青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「書斎~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

書いた~ ~書かれ 書かれ~ ~書かれた 書かれた~ ~書き 書き~ ~書く 書く~ ~書斎
書斎~
~書物 書物~ 書生~ 書籍~ 書類~ 曹操~ 曾~ ~最も 最も~ ~最中

「書斎~」 2534, 27ppm, 4268位

▼ 書斎~ (631, 24.9%)

23 机の 19 方へ 18 中に 17 中で 10 壁に, 窓の 8 中を, 入口に, 金庫の 7 前の, 扉を 6 戸を, 机に, 椅子に, 窓から 5 中には 4 ドアが, ドアの, ドアを, 中から, 入口まで, 壁には, 方を, 窓を, 襖を

3 [18件] なかに, デスクの, 一隅に, 中の, 中へ, 入口へ, 前を, 外に, 戸棚の, 掃除を, 方に, 棚の, 次の, 真中に, 窓に, 虫の, 鍵を, 長椅子に

2 [45件] うちに, なかで, ぬれ縁, ように, テーブルの, ドアは, 中では, 中は, 中へは, 人だ, 出来栄に, 前に, 前まで, 午後, 名まで, 唐紙を, 塵を, 外へ, 大机, 天井から, 庭に, 戸が, 戸口に, 戸棚から, 扉が, 扉の, 扉は, 整理を, 方から, 方で, 本箱の, 梁に, 次の間に, 灯の, 片隅の, 生活を, 窓が, 窓際に, 花を, 花瓶に, 開き戸を, 隅に, 隅には, 障子の, 障子を

1 [287件] あげぶた, あつちこち, あとには, ある家, ある裏手, いろいろな, うちで, うちの, お名, お掃除, かくし戸, ことなどを, じゅうたんの, すみの, ちやうど, ないこと, なかは, なかへ, ひろい椅子, ふすま, ほうへ, ほかには, まんなかの, まん中で, まん中に, ものであっ, やうです, ゆかが, ような, アカリの, アルバムで, イスの, カーテンの, カーペットが, ガラス戸の, ガラス窓に, ガラス窓を, ゴタクサ書籍を, スタンドを, ソファに, ソファの, テーブルには, デスクに, ドアに, ドアや, ノートに, ファウストを, ベランダでは, ベランダに, ラジオが, ランプである, ロッキング, ヴェランダに, 一方に, 一部は, 一隅で, 一隅を, 丁度直ぐ, 下に, 下は, 中が, 中だけ, 中央に, 丸窓の, 丸窓も, 丸窓外に, 主が, 主は, 主人は, 二階からも, 二階で, 人に, 人間でございましょう, 人間に, 仏像の, 仏像群の, 仕事ほど, 伊太利窓から, 侘しさ, 側だけには, 先生お, 光景離れの, 光線は, 入口には, 八畳に, 六樹園の, 六畳は, 兼好は, 内に, 内には, 内の, 写真が, 写真を, 出入には, 前には, 北の, 午過ぎ, 卓上に, 卓子の, 印象を, 取片, 名前である, 君の, 器具だけに, 四方のかべは, 場だけを, 場で, 壁の, 壁は, 壁へ, 壁飾りに, 声な, 外の, 外側窓が, 大きな机, 大きな椅子, 大きな肘掛椅子, 大きな長, 天井は, 天井裏に, 天井裏の, 天地狭から, 奥の, 奥よりは, 好み借家, 姿は, 学者の, 安楽椅子に, 家具と, 寒い日, 寝台に, 屋根では, 屑籠から, 山を, 床に, 床の間にかけて, 床の間には, 床を, 床上に, 床間に, 庭前に, 廊下を, 延長の, 必要が, 恋愛心理に, 恥ずかしさ, 戸の, 戸をば, 戸口まで, 戸棚に, 扉まで, 抜き書きも, 掃除まで, 整理は, 整頓する, 敷居の, 敷物を, 方だろう, 方は, 方へは, 方顧みつ, 暖炉に, 書机の, 書架に, 書棚の, 書棚裏に, 本は, 本棚には, 本棚を, 本箱机の, 机でも, 机には, 机上に, 条件を, 板の間との, 板縁は, 枕時計は, 柱には, 梯子を, 椽側へ, 椽前には, 横手に, 次なる, 次の間から, 次の間は, 母親は, 沈静した, 灯は, 無い家, 煖炉に, 父さんの, 物の, 物音に, 理想家です, 生活が, 生活に, 異様な, 畳に, 目隠しの, 真ン中で, 真中へ, 研究は, 研究ばかり, 破襖, 硝子戸から, 硝子戸越しに, 硯箱の, 私の, 秘密は, 空想で, 空想として, 空気が, 空気に, 窓ご, 窓などについて, 窓には, 窓は, 窓へ, 窓や, 窓下からも, 窓明りを, 窓際の, 窗を, 竹筒の, 竹籔で, 籐椅子に, 紙屑を, 縁に, 縁の, 縁へ, 縁側に, 縁側にて, 縁側の, 縁側へ, 縁先きが匂いや, 縁先に, 置き場所を, 置き炬燵, 群青の, 習慣であった, 自分の, 花瓶の, 茶煙や, 薄寒さ, 虫だった, 虫であった, 装飾が, 裏窓に, 裏窓は, 裡か, 裡で, 裡に, 襖の, 西側に, 西北の, 観測などは, 話と, 話より, 跡と, 跡に, 軒の, 辺だ, 近くに, 鍵は, 長椅子の, 隅なる, 隅の, 障子は, 隣で, 隣室に, 隣室へ, 隣室も, 離室へ, 電灯の, 電灯よ, 電燈は, 電話が, 青木君の, 青燈影, 靜の, 面影は, 額や, 風姿に, 飾り物に, 高い, 鴎外で, 鴨居の

