青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「更~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

暮し~ ~暮らし 暮らし~ ~暮れ 暮れ~ 曰く~ ~曲 曲~ 曲線~ 曲者~
更~
更け~ ~更に 更に~ ~書 書~ ~書い 書い~ ~書いた 書いた~ ~書かれ

「更~」 2346, 25ppm, 4598位

▼ 更~ (274, 11.7%)

976 てお, て御 5 て私 4 て挨拶, て言, て言う 3 てまた, て両手, て云, て新しく

2 [18件] たと, てある, てここ, てこの, てその, て一望, て二人, て云つて, て同じ, て名, て問題, て弁解, て日本, て礼, て第, て腰, て見直した, て顔

1 [181件] ざりき, ずに, たこと, たとは, たの, たり, たりすべき, た人, た勝四郎, た名, た妻, ちゃ見なかった, てあなた, てあるいは, ていうでは, ていた, てお目にかかります, てお礼, てお詫び, てお話し, てお願い, てくどく, てこそいい, てしまった, てそう, てづゝと, てとくと, てひとつ, てもう, ても日本, てわれ, てをら, てカマ, て一さし, て一冊, て一杯, て一緒, て三右衛門, て世に, て主人夫婦, て乘, て争う, て二箇, て人, て付けよう, て仮に, て会釈, て作者, て偶人, て其の, て内閣情報部, て再び, て判然言, て午後石山氏, て取上げるべき, て口, て叱, て吃驚, て吟味, て周囲, て呶々, て呼掛け, て喋々論弁, て嗽, て噴飯, て夜, て夢, て大衆, て夫子自身, て女, て女房, て安里, て宿帳, て寝床, て寢臺, て尋ねるです, て小声, て山寺, て岡寛斎, て幾島, て強く, て往, て徐々に, て心, て念仏, て思, て思ふ, て情熱, て感, て戴く, て手, て打, て攀陟, て敬意, て文部省書記官, て断る, て新吉, て旅館, て日, て時計, て更め, て本社, て朱, て来, て松, て梨枝子, て検討, て正しい, て残酷, て決心, て法事, て注意, て津軽, て深い, て清水, て渡邊祖五郎, て熟, て父, て父親, て申し上げる, て申す, て男, て町奉行, て略式, て疊, て疑, て発表, て監獄, て目礼, て看護婦, て眺め, て研究, て砥石, て確証, て神, て神上げ, て私たち二人, て紙上, て結婚, て習い, て聖者, て聞く, て自分, て花, て茲, て薪, て蝙蝠傘, て見, て見直す, て見詰めました, て視, て親炙, て言うまでもなかろ, て試驗法, て詳論, て語り合おう, て語調, て読者諸君, て論じる, て諸君, て警官, て議会, て護衛兵, て起き, て述べない, て通読, て酒宴, て開い, て附けよう, て陳謝, て青年, て静, て頭, て頼もしい, ないで, られないの, ること, ると, るよう, 見直して, 難いこと

▼ 更~ (241, 10.3%)

7 にその 5 に高き 4 にまた, に一歩 3 ず師匠, に又, に完全, に第

2 [12件] さう, にこの, に偉, に奇怪, に彼, に徒歩, に新, に私, に精神的, に自, に自分, に進歩

1 [185件] うれしいこと, この事, この反感, ず, ずの, ずやって, ずベンケイ, ず仕事, ず修業中, ず家, ず親, せて, せ皆, そう云いたい, そんな氣, なければ, なり我が, なり毎朝, に, にいけなかった, にかかる, にこれ, にこれら, にしめり, にすかせ, にすげなく言い続け, にその道, につのった, にない, になかっ, にひそや, にふりしぼっ, にもっと, にプルウスト, にモジャモジャ, に一層, に一本, に一里近く山手, に丁寧, に上州, に不快, に世人, に二個, に二氏, に今一つ此, に以上, に低く, に余自身, に偉大, に偽る, に光明, に兩者, に兵庫, に其, に其室, に再び, に出, に前方, に劇, に半道, に厚く, に参る, に又新, に台北, に向上, に吾, に問題, に国境, に変っ, に大, に大いなる, に大きな, に太陽, に奥地, に客觀, に家賃, に密接, に密教, に小さな, に少し, に山地, に巧妙, に幾葉, に幾階段もの鍛錬, に廬迦溢多, に強い, に彼女, に彼等, に心配, に快適, に思つて, に急, に恐るべき, に情, に愈, に愛すべき, に慣れ, に或, に押し, に支那, に数年, に數年, に新しき, に春, に更ら, に月夜野村, に有効, に本, に此方, に母, に水, に水龍符, に沈着, に活気づいた, に浜御殿, に浮き立たした, に涙, に深い, に深き, に激しい, に無心, に焦点, に熱い, に燃え, に物, に猛烈, に甚, に痛々しく, に真相, に眼下, に矢野文雄氏, に研究, に神通川, に私的, に簡潔, に繰り返す, に美しい, に老木, に著しく, に藤原郷, に裏書, に見ごと, に覚え, に親しく, に親しみ敬え, に言語, に誇大, に語り続けた, に読み返し, に譯, に讚むべ, に財布, に貸した, に起らない, に起る, に路, に透す, に進ん, に遠く, に遥か, に酒宴, に重大視, に重要, に鋭利, に長々, に附, に附け, に陰欝, に陰鬱, に雲, に面, に面倒, に驚き, に高く, に魚, ぬのに, の不愉快, よくないだらう, わかりません, 再びお, 出まい, 出来ず小, 巧まない氏, 悲しいぢ, 結構ぢ

