青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「書生~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~書かれた 書かれた~ ~書き 書き~ ~書く 書く~ ~書斎 書斎~ ~書物 書物~
書生~
書籍~ 書類~ 曹操~ 曾~ ~最も 最も~ ~最中 最中~ ~最初 最初~

「書生~」 2269, 25ppm, 4752位

▼ 書生~ (422, 18.6%)

8 一人が 6 顔を 5 ひとりが, 青木が 4 声が, 広田が, 杉山が 3 ほかに, ような, ように, 分際で, 姿が, 手に, 身には, 顔が, 顔は

2 [30件] やうな, 三人暮しにて, 丹野も, 云うに, 名, 名前で, 境界に, 山木は, 心と, 悲しさ, 戸田君も, 手で, 放論の, 方へ, 昔に, 木島さんが, 木島さんと, 牧田が, 生活を, 田崎が, 癖に, 花井を, 言葉を, 語る所, 説に, 身分で, 遠藤です, 間に, 青木は, 青木を

1 [299件] あとを, いう通り, うちから, うちには, おりそこに, お伴を, お辞儀に, ことである, ころとは, ごとく薩摩絣, さういふ心持, さまなぞ, したり顔, ために, はてまで, まえでは, むらが, やうに, やるの, やる学問, ゐた椅子, タイプや, ハガキが, ヤケ酒の, ヤケ飲み, 一つの, 一人, 一人くらいは, 一人であった, 一人に, 一人は, 一人位連れ, 一人大村一郎といふ, 一身に, 上にも, 下せし診断, 下宿で, 下宿住い同様であっ, 世話だ, 世話で, 世話ばかり, 世話無怠仕, 中で, 中にも, 事だ, 事とて, 事随分, 二三は, 二三人を, 二号に, 云う事, 人見廣介と, 仕事を, 仲間だったら, 伝統の, 佐伯から, 体は, 何処かに, 側へ, 兄弟で, 兒玉が, 入って, 内にては, 前で, 勉強僧侶の, 勤務に, 厄介者が, 口を通して, 右の, 右側を, 名ででも, 名も, 和助の, 喜ぶよう, 堕落といへる狭まき, 堕落を, 境涯も, 声, 変り種の, 大和など, 大和ツて, 大和一郎が, 大和両手に, 大学生は, 大山小太郎の, 大川と, 大川という, 大川は, 失恋式だ, 如く依然, 如く朴訥, 妄動を, 姿で, 姿も, 字で, 家だ, 家の, 寝室に, 寫眞を, 居た静か, 居よう訳けは, 履物, 山木が, 山木と, 山木などは, 山木も, 山本さんが, 山本に, 山本昨日より, 岡田に, 左手の, 布川であった, 布川は, 席そのものが, 常例に, 幽霊に, 広田と, 広田とが, 広田は, 引越と, 引越の, 影響かも, 後から, 後姿を, 御機嫌取り, 徳吉さんと, 徳吉さんの, 徳吉さんや, 徳吉も, 心の, 心境を, 恋愛の, 恥じるの, 恥ぢるの, 悪戯に, 惰眠を, 感じで, 感じであった, 憤慨に, 懐だ, 懐に, 懦弱な, 戸田が, 戸田に, 戸田は, 戸田君が, 戸田君と, 戸田君を, 手が, 拾ふ, 持って, 持物としては, 指さすドア, 指さす所, 捨てられた自分, 掌の, 敏司と, 教育者の, 散歩, 斎藤が, 斎藤さんが, 斎藤と, 斎藤の, 斎藤は, 斎藤を, 新世帯, 方が, 方に, 方を, 旅に, 時から, 時は, 時分からの, 時分に, 晏吾が, 晏吾と, 暮しは, 暴行を以て, 服装が, 木曾が, 木曾は, 木曾英介が, 本色で, 机の, 机も, 杉山に, 杉山は, 村田です, 村田は, 来て, 案内で, 極く悪い, 檢察官の, 權利に, 次間に, 歌も, 死, 気で, 気に入らぬ筈, 気風として, 氣を, 氣持である, 氣持を, 湯銭にも, 激論も, 為めに, 無勘弁, 父の, 牧田と, 牧田なども, 特色只今申した, 状態ゆえ創作余談はい, 理窟じゃ, 生活という, 生活の, 生活酒の, 用語として, 目には, 眼を, 知らせで, 知能は, 神経質は, 私と, 私なども, 空論だ, 空論も, 筆らしい, 粗鹵, 素人の, 羊羹という, 羊羹といった, 羊羹とは, 羊羹とも, 美濃安八の, 群あれ, 群が, 群多く, 胆を, 能く, 脚氣は, 自分の, 舌に, 花井一郎は, 花井一郎炊事万端の, 苦情も, 著たるよりも, 著訳が, 薄倖なる, 装し, 西崎だった, 角木と, 言葉だ, 許から, 詩会の, 話を, 説明を, 課外レスンの, 談話も, 謙虚と, 貧屋に, 身である, 身に, 身の上を, 身分だ, 返事は, 逃げたこと, 運動会なら, 運勢を, 部屋が, 野口という, 金平糖といった, 門前を, 開いたドア, 閑談で, 間では, 関係すべき, 雑用が, 青木に, 青木の, 青木も, 青木青年でした, 青田を, 面倒を, 面影の, 頃この, 頃には, 頼久太郎は, 頼母木を, 顔であった, 顔に, 類に, 風体なる, 風儀は, 餌に, 高山昇という, 高山昇など, 鬼火だ, 魚容は, 魚容も

