青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「持たない~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

拵~ ~拵え 拵え~ 拾~ ~拾っ 拾っ~ ~持 持~ 持たせ~ ~持たない
持たない~
~持ち 持ち~ 持ち出し~ ~持っ 持っ~ ~持った 持った~ ~持つ 持つ~ ~持つた

「持たない~」 1283, 13ppm, 8632位

▼ 持たない~ (113, 8.8%)

22 である 127 であるが 6 です 4 ですから 3 が普通, さ, だから 2 が宜, であるから, では, は夜逃げ

1 [45件] か, かい, かさっぱり, かそれとも, があぶない, が主, が僧団, が批評家, が本来, が物足りない, が理想, だが, だった, だつた, だもの, だろう, だわ, であった, でありますが, ですか, ですね, とかたつむり, と皆, と等しかろ, なら別, なら學校, はありません, はさ, はそれ, はまことに, はもともと, はよほど, は不, は却つて十吉, は彼, は心, は惜しい, は聴衆, は遺憾, は鋏, もある, も露, を常, を見まし, を遺憾

▼ 持たない~ (74, 5.8%)

2 暮して

1 [72件] あがり降りしようと, あのお, あらう言葉, いなかを, いは, います, いられますか, いられること, いる, いるという, おくれ, きくこと, ください, これこそ, しかも文学, しかも諸国, しまはねば, しまわねば, その日, その臭味, その雰囲気, ただ人の, とかく自然美, どうなさる, なりカテリーナ・イワーノヴナ, やはり市井情事, ゆっくりと, ゐられなくて, ライオンの, 下さい, 不意に, 世の中が, 二人は, 他人に, 女の, 學問する, 家に, 家を, 尋づねて来た, 廻国と, 廻國と, 彼は, 征った, 敬意を, 旦那一人お, 暮せる, 歩いて, 死んだ処女, 流し込み活字, 済まされる筈, 済まないよう, 無心で, 独身生活を, 猛虎と, 登山する, 百万両溜め, 立派な, 終生知識人, 肥後の, 腰を, 自分勝手の, 自分自身を, 自然燃焼の, 良いの, 行けるだろうか, 行つたとて, 行つては, 貨車の, 車掌が, 長居を, 門に, 闇の

▼ 持たないもの~ (57, 4.4%)

5 はない 3 では 2 であった, である, ですから, のよう

1 [41件] があらう, がある, がどうして, がない, が世間並, だ, だつた, だと, だという, であ, であり従って, であるかの, であること, であるという, であるばかり, である筈, であろうとも, です人間関係, といわね, となる, と考えなけれ, なら其儘, についてはあきらめ, になる, の特権, はさ, はなく, は仕様, は似, は子供, は殆ど, は無かろう, は生きる, も時には, やそれ, をも貧しい, を常に, を彼, を持つ, を謂うた, 即ち自由

▼ 持たないから~ (47, 3.7%)

4 だ, である 3 であった, であります 2 であるただ, 人に

1 [29件] いつさい省略, お前五万円もってこい, すくなくともこの, それは, ただ固まっ, だと, だろう, であると, です, ほかの, もしそれ, もっと余計, よけい禰宜様宮田, システムでは, ポケットから, 一円貰った, 云へる, 何か, 先生の, 初めは, 卒直, 寮の, 戦争は, 武勲の, 田山の, 稚拙ながらも, 落付い, 買ったん, 飽きが

▼ 持たないこと~ (46, 3.6%)

4 になる 2 に気付いた

1 [40件] がこの, がそういう, が何より, だ, であったが, でありませう, と田舎者, などが原因, などはあまり, なの, にきめ, にし, になっ, には今日, によつて, に毎度, に決め, に決めた, の一つ, の反対, はない, はわれわれ, は一種, は人生, は前, は右, は当然, は明らか, は自明, もある, も知っ, をこそその, をさも, をすっかり, を妹, を悲しい, を残念, を知つて, を語っ, を賞讃

▼ 持たない~ (44, 3.4%)

3 であった 2 もある

1 [39件] がたくさん, が一見どんなに, そして食慾, だから, だつたの, だと, だとは, であったから, である, であろう, ですもの, では無い, と頓狂, なんかあたし, にとっては大変, にはしん底, にはない, には同情, のよう, の不安, の笑い, の考え, はいかに, はせめて, はその, はない, はなかっ, はまして, は世の中, は何, は俳優, は尊い, は幸福, は殆ど, は簪, ばかりだ, らしく或いは, を見直す, 特に一文