▼ 書斎~ (593, 23.4%)

20 入って 13 坐って 8 上って, 閉じ籠って 7 して, 這入って 6 入った 5 寝て 4 いて, とじ籠って, はいった, 現われた, 籠って

3 [20件] いると, いる時, こもって, とおして, なって, ぼんやりし, 使って, 入る, 入ると, 入るなり, 定めて, 帰って, 来て, 案内する, 立て籠って, 行った, 這入った, 通された, 通ると, 閉じこもって

2 [32件] あった机, いた, つれて, ゐた, ゐて, 並んで, 先生と, 入つた, 入つて, 入つて往, 入れさして, 参りますと, 変えようと, 姿を, 寝転んで, 居た, 引き籠って, 引き籠つて, 案内された, 案内し, 比べると, 独りいる, 祭壇を, 籠ること, 納まって, 置いて, 腰かけて, 行って, 退いて, 通した, 通して, 集って

1 [375件] あがりこんで, あったよう, あった貴金属品, あふれて, ありき, ある, あるだけ, あると, あるやつ, ある書類, ある書類棚, ある本, ある柱時計, ある西洋本箱, あんないし, いいなあ, いつて, いても, いのこり新聞記者, います, いらしって, いらっしゃいます, いらっしゃいますよ, いらつしてよ, いるでしょう, いるの, いる健三, いる私, いろんな人, うづく, おいでです, おく, おくこと, おられる, おれば, お使い, お籠り, お通しし, かけこみました, かけこむと, かけて, かけ上った, かざる, がんばること, きめて, こもったきり顔, こもつたきり顔, ございましたか, ございましたん, したこと, したもの, してからが, しのびこみお, じっとし, じっと坐っ, するため, その秘密金庫, その頃, ただ一人片づけた, たれこめて, つめきって, とおされました, とじこめること, とじこもったきり, とじこもったきり夜明け, とじこもられたの, とじこもり世事, とじ籠るよう, とじ籠る訳, どんな書物, なつて, なる, ねそべって, のこって, のんびりと, はいったとき, はいった泰二君, はいりながら, はいりました, はいりまず, はいりスイッチ, はいり電灯, ぽつんと座っ, まいつたの, まねかれた, もどったの, もどって, やってくるそして, やって来る折, ゐるの, キリストの, ワグナーと, 一つ練習室に, 一人で, 一方を, 一枚の, 一歩踏み入れ, 上った, 上ったり, 並べて, 二つの, 二三の, 人の, 人を, 仕事が, 伊達が, 位置を, 住んで, 何人か, 作って, 侍んべつ, 侵入し, 働くと, 充てたの, 充てられた別室, 入ったが, 入ったきり食事, 入ったの, 入った彼女, 入った時二人, 入った時千世子, 入った私, 入つ, 入つたきり, 入つて万朝, 入つて端然, 入りつ, 入りて, 入りぬ, 入りみんな, 入り私, 入り読む書物, 入り込んで, 入るか, 入ること, 入れた, 入れて, 入れられた, 内田守君の, 凝と, 出て, 出入りせし, 到れり, 助手の, 匍ふ, 去った, 参りますまで, 取寄せて, 受賞式の, 古賀春江の, 向う, 向けられた, 吸い付いて, 