青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「斎~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

文字~ ~文学 文学~ 文學~ ~文明 文明~ 文献~ ~文章 文章~ 文芸~
斎~
斎藤~ 斑~ 料~ ~料理 料理~ 斜~ 斜め~ 斬っ~ ~斯 斯~

「斎~」 3684, 38ppm, 3036位

▼ 斎~ (738, 20.0%)

6 門に 5 家は 4 名は, 子懐, 木の, 返事は, 鼻かけ

3 [18件] ところへ, 作品の, 声が, 家に, 家の, 家へ, 家を, 木剣が, 木剣の, 死は, 歿した, 江戸より, 許に, 許へ, 道を, 鉄扇は, 顔は, 顔を

2 [47件] ために, つくつたもの, ほうで, ように, 一行の, 一行は, 住居を, 前へ, 前まで, 前を, 口から, 名が, 名で, 名を, 声であった, 声を, 女房の, 妻が, 妻は, 姿を, 娘の, 孫に, 宮と, 小説などが, 居ない土地, 後代に, 所へ, 手に, 文章の, 方に, 書を, 書牘には, 木である, 木の下の, 殺剣, 江戸を, 独断で, 眼から, 眼を, 考えは, 言を, 言葉を, 鐘を, 頬に, 頭を, 顔に, 顔色が

1 [559件 抜粋] あいだへ, あとを, あの顔半分, いまの, いる山荘, うけた刀, うしろから, うしろに, えりが, おすがた, おどろきが, おやじと, おりに, お供で, お父さんは, きびしい声, こけんを, こてこての, ことです, こととを, ことばを, ことも, この村, この目, この話, ころじゃ, ささやかな, じじいだ, すがた, そうした眼, ためこの, つかえる柴田権六勝家, つながりに, ところで, とって, ふたりを, ほか二人の, まえに, まえへ, むすめ浪路, やうな, ような, よろこび方, ディレツタンティズムは, ペテン野郎だ, 一団高大之進の, 一子武蔵試合に, 一座の, 一生を, 一行が, 一行で, 一行と, 一行北原賢次であります, 三人が, 三回忌だ, 三男に, 上部八風斎伊那丸へ, 下知に, 下請仕事を, 下風に, 両君に, 主人公を, 主張した, 主筋にあたる, 事を, 人形, 人気も, 人気を, 介入を, 介錯の, 仕事場を, 仕度を, 代に, 伜どの, 伜幼名武蔵と, 伝書の, 住まいでした, 住んで, 住居であった, 住居の, 体が, 何らの, 作った美しい, 作を, 保古に, 信任あつかっ, 偏愛を, 傍系には, 催を, 優男に, 元応音義, 元旅籠町道場, 兄の, 全盛は, 全身が, 全身へ, 八卦や, 八風斎, 八風斎は, 処へ, 出現だった, 分身な, 前に, 前後を, 前身を, 剣法とは, 剣法を, 力を, 力無げに, 医者坊主めみす, 印可目録も, 友達で, 口より, 古泉癖は, 可恐い, 右馬介から, 右馬介が, 右馬介へは, 名と, 名に, 名札が, 君と, 味噌汁を, 命に, 命の, 命を, 問いに, 喉笛を, 堂々たる風采, 報告では, 場所に, 場所らしい, 墓表は, 墓誌に, 墓誌には, 壮年時代に, 声, 声だけは, 声で, 声少し, 大上段が, 大剣, 大名の, 大声に, 大声も, 大胆な, 奉ずる独創天心流, 女で, 女の, 女俊に, 女俊の, 女俊を, 女房お, 女房は, 奴が, 奴の, 好んで, 妻で, 妻の, 妻狩谷氏は, 始て, 姿である, 姿容を, 威圧と, 娘, 娘ずれと, 娘である, 娘な, 娘御, 娘手は, 嫡孫に, 嫡流で, 子が, 子である, 子と, 子の, 子を, 子土部駿河守家中, 子孫では, 子竹亭, 字は, 学を, 学芸に, 孫女は, 宅へ, 宮の, 家で, 家にも, 家世には, 家名を, 容子を, 小説は, 少時奈何に, 居丈高に, 居間に, 居間の, 居間を, 屋敷から, 屋敷の, 屋敷址へ, 屹然と, 左右から, 左手は, 市の, 市日の, 師事した, 師弟を, 帯と, 平清盛を, 床几の, 店である, 店の, 店津軽屋と, 庵室を, 弟子だった, 弟子など, 弟子に, 弟子蛾次郎であった, 弟子鏃師の, 形見だ, 影は, 影へ, 影響だ, 役目は, 後は, 後ろを, 後継者で, 御門下, 御隠居さま, 御馳走には, 心が, 心境と, 怒りを, 怒る声, 恩師そも, 恩恵も, 息子の, 意を, 愛する所, 愛弟子だった, 愛弟子に, 態度が, 所謂娯楽なる, 手ぎわも, 手で, 手の, 手の内か, 手を, 手下に, 手元に, 手元へ, 手当を, 手紙が, 手紙を, 手許で, 折に, 招待に, 挨拶にも, 振って, 支度まで, 支那風に, 数日間の, 文名が, 料は, 新文体, 方から, 方は, 族で, 既に一たび刻, 日記二十四年の, 日頃から, 晩年の, 晩酌の, 書である, 書には, 書中に, 書斎と, 書斎を, 書状を, 最後の, 最期の, 最泰西人, 服装を, 木または, 未だ江戸, 末なれ, 末むす, 末裔じゃ, 本身に, 柏軒に, 構えを, 横合から, 機嫌は, 次男万次郎であった, 此書牘には, 歿年から, 残した借金, 残した数行, 殺刃, 気に入ったもの, 気分が, 気魄の, 汗ばんだ叱咤, 注意で, 浮世絵も, 混乱は, 游蹤を, 漫画などを, 漫画は, 燭を, 独創では, 猿臂が, 生れた家, 生れた弁慶橋, 生母佐藤氏は, 生涯は, 生父, 生父高橋高敏, 甥に, 申すこと, 留守中は, 略伝を, 病を, 痩せた身体, 白い髯, 白髪あ, 白髪に, 目から, 目の, 目を, 目口は, 相貌を, 眉間へ, 看板も, 看護を, 真価を, 眼ざし, 眼に, 眼は, 眼玉へ, 着物滝松の, 祖父さんも, 神技を, 神辺に, 竹籠に, 笑うたのに, 第二女, 第二子, 第十三回忌, 第四子, 筆に, 筆蹟は, 篆印も, 精妙剣に, 精神も, 細工小屋か, 経世と, 継嗣である, 罪ほろぼしは, 老いは, 老後の, 老衰の, 考えて, 肘の, 肺腑にも, 背に, 背後から, 背景に, 胡蝶紅葉の, 膺懲に, 自ら語つた京遊云々の, 自供を, 色彩は, 苦しみが, 茶筅髪は, 草庵へ, 莚に, 董督に, 薙刀は, 薫陶を, 蘭軒に, 行動は, 衣は, 衣を, 裔だ, 裔喜太夫の, 西遊に, 西遊は, 西遊を, 西遊中四日間の, 見損い, 規格にも, 視線に, 視線を, 覚悟また, 観劇談を, 観相が, 角屋敷の, 言うこと, 言った事, 言に, 言文一致の, 言文一致は, 言葉が, 言葉と, 言葉に, 言葉には, 言葉は, 訓育であった, 許から, 詩に, 詩を, 話は, 話を, 詳伝の, 語り出しは, 説に, 談が, 諫言は, 諷刺画芳幾の, 諸家いづれ, 謂ふ, 講筵に, 識語の, 豪邁の, 賜膳である, 越前落ちに, 足の, 足下に, 足蹴に, 足音が, 踏み渡って, 身辺も, 躾を, 辛巳西遊の, 辺要, 返答が, 退隠の, 連中であっ, 運命に, 道が, 道の, 道は, 道中歌を, 道場では, 道場に, 道場において, 道場へ, 道風は, 遺した寮, 遺した寺島, 遺子武蔵事予而追, 遺言であった, 邸を, 都城の, 配偶として, 鉄扇が, 鉄扇に, 鉄扇も, 鉄拳を, 鉢巻の, 鐘に, 長女たかのは, 長女で, 門では, 門下で, 門下随一という, 門人なる, 門弟である, 間へ, 間臨時に, 陳述を, 隠れ家へ, 隠れ蓑も, 隠宅を, 集にも, 非凡が, 面に, 面も, 頭上に, 頻りと, 頼みに, 額は, 顎が, 顔へ, 顔色を, 願いを, 風が, 風貌を, 風邪いかが, 食後腹痛を, 食指の, 養子と, 養孫懐之の, 養孫矩之が, 養孫矩之に, 高弟である, 高弟木村助九郎で, 高足木村助九郎であった, 髯を

