青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「料~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

文學~ ~文明 文明~ 文献~ ~文章 文章~ 文芸~ 斎~ 斎藤~ 斑~
料~
~料理 料理~ 斜~ 斜め~ 斬っ~ ~斯 斯~ 斯く~ 斯様~ ~新

「料~」 2185, 23ppm, 5098位

▼ 料~ (583, 26.7%)

15 払って 7 持って, 貰って 4 とって, はらって, 請求する

3 [11件] もって, もらって, 入れて, 取って, 取ると, 基準に, 手に, 払う, 払うこと, 払ふ, 納めて

2 [33件] あみだして, かせいで, せしめて, せしめようと, つけて, とるん, もらった時, よこせと, 一文も, 倍に, 充分に, 出して, 前金で, 半金だけ, 収入する, 取られて, 届けに, 徴収し, 払はずに, 払ひ, 持たせたの, 持つて, 捌いて, 掻集め, 渡して, 私は, 置いて, 蓄め込んだ, 要求する, 請求しうる, 請求した, 請求したい, 集めて

1 [443件] あげて, あたえたの, あたえて, ある程度の, いくらいくらやる, いただきます, いたぶられしかも, うけとる, うるため, おさめますが, お払済, お捻, かきあつめて, きちんと払った, きちんと納める, くだされる, くらわされて, くれた, くれたか, くれと, くれますか, くれるならば, くれるん, こなすこと, さいて, さがして, ささげたも, さしひいたん, しはらうと, すぐにも, すつかり着服, せしめたり, せしめた上, せしめること, せしめるソフイスト, せしめる料簡, せしめる理由, ぜいたくに, そっくり手渡す, その二割十一銭二厘, それを, たづさへて津軽, たんまり下さい, だすよう, つける時, とった由, とどけて, とらせねば, とらない聴衆, とられちゃったん, とられて, とられますからな, とられるの, とりあげられぬため, とりあげられる丈, とりあげるん, とります, とりよせ退院, とるべきです, とるやう, とる大家, どう取り, なんぼ値上げ, ねぎったこと, はじめとして, ひねりだすツモリ, ふいに, ふっかけたさ, ふところに, ぶちこみ飯, ほしい, ぼったりなど, まきあげられて, みんな慈善事業に, むさぼって, むだに, もたらして, もっと上げ, もつて, もて本, もらいながら, もらうため, もらえないという, もらえるの, もらった, もらってね, もらわる, やすくし, やって, やりに, やる, やること, やるの, やれない冬, ゆすって, ゆするくらいの, ゆするに, よく乾かす, よこすだろう, よこせだのと, サイソクする, パクリ上げよう, 一万ドルも, 一寸し, 一日五円と, 三倍に, 三分し, 三千円請求された, 三百万円か, 上げて, 下げたとか, 下さるなら書きましょうと, 下し置, 与えて, 乳鉢の, 二割五分ふやした, 二十円に, 二十圓得た, 五十銭均一に, 交ぜながら, 享けて, 人間の, 仕払うこと, 仕払つて, 付けて, 以つて償ひ, 以つて道廳は, 併も, 使うという, 使ふ, 使ふとき, 値上げしなけれ, 値切られる不愉快さ, 値切ること, 値切る魂胆, 倹約した, 倹約する, 催促された, 儲け出すこと, 免除され, 免除し, 入るれば, 入れた細長い, 入れないとか, 六兵衛に, 再び出せる, 出させて, 出させるよう, 出さないで, 出さない小, 出し, 出しただけ, 出しても, 出しな, 出す, 出す以上, 切符制度と, 別計算, 前借する, 前払ひした, 前納し, 加えたり, 加へ, 勝手に, 包んだのさ, 区別せよ, 十銭だせ, 千俵も, 半分頂戴, 取った, 取ったが, 取ったら六十余円, 