青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「方面~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

方々~ ~方向 方向~ ~方法 方法~ ~方角 方角~ ~方針 方針~ ~方面
方面~
~於 於~ ~於い 於い~ ~於ける 於ける~ ~旅 旅~ ~旅人 旅人~

「方面~」 6966, 72ppm, 1565位

▼ 方面~ (1441, 20.7%)

32 ことは 17 研究は 16 研究を 13 ことを 12 研究に 9 知識を 8 話を 7 事は 6 事を, 人々の, 仕事を, 研究が 5 ことに, 事情を, 仕事が, 才能が, 知識は, 研究の, 研究も 4 ことが, ことで, ものに, 人々が, 人々に, 人が, 仕事に, 専門家の

3 [20件] ことについては, 人々は, 人間の, 伝統を, 名士を, 学者たちの, 学者の, 山は, 情報を, 意見を, 或る, 状況を, 知識が, 知識に, 研究と, 研究には, 空を, 蝦夷を, 資料を, 開拓に

2 [87件] あること, うごきを, お方は, ことであります, ことには, たたかいも, ものが, ものは, 一流の, 事で, 事には, 事情に, 事業に, 人から, 人に, 人の, 人は, 人を, 仕事の, 代表的事業である, 係りだ, 借金また, 力の, 力を, 勉強を, 友達は, 名なる, 商人が, 問題に, 問題は, 問題を, 変った目撃談観察談, 夜の, 大家の, 大臣が, 婦人では, 学問を, 学科を, 学者が, 客は, 専門家が, 専門家では, 山の手へ, 形勢が, 意向を, 感情は, 成果を, 戦況は, 批評に, 教育を, 敵は, 敵を, 文化の, 文学の, 文獻は, 方に, 書をも, 本を, 材料によ, 材料を, 権威だ, 水害と, 海に, 海上で, 消息は, 灌漑専用の, 火勢は, 為事が, 焼けて, 理解にも, 研究にも, 科学者たちは, 秩父を, 称呼であっ, 立派な, 罹災者が, 興味に, 著書も, 話で, 話は, 話をも, 諸藩, 資料の, 避難者は, 電車の, 青空に, 高官も

1 [1002件 抜粋] あらゆる食料品屋, あるとな, ある点, いっさいの, いわゆる技術的, うごきは, うわさにも, おかげで, お話なども, かたに, けわしい情勢, ことであっ, ことと, ことについて, ことにわたって, ことや, こと僕の, ご修行, そう難者, では, どんな話, には敵, は貧民, ほうが, ほんのりと, ものだけ, ものも, も西洋, を東洋, を諸方, グループが, スパイに対しては, タイプライター屋を, トムソンとの, ハスとは, ピレーの, ムードの, ロックの, 一つの, 一役所として, 一活路を, 万才を, 不平は, 不都合な, 並木道から, 中の, 主任を, 予定を, 事がらと, 事について, 事柄については, 事柄を, 事業の, 井戸の, 交際は, 人々から, 人々を, 人たちから, 人たちにも, 人では, 人にも, 人数を, 人物から, 人足の, 人達が, 人達まで, 今川勢に, 仕事だけを, 仕事である, 仕事も, 代表に, 代表的作品と, 代表者に, 伝手が, 伝道師には, 何たるを, 何等かの, 作家から, 作戦に, 作歌に, 使いも, 例に, 依頼に, 係の, 係長を, 信仰の, 信雄の, 偉大なる, 偵察隊は, 働きばかり, 優秀な, 先生の, 先覚者の, 先駆と, 公を, 其の特長, 写真の, 出来事である, 出版物に, 利害が, 刺戟で, 創作で, 功を, 加勢に, 努力で, 努力は, 労務出資が, 動機から, 勘が, 包囲を, 区別を, 卓抜な, 博物館も, 危険なる, 原因によって, 原産で, 参考書も, 友では, 友人達と, 反感を, 叙述とは, 叢林である, 古い関係者, 古称, 史実に, 同情を, 名士さえ, 名士など, 名所めぐり, 名称は, 味方あやうし, 味方については, 味方へは, 品物を, 商人飯田行きの, 商賈出入の, 問題だけといふ, 啓示を, 噂も, 図入りの, 図書館が, 国費も, 地圖を, 地盤も, 基礎に, 基礎科学の, 報道を, 境で, 壁の, 壯觀は, 変事が, 外交記者を, 外郭には, 多大な, 夜会園遊会などに迄, 大名豪族の, 大平野, 大所から, 大通寺山には, 天分が, 天才で, 失敗で, 奨励と, 女には, 始末を, 学位を, 学問に, 学問研究に, 学校へでも, 学科に関する, 学者で, 学者達の, 學問が, 學者が, 學者は, 守備は, 安定を, 実例は, 実験には, 実験技術と, 客を, 宣伝力, 宮方とが, 寄附によ, 密貿易仲間は, 寒月氏も, 寺院には, 専門学者たちは, 専門学者の, 専門家たちも, 専門家にとっては, 専門家は, 専門家ユンゲ博士の, 専門家指導者では, 専門書が, 専門的研究眼から, 専門科学によって, 将士は, 專門家に, 小工場, 小説家では, 少くない, 山々には, 山々まで, 山に, 山並が, 山地に, 山林地帯へ, 山鬼も, 岸へ, 川が, 希望が, 希望者が, 常州水戸で, 平和を, 年とった, 広瀬を, 序, 建築材料商を, 当局者は, 形勢も, 彼の, 後援によって, 得意先へ, 御多忙も, 御才能, 徳を, 徳義を, 心ある, 心得は, 必然な, 応用を, 急である, 性質は, 情報に, 意見に, 愛好者としての, 感情の, 慈悲心は, 懐ろへ, 成果をも, 戦場で, 戦局は, 戦略が, 戦線に, 戦闘から, 戰ひ, 手で, 手は, 才能よりも, 打撃によって, 批評を, 抑えに, 指図役に, 捜索で, 捜索を, 捷報も, 接觸も, 描写を, 支店長どころサ, 支払を, 支那文化を, 改革に, 政友へ, 教授であった, 教育に, 敵二三千も, 文化が, 文化活動に, 文学には, 文献に, 文献を, 文運も, 新地点, 新鋭な, 方々と, 方々へ, 方が, 方は, 旅人ばかり, 日本人に, 春田居士は, 智識なく, 智識にかけては, 智識を, 暮れゆく, 書物だけでも, 書物までも, 書籍が, 最高峰である, 有利な, 有力者が, 有力者の, 本の, 本場へ, 材料が, 材料をも, 条件の, 板囲いの, 栄養を, 根柢を, 案内者は, 業績は, 模様を, 権威者斎藤博士に, 欲望が, 武術家に, 歴史的或は, 残敵の, 気配など, 氷見いわしの, 沢庵の, 活動だ, 活躍では, 浪人たちが, 海浜に, 消息が, 消息に, 消息を, 測定技術を, 濁った空気, 火事が, 火山の, 炎を, 為事を, 焼夷弾攻撃の, 煙りは, 熔岩流は, 熱心なる, 爆撃を, 物情も, 特色科学的な, 状勢を, 状態を, 独創的な, 現象と, 理論的研究は, 生徒らは, 生活には, 生活を, 生活様式の, 町, 異常な, 発明が, 発達も, 登山者たちの, 白沢と, 監視には, 相当な, 相談には, 眺望は, 眺望也, 知名で, 知覚と, 知識で, 知識の, 知識や, 知識人も, 研究では, 研究において, 研究に対する, 研究室との, 研究思索について, 研究者にとっては, 砲声も, 社会或は, 社会運動に, 神を, 神経を, 科学は, 科学特に, 科学的研究だけで, 科学者が, 秘密に, 称呼が, 称呼に従っても, 税金は, 空が, 空想に, 突ッこんだ, 競争が, 第一人者ローマの, 第一線視察に, 第一要義, 筆者は, 粹を, 精神作用が, 約束は, 素質を, 紹介に, 経済上から, 経験を, 統計的知識は, 総帥小早川隆景は, 総督として, 缺點や, 翻訳を, 考慮が, 考究に, 聯想も, 職場視察記も, 脈管を, 自由を, 興味を, 良きモデル, 芸術で, 苗族を, 苦労を, 草原に, 菓子屋では, 著書である, 蕎麦屋に, 蝦夷地を, 衆徒の, 行為も, 表口より, 要務は, 要求が, 要路に, 要路へ, 視察に, 観察を, 観測点が, 解決は, 討伐隊と, 記事にも, 記載を, 訛りで, 証拠も, 評議員が, 話題にも, 説を, 説術を, 読者は, 調査と, 論文で, 論者が, 論評でも, 諸家によって, 諸職, 識者の, 警察と, 議論を, 谷間にあたって, 象を, 財政に関しては, 貴顕へ, 賊を, 赤い空, 赤松勢も, 越境は, 趣味を, 踏査から, 軍司令官にな, 転向者を, 輝やかしい, 辞書の, 近郊にては, 追撃とか, 通人らしく, 通商に, 造詣深く, 進出は, 運送屋を, 道徳が, 違った仕事, 違った話, 郊外に, 郡代からは, 金策に, 釣り案内舟は, 釣興も, 鉄道管理を, 鎮魂歌も, 開拓者の, 間道国道から, 関係者は, 関係者美術家実業家などが, 閣僚から, 防ぎに, 防備を, 防禦の, 阿蘇, 院の, 陳述に, 階級的見直しを, 雁坂路から, 雲の, 電車に, 需要という, 霧の, 面振れ, 領土は, 領域との, 題目が, 類型を, 風聞の, 飛行にとりか, 驚きの, 鯰峠を

▼ 方面~ (1358, 19.5%)

49 於て 26 向って 21 於ては 13 手を 12 於ても 11 向つて 7 於いて, 興味を, 関係し, 関係の 5 せむか, 注意を, 趣味を

4 [12件] しても, むかって, 亘って, 亙つて, 力を, 向かって, 於いても, 発展し, 眼を, 知人が, 重きを, 關する

3 [20件] あって, わたって, 上陸する, 住んで, 働いて, 出て, 出動し, 向けて, 大なる, 對する, 就いて, 影響を, 活動し, 興味が, 足を, 進んで, 関心を, 關し, 非常な, 飛んで

