な気, な無い, な理由, な觀, な話, な顏, につい, になつ, に在る, に庭, に感ぜぬ, に有る, に見える, に見せかけ, に見せる, に見られたら, に誤解

▼ 有る~ (30, 0.8%)

1 [30件] ただ城門, づはないのだがそこの, 上に, 何に, 余の, 則ち, 印度洋に, 去る, 受合ひなり, 唯誠, 地方の, 實に, 射損じたるもの, 尤も注意, 当前, 悲しき世, 手水場へは, 札幌近傍に, 無きに, 無く無き, 無論である, 甚之助殿と, 知らなん, 確に, 羽後某氏の, 職として, 草苅鎌甚藏が, 誠に吾国人固有, 調べ倦ん, 陰陽分る

▼ 有る~ (28, 0.7%)

5 知る 2 慮り無しを, 見て

1 [19件] それでも身体, それでも身體, ねたみて, 云ひ, 利用し, 去る, 感ずるなりき, 欲せぬ, 甚だ忙くも, 疑は, 知つて夫有る, 知らしむれば, 要す, 見ざらん, 見るだに, 見るであろう, 見るに, 見れば, 間接に

▼ 有るという~ (27, 0.7%)

5 ことが 3 ことは 2 のは, んだ

1 [15件] ことすなわちただ, ことです, ことと, ことに, ことを, こと同時に, 事だ, 事でのう, 事は, 今一つの, 位もう, 家を, 思想と, 早速注文, 話や

▼ 有る~ (26, 0.7%)

2 するから, 足りないの

1 [22件] お呼び申し, これを, そこはね, その方, それに, 今歳, 他の, 何う, 元は, 先ず悲, 勝手は, 又君, 夫なら, 妻の, 小作も, 帰らねえ事, 度々屋敷, 月番だ, 様々だ, 為るので, 為るもん, 茶は

▼ 有るけれども~ (24, 0.6%)

2 それは

1 [22件] こういう考え, そればかり, 人間社会の, 何にも, 其の日, 其の考, 其数は, 利休が, 吾人が, 墨を, 大抵の, 彼の, 旅へ, 既に其の, 昔と, 猶且一年, 眞達さんまでも, 若し途中, 言わないの, 随分ざま, 非戰主義, 餘り

▼ 有る~ (24, 0.6%)

4 がよい 2 では

1 [18件] お二人, から詮議, がありました, が井戸, が当然, が才川, だとは, でございました, でございますよ, ですか, ですね, とお, とは, に注意, は, は御, もこの, を握り

▼ 有る通り~ (22, 0.6%)

4 です 2 のよう, 働くか

1 [14件] こわれない物, だ, で, でございます, でしたよ, にさせ, にというアッサリ, にといふアッサリ, に成りました, に折り, に曲げなかった, のモモ, を云ってる, 少々失礼

▼ 有るには~ (21, 0.6%)

4 有るが 3 有る 2 有るけれども

1 [12件] あるけれど, 有ったが, 有ったらしい, 有つた, 有ります, 有るから, 有ると, 有るわ, 有れど, 本当に驚きました, 相違ない, 相違無から

▼ 有る~ (20, 0.5%)

2 のもの

1 [18件] から持っ, から餘計, さえ分らな, である, と其踈大, なりといふ, にこうして, にはきつ, には有り余る, に無く, の神原五郎治, の諸国, は皆親友, へ行け, まで行かれる, を見る, を見れ, 無し

▼ 有る~ (20, 0.5%)

2 か夫

1 [18件] かそれ, だから, だと, でござる, でないと, で無ければ, にゃア仏様, はみんな, は殊に, は皆, は矢張り, もあった, をやつ, を何, を只今, を育つる, を造り, 有り

▼ 有るかと~ (19, 0.5%)

2 思えば, 思って

1 [15件] いうと, お思われ, 云うと, 云ふ, 問い詰めた, 問うた所, 思つては, 思ふ楊梅, 怪しんで, 探したが, 疑がって, 考えたん, 聞えた, 聞くの, 魂消ましけ

▼ 有るといふ~ (19, 0.5%)

4 ことが 2 ことは

1 [13件] ことすな, ことと, ことに, ことを, こと同時に, 事で, 事実である, 人も, 可き, 場合です, 時は, 異論も, 訳だらう

▼ 有るところ~ (18, 0.5%)

