青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「新~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~料理 料理~ 斜~ 斜め~ 斬っ~ ~斯 斯~ 斯く~ 斯様~ ~新
新~
~新しい 新しい~ ~新しく 新しく~ ~新た 新た~ 新劇~ 新吉~ 新子~ 新田~

「新~」 4882, 51ppm, 2289位

▼ 新らしい~ (2316, 47.4%)

16 のを 15 もので 13 ものが 12 のが, ものを 10 詩の 9 ものに, ものは 8 ことで, 土地の, 時代の, 生命を, 靴を 7 一つの, 世界が, 家の, 生活の, 運動の 6 のは, 仕事を, 女が, 生活を, 眼で

5 [12件] ことを, ご命令, ものの, 世界に, 世界の, 世界を, 事を, 力が, 土地へ, 女の, 木の, 道を

4 [18件] のも, ものであった, ものも, 人が, 倫理が, 土地を, 型の, 女は, 家と, 家を, 少佐は, 思想を, 意味を, 文芸の, 新聞が, 村, 芸術は, 運命を

3 [51件] と云う, のと, ものである, 事とて, 事ばかり, 事件は, 事実を, 人々の, 何物かを, 刺戟の, 半天印の, 型が, 天井と, 女, 女を, 客の, 家庭を, 帽子を, 恋愛の, 感覚で, 所へ, 折の, 文明を, 方さ, 方向へ, 方法を, 時代に, 本を, 様式の, 涙が, 物を, 玩具を, 生活が, 生活に, 発見も, 私の, 第一歩を, 肉を, 自分の, 芝居を, 葉を, 西洋の, 見解を, 言葉の, 途を, 運動に, 道は, 銚子を, 関係を, 雪が, 麦藁帽を

2 [186件] えりの, おいしい水垢, けれども普通一般, けれど値段さ, ところだ, のに, ものだつた, んです, タイプの, タツチの, ハンケチを, 上に, 下駄や, 下駄を, 世帯を, 世界にばかり, 世界構成の, 主人に, 事件が, 事実が, 二人の, 人に, 人の, 人間の, 人間を, 人類の, 仇の, 仕事で, 位牌が, 位牌に, 位牌を, 住家を, 住居へ, 作は, 作を, 先生を, 光に, 別な, 努力に対しても, 匂の, 卒堵婆を, 友達の, 友達を, 反物を, 叡智の, 名が, 名の, 唄を, 問題を, 土地で, 土地のに, 地平線の, 地方総督が, 地方総督の, 墓標が, 外套も, 外套を, 夫を, 奇麗な, 姿で, 家が, 家に, 家へ, 小掻巻, 小説に, 小説を, 希望も, 帰幽, 形勢を, 形式を, 快よい, 思想が, 性格と, 恋人の, 患者でも, 患者の, 悲しい指さき, 意義を, 愛情が, 感じが, 感覚によって, 感謝の, 戯曲の, 所の, 手拭を, 文化を, 文句も, 文学が, 文学の, 文明の, 方の, 方へは, 日が, 日本の, 時代が, 時代は, 普請に, 暗黒と, 本が, 本でも, 机だけに, 材料が, 材料を, 果物の, 枝が, 枝の, 柔らかな, 柱と, 桃山文化の, 橋の, 機運の, 気分で, 気持ちを, 気持で, 氷屋で, 油絵具も, 法律が, 浴衣の, 清らかな, 演劇文化の, 父の, 物に, 現代らしい, 現象を, 理性的生物が, 生の, 生命が, 男が, 画布が, 畑が, 発見が, 発見でも, 発見を, 白緑の, 目で, 眼の, 着物などは, 知己を, 碧いき, 立派な, 笑ひ, 筆を, 紙の, 紙を, 繪を, 美しさ, 美の, 美を, 考へが, 脚本を, 自由な, 舞台の, 芝居の, 芝居は, 花を, 芸術を, 草も, 草履で, 藁を, 藝術に, 蛇の目の, 蝋燭を, 見方を, 見解が, 詩が, 詩に対する, 詩歌の, 話を, 語では, 談を, 資本が, 足あとの, 足袋を, 農夫の, 運動も, 道が, 道徳を, 野菜を, 銘仙を, 鋸屑が, 鋼鉄の, 関係に, 雑誌が, 青い實, 靴及び, 高い堤防