▼ 更~ (192, 8.2%)

85 ていた 3 させて, もない, をし 2 たり帯, ている, てゆく, て客, なければ, をする, 帯を

1 [156件] お茶と, さえも持たない, させた, させたよう, させた黄色い, させるだろう, させるやら, ざるを, して, しの染物店が, すぐ物置, たり, たりし, たりした, たりする, たり学校出, たり家, たり手紙, たり薬, てあなた, てあの, てあぶ, てある, ていずれ, ていつも, ていなかった, ていました, ていらッし, ておきましょう, てかけます, てから何処, てから改めて, てくれ, てこの, てこれ, てしばらくぶらぶら, てしまっ, てしまった, てその, てそれ, てとうとう, てなにとぞ, ては何時, てぶらぶら, てほしい, てもらった, ても変るまい, ても尽す, てようやく, て万太郎, て下さい, て乗せかけた, て今, て今度, て信玄, て僕, て十分, て単身, て咽喉, て妻子, て市場, て市蔵, て彼, て急, て手拭い, て明るい, て晴々, て暑い, て最早, て望楼, て来, て楽翁, て海沿い, て用い, て真っ直ぐ, て私, て藤巴, て行き, て行く, て読者, て軍議, て鶯谷, て黒眼鏡, ですぞ, で二七, で大, ながら, ながら小諸, ながら紅筆, ながら舌打ち, なくっちゃ, なさいました時, なさらなくては, なすったら, などし, などに小止み, などをし, にかかった, になった, に二人, に次の間, に碇泊, ねがいたい, ねばならぬ, のない, のまま, の着物, の間, はしない, まい, まいかや, もそっと上, やがて彼女, をした, をしよう, をすました, をもたない, を持っ, を持参, を此処, を済ませた, を遊ばし, 七輪の, 下帯まで, 二つ宝石, 二階を, 作り直し迷い躊ら, 作り直し迷い躊躇ら, 再び同じ, 冷えた身体, 品を, 地下室の, 太刀をも, 子供らも, 家を, 幅を, 広き母屋, 庭へ, 得られるよう, 握り更え, 敵を, 死を, 湯たんぽを, 甲板に, 着が, 脱ぎ棄てた古渡唐桟, 草鞋の, 誰も, 車は, 農具の, 金剛杖を, 雄々しい創造的, 難い可愛いそして, 音が, 馬と, 馬は

▼ 更~ (160, 6.8%)

6 ことである 5 ことだ, 頃に 4 こと 3 こと人に, 街を, 頃

2 [17件] ことその, ことであろう, ことです, こととて, ものである, 事, 嘘とも, 濃い霧, 町を, 道を, 鐘が, 鐘を, 露に, 頃と, 頃まで, 飲酒にも, 馬車腕車に

1 [97件] あやまちじゃ, ことさ, ことで, ことなどは, ことなんと, こと土地の, こと帳場の, こと恋猫の, こと身の, ごとく驚かれぬるに, ごとく驚嘆, しみじみと, せいか, ひっそりした, ほか白無垢まで, やうに, アピアの, ランプの, 三点まで, 丑満, 九時に, 乞食ぢや, 乞食では, 事だ, 事で, 事である, 事であろう, 事でございます, 事とて, 事なり, 事画家としての, 二点より, 他人が, 他人ぢや, 体時の, 停留場へ, 冗談とも, 冴えた電燈, 十二時の, 十二時一時頃碁を, 十時だった, 単衣, 句であった, 句は, 嘘とは, 噂ばかり, 夢に, 如くに, 姿で, 山中の, 庭をば, 形容とも, 御世辞, 悪影響を, 手を, 料理屋で, 晴着ぐらいは, 暗を, 波も, 浴衣やら, 無音界には, 町にも, 相手では, 研究マツチの, 空の, 空を, 素人でも, 街路を, 言ひわけ, 話である, 路を, 逗子の, 遠見裾通り雁木の, 鐘の, 間違ひでも, 闇ながら, 闇を, 闌けるにつれて, 闌なる, 雨, 雨に, 電燈の, 頃おい関羽の, 頃それが, 頃だ, 頃であった, 頃ふい, 頃むく, 頃南門から, 頃四山の, 頃孫桓の, 頃彼の, 頃彼は, 頃曹操が, 頃櫓下の, 頃関所の, 駅には

▼ 更~ (121, 5.2%)

