青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「曹操~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

書き~ ~書く 書く~ ~書斎 書斎~ ~書物 書物~ 書生~ 書籍~ 書類~
曹操~
曾~ ~最も 最も~ ~最中 最中~ ~最初 最初~ 最大~ ~最後 最後~

「曹操~」 2800, 30ppm, 3870位

▼ 曹操~ (973, 34.8%)

9 彼の, 急に, 聞くと, 自分の 6 それを, 手を 5 彼を 4 それに, 聞いて, 馬を, 馬上から

3 [11件] なお笑っ, よろこんで, 全軍, 剣を, 唇を, 大軍を, 怒って, 眉を, 膝を, 荀, 許

2 [50件] あざ笑って, いった, うなずいて, かえりみて, さてこそと, すぐ使い, なお, なぜか, ひそかに, まずいった, わずかな, 一日その, 二人の, 仰天し, 何か, 先に, 呵々と, 命じた, 多くの, 大きくうなずいた, 天を, 始終を, 彼に, 待って, 快然, 指さして, 早くも, 本陣の, 杯を, 満足し, 獅子の, 玄徳の, 相国曹参の, 眼の, 答えて, 考えて, 耳にも, 耳を, 胆を, 自身で, 苦笑し, 苦笑を, 諸将, 賈, 関羽を, 限りなく, 鞭を, 顔を, 高きに, 黙然と聞い

