青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「抽象~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~抱え 抱え~ ~抵抗 抵抗~ ~押 押~ ~押え 押え~ ~押し 押し~
抽象~
拂~ ~拍子 拍子~ ~拔 拔~ 拘らず~ 拙者~ 招待~ 拝~ 拝見~

「抽象~」 1709, 17ppm, 6704位

▼ 抽象~ (832, 48.7%)

83 なもの 16 である 14 な情熱 12 な, な概念, な言葉 11 な観念 10 であると 9 なこと 7 な存在, な法則 5 な意味, な話, な説明, な議論, に対立, に考え 4 だと, であること, であるの, では, な思想, のもの

3 [17件] なそして, な内容, な問題, な形態, な思考, な数学, な理論, な論理, に, にこの, になつ, になる, に云っ, に物, に考えられた, に考えれ, に進んだ

2 [56件] だ, だし, だという, であつ, であり非, であるから, であれば, でなければ, でも, なの, なる, なる多, なる永遠性, な乙, な云, な原則, な反省, な器官, な場合, な対立物, な平均水準, な手段, な文章, な正, な正義, な漠然たる, な理知, な甲, な真理, な社会, な社會, な科学, な立場, な自然科学, な自由, な見方, な規定, な觀念, な認識手段, な語, な関係, にし, にで, になっ, に分析, に對立, に形式的, に永遠, に決定, に理解, に考える, に言, に過ぎる, に選出, の名, の文字

1 [422件] あるいはむしろ, すぎるため, すぎると, すぎる現実味, だが, だとかいう, だとさえ, だなど, だ之, であ, であったから, であったが, であって, であらざるを, でありその, でありやがて, であり且つ, であり何, であり従って, であり要は, であるか, であるかは, であるとして, である外, でいかなる, でしか, でした, ですが, でその, でなくはつきり, でよく, で中味, で主観的, で個別的, で内容, で卑俗, で又, で姿, で実際, で形式的, で従って, で概念的, で殘念, で無効, で特徴, で特殊, で私, というの, といわれる, とさえ呼ぶ, となる, となろう, と云わざる, と呼ばれ, なあまりに, なあるいは, ないかなる, ないや, ながら云々, なそうして, なたとえば, なところ, なまたは, なややもすれば, ならしめ非, なること, なるすなわち, なるただ, なる人, なる人間性, なる即ち, なる思索, なる道, なアンティ・テーゼ, なインターナショナリズム, なオプティミズム, なスローガン, なフラーゼ, な一点, な一結果, な一般概念, な一般物, な一般社会的, な一般者, な一般論, な一部分, な一面, な不可思議, な不安, な世界, な世界主義, な世界形象, な世界自身, な世界観, な主張, な主義, な之あれ, な予期, な事柄, な云いかた, な人権擁護, な人相書き, な人間, な人間復興, な人間性一般, な人間能力, な仮定, な作為的都市, な光, な公式, な公式主義, な典型, な再, な分析, な単位要素, な単純, な厭世観, な又は, な反動性, な叙述, な史学, な合理性, な同, な同一性, な名前, な哲学, な唯物論, な商業, な問題提出, な善, な四次元座標, な図式, な固定概念, な報道, な声明, な外面的, な多, な多少, な姿, な媒介性, な孤立, な学, な学生生活, な守護霊, な定式, な家庭教育, な対抗, な対社会的独特さ, な対立概念, な専門家間, な尊重, な属性, な帰納, な平凡, な幾つ, な形, な形式, な形式的, な形而上, な従って, な從つて外形的, な思惟, な思想的, な怪物, な悲しみ, な想像, な想定, な意志行為, な意見, な感情, な感想, な感覚, な懊悩, な或, な或いは, な戦争反対, な所与, な所謂虚構, な採長, な放言, な政綱, な教材, な数学的, な數學, な文句, な文壇, な文字, な文官制的, な文章論, な方法, な日本, な普遍, な普遍性, な普遍的人間性, な書物, な本質, な条件, な検討, な概括的, な概観, な概説, な構成主義, な権力, な機能, な気分的, な永遠性, な法規, な浄化, な游離, な点, な物, な物質, な理屈, な理智, な理解, な畏ればかりは, な発表形式, な直接所与的, な知力, な知的自己, な知識階級, な社会機構観念, な社会統制, な空, な空想, な空気, な空気焔, な空氣, な答え, な範疇, な絶望, な線, な編集, な考え, な考え方, な考へ方, な考察, な聯盟主義, な肉, な肉體, な背景, な能力, な自然, な自然条件, な興趣, な良心, な色, な虚榮, な虚體, な表現, な視界, な観念生活, な観念論, な觀念論, な解説, な言, な言いかた, な記載, な話し方, な認識, な誠実性, な誤り, な調和統一, な論法, な論理学, な論理的, な論理的合理性, な論議, な議題, な軸, な追求, な連盟主義, な道理, な部分, な量概念, な鋭い, な関係的知識, な震幅, な非, な高低如何, にいう, にいえない, にいか, にいっ, にうたわれ, にかう, にかかれました, にこう, にしかあらわされない, にしか書けない, にしか考えられない, にした, にすぎる, にだ, にどこ, にならざる, にならず, にならなけれ, になり, になりすぎ, になりすぎてる, になります, にはあり得ない, には断じて, には決して, には決め兼ねる, には申せません, には私, には興味, にばかり書い, にひびく, にも経験, にカプト・モルトゥム, に一般的, に主張, に予め, に事實, に云, に云え, に云われない, に人格, に人間性, に人類全体, に代表, に俺, に傾く, に共通, に分つ, に分離, に取り上げ, に名づけた, に唯, に唯物論, に在る, に多数, に失する傾があった, に女, に安心, に定め, に幽霊, に延長, に引き回, に心的, に思える, に思考, に恋愛, に想像, に批評, に把握, に拵えあげられた, に指さした, に敢行, に敷衍, に普遍的, に書い, に書かれ, に有っ, に未来, に概念, に止っ, に歴史, に海, に漫然と, に為政者, に理性的, に生成, に申し出る, に町, に発表, に移る, に種々, に答えられ得る, に絶対的, に習得, に考えられる, に考へれ, に自己完成, に行動一般, に表現, に見, に見た, に観察, に観念的, に言った, に言つた, に言われた, に記述, に詠む, に話す, に認識一般, に語つたの, に論じられる, に論じ得ない, に論ずる, に述べた, に進まなかった, に遊離, に選択, に離し, に非, のひろい, の体言, の兩方面, の善玉, の団体, の場合, の工夫, の形容詞, の意味, の教え, の教訓, の断定, の演説, の状況, の結末, の言葉, の説明, の議論, の象徴, より結象的, 又構想的, 諸感覚

