青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「拝~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

押し~ 抽象~ 拂~ ~拍子 拍子~ ~拔 拔~ 拘らず~ 拙者~ 招待~
拝~
拝見~ ~拭い 拭い~ ~拳 拳~ ~拵 拵~ ~拵え 拵え~ 拾~

「拝~」 1070, 11ppm, 10141位

▼ 拝~ (323, 30.2%)

15 ていた 9 ている 86 てその 3 それより, てやがて, て後, て涙

2 [14件] こんな歓び, ていのる, ていました, ておりました, てかの, てこの, てゐる, て去る, て受けられる, て帰ろう, て曰く, て氏, 小諸へ, 観音を

1 [245件] あまつ, いよいよ戦地, お暇乞い, かつ泣く, がたいもの, これは, こんなうれしい, さいわいに, さらに骸骨, しかもそこ, しきりに御, そこを, その後怠りがちの, その水, その祝福, その第, その髑髏, たり先輩, たり鬼, たり鬼神, つつ下り, つつ合掌, つつ手伝っ, つつ指, つつ極めて, ていった, ています, ておる, てかつて, てからさてはまた, てからの帰国, てから二十一年, てから義貞, てから自分, てから間, てきた, てこなた, てこれ, てしずか, てしばらく, てすがすがしい, てすっかり, てそう, てとくと, てと万難, てと涙, てのち, ては合掌, てひそか, てひたすら, てほっと, てま, てまいりましょう, てまた, てまたまた, てみましょう, てもおりました, てもその, てもそれ, ても感謝, ても明らか, ても時政, ても頂, てようやく, てゐた, てゐられる, てフェルステッド, て一同, て一息, て一言, て一躍, て丁重, て世, て久しく, て之, て今さら, て仏間, て他人, て働きたく, て僕, て充分, て前人, て勅使費, て去られました, て去り, て参ろう, て又, て受けた, て受取った, て哭いた, て啜るべき, て喜びましょう, て坐, て大, て天下泰平, て婁侯, て将卒共, て導き, て居た, て居る, て帰っ, て年始, て御, て御座, て心佗, て恋, て憂国, て押しいただき, て故事諸式, て教え, て数日, て昨夜, て曹丕, て月, て来た, て横, て横手, て橘, て歓び合った, て歓呼, て歴代, て泣く, て浅から, て父, て玄徳, て現地, て盛宴, て相, て着, て立, て立ち去った, て立宗, て納まっ, て絵馬, て絶命, て考え, て考へた, て能, て臣下, て行こう, て言う, て詠める, て説経壇, て赴いた, て起った, て趣意書, て辞し, て辞し去った, て退いた, て退出, て鎌倉勤め, て雨, て香, なお故, ながらいった, ながらその, ながらもまた, ながら手紙, ながら粛然, ながら過ぎる, にいった, にくる, に参りました, に参内, に家, に来, に東, に行く, また世の中, また天盃, また心ならずも, キリストに, 三好東安は, 上げ参らせ, 下山した, 不良民, 不退, 且つ遺訓, 二百俵三十人扶持を, 五月山に, 人生の, 今宵第, 候べし, 候後始て, 候時を, 六時に, 内心驚愕した, 再び顔, 出鱈目の, 又三河教授, 又妻, 同寺良栄父平川養乙, 地に, 地を, 天朝の, 天盃を, 客堂で, 尾を, 山国川を, 山川を, 帰来屠蘇雑煮餅を, 度さ, 度是非, 弁香を, 御所御礼を, 御武運, 愛惜の, 扇子を, 敬神の, 曰ひける, 朝比奈切通の, 次で, 次に祖先, 歌を, 泉下の, 法に, 法を, 海軍ニ志ある, 湊川を, 獄門の, 玉ひし, 申候, 申候かしこ, 畢つて表門を, 登城の, 祖廟に, 祥雲寺正宗院の, 終りて, 給はんが, 綫香を, 而し, 腹まだ, 臣等恐悦至極に, 自ら念を, 荊州の, 裏の, 諸員の, 足下に, 逡巡する, 遊女冢を, 陽の, 難く猶, 霧の, 静かに, 鵲が

▼ 拝~ (83, 7.8%)

15 して 13 した 5 してから 2 されい, すると, なし所繁昌, 執って, 終ると

1 [40件] うけよ, うける, おこない以下一族, さして, させるであろう, しあった, したが, しないの, しない者, しながら, すまされたら早く, すまして, せねば, なされながら, なした, なした二人, なして, なしに, なすにあたって, なすや, なせしに, ほどこすと, まねて, みせて, ゆるされたい, 受けさせられえ, 受けること, 執った, 執らないやつ, 執る, 浴びると, 添えて, 済まし戻ろうと, 終ってから, 終りそして, 行なった, 行なわれつつ, 見せながら, 許されざる者, 遂げましてから