1 [771件 抜粋] あいそよく, あざ笑った, あとで, あなたと, あなたの, あらゆる策, あわてて, いい気, いきなり指, いさぎよく撤兵, いずれに, いったが, いびきを, いまや中原, いま許昌に, いよいよ北岸, いよいよ業, いよいよ語気, いよいよ魂, うめくよう, うれしそう, おかしくなっ, おれが, かえって物, かく聞い, かならずわたくし, かならず南夷陵, かねて, かぶって, かれの, がばと起きた, きょうこそ, くわっと眦, けしかけるよう, けろりとした, ここに, ここ数日の, ことごとくよろこん, この形勢, この文, この期間, この汚い, この訴え, この際, こよい, これに, これを, こんどの, さして驕らず, さっそく天下, さっそく府, さっそく彼, さっと酒, さらに増援, さわがなかった, しずかに, すかさず, すぐこの, すぐ人, すぐ出馬, すぐ幕営, すぐ断交, すぐ自身救援, すぐ話, すっかり傾倒, すっかり兜, すでに冀州, すでに凱旋, すべてが, ずいと身, そういう颯爽, そうつぶやい, そこから, そのいずれ, そのお, そのはなし, そのまま鞭, その中軍, その二人, その夜, その実, その弱冠, その後朝廷に, その忠義, その扈従, その晩, その熱い, その瞬間, その間じっと, その間髪, その首勢, そら嘯い, それの, それよりも, ただもう, たちどころに方針, たちまち, たったいま, ちょうど荊州, つづく手勢, つと立っ, つねに河北, つよく顔, とうとう自分, どこに, どっちへ, なおいった, なおその, なお犒ら, なお苦笑, なにを, なに思った, にやにや笑っ, にわかに苦しみ始めた, はっと我, ひどく惧, ひどく鋭気, ふいに, ふたたび告げた, ふたたび城攻め, ふと娘, ふと耳, ぷいと席, ほれぼれと, まさにその, まずなに, まずはやりたつ, またも地方, また下知, また呉, また彼, また戻っ, また辛毘, また関羽, まだ, まだそう感心, まだ今日, まだ汝南, まだ若い, みずから手を, むしろ憤然, もう北征, もう忘れ, もう自分, もう観念, もちろんその, もとより先, もはや観念, やがてここ, やがて立ち上がった, やがて荀, ややほっとした, やや真面目, ゆるさなかった, ゆるした, ようやく父, よく武将, よほど大, よろこんだ, わざとそううそぶい, わざわざ近臣数名, わずか六, 一万余の, 一同を, 一宮内官の, 一応安心, 一日朝へ, 一時陣を, 一眄を, 一笑を, 一言, 一語も, 一議に, 三名を, 三度呼びとめた, 丞相府へ, 両者の, 中軍に, 中軍を, 久しくその, 之を, 乞いを, 予州の, 二人に, 二十万という, 云った, 五歩ばかり, 今たけなわ, 今地方に, 今度に, 今日の, 会心の, 何かで, 何となく安から, 何の, 何ものも, 何を, 何処に, 何思った, 作り声で, 佩剣を, 例によって, 侍者に, 侍臣を, 元来虚実の, 充分に, 先頃から, 八十余万の, 兵馬の, 内心一驚を, 再三この, 冷ややかに, 冷然と, 几の, 刃を, 初めて回生, 初めて夢, 前夜自己の, 劉曄の, 勃然と, 勅使と, 北の, 北岸へ, 北方攻略という, 千余の, 単騎鞭打っ, 即日大号令, 取上げず手ずから, 口辺に, 口頭の, 叫びながら, 台上から, 叱りつけた, 叱咤する, 呂布の, 呂曠と, 呉に対して, 呉の, 命じて, 問うも, 善いとも, 喪を, 営中の, 固辞し, 城内街の, 堂に, 堂中の, 壇を, 士卒が, 声高らかに, 変を, 夢梅居士の, 大いに歓ん, 大いに笑い, 大いに職制改革, 大いに興じ, 大地へ, 大声叱咤し, 大杯を, 大満足, 天に, 天下の, 奥歯に, 威容気品ふたつながら, 威武堂々, 存分に, 学問など, 宛城に, 実にもと, 家に, 容れるに, 寝房, 審配の, 小首を, 少年から, 山へ, 山東の, 左の, 左右の, 左右へ, 席を, 帰京後も, 常に急き立て, 平定の, 年来玄徳を, 幾度も, 引っ立てて, 強いて, 強いて豪笑, 当然次, 彼が, 往年の, 征矢の, 後に, 後図の, 徐州攻略に, 徐庶に, 得たりとして, 心の, 心ひそかに, 必ず自分たち一族, 忘れたよう, 快笑, 念に, 忿懣に, 思いの, 思わず嘆声, 思わず手, 急いで, 急ぎに, 恍惚と, 悪来へ, 悶々自己を, 惨敗した, 感じ入ったごとくまじろぎも, 感動し, 感心し, 憤って, 憤怒し, 戯れながら, 手ずから封, 手に, 打ち笑って, 折も, 指を, 指名し, 振向く, 改めて彼, 救われたよう, 敗色日増しに, 旗艦に, 既に其女, 日頃の, 早打ちの, 明るい眉, 時機到来と, 景山の, 暗愚なり, 書簡を, 最早天下, 望みどおり徐晃を, 朝野の, 根もとへ, 楊修が, 横あいから, 横臥し, 歓びながら, 歓ぶの, 歯を, 歯医者を, 死地に, 死線の, 毎日荊州の, 毒に, 気の, 気心の, 氷城を, 決して思い切った, 決断した, 河を, 河北の, 渭南の, 満堂の, 漢水の, 激怒し, 激賞し, 烈火の, 烏林の, 無造作に, 焦れッ, 特に人, 特に侯成, 独り笑い興じ, 獄吏へ, 玄徳に対して, 玄徳へ, 王位を, 甘いところ, 甘寧, 甚だおもしろく, 田疇の, 疑いも, 疑った, 病褥の, 痛惜に, 白面の, 白馬に, 百戦練磨の, 百錬の, 皮肉を, 盛装を, 直ちに相, 直ちに軍備, 眉根を, 眦を, 眸も, 眼中に, 瞼を, 短気な, 破顔し, 祐筆を, 禰衡の, 突っ立った, 突然卓, 立ちどまった, 立って, 笑いながら, 笑って, 第一着手, 約十日, 細い鳳眼, 置き捨てられたまま茫然, 群臣を, 考えこんで, 耳の, 聞き入った, 聞き咎めて, 聞くまでも, 胸いっぱいの, 腹も, 自ら法を, 自分で, 自身, 自身その, 自身出迎え, 自身出馬し, 自身轅門まで, 至極と, 舌を, 色を, 苦しげ, 茫と, 茫然と, 荊州への, 落着か, 著名な, 蔡和蔡仲からの, 蜀兵の, 血を, 衛弘から, 襄陽へ, 見とがめて, 見ると, 見舞に, 討たずとも, 討てない, 許都へ, 許都を, 詩でも, 詩を, 話せるよ, 読み下して, 諸大将, 謹んで, 賞めて, 赫怒した, 起きて, 足を, 身一つで, 軍令を, 軍兵に, 近ごろおれの, 近侍の, 返辞も, 追求し, 速戦即決を, 遂に激し, 遊軍として, 遠くに, 遥かに, 遼東の, 遼東を, 部下の, 都に, 酒の, 酒を, 酔眼を, 銅雀台の, 銅雀台へ, 門前に, 開口一番限りも, 降を, 降使, 陳父子に対して, 陳登の, 階の, 階上の, 非常な, 非常に, 頑としてきかない, 風を, 風雲に, 駿馬に, 驚いたが, 高く打, 高台の, 鵜呑みに, 麓へ, 黎陽まで, 黙って

▼ 曹操~ (770, 27.5%)