▼ 抽象~ (87, 5.1%)

5 て来 3 てしまう, てその 2 てこれ, てしまっ, てそれ, て了, て現す, て言

1 [64件] かつ適当, これら理念的形態の, そうし, そうやっ, その限り, それを, たり記述, てあらわし, ている, てくる, てしか認識, てしまい, てしまへ, てせめて, てそこ, てそれら, ては思考, てもの, てゆくなら, てゆけ, てゐる, て之, て人間性一般, て人類, て便宜上, て健三, て単に, て取り出せ, て取り扱う, て單純, て固定化, て地獄, て居る, て常に, て強調, て得たる, て得られた, て思惟, て恰も, て扱われる, て来るべきであったろう, て標榜, て理想状態, て直接聴者, て真理, て示す, て社会, て考えられず, て考えられる, て考える, て興台産霊神, て見せる, て見れ, て観客, て言っ, て賛歎, て離し, て順二郎, 公式を, 分析する, 又抽象, 又総合, 推拓し, 独立せしめる

▼ 抽象~ (47, 2.8%)

3 世界に, 歩を 2 反映に

1 [39件] 不可測な, 世界で, 世界へ, 人物に, 人間性が, 低き階級, 何ものでも, 名詞かと, 呪文で, 哲學を, 域を, 形で, 思想によって, 恋人わたくしは, 悲哀は, 意義は, 成果として, 操作と, 方法である, 王国から, 生活には, 生活を, 産物であり, 産物である, 産物に, 発見だ, 結果である, 結果として, 結果に, 結果は, 結果よほど, 結果類型的の, 衣を, 要求と, 観念では, 言葉でなく, 過程によ, 過程は, 願切なる