1 [1458件 抜粋] いろいろの, おかしみ, お仕, お話が, お銚子, かばん, から感心, が腐敗, ことである, ことの, し場末情緒, し遠い, そういう気持ち, その下駄, その建物, それ等の, だけだって笑う, つもりです, ということ, とか云う, とし, とは珍, と思, のだ, ので部屋, のに掛け, の古い, は問題ぢ, もの, ものであり, ものであろう, ものと, ものなる, ものばかりの, ものらしく見せかけた, も愚老, よ, んだ, カバンを, カンヴァスや, ゴムマアリの, スチユドベヱカアが, センセーションが, タイプに, タオルを, トタン板が, バケツ, フラウでも, ペンキの, メリンスの, ラムプの, レネイサンスの, 一大貯水池の, 一本の, 一歩を, 一章と, 丈居心地は, 三枚の, 上草履を, 下宿屋が, 不安と, 不安心, 世の中に, 主人は, 乘換切符に, 事で, 事と, 事件である, 事新らしい, 事業にとって, 事物に, 二人を, 二階家が, 井戸端を, 享楽の, 人々と, 人たちの, 人形に, 人気も, 人生の, 人間として, 人間に, 仏を, 仕事が, 仕事の, 仕掛の, 仲間と, 企て, 伯林青を, 位牌の, 住家の, 何かが, 何物かが, 作品が, 作家で, 作家の, 使命を, 価値に, 信仰に, 信者を, 俳優という, 俳風を, 借家に, 側を, 傾向は, 元旦を, 先へ, 光が, 光景が, 党派です, 六年生の, 其建物を, 再生の, 処女地に, 出来事が, 刃物を, 分量の, 切通しの, 初初しい力, 制度だの, 前途を, 創造である, 力づよい情熱の, 力の, 労働者が, 勇気が, 勝手な, 匂いで, 匂ひと, 医学が, 十円札二枚だった, 半紙を, 卒塔婆が, 単衣, 却, 参加者を, 友を, 友禅の, 反抗の, 句法の, 台詞を, 名も, 名前を, 味方を, 哀傷の, 商売として, 問題だ, 喜びであり, 噴出な, 四つ切の, 国民が, 土ま, 土地に, 地主の, 均衡形成の, 堂々たる山門, 報告を, 場所へ, 塔婆を, 墓である, 墓のか, 墓を, 夏帽子も, 外国産の, 夢にも思いがけなかっ, 大きな木, 大文学, 大阪人と, 天地を, 夫婦のさ, 奥さまを, 女といふ, 女下駄, 女先生, 妄想, 妹の, 妻に対して, 娘を, 婿の, 学問を, 學説を, 宗教に, 官能の, 実験を, 客は, 客人じゃな, 宣教師を, 家ではとも, 家屋を, 家庭教師を, 富の, 将校の, 小作戦術, 小屋の, 小説の, 屋敷町として, 山に, 山を, 巣を, 市立の, 布片を, 席が, 幾多の, 床の間と, 店の, 庸三の, 弾丸を, 形式で, 形成の, 御陵の, 心理主義は, 心理的探求から, 快樂, 思想なり, 思想家として, 性格は, 怪異を, 恋人と, 恋愛である, 恋愛も, 恋愛技巧を, 恋愛道徳を, 恐怖を, 悩みが, 悪戯に, 意味で, 意外の, 意見を, 感じであった, 感動が, 感情が, 感慨に, 感覚による, 感覚学問知識の, 態度を, 戀人が, 戦慄が, 所では, 手拭と, 手毬を, 手袋に, 批判の, 技藝に, 技術の, 指の, 支配階級が, 改宗者は, 政治意識を, 救ひ, 教を, 教育を, 敵の, 文人の, 文化的勇気とでも, 文学, 文学や, 文章の, 文芸を, 文調であった, 方で, 方向を, 方法とは, 方面への, 旅館は, 日本人が, 早松, 星だ, 時が, 時の, 時も, 時代を, 普請を, 智識を, 曲と, 更紗の, 書生に, 書籍は, 最初の, 有利な, 望を, 木の芽から, 木材の, 未知の, 本当の, 材料も, 杭が, 果樹園を, 柄で, 校舍を, 棒天振, 植木が, 概念を, 榧を, 樂書の, 模様の, 機會の, 機運に, 欠け跡を, 歌を, 歓楽を, 武器の, 武士階級の, 歩みを, 歴史劇を, 母が, 母に対して, 民衆劇を, 気分に, 気持に, 氣持が, 水彩画家の, 汚れの, 油を, 法令を, 波は, 注意で, 洋服なんか, 活動の, 流行と, 浴衣を, 涙に, 淡巴菰, 湖を, 演劇は, 潮流に, 火が, 炎を, 無智, 煙草入を, 版が, 物の, 犯罪者が, 玉が, 珍らし, 現実の, 理性と, 理論を, 生命の, 生徒さんとは, 生活, 生活だ, 生活への, 用箪笥が, 男の, 画策を, 疑いが, 発見で, 発見やなんぞが, 發展が, 白い蚊帳, 白足袋まで, 皿が, 盃を, 目的意識を, 目録學を, 真理に対する, 眩暈に, 眼と, 着物が, 着物は, 瞬間を, 知識に, 知識的宣伝者と, 石鹸と, 研究では, 社会と, 社会的結合としての, 神父ベルシヨール・デ・フィゲイレドバルタサル・ダ・コスタジョアン・カブラルを, 祭神諾冉二尊の, 科学の, 秩序を, 空気と, 空氣草履を, 立札が, 競爭活動の, 第一歩から, 笹が, 箪笥が, 籐椅子を, 紋付の, 紙幣とが, 紫煙草舎の, 組織制度さへ, 経験に対して, 絲ぐちを, 絵馬に, 綺麗な, 綿ばかりを, 編成が, 縁を, 缶に, 美に, 群衆が, 習慣だ, 考えに, 考が, 考への, 聖書が, 職業を, 肌着を, 脊廣が, 脚本家で, 自動電話の, 自転車など, 興味で, 良人の, 色を, 芝居である, 花が, 芸術運動が, 芽は, 芽生えの, 若木が, 茶室の, 草履の, 荒い美しいもの, 菰が, 落語でも, 著書でも, 葭戸が, 蔓を, 藁屋との, 蜘蛛の, 血が, 行政でも, 衣服を, 表現法は, 装置を, 複雑な, 西欧の, 視野を, 親友実業家の, 観念は, 覺悟を以て, 觀念を, 言い方だ, 言葉を, 言説にも, 記憶を, 詔を, 試験の, 話が, 語り物を, 説として, 調子が, 談話気分が, 謎が, 證據は, 谷中村を, 貸家の, 質問が, 起原であった, 足どりで, 足袋と, 軍隊を, 輪鉄が, 近世の, 迷信が, 通俗文芸は, 通行人も, 運動が, 道である, 道伴れ, 遠征隊への, 部目の, 酒の, 野菜の, 野蛮人の, 釘は, 銀の, 鋭敏な, 鋸屑だらけだ, 鎖を, 長官が, 開拓を, 關係を, 陸橋は, 随筆の, 隠れ場所を, 雑誌の, 雪駄に, 電灯を, 露西亜の, 青空が, 革の, 音譜を, 領土の, 顔が, 風の, 風呂敷に, 飯櫃は, 香の, 馬糞が, 驚きで, 骨格を, 高いハイカラー, 魅力に, 鰯を, 鳥籠を, 麦藁帽が

▼ 新~ (714, 14.6%)

33 して 6 した 5 せんと 4 したところ, したの, するに, するもの, せねば 3 しました, しようと, する事, 俳諧を, 命名された, 家を

2 [26件] した亨一, すべく仕組まれた景物, すべく普通, する, するか, するの, する為, すれば, 之を, 吾周囲を, 壽阿, 建てられたもの, 建てられて, 建直された, 彼の, 悪因を, 支那に, 曳船の, 母の, 用ゐたる, 監獄を, 筑前國拜領を, 買ふ, 買求めたる, 院長として, 飲む