取ったら承知, 取った方, 取って置きながら, 取つた, 取つて, 取て, 取らせよう, 取らない, 取らなければ, 取らねば, 取られ下谷一番, 取りその, 取りたいの, 取りたがるの, 取りに, 取り党, 取り立てに, 取る, 取ること, 取るため, 取るとは, 取るよう, 取るを, 取立てるので, 取集めて, 受くる, 受けと, 受け取りました, 受け取る事, 受取った, 受取ったから, 受取ったの, 受取つた, 受取ること, 合算し, 合算する, 含めて, 呈上致します, 四万まで, 回収する, 国家が, 塗りて, 塗る, 増加し, 売る資生堂, 天引する, 奮発なさい, 如何ほどとして, 子供が, 安くし, 完全に, 寺に, 小娘に, 少々送つ, 尽して, 届けが, 届けて, 左に, 差し上げますわ, 差出す, 差引く代り, 差押えるにも, 帯に, 帳消しに, 引いたら儲かる所, 引上げた, 引受けて, 当てに, 彼の, 彼是いふ, 待つ気もち, 得て, 得られるの, 得るため, 得るには, 得るの, 得る爲, 得んが, 徴し, 徴収しなけれ, 徴収する, 徴収すれ, 徴集した, 徴集せず, 心の, 惜しまざるの, 意味する, 懐中に, 戴くこと, 払い大衆支持, 払い得ない貧乏, 払い戻して, 払うかと, 払うと, 払うという, 払うに, 払うの, 払うべきだ, 払うまいと, 払うもの, 払う客, 払う雑誌, 払ったの, 払ったり, 払った代り一等席, 払った当然, 払ってる時代, 払つたとしても, 払つた主人の, 払つて丁寧に, 払つて十一時過ぎまで, 払つて直吉が, 払つて脚色する, 払つて著作権の, 払つて観たくない, 払つて診, 払は, 払ふんだ, 払わず, 払わない, 払わない限り, 払わなかった事, 払わなければ, 払わねば, 扱ひかね, 投じて, 拂つた, 拂つてその, 拂つてゐる, 拂つて畢へば, 拂は, 拂はずに, 拂ひ込まね, 拂ふんです, 担う, 拵えて, 指すもの, 捜しに, 捲きあげ得られるの, 控除された, 掲げたるが, 掻き集めて, 握って, 握つた, 搾れば, 搾取られ, 撒いて, 撤免し, 支へ, 支弁する, 支払い内容見本代, 支払うか, 支払うから, 支払うこと, 支払うため, 支払うに, 支払えば, 支払った, 支払った例, 支払って, 支払は, 支払わず或は, 支払わず政府, 支払わず滅茶苦茶, 支払わず紙屋印刷屋, 支拂ふ, 支給する, 支辨する, 收める, 政府から, 文士は, 施しあとあと, 早くと, 書店から, 月給の, 本屋から, 机の, 求めて, 求めに, 決めたが, 決定する, 添えたりなんぞ, 渡しました, 渡すにさえ, 渡せと, 滞納させ, 滞納し, 潤沢に, 無定見に, 獲るため, 用いたり, 申し受けて, 申し受けるよう, 百両貸しあたえた, 百円程, 知らず, 砕き居る小僧, 稼がねば, 稼ぐなりけり, 稼ごうと, 算れ, 納めあわせて, 納めたあと, 納めたり, 納めに, 納めます時分, 納められないので, 納める丈, 納める時, 給し, 給するのみ, 自ら徴収しなく, 融通した, 要する演説会場, 要せず入場者, 要求され, 要求せざる, 見ず貸倒れ, 見ては, 見付けて, 見出して, 親から, 計算に, 記入した, 課されたきり, 課すならば, 課するが, 請取って, 請取る, 請求し, 請求しました, 請求し得る, 請求できない, 警官や, 負けさせること, 負けて, 負けろ, 負けろって, 貪りて, 貪る, 貪るつもり, 貪るよう, 責取る, 貰いお, 貰う, 貰うよう, 貰おうなんて, 貰っても, 貰つた位の, 貰つた時の, 貰つて來た, 貰ふ, 貳百圓から, 貸付けた, 贈って, 贈ること, 踏んだればとて, 送って, 送つた時, 送られたので, 造らんとに, 造り出し滋養, 運上ぐる事能わず, 遣わすつもり, 除きては, 集めるほう, 電報で, 頂くから, 頼まれたので, 食わせ厩, 高く吹きかけた

