青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「文句~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

敷~ ~敷い 敷い~ ~數 數~ ~文 文~ ~文化 文化~ ~文句
文句~
文壇~ ~文字 文字~ ~文学 文学~ 文學~ ~文明 文明~ 文献~ ~文章

「文句~」 4400, 46ppm, 2555位

▼ 文句~ (1359, 30.9%)

18 書いて 16 言ふ, 読んで 12 並べて 11 つけて 9 言は 8 口に, 口の, 聞いて 7 いって, つけに, 言って 6 ならべて, 知って, 言いに 5 云って, 繰返して, 耳に, 見ると, 言ひ 4 いうもの, いわずに, いわないで, もって, 云うな, 彼は, 考えて, 覚えて, 言はれ

3 [28件] いうと, いうな, いえば, いふな, うつして, かいて, くり返して, つけるの, 並ぶるが, 云うこと, 云うの, 云った, 云わずに, 何度も, 使って, 心の, 教えて, 暗誦する, 書いたの, 書いても, 歌って, 綴って, 繰り返して, 言いながらも, 言うの, 言うもの, 言う人, 言つたら

2 [85件] いうこと, いうの, いうセキ, いう隙, いっても, いはずに, いわない, お稽古, くり返した, ささやいた, そのままの, つけられるの, つけるとか, つけるとは, つらねて, なんども, ぬかす奴, ねるの, ひろい読みするばかり, 一つも, 並べた, 並べたり, 並べた大, 云いながら, 云う, 云えば, 云える, 云ったの, 云ってるのに, 云わない, 云われて, 云われる筋, 付けて, 何となく想, 入れた, 全然信じ, 写して, 募集する, 呶鳴っ, 唱えながら, 唱へて, 喋って, 大きな声, 大阪の, 引き出して, 引用し, 思いだして, 思い出しながら, 持込んだの, 暗記し, 書いた, 書いたこと, 書かせたきり, 書き入れて, 書き散して, 書く, 残して, 用意し, 知らぬと, 示して, 紙に, 終わりまで, 覚えるの, 覚えるん, 覺えて, 言うわけ, 言う奴, 言った, 言ったり, 言はずに, 言ふべき, 記憶し, 読みかえして, 読むこと, 読むと, 読んだ, 読んだ場合, 読んだ時, 謡ったり, 讀んで, 途中で, 連ねては, 頭の, 鵜呑みに, 黙って

1 [899件 抜粋] ああいふ風, いいいきなり, いいなさいと, いいはじめました, いい給え, いうお母様, いうつもり, いうところ, いうなっ, いうべきでしたが, いう変, いう客, いう所, いう暇, いう相手, いう筋, いえなくなる, いくつも, いっきにしゃべりおわる, いったあげく, いったって, いつた, いつの間にか覚え, いふこと, いふ八五郎を, いまだにおぼえ, いやに, いろ, いろいろに, いわずと, いわない養父, いわれて, いわれる, いわれる心配, うつした遺書, おいいお, おっしゃるに, お前はんしりへん, お前も, かいた欧州航路, かえて, かきつけた, き, きいたこと, きくと, くみあわせて, くりかえした, くり返しくり返し吐い, くり返したっ, くり返し低く, ここに, この青表紙, さ, さっきの, さへ, ざつと読み通しました, しまいまで, しゃべる, すっかり裏, そえて, そっくりそのままに, そつくり書きとめた, そなえた嗄れた方言, そのまま格子, そのまま繰り返す, その儘, その儘節, その時, それと, た, たくさん手帳に, たよりに, だらだら並べ立てた, つけずに, つけたかつた, つけたがって, つけたこと, つけたさせた, つけたやつ, つけた方, つけにじゃ, つけました, つけようと, つけられて, つけられると, つけられる因縁, つける, つけるらしい早く, つける人, つける気力, つける隙, つけ通しだった, つないで, つぶやいて, となえる, とりとめも, どちらかと, どんなに変え, なさぬヒーヒー, ならべ, ならべたの, ならべても, ならべないだけに, ならべる余地, ならべ立てて, ぬかすぜ, のせた無電, のべたてて, はがきに, はっきりと, ひそかに, ひろって, ふざけ乍ら習, ふたりに, ぶっぱなすところ, まくしたてて, またすっかり, まづ, まともに, みんな寄せ集め, もうきまりきった, もう少し事, もじって, もちだしたん, やり出した, ゆっくりと, よくおぼえ, よくそらんじ, よっく知らないのよ, よみはじめた, よんだとき, わたくしはた, わたしは, ガラッ八, タタキ付け, ノートブックの, ラテン語に, ヴェリチャーニノフは, 一々切り離し, 一から, 一つ覚えに, 一シュトローフだけは, 一気に言つて, 一読する, 丁抹語で, 三辺も, 不適当, 与えたの, 世話に, 並べさして, 並べずとも, 並べたあげく, 並べたもの, 並べたるぢ, 並べた直後, 並べだしたりは, 並べても, 並べはじめたっけ, 