1 [580件 抜粋] おこした塊, おのれらの, お存ら, お照殺し, ここに, この地, この本, この点, この物語, これに, させずには, させること, させれば, される点, され了, しこれ, したので, したもの, したよう, したり, したるのみにて, したるクリスト, した事, した二人, した人, した場合, しないわけ, しようかといふ, しようという, し全く, し出した, し寝室, し巻末, し思想, し自己, すべき湿気, すべき濕氣, すべし, すべしである, するから, すること, するであらう, すると, するなり, するにも, するので, するの工夫, するの暇, するばかり, するよう, するを, する仕事, する勿らん事, する必要, する方, する機会, する次第, する秋, する第, する雲, す可, せざるを, せぬが, せられる理由, せり, せんや, その地方, その惡平等, その拓本, その時, それからお, それに, つく際, つぽん, ともし火, どっと笑い, なさうと, なされたと, なみなみとある, なりて, なりぬ, なるといふ, はじめろ最, ひらかれた八間道路, ふくさ, みづから文典, やりなおして, よく似, よび起されて, カッフェへ, チョッカイ位出し, ヨウロッパの, 一の, 一家を, 一層の, 一篇を, 三宝山として, 世界の, 中小姓に, 予自身の, 事は, 二度目の, 井を, 亡くなつた女児, 人權, 人足を, 今眼前, 介に, 仕替えられた簀子, 他の, 伊沢氏に, 会す, 住む人, 何人かが, 何物をか, 何等の, 作つたもの, 作らねば, 作られた潟, 作りかけて, 作り出した一つ, 作り行くの, 作るという, 作るよりは, 作る一瞬, 作る假名, 作製される, 來り, 侯爵のも, 修辭上に, 俳句界を, 借用の, 倭文子が, 假名遣, 備え後日, 元の, 元気づき, 兒童文學の, 入し, 入つた番頭手代, 入り来りし二人連れ, 入学し, 入学した, 再造, 写真師浅田其他合計三十五名の, 出た人物, 出て, 出来たには, 出来た組合, 出来やすかっ, 出版された, 出版せん, 出現する, 出發, 利根岳なる, 刷って, 前金千五百円殖へ, 加った, 加はつた, 加はる, 加ろうと, 加わりましたけれども, 勃興した, 化粧を, 医者を, 十数名の, 南洋から, 卯の花が, 印象づけられたこと, 参正, 召し抱えられたもの, 召抱えられること, 叱るぞ, 同じ場処, 名を, 名所を, 呼び出されるべき帆村荘六, 命ぜられる県官, 喚起し, 土を, 塔婆を, 塗ったばかり, 境地を, 士籍とは, 大, 大燻製工場, 大理石もて彫り成せる, 天に, 夫を, 失敗した, 女給を, 妙な, 妹が, 妻を, 娶った五百, 婆, 婆やに, 室を, 家康の, 寛斎と, 寺院を, 封を, 将監峠附近に, 對し, 導き入れた交換方程式, 就かむとするを厭, 就き舊, 就くの, 就くの性, 就こうと, 屋を, 屋敷奉公を, 展開せられた, 岡川尻及余の, 崖崩れを, 崩御された, 左団次は, 師を, 幕府が, 幕府に, 広い街路, 店を, 建てし長方形, 建立せられた, 建設する, 建設せられ, 引導渡し, 弟子に, 張替えられ, 形体的内容実質的内容といふ, 得たる史料, 得たる直, 得たる背, 得た地位, 得た恋人, 得た知識, 得ること, 得る所, 御自分, 徴募した, 徴集した, 思い出して, 思ひ出させるあの, 思ひ出されては, 恐ろしき第, 悟るところ, 悲を, 愈, 感受する, 感興の, 成れる主人, 成文の, 我目前に, 戯曲に, 戸に, 手入れが, 手錠を, 抜摘を以て, 抜擢された, 招飲す, 拵へる, 指図を, 捕虜収容所を, 掃かれた庭前, 掘つたその, 掘り出されたまだ, 探偵を, 掻き起されること, 換る, 摘みたる花, 支配人と, 改訂した, 教えられるの, 教を, 整理された, 文科を, 文芸家協会を, 文部省で, 日本の, 日本美術の, 普請する, 書き上げたい心算, 書卸せし, 有益なる, 本所緑町に, 村を, 村人の, 来た, 来た者, 来た芸者, 来りて, 来る事, 東西社を, 林檎の, 某事業, 柳橋にや, 柵を以て, 桜を, 梵本から, 模を, 権威ある, 権守に, 正しき道, 此熔巖の, 歸順した, 気更に, 江戸から, 沐する, 沒理想と, 活かしたところ, 浮世絵蒐集の, 浴する者, 浴を, 海或は, 涙ぐんで, 添たる, 清元香風会なる, 減債基金に, 渡來した, 湧き上がる悲しみ, 湯呑一つ買った, 湯島の, 火を, 火消役人を, 炭を, 焚き木, 燃えるよう, 燃え上った芥火, 燭火を, 犇と, 狂言を, 狡猾な, 猿田彦命を, 獲たる友, 獲たる友だち, 現ずるの, 生じたこと, 生じた疑懼, 生ずる何物, 生る, 生れずば, 生れたる徒, 生れた人間, 生れた新聞, 生れねば, 生れんと, 生れ出る, 用いたるぞ, 用ゐられ, 田舎より, 男を, 町制が, 町医者から, 画院の, 発明する, 発生した, 発行した, 発見さるるであろう, 発見し, 発見する, 發見された, 發見されたる, 發見した, 發見したる, 發見せられた, 白き焔, 盛って, 監獄署より, 目ざめた現実尊重, 目覺めた, 眉山秋聲の, 眼を, 破壊された, 磨いた一面, 磨がれたる, 神を, 神辺に, 神道の, 私風という, 移し當, 移り来つた湖上, 移植した, 税が, 突き落され噛み落され抵抗, 立てられたに, 笑を, 築かれて, 簡抜せられた, 純一な, 紛れさせながら, 結い替えられた時, 編成した, 編製したる, 繼が, 義盟に, 老中松平伊豆守信綱を, 考えなければ, 考へ直した時代, 考察せられ, 考証学の, 職を, 育て上げられる地盤, 能率請負の, 自分の, 自由律童謠を, 至つた, 與へ, 興さるる新しき, 興そうとも, 興つた清朝は, 興るべき鉄道会社, 興れる, 興世王の, 舞ひめぐり, 船を, 良き竿, 芝地を, 芸者家沢の, 落せるもの, 葉を, 葺かれたばかりの, 薄化粧, 蘇った力, 蘇らせられると, 蘭軒の, 蝶八を, 製紙工場を, 要求せられる, 見る所, 規模を, 親切だつた, 解釋しよう, 言問ヶ岡と, 設けられるよう, 註文した, 誓ひ, 誘われて, 語を, 読み返すこと, 調えたか, 調査団を, 講師が, 議会を, 買うこと, 買うたよう, 買った二分心, 買った肥桶, 買ひ, 買入れた古書錦絵, 買入れるよりも, 賜つた屋敷へ, 賜は, 購ひ, 購求めしなり, 赴任する, 起した許多, 起す特色, 起つた事件, 起つた文人畫, 起つて, 起り専ら, 起草したる, 越して, 蹈み出さね, 輝ける一大荒原, 述ぶべき, 造りたる人家, 造れるにて, 造作し, 造營された, 逢ったん, 逢着せる, 道を, 選ぶので, 酒肴が, 醒めたる心, 針は, 鎖港と, 鐸の, 開いた店, 開かれたもの, 開かれたセメント敷, 開くるも, 開けたセンター街, 開鑿する, 隣家へ, 集まる其心, 雇はれた, 霽れ, 霽れた, 青くな, 音樂會を, 頬を, 願掛けを, 飛び出したる潜水飛行艦隊, 食物を, 養われた精神, 驚くべきこと, 鮮に, 點したる