▼ 抽象~ (43, 2.5%)

2 がある, のうち, のない, もしくは普遍性

1 [35件] が少なくとも, が際立っ, が非常, こそが正に, というもの, との適度, とも申すべき, と云っ, と其句, と普遍的, と等しい, によって或, に苦しまざる, に關, の中, の修正者, の内, の問題, はただ, はだから, は何故, は先, は具体性, は具體性, は存在, は歴史性, は進展, へはまり込ん, をそのまま, をもつ, を免れ, を具えた, を帯び, を帯びた, を持っ

▼ 抽象~ (42, 2.5%)

5 して 2 されたもの, されたる共通分子, されて, すること, する機能

1 [27件] が産んだ, された女, された性格, された数字, された書かなければ, された能動性, される, され一般化, され今日, され形式化, され箇別的, され超, した過大評価, しつつ, しては, しても, しマンネリズム化, し従って, するだけの, するの, せられ理想化, では, として娯楽, は非, を脱し, を避け, 必ずしもリッケルト

▼ 抽象された~ (38, 2.2%)

2 ものとして, 場合に

1 [34件] したがって現実, すべての, ものが, ものであり, ものである, ものでなく, ものの間, 不易の, 人間性などという, 代表部分, 以上この, 処の, 単なる歴史, 単なる社会, 国語である, 国語の, 女それ自体, 從て, 心理分析フロイド風の, 意味での, 所の, 技術の, 時と, 朝顔の, 模型である, 法則的関係は, 物質変更能力一般, 科学なんか, 科学を, 空間的形像である, 精神の, 虚空間は, 言葉, 諸断面

▼ 抽象する~ (24, 1.4%)

2 からであり, ことが, ことこそ, ことによ, ことによって, 事が

1 [12件] ことの, ことは, というひとつ, といふ, ので, のは, までである, 作用は, 原理では, 批評などが, 概念である, 概念のみが

▼ 抽象~ (24, 1.4%)

2 はそれ, を吾

1 [20件] が代数, が関心, であって, であること, でしかない, ではなかっ, で存在, としての所謂, として初めて, として頭, と具象物, と見, なの, についてその, に他, に就い, に過ぎず, の氾濫, を具体, を自分

▼ 抽象~ (23, 1.3%)

1 [23件] あらずして, いつまでも, すぎるならば, なお姿態, なって, なつた, はせて, 亘る嫌, 反抗と, 在るもの, 存在しない, 存在は, 対応は, 新しい疎通孔, 於ては, 止っては, 発動する, 相当する, 纏綿せられる, 美化され, 近くなっ, 過ぎないもの, 長じた

▼ 抽象~ (18, 1.1%)

2 用いること

1 [16件] 借りなければ, 可能ならしめる, 媒介に, 強制する, 意味し, 施すに, 条件と, 棄て, 次の, 用いずに, 經たる, 行った末, 試みたる者, 試みること, 認めて, 遂行せしめる

▼ 抽象~ (17, 1.0%)

2 具体よりも

1 [15件] どこから, 勇者の, 単なる抽象, 古き具象, 実験という, 必ずしも直感, 必然的に, 愈, 明らかに, 普通の, 無意義である, 無論抽象, 発達した, 發達した, 超脱と

▼ 抽象作用~ (17, 1.0%)

1 [17件] が本当, で片づけ, という意識, という観念的, とか体験, とは表現作用的自己, によって作られる, に導き, に相当, の子, の所産, の間接, は意識的, を俟つて, を受け, を媒介, を度外視

▼ 抽象~ (15, 0.9%)

1 [15件] から実際, が多い, じゃ無い, だ, では無, で引き, といふ奴, としてお, としては一応, になっ, は明治以来何遍文壇, は用, よりはまだしも, を一歩, を主張

▼ 抽象観念~ (12, 0.7%)

2 と具象観念, ももはや 1 が発達, にすぎない, のない, の具現, の超, を打ち拉ぐ, を現, を超越

▼ 抽象~ (11, 0.6%)

1 [11件] があれ, がこの, が両者, として一定, となる, と示唆能力, の働き, はこういう, はその, は普通一般, を見出した

▼ 抽象名詞~ (11, 0.6%)

