青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「有り~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

月夜~ 月日~ 月給~ ~有 有~ 有し~ ~有する 有する~ ~有っ 有っ~
有り~
~有る 有る~ ~有力 有力~ ~有名 有名~ ~有様 有様~ 有難い~ ~服

「有り~」 1240, 13ppm, 8264位

▼ 有りそう~ (83, 6.7%)

16 なこと 12 なもの 5 もない 2 でいて, にない, に思われる

1 [44件] かな, じゃあありません, だし, だぜ, だな, でございますね, でしたら病院, でその, でない事, で仕様, で年数物, で殆ど, で無いところ, なお, なお方, なも, なもと, なん, なトボケ, な事, な事件, な人, な処, な口元, な場処, な安東村, な宵, な感じ, な無, な笑い, な縁, な袷, な親心, な話, な連中, にありません, にした, にはない, にも思われなかった, にも思われません, に思っ, に思われ, に書け, に見える

▼ 有り~ (82, 6.6%)

23 ままに 168 儘に 5 ままを, 儘の 3 ままで, 儘を 2 ままの

1 [17件] ことと, はずに, ままお, ままが, ままなり行きの, まま伝えた, まま性の, まま書いた, まま物語っ, ようだ, ベク助だ, 儘が, 儘では, 儘な, 実, 方ばかりの, 語あり

▼ 有り~ (76, 6.1%)

12 しない 4 致しません 3 しないわ, しません, するけれど, せぬかと 2 しないか, しないと, しないよ, せん

1 [40件] しないかと, しないからと, しないが, しないさ, しないそんな, しないだろうか, しないや, しないモンペイ, しない夫婦, しない音律, しなかったでしょうね, しなかったの, しなかつた, しねえだ, しまいかと, しまいが, しまいし, しまいたって, しませぬ, しませんその, しませんでしたか, しませんよ, し無いは, し無かつ, すまいが, せぬ, せぬか, せぬが, せぬでしょうか, せんの, せんもの, せんよ, せん実は, 仕ない, 仕ないか, 仕まいかと, 仕ませんし, 仕よう, 有りまするが, 致しませんわ

▼ 有り~ (74, 6.0%)

3 いに 2 中一日, 彼は, 能く

1 [65件] これなる, これに, さばかり人, はかなき世の中, ほとほと逆, コロボツクルが, 一夜これを, 一概に論ず, 下座敷, 予は, 今文政十二己丑, 以て, 休息と, 作せるに, 其兩側に, 出入口に, 出来れる満枝, 前述の, 可怜, 各夾板, 同じほど, 咎められざら, 善を, 天八達之, 如此く, 威を, 婢どもの, 婢の, 孰より, 定まる無きは, 宛然蓮の, 富士の, 徒に目, 御許容無し, 恰も軸, 新に, 旅する, 此事を, 此所より, 此濱に, 沙汰を, 混成し, 渠は, 盃を, 笑い罵れるを, 紊れざる, 緑鮮に, 肥瘠も, 英国の, 落ちて, 表面の, 裂了りし, 見ゆるかな, 語りて, 貫一の, 貫一は, 迸れるやう, 遊戯三昧し, 銜み, 門に, 雷の, 青く耀きぬ, 面の, 飛加藤の, 首を

▼ 有り~ (52, 4.2%)

4 すれば 3 云々, 雖も 2 せば

1 [40件] いうからねえ, いえば, おぼしく幸, しも, し見ゆる箒木, するから, 云々仍つて遂に, 云ふとき, 云ふべし, 云へ, 信ずる者也, 信ぜら, 假定する, 偽るに, 在らゆる物, 思はれる, 思ふ其方, 抑へ, 教へらるる, 有ゆる, 有らゆる, 有らゆる力, 有る家々, 有る花, 油断を, 目留まれ, 知つてを, 知らる, 考ふる, 聞えた北条氏房, 聞き皆來, 若し信, 莊子の, 見ゆ, 覚れる, 言ひ張る, 言ふ, 言へる如き, 認めずし, 雖家屋の

▼ 有りがたい~ (44, 3.5%)

2 ものだ, もので

1 [40件] おことば, がいずれ, が恋愛, けどさ私達, ことだろう, ことで, ことでした, ことは, しあわせに, ところだ, ところも, と思, と思っ, と思った, と思ふ, な, なんて誰, ものである, ものでした, ものに, や, やうな, 事だ, 事と, 事を, 仰せが, 取計, 報酬では, 存在で, 客じゃ, 客じゃあ, 御時勢, 所だ, 批評も, 掛け換, 樣に, 物を, 相済まん, 神様だ, 神様を