2 にはある, には有る, のこの

1 [12件] から籠城中, がクレオパトラ, と相, なし, にし, には有り過ぎる, の例, の官能, の情, の文化, の財産, を見れ

▼ 有る~ (18, 0.5%)

1 [18件] だけかも知れん, だけそれ, にせず, には下手, には有る, に通す, はどう, は一人, は同好, は必ず, は支配, は有る, は相談, は腸胃, は良い, は菜, も直き, や無い

▼ 有る~ (17, 0.4%)

3 な気

1 [14件] だ, である, な家, な心持, な話, な顔, に, に云う, に千世子, に思います, に思われまし, に感じ, に申しました, に記憶

▼ 有るとも~ (16, 0.4%)

4 無いとも

1 [12件] 全くの, 同じ一課, 大有り, 大有りだ, 定めは, 思はれないぢ, 招くに, 持って, 敵陣を, 見認め得ませんが, 言った, 言へる

▼ 有るとか~ (14, 0.4%)

2 無いとか

1 [12件] すると, 云う話, 云う話しを, 六號室には, 器量が, 官員に, 本體, 様子の, 無いとかいう, 申しまして, 相続人が, 財産が

▼ 有るのに~ (14, 0.4%)

1 [14件] お前さん方は, だな, 傍に, 先生方が, 其蝦夷を以て, 周囲の, 和賀郡には, 斯う, 極って, 無いよう, 牢を, 町には, 逢つ, 鶯その他の

▼ 有るわけ~ (14, 0.4%)

2 では

1 [12件] じゃなし, だ, である, です, ですね, でも, で従って, なもの, なん, には行きません, のもの, もない

▼ 有る~ (14, 0.4%)

5 では 3 のもの 2 でも 1 じゃア, です, で其時其人其事情, は無い

▼ 有る~ (13, 0.3%)

2 のせえ, よし無きも, 無いも, 猶無き 1 善し有らざる, 壊頽振, 此土人の, 話中出る, 誰か

▼ 有るかの~ (12, 0.3%)

4 やうに 3 ように 1 如き誤解, 如くに, 如く遠く, 様に, 由其疑有り

▼ 有る~ (12, 0.3%)

32 えし 1 えが, えがね, えと思う, えナニ免, え己, え抜く, え汝

▼ 有るんで~ (12, 0.3%)

1 [12件] がすが, げすが, げすぜ, さあね, せう, せうが, それだけの, ノートに, 俺も, 僕の, 持ったもの, 本当に後でお

▼ 有るじゃ~ (11, 0.3%)

3 ありませんか, ないか 1 それに又少し, なし, アない, アねえか, ア御座いません

▼ 有るそう~ (11, 0.3%)

21 だ, だな, です, ですが, ですそれ, ですね, でねえ斯, で私, ね

▼ 有るばかり~ (11, 0.3%)

2 だと, である 1 あまつさえ御身, でなく日本人, で世に, で其外, で如何, で斯ん, で無く

▼ 有る限り~ (11, 0.3%)

1 [11件] の人間, の力, の島人, の永い, の激情, の田畑, の艪, の音声, の音聲, はどう, を尽した

▼ 有る~ (10, 0.3%)

1 から取っ, から漬物屋, でありまして, でポッポ, で先松源, で此処, で身請, に作る, の国家, は変化

▼ 有る~ (9, 0.2%)

3 有るぞ 1 え, ウ, 其の方, 古生層黒雲毋花崗岩絹雲毋片岩角蛮岩, 棚の, 狭い穴

▼ 有るだけの~ (9, 0.2%)

1 ものを, 効果を, 団子を, 帆を, 意志の, 愛嬌を, 智慧絞っ, 材料から, 話である

▼ 有るのみ~ (9, 0.2%)

2 なり 1 だった, であった, である, では, で此派, なの, なるを

▼ 有る~ (9, 0.2%)

1 にかの, にたった, にちょうど, には行方不明, にも古い, に入れ, に其の, に大, に花壇

▼ 有る其の~ (9, 0.2%)

1 代り其の, 家は, 文字を, 方と, 方は, 様な, 背後から, 財産は, 額が

▼ 有る~ (9, 0.2%)

1 かネ, だで, では二号, という家, によく, に生まれた, の前, は, を見

▼ 有る~ (9, 0.2%)

