青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「挙げ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

指先~ ~指図 指図~ ~指導 指導~ ~指揮 指揮~ ~指摘 指摘~ ~挙げ
挙げ~
挙動~ ~挨拶 挨拶~ ~振 振~ ~振っ 振っ~ ~振った ~振り 振り~

「挙げ~」 2974, 30ppm, 3964位

▼ 挙げ~ (2428, 81.6%)

45 いる 26 見ると 22 いるの 20 これを, みると 17 ある 16 ゐた 15 いた, ゐる 14 みよう 11 おこう, 彼の 9 それを, ゐるの 8 見よう 6 あった, いるが, いること, しまいました, 泣いて, 笑った 5 しまった, みる, 下さい, 御覧なさい, 数うる, 私の, 答えた, 説明し

4 [18件] おきたい, おく, しまえ, みても, みますと, みれば, ゐたが, 合図を, 居る, 数ふる, 来た, 泣きながら, 置きたい, 自分の, 見れば, 言った, 言わん, 説明する

3 [27件] あります, あるが, あるの, いない, おいた, しまいましょうか, しまつ, それから, みせた, みましょう, ゐるといふ, ゐるので, 不思議そうに, 之を, 云った, 切りに, 動くなり, 向うの, 夢中で, 彼女を, 来たが, 来たの, 泣いた, 私を, 置こう, 見ますと, 言えば

2 [140件] ありますが, いえば, いたが, いたこと, いたの, いたもの, いた客, いて, いはば, います, いるから, いるん, いる両手, いる様子, うちつけに, おくに, おけば, お客を, お笑いに, きた, くれ, こちらへ, この中, これに, これへ, これらの, しまうまで, しまえば, その言葉, それに, ちょいと, ほかを, まるで別人, みた, みたが, みて, みましょうか, みますると, われらの, ゐたの, ゐて, ゐるが, ハタと, 一同を, 丁と打ち, 万歳を, 乗らないか, 予期意向の, 二階を, 互の, 京都に, 代助, 体に, 何か, 余を, 僕の, 僕を, 出発した, 別荘番の, 前途を, 動く也, 卓の, 印を, 口を, 叫びました, 叫んだ, 叫んで, 合図した, 呟いた, 呼んで, 声を, 大声に, 天に, 女の, 如何に, 妻の, 宰相に, 尽く海外, 居たつけ, 己が, 彼に, 彼らは, 彼を, 彼女の, 成されたであろう, 戦争に, 扉の, 手を, 押し寄せた, 拙者の, 挨拶する, 数うべ, 昂然と, 来ようという, 梅子を, 歌を, 歓迎する, 泣きたくなった, 滔々と, 犬の, 犬は, 皆この, 皆んなを, 盛に, 睥睨す, 示さば, 私に, 移住する, 笑って, 笑つた, 罪を, 置いた, 置かう, 置きます, 置くが, 肩を, 腕を, 自分に, 自分を, 自由の, 興福寺の, 虚空を, 行きましたぜ, 行くこと, 見せた, 見せて, 見た, 見たい, 見て, 見ても, 見ます, 見る, 説明を, 読者の, 貰いたいの, 賛成し, 賛成する, 頭を, 顔中の, 鬢の