並べられるかと, 並べるか, 並べること, 並べるであろうが, 並べるに, 並べるより, 並べ得る水夫, 並べ立て, 並べ立てさえ, 並べ立てながら, 二三行書いた, 二人の, 二行に, 云いに, 云い合って, 云うたって, 云うもの, 云う余地, 云う奴, 云う者, 云ったり, 云っても, 云ってるぜ, 云つ, 云は, 云はずに, 云ふ, 云ふも, 云わずと, 云わなかった, 云われたとき, 云われた後, 云われますがね, 云われること, 人を, 今度は, 仕入れたんだい, 他所から, 付けに, 付けるという, 仰云, 会話の, 低く口吟ん, 低く音読, 何千遍も, 作って, 作りあげ湯殿, 使うと, 使う年寄り, 使つて新聞紙上に, 使用し, 例の, 信じ過ぎたの, 俺は, 入れずには, 入れて, 入れる事, 写し取った, 写し取り針, 冷やかしたりさえ, 出して, 出すもの, 制し話, 刷った白旗, 刻らせましょう, 剥げチョロケ, 加えずその, 印刷した, 即座に, 取ってつけたように, 口ずさむ, 口を, 口吟んで, 口実に, 口走るのに, 叩きつけ合う, 可く, 吐いたのに, 吐いた小僧, 吐きながら, 吐き出すよう, 吐ざくのか, 吹き込んで, 呟いて, 唄うて, 唱えて, 唱える, 唱え出した人, 唱へ, 唸り出しましたので, 喋らせその, 噛み合せるという, 四五枚の, 固定させ, 地上から, 坊ちやんが, 塗つた, 声高に, 変更する, 夢うつつに, 大抵は, 失敬した, 始めて, 実に身, 実質の, 小さな紙片, 小学生の, 少し変へた, 左程, 平気で, 弄んだと, 引き合, 引くの, 引合に, 引用しました, 張り札に, 彼女に, 彼女の, 待って, 御存じです, 心に, 忘れ, 忘れずに, 忘れたん, 思いあわせた, 思いだそうとして, 思い出しそのもの, 思い出した, 思い出すと, 思い浮べながら, 思い起して, 思ひついちまつ, 思ひ出して, 思出させた, 恐れて, 恰も虚空, 想い浮かべると, 感謝する, 手短かに, 抜き書き, 拈出した, 拝借する, 拭き消すこと, 持ち出して, 持込まれる覺, 挙げて, 捻ぢ, 授けるの, 控えた, 撰出し, 教えてやら, 数字に, 数行綴った, 是非考え, 暗号に, 暗誦させ, 書いたもの, 書いた先刻, 書いた印刷物, 書いた文, 書いた長方形, 書かせて, 書かせる, 書きこんだり, 書きつけ, 書きつけた, 書きつけること, 書きながら, 書き上げて, 書き出したの, 書き取らせ始めた, 書き足して, 書き込む場所, 書き送るからには, 書綴り, 朗読し始めた, 未だ知らない, 本の, 標題と, 機械的に, 歌い出した刹那, 毎日幾度か, 毎日眼の, 求めながら, 浪花節に, 浴せかけたり, 浴せられたり, 浴びせかけて, 添え書きし, 無闇に, 片仮名で, 用ひ, 用ゐ, 番へ, 疎かに, 相手にだけ, 省いて, 真顔で, 知つてゐる, 知らない親たち, 知りたくて, 知りたくなったのよ, 神妙に, 私に, 私は, 突然うたい出され, 窓の, 笑うべきもの, 節おかしく, 結んで, 綴った日文, 綴つた日文が, 綴ろうと, 繰り返した, 繰り返す, 繰返した, 繰返してから, 繰返し繰返し, 繰返す, 羅列し, 老臣たちは, 考えだしたよ, 考えては, 考えはじめた, 考える, 考える為, 考える男, 考え考えその, 考へ, 考へながら, 考へる男, 考へ出した, 聞いた上, 聞かなくては, 聞き噛, 聞くたび, 聯べて, 聴かされるたび, 聴くが, 胸の, 自らしたため, 自分の, 舞台上の, 苦労し, 虫という, 補足する, 見たこと, 見た瞬間, 見つめました, 見ようとも, 見出した, 見出したこと, 覗いて, 覚えたかが, 覚えること, 触れ歩いて, 言いしかも, 言いながら, 言いました, 言い出さない限り, 言い出すほどの, 言い石, 言うだろう, 言うといった, 言うなら結納, 言うには, 言う俺, 言う気, 言えなかった, 言おうぞ, 言ったが, 言ったこと, 言ったは, 言ったら八丁堀, 言ったん, 言つたつて手遲れだ, 言つてよこした, 言はれない, 言ひかねない, 言ひだした, 言ふこ, 言ふところは, 言ふんだ, 言わさずそれ, 言わず腹, 言わせて, 言わないし, 言わない足, 言われたかと, 言われると, 言出し, 訂正し, 記憶させる, 訳すのに, 誌し, 認めて, 語るうち, 誦し人道, 読まなくては, 読みかえしたり, 読みかえすの, 読みとると, 読み下したが, 読み何冊, 読み取って, 読み直した, 読み終ると, 読み続ける, 読む, 読むにつけ, 読むの, 読む為, 読んだこと, 読んだのよ, 調べ小林君, 調子はずれに, 論証の, 諳誦し, 講釈し, 譬喩的な, 讀む見當, 讀んだ時, 走り書きした, 踏えた, 輸入し, 辿り辿り長く, 述べたてられたので, 述べ合ったん, 追いかけるよう, 送る, 逆さに, 連発し, 選んで, 長く心, 附けて, 附け加えたが, 附加えた, 離れては, 頭に, 飽くまでも悟り, 飾り色めかす, 黙読しはじめた