2 [60件] あった, あったの, あらわれて, ありは, ある, いて, すぐれた人, その逃げ路, つぎ込んで, なると, ぶつかつて, パッと, 交渉したる, 伸ばさしめようと, 何か, 使用され, 傾いて, 全力を, 兵力を, 出で, 及んだこと, 各種の, 向うこと, 向えば, 向つて歩, 実行を, 對し, 就ては, 引きつけられるの, 当たって, 心を, 心得の, 急には, 於ける指導, 於ける最も, 旅行した, 有力な, 此の, 比べると, 気を, 渉って, 發展し, 知名な, 移って, 立ち而, 結びつきしは, 至っては, 航海した, 落ち激つ水, 行くこと, 行く者, 触れて, 証拠立てられて, 趣味の, 遁れ, 鋭どく働き出し, 開いた, 関係が, 限られて, 頭を

1 [955件 抜粋] あたへ, あった司馬懿軍, あまり興味, ありそう, あるか, あるかを, あること, あると, あるは, あるもの, あるや, ある一事, ある手持, ある横穴, いかにし, いくらでも, いたから, いたので, いるかも, いろいろな, いろいろ批評, うごいて, うようよし, おけると, おぼろな, お誘ひ申す, かけ大, かなりの, かなり信用, くらべると, こう使え, ことに年, この巧さ, これといふ, さがして, しましても, しりぞけウェリントン, しりぞけ更に, すこぶる明るい, すごい枝葉, する本軍, せよ人, そういう或る, その, その才能, その橋, その領域, そらすため, それが, たくさんある, たびたび押し寄せた, だいぶ身, ちらばるが, つきて, つきクール大将, とられて, ないこと, なつた, なれば, はいろうと, はっきり聞こえ出した, ひき退いた, ひっぱられて, ひろがって, ふみとどまって, またはっきり聞こえ始めた, また戦勝, まるで経験, もぐり込んでるだけに, もどきが, やかましい問題, ゆきわたって, わたった, ウンと, 一つの, 一向無頓着, 一条の, 一転した, 上海方面に, 下ると, 不具者だ, 不満を, 世界最大を, 事実の, 事実蜀軍が, 二三当っ, 二萬町歩ばかり, 互に調和, 亘つて他, 亘る, 亙り量, 交錯し, 京大の, 人を, 人目が, 人類の, 他に, 休息の, 伯林を, 伸展させ, 何の, 何等の, 使うの, 使はれ, 例を, 侵入した, 保たれながら, 修養する, 個人生活を, 偏し, 傑出した, 傾いた, 傾く者, 傾注した, 働いたの, 働かすこと, 働かせたなら社会的, 働きかける心算, 優れた作家, 先鞭を, 入り満ちて, 入り込まなければ, 入る者, 全くうとい, 全く無, 全然無, 兵力集結の, 出かけて, 出た時分, 出る新, 出動せる, 出張する, 出掛け, 出掛けるかという, 出現した, 分けること, 分割した, 分派させる, 分配する, 切込んで, 利害関係を, 利用せられ, 前進十四日敵を, 力強く根深く喰い込み, 努力し, 動いた, 動かしながら, 動機を, 勢力を, 十人ほど, 印象を, 即ち広い, 去ったらしくその後, 及びたるは, 友人が, 反省した, 古來, 同じ平然たる態度, 同情を, 名を, 向いたるが, 向い活動, 向い給うか, 向うても, 向うの, 向かうこと, 向かおうとも, 向かったこと, 向かわしめて, 向けさせたのに, 向けたらよ, 向けられたこと, 向け得ない国, 向け歐洲, 向こうても, 向っても, 向つたところに, 向つたのは, 向つて代助, 向つて吾人, 向つて灑, 向つて脱出, 向て, 向ひ, 向ふ, 君臨し, 呼びおこし, 問題を, 回った, 固まって, 在留する, 執し過ぎたこと, 場所を, 売って, 多い, 多いかと, 多くおそらく, 多くことに, 多く旅行, 多く集るだろう, 多大な, 多少の, 多少目, 大いに發展, 大きい変化, 大きな火事, 大に, 大家の, 大量出版の, 大震が, 奔馳する, 委せて, 姿を, 存するもの, 学問の, 宏大な, 害を, 實行運動の, 専門家である, 導く為, 少しの, 少なからぬ, 就いての, 就き國粹主義, 属します, 属するので, 屬する, 岐れる, 巣より, 布教宣伝した, 希望を, 幾箇所か, 廣く, 延長する, 引揚を, 強い誘ひ, 強制的に, 当て嵌まる, 当り二, 当り彼, 影響が, 彼が, 往復する, 従属し, 得たつもり, 徴発され, 必ず影響, 志す人, 応用され, 応用せられる, 思考を, 急げとか, 悠遊した, 意外の, 感じたの, 懐疑の, 我輩の, 戦機を, 所用が, 手が, 才能の, 技術教育の, 抑えとして, 拡がって, 指向せられね, 探りを, 探求した, 摺り滑っ, 撰んだため, 支那の, 敏腕な, 散って, 散在し, 散在する, 敵を, 新しい動き, 新たに, 新潮流, 於けるさまざま, 於けるモチーフ, 於ける先覚者大下君, 於ける内的実在, 於ける功績, 於ける孝道, 於ける実際, 於ける意見, 於ける日光, 於ける日本民族, 於ける活動, 於ける独立, 於ける生活, 於ける研究者, 於ける私, 於ける能力, 於ける黄金時代, 於てのみ, 旅行され, 旅行班を, 日本橋神田浅草本所などが, 日本贔屓の, 早変りを, 昂上する, 明るいほど, 是といふ, 暴動の, 曲り日本軍, 最う一つ, 本石町で, 材料を, 根拠を, 棲息する, 横た, 欠けて, 殊に民俗芸能, 氣を, 求めて, 求めるなら誰, 法則態の, 注いで, 注意する, 注目し, 洪水ばかり, 活動した, 活用せられ, 活躍する, 派遣しなけれ, 流れて, 流れ込んだ避難民, 流通し去られ, 浜田家の, 浸潤し, 深い興味, 渉つてこの, 渡れる専門的研究, 源を, 漂着し, 濃く刻みつけられ, 火急な, 炎々と, 為されてる贈賄, 無関心, 煙が, 爪先が, 物理学を, 特別の, 特殊の, 牽きつけて, 独特の, 猛運動, 現れて, 現れ場合, 現われるかと, 現立せる, 甚しく, 生じ興味, 生長し続け, 用いたもの, 用いて, 用いられて, 用いる機会, 異色を, 疑いを, 疑ひを, 疾走し出す, 発展する, 発展の, 発揮せらる, 発生し, 発達し, 発達せしめ, 發達した, 盛に, 目を, 盲目に, 相違ない, 着目すべきで, 知人を, 知識を, 研究を, 破れおよそ, 秀雄という, 私は, 移して, 移動せしめる, 積もった火山灰, 立ちたり, 立ち去った, 立つこと, 第二, 精通し, 紅葉の, 素晴らしく明晰, 経験の, 総動員され, 編入し, 緩やかな, 置くか, 聞えた烈しい, 聞こえたという, 肥えた女, 臨時演習に, 自己の, 至るかく, 興味と, 色彩を, 若い女性, 若干の, 著しい進歩, 著しく頭, 蕃客の, 蜀兵の, 蠢動し, 行きついに, 行くと, 行つても, 被害が, 見えるが, 見える一高地, 見られる現象, 解釋し, 触れました, 觸れ, 計った距離, 詳しいので, 詳しい方々, 誘き寄せるとかいう, 調和し, 責任を, 費した観察, 賊軍本営を, 賛成し, 赤い砂岩, 走って, 起こらなければ, 起こる時, 起った雷鳴, 起つた大, 越ゆる, 踏み留まり奉天, 踏み跡, 転じたり, 転向せしめたる, 転進し, 近づいて, 迷いこんで, 迷惑を, 追求されるべき, 退いて, 退却する, 逃げ去った, 逃走したらしく思わせた, 通じたらしく私, 通ずる私服刑事, 造詣が, 進だ, 進みしに, 進み東京, 進むつもり, 進む傾向, 進む歌, 進んだもの, 進出した, 進出しよう, 進展し, 進歩した, 進路を, 過ぎずともに, 過敏に, 達した頃, 配して, 重大な, 野心と, 銃声が, 銃猟に, 鍬を, 長じ, 関したもの, 関係ある, 関係してる, 關した, 降ったそう, 限つた, 限らずおよそ, 陣した, 陥り易い, 陸軍の, 隠れ埋もれた資料, 集中しうる, 雪の, 電光の, 革新の, 順序だ, 頼んだ報告, 顯はれ出た, 飛び込むだが, 餘り, 馴染みの, 驥足を, 鬱勃たる, 黒い煙り

▼ 方面から~ (816, 11.7%)

15 見て, 見れば 12 見ても 7 考えて, 見ると 6 いえば 5 出て, 考えても, 考えると 4 これを, 帰って, 観察し, 非常な 3 いろいろな, いろいろの, 來る, 考へて, 自分の

2 [48件] いうと, いっても, いふと, ここへ, しても, その, つまり各, みるとき, 下って, 二十町ばかりを, 云つても, 人手を, 今日の, 代助, 來た, 参謀本部の, 尋ねて, 平岡の, 引揚げ, 戻って, 押し出した農民, 探りを, 敵の, 日常生活の, 有力な, 木曾街道を, 木曾路を, 来る人, 次々と, 江戸へ, 父親の, 現われた, 立山へ, 筆を, 考察し, 自分を, 見ある, 見た, 見た時, 見た結果, 觀ても, 觀れ, 解いて, 解釈し, 言えば, 走って, 金を, 関係者が