▼ 持たない~ (40, 3.1%)

2 云うこと, 云うの, 言うこと

1 [34件] いう, いうごときかような, いうと, いうので, いうよりは, いって, いっても, いふと, こぼすの, したら彼ら, する固定観念, 丁寧に, 云う事, 云ったが, 云ふも, 云われて, 信じます, 信ぜられて, 公言し, 同じやう, 同じよう, 同時にプロレタリア文学, 同様酒場の, 思つた, 決して仕事, 生効, 考えられるが, 自分に, 自殺者と, 見えます, 言うお話, 言う形式, 言ったルクレチウス, 食物を

▼ 持たない~ (36, 2.8%)

2 故にこの

1 [34件] いいそしてただ, いずれも, そして与へられた, そのか, その中味, その羽ばたき, ただ増補版序文, ともかくも, ようである, カントの, リンゴ園を, 一言に, 七面鳥の, 三名でも, 今にも斬, 其の九割, 其の書き方, 冬ちやんは, 占師の, 外套の, 宮本武蔵は, 必要な, 恐らくは眼, 拳銃を, 文学的内容が, 日本の, 村の, 柳田先生あたりの, 決してはた目, 物資に, 犬の, 猫は, 生を, 金が

▼ 持たない~ (27, 2.1%)

2 には烏金

1 [25件] がたくさん, が未成女, だろう, でありもしくは, でつまり, との関係, と云, なの, には一切入門, には決して, に対しては忽ち, に誇ろう, の強引, はあるまい, はない, はナイト, は却, は始め, は恐らく, は氣, は無い, は通さない, もたえず, よりは人間, を引っ掛ける

▼ 持たないよう~ (23, 1.8%)

2 だ, にし, に見える

1 [17件] ですし, な円満具足, な又は, な完成, な家, な思想, な文学書類, な気, な脂ッ, な自然哲学的, に, になった, になりました, に城太郎, に心がけ, に悲観, に聞い

▼ 持たないという~ (21, 1.6%)

3 ことは 2 ことが, ような

1 [14件] いでたち, ことでした, ことに, ことを, たいそう調法, ときながら, のは, 一事でさえ, 以上の, 女王様を, 意識に, 時世に, 証拠を, 諺の

▼ 持たない~ (19, 1.5%)

2 はせめて

1 [17件] があの, が自ら揣らずし, であるから, でございまして, ではない, には節句, にも持物, の知らない, は一日, は何, は好意, は残念, は無論, は生活意慾, は関羽, もかう, をどんなに

▼ 持たない人間~ (18, 1.4%)

3 なの

1 [15件] がふえ, であつ, である, である限り, でない限り, ではなかっ, として死人, に対しては面会, の顔, は善良, は芸術家, もあり, を見つけ, 全然扶養, 程早く

▼ 持たないので~ (17, 1.3%)

2 清に

1 [15件] あらうか, せうか, そのまますごすごと, それに, みすみす敵, 何時頃か, 手に, 早く何, 権威は, 武蔵自身の, 私の, 第一庭, 紋切型の, 訳者の, 遠慮し

▼ 持たない~ (14, 1.1%)

1 [14件] そういうもの, それにお, どんなこと, むしろ有りあまる, 上唇に, 又亜鉛, 帰省に, 或いは持たない, 敵意も, 服も, 決して葉, 船中の, 裁縫も, 詰り人生

▼ 持たない~ (14, 1.1%)

2 が可愛らしい, が寝床 1 がこの, が内攻的, が子供, であったらそしてたとえば, ですよ, には必ず, のため, は一人, は離婚, ひとりを

▼ 持たないため~ (13, 1.0%)

1 [13件] だ, でしょうか, では無い, にいひ, にうっかり, には一心不乱, に例えば, に次第に, に無用, に益, に随分, の不快, 多計代

▼ 持たない~ (13, 1.0%)

1 [13件] が僕, が童心, だった, であった, には女, に自然, の所, はとかく, は不幸, は彼, は暗い, は秋, は黙りこくっ

▼ 持たないやう~ (12, 0.9%)

1 [12件] な, なみじめ, な世にも, な外国依存, な彼等, な批評, な書きぶり, な血, に, にし, になる, に必ず

▼ 持たない~ (12, 0.9%)

3 だ, だよ 2 ですよ 1 だからね, だからねえ, でしょうそんな, です

▼ 持たないところ~ (9, 0.7%)