▼ 文句~ (729, 16.6%)

32 ある 27 書いて 20 あった 18 あるの 17 あつた 9 あるが 8 あるん, 記されて 6 あったの, 出て 5 ありました, あります, はつきりと, 書かれて, 気に, 認めて 4 あって, 彼の, 浮んで 3 あったが, ありますが, あるならいつ, したためて, 並べて, 多かった, 残って, 私の, 続いて, 自分の

2 [42件] あったので, ありありと, ありません, あるか, あるかい, あると, あるので, あるン, かいて, しるして, そこに, それから, ついて, つけられないの, どうしても頭, よくわかる, 一歩一歩竹藪の, 來て, 信一郎の, 入る物, 出ないの, 出るか, 出るかと, 刷って, 刻んで, 多かつ, 幽かに, 引いて, 引用され, 新聞の, 書きつけて, 目の, 眼に, 聞き取れるよ, 自から, 見えて, 見える, 言へ, 記して, 違つてる, 長過ぎ, 額なんぞには

1 [422件] あちこちの, あったから, あったからと, あったこと, あったじゃ, あったそう, あったと, あったところ, あったほど, あったら持ち主自身, あったら活発, あとから, あまりに平凡, あまり簡単, ありますか, ありますかね, ありますけれど, あり僕, あるから, あるけれど, あるさ, あるだらう, あるです, あるでは, あるといふ, あるとて, あるなら, あるならあした, あるならいって, あるならおれたち, あるならかかって, あるならここ, あるならそれから, あるならねこ伝親分, あるならやっつけちまうから, あるなら俺, あるなら千鳥, あるなら唐桟, あるなら市長, あるなら後で, あるなら男湯, あるなら親, あるなら言って, あるね, あるのに, あるのみ, あるひ, あるまた, あるめ, あるも, あるもん, あるやつア, あるよう, あるらしい, あるんだい, あるんで, ある恰度それ, あんまり単調, いいたいの, いいね, いえない, いえない気, いかに気, いけな, いっぱい書きつめ, いつもの, いひたくなる, いまに, いよいよ無意義, いろはがるた, うまくつづかない, うようよする, うるせえから, おのずから誇大的, おもしろい, お夏, お高, かかげられました, かかれて, かすかに, かなり多かっ, かなり達筆, かんぜよりで綴じた二枚, きまつて, きれぎれ, くちびるに, くりかえし響くの, くること, くるわけ, こう妙, これです, ございました, ござります, ござりまする, ござる, さながら此処, したためられて, しつかりとかれの, しるされて, すごいな, すらすらと, その中, その時, その漫画家得意, たどられはじめた, ちがう, ちがうので, ちゃんと出, ちらついて, ちらりと見えた, つきます, つき上げて, つけて, つけられない, つけられまいけれど, つげなかったの, つらねて, できるだろうくらいな, でて, でなくなったから, でるかという, でるだろうぜ, でるやう, どうしてこんなにわたし, どこかに, どんな恐ろしい, ない, ないかな, ないじゃ, ないだろう, ないという, ないの, ないので, ないよ, ないよう, ないわけ, ないんぢ, なおさら面白い, なかったでしょう, なかったら, なかつたで, なかなか巧み, なければ, なけれや, なすって, はっきりきこえた, はっきりと, ひょいひょいと, ほとけさま, ほりつけて, また不思議, また彼, また甘い, まとまって, やって来た, やって来ます, ややはっきりと, やや混入, よい, よくある, よく出, よく出来, わかって, わからない, わかりますか, わかる程度, わたしの, アルファベット順に, イキナリ区切りも, クッキリ太い, シチェドリンに, タイプライターで, ノベタラに, 一々こっち, 一々伸び伸びと, 一つある, 一つも, 一体なに, 一便毎に, 一彦が, 丁度いい, 三つ重ね, 世間で, 並べたいばかりに, 乱暴に, 二行で, 云へ, 云わず語らずの, 云われて, 今なお, 今の, 今日の, 伸子の, 何だか間, 何事を, 何度も, 使われやすい, 便りだ, 俄に, 僕の, 優秀である, 元気好く, 充満し, 先へ, 入り交, 入り込んで, 入るもの, 入学式の, 公衆の, 出そう, 出たとは, 出た時, 出ても, 出ない, 出ないやう, 出なかった, 出なかったん, 出ました, 出ませんあっけ, 出るかも, 出るに, 出るん, 出る事, 出来て, 函の, 分らないから, 切れて, 列ねられて, 十七字で, 半蔵の, 単にその, 印刷され, 原始的成立なる, 古風に, 各處, 吉日惡日を, 同県人, 含む崇高, 四つとか, 変ったので, 多々あっ, 多いの, 多いよう, 多くなつた, 大きな写真, 大きな字, 好い, 好きだ, 妙に, 始まるの, 威脅する, 定つて, 少々ヤヤコシイよう, 少し乱暴, 屡々見出される, 常識外れた, 度々口, 引かれて, 引き言, 引合に, 強く表され, 役に立たなくなりましたな, 必ず這入つ, 必要であった, 必要である, 思い浮ばない, 思ひ浮べられた, 悲しく皮肉, 愈無意義, 愉快な, 憶い出された, 所々に, 投げつけられる, 抜けて, 拙くつた, 挙げて, 挿まっ, 挿んである, 摺り付て, 数行心の, 断れぎれで, 断片的に, 断続に, 新しい意味, 新聞に, 暗示に, 書いてない命令書, 書きこまれて, 書きつけられたの, 書きなぐって, 書き列ねて, 書き列ねられて, 書き残されて, 書き連ねて, 最初は, 月の, 有りますから, 有るけ, 有るぢ, 有るの, 東北には, 極めて物々しい, 極めて簡単, 横書に, 檻の, 次々に, 次の, 歴史家だけに, 殆ん, 残つてゐる, 毎号刷っ, 気に入ったね, 気に入らないね, 気に入らねえよ, 氣に, 流れて, 流行り出したの, 浮かび始める, 浮び出た, 混らう, 添えて, 済みますと, 温む水, 点いたり, 烈しくなります, 然し真実必要, 煩さいと, 熟した李, 現れて, 甦え, 男を, 百姓と, 目に, 目も, 相撲甚句にも, 真先に, 眼鏡を, 矢張り先生の, 神に, 私共の, 突然聞く, 竝べて, 続かないほど, 綴られて, 綴り合, 綴れるだろう, 練れない言葉, 縷々として, 繰りかえされる, 續い, 美しい手蹟, 耳に, 耳には, 聖書にでも, 聴衆に, 聴衆を, 胸に, 腑に, 自分に, 自分には, 芝居唄に, 若い女, 著しく私, 行き渡って, 表口の, 裏に, 見えたの, 見えぬ所, 見えねえの, 見え何, 見つかった, 見やすきところ, 見られて, 見當, 規則通り繰り返され, 解らなくて, 解式と, 言えないわけ, 言えなかった, 言えねえ筋, 記憶に, 認められて, 読まれたり, 読まれる, 諸人の, 諸方の, 謡は, 變つて傳は, 貴方の, 走らして, 走り書きに, 起こって, 起らねえから, 身を, 載つて, 逆戻りする, 透かしに, 通用する, 違って, 酔ふた, 醉ふた, 金字で, 長いと, 長かった, 長くさ, 間違って, 闘は, 附いて, 附けられないの, 附記され, 隠語の, 隱し, 難しいと, 非常に, 面白くまた, 面白ろい, 頭に, 頻りにあった, 額に, 高札の, 魅力だ, 鮮に

▼ 文句~ (639, 14.5%)

22 ない 16 あるまい 14 あるめ 11 ないの, ないん 10 次の 6 ないが, ないじゃ, ない筈 5 なかろう, 云へ, 私が, 言は 4 あとで, ないだろう, ないはず, ねえん

3 [11件] ありません, ありませんが, あるまいね, ないか, ないさ, ないでしょう, ねえが, プツリと, 僕が, 忘れて, 非常に

2 [30件] ありませんよ, あるまいから, あるまいな, いえないの, いつもこれ, ないで, ないと, なかった, なく切実, ねえはず, 一体何, 云えない, 今でも, 何でも, 何といふ, 何も, 口に, 同じもの, 固より, 忘れたが, 時の, 杜切れ, 極めて短, 比喩にわたり, 無いさ, 無いだらう, 無論極めて短, 米屋か, 言へ, 言わないし