呼ばれてねん, 呼ばれました, 呼びいれて, 呼びて, 呼びまして, 呼び入れます, 呼んで, 和服を, 品あり, 噛りつい, 在すが, 在った卓子掛け, 在り, 在りしこと, 坐して, 坐ったの, 坐つて, 坐つて読書, 坐る, 坐ると, 夥しい楽譜, 大きな机, 大山吾童と, 夫妻は, 孤坐し, 定めたあの, 客が, 客の, 密談せし, 寒い顔, 寝そべつて, 寝た方, 寝床を, 寝転んだり, 射した, 導かない方, 小さな手, 居たか, 居つけて, 居る時, 居残りました, 届けた, 己を, 帰った, 帰った怪物, 帰ってから, 帰つて往つた, 帰りて, 帰りました, 床は, 座って, 座り込んで, 引き上げた, 引き入れるの, 引き取ると, 引き籠り人目, 引き籠ること, 引き返した甲野さん, 引こもって, 引っこん, 引取った, 引籠って, 引籠り, 引込み炭問題, 引返しつ, 当てて, 彼は, 忍びよって, 忍び込み仏像, 忍び込むべく寝室, 忍び込んで, 忍んで, 戻ったが, 戻ったなり, 戻ったの, 戻って, 戻つたが, 打倒れ, 押寄せて, 招じた, 持ちこまれて, 持ち行きて, 持って, 掛かって, 掛けたる半身, 掛けて, 掛けようかと, 掛けようと, 掲ける, 於ける談笑, 於ける遊戯, 於ても, 明智の, 暮して, 朝食の, 来りける折書棚, 来りて, 林檎の, 案内した, 残して, 残って, 比べて, 永い間壁飾り, 泊まるの, 活けること, 浜田と, 灯が, 灯火を, 炉辺に, 炬燵を, 物を, 犯罪の, 独りぽつねんと, 独り坐っ, 独逸暖炉を, 現わし, 現われるなどと, 現われるよう, 現われる英文学, 瓦斯煖炉の, 用意し, 病床を, 監禁の, 相不変, 相違ない, 眉を, 私は, 移されて, 移したくらい, 移る, 立て籠ってる主人, 立籠り, 立籠る, 籠つてゐた, 籠つて一巻から, 籠つて日を, 籠も, 籠もり, 籠りがち, 籠ると, 籠ろうと, 籠城する, 続いたが, 続いた一間, 続いた小さな, 置いた, 置いたもの, 置かれましたが, 腰を, 若干の, 落ち着かせようとは, 落付いた, 落合いましょう, 落着い, 蔵書の, 行き机, 行くと, 行こうと, 行ったらいい, 訪うた, 訪うて, 読めぬ原書, 贈らうから, 起った怪奇, 起臥し, 足を, 返って, 追ひ込ん, 退いても, 退かしめた, 退かしめ五百, 逃げこむか, 逃げ込んで, 這入ったぎりほとんど, 這入ったなり, 這入ったまま, 這入つた, 這入りたくて, 這入ると, 通されたの, 通されて, 通される, 通され君ら, 通じて, 通すなり, 通すやう, 通ずる扉, 通り何, 連れて, 運ばせて, 運んだ, 過ぎないの, 達しもと, 遠くの, 遺して, 還されましたが, 還りぬ, 鎮座し, 閉じこもり時々, 閉じこもり次, 閉じ籠, 閉じ籠ってる十一谷君, 閉ぢ籠つて一日考へ, 閉ぢ籠もる, 閉ぢ込め, 閉籠って, 関帝を, 関帝菅公加藤肥州の, 陳べたる, 集まって, 集ること, 電燈が, 音ずれ, 響いて, 頑張つて, 飛びこんで, 飛び込み追いすがる卓二, 飛び込んだ, 飯島の, 飾って, 魔除の, 黙坐し

▼ 書斎~ (322, 12.7%)