▼ 書生~ (250, 11.0%)

4 いて 3 あって, 二人, 入って, 出て, 来て

2 [18件] ある, いた, すること, それに, それを, ドアを, 三四人で, 主人を, 代助, 來て, 勤勉に, 取次に, 居て, 座敷から, 洋盃を, 這入って, 障子を, 顔を

1 [195件] あった, あるけれども, あるその, いつかなくて, いました, いるから, いること, いるとき, いるの, お妙, かけつけて, かけつけました, かの女, ことごとに, こなたを, この家, これも, こんな事, して, しどろもどろに, しんぼうづよく見, すっ飛んで, そういっ, そっと室, その外, その方, その町, たくさんいた, たくさんゐた, たずねますと, ちゃんと起き, ついて, なるべく外貌, なるほど, ぬっと出た, はいって, ひとりし, ひょっくり顔, ふたりうん, ふたりドアの, ふたり下男が, ふたり自動車の, ふと時, へどもどし, また迎, みじめな, よく出はいりした, よく書物, ゐる事, アメリカ人の, エライ, キスを, ニコニコし, ボールを, ヴァイオリンを, 一まい, 一人いる, 一人ゐる, 一人住ん, 一人奥働きの, 一人留守居を, 一向休憩, 一抱ずつ, 一本の, 一枚の, 三人, 三人います, 三人ばかり, 三名, 三日目に, 主税, 二三人で, 二三人覗きに, 二三日暇を, 二人とも, 二人の, 二人ばかり, 二人大きな, 二人居た, 二人来, 二階へ, 云った, 人の, 今日は, 住んで, 何百人出, 先生の, 先生は, 入門する, 再三ノック, 勉強にも, 動くの, 北の, 卓の, 厚い縞入, 又変, 友達を, 取りついだ, 取次ぐと, 可厭さ, 命を, 多い, 多かった, 多少時流, 大勢集まっ, 大声に, 大臣を, 奥から, 奥さんが, 始めて, 婆やより, 学校へ, 官人気質の, 客を, 家に, 家老参事の, 寄合ったという, 差出した土産, 席を, 帰ったので, 幻燈会を, 幾年勉強し, 廊下へ, 彼女の, 往きかけるので, 待って, 急いで, 恐いよう, 悪いと, 折節大阪に, 持って, 掃除にか, 探し出して, 放吟し, 新たに, 既に戸, 日に, 暑中に, 曲者の, 最も悩まされる, 来たと, 来よう, 来るして, 横手の, 欽慕おくあたわざる, 歸つて來る, 死んだ, 毎朝起き, 気味の, 沢山を, 漸く洋書, 烏合未熟の, 無念そうに, 無理に, 燈下に, 牛肉の, 玄関で, 玄関の, 玄関へ, 現われた, 現われた時, 田舎へ, 番茶を, 白髯の, 目指された, 目見えに, 真青に, 確に, 私の, 突然彼, 窓の, 美術室の, 背負って, 苦心し, 苦情を, 荷造りを, 薄暮池に, 薬師の, 蚊帳質に, 西洋菓子なんぞを, 赤い眼, 路で, 辛抱しきれなくなっ, 近づいて, 這入つて, 遣って, 都々逸を, 野中さんと, 開けたまま, 開演し, 間もなく死亡, 階段を, 隣から, 駆けて, 驚嘆の

▼ 書生~ (192, 8.5%)