1 [1661件 抜粋] あああの, あたりを, あの号令, あの洞穴, ありましたが, あり同時に, あるね, あるもの, ある例, いい, いい気持, いささかこの, いたそう, いたまえ手, いた方, いっても, いないから, いないよう, いよいよ両, いるかを, いるであろうと, いるので, いるよう, いる三三三, いる内, いる四つ, いる新築地, いる無数, いる青年男女, おいたが, おいて, おかう, おくから, おた, おられぬが, おりさらに, お慰みを, お桃, お目, かすかに, きた職工たち, ぎょろりとした, くると, くれられたの, ぐつすりと寝, こう言い切る, こちらを, ことごとくこの, このさき如何, この十人衆, この小柳生, この恐ろしい, これこそ, こんなこと, さながらトキ, しきりにキョロ, しまうと, しまったの, しまひそして, じいっと見入っ, じっと新蔵, じやんけ, すべてに, そちらの, そのまま文学, その並木, その位, その古, その女, その尤, その従事, その打倒論, その料理方, その研究, その脾腹, その証言, その首根, それとなくあたり, そんな事, どうかと, なだめると, にやりと父, はっきり言う, ばらふ, ふたりの, ぼんやり水の上, また猛り出した, また血眼, まつしぐら, みせると, みただけ, みたものの, みた将, みな一の, みます, みるなら, みるよりは, みんな仙太郎さんの, もしもこういう, もらへれば, やる, ゆつくり, ようが, より連, らくと, わが麾下, わたしを, われらが, ゐた時, ゐないの, ゐなかつたらしい, ゐるかの, ゐるしかし, ゐるのみ, ゐる余裕, ゐる凱歌, ゐる所, ゐる颯爽, ギニヴィアの, コノミドリヨブコトリイソノタチハキイソノタモトマイコガノミコタカノミコタカマシラマシコマシスズミノコサルと, セ, タイタニックに, ドシン, ピヨン, ベナビデスの, マルンの, ラルフが, ワーッ, 一とおりの, 一人宛順々に, 一同お迎え申します, 一度爪弾き, 一斎に, 一方の, 一瞬間呆然と, 一言に, 三度目の, 下さらないでしょうか, 下の, 不思議な, 世の, 両側の, 両雄の, 中外に, 丹念に, 久々な, 乾坤二刀の, 事に, 二三度私の, 二人の, 二足三足後退した, 云ふこ, 五千両の, 亡国と, 人々の, 人を, 人手に, 今にも小屋, 今度は, 今直に, 以来, 任意に, 何ごとも, 例と, 保証の, 俺の, 働く時, 元禄十五年の, 先に, 光り眼, 全人類, 八つまで, 公に, 共鳴する, 兵部を, 其方を, 円タクを, 冒頭に, 凡そ残虐, 函の, 制して, 制止した, 前へ, 前方の, 剣客ぞろい柳生一刀流を, 加勢に, 勇敢に, 北アルプスの, 午前三時ごろ其処を, 南条に, 厳しく戒めた, 参加しました, 友軍義貞と共に, 反駁する, 受ける, 叫びつ, 叫ぶ感激, 叫んでも, 叱咤した, 各自が, 同情し, 向うを, 吟味する, 吹き荒んで, 呉れ無人島, 周囲を, 呼びぬいて, 呼んでも, 和歌の, 哀願した, 問うて, 啼けば, 喚いた, 噴き井, 囃すので, 四方の, 回り続けて, 国際平和機構の, 均衡を, 報いた, 声は, 外来語の, 多少の, 大いに努力, 大大, 大波の, 天下の, 夫の, 奉仕させられるべく, 奥仙丈の, 女中を, 妻に, 嬉しく狂, 子供等を, 