1 [612件 抜粋] あいつを, あなたに, あふれて, あらわれたの, あるいは教え, いう, いうデハヅレ, いへば, いわゆる椰子小, お味方, お嬢さんの, お島, お越しに, お雛様の, きいたが, きいては, きたん, きびしく批判, くるの, こっちへと, この, この傾向, この叡山, この問題, この境界, この推定, この津軽富士, この甲府城下, この神秘, こまかく見, これへ, して, しての, しなければ, せまって, せり上げて, そういう材料, その事件, その夜, その自分, その英雄, その説, それとなく聞き込んだ, ちょうさんが, つなぎ烽火で, であるか, です一梃, でなくては, では, でも, とりあつかわれた問題, どう探し, どの方面, どんな僻遠, なお追いつい, なにか手がかり, なんらかの救助, にわかに逆転, のぼって, ぱらぱらと, ひどい土ほこり, また丹羽五郎左衛門, また二名, また多く, また尊敬, まつたく新しい, まるで俳句, みて, みても, もう一度観察, もっと普遍, やす子を, やって来るもの, やつて, わが日本, イラン高原を, エクスタシーを, オホツク海方面までも, スエズ東アフリカ方面の, チラリと, ニュートンの, パチパチと, ファラデーの, 一せいに, 一ツ橋家の, 一団の, 一彪の, 一方は, 一群の, 一言に, 三味の, 上って, 下谷を, 与えられた資料, 与八を, 世俗を, 中仙道の, 丸の内を, 九等官あたりなら, 事を, 事件が, 事実上制度を, 云うと, 云えば, 云へ, 五条へ, 京都あたりまで, 人としての, 人選の, 人間を, 代議士と, 仮借なく, 仰がれて, 伊折へ, 伏見に, 伝わって, 伴れ立っ, 伺いましょう, 何度と, 余吾西岸へ, 作物及び, 佩剣を, 來て, 供給される, 供給を, 侵入し, 俳優の, 借り受けた古帳日記, 入った, 入った警報, 入つた一種, 入つた悟者, 入ること, 入れ混, 全く遮断, 八五郎大手柄の, 八幡太郎の, 内務省の, 再婚の, 冬期に, 出たの, 出発し, 出鱈目な, 切り崩さなければ, 初めて此山稜, 加わって, 十四人の, 十曲峠に, 千島列島を, 半蔵の, 単語の, 博士を, 印度の, 印度大陸の, 危害を, 即ち夫, 取れば, 取調べて, 叡山, 古い印刷物, 古名画, 古市へ, 叫ばれたの, 各人の, 各種の, 同時に京都, 同様の, 名古屋市へ, 向っても, 向を, 四郎岳の, 埠頭の, 基督を, 堤信遠, 売り歩いて, 夜盗の, 大下画伯は, 女の, 始まったとまで, 委任され, 委員を, 存在の, 宇垣反対は, 安徽浙江に, 官民一体の, 定義しよう, 密輸入を, 寫した寫眞, 小金の, 少しずつ, 尾根伝いに, 尾瀬の, 山の, 山崎の, 山稜を, 崩しはじめる, 巣立つたらば, 工芸品や, 工藝の, 帰つて来た, 帰りがけだ, 帰るとて, 帰来する, 平等方面を, 広くこの, 府内へ, 弁護する, 引き揚げて, 強い反対, 彼に, 彼らを, 御出発, 御検討, 徴募され, 徴集される, 心を, 忍び込んで, 怒るかも, 思いがけぬ非難, 思ひがけ, 急いで, 怪しい電波, 情報が, 情報を, 意外な, 意外の, 或いは貨車, 戻った諜者, 手を, 抉り出して, 抗議を, 押寄せて, 招聘され, 指摘され, 挟み打ち, 捜して, 捜査の, 採って, 採擇, 探ること, 推しすすめて, 推して, 推定される, 推定を, 推測せしめよう, 描いて, 提出され得る, 撮影し, 攻めて, 攻めよせること, 攻究した, 政治界へ, 敗退し, 敵機が, 文化統制に対する, 文学の, 日々ここへ, 日本の, 日本本土に, 早打が, 明かである, 明かに, 易の, 昔の, 暗んじて, 暫らく遠ざからなけれ, 會津への, 有益な, 朝鮮人の, 木曾の, 木曾街道に, 来た, 来たなと, 来たには, 来たらしいので, 来た侍, 来た断片, 来た民, 来ても, 来るかなと, 来る旅びと, 来る旅びとはここから渡し船, 来る旅人たち, 来る材料, 来る電話, 来る颱風, 来襲する, 東京を, 検討し, 楠木正成が, 業績に対する, 極めて豊富, 極度に, 機関説の, 次第に分っ, 次第に多く, 歐洲人が, 此の, 此山へ, 此山稜を, 武州へ, 武田博士は, 気象報告や, 水海道へ, 水道橋を, 求める労働力, 法師野地方へ, 注意され, 注進が, 洩れ聞いて, 洲崎の, 渡りを, 温泉を, 満員の, 漁ると, 煤煙防止に, 熱心に, 父を, 爾後も, 犯人を, 現は, 現今の, 球場前を, 申告される, 疑問を, 疾駆し, 登ると, 登るに, 登る人, 皈つたら, 直接間接に, 相当に, 相手を, 真面目な, 真黒に, 眺めかなり, 眺めて, 眺めては, 着いて, 短詩形の, 研究し, 研究すべき, 研究済みの, 研究観察し, 確聞した, 磯五の, 神楽坂へ, 神職に, 秀吉の, 私の, 私は, 税が, 空前の, 空襲を, 突然に, 立証し得られる, 立証する, 競進の, 答解し, 箱根に, 粋なる, 経済的に, 絶え間なく, 続々と, 網羅し, 綾子の, 縦走し, 美しくしよう, 美濃の, 老年中年青年少年の, 考えたこと, 考えただけ, 考えたん, 考へたこと, 考へるとき, 考へれば, 考察を, 考証され, 聞えて, 聞えます, 聞き込んで, 脅迫を, 至急お, 興ったの, 興味深い解決, 航空母艦で, 船印の, 芝居を, 芸術的に, 若干の, 苦情が, 落ちのびたが, 蜀へ, 行灯凧を, 街道を, 襲撃し, 見たシャスタ, 見た四國, 見た此山, 見た精神的進化主義, 見ねば, 見まして, 見られて, 見るが, 見るよう, 観たタイタニック号, 観て, 観まして, 観ると, 観察され, 観察した, 観察したら, 観察する, 觀察するなら, 解釈する, 言う, 言つても, 許都の, 試みられて, 話して, 話の, 詳細な, 説明され, 説明し, 説明した, 説明は, 調べその, 調べて, 調べなければ, 調べるという, 調査を, 論じて, 論じても, 論ずる事, 警戒網を, 豊三郎が, 買い出し船が, 買収恐喝され, 賞揚した, 質の, 起こって, 起った, 起っただろう, 起った一彪, 蹈査する, 輝やい, 輸入する, 近づく念, 近代資本の, 迫害された, 述べたの, 追, 退却した, 送つて寄, 逃げくずれて, 逃げ出たはず, 這入つて行, 這入るの, 連れて, 進んで, 遂行する, 遠征し, 遺憾なく, 都会の, 重大な, 金峰山に, 金森飛騨守呼応し, 長く延び, 長足の, 関屋口の, 関東への, 集って, 集めました材料, 離脱し, 難なく城中, 難物が, 電車に, 霰, 霹靂の, 非難の, 順に木曾路, 順序を, 頼まれて, 顔を, 飄然と, 飛んで, 飛来した, 食べ物の, 食わす, 馬籠の, 駈けつけたもの, 駈け下って, 駒井が, 驀ぐらに, 魏の, 魔の, 鳥の, 麓の, 黒煙が, 齎して

▼ 方面~ (563, 8.1%)

14 向って 12 向けて 8 落ちて 7 進んで 5 かけて, 出て, 行って 4 出掛けて, 逃げて

3 [14件] かけては, 偵察に, 出かけて, 南下し, 向いて, 向ふ, 心を, 急いで, 手を, 持って, 落ちのびて, 行くと, 話を, 飛んで

2 [27件] 出るの, 南下する, 向かって, 向った, 向つて, 姿を, 引摺り込みます, 往来する, 敗走した, 旅行した, 旅行する, 発送した, 移して, 移って, 移動し, 立ち回らない事, 行くの, 行商に, 話題を, 走って, 足を, 踵を, 転じて, 逃げましたかな, 進んだ, 逸走した, 運動し

1 [403件] いって, いよいよ乗出した, いらっして, いろいろの, うごかした, うろついて, うろつき出したと, おいでに, お入り, お向けあれ, お越しの, お逃げ, お防ぎ, かけると, かのズバ, ご潜行, さして, さして行った, さし向ける, すぐ就職, すすんで, ずり落ちて, ずんずん進ん, そち参れ, その人, そらしめて, それぞれ数十名ずつを, それて, ぞくぞくと, たいして司令, だんだん発展, つきぬけて, つっかかって, つらなる丘, とばせるの, とられて, とんで, どういう風, どの茂み, なだれ落ちた, ぬける山街道, ばらまかれたの, ひたすらに, ぴしゃりと, ほとばしり出る, また立たれました, まわされた, まんべんなく挨拶, むかったよう, むかって, やみくもに, ゆく, ゆく列車, わかれだした, ガソリンの, ドライヴ, ハイキングに, 一つは, 一は, 一散に, 一瞬に, 一辷り, 三泊の, 上陸態勢を, 下った折, 下るか, 下ろうという, 下山する, 乗りつけて, 乗込んで, 乘換の, 今進んでる, 伐り入って, 会話が, 使者に, 來集した, 傳つた, 傾いて, 傾注し, 働いて, 先発せよ, 入って, 入りこんで, 入り込んだの, 全力を, 兵を, 写真旅行を, 出かけた, 出かけたもの, 出かけました, 出かける途中, 出して, 出す野菜類, 出たところ, 出たの, 出で, 出ます, 出られますか, 出るか, 出るが, 出ること, 出るたび, 出るつもり, 出ると, 出るという, 出る下地, 出る正丸峠, 出る街道中, 出る道, 出入を, 出動し, 出動する, 出張し, 出張した, 出張する, 出張も, 出抜ける場合, 出掛けるが, 出掛ける時, 出漁て, 出發, 出鎌倉, 出陣と, 分けいつわって, 分け入ったという, 分散させよう, 分立する, 切り込んで, 列車が, 利根の, 割きいま, 加勢の, 努力する, 動こうと, 動員しました, 南下した, 卵の, 去ったと, 参りましたが, 又は伊折, 及んだもの, 同僚の, 向う堤, 向う登山者中案内を, 向う自分, 向う自動車, 向かふ堤, 向けすぐ, 向けるの, 向っても, 向つて出発, 吹きやられるか, 吹き附けら, 和蕾居で, 商売に, 嗾しかけ, 報告した, 夕暮の, 多人数の, 多少誇張, 夜どおし逃げた, 夜の, 大きく移動, 大物見, 夫, 夫れ, 娘を, 婦人の, 子供が, 導いて, 小石川本郷両, 小菅を, 屈曲し込ん, 屯し, 崩れ立って, 帰ること, 帰るの, 帰るわけ, 帰ろうと, 延び出すべき性質, 廻して, 廻るから, 廻るという, 廻る事, 廻わして, 引いた運河, 引き揚げて, 引っ返して, 引上げて, 引越すとは, 引返したの, 当てて, 当りを, 彼の, 彼は, 彼自身にも, 往く電車停留場, 御出張, 御馬, 忍んで, 志した, 志して, 応用する, 忿懣を, 急がせ曹真, 急派し, 急派した, 急行した, 怪しい艦艇, 想像を, 戻り行くもの, 手蔓を, 打立たせた, 押されて, 捜しに, 据えつけるの, 探しに, 探索に, 掻き消えた牛若, 放ち置いたる家の子, 放浪した, 放鷹, 散歩そして, 文筆的に, 方向を, 旅を, 旅行し, 旅行を, 旅行中であった, 旅行中旅先で, 日本雑貨を, 曲ったかを, 最有力, 来たこと, 来たの, 様子を, 歩いて, 氏の, 注がれた息づきが, 注意を, 派遣された, 派遣されました, 流れて, 流れ出して, 流れ込むもの, 流出する, 消費され, 深く這入り這入りし, 渡航する, 潜行し, 潰走し, 無意識に, 焼けひろがり翌朝卯, 疾風の, 発展し, 発達した, 發展し, 相互に, 眼を, 知らせれば, 移したの, 移しだしたもの, 移つて行つた, 移り去った, 移動させ始め, 移動した, 移転した, 移駐し, 突き出して, 突っ込んで, 突入する, 突貫せよ, 立ち去ったと, 立ち去った一名, 立って, 立去ったので, 立廻っ, 立廻わった, 筆が, 筆を, 筆者を, 米国が, 約二里, 総退却, 翼を, 職業を, 脱け, 自分の, 航海し, 荷が, 落して, 落ちた後, 落ちのびさせた, 落ちのびた, 落ちのびたきり, 落ちのびるの, 落ちようとして, 落ちよと, 落合ったの, 著しく工業, 蜿って, 行かける, 行かなければ, 行かねば, 行きは, 行きます, 行くが, 行くこと, 行くそれ, 行くもの, 行く事, 行く人, 行く場合, 行く汽車, 行く用意, 行く貨物船, 行けるかも, 行こうと, 行った, 行ったなら仕事, 行ったもの, 行った七兵衛親爺, 行った者, 行つた, 行つたとしても, 行つた時わざ, 行乞と, 行動した, 襲せ, 西に, 視察に, 話題が, 誇張され, 誇張した, 誘ったそして, 談柄を, 豁然と, 赤穂方の, 走ったと, 走った峰, 走らすと, 走り去ったと, 走り後, 走るの, 赴いた形跡, 足の, 跛足を, 身を, 転じたはなし, 転出する, 転化さすべき, 近づいた, 返し一行, 迷い入った時, 退いた味方, 退却し始めた, 送ったと, 逃げた, 逃げたろうかと, 逃げのびた足どり, 逃げ争った, 逃げ走った, 逃げ降った, 逃ゲル, 逃走した, 逐電する, 這入り込んで, 通う道, 通じて, 通りすがりの, 通航する, 進みたいの, 進むには, 進むはず, 進めたもの, 進軍し, 遁れ, 遁走した, 遁走する, 遊びに, 運ばれるの, 運送され, 遠乗りに, 避難した, 避難しよう, 酒修業に, 関係し, 陣し, 陣取らせた, 隠密に, 隠密を, 頼まれて, 飄然と, 飛ぶの, 飛躍しよう, 馬の, 馳せ向う, 駈けた, 駈け向って, 駕籠で, 鮒釣りに, 鳴りを, 黒