▼ 新らしき~ (179, 3.7%)

7 ものを 4 政治的日本を, 文学の 3 を知る, 日, 生命の

2 [14件] 一對の, 一陣の, 印象を, 女の, 悲しみに, 手段を, 文化住宅地緑ヶ丘の, 文学が, 時代の, 村, 蕗の薹かな, 謎を, 道を, 酒を

1 [127件] それ故にこそ, てふ, は春草, また盛ん, ものに, ものの, ものは, もの古き, もの未だ, もの無しとは, もの着せる, わかき大工, を好む, を求め出した, を温, を見る, キヤベツを, ツェッペリンに, 一切の, 一対の, 一軍を, 世界を, 事の, 事実なり, 事実を, 事實なり, 二幅竝びかゝれり, 人類を, 仕事を, 何物かを, 匂なにより, 博覧会に, 友を, 吾が酔ひご, 命, 地を, 塚の, 士族は, 声の, 大衆文芸の, 天と, 女性に, 妻君を, 子らの, 学びの, 宗教的尊敬が, 家庭遊技などを, 少年の, 希望と, 幽愁の, 床屋の, 形と, 心と, 思想の, 恋愛小説は, 悲しみの, 悲報を, 情怨を, 撥君が, 敵現われ, 文化を, 文学を, 文芸の, 日を, 日本の, 日本へ, 日本的であり, 時代に, 曙の, 木犀まじり, 未来を, 樹の, 機運は, 歴史を, 母を, 民に, 水墨畫は, 油絵の, 清水を, 湖を, 物に対する, 物語, 生を, 生命が, 生活に, 皮膚の, 皿を, 着物を, 短歌, 社会に, 社会主義の, 祖先で, 神に, 紙の, 者が, 耶馬台の, 興味中心文芸を, 舞台の, 花の, 花を, 花蕚を, 芸術の, 芸術を, 芸術尖端的都会尖端人あらゆる, 蠣の, 装置もて, 補布を, 要素を, 解釈を, 語を, 謎に, 趣向を, 足跡を, 路に, 進歩的思潮と共に, 遊戲は, 邂逅, 都, 都の, 都を, 野菜畑の, 野蛮人は, 闘ひ, 雅味が, 題目を, 風雲生じ来れり, 香に

▼ 新~ (142, 2.9%)

3 字が, 方に 2 ような, 主人は, 夫婦が, 字と, 字を, 文を

1 [124件] お正月旧の, くすりし, くすり師, ことを, ところ少き, のれんを, ものだ, ものに, カフェーへ, 一隊は, 三月三日には, 不埒が, 主の, 主人が, 主人公の, 二人だけ, 二人も, 二人娘で, 二月で, 二月の, 云うこと, 云うよう, 亭主を, 亭主一人は, 体は, 作を以て, 信ずべきもの, 傍から, 元旦には, 八月二十五日に, 出てる神田, 前へも, 前を, 前途が, 勇猛の, 厭や, 友達って, 口から, 名, 声が, 声では, 大きい紙鳶, 姿が, 姿は, 字これは, 字の, 字は, 学校費まで, 家まで, 師走も, 店先へ, 店頭へ, 弟の, 弟信太郎と, 影も, 影響を, 後ろには, 後を, 従者久米内が, 御者は, 心は, 悦得させ, 成長をも, 手に, 手を, 手付には, 手拭いを, 手腕は, 故を以て, 敏捷さに, 料理を, 新たる極意, 新です, 方は, 日の丸の, 月日また, 来たの, 桝酒に, 様子が, 正月が, 正月と, 正月に, 正月にも, 正月は, 正月頃の, 死体は, 死体を, 死骸を, 母親の, 気くばりには, 気鋭魄を, 氣に, 洋服を, 理論的拒否に, 番頭さんが, 番頭を, 発行を, 相貌は, 真田紐で, 眸は, 腰へ, 荷物から, 蘭とが, 証言も, 語感を, 謂である, 身は, 身を, 転音だ, 近くへ, 運あり, 部屋の, 野菜を, 釣に, 鉄瓶ぐらいしか, 鐵瓶位しか, 門口へ, 防寒靴八足も, 隠居の, 題を, 顏を, 顔を, 麥稈, 麦稈

▼ 新らしく~ (123, 2.5%)