1 からそのまま, である, のかの, のしかも, ののらくら, のもの, の例えば, の特殊, の真

▼ 持たない~ (9, 0.7%)

4 しても 1 しくは, しろ, 相違ない, 違いご, 限るから

▼ 持たない~ (9, 0.7%)

1 がなんとなく, が春彦, だった, であったが, であつ, のする, は思い出, は撃鉄, を相手

▼ 持たないこの~ (8, 0.6%)

1 人の, 女性が, 子供等と, 形而上学者達は, 私は, 辺の, 辺は, 附近の

▼ 持たないでも~ (8, 0.6%)

1 いいし, いいの, それを, ない, なかった, よいには, 彼は, 食事する

▼ 持たないわけ~ (8, 0.6%)

2 にはいかない 1 ですね, では, にはいかなかつた, にはゆかない, にゆかなかった, にゆかぬ

▼ 持たない~ (8, 0.6%)

2 がいい 1 がい, がけなげ, が幸福, が普通, だよ, の左

▼ 持たないまでも~ (7, 0.5%)

2 老妓の 1 ともかくも, 不満を, 寢冷えする, 脇差も, 親密に

▼ 持たない~ (7, 0.5%)

1 である, でござる, になります, も無, を思う, を知っ, を知つて

▼ 持たない代り~ (7, 0.5%)

1 にひとり, に伝統, に味方, に年始, に悪意, に手軽, のあしらい

▼ 持たない~ (7, 0.5%)

1 から起った, であること, なのに, はそれ, もこの, を以て苦労, を自分

▼ 持たないといふ~ (6, 0.5%)

1 こと, ことは, やうな, 不都合な, 人も, 風評の

▼ 持たない~ (5, 0.4%)

2 なぜその 1 れら, 古典的という, 或は極

▼ 持たないけれど~ (5, 0.4%)

1 この空, それは, モット美しい, 三人ほどに, 摘み草の

▼ 持たない人々~ (5, 0.4%)

2 でもこれ一つ 1 であるらしい, にとってはそう, を幸福

▼ 持たない~ (5, 0.4%)

1 であったには, などが居る, には持ってる, は慌てない, は顔

▼ 持たない~ (5, 0.4%)

2 にはそう 1 に俺, に真空状態, の劣等感

▼ 持たない自分~ (5, 0.4%)

1 としては芥川, に, にとってはいわゆる, の日曜日, の生活

▼ 持たないはず~ (4, 0.3%)

1 である, です, になっ, はない

▼ 持たない場合~ (4, 0.3%)

1 がある, この言葉, でさえブルジョア新聞, にはすぐ

▼ 持たない我々~ (4, 0.3%)

2 はどんな 1 の収入, は明日

▼ 持たない民衆~ (4, 0.3%)

1 がバスティーユ, がバステイユ, にとつて, の生活

▼ 持たない~ (4, 0.3%)

2 がふかう 1 が深う, ふかうな

▼ 持たない~ (4, 0.3%)

1 だ, である, の幸蔵, は無い

▼ 持たない連中~ (4, 0.3%)

3 のした 1

▼ 持たないうち~ (3, 0.2%)

1 は一家, は出入り, は文部省ユネスコ

▼ 持たないかに~ (3, 0.2%)

1 あるよ, 就いて, 就いては

▼ 持たないせい~ (3, 0.2%)

1 かも知れない, である, で第

▼ 持たないその~ (3, 0.2%)

2 頃の 1 若さ

▼ 持たないのに~ (3, 0.2%)

1 どこかで, 生き長らえるべく出て, 舌を

▼ 持たない~ (3, 0.2%)

1 が斯, には思ひ, はドシャ降り

▼ 持たない彼女~ (3, 0.2%)

1 の前途, はやはり, は平一郎

▼ 持たない文化~ (3, 0.2%)

1 こそは憐れ, の分野, は文化

▼ 持たない日本~ (3, 0.2%)

1 の所謂, はそも, はそもそも

▼ 持たない時代~ (3, 0.2%)

1 に鉄道自殺, の権化, の詔詞

▼ 持たない相手~ (3, 0.2%)

1 に源氏, をも引きつける, を殺す

▼ 持たない限り~ (3, 0.2%)

1 あの攫われた, はない, 美しいもの

▼ 持たないかの~ (2, 0.2%)

1 ようである, ように

▼ 持たないかわり~ (2, 0.2%)

1 に悪意, に間接的

▼ 持たないくせ~ (2, 0.2%)

1 にどんなに, に思ひ

▼ 持たないけれども~ (2, 0.2%)