21 入って 16 はいって 13 行って 11 来て 9 入った 8 帰って 7 這入って 5 はいると, 上って, 戻って, 持って 4 這入った 3 入ると, 導いた, 帰った, 引き返した, 行つた, 這入つて

2 [14件] いって, ひきかえしました, ひきとると, 入つて, 帰つた, 引き取った, 引っ込んで, 来た, 案内した, 行くと, 行こうと, 這入つた, 這入る, 通した

1 [167件] あがって, お茶を, かけあがった, かけ込んで, こもって, こもり毎日, しのびいり宝物, しのびこんだ乞食少年, しりぞいた, すぐに, ずかずかと, つれて, とじ籠るの, なだれ込んだ, はいったおぼえは, はいらなかった, はいられて, はいり, はいりこの, はいりました, はいり横, はいるまえ中村警部, ひと足ずつ, みちびいて, みちびかれました, もどって, もどると, やってきて, やって来るなどという, ゆこうと, よく聞え, よく集った, ココを, 上ったの, 上つ, 上りは, 上ろうかと, 二人の, 今しも, 入ったの, 入った名越, 入った時, 入ってから, 入つたこと, 入つて何, 入り内側, 入るの, 出かけて, 出て, 出入した, 印を, 去り宏子, 参りました, 友人が, 叔父様を, 向いながら, 呼ばれて, 呼んだよ, 坐って, 大急ぎで, 子供の, 寝かして, 寝ること, 帰ったろう, 帰つてゆきなり, 帰つて手紙を, 帰つて椅子に, 帰つて行つた, 帰ると, 引きかえして, 引き上げた主人, 引き取った後, 引き取って, 引き取つて, 引き揚げた, 引き揚げた主人, 引き籠る, 引つ込んだ, 引揚げ, 引籠って, 引込んだ, 引返すと, 彼女が, 忍びこみ, 忍びこんだ, 忍びこんで, 忍び込んで, 戻った, 戻ったよう, 戻つた, 戻つたやう, 戻り礼子さん, 戻るの, 投げ込む, 押し入るつもり, 押寄せて, 招じ入れた, 掛けて, 放り出して, 放り込んだ古, 時々顔, 暇乞いに, 本を, 来た最初, 案内しました, 歩み寄った, 歩み寄つた, 泥棒が, 煙の, 現れた志, 私たちを, 立てこもりました, 立て籠って, 立て籠る, 籠りまして, 置いたら白痴, 老女を, 腰を, 茶を, 行かないで, 行きましょう, 行き可哀相, 行き机, 行くの, 行った, 行ったが, 西洋机を, 詞を, 詰かけ, 走った, 迎え入れられた, 追っぱらう始末, 退いた, 退くの, 逃げこもうと, 逃げて, 這入ったが, 這入ったと, 這入らずに, 這入らなかった, 這入るつもり, 這入ろうとして, 通う路, 通させて, 通されかうして, 通された, 通してたよ, 通すと, 通すの, 通った, 通ったが, 通ったので, 通る程, 通ろう, 連れて, 連れられて, 連れ込んだ, 遊びに, 運ばれて, 集った虎, 静かに, 飛んで, 馳け, 駆けつけた, 駆け込んで, 駈けつけた, 鮑貝へ

▼ 書斎~ (189, 7.5%)