4 來た, 家を 2 も無い, 世帯を, 二度の

1 [109件] お買い上げ, この問題, し下着, し縦横無尽, てすべて立派, てなつかしい, て一, と言う, また耳, めずらしく見えた, もない, も思へず, バラックを, 一人の, 一揃い買った, 且つ濃い, 世帶を, 主人に, 事務員を, 二人で, 交易した, 人は, 今迄の, 伝道の, 偶像を, 其上に, 内界を, 出版された, 分教場へ, 分骨を, 切りひらい, 刺戟され, 創設された, 勃興し, 勃興し来った, 南方の, 印刷所を, 口に, 同じこと, 吹聽する, 土を, 地獄が, 塗りか, 墓を, 大根を, 大連で, 嫖客の, 完成せられた, 家庭を, 家賃も, 建ても, 建増した, 建設する, 弟子が, 彼女に, 彼女を, 後妻を, 御真影の, 悲愴な, 扉を, 手を, 拵らえ, 捏直し, 敵国墺太利から, 文芸としても, 料理を, 普請された, 本の, 机ペン鉛筆酒煙草すべて新らしい, 東京へ, 枯枝を, 楽隊も, 此の, 水を, 淡巴菰, 清く目覺, 渡来した, 現るべく, 生活しよう, 発見された, 発見した, 発見する, 發見した, 發見する, 白, 白く木肌, 着物と, 知つた人の, 知り合いに, 硝子を, 私を, 移住させた, 箱根山と, 築地に, 紅茶を, 結婚した, 自然主義の, 茶を, 要求する, 解釋する, 誂へて, 走り書きで, 足に, 身に, 身の, 道場を, 酒を, 銚子を, 関係者が

▼ 新なる~ (106, 2.2%)

4 実在の 2 世界が, 哲学の, 生命を, 苛責新なる

1 [94件] ことなし, どよめきを, によりて市, に加, ものなれ, ものの如し, を, を知らず, を見る, 不可思議を, 世界の, 世界を, 丹の, 主体が, 主体を, 予感が, 任務を, 侶を, 光栄とを以て, 分身の, 刑罰を, 刺戟を, 力の, 力を, 勅裁漸, 勝利の, 基礎概念を, 境界なり, 夢に, 大海の, 実在と, 実践原理とを, 家に, 寂しさ, 尊称の, 岸へ, 建設に, 心理に, 恩惠に, 悔は, 悦びを, 情熱を, 想に, 意味における, 意義と, 意義に, 感興を, 所だろう, 撻者第, 方式を, 機会毎に, 段階に, 民, 民不意の, 水ばかりを, 沈潛を, 流離の, 焔を, 状態に, 献身の, 生命に, 生活, 生活を, 痛恨の, 発表を, 神, 称と, 精神の, 経験を, 緑を, 罪を, 群は, 者を, 聖徒を, 自信と, 自覚の, 色を, 花を, 苛責を, 苦しみと, 蝋燭に, 蝋燭をば, 視野が, 解釋を, 読者も, 論理と, 論理の, 転向を, 運命と, 道徳を, 隣人等微, 雛人形の, 雛棚が, 黙示が

▼ 新さん~ (100, 2.0%)

4 とお 2 がどうして, の屍骸, を悪く, を捨て

1 [88件] あんまりよ, いつもより, から, が, があんなに, がお, がききました, がちょっと, が好き, が察し, が悪い, が持つ, が柔和, が案じてるだろう, じっとしてる, じゃない, じゃ私これ, すっかりおとな, そうしたら, そうでしょ, そう銭儲け, たら, だってお, だってまさか, だって本当に, といふん, とはまんざら, と云った, と私, と鶴子, どうかした, どうした, どうする, ならわかるわね, には悪い, には無理, には縁談, にへん, に云われ, に云われる, に似たら, に捨てられたら, に逢, のこと, のため, のなら, の云う, の今, の兄, の前, の声, の女房, の子供, の影, の心, の果報, の病気, の知った, の見, の飲ませた, はいません, はお, はこらえた, はどう, はなせますか, はもう, は人足, は歯, は町役人, は窃, も, もうなん, もじれ, も姉, やっぱりいけなかった, をそんな, をむりやり, を使い, を刺した, ノコノコ沢ちやん, 出てから, 好い儲口, 待ち遠しいだろう, 待って, 済まないけれど, 短氣, 起きて, 酷く神経

▼ 新~ (99, 2.0%)

3 母親の 2 どんなに驚き歎, 今日の

1 [92件] あどけない可愛らしい娘, あまり気, あれっ切り何処, いかにぞと, いまだかく, うなづきました, お新, お通, こんな話, さすがに, すぐ應, そっと城内, そんなこと, どうしました, どう書くです, どんな悪い, はつきりと, まして女子, また出, また黙り込んだ, まだよく眠っ, もう疊, もう眼, もつと, カフェーに, ガラツ八と, 一まず, 三人が, 三味を, 不思議そうに, 事もなげな, 二十七歳小僧の, 五日目で, 伏し拝んで, 何ごとを, 係合を, 先生の, 全く好い, 内に, 初めて少年, 十八と, 十八の, 十八まだ, 南京からの, 去り行く彼, 又ドツ, 夜十二時過ぎでなけれ, 女房から, 婆やに, 川上貞奴や, 幼い時分, 店の, 思わずその, 急に, 悟った, 悪く悧巧, 感冒と, 手代の, 昨夜此家へ, 時々使い, 最初お, 東京へ, 此処へ, 殺人未遂の, 母親と, 泣きも, 涙を, 牢門を, 男を, 相当の, 眉を, 稚きより, 竹の, 笑って, 胡麻化し, 自分の, 自分へ, 蒼白い微笑, 表へ, 言葉が, 足柄村民と, 足音を, 逢わなかったか, 逸見流の, 重罪人として, 金が, 阿母, 面長な, 韋駄保の, 須田へ, 顏を, 髪を

▼ 新~ (99, 2.0%)

50 たな 38 たに

1 [11件] しからぬ長襦袢, しかるべきもの, しむ十一月, しもの好き, たか, ただけれども, たなこと, たなもの, たなるもの, たなる出発, たなる強烈

▼ 新~ (77, 1.6%)

2 作つた事實を, 取り戻す, 呼んで, 女房に, 弄し, 返すと

1 [65件] あばく精神, これ求むるもののごとし, さきに, たたへんとして, つ, つれて, 争うて, 付けて, 作つた罪は, 作りかねまじき文才, 信じ昔日, 信じ西洋, 刺した短刀, 刺せる道理, 合わせて, 喜び旧, 喜び舊, 好む人, 帰したら日野資朝, 引留めたら反って, 待伏せ坊さんとの, 志して, 怨んで, 憎惡, 手放さねば, 抱いて, 探すの, 書き又, 書くやう, 欲し, 残して, 殺したに, 殺した下手人, 殺して, 殺す者, 求めずことごとく, 求めず尽く, 求めて, 求める者, 相手に, 競うよう, 競って, 競ひ, 誘いに, 語り旧, 諦めて, 諦める気, 諦める氣, 谷永の, 賣る, 趁い, 趁ひ, 跡取りに, 迎うる, 迎へ, 追う弊, 追ひ, 逢わせること, 連れて, 連れ出して, 連れ預り子, 遠ざける方策, 邪魔ものに, 都へ, 難じ