9 陣へ, 首を 8 前に 7 ところへ, 前へ, 軍は 6 大軍は 5 すがた, 兵が, 耳に, 耳へ, 胸には 4 ために, ほうで, 中軍へ, 心を, 軍に

3 [14件] ほうから, まえに, もとへ, 下に, 乗って, 兵は, 大軍が, 実力と, 手に, 手へ, 旨を, 書簡を, 軍勢は, 軍門に

2 [48件] ことだ, ことな, ことばに, そばに, そばへ, ほうにも, ほうへ, まわりには, よろこび方, 一命を, 下風に, 中軍を, 人物を, 人間は, 使いとして, 兵力は, 前で, 勢いは, 勢力を, 命を, 城寨を, 大軍に, 威と, 威は, 容態は, 心は, 怒りに, 意志は, 戦は, 手で, 死は, 眼の, 策に, 考えは, 胸に, 計に, 身は, 軍が, 軍へ, 軍を, 部下は, 陣は, 陣を, 面には, 面は, 面を, 顔も, 顔を

1 [534件 抜粋] あいさつに, あいだなども, あとを, あの折, あまりな, いるところ, いる中堂, いる室外, うごきを, うしろには, うしろへ, うしろを, お旨, かたわらから, こと, ことだろう, ことである, ことです, ことは, ごときは, ごときもの, ごとき時流, さしず, するどい眼, ためか, ため大敗を, ため敗れ, ところに, ところへは, はからいで, ほうが, ほうには, ほうを, まえで, まえでは, まえへ, まわし者たる, もとに, もとを, もので, やつは, やること, ゆるしを, ような, ように, わざと, 一事業は, 一令に, 一兵も, 一命こそ, 一命は, 一大事だ, 一家一門は, 一族とか, 一族曹仁である, 一臣に, 一艇は, 一言を, 一遊を, 一陣営を, 一面性たる, 一顰一笑のみ, 下僕だった, 下知に, 下知を, 不仁を, 不信を, 世代から, 中軍すら, 中軍に, 中軍まで, 中軍めがけ, 中軍も, 中軍前衛隊の, 乗った馬, 人情へ, 人物さえ, 人生観が, 人馬が, 代りに, 代理として, 伏勢が, 伏勢に, 体の, 体を, 作戦指導を, 使いが, 使いらしい, 使いを, 使者は, 使者を, 使臣たる, 侍臣が, 侍臣は, 侵略を, 信義を, 側から, 側臣中でも, 側臣中彼あり, 側面を, 備えとしては, 兇刃に, 先手が, 先鋒は, 先鋒を, 全盛期を, 八卦陣は, 兵だった, 兵とも, 兵を, 兵三十万も, 兵法の, 兵糧は, 兵馬は, 内ぶところ, 内幕や, 内諾を, 冷虐な, 出現から, 出迎えに, 刃を, 刑吏に, 前衛を, 創作である, 功臣で, 勢いが, 勢は, 勢力は, 勢力圏内であり, 勢威です, 包囲を, 包囲戦線も, 卓へ, 南下だ, 危難を, 口から, 古巣の, 召しでか, 叱咤は, 右側に, 名を, 否定は, 周囲には, 周囲を, 呶号に, 呼ぶ声, 命であった, 命なりと, 問に対して, 営所へ, 国法は, 坐乗し, 堅陣に対し, 場合は, 増上慢が, 声に, 声は, 多感多情は, 夢を, 大任を, 大兵は, 大功を, 大喝に, 大志なんで, 大志を, 大才, 大捷に, 大捷利, 大葬終る, 大計画, 大軍にも, 大軍に対し, 大軍の, 大軍へ, 大軍を, 大軍百万の, 大野望, 天寿も, 奏請も, 好んで, 好意で, 好敵手として, 好餌と, 如きは, 姿を, 嫡子曹丕は, 嫡子曹昂の, 嫡男である, 子, 子であり, 実力は, 実力百五六十万も, 実子, 実弟の, 宣伝や, 室の, 家臣曹仁李典楽進たちであった, 密偵にでも, 密書を, 寛大を, 寵士で, 寵臣夏侯恩であった, 寵遇も, 専横は, 将士から, 将士であった, 