▼ 斎~ (623, 16.9%)

8 自分の 6 それを 5 眼を 4 静かに 3 そう言っ, 手を, 木高く繁く, 笑って

2 [19件] うなずいて, かう云, これを, そういっ, それに, 京都に, 俯向い, 咽喉まで, 声を, 微かに, 急いで, 手綱を, 是等の, 気が, 眉を, 自分も, 鉱気くさい, 錦子を, 首を

1 [550件 抜粋] あたかも欧化熱, あたりに, あなたの, あの笛, あらゆる点, いくらか, いささか不愍, いずそこ, いちども, いっこうに動ずる, いつならず重たい, いつも笑った, いとも苦々しく, いとゆ, いぶかしげ, いま机に, いらないぞ, いわなかった, うつむいて, うてまれびとと混淆, うなった, おさえきれないよう, お次に, お雪ちゃんの, かがやかしい眸, きのうの, ぎょっとし, くだらぬこと, くちびるを, けげんな, こういっ, こういった, こう言っ, この二雑誌, この名水, この気配, この雛鳥, これが, これまでの, こんな事, さきに, さすがに, さてこそ, さてこそという, さらさらと, しかし肝心, しどろもどろ額の, しばし京, しばらく足, じっとその, じっと犬, すぐ腰, すぐ言葉, すこし苦笑, すでに去年, すでに徳川家, せれば, そういいのこす, そういぶかしく, そうかたく, そうだ, そう云う, そう呟き, そこで明快, そこに, そのうわさ, そのころ, そのまま想い出し, そのまま眼, その内側, その号, その弟子, その手足, その時, その涙, その秘法, その背かっこう, その詩文, その顔色, その首, その黄八丈, そばの, それから, そんな気, ただ静か, たとえに, だだを, ちがった方向, ちょうど試合, つい, つねに裏二階, つぶやいた, つぶやくよう, つれて, とうとう呶声, とろ, どこへ, なおも天井, なおも心, なお手, なかなか語り出さなかった, なにかに, なにかひとり, なにか自分, なんだか頭, なんにも, はっとそれ, はなはだけしからん顔つき, はやくも, ひとり者である, ひどく怒っ, ひどく興味, ひやや, ふたたび土, ふと思い出した, へだてなく語った, ますます落着き払います, ますます鋭い, ますます魅入られた, またより, まッ先, むろん大, もう諫言, やさしくいっ, やや離れ, やるせなみ, ようやく安堵, ようやく起っ, よくいった, れいの, わが子ながら, わしに, わたくしは, イギリス文学に, クックッ笑い, ジロリと, ハタと, ヒラリと, フッと, ホッと, ポンと, リューマチスと, 一刻, 一寸頭, 一度腰, 一方から, 一族や, 一旦酔っ, 一箇の, 一隅に, 一頃監獄医を, 三十六歳で, 上々の, 不審し, 不思議にも, 不遜な, 世にもあ, 世間に, 丹下が, 二人を, 二十七に, 二年己卯に, 二度までも, 云は, 五十二三の, 人となりが, 人に, 仁十郎に, 仁十郎を, 今川一族の, 仮令斉興, 伊達政宗の, 会期を, 伸び伸びと, 佐藤一斎等の, 何かの, 何より先, 何処へ, 何故に, 余りに多才多能, 余りに早く, 余り早く, 供ひとり連れ, 保古の, 信長とは, 俳諧師の, 儒を, 兄富卿を, 先考の, 入京した, 入京数度に, 全く孤立, 其の顔, 其人を, 其如意亭に, 再びここ, 別に怒るで, 利休の, 前に, 前差し, 剣術を, 割合に, 創刊匆々無限責任を, 力の, 力無, 勝負の, 勢いに, 十五歳で, 半月すぎ, 卒中で, 単位と, 即死した, 又, 又暫く, 又蘭軒, 古銭をも, 召使たちと, 台所に, 右手に, 右手の, 吉村正隆東渓は, 同じく中段, 名は, 名古屋へ, 吟じて, 咄嗟に, 咄嗟の, 和田の, 和田を, 咳き入りながら, 唯律義, 唯月, 四十三歳慊堂は, 四年の, 壁の, 変な, 夙く享和元年に, 大声に, 大薙刀, 失脚の, 奥まった蔵座敷, 妻子し, 妻子もて, 始て, 始終志摩国的屋, 子の, 子を, 安政三年正月七日に, 実に大阪落城者, 家康公の, 密かに, 寛, 寛政九年二月十八日生だ, 寛達な, 寧ろ悲し, 小石氏里恵と, 小野家へ, 小首を, 少しも, 尚早論と, 尾崎紅葉川上眉山たちと共に, 居催促で, 山の, 山家者の, 岩の上の, 島津重豪が, 嵯峨生活の, 己卯に, 己巳の, 師の, 帰って, 帰らなかった, 幕府に, 幕府医官の, 平気な, 平身低頭し, 平馬, 幼に, 広言を, 床の, 弘安本を, 強くいった, 当人にも, 当時の, 彼女の, 後手を, 微妙に, 微笑し, 心から頭, 心の, 心安げ, 応変自在鉄扇を, 忠利に, 思った, 急に, 恰も欧化熱, 悠然と編笠, 慌てて, 慧敏な, 憎さ, 戒刀を, 手に, 手働四輪車を, 抜け歯, 按摩である, 改進党の, 政宗と, 敷居外に, 文化十三年丙子に, 文政四年に, 文政四年四月十四日に, 文政庚辰より, 新九郎の, 日本橋辺の, 日満の, 早くも, 明らかに, 明るくうなずい, 明確に, 春の, 春花秋草に, 昨年あたりから, 晩年越前家に, 暫くし, 暫くの, 最前から, 朝生徒に, 木の, 木曾路を, 木陰の, 本性を, 朽木の, 李挺の, 杖の, 杖を, 枯葉の, 桃よ, 案内せられ, 桐の, 概ね三月二十日頃, 歌って, 此にも, 此より, 此年貧困の, 此旅に, 此辛巳四月十四日の, 歯軋りて, 歿し, 段木の, 毎日綺麗に, 気の毒そうに, 気軽く伝吉, 江戸に, 決して厠, 決して辷らなかった, 沈黙し, 沢庵より, 河へ, 法水の, 泣く泣く家, 泰然と, 津軽家の, 浅草に, 浪宅に, 浴槽から, 満更芸道, 満足し, 演説を, 火炎に, 灰白色の, 焚火を, 無手と, 無言で, 無論の, 燃えさしの, 牧に, 牧の, 牧を, 狂おしげ, 狂ったよう, 狩谷保古の, 独り者で, 独り言の, 独り頷い, 猶不審顔, 甘んじて, 甚八の, 生涯独身で, 用人格に, 画家福田半, 畳に, 疲労と, 病が新に, 病みがち, 病みて, 病床について, 病床を, 病臥中鎮子は, 発狂した, 白い粉, 白衣を, 盲目では, 相当著名, 真中へ, 真剣又, 礼を, 礼儀を, 礼譲玄蕃の, 神蔭流の, 福島の, 私の, 穏かに, 立上りかけた, 立派に, 竜之, 答えて, 答えないで, 簾を, 納得しよう, 純八, 細工屋に, 維新前, 編笠の, 編笠を, 美い, 老後に, 考えた, 考えながら, 耳を, 肥後生れの, 肩を, 肯首ずいて, 育てて, 脚下の, 腰を, 自分を, 舌を, 舌打ちし, 舌打ちを, 苦し気, 茶室に, 茶山に, 草の, 落ちつく間もなく, 落語家北渓は, 薩摩の, 藩主阿部正寧の, 蛾次郎とは, 蟇みたいに, 血の気の, 袂から, 袴の, 見事な, 角兵衛獅子の, 訓え, 話を, 読み終って, 識語を, 起ち上った, 身ままだった, 身体を, 辛巳西遊の, 近年に, 迷惑そうに, 追い附いて, 里恵と, 里恵の, 重い手傷, 野良仕事を, 金が, 鋭い声, 鋭く睨みつけ, 鍬の, 鐘楼の, 長政の, 陣羽織を, 険しい眼, 険路も, 隠居を, 隠居但馬守儀は, 雇われマスター, 鞍の, 頗る武芸, 領地をも, 頬杖を, 頷いて, 頸を, 顔色を, 飛燕の, 馬を, 駕籠に, 騒がず, 驚き呆れる, 高木と, 髯を, 鬼ヶ城峠を, 麻の, 黒くさ, 黙って, 鼬の