学問の, 安達君を, 実世間, 室の, 宿の, 寺部の, 将来歴史的に, 小供, 小間使の, 居たっけな, 居りますので, 屍骸に, 山頂に, 左様な見, 師匠の, 常に道時さん, 平家に, 座中を, 廉頗に, 引きあげて, 引被る, 強情に, 彼らの, 往き交ふてゐる, 待つて, 後の, 御縁, 御覧よ, 心傲る, 忙わ, 怒鳴った, 思い出したよう, 恁う, 恰で, 悉く博士, 悦ばせて, 悪に, 悶絶した, 惟行と, 愛す, 感傷性への, 憂い愁, 懺悔の, 我ながら, 戦闘せり, 手厳しく捻じ込んであります, 打ちました, 打開策を, 披露に, 拍手した, 指すといふ, 按司の, 振り廻す, 捜査しました, 探しても, 擁護の, 攻め押せた, 政府の, 救いを, 敬礼を, 数えれば, 数ふべく, 敵の, 文学書を, 料理は, 新に, 施無畏, 日に, 日本男児万歳を, 昔彼輩と, 時潮に, 智恵子の, 書棚に, 有頂天な, 朝廷へ, 机に, 村里を, 来いという, 来たよ, 来た彼, 来た者, 来ました, 来る様, 東京に, 東西の, 森本を, 檻の, 欧化時代の, 歌劇の, 歓喜に, 止まず, 此処に, 歩け, 死守しなけれ, 母親の, 比良野邸に, 気絶し, 江戸に, 沈勇な, 沿海州に, 波打際の, 泣かれたこと, 泣きだしたから, 泣き出した, 泣き出し掴まへようと, 泣き叫んだ, 泣き笑いし, 泣く者, 泣声で, 泰西風に, 流れへ, 涙を, 淋しそう, 渠らを, 滑稽めいた, 滝田君の, 火の, 灰燼に, 無言の, 照子の, 熱田口から, 父親の, 物を, 独り星氏の, 猪口を, 王宮の, 現代に, 琉球神道が, 田舎に, 申し開いた以上, 留めて, 痛惜哀悼を, 発砲一瞬まえ, 白く笑った, 皆を, 皆穢れたる, 益々私達, 目礼した, 相図, 相手の, 真に文学的, 真暗な, 真直に, 眺めた紅葉, 眼の, 睡魔の, 知らぬ, 石山に, 碑と, 示すこと, 礼を, 祝ふ, 祝賀会の, 秀吉の, 私だけ, 秋の, 空に, 空高く, 突然往来, 立ち上つて, 立つて, 竹さんの, 笑い他, 笑ったり, 笑ひ出した, 答えなければ, 節面白く, 純吉, 細君を, 統一国家と, 続けて, 繊密きわまる, 置いた方, 置くこと, 置くべきは, 置けば, 羨望した, 老先生, 股を, 腋の下を, 膚と, 自分へ, 自家の, 舌を, 花柳病に関する, 苦痛に, 茶事に, 著者其人に, 藩地に, 蚤退治の, 血の池の, 行きたいと, 行くつもり, 行けば, 行ったの, 行列を, 衝突って, 褒めるには, 見せたので, 見せようか, 見たら母, 見てくれ, 見やると, 見るもの, 見升, 覗き込む, 解釈に, 言うならば, 言つて見る, 訊きます, 許可を, 証明した, 試験の, 誅討し, 説き及ぼして, 説明すれ, 読み聞かせた, 論じて, 諸人の, 讃嘆すべき, 豆を, 責めるもの, 賊を, 賛成したくなる, 賞した, 走つて, 走る奴, 踏み殺そうと, 躍り狂うの, 車を, 軽く押し留め, 農村対策に, 近くの, 追い来たれり彼, 途に, 連中の, 道也先生を, 遠くの, 遠征の, 遥かに, 邸の, 重き瞼, 針の, 鑵の, 関心を, 阪地に, 陸軍かぶれの, 隔離病舎に, 難詰した, 静かに, 靡いた位, 鞭を, 頭巾を, 願うこと, 風俗の, 飛び起きるか, 食器と, 餌を, 馬とも, 馳け, 駈けて, 騒擾の, 高々と, 髪の, 鬼の, 麾かるること