▼ 料~ (224, 10.3%)

5 ことで, 代りに 4 匂いの 3 中から, 前借を 2 ために, でる雑誌, 全額だけ, 外に, 支払いが, 為に, 軽減を, 高い所

1 [188件] あがり高, あとを, いらない動物園, うちから, うち過剰の, おすそ分けも, お上着, お服, お茶受け取りに, お魚, かはせ, ことから, ことは, ことも, ことや, ことを, こと申し, それも, ため絵具代を, とれること, なかった, ほうが, ほかだ, ほかに, ほか注射薬飲み, ものな, ものは, やうな, ような, サイソクが, 一であろう, 一円や, 一文も, 一枚四十銭だった, 一部で, 一部の, 一部を, 一部分として, 一部負担を, 三位である, 三倍も, 三十両と, 三十五銭は, 三十円を, 不足を, 事である, 事にまで, 事等豫想し, 二百両重い, 二百金は, 五石と, 交渉まで, 他に, 低廉な, 何割かは, 來る, 借りが, 値上げを, 値下げとに, 値下を, 催促は, 催促を, 儲けが, 全部を, 全額に, 公定値段を, 共同保管は, 内金に, 内金を, 出処が, 前借だって, 前借などは, 前貸しとして, 前金を, 剰銭, 動物の, 匂いが, 匂いを, 包み紙が, 十パーセント以上と, 十円や, 原稿をも, 収入に, 収入増大は, 収奪は, 取り立ては, 取立が, 受取書の, 名ヨーロッパ画家の, 名前の, 問題だけが, 問題だらう, 問題で, 四倍煙草の, 四分の一である, 埋め合せを, 基本は, 外では, 外には, 多寡その他は, 大増収, 始末は, 安いの, 封建的搾取のみを, 小切手を, 届くの, 工面が, 幾分かを, 幾分を, 廉い, 延滞について, 引上げや, 御馬, 心づもりよりは, 性質について, 慈惠を, 手に, 手形書替, 払いが, 扱方に, 支払いは, 支払いを, 文字を, 方については, 方は, 方へも, 時間に, 更新を, 月々五千円は, 極端に, 標準と, 欲しさ, 歌を, 歩合いを, 殘り, 水薬の, 決定する, 濫觴扨鉄砲洲の, 点で, 為と, 為奉公し, 牡丹も, 生産の, 用意も, 田を, 町医玄益は, 相場という, 相場にも, 種に, 積りで, 算出に, 米三百三十石味噌十樽鰯十俵薪五十六束という, 紙小さく, 置場所や, 胸算用を, 蒐集に, 衣服箱四つを, 袋を, 要らない広告, 解剖が, 調度等之を, 談判を, 請求は, 請求訴訟の, 貯蔵所家畜野菜畑果樹園を, 賦課には, 足しに, 還元焔達成である, 配当にでも, 配当によって, 配給が, 野球フアンなんて, 金を, 金一封だけ, 金額が, 金額を, 銀子を, 雑薬にも, 領収証でありました, 領収証を, 餅を, 馬に, 騰貴でなけれ, 騰貴と, 騰貴は, 高いこと, 高くなる, 麦を

▼ 料~ (211, 9.7%)

2 一週間の, 六銭という, 拾円均一, 無事女房に, 頁で

1 [201件] あがるという, あたりまえで, あったり, あなたが, ある, いかほど, いかほど奉納, いくらで, いくらでも, いくらに, いくら欲しい, いささかも, いただきます, いらないわ, うんと沢山, おびただしい額, おぼしめさずとも, お宅, お極り, お話に, このほか, すぐに, すでに尽き, すべて自分の, ずっと安く, せしめずに, そっちで, その時分, たしか五拾円, だれでも, ちゃんと二十万, なしで, なるべく高く, なんといっ, はいるだろう, ひでえな, びっくりする, ふつうには, みんな取っ, もう五年間, もちろん出ます, もちろん営業費勘定, もとよりの, やる家, わしから, アメリカの, 一シリング, 一シリングで, 一ヶ月三十セントで, 一ヶ月二十セントである, 一ヶ月五ドル五十セントだ, 一人三十銭学生は, 一分間につき, 一切会社の, 一切取らない, 一千ドルという, 一台三円案内者へは, 一回三拾銭であった, 一回五円だった, 一定し, 一日ごとに, 一日一円五十銭也, 一日二円五十銭だ, 一昨夜の, 一晩八銭である, 一晩八錢である, 一枚一円としても, 一枚三円で, 一枚九十銭な, 一枚五十銭ぐらい, 一枚五十銭ぐらゐであつたと思ふ, 一枚四十銭だつた, 一泊三食金四十銭であります, 七円である, 三フラン, 三十五円よ, 三十圓内外で, 三千円に, 三千円位だった, 三年ごとに, 上る小遣, 下る一方, 不足する, 主もに, 二十円だった, 二百円だ, 二銭な, 云うまでも, 云はば, 五両です, 五百円だ, 五百円だった, 五銭とか, 以上列記した, 何とかし, 使わないの, 元を, 先に, 先払で, 入れたか, 全収入, 六割に, 六十銭を, 具はれり, 冗談だ, 出さないよ, 出さなくったって, 出します, 出ます, 出版企業のより, 前申した如く, 割増しを, 十セントで, 十一円七十五銭一枚が, 十倍に, 十円に, 十日目毎に, 半額で, 即刻とりあげる, 取るよ, 同じだ, 向ふで稼い, 商品切手です, 四六年四月の, 四割引十時間で, 四十円, 四十銭で, 四圓五十錢其上炭油茶等皆別に, 四幕に対して, 多少他, 多年の, 大体一ヶ月十五円ぐらゐですな, 天啓宗教カトリックの, 天子の, 妾が, 安質, 官立大学を, 容易に, 少うござる, 少くも, 尽きる, 平生と, 年に, 幾らだ, 幾らにでも, 当分取らぬ, 当分支払い延期という, 彼の, 彼らに, 忘れ給, 思召しなんです, 成るべく安く, 拾円で, 持つて, 政府の, 旧価, 月々五千円だす, 桑も, 桟敷一間に, 桟敷一間八円三十銭ほかに, 桟敷一間八円八十銭高土間一間七円七十銭平土間一間六円七十銭で, 桟敷一間四円七十銭高土間三円五十銭平土間二円八十銭, 桟敷代八十五匁高土間八十匁平土間七十五匁, 植物の, 毎回払いであった, 毒草の, 洋彩でなく, 渡らない覚悟, 無用なれ, 無論払, 現金で, 甚だよく, 甚だ廉, 甚危險な, 畑で, 百兩や, 目下の, 知るべきである, 科挙の, 米で, 約千石, 経営費の, 總て, 自然騰貴する, 負ける, 貰ったが, 貴君方自身の, 足もとを, 近在に, 遠慮なく御, 配達料と, 金一円以上を, 金一封と, 金五十銭以上を, 鉱車一杯の, 闇の, 頂戴する, 高いと, 高いな, 高うござる, 高くかかる