小策に, 居館へ, 峻烈な, 左の, 帝位を, 席の, 帰るの, 帰還を, 幕下で, 幕賓に, 座側へ, 建業も, 弟曹仁が, 弟曹仁は, 弟曹洪は, 強馬精兵, 影が, 影は, 従弟曹洪であった, 御曹司曹丕が, 徳を, 心に, 心事を, 心根には, 念に, 怒りを, 思うつぼに, 急使だった, 急追に, 性行を, 恨みと, 恩に, 恩に対して, 悩みであった, 悪罪十箇条, 悪逆や, 情として, 意中を, 意思が, 感情も, 態度は, 憤怒は, 憤恨, 我意に, 戦いが, 戦ぶりである, 所へ, 所在も, 所業である, 手には, 手もとへ, 手心も, 抱えこまれた陣幕の内, 持って, 持つ総, 指が, 指令を, 指揮下蒋奇の, 振舞い, 振舞いを, 捕手にたいして, 掌中に, 推薦で, 政令と, 敗軍この, 敵たる, 文には, 方へは, 方を, 旗じる, 旗下許, 旗本は, 旨に, 旺なる, 智と, 智慮に, 暗愚を, 暴戻なる, 本志は, 本拠地を, 本軍が, 本陣にも, 本陣の, 本陣を, 本陣官渡の, 来攻, 来着を, 案内に従って, 業と, 概が, 権威は, 横たわって, 檄が, 檄は, 欲するところ, 歓待は, 武力を, 残して, 残軍は, 気が, 気は, 気性として, 水軍を, 火の, 炯眼で, 為に, 無事な, 熄まざる, 爲に, 父が, 父の, 片腕とも, 特質であった, 率いる模擬河北軍, 現在の, 生は, 生命が, 生命を, 甥で, 病が, 病と, 病も, 病間へ, 発したもの, 白い面, 盛名を, 直属軍が, 直書か, 直筆に, 直臣許, 相手としては, 眉端は, 眸が, 眸に, 眸は, 眼が, 眼くばせ, 眼には, 眼を, 破れを, 程度に, 空巣を, 笑う声, 第一, 第二子, 第宅, 筆蹟は, 策略です, 籠に, 籠る病室, 罵る声, 美徳を, 羽振りに, 老父は, 考えである, 耳にまで, 耳にも, 耳目と, 肚では, 肚は, 肚を, 股肱だ, 股肱の, 肩に, 肯綮に, 背後を, 胸が, 胸にも, 胸へ, 胸中の, 腹にも, 腹心の, 腹心荀, 腹心許, 臣か, 臣だろう, 舟へ, 船である, 色よい, 苛烈な, 若い頃, 英名は, 血を, 行方を, 袂の, 裏を, 襟が, 襲来を, 見参に, 親書では, 親衛軍は, 親衛隊は, 言が, 言な, 言下に, 計画だった, 計画は, 計略は, 計略を, 許へ, 詐りに, 詩であった, 詭計であろう, 誘いに, 説客では, 説客なら, 説客ならずや, 調べに, 諡, 質問に, 起居は, 足もとへ, 身が, 身を, 身内だ, 軍と, 軍とも, 軍には, 軍も, 軍使は, 軍兵は, 軍力は, 軍勢へ, 軍勢を, 軍勢百万雄将千員天下を, 軍政経済の, 軍百万人を, 軍馬が, 輜重隊が, 轡を, 迎えに, 近習たちへ, 返書も, 返辞も, 追手を, 退路に, 運命は, 遠くに, 遠征は, 遠征軍は, 選ぶ道, 部下か, 部下だ, 部下に, 部下も, 部下于禁の, 部下夏侯惇である, 部下徐晃, 部下徐晃と, 部下許, 郷里沛の, 配置し, 野望は, 長所の, 門下侍郎黄奎という, 間諜であろう, 関羽にたいする, 閲兵を, 陣中では, 陣中に, 陣営から, 陣地と, 陣地へ, 陣容は, 陣後から, 陣所へ, 陣門に, 陣門へ, 陣門を, 陣門近くを, 隆運と, 隠密が, 面前に, 面前には, 面部は, 領民と, 頤使に, 頭脳は, 顔いろ, 顔は, 顔色には, 首は, 馬の, 馬前に, 駒の, 驕りに, 驕慢独歩な, 驚愕は, 髯には, 魂を, 魏王宮を, 魏軍が, 麾下へ, 黒星を

▼ 曹操~ (215, 7.7%)