▼ 拝した~ (72, 6.7%)

4 ことが, のである 3 ことは, のは 2 のだ, のであった, のでございました, のみで, 古人の

1 [48件] いねあなた, かどう, からお, からには何びと, かを想像, が仔細, が酌人, ことも, だけで, だけでございます, という, というの, という事, ときに, と云う, と云われ, と聞いた, にも拘らせられず, のちでなけれ, のであらう, のでその, ので燕順, ばかりの式務省, ものか, ものな, ものは, ような, わが君, 人でも, 人とは, 人の, 人は, 何人も, 信心深い, 古仏, 呼延灼は, 己未, 張巡見なせ, 後, 後に, 後右手へ, 折の, 時にも, 者が, 者に, 良人は, 行者, 頃は

▼ 拝する~ (50, 4.7%)

3 たびに 2 ことは, ためであった, にみなわれわれ, に異ならず

1 [39件] がいい, がごとし, ことが, ことの, ことを, だけで自ら, だけのつもり, と, というの, とき太子も, ところの, とたちまち, と倉, と共々, と言, と言つた風, にそ, にそぞろ, にそれ, にまことに, に十分, に及ん, に終, のが, ばかりです, や即日, ように, を待たん, を得, を得せしめざりし, を見, を須, 人いずれも, 以外の, 山伏輩が, 度数が, 有様という, 者みなうつとりと, 芝の

▼ 拝~ (40, 3.7%)

21 して 7 した

1 [12件] し, しその, したこと, したまま, した処, します, しわざと, し夜来, し涙, すると, するや, ただ夕空

▼ 拝~ (28, 2.6%)

15 して 2 した, しまた, みけるが 1 いたします, し, し奉る, し袁天綱, せい, せん, をした

▼ 拝~ (20, 1.9%)

1 [20件] ある日, ある階段, 上お願いする, 人の, 名が, 姿勢を, 式が, 御儀, 心もちが, 念を, 恩を, 挨拶, 礼を, 結果とは, 蔭で, 詫び言よろしく, 謝意を, 長かった, 馬車に, 高橋農場に

▼ 拝~ (15, 1.4%)

2 にい

1 [13件] であり根神, となる, になつ, にはそれぞれ, には幾種類, の神, は其出発点, へ詣っ, やそれに, をおと, を拝み, を時々, を造る

▼ 拝田村~ (13, 1.2%)

2 の中

1 [11件] では宇治橋, にいた, のおら, の住居, の方, の村, の者, の芸人, へ立て, まで帰す, まで帰る

▼ 拝したい~ (12, 1.1%)

2 と存じ, ものと 1 が, が破門, といふ気持, とおもいます, と思っ, と歎願, のです, ものだ

▼ 拝しまし~ (11, 1.0%)

21 てからは臣, てご, て何, て使い, て先, て大, て恐悦至極, て誠に, て郷左

▼ 拝姿~ (11, 1.0%)

2 の日 1 のうえ, のとき, の栄, の機会, の礼, は今, をえたく伺った, を得, 申すとな

▼ 拝され~ (8, 0.7%)

1 お顔, それは, ても嘲弄, て誰, 円心こんな, 大勢の, 将軍家にと, 欧州諸

▼ 拝~ (8, 0.7%)

2 書いた, 書いたおかしな 1 ある, いうが, 墓場の, 晩祷

▼ 拝~ (8, 0.7%)

1 したなか, した夕方, しなかつた山, する, するいかにも, する山裾, する老, 小さい平凡

▼ 拝~ (8, 0.7%)

1 が一寸, が来た, が源流, のあった, の持っ, の接待, の絶無, は木刀

▼ 拝まして~ (7, 0.7%)

1 くだされるかも, くだされるとも, くだされるの, くだはりません, 下はる, 戴きとう存じまするが, 進ぜるわ

▼ 拝~ (6, 0.6%)

1 あるといふ, すむと, すんでから, みて, 始まる, 終ると

▼ 拝される~ (6, 0.6%)

1 がその, のであった, のである, のも, よう限定され, 旨を

▼ 拝~ (6, 0.6%)

1 つどう講中, まゐる, 及んだの, 御列席, 答えてから, 閉口しきった

▼ 拝火教~ (6, 0.6%)

1 で人間, なども行, なども行なわれ, のそもそも, の経典, や拝日教

▼ 拝~ (6, 0.6%)

1 といえ, と半, はまた, は名だたる, は笑った, も同情

▼ 拝し奉り~ (5, 0.5%)

21 島津修理恐悦至極に, 恐悦至極に, 頗る涕泣

▼ 拝すれ~ (5, 0.5%)

1 ばいい, ばさながら, ばそれで, ば天皇, ば物事

▼ 拝せん~ (5, 0.5%)