3 それを 2 主翁, 再び出, 始めて益軒, 才力に, 書物を, 羽織を, 誰も, 陰氣な, 雲霞の

1 [171件] あいてが, あるいは小, いちどおく, いつもそれ, いない, いなかったの, いまいましさうに, いる, お礼だ, お雪, こういうこと, こういう言葉, こう云っ, ここでも, ここへ, この若い, さりとも, して, すぐ私, ずいぶんとおく, そのまま奥, その知能, その蛇, その辺, たいていこの, たちまち恐縮, ちょっと頭, とても一月, どうした, なかなかえらい, はき出す様, ひとまず獄屋, ふと外, また内々はがき便, また物凄く, まだ起きん, よくお, よくこういう, カラクリや, ガラスに, ドキン, ニキビ面を, 一生懸命に, 三吉が, 下宿人で, 不思議相に, 世評を, 中, 丸山勇仙でした, 主人の, 之を, 二十八九の, 二重の, 云つた, 今の, 代助, 仲, 修業する, 先刻テニスを, 先生の, 凄い笑顔, 別として, 勿論家内, 十中の, 十年ならずし, 原書の, 厭な, 吃驚した, 同じ方向, 吟詩を, 呆気に, 呑気で, 呟きながら, 咳を, 四十面相が, 困ったよう, 外へ, 多くは, 大抵皆薩摩飛白, 大欠伸, 奥から, 如何にも乱暴, 学問上の, 孫だ, 孰れ, 客を, 少し事情, 少し面食らっ, 居なくなる, 左伝十五巻の, 左側に, 己れ, 平然として, 年すでに, 幸いに, 弱らせられたよう, 彼が, 彼の, 彼女の, 彼女等の, 後ろを, 心中大いに, 思はず笑, 急に, 怪訝そうな, 恋も, 悟りも, 悲恋の, 懐から, 懐中電灯と, 扉を, 手に, 手桶を, 持って, 敬太郎を, 新刊の, 日本に, 早や, 早口にすら, 書を, 最早前後, 最早居なかった, 服装でも, 木立の, 本当に万引, 極々の, 正面の, 毎朝七時に, 気味悪がっ, 永遠の, 渡さなかった, 無事に, 物置部屋の, 玄関ど, 玄関を, 玄關に, 皆外へ, 皆活溌有為の, 皆頼氏の, 確かに, 突如狂人, 答えた, 絶対に, 縁側へ, 群集を, 肯かずに, 自分の, 自分のに, 苦笑した, 薬を, 裏手へ, 誰の, 貧という, 農村の, 迂散くさ, 部屋の, 随分多い, 障子に, 隻手を, 電球を, 電話口でし, 青雲の, 風采態度が, 飛び出すの, 食い始めた, 馴染が, 驚き醒むることしば, 鳥の子の, 黙ったなりに, 鼻で, 鼻を

▼ 書生さん~ (186, 8.2%)

3 が出

2 [11件] から聞きました, がありました, がよく, が二人, が見え, でしょう, に持たせ, のお話, のやう, はこの, はもう

1 [161件] あら素通り, かと思ったら, から電話, があやうく, がいいます, がいらつ, がいる, がお勝手, がございます, がさけびました, がとび出し, がどあ, がふたり, がまた, がまるで, がみんな, がアッ, がシャボン, が一人, が一人來, が三人上, が何, が傍, が変死, が居る, が悪口, が或, が手, が改めて, が書斎一杯, が書物, が来, が欲しい, が死ぬ, が死んだ, が突っ, が自転車, が起し, が近, が遊ん, が顔, じゃない, じゃ下ろした, だったから, だった何, だつた, だと, だね, だの小柴君, つれて, て随分, であった, であったが, であつ, である, でおとなしい, でここ, でございます, ですか, ですが, でもあったろう, でもつ, という名称, といった, といったの, といった風体, といつ, と云う, と云った, と呼び慣らされた, と思った, と歩きまわった, と見えた, なぞは, なら好い, なんかより異人さん, にかいぼう, にし, について太郎, にはお, には適わない, にぶっ, に一包み, に会っ, に持っ, に笑われます, に聞かれた, に花, に苞, に頼んだ, のお, のさ絣, の下村さん, の中, の名, の在る, の大きな, の巣窟, の指先, の旦那, の時, の時分, の様, の死体, の琵琶歌, の積り, の質實, の身の上, の部屋, の頭, は, はあまり, はいくつ, はいそい, はそこ, はそっちのけ, はたいがい本, はだんだん, はぼく, はニッ, は中, は他人, は其無頓著, は出せない, は取次ぎ, は受け取っ, は右手, は夕暮, は大勢, は婦, は山本鼎さん, は手紙, は文士, は田舎, は私, は箱, は誰, は赤とんぼ, は郵便配達, は郷里, は頭, は顔, までが羨ましく, みたやう, もいっしょ, もお, もその, もない, も見, や台所, や女中, や女学生, や職人衆, をお, をはじめ, を先生, を呼びました, を宿し, を恋人, を案内, を羨まし

▼ 書生~ (159, 7.0%)