▼ 新~ (74, 1.5%)

4 ものが 3 声を 2 ものを, 世界が, 瘋癲患者は, 聲を, 舞踏人の

1 [57件] ことにも, この二つ, ので一石二鳥, のねえええ, ものに, 了見方で, 事實を, 事業に対する, 全體, 出発点と, 勇気が, 勢の, 原因と, 威力が, 展開が, 展開を, 希望で, 役を, 待遇は, 徳を, 恋の, 悲しみに, 情熱が, 感興を, 提の, 提を, 文化の, 文學形式と, 方法で, 旗を, 日の, 智を, 期待に, 材料として, 母家に, 気持である, 気持の, 涙に, 涙を, 物が, 状態の, 生命に, 生活の, 社会的資格を, 神が, 習合を, 良さ, 芽を, 見方から, 証拠が, 認識を, 負擔, 買手の, 造作である, 配合を, 量を, 鼠色の

▼ 新らし~ (73, 1.5%)

8 さの, さを 5 さ, さが, さは 3 さで, さに 2 かつた, がつて, げな, さである, さには, さタツチ, 味を, 物好きの

1 [20件] いま, いままで, がつてる, くめと, ささえ, さと, さとか, さとを, さによ, さによって, さも, さをも, さを以て, すぎてはづかしいや, そうな, と成す, 着物買っ, 石の, 石器時代の, 紺の

▼ 新~ (66, 1.4%)

3 入って 2 そこへ, そばから, 二階から, 殺されて

1 [55件] あたりまえに, あとから, あると, うらみの, うんと言わねえ, おの夢八姐さんさっきから, こう云った, ことは, ことを, この女, この島, そういうこと, そっとあけ, そのま, そんなに妾, ついて, つと僕, できたとて, また引きつけた, わっと, 一隊を, 下男の, 乗出して, 乙女心に, 云った, 何事かと, 使った後, 出て, 取りもち役, 可哀想だ, 哀れい, 喜びは, 城中に, 居る, 引きつけた新, 心の, 必ずしも日本人, 思いあきらめ, 感冒の, 支配階級の, 料理で, 朝夕を, 来るの, 水へ, 泊って, 爲の, 甚七の, 私を, 胸を, 見た格好, 見回りに, 豪勢でした, 起きて, 通りか, 降りて

▼ 新~ (58, 1.2%)

9 のほか 6 ほが 3 のうたげ, の宴 2 である, と言, の壁草刈り, の寿詞

1 [29件] が附帶, でなく舊建物, とおなじ, と信じき, と呼ぶ, と言ひで, になる, にも神, に住む, に居, に帰りこよ, に招かれた, に讌, のほかひと言, の事, の住み, の内, の如く見なし, の宴席, の寿詞系統, の祝ひ, の縱賞, は新室, ほぎ, を作る, を建てた, を拵, を祝う, を踏静児

▼ 新ちゃん~ (40, 0.8%)

5 がいった 2 はそんな

1 [33件] あぶないから, がああ, がいまうち, じゃありません, ていう人, ですか, という方, どうあの, にはそれ, に四十銭, に皆, に負けない, のこと, の家, の手, の組, の肚, の顔, はあの, はいいました, はいつのまにか, はお, はなに, は何, は朝, は桃色, は母親, は私, は答えました, は自分, は詰問, を好き, を負かす

▼ 新~ (35, 0.7%)

2 二人で, 長次郎の

1 [31件] いうからにゃ, いえば, いって, お才, きめて, なす, なる, 久米内を, 二人から, 云う家, 云ふ, 人好し, 人眼を, 倅の, 同じカフェー, 呼ぶ從妹, 呼捨てに, 女とは, 婆やは, 旧と, 旧とか, 旧とについて, 旧との, 旧とは, 旧とを, 甚七との, 約束しました, 舅壻の, 舊との, 言つてゐます, 言つて十六に

▼ 新協劇団~ (23, 0.5%)

3 や新築地劇団

1 [20件] が公演, が築地, でなかつたら或は, では島崎藤村, と並ん, と民衆芸術劇場, にしろ, の, のどこ, のトラック, の結成, の舞台, はその, は小山内薫氏時代, は後者, は曾, へ前, もう一つ, や新築地劇団等, 第一回公演

▼ 新~ (20, 0.4%)

2 の, の俳優

1 [16件] がこの, が東宝, が演じた, では才能次第, で上演, で朝鮮, とかわりがわり歌, なんかもうせん, のアンナ・カレーニナ, の傾向, の存在, の指導的技術者, の放送, の芝居, の論題, の鶴丸

▼ 新~ (19, 0.4%)

1 [19件] が好き, で読んだ, などは争う, などを懐中, にある, の一瀉千里, の中, の主幹阪井俊雄, の愛読者, の新, の第, の著, はお, や白紙, を作った, を読む, を買っ, 第四一三号, 自惚草紙

▼ 新~ (18, 0.4%)

2 自分の

1 [16件] ありやしません, いや諸事萬事氣に, けろりとした, そこへ, だ, ないと, また苦戦, 世の中の, 側には, 婆やも, 居る, 新四時, 生れないくらいの, 笑いながら, 耳を, 育ったらしい

▼ 新という~ (15, 0.3%)

2 人は, 若い女房

1 [11件] ちょいと, のだ, のであろう, 下女が, 事と, 人の, 大店の, 女は, 娘をも, 文字が, 者あり

▼ 新~ (14, 0.3%)

1 [14件] が勤め, が戸別訪問, が校長, であった, である, に教わっ, に落着, の詞, はとう, は天保五年生れ, は数多い, は自分, は長い, や西村真琴氏

▼ 新~ (13, 0.3%)

2 の仏蘭西芸術

1 [11件] お絹さま, これからの, では, にし, に結つた, に結つた髪, の, の前, の我趣, はお, は趣向歌

▼ 新~ (11, 0.2%)

3 押し掛けて 1 たずねて, チラと, 立ち廻った奴, 行くん, 行く郊外電車, 言ったこと, 陽が, 預けられたの

▼ 新~ (11, 0.2%)

3 んは 2 んの 1 お母さんは, はら被衣瞰, 三吉や, 二人で, 婆やにも, 母の

▼ 新~ (11, 0.2%)