▼ 斎~ (313, 8.5%)

3 自分の

2 [11件] ある, つぶやいた, 作つてある, 口を, 呟いた, 建立した, 怒って, 柏軒の, 歿した, 眼を, 答えると

1 [288件] あいついで, あたかも風, あのよう, あの晩, ある宿場, ある時, いうの, いかに幕府, いきなり仙人, いた跡, いった, いつの間にか入り込ん, いても, いぶかると, いるならばと, うなだれながら, お供, お母さん孝行な, お露, きっと御, こう云った, こう考える, こう言った, ここを, このよう, この時柏軒, この裾野, この質問, これに, さがして, しきりに帰り, しきりに袖, しめしたの, すっかりお, するの, せがれ武蔵と, そういう胸, そこに, そこまで, そっと硯, そのとき, その一人, その室, その後を, その新免, その晩, それを, たびたび加えた, ために, ちょうど厠, とつぜん言い叫んだ, どういうわけ, どうしてそれ, どうして今川家, どれほど兵庫, なかなかうがった, なんとかささやきます, ねぎらいながら, ひどく感心, ふいに, ふくみ状に, まいったと, まじって, また声, また隙, まだ兵馬, やったいま, ようやく一語, よく知っ, わかれば, わざわざ囁い, ニヤニヤし, ワッと, 一つくさびを, 一切門を, 七年の, 三十四歳に, 三斎老として, 上半身浸っ, 久しく約, 二ノ丸にも, 二十日に, 二男兵部丞昌綱討ち取っ, 二著の, 五十二歳に, 五十四歳戸主懐之が, 京都に, 京都加茂神社の, 仏足石の, 但馬守宗矩の, 何が, 何よりの, 何を, 何事をか, 何歳伊沢蘭軒が, 作って, 使者に, 修法の, 側の, 傑れ, 先で, 入って, 全盛期の, 八瀬小原の, 六十一歳で, 六十七歳で, 其官歴を, 其誤を, 再び出で, 冷淡であった, 凭れかかった, 凶宅に, 出て, 出るだね, 切った芍薬, 初度の, 加藤清正に, 北, 十八に, 十况斎が, 去ると, 参って, 取合わぬの, 古今の, 古代時計室の, 右の, 吉岡憲法に, 同じ日数, 問わず語りに, 四五丁駈け散らし, 四十歳頃に, 四級に, 墨田川を, 夢でも, 夢にも忘れ得なかった, 大きい声, 大刀を, 奥医師を, 好きすぎるもの, 妻と, 始めた仕業, 子や, 子を, 宗厳と, 宗矩に, 家を, 家女に, 小倉へ, 小野忠雄の, 尻目にかけて, 島原の, 川沿いの, 常関書屋, 平次を, 延命の, 引けますると, 弟子を, 後方の, 必死の, 思いました, 思わず, 息を, 想像し, 憎くなっ, 懐之を, 懸念した, 戻り道の, 手を, 打棄, 扱うよう, 招いて, 掌上の, 改進新聞社の, 敷居際に, 文化十四年に, 明和年代の, 昨夜死んだ, 晩年下庄から, 暇を, 暗くきいた, 書を, 最も可愛, 有ると, 有れば, 木曾の, 木箱を, 朱元, 村民の, 来るとは, 東道ぶりで, 桜雲台の, 極重, 権田の, 欄外に, 此年辛巳四月十四日に, 此旅を, 死ぬ前, 死んだの, 死んだ時, 殺したも, 毎晩来る, 民を, 江戸屋敷に, 洞察した, 無事なら, 片手で, 牧の, 牧を, 特に其俳句, 独りで, 生家の, 生家高橋氏を, 申したとおり, 申し出であった, 画中の, 療治し, 盃の, 真剣をもって, 眼の, 研鑽し, 神田の, 神蔭流の, 祭礼の, 禄仕し, 秀吉の, 秘呪を, 空中葬に, 突然, 立ちあがった, 筆を, 答えた, 終って, 経営し, 続けて, 緊張した, 編輯し, 美丈夫で, 羽織の, 老母重き病に, 聴き容れるの, 能く, 腰に, 腹を, 臨終の, 自分一人で, 若年の, 草鞋など, 華美は, 蔵の, 蚤く, 血刀を, 行ったり, 裸体で, 見分に, 言いました, 言った, 言葉を, 説明し, 調合し, 豊前で, 躍起と, 辺りへ, 近づくと, 返辞を, 追いかけて, 追っかけて, 逃げて, 逝いてから, 道場に, 遣りそう, 遺愛の, 鉄砲さんを, 開いたもの, 隅田川の, 隠れ柱の, 隠居し, 隠居所略儀は, 雪辱に, 霞亭の, 非常の, 鞘ごと抜い, 音も, 頬杖を, 頷くと, 顔を, 饒舌った, 馬籠を, 鬼でも

▼ 斎~ (160, 4.3%)

4 しても, 頼んで 2 別れて, 向って, 学んだ, 相違ない, 連れられて

1 [142件] あずかった礼, あずかりたいもの, あずけて, あつら, ありついた後, いかに盲蛇, いや武蔵, いわれたまま, うけ居合, おくって, おまかせ下さい, お籠りで, お診せ, こちらを, して, すがた, ぜひ話せ, そっくりで, ちがいない, ついた, つたえられた秘命, どなられて, なって, ひろわれたという, ぴしゃりと, まぎれも, まず味, むかって, ガラッ八, 一剣を, 与りたい, 代つて作, 代つて歌, 会えるか, 会った, 会った時, 会って, 伴われて, 侍い, 儂が, 出さしった, 出て, 出会って, 加わる人達, 勝る腕前, 勝手に, 匿われて, 及んで, 句読を, 叩頭を, 召されて, 召使われ, 叱られやしないか, 向けて, 呼ばれて, 塾生の, 夢中に, 大杯を, 天真正伝神道流を, 天道を, 女竹斎です, 如何ような, 学ばせるよう, 学び柏軒, 学んだ事, 寝て, 小手を, 就いて, 就き, 属して, 山陽を, 師事した, 師事する, 師事せし, 引合わされ北原賢次, 従つて渋江抽斎と共に, 従学する, 心からの, 心の, 急就篇, 愛され一師一弟, 手伝って, 打ち込まれた太極, 招ばれ, 挑んだよう, 描写された, 故郷の, 救われここ, 教えたの, 文通しだした, 斯う云った, 新九郎の, 書を, 有利なる, 次で, 残酷な, 気取られぬうち, 獲た, 矢場遊びの, 知らし勇斎, 神亀の, 紹介し, 聞いて, 聴いて, 腹を, 至りますます複雑多様, 袖を, 見せ, 見せました, 見るが, 言い当てさせて, 言わせたの, 訊ねた, 誓った為事, 調べさせて, 調法がられ, 請うた, 貸し渡すよう, 贈つた, 贈つた此年, 起った, 踏みつけられたの, 迫ろうと, 送った手紙, 通ずる音, 逢ったので, 逢った時, 連繋し, 違いなかった, 違えねえな, 適いたの, 長崎の, 限らず創作家, 限りない, 院之, 非ざること, 面ざし, 面接する, 頼まれて, 頼らなくても, 飢えは, 養われ菊池容斎