▼ 料~ (164, 7.5%)

4 高いので 3 手に 2 あるから, きかない, ずうっと, たった三十円, はいるん, 一円であった

1 [145件] あまり酷, ある, いかほどです, いくばくかは, いくら何, いらん, いらんから, いるが, いる位, おくられて, おりるきり, お安く, お払, こう形, ころがり込むという, さがってから, その時代, たしか五円, たつた三十円, ちょうど百円, ついて, とれると, どつさり要る, どれほどに, ないからでも, ないそれでも, はいったの, はいりますそれで, はいるとは, ひき上げられた, ほしいのね, ほしい由, まきあげられないこと, また必ずしも, もうかる始末, もし非常, わかつたらお知らせ, わずかに, ウイスキーで, バカ高く, 一エエカア五十銭だ, 一ステージ一万ドル世界一の, 一セントの, 一万ドルでも, 一万円だ, 一回千リラな, 一度に, 一日五千円ばかり, 一晩五十円でした, 一枚一圓で, 一部一万円位に, 三四十円位汚い, 三法, 三銭だった, 上らなくなる怖, 下付され, 二円と, 二円四円六円で, 二分という, 二十五円これは, 二十銭乃至, 二百万円一回の, 二百匹案内の, 五十円でした, 五十銭に, 來たら, 來る, 例えば五%, 俄かに, 入った, 入ったら一冊, 入ったり, 入って, 入れば, 入場料金の, 六円であった, 出ないと, 切れて, 利いて, 助かると, 十一銭であった, 十万円私の, 十万石, 反って, 取れるはず, 取れるん, 同じで, 命の, 四十八銅から, 四晩泊っ, 四晩泊つて十一圓で, 四銭だ, 大概きまっ, 如何にも安い, 安いから, 安いかわり, 安いだらう, 安いの, 安いので, 尽きても, 屆いた, 廉いと, 後払いだった, 必要と, 惜しいの, 払えず一方, 払えないと, 払えないの, 払えないのよ, 払えるの, 払ひたくない, 揃つてや, 数少ないという, 日本の, 書き出されて, 月の, 来た, 欲しいから, 残るだけで, 流れ込んだの, 滞っても, 無くなる, 生活の, 百両という, 着く, 研究せられた, 納められないとは, 終に發光, 蒲鉾だった, 要るか, 要るよ, 記入し, 課せられたとしても, 請求し, 貰えるでしょう, 貰えるの, 転げ込んで, 重なりに, 騰貴した, 高いとか, 高いの, 高え, 高くなく, 高くなる, 高く私

▼ 料~ (126, 5.8%)

6 して 3 叶ひません 2 なる物, 取り除けて, 換算すれ

1 [111件] あらずやと, ありついたこと, いけて, おりから, かえて, かえながら, かえる, かたり取るつもり, くれた麦煎餅, こめて, ご受納, さしあげて, したがった, したるのみ, しても, しようと, しろ印税, すぎなかったと, すべき事, すると, するとかいう, するの, するほか, する積り, せんとて, つきて, できて, とわれら, なさいました, なされて, なったり, なって, なりしは, なり富岡, なるか, なるし, なるの, なるべき事実, なる実, なんらの, ぶち込んで, めぐり会った, もとて, やろうという, 一銭取っ, 二円ばかり, 仕上げた方, 使うの, 使うべき銅棒, 使った人, 供し, 供するより, 供せられたり, 依って, 依存し, 備へ, 充つ故, 充てられること, 刈り取ること, 十二パアセントを, 叶いません, 困って, 困るの, 基づき職田, 基づくこと, 売って, 就いて, 差上候, 廻して, 当つて, 当てられるであろうこと, 当てんと, 彼の, 待つ他, 思召し, 拵えを, 捧げなければ, 捧げました, 換へ, 新らしく, 柳の, 正六位以下, 残すの, 決められた, 添える爲め, 特にこの, 玄龍が, 用いたこと, 用意した, 用立つた, 相違なかっ, 眼を, 石城の, 窮し知識の, 立てし茶, 緑と, 緑色の, 自作農は, 至れば, 草を, 菓子折を, 菜圃の, 見えたりと, 買って, 買つてゐた, 費し盡, 賣つて, 連れて, 遂佐は, 魚見堂附近の, 黄金などは

▼ 料~ (83, 3.8%)