▼ 有りがち~ (37, 3.0%)

4 な事 3 のこと 2 なこと, なの, の事

1 [24件] だから, である, であるが, であるのに, でございますから, では, でまあ, でも, でフシギ, なくせ, なこの, なしとしと, なと, なれば, な一種, な他, な偽悪趣味, な寂しい, な幻覚, な挿話, な陽気, のあぶらっこい, の戯れ言, の発作的所為

▼ 有りながら~ (33, 2.7%)

2 追ひかけ

1 [31件] お月さま, この半, さりとは, それでいて何となく, それは, それを, どうも邪慳, ほとんど色, 不幸で居る, 久遠の, 亭主の, 人が, 人に, 今と, 其の店子, 其重, 只た, 大変気に, 小雨に, 尼に, 常に自ら, 心は, 悪いこと, 有る甲斐, 注意味の, 當事者たる, 私の, 絹布を, 賑やかに, 道者へ, 酔へる

▼ 有り~ (33, 2.7%)

5 しないこと 2 しないのに, しない事

1 [24件] しないが, しない事実, しない情緒, しない林檎, しない無名, しない衣裳, しない話, しない金, しない風, しない馬鈴薯, しなかった地蔵尊, しねえで, しねえのに, しねえ悪名, しねえ粉, しねえ肥料, しねえ銭十両, しようが, せぬ下心, せぬ失恋, せぬ家財, せぬ標準語, せぬ美名, せぬ銭

▼ 有り~ (24, 1.9%)

6 とう 4 とうございます 3 とうございました, 度う 2 とう存じます 1 たがらないだろうって, たがらなかった, てえお蔭, とうさん, とう君, とう御

▼ 有りがた~ (20, 1.6%)

32 やか

1 [15件] がつて, さ, さうにいち, さうに腕組を, さが, さで, さに, さを, さ加減を, そうな, の利生, や心, 涙を, 迷惑だつた, 迷惑と

▼ 有り~ (20, 1.6%)

8 無しや 3 アしません 1 はじめの, アしない, 何でも, 倹約すれ, 否やを, 有りやと, 沢山だ, 無しやと, 無や

▼ 有りがたく~ (17, 1.4%)

2 思つた

1 [15件] おうけしたい, お受けしたい, ないし, なかつた, なくなるよ, なつて, なる, もない, 存候, 思いましたよ, 感じられるもの, 見ゆ, 覚えぬ, 頂戴し, 頂戴致します

▼ 有り~ (17, 1.4%)

2 にある

1 [15件] が更に, でありその, でありただ, としてのみ區別, には甚だ, に似る, に過, に過ぎぬ, の特異性, の眞, は茸, は過去, へ移る, より他, を嚴密

▼ 有りがたう~ (16, 1.3%)

3 ございます

1 [13件] お父さん天気さへ, ございました, ございますお蔭さま, ございますしかし, とあいさつ, と云つて, まあ一つゆ, また, ユキちやん, 今日は, 御座います, 皆さん, 都合で

▼ 有り~ (16, 1.3%)

1 [16件] お紺, 一方のみ, 兩方の, 喜代松は, 多少の, 宿願に, 店の, 当時洛中の, 成政が, 摂ニ有, 時としては, 曰く柳下恵の, 生きる自我, 聖徳太子以前に, 証拠不充分と, 貝塚の

▼ 有り~ (15, 1.2%)

4 うな 2 うぢ, へすれ 1 うで, うで無いの, うなる事, うなる話, うなる返事, う也, までは切符

▼ 有りたけ~ (15, 1.2%)

1 [15件] の人数, の兵隊, の暴言, の水, の涙, の着更, の着物, の襤褸, の金, を力杖, を尽くす, を投げ出し, を澱み, を言, 使って

▼ 有り~ (15, 1.2%)

2 のこと

1 [13件] だらう, で怪む, で頭部, なこと, な一種, な事實, な大きく, な沈, な涅槃像, な物質上, の事, の何, の出來事

▼ 有り~ (13, 1.0%)

3 はした, はせ 1 はせた, ひの, ひ麁酒差, ふ世, ふ大きな, ふ鎧, ふ長椅子

▼ 有りよう~ (12, 1.0%)

3 がない 1 が無い, だ, はない, は存じ, は師冬, は広, は都近く, もそれとなく, もない

▼ 有りさうに~ (11, 0.9%)

3 もしない生れる 1 ないので, なかつた, もない, も思はれなかつた, も無い, 思はれた, 思はれること, 思へるが

▼ 有りとも~ (11, 0.9%)