5 なかった 4 近かった 3 近い頃 2 ふてくされて, 兵糧を, 出来るだけ, 恐る可, 焼くが, 至りて

1 [97件] あらためると, い, いかめしい幾多, いっそう減少, かえるとき慎一, この発句, これを, たずねると, つよめられた, とんだ御, なお彼, なく補助, なし, みるべからずなど, もどきと, 二個の, 低かった, 其の傍, 刀を, 刺し通し, 加えられた監督, 労働組合の, 動力機の, 南北支那にまで, 及ぶころ, 呉の, 善くする, 多かったであろう, 多くの, 大きい浪, 大きな原因, 大きな著書, 宋果は, 少く且つ一層, 巨大な, 幾分か, 強かった, 思案に, 恐る, 恐るべきこと, 恐るべき一勢力, 恐るるなし, 悲しいこと, 惑ふ, 或る, 手法にまでも, 押して, 敵方の, 新しい一つ, 新しい材料, 桁を, 極度の, 此を, 求めるにも, 流し場, 深くなる, 深く山の手, 深く自己, 深められました, 湧き来らぬ時, 無かった, 無く却, 無く海原, 無し, 燃え上るの, 狭かった, 生きて, 発す, 短く長火鉢, 秘して, 結構兎, 続けかし, 考へると, 考へるやう, 聞いた, 行きて, 行くこと数里, 行くと, 見ると, 見分ける事, 訊ねると, 詮議しろ, 詳しい説明, 讃美の, 財主の, 近い, 近い五ツ下がり刻限, 遅しと, 酷しいもの, 重くし, 重くなった, 附物として, 驚いたの, 驚いたらしい羚羊, 驚いた事, 驚くべく忘, 鼓を

▼ 更くる~ (62, 2.6%)

2 ことを, のを, まで語り, まで馳走, 夜の

1 [52件] と共に興, につけ俊寛, に任, に任す, に任せ, に従って冷え, に遅い, のも, ほどに夜, ほどに月, まで, までも教え, まで一人, まで兵馬, まで千登世, まで密議, まで寢, まで念仏, まで我家, まで本邸, まで灯, まで筆, まで篝, まで篝火, まで続く, まで話し, まで話しこん, まで語りあった, まで語り合った, まで語ろう, まで酒, まで黒檀, まで黙然, も忘れ, も意, も知らず, も知らなかった, をも知らざりき, を忘れし, を忘れたる, を恐れ, を知らない, を知らなかつた, 事も, 刻刻の, 夜, 夜と共に, 夜も, 夜を, 迄語る, 迄飜, 頃刃を

▼ 更なり~ (52, 2.2%)

3 遂ひ 2 われと, 異性に対する

1 [45件] いまだ二葉, この神宮, その外何くれ, その行路局部, その顔, スモオレツトフイヽルヂングなど, 久しう, 人の, 今咲き出づる, 何十年を, 其と, 古への, 向指, 和船を, 四ヶ所の, 國名さへも, 夜も, 大和も, 対岸に, 年寄り給ひたる, 店の, 日本北アルプスの, 某一身, 此頃とんぼ追, 歳終更始す, 母君にも, 水汲上ぐる釣瓶の, 汝が, 町内に, 秩父浅間赤城日光の, 第七回, 絃妓らまでも, 絵画彫刻音楽に, 絶遠の, 花瓶に, 華冑攝, 諸役人等, 諸軍, 近所合壁の, 遠い赤石山脈, 都も, 重井葉石新井稲垣の, 鏡台の, 雲助とかの, 香取鹿島息栖銚子の

▼ 更~ (44, 1.9%)

32 ずに, たたり, たので, た時

1 [33件] がたの, させた, させたので, させて, させられた, させるに, させ婆, しこと, してね, ずとも, せし, たおま, たみたい, たらしく強, たるに, た事, た序で, つ月草, てかけて, ないもの, ねばならなく, ました, む, や, やうと, ようといふ, られねば, 前後し, 取り更, 得るかといふ, 膳をも, 袷羽織を, 難い程

▼ 更えて~ (39, 1.7%)

1 [39件] おる, お帰り, ない貧乏車, やると, 上りはじめた, 下りて, 久し振りに, 乗り道, 出た, 出て, 司令部へ, 外国映画を, 家郷への, 小野の, 岸本と共に, 差し上げる, 急に, 投げだすよう, 持ち出すと, 挨拶に, 早く支度, 晩餐食後新聞雑誌小説など, 来たが, 根岸の, 残って, 窓へ, 立ち去った, 絹縮の, 置いたの, 置いたん, 行った, 行ったろ, 行った女, 見たり, 言えば, 足早に, 追いかけて, 逆転した, 長閑に

▼ 更へて~ (36, 1.5%)

3 家を

1 [33件] くれなきやあ, しまひたいから, その男, とう, もらつたところ, やうやう十句, やつたり, アントニオ君と, 下さい, 伯爵夫人とともに, 元気よく, 呉れろと, 婢の, 居つた爲め, 居ると, 平気で, 時機さへ, 机の, 来りけり, 現れる, 甲板に, 番頭風に, 直に復, 眩しいほど, 立出づ, 腕附の, 見た, 言はば, 貰は, 運命の, 遣れ, 門を, 雨戸を

▼ 更~ (33, 1.4%)

7 の家 2 と横川, は微々

1 [22件] がはひつ, が扉, が横井, が現, が眼, だ, である, とその, と微々と, と視線, のパトロン, の寝室, の弟子, は, はそれ, は何気なく, は六遍, は勝ち誇つた, は寝台, は握り拳, は絵, を待つ

▼ 更える~ (32, 1.4%)

2 ことは

1 [30件] か, ことが, ことでありましょう, ことに, こと十二回に, ためであった, ために, といい, ときは, とこう, ところを, とそう, と必ず, と眼, な, ので蹄鉄, のにも, のを, までの不器用さ, もので, や否, ような, ように, よりほか, 場合であろう, 場合の, 必要が, 時に, 海の, 為に

▼ 更まで~ (31, 1.3%)