1 しかもその, 俳優や

▼ 持たないそして~ (2, 0.2%)

1 今では, 持つこと

▼ 持たないたち~ (2, 0.2%)

1 だったね, だという

▼ 持たないつまり~ (2, 0.2%)

1 ソナタに, 親密な

▼ 持たないつもり~ (2, 0.2%)

1 だから, である

▼ 持たないとか~ (2, 0.2%)

1 いっては, 陪審判事に

▼ 持たないとき~ (2, 0.2%)

1 は不幸, は犬

▼ 持たないとしても~ (2, 0.2%)

1 之を, 予審には

▼ 持たないとも~ (2, 0.2%)

1 限らない, 限らないと

▼ 持たないまま~ (2, 0.2%)

1 どうしてコンナ処, にそんな

▼ 持たないわれわれ~ (2, 0.2%)

1 には単に, の変革

▼ 持たない一介~ (2, 0.2%)

1 の浪人, の町学者

▼ 持たない一種~ (2, 0.2%)

1 の漂泊人種, の芸能人

▼ 持たない下女~ (2, 0.2%)

2 を相手

▼ 持たない~ (2, 0.2%)

1 こそ何, は主義

▼ 持たない丸焼け~ (2, 0.2%)

2 の一家族

▼ 持たない事実~ (2, 0.2%)

2 などの後世

▼ 持たない二人~ (2, 0.2%)

1 だけれども, のため

▼ 持たない人物~ (2, 0.2%)

1 と云う, と言う

▼ 持たない~ (2, 0.2%)

1 の成金, の教育

▼ 持たない以上~ (2, 0.2%)

1 に武蔵, に武藏

▼ 持たない作品~ (2, 0.2%)

1 はすべて, は傑作

▼ 持たない共和政府~ (2, 0.2%)

2 が内

▼ 持たない~ (2, 0.2%)

1 あらゆるデリーケート, のそう

▼ 持たない四人称~ (2, 0.2%)

2 に限られ

▼ 持たない~ (2, 0.2%)

1 なの, は日本

▼ 持たない国民~ (2, 0.2%)

1 が何人, であるから

▼ 持たない地方~ (2, 0.2%)

1 の人々, の人達

▼ 持たない小さな~ (2, 0.2%)

2 存在に

▼ 持たない小作人~ (2, 0.2%)

1 だ, は露骨

▼ 持たない~ (2, 0.2%)

2 の手

▼ 持たない徒歩~ (2, 0.2%)

1 の兵, の卒ども

▼ 持たない情緒~ (2, 0.2%)

1 である, はあり得ない

▼ 持たない~ (2, 0.2%)

1 はなく, をふい

▼ 持たない新しい~ (2, 0.2%)

1 情人も, 秩序を

▼ 持たない方面~ (2, 0.2%)

2 に摺り

▼ 持たない日本語~ (2, 0.2%)

2 ではない

▼ 持たない~ (2, 0.2%)

2 に見える

▼ 持たない清潔~ (2, 0.2%)

2 な偶像

▼ 持たない漂泊~ (2, 0.2%)

1 の亡将, の賊党

▼ 持たない~ (2, 0.2%)

1 を答, を答えた

▼ 持たない百姓~ (2, 0.2%)

1 である, で漁師

▼ 持たない真理~ (2, 0.2%)

1 はどこ, は要するに

▼ 持たない~ (2, 0.2%)

1 の鳥, 飛ぶ蠅

▼ 持たない言語~ (2, 0.2%)

2 を詩語

▼ 持たない~ (2, 0.2%)

1 である, では

▼1* [338件]