5 して 4 化けて 3 命じて, 持たせて, 置いて 2 されて, しても, なった, なつたり, なるの, 取っては, 娘を

1 [127件] いざなわれて, いたるまでも, かいぼう, かえってやりなおし, かえりましょうって, からかわれ派出婦, きいて, きく, くれて, くれる品, こういう人, こころよく紹介状, この活字日誌, さそわれまして, しては, しろとにかく, すぎないの, すぎない彼, すぎぬが, すぐ書斎, すみこんで, なったの, なつた, ならねば, なりたいと, なると, まかせて, まもられて, もう一, もう一度帰っ, やと, 一様の, 主人の, 事の, 云含め, 交っても, 代って, 似つかわしい記憶, 似合わない舶来, 住みこませて, 住みこみ玄関番, 住み込んだ, 何が, 何とも仕方, 何事か, 使うて, 使って, 使つてゐる, 候, 入つて, 入り込み入り込むたって, 入れて, 出す, 出会いました, 出入りされ, 刺され西野, 劣って, 化けた男, 医者を, 及ばなかったの, 取立てて, 向いこの, 向って, 吩咐けた, 命ずる主, 変装した, 大きな台, 奪われながら, 婦人同情会規則を, 婦人同情會規則を, 学資を, 寄こしちゃ, 寄越したら何, 尋ねると, 当って, 応接間へ, 思ひも, 怪我でも, 抱かれる様, 探させやう, 探させよう, 揉ませる, 揉ませ直して, 提灯を, 會つた, 朝っぱらから, 業を, 欺された, 水を, 河内さんの, 留守中の, 示しました, 縁の, 英雄伝を, 菓子などを, 見せに, 解剖し, 言いつけて, 言い付けて, 言ひ, 訳を, 話す事, 身なりの, 較べて, 迎えられて, 返つた樣, 送られて, 這入ったん, 逢うか, 逢うと, 逢ふと, 連れられて, 遅れまいと, 過ぎない, 過ぎない私, 過ぎなかったもの, 過ぎぬ私, 過ぎませんから, 過ぎん, 違いない, 違ひ無い, 還るつもり, 重傷を, 鈴木儀六と, 限る特色, 頭を, 頼んで

▼ 書生~ (101, 4.5%)

19 して 4 相手に 3 つれて, よんで, 置いて, 集めて 2 呼んで

1 [64件] おいて, おどろかすに, お置きなさいまし, その中, その叔父, つかまへても, つけて, つれた, はじめ召使いたちの, よぶため, ステッキを, 一人つれ, 三人新たに, 伴う様, 伴に, 伴ひ, 伴れ, 使い私, 兄に, 先生に, 刺したの, 動かすという, 収容さるる, 収容する, 取り巻いた人だかり, 叱った, 合せて, 呼びつけて, 呼び好き, 呼集め, 外出させ, 奥の, 奥田家に, 宅へ, 尋ねて, 引見した, 怒らせたもの, 思わないよう, 愛した豐田さん, 愛して, 愛するよ, 愛する心, 懲らしめる酒, 扱う了簡, 捕まえると, 教導いたし, 残して, 父は, 率いた時, 知って, 置いたの, 置いたん, 置いとくの, 置いとく甲斐, 罵らんこと, 見に, 見る, 見れば, 遠ざけてから, 遣つて奇激, 集め主として, 飼つてゐる, 養う, 養て

▼ 書生~ (73, 3.2%)

2 なつた, ふたりの, 一しょに, 一緒に, 下女とに, 女中それから, 女中は

1 [59件] いうでも, いっしょに, いっても, いつた建て前, いふよりは, いわず, うんてん手, お邸, けんかを, しますが, なった, なったので, なって, ぴったりなら, モーターボートを, ラケットを, 一しよ, 一緒で, 下女とが, 世間話さえ, 並んで, 二人だ, 二人切りだ, 云う事, 云えば, 五目並べを, 五目並を, 付き合つた, 仲善にな, 俥夫が, 初めて所帶, 同じくその, 同じです, 同じ軍談師, 同様な, 喋り込んで, 四十前後の, 女中と, 女中とに, 女中との, 婦人と, 密通する, 思つてあゝ, 情交が, 教員も, 時には妻君, 来たら本当に, 牛飯という, 結婚し, 職人の, 腹の, 臨時雇の, 若旦那の, 見縊て, 言ッても, 車夫は, 遊びたく思ひ女中, 遊びに, 雖ども數學の

▼ 書生たち~ (49, 2.2%)