3 いえば 2 いって, すること, なすに, 云ふ, 税金の

1 [70件] いうと, いつしよ, お前の, お記し, きいて, さして変わり, したの, したり, した一位, して, しなかったため, しよう, し造り, す, すべきなれ, すべし, するが, するて, するには, するの, せり其長四五寸に, せんと, その人口, ぞんじますので, なさんとこそ, なすという, なすべく武士, なったこと, なったであろうか, なったという, なって, なつて, ならんと, なりぬ, なりぬべきかな, なるもの, はっきりし, ほぼ同額, チップを, 一つで, 三カ年の, 二重に, 云う名, 云つては, 云ひ, 借りた開墾費用, 医療費を, 名付け二十五六円以上三四十円位, 呼ぶこと, 天子と, 対局料が, 対岸埼玉県本庄町在の, 専属料を, 曳船料金は, 書いて, 樺太廳の, 牛乳屋の, 申し三両, 申す所, 知るべし, 称えて, 称するもの, 考えるよう, 考え得よう, 購読料兼営事業其の, 鉱区税を, 長年月, 開場時間と, 飲食料とを, 養生費とを

▼ 料として~ (78, 3.6%)

2 唐沢家へ, 我々の, 遠い浄土

1 [72件] いずれも, いままでに, おつぎ, おぼしめしを, お納め下された, すぐに, そのうち, その女主人, その寺, その金額, なら受取ると, ふところへ, また三十圓, よろしいよう, イギリスから, サヴエート同盟へ, ブチ込ん, 一万両と, 三十万円片山氏に, 三氏に, 与えまた, 与えるという, 乾隆十枚いただく, 二万五千ポンドを, 二十円を, 二百円外に, 二百円持っ, 五万円その他の, 五円取る, 五十兩の, 五百石の, 五色の, 僅かばかり, 六十圓出す, 半分だけ, 又五円, 取り上げた金, 受け取った二百両, 台帳に, 封筒に, 島田に, 巨額の, 幕府から, 年々斎米二斗ずつを, 引換へに, 払いますから, 持って, 採用する, 正に頂戴可, 正に領掌, 毎月八十フランを, 渠に, 源氏に, 漁場主より, 献げる, 生活し, 用ゐる, 白衣の, 積善会から, 筑紫の, 経済の, 若干の, 莫大な, 衣布へ, 親許から, 調布一丈四尺を, 金一歩, 金五百疋御祝ひ被, 金千両を, 金百疋道中の, 銀七十目を, 電車賃の

▼ 料~ (65, 3.0%)

2 手術料も

1 [63件] あとわずか, ある, いくらか, おさめられないし, ぐんとふえ, この方, じりじりと, すべて親戚知己の, ついには, つく, とれない, どうやら封鎖, ないか, なかった, なし恰も, なし豚, はいるだらうが, はいるん, また不, また廉, また鑑定, ろくに貰わぬ, タップリなら, ベン当代も, ロクに, 一回四百リラとられました, 一枚二円前後に, 上がりますし, 作者生存中支払ふべき, 全然支払いません, 別に, 加えなかったの, 取れるよう, 夙につかひ果し, 大変安い, 大変安く, 安いであろう, 安かつ, 官を, 小切手で, 引上げた, 手には, 払えない家, 払って, 払は, 映画中の, 無事に, 無理を, 焼いて, 相当だらう, 相当格安, 祝儀としての, 納めなかった, 絹や, 覚束ない, 課さない間, 貰えずまた, 貰へるし, 赤青黄白黒紫金等々なか, 非常に, 高いの, 高くは, 高くまた

▼ 料~ (39, 1.8%)

1 [39件] あつて, いらっしゃいさあ, お鳥, かせが, この学校, しようかね, それは, はじめて買った, はやりきれないので, まかなって, 一ぱいのめる, 二円券を, 五円の, 交渉を, 人手は, 公開された, 味を, 堅牢な, 家賃の, 展観すべきだ, 底光りの, 心配させた, 描いて, 支払われない人生, 最低千枚が, 母へ, 然るべき衣服, 特別な, 生きるの, 生活し, 生活を, 私は, 衣食し, 衣食する, 近所の, 酒ェ買っ, 金一千円也を, 食わなくなる方, 飲むこと

▼ 料~ (35, 1.6%)

3 印税の 2 いただかう, 燃料を, 紙筆油などの

1 [26件] 中食わらじの, 其他の, 写生旅行の, 印税が, 印税は, 姉の, 学費に, 審査料を, 小遣いやらを, 手術代それから, 書籍文房具代の, 束脩の, 滋養品で, 燈明料は, 祈祷料や, 編輯費が, 脚本料など, 薬礼は, 薬礼も, 複雑な, 観相料と, 賽銭が, 賽銭の, 軍艦建造税に, 造酒料の, 食料を

▼ 料という~ (18, 0.8%)

5 ものを 3 わけで 1 ことで, ことを, つもりな, のが, のは, ものが, ものは, ような, ワケです, 名目の

▼ 料~ (13, 0.6%)