1 [408件] ああいふ, ああやっぱりこう, あいかわらず長い, あたかもわが, あとま, あのとおり俊夫君, あまりおもしろく, あまりに男, あらまし, ありましねえだ, ありますまいと, ありませんか, ありませんや, ありゃしません, ありやしません, あるべどもな, あるまいなと, あるまいに, あるめエ, あれで, あれども, いいから, いいや, いうが, いえず押し敷かれた古臭い, いえない, いえないが, いえまい, いかに大河, いきなりに, いくらでもござんす, いずれも, いったいどんな, いつか遊び仲間に, いつも同じ, いひますもののね, いへ, いままでの, いままでのと, いらないでは, いらないわ, いらぬ, いらん, いわず, いわずただ, いわせないの, いわない, いわないだろう, いわなかった, おおよそ次, おかみへ, お前も, かういふの, かうである, かうです, かなりいろいろ, きいて, きっぱりし, きみも, きわめて簡単, こういうとき, こうじゃ, こうだった, こうであった, こうである, こうでした, こうな, こう云う, こっちに, ことによる, この塔内, この意味, この時, これで, これは, ございませんね, ござりますまい, さう, さらに分らない, しどろもどろで, すこしも意味, すっかり見えなくなっ, そういう風, そこで, その儘採用, その景情, その発想, それから後, それくらいに, それと, たいてい聞きもらし, たしかに人生, たしかに男, ただ是非, だん, ちつたあ, つかねえわけ, つけぬ, ところどころ虫くい, とにかくこんな, どういふ, どこにも, どれでも, どれも, どんなこと, ないかいな, ないかと, ないけれど, ないだらう, ないだろうな, ないぢやあ, ないって, ないといふ, ないやう, ないやろ, ないよ, ないよう, なお記憶, なかつた, なきなり, なしです, なんです, なんの, ぬきだ, ねえからね, ねえだよ, ねえだろう, ねえの, ねえや, のどへ, はっきり伝えられ, ひとりでに明るく, ふしぎな, べつに変わった, べら棒に, ほか様へ, ほとんどささやく, ほとんど全く改, まことに厳重, まことに平凡, ますます小木魚, また, また僕, まるきり訳, みな年若な, みんな読める, むしろ蹣跚, もうここ, もうだれ, もう古臭い, よくわからなかった, よく言った, よしなせ, わかっても, わからぬながら, わかりませんよ, わかりやしないん, わたくしが, ウイリアム・ペンなる, ドウかと, ニッポンの, パリアッチョ, プロレタリイという, ラテン語で, ロシヤ十八世紀の, 一つである, 一つない, 一つも, 一字も, 一本, 一行だ, 一行だって, 万年筆で, 下らないつまらないこと, 不明であります, 丙寅第, 両方に, 並べずに, 並べるし, 中西氏の, 二人の, 云いません, 云いませんから, 云いませんわ, 云うが, 云えなかっ, 云やせん, 云わさないがね, 云わない, 云わぬ方, 云わねえよ, 云わんが, 云わんでも, 人の, 人民によって, 今も, 以上見附から, 伝えて, 伝はらない, 何か, 何かしら, 何から, 何が, 何て, 何です, 何れも, 何事だ, 余が, 俺は, 僕の, 僕を, 全くわからない, 全く省略, 写して, 出ないだらうよ, 切れて, 別でございます, 利害得失に, 千篇一律で, 半切に, 即席に, 取消しである, 古伝ある, 古川緑波君の, 周知の, 和讃の, 唐の, 唐突と, 唯もう, 善く分らない, 單なる, 噫にも, 国々で, 変です, 外国語で, 大体こんな, 大抵極, 大抵皆どこ, 大體詩經, 天語連の, 子規の, 存し, 宝鏡先生の, 実にきびきびし, 実に正直, 寝て, 少しずつ, 少しも, 少し巫山戯過ぎ, 常に用い, 年寄が, 庸三にも, 弱者の, 当時大いに, 彪から, 彼の, 彼らの, 彼女が, 御座いません, 心に, 忘れちまいましたが, 恐らく父, 悲しく甘いだけの, 折によって, 抽象的で, 掛卷毛恐, 播州と, 文字通りほんとうに, 文学として, 文学的な, 斯うである, 斯うな, 新郎なる, 日が, 明白に, 明瞭だった, 明瞭だつた, 明瞭とは, 昔の, 映画の, 時代は, 書いた人, 書いてない, 書いてないん, 書けねえもん, 書面毎に, 有難ういずれ, 朝倉先生と, 木の, 未練に, 村の, 来たこと, 染井家の, 梵音とか, 検事のであっ, 次ぎの, 欧州語に, 正確に, 此の, 殆ん, 残さなかつたらうが, 残つてゐる, 永年の, 沢山あった, 浅い河, 浮びません, 深田様が, 激越で, 無い, 無いで, 無いでしょう, 無いの, 無いはず, 無いん, 無えな, 無え名所図会の, 無用の, 無用芸が, 玲子役の, 申さぬ, 申しません, 発明し, 皆さ, 皆さんの, 皆には, 皆んなも, 皆んな俺が, 皆んな讀める, 皆同じ, 直ちに具象的, 相変らず, 知つてゐる, 知らないのよ, 知らないん, 短かった, 短くて, 破片さえも, 確か, 確か此ぎりの, 福にとって, 稀に, 穴師山から, 突然裸, 簡単である, 簡短に, 粗服を, 精, 素晴らしいね, 終りを, 組唄としての, 結晶の, 絶えて, 老子の, 耳に, 聞き取れないながら, 腹立ちま, 自作の, 至つて簡單です, 至極簡短, 色々に, 莊公三十二年の, 見えない, 覚えて, 解るまいと, 言うけれど, 言うまいと, 言えそう, 言えない, 言えなかった, 言えまい, 言えません, 言はずと, 言はずに, 言はねえ, 言はんです, 言へや, 言わずに, 言わせない, 言わせないから, 言わせねえ, 言わせも, 言わないだろうな, 言わないつもり, 言わないで, 言わなかった, 言わねえ, 言わねえが, 言わんですよ, 読む気, 読めますよ, 読者の, 調べたら作者, 譲吉の, 贋物とは, 身代金一万円を, 近くは, 逆恨みで, 通り一ぺんの, 過去を, 道教にも, 都会の, 銘の, 長いが, 随分変妙, 露佯り, 風に, 食わないから, 鳥の

▼ 文句~ (373, 8.5%)

17 中に 10 ように 5 うちに, 下に, 意味が 4 ある筈, 意味を, 言ひ 3 いいよう, やうで, やうに, 意味も, 手紙を, 持って, 書いて, 途中で

2 [27件] あとに, あるの, あるやつ, ある奴, いひやう, ために, ないところ, ほかに, やうな, ような, 中から, 中の, 云い様, 云え, 代りに, 意味と, 意味は, 手紙が, 持つて, 挨拶を, 方は, 次に出会う, 演説を, 第一, 終りに, 言いようも, 連続