3 百万の

2 [11件] あって, いうと, いうには, たずねると, 出て, 問うと, 本来の, 生きて, 立って, 見て, 都へ

1 [190件] あり南, あるぞ, あれに, いかで汝, いかに中原, いかに徐晃, いた, いった, おるなれば, お城, かならず敗戦, かならず生, この次に, こんなもの, しまったと, すぐ, すぐにも, すぐ虚, その主動的役割, その酒, それにも, それを, ために, どう無礼, どんな顔, なお出陣, なだめると, なんで, ひらいて, ふたたび沈黙, ふと関羽, みずから攻め, もし華容道, よく知っ, わざわざの, わずかな, われに対する, ジロリと, 一時的に, 一鼓の, 三十万の, 上洛した, 世間ばなしの, 乏しき仁義, 今の, 今日の, 何と, 何故かと, 信頼し, 偉いから, 先に, 入城する, 全力を, 八十萬の, 兵を, 兵粮を, 兵糧を, 冀州を, 出なかったら国々, 刀を, 前後には, 功では, 功を, 勝てば, 勢いの, 北征し, 十歳で, 即答する, 向って, 君の, 呉に, 呉へ, 周瑜か, 周瑜に, 味わった大, 在ること, 地名は, 士を, 声を, 大兵百万と, 大股に, 天下を, 天下万邦の, 失敗し, 孔明を, 完敗を, 宿望の, 寄せて, 密詔を, 専横に, 将軍の, 小癪なる, 少年時分には, 巴中へ, 張遼を, 彼の, 彼を, 後に, 徐州へ, 徐庶を, 御猟, 怒って, 思うに, 急に, 恐いの, 慰めたので, 戦機を, 掘らせて, 敗れて, 敵として, 敵なら, 方へ, 旗を, 日夜再, 明日にでも, 暴逆を, 曹操の, 曹操自身へ, 最も可愛, 来ました, 来るだろう, 楼台から, 止めるも, 死命を, 残して, 残暴き, 気色うるわしく, 水寨の, 激怒し, 現れなかったら歴史, 現われたら何, 生涯保証し, 留守の, 真に漢朝, 禰衡を, 秘蔵の, 積年の, 突然馬上, 結んで, 羽振りを, 聞くと, 聴きその, 股肱, 肩を, 脚を, 自らこの, 自ら大軍を, 自分の, 自分へ, 自慢の, 自負し, 自負満々だった, 荊州に, 華容道へ, 蜀境を, 西涼軍の, 西蜀を, 見ると, 見るところ, 訊くと, 詐られよう, 詰問する, 論破し, 諫めて, 賄うて, 起っても, 起立する, 身を, 逃げ走って, 逆意, 遠い軍旅, 都から, 都を, 都落ちを, 酒を, 重ねていう, 野陣し, 開いて, 関羽の, 関羽を, 雷喝した, 雷声を, 音頭を, 馬の, 馬を, 馬上から, 魏王を, 麦畝を, 麾下に対して, 黙然と

▼ 曹操~ (164, 5.9%)

5 降って 4 まみえて, 仕えて, 会って, 向って 2 告げた, 謁し

1 [139件] あつて剪滅, あつまって, ある, いわれた通り, かわって, こういう言, こう進言, ささやいた, さまたげられて, したがうと, して, してすら, せがまれて, そそがれて, その人品, それを, そんな野心, たのまれて, ついたが, ついたほう, ついて, つかわせ, つくといった, つけば, とらわれたため, むかい, めぐり会って, 一言申さん, 一蹴され, 与え魏蜀提携, 乗ぜられん, 乞われて, 五百騎ほど, 仕え近頃, 会いに, 会い口, 会い将来, 会い荊州討伐, 会うと, 会おう, 会ったら見せて, 会ったら話して, 会見し, 侍い, 倒されました, 先を, 出会ったので, 出会ったら木ッ端みじん, 占領され, 取らしても, 呈した, 告げて, 告げてから, 告げると, 大事を, 奪られる, 好遇, 始まって, 媚び曹操, 密詔を, 対峙した, 屈伏せぬ, 当らせんため, 当らん, 当らんという, 当らんなど, 当り得るほど, 当れば, 征伐される, 従うならば, 従うべきです, 復讐し, 心服し, 恨みが, 恭順を, 意見した, 愛されて, 愛せられた男, 抱いて, 挙げられて, 授けかつ, 敗れたら冀州, 敵しますまい, 敵対する, 文書を, 斬られた者, 書簡を, 服従を, 棒で, 款を, 殺されたと, 殺されて, 殺され世にも, 気どられぬよう, 献じた, 献策し, 用いられて, 目通りする, 矢を, 破られて, 篤う遇せられ, 蜀を, 見せろ, 見参, 訊いた, 訊かれると, 訴える機, 諫言した, 諮った上, 譲って, 近づくを, 返し和睦, 返辞を, 追いついて, 追われて, 通じた, 達した, 関心を, 降った, 降ったが, 降ったの, 降ったほう, 降らんという, 降り久しく, 降ろう, 降ろうぞ, 降を, 降伏したら, 降伏せん, 降参し, 降参す, 降参せね, 降服し, 降服せりと, 降服は, 随身し, 随身した, 願いを, 馳け

▼ 曹操~ (131, 4.7%)