1 [13件] からだらう, が, ちょくちょく使った, という, とかなん, ともいい, とも入札参加料, と十円紙幣, と思っ, のと, のを, べ, よ

▼ 料~ (13, 0.6%)

1 [13件] あれを, か知らん, がある, がよく, でいやす, な野郎, になっ, の狭い, はない, は到底, は恐らく, をすえましょう, 違いには

▼ 料でも~ (11, 0.5%)

2 原稿料の 1 せしめようと, 五圓でも, 借したの, 取らうと, 取るん, 少し入れ, 巻きあげる算段, 結構ぢ, 訊くやう

▼ 料とを~ (11, 0.5%)

1 [11件] 一切締め, 与えて, 丹念に, 届けて, 引き換えに, 徒費した, 忘れないよう, 払って, 持って, 捨象し, 私から

▼ 料だけ~ (9, 0.4%)

1 でドシドシ消却, で一八一四年, で五十石, もらえば, 倹約しとく, 御都合, 承はつ, 鋳造されない, 高められるであろう

▼ 料には~ (9, 0.4%)

1 ちと長, ならない, ならないよ, 不足だ, 人糞を, 向かんかね, 獸の, 足りないん, 雁皮と

▼ 料まで~ (9, 0.4%)

2 公定され 1 おいて, つけて, 施して, 納めて, 請求する, 頂いとりましたの, 鵜飲み

▼ 料とも~ (8, 0.4%)

1 でたかだか五百円, なりは, なるべき粧飾品, なろう, また一両二分余, 七百石を, 何とも, 謂ふべきでせう

▼ 料など~ (8, 0.4%)

1 あてに, みんなまき上げられました, 云ふも, 他より, 出来上れば, 打合せにか, 相当な, 買って

▼ 料~ (8, 0.4%)

2 たり, たる星 1 ともいぶき, の候, の天, を覚ゆ

▼ 料請求~ (8, 0.4%)

2 の訴訟 1 というよう, となった, のため, のとき証人, は失当, は当らない

▼ 料から~ (7, 0.3%)

1 三割四割と, 差引きに, 徴収する, 旅館の, 来るの, 自分用のを, 蜂の

▼ 料さえ~ (7, 0.3%)

1 つけて, 後れがちで, 心細くそれ, 払えば, 払わないと, 支払うと, 支払えば

▼ 料だけでも~ (7, 0.3%)

2 二月分で 1 並々ならぬ, 大したもの, 無くて, 犠牲に, 稼ぎ出すこと

▼ 料では~ (7, 0.3%)

1 あったが, ないか, まことに相すまん, 充たすに, 女房の, 引き合わなくなって, 覚束ない

▼ 料だって~ (6, 0.3%)

2 請求できる 1 やすいくらい, 二千円もらった, 大変だ, 高が

▼ 料としての~ (6, 0.3%)

1 ジャガタラいもを, 二万円を, 價値が, 價値は, 効用が, 多額な

▼ 料にと~ (6, 0.3%)

1 云つて常に, 四千貫文を, 心の, 持ち合わせの, 紅の, 近江の

▼ 料つて~ (5, 0.2%)

1 ゐた事, 食べようかと, 食べるつて, 食べる土地, 食べる段

▼ 料としては~ (5, 0.2%)

1 お互に, 少しあっさりし過ぎてる, 相手を, 至極やすい, 須賀の

▼ 料をも~ (5, 0.2%)

1 さんざんに, 取り立てると, 払って, 添えて, 頼むという

▼ 料~ (5, 0.2%)

1 である, でございました, でな, になろう, を給

▼ 料~ (5, 0.2%)

1 というもの, の別, の掲示, も各, も極めて

▼ 料といふ~ (4, 0.2%)

1 ことで, のは, ものを, 条件を

▼ 料とか~ (4, 0.2%)

1 さうし, それから一時賜金, 印税とかと, 子供の

▼ 料~ (4, 0.2%)

1 のだった, のです, ものでなけれ, ンだ

▼ 料などを~ (4, 0.2%)

2 持出しては 1 もらって, 持合し

▼ 料なら~ (4, 0.2%)

1 ば別, ば購読者名簿, 一粒だって, 私どもでも

▼ 料にとて~ (4, 0.2%)

1 勧進し集めたる, 宝石二つ三つ求め, 環飾編ま, 薄墨

▼ 料にも~ (4, 0.2%)

1 とおも, なったもの, 事を, 窮し

▼ 料問題~ (4, 0.2%)

1 でソヴェト, にからむ, も鳥, を新聞

▼ 料~ (4, 0.2%)

2 の麓 1 の方, を眺めた

▼ 料~ (3, 0.1%)

1 おのが, なんかゆすらせよう, 講義の

▼ 料たる~ (3, 0.1%)

1 に留る, までである, 布帛或いは

▼ 料だけで~ (3, 0.1%)

1 一万九千六百なにが, 活計を, 生活は

▼ 料だの~ (3, 0.1%)

1 いふ名目で, 展望台の, 御献金

▼ 料とは~ (3, 0.1%)