持たないあらゆる凸凹において, 持たないある高いもの, 持たないいずれも小さな, 持たないうち何と云った, 持たないうち我らは共産党, 持たないおのれの立場, 持たないおぼこ嫁と言つた感じ, 持たないお前たちは煩悩, 持たないお客だよ, 持たないかが恐らく文学, 持たないかぎりのもの, 持たないかぎり文章は味, 持たないかだけのはなしである, 持たないかというだけで, 持たないかは科学の, 持たないからといつて, 持たないからとてどうしてそれ, 持たないかを決定しない, 持たないがとにもかくにも, 持たないこと温度と湿度, 持たないごろつきであるから, 持たないうですよ, 持たないじゃないか, 持たないそうですよ, 持たないそういう奉仕に, 持たないそれとアナロガス, 持たないただ科学を, 持たないためガクヤに寢泊り, 持たないため小説を書こう, 持たないため遺憾ながら手控, 持たないだがそれは, 持たないだけがまだ仕合せ, 持たないだけに口を, 持たないだけのこと, 持たないつい口の, 持たないでの言葉であった, 持たないといった顔だ, 持たないとかという現象が, 持たないとしか思えない, 持たないとして対手が, 持たないとの懸隔が, 持たないとは思いません, 持たないなぜなら決して, 持たないなんてずいぶん妙, 持たないには勝ろうかと, 持たないのみならずまた, 持たない単に一城, 持たないばかりでは, 持たないばかりかその欧米, 持たないほうがよかろ, 持たないほどに忙しく働いた, 持たないほどの完全さで, 持たないまま盲目滅法に野山, 持たない無いはじめ, 持たないものの幼少の, 持たないもの換言すれば, 持たないもの賭け事と嫌がらせ, 持たないやすらかさ身心かくす, 持たないふべが, 持たないよりは好いの, 持たないわが国民が, 持たないわたしは本郷, 持たないオヤヂは朝, 持たないカミシモ姿の世界, 持たないサンタクロスのお爺さん, 持たないニュース・ヴァリューがない, 持たないファウストか, 持たないヤレミーチユフの家内, 持たないラスコーリニコフにとっては一本, 持たないルンペンだから, 持たないロールツヒやこれ, 持たない一人の大言壮語, 持たない一個の守銭奴, 持たない一切のもの, 持たない一念一途のお, 持たない一聯の音響, 持たない一般の批評家, 持たない一青年に過ぎなかった, 持たない七兵衛では, 持たない七郎丸は久しい, 持たない下戸として今日, 持たない下等動物とオンナジ事, 持たない不幸がこの, 持たない世間から寄っ, 持たない中岡艮一式の若者, 持たない主義だから, 持たないに就, 持たない乞食や浮浪漢, 持たない事支那の警察, 持たない二郎の努力, 持たない享和三亥以後二カ年余りの遺跡, 持たない人これだけは一生, 持たない人たちつまり東京人種, 持たない人人にし, 持たない人保護者を持たない, 持たない人形同様である, 持たない人柄でせう, 持たない人許ださうですと, 持たない人達を招き, 持たない人金を持たない, 持たない仏貨を交ぜたら有る, 持たない仕事へ践み出す, 持たない他人には全く, 持たない他国人もしくはその, 持たない以上大げさないい, 持たない伯五郎にゼーロン, 持たない伯父の生活, 持たない伸子にさえも野蛮, 持たないにし, 持たない何気もない, 持たない佛貨を交ぜたら有る, 持たないがいかに, 持たない作家は本当, 持たない俗物の文壇, 持たないの責任, 持たない僕自身に至る, 持たない僧侶の類, 持たない先生自身がたん, 持たない冷酷さに薄気味悪く, 持たない出血戦術などいう, 持たない分子さう, 持たないと持つた, 持たない劇団でありますが, 持たない勿論君が, 持たない千世子は二人, 持たない七は, 持たない卒直で親しみ, 持たない単なる烏合の, 持たない単調な笛, 持たない即ち水源地方の, 持たないそれを, 持たない又八なの, 持たない古い墓は, 持たない古典を持ち出し, 持たない吾輩にとっては格別, 持たない咲子の着物, 持たない国主だったか, 持たない国家は少なくとも, 持たない國民の樣, 持たない地位にある, 持たない地方出身の人々, 持たない境遇にい, 持たないな軍隊, 持たない多くの文学的, 持たないが戸, 持たない大雪である, 持たない女王であった, 持たない妖怪であるが, 持たない娘達や遊里, 持たない子供達は一日, 持たない孤独の女王, 持たない学問は虚しく, 持たない学者の法哲学, 持たない完全無欠なアタマ, 持たない宏子は弟, 持たない宣教師だけを会堂, 持たないはない, 持たない対象には惑い, 持たない寿平次が妻籠本陣, 持たない小作百姓達は何れ, 持たない小娘は子供, 持たない小寺政職以下詐謀日和見の偽装, 