1 [11件] せぬ風, 同所にて, 思ふ, 知らず彼方, 聞かず噂さ, 自分の, 見えず, 見えずもの, 見えず護られて, 覚えざるなりき, 覚えず無し

▼ 有りさうな~ (10, 0.8%)

3 ものだ 2 もんで, 物だ 1 もので, 立派な, 談である

▼ 有り~ (10, 0.8%)

7 へんか 1 づそれまでは上方あたりに, へんな, へんよ

▼ 有り~ (9, 0.7%)

1 なったろうと, ならないん, ならなければ, なりません, なり学問, なるまいに, なるん, なるんぢ, やくやに

▼ 有り~ (9, 0.7%)

1 なので, な小言, な眼, な言葉, に云ッ, に喰わぬ, に小野さん, に眼, に見えまするで

▼ 有りやう~ (7, 0.6%)

1 がない, のない, は他所乍ら師匠, は恋情, は近頃, は鏑木さん, を地図

▼ 有り無し~ (7, 0.6%)

1 で客, について論ずる, の陽炎, は, より差表差裏, を人, を試し

▼ 有り~ (6, 0.5%)

2 こないと 1 こない, こないから, こないが, こないもの

▼ 有りがたき~ (5, 0.4%)

1 シアワセです, シアワセに, 仕合せと, 次第なり, 道理あり

▼ 有りさま~ (5, 0.4%)

1 が手, さえ想像, にアレートス, を思い出し, を詳さ

▼ 有りそれ~ (5, 0.4%)

1 について國友, には武田家, の不自由さ, へ皆町内, を決して

▼ 有り~ (5, 0.4%)

1 か心付かざるや, につき, はば同様, へば是非とも, 故由来

▼ 有り~ (5, 0.4%)

1 です, な梁, な言葉, には思われぬ, もない

▼ 有りうち~ (4, 0.3%)

2 の事 1 のこと, のちんちろりん

▼ 有りまた~ (4, 0.3%)

1 家来共にも, 是から, 歌の, 聞く暢夫江戸

▼ 有り~ (4, 0.3%)

1 しないし, しねえん, しません今, 謝って

▼ 有り~ (4, 0.3%)

1 を侵し, を拝領, を損, を索

▼ 有り其の~ (4, 0.3%)

1 上にこやかで, 中に, 訳の, 道を

▼ 有りその~ (3, 0.2%)

1 學派には, 時御, 過去の

▼ 有りとある~ (3, 0.2%)

1 ので, 物を, 磁石の

▼ 有りとの~ (3, 0.2%)

1 事いわんや, 反証出で, 趣を

▼ 有りとは~ (3, 0.2%)

1 聞いて, 見えて, 言へ

▼ 有り~ (3, 0.2%)

1 けの讃辞, を尽さう, を盡

▼ 有り余つて~ (3, 0.2%)

1 ゐると, ゐるん, をります

▼ 有り~ (3, 0.2%)

1 世界最初の, 嶺に, 村に

▼ 有り~ (3, 0.2%)

2 の壁 1 に投ずべき

▼ 有り~ (3, 0.2%)

1 いと, いと望む, く無い心

▼ 有り明け~ (3, 0.2%)

1 の情調, の月, の燈

▼ 有り~ (3, 0.2%)

2 れ誰 1 から関宿

▼ 有り殊に~ (3, 0.2%)

1 其方が, 此の, 驚き思食す所なり

▼ 有り~ (3, 0.2%)

2 れた例 1 れた言葉

▼ 有り~ (3, 0.2%)

1 いこつたとは, がつて信心, がりながら

▼ 有り難く~ (3, 0.2%)

1 思わせた, 見えるの, 頂く

▼ 有り~ (3, 0.2%)

1 る程, る身上, る金

▼ 有りさえ~ (2, 0.2%)

2 すれば

▼ 有りしかと~ (2, 0.2%)

1 云ふ, 堪へ難き恐し

▼ 有りそして~ (2, 0.2%)

1 一見した, 墨子が

▼ 有りても~ (2, 0.2%)

1 その道を, 浮田が

▼ 有りといふ~ (2, 0.2%)

1 ことも, 活用言の

▼ 有りなんと~ (2, 0.2%)

1 思いまた, 息を

▼ 有りや無し~ (2, 0.2%)

1 やの數, や九尺二間

▼ 有りようはず~ (2, 0.2%)

1 はございません, はない

▼ 有りコロボックル~ (2, 0.2%)

1 が籠, が鳥獸

▼ 有り一方~ (2, 0.2%)

1 には大和錦, には物

▼ 有り~ (2, 0.2%)