3 考えて, 静かに

2 [14件] お話を, ペンを, 何か, 何事か, 凝と, 手紙を, 昨夕の, 暮して, 書きもの, 本を, 机に, 私の, 私は, 聞いて

1 [155件] あつた, いつも芥川, いつも通り, いろいろ有益, お延, お待ちし, お浦, お目にかかります, お通夜を, お酒, きいたピストル, このランプ, この絵, こんな本, さ, しゃべって, すごした青春多感, するすると, せっせと紙, そのほか, それらを, それを, たつた独り, つい最近, つくづく考え, どんなこと, なにを, ならば, ひとりお山の, ひとり呟き, まだ勉強, やること, やる瀬, わびしい気持, インクの, エマアソンの, ピストル自殺を, 一人こんな, 一人水洟を, 下読みを, 中斎と, 主人が, 主人と, 之を, 仏蘭西製の, 仕事を, 使って, 例の, 候も, 倭文子さんと, 僕の, 僕は, 兄と共に, 先生と, 先生の, 全体私の, 六週間後には, 冬の, 初めて顔, 勉強する, 十一谷君は, 十二時頃まで, 南さんと, 博士と, 博物標本の, 可愛がられて, 名探偵明智小五郎, 喋った時, 士族屋敷の, 夜を, 女としての, 専念に, 小まめ, 小林君が, 平静な, 広さ, 庭で, 彼の, 彼女を, 彼自身その, 待って, 我々が, 手紙の, 打解けて, 描いたイメージ, 文献を, 新聞を, 日本から, 日本の, 明智小五郎と, 昼寝も, 暫く何, 暮らす時間, 書いて, 書かれたの, 書きかけた自伝, 書き物や, 書信の, 書物に, 本など, 東京都の, 歴史の, 殺された小川正一, 母は, 沈思し, 浴衣を, 海軍省方面の, 消えて, 消滅する, 涙に, 深夜よく, 温かそう, 火薬の, 火鉢に, 火鉢を, 煙草を, 牛込神楽坂署から, 物を, 独りで, 独りぽつねんと, 独語し, 用事を, 画を, 相談を, 神話の, 種々話し, 突然仆, 窓外の, 筆を, 精神の, 美しい絵, 考える, 苦しい労働, 落付けぬ, 蚊帳の, 見たと, 親戚の, 観る芝居, 試験の, 話し込みさて, 話を, 読んで, 読書の, 逢うかと, 逢ったとき, 逢ふかと, 鏡などを, 長い間調べ物, 雑誌を, 雑談し, 雨を, 面会し, 頭脳労働を, 黙つて物, 黙想と

▼ 書斎~ (164, 6.5%)

7 出て 3 出た, 新築し, 見せて 2 のぞいて, 叩きます, 見た, 見て, 訪ずれる

1 [138件] あけて, いっぱいに, うしろに, お片付け, かきまわして, こうしたごちゃごちゃ, しらべたり, でて, ながめても, のぞいた人, のぞいても, のぞき込むと, はじめこの, ば真白き, またし, もって, ドライコンストラクション式で, 一応拝見, 一渡り眺め, 一目見, 一覧させる, 久米正雄工房と, 二階の, 作つたから, 作るサ, 借りて, 借りてるとき, 借りるで, 兼ねた八畳, 出たこと, 出た山陽, 出づる, 出でて, 出でぬ, 出ると, 出るとき, 出るの, 出る時, 出れば, 出家, 別に作る, 去って, 去り赤煉瓦, 取巻くに, 叩いて, 外国の, 大きなストーブ, 好む人, 寝室に, 少し模様変, 建てた, 建てて, 建て増した, 引払って, 徘徊し, 徹して, 恐れなかった, 想つて変な, 想像した, 慕ふお, 所有せる, 抜けて, 抜けると, 拝見しよう, 拵え上げた, 持たないファウスト, 持ちたいと, 持ちたいの, 持って, 持つて, 捜して, 掃きながら, 掃除し, 掃除に, 撮影す, 撰んだもの, 教室に, 明るくした, 暖めるに, 更にうす暗い, 本拠と, 検べ, 検べたのです, 歩いて, 母の, 注意し, 浸して, 煙だらけに, 片づけ始めた, 片附け, 特に設けた, 甲野さんが, 白石山房と, 眺め廻した, 移して, 空っぽに, 空に, 立ち迎えに, 第一防毒室, 管理し, 繞る, 荒しそして, 街頭へ, 西向きに, 見つける必要, 見ましたが, 見まわして, 見るたび, 見るの, 見下して, 見舞わず掃除, 覗いた, 覗いて, 訪ねた時, 訪れしも, 訪れた, 訪れて, 訪れると, 訪問したら, 設けること, 語って, 調べて, 調べ終ると, 貸して, 転々と, 辞した, 辞して, 通った, 通らなければ, 造つた, 開けると, 離れない, 飛び出した, 飾ったの, 飾るべき色彩, 飾るもの, 飾る短冊, 飾れば

▼ 書斎~ (85, 3.4%)