2 の瑞安寺, の裏長屋, へ歸 1 に瑞安寺, のまた, のやくざ者, へ帰る, を入れ替え

▼ 新~ (10, 0.2%)

2 丞が, 丞と 1 丞の, 丞は, 丞も, 丞を, 丞下男与助, 丞石丸茂平佐田長久郎杉村友太郎山谷勘兵衛以下十名いずれも

▼ 新室ほか~ (9, 0.2%)

3 ひの 2 ひを 1 ひが, ひに, ひは, ひ或

▼ 新~ (9, 0.2%)

1 で読ん, で読んだ, にうた, に書いた, に知り, の上, の広告, の設, を読む

▼ 新~ (8, 0.2%)

1 して, にあらず, の半襟, の小, の毒瓦斯, の珍, の装甲車, を加

▼ 新~ (7, 0.1%)

1 でも, またその, 八十番舊で, 片足が, 知るなんて, 私の, 食事

▼ 新といふ~ (7, 0.1%)

2 のは 1 のが, 句も, 名前位ぴつたりと来る, 女を, 文字の

▼ 新やん~ (6, 0.1%)

1 あなたは, こそよく, ずいぶんいい, どうして立派, 勇気を, 家で

▼ 新さんあなた~ (5, 0.1%)

1 が悪い, ならあなた, の事, の処, もお

▼ 新にも~ (5, 0.1%)

1 かをり蒸す, されて, しぶきいづる星, 会わず竹田川, 逢わせどうか

▼ 新らしくし~ (5, 0.1%)

1 てね, て參, て来, て鮭, ながら

▼ 新らしくする~ (5, 0.1%)

1 ので印鑑, 日だ, 機会を, 為めに, 運動の

▼ 新らしく来た~ (5, 0.1%)

2 この県 1 のが, 人で, 人とが

▼ 新感覺派~ (5, 0.1%)

1 が出, に宇野浩二流, に接觸, の全盛時代, の文章

▼ 新さんお前さん~ (4, 0.1%)

2 の前, は可哀想

▼ 新らしかった~ (4, 0.1%)

1 のだろう, のである, 果物や, 頃から

▼ 新らしがり~ (4, 0.1%)

1 がギシ, と好奇心, より新, 屋を

▼ 新らしくできた~ (4, 0.1%)

1 んです, 作物そのものについて, 椅子を, 道路を

▼ 新らしく出来た~ (4, 0.1%)

1 神さまや, 翅を, 運動場には, 鶴見地獄や

▼ 新らしく買った~ (4, 0.1%)

1 のである, のでない, フランスの, 椅子卓子に

▼ 新らし過ぎる~ (4, 0.1%)

2 手桶を 1 な, よ

▼ 新論派~ (4, 0.1%)

1 が著, に対してはあえて, に正, を叙

▼ 新さん私~ (3, 0.1%)

1 そんなもの, はわたし, をつれ

▼ 新じゃ~ (3, 0.1%)

1 ないか, ないぜ, ないの

▼ 新です~ (3, 0.1%)

1 か, が絞め殺され, ぜ

▼ 新でも~ (3, 0.1%)

1 何人か, 見に, 驚く白井屋

▼ 新と共に~ (3, 0.1%)

2 最後の 1 どうかし

▼ 新には~ (3, 0.1%)

1 あらざりき, ひつて, 気が

▼ 新まい~ (3, 0.1%)

2 の女 1

▼ 新らしく出~ (3, 0.1%)

2 京した 1 て来た

▼ 新らしく灼いた~ (3, 0.1%)

3 ばかりの青い

▼ 新~ (3, 0.1%)

1 など俗, の区別, を大和

▼ 新から~ (2, 0.0%)

1 ぬに, 言えば

▼ 新さんあたし~ (2, 0.0%)

1 はまじめ, よ

▼ 新さんお願い~ (2, 0.0%)

1 よ, よ戻っ

▼ 新しかるべき~ (2, 0.0%)

1 仕立卸し, 道が

▼ 新~ (2, 0.0%)

1 なぞと, 娘は

▼ 新では~ (2, 0.0%)

1 無いこと, 無いよ

▼ 新との~ (2, 0.0%)

1 二つが, 新鮮味を

▼ 新とは~ (2, 0.0%)

1 まるで違った, 力である

▼ 新なら~ (2, 0.0%)

1 んと, 新で

▼ 新ならしめ~ (2, 0.0%)

1 んと, んとて

▼ 新にぞ~ (2, 0.0%)

2 見て

▼ 新らしいだ~ (2, 0.0%)

2

▼ 新らしくきた~ (2, 0.0%)

1 女の, 女中の

▼ 新らしくしよう~ (2, 0.0%)

1 という丁度, とした

▼ 新らしくなる~ (2, 0.0%)

1 やうで, やうでなけれ

▼ 新らしく入っ~ (2, 0.0%)

1 てきた, て来た

▼ 新らしく書かれた~ (2, 0.0%)

1 ものである, 個所に

▼ 新らしく灼かれた~ (2, 0.0%)

2 鋼の

▼ 新らしく生れた~ (2, 0.0%)

1 子が, 子供の

▼ 新らしけれ~ (2, 0.0%)

1 ば勿論, ば少し

▼ 新らし過ぎ~ (2, 0.0%)

1 て彼, て開閉

▼ 新~ (2, 0.0%)

1 の字, まず京

▼ 新下男~ (2, 0.0%)

2 の茂吉

▼ 新協劇団系~ (2, 0.0%)

1 とすべきであらう, と築地座系

▼ 新君三法師~ (2, 0.0%)

1 にも謹ん, の食邑

▼ 新嘉坡~ (2, 0.0%)

1 に着いた, の間

▼ 新~ (2, 0.0%)

1 とか大根河岸, の夜鰹

▼ 新建て~ (2, 0.0%)

1 でも一度, の貸家

▼ 新感覺~ (2, 0.0%)

1 とでは大, よ

▼ 新様あなた~ (2, 0.0%)

1 が築地, はマアどこ

▼ 新~ (2, 0.0%)

1 は字, や科学衛生論

▼1* [216件]