▼ 斎~ (128, 3.5%)

8 大八は 4 号した 2 いう, いって, 云った, 云ふも, 北原賢次とが, 柳水とが, 申す者, 連れ立つて

1 [100件] あったの, いいその, いいました, いい後, いえば, いった, いわるる人, いわれたの, いわれて, いわれる大店, し抱沖, その召使たち, である, なったり, なり主家, なると, もうす者, よぶもの, よぶ按摩, 二葉亭四迷と, 云い京, 云うやかまし, 云う人相観, 云う男, 云つた, 云ひ, 云ふ, 他に, 仰有るの, 併せ論ずるの, 別れを, 別れ未熟, 叔母が, 号しまたは, 同じよう, 同じ剣妙, 名のって, 名を, 名乗って, 名乗つてゐる, 名乗り五十前後, 呂宋兵衛, 呼んだ人, 変え都, 変名し, 大八, 大八が, 孤軒老人, 宝蔵院の, 当時柳営の, 彼との, 思うて, 思案と, 懇意に, 担人とは, 新九郎は, 日を, 曰うたとの, 書いたの, 書いて, 書くべき語, 最も近い, 末座に, 来た日, 棠園との, 正兵衛も, 泣き虫蛾次郎, 渡辺樵山との, 申しあげて, 申す, 申すは, 申す老輩, 眼を, 知り合いましたを, 石浜村へ, 硯友社との, 福知山方の, 称えて, 称し主人, 称し志士, 立ち合って, 簡素に, 綽名し, 義昭将軍の, 聞いちゃ, 聞いて, 聞けば, 肩を, 蘭軒と, 蛾次郎の, 言うて, 言えば, 言われるほどの, 試合わずして, 谷大八が, 谷大八の, 賢次とに, 長崎以来これも, 長達とは, 面と

▼ 斎~ (125, 3.4%)

5 して 4 打ち込んで 3 打ち込むこと 2 伴れ, 呼ぶよう, 喫い

1 [107件] あげて, うんと言わせ, おいて, おそれる蛾次郎, おだてて, した, じっと見つめた, じろじろ見, すすめ其人等, する訳, そッと, たった一本, のぞいては, はじめと, はじめ一同は, はじめ先代吉左衛門の, はじめ谷大八どっちへ, もしの, よびに, 一度なり, 一本打ち込まね, 一本打ち込み, 一瞥する, 中心に, 主筆と, 久々で, 介して, 供えなければ, 信じて, 信用し, 倒さなければ, 傲慢なり, 傷くる, 儲けた時, 先頭に, 前に, 劬った, 勁い, 叩き起した, 名のり彼も, 呼び寄せなど, 呼んで, 喪なった, 奉仕を, 始として, 始めどの, 始め紅葉, 家から, 密室の, 師と, 平凡な, 座長として, 引いて, 当って, 御覧ぜ, 思いだしながら, 思いまた, 恫, 打ち破ること, 打ち込まねば, 打ち込み松平, 打ち込むご, 打ち込むであろう, 打ち込むなんて, 打ち込むは, 打ち込むまでの, 打ち込んだという, 抱きこんで, 指す者, 捕え手枷足枷, 斬った上, 断念しきれない, 本陣へ, 権勢家の, 残して, 殺したとき, 無視し, 献ずる者, 目がけるほか, 瞶めながら, 知つたのも, 経彼, 膝の, 致しますと, 苦しめること, 蒼白な, 見あげた, 見かけると, 見た, 見た瞬間, 見ると, 見上げただけ, 見上げて, 見出した, 見出すこと, 解くに, 訪うた事, 訪ねるの, 設くる, 設けしめたから, 軍僧と, 軍師に, 進めたり, 際立たせねば, 顧みて, 食べるの, 黄葉夕陽村舎に

▼ 斎~ (93, 2.5%)

2 それを

1 [91件] いるし, いろいろ迷つた, うたれたよう, えれえ, おどろいて, おもしろい老人, お世話が, お喋り坊主の, かかる夜半, かまわずに, すでに遠い, すまし込んで, そう云った, その以前, それには, ちょうど名古屋, つくづく見やります, とうとう死ん, はやよい, ひとたび向きを, ひどく困じ果てた, ぴたりと, まごまごし, また, またしきりに, また宴, また義元, また肯かぬ, われながら, ホッと, 一刀斎も, 一歩も, 不覚を, 亦この, 亦此書, 亦歿, 亦養父三右衛門保古, 京都へ, 人の, 今日は, 初めて, 十年の, 古書を, 同行の, 名古屋の, 変りものだ, 夏の, 夙く市野の, 夢剣庵も, 大, 大八, 大八も, 大北条, 子どもや, 家に, 寝入り細工小屋, 対手に, 崖ッぷちに, 当主の, 復活しだした, 思わずギョッ, 思わず打ち込みの, 悪びれないで, 愕きの色を, 慊堂も, 手に, 捕えられて, 日本の, 柄を, 柳水も, 柴田の, 業火に, 欣然として, 正にかう, 江戸の, 涙を, 父を, 狂六も, 病身で, 眼の, 竹童の, 老後を, 聞いて, 苦渋の, 読みかけの, 足を, 身支度を, 陪席し, 雪之, 飲を, 黙って

▼ 斎先生~ (82, 2.2%)

3 のお 2 が持っ, のところ, の御

1 [73件] からあなた, が, がお話, がその端然たる, がみんな, が一, が七十, が口説いた, が夜更け, が永, が瀕死, が煙草, が現れる, が答えた, が陣取り, が頭, であった, でございましたね, なきあと, なぞにこんな, に, にひとつ序文, にもよく, に一手, に名乗りかけた, に実は, に対して何, に師事, に逢いました, の, のご, のため, のほか, の一子新太郎殿, の位牌, の出入り, の家, の左, の愛誦, の教室, の気魄, の甥, の疵, の葬儀, の霊, の鼻, はこう, はその, は余り, は同じ, は多く, は大層, は容易, は心得, は斯, は此室, は決して, は流行医者, は病家, は自分, は花子夫人, は言う, もいれ, も飛んだ, や孤軒先生, よりももっと, をたのむ, をよん, を居住, を担任, 与慊堂先生読李如圭釈宮, 亡きのち, 贈雁

▼ 斎という~ (53, 1.4%)

3 のは 2 剣術の, 男が

1 [46件] あの面白い, のが, わずか十四歳, 人で, 人の, 人は, 人物が, 人物については, 人物は, 人間を, 伯楽は, 俳人が, 先生を, 具足師でございます, 剣客が, 医家の, 医者で, 医者に, 号じゃ, 号も, 名を, 名人が, 売卜者が, 奴が, 奴は, 実直者, 巨人が, 師匠が, 御家人くずれ, 打物の, 漢学の, 男何を, 町医者が, 画工に, 老人です, 者が, 者じゃが, 者であろう, 者です, 者人穴の, 茶坊主の, 荒法師も, 藪医者は, 軍師築城の, 鏃鍛冶の, 駿河守隠居名に

▼ 斎隠居~ (40, 1.1%)

2 の屋敷

1 [38件] から渡された, がニヤニヤ, が何, して, だって怖, であろうか, とかいういけ好かない, どんな場合, に直, に訴える, のまなむ, のやさし, のよう, の出, の姿, の機嫌, の身, の邸, の顔, はぎょっと, はこの, はだんだん, はまんじりと, はわが, は小姓一人, は物, は猶も, は相手, は自分, は苦み, は苦笑, は蚕豆, は言っ, は部屋, は青ざめた, ももう, を見, 之譚とく

▼ 斎~ (39, 1.1%)