1 が為, ことを, とした, とする, 且つ其遺訓

▼ 拝まっ~ (5, 0.5%)

2 しゃれ 1 さしゃれ, しゃれ拝, せいたなし

▼ 拝~ (5, 0.5%)

1 あり諸, されなかったばかりに, つけ加えて, なし, 決して均斉

▼ 拝~ (5, 0.5%)

2 の機 1 しようが, の上一決, 之上

▼ 拝さん~ (4, 0.4%)

1 といずれ, とする, と門前, ばかりな媚び

▼ 拝しました~ (4, 0.4%)

2 ところでは 1 上御, 将軍家は

▼ 拝します~ (4, 0.4%)

1 が何せいまだ, が先生, と御, ので京都

▼ 拝せず~ (4, 0.4%)

1 ば虎, 三々九度の, 敢然第一線, 辞語を

▼ 拝まし~ (4, 0.4%)

1 ていただいた, ていただく, てくん, てやる

▼ 拝火教徒~ (4, 0.4%)

1 が使った, が火中, の忍, の説

▼ 拝物教~ (4, 0.4%)

1 だね, と名づけ, の同類, を嘲笑

▼ 拝~ (4, 0.4%)

1 などと言っ, に腰, の上, の横

▼ 拝された~ (3, 0.3%)

1 がよい, が平素, と漏れ承りました

▼ 拝されました~ (3, 0.3%)

1 がけれども, がさらに, のでこれ

▼ 拝しま~ (3, 0.3%)

1 すると, するに, ゐら

▼ 拝し終っ~ (3, 0.3%)

2 て墓畔 1 て次郎

▼ 拝すべき~ (3, 0.3%)

1 は一方, を解せず, 神を

▼ 拝せざる~ (3, 0.3%)

2 を得なかった 1 等不敬の

▼ 拝みたい~ (3, 0.3%)

1 ほどありがたく, ほどの人, ほど有難く

▼ 拝~ (3, 0.3%)

1 の余俗, の余習, の礼

▼ 拝物教徒~ (3, 0.3%)

1 が偶像, であった, となり

▼ 拝~ (3, 0.3%)

1 にゆき, にゆく, を給わった

▼ 拝~ (3, 0.3%)

1 に伺候, 可罷, 被仰

▼ 拝誦し~ (3, 0.3%)

1 てお, てすぐさま, てまさに

▼ 拝~ (3, 0.3%)

1 して, のお, の旨

▼ 拝郷五左衛門~ (3, 0.3%)

1 と渡, は云った, を討ち取り

▼ 拝さぬ~ (2, 0.2%)

1 うちから, こと久しい

▼ 拝されます~ (2, 0.2%)

1 が, がもし

▼ 拝さんこと~ (2, 0.2%)

1 を衆, を訓

▼ 拝しうる~ (2, 0.2%)

1 というは非常, は必定

▼ 拝ししたく~ (2, 0.2%)

2

▼ 拝したら~ (2, 0.2%)

1 それどころで, またすぐ

▼ 拝したる~ (2, 0.2%)

1 ことは, と同

▼ 拝し奉った~ (2, 0.2%)

1 との御事, のは

▼ 拝し得る~ (2, 0.2%)

1 ような, 便利な

▼ 拝すべく~ (2, 0.2%)

1 年賀に, 弘福寺の

▼ 拝たま~ (2, 0.2%)

2 へと案内

▼ 拝~ (2, 0.2%)

1 宜しい, 高札に

▼ 拝という~ (2, 0.2%)

1 はがきは, 名は

▼ 拝~ (2, 0.2%)

2 デ来

▼ 拝~ (2, 0.2%)

1 したが, 致し候ところ

▼ 拝~ (2, 0.2%)

1 の心境小説的私小説, の私小説家

▼ 拝~ (2, 0.2%)

2 知識なれ

▼ 拝火教等~ (2, 0.2%)

2 の諸宗

▼ 拝~ (2, 0.2%)

1 した, するのみ

▼ 拝~ (2, 0.2%)

1 し退いたと, の礼

▼ 拝~ (2, 0.2%)

1 とかそういう, などといったら

▼ 拝~ (2, 0.2%)

1 しつぎ, 人が

▼ 拝~ (2, 0.2%)

1 いたしました, させて

▼1* [173件]