1 [11件] が化け, が雄飛, であるという, というやつ, とし, として通用, の羅列, をこねまわし, を愛する, を愛好, を自分

▼ 抽象概念~ (11, 0.6%)

2 にすぎず 1 としては形式, に属し, のため, のみをい, の如き, は其自身, を意図, を招きすぎ, を超え

▼ 抽象的概念~ (11, 0.6%)

2 に過ぎない 1 であ, である, でなければ, に外, の表現, の請負業者, をいじくり回す, を所有, を構成

▼ 抽象~ (9, 0.5%)

1 すきです, 主観的な, 作られて, 具象性を, 単にインターサヴジェクティヴ, 即ち分析, 成り立って, 現実的に, 自覚され

▼ 抽象され~ (9, 0.5%)

1 しその, ている, てくるだらう, てそこ, て一つ, て単に, て発達, 一般化された, 拡大された

▼ 抽象~ (9, 0.5%)

2 としての 1 としての存在, にしか過ぎない, に於, に過ぎない, を取り出し, を実現, を抽出

▼ 抽象論理~ (9, 0.5%)

3 の立場, を媒介 1 からで, は具体的論理, を以て我々

▼ 抽象論理的~ (9, 0.5%)

2 である, に我々 1 でなければ, と考えられ, に考えられない, に考えられる, に起る

▼ 抽象される~ (8, 0.5%)

1 ことによ, ことによって, ことは, とそれ, と丁度, のを, ものが, 他は

▼ 抽象した~ (8, 0.5%)

1 そっくりそのままの, 人だ, 像だけを, 像であり, 情意こそ, 概念を, 範型の, 表現それ自体が

▼ 抽象~ (8, 0.5%)

1 でありそれだけ, である, であるロビンソン, で労働手段体制自身, として存在, の話, を云い表わす, を現実

▼ 抽象的一般的~ (8, 0.5%)

3 なもの 1 なる形式, な所謂論理学, な本質, な行為, な非

▼ 抽象的観念~ (8, 0.5%)

2 の実在 1 からはあの, がここ, としての修道院, に脈, の狂人, の理解

▼ 抽象~ (7, 0.4%)

1 事実とが, 云っても, 強調と, 無機的具象との, 称せられるの, 純粋思索との, 結びつき得るであろうか

▼ 抽象という~ (7, 0.4%)

1 ことが, ことに, ことを, のが, ものに, 作業は, 媒介作用によって

▼ 抽象的思惟~ (7, 0.4%)

2 の産物 1 にとっては思想, に固着, の結果, をもつ, を却

▼ 抽象~ (6, 0.4%)

1 という名前, と云います, にしろ, の機関誌, の絵, の連中

▼ 抽象的世界理念~ (6, 0.4%)

2 に過ぎない, の外, の思想

▼ 抽象的理論~ (6, 0.4%)

2 に終り, よりも寧ろ 1 を導き出した, を藉

▼ 抽象では~ (5, 0.3%)

2 なくて 1 あり得ない, ない, なくかえって

▼ 抽象~ (5, 0.3%)

2 の概念 1 に見る, の思案, の観念

▼ 抽象~ (5, 0.3%)

1 では無い, として先, と語尾, は註, を以てしなけれ

▼ 抽象~ (5, 0.3%)

4 なこと 1 に外国人

▼ 抽象である~ (4, 0.2%)

1 ことに, といふこと, としか考え, 進撃者の

▼ 抽象とは~ (4, 0.2%)

1 兩立し, 具象の, 彼に, 知覺の

▼ 抽象によって~ (4, 0.2%)

1 この事物, 取り出された, 成立する, 現実に

▼ 抽象概念的~ (4, 0.2%)

1 に考えられ, に考えられた, に考えれ, に考え得る

▼ 抽象的分析~ (4, 0.2%)

1 から始まる, によって実相, に慣らされざる, の所産

▼ 抽象的表現~ (4, 0.2%)

1 この石崎氏, であり合理的説明, で結び, をもつ

▼ 抽象したる~ (3, 0.2%)

1 ものであっ, ものなり, 類型を

▼ 抽象し得る~ (3, 0.2%)

1 もののみに, 現実的な, 現實的

▼ 抽象せられた~ (3, 0.2%)

1 もので, 波動とか, 生命なき

▼ 抽象~ (3, 0.2%)