▼ 方面~ (380, 5.5%)

5 指して 4 代表する, 変えて, 見ても 3 かえて, さして, 示して, 見ると, 變へて

2 [23件] とくに誇張, ぶらついて, 主に, 主題と, 否定する, 変へて, 多分に, 実在と, 持って, 撰んで, 歩いて, 歩くこと, 現象と, 眺めた形, 考察する, 見渡して, 見送って, 觀る, 警戒する, 變へる, 転じて, 重に, 開拓し

1 [302件] あげれば, あても, あまり問題, あらは, あらわす事, いいあらわして, いったの, いれたこの, うかがって, うろついて, うろつくよう, おやりなさる, お話する, かけて, かつて考え, さがしたらよい, さがし回った, さして進ん, さまよった, さ迷って, しらべなおすこと, すっかり母, すっかり父, たとえ上眼, ちがった目, つついて, では, とって, とりわざと, どう處分, ながめ回すと, のみ知る人, はかりながら, ひろく見, ひろめて, ふさいで, ぶらぶら歩いた, ほじくって, まごまごし, まわりたいと, みても, みると, みんなひっくるめ, めざして, もたぬでは, もって, もっともっと調べ, もつて, やってるん, やつたら, やつて, ゆらりゆらりと歩い, よく研究, ウロつい, ブラブラし, 一周し, 一層見極める, 上下し, 上方上りを, 上郷と, 中心に, 主として其展開, 主として象徴, 乱暴させ, 云うと, 云つてる, 代表し, 代表すべき, 伊吹さんと, 余計はたらかし, 併せて, 全く度外視, 共に観, 具備せね, 兼ねて, 凝視し, 出して, 分化し, 分化する, 分担し, 切りひらくこと, 切り詰めなければ, 列挙し, 別けて, 前から, 力説すべき, 加味し, 動かして, 包蔵し, 厳重に, 去つて, 取調べなければ, 取調中である, 受けて, 受けもったの, 受け持ったの, 受持つこと, 名調子, 向いて, 含まざるを, 含む様, 回らないほどの, 回航する, 変えた甲州街道, 変えまして, 変えること, 変え鼓造り師, 変へ, 変へてと, 変へる, 多くとりこんだ, 大ならしむる, 大急ぎで, 大略述べた, 失わせは, 奥様に, 宜しく頼む, 宣揚し, 専門に, 展望した, 希望する, 幸魂, 広汎に, 度外視する, 廻って, 廻り大体今度, 引き上げたを, 引っくるめた, 引受けて, 引受け小生, 引込まして, 形づくって, 彷徨した, 徒渉する, 得たるに, 徹底的に, 忘却せらるる, 念頭に, 思い出して, 恐ろしい程, 托鉢した, 扼して, 抛棄し, 抜きに, 抽象する, 担任し, 担当する, 拡げて, 拾取っ, 持ちながら, 指します, 振り向いて, 捜して, 捜査し, 探したが, 探り給え僕, 探ること, 探検され, 探検飛行しました, 描いたもの, 描き出して, 換えて, 搜査しました, 搦み, 支配し, 攻めて, 放浪し, 教えて, 散歩する, 斡旋し, 方々と, 旅行し, 旅行した, 更に展開, 書いたもの, 替へて, 替るにも, 最近く, 有して, 望み敵, 望めば, 望んで, 本場として, 村田及熊本隊は, 歩き, 歩きま, 歩きまわって, 歩き廻って, 求めること, 洗えるだけは, 活溌に, 無価値, 物色する, 特に高調, 犠牲に, 現わし, 現わす, 異にし, 異にした, 異にす, 異にする, 異にせる, 発揮する, 発見し, 監視させ, 監視の, 目指して, 眺めたり, 眺めて, 眺望する, 眼に, 睨みつけるため, 知らうと, 知る精神力, 研究し, 示すか, 示すもの, 突破し, 第一興行地, 篠原は, 素朴に, 縄張に, 美しく掃除, 習得する, 翻訳書では, 考えた, 考えて, 考えなければ, 考えると, 考へて, 考へなければ, 考慮しない, 聞いて, 興行関係者が, 舞台と, 芸術的に, 英米独仏等の, 荒した泥棒, 衝かせ一方, 補佐し, 襲撃せん, 見かえると, 見せて, 見た, 見つめて, 見て, 見ないわけ, 見のがさなかったし, 見ること, 見るに, 見わたしても, 見度, 見張って, 見渡しても, 見渡すと, 見物し, 見通して, 覚る精神力, 言うたの, 託せられて, 診て, 話して, 話せと, 詳しく検べた, 詳説された, 誇張した, 認めて, 誤りは, 説いたもの, 説きま, 説くの, 調べたそう, 調べました, 跋渉し, 踏みしたがえて, 迂廻し, 述べるに, 通って, 通りかかる人, 通過する, 連想させる, 遊撃し, 遊興し, 適宜に, 遮って, 選ぼうと, 選んで, 選んでは, 開いたの, 開きたり, 開拓した, 開拓しよう, 閑却し, 閑却する, 隅田河の, 随分無遠慮, 顧みなかった, 顧みなかつた譯, 飛び歩いて, 騒がせたり, 高調した, 鬼が

▼ 方面~ (242, 3.5%)

2 [11件] いえば, かくあるべき, 働いて, 悪口を, 活動し, 活躍した, 破られた, 私が, 立つとしても, 見る樣, 鉄の

1 [220件] あすこまで, あつて, あなどりがたい, あまりいい, いかに違つた意味, いちじるしく劣る, いつて, いへば, いろ, いろいろな, いろいろの, いろいろ研究, いわゆる昇華作用, お出入り, かなりよく進められ, かはまだはっきり, からすみを, からっぽの, けたたましい叫び声, このよう, この両, この言葉, この風呂, これほど, これ等の, さへ, しきりに花火, しっかりした, その令嬢, その先刻, その辺, それぞれ本当の, そんな方面, ただ一つ, だった, だんだん興味, ともに闘わなけれ, どうしてやった, どれだけの, どんな風, はかふいふ, はごり, ふつうに, また別々, みられるの, やはり第一人者, やぶれ去った敵将, やるから, ゆるぎなき, よく知られた, より早く, ウシノスカッポと, タケスカナ等の, トウナイと, フリーの, ルネサンスとか, ロウマの, ロシヤと, ワセダに, 一家を, 一度手掛り, 一番好都合な, 一般の, 一週間以来この, 七十四か村にも, 世界の, 中國, 主に, 事実上においては, 二度爆声が, 云えば, 云はれすぎる, 五月に, 人民生活を, 人物払底が, 人間は, 今後どれだけの, 仕事を, 他の, 何かの, 使うもの, 使うん, 使はれ, 信用が, 偉大な, 働いたこと, 働かせること, 優つて居, 公開し, 六法と, 出来る漆, 前岳, 勝手な, 勢を, 十分研究され, 原子核崩壊の, 呪いという, 呼ぶニウ岩, 問題に, 喧しく今日, 困った, 城壁を, 堕落に, 多くの, 大いにあばれる, 大教院, 大砲の, 天才が, 天気予報を, 夫, 失敗した, 奔走し, 如何に, 存在の, 安全な, 将来この, 将来どんな, 尋常ならざる, 少しも, 尽くして, 尾州藩付属の, 常に不, 幾多の, 広くいう, 広島九州の, 役に立つこと, 彼が, 彼の, 従来この, 必要にも, 怪しい火, 恐らく日本, 意外な, 成功した, 成功する, 成就さす, 戦ひを, 戦闘は, 摘發された, 救出す, 文化活動が, 新しい分野, 新たに, 日本製陶が, 普通の, 最も善い, 最も自分, 東洋の, 根利山と, 此研究に, 毎晩の, 永年の, 求めるもの, 決してわるく, 活躍し, 流行した, 消費される, 点だの, 無意味な, 物議を, 独自の, 現に日本軍, 生じた, 生活し, 用心堅固に, 疑つて, 発達し, 発達した, 發掘した, 發達し, 盛んに, 相当な, 着々成功, 知合いの, 知名の, 研究された, 破れて, 私の, 空気イオンの, 立派な, 素晴らしい才能, 考えられて, 考へて, 聞いても, 聞きあわして, 聞き出して, 膨脹した, 自己を, 自得する, 若干の, 蕨や, 行われて, 西洋近代戯曲の, 見るより, 親父とは, 角逐する, 言えば, 討死に, 証拠を, 話す言葉, 論ぜられて, 論ぜられても, 論議される, 講じられて, 責任ある, 貴兄たちの, 起ったもの, 身を, 農奴の, 退引, 造詣の, 進歩した, 遊んで, 雑誌の, 雷が, 非常に, 面白いプロレタリア漫画, 顔は, 食い留めながら, 餘程伊藤君とは