▼ 挙げながら~ (70, 2.4%)

2 云った, 何か, 確かに, 逃げた

1 [62件] あらぬ方, いいました, いきなりそこ, うす暗い十燭, この二人, ざあざあ東側の, すたすたと, そうする, そんな手ぬるい, ちょっとの, ついて, とんだお, まっ蒼, よろよろと, グル, バラ, 一き, 云いました, 云い出した, 云つた, 代々の, 切りと, 前よりも, 半ば岩を, 危ふ, 地面に, 声を, 大型の, 大輪を, 嬉しさうに滑らか, 宙を, 寝台の, 山を, 山車の, 崖の, 悦びに, 感極まった声, 日に, 梯子投を, 検査官の, 洞穴の, 演劇の, 眉を, 私それらの, 私と, 私の, 糅然, 縁続きの, 縺れ合って, 自分の, 若くは, 若者が, 虚空を, 言った, 逃げ出した, 逃げ出すさま, 逆に, 隼の, 静かに, 顔の, 飛び立つた, 高さ凡そ十余丈

▼ 挙げたり~ (30, 1.0%)

6 して 5 した 3 足を

1 [16件] おじぎを, しが, したこと, したのに, しながら, する場合, する奇体, その様, そんな面倒, 下げたり, 声明書を, 娘が, 手帛を, 村里に, 犯人を, 鼻の

▼ 挙げても~ (27, 0.9%)

2 四千内外

1 [25件] い, いいと, いたが, なお不足, なかなか心機一転, みそのは, よい, よろしい, よろしゅうございます, ポタリポタリと, 二人の, 今の, 処女の, 善いの, 四万五六千から, 宜い, 平気だ, 式が, 挙げなくても, 未然に, 決して誤り, 田島は, 素尊は, 足を, 間違っては

▼ 挙げての~ (21, 0.7%)

2 準備は

1 [19件] お祭り, この大, よろこびの, 努力に, 努力によって, 心から, 惜別の, 所謂, 招待として, 最大の, 欧化時代その, 決意と, 火の, 熱中は, 留守と, 研究に, 研究実践といふ, 神経病時代で, 遠い旅

▼ 挙げ~ (21, 0.7%)

2 なり

1 [19件] なった, なったお, なったので, なって, なっては, なりながら, なりましたが, なるおつもり, なること, なるため, なると, なるばかりに, なる前, なれなかった, 先立って, 六波羅の, 加盟を, 行ったん, 際して

▼ 挙げては~ (18, 0.6%)

1 [18件] いられぬくらいの, いるが, きりも, ない, ないが, まだ早い, ゐないやう, 不和を, 何度も, 喜田川志津子さんに, 悪いの, 探るよう, 時々, 白い歯, 貫一を, 鉤を, 鐘を, 降ろした

▼ 挙げ~ (13, 0.4%)

2 して

1 [11件] した, したの, した壮図, しようと, する決心, やったとしても, 促した, 宣言する, 密議した, 知ると, 見た欣

▼ 挙げつつ~ (9, 0.3%)

1 あった事, ある, あるとき, あるならば, ある百貨店, ある途中, 暮して, 発展し, 話を

▼ 挙げ~ (8, 0.3%)

21 るべき問題, るる, るると, るるに, るるを, るる時

▼ 挙げその~ (7, 0.2%)

1 中第, 力を, 混乱に, 由来を, 疑問が, 詳しい説明, 非行を

▼ 挙げ~ (7, 0.2%)

1 事を, 儀か, 初めに, 大事も, 式を, 機も, 経過や

▼ 挙げ~ (6, 0.2%)

2 しないで 1 しなかった, すまいかと, まことに一時代, 初めから

▼ 挙げこの~ (5, 0.2%)

1 スイッチを, 不時の, 区別は, 学校, 蛮風に

▼ 挙げそして~ (5, 0.2%)

1 その一人, その女子, その発展, まじまじと, 沢山の

▼ 挙げてを~ (5, 0.2%)

2 ります 1 かう, られます, られる

▼ 挙げ~ (4, 0.1%)

2 へすれ 1 いさきよし, した

▼ 挙げまた~ (4, 0.1%)

1 フリントの, 他の, 実際著しき, 干し物に

▼ 挙げ~ (4, 0.1%)

1 で母親, をぎょ, をぱっちり, を上

▼ 挙げ~ (4, 0.1%)

2 をすましました 1 を, を動かし

▼ 挙げ~ (3, 0.1%)

1 ここで, ここ数回の, 起りました

▼ 挙げさえ~ (3, 0.1%)

2 すれば 1 すりゃいいわけ

▼ 挙げそう~ (3, 0.1%)

1 な構え, にしました, になかっ

▼ 挙げそれから~ (3, 0.1%)

1 地方の, 外国の, 黄金の

▼ 挙げ~ (3, 0.1%)

1 同時に彼, 決めて, 聞き夜

▼ 挙げにな~ (3, 0.1%)

1 つて, つてし, つて匠作泰時さまは

▼ 挙げ~ (3, 0.1%)

1 の手, は会社, を向き

▼ 挙げ~ (3, 0.1%)

1 に言った, はなお, は煙草

▼ 挙げこれ~ (2, 0.1%)