2 歩いて, 賑つてゐた, 遊んで

1 [25件] いつたい何処, して, その講義録, ぼそぼそ聞え, 刀を, 噺を, 寝付かれなかつた事, 寢附かれなかつた, 所々を, 机に, 机へ, 残つた, 殘つた, 灯りの, 炉端に, 燈り, 燈下に, 続いた, 色々の, 詰懸る, 語らつた, 誦みはいたしません, 賑やかな, 軍艦を, 雨

▼ 更~ (25, 1.1%)

2 更る

1 [23件] がわる鈎, ことあらん, そうだ, たび, となる, と左膳, にいたれる, のも, は何, ほどお, までいさめた, まで我家, まで書見, をも厭い, を待て, を覚えざりき, 処だ, 匙で, 新しい姿態, 更る出, 更る出で, 更る痛ん, 直ぐ何処

▼ 更えた~ (22, 0.9%)

1 [22件] お妙, しかしある, ため柄の, とき小次郎の, のである, のでやっと, ので実は, ので彼, ばかりの床の間, ように, アリスが, 予審判事は, 事が, 今までよりは, 仏蘭西風の, 佐々が, 後の, 後前に, 所は, 爽快な, 牛車を, 瑛子が

▼ 更~ (19, 0.8%)

2 して

1 [17件] しかけたところ, すぎて, する, するため, するの, はや過ししか, 出して, 報じて, 惜めども, 感じる時刻, 暗夜行路の, 用意し, 研究する, 研究せん, 計って, 過ぎた頃, 過ぎると

▼ 更~ (16, 0.7%)

2 つつあった

1 [14件] の催促, の兄, の品々, の皿, や天候, をされ, をする, をつけ, をなさいまし, を差上げた, を願いたい, 同士が, 目には, 給へる如し

▼ 更~ (15, 0.6%)

5 もない 2 あつた, はない, はなかつた 1 これは, はなかっ, もなかっ, も無い

▼ 更~ (13, 0.6%)

2 物ぢや

1 [11件] からん, のである, んだ, んにも, んの, 帽子と, 無理は, 猫でも, 言葉を, 講釈屋ばかり, 闇が

▼ 更~ (11, 0.5%)

3 やありません, やない 2 やねエ 1 やある, やなかつた, やねえよ

▼ 更闌け~ (11, 0.5%)

1 [11件] てから四条河原, てここ, てゐるらし, て人音, て天地, て家, て尚, て抜き足, て曉方近く, て皆, 時移つて漸く

▼ 更でも~ (10, 0.4%)

2 なさそう 1 ないだろう, ないでしょう, ないの, なかツたらしい, なく下女, 夜あけでも, 手を, 行きあたりばったりに

▼ 更~ (10, 0.4%)

1 いっては, おぼしき頃, なり村中寢沈まり, 不思議な, 唐の, 大きに心配, 好い物, 手際が, 爺が, 相成

▼ 更へる~ (10, 0.4%)

1 ことが, さうだ, とまた, とむつつり, と別家, と彼, やら寝道具, 人も, 夜具を, 時分には

▼ 更~ (10, 0.4%)

2 する 1 さすがよかろ, し更に, する男, に入っ, に出, に着た, の仕事, は屡々

▼ 更まっ~ (9, 0.4%)

31 てお辞儀, てしばらく, ては出たれ, て三指, て何, て呼んだ

▼ 更~ (8, 0.3%)

2 急に, 闌けてから 1 あるから, もう尽きよう, もう過ぎよう, 純粋の

▼ 更った~ (8, 0.3%)

2 ような 1 かのよう, のである, 今いる, 心構えである, 気持ちの, 身に

▼ 更~ (8, 0.3%)

4 い心持ぢ 1 い心地ぢ, くありませんね, くない, くないて

▼ 更その~ (7, 0.3%)

1 変な, 姿を, 感を, 手紙を, 時は, 正月は, 者に

▼ 更それ~ (7, 0.3%)

1 がひどい, は猥ら, を不安, を世間, を聞きたい, を読みたがった, を豫期

▼ 更って~ (7, 0.3%)

1 いた, ついにない, 参りましても, 喧嘩を, 慇懃に, 来ても, 見ても

▼ 更により~ (7, 0.3%)

1 以上の, 以上下落するなら, 以上大切だ, 以上改善されるであろう, 以上騰貴せしめる, 多くの, 発展した

▼ 更まった~ (7, 0.3%)

1 お客さまだ, 口調で, 容子を, 意義深い, 態度で, 挨拶を, 相手の

▼ 更知らない~ (7, 0.3%)

2 顏では 1 ところでは, わけぢや, 事は, 人の, 仲ぢや

▼ 更なる~ (6, 0.3%)

3 こと手紙あげる 2 事段々 1 昂揚が

▼ 更~ (6, 0.3%)

1 くり返す, されてから, 当に, 涼しい, 艸體の, 過ぎたやがて

▼ 更くま~ (5, 0.2%)

2 で居残っ 1 で売れた, で客, で洋裁

▼ 更~ (5, 0.2%)

2 て来, て来る 1 てくる

▼ 更~ (5, 0.2%)

1 はや膝, 帰る時, 意地張らず, 酔は, 門叩く

▼ 更~ (5, 0.2%)

1 又他, 幽ナリ, 斯ク頑迷移サザル者, 疑ヒ, 重ク

▼ 更無理~ (5, 0.2%)

3 では 1 なこと, はなかっ

▼ 更えず~ (4, 0.2%)

1 と見て取る, に, に小, 洋燈の

▼ 更けっ~ (4, 0.2%)

2 ていた, ている

▼ 更つた~ (4, 0.2%)