1 ことを, のだ, のである

▼ 抽象~ (3, 0.2%)

1 ある, あれば, 国防

▼ 抽象世界~ (3, 0.2%)

1 が豊富, である, でどうにか

▼ 抽象数学~ (3, 0.2%)

1 からの借物, は, を空虚

▼ 抽象映画~ (3, 0.2%)

1 なるもの, は一つ, は幾何学的形象

▼ 抽象的世界~ (3, 0.2%)

1 となる, と云, と云う

▼ 抽象的形式的~ (3, 0.2%)

1 なもの, な型, に類型的

▼ 抽象的文字~ (3, 0.2%)

1 である, の羅列, をもっ

▼ 抽象的煩悶~ (3, 0.2%)

1 だけで, の全部, は結局政治的関心

▼ 抽象的論理~ (3, 0.2%)

1 の立場, はかえって, を含まね

▼ 抽象表象~ (3, 0.2%)

1 の作用, の力, は銀行

▼ 抽象論者~ (3, 0.2%)

1 たること, だ, はその

▼ 抽象され得る~ (2, 0.1%)

1 ものでなけれ, ようにも

▼ 抽象し出す~ (2, 0.1%)

1 までに到った, 企図の

▼ 抽象し去った~ (2, 0.1%)

1 こうした純正哲学, に過ぎなかった

▼ 抽象し去つ~ (2, 0.1%)

1 てた, て専ら

▼ 抽象し去られ~ (2, 0.1%)

1 ている, はしない

▼ 抽象するなら~ (2, 0.1%)

1 ばそこ, ばついにもはや単に全く

▼ 抽象~ (2, 0.1%)

1 ということ, と云っ

▼ 抽象であっ~ (2, 0.1%)

1 て一, て現実

▼ 抽象として~ (2, 0.1%)

1 その内, 差支ない

▼ 抽象との~ (2, 0.1%)

1 はっきりした, 二つの

▼ 抽象において~ (2, 0.1%)

1 一切の, 云われたの

▼ 抽象~ (2, 0.1%)

1 現実の, 種々な

▼ 抽象~ (2, 0.1%)

1 から現, の崇拜

▼ 抽象形態~ (2, 0.1%)

1 に外, を有っ

▼ 抽象情緒~ (2, 0.1%)

1 の周囲, を組立てる

▼ 抽象~ (2, 0.1%)

1 の一形式, の過剰

▼ 抽象~ (2, 0.1%)

1 で統制, を用いない

▼ 抽象生活~ (2, 0.1%)

1 だけで, は然

▼ 抽象的一般的世界~ (2, 0.1%)

1 を考え, を考へ

▼ 抽象的原則~ (2, 0.1%)

1 または高尚, を神聖

▼ 抽象的形式~ (2, 0.1%)

1 がいわゆる, にとる

▼ 抽象的思索~ (2, 0.1%)

1 で宇宙, の力

▼ 抽象的情熱~ (2, 0.1%)

1 としての万葉精神, と認めざる

▼ 抽象的意識的自己~ (2, 0.1%)

1 の内, を否定

▼ 抽象的普遍~ (2, 0.1%)

1 に形式的, は固

▼ 抽象的本質~ (2, 0.1%)

1 に於, を洞察

▼ 抽象的理想~ (2, 0.1%)

1 にはあらざりし, を具体化

▼ 抽象的知識~ (2, 0.1%)

1 とはかかる, は必ず

▼ 抽象的自由~ (2, 0.1%)

1 の世界, を信じ

▼ 抽象的観念的~ (2, 0.1%)

1 に, には愛し

▼ 抽象的言葉~ (2, 0.1%)

1 なの, にいい現される

▼ 抽象的論理的思考~ (2, 0.1%)

1 が先天的, に多く

▼ 抽象的過程~ (2, 0.1%)

1 や抽象的, を空想

▼ 抽象~ (2, 0.1%)

1 の如き, の詩

▼ 抽象能力~ (2, 0.1%)

1 が必要, もない

▼ 抽象表現~ (2, 0.1%)

1 に堪えぬ, に芸術的

▼ 抽象~ (2, 0.1%)

1 であるロビンソン, として理解

▼1* [139件]