2 のもの, の官人, の祝詞

1 [33件] が公, が呪詞, が後世, が無, が祝詞, とは比較, とも卜部, と分担, と対照, と文部, などのい, のほか, のもの以外, の二家, の同格説, の唱, の地位, の場合, の官人二人, の宮廷, の役人達, の扮, の敵, の氏人, の為事, の祖先以来代宣, の祖神, の神主, の誦する, の諸氏, の護詞, は呪言神, は天皇

▼ 斎~ (36, 1.0%)

2 に召しいだされ, の耳

1 [32件] が偉く, が老年, そして御, その時死罪, という者, にお, には勿論, に五百石, に助命, に参らせ, に向っ, に従って武功, のお, の仁慈, の余光, の十三回忌, の御, の御供, の言葉, の部屋, はわらっ, は天晴, は御, は景一, は笑っ, は聞い, は茶人, は豊前小倉, へ自己, も御, も随従, 御致仕

▼ 斎から~ (32, 0.9%)

2 見れば

1 [30件] うけた烈しい, お状箱, こう言われ, この文箱, ただ一刀に, どんなにか, よい笑われ, 一師一弟八方巻雲の, 使いの, 借りて, 八方巻雲の, 勝ちを, 子供の, 得た何, 手紙を, 斬れと, 流れ出した文体, 清正へ, 盗むかわり, 真田幸村にも, 細々と, 絶えず与えられた, 義元を, 耳うちを, 聞け, 聴きたくも, 蓮花を, 見ると, 言われても, 贈られた一枝

▼ 斎屋敷~ (30, 0.8%)

2 の方角

1 [28件] から出, での一条, という, になき, に乗り込みねえ, に乗り込みます, に乗り込むまえ, に乗り込ん, に例, に出はいり, に駆け込まなけりゃ, に駆け込む, のお, のわがまま, の奥向, の奥深い, の方, の秘事, の裏庭, の門前, へこの, へでも駆け込まなきゃ, へなぞ, への出入りなぞ, へ本職, を意味, を言っ, を辞し

▼ 斎どの~ (28, 0.8%)

1 [28件] か, から聞こうで, がお, がお守り, が一番, が列席, が岐阜, こそ父, とおなじ, とは国もと以来, とは至って, にもいぶかしい, に見せたかった, のお蔭, のご, のため, はすっかり, はた, は以前, は何, ばかりをお, へ御, もこの, も二度と, も地下, を病床, イヤ皆, 遍歴を

▼ 斎~ (24, 0.7%)

2 のお, の御

1 [20件] から甥, がおもしろい, そのまた, で, といえ, とは兼ね, と仰せられ, にお, にはその後, にもよもや, にも親しく, のお許し, の前, の御前, はお, へはここ, へよう, もおどろいた, も例, わっし

▼ 斎殿~ (20, 0.5%)

2 がお

1 [18件] が牧仲太郎, でござるとの, とあら, とな, とのあいだ, と呪法競べ, と私, にかかっ, にはあの, にはきつい, にもさだめし, に何, の剣, の御, へご, も明日, より殿, を打ち込みなされた

▼ 斎とは~ (19, 0.5%)

1 [19件] そこもとでござった, ままことば, よくも巧み, ドンナ人だろう, 仮の, 何年交際っても, 又今, 叔父甥の, 同級だった, 家庭でも, 年歯を以て, 息子以上に, 生前莫逆の, 相顧み, 茶禅の, 見る所, 質を, 静の, 面識は

▼ 斎~ (17, 0.5%)

2 の期間

1 [15件] したから, すなわち, するに, だから, の下, の初め, の制厳重, の制煩多, の始め, の日, の標識, の法則, を意味, を省略, 厳しく慎みおりし

▼ 斎~ (16, 0.4%)

1 [16件] その好意, なんていう, ゆずろうと, 会いに, 伴れ, 向いた, 向けて, 対馬守何事か, 往った, 持出せる, 振向いた, 示しながら, 貴さまも, 近づくこと, 近づく機会, 近づく機縁

▼ 斎老人~ (16, 0.4%)

1 [16件] から伝授, の唇, の意見, の所, の遺言通り, はもがいた, はやはり, は大阪落城, は娘, は強い, は江戸, は語り, は隙間, もまた, も安心, を見上げ

▼ 斎部祝詞~ (15, 0.4%)

1 [15件] が分離, が祝詞, だけに尠, であるが, と云, に似, に俤, に属する, の中, の中心, の二種類, の類, は多く, は神秘, 並びに稀

▼ 斎には~ (14, 0.4%)

1 [14件] いい子ども, この家康, よく酌み取れた, 二子三女が, 何の, 僕は, 変り果てた新九郎, 安積艮斎の, 左様な, 桔梗河原の, 確か咽喉部に, 経を, 遂に面謁, 限らないが

▼ 斎~ (14, 0.4%)

2 の顔, 右団治が 1 が物, に対して世間, の容貌評, は下品, は茶人, や多, を認めない, 右団治の, 市川右団次, 市川右団治の

▼ 斎広重~ (13, 0.4%)

2 の, の板画 1 が死, の二大家, の名所絵, の山水画, の描いた, は六十余年, は北斎, をつぐ, を挙げ

▼ 斎~ (13, 0.4%)

1 [13件] が, がこれ, が道庵, が道庵先生, でもう, として挙げ, と会見, に左様, の取持ち, の方, は常に, を啓発, 医も

▼ 斎詩集~ (13, 0.4%)

1 [13件] に, には, には七絶一首, には此年, には此年文政十年, に七絶一首, に先づ, に前, に此時, に見え, の, の此秋, の自

▼ 斎~ (12, 0.3%)

2 あつた 1 あつたの, いやあがら, ござります, しっかと二人, とおる人物, はなから, 一ぱいだ, 供は, 家業を, 見るとおり

▼ 斎父子~ (12, 0.3%)

1 [12件] が此年五月二十日, が福山, が秋, と蘭軒, の事, の宮島, の此漫遊中, の驚き, はそこで, は果して, は此年文政四年五月二十二日, を背景

▼ 斎和尚~ (11, 0.3%)

2 であった 1 からである, が常に, にいわせる, について学問, の忌日, の気もち, は今川家, や元康ら, をはじめ

▼ 斎坊主~ (11, 0.3%)

11 之助

▼ 斎部氏~ (10, 0.3%)

1 が口誦, が担当, が朝廷, との社会的位置, の反撥的, の支族, はふと, は天富命, は最初, 中臣氏

▼ 斎~ (9, 0.2%)

1 からそんな, からである, か何, この山, と思わない, な, なこれから, のという, よおれ

▼ 斎~ (9, 0.2%)

1 あの, 孤軒から, 宗矩とは, 山田芳洲の, 日本橋の, 本位田家の, 横山浜川と, 独楽の, 紅葉の

▼ 斎宗厳~ (9, 0.2%)

1 から新, から杖, と会っ, に手, のす, の晩年, は六十八歳, も常に, を出し

▼ 斎さま~ (8, 0.2%)

1 がいます, とてもう, にご, に渡らせられる, のお, の名, の御, はもう

▼ 斎その~ (8, 0.2%)

2 人が 1 人の, 声は, 者へ, 者も, 腰について, 長男が

▼ 斎との~ (8, 0.2%)

2 間に 1 事件を, 交渉が, 初対面は, 応酬を, 芸術的優勝劣敗では, 門に

▼ 斎~ (8, 0.2%)

2 六, 六の, 六は 1 六に, 六を

▼ 斎~ (8, 0.2%)

3 に御 1 から瓦みたい, であること, といっ, は松竹, も従軍

▼ 斎念仏~ (8, 0.2%)

2 の如き 1 では殊に, と, という踊り, と言, にて行う, にまで用い

▼ 斎~ (8, 0.2%)

1 でし, には夜中人, に一処, に肉食, の本義, の虐殺, もない, を仏

▼ 斎~ (8, 0.2%)

2 のとこ, のところ 1 が始, の所, は誰, へも

▼ 斎さん~ (7, 0.2%)

1 うまい口, がこの, にね, に仕上げ, のところ, はそれ, は何

▼ 斎では~ (7, 0.2%)

2 ない, なかった 1 ございません, ないか, なくて

▼ 斎~ (7, 0.2%)

