青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「拾っ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~拭い 拭い~ ~拳 拳~ ~拵 拵~ ~拵え 拵え~ 拾~ ~拾っ
拾っ~
~持 持~ 持たせ~ ~持たない 持たない~ ~持ち 持ち~ 持ち出し~ ~持っ 持っ~

「拾っ~」 1435, 14ppm, 7816位

▼ 拾っ~ (1355, 94.4%)

47 来て 19 きて, みると, 来たの 14 来た 13 いた, 見ると 12 それを 11 来たん 10 いるの, 帰って 9 いる, 来い 8 来る 6 みよう, 持って, 食べて 5 きたの, 喰べ, 家へ 4 いると, きた, きました, やって, 投げたり, 来たという, 来たもの, 来ました, 歩いて, 読んで

3 [17件] いくと, いって, いるよう, おいて, くれた, ここへ, その中, たべて, みた, ポケットに, 来たよう, 来や, 来るん, 育てて, 行けるかね, 見ても, 食って

2 [74件] いたの, いった, いました, いるうち, いるばかり, いる雀, おいでに, お宅, きたか, きたん, きては, くるが, くるの, くれたあの, くれたの, くれたまえ, くれた人, くれた少年, くれて, くれと, くれば, くれよ, くれる, くれる人, くれ手, それに, どうする, みても, みる, もって, やった, やろうか, ゆくと, ポケットへ, 何に, 出て, 土の, 届けて, 左の, 帰宅, 手に, 投げつけた, 投げつけたり, 投げて, 抜いて, 来たが, 来たこと, 来たと, 来たよ, 来た小石, 来ては, 来ても, 来ようか, 来るか, 来ること, 来るの, 歩いた, 歩くの, 池の, 町の, 自分の, 行きます, 行く, 行くの, 行け, 行った, 行って, 袂に, 袂の, 裸骨へ, 見て, 遊んだ, 食うこと, 馬を