1 やうな, やうな思ひ, 気持ちの, 氣にな

▼ 更でない~ (4, 0.2%)

1 からいづれ, のが, ほど切詰めた, 気持に

▼ 更ない~ (4, 0.2%)

1 というの, と云つてやつ, のだ, のでも

▼ 更まつ~ (4, 0.2%)

1 てへん, て彼女, て腰, て逆

▼ 更まる~ (4, 0.2%)

1 と畳, ような, ように, 気持を

▼ 更~ (4, 0.2%)

1 ではありません, では無, でもなかつたらしい, ばかりで

▼ 更~ (4, 0.2%)

1 の神経, の身, の顏, は口惜しかっ

▼ 更うる~ (3, 0.1%)

1 ことあたわざるなり, ところなし, に当っ

▼ 更~ (3, 0.1%)

1 可哀そうです, 園に, 察し申します

▼ 更から~ (3, 0.1%)

1 三更にかけて, 暁方へ, 程なく暁

▼ 更つて~ (3, 0.1%)

1 からも癩病, の話, 少しお話し

▼ 更という~ (3, 0.1%)

1 ところも, ふんどしか, 点に

▼ 更なし~ (3, 0.1%)

3 あの時

▼ 更ふる~ (3, 0.1%)

1 ことの, に及ばずし, 音茶碗皿を

▼ 更へを~ (3, 0.1%)

1 したんぢ, する自然さ, 完了した

▼ 更までも~ (3, 0.1%)

1 まはり, 晩酌が, 続いて

▼ 更よく~ (3, 0.1%)

1 あてはまるであろう, は分らない, 準備したい

▼ 更~ (3, 0.1%)

1 何處, 泥巴求古本神山宗教見, 菅公祠廟過

▼ 更子嬢~ (3, 0.1%)

1 と共に彼女, と法廷, の暴行

▼ 更~ (3, 0.1%)

1 するを, には国家, 大明律三十巻大成し

▼ 更~ (3, 0.1%)

1 両親の, 厭ぢや, 心配で

▼ 更悪い~ (3, 0.1%)

1 ような, 気持が, 気持も

▼ 更相攻~ (3, 0.1%)

21 伐歴年無主

▼ 更~ (3, 0.1%)

1 机に, 話した, 醉つて大言壯語を

▼ 更~ (3, 0.1%)

1 がおこなわれ, や経済組織, を為す

▼ 更いや~ (2, 0.1%)

1 なところ, な仕事ぢ

▼ 更いろいろ~ (2, 0.1%)

1 の噂, の風説

▼ 更えない~ (2, 0.1%)

1 かね, ので悲しき

▼ 更えれ~ (2, 0.1%)

1 ば妾, ば批判精神

▼ 更くなりました~ (2, 0.1%)

2 から

▼ 更じゃ~ (2, 0.1%)

1 ないの, ねえん

▼ 更すでに~ (2, 0.1%)

2 三時に

▼ 更そう~ (2, 0.1%)

1 なるもの, 思います

▼ 更ため~ (2, 0.1%)

1 て, てお前

▼ 更~ (2, 0.1%)

1 が, と言われ

▼ 更つて來~ (2, 0.1%)

2 ても家庭

▼ 更などに~ (2, 0.1%)

1 眼を, 銀座通りを

▼ 更ひどく~ (2, 0.1%)

1 ひっぱたかれとうとう, 頭痛が

▼ 更へた~ (2, 0.1%)

1 のださうです, ばかりの深い

▼ 更へても~ (2, 0.1%)

1 二度寝, 二度寢を

▼ 更へに~ (2, 0.1%)

1 し奈良, 関係は

▼ 更への~ (2, 0.1%)

1 ワイシヤツなども, ワイシヤツヅボン下寢衣など

▼ 更へられ~ (2, 0.1%)

1 てゐた, でもした

▼ 更へん~ (2, 0.1%)

1 とて家, とて書斎

▼ 更までは~ (2, 0.1%)

2 何も

▼ 更むる~ (2, 0.1%)

1 とともに転じ, 忙しさ

▼ 更め玉~ (2, 0.1%)

2 ふを

▼ 更~ (2, 0.1%)

1 すこし過ぎた, する

▼ 更らしい~ (2, 0.1%)

1 しずかな, 景色に

▼ 更~ (2, 0.1%)

1 ば妾, ば更

▼ 更わたし~ (2, 0.1%)

1 はあちら, は飽きた

▼ 更ニ流レ杯~ (2, 0.1%)

1 ヲ挙ゲテ愁, ヲ擧ゲテ愁

▼ 更ニ論~ (2, 0.1%)

2 ヲ俟ザルナリ

▼ 更不可能~ (2, 0.1%)

1 であった, であつ

▼ 更仕事~ (2, 0.1%)

1 が悪かっ, が無い

▼ 更~ (2, 0.1%)

1 てじやれ着いて, て結構

▼ 更~ (2, 0.1%)

1 に続い, の行なわれる

▼ 更出鱈目~ (2, 0.1%)

1 でなかつたこと, では

▼ 更創作家~ (2, 0.1%)

2 ではない

▼ 更勘弁~ (2, 0.1%)

1 ならん, は出来ん

▼ 更~ (2, 0.1%)

1 では, な心持

▼ 更嘘ぢ~ (2, 0.1%)

1 やある, やなかつた

▼ 更困難~ (2, 0.1%)