7 此戸を

▼ 斎~ (7, 0.2%)

1 がや足腰, さえまだ, の事, の学資, の身, は影, は沢山

▼ 斎~ (7, 0.2%)

1 と呼んだ, に籠らした, の所在, の施設, の金具, も同じ, を造り

▼ 斎~ (7, 0.2%)

1 および後藤氏, が大作, が百円, でご, にお, の親友, は楠公

▼ 斎石見~ (7, 0.2%)

5 の両人 1 などは嫉, の無分別

▼ 斎~ (7, 0.2%)

2 を持っ 1 でその, にありつい, もそれきり, を小者, を集め

▼ 斎自身~ (7, 0.2%)

1 であったの, のその間, の創意, の申し出, は若い, も年, も思い

▼ 斎谷大八~ (7, 0.2%)

2 の二人 1 とともに源三郎, などが迎い, の三人, も自分達, をはじめ

▼ 斎にも~ (6, 0.2%)

1 伝へて, 優れた名人, 変りない, 床几を, 弟の, 礼を

▼ 斎~ (6, 0.2%)

1 が釣り, に先ず, の息の根, の白髪首, の置き, よくよく田安家

▼ 斎国芳~ (6, 0.2%)

1 あるのみ, と名人上手簇出, の描いた, の板物, の門人国友, を殿

▼ 斎女王~ (6, 0.2%)

2 も処女 1 といふ高級巫女, と言, のよう, を持つ

▼ 斎~ (6, 0.2%)

1 がひらけ, なり塵, に於, に立つる, に立てる, を作る

▼ 斎~ (6, 0.2%)

1 だよ, というの, に仕掛, の方, の近所, や平左衛門

▼ 斎用水~ (6, 0.2%)

2 に棚, を表す 1 あるいはゆか, 或はゆか

▼ 斎~ (6, 0.2%)

1 がその, と往来, に始ま, をし, を引き連れ, 起り専精

▼ 斎~ (5, 0.1%)

1 つつ吾, てゆかな, 妻, 妻かも, 給へと

▼ 斎~ (5, 0.1%)

2 と今津源太夫 1 が橋廊下, と源太夫, と物頭

▼ 斎~ (5, 0.1%)

1 が店先, というの, の丸柱, の扉, や浴室

▼ 斎旦那~ (5, 0.1%)

1 から出, だ, とはよほど, はお, はおととい

▼ 斎~ (5, 0.1%)

1 がはじまる, にはいる, のよう, の一曲, の前

▼ 斎です~ (4, 0.1%)

1 か, がと, が手, よ

▼ 斎といふ~ (4, 0.1%)

2 釜師の 1 もの, 人は

▼ 斎とも~ (4, 0.1%)

1 云は, 名のりこの, 称して, 違って

▼ 斎など~ (4, 0.1%)

2 いう人々 1 とてもお, 十軒ばかりの

▼ 斎などの~ (4, 0.1%)

1 人々である, 俊才が, 変奇な, 感化が

▼ 斎について~ (4, 0.1%)

1 十手術を, 実は余り, 注目すべき, 甲府城の

▼ 斎~ (4, 0.1%)

2 八らは 1 八に, 八ら五六人の

▼ 斎~ (4, 0.1%)

2 に天上, を神聖視

▼ 斎玉兎女史~ (4, 0.1%)

1 とくっ付き合っ, の巴里土産, の隠れ, を刺殺し

▼ 斎~ (4, 0.1%)

1 が皇后, として伊勢, の美, を退き

▼ 斎筆談~ (4, 0.1%)

1 とはいかなる, の文, を引い, を見ん

▼ 斎英泉~ (4, 0.1%)

1 の二人, の口絵, は北斎, また英二

▼ 斎道場~ (4, 0.1%)

1 で平馬, のいかめしい, の板の間, は森閑

▼ 斎~ (4, 0.1%)

3 之丞 1 にて剣技

▼ 斎あたり~ (3, 0.1%)

1 が音頭, には引合わしたろう, の高

▼ 斎~ (3, 0.1%)

1 あそこへ, はや介錯, 按摩め

▼ 斎からも~ (3, 0.1%)

1 勘当を, 師父但馬守からも, 彼は

▼ 斎する~ (3, 0.1%)

1 こと五十日白犬を, を見れ, 由緒の

▼ 斎だけは~ (3, 0.1%)

1 すでになに, その好運, 恬然と

▼ 斎とか~ (3, 0.1%)

1 何とかいっ, 斎部道足とか, 申す薬師

▼ 斎とかいう~ (3, 0.1%)

1 仁は, 入道に, 者を

▼ 斎~ (3, 0.1%)

1 のだ, のであった, ので一同

▼ 斎よりも~ (3, 0.1%)

1 精神的に, 進歩し, 闇太郎の

▼ 斎~ (3, 0.1%)

1 と共に研究, の座敷, の画工

▼ 斎~ (3, 0.1%)

1 が珍重, の木, を插

▼ 斎~ (3, 0.1%)

3 でまだ

▼ 斎~ (3, 0.1%)

1 でも仕事場, で食事, へ行っ

▼ 斎忠興~ (3, 0.1%)

1 が彼, それから武蔵, との友情

▼ 斎~ (3, 0.1%)

1 に奉公, へ参り, へ引

▼ 斎~ (3, 0.1%)

1 之の実子, 之の後, 之の養孫

▼ 斎親子~ (3, 0.1%)

2 の窯 1 であろうな

▼ 斎谷大八等~ (3, 0.1%)

1 すこしもあわてません, の先生方, はいったい

▼ 斎駿河守~ (3, 0.1%)

1 の一身上, の昔, 相顧み

▼ 斎~ (2, 0.1%)

1 て観音, て道法

▼ 斎しく~ (2, 0.1%)

1 これを, 蒼然たり

▼ 斎した~ (2, 0.1%)

1 のであった, のでありました

▼ 斎その他~ (2, 0.1%)

1 があわてふためい, の号

▼ 斎それ~ (2, 0.1%)

1 が不首尾, と小野忠雄

▼ 斎だけ~ (2, 0.1%)

1 であった, です

▼ 斎だった~ (2, 0.1%)

1 かと仰天, のか

▼ 斎であっ~ (2, 0.1%)

1 て, て後に

▼ 斎である~ (2, 0.1%)

1 ことは, と知られた

▼ 斎であるだろう~ (2, 0.1%)

1 か, かとのその

▼ 斎として~ (2, 0.1%)

1 世に, 再び姿

▼ 斎と共に~ (2, 0.1%)

1 濠洲へ, 骨董店を

▼ 斎なと~ (2, 0.1%)

1 召上がって, 差上げて

▼ 斎などが~ (2, 0.1%)

1 対策を, 黒けむり

▼ 斎なら~ (2, 0.1%)

1 ば二十年間博多, ば分りました

▼ 斎なる~ (2, 0.1%)

1 ものを, 人の

▼ 斎につき~ (2, 0.1%)

1 きりの, ァしめえ

▼ 斎に対する~ (2, 0.1%)

1 尊敬と, 第一段

▼ 斎はじめ一座~ (2, 0.1%)

1 が眼前, が自分たち

▼ 斎ばかりは~ (2, 0.1%)

1 あの時以来足踏み, 彼の

▼ 斎ふとし~ (2, 0.1%)

2

▼ 斎へは~ (2, 0.1%)

1 御談可, 特に

▼ 斎~ (2, 0.1%)

1 を家, を経た

▼ 斎やおら~ (2, 0.1%)

1 伊那丸の, 肩を

▼ 斎より~ (2, 0.1%)

1 柳生流の, 石見守さまが

▼ 斎をも~ (2, 0.1%)

1 地下で, 蔑に

▼ 斎~ (2, 0.1%)

1 うごくな, てお湯

▼ 斎一党~ (2, 0.1%)

1 から贈られた, にそれ

▼ 斎一家~ (2, 0.1%)

1 に対する柳営, に関する情報

▼ 斎~ (2, 0.1%)

1 ちと風邪心地, にあたって経文

▼ 斎以上~ (2, 0.1%)