1 に印綬, に指揮鞭

▼ 挙げしも~ (2, 0.1%)

1 なし, 凄く色

▼ 挙げたりとて~ (2, 0.1%)

2 愚意を

▼ 挙げやすかっ~ (2, 0.1%)

1 たけれども, たため

▼ 挙げ~ (2, 0.1%)

1 かおお, か言

▼ 挙げ公演~ (2, 0.1%)

1 とし, を控

▼ 挙げ~ (2, 0.1%)

1 うるに, ふるに

▼ 挙げ~ (2, 0.1%)

2 申候

▼ 挙げ~ (2, 0.1%)

1 はどう, や陣太鼓

▼ 挙げ早々~ (2, 0.1%)

1 のヴィユウ・コロンビエ座, 広陵

▼ 挙げ次に~ (2, 0.1%)

1 蒔絵鋳金彫刻象牙細工銅器刺繍陶器各種の, 長男の

▼ 挙げ~ (2, 0.1%)

1 ゐたるは, ゐるに

▼ 挙げ~ (2, 0.1%)

1 二に, 二も

▼ 挙げ~ (2, 0.1%)

1 へ片手, を敲き

▼ 挙げ脇の下~ (2, 0.1%)

2 に垂れた

▼ 挙げ~ (2, 0.1%)

1 をたれ, を下げ

▼1* [222件]