4 は存在 2 その私 1 の紛失, は未だ, もそう

▼ 有るからと~ (8, 0.2%)

2 云って 1 いうので, いった, いつて, 云うて, 教えられて, 謂うて

▼ 有るだけ~ (8, 0.2%)

1 だ, であった, で其後, で自分, なもん, 出して, 寄つても, 御出し

▼ 有るとは~ (8, 0.2%)

1 お浦, 云わせぬ仮令, 何故でしょう, 余を, 先刻秀子が, 决し, 思はれぬ其上大洞, 昔から

▼ 有る人間~ (8, 0.2%)

1 が今日, じゃア, だ己, であること, であるといふ, でも無し, と頸, に何

▼ 有る~ (8, 0.2%)

2 のもの 1 なり今年夏, のお, の菊, 元氣, 又それ, 嬉しいまあ

▼ 有る~ (7, 0.2%)

3 やありません 2 やない 1 やねえか, やらう

▼ 有るはず~ (7, 0.2%)

3 がない 1 だ実際, であるから, のもの, はない

▼ 有る~ (7, 0.2%)

1 さ一番大切, だから, だ男, でございますから, で評判, を嫉ん, 素より剛胆

▼ 有る言葉~ (7, 0.2%)

1 が必ず, だ, でそれ, のやう, の意味, はきこえません, を承る

▼ 有る~ (6, 0.2%)

1 勢の, 名前ぢや, 品でも, 政の, 浦の, 筆さんは

▼ 有るかを~ (6, 0.2%)

1 もはや察せられた, 告ぐるもの, 極め今尚, 知悉し, 見る可, 語つてゐるで

▼ 有るとの~ (6, 0.2%)

1 こと, ことだ, ことだった, 事で, 事です, 相違に

▼ 有る以上~ (6, 0.2%)

1 は中間, は之, は其際, は朋友, は皆以, は細大

▼ 有る~ (6, 0.2%)

1 が言葉, に及ぶ, は人相, は其, は思う, は自分

▼ 有る~ (6, 0.2%)

1 が咒語, が総て社員, で充分, は予て, ほどの宝, も輪田夏子

▼ 有る秀子~ (6, 0.2%)

1 が夫, の常に, の衣服, は権田, は驚い, も甚

▼ 有るけど~ (5, 0.1%)

1 こうみる, なんしろ, ホヽヽヽヽ, 宮川さんは, 皆塞がって

▼ 有るとおり~ (5, 0.1%)

1 です, ですわ, にしたら, の疑問, やっといたです

▼ 有るなどと~ (5, 0.1%)

1 云う事, 人が, 昔は, 申しますが, 騒ぎを

▼ 有る~ (5, 0.1%)

1 お関, です, の事, の物, の証拠

▼ 有る~ (5, 0.1%)

1 が金, と見え, と誰, の処, は誰

▼ 有る~ (5, 0.1%)

1 そのままに, である, なり, に別に, 導きやう

▼ 有る~ (5, 0.1%)

1 だが, な器物, な竪穴, に成つた, に見える

▼ 有る~ (5, 0.1%)

1 して, に人, に偽り, に大事, に斯

▼ 有る~ (5, 0.1%)

21 だな, で自分, にし

▼ 有るからには~ (4, 0.1%)

1 おれたちふたりの, 本当にたいへんだった, 此方様は, 鋭い刃物

▼ 有る~ (4, 0.1%)

1 えましたが, えますよ, え此, なれども

▼ 有るにゃ~ (4, 0.1%)

1 有ったん, 有りますけど, 有るよ, 有るん

▼ 有るほどの~ (4, 0.1%)

1 家も, 悪戯を, 惡戲を, 金じゃ

▼ 有るものの~ (4, 0.1%)

1 下士官が, 善きを, 如く呼びたまふ, 如く応対

▼ 有るやら~ (4, 0.1%)

2 無いやら 1 お半, で家

▼ 有る~ (4, 0.1%)

1 あのね, 七日ばかり, 上の, 五升でも

▼ 有る一切~ (4, 0.1%)

2 の実在性, の實

▼ 有る世界~ (4, 0.1%)

2 を有る 1 だ, にて警察

▼ 有る道理~ (4, 0.1%)