1 であったに, の腕前

▼ 斎~ (2, 0.1%)

1 というこれ, も宮中

▼ 斎佐兵衛~ (2, 0.1%)

1 が自殺, と駒三郎

▼ 斎先生これ~ (2, 0.1%)

1 でお, はたしかに

▼ 斎光廉~ (2, 0.1%)

1 がいる, である

▼ 斎公様~ (2, 0.1%)

1 のお, の御

▼ 斎内親王~ (2, 0.1%)

1 との交渉, の伊勢

▼ 斎~ (2, 0.1%)

1 の週間, 侍医瑞典法眼余語君墓嘉永元

▼ 斎~ (2, 0.1%)

1 でもござりません, をば

▼ 斎~ (2, 0.1%)

1 は望, は知足

▼ 斎国手~ (2, 0.1%)

1 がつれ, も

▼ 斎大八門~ (2, 0.1%)

2 之丞

▼ 斎天童利根太郎~ (2, 0.1%)

1 の三羽烏, をはじめ春藤幾久馬

▼ 斎太郎~ (2, 0.1%)

1 が門下, の名

▼ 斎夫婦~ (2, 0.1%)

2 の墓

▼ 斎~ (2, 0.1%)

1 が出, の風

▼ 斎女王同様~ (2, 0.1%)

2 の為事

▼ 斎宗全~ (2, 0.1%)

2 といふ茶人

▼ 斎居士~ (2, 0.1%)

1 という発句, の墓石

▼ 斎~ (2, 0.1%)

1 の前, の立ちまする

▼ 斎~ (2, 0.1%)

1 の写真, の弟

▼ 斎~ (2, 0.1%)

1 に彼, の際

▼ 斎~ (2, 0.1%)

2 に懸った

▼ 斎~ (2, 0.1%)

1 と同じ, の立つ

▼ 斎正一~ (2, 0.1%)

1 に女, の手品

▼ 斎河水~ (2, 0.1%)

2 の中

▼ 斎~ (2, 0.1%)

1 の埴, をかへせ

▼ 斎~ (2, 0.1%)

1 の地点, の風

▼ 斎美妙~ (2, 0.1%)

1 であったの, と名乗った

▼ 斎茂吉~ (2, 0.1%)

1 は煽動, 同一作

▼ 斎藤松洲~ (2, 0.1%)

1 という人, とか天野松雲

▼ 斎西遊~ (2, 0.1%)

2 之志

▼ 斎谷大八脇本門~ (2, 0.1%)

2 之丞

▼ 斎豊国~ (2, 0.1%)

1 という名高い, の筆

▼ 斎通称~ (2, 0.1%)

1 は太吉, は常

▼ 斎道有~ (2, 0.1%)

1 の七十, は霞亭

▼ 斎部関係~ (2, 0.1%)

1 の事, の事項

▼ 斎鏡丹波ら~ (2, 0.1%)

1 が一時, を先頭

▼ 斎門人弥七郎作~ (2, 0.1%)

1 というきざみ, という焼き彫り

▼ 斎~ (2, 0.1%)

1 の栗陰, を執っ

▼ 斎非時~ (2, 0.1%)

1 にとて及ばぬ, の振廻り

▼ 斎~ (2, 0.1%)

1 なる試作, なれその

▼1* [423件]