1 だった, であろう

▼ 更~ (2, 0.1%)

1 だった, ですね

▼ 更~ (2, 0.1%)

1 へ寄り付かなかった, へ寄り付かなかつた

▼ 更子供~ (2, 0.1%)

1 をだます, 染みた手柄話

▼ 更左様~ (2, 0.1%)

1 いう東京, であつ

▼ 更~ (2, 0.1%)

1 に無い, 惹かるるの

▼ 更必要~ (2, 0.1%)

2 になる

▼ 更愛し~ (2, 0.1%)

1 ている, てゆきましょう

▼ 更暗い~ (2, 0.1%)

2 上の

▼ 更有り得ない~ (2, 0.1%)

2 ことで

▼ 更気の毒~ (2, 0.1%)

1 で何とも, で成りません

▼ 更法螺~ (2, 0.1%)

1 でもな, でもなく

▼ 更淋しく~ (2, 0.1%)

1 なって, なつて四人

▼ 更~ (2, 0.1%)

1 一種渉驕奢, 山影入

▼ 更無駄~ (2, 0.1%)

1 でもない, な話

▼ 更生活~ (2, 0.1%)

1 のいろいろ, の途

▼ 更~ (2, 0.1%)

1 このかた, を被い

▼ 更粗末~ (2, 0.1%)

2 である

▼ 更結構~ (2, 0.1%)

1 でありますが, よ

▼ 更興味~ (2, 0.1%)

2 が深い

▼ 更行く~ (2, 0.1%)

1 ま, 鐘の

▼ 更~ (2, 0.1%)

1 杜鵑花稍, 當違ひでない

▼ 更~ (2, 0.1%)

2 にしみ

▼ 更馬鹿~ (2, 0.1%)

1 でもねえ, には出来ない

▼1* [533件]

