青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「暮れ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

暫~ ~暫く 暫く~ ~暮 暮~ ~暮し 暮し~ ~暮らし 暮らし~ ~暮れ
暮れ~
曰く~ ~曲 曲~ 曲線~ 曲者~ 更~ 更け~ ~更に 更に~ ~書

「暮れ~」 3690, 40ppm, 2920位

▼ 暮れ~ (1515, 41.1%)

68 いた 62 しまった 27 しまって 24 しまいました 22 しまつ 20 いる 19 ゆく 18 行った 14 ゐた, 来た 12 いたが, いたの, 夜と 11 いるの, しまう, しまったの, 夜が 10 いました 8 しまうの, 夜に, 月が 7 いて, きた, 行く, 行くの, 間も 6 いつた, ゆくの, 居るの, 行つた 5 あたりが, いるうち, いると, いるところ, しまったので, 行く空 4 いった, いましたが, きて, しまったが, しまひました, ゆく春, ゐるところ, 来て, 来る

3 [17件] いく空, いるという, お暇乞, しまうと, まだ間, 了うた, 夕月が, 来たので, 東の, 灯が, 燈火が, 窓の, 終った, 行く庭, 行く海, 行く頃, 間は

2 [68件] いくの, いたところ, いるらしかった, いるん, いる時, いる様子, おりました, おります, きたので, ことしは, しまいましたが, しまいまして, しまったのに, しまった夜, しまってから, しまつて, しまふ, しまふと, しまふまで, その日, ゆくとき, ゐたの, ゐたので, ゐましたが, ゐる, ゐると, ゐる様子, ランプの, 一人歩きは, 七月は, 了う, 了つて霜も, 了ひました, 佇んで, 又冬, 四辺は, 夜は, 宿へ, 寺町は, 居た, 居りました, 居りますと, 帰れば, 平次が, 引揚げる, 彼は, 明くれ, 来ると, 松風の, 正月に, 病人は, 白き藤なみ, 私は, 立って, 立つて, 筑波颪が, 群烏塒に, 船が, 行きます, 行く夕暮, 行く天, 行く春, 行って, 路が, 道は, 間もなくであった, 雪は, 風が

1 [801件 抜粋] あくる宝永六年, あそこまで, あやしき家, いきました, いくが, いく山, いく美しい, いたお松, いたこと, いたと, いたとき, いたので, いたよう, いた人, いた土肥家, いた矢先, いっそこの, いