青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「斑~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

文学~ 文學~ ~文明 文明~ 文献~ ~文章 文章~ 文芸~ 斎~ 斎藤~
斑~
料~ ~料理 料理~ 斜~ 斜め~ 斬っ~ ~斯 斯~ 斯く~ 斯様~

「斑~」 1014, 10ppm, 10257位

▼ 斑~ (152, 15.0%)

5 あるの, ように 4 牛と 3 あるもの, 尾の, 牝牛が 2 ような, 入ったの, 入った小さな, 入つた, 大牛, 牛が, 紋葉とは, 虫あら

1 [113件] ある, あるあり, あるチポリーノ大理石, ある博労仲間, ある名, ある大, ある文章, ある楓, ある樺の木, ある毛, ある海鰻先生, ある灰色, ある片側, ある片身, ある猛獣, ある白犬, ある真, ある花, ある蒼白, ある蝶, ある角, ある長い, ある青虫, ある鹿の子, いやに, いる梅, うさぎを, うつくしき, お寺の, きれいな, きれた櫛, こいを, ない大理石, はいったもの, はいったペス, はいった海鴉, はいった花, ものは, ものばかり, テリア種の, フォックステリヤが, 一つ一つが, 中に, 二人が, 仮面をか, 光線が, 入ったあれ, 入った姫熊笹, 入った羽, 入った薄い, 入った鼈甲, 入つた人間, 入つた斑鳩, 入つた羽, 入つた鼈甲, 入つて, 入りて, 出来たの, 切れた鬢櫛, 前脚, 多い皮膚, 大岩塊が, 如く見え, 妖しい舞, 婆さん風な, 射るにも, 小さな犬, 尾羽を, 弧線を, 強そう, 彩色誇張し, 御神, 所は, 指図に, 散らばる小径, 斑の, 方の, 日に, 毒蛇が, 毒蛇だった, 毒蛇は, 毒蛇を, 毛が, 毛並が, 洋犬が, 牝牛で, 牡牛男體山太郎山の, 犬は, 猫の, 獣が, 獣尾を, 痛と, 白が, 皮を, 目高魚一疋, 矢を, 石獅子の, 禿頭と, 紫の, 縞模樣が, 翅うち, 色どりとが, 艷, 虎の, 豚が, 長生, 間には, 雄犬, 雪の, 雲などの, 頸には, 顔を, 鷹を

▼ 斑~ (133, 13.1%)

4 なして, 知ること, 知るに, 置いて 3 述べんに 2 入れて, 描いて, 知るべし, 示さん, 窺はれる, 紹介し, 見て

1 [100件] うかがうこと, うかがうのみにて, お話しいたす, けがし居る好文會, ごらんなさい, そよがせて, つけたやつ, つけて, なした蝦蟇, なしわれ, もったきれい, チラチラ浴び, 交え動かぬ稲妻, 付けそこ, 作って, 作つてゐた, 作りながら, 作る黄, 具えて, 利用し, 卜すべし, 叙述し, 吾, 察すべし, 小指で, 左に, 帶びなが, 引いて, 形と, 得た, 御承知, 思わせるよう, 成し瑳, 打ちまけたよう, 打ったよう, 披瀝し, 拵へる, 持つた三四尺, 持つて, 振り乱して, 推測す, 推測する, 推知す, 掴んで, 撒き散らして, 撫でた指環, 新入学生諸君の, 日影に, 映して, 書き集めよう竜, 枯草ばかり, 模し, 流したる大理石, 狙って, 生じた, 生ずる, 留めたる大瀬, 発す, 知るべきだ, 知るべき参考, 示さうと, 示さんため, 示すこと, 示すべし, 示すもの, 窺, 窺うに, 窺ひ得べけれ, 窺ひ知る, 紹介すれ, 縫ひ, 織って, 置きすぐ, 置き長年, 置ける若草, 見せた三尺ぐらゐの蛇, 見せて, 見せる, 見ただけでも, 見たとき, 見る, 見るたんび, 見るに, 見れば, 覗わ, 記しいささか, 記述し置くべき, 説いたから, 説き明し, 説くところ, 説明せんに, 説明紹介し, 読者に, 躍らす, 躍らす桧面, 述べさせて, 述べたから, 達するは, 開示する, 飾って

