青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「書かれ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

更け~ ~更に 更に~ ~書 書~ ~書い 書い~ ~書いた 書いた~ ~書かれ
書かれ~
~書かれた 書かれた~ ~書き 書き~ ~書く 書く~ ~書斎 書斎~ ~書物 書物~

「書かれ~」 1545, 17ppm, 6817位

▼ 書かれ~ (1396, 90.4%)

151 いる 113 あった 84 いた 63 ある 53 いるの 48 あるの 41 ゐる 25 あつた 21 ありました, いること 20 いない 17 いるが 16 いて 14 いました 13 あるが, ゐた 12 あること 11 あって 10 いたの, いるという, ゐるの 9 あったの 7 いないの, いるので, いるよう 6 あったから, あります, ある文字, います

5 [12件] あったが, あったこと, ありましたが, いたので, いるから, いるこの, いるだけ, いると, いる文章, ゐない, ゐるが, 居る

4 あるよう, いたと, いるところ, いるもの, いるわけ, ゐるから, 居ります

3 [14件] あつて, ありますから, あるもの, ある手紙, ある通り, いただけ, いなければ, いるか, いるとは, いる事, いる字, きた, ゐて, 居るの

2 [46件] あったので, あったもの, あっても, ありそれ, ありますが, あるか, あるでは, あると, あるところ, ある四角, いたけれども, いたこと, いたとき, いたもの, いたよう, いた点, いても, いないと, いなかった, いますが, いません, いるいろいろ, いるかという, いるけれども, いるし, いるその, いるとき, いるに, いる事件, いる事実, いる例, いる文字, いる評論, おりますが, ございました, ゐたの, ゐても, ゐること, ゐるので, ゐるもの, 下に, 不足税の, 居りました, 居るが, 居ると, 胸の

1 [354件] あったかと, あったけれど, あったそう, あったと, あったのに, あったろうか, あった万寿丸, あった少し, あった数行, あった文字, あった次, あった祈願, あった菊, あった返事, あった電話番号, あつたの, あなたどう, ありあなた, ありこれ, ありまして, ありましょう, ありません, あり上野殿母尼, あり又, あり四尺四方, あり希臘神話, あり心臓, あり日本, あり最も, あり武蔵, あるから, あるきり, あるそう, あるその, あるだけ, あるといふ, あるとおり, あるにも, あるので, あるのに, あるん, あるドイツ, ある一箇處, ある下, ある世界, ある中, ある事, ある事実, ある事項, ある入口, ある卑彌呼, ある四ツ, ある変事, ある天子, ある始末, ある定式幕, ある宛名, ある宮, ある小説, ある山海経中, ある座席, ある意味, ある感情, ある戦地風景, ある所, ある故人, ある数字, ある文言, ある格言, ある歌, ある殺人光線放射器, ある淡い, ある片, ある物, ある現象, ある短冊, ある端, ある筈, ある範囲, ある簡潔, ある紙, ある紙凧, ある絶妙, ある総角, ある自分, ある良寛さん, ある蟻, ある言葉全部, ある騒動, いい題材, いく紙, いず又, いたか, いたかも, いたから, いたが, いたきり, いたため, いたという, いたならば, いたのに, いたらやっぱり, いたら最後, いたわねえ, いた作品, いた文句, いた文書, いた書体, いた最中, いた男, いた若い, いた訣, いた近代小説, いって, いないから, いないが, いないこと, いないだろう, いないという, いないよう, いないチョウチン, いない作品, いない部分, いなかったが, いなかったと, いなかったらこの, いなかった人民, いなくて, いなくては, いましたが, いましたので, いますから, いませんでした, いようと, いるあれ, いるかさえ, いるからと, いるけれど, いること様々, いるじゃ, いるすべて, いるそれら, いるため, いるだろう, いるだろうが, いるでは, いるとおり, いるとか, いるとかと, いるな, いるなか, いるならば, いるのに, いるはず, いるまでの, いるものの, いるよ, いるビラ, いるピエトロ, いるブルジョア婦人雑誌, いるモデル, いる一二, いる一節, いる世界, いる中, いる主要, いる人間, いる以上, いる仮名文字, いる個処, いる共産党検挙, いる内容自体, いる内山氏, いる前衛, いる勝連按司, いる北極星号, いる医学生, いる医院名, いる十六, いる口語体, いる同氏, いる和歌, いる四字, いる工場, いる当人, いる心持, いる憎い, いる手紙, いる批評, いる支倉喜平, いる文句, いる方, いる本, いる様子, いる点, いる瓦, いる短い, いる章句, いる筈, いる肉体描写, いる自分, いる虚子, いる要旨, いる記事, いる論文, いる通信文, いる部分, いる鉛筆, いる限り, いる順に, いれば, おらずいわんや, おりこれ, おりそれら, おりまして, おります, おりませぬ, おり一兵士, おり別に, おり直接法学的能力, おり解釈, おり進歩的, おるの, くる, くるの, こき下されたり, このまま, この時代, これが, ごく几帳面, ございましたな, ございます神様, しかるべきところ, しまいました, しまった, しまったという, しまったの, しまったもの, しまつ, その前年, その声, その日, その顔, たまさか来た, つひに, なかった, はじめて, ゆかなくては, ゆきドイツ, ゆくこと, ゆく字, われわれを, ゐたから, ゐたが, ゐたこと, ゐた時代, ゐないかと, ゐないが, ゐないの, ゐない一面, ゐない結論, ゐなくては, ゐますが, ゐるかが, ゐるかを, ゐるため, ゐるところ, ゐるなか, ゐるサミダルル赤寺ノ前, ゐる一節, ゐる事柄, ゐる人, ゐる以外, ゐる作品, ゐる四字, ゐる女, ゐる当人, ゐる彼, ゐる感じ, ゐる時代, ゐる書状, ゐる様, ゐる次, ゐる歌, ゐる限り, ゐれば, プロレタリアとして, 了って, 人形に, 以来綿工場に, 以来蛙に, 傳へられた, 公に, 公表され, 其の上, 其れ, 唐草模様の, 在った, 在ったから, 在ったけれど, 在って, 在りましたので, 在る, 在ると, 在るところ, 在るもの, 在るん, 壁の, 外国へ, 大川へ, 居た, 居たのでが, 居たらしい, 居て, 居ない, 居ます, 居ますから, 居らぬ時, 居りましたが, 居りますか, 居ります斯, 居りまた, 居り支那小説, 居ること, 居るので, 居るもの, 居るよう, 居る事, 居る事件, 居る位, 居る私設電車, 居世間, 岩の, 日常の, 来たの, 来た源氏, 来て, 来ました, 樒の, 正式に, 添付され, 独逸の, 玄關の, 理研の, 町の, 社に, 行かなければ, 読まれるだけの, 貼って, 超俗, 随分騒ぎ, 非常に, 面白くなく, 黙って