1 [241件] あいだに, あったこと, あった事, あとで, ありよう, あること, あるところ, あるべき筋, あるもの, あるデッサン, あるページ, ある一札, ある処, いい手, いえない羊, いえねえ人間, いみが, うたが, うち, うちで, うちには, うちの, おしまいに, おのおのは, お愛想, お蔭で, かずかずが, くだらない事, ぐあいじゃまさしく, ことから, ことで, このとおり, この小唄, ござります, ための, ついたの, ついたユーモラス, ついた外国, つくべき人, つけどころが, つけようが, つけようの, つけようは, つけられない名分, つながらないうち, つもりであろう, でる余地, とおりに, とおりもし, とおり他の, とおり活気を, ところが, ところである, どどいつ, ないこと, ないの, ないやう, ないよう, ない上, ない下等, ない篇, なかった, なかで, なかに, ほんとうの, ま, まん中で, もので, ものである, ものばかり, やうだ, やり場の, ようだ, ようで, ようであった, ようには, よそ, わからない方, わかりよう, わけが, チャンと, 一つとして, 一つにも, 一つや, 一節が, 上では, 上へ, 上を, 下の, 中で, 中でも, 中には, 中にも, 他に, 付けやうが, 付けやうも, 付けようが, 付けようも, 何章何節は, 倹約は, 全体は, 全部に, 其の通り, 出しようが, 出し手は, 出どころは, 出ない処, 出ようはず, 出るお, 出る氣, 分らない歌, 切り方, 切れ目に, 初めにも, 判じ方, 判らない話声, 千鳥足である, 半枚余りを, 受けてに, 口拍子にも, 句調から, 合間に, 吟味と, 否定に, 場所を, 変化であっ, 外に, 多い立おやま, 多い野郎, 多すぎる, 大ビラ, 大体と, 大黒よりといふ, 始めが, 実体である, 宣伝ビラが, 家庭円満剤では, 少いの, 尻に, 廉, 形を, 彫りつけて, 後かんぬきが, 後が, 後に, 後先には, 心持が, 性質から, 意味などを, 所に, 手紙で, 手紙なんか, 抽象的な, 改良した, 数々を, 数え歌に, 文字は, 断片を, 旗が, 書かれたもの, 書き写しとも, 書き手の, 書き方にも, 朗読の, 末に, 本尊の, 様な, 様に, 様にも, 様子では, 樣子では, 次に, 次にもっと, 歌を, 残し書き, 活版刷りです, 無い, 無いところ, 無気味さに, 無氣味さ, 無電を, 特に発達, 甚拙劣に, 用では, 用意は, 男だ, 疊見する, 発火点に, 真の, 示す通り, 端々に, 端に, 筋道を, 箒は, 細い点, 終りへ, 置き具合, 羅列のみが, 翻訳口調に, 耳に, 聯が, 脇に, 腸を, 花が, 葉書が, 裡に, 見えて, 見つかったの, 見出しで, 解説を, 言いようが, 言いようは, 言えない名分, 言えぬその, 言える者, 言へ, 言へる, 記憶であり, 語る憂鬱, 調子, 調子の, 講釈や, 起るはず, 通りだ, 通りに, 通りの, 通り子が, 通り西の, 通り覺悟の, 通惚れた, 速達便だった, 遣取り, 錯乱した, 長くなった, 長さ, 長短とか, 附けようがねえ, 難かしいそ, 面白さ, 音だけは, 類型などは

▼ 文句~ (173, 3.9%)

4 なって, なる, よると, 耳を 3 ある通り, つまって 2 あるとおり, して, しても, すぎないの, なった, 勝手な, 合せて, 心を, 目を

1 [133件] あったよう, ある, あるが, あるぢ, あると, あるよう, ある神, ある親, ある那須, いふあの, いらいらし, おそろしいね, かえって反撥, かじりついて, きまって, こういう事, ございますよう, ざつと目を, しては, しろ唄, しろ外国語, しろ祖父, すがる気, すぎない, すぎないこと, すっかり含まれ, だまされたの, ちなんで, ちょうど当る, つかえて, つき或, つづいて, つまり滑稽, なったこと, なつた, ならないこと, ならなくつて, のって, はばまれて, はまり込んで, ぶつかりました, まごつき適当, また一しきり, みち時には, もちゃあんとあらあ, よりますと, よりよく適合, わたしゃ隣り, ギクリと, ピタリ驚異, 一々これ, 一つの, 不思議な, 仮りに, 仰々しく一々, 似た言葉, 似通って, 何ぞ思い当る, 何んと, 作曲した, 充たされて, 出て, 出会すと, 力を, 力瘤を, 半時間, 取合, 取換えたり, 含まれて, 哄笑し, 因んだお, 困ったが, 塞った, 変って, 実はへたへた, 對し, 就いて, 屈するほど, 引っぱって, 当るべき程, 恐れて, 憤りを, 接するごと, 改たまった, 曰く, 書いて, 書き改めて, 書き直したもの, 村井は, 気を, 注意すべき, 深い意味, 添えて, 用意された, 由ると, 相当する, 相違ない, 眼を, 突当ると, 節を, 絶えず頭, 聴き惚れて, 脅えまた, 至っては, 至るまでに, 舳羅島の, 花を, 行きつまったもの, 見える満願, 見入って, 触れて, 詰って, 詰つた, 詰つた甚六が, 詰まってしもて, 誰が, 転倒する, 逢着した, 逢著し, 過ぎない, 過ぎないん, 過ぎなかった, 過ぎぬ, 違ひありません, 適合せぬ, 遭った, 遺児カオルは, 酔わされて, 重つて, 釣られ又, 間違った字, 頭の, 魅せられたの

▼ 文句~ (162, 3.7%)

6 ありません 2 あった, いわずに, 不平も, 云えない, 書いて, 私の, 糸瓜も, 言はずに, 言へ, 面白い言葉

1 [136件] あつた, あつた様, あります, ありませんが, あり一節ごと, ある, あるだろうが, あるね, あるので, あれば, あろうはず, いいが, いえずだまって, いえず思わず, いえない, いえなかったの, いえぬしね, いざこざも, いつも程凄味, いまだかれ, いまに, いわず幕, いわない, おなじな, ここまで, この通り, さうし, じつはあの, ずいぶんシッカリ, そうである, そこそこに, その節, そんな眼, たしかあつ, ちょいちょい見つかる, つけ足して, どうやら有り合せらしい, ないの, ないほど, ないらしい, ないらしく, ないん, ない筈, なかつたから, なかろうという, なく三拝九拝, なく彼, なく面倒, はっきり聞え, ひとり胸の, ぴったりあう, ふ呆れられる頃, みえるから, もはや眠たい, よく似, よく知っ, よく言わず, わけの, ギゴチない, 一字一句覚え, 不思議なら, 並べたろう, 二吏の, 二階まで, 云い得ない彼女, 云えずに, 云は, 云はず湯槽へ, 云わず何遍, 云わず彼, 云わず悲鳴, 似たよう, 何も, 俄かに, 先生の, 全く同じ, 冴えて, 冷淡で, 出て, 出鱈目で, 切り出し得ずに, 北斗七星とばかり, 十分に, 口癖に, 可しか, 同様に, 哀れを, 嘘である, 多そう, 大衆に, 小唄の, 少し渋りました, 後の, 意味は, 意味も, 成さなかったの, 斯う, 昔は, 書く, 極簡単, 次に掲げる, 正式には, 浄るり節の, 浮かばず不覚, 父様母様が, 生れたの, 皆載せ, 相応に, 矢張老子の, 私に, 私には, 笑は, 節も, 節廻しも, 簡潔だ, 聞き取れた, 若君の, 苦情も, 莊重だ, 見えずそれから, 見えた, 見えるが, 覚えて, 覚束なく, 言い捨てて, 言えません, 言は, 言わずに, 言われず居耐ら, 話した時, 読んだろう, 赭土の, 這入つて, 順序も, 頗る悲酸, 餘り