抽象かと云ふこ, 抽象から具象に, 抽象こそ必要な, 抽象されたくはなかっ, 抽象されない具象的の, 抽象され得ないと考えられた, 抽象した干枯びたミイラの, 抽象しないことこそ, 抽象し出されるという意味, 抽象し去っては何, 抽象し直さねばならぬ, 抽象せしめて來, 抽象せられたるものは, 抽象たるに於い, 抽象あるなら日常的空間, 抽象でありしたがって, 抽象ですか, 抽象でもなければ, 抽象としてこそ初めて連帯的, 抽象なくして, 抽象には存在いたしません, 抽象によりて生じ模型, 抽象によるアナロジーを, 抽象に対して断頭台という, 抽象のみありて, 抽象ばかりで誰, 抽象一般化個別的現象の類型化, 抽象中間階級を設定, 抽象乃至空想の, 抽象人間や愛, 抽象体みたいな面白い, 抽象作用其ものに非ずし, 抽象出来るというの, 抽象前提なしに, 抽象化す必要が, 抽象名詞以外には知識, 抽象名辞で描かれ, 抽象と具象型, 抽象を建てた, 抽象にした, 抽象学者に稀, 抽象なん, 抽象性普遍性の方向, 抽象慾過剰だつたり, 抽象抽出しそして, 抽象昇華させるもの, 抽象架空に存在, 抽象概念自身としては絶対的, 抽象理想論の迂, 抽象理論の追求, 抽象であろう, 抽象がカント好み, 抽象的たるを免れない, 抽象的一般の世界, 抽象的一般性の真, 抽象的一面はこの, 抽象的事実の云い表わしであっ, 抽象的人間労働に約, 抽象的傾向を有する, 抽象的分析的になっ, 抽象的原理として意識, 抽象的原語を愛する, 抽象的合理論者の考える如く, 抽象的命題に頼り過ぎ, 抽象的図式であるとか, 抽象的固定的に堕する, 抽象的実体として考え得る, 抽象的實體として考, 抽象的対立概念を用いた, 抽象的形態に就い, 抽象的思弁に陥らず, 抽象的思考を他, 抽象的思考其者に價値, 抽象的思辨中に彷徨, 抽象的悟性的なもの, 抽象的意志というもの, 抽象的感覚を二つ複合, 抽象的批判によつて概念的評價, 抽象的教訓を具体的, 抽象的数学的に考, 抽象的方法を知つて, 抽象的方法象徴的方法は高度, 抽象的方面にも通じた, 抽象的普遍的なもの, 抽象的暗示的の筆, 抽象的概念的のもの, 抽象的構成的であるとして, 抽象的模索が明日, 抽象的機能とかに執し過ぎ, 抽象的派生的であるを, 抽象的流通性そのものの実在性, 抽象的特徴に応じ, 抽象的理念的円または三角形, 抽象的理想派の審美學, 抽象的眞理に過ぎない, 抽象的真理を進める, 抽象的知識的の考案, 抽象的神秘的な威力, 抽象的神経から蔭, 抽象的空想的のもの, 抽象的等々そのものを以て立場, 抽象的精神的な要素, 抽象的系統の中, 抽象的経験というもの, 抽象的結合を必要, 抽象的絶対的にどこ, 抽象的絶對的でなくて, 抽象的自己であったの, 抽象的自然科学的唯物論の欠陥, 抽象的自然科學的唯物論の缺陷, 抽象的舞台的形式的のもの, 抽象的規定に過ぎない, 抽象的觀念を擁護, 抽象的認識と言い, 抽象的説明的になる, 抽象的談論に渉, 抽象的論文及び多く, 抽象的論理的能力が決して, 抽象的論議に由る, 抽象的論議だらけの旧型綜合雑誌, 抽象的議論で, 抽象的象徴的方法ができ, 抽象的道義を認め, 抽象的部分的である, 抽象的音楽天才ですから, 抽象的風潮への解毒剤, 抽象を破する, 抽象示揚されるの, 抽象科学は奢侈品, 抽象のもの, 抽象自由を主張, 抽象を指示, 抽象論化の根本的モメント, 抽象論機械的解釈を発生, 抽象論理的媒介によって具体的論理, 抽象過程を忘れない, 抽象選択の仕方, 抽象とこの, 抽象音楽となっ