1 がありません, であるから, で氣, はねえ

▼ 有る~ (4, 0.1%)

1 から一匹, だね, にそれ, は到底

▼ 有るかぎり~ (3, 0.1%)

1 の方法, の燭, の神

▼ 有るかな~ (3, 0.1%)

1 しばしばおも, 千里の, 困った者

▼ 有る~ (3, 0.1%)

2 うだ 1 うです

▼ 有るって~ (3, 0.1%)

1 えので, 事を, 云うはなし

▼ 有るつて事~ (3, 0.1%)

3 忘れちや駄目

▼ 有る~ (3, 0.1%)

1 ア, 此れ, 秀子の

▼ 有るなり~ (3, 0.1%)

1 又私, 圖中下段右より, 御心安く

▼ 有るものぢ~ (3, 0.1%)

3 やない

▼ 有るよりは~ (3, 0.1%)

2 無い方 1 無いが

▼ 有る~ (3, 0.1%)

1 あたいの, 天幕写真器械雑嚢など, 有るわ

▼ 有るを以て~ (3, 0.1%)

1 定則と, 推察せらる, 見れば

▼ 有る~ (3, 0.1%)

1 も価, も確か, を卸し

▼ 有る~ (3, 0.1%)

1 までの経験, まで何, 此の

▼ 有る~ (3, 0.1%)

1 で, で何, で風景画家

▼ 有る~ (3, 0.1%)

1 でも遽しい, の為, も自分

▼ 有る~ (3, 0.1%)

2 です 1 しにて

▼ 有る所以~ (3, 0.1%)

1 で傭主, なり, を示さ

▼ 有る~ (3, 0.1%)

1 が無い, だけを書き, をよん

▼ 有る~ (3, 0.1%)

1 の凸点, の異様, の関所

▼ 有る気遣い~ (3, 0.1%)

1 はありますまい, はない, は有りません

▼ 有る自分~ (3, 0.1%)

1 で掻き消す, などは既に, には自分

▼ 有る若し~ (3, 0.1%)

1 や秀子, 厳重に, 夫が

▼ 有る茶店~ (3, 0.1%)

2 で車 1 へ草臥れた

▼ 有る身の上~ (3, 0.1%)

1 ではなし, では無い, で負債

▼ 有るあたり~ (2, 0.1%)

1 を清い, 広き境内

▼ 有るあれ~ (2, 0.1%)

1 から左, よりは年

▼ 有るうち~ (2, 0.1%)

1 はよき, は死なねえ

▼ 有るかい~ (2, 0.1%)

1 と聞い, 三津五郎といふ

▼ 有るかなんて~ (2, 0.1%)

1 言つてゐた, 訊くん

▼ 有るからね~ (2, 0.1%)

1 お前さんも, 鶏でも

▼ 有るからねと~ (2, 0.1%)

2 お京

▼ 有るそれ~ (2, 0.1%)

1 は方言飛縁魔, は虎井夫人

▼ 有るたけ~ (2, 0.1%)

1 のフトン, は有る

▼ 有るため~ (2, 0.1%)

1 に起っ, に面白く

▼ 有るだけで~ (2, 0.1%)

1 よろしいの, 有る

▼ 有るだけに~ (2, 0.1%)

1 たまらなかった, 何かしらの

▼ 有るつまり~ (2, 0.1%)

1 伯母さんの, 友達の

▼ 有るなし~ (2, 0.1%)

1 と為す, は田舍

▼ 有るなどという~ (2, 0.1%)

2 事は

▼ 有るにや~ (2, 0.1%)

1 有らうが, 有りますけど

▼ 有る~ (2, 0.1%)

1 え, 彼よりは

▼ 有るもんぢ~ (2, 0.1%)

1 やねえ, や無い

▼ 有るゆえ~ (2, 0.1%)

1 に音, 実に容易

▼ 有るわね~ (2, 0.1%)

1 それではおじさま, それより

▼ 有るをと~ (2, 0.1%)

1 お峯, お峰

▼ 有るんぢ~ (2, 0.1%)

2 やない

▼ 有る~ (2, 0.1%)

1 ていうン, てこと

▼ 有る世間~ (2, 0.1%)

1 だからネ, の人

▼ 有る人家~ (2, 0.1%)

1 に立寄っ, に立寄つ

▼ 有る~ (2, 0.1%)