1 に戦国, は一杯

▼ 有り且つ~ (2, 0.2%)

1 其の心, 興味も

▼ 有り~ (2, 0.2%)

1 でも印度, 斯く言

▼ 有り~ (2, 0.2%)

1 て之, りの

▼ 有り~ (2, 0.2%)

1 の世, の情状

▼ 有り又は~ (2, 0.2%)

1 その身の上, 開いて

▼ 有り~ (2, 0.2%)

2 だ時間

▼ 有り場所~ (2, 0.2%)

1 が解る, まで無

▼ 有り大隈伯~ (2, 0.2%)

2 の威望

▼ 有り~ (2, 0.2%)

1 が夫, を迎えた

▼ 有り~ (2, 0.2%)

2 が有る

▼ 有り~ (2, 0.2%)

1 も其通り角, 死せば

▼ 有り~ (2, 0.2%)

1 に申し, の姿

▼ 有り~ (2, 0.2%)

1 である, をいつの間にか

▼ 有り無き~ (2, 0.2%)

1 有り上衣, 有り穿き物

▼ 有り~ (2, 0.2%)

1 けたる木片, け木

▼ 有り着服~ (2, 0.2%)

1 のもの, の物

▼ 有り~ (2, 0.2%)

1 が有り, が有る

▼ 有り茫々二千年三千年私~ (2, 0.2%)

1 もい, もいささか

▼ 有り~ (2, 0.2%)

1 を傾け, 有り春

▼ 有り限り~ (2, 0.2%)

1 の船, 取上る

▼ 有り餘つて~ (2, 0.2%)

2 居る

▼1* [289件]