1 [85件] いかにも温か, いつもの, いつもシーン, お茶室の, きわめて簡素, この庭, この茶の間, その家, その条件, その点, その鰐, とりも, どこでも, なつかしいもの, はなれの, ほかに, また家, わずか二回, イツモお客で, ドバル, 三畳ほどの, 三間に, 主人よりは, 主屋と, 予が, 二千円の, 二方硝子戸に, 二間だけより, 二階であった, 二階の, 今まで, 今ランプ, 何処やら, 使いませんが, 依然として旧態, 倉と, 光線が, 全で, 八畳だ, 八畳の, 六畳で, 冬の, 冬は, 凍れども, 別に一間, 北向で, 北向の, 南と, 南向きの, 四月ごろまで, 四畳半であった, 土蔵の, 坂田が, 夕飯時で, 大鯨, 小さな室, 左も, 広いが, 広い建物, 座敷を, 当分村, 整理し, 日本物の, 時には, 木造洋館の, 机の, 板の間である, 案外狭い, 森閑と, 此処へ, 深く陽, 火鉢が, 無頓着に, 私の, 窓は, 耄け, 茶の間から, 茶の間の, 薄暗く二人, 裏二階に, 西向きに, 郁子の, 開放し, 雄大だ, 離れに

▼ 書斎から~ (80, 3.2%)

11 出て 4 持って 2 でて, 巨き, 眺めて, 退ぞけ, 飛び出して

1 [55件] あんなこと, かえってまた, これを, つき纏って, のがれ出て, のこのこ出, もしくは蒸し暑い, ピストルを, フト明るい, ヘルンの, 一室越し袋の, 三四十枚持っ, 人の, 伴れ出す, 何か, 兵庫の, 出た二人, 出ませんでした, 出るが, 印形を, 呼ぶと, 呼んで, 咳声が, 夏なら, 姿を, 寝室に, 寝室へ, 小林少年が, 差すほのか, 廊下伝いに, 意気揚々と, 挨拶を, 携えて, 教室から, 李白の, 歩を, 死骸を, 硝子戸越しに, 立去ったの, 立去つたの, 街頭へは, 見ると, 言へば, 起る音, 逃げだして, 逃げ出した, 逃げ出して, 遙に, 遠く離れ, 陣場夫人を, 響きわたった, 飛び出し友, 飛び降りて, 黄金豹が, 黄金豹を

▼ 書斎には~ (78, 3.1%)

13 いって 4 いると 2 いつて, 主人の, 石刷を, 雨まじり

1 [53件] いつでも, いつも三人, いま新, いる, いろんな書物, かういつた峻烈, ぎっしり本, ぎつしりと書棚に, ぎつしり本が, その方面, たいせつな, だれも, とてもそぐわない, にわかに明るい, ふしぎな, まだ拡げられない, やはり静物, オルゴールが, ドクロ, プーシュキンと, レオナルド・ダ・ヴィンチの, ローマで, 一冊の, 三位の, 今マールブルク, 伝記を, 余り都合, 先客が, 和洋の, 和漢洋の, 土に, 如何なる趣味, 少々ばかり, 常にこの, 必ずある, 斯る, 明智探偵が, 机が, 机の, 梅の, 死んだ父, 沙翁を, 洋机と, 淡谷さんと, 淡谷さんを, 火の気が, 父子ただ二人再び, 石斧ハニワ石鏃首飾りなど, 私の, 自著が, 蔵書が, 間もなく署名入り, 隅の

▼ 書斎~ (57, 2.2%)

4 座敷の 2 した, 客間とに, 客間の, 居間の

1 [45件] いうからには, いうより, おぼしき一室, この病室, した部屋, して, し一室, する観潮楼, そして物理, その上, なりまた, みえて, サロンとの, 一軒の, 僕が, 勝手の, 十畝の, 原稿用紙, 友達の, 反対の, 古い一棟, 号する一室, 学校で, 学校の, 客室とに, 客室とを, 客間は, 寝室とに, 寝室に, 寝室は, 寝室を, 居間と, 月, 次の間とを, 狭い納戸, 相面する, 研究室と, 自分の, 茶の間兼食堂に, 覚しき座敷, 言うよりは, 言われてるルーヴル, 講堂に, 違って, 鍵の

▼ 書斎~ (42, 1.7%)