1 に綸, は情合

▼ 有る叔父~ (2, 0.1%)

1 とは既に, は余

▼ 有る古金~ (2, 0.1%)

1 で有る, を八百両何家

▼ 有る~ (2, 0.1%)

1 一つ有る, 秀子が

▼ 有る場合~ (2, 0.1%)

1 が有, に此

▼ 有る~ (2, 0.1%)

1 の静かさ, はいくら

▼ 有る~ (2, 0.1%)

1 構の, 殿様の

▼ 有る~ (2, 0.1%)

1 あがりに, を見せ

▼ 有る~ (2, 0.1%)

2 に寄せ

▼ 有る~ (2, 0.1%)

1 に独り, に買っ

▼ 有る~ (2, 0.1%)

1 だ宜しい, をこの

▼ 有る徒皆日沒~ (2, 0.1%)

2 を見よ

▼ 有る徒皆日没~ (2, 0.1%)

2 を見よ

▼ 有る意味~ (2, 0.1%)

1 ですね, のよう

▼ 有る文字~ (2, 0.1%)

1 の中, は鮮

▼ 有る既に~ (2, 0.1%)

1 當時用ゐない, 脳天などは

▼ 有る~ (2, 0.1%)

1 です既に, は貴方

▼ 有る武士~ (2, 0.1%)

1 というもの, よなどと言い

▼ 有る現状~ (2, 0.1%)

1 で見よう, のまま

▼ 有る生活~ (2, 0.1%)

1 ではなかっ, をし

▼ 有る~ (2, 0.1%)

2 もない

▼ 有る甲斐~ (2, 0.1%)

1 なしに, のない

▼ 有る~ (2, 0.1%)

1 には大きな, も有る

▼ 有る~ (2, 0.1%)

1 の話, を一帖

▼ 有る老人~ (2, 0.1%)

1 だった, を見あげた

▼ 有る~ (2, 0.1%)

1 く見る, はざる

▼ 有る~ (2, 0.1%)

1 の有る, を出し

▼ 有る~ (2, 0.1%)

1 で御座いませう, の薫

▼ 有る~ (2, 0.1%)

1 じや, の幾許

▼ 有る身分~ (2, 0.1%)

1 で了簡方, に早く

▼ 有る通り行きすぎ~ (2, 0.1%)

2 の人妻

▼1* [406件]