▼ 斑~ (105, 10.4%)

9 なって 4 なつて 3 して, なつた 2 こびりついたまま, 剥げて, 染めて, 消え残って, 開いて, 飛んで

1 [74件] いろどりたるまで, ここを, こびりついたよう, した夫人, しらじらと, たゆた, たゆたった丈, とどまる過去, とどむるなり, なった, なった上, なった白粉, なびいて, なり頸部, なるから, なる筈, はげた黒い, ほうけて, 七八本づつ乱し, 今朝は, 似て, 何となく轡, 光って, 剥げたプラタアヌ, 剥げ爛れた下, 吹き過ぎて, 土地の, 地金の, 天保銭ほどの, 富み頸, 対応する, 射して, 山に, 建った農家, 当って, 拘泥したる, 敷皮の, 日影が, 染まって, 染めたる寢衣, 染め上げられ触るたび, 止つて決して, 残つたのは, 殘つて居る, 消えて, 滑ろうが, 点綴し, 燦き出で, 生えた土気色, 生えて, 生ひ, 白く鼻, 眼円に, 碧血に, 置いて, 美しく消える, 至るまで, 色付いて, 葩の, 血の, 見えた, 赤くした, 赤くなっ, 赤や, 通ずるもの, 過ぎない, 錆びたかの, 雪の, 雪は, 雪を, 飛ぶ, 黒い朦, 黒くなった, 黝んで

▼ 斑~ (89, 8.8%)

6 に雪 4 な雪, になつ 2 な光, になっ, に外気, に流れ, に紅く, の黒い

1 [63件] が出来た, が草, が落ち, それに何, でこの, となつ, な, なところ, なり汗, なる隈, な上衣, な光りが, な光りの, な女, な帽子, な新しい, な日光, な月光, な松並木, な生垣, な看板繪, な空, な美し, な芥, な薄, な顏, な髪, に, にその, にちやう, になった, になつた, になり, に並ぶ, に叩い, に地肌, に射す, に床, に散在, に明るく, に染め, に残, に洩れ, に白粉, に緑晶, に色, に落ち, に道, に頭, に鮮, に黒い, のある, の仔牛眼, の仔牛道, の仔馬, の小雪, の牛, の紐, の網, の虫, を仰ぎ見, を仰向け, 生えの

▼ 斑~ (88, 8.7%)

4 できて 3 出来た 2 あって, ある, 出来て, 浮いて, 終りに

1 [71件] あったので, あつた, あつて, あらわれまもなく, あります, あり更に, あり翼, あるぢ, あるので, あるよう, あるん, ある円, ある外, ある袴, ある鼻, うろこの, おどって, お歯黒の, かわるがわるコンマ, きれいであった, ここにも, ちらちらと, ないから, ぶよ, べったりと, ぽっつり光る, みかどの, みるみる顔一面, むらむらし, よく似, チラチラと, 一つあり, 三つある, 中に, 交ったよう, 付いて, 僕の, 入ったよう, 入つ, 円く黒ずん, 出来ました, 出来始めた, 多くある, 宵闇を, 少しある, 影と, 急に, 既に模様, 普通の, 気に, 浮き上つてゐる, 消えないでは, 点綴され, 現れるの, 白, 白い, 窺われる, 立って, 薄青く, 虎の, 見えた, 見て, 踊って, 近接し, 銕漿の, 陰と, 雲の, 青い潮光, 青白いもの, 飛びつきますと, 黒く滲み出

▼ 斑~ (51, 5.0%)

8 のある 3 の原因 2 があり, に關, の眞

1 [34件] ありて, あり古, ある皮これ, かのよう, があつ, があります, がある, がす, がすぐ, がそこら, がちら, が凄まじく, が出, が出る, が大き, が突然, が變ぢ, であつ, となり, になつて, に汚れた, のこと, のやう, の多い, の形人, の目立つ, は月, もし, もない, をいくつ, をな, を俺, を含む, を見

▼ 斑~ (32, 3.2%)

3 が一頭 2 がつい, に掘り, の後姿, の背中, の遠吠え

1 [19件] がぬい, がぱくぱく, がびく, が何, が噛みついた, が牙, との差別, との関係, とを両方, はすぐ, はその, は今, は波, は親友, もひょいと, を指した, を私, を見る, を魔形