2 ある, ない, 四畳半女中部屋が, 必要である

1 [34件] あった, あって, あるはず, こうした岸本, そこに, できた, どうかしました, どうして今度, どうのこうのという, ないこと, ないで, またその, まっくら, 一つある, 二ヶ年ほったらかし, 二ヶ年間掃除を, 何んな, 六畳間茶の間が, 兼客間でした, 又愛書家, 彼の, 往来に, 愈々古く, 暗くなった, 書物で, 欲しいといった, 欲しいなどという, 無い家, 玄関や, 私達の, 窓から, 見たい, 見たいとは, 雲煙万里の

▼ 書斎~ (14, 0.6%)

2 あれば, 二階である 1 この二階, ないし, ない家, 一です, 化粧室も, 客間も, 心持を, 悪くない, 本箱も, 母屋も

▼ 書斎~ (11, 0.4%)

1 [11件] が, がそ, が五月, が足立源五, という事, といふ, とかとしかし, とか暖, な, のが, のの

▼ 書斎でも~ (10, 0.4%)

2 事は, 変りなく 1 あり寝室, つくるが, 何でも, 同じ殺人事件, 欲しいと, 飾って

▼ 書斎へと~ (10, 0.4%)

2 案内した 1 たどって, 上って, 引返す, 抜けるであろうか, 案内しました, 私を, 走せぬ, 這入つて行

▼ 書斎へは~ (10, 0.4%)

2 ひつた, 通りたくない 1 あれや, いつて, はいって, 入って, 置かないの, 誰も

▼ 書斎~ (10, 0.4%)

3 客間に 2 客間の 1 事務室でなく, 台所の, 樹木の, 沈丁花, 食堂の

▼ 書斎での~ (7, 0.3%)

1 呟きが, 奇怪な, 御生活, 活動は, 真面目くさった彼等, 知識の, 話は

▼ 書斎との~ (7, 0.3%)

1 二室きりだった, 堺には, 境の, 間に, 間にあった, 間の, 間を

▼ 書斎にばかり~ (7, 0.3%)

1 いらしつて, 引っ込んで, 引込んで, 籠って, 閉じ籠, 閉じ籠って, 閉ぢ籠も

▼ 書斎らしい~ (7, 0.3%)

1 一堂が, 室が, 室さえも, 室の, 書斎が, 書斎も, 部屋に

▼ 書斎まで~ (6, 0.2%)

1 かけつけると, ござれ, はいって, 参らなければ, 取りに, 聞こえて

▼ 書斎~ (6, 0.2%)

1 といわれる, と云っ, には寝, の一徹, の青木, を説得

▼ 書斎です~ (5, 0.2%)

1 って, ね, わ, ネ, 茲に

▼ 書斎では~ (5, 0.2%)

1 あるが, ことりと, 内田が, 書だ, 私の

▼ 書斎とは~ (5, 0.2%)

1 僅かに, 別にもう一つ, 張出に, 背中合せに, 言って

▼ 書斎からの~ (4, 0.2%)

2 展望を 1 そり, 視線を

▼ 書斎として~ (4, 0.2%)

1 ここに, 使つてゐる, 四時の, 食事の

▼ 書斎とも~ (4, 0.2%)

1 名附け, 寝部屋, 応接室とも, 応接間とも

▼ 書斎における~ (4, 0.2%)

1 そういう絵, 写真を, 彼の, 思索に

▼ 書斎より~ (4, 0.2%)

1 ほかは, 心持が, 来らざるにぞ, 街頭に

▼ 書斎~ (4, 0.2%)

1 に於ける, のみの夢想家, の人, の智的努力

▼ 書斎からは~ (3, 0.1%)

1 ただ微か, にぎやかな, 敵の

▼ 書斎であった~ (3, 0.1%)

1 が庭, 二階の, 十六畳の

▼ 書斎である~ (3, 0.1%)

1 がここ, ことが, とは問う

▼ 書斎とか~ (3, 0.1%)

1 云うもの, 云ふも, 居間とか

▼ 書斎とを~ (3, 0.1%)

1 かねて, 罐詰に, 行ったり

▼ 書斎において~ (3, 0.1%)

1 四人連れの, 氏の, 父の

▼ 書斎にも~ (3, 0.1%)

1 そこはかとなく当時, 古い仏像, 応接室にも

▼ 書斎~ (3, 0.1%)

1 ラジオヲ, 新聞ヲ, 日記ヲツケテイタガ十一時過

▼ 書斎兼客間~ (3, 0.1%)

1 になっ, に通された, の八畳

▼ 書斎兼寝室~ (3, 0.1%)