▼ 文句~ (157, 3.6%)

4 書いて 3 あつた, それを, はじまって, 彼は 2 お座なりの, はじまつて, 人を, 始まって, 手紙を, 然し彼, 自分の

1 [127件] あつたらう, あつて, いい伝え, いへば, おどしつけたわけ, おびき出しました, おぼえて, お前を, お角, かくの, けがすこと, げす, ことわって, これを, さ, さんざんに, しるして, せう持つて, その労作, その後に, それと共に, それに, ただ公使, なだめつすかしつ平, はじまる話, はじまる長文, むすばれて, もうこんど, もって, よしんば摘み, わたしに, スッカリ掻き, スツカリ掻き, ドミトリイの, 一向無味ら, 一字一字毎に, 一杯だ, 下ノ関船場屋寿久右衛門へ, 並称した, 主人の, 主君に, 云い逃れ, 人民の, 仰せを, 何うし, 何でも, 俺が, 出来て, 出来上って, 前のと, 千恵は, 又兵衛, 友情を, 叩き出されて, 只いかにも忙し, 右翼の, 同郷の, 呼びかけるもの, 喋ったこと, 嚇かす, 嚇されて, 埒を, 始めてあつ, 学校の, 宛る, 将来の, 小説なら, 弁解を, 彼に, 彼の, 彼を, 彼等を, 応対した, 意味は, 愚にも, 拍子を, 挨拶する, 撥ねつけて, 日本へ, 明かに, 書いたり, 書かれて, 書き現, 櫻の, 混み合って, 片づけて, 片づけるの, 白拍子の, 白河夜舟氏を, 相手を, 相済みません, 私の, 答えは, 終る, 結ばれて, 絶対に, 綴られた文, 線路上で, 胡魔化し, 脅しつけ妙, 荘一清と, 衆人驚嘆せざる, 表わされた事, 表現し, 見ると, 観ると, 言いましたが, 言えば, 言つ, 記されて, 詫状を, 認めて, 誘って, 誰が, 諭へて, 買われたり, 貼紙され, 起き上って, 足りた, 身装から, 返事を, 長々と, 間に, 隨分奇妙な, 顫え, 飾り物の, 養命保身天下は

▼ 文句なし~ (82, 1.9%)

4 にその 2 にいい, に手

1 [74件] さ, じゃない, だわ, です, で無条件, というわけ, にいつも, にこれ, にすべて承諾, にそやつ, にそんな, にとりかかる, にはいる, にはねられるらしい, にもみつぶし, にわかるだろう, にグイ, にハッキリ, にヒネラ, にブチ, に一, に上もの, に世, に二局, に出す, に勝つ, に参った, に取った, に受け, に受入れろ, に天位, に安心, に容れた, に尊敬, に差し, に感服, に成敗, に扱い, に掛っ, に掛つ, に支払い, に新聞記者, に早速, に服罪, に木々彦, に楽しませ, に殺される, に湯島, に犯人素質者, に畠, に突き放され, に立派, に簡単明瞭, に約束, に美しかっ, に美味い, に肯定, に行われる, に西木獣医, に負ける, に返し, に追払い, に送っ, に通る, に遥か, に降参, に頭, に顔, に首, に魅せられる, のもの, の即死, の敗北, の敗戦

▼ 文句~ (47, 1.1%)

4 が, よ 3 ものだ 2 つたと, と云う, な

1 [30件] から一つ分離, から原文, があれ, がい, がいかにも, がこの, がその, がそれ, がね, がまさか, が中身, が勝敗, が普通, が水晶, が秀吉, が音勢, けれどもその, けれども私, けれど来る, これさ, つたな, ということ, と云, と思い, ね, ねえ, の, わ, わいと存じまし, 平次の

▼ 文句~ (46, 1.0%)

2 三味線の, 自身の, 言ふ

1 [40件] ありて, いい筆蹟, いい素町人, こんがらかつて, その報酬, その後の, たどたどしい母, なって, なりつづる文章, なり甚だ, なるの, ひきくらべました, みなして, 一緒に, 合わないこと, 同じ, 同じやり方, 同じよう, 向い合いながら, 少くとも, 思わるるもの, 所作だ, 文句の, 文字から, 新しいの, 歌調を, 比べると, 父の, 第二, 節とが, 考え合せて, 考へられる, 自嘲し, 茶屋の, 言ったら, 言われる, 詞とは, 鄭重さを, 飛び離れて, 餘程よく

▼ 文句では~ (31, 0.7%)

4 あるが 3 ないか, ないが 2 ない, なかった

1 [17件] ありませんか, ありませんが, ありませんでしたけれども, あろうが, その最後, その頭, ないけれども, なからうかと, なかろうかと, なくて, なく外界, 余りに芸, 又最後, 古いの, 少し心, 現わし, 矢張り頭に

▼ 文句~ (29, 0.7%)

2 意味を

1 [27件] ある, むずかしい文学, トントンチリリントンチリリンの, モーツァルトと, 人を, 前にも, 又は壁, 夫の, 寸法には, 御歌などを, 恐ろしい言葉, 成立の, 未練などが, 本の, 格言を, 滑稽な, 火まわし, 発想法が, 節を, 節廻しの, 絵に, 脚色に, 言葉だけでも, 言葉の, 誘うよう, 赤壁の, 身に

▼ 文句から~ (27, 0.6%)

2 して, 借りて, 始まって

1 [21件] うかがわれる, だ, はじまって, はじめて合の手, 事件の, 何かしら金の, 全つ切り, 全体の, 変化した, 夢幻的な, 察すれ, 寸分違わない, 思い付いて, 思い出の, 思ひ付いて, 推して, 推測された, 昨年ごろ出した, 次第に無意味, 激動を, 離れて

▼ 文句には~ (27, 0.6%)