挙げあとの世帯, 挙げあるひは, 挙げあるいは手足の, 挙げいずれもその, 挙げうるかを数理的, 挙げ内儀の, 挙げお里のひはら, 挙げかつ単に敵, 挙げかつて婦が, 挙げから義仲上洛一門都落ちの, 挙げくやしくわんわん泣い, 挙げこう甲板士官に, 挙げこっちへ引き摺っ, 挙げごはんを呑み込ん, 挙げしかも城将左衛門尉幸村の, 挙げしばらく妻も, 挙げそうして色気無しの, 挙げその間を幾度, 挙げそれを徐々に, 挙げそれ等は人工衛星, 挙げそんな方法も, 挙げただもう自分, 挙げたりなどした, 挙げちゃどうです, 挙げちやつたンですものウ, 挙げついに旧政府, 挙げてかにかくと, 挙げてからなお四五歩, 挙げてからにしろという, 挙げてからの楽しみに, 挙げてさえ頂ければ, 挙げてでもいるの, 挙げてと言うから, 挙げてれ隠しにけたたましく, 挙げぶんと, 挙げどうでもこの, 挙げなお生きて, 挙げなおも泣きじゃくりながら, 挙げながらもそれに, 挙げなめらかさや辷る, 挙げ幸殿は, 挙げばんざいと, 挙げひょいと右手の, 挙げとして得ず, 挙げむとする乎或は曰く, 挙げむよはまのあたり今日をさやけき, 挙げむ琥珀のグラス, 挙げもう一度河童へ, 挙げやうのない, 挙げやがて中室の, 挙げようにも名前, 挙げようやく事なきを, 挙げエフィゲニウス家の相続者, 挙げカヌカを斑, 挙げキッと平次, 挙げジョーンの左腕, 挙げタヴェルニエーの, 挙げフランスに対しても見事, 挙げミーチン等は, 挙げモオリス・バレスよりもマルタン, 挙げ一八七五年には自らジークブルク, 挙げ一意公に奉ずる, 挙げ一挙に六波羅, 挙げ一時に水勢, 挙げ一言半句で説き去り, 挙げ七人の新しい, 挙げ三十九章に入り, 挙げ上半身を乗り出す, 挙げ上演を禁止, 挙げ下げとも枯枝, 挙げ両手で顔, 挙げが意外, 挙げ乍ら其先は深い, 挙げ乍ら腹を擁, 挙げ乍ら話は仏蘭西, 挙げは二十八万円, 挙げ二十余名の給仕人燕尾服, 挙げ二階座敷へ近ごろ, 挙げ互に封地を, 挙げ京都所司代と江戸閣老, 挙げ今日は名, 挙げ仏国に対しても見事, 挙げ仕立おろしの, 挙げ以後の消息, 挙げ伊勢から紀井, 挙げ伸子を見, 挙げ何人を訪問, 挙げ使を洛中, 挙げ候所はその, 挙げ僅かに苦しみ, 挙げにかざせ, 挙げ欧州大陸を, 挙げ其他の模倣者, 挙げ其家乗を抄, 挙げ加減に気取った, 挙げ半ば海中に横, 挙げ南方の海, 挙げ又は気を, 挙げ絵図の, 挙げ可愛らしい名篇, 挙げ合つた銀行家が居た, 挙げを哲郎, 挙げをやぶる, 挙げ味方の諸, 挙げを極めて, 挙げに軍容, 挙げ大阪の大半, 挙げ大阪方可なり強気, 挙げ天朝を恢復, 挙げ天皇皇后両陛下, 挙げ女たちは早昼, 挙げ妃たちや家来たち, 挙げ学業も何, 挙げのうち, 挙げ家庭においてパパ, 挙げ富貴の生活, 挙げ寝言を発し, 挙げを振り, 挙げつらん, 挙げば争論, 挙げ山陰道を上つて, 挙げ岸田劉生の特に, 挙げは膝, 挙げ帆村の背後, 挙げ師匠の, 挙げを振り, 挙げ幇間にし, 挙げ幕軍をし, 挙げ幸福を増進, 挙げいような, 挙げ弊害を論ずる, 挙げ強いて事実を, 挙げ彦一の方, 挙げの顔, 挙げ彼等がそば, 挙げで管見, 挙げ後藤彦九郎は無数, 挙げ徐ろに降ろし, 挙げ得らるる仕組み, 挙げ得可き望み, 挙げ必死になつ, 挙げ悟りをひらいた, 挙げ悲しい鼻声を, 挙げを挙げし, 挙げ手拭をあて, 挙げ指揮をはじめた, 挙げ挨拶と握手, 挙げ政治的運動のため, 挙げかる書, 挙げ暗流を下りける, 挙げ最後に第, 挙げ朝廷の実力, 挙げの枝, 挙げ板垣伯に内務大臣, 挙げを去つ, 挙げ極りわるそう, 挙げの木, 挙げ歓喜の歌, 挙げ正面の僕, 挙げ死体に新, 挙げ殊更な笑, 挙げが投げ返される, 挙げ活躍するが, 挙げ渾身の力, 挙げを竹束, 挙げ熊野でも兎, 挙げ熱い意気を, 挙げ爾来この二三年間, 挙げ玉うた年初めて京都, 挙げ畢んぬ, 挙げ皆さんに宜, 挙げ皺だらけにてボタン二つ, 挙げ盛儀三日三夜のご, 挙げ目科の顔, 挙げ直ぐにまた鷲, 挙げを展, 挙げ窓越しに往来, 挙げ立卿と名づけました, 挙げ競技会のある, 挙げ笑いをこらえ, 挙げする, 挙げ紅提灯を連ね, 挙げ紅葉はエンサイクロピデイア, 挙げ純正化学者が工業上, 挙げ経済上彼のその, 挙げして, 挙げ耳目口鼻を挙げ, 挙げを蹴り, 挙げを振り駆け, 挙げを振っ, 挙げを振る, 挙げ自ら万葉調なりというこ, 挙げ自分の坐, 挙げを尽し, 挙げ紳士が, 挙げに第, 挙げ蒸汽の音, 挙げ蝦夷の方, 挙げの公宮, 挙げとさして, 挙げを振動, 挙げ袖口で涙, 挙げ装置を仰ぎ見た, 挙げ規定の声, 挙げ親族を尽し, 挙げを引い, 挙げ調和と理解, 挙げ論駁攻撃を加え, 挙げ赤子の歓び, 挙げを踏み鳴らし, 挙げ身体を屈め, 挙げ逆臣を討ち, 挙げ遂に照れ通しで, 挙げ鉄橋を渡り, 挙げに趨, 挙げ附近住民をし, 挙げにかぎり, 挙げを光らせ, 挙げ顔中に喜び, 挙げ風葉は, 挙げ飛沫は全, 挙げ鬨の声を挙げ