▼ 書かれては~ (18, 1.2%)

4 いない 2 いないの, いるが 1 いなかったが, いませんでした, いるけれど, いるけれども, たまりませんし, どうかと, ゐない, 居りません, 読むの, 飽きられ工夫

▼ 書かれたり~ (15, 1.0%)

2 して, すること

1 [11件] した, したこと, した異常, すれば, もて囃されて, ゆるゆる熟読, 思はれたり, 消されたり, 綺麗な, 芝居に, 評釋され

▼ 書かれてから~ (7, 0.5%)

1 一箇月後の, 七年の, 三十年経っ, 久しゅうなる, 十七年経った, 既に十年, 更に十一年

▼ 書かれても~ (7, 0.5%)

1 いるが, それが, それは, よいと, 地下では, 書かれなくても, 露伴先生のは

▼ 書かれその~ (5, 0.3%)

1 下に, 中で, 封印で, 結果は, 述作の

▼ 書かれちゃ~ (5, 0.3%)

2 大変だ 1 たまらない, ア主人の, 困るん

▼ 書かれたる~ (3, 0.2%)

1 がため, と同じ, に非ずし

▼ 書かれてを~ (3, 0.2%)

1 りました, ります, りますが

▼ 書かれながら~ (2, 0.1%)

2 結局一つの

▼ 書かれ~ (2, 0.1%)

1 されぬ, しないし

▼ 書かれ~ (2, 0.1%)

1 に發表, はフランス語

▼ 書かれ何物~ (2, 0.1%)

1 か, かが明らか

▼ 書かれ~ (2, 0.1%)

2 のほう

▼1* [76件]

書かれあの辺の, 書かれかくて舞台, 書かれこの形式の, 書かれこんにち, 書かれそうだ, 書かれそして他人の, 書かれそれを謄写版刷, 書かれただ一色の, 書かれたのしく希望に, 書かれちやあつしにや, 書かれちやアもう, 書かれてさえいれば, 書かれなお大事な, 書かれまた幸堂得知氏などが, 書かれまっせ, 書かれやはり孤児院で, 書かれアミアンの平和以前, 書かれシナ思想で潤色, 書かれヘロドトスはマツサゲテー, 書かれメルロヌス・ホルスティウスはその, 書かれロンドンから発表, 書かれローリイはわたされました, 書かれ一九年に単行本, 書かれ一六年に出版, 書かれ一番あとから数珠, 書かれ一般的に云われ, 書かれ一遍読まれれば, 書かれ伏皇后にお, 書かれ其ままホンヤクされれば, 書かれ其書体も均一, 書かれ出世作とでも云うべき, 書かれ出版された小説, 書かれ出発を待っ, 書かれ印刷されチラクラ, 書かれ或る, 書かれに云われ, 書かれもなき, 書かれ地方の読者, 書かれ大きい別な, 書かれ学者の間, 書かれ実感のこもった, 書かれ家族一同と早川, 書かれ封印がしなおされた, 書かれの部分, 書かれ心持よい印象, 書かれ憲法は, 書かれ戦争が背景, 書かれ所謂家庭での点, 書かれ投函されなかった, 書かれもそう, 書かれ普通の教養, 書かれ最大級の言葉, 書かれ最後は野呂栄太郎, 書かれ柿叟と署名, 書かれ楽器をとれ, 書かれ欧洲では動物, 書かれもここ, 書かれ母子の後, 書かれ流行とまでは云, 書かれ清少納言の, 書かれ漢詩が大きな, 書かれ漸く二流以下の, 書かれ熱情と信念, 書かれ特別な考証, 書かれ生国は奥羽本荘, 書かれの上, 書かれの作歌, 書かれ立ち腐れた標柱, 書かれ表現されなければ, 書かれ解題の意味, 書かれ資本家財閥の打倒, 書かれ鍵孔には薔薇, 書かれ間もなく英, 書かれ青い表紙と, 書かれ香水店の匂い, 書かれ魏略は後