青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「拵え~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

招待~ 拝~ 拝見~ ~拭い 拭い~ ~拳 拳~ ~拵 拵~ ~拵え
拵え~
拾~ ~拾っ 拾っ~ ~持 持~ 持たせ~ ~持たない 持たない~ ~持ち 持ち~

「拵え~」 1459, 14ppm, 7695位

▼ 拵え~ (964, 66.1%)

15 いた, 持って 12 おいて 10 いるの 9 ある 8 あった, いる, くれた 7 あるの 6 くれと, 下すった, 貰って 5 おきました, その中, それに, それを, 下さい, 待って, 来て, 置いて 4 いたの, います, くれたもの, みたり, みましょう, もらって, やると, 今の, 置いたの 3 いたが, いたもの, いて, いました, しまって, やるん, やろうと

2 [44件] あったの, あって, あります, ありますのよ, ある十二畳, いたので, いましたが, いると, おいた, おいたのよ, おいた薬, おくと, かけます, きた, くれ, くれました, くれますよ, くれると, その上, どうする, ならべて, みましたが, やって, やっても, やりました, やるから, やること, やるの, やれ, 人を, 大原さんに, 居る, 往って, 来たん, 私が, 私の, 置いたと, 行った, 見せて, 見せようという, 貰いたいと, 送って, 進げる, 隣を