1 [870件 抜粋] あげたよ, あげます, あげますから, あざけるよう, あった, ありますすぐ, あるくため, あんな具合, いかだを, いくうち, いくら急がせ, いこう, いたが, いただいて, いたっけが, いたらぶん, いた女, いた母, いた野猪, いっせいに投げつけました, いったその, いったの, いったヘリコプター, いとど愉快そう, いましたらちょうど, います, いますそれ, いらっしゃいな, いるとき, いるまもなく, いるらしい, いる人々, いる内, いる子ども, いる算段, いる遑, いる鳩, いろんな連想, おいたが, おきました, おくの, おく巻タバコ, おすすめ申した, おりました, お乗り, お君, お家へ, お小夜, お見せ, お角さん, かかえて, かぶり欅, かぶるなり, かれこれと, きたあやしい, きたと, きたのに, きたよ, きたんだい, きた事件, きた人形, きた命, きた懐中時計, きた新聞, きた板, きた砂金, きた紐, きた雌, きちゃ, きなよ, きや, くださいませんの, くださるん, くだすった, くちゃくちゃに, くりゃ白状, くるその, くるという, くれ, くれいま, くれたさ, くれたん, くれなかったらこの, くればいいん, くれるだけの, くれるだろうと, くれる会社, くれる先輩, くわえて, くン, ここに, こさせて, こちらへ, この小, こられたん, これが, これまで, これを, さし出した, さっさと車, しかしてこれ, しまいさえ, しまうと, しまえよ, しらべて, じっと瞋恚, すぐに, そうして我が, そして自分達, そのまま自分, その人, その先, その夜, その麓, それで, それは, それ等を, つき出した, つづく, どういう道筋, どこかへ, なかなか渡さなかった, なくなった頃, にこにこした, はきそれから, ひろげて, ぴし, ぽんと, まいれ痴けがッ, ます, またがって, また懐中, まわると, まんまと本所, みたが, みたら朝鮮人蔘, みない者, みました, みようと, みるならば, みる気, みれば, もう前, もどってから, もらいたいと, もらいたいばかりに, もらったが, もらったの, もらった財布, もらわざるを, やったの, やったり, やっては, やらぬ, やる, やると, やるもの, やる人間, やれば, ゆくよ, ゆけ, よい獲物, わざわざ線路, ゐましたら林, ゐるもの, ト首を, パッと, ポケットの, モゾモゾ懐, ユニオン, 一つの, 一打ちと, 一条の, 一足退い, 丈太郎の, 上から, 上衣の, 下さい, 下さいましたの, 下さったん, 下すった, 不器用な駈け, 世話する, 並べる, 乗った, 乗りましたが, 乗り込もうと, 乗る, 事件を, 二三度叩きつける, 五歩に, 井戸の, 人目に, 以来一体, 仲間の, 伊織を, 何を, 俺は, 先生に, 入って, 六郷の, 兵馬に, 其の黴臭い, 再び武蔵, 分らない字, 刺して, 力任せに, 包んで, 千成という, 南無阿弥陀仏と, 原稿紙に, 参りましたが, 参りましょうか, 参るが, 又女, 取上げて, 叩き付けた, 叩き破り, 可愛がってる, 合せて, 向こうの, 吟味し, 吸って, 和訳する, 喜んで, 喰う, 喰ってるん, 噛ったろう, 四辺に, 土に, 土埃を, 埠頭場に, 塵の, 塵箱に, 大津の, 大騒ぎする, 女の, 姉さん冠り, 婦人が, 安全な, 宮川さんの, 家に, 寝静まった丸の内街, 射た, 小さな手, 小田切さんに, 居た, 居る, 届けるの, 履いた, 山の, 川の, 左手に, 帆村さんに, 帰ったという, 帰ったよう, 帰った時, 帰っては, 帰られた捨て子, 帰りこれ, 帰りました, 帰り水, 帰るツモリ, 帰る工夫, 帰れるが, 帰宅銀座より, 平安神宮に, 幾分かは, 店へ, 当てると, 彼女の, 往くが, 往くべ, 往って, 御幸町錦小路まで, 徳義上御, 急を, 恭しく手, 悪者へ, 慌てたよう, 懐に, 懐中に, 手を, 手早く懐, 打つ真似, 打着け, 投げた, 投げたの, 投げつけたところ, 投げつけようと, 投げつけるうち手心, 投げはじめる者, 投げる, 投げ上げた, 投げ付けると, 投げ込んで, 抛りつけた, 抱くの, 持ちかえり組み立てること, 持ち帰ったの, 持つと, 持て, 指紋に, 按摩の, 捧げながら, 捨てに, 掌に, 掛け腋の下, 握った血だらけ, 揮り廻し, 改札口の, 新橋近くの, 日本橋へ, 明智の, 晩方まで, 有楽街へ, 本流へ, 机竜之, 村へ, 来させるという, 来たいくら, 来たかの, 来たかわいそう, 来たさざれ石, 来たはず, 来たらしいぜ, 来たらしい水だらけ, 来たらしい襤褸, 来たり, 来たわけ, 来たラムプ, 来た動物, 来た女, 来た娘, 来た怪賊闇太郎, 来た掌, 来た時計, 来た枝, 来た栗, 来た物, 来た瓜, 来た砲弾, 来た緑, 来た美しい, 来た謂わば, 来た貴重, 来た黒吉, 来ましたが, 来ましたよ, 来ました庭, 来られたところ, 来られると, 来られるもの, 来るが, 来るなら繩, 来るやう, 来る木履, 来れば, 杯洗の, 東京駅に, 松並木を, 梢へ, 楽しかった, 楽屋口に, 横抱きに, 此処へ, 武蔵は, 歩いても, 歩きました, 歩くと, 歩道の, 母に, 氏の, 水中に, 汚れた池, 江東の, 泥を, 洋次郎に, 海岸に, 海面で, 渡した, 渡しながら, 滅多撲り, 滅茶苦茶に, 漫画の, 火を, 無意識に, 無理にも, 狂人が, 獄舎の, 生命は, 田村の, 畦を, 番所に, 登れるだけ, 白いご飯, 白斑と, 皺を, 盛綱が, 目ざした水金, 相手の, 眼つぶしを, 石蹴, 神田駅の, 私の, 穴を, 空に, 窮境を, 立上った, 立際に, 笑いながら, 籠の, 精一杯の, 納め再び, 紹介し, 綴って, 練りに, 置けば, 翌朝はい, 育てたの, 育てられた恩, 育て年頃, 腕まもりでも, 膝の, 自宅に, 自斎, 舞い出した, 茶の間へ, 落して, 落とした少年, 蔦王に, 蛇の, 行かれた位, 行きたくなる, 行きゃアがれ, 行くならまだ, 行く場合, 行く年, 行けい, 行こうと, 行ったの, 行ったん, 表へ, 袋へ, 見たの, 見たり, 見ますと, 見れば, 覘いを, 詩子の, 読みだしたが, 読むと, 読んだの, 谷間に, 貰いたいと, 貰いたくも, 貰ひ, 赤児に, 起き上りました, 足腰あ, 跟い, 軽業小屋の, 載せて, 返しません, 返す, 追って, 逃げた, 逃げました, 逃げましたが, 這入る跡, 通報した, 進ぜましょう南無, 進もうと, 遊びましょうね, 遊んで, 遠いところ, 部落へ, 重要な, 釣りの, 銀座の, 開けて, 関屋から, 隣りの, 雑嚢に, 電信柱の, 頭に, 飛び乗るや, 食い熊, 食った事, 食べたこと, 食べつつ, 食べてるくらい, 食わねば, 飼って, 馬遵に, 駈けて, 髪の, 鳴いて, 鴉を, 麓へ

▼ 拾っては~ (34, 2.4%)

2 投げ拾っては

1 [32件] いかだを, いけねえぜ, いたの, こちらへ, すでに隅, ならない無断, また吸っ, また持ち直した, みたが, 今さらの, 再び塔, 割って, 十間間口大, 口の, 噛むの, 屈みして, 復た, 投げつけました, 投げはじめました, 投げる米友, 擲げし, 氷の, 河の, 白い壺, 砂浜の, 箱の, 籠か, 肝心の, 背中に, 袂に, 首を, 鬼門をよけ

▼ 拾ったり~ (21, 1.5%)

4 して

1 [17件] しに, しました, 三年前の, 乾いた枯草, 何か, 捨てたり, 文章に, 松葉を, 標的の, 流しから, 浦へ, 海草を, 石を, 穴を, 繭を, 落葉など, 雑草を

▼ 拾っても~ (11, 0.8%)

2 拾っても 1 ちぬしを, われらが, 一度読んだ, 宜いか, 後から, 悪い落し, 拾いきれないほど, 知らぬ振り, 貞観十一年

▼ 拾ったって~ (3, 0.2%)

1 僕の, 其の斬った, 君に

▼ 拾っちゃ~ (3, 0.2%)

1 いかん, いけないよ, なら無えと

▼ 拾ってから~ (2, 0.1%)

1 彭の, 自分より

▼1*

拾ったりなどして, 拾ってからは大変賑やかな, 拾ってすらここに, 拾ってな大した仕事, 拾ってねあてつけだって, 拾ってのんだ