2 に見張り

1 [47件] からつけられた, がおっかけ, がかけだす, がにわに, が席, が机, が荷物, が見おろし, が重なっ, で相, と長く, にであいました, にはこの, にもお, に便所, に手紙, に片付けさせ, の下宿, の出入り, の前, の必死, の所, の経済力, の蒲団, はおまわりさん, はそこ, はその, はぞろぞろ, はとき, はむろん, はわれ, は三郎, は懐中電灯, は早くから, は書生たち, は縁側, は自分たち, は若, は言, は誰一人, は遊び, までが一緒, まで集っ, もいっしょ, もその, も仏像, も烏賊

▼ 書生~ (46, 2.0%)

2 わたしも, 是れ, 浪人も

1 [40件] あった, あとに, あらんあるいは, ありました, いた, おり新た, かけだして, この部屋, そのあと, そのころ, その体裁, その机上, その身, だれも, ちょっとした金持, ふたりいる, また同じく, わかちなく, ゐる下婢, 一人いる, 二人ほど, 云った坂田, 代診も, 前後し, 呼び出されて, 始めて亜米利加, 小林君も, 居ないで, 後から, 手つだって, 捨ておく樣, 新聞記者に, 楽しく笑い, 水泳に, 立って, 置く身, 腹を, 花嫁の, 試験に, 読み官吏

▼ 書生部屋~ (46, 2.0%)

2 に一泊, に洩れない, へ帰っ, を覗い, を覗き込ん

1 [36件] だった, でやる, で二人, で勉強, で坊主頭, で山木, で豚, にこの, にし, にそっと, に入っ, に声, に引き返し, に杉山, に行っ, のある, のすぐ, の仲間, の前, の四畳半, の方, の格子窓, の隅, へ出, へ帰つて行, へ帰る, へ引き下がる, へ引き取った, へ引き取つた, へ見舞い, へ這入っ, へ駈けつけ, もさっき, もつづく, を出る, を見まった

▼ 書生~ (29, 1.3%)

2 出入りの, 女中が

1 [25件] うんてん手, 下男が, 代診や, 会社の, 僕迄, 勤め人を, 召使の, 壮士が, 女たちの, 女中さんたちを, 女中さんの, 女中などの, 女中は, 女中まで, 女中や, 女中を, 女中達が, 女中達に, 婢が, 弟子や, 弟子を, 弟子入りする, 社員などを, 車夫などと, 車夫なんぞが

▼ 書生時代~ (29, 1.3%)

2 よりも余計

1 [27件] からこれ, からの同学, からの旧友, からよく, から交わり, から先生, から持, にいつも, にでも帰っ, には東京じゅう, には男, に嗅いだ, に江戸, の上京, の乱暴無茶苦茶, の事, の友人, の友達, の古い, の外套, の宗助, の態度, の河口, の苦學, の話しだ, よ, を知っ

▼ 書生芝居~ (28, 1.2%)

1 [28件] がだんだん, がどういう, がない, が中村座, が新派, が歌舞伎, さうし, だつた, とか壮士芝居, とか小, と相, なるもの, にもお, に偶然, に征服, のほか, の回顧, の団十郎, の地盤, の基礎, の基礎確立, の大立者, の始め, の山口定雄一座, の方, も一種, を初めて, 続々起る

▼ 書生~ (24, 1.1%)

1 [24件] あつた, いられるの, いる時分, これを, どうも, まだ若年, わたしの, 一ぱいに, 一箇月六円か, 下男に, 世を, 以前この, 出て, 医術を, 垢染み, 大童の, 居士の, 平素其方の, 津田という, 私の, 芸者は, 荒巻敏司という, 菱湖風の, 辛道度という

▼ 書生~ (21, 0.9%)

4 の男 2 となっ

1 [15件] したる男, ですのね, でない縞, でも堕落書生, で度々, といっ, なるを, にあらざれ, にただ, に引かえ, の服装, の男ども, よりはむしろ, を脱し得ない, を脱却

▼ 書生として~ (20, 0.9%)

2 世話した

1 [18件] いろいろな, そこに, そんなに見苦しい, 事なく, 京都に, 仕えて, 住みこみ医学, 住みこんだ房一, 使いくれよとの, 出來合, 占領し得る, 寄寓させ, 暮すこと, 渠を, 育てられた食客, 苦学した, 釜から, 青年期を

▼ 書生~ (19, 0.8%)

32

1 [14件] からという好意, から之, か薬局員, がこれ, がみな一粒選り, し一方, つたのに, とか船, とすれ, とは云, と思いました, と思つた湖州, と思つて, よ

▼ 書生~ (17, 0.7%)

2 にする

1 [15件] が当世, でほんとに, というの, におおん, にやれたら, にザックバラン, に暮し, に歩い, に淡泊, に生きたい, のぶっきらぼう, のわたし, の好み, の着物, の私

▼ 書生上り~ (16, 0.7%)