2 こうあった

1 [25件] あの先達て, いいけれど, おもしろいの, こうある, さすがの, どんな事, なんとなく懺悔室, まごつきますので, まさに千鈞, まずこうあった, 今なほ微か, 全く泣かされました, 別に特有, 古くからの, 和一郎と, 後に, 微に, 意外に, 此方法を, 武家風な, 殆ど相違が, 種々立派, 自分は, 若干の, 辻褄の

▼ 文句にも~ (25, 0.6%)

2 あるじゃ

1 [23件] ある, あるが, あること, あるぢ, あるでせう, かまわずに, せよ娘, た, はじめてお目にかかる, よく残っ, 云えず筆, 出れば, 力を, 勘定に, 十二分の想いが, 合えば, 地口にも, 彼は, 眼が, 腑に, 色気ない, 行きあたらない, 言うたある

▼ 文句でも~ (20, 0.5%)

2 あるって, 引くこと

1 [16件] あらうもの, いったの, なかった, はっきり宣言, ほぼ想像, まじったら誰, よいこと, 一度自分の, 云う積り, 国語の, 思案せず, 書いであるかの, 皆あさまし, 綴ること, 言いましたかね, 関は

▼ 文句ばかり~ (19, 0.4%)

2 いって

1 [17件] だ, だった, だね, で, ですもの, でそれ, で其の, で唱, 並べて, 並べては, 並べやがったもん, 並べられたがね, 循環小数の, 書いて, 言つて, 言つて居る, 集めて

▼ 文句じゃ~ (18, 0.4%)

4 ないか 3 ないが 2 ねえが 1 ないけれど, ないの, ないネ, なくて, ねえか, ねえかとも, ねえや, 御座んせん, 踊れないと

▼ 文句です~ (18, 0.4%)

32 がこれから, よ

1 [11件] か, からつい, から大方, から提灯屋, がそれ, が何ん, が口説き, が墓場, が真四角, な, わね

▼ 文句である~ (16, 0.4%)

1 [16件] か小声, が, がこれ, がまさに, がセール, が左大臣, が日本紀, が朝鮮人, が此, が説経, ところを, とすれ, と新聞, と私, ように, 太宗皇帝時代の

▼ 文句~ (16, 0.4%)

3 のです 2 のだ, んだ, んです 1 のか, のかと, のであった, のであらう, のである, のでした, んだろう

▼ 文句なく~ (12, 0.3%)

1 [12件] この手, そう思った, 人を, 兜を, 割前を, 及第点を, 受取ったのみ, 感激する, 撥ね返す, 日本の, 私は, 頭を

▼ 文句まで~ (11, 0.3%)

3 引いて 1 ちゃんと覚え, 並べ立てた小, 出て, 引用される, 教わって, 書き添えて, 考え出すの, 読んで

▼ 文句なんか~ (9, 0.2%)

2 素直に 1 いえるでしょうか, いって, いやしなかった, いわないで, つけに, 要らねえ腕, 言はれる

▼ 文句通り~ (9, 0.2%)

1 だそう, ですから, に, に仕方, に大, に斬り立てられ, に見物, に飲む, を暗誦

▼ 文句として~ (8, 0.2%)

1 交わって, 伝わる言葉, 受けいれないで, 吐かれたこと, 存在し, 宣教師の, 常の, 見ると

▼ 文句~ (6, 0.1%)

1 それとも天文学, なんか搜, 前後は, 忘れて, 知らず陰々, 第二首目

▼ 文句などが~ (6, 0.1%)

1 いっぱいに, ひよい, 彫って, 書いて, 発達した, 面白くて

▼ 文句などを~ (6, 0.1%)

1 一つ仮名まじり, 低声, 書いてる私, 毎日の, 諳記し, 飾って

▼ 文句入り~ (6, 0.1%)

1 で八五郎, というところ, の大津絵, の手法, の都々逸, の都々逸以上

▼ 文句無し~ (6, 0.1%)

1 で自己, に世界一, に出来ます, に喋舌, に引取つた葬式, に掴みかかる

▼ 文句さえ~ (5, 0.1%)

1 あった, 云わなければ, 使った, 春宮の, 解りませんよ

▼ 文句だけ~ (5, 0.1%)

2 いって 1 だったもの, では, わかった

▼ 文句だった~ (5, 0.1%)

1 けれども色々, と思う, のでしょう, ははははは, わ

▼ 文句よりも~ (5, 0.1%)

2 彼の 1 いちじるしく私, その躍起, 箱風琴の

▼ 文句一つ~ (5, 0.1%)

1 でわけなく片づけられ, も抜い, も知つて, 云わずに, 言わず再び

▼ 文句だけは~ (4, 0.1%)

1 あのやう, 存じて, 木曾の, 知って

▼ 文句であった~ (4, 0.1%)

1 がそれ, と思う, のである, 善兵衛は

▼ 文句という~ (4, 0.1%)

2 ものは 1 のが, ものが

▼ 文句ない~ (4, 0.1%)

1 じゃありません, だろう, です, やろ五十銭

▼ 文句なぞを~ (4, 0.1%)

1 たった二三枚, 並べて, 云ふ, 思出し

▼ 文句など~ (4, 0.1%)

1 い, もって, 全く不, 実際と

▼ 文句なり~ (4, 0.1%)

1 その節, 内容なりにかけて, 又他, 盃も

▼ 文句みたい~ (4, 0.1%)

1 じゃありません, なよう, に聞えた, に覚えこん

▼ 文句らしい~ (4, 0.1%)

1 があまり, ので引用マーク, のを, ものを

▼ 文句しか~ (3, 0.1%)

1 出ずただ, 出なかったもの, 見出さなかった

▼ 文句それ~ (3, 0.1%)

1 に奥書, は秘書たち, を以上

▼ 文句だけが~ (3, 0.1%)

1 強くお祖母さん, 独立し, 適応した

▼ 文句だけを~ (3, 0.1%)

1 拾って, 紹介する, 覚えて

▼ 文句でした~ (3, 0.1%)

1 かね, がこうした, わ

▼ 文句とは~ (3, 0.1%)

1 まったく合わない, まるでちがった, 比較にも

▼ 文句などは~ (3, 0.1%)

1 人の, 付けられない, 此事件との

▼ 文句なら~ (3, 0.1%)

2 私の 1 それでもいい

▼ 文句ばかりは~ (3, 0.1%)

1 解りさ, 解りそう, 讀む工夫

▼ 文句までも~ (3, 0.1%)

1 ぢつてこんな, 昨夜の, 裏表なし

▼ 文句をも~ (3, 0.1%)

1 いつしか憶え, 考えること, 認めて

▼ 文句調~ (3, 0.1%)