▼ 斑~ (27, 2.7%)

2 禿山の, 雪が, 顔を

1 [21件] のかしら, のや, のを, んでげす, シュミーズを, 不公平な, 乗鞍の, 人々を, 地に, 天の川と, 孔雀明王の, 影を, 狗が, 紫色に, 背が, 胴體が, 興味を, 谷間を, 路の, 闇に, 黒髯が

▼ 斑~ (19, 1.9%)

1 [19件] から一かけ, から成る, か何, が帯状, が東北, だの花崗岩, である, であるが, でもこれから, とみえ, と同質, のよう, の地域, の壁, の大, の大岩小岩, の如き, の硬, を主

▼ 斑~ (18, 1.8%)

2 の残っ

1 [16件] か, か消え残りたる, が碧, であろうと, で蔽われ, とともにあまく, ににほふ, に煤, の岩地, の方, の色, の長, の雪解下, また吹き, もその, 吹く風

▼ 斑~ (17, 1.7%)

1 [17件] あれは, こうであった, なんだか私, みな剣の, やっぱりもっともっと大きく, わかる, アメリカから, ドミニクス派の, 何ぞや, 出なくなりますよ, 刺青か, 宛然肋骨と, 左に, 広が, 弘前市に, 死せる, 私は

▼ 斑~ (16, 1.6%)

1 [16件] かかるは, そうしてもう, そして小心, どこから, まるで夢, 中のは, 二三間も, 口からは, 吾儕は, 小牛, 明滅させる, 白地に, 蔽われて, 赤禿げ, 足もとも, 顔の

▼ 斑~ (13, 1.3%)

2 の不

1 [11件] が哲学, が哲學, だ, でさ, でさえも哲学, でも満足, でも滿足, にミクソネマ・テヌエ, の鱗, を乾し, 結構

▼ 斑~ (12, 1.2%)

3 を逆 1 が私, と交尾, と同様, に索かせ, のよう, の事, の大, の皮, もやはり

▼ 斑~ (11, 1.1%)

2 なって 1 いうほど, いふの, その上, なりて, 二匹の, 書いた滑稽, 殘つた雪が, 見えたの, 風に

▼ 斑なる~ (11, 1.1%)

2 糺の 1 ものも, 日影這ひ入る, 毛皮を, 畑将軍の, 畑將軍の, 聖山を, 蒼き光, 豹の, 遊蝶花

▼ 斑~ (11, 1.1%)

3 の笛 2 の煙管 1 となっ, のす, の先, の榻, の皮, の細い

▼ 斑~ (9, 0.9%)

2 がある 1 がありあり, が二重, が出来, のやう, はすべて十五夜, をなし, を実物

▼ 斑~ (9, 0.9%)

1 であつ, で衣冠鮮明, な髪, になりまし, に見える, の老, の顎髯, の髭染め, 長鬚

▼ 斑~ (8, 0.8%)

2 の子 1 がい, が寝そべっ, だが, はいつぞや, はのんびり, も笠

▼ 斑ある~ (6, 0.6%)

1 と, ものは, 牝鶏二羽, 白い巌石, 竹を, 若き悍馬

▼ 斑にな~ (6, 0.6%)

1 つた人を, つてゐた, つて其処には, つて舌は, つて舌も, ツて

▼ 斑~ (5, 0.5%)

1 あるが, あれば, 何んにも, 出れば, 木かげの

▼ 斑をも~ (5, 0.5%)

1 伝へて, 実視する, 推し得ざるなりけり, 知らざる者, 窺う事

▼ 斑~ (5, 0.5%)

1 の大理石, の毛衣, の烏め, の玉, の金魚

▼ 斑という~ (4, 0.4%)

1 のが, のです, のは, また蝮蛇錦文

▼ 斑牛ひとり~ (4, 0.4%)

4 居りけり

▼ 斑あり~ (3, 0.3%)

1 その他は, て頗る, 口には

▼ 斑だの~ (3, 0.3%)

2 赤いの 1 三毛だ

▼ 斑ら雪~ (3, 0.3%)

1 が残つて, が絶えず, 照れる春日

▼ 斑~ (3, 0.3%)