有るあの短冊は, 有るおい云わねえか, 有るお前は殺す, 有るお嬢様です, 有るお方じゃございません, 有るお話を申す, 有るかたかそれさ, 有るかとかわからないの, 有るかなしのあまり, 有るかはしらんけれども, 有るからこそ亭主の, 有るからじゃの惣衞, 有るからといふ洒落で, 有るからにゃア此の, 有るからのわけで, 有るからのう婆様と, 有るがと五十金を, 有るきりで思い返し, 有るくらいでは, 有るぐらいだから, 有るけどが是ばかりは, 有るけれど尚お園田, 有るな位, 有ることサッパリ飲み込めませんけれど, 有ること二所御参詣, 有るこれを汝, 有るしかも時によっては, 有るしと云うので, 有るすかんぽだから, 有る菓子に, 有るそれくらゐの, 有るそれで悉い, 有るそれに余は, 有るぞよと稻垣さまが, 有るたって此処にも, 有るたんびにお母様, 有るだけでも感謝しなけれ, 有るだけを酒に, 有るだの何だの, 有るつもりなん, 有る銘々業が, 有るといへり, 有るといふは全く病気, 有るといふ迄である, 有るとおりそれは加減蓄電器, 有るとおり太子殿下はジャルディン卿, 有るとかいふ思想の, 有るとかで英語は, 有るとしか思われない, 有るとしてゐる, 有るとしても広い国, 有るとでも思わねば, 有るとのみ存じて, 有るともさ大ありだ, 有ると共に又一面, 有るどうなすって, 有るなからんや, 有るなどでなか, 有るなどとは決して信ぜず, 有るなんて後で近所, 有るにおいては不便ながら, 有るにもせよ争われるだけは, 有るによつて大に, 有るに従って各地に, 有るに際しては都城守る能わず, 有るのにと終には, 有るのみか卻つて散る, 有るのみと信じ太古グデア, 有るの間左右する能はず, 有るの間面々に結構, 有るはじから順々, 有るばっかしで, 有るばっかりで私は, 有るほどに此方から, 有るまいことか御, 有るまだ決徹しない, 有るまで待たう, 有るまではどこかで, 有るもなあ田の, 有るもの兩端に玉, 有るもの哉と心竊, 有るもの存在するもの, 有るもの歳の行かん, 有るもんぢやござりません, 有る必ず絶對, 有るやと思はる, 有るやに候, 有るやも知らざれど, 有るゆえ織江が種々, 有るよし聞り, 有るより身心全, 有るわけぢやない, 有るんでへいもう根っから, 有るアノ家へ入, 有るイヤ詣でたか, 有るエエ余自らも人, 有るオカワイそうに我々, 有るコレ道九郎兼ねて, 有るかつ私一個, 有るスタア級の水谷派, 有るッたけのビール, 有るツ丈けの力, 有るし口惜しいくやしい口惜しい口惜しい, 有るマナ板の上, 有る見込が, 有るじゃ有りません, 有る一人の心, 有る一個は, 有る一冊の草稿, 有る一年經つても實踐, 有る一方は逃げ, 有る一束の葉書, 有る一種の芸術上, 有るに斯, 有るから見る, 有る下品なソソケ, 有るの美徳, 有る世に美人は, 有る世界唯一の名物, 有る丸い顔で, 有る丸太落しの上, 有る無い乎, 有るとなし, 有る事丈は教え, 有る事實に明々白々, 有る事彼飛川先生が天下人物, 有る事承知委細に御, 有る事故異りたる, 有る事故足下出牢の上, 有る事柄で申, 有る事業家で創業費, 有る事稀也然ども, 有る事緊要たる可, 有る二人をねたく, 有る二本の足, 有る人のもあり, 有る人ゆえそれだけの, 有る人工のすべて, 有る人民中には多少, 有る人物が, 有る今度は余, 有る仕事を爲, 有る会社員も有る, 有る但しこれは, 有るなり今, 有る何しろ目出度いよ, 有る何だつて君と, 有る何れで出来る, 有る何んとか云う, 有る何処までも云わ, 有る余温を冷まし, 有るし地図, 有ると見えまし, 有る保護して, 有るが何, 有るを申し諭し, 有る儒者の名, 有るに怪美人, 有る先生は電燈, 有る先達て美惠比丘尼が負傷, 有るも角, 有る全く自分の, 有るに継い, 有る其中に血, 有る其他裁判官も有る, 有る其扁たい所が縮れる, 有る其方に於い, 有る其様な家, 有る其横に煤, 有る其頃丁度築地カイワイ, 有る内福な事, 有る冬青の樹, 有る刀匠の鍛えであろう, 有る見には, 有る刹那だね, 有るのみち, 有る勿論此の, 有る包金を胴巻, 有る十二個の凸点, 有る印度の織物, 有る即ちそれである, 有る即時に喰付, 有る原因が附加, 有る可らずとは, 有る台所に立ちました, 有るでないよう, 有るは字書, 有るは死にません, 有るではない, 有る哉紅茶と栗, 有る唯一本の髪の毛, 有る問題に相違, 