5 して 3 生擒 2 かこんで, のぞかんと, 刺し殺して, 扶けて, 敵として, 破って, 討たんと

1 [109件] あざむく計, おいては, お頼り, かならず討たん, ころすべきか, さしまねきながら, そのむかし中牟, たすけて, たずねた, とらえなければ, どうしよう, ながめて, にらんで, はじめとして, はじめ十八ヵ国の, はじめ国々の, めぐる猛, やぶるべきに, 中軍として, 主と, 亡くさぬうち, 亡ぼし得るならこの, 亡ぼす計策, 伐つこと, 信じ切らせるには, 先へ, 冊立し, 刺し殺そうと, 刺す謀, 助けると, 助けるよう, 参謀と, 取り囲んで, 可愛がって, 呼びつけて, 囲んで, 外門の, 大魏皇帝, 始めとして, 始め幕下の, 害さんと, 尊んで, 平げようと, 怖れます, 思うさま痛めつけ, 愛して, 慰めると, 戦わせしかも, 手捕り, 打倒せよ, 打破ろうでは, 拝した, 捜して, 搦めよ, 撃砕する, 撃破する, 攻められた由, 救い出して, 救けたこと, 救けだした, 敵に, 斬らんか, 斬ろうと, 殺したがって, 生捕れ, 知るもの, 破ったが, 破ったもの, 破ってから, 突き殺そうと, 背なかに, 背に, 脅かした, 見上げて, 見今ここ, 見捨てて, 討ちとり給え, 討ちとる時, 討ち帝, 討ち止めて, 討ち破った上, 討つ, 討つこそ, 討つには, 討つの, 討つは, 討つべく西, 討つ大策, 討つ日, 討つ気, 訪れた, 認めると, 謀るため, 讃美し, 赤壁に, 追いかけて, 逃がすな, 逆臣という, 遠くうかがっ, 都の, 重んじて, 防いだので, 防ぎ南, 防ぎ君公, 陣門に, 除くほど, 雑兵の, 離れて, 驚かせたもの

▼ 曹操~ (120, 4.3%)

2 また, 初めの

1 [116件] あせりぬいて, うごかずひそか, うなずいて, おぞ毛, ぎょッ, ここに, この二, この人, この条件, この辺, こんどという, こんどは, さすがに, すぐ覚ったらしく, その卑劣, その意見, その旗本, その清廉, それを, ついに身, とうとう弱音, どれほど君, ひとまず帰洛, ほくそ笑んで, ほとほと感心, ほとんど頭, まじえて, またみずから, また一方, また出色, また国舅, また大いに, また大軍, また急, また暖, また礼, また自縄自縛, また英雄, また諸人, まだ若い, もうじっとし, もちろん参内, やがてすでに魏王, やや辞, よく従った, わが子曹彰に, わざと軍, わずかに, 予想外な, 以来使いを, 信じなかったが, 充分彼, 克つこと能, 全軍, 内心恐れを, 凱旋し, 初めてな, 別に咎め, 功によって, 厳かに, 反省し, 同感である, 喰えない漢, 士気の, 大敗し, 天下を, 安からぬ, 実にもと, 客も, 容易に, 彼の, 後に, 後世久しく, 従って, 心ひそかに, 心中ひどく, 思い直して, 思わず悲鳴, 急を, 怪に, 感じて, 戟を, 持前の, 枕に, 業を, 気がついたの, 満足を, 満身血しお, 焦躁立っ, 狼狽し, 猜疑を, 玄武池に, 王位に, 疑うこと, 疾く知っ, 矢を, 立ちあがって, 管輅の, 考えて, 胆を, 腕を, 舌を, 苦戦に, 蜀を, 譲りあう, 躍り込んだ, 遂に三つ, 遂に怒っ, 遂に迷い, 道に, 重なる味方, 重視し, 野を, 閉口し, 非を, 顔色を

▼ 曹操~ (53, 1.9%)

2 内通し, 戦って

1 [49件] いい袁紹, お家との, かたく約し, きまった, しめし合いついに, その中軍, その幕将, ふたりきりで, わが国との, 一戦なすも, 主従の, 争わせなければ, 互角に, 会いそして, 会って, 会ってから, 何か, 内応し, 劉表との, 力を, 同腹し, 同郷の, 呉の, 呼応し, 和せず戦わず, 和を, 夏侯淵とは, 孫権とに, 戦うよう, 戦わんか, 打ち解けて, 武士たちが, 比べては, 玄徳との, 玄徳は, 結ぶだろうか, 結んで, 蜀の, 見て, 見破って, 親交を, 誼み, 談笑に, 諜しあわせ, 陳宮の, 陳宮は, 陳登は, 雌雄を, 青梅の

▼ 曹操~ (51, 1.8%)