1 [16件] だという, で小児, とか何とか, の下宿生活, の中川, の人, の匂, の大原, の新, の無, の痩世帯, の痩文学者, の空想, の職人, の若, の貧乏世帯

▼ 書生さんたち~ (15, 0.7%)

1 [15件] がよく, が大勢, が来ます, とは少し, には頼まれ, の後, の血, はそこら, はとう, はと見る, はよく, は少し, は酒, もそういう, も見逃がし

▼ 書生らしい~ (14, 0.6%)

2 ので自分

1 [12件] のが, 人が, 厭味の, 古くさい山高帽, 容子も, 感傷で, 気持で, 生活に, 男に, 繪具箱を, 雑談に, 面影も

▼ 書生っぽ~ (12, 0.5%)

2 姿を 1 さそんな, でしか, では, にし, になっ, に何, に相違, ばかしの一座, らしく阿弥陀, を捕えたよりゃ

▼ 書生であった~ (12, 0.5%)

2 私は 1 から朝な夕な, が今, ことは, しパスカル, とかいう事, ような, 今は, 私には, 警察署長の, 頃ある

▼ 書生などが~ (11, 0.5%)

2 かけつけて, 揚げること 1 いくら素早く, いそいで, その夏, その町, 学費金を, 帰て, 確かに

▼ 書生~ (11, 0.5%)

3 ぽで, ぽの 1 ぽうが, ぽだ, ぽとの, ぽは, ぽ時代

▼ 書生という~ (9, 0.4%)

1 のは, ものに, ものの, ものは, ような, 人間中で, 位置に, 姿に, 形式で

▼ 書生には~ (9, 0.4%)

1 いってた時, こういう湯屋, わからぬ, 候へ, 少し不, 気を, 珍らしい, 負けずに, 適さない所

▼ 書生生活~ (9, 0.4%)

2 をし 1 でも東京, でやっ, に立ち帰れた, に腰, をした, を改めて, を続け

▼ 書生羽織~ (9, 0.4%)

3 めして 1 が添え, で花月巻, などを引っかけ, に縞, をぞろりと, を着る

▼ 書生~ (9, 0.4%)

2 の唄 1 が大勢屋根, が小川正一, が放す, が随分, と盛ん, に守られ, まで集つて

▼ 書生である~ (8, 0.4%)

1 から不人情, から家, がこの, がヒサ, とは思われなかった, と云, のでまさか, 者には

▼ 書生~ (8, 0.4%)

5 の男 1 のもの車夫, の青年, を装った

▼ 書生流儀~ (8, 0.4%)

1 が反, であったのに, に成っ, に考へた, に言, のもの, の習慣, の議論

▼ 書生~ (8, 0.4%)

1 が自, などに兜, に世辞, の下宿屋, の児戯, の如く, の空理空論, の行末

▼ 書生では~ (7, 0.3%)

2 ない 1 いられなくなった, ない卒業, なくここ, なくなって, 無論ない

▼ 書生でも~ (7, 0.3%)

1 い, いかなる職業, なくちょうど, 下男衆, 云ひさうな, 女中でも, 現れて

▼ 書生とが~ (7, 0.3%)

1 あわただしくこちら, この古雪, 出懸け二三日, 出迎えた, 同時に夫人, 梭の, 窓を

▼ 書生上がり~ (7, 0.3%)

2 の職人 1 のパン屋, の我ら夫婦, の素人, の細脛, の者

▼ 書生気質~ (7, 0.3%)

1 が抜け尽し, とでもいふべき, に描き出された, の批評, の有, は評判, 第十四回

▼ 書生~ (7, 0.3%)

2 は唯 1 が惡い, とも心, の眼, は不治悔過, 亦倶拝賜

▼ 書生~ (7, 0.3%)

1 であると, としか映らなかつた, と卑しめる, に捲き込まれる, の兵学, を斥ける, を闘わした

▼ 書生たる~ (6, 0.3%)

1 ことを, にあらずや, を倦み, 僕以上の, 我輩は, 私には

▼ 書生~ (6, 0.3%)

2 ぽだ 1 ぽか貴, ぽらしく, ぽを, ぽ風

▼ 書生ども~ (6, 0.3%)

1 がと軽蔑, が大枚, に便, はワッ, は皆, もかつて

▼ 書生~ (6, 0.3%)

2 の大変話 1 な胸襟, の人, の抜け切らぬ, の男

▼ 書生から~ (5, 0.2%)

1 おもしろい人物, わら人形を, 実業界の, 家庭の, 数通の

▼ 書生にも~ (5, 0.2%)

1 その時, 及ばないと, 同じ事, 大概気楽に, 薫染し

▼ 書生仲間~ (5, 0.2%)