1 であったの, で英国製, にはいる

▼ 書斎兼応接間~ (3, 0.1%)

1 にし, に通じ, の洋室

▼ 書斎~ (3, 0.1%)

1 であること, な芸術家, に実践

▼ 書斎~ (2, 0.1%)

1 応接室かに, 或ひ

▼ 書斎かと~ (2, 0.1%)

1 思って, 驚くほど

▼ 書斎だけ~ (2, 0.1%)

1 です, なら三畳

▼ 書斎だけが~ (2, 0.1%)

1 根太や, 残つてゐる

▼ 書斎だった~ (2, 0.1%)

1 のです, 室だ

▼ 書斎であり~ (2, 0.1%)

1 また変装室, 秘書の

▼ 書斎でじ~ (2, 0.1%)

2 つと無心

▼ 書斎なり~ (2, 0.1%)

1 けれ, 座敷なりに

▼ 書斎にて~ (2, 0.1%)

1 猟用二連発銃の, 記す

▼ 書斎にまで~ (2, 0.1%)

1 憩いの, 響いた

▼ 書斎へでも~ (2, 0.1%)

1 おいで, 行って

▼ 書斎へも~ (2, 0.1%)

1 はいって, 二三度顔を

▼ 書斎まあどんなに~ (2, 0.1%)

1 立派で, 立派でしょう

▼ 書斎よりも~ (2, 0.1%)

1 カッフェーを, 一層懐かしかっ

▼ 書斎~ (2, 0.1%)

1 戻シテオイタ, 戻ル

▼ 書斎兼居間~ (2, 0.1%)

1 と寝室, の方

▼ 書斎午過ぎ~ (2, 0.1%)

2 はただ

▼ 書斎生活~ (2, 0.1%)

1 の記念, はその

▼1* [77件]

書斎いろんないろんな絵が, 書斎かの女の, 書斎からも遠い, 書斎へ田舎, 書斎さえあれば, 書斎じゅうにせいいっぱい, 書斎たりし隠居家, 書斎だらうが何, 書斎でございますか, 書斎でしたが, 書斎というものを, 書斎とがあり丁度, 書斎としての注文も, 書斎とで占められて, 書斎とでもいうよう, 書斎のだ, 書斎など他人には, 書斎などでは多くの, 書斎などということを, 書斎なども実に整然と片付い, 書斎などを持って, 書斎なる小机, 書斎なんかにゐられるもん, 書斎にだけこびりついて, 書斎につれ来りて, 書斎にとぢこもつ, 書斎にのみ閉じ籠って, 書斎に対して住みいた芸妓置屋, 書斎へははいつて, 書斎をも整理し, 書斎カラ寝室ニ戻ッテ, 書斎サロンにかざっ, 書斎ズラがあっ, 書斎ニイルカ寝室デ治療, 書斎ニ上リ取リアエズ今夜, 書斎ニ来血壓ヲ測, 書斎ニ籠ッテイル時ハタマラナイ倦怠ヲ覚エル一面, 書斎ノソファニ寝カサレル, 書斎ノデスクカラ螢光燈ランプヲ外シテ, 書斎這入ッタ予ハ, 書斎出来ルダケ婆サン, 書斎一つは寝室, 書斎一ぱいのはんらん, 書斎一杯に拡がる, 書斎が書庫, 書斎を叩き散らす, 書斎二つ各々十畳に四畳半位, 書斎二間と座敷二間, 書斎今未是翁不, 書斎仕事部屋寝室に使用, 書斎以外にいかなる, 書斎先づ大い, 書斎六畳の間, 書斎兼座敷とその, 書斎兼応接室の扉, 書斎兼用の客間, 書斎で待, 書斎南窓下の机, 書斎に篏め, 書斎学派をなす, 書斎実験室等の画, 書斎寝室いづれも, 書斎居間寝室は右, 書斎掛けの幅, 書斎次の間茶の間子供女中の五間, 書斎浴室台所など五つ, 書斎火鉢の置い, 書斎的俊敏が大いに, 書斎的錯乱なん, 書斎芸術である, 書斎敷きの, 書斎薬室寝間すべてを兼ねた, 書斎薬室得微寛, 書斎衆芳軒はまるで, 書斎だった, 書斎道具や骨董品, 書斎の部屋