有りいや, 有りかたがた非常の功, 有りかな古今無類天下不思議の, 有りがたう好過ぎる天気, 有りがたかったですよ, 有りがたからんとて, 有りがたくかたじけなしと存じ, 有りぎりに養育, 有りぎれのままザクリと手, 有りけらし, 有りけれど恐らくは半道, 有りここに得たる, 有りされどいけにへの, 有りさ一休和尚の寺, 有りしか知るに, 有りじゃ無いよう, 有りなもの, 有りそれから又年首, 有りたり猶お, 有りたりという, 有りたりとも再縁する, 有りだけの力を, 有りってんだ, 有りつけは背きますまい, 有りつてね, 有りていはそう, 有りてか有らずか, 有りでもするよう, 有りといふの意に, 有りとおもはん, 有りとか云ふ, 有りにくかろうと, 有りひたすら謙信が, 有りまあ相当の, 有りまさあね, 有りまして真鼎, 有りまたは毎年季節を, 有りまだしないの, 有りものを持ち出し, 有りやあしめえおれ, 有りやう筈はない, 有りよう筈がない, 有りわり合に考, 有り五類に, 有りチシヨンの博士会一文題, 有りツたけな生理, 有り一たび鈎を投ずる, 有り一大發作を爲, 有り一池は泥水色, 有り一片の木切れ, 有り三ヶ日丈け辛抱, 有り上衣と股引, 有り不義は御家, 有り丑剋に及び, 有り且つ大いにうまくなった, 有り且又至妙であるに, 有りの事, 有り乍ら其の罪, 有り二重三重の函, 有りの四点, 有り達れる, 有り京官であったから, 有りを茶, 有り人力も實, 有り人間の売買さ, 有り今度中門を立て, 有り今日御前に於, 有り今日沙汰を経ら, 有り仍つて戌剋御所の南庭, 有りかむかと, 有りつた, 有り余つて洋犬や三毛猫, 有り作法有り不義, 有り來つた傳統的のもの, 有り侮辱で有り, 有り候ものにてはや, 有り候ゆえお身, 有り候処は決まり, 有り候方然るべく, 有り偶然に非, 有り優劣も有る, 有り先ず大殿様, 有り全く尾の, 有り全渓にし, 有り兩種を合算, 有り兩端に在る, 有り公家より西国, 有り公平の判断, 有りれから, 有り其中にあらゆる, 有り其次を以て且, 有りり物, 有りに就い, 有り出所は甲斐西八代郡大塚村, 有り別段自分に, 有り利益や権力, 有りの多少, 有り加薩仙肥など頼母, 有り勃乎として禦ぐ, 有りに從, 有り勿論虚構の, 有り十一で小, 有りの島々, 有り即ちこれ億兆の, 有り去る建久九年重成法師之を, 有り参訴の煩, 有り右京兆監臨し給, 有り右条約中に之, 有り自彊を, 有り吉田松陰の失敗, 有り樣に, 有りを石槌山, 有り名古屋のもっと, 有り向後に於, 有り吾が所知で無き如き, 有り吾之を爲, 有り和卿三反拝, 有り哀楽ありで一部, 有り唐戸を開ける, 有り商売は陽気, 有りなら善, 有り善い教へでも, 有り善良でも有る, 有り国家将に亡びん, 有り土偶又織り物, 有り土器形状模様中には明, 有り土手下の葮蘆, 有り土石を焼く, 有り土間も小, 有り埃及王ブーシーリスの世, 有りが有り, 有りを確か, 有りに及び, 有り壯期もあり, 有りなコジツケ, 有り髷の, 有り大変が有り, 有り大小を差した, 有り和らぎ水, 有り天意は測り, 有り女房は信長, 有り結果必ず, 有り少くし, 有り婚約の定まった, 有りにし, 有り孔子懼れて, 有り宇宙廓清の最初, 有り安んぞ風船を, 有り城の, 有りの様子, 有り宿屋は焼け, 有り寤めんと欲, 有り尤も文筆を, 有り尾州領木曾山林三カ年間公儀へ借り置く, 有り有れば, 有りを取る, 有り干潟にて拾, 有り幾程を経ずし, 有り広元朝臣相触れて, 有り有れば, 有り当時は其儀, 有り形式に付き, 有り彼女と結婚, 有り往生を願う有る, 有り着すべき, 有り従って勢力も, 有り吟味の, 有り御身は鎔合, 有り必ずしも言わざるなり, 有り恐ろしくも有る, 有り惡變によつて, 有り愈々昨年に, 有りを決して, 有り意匠があった, 有り慇懃の朝恩, 有り味も, 有りは無く, 有り或は理は, 有り手当の悪い, 有りも有る, 有り才覚も有る, 有りとの事, 有りた都合, 有り既に明治四年穢多, 有り明治二十年の秋頃, 有り易い型では, 有り常に在り, 有り時としては深く, 有り時に山内左衛門尉筑後四郎兵衛尉等屏の, 有り時にはいそがしさ, 有りに當つて飛翔營作, 有り暫く左右を, 有り曰く眠り足り何ぞ, 有り最前の通り, 有り月謝束修の制度, 有り變の, 有り支有り, 有り本尊殊に霊仏, 有りに長, 有り村氣工氣匠氣乳氣の如く, 有りが幾つ, 有りであ, 有り次に帝王の, 有り正しくも有る, 有り此方には金比羅様, 有り事興を, 有り有れば, 有り有れば, 有り浄土の図, 有り清水も有り, 有り清綱相伝の物, 有りに沽, 有り漸くにし, 有り無論政宗に, 有りも勇壮果決, 有り燈明の用意, 有りして, 有り物品景色の象, 有り獸骨有りコロボックル, 有り現に平田翁は, 有り中生無し, 有り用意致す可, 有り男女老若を以て左右, 有り畫紋有り兩種, 有り皿形のもの, 有り目科も是, 有り相州修理亮東平太重胤等其座に候, 有り眞精の氣, 有り真味は乏し, 有り石庖丁の名, 有り石鏃中にも亦, 有り社会主義社会に於, 有り秀衡が跡, 有りは閣下, 有りかに父, 有り立派な紹介, 有り精しく判ずること, 有り精神状態にも消長, 有り素面の物, 有り終に大晦日は, 有りしかばおの, 有り経験も有れ, 有り結果を求める, 有り統一が保て, 有りを以て魚, 有り羣獸は晝, 有り義盛已下の亡卒御前, 有りして, 有り聰明怜悧の人, 有り股引に數個, 有りふ欠点, 有り自ら進んで, 有り興亡がある, 有り舒びる氣の生ずる, 有り色白くいと, 有りは重し, 有りえ出る, 有り蒼天に訴, 有り蝸其舎に安, 有り無くし, 有り行儀作法も心得, 有り西山の饑, 有り要するに可笑しな, 有り覆面の物, 有り誠に以て, 有り誤謬で有る, 有り諸種の飮食物, 有り赤色の色料, 有り赤飯炊ぐには, 有り亡びて, 有り車行早きだけ, 有り転末も有り, 有り辛辣峻急のもの, 有り近く同情融和会の開催築地本願寺, 有り遊歴いたし国政, 有り州雨の, 有り遠き事ながら, 有り金穀船馬も無限, 有り鉢形のもの, 有りさは, 有り障子に目, 有り雲梯等の攻城器械, 有り電信も有る, 有り青無花果の枝, 有り青藜の杖, 有り頗る松明の, 有りは梅花万春, 有り餘つて意氣とか通, 有り高金のあ