あたしの家, 更あたりの静寂さ, 更あなたのため, 更あの化物を, 更あり難いよう, 更あれは支那流, 更いいんだ, 更いきりたったのでしょう, 更いそぎ足になツ, 更いま更子供をだます, 更いわれのない, 更うそでもない, 更うっちゃって置く, 更うらめしく思われた, 更えさせられてそれら, 更えさせられた摺り切れ草履, 更えしめ汗に, 更えたら可い, 更えてるのに不躾千万, 更えて再び老婆の, 更えのこと申し触れよ, 更えましょうね, 更えようと提議, 更えられては, 更えられたが五百, 更えられるのです, 更おかしいのよ, 更おかしなことでしょう, 更おどろきましたよ, 更おのずから人生の, 更おびえさせて無, 更おれは真平, 更お尋ねするわけ, 更とにかく深々たる, 更かかり合の, 更かったから家, 更なつて濟, 更くなって見, 更くればその, 更く帰って来た, 更けしをも知らぬ, 更こまって返し, 更これから先き, 更こんな場所で, 更ごとに一声, 更ご存じないこと, 更しかも火星人が, 更しばしば彼女の, 更すぎたころでした, 更すてた知慧に, 更する力の, 更そこらに朽ち果てた, 更そして岩肌の, 更そんな訳の, 更たけて, 更たまった身も, 更ためずに言ふん, 更だつたかしら, 更ちっぽけな惨め, 更ったらと正太, 更ったらしく急に, 更っては取留めの, 更つかれが出, 更つたつてライピョ, 更つた様になつ, 更つて一ヶ月もたたぬ, 更ても生存上に, 更であります嘗て人, 更であることが, 更でしょうそちらは, 更ですけど, 更でなかつたりなんぞし, 更でなかつたんだらう, 更でなく働きも, 更でなければならん, 更でもねえ了簡, 更でれすけにおなり, 更で無い髪を, 更で煮団子も, 更といへやう, 更といふ句なり, 更ともおぼしいころ, 更と共に募ったもの, 更どうしてあの寂しい, 更どうも思い出して, 更どころじゃねえ, 更なかった, 更なき身の, 更なつかしいものと, 更なども怪我にて, 更なにがしの妻, 更なり知るも知らぬ, 更なれども麻布, 更にかけて秀吉は, 更につけ加へ, 更はずかしいことだった, 更はっきりそのこと, 更はるかに椰子, 更ばかでもない, 更されど晩年フィレンツェ, 更ふた手に, 更へか寢卷きらしい, 更へたり帯を, 更へた位殊に桂木, 更へつつすが, 更へてはゐない, 更へながらさう, 更へやら洗湯の, 更へれば菊池さん, 更ほかにいなく, 更ぼんやり夢でも見, 更また嬉しいとも, 更まりもしなかつた, 更むごい痛々しい仕方では, 更むずかしそうである, 更むずかしい事に, 更むづかしいのが出来る, 更めいて間もなく, 更めくことは, 更めさせながら又, 更めたるが, 更めていへるやう, 更めようとした, 更め五時半に發, 更め候方山吹に適切, 更め女中には都合, 更め必死にな, 更め投下しぬ, 更め櫛髮を終つて, 更め池の端, 更め無心にし, 更め羽織など着, 更もうあのこと, 更もたないわけで, 更もって, 更散楽から, 更らお前のこと, 更らかねが入る, 更らしいふるまいをした, 更らしく感慨あり, 更らしたらどう, 更らそれを忌ん, 更ら不埒だと, 更ら乃公の家, 更ら何か奇蹟, 更ら出來る筈, 更ら名殘りが, 更ら嫌ひではなかつた, 更ら平氣だらうが, 更ら徒らにだだ, 更ら無理に緊, 更ら狂ふ心, 更ら義理知らずの奴め, 更ら見込みがない, 更ら驚歎に價値, 更りして下さい, 更りたる如くにて, 更りなら銭も, 更りましては何ん, 更りました元より, 更りましたら御緩, 更りゆくが人, 更る代る取り上げてみた, 更る出て来る, 更る出でて尽く, 更る痛んで来る, 更ろうとし, 更される, 更わからぬ拙者で, 更わして敷居, 更わったので寿永二年, 更わるとすぐ, 更わるくないという, 更をかしかるべく, 更キチンとしなけりゃならない, 更グズグズは仕, 更ジャングル頭の追放, 更ゾッとした, 更ニソレヲ以テ第二ノタンポヲ叩キ, 更ニ一分ノ用ヲモナサズ, 更ニ三分シテ茉莉杏奴類ニ平等ニ与フ, 更ニ他ノ一理由ハ日本, 更ニ再建ヲ拒ミ, 更ニ利器ヲ出, 更ニ北支那ニ投資的侵略ヲ學ビタルコト悉ク獨逸, 更ニ北方ニ移リテ今尚ホ其血統, 更ニ合理的ニシテ國家ガ其ノ主, 更ニ同宿セシモノニ注意スルモ可ナリ注意セザルモ可ナリソレ等ノ行動ガスベテ徒労ニ了ルモノナレバナリ, 更ニ土地徴集ニ於テモ各所ニ其等ヲ有, 更ニ婦人ヲシテ夫ノ前, 更ニ布設經營ノ積極的活動等, 更ニ急報スベキ事件ノ発生, 更ニ戰爭開始ニ訴ヘテ國際的劃定線ノ不, 更ニ服御, 更ニ本邦ニ於ケル外国留学生ニ関スル施設如何ニヨリ将来益々増加セムトスルノ趨勢ニアリ外国青年子弟, 更ニ此大趣旨ニ基キ人ノ安全幸福, 更ニ現代ニ復興シテ漲溢シツツアル國民的, 更ニ生芋ヲ入替, 更ニ花ヲ加ル者, 更ニ英國ヲ第, 更ニ英國艦隊全部ヲ本, 更ニ蓋ニ保温室ヲ設クルコトニヨリ, 更ニ詳報方船長ニ向ケ打電同時ニ別掲容態表並ニ乗組船医二名, 更ニ転生シテ第四, 更ニ近代化シ世界化シテ來ルベキ第二, 更ニ造ル事無シ, 更ニ遺言スルコト下ノ如シ, 更ニ隣室ニシテ同様物置ナル所ヘ一時, 更ニ風雲ヲ望ム, 更ハラハラさせられる, 更パリパリして, 更フル此ニ四回時ニ同学新ニ, 更プロレタリア文芸に対する共同戦線, 更ペレールへ来, 更マダムと, 更リネツトの望み通り, 更一人で帰途, 更一歩進とかいうの, 更丁寧に詫, 更三更にし, 更三点に即ち, 更一層楼, 更上手の者, 更下ろうとはしない, 更予, 更不便に思ふべし, 更不安だった, 更不揃いでもない, 更不案内な人間, 更不自由を爲, 更不適當のもの, 更世情を知らない, 更世話好ばかりでやってる, 更世間へも先, 更也男も大, 更二人の性格, 更へない, 更云いきれずそれかって, 更云つてゐるの, 更互におのれの, 更の眼, 更人類は新た, 更今日は私, 更仏頂づらを, 更以下を皆古, 更任して卓落不覊, 更任せられたのである, 更任右中将建暦元年正月五日正三位同二年十二月十日従二位, 