1 いい気な, ならず罪問, 成りにくい

▼ 料などの~ (3, 0.1%)

1 世話を, 事を, 真相が

▼ 料などは~ (3, 0.1%)

1 作れなくなって, 包み金で, 問題でなく

▼ 料なる~ (3, 0.1%)

2 ものが 1 広く明きたる

▼ 料なんか~ (3, 0.1%)

1 とうてい我輩, どうでも, 一文も

▼ 料にて~ (3, 0.1%)

1 一銭の, 事調はずとは, 生活する

▼ 料による~ (3, 0.1%)

1 収入が, 実験は, 詩人たちの

▼ 料やら~ (3, 0.1%)

1 かの女, 修繕費用なんかで, 納税やら

▼ 料~ (3, 0.1%)

1 莫大ナル收入, 評價ヲ, 騰貴ハ亦

▼ 料三人扶持~ (3, 0.1%)

1 を給せられた, を給せられる, を賜わった

▼ 料乃至~ (3, 0.1%)

1 上場料の, 上場料を, 揮毫料を

▼ 料以外~ (3, 0.1%)

1 のもの, の料金, の要求

▼ 料~ (3, 0.1%)

1 に混ぜる, の流れ, をその

▼ 料じゃ~ (2, 0.1%)

1 当分の, 無い

▼ 料それ~ (2, 0.1%)

1 に扇子壱箱, もはた

▼ 料であった~ (2, 0.1%)

1 と云う, に相違

▼ 料としてばかり~ (2, 0.1%)

2 天つ

▼ 料とともに~ (2, 0.1%)

1 もう一つ, 不安という

▼ 料とりあげ~ (2, 0.1%)

1 と定, の記事

▼ 料なし~ (2, 0.1%)

1 で三年, の弁当つき

▼ 料なり~ (2, 0.1%)

1 出す力, 弁当代に

▼ 料にしか~ (2, 0.1%)

1 なるめ, 使えねい

▼ 料に関する~ (2, 0.1%)

1 劇場の, 現行規定である

▼ 料~ (2, 0.1%)

2 負けて

▼ 料までも~ (2, 0.1%)

1 気を, 貰へ

▼ 料みたい~ (2, 0.1%)

1 な金, になっ

▼ 料よこせ~ (2, 0.1%)

1 えワア, といふ

▼ 料より~ (2, 0.1%)

1 商人は, 徴収する

▼ 料~ (2, 0.1%)

2 てしまえ

▼ 料三十円~ (2, 0.1%)

1 ならびに交通費, になる

▼ 料二百俵~ (2, 0.1%)

1 あるから, 両国元矢

▼ 料五人扶持~ (2, 0.1%)

1 にせられた, を給せられ

▼ 料五百円~ (2, 0.1%)

1 と定, をもらった

▼ 料免除~ (2, 0.1%)

1 になった, を当然

▼ 料十二銭~ (2, 0.1%)

2 またその

▼ 料十銭~ (2, 0.1%)

1 の漫才小屋, を節約

▼ 料四千四百二俵~ (2, 0.1%)

1 を受けた, を給せられた

▼ 料減免~ (2, 0.1%)

1 の要求, を歎願

▼ 料無し~ (2, 0.1%)

1 で自作, の原稿

▼ 料理っ~ (2, 0.1%)

1 てほどのもの, て言っ

▼ 料理る~ (2, 0.1%)

1 ことを, やら榾明り

▼ 料補助味~ (2, 0.1%)

1 の豊富, の類

▼1* [236件]