1 [669件 抜粋] あげて, あげます, あげますよ, あげよう, あげようと, あげると, あげるわ, あったと, あったのに, あつた, あなたを, ありその, ありそれで, ありながら, ありますぜ, ありますの, ありませんよ, あるかと, あるかは, あるから, あるそう, あるそういう, あると, あるらしいが, あるん, ある位, ある茶, いただいた友禅, いただかなくっちゃ, いたら機械, いたん, いた仲間, いった, いないここいら, いなかった, いますが, いますよ, いるか, いるかも, いるから, いるじゃあ, いるその, いるです, いるとか, いるところ, いるよう, いる健三, いる台所, いる或, いる親爺, いる鍛冶屋, いる鳥, おあげ, おいたから, おいたん, おいた弁当, おいた第, おいた紙, おいても, おおきなさい, おおきなさいまし, おきたい, おきたいもの, おきましょう大原さん御免, おくこと, おくぜ, おくなど, おくよ, おくれ, おくれ私, おっ放し市長, おもらいよ, おられない, おりますから, おりますと, おるの, お出でです, お前を, お勝手から, お客に, お寿, お島, お遣んなさい, お食, かかったくらい, かけて, きたところ, きたばかり, きて, くだすった, くっだい姉さん, くれこれ, くれたお, くれたから, くれたし, くれたと, くれたという, くれたの, くれたらそれ, くれたり, くれた中庭, くれた古風, くれた天井, くれた手製, くれた石塔, くれた細い, くれた隣室, くれた食物, くれて, くれても, くれという, くれないか, くれは, くれますね, くれよ, くれる, くれるかね, くれるので, くれる人たち, くれる怪しげ, くれる食膳, くれろと, くんな, こい, こうしてそれ, ここへ, こちらから, この慶應義塾, この時二階, これを, ごらん, さも当然である, しまいハッ, しまうという, しまうの, しまったが, しまったの, しまったもの, しまふん, しまわれました, じっとし, ずるずる現状, そうして昼, そこから, そこへ, そしてそんな, そして持っ, その上絵, その余り, その厨子形, その商売, その器, その型, その夜, その表面, その頃, それなりズル, それには, ただ表面上, ちゃんと父兄, ちょうだい, ちょうど昔日本, つめて, できた粥, とにかく一人, またこの, みせるから, みたいからと, みたかった, みたに, みたまえ, みました, みましょうイナダ, みます, みると, みる気, もらいたいと, もらいましょう, もらうから, もらおうという, もらった, もらったの, もらった健三, もらった支度, もらった昼, やたころ, やった, やったあと, やったよう, やったり, やった代り, やってよ, やっと相手, やらないから, やらないのに, やらなけりゃならねえ, やらなければ, やらねば, やりたいと, やりたかったが, やり昼間, やる, やるからな, やるよと, やろ, やんだんべな, よこした木綿地, よこす, わざとらしく話, わたしを, ゐなかつた, ゐると, ゐれば, ウェイヴァリ・ノヴルス中の, ガラッ八, ケタケタ笑った, タラフク喰た, パンへ, ラサの, 一々付け, 一体どうする, 一刻あまりも, 一口金二朱ずつで, 一家団欒し, 一度も, 一昼夜ばかり, 一時を, 一遍そちらへ, 万に, 上げたいが, 上げて, 上げよう, 上げるとも, 下げさしたん, 下さいまし大事, 下すっても, 与えられたこと, 世間の, 丘陵地, 丹念に, 主人は, 之に, 了わ, 事情を, 二人おとり膳で, 人に, 人の, 仕事を, 付けて, 住んでるといった, 何だい, 何の, 余り遠く, 俎下駄を, 僕自身あの, 兄さんに, 入口には, 全くの, 全く縫う, 其塊を, 其粥を, 写真に, 冷して, 冷やして, 出したが, 出帆する, 出来ない事, 出立する, 別に湯, 別宴を, 刷り上げたの, 前を, 加えて, 友さんにも, 名札を, 君の, 吹いてたの, 呉れえと, 呉れた中庭, 呉れと, 呉れますから, 呉れるとか, 味が, 唯印し, 啌でも, 啜る昼飯, 垂れて, 埋めて, 塩と, 売ったこと, 売り出したの, 売る兵隊, 外から, 夜なかに, 大事の, 大阪に, 女に, 始めて, 娘の, 子爵家を, 客に, 家へ, 家出した, 容易に, 小さな型, 小僧に, 小日向へ, 尽く召捕り, 居たが, 居たと, 居て, 居ります, 居りますの, 居ると, 居るも, 居るん, 左右の, 差上げたい, 差上げたいもの, 差上げましょうか, 差上げるよう, 帰って, 幽霊を, 店に, 座敷へ, 弱い女, 当って, 彼らは, 待ってるん, 御用の, 御覧なさいまし, 御覧に, 応答を, 意匠やら, 懲, 戴いた時, 戴きたいもの, 戴きましょう, 戴き其の, 戴く心算, 払た, 折々私, 掛けるの, 掻くよう, 文明開化の, 昼飯でも, 時々送っ, 晩の, 書いたの, 書生は, 朝御膳を, 本物の, 村へ, 来いという, 来たところ, 来たの, 来たので, 来た銀, 来るん, 来る丙, 来る誰, 東の, 松魚節も, 楠の, 楽しき月日, 楽しんで, 此家へ, 歩きゃあがって, 殊更ら, 段々と, 毎日, 気絶し, 水腫病の, 江戸へ, 注して, 満足し, 火事だ, 無事に, 熱海の, 燗鍋の, 父の, 独りで, 狭い家, 理らしく売り付ける, 田舎の, 男が, 疑いを, 相手を, 看者, 着せましょうよ, 私に, 秋山は, 空しく日, 立派な, 竜之, 粥の, 納めたり, 紐で, 網を, 総て自分だけで, 締めて, 置いたお, 置いたその, 置いたり, 置いた縫模様, 置かないと, 置かんと, 置きたかつた, 置きます, 置く, 置くに, 置くのに, 置く必要, 翌日焼く, 肩まで, 肩を, 腫れ上った, 膏薬を, 膝頭に, 自分で, 自分の, 良民を, 茶などを, 荷造りを, 華やかに, 行きたいから, 行きました, 行きましてん, 行くなら先ず, 行くの, 行こうでは, 行ったって, 行ったもの, 裏へ, 見せたの, 見せない, 見せる, 見たり, 見ましょうと, 見ますと, 見世物を, 言わなくては, 註文だけ, 誠めかしく家老の, 諸国廻歴を, 豚を, 貰い明日, 貰う, 貰うさ, 貰うなんて, 貰うの, 貰った, 貰った事, 貰った単, 貰った握り飯, 貰わなくちゃ, 貸馬, 足は, 返しに, 送りましたので, 逃亡を, 進じ, 進ずるなおまた, 進ぜようと, 遊びにも, 遊ぶの, 遣って, 遣らなければ, 遣られると, 遣るが, 金三郎が, 長い音羽, 長与の, 長火鉢で, 関羽の, 隣家の, 雑炊の, 非常に, 頂きたい, 頂きたいと, 頂きました, 預けに, 預ける見込, 頬冠り, 飛ばして, 飛切りの, 食うなんて, 食ったので, 食って, 食べさすと, 食べさせた方, 食べさせなければ, 食べさせました, 食べるの, 飯を, 飲みそれからまた, 飲んだらよかろ, 鳥に, 鶯を, 麦焦しを