3 向って 2 降参する

1 [46件] あいさつも, お送りあれ, すすめた, その由, たのんで, つかわした使者, むかって, やった降参, 云い返した, 使いする, 使いを, 向けられて, 向わしめたの, 呼びかけた, 報告した, 売る気, 宛てた例, 宛てた返書, 宛てた返簡, 宛てて, 密報した, 復命した, 急書を, 捧じ, 援兵を, 献じる理由, 知らせた, 祟るだろう, 答えた, 耳打ちした, 蜀を, 親善の, 計った, 討って, 訴えた, 訴え出るなら漢室, 諫めた, 諫言は, 送って, 都から, 降らせその, 降を, 降伏せん, 降参した, 降参の, 降服を

▼ 曹操から~ (48, 1.7%)

2 いって, 莫大な, 都の

1 [42件] きた書面, きて, この関羽, して, その相談, その髯, それが, ふいの, 下知を, 五万の, 何か, 使者が, 依頼が, 俺の, 借りて, 内示し, 出ても, 右の, 呼びに, 問われるに, 天子へ, 奏請した, 密, 密書を, 急使が, 恩禄は, 手厚く守られ, 早口に, 書簡を, 来た密書, 派遣された, 眼の, 眼を, 答えて, 譴責され, 貴君を, 贈られた珍, 迎えの, 返簡, 関羽へ, 預って, 頼まれて

▼ 曹操自身~ (19, 0.7%)

1 [19件] からまっ先に, が何故, が攻め下っ, が来た, が許都, さえ南, すがた, すらその, であった, でさえこう, にも水上戦, の智, の馬, へ戒め, まだ夢にも思っ, も, も乱軍, も心身混沌, わずか二十騎

▼ 曹操には~ (15, 0.5%)

1 [15件] いよいよ漢朝, すぐ何, また, もうその, やはりそれ, 三つの, 四人の, 報じて, 彼に, 曹操にも, 曹操の, 破られたでは, 福音であり, 降らぬという, 降らん

▼ 曹操とは~ (11, 0.4%)

1 [11件] かかる小人物, よく知っ, 三つの, 何者か, 何者だ, 同郷の, 天下を, 宿怨の, 敵国に, 次第に変っ, 正しく相反

▼ 曹操では~ (9, 0.3%)

3 ない, ないか 1 あったが, ないが, なかった

▼ 曹操にも~ (9, 0.3%)

1 あるの, 使いを, 大いにうなずかせる, 大志は, 宿怨を, 当たらない, 活眼ありです, 知れて, 追われ居る所

▼ 曹操との~ (8, 0.3%)

1 一戦も, 交渉に, 国交を, 大決戦, 正面衝突は, 講和によって, 軍事経済同盟の, 関係を

▼ 曹操こそ~ (5, 0.2%)

1 それだ, 乱賊の, 最大の, 朕を, 真に朕

▼ 曹操という~ (5, 0.2%)

1 白面の, 素寒貧の, 者の, 者は, 者を

▼ 曹操より~ (5, 0.2%)

1 うけた恩, 七ツも, 二十八も, 六ツ年下であった, 天子の

▼ 曹操~ (5, 0.2%)

1 が強力, の大勝, の尖端, の旗, の落武者

▼ 曹操ごとき~ (4, 0.1%)

1 に身, に降りましょう, をさまで, 者を

▼ 曹操とて~ (4, 0.1%)

1 大したこと, 完敗の, 恐れるに, 目は

▼ 曹操如き~ (4, 0.1%)

2 に降る 1 は怖, 何か

▼ 曹操たち~ (3, 0.1%)

1 の眼, の革新軍, は一叢

▼ 曹操~ (3, 0.1%)

21 が着陣

▼ 曹操にとって~ (3, 0.1%)

1 もっとも乗ずべき, 不慮の, 今は

▼ 曹操に対して~ (3, 0.1%)

1 あのよう, 同じ嫉視, 彼の

▼ 曹操ほど~ (3, 0.1%)

1 な智者, な者, な英傑

▼ 曹操~ (3, 0.1%)

1 の主従, の北上軍, の危地

▼ 曹操時代~ (3, 0.1%)

1 からの宮仕え, にうけた, の功臣

▼ 曹操~ (3, 0.1%)

1 すらこんな, へ献じ, へ献上

▼ 曹操~ (2, 0.1%)

1 ならず漢朝, 袁紹の

▼ 曹操からの~ (2, 0.1%)

1 急使と, 要求も

▼ 曹操からも~ (2, 0.1%)

1 変を, 敵視され

▼ 曹操すら~ (2, 0.1%)

1 一目も, 恐れて

▼ 曹操その~ (2, 0.1%)

1 人であろう, 故に

▼ 曹操であり~ (2, 0.1%)