1 いつくしく見ゆ, が汚れた, にみるみる

▼ 斑~ (2, 0.2%)

2 て鼻

▼ 斑なく~ (2, 0.2%)

1 真紅に, 舌にも

▼ 斑なるべく~ (2, 0.2%)

2 山なし

▼ 斑~ (2, 0.2%)

1 まつ白な, 髀に

▼ 斑~ (2, 0.2%)

1 が目覚しい, として南方第一線

▼ 斑~ (2, 0.2%)

2 の櫛

▼ 斑模様~ (2, 0.2%)

1 そういったもの, をつけられ

▼ 斑~ (2, 0.2%)

1 な次男, を説明

▼ 斑汚れ~ (2, 0.2%)

2 した着附

▼ 斑照り~ (2, 0.2%)

2 この木洩れ日

▼ 斑~ (2, 0.2%)

1 の紅色, を有する

▼ 斑~ (2, 0.2%)

1 や青銅, をつかっ

▼ 斑竹山房~ (2, 0.2%)

1 とは江戸, の

▼ 斑足太子~ (2, 0.2%)

1 というの, をたぶらかし

▼ 斑~ (2, 0.2%)

2 の皮

▼ 斑魚珊瑚~ (2, 0.2%)

2 の鯉

▼1* [104件]

をき, 斑あびて掃き移る, 斑おせしにも似る, 斑こそありますが, 斑さえ形容する, 斑さんだこと, 斑さん今日はいい, 斑しろかねの, 斑だけは披瀝し, 斑づくっていた, 斑であるが実は, 斑でも何のと, 斑とが燃えるよう, 斑として一八八四年, 斑とでも云いたい古典的, 斑とを持つて, 斑なぞがぞろぞろやって来, 斑なぞがぞろ, 斑なまめく褐と, 斑なり今下雋, 斑にさえ自分の, 斑にしか見えないという, 斑にて問はね, 斑には濃い緑色, 斑のや鳶いろ, 斑ばかりである, 斑だら乍ら, 斑みたいにはれ, 斑よりもまだ白かっ, 斑ら模様の肩掛, 斑ら牛のよう, 斑ら禿とは違う, 斑ら縞を織っ, 斑ら雪山には凍れ伐りし, 斑をこそめでにしか, 斑見ルヘキナリ, 斑ぼ, 斑人形を残し, 斑の様子, 斑入れにし, 斑だが, 斑同行でやってき, 斑君黒君虎君ポインタァ君, 斑吹っかけ斑墨縞紺覆輪と, 斑唐津などの珍器, 斑墨縞紺覆輪ときり, 斑失せずとて筆拭草, 斑の面, 斑女照手の末流, 斑と呼ぶ, 斑なしを, 斑岩蝶ヶ岳から押し流された, 斑布二匹二丈以到汝所在踰遠乃遣使貢獻是汝之忠孝, 斑張りをした, 斑を越え申す, 斑推して全豹, 斑の多少, 斑枝花の知識, 斑が消えず, 斑をもつた, 斑の梓弓, 斑烏帽子等の一帯, 斑として地, 斑の昔, 斑牙人等人種を問わず狩りあつめられ, 斑牙女がはし, 斑牙語で暴風, 斑牛こいつはどうして, 斑牛黒牛なども寄っ, 斑の石帯, 斑が半, 斑白斑の綾模樣, 斑白月毛北地産の捲, 斑白毛の馬, 斑白頭の瘠せこけた, 斑皮竹あり, 斑の朱肉揺れ伸, 斑と異名, 斑の種々雑多, 斑緑色の岩盤, 斑になっ, 斑の氈, 斑萌あかし子が手, 斑萌えて伸びし, 斑の蔓, 斑に導かれ, 斑身赤文斑というまた, 斑のごとき, 斑は, 斑雪しづかにけむりだつ, 斑のすき, 斑馬女鹿獅子犬すべての前生, 斑馬象獅子その他どれ程の種類, 斑になった, 斑駒甲斐の黒駒, 斑高熱歯齦壊死咽頭潰瘍などの諸, 斑の鎌ン処, 斑の粉, 斑黄葵の花, 斑黒点がコケティッシュ, 斑點圓くして, 斑點樣のもの, 斑點横井源太郎と同じく, 斑點爲に生ず