有る土偶は水戸徳川家, 有る土噐片骨器の刺さりたる, 有る土器等の發見, 有る坂田氏へ返そう, 有る塗枕の金蒔絵, 有るは百姓, 有る多数の印籠, 有る大どろぼうの, 有る大体の目的, 有る大屋で紋治, 有る大殿樣の御, 有る天秤に掴, 有るは余, 有る好い男の, 有る好学の精神家, 有る如くに立上り, 有る婦人と関係, 有るを持ち, 有るうが, 有る宝物は依然として, 有る実はナ, 有るの中, 有る家々に斎き祀り申す, 有る家柄殊に遠山權六, 有る家柄ゆえ目付の情, 有る家産を守る, 有る容子だね, 有る宿屋ではございませんで, 有るられぬ性, 有る寧ろ窶れたとも, 有るがあっ, 有る小室の前, 有る小山を攀じ, 有る小路の湯屋, 有る少年吉崎鹿之助憂死したる, 有る居間にすつこんで, 有る山蔭の大岩, 有るをさして, 有るを攀じ, 有る年配の方, 有るで妻, 有る度毎に渠, 有る影法師ぢや, 有る彼高輪田長三は天罰, 有る苗字さえ, 有る必ず終りが, 有る必要はない, 有る思い思われる仲, 有る性分か知らぬ, 有る性命から新しい, 有るが反し, 有るにて俗, 有る意不足の信, 有る態度で, 有る成効あり失敗, 有る所うち過ぎて, 有る所爲か村落, 有る扁平石噐中には網, 有るだろうが, 有る手拭をくる, 有る手段は案じ出し得ぬ, 有る拵えは野暮, 有る振りをし, 有るの放熱, 有る文句は, 有る料理屋働きを思い立った, 有るうまで, 有る方一尺ほどで扁, 有る方法ならどんな, 有る旅客を毒殺, 有る旅稼ぎだそう, 有る旨くいけば, 有る明治十五年の頃, 有るは多分, 有るならば, 有る時分には髪結床, 有る時計の音, 有る智意が反し, 有る智意不足の信, 有る最うズッと, 有る有名な人, 有る有様で平林さん, 有る本来彼の顔, 有るだから, 有る様子で入口, 有るからでも縦, 有る横庭に下りる, 有る横町を西, 有る正しく同じ人, 有る殆ど全く日頃の, 有る殊に血筋を, 有るじゃあがあせん, 有る段ぢや無い, 有る気味は悪い, 有る気持に到達出来, 有る汚い人間または, 有る決して無際限, 有るの真上, 有る法印さんだと, 有る漸く秀子の, 有るだけを塔, 有る無いといえ, 有るり秀子, 有るに博士, 有る物件は燃えぬ, 有る物故したの, 有る特に此の, 有る状態をもっ, 有るだろうとも, 有る狼藉者が来, 有る獣物ではない, 有るらしくないもの, 有るである, 有る瓦斯ほの暗き五月闇, 有るの共同, 有る生垣は有るまい, 有る生活状態の事, 有る由上に於, 有る男ゆえ面前に見る, 有る男女に從つて差, 有るで朝, 有るの眼, 有る當然なので, 有る百姓家に, 有る皮膚を流れ, 有るし此, 有るとを持っ, 有るるが, 有る知人の言葉, 有る石田は私, 有る神木は祭, 有る禪僧などは風邪, 有る私共の大切, 有る積りだがね, 有るを退治, 有る筆儀は咎, 有るも有る, 有るには必ず, 有る紀介様のお, 有る素人手品は総て, 有る結構な干菓子, 有る絶えず山に, 有る絶景の沃野, 有る緑盤は時計, 有る美術文学を通じて現, 有るでは, 有る習慣ですか, 有る者お家を覆さん, 有る者どもの居らぬ, 有る者共を沢山, 有る者善瑞有りと, 有る非耶, 有るを低く, 有る胆気も有る, 有る船頭を使, 有る若々しい朝は, 有るの思案, 有るだったもん, 有るへ潜り込ん, 有るにしろ, 有るにはあり, 有るれは, 有るの一個, 有るを振らない, 有る裁判まで受けた, 有るの葡萄園, 有る見覚えが有る, 有る親切な言葉, 有る親子の間柄, 有るを聞け, 有る計算を打ち忘れ, 有る記事の中, 有るりだ未だ, 有る証拠さ, 有る証跡と見る, 有るとせ, 有るではない, 有る貴公は貴公, 有る貴方はどなたさん, 有るひ得て, 有る趣き承り右, 有るは高級骨董, 有る輪田夏子とは誰, 有るで後, 有る迷信と僻見, 有る途端に私, 有る通りこはれない物, 有る通り外の明かり, 有る通り法師髮の月毛, 有る通り獣になりなさい, 有る通り皆後世に遺り, 有る通り貴方が私, 有るは或は, 有る釈迦如来のお, 有るのにおい, 有る鉄道の駅長, 有る銘酒を持て来い, 有る錠前に当て, 有るも是, 有る限り何回でもこの, 有る限り逢ひ通しましよ, 有る陣法螺吹立てるよう, 有る隠れたる作家, 有る即ち水火, 有る露地口に清ら, 有る音楽家として名, 有ると思った, 有るをし, 有る風通しの好い, 有るの前, 有る饂飩屋に腰かけ, 有るの方, 有る骨董を好き, 有る鬼籍というの