▼ 拵え~ (38, 2.6%)

3 大小を 2 刀や, 直しを

1 [31件] ある刀, ただ頑丈, ついたもの, できるころ, まま手文庫に, 中から, 刀が, 器などでは, 大小一腰が, 大小寒い, 大小胸高に, 大高源吾と, 太短い矢, 小長い, 成るまでには, 手伝いを, 支度を, 文官武官に, 武士が, 父が, 男が, 稽古です, 紳士が, 者ばかり, 胴金に, 脇差は, 自慢では, 舞台へ, 身装で, 銅金の, 黒塀に

▼ 拵えたり~ (31, 2.1%)

4 して 2 するの

1 [25件] あるいは染めた, あるいは自分, した, しました, しやしないん, すること, するそういう, するは, ほどき物を, ドッと, ポンチ酒を, ラケットを, 何か, 何時でも, 凭れの, 工場付属の, 我々人間の, 持物を, 時には蕎麦, 書物を, 栗を, 江戸へ, 通りの, 金で, 金の

▼ 拵え~ (30, 2.1%)

8 して 2 した

1 [20件] おすまし, かえて, さも余計, された頃, し, したり, しながら, しはじめた, しましたが, し掃除, し燗鍋, つけたこの, 取り払った彦四郎貞宗, 扱い七間間口二軒建, 直させて, 直させるよ, 直しに, 直そうと, 結構な, 話さなくちゃ

▼ 拵えもの~ (28, 1.9%)

3 である 2 では, に過ぎない

1 [21件] であるから, でないこと, との間, とは知らねえ, なれば, におびやかされた, にしろ, にすぎなかった, になる, に書かれ, に過ぎません, のお伽噺, のよう, の偽善, の冗談, の感じ, の押絵, の筋, らしいの, を苦, を見

▼ 拵え~ (27, 1.9%)

3 かかって, なって 2 なるの

1 [19件] かかったが, かかったくらい, なったので, なった豚料理, ならない方, なりましたか, なりますか, ゃならん云う, 不行届な, 働いて, 出来あがって, 成った頭巾, 扮装される, 掛かった, 数を, 直して, 行こうと, 行って, 見覚えは

▼ 拵え~ (27, 1.9%)

2 があります, が下手, を知らない

1 [21件] ができる, がやさしい, が違っ, が鈍く, で三日, で味, で大層味, とはねり, とは違っ, は手軽, は色々, は誰, は面倒, は鶏, まで年中, もコルンスタッチ, を存じ, を玉江, を知っ, を習う, を言います

▼ 拵え~ (23, 1.6%)

3 のよう 2 だ, と知っ

1 [16件] がどうして, じゃあねえらしい, だった, だろう白粉, でもなく, でもねえ全くわっ, としか思われない, となり, と判った, にすぎない, にともすると, になっ, のロボン・リンボチェ, の青大将, らしいよ, を飛ばせる