1 江南の, 驕慢が

▼ 曹操でさえ~ (2, 0.1%)

1 堪忍し, 如何に

▼ 曹操でも~ (2, 0.1%)

1 もともと北方, 無条件には

▼ 曹操とも~ (2, 0.1%)

1 対立する, 提携し

▼ 曹操と共に~ (2, 0.1%)

1 剣を, 大悪

▼ 曹操などという~ (2, 0.1%)

1 人物は, 人物を

▼ 曹操はは~ (2, 0.1%)

2 ッた

▼ 曹操への~ (2, 0.1%)

1 手配や, 礼物である

▼ 曹操までが~ (2, 0.1%)

1 後から, 想いを

▼ 曹操~ (2, 0.1%)

1 玄徳が, 袁紹輩の

▼ 曹操一人~ (2, 0.1%)

1 だけの仕事, の隈取り

▼ 曹操以下~ (2, 0.1%)

1 の並居る, の将士

▼ 曹操以来~ (2, 0.1%)

1 の魏, 久しく一文官

▼ 曹操兄弟~ (2, 0.1%)

1 が矢風, とは気づかなかった

▼ 曹操袁紹~ (2, 0.1%)

1 など逆徒, をはじめ十八ヵ国

▼ 曹操麾下~ (2, 0.1%)

1 の勇将徐晃, の夏侯惇

▼1* [106件]

曹操おれの縄目, 曹操この故にこそ, 曹操これにあり, 曹操さえ忍んで, 曹操そこをうごく, 曹操そのものは仆, 曹操たちまち刺し殺した, 曹操たりともわが, 曹操たるものの, 曹操たる者怒気を発せず, 曹操だけには警戒を, 曹操だったら一議に, 曹操すら九死, 曹操であって彼, 曹操とか関羽張飛その, 曹操とが同時にこの, 曹操として何の, 曹操としてもこんな一片, 曹操とても兵学に, 曹操とてもそう涙の, 曹操どの貴君は, 曹操などに屈しては, 曹操なども少しあなた, 曹操などよりははるかに, 曹操などを入れたら蜀, 曹操ならこれへ, 曹操なる者は, 曹操におけるがごとしとも, 曹操にこそ向けられるべきです, 曹操について学ぶこと, 曹操にとっては日頃の, 曹操にとっても愛すべき民, 曹操にばかり媚びて, 曹操に対しあなたが, 曹操に対しての作戦は, 曹操に対しても感服する, 曹操に対するおそれ, 曹操に従って都へ, 曹操のみが天下を, 曹操はさもあり, 曹操はじろと見, 曹操ばかりでなく彼, 曹操へは酬うべき, 曹操ほども陳宮を, 曹操みずからの称え, 曹操みずから五十万騎を率い, 曹操みずから腰に帯, 曹操みずから許都の大軍, 曹操みな色を変えた, 曹操もはや四十を, 曹操よくぞ来た, 曹操よりも民衆であったろう, 曹操わしは諸, 曹操ガ赤壁ノ大敗, 曹操拒ギ東ハ孫権ト和ス, 曹操一流の令, 曹操一門でなければ, 曹操主従はまた, 曹操の光, 曹操以上にあなた, 曹操以下三十万の精兵, 曹操以下寄手の三十万, 曹操以来ここに三代, 曹操以来五世四十六年目で亡んだ, 曹操以来今日もなお, 曹操以来恩のある, 曹操かあらん, 曹操何ものぞ, 曹操個人の命数, 曹操功高ク徳ハ宏大ニシテ天ヲ極, 曹操呂伯奢を, 曹操四十万の大軍, 曹操大いに愕い, 曹操は孟徳, 曹操孫堅ごとき者, 曹操孫權劉璋等と共に入, 曹操幕下の勇将, 曹操征伐の出軍, 曹操てっ, 曹操に疑う, 曹操打倒の永遠, 曹操操っ, 曹操曹丕曹叡三代に仕え, 曹操曹洪の兄弟, 曹操来ると聞け, 曹操東呉の孫権, 曹操玄徳両方の実状, 曹操直筆の書簡, 曹操眼前の大, 曹操一の, 曹操ラ迅兵ヲ率シテ協力シ鼓声喊呼ニツツンデ馬超, 曹操自身大軍を指揮, 曹操自身彼を引い, 曹操自身指揮にあたっ, 曹操自身軍にある, 曹操董卓を刺さん, 曹操袁紹らの挙兵, 曹操西涼の馬超, 曹操ラ之, 曹操調伏の意中, 曹操逃ぐるな, 曹操逃げたり, 曹操遂に死せりと, 曹操閣下が矛, 曹操陳宮にこの, 曹操をさしのべよ