▼ 方面では~ (241, 3.5%)

3 それが, 日本の, 立派に 2 島々の, 日本から, 有名な

1 [226件] あの尊敬, いっそう暗澹, いつも不如意勝ち, うち盲腸炎で, うっかりする, かえってわれわれ人間, かなり上達, かなり広く, かなり有名, かみ, こういうこと, このモンタージュ, しなやかで, そういうもの, そうは, そこまでに, そのため, その樹皮, その頃, それほどで, たとえば河流, ちようど其頃念仏踊りが, つとに農芸物理学, ともかく東京, とりわけ近代, どういふ, どんなもの, ないで, なお激戦, なくて, なく人間的方面, なく恐らくは, なんともしかた, はつきり自然主義から, まず一段, まず満, まだ疑問, まるで小学生, もちが, より自由, りっぱな, アゼバイジャンジョージヤ其他バルト沿海に, オットーを, カトリック中央党の, コールマンワシリエフエゴルシンマクシーモフヤノフスカヤなどの, ゾレまたは, タケクラと, ダシという, ディルタイの, ドゥロイゼンの, ドストイェフスキイや, ニコライ・ハルトマンと, ハイデッガーの, ハイデッゲル教授の, バランスを, フライブルクの, プロレタリアの, レーニンや, ロダンだの, 一歩おくれ, 一般に, 一般文学者なみに, 三月の, 三米, 上は, 上流の, 不思議にも, 世の, 丹波山一ノ瀬が, 二葉亭の, 人を, 人等しく, 今でも, 今は, 今日これを, 今日の, 今日までの, 今迄, 代表的の, 伊予の, 伊勢鳥羽浦山陰では, 何一つとして, 何事も, 何時も, 何等特別, 余り驚かない, 作家として, 佳饌の, 信長信忠の, 全く智識, 全く素人, 公孫, 凄い信望, 分けても, 前記の, 割合に, 労働問題は, 効果も, 勝れた研究, 北光の, 匿名評論や, 十分に, 単なる物, 取り留めた手がかり, 口寄せ術交霊術交感術淘宮術交天術易筮術天源術交神術中座術占夢術そうして, 古い地誌, 古い慣例, 可成顕著, 同志が, 四米減りました, 国鉄の, 圓山應擧の, 地所の, 坂本四方太氏寒川鼠骨氏などが, 外から, 大きく進歩, 大人にも, 大体御, 大家である, 大洞川を, 大蓮華山, 天主教以外に, 失敗した, 如何でございましょう, 如何です, 嫌な, 学院内の, 実行され, 小倉博士の, 小林良正森喜一相川春喜永田広志其の, 小瀬と, 少しも, 少なくとも彼, 尾瀬と, 山代の, 常習犯で, 平岳と, 広河原岳と, 彰徳の, 彼は, 息も, 息を, 意外な掘, 慎重に, 成功する, 或は僕, 技術を, 採用してる, 既に学生時代, 既に密接, 日常茶飯として, 日本國の, 日本有数の, 早くも, 最近相当, 望めないお, 本当の, 本當, 植物に, 楠木正成の, 欧洲大戦が, 正直で, 此道に, 歴史の, 死骸の, 殆ど単独に, 殆ど見るべき, 殊に脇役, 殊に色々の, 気楽に, 水争いが, 沢田正二郎が, 浦安船橋なども, 海神が, 深浦の, 炭素原子の, 無く社會部, 無尽と, 熊谷という, 爲替や, 特に平民労働者, 特に著しい, 現在われわれの, 生れ更つた様に, 生産労働に, 異人館と, 病的に, 白揚社から, 相当な, 相当に, 社会も, 神仏の, 私たちに, 空襲から, 精緻な, 約百年後, 紹介の, 終日敵へ, 絶えずどこ, 絶えて, 絶望だ, 肥前北高来郡などでは, 腕利で, 自分なんぞより, 自分より, 自然科学の, 至って平和主義者, 舞台の, 芭蕉西鶴近松門左衛門などが, 茱萸の, 融通の, 衣食住に関する, 西部の, 誠に重要, 質が, 近時自然弁証法が, 逸早く神経, 金に, 鉄也氏捜索を, 鉢崎, 開拓者だ, 闘病術その他の, 電信, 非常な, 非常に, 頻りに雲

▼ 方面~ (195, 2.8%)

2 おそらく安全, これを, どうかと, 別と, 日本の, 違うが

1 [183件] あたしぢや, あとに, あと廻しで, あまりの, あまり振, あんなよう, あんまり明るく, いずれ他, いわば傍系, いわゆる農村工業化運動, おたがいに濃やか, こちらとは, この男, この自叙伝, この間に, これこそ, こんに, さっぱりだめ, さておき自分, すべての, そして山の手方面, その鋒先, それが, それらに, ちがうが, てんで用, どうだ, どうである, どうもまだ板, どこに, どこも, どん, どんな情勢, ない, のびのび手足, ひどい火事, ほとんど少しも, ほとんど支える, まださして騒がしい, まだ一面, まったく動静, まつたく自信, まづよいとして, むしろ小康状態, むしろ歯, もう大丈夫, もう御免, もっとも下, やはり女性, よいとして, よく知っ, カラダメでし, ドライの, 一向に駄目, 一體に, 上述の, 不当に, 中ノ岳や, 中脇大将李如柏, 丹羽丸毛不破などの, 主として心理学者, 主として研究生自身, 久しく彼, 二百尺から, 云う迄も, 今でも, 今やいかにも深く, 今日に, 今暁昨晩から, 企業として, 会津桑名の, 伸びなかつた, 低いん, 体験的である, 何よりも, 余りよく知らんです, 兎も, 全く違う, 其れ, 其目的が, 別として, 刻々に, 前年の, 勿論として, 単なる技巧, 単純化され, 原料の, 古くから, 古今不易なり, 只今気流が, 右脇大将張世爵以下の, 唯二つ, 土人司祭の, 地理情勢の, 変化した, 多岐に, 大正十二年に, 実は同, 実は独逸, 容易に, 寝返りの, 寧ろ軽蔑, 少しも, 尾州藩の, 左脇大将楊元以下一万一千が, 市中からは, 廃止に, 当分たり, 彼一己にと, 從來餘り, 御免だ, 御懸念, 必ずしも其成功, 打って, 抽象的に, 支那人の, 教育の, 日高川に, 明らかに, 暗く物すごかった, 暫く問題外, 書物泥棒や, 最も明らか, 月末か, 有識の, 未だ自分, 枯れ松, 栂の, 殆ど全部灰塵, 殆ど心を, 殊にそうである, 比羅夫討伐の, 比較的簡単, 比較的進みおる, 水に, 永久不変の, 法典法条の, 活溌に, 消防に, 温泉主任安威勝也藤本一二, 漸く磐城岩代地方, 漸く霞, 無事で, 無力に, 異なっても, 発動しなかった, 発達した, 白く砂塵, 皆不, 相も, 相当往来, 省略します, 知らなかったが, 社会において, 福建地方でも, 私に, 私の, 穏か, 第二議的, 網目の, 草茫々として, 蒼溟茫, 西洋の, 見ること, 解放せられ, 言うまでもなく木曾街道, 誰も, 豊富な, 豪雨だった, 路も, 辺僻な, 進歩した, 遂に海中, 遅いやう, 道が, 違いますけれど, 針葉樹で, 閑却され, 閑却し, 頗る堅い, 頗る振, 騒々しい, 黒潮が

▼ 方面には~ (148, 2.1%)

3 何の, 興味を 2 あまり興味, 寄贈しなかつた, 餘り

1 [136件] あまり働きかけなかった, いずれも, いろいろあった, おかしい逸話, かなり居る, こころあたりの, この奇觀, さかのぼって, さっそく保護, そういう所, そしてある, その洋装, それだけ不, とくに注意, とても応じ切れぬ, ない, ないから, なおつつがなき, なかなか追剥, なまじひ, ほとんど進ん, またフスリ竹, まだ, まだたくさん, まだまだ望み, まだ才略, まるで素人, むしろ鎮静剤, よいお手本, わざと通知, シダマ・スダマまた, スキヤンダルみたいな, ハットという, 一人の, 中央の, 人にも, 仲, 伊予の, 伝うるところ, 佐々進藤村井明智佐久間の, 何らの, 全くの, 全く心づかぬ, 全く意気地, 全く融通, 全く足, 全然寄り附かなかった, 全然無感覚, 冷たい潮, 北条家を, 十台の, 単に無関係, 又銀座, 口を, 口授親接によ, 古來朝鮮人, 同君の, 名越太郎時兼らが, 向かはずして, 地平線と, 多少ある, 大いに興味, 大して有効, 大分西郷に, 始まって, 寸時も, 専ら織田信雄, 少なくとも三通り, 少なくは, 尚一脈, 屋根の, 岩倉公の, 岸和田から, 工場地帯が, 常に多大, 幽霊と, 弱い警官, 必ずしも瑜伽, 意外にも, 手を, 接触が, 政治の, 故意に, 敵の, 断じてそれら, 新しい一郭, 早くより, 時局の, 暗いので, 曲舞, 更に其言い伝え, 更に敵, 有史以来の, 本という, 朱雋と共に, 椰子の, 殊に植物, 比較的少なかっ, 汽車の, 沢子の, 海水浴場の, 淺間立科八ヶ嶽の, 温泉が, 滝川一益が, 濁音が, 特に著しく, 特に鋭い, 特に雲嵐矢, 珊瑚礁が, 用ゐられる, 異状は, 疑うべからざる進化, 相撲の, 着々と, 砲隊が, 稀にしか, 絶峭が, 老翁又は, 聞えて, 肥料として, 英国愛蘭の, 著しい發達, 薩摩方に, 藤田東湖とか, 蜃氣樓の, 詳しくな, 誰にも, 進ませようと, 進まないため, 進展の, 適格者としては, 醜恠, 非凡の, 非常に, 風馬牛にも, 鬼一法眼の