あたりに突拍子, 料品を, 料うんぬんの包み紙, 料収め下さいますよう, 料かなんかで日本, 料がかはせで一, 料くらいの金は, 料くらいは使う値打, 料ぐらいの収入で, 料ぐらいはタカが, 料この時七十五円なりき, 料これは口止料, 料これらもひどく高く, 料へ払, 料て貰う, 料したたかにし, 料すら当てに, 料その時分は, 料たのんでおく, 料だけが無駄だ, 料だけの値打は, 料だけは倹約を, 料だけを差引いて, 料つて貰つておとう, 料であってこれ, 料であり勝つか負ける, 料であると称し, 料でしかあるに, 料ですよ, 料とかいふものを, 料とがあつめられたり, 料としても七百五十町歩だ, 料とて紙に, 料とても知れたもの, 料とで立派に, 料とでもして, 料とられるのだろう, 料なぞじゃ私一身, 料なぞは兎ても, 料などで相当の, 料などと言っても, 料などということも, 料などとは云わない, 料などに意を, 料などもそのお方, 料ならざるなく国民品性, 料なんぞは普通当然の, 料なんぼだ, 料にすら事を, 料についてみみっちいほのめかし, 料にでも用いるの, 料にとしてそれを, 料になつて彼は, 料によってきめるとき, 料によつてこれ, 料に対しては多くの, 料あげ反対, 料のみならず更に, 料のみによっても生活し得る, 料はと云へば, 料ばかりでは, 料入学させたく思ひます, 料へというのは, 料まことに麁末の, 料また十七八両普請の, 料まだそのほか, 料やなんかのことは, 料やらを辛と, 料をさえ払わねば, 料をまで添えて, 料ををさめること, 料を以て暗々裡に, 料チップグラアジ費その他は一切こっち持ち, 料ニシタコトハ十分ニウカヾハルヽサテれんげさうハ, 料ペンドラムの蜜柑畑, 料ミカンまで届け, 料ラン闕下ニ向ツテ発砲始末, 料一つによつて神様ケン族, 料一つ金五十銭也これなら安心, 料一とつ送つた事, 料一人金五十銭也だろうそんな, 料一匁二分をうく, 料一年分で中間, 料一枚一朱切付本五十丁の潤筆料, 料七円五十銭も上げ, 料三円十五銭を香港, 料三十三円二十銭という金, 料三十五銭の値打, 料三十分間に付金五円宛申受候, 料三十銭とは, 料三千円は随分, 料三四百円を渡辺均君, 料三拾円を得, 料三百万前借させて, 料三百両というところ, 料三百金というお, 料三貫目被成下, 料三銭で大, 料上等四円以上なるあり車中, 料不払いに対してミハイル, 料不足にし, 料並びに雜誌代を, 料取られさ, 料二万七千円これを美代子, 料二両ばかり薪炭等壱, 料二人扶持を増し, 料二円ほど欲しい, 料二方金御恵贈被遣辱拝受乍去御過厚, 料二百余反播州杉原紙二百束鞍置物十疋明石干し鯛千籠, 料二百俵合計四百俵の収入, 料二百円とって, 料二銭の劇場, 料五両それだけの, 料五円で一寸辟易, 料五割まけろの, 料五割減の要求, 料五十一石を意味, 料五十円を貰った, 料五千ドルというカルーゾー, 料五厘以上と吹聴, 料五銭相当のもの, 料今後の子女, 料付着す, 料や彼, 料何もかも金じゃ, 料何程と徴収, 料使に, 料供米修理の足, 料値下げすべしという, 料値下それに今度, 料體の, 料全書派のころ, 料八百円着換えが二百円, 料六七両給金八九両地代二十二三両都合百両余を費すべし, 料六円である, 料六十五円を受け取っ, 料六百円を節約, 料共七百石を給わっ, 料其他の本, 料を申そう, 料兼営事業其の他, 料出してお, 料出し候ても外, 料前後のこまこま, 料割引の歎願, 料北室院に上げる, 料十ペセタぐらいでまず, 料十五円家へいくらか, 料十六戸を付せられ, 料十四五両衣服の料, 料十圓也と觸, 料千二百円とフッ, 料千石を受けた, 料千金を積ん, 料印刷代として十一円, 料及びその実父, 料取らんとにもあらず, 料受取り荷物運送まで, 料器械店のよう, 料四ピアストルを徴収, 料四匁二分飯米料一匁二分をうく, 料四千四百俵役金三千両という高い, 料店で, 料なるべきは, 料大枚五十仙を貰, 料子持手当本人手当などを給, 料家具の料十四, 料小遣となろう, 料就職の禁止, 料峭昼猶寒, 料工賃にも差支え, 料差出候については, 料幾らと云っ, 料ならず, 料従業員の食費給料, 料仰せの, 料思議の外, 料扇子壱箱を差し出した, 料手段である第一義, 料払う金も, 料持参せいと, 料持参女房迎へに来り, 料損害賠償請求事件の訴状, 料えて, 料支払を渋る, 料支払いをいやがり, 料改正その他についての会員, 料数百貫を剰, 料も御座候, 料春徂君亦逝, 料はどう, 料最低は四銭五厘, 料月三十円では, 料月額六円を払っ, 料松永庄の代官職, 料棺桶料金まで配慮, 料欠乏ヲ致ストキハ隊長建議シ, 料次第でいい, 料二二ヶ月分, 料消耗品とガソリン代等, 料淺草の觀音樣, 料減率の請求, 料滞らせて我, 料滞らせたまふ, 料滞納の選手権保持者, 料無限の一語, 料献上之諭達, 料の低減, 料理ったのとは, 料理りましたから, 料甚だ見分け難, 料は十分, 料研究所といふ白木, 料神祇志を書く, 料税金の免除, 料種子を供給, 料稿料ひとより図抜け, 料十二巻神農廟の, 料等個人的のもの, 料米等を納, 料納めたらどうなる, 料計算の, 料若干錢を渡し, 料見だからお前さん, 料赤木三平一万一千円也これは多, 料越而纔旬日君忽獲病而遂不起, 料追加五百円今日受取る, 料釣上げの問題, 料鉄砲手風琴酒十キロの米, 料でする, 料雑薬の条, 料電燈料水道料等も各, 料頭上原全八郎五十六, 料の貯蔵法, 料食料月謝の支払い, 料養生費入院料を一日五円