2 の中 1 には到る, には随分, に囲碁

▼ 書生姿~ (5, 0.2%)

1 がいう, が云, が言い, に引き, は軽蔑

▼ 書生がと~ (4, 0.2%)

21 いって, おっしゃるの

▼ 書生だった~ (4, 0.2%)

1 からそう, せいで, 左部彦次郎が, 頃の

▼ 書生です~ (4, 0.2%)

2 がね 1 からとても, ね

▼ 書生とも~ (4, 0.2%)

1 ごろつきとも, 助手とも, 思わしくない純粋, 見られまいかと

▼ 書生~ (4, 0.2%)

1 かまに, のかい, ので, んです

▼ 書生下駄~ (4, 0.2%)

2 を買った 1 をつ, をつっかけた

▼ 書生気分~ (4, 0.2%)

1 が抜け, でまだ, で勉強, になっ

▼ 書生言葉~ (4, 0.2%)

1 と違っ, のうち, は大好きさ, を遣っ

▼ 書生~ (4, 0.2%)

1 がどこ, に別れ, の中, も次の間

▼ 書生~ (3, 0.1%)

1 でありますが, 双子の, 少年が

▼ 書生たり~ (3, 0.1%)

2 しに過ぎず 1 しなり

▼ 書生との~ (3, 0.1%)

1 三人である, 取組, 間の子という

▼ 書生なども~ (3, 0.1%)

1 いて, 来て, 至大な

▼ 書生なら~ (3, 0.1%)

1 ばせめて, わたしは, 安眠妨害といふ

▼ 書生なり~ (3, 0.1%)

1 しに, であって, 即ち事業

▼ 書生~ (3, 0.1%)

1 が悪い, は少し, は屋根

▼ 書生ッポ~ (3, 0.1%)

1 です, や若い, らしいお辞儀

▼ 書生~ (3, 0.1%)

1 が棍棒, は大した, は柔術

▼ 書生時分~ (3, 0.1%)

1 からあの, から来, と同じ

▼ 書生~ (3, 0.1%)

1 ありと, の噂, より

▼ 書生~ (3, 0.1%)

1 に知れ渡, に評判, の恥辱

▼ 書生さん方~ (2, 0.1%)

1 お羨ましい, へお

▼ 書生さん等~ (2, 0.1%)

1 が集ツ, は來

▼ 書生さん達~ (2, 0.1%)

1 やあたし, を御覧

▼ 書生その~ (2, 0.1%)

1 ほか数人の, 憧る

▼ 書生だけ~ (2, 0.1%)

1 で看護婦たち, 置いて

▼ 書生っぽい~ (2, 0.1%)

1 ところが, 質素で

▼ 書生であっ~ (2, 0.1%)

1 ても災, て義弟西源四郎

▼ 書生であり~ (2, 0.1%)

1 ながら智力思想, 仏頂寺は

▼ 書生でしか~ (2, 0.1%)

1 ない, ないの

▼ 書生としては~ (2, 0.1%)

1 分に, 老書生

▼ 書生とは~ (2, 0.1%)

1 そのへん, 棒立ちに

▼ 書生などには~ (2, 0.1%)

2 酒を

▼ 書生などにも~ (2, 0.1%)

1 手つだわせて, 檄文の

▼ 書生なれ~ (2, 0.1%)

1 どもその, ど茲

▼ 書生にな~ (2, 0.1%)

1 つたのである, つても

▼ 書生ばかり~ (2, 0.1%)

1 で中, 居よう訳

▼ 書生みたい~ (2, 0.1%)

1 な連中, な遣り方

▼ 書生より~ (2, 0.1%)

1 一層乱暴, 下は

▼ 書生らしく~ (2, 0.1%)

1 ていい, 岩壁の

▼ 書生ッ坊~ (2, 0.1%)

1 だな, の風儀

▼ 書生パン屋~ (2, 0.1%)

1 と題し, の名

▼ 書生一人~ (2, 0.1%)

1 の気楽, を番人

▼ 書生~ (2, 0.1%)

1 に取扱つて, に暮し

▼ 書生~ (2, 0.1%)

1 が昨夜, に四人

▼ 書生同様~ (2, 0.1%)

1 にし, に育てられる

▼ 書生~ (2, 0.1%)

1 で相当, 悪く優しげ

▼ 書生役者~ (2, 0.1%)

1 なんぞ止め, にかぎる

▼ 書生~ (2, 0.1%)

1 にされ, にする

▼ 書生扱い~ (2, 0.1%)

1 になり, にはしなかった

▼ 書生暮し~ (2, 0.1%)

1 にやれ, もいろいろ

▼ 書生~ (2, 0.1%)

1 でもひきます, とは違っ

▼1* [163件]