▼ 方面~ (128, 1.8%)

21 ある 3 あると 2 あった, あって, 欠けて, 違って

1 [96件] あつた, あらうと, ありこれ, ありその, あります, あるか, あるが, あること, あるそれ, あるという, あるよう, あれば, あろう, いつも私, いろいろに, かういふ風, ことほぎの, この間に, これに, これによ, ございます, しきりに襲われ, その例, だんだん薄らい, だんだん貧弱, どういふ, なければ, もう少し平生, よかろう, ロストし, 一向それ, 一塊りだ, 一塊りだった, 一般に, 下手で, 不幸に, 主とな, 主な, 全く忘却, 冬季に, 出来て, 十分でない, 地震最も, 多々であっ, 多くなつ, 多く出, 大, 好きで, 対等である, 少くない, 少なくなく, 年と共に, 年を, 序戦だった, 強く出, 強く頭, 当時の, 彼に, 後日現れ, 必ずや関係, 忠作には, 捨てられたの, 明るくなった, 明瞭でない, 昔から, 最も多い, 最も雄偉, 最多く發展, 次第に高き, 殘り, 沈降し, 溶けかかって, 火事に, 物凄かった, 特にしっかりし, 特に内心得意, 理論的にも, 異つて, 異なって, 疲弊し, 発展し, 発達する, 窺われるかと, 考へられて, 肉体の, 胸に, 自由を, 補いに, 見えるよう, 誤たず即座, 責任を, 週期的に, 進歩しなけれ, 違うので, 違ふん, 隆起しまし

▼ 方面にも~ (122, 1.8%)

3 興味を 2 これに, 手を, 関係し

1 [113件] ありました, ありましたし, ある, ある特別, いつ何事, いわばそれとなく自分, お願いし, かなり感覚, こういう話, すでに伏兵, そうである, そんな都合, ただならぬ武者声, ちょっと首, ぬかりなく, ひろがって, ふっつりと, また幾旗, もとより力, よほど影響, わるいしね, コイヤバと, 一つの, 一種の, 三方面にも, 他には, 伸びたの, 偉大な, 働いて, 充分だった, 入り込むとの, 冷淡でない, 利用され始めた, 到處, 力学の, 厳重であった, 又別, 及び言語動作, 及んだ, 同じ風習, 多く採るべき, 大いに筆, 大して障碍, 大分新らしい, 大分目を, 奇人が, 子持ち鰡の, 実業的方面にも, 実行の, 少くなつた, 居るには, 広大な, 心を, 思いを, 急いで, 或は二重, 手が, 手配が, 探りだけは, 政治的の, 斷然日本獨特の, 日本人の, 日頃から, 明かに, 明るかった, 明るかつ, 最も関係, 武士足軽人夫など, 流れて, 深い影響, 深く興味, 深く趣味, 演劇改良の, 激戦が, 熱心な, 用いられて, 皆それぞれの, 目を, 相当な, 相当明るい, 相応早熟だつた, 着目する, 矛盾の, 研究を, 社日に, 私は, 種々の, 立ものの, 絶対に, 耐寒建築の, 自然淘汰の, 至るところ, 興行に, 良藥, 茶の, 蔓草が, 見られるの, 言及すべき, 許されない, 贔屓に, 走った事, 踏みこみかけて, 近頃だいぶ拡, 通じたこと, 造詣深い, 進出する, 野州方面にも, 野心を, 開拓し, 関心の, 関心を, 集合し, 鶴見の

▼ 方面より~ (91, 1.3%)

3 観察し 2 して, 見て, 見るも, 観察する, 論ずること

1 [78件] あらゆる階級, あらわれますやも, ある人, これを, しても, するも, する反撃, する東洋, する鉄道工事, ながめても, むしろ加須, よく考察, ザクセンに, 三個師団さらに, 之に, 之を, 二重に, 伝わって, 余の, 來る, 例示せむか, 兵糧の, 出して, 化け物が, 北の方が, 君子の, 四個師団バルカン方面より, 壺を, 如何なる強調, 寺へ, 小黒部谷及仙人湯に, 意外の, 打ち出した大砲, 推知する, 援助を, 望む可, 来たあまた, 来たる知識, 来た自動車, 権現堂に, 海上支那に, 理解さるべきであらう, 生ぜざること, 目に, 直ちに本書, 看て, 眺めたる相対的真理, 着眼し, 着眼せる, 知り得たる処, 神話を, 筆を, 米を, 考察し, 芸術的な, 蒐録した, 蒙疆地方, 見た聖ヶ岳, 見ても, 見るに, 見るべきである, 見れば, 観むか, 觀むか, 觀察する, 觀察を, 解釈し, 詳細に, 論じて, 起こる原因, 起る, 転進し, 転進し来, 迷信を, 関五郎が, 限局される, 霧社を, 風聞せられし

▼ 方面でも~ (84, 1.2%)

2 その間違い

1 [82件] いろいろ形, いろんな活気, うまくゆかなかった, この種, さう, すぐれた才能, そのはたらき, その頃, どこかの, なにがしの, ほとんど出来る, また植物学, また相当, やはりそうだ, よく見受ける, アマチュアを以て, ウクライナは, エル, ドンコを, ブルボン王朝復活時代, ヴントの, 一つの, 三年間ばかりの, 云える, 亦中央気象台長, 人間に, 今どきベーコンや, 今日成功する, 何でも, 何處かの, 兵法の, 創作の, 可成り, 同じであった, 同様であろう, 同樣, 否この, 味方は, 外人襲撃事件が, 大いに意義, 大事業, 大学の, 完全に, 小中学より, 巡って, 常に易き, 幾多の, 広く武家屋敷, 当面の, 彼の, 彼は, 意外な, 採用する, 支那文學が, 敵味方の, 新しい仕事, 方々に, 早くから雑誌, 朝倉郡に, 本多博士その他が, 構はず今の, 構わず今, 歩かうか, 海洋観測の, 演劇の, 物情騒然蜂の巣を, 物理学を, 物理学的研究の, 田舎に, 相当の, 研究が, 私とは, 稀に, 肉体的方面でも, 舞台の, 認められるが, 負財, 通り名と, 関東でも, 餘り, 高山右近や, 鼈四郎を

▼ 方面において~ (60, 0.9%)

2 であった

1 [58件] いわゆる官学派, きわめて険阻, この種, その最も, ちょうど複雑, である, ほんとうに, また私, よく発達, わが日本人, テレビジョン装置によって, ヨウロッパの, 一大特色を, 不平も, 世界的と, 世界第一人者として, 両民族, 人口に対する, 今の, 住友伸銅所の, 何らの, 創造的な, 功績が, 十一二歳の, 十分に, 古学を, 同様である, 国家が, 国王が, 大いに僕, 局限的であったごとく, 幾分か, 彼は, 往々に, 或る, 新しい計画, 日本国民のみが, 書籍の, 最も早く, 有名に, 法然は, 特殊の, 理知的に, 着々有力, 社会政策の, 社会的窒息が, 種々の, 空望も, 自分が, 自分と, 自己の, 若い心理学徒, 行きづまっています, 見るべき発達, 認められる, 軽からぬ, 革命の, 驚異的な

▼ 方面~ (58, 0.8%)

3 ある 2 あつた, 別に

1 [51件] あった, あったと, ありましてね, あるが, あるといった, あるん, あれば, これにつれて, すでに仏教方面, そのはたらき, だいぶ長, ひっくるめて, またそこ, 一夜の, 一望だった, 伴なつて, 健康に, 傾斜緩, 充分に, 共に見, 分らない知らぬ田舎道, 半日の, 右翼軍が, 同様らしく思われる, 在所在所の, 外交に, 多く水, 大切だって, 少なくない, 平定し, 急務と, 戦闘と, 拡大しよう, 時代の, 有望だ, 模糊として, 特別な, 異い気質, 相当に, 種切れです, 絵画的に, 考慮に, 脆く敗退, 著しく取り入れられ, 蜂の巣は, 見て, 調べて, 非難すべき, 騒がしくて, 高台も, 鵯越え

▼ 方面からの~ (57, 0.8%)

1 [57件] いろいろな, お調べ, ぎょうぎょうしい新た, ご厚意, それも, ひとの, ものだ, 一切の, 上代研究には, 中傷が, 乾公魚は, 人の, 余波と, 依頼で, 侵入者を, 偵報も, 勢力を, 反対も, 反対論を, 命乞いは, 唯一の, 圧迫を, 委託研究の, 山脈が, 影響かも, 影響で, 忠言とによって, 急報は, 情報も, 慰問の, 戦況報告の, 所論や, 批判と, 有力なる, 注意と, 火の粉を, 火勢は, 物質の, 理論的興味は, 登山は, 着氷の, 研究の, 研究も, 磯づたいに一ノ谷の, 移入桶の, 精細なる, 襲撃を, 観察は, 観察をも, 試みを, 軍勢も, 迎えの, 追手では, 送還や, 関心が, 雲仙上りは, 鳶の者の

▼ 方面からも~ (57, 0.8%)

2 入り込んで, 少しずつ

1 [53件] あの地, この羅馬, すさまじい勢い, それぞれ演劇の, どっとここ, まだ我々, 一度は, 万葉人を, 人力は, 六十六万石の, 六角時信の, 半蔵の, 垂直に, 夜行を, 大艦隊, 山気という, 山谷の, 峠方面からも, 手を, 改造する, 敗報が, 期せずし, 次第に馬籠, 此沢を, 武蔵と, 武蔵の, 無分別な, 相当に, 確証された, 福島方面からも, 素朴な, 考えて, 考へねば, 考へ又, 考察され, 舟出する, 襲撃し, 西国の, 見ねば, 見られるカソリック風, 解釈し, 許されて, 証拠が, 説かねば, 説く事, 講中が, 警視庁の, 進言が, 長年心を, 関西方面からも, 隠れた伝記資料, 霧が, 高

▼ 方面~ (48, 0.7%)