更任期などには院, 更任願は教頭, 更住めなそう, 更住居には意表外, 更を思慮, 更を, 更作發心以去延暦二十三年五月十二日入唐爲初學習と云, 更趣の, 更來年も恐らくは, 更誰, 更便利実用のもの, 更健康診断の必要, 更傾月に影, 更は癪, 更先方の顔, 更光栄である, 更兵糧をつかう, 更其感が深い, 更其覺悟の中, 更内ぢや大, 更まかせと, 更出られや致しません, 更出版して, 更の持ち, 更分りようがない, 更利き目の, 更利家の味方, 更い目, 更劍道精神にべつ, 更十二時近くになっ, 更危くないで, 更危険である, 更厳重に禁ぜられ, 更取り合う気には, 更が利け, 更口惜しいとさまざま思案, 更口真似は出来ない, 更可哀相だった, 更可笑しいぞと思ってる, 更でございましょう, 更吠えつくようで, 更周囲にふさわしい, 更味わいふかい感じ, 更品格なきが, 更問題である, 更回避されねば, 更疎瓣免風撩, 更地蔵踊地蔵物いい地蔵, 更然山河, 更堪へ難いの, 更外国文学が嫌い, 更多助が厭, 更ではなかつた, 更大学の法医学教室, 更大雨の最中, 更好い心地も, 更嫌いであるから, 更子三堂微々横川洗身の三人, 更子電話口にて, 更をさらに, 更存じませぬで, 更学問が嫌ひで, 更家内の者, 更家庭の道徳, 更容貌の上, 更寛大極まったもの, 更に就か, 更長物誇, 更尊公の口, 更小生は, 更なかつた, 更少し濃かったら, 更少ないといふこと, 更少なく迷信を, 更尽きて客, 更工合が悪い, 更巫咸巫式巫目巫易巫比巫祠巫參巫環字皆作巫と言, 更平気な風, 更幽霊に違い, 更によみ, 更府村の湧池, 更引き受けられないぢや, 更といひ, 更強くなつた, 更のない, 更になった, 更役に立たないものに, 更役に立たぬことで, 更の部屋, 更彼女には堪へられなかつた, 更待ってやる, 更なり, 更徹底的に日本固有, 更心当りがねえ, 更心持がよい, 更心當りが, 更心配でございますから, 更忍びがたい侮辱, 更忘れられないしこんな, 更忻此歳多佳事, 更怒つてウオ, 更思いつめずにはいられなかった, 更思いやりのな, 更思い掛けぬ事で, 更思わぬではなかっ, 更思われず否応なく, 更思われぬ秀子でなく, 更急がなくては倭文子さん, 更怨んだが然し, 更恋しさが, 更飲膳多, 更恐がるように, 更恐ろしく感ぜられる, 更悄げてしまった, 更悪くはない, 更悲しくなるの, 更悲慘なるもの, 更意思の必要, 更愛せられるように, 更感激なさるでしょう, 更憎悪の念, 更懇ろに法事供養, 更懸念できない, 更我慢がならず, 更戲談ばかりで, 更につかない, 更批判の目, 更抛り出したやうな, 更へ事, 更捨てたもので, 更掛り合ひが, 更揶揄ふつもりでも, 更放つても置けない, 更政治の自由, 更敏子さんは落, 更文学の尊重, 更断りにくい, 更新聞社の屋上, 更の事, 更既に明けたり, 更早く朽ちて, 更時代の推移, 更時刻を撰ぶ, 更景気よくどなっ, 更替して大老, 更月光を見, 更本統の喧嘩, 更東京近しとの, 更栂谷頂より後, 更難いもの, 更の藁人形, 更欠けている, 更欲しくなるの, 更止められなくなるんです, 更の礁, 更此事に就い, 更の淵, 更の利かない, 更気に入って大, 更気に入らん訳で, 更気分が悪う, 更気味の悪い, 更気遣わしい心が, 更の毒さ, 更汚れた浄めて, 更沈滞は甚, 更没交渉のもの, 更注がれずに何処, 更注意をひき, 更浪費ではありません, 更月出雨仍灑, 更深く交際した, 更済みませんぞよ, 更渡るまでの長尻, 更溜めて居ない, 更溜息を吐い, 更激しくぶり返して, 更火の気の無い, 更の太鼓, 更烈しくいつもの, 更無残に三時過ぎ, 更焦立たしいというよう, 更うでも, 更独り笑み行く座頭, 更狭くなって, 更狼狽したの, 更献椒杯又進肴, 更甘えやすくする, 更しく好奇心, 更甚しき懸隔を見る, 更留守宅への送金, 更白雄の如き, 更相携遊于八瀬受博士之饗應於平八茶屋, 更相誅殺當時殺千餘人, 更真面目になります, 更じく両人, 更知らないでも無い, 更知らぬ事も, 更知らぬではなかつた, 更知らねえ顏でも, 更社会を考え, 更祖父さんからひどく, 更秀子に疑い, 更秉燭意は夜, 更の方, 更るねえ, 更立つ瀬がありません, 更立男王國中不服更相誅殺當時殺千餘人, 更氣である, 更素人じゃア, 更綺麗でもある, 更緲牙彫鋳金等種々, 更がない, 更置く事は, 更美しく見えます, 更義理ある大切, 更考へたことが, 更耐えがたい苦しみと, 更耐え難いだろうと, 更聞こえが悪く, 更驚, 更自信がなく, 更自分が許さなかった, 更自由でありそう, 更良人に邪魔物扱い, 更苦しみが増します, 更苦笑せざるを, 更蒼ざめて見えた, 更薄暗く思われる有明, 更蝶夢嘯山暁台樗良白雄これ等はみな蕪村, 更衆臣もいず, 更行かぬ余は, 更行かぬ困った実に困った, 更見当違いでなく世, 更見込みのない, 更観たくないが好奇心, 更の解らない, 更詩人的空想から産出, 更詮議をしなけれ, 更誘惑する, 更か玄関, 更諦められない事は, 更讀む氣が, 更負けてばかりも居ないだらう, 更貴方だつて思, 更赧らみ痩せた小づくり, 更起き出でて書, 更起荒心迫來將攻之時出鹽盈珠而令溺, 更路人のよう, 更躊躇しない訳, 更身寄頼りの無い, 更近くの五ツ下がり, 更逆上せて履物, 更造意之至, 更遊ぶことが, 更ぐる頃軽井沢に, 更道夫の枕許, 更名妓伊王, 更都合がよい, 更重苦しいと思う, 更の寂寞さ, 更野暮じゃない, 更長けし徒然の, 更間違っていない, 更阿呆だ, 更阿諛苟同の念, 更上り其の, 更を駒鳥, 更雅さんのところ, 更難澁である, 更難遁其咎之旨, 更霊魂の無え, 更雲助児尋昔元, 更面白いでは, 更するや, 更を掻いた, 更に筋, 更を横, 更飲んでやろう, 更など美々しく, 更に青海波, 更驚き膝を, 更驚きまして周玄長治, 更黄忠は兵, 更黒羽二重の衣類