書生あがり小才の, 書生いかなる風や, 書生いまだ学問も, 書生かね居候かね, 書生くずれなんだ, 書生ぐらいにしか見えなかったであろう, 書生ぐらしらしくイクラ, 書生さんだつてあんな, 書生さんテことだが, 書生さん一家が黒紋, 書生さん寧日なく宅下げ, 書生さん東京へ連れ, 書生さん相手では婆, 書生さん秋田は何, 書生した時代の, 書生じみた饒舌などから, 書生じゃないから, 書生すら神経を, 書生それからほとんど元気, 書生だけが三人で, 書生だけで大に, 書生だったではありません, 書生だつたことだらう, 書生だの赤シヤツを, 書生やがね, 書生づきあひの簡單, 書生でありましたから日頃, 書生であろうかだが, 書生でございますから随分, 書生でしてね, 書生でもというわけである, 書生といったような, 書生としての栄誉は, 書生とでも呼んで, 書生とにかぎられて, 書生とを使って, 書生など三階総出の, 書生などにおだてられて, 書生などにとっては絶えざる憧憬, 書生などはいませんから, 書生などを用いた, 書生なりが付きそって, 書生なるべき姿なる, 書生なんかに渡す奴, 書生なんてものは, 書生においてをやで, 書生にせ学生出, 書生について裏庭へ, 書生にでも呉れて, 書生にゃ金が, 書生に対して何か, 書生に対する恐れも, 書生ばかりが得意の, 書生ばかりで始めた家, 書生ばかりの中に, 書生ふたり警官ふたり少年探偵団員とチンピラ隊十七人, 書生ぶって, 書生もう申しません不思議そう, 書生自分ぢや, 書生よりも能く, 書生らしく粧うために, 書生ら二十数名をよびあつめた, 書生わずかに数巻, 書生ソッと買う, 書生タリシ加藤高明ガ無産階級ヨリ見テ富豪タルト, 書生ハ則短衣高屐, 書生一人伴れて, 書生三人の警官, 書生三人庇髪の女学生二人, 書生三人庇髮の女學生二人, 書生三刀元寛, 書生三名泊って, 書生三四人して, 書生の体, 書生丸出しになる, 書生二たび出でて, 書生二三人頻に, 書生二人乳母のお, 書生二人女中五人運転手助手その中, 書生五人の警官, 書生五人ぐらしとは貧弱, 書生交際奥様役もかた, 書生代りに朝, 書生代わりにもなるだろう, 書生代診下男下女残らずの, 書生代診母親女中だれひとりそれ, 書生以外の人間, 書生何れへか逐電, 書生の木綿, 書生俳優ともすれば山師, 書生俳優らも同様, 書生の勝利, 書生に立っ, 書生兼下男の地位, 書生兼内弟子で藥箱持ち, 書生兼小使と云う, 書生兼用らしい寫字生, 書生でも大入り満員, 書生劇みたいな粗雑, 書生及三田出身の紳士, 書生取立御儒者, 書生同様取次を務める, 書生名簿録も今, 書生を出ずる, 書生塾の, 書生坊主が居, 書生で院長, 書生壮士ばかりになっ, 書生多年江戸に修業, 書生大村某とい, 書生はと見れ, 書生の冷遇, 書生学窓を出, 書生の中, 書生しと, 書生山本は真性赤痢, 書生を買う, 書生帽子を思ふ, 書生幽霊に悩ま, 書生の会合, 書生式常識で判らない, 書生弾き語りする蛇皮線, 書生批評家の放言, 書生探しに参った, 書生放談の下宿屋, 書生旅行の僕, 書生日雇婆産婆妖婆按摩頓馬に至る, 書生時代あなたがたと, 書生時代夜半過ぎに東京牛込区市ヶ谷, 書生時代神田の下宿, 書生時代群馬県旅行中同郷の者, 書生東都に留学中, 書生染みて不可, 書生のよう, 書生気質中の叙事, 書生気質南翠君の何で, 書生がどう, 書生爪中万二市木公太書を貴, 書生物部稲吉を殴殺, 書生生活活動の始まり, 書生画工にし, 書生番人下僕を兼ねた, 書生に暮します, 書生の門, 書生空論によって天下, 書生筆一本あれば, 書生に捕えられ, 書生のアパート地帯, 書生翻訳書生がこれ, 書生自分も座布団, 書生葉書の束, 書生蜉蝣の微, 書生しとい, 書生に帽子, 書生見たいだな俺達, 書生親父が死ん, 書生連中二三人物好きにも大原, 書生運転手園丁など屈強, 書生とあっ, 書生雜誌の編輯所, 書生青二才も福々しい, 書生風俗であった, 書生にし