持たない小屋は牢屋, 持たない小田はこの, 持たない小説をほめた, 持たない小鳥から十万フラン, 持たない少年にはその, 持たない少数民族でも少なくとも, 持たない屑屋が人ごみ, 持たないの素人, 持たない山女魚は秋, 持たない峻厳な論告, 持たない工場でもそれ, 持たない平次では, 持たない平民たちは敷石, 持たない平生の夜, 持たないが堰, 持たない庄吉がいつも, 持たない弁信にはただ, 持たない弘徽殿の女御, 持たない当時の路上, 持たない形象の創造, 持たない彼らなの, 持たない彼相手の議論, 持たない後代の人, 持たない心持になった, 持たない忠三郎は大切, 持たない快い律動だけが, 持たない性分である, 持たない性質から誰, 持たないの対象, 持たない感覚を持ち, 持たない慶喜の性格, 持たない或は持たなかった賢, 持たない戯曲など凡, 持たない戸崎夫人が猫, 持たない手おしの漁舟, 持たない手堅い作品なら, 持たない振りをし, 持たないにいつ, 持たない教育者であること, 持たない文学というもの, 持たない文學者はなかつた, 持たない料理人である, 持たない断片的な部族, 持たない新聞記者ってもの, 持たない新鮮さがある, 持たない旅人のあらぬ, 持たない旋風のよう, 持たないとてはありません, 持たない日常のひとたち, 持たない日本人がヨーロッパ人, 持たない普通一般の学生, 持たない暗黒と放浪, 持たない曖昧な人間, 持たない木下藤吉郎に, 持たない杉枝は一, 持たないの音, 持たない栄輔君の上さん, 持たない根っからのテロリスト, 持たないでどの, 持たない極めて少数の, 持たない極端な不具者, 持たない止め度もなく, 持たない正成では, 持たない武芸者もある, 持たない殘念さの中, 持たないと子, 持たないは帰られた, 持たないは同時に, 持たない民族すらあり得る, 持たないはありません, 持たない泰造の気質, 持たない浴衣はビショ, 持たない淋しさである, 持たない深い美しさだ, 持たない清い身を, 持たない漁業家小説家である私, 持たない火山は單式, 持たないで批難, 持たないに雪渓, 持たない無地のもの, 持たない無知な者, 持たない無能無才だつた, 持たない無限の虚空, 持たないを持つ, 持たない物体の性質, 持たない物理学者が存在, 持たない特徴を多分, 持たない理由に夫, 持たない理髪師とかは明朗, 持たないよりも力強く, 持たない生活は盲者, 持たない生物のため, 持たない生計を営む, 持たない町人を襲, 持たない画面には指, 持たない国風な, 持たないに奪われ, 持たない白河楽翁時代の江戸, 持たない皆川蜩庵さえこう, 持たない社会の現実, 持たない社会主義者や哲学, 持たない私学出の民間学者, 持たない私達を困らせた, 持たないの不幸, 持たない空間概念である, 持たない精霊の肉身, 持たない吉は, 持たない純粋な活動, 持たないの無頼漢, 持たない素人ではある, 持たない素焼の土偶, 持たない絶対の地, 持たないと面, 持たない美術は全く, 持たない美質を認め, 持たない群衆に発砲, 持たない老臣重臣の面々, 持たない者たちが各自, 持たない者らはそれ, 持たないです, 持たない職工たちが毎日三四人, 持たないを組んだ, 持たない臨床醫師があ, 持たない至って風雅な, 持たない與吉は卯平が, 持たないにひとしく, 持たない船団になに, 持たない良寛さんはそれ, 持たない芸術は決して, 持たないさだった, 持たない若い男と, 持たない若しくは持たされない権威, 持たない若年者です, 持たない苦労から持つ, 持たない茂樹は試験, 持たない草木の根, 持たない蒲団の綿, 持たない蔓草の蔓, 持たない薄弱さを, 持たない薄色の服, 持たない藤娘のよう, 持たない衣服も持たない, 持たない表現の難い, 持たないが悪い, 持たない言い分でした, 持たない証拠である, 持たない詩人などと言う, 持たない展覧会は, 持たない謙虚な善良, 持たない貧相さなど身, 持たない資財の傀儡, 持たないのひと, 持たない赤手のルクレチウス, 持たない身分である, 持たない輜重隊はまっ先に, 持たない農民に, 持たない迄も観て, 持たない道具までが動い, 持たない避難民同士のなか, 持たない部隊員たちにその, 持たないさと, 持たない野性では義仲, 持たない鉄人ですから, 持たないにこの, 持たない限り一大文学とはなり得ない, 持たない限り彼は業縁, 持たない陰惨な生活, 持たないがめんどう, 持たない青年学生が休暇, 持たない文学的文学は, 持たない願書でその, 持たない風変りな旅行者, 持たない風来坊だったから, 持たない風變りな, 持たない風貌を帯び, 持たない飛び道具として私