2 名づけて, 特に密接, 精神的方面との

1 [42件] いうと, いふので, この島田, すれば, それから自分, できるだけ気儘, ときを, なると, 上ノ山方面とを, 二つの, 交通し得る, 今子供の, 似て, 十分な, 南洋原住民の, 各自の, 同じで, 名は, 多少の, 学校の, 心理的方面との, 思われるほう, 思われる方角, 悪の, 悪人達の, 文学の, 文学者の, 旧海軍方面, 曖昧な, 無関係に, 特殊的差別的方面とが, 瑞巌寺の, 皆連絡あり, 直観される, 知的方面とから, 神の, 精神上の, 経済上の, 複雑なる, 複雜なる, 連絡を, 違って

▼ 方面からは~ (31, 0.4%)

2 何の

1 [29件] あまり湧かない, たった今拙者, とても得られない, どうもオランダ, 一直線のりかえ, 何等の, 余り往来する, 余り高低, 分明に, 前記の, 同盟国の, 大きな紙幣発行額, 女の, 宝川に, 富士の, 小田という, 小田といふ, 峠を, 栃ノ木沢を, 此急斜面を, 此沢を, 清水峠又は, 無事な, 目ぼしい, 立山の, 糸魚川街道の, 義仲が, 追い追いと, 黒部鉄道の

▼ 方面における~ (30, 0.4%)

1 [30件] いかなる献身, すべての, ふぐの, 一大権威者たる, 一歩前進を, 二葉亭の, 人的要素の, 作品と, 優劣を, 収穫は, 唯一の, 国人の, 定量的物理化学の, 小ざかしき論爭, 形態的類型にも, 急速な, 戦地見学の, 抱負も, 決定的勝利の, 発達が, 看過され, 石原純先生の, 私たちの, 私の, 第一, 趣味の, 退歩が, 通人を, 遺伝的系統を, 長い歴史

▼ 方面への~ (30, 0.4%)

1 [30件] バスの, 兵力増加の, 出兵などばかり, 出発と, 出発の, 切符が, 切符は, 区間列車の, 婦人の, 尾根の, 影響も, 思惑も, 投資と, 投資進出と, 折衝に, 抜け路, 探検は, 推進力は, 旅行を, 研究が, 積極策は, 突撃を, 第一歩として, 脱走なぞを, 自由な, 進出を, 邁進を, 野心が, 陳謝の, 順路を

▼ 方面まで~ (30, 0.4%)

1 [30件] お手, その迷信, 出かけたこと, 動いて, 受持つた私, 後退する, 成功する, 手が, 手の, 拡げる計画, 拡つて行つた, 数年の, 敵を, 明日も, 模糊として, 海づたいに落ちのびよう, 浸水の, 溯らなければ, 無料配達を, 異議の, 發揚させた, 突っこんで, 繭買いにと, 行くかも, 見に, 逃げたの, 進出した, 遠征し, 遠征する, 遡れば

▼ 方面での~ (29, 0.4%)

2 雪の

1 [27件] しごと, マルクス主義的観点が, 一都會で, 今迄の, 助力も, 勉強の, 君とは, 唯一の, 噂であった, 失望は, 女性の, 実験と, 幕府の, 形式打破, 彼の, 彼女の, 心労を, 支那学の, 流星の, 現れである, 相談役を, 第一功労者, 経験では, 聞込みを, 解放革新が, 責任者と, 風評だ

▼ 方面へと~ (25, 0.4%)

2 出発され

1 [23件] こころざしたもの, その毎日, たいがい彼の, なお進む, なる, はぐれた二人, 一散に, 三分裂の, 入り込んで, 出動しました, 和助を, 巡遊した, 帰って, 東西に, 横入りを, 歩いて, 見渡すと, 話頭を, 走り出しました, 退却し出した, 逃げ出そうと, 釣り上がって, 闖入し

▼ 方面~ (23, 0.3%)

2 時代においても

1 [21件] ある種, いい機会, いろいろな, ライン方面に, 久我桂川一帯の, 京都あたりを, 北越を, 堺などから, 奥州仙台陸奥守が, 安針町, 形に, 日本海の, 海道筋には, 温泉場としての, 経済提携の, 自分の, 記者それぞれの, 追分の, 選挙の, 靱あたりには, 高槻城あたりから

▼ 方面へも~ (20, 0.3%)

1 [20件] ちょいちょい次郎吉, また東山, 供給すべく, 働きかけて, 出かけること, 出て, 出る汽車, 向くよう, 応用が, 手を, 手配され, 捲土重来の, 敵が, 新しい道路, 来たなと, 民衆警察として, 滲透し, 軍を, 道が, 電車にて

▼ 方面においても~ (19, 0.3%)

1 [19件] この心持, これまでに, そうであった, また同様, また腐敗, もはや役人, テナルディエの, 一種の, 人倫の, 佐藤家の, 同様である, 将来非常に, 彼の, 新らしい, 明確に, 異常の, 知識的方面においても, 神聖なる, 関係が

▼ 方面へは~ (19, 0.3%)

2 重きを

1 [17件] あまり足, さきに, なかなか持っ, やはり洛陽, 一切出さなかつた, 中, 兵一万を, 向わず山の手, 大仏陸奥守貞直を, 彼等は, 志貴一族を, 明智光秀と, 洞院左膳を, 深く入らない, 蛇蝎の, 運動された, 雷雨を

▼ 方面においては~ (17, 0.2%)

1 [17件] かたの, すでに大きく, そうである, そう珍奇, ヒューマニズムの, 今日まで, 他の, 大, 宗教的色彩を, 悲壮な, 民間伝承の, 特異なる, 甚だしく意義, 相応に, 看過すべからざる, 聞得大君が, 衆に

▼ 方面にわたって~ (17, 0.2%)

1 [17件] おぼつかない足どり, かくの, この境界線, しらべるが, その被害高, はなはだ数多く, 一望したら, 一般に, 人を, 列挙し, 甚だ興味, 研究すべき, 研究を, 粗雑な, 行われて, 重大な, 電子によって

▼ 方面について~ (16, 0.2%)

2 少しく語りたい

1 [14件] ではなかっ, はっきりした, わが国と, 他日この, 先生が, 全然無邪気, 利己的とか, 卑見を, 少し考え, 所見を, 支那みずからを, 最後に, 私が, 第一流

▼ 方面にまで~ (16, 0.2%)

2 手を

1 [14件] ごろつき, さまざまの, わたって, 分布し, 分科し, 切れる奴, 北上し, 守備を, 拡つて来, 波及し, 波及した, 眼が, 空想の, 進むこと

▼ 方面に関する~ (15, 0.2%)

1 [15件] あらゆる創作, ことが, スキアパレリ, 吾人の, 指紋足跡等の, 掘出物, 植物の, 略歴や, 知識を, 研究の, 記事でも, 記者の, 記述を, 論文が, 論説記事の

▼ 方面ばかり~ (13, 0.2%)

3 では 1 でない, でないと, でなく宿屋, でなく檜枝岐, でなく消極的, でなく精神的方面, 回想する, 採り集めて, 真似たから, 見て

▼ 方面とも~ (12, 0.2%)

2 いずれも 1 に指導的態度, に生物学的, 今日までの, 楽観し, 渾沌として, 窓から, 著しく進歩, 連絡を, 遠くなかつた, 限られて

▼ 方面をも~ (12, 0.2%)

2 一應心得置くべき, 具えて 1 どんな暗い, 二三年前より, 問わず反発, 少しも, 持つて, 目睹したなら, 知り得るの, 防衛する

▼ 方面だけ~ (11, 0.2%)

2 では, で私たち 1 だ, だった, でその, でなく徳行, 働かす場合, 思い出しても, 訪問し

▼ 方面にばかり~ (11, 0.2%)

1 [11件] だった, つい気, みこと, 使ったもの, 力を, 忙しく魂, 注意し, 當て, 進んで, 鋭くは, 集中せられ

▼ 方面~ (10, 0.1%)

1 かお前, かはきょう, かは今日, からそれ, か見当, がその他, が自分, とその, と思う, と海図

▼ 方面である~ (10, 0.1%)

1 からだ, ことも, と云, と云わなけれ, と信ずる, と私, 人々は, 所の, 程度の, 種の

▼ 方面ばかりを~ (10, 0.1%)

2 見て 1 印せしめた, 御覧に, 採り集めて, 摘発する, 最もい, 激昂する, 現実だ, 考えて

▼ 方面との~ (9, 0.1%)

2 交通の 1 両様より, 二つが, 二つである, 二様が, 交通路を, 取合いの, 意見の

▼ 方面のみを~ (9, 0.1%)

1 眺むる場合であります, 眺めた場合, 考えて, 考へたの, 見て, 見やう, 見ると, 見んと, 軽蔑し

▼ 方面です~ (8, 0.1%)

41 から, から仕事, そこに, の

▼ 方面とは~ (8, 0.1%)

1 まったく違った, まつたく縁, まるで専門ちがい, 互いに連絡, 全く反対, 反対な, 縁が, 飛び離れ全く

▼ 方面のみ~ (8, 0.1%)

2 であった 1 ならずあらゆる, ならずまた, ならず東京市川, ならず物理的方面, 人生の, 見て

▼ 方面にかけては~ (7, 0.1%)

1 この鳥, それこそ, たしかに日本, シブトが, 例年と, 先ず人, 十分の

▼ 方面にては~ (7, 0.1%)

1 なんぴとにも知識欲が, ウラジオ政府チタ政府等互ニ割拠し, オサキの, 八ヶ岳の, 宗教の, 犬神の, 狐狸その

▼ 方面にのみ~ (7, 0.1%)

1 傾いて, 利用され, 向いて, 没頭し, 注意が, 眼を, 表現される

▼ 方面よりも~ (7, 0.1%)

1 あちらの, いっそう芸術界, いっそう雪, 南の, 実際生活, 或は寧ろ, 無数の

▼ 方面違い~ (7, 0.1%)

1 のおまけ, の人類愛的精神状態, の厩河岸ぎわですがね, の武州くん, の若い, の著者, も方面違い

▼ 方面にかけて~ (6, 0.1%)

1 一面の, 多く發見される, 大砲や, 屯し, 広く行わるる, 打ち続く針葉樹林

▼ 方面については~ (6, 0.1%)

1 ひとつこの, クリストフは, 一層暗愚, 彼は, 海陸ともに, 辞書は

▼ 方面に対する~ (6, 0.1%)

1 仏軍活動開始せらるる, 感動で, 神経は, 絶好の, 自己の, 観察であっ

▼ 方面だけに~ (5, 0.1%)

1 取られて, 渡来者の, 関して, 限られて, 顕われた

▼ 方面ちがい~ (5, 0.1%)

1 でねえ, なん, のお願い, のもの, の勉強

▼ 方面とが~ (5, 0.1%)