▼ 拵えても~ (18, 1.2%)

2 それを, 拵えても

1 [14件] あなたに, あれに, いいかとも, これが, すぐ後, それ位の, びらが, みな売り切れ, 出来損じは, 同じに, 肝腎の, 貴君に, 間に合わず半日, 飛竜頭に

▼ 拵え~ (17, 1.2%)

2 左肩から

1 [15件] この青山長者ヶ丸, ゴテ, 再びその, 右手に, 向って, 後の, 柔和しい, 給仕を, 置ぎし, 背負い籠, 艾草縞の, 見せる, 見ても, 見るがね, 陽に

▼ 拵え~ (15, 1.0%)

1 [15件] いやです, したが, すべて薩州風落ち, とても出来ません, ひどくなっ, まるで傘屋, 今と, 出来まい, 命じて, 奉公人の, 悪くとも, 掃いて, 良さそう, 野暮だ, 黄金吉良家の

▼ 拵えては~ (14, 1.0%)

1 [14件] いけないん, いるものの, お茶碗, くれずに, たびたび僕, ならない, やらなかった, 一日に, 世間の, 左京の, 急に, 横に, 知己友人に, 茶ごとを

▼ 拵え~ (9, 0.6%)

1 いかにも風変り, くすんでも, すんでから, よく自身, 出来るころ, 合って, 行われて, 見事な, 野暮で

▼ 拵えそれ~ (9, 0.6%)

1 からチベット, について完全, にガラクタ文士, に垢抜け, に実物, に自作, をみんな俺, を土蔵, を幽霊

▼ 拵え~ (8, 0.5%)

1 した, したそう, したと, したという, したの, したほど, っしゃるかね, つせえ

▼ 拵え~ (7, 0.5%)

1 して, しない, よい, 厳重に, 大変御, 濯ぎ物も, 自慢に

▼ 拵えながら~ (6, 0.4%)

1 うとうとし, だろう, わけも, 何処へとも, 火鉢の, 炉端で

▼ 拵えその~ (5, 0.3%)

1 上へ, 中に, 女と, 正面へ, 箱の

▼ 拵えなすっ~ (5, 0.3%)

3 て御覧 1 て, ても沢山

▼ 拵え~ (4, 0.3%)

1 がって, 調度は, 酒の, 鞘作りを

▼ 拵え~ (4, 0.3%)

1 だと, とも思われる, なら拵え話, を利用

▼ 拵えこれ~ (3, 0.2%)

1 を新, を月前, 無きよう

▼ 拵えちゃ~ (3, 0.2%)

1 いけませんよ, どうで, 懐中の

▼ 拵えてから~ (3, 0.2%)

1 あだに, やるの, 六七十年は

▼ 拵え~ (3, 0.2%)

1 ちっとも違っ, となえ筏乗, なれば

▼ 拵え~ (3, 0.2%)

1 のだ, ので密閉, 人間様だ

▼ 拵えなすった~ (3, 0.2%)

1 のが, のです, カステラほど

▼ 拵えかた~ (2, 0.1%)

1 には興味, を説明

▼ 拵えさえ~ (2, 0.1%)

2 すれば

▼ 拵えする~ (2, 0.1%)

1 よって九時半, 最後の

▼ 拵えそう~ (2, 0.1%)

1 だ, な器械

▼ 拵えそれから~ (2, 0.1%)

1 艾を, 身体も

▼ 拵えだった~ (2, 0.1%)

1 から岡目, に曹操急

▼ 拵えなどは~ (2, 0.1%)

1 上品に, 見は

▼ 拵えなどを~ (2, 0.1%)

1 してから, 自分の

▼ 拵えよう~ (2, 0.1%)

1 が違う, 思い立ちました

▼ 拵え上げた~ (2, 0.1%)