見るよう, 拝さしていった, 拝させていただき, 拝さねばならぬ, 拝さばこの胸寸断, 拝さるるところである, 拝されたらどんなによかろ, 拝されまして, 拝しあげたのは, 拝しあって結婚, 拝しいらざる事まで, 拝しかたは普通, 拝したき要求が, 拝したくは存じます, 拝したてまつり恐悦至極に, 拝したであろう飛鳥人が, 拝したら通してやる, 拝した如きは聖武天皇, 拝しつづけ主人の, 拝しなければならん, 拝しますることは, 拝しますれば, 拝しませんでしたが, 拝しようとして御, 拝しよろこびに堪えません, 拝し出でては三法師, 拝し哭いて連判, 拝し奉つたことは, 拝し奉るのみ, 拝し引返したところに, 拝し得たのは, 拝し得られぬ苦しみは, 拝し祈ることが, 拝し祈るべき仏身に, 拝し罷んで何ぞ, 拝し誓って起った, 拝し飛立つばかりの御, 拝せし跡今, 拝せないですよ, 拝せぬ幾月を, 拝せらるとなり, 拝せりと, 拝そうという, 拝その城太郎こそ, 拝その他飴菓子を買わぬ, 拝ただただ恐懼し, 拝といふはがきは, 拝として参詣した, 拝なさいな, 拝なされたということ, 拝なされるやたちまち, 拝ほど横風に, 拝ますはア, 拝また黙拝, 拝みまっさかいどうぞもう, 拝むによつて苦患なく乞食, 拝むのもこれでおしまいだという気, 拝給ひし, 拝ストイッタラ左様デ御座リ升, 拝スルノ機ヲ失スト云, 拝精進師ノ, 拝と名づけたる, 拝メトテソノ法ヲ教エタ, 拝一鑿九拝一刀刻み出せし木像, 拝の機会, 拝九拝して, 拝の姿, 拝の表, 拝任何事之有, 拝の縁, 拝は終った, 拝写して一週間, 拝写したいと願い出た, 拝の由来, 拝千拝その城太郎, 拝して, 拝を設け, 拝天祠鬼占星等の迷信, 拝奉りましたでせう, 拝で艶名隠れ, 拝に逢っ, 拝山河去, 拝座するすがた, 拝式私小説の芸術観, 拝するは, 拝憐愍を乞うた, 拝所さへも出来, 拝所その他に斎く, 拝所ト唱ヘル場所ヨリ凡三四十間上ノ方ニテ竪二百間余横百五十間余ノ場所, 拝所即をがみである, 拝所等も石, 拝に下せる, 拝打輪切袈裟掛はて我, 拝いたして, 拝拈香いと重々しく, 拝拝め頼め念じて念じ, 拝の儀式絵, 拝措物に上がった, 拝数珠をつまぐっ, 拝新正無奈衰躬負我情, 拝日教を有する, 拝日教徒の信, 拝有り又宿願, 拝服して以来, 拝服するは小人, 拝の儀, 拝して, 拝火教徒兎と栗鼠, 拝物化され勝ち, 拝物教的崇拝のあと, 拝猴教が二の宮宗, 拝田村系統のほいと, 拝登九州西国二十九番の霊場, 拝登仏殿庫裡もがっちり, 拝登俊和尚と握手, 拝登堂塔は悪く, 拝登天龍を溯, 拝登子規堂子規居士鳴雪翁埋髪塔, 拝登山もよく, 拝登彼岸会説教を聴聞, 拝登往復六里山のよ, 拝登御開扉会帰途は山越, 拝登碧師の墓, 拝登行乞三時間十時ごろからそろそろ, 拝登長老さんにお, 拝登鼓の瀧, 拝な庶民根性, 拝して, 拝の如き, 拝祀せられし神格, 拝承つた, 拝す, 拝出, 拝聞してまず, 拝聞す此の, 拝させられるべく, 拝舞雀躍した, 拝に水, 拝蛇教あり支那, 拝見せられ元老院議官という, 拝見なされ正物, 拝覧貴族的な好い, 拝診したというの, 拝診申し上げましてご, 拝詣し報賽し, 拝誦するありがたさ, 拝誦すれば決して, 拝誦道元禅師はほん, 拝謝する老人, 拝越えつつくだる, 拝越え来てひろふ, 拝辞色諂佞をきわめた, 拝迎文字どおり下文, 拝送しようとする, 拝郷どのの手の者, 拝郷五左にまさる, 拝郷五左衛門以下八千騎隊伍粛々として余呉, 拝郷五左衛門家嘉を石川兵助, 拝郷五左衛門家嘉石川郡松任の城主徳山五兵衛則秀, 拝郷五左衛門尉取って返し身命, 拝郷五左衛門尉盛政にこの, 拝郷五郎左へ立ち, 拝郷五郎左衛門じゃ, 拝郷五郎左衛門あたりかと思われる, 拝郷五郎左衛門家嘉長九郎左衛門連龍安井左近太夫家清など, 拝郷弥兵衛の屋敷, 拝郷徳山などの勇将, 拝郷等は何故, 拝郷青木等の働き, 拝閲することを, 拝除痘神詞に, 拝面おわび申す諒せられよ, 拝面万謝申しあげますが