1 あった, あるもの, 一つの, 備わって, 重なり合って

▼ 方面についても~ (5, 0.1%)

2 立派に 1 父母と, 畫家として, 言は

▼ 方面のみに~ (5, 0.1%)

1 注目する, 着眼し, 限らぬ樣, 限られて, 限りまた

▼ 方面からのみ~ (4, 0.1%)

1 眺める事, 考察し, 見たこと, 観察しまし

▼ 方面しか~ (4, 0.1%)

2 知らない 1 ありません, 見せないの

▼ 方面という~ (4, 0.1%)

2 のは 1 ことに, ものが

▼ 方面とに~ (4, 0.1%)

2 通じて 1 結ばれて, 結ばれてを

▼ 方面にでも~ (4, 0.1%)

1 ある, 出かけるらしい団体, 向ける意, 活躍出来た

▼ 方面にわたり~ (4, 0.1%)

1 到底これ, 憎まれがち, 日本第, 盛んに

▼ 方面に関して~ (4, 0.1%)

1 なら何, 活動計画を, 現われた文献, 自分の

▼ 方面のみが~ (4, 0.1%)

1 いくら確か, 問題だった, 望見され, 頻りに宣伝

▼ 方面までも~ (4, 0.1%)

1 きわめて皮相的, 余り進ん, 旅行したい, 観測網を

▼ 方面即ち~ (4, 0.1%)

1 その暗黒, 性とか, 改進党の, 物の

▼ 方面委員~ (4, 0.1%)

1 の世話, の制, の手, の生活保護

▼ 方面監察~ (4, 0.1%)

1 といっしょ, と共にケニヨン, の報告書, の役目

▼ 方面~ (4, 0.1%)

1 だけでも菊名, と大阪, の司令官, の編成

▼ 方面~ (4, 0.1%)

4 ひの

▼ 方面かへ~ (3, 0.0%)

2 生活の 1 切って

▼ 方面からばかり~ (3, 0.0%)

1 来たもの, 発達した, 話した

▼ 方面こそ~ (3, 0.0%)

1 違え同一, 違え略, 違え皆諸侯

▼ 方面それから~ (3, 0.0%)

2 それへと 1 真直に

▼ 方面だけでも~ (3, 0.0%)

1 久兵衛の, 毎月幾日か, 煙幕の

▼ 方面だけを~ (3, 0.0%)

1 よく知つて, 抜き出して, 撰ぶに

▼ 方面とか~ (3, 0.0%)

1 其の方面, 或ひ, 暗い方面

▼ 方面とを~ (3, 0.0%)

2 連絡する 1 除けば

▼ 方面~ (3, 0.0%)

1 の, ので彼, んだ

▼ 方面などを~ (3, 0.0%)

1 反映し, 受け持って, 監視し

▼ 方面により~ (3, 0.0%)

2 大なる 1 多くの

▼ 方面にわたる~ (3, 0.0%)

1 ことを, 権利の, 現実の

▼ 方面に対して~ (3, 0.0%)

1 こういう風, 世にいう, 同じ様子

▼ 方面に関しては~ (3, 0.0%)

1 大事な, 彼は, 私は

▼ 方面よりの~ (3, 0.0%)

1 入り口とも, 情報, 来信電報すこぶる

▼ 方面よりは~ (3, 0.0%)

1 其の消息, 標高が, 男体のみが

▼ 方面をのみ~ (3, 0.0%)

1 凝視し, 御示し, 研究し

▼ 方面~ (3, 0.0%)

1 出カケ, 来ル, 紅葉見物ニ行キタイノダガ一人ボッチデハ仕様ガナイ誰カ案内ヲシテクレナイカシラト云ウ

▼ 方面~ (3, 0.0%)

1 の汽車, の電車, 乗換えエ

▼ 方面あるいは~ (2, 0.0%)

1 アラスカ方面から, 部分の

▼ 方面だけが~ (2, 0.0%)

1 先駆けを, 寺院組織と

▼ 方面であっ~ (2, 0.0%)

1 てこの, て互いに

▼ 方面であろう~ (2, 0.0%)

1 ということ, ところの

▼ 方面でなく~ (2, 0.0%)

1 て暗い, とも定高

▼ 方面とから~ (2, 0.0%)

1 一日一日と, 西進し

▼ 方面などの~ (2, 0.0%)

1 けわしいうごき, 事態が

▼ 方面などへ~ (2, 0.0%)

1 分布し, 毎日一二軒ずつ

▼ 方面なら~ (2, 0.0%)

1 いつでも, ば相当

▼ 方面なる~ (2, 0.0%)

1 生物学上からも, 陸奥と共に

▼ 方面にかけての~ (2, 0.0%)

1 第一人者は, 豪族たちの

▼ 方面にたいして~ (2, 0.0%)

1 商品としての, 報復手段を

▼ 方面についての~ (2, 0.0%)

1 努力を, 読書なども

▼ 方面にて~ (2, 0.0%)

1 聞けば, 行方不明に

▼ 方面にばかし~ (2, 0.0%)

2 居るん

▼ 方面によっては~ (2, 0.0%)

1 二合目位から, 相当の

▼ 方面にわ~ (2, 0.0%)

2 たつて

▼ 方面のみから~ (2, 0.0%)

1 照らして, 観察しよう

▼ 方面ばかりから~ (2, 0.0%)

1 かう言, 見た海

▼ 方面ばかりと~ (2, 0.0%)

1 なった, なつた

▼ 方面へでも~ (2, 0.0%)

1 分け入ったの, 影を

▼ 方面へばかり~ (2, 0.0%)

1 延びて, 走るの

▼ 方面までの~ (2, 0.0%)

1 山河が, 論評を

▼ 方面ゆき~ (2, 0.0%)

1 の六番線プラットホーム, の省線電車

▼ 方面一帯~ (2, 0.0%)

1 が何年, をご覧

▼ 方面一方~ (2, 0.0%)

1 の人生, は橋

▼ 方面代々木柏木~ (2, 0.0%)

2 ともうとうてい

▼ 方面代表者~ (2, 0.0%)

1 の感想, を召集

▼ 方面~ (2, 0.0%)

2 は番町方面

▼ 方面~ (2, 0.0%)

2 は下町方面

▼1* [158件]

方面あたりからペレニウス, 方面あつたの, 方面いっさいの責任, 方面いわば精神的な, 方面小夜子には, 方面かと存じますが, 方面からだけ問題を, 方面からでも説明する, 方面がちがふんだ, 方面これが経, 方面ういふ, 方面じゃないか, 方面すなわち俗に, 方面すらこのとおり, 方面そっちにかけ, 方面そのほか彼には, 方面それからまう, 方面それぞれ活動を開始, 方面ただ一つの酉の市, 方面たとえば文学藝術等に, 方面だけから考察し過ぎ, 方面だけで見ると, 方面だけは警戒を, 方面だけをしか見せないよう, 方面だひらけかたも, 方面だろうか, 方面がひで, 方面やいくら, 方面つまり小仏峠, 方面であったが本郷, 方面であり後者は, 方面でありますがこれ, 方面でこそ功を, 方面でさえもこれに, 方面ででも周圍を, 方面でないもの等が, 方面でなければならない, 方面でばかり問題に, 方面ときどき見え痛快, 方面とても無論それと, 方面とともに人を, 方面とにおいて日本アルプスの, 方面とには裏と, 方面どこも地の利, 方面などではこれが, 方面などでも皆植物学, 方面などに出向いたもの, 方面などへも十分に, 方面なりに過ぎないの, 方面なれど白河, 方面なんかだと, 方面なんてことになる, 方面にあたる隣宿落合まで, 方面においてすら誰の, 方面においての宗祇の, 方面におきまして先づ御, 方面にかけても米国各地の, 方面にさえ大分誇張が, 方面にしか発露せしめない, 方面にだけ発達する, 方面にだっている, 方面につき修行いたし, 方面にまでも影響し, 方面によつてその, 方面による新聞抑圧, 方面にわたってのそれぞれの, 方面にわたりて実証し, 方面に対しいささかも, 方面に対しては余りに等閑, 方面に対しても働くに, 方面に関してだけは間違いは, 方面のちがつた事, 方面のみにははじめにも, 方面のみの追究は, 方面のみより見る事, 方面ばかりかと思ったら農業物理学, 方面ばかりが採り容れられ自由向上, 方面ばかりしか見たがらない, 方面ばかりになって, 方面ばっかりで無い事, 方面へのみ頒たれる, 方面へまでわが二万余騎, 方面へまでもしかも普通, 方面ほかに怒, 方面ほどに強くも, 方面また甚だ多から, 方面または大森羽田の, 方面までずつと續い, 方面までを遊撃し, 方面やらいろいろあるだろう, 方面よりというように, 方面をかへて考へて, 方面をばかり見ようと, 方面を以て運動し, 方面を通じてこれを, 方面カラ西ヘ向, 方面四条方面ヘ, 方面ニ先覺者ノ簇出シテ實證, 方面研究ニ没頭シヨウト思ウ, 方面ヨリ見ルモ, 方面一円はすでに, 方面一筋だけであった, 方面上海にまで進み, 方面有望, 方面不義理だらけにし, 方面に樺太方面, 方面人格向上の方面, 方面会津方面と皆連絡, 方面作戦にならざる, 方面の徳安攻撃部隊, 方面少々ずつ, 方面其他にも少なく, 方面其剛愎執拗な方面等, 方面鑑賞法を, 方面及び陝西の, 方面分科からの, 方面各々の専門雑誌, 方面地方を漠然と, 方面垂水須磨兵庫へかけ, 方面奥州浜街道の千住あたり, 方面如何なる隠れた処, 方面委員等云は, 方面専門の小説家さ, 方面のプロフィル, 方面希望のもの, 方面志望で七割, 方面怪奇の世界, 方面探索を松吉, 方面旅行の實驗, 方面早稲田方面から神楽坂, 方面木曾山脈が手, 方面は智能, 方面に小説戯曲, 方面沼田方面会津方面と皆連絡, 方面深奥な淵, 方面髯の, 方面特に印度などは, 方面甲州街道の柏木方面, 方面町中の住い, 方面白きなり, 方面社会学的方面にも広大, 方面を没了, 方面綺羅星のごとき, 方面緊張した生活, 方面古滿洲, 方面製作上の道程, 方面で当っ, 方面遺つて, 方面調べてみたら, 方面諸賢方の多大, 方面軍司令部にいる, 方面転換が必要, 方面迄も一と, 方面道庵主従が目指す, 方面道徳的方面と知的方面, 方面違ひだつた, 方面階級全体としての闘争, 方面黒部川の入