2 の幼稚 1 で大言壮語

▼ 文句~ (3, 0.1%)

1 拵えて, 相類似, 記してあつ

▼ 文句ある~ (2, 0.0%)

1 めえな, んやったら出

▼ 文句かも~ (2, 0.0%)

1 しれないが, 知れない

▼ 文句~ (2, 0.0%)

1 へが三晩, へ唱

▼ 文句すら~ (2, 0.0%)

1 云わないの, 交えたので

▼ 文句そのもの~ (2, 0.0%)

1 が意味, はもっと古く

▼ 文句だけしか~ (2, 0.0%)

1 なかった, 習は

▼ 文句だけでも~ (2, 0.0%)

1 書けなかつた, 証拠立てられる

▼ 文句だけに~ (2, 0.0%)

1 とどまらず日本, 致せ

▼ 文句だって~ (2, 0.0%)

1 一つも, 読めなかろうし

▼ 文句~ (2, 0.0%)

1 やありません, やねえ

▼ 文句であり~ (2, 0.0%)

1 これが, 第二

▼ 文句でございます~ (2, 0.0%)

1 ね, ね併

▼ 文句でじ~ (2, 0.0%)

2 ぶんの

▼ 文句とが~ (2, 0.0%)

1 どうもうまく, 渾然と

▼ 文句とを~ (2, 0.0%)

1 引き比べて, 書きました

▼ 文句にでも~ (2, 0.0%)

2 しようか

▼ 文句によって~ (2, 0.0%)

1 切って, 親の

▼ 文句に対して~ (2, 0.0%)

1 思いの, 私は

▼ 文句のね~ (2, 0.0%)

1 えところ, え男

▼ 文句ばかりが~ (2, 0.0%)

2 糅然

▼ 文句ばかりに~ (2, 0.0%)

1 悸され, 拘泥し

▼ 文句ばかりを~ (2, 0.0%)

1 書いて, 言って

▼ 文句ばっかりは~ (2, 0.0%)

1 わからないと, 判らんじゃった

▼ 文句ほど~ (2, 0.0%)

1 うるさいもの, その人間

▼ 文句より~ (2, 0.0%)

1 声の, 推すと

▼ 文句よりは~ (2, 0.0%)

1 どうかし, 行と

▼ 文句を以て~ (2, 0.0%)

1 応酬する, 書いたもの

▼ 文句~ (2, 0.0%)

1 には通俗, の言葉

▼ 文句云う~ (2, 0.0%)

1 ところアねえ, な

▼ 文句及び~ (2, 0.0%)

1 カテゴリーの, 文字の

▼ 文句~ (2, 0.0%)

1 には新しい, の如く書流したる

▼ 文句~ (2, 0.0%)

1 には無意味, は恐らく

▼ 文句~ (2, 0.0%)

1 はれたつて構, ひに

▼1* [142件]

文句あるめ, 文句あなたも心, 文句ありませんね, 文句あるなら出て行け, 文句いいたかったのにあの, 文句いずれも鐺大地, 文句いはせず連れて来い, 文句いわせず連れて来い, 文句いわんと斬られ, 文句がけえてある, 文句がはいるの, 文句ぐらいしか出て, 文句ぐれえは知っ, 文句ごとに仰山, 文句さえが彼が, 文句さ失恋だな, 文句じゃあないが, 文句そつくりの悦び, 文句そのま, 文句それから次にまさしく犬, 文句それ自身がふら, 文句だけから田丸浩平は, 文句だけでぼかしたん, 文句だったら殆ど諷刺の, 文句だっても実はよく, 文句だつたかな, 文句ちがった筆蹟で, 文句つけようと思った, 文句であろうどうも文学的教養, 文句でかき廻して, 文句でないと人造人間, 文句でなくても心, 文句でなくってはいけない, 文句でなければならない, 文句でもよ富士の, 文句とか頓珍漢な, 文句としては隨分興覺めた, 文句との外には, 文句と共にすぐ彦根, 文句どおりに, 文句なかったらと, 文句なかろう, 文句なく遠い先祖が, 文句などには深い呼吸, 文句なども子が, 文句なら書くような, 文句なりと一同覺えず破, 文句なるものが, 文句なんかを考慮に, 文句なんぞは多少の, 文句なんぞまで思い出して, 文句なんてまるで謎みたい, 文句にかけて即席新作の, 文句について考えて, 文句にて忘れません, 文句にばかりあるん, 文句にまで思い存分, 文句によつて尤も, 文句に対する理由までも, 文句直訳だ, 文句ねえんだ, 文句のでねような, 文句のみ変更し, 文句はつぎのとおり, 文句はねいいかい, 文句はねえと思うん, 文句はねエが三輪, 文句ばかりじゃない, 文句ばかりで書いて, 文句ばかりによって禁止を, 文句ばっかり言ってや, 文句ひとついうでも, 文句進んで, 文句またその内, 文句やいのやいのと責め立て, 文句やでまぶして, 文句やら指環だの, 文句あっちへ, 文句よろしくならべて, 文句をばかり捜して, 文句を通じて道江のかれ, 文句テリガラフや築地, 文句云ワナイカラ, 文句一々の台詞, 文句一まとめに伝言, 文句一二ヶ所は今, 文句並べたある一通, 文句並べるのん, 文句はれても, 文句云ったり亭主風, 文句云はずにさ, 文句云われず批難を, 文句を見括, 文句付きでエタ頭, 文句代りのもの, 文句以上に狂言, 文句以上筆以上の壮観, 文句以外に何, 文句似寄りの語, 文句作者の言葉その他事務一切, 文句の折手本, 文句全体が聞えた, 文句其他いろ, 文句其他種々なこと, 文句其儘に歌, 文句単調な身振り, 文句十巻, 文句同様横向き仰向きその他, 文句宣伝の方法, 文句山鳥の尾, 文句強い男の, 文句早速返事を, 文句正しくアラブ馬の, 文句比喩なぞが普通, 文句の利いた, 文句淋しいうちにも, 文句えぢ, 文句無く渡して, 文句空虚の中, 文句算露盤の一通り, 文句日本の, 文句自体が人間, 文句自身はベニイ個人, 文句見たいだよ, 文句見たいで一向意味, 文句覚えてねえ, 文句言うたはる所も, 文句言ったさうだが今日警視庁, 文句言っときますわ, 文句言はんと私, 文句言われたって構, 文句言われる道理が, 文句詩茶店の礼讃等, 文句通り信玄は刀, 文句通り実行して, 文句通り素直に解する, 文句過去未来を通じて常に, 文句長く云えば, 文句附きであったがその, 文句附けに来たら, 文句に言う, 文句麁野下筆また流暢