1 狂言の, 芸術品が

▼ 拵え~ (2, 0.1%)

1 便所の, 竹に

▼ 拵え~ (2, 0.1%)

1 へ帰っ, へ帰り

▼ 拵え方杭~ (2, 0.1%)

2 の上

▼1* [126件]

拵えあるいは地方の, 拵え酒を, 拵えかけの作品, 拵えからおかしゅうございました, 拵えきたるでな, 拵えこの春桜屋に, 拵えてます, 拵えしかし袴は, 拵えそこに鮎, 拵えそれでもまだ足りなかった, 拵えたてのお菜, 拵えたらしい硬張り切った嫣笑, 拵えたりなどなさると, 拵えたりなんかして, 拵えのだ, 拵えだけです, 拵えだけをして, 拵えていうのじゃ, 拵えてからにしようと, 拵えてさそこに, 拵えてやつかれえ, 拵えであったと申します, 拵えであるが夏, 拵えですからどうぞ, 拵えでは決してなかっ, 拵えとかにゃ損です, 拵えなさいますか, 拵えなすッて, 拵えなどして, 拵えなどが旗二郎を, 拵えについて注意した, 拵えにと言って, 拵えには五つの, 拵えにも相当趣味, 拵ええ明日天秤棒檐, 拵えべと思つてた, 拵えまですべて真新しい, 拵えまでがどう眺め, 拵えもので千代紙の, 拵えもんですね, 拵えやすい過去の, 拵えやっと横切って, 拵えわたくしに酒屋, 拵えんでお針に, 拵えフランネルのくすんだ, 拵え一人付添って, 拵え一応キャンプまで, 拵え三百両だけ主, 拵えた宗助, 拵え上げられた全く同じ, 拵えに蝋燭, 拵え二年前に升屋, 拵えでは仲間, 拵え作った骸骨の, 拵え債券を受け出し, 拵え公然暇とる, 拵えは古着, 拵え出入口に丈夫, 拵えに違い, 拵え初めていた, 拵え剣術の道具, 拵え加減が面倒, 拵え取りの金, 拵え品格のよろしい, 拵えで, 拵えから自由, 拵え多くの親類縁者, 拵え天地の正しき, 拵えのうち, 拵えの中, 拵え対抗させる, 拵え小皿に盛る, 拵え小鼻は丸太, 拵え屈伸自在な仮面, 拵えを小さな, 拵え親類方にまで, 拵えの代り, 拵え拵えする最後, 拵え指環のよう, 拵え捻じ返しても使い, 拵え掛けて居るで, 拵え文句でおびき出しました, 拵え方次第で滋養分, 拵え九月四日の, 拵え晩酌の後, 拵え暑い時分です, 拵え木型を多勢, 拵えを踏台, 拵え柄曲の一尺, 拵え梯子の下, 拵え気焔で人, 拵え濡縁を修繕, 拵えの文五郎, 拵え申してもよう, 拵え申した琉球赤木とかの, 拵えざしや, 拵えは其の, 拵え種子を拵える, 拵え立ての, 拵え立てた曲事だろう, 拵えの皮, 拵え笈摺も拵えた, 拵え透しでよく, 拵え結果がどう, 拵え置いた襦袢を, 拵え職人の真似, 拵え苦しい思いを, 拵え衣服をと, 拵えと分かった, 拵え谷中の奥, 拵え足して行っ, 拵え足袋の裏, 拵え身体中蜘蛛の巣だらけ, 拵えなき紋八ツ藤, 拵え農家の子弟, 拵え遂に煩悩という, 拵え遊ばした桐の, 拵えなど訊い, 拵え那破烈翁や羅馬法王, 拵えのあり, 拵え金剛兵衛盛高一尺四寸の小刀, 拵え金子で先方, 拵えと小刀, 拵え随分重宝し, 拵えに牛, 拵えをいれ