あらんや, 新ど旅館, 新かも知れないが, 新言ひ, 新こうしよやああ, 新さんあたしあんたに話さなけれ, 新さんあんたよくもそんな, 新さんあんたそれ本気で云ってる, 新さんあんたなにを, 新さんあんた本気でそう, 新さんお待ち遠さ, 新さんこないだうちからはいろいろ, 新さんそれはあんまり, 新さんほんとのこと, 新さんマア大変なこと, 新さん一人っきりよわかる, 新さん一所にお, 新さん世の中はそれ, 新さん二人で飲み直しましょう, 新さん何だけれど, 新さん四十度の上, 新さん堪忍して, 新さん好きでない相手, 新さん容体ならいい, 新さん手巾でね, 新さん男のくせ, 新さん短気を起し, 新さん私ゃじっと堪え, 新さん私変な事, 新さん達に用, 新しかつた雪は, 新やがのごく, 新じやがさや, 新せる強き人格を, 新それから解珍解宝鄒淵鄒潤杜興楽和時遷, 新だけが凡てに, 新ちゃんこの間うちちっとも来なかった, 新ちゃん僕はお, 新ちゃん沢井の道場, 新ちやんとはどこ, 新え女, 新でございますがでも, 新でないという証拠, 新でなく浪次で無い, 新で無いか, 新とかストゥルソンとかいふ, 新とにかかわるの, 新とも旧とも片, 新とやらを押せえに, 新とをよせ集めて, 新どうしてここへ, 新などいふ方, 新などの聯想を, 新ならしめんため爽か, 新なる憂ひ新なる, 新はむつましき手, 新はも一度二階から, 新へでも言つてやつたらい, 新また鄒淵と, 新までもおげん, 新より外に, 新よりも真を, 新らしいじんきの束, 新らしいせなかの, 新らしいたのしみ, 新らしいだろうが袋中, 新らしいはうで廢業, 新らしいやりかたが, 新らしい吸取紙を, 新らしい変った悦びを, 新らしい変わった観念の, 新らしい思ひの生じた, 新らしい考える気持を, 新らしい考へ方の, 新らしい話し種を, 新らしうございますしこちら, 新らしかりし道或は, 新らしかろうと僕, 新らしがっている, 新らしがりやではない, 新らしくこみ上げてくる, 新らしくさせてくれる, 新らしくしたという事実, 新らしくつくり更へ, 新らしくなったような, 新らしくなりもしず, 新らしくなりましたが昔, 新らしくひかれてゆく, 新らしくほうり入れた乾いた桑の, 新らしくやり直すことも, 新らしく与えられた境遇に対して, 新らしく並べ更えた, 新らしく乗りこんだ一人の, 新らしく仕立てて貰った, 新らしく仕立てた衣服を, 新らしく作ってみよう, 新らしく作ったもので, 新らしく作らなければなるまい, 新らしく作られた一構の, 新らしく作り直したらしく門柱には, 新らしく借りた友達へは, 新らしく光っていた, 新らしく出来あがった武蔵野映画館へ, 新らしく切られた首が, 新らしく召抱えた田舎出の, 新らしく失ったという, 新らしく定められたそこの, 新らしく尋ねるまでもない, 新らしく建てられてゐる, 新らしく建てられたらしい一と, 新らしく張り換えたらしい真白な, 新らしく折れているらしい, 新らしく抱えることに, 新らしく拵えて呉れ, 新らしく持ち出された焼きたてのに, 新らしく持つた家が, 新らしく掘った土は, 新らしく掘り返された土は, 新らしく掘り返したような, 新らしく書き伝えたけれどもちゃんと, 新らしく書き加えて責め, 新らしく架け変えている, 新らしく架け直す工事を, 新らしく染め抜いた暖簾を, 新らしく湧き出して長い, 新らしく生きたものを, 新らしく生まれる子供が, 新らしく生み出された大入道と, 新らしく生るべき劇塲は, 新らしく生れる子供さえ, 新らしく生れ変つたことに, 新らしく絡げた上それを, 新らしく縫って着せた, 新らしく置かれたみねの, 新らしく聞いた材料創り上げた, 新らしく見えてそして, 新らしく見つけ出そうと考え, 新らしく観せられるのは, 新らしく論じるまでもなく, 新らしく貰った細君の, 新らしく買い求めるために, 新らしく起したある社会事業, 新らしく起つことを, 新らしく迎え入れてそれで, 新らしく開かれたばかりのもの, 新らしく開けた店の, 新らしく開ける運命の, 新らしく降って湧いた, 新らしく響いたのでゴシック, 新らしみであった, 新をも婆やをも, 新を以て判断の, 新今朝船入彼南港緑葉紅花冬似春, 新という村, 新八郎も横丁, 新を探し, 新しやう, 新十郎は云った, 新協劇団当事者に次, 新協劇団所演の, 新協劇団新築地劇団テアトル・コメディイ芸術小劇場そして創作座, 新協劇団演出家小野宮吉数年来の腎臓結核, 新協友の会日本文芸家協会日本著作家組合日本出版協会新日本医師連盟, 新協新築地両劇団, 新協新築地文学座等の存在, 新口唇を白く, 新古い芸術も, 新を著し, 新は星池, 新君按司といふ女君, 新増書籍目録卷二に其著書, 新墳累々と立並ぶ, 新室ほかひと称するもの, 新室営造との関係, 新室文母太后誄といふ楊雄, 新室旅行にも新室, 新室祝言の型, 新に換, 新已向虚空付此身出本, 新平太がわれ, 新府今城の櫓, 新府今朝到北陲, 新府大坂城下にはたくさん, 新府韮崎の地形, 新府韮崎城の混雑, 新江戸開成所教授神田孝平訳の, 新役中に華美, 新後拾遺集に三首收, 新必ずしも悪しきに, 新挙杯先祝天皇寿不背真為日本民, 新李立時遷楽和張青孫の妻, 新来馬も可哀そう, 新楽和鄒淵鄒潤の四客, 新様それじゃお, 新の手裏剣, 新に, 新のもの, 新の諸家, 新網下谷の万年町, 新網町の小料理屋, 新美しいのと, 新には, 新花光麦色已残春壮游未脱風流癖, 新苦しくなってか, 新を求め, 新の譯本一册, 新裁下しのセル, 新製売出しの当り祝, 新製式な工場, 新製毒瓦斯が予定, 新の兄弟ら, 新誌ニ載セテ世ニ公ス可シ, 新誌審美綱領を惠, 新講等皆それに従っ, 新の土地, 新黄信いずれも傷