あるいはミレエを, 斎いかなる稀世の, 斎いただかずに駆けだし, 斎いと慇懃に, 斎いまではもと, 斎いや右馬介どの, 斎いろいろの雅号, 斎おう式亭どのか, 斎おまえもいい, 斎お抱え同然の門倉, 斎かかる有名な, 斎かむ日を, 斎からの手紙も, 斎小さな図書室, 斎けるもしら玉, 斎こうして源三郎の, 斎こそは北国一の, 斎これより後, 斎まあ, 斎さしひかえねばなるまい, 斎さま駿河守さまの御, 斎された大神の, 斎しばらく待たれいッ, 斎じつは右馬介の, 斎じゃないがね, 斎すぐしたくを, 斎すなわち上部八風斎であった, 斎すばやく見つけて, 斎すべく育てられたのであろう, 斎すらがこの機会, 斎すらもときおり舌, 斎ずつ交る, 斎そのもののよう, 斎その他四五の面々, 斎それから雅邦玉章寛畝, 斎だって面白くないだろう, 斎だの魚屋の, 斎だんなの持ち物, 斎ついに半分紛失し, 斎つねに小言と, 斎でございますよ, 斎でさえこの子, 斎でないとし, 斎というは文雅風流を以て, 斎とが百姓と, 斎としては有終の美であった, 斎とてその言う, 斎とても駄目だ, 斎とであつた, 斎とやらが本能寺だ, 斎とやらの寝間に, 斎どころか大珍斎, 斎どのそれへお, 斎どの一露斎どのが一番, 斎どの徳菴どのなどをお, 斎などと同じく秀子, 斎などという身内の, 斎などに出かける事, 斎などにはずいぶん甘えられる, 斎などによって提唱された, 斎などは矢場の, 斎なにをフト, 斎なるほどめっきり窶れ, 斎なればとて呼び, 斎なんかまっぴらよ, 斎なんてえの, 斎におけるが如く心, 斎にとってそれは, 斎にとってはそれよりも, 斎による言文一致の, 斎に関する伝説は, 斎のけぞるばかり, 斎のみならず検事, 斎はじめこの一座, 斎はじめ供の者一同, 斎はじめ我々一座の面, 斎はじめ老女女中の隙間, 斎ひこめて居なかつた, 斎ひこめたと言, 斎ひまつりていかし御世, 斎ひ奉るとぞ, 斎ひ清められて居る, 斎ひ込める場合には, 斎ひ鎮めるのだ, 斎びッくりして, 斎ふたりとも僧門, 斎へも寄稿を, 斎ぺしゃんこな鼻, 斎ほどおっかないもの, 斎ぽうっと浮かんで, 斎また同じ言葉, 斎まったく人間技では, 斎までがなにを, 斎みだから, 斎みであるのに恰も, 斎みのしるしとなる, 斎み守るのを, 斎め妙な道楽, 斎よしその人魚, 斎よりはその時美妙, 斎よりもずつと真剣な, 斎らしいたあその, 斎を以てしある, 斎カラカラとあざ笑っ, 斎グッとつまった, 斎ダラリと右手, 斎ニハイッテ来テ僕ノ顔色, 斎パタリと唐櫃, 斎一味に敵意, 斎一流の妖気, 斎一色右馬介から聞い, 斎一行の北原, 斎一食なりと, 斎三男の徳斎, 斎上田の小島順貞, 斎世宮になっ, 斎両家の筆談, 斎中古は上泉伊勢守, 斎丹田に力, 斎九歳であった岡本况斎, 斎二人皆少於余十数歳, 斎二十九歳であった蘭軒, 斎二家の筆, 斎五明楼玉輔春風亭柳枝入船米蔵がある, 斎五郎右衛門宗矩兵庫という順に, 斎云, 斎今日にも明日, 斎仕込みの上段, 斎仙花一座これも二, 斎仙辰がその, 斎仙辰一座から特別待遇, 斎伊那丸へ人穴城, 斎を補, 斎住居の模様, 斎のやしき, 斎何となく危さを, 斎信輝とひとり, 斎先代左団次の伊達安芸, 斎先生お話と仰し, 斎先生七十になる, 斎先生亡き後の司馬道場, 斎先生高大之進, 斎入道というの, 斎公ただ今の忠利公, 斎公以来数々の戦場, 斎公聞召され某, 斎公致仕遊ばされ候時, 斎兵衛歿す, 斎其角が, 斎典山の顔, 斎典山浪曲では春日亭清吉, 斎写楽の如きで, 斎で安永年代, 斎の名, 斎前田玄以のこと, 斎をとっ, 斎剣法中興の祖, 斎勝つとある, 斎北渓よりし, 斎北馬といふ画家, 斎医者の方, 斎助一同の, 斎直居士, 斎叢書に収, 斎叫んだと同時に, 斎右筆の上坂大炊助, 斎人妻お里の, 斎君君のところ, 斎呼ばしておくれよ, 斎呼ぼうか, 斎和尚以下の主将, 斎はお, 斎に高大之進, 斎四十九日の忌, 斎四十二歳であつ, 斎国周画あるいは芳綱画, 斎国手あとのは道庵先生, 斎国芳さんが今度, 斎國芳の画いた, 斎の亭, 斎其数中而亦尋物故矣今, 斎地どのへ報ら, 斎坊さんは座敷, 斎坪内逍遥島田沼南徳富蘇峰田口鼎軒等の序文, 斎塗りの黒壁, 斎大いに気に入ったぞ, 斎大見得をきっ, 斎天一の西洋奇術, 斎太郎山口弾正樽井藤吉稲垣示高橋秀臣それに田中正造, 斎好み中身は, 斎妙庵気に入るよう支度, 斎は村瀬名, 斎子光尚と, 斎子平が半, 斎孤軒それに菊之丞, 斎孤軒老師をもたずね, 斎の場, 斎安らかに参れよ, 斎宗室と呼ぶ, 斎宗碩の, 斎宗立もまだ, 斎実はひそかに, 斎宮司の役人, 斎家直が当時東国, 斎小天勝の美貌, 斎小字は小三郎, 斎小島若狭守などが, 斎の宿, 斎屋敷小判の匂い, 斎屋敷裏塀まで来る, 斎屋敷闖入を決心, 斎展覧会を催したら, 斎属目の歌, 斎屹ッとする, 斎岡本况斎海保漁村である, 斎岡本况斎海保漁村医家には多紀, 斎岡西玄亭皆川順庵今川某児島某杉本望雲岡田徳夫河添原泉中耕斎玉置季吉があり, 斎岩窪北渓尾の丸小兼, 斎岸柳の動静, 斎が左, 斎小文治, 斎につけた, 斎布施をお, 斎など名前, 斎師匠でしたか, 斎常住のはなれ, 斎平治を説い, 斎年来の情誼, 斎広重らの古, 斎広重武者絵の一勇斎国芳, 斎不精進, 斎弥九郎の道場, 斎待てッ, 斎之少, 斎忌制においてももちろん, 斎忌期間の始め, 斎忌等の節一定期間男女, 斎志異だとか, 斎念仏川とも呼ん, 斎思案外史丸岡九華漣山人私と五人, 斎恐怖の牲, 斎恥ずかしゅうてなりませぬ, 斎息女浪路は翌日大奥, 斎懸河の弁, 斎或はミレヱを, 斎に木綿取り垂, 斎所街道へ西, 斎拝殿玉垣唐門護摩堂神楽殿神輿舎廻廊輪蔵水屋厩御共所, 斎指して進ん, 斎の中, 斎文車の, 斎斬りすべった厚重ねの, 斎明紀の鬼, 斎春章らいづれも, 斎春章清長北斎らの或, 斎春章清長北斎等の或, 斎の春, 斎景公に答えた, 斎曰く桜の前, 斎として一月, 斎木村文河植村士明下条寿仙春泰の兄弟, 斎に基づい, 斎本人は法津, 斎もあり, 斎杉田玄伯南陽原等の蘭書釈刻, 斎東渓南陵石崎士斉而南陵未及読其作, 斎松崎慊堂に就い, 斎松本備前守もまだ, 斎林子平の墓, 斎柱祭の類, 斎いろ羽織, 斎栄之の画く, 斎校正の篆印, 斎桜品などの記述, 斎梧堂の三人, 斎森枳園平井東堂海保竹逕喜多村栲窓栗本鋤雲等を集えた, 斎森枳園等の考証, 斎も其, 斎槻湯津真椿, 斎楷の, 斎正喜に至つて始, 斎武仁が室町将軍, 斎武田信玄の家臣, 斎歿後に懐之, 斎殿大八殿もご, 斎気取るや否, 斎に移した, 斎水湯の力, 斎水蔭小波といったよう, 斎江戸にてもろ人, 斎江戸入りの知らせ, 斎を受, 斎法斎ッてお湯, 斎泣き虫の蛾次郎, 斎浪切右源太を乱軍, 斎渋江抽斎柏軒の三人, 斎湯みたいなもの, 斎漫画集を呈した, 斎漫録とか何, 斎無心の筆, 斎父娘が控え, 斎爺さんに教わった, 斎片桐貞信の抄, 斎牡丹以下十首の詩, 斎牡丹四月十三日静宜亭宿題, 斎物語というの, 斎狂六の二先生, 斎狐光師はこの, 斎玄吾と相似, 斎玉兎っていう奇麗, 斎玉兎女史こと本名須婆田ウノ子を逃さない, 斎玉兎女史一流の手品, 斎玉兎嬢ことウノ子さんは未だ, 斎玉置季吉があり, 斎瓮土器等を蔵する, 斎申され候は, 斎画譜を求め, 斎略画式の斬新, 斎白河には弟子, 斎なるドイツ人, 斎皆伝の秘密, 斎清と, 斎直家の直門諸岡一羽, 斎知足が歿, 斎石塚豊芥子の人々, 斎石斎丹田に力, 斎石見両人の言葉, 斎研究致す事, 斎祖父の針目寛斎, 斎神道一心流の櫛淵宣根, 斎禅師のよう, 斎種まきおろす時, 斎の相, 斎稼ぎに出, 斎竹則と名乗る, 斎筆談謝在杭五雑組, 斎は手長, 斎箋譜の翻刻, 斎節土手節など市中, 斎糧ものの重い, 斎紺糸の具足, 斎絵画に谷文晁, 斎義方の名, 斎老人お互い心配だな, 斎老人のは敢, 斎老人余りの嬉し, 斎老人例の気作, 斎老人谷大八とともに源三郎側近, 斎をつぶし, 斎脇本門之丞, 斎膝丸の, 斎自家も玄応音義, 斎自慢するので, 斎自若として, 斎自身行状を記した, 斎致斎の日数, 斎といふ, 斎英泉鳥居清峰らは不幸, 斎茂吉原田英三郎等が主として, 斎茂吉桜井与惣治横塚治三久野口春蔵谷口房吉野口源蔵越波丑次郎井田兵吉等が上京, 斎茶山の詩, 斎荒木田五兵衛そのほか穴山, 斎藤松洲さんという人, 斎を作る, 斎覚書にある, 斎観察記でこの, 斎詩鈔藤陰舎遺稿等に累, 斎詳伝のあり, 斎と云う, 斎譲りの銘刀, 斎讃岐琴平の日柳燕石, 斎谷大八等伊賀から婿入り道中, 斎谷大八門之丞, 斎貞丈と今, 斎貞丈尺八の加藤渓水, 斎貞山の十八番, 斎貞柳が, 斎貞秀でこりゃ, 斎貞秀画富士登山三枚続きの錦絵, 斎赤尾魚来の四人, 斎越中守忠興であった, 斎にこたえまし, 斎輝政どののお, 斎輝政様とご入, 斎退隠後の, 斎逃げることも, 斎週間のよう, 斎道庵の両, 斎において大祓, 斎部がいはひ, 斎部イロハは中, 斎部以下の神職官人, 斎部以外にも天, 斎部宿禰の為事, 斎部神事の常, 斎部道足とか村田春汀, 斎銘のを探し出し, 斎ふ為, 斎鏃鍛冶とはほんの, 斎とすべし, 斎になった, 斎長老の亡き後, 斎長谷川二葉亭が言文一致, 斎長達の二人, 斎障子を背, 斎隠居はじめ感に堪えた, 斎隠居一味に彼, 斎隠居一行の桟敷, 斎隠居一門の華々しい, 斎隠居屋敷での女白浪, 斎隠居屋敷通用門の潜り, 斎隠居湯上りの顔, 斎雅邦寛畝玉章熊沢蕃山の手紙, 斎集中に見え, 斎のよう, 斎預りと定まり, 斎の儲, 斎から出, 斎館祓殿祝詞屋直殿宿直所厩屋権殿遙拝所の十八建築, 斎驚倒先生の写真, 斎魚則といういかめしい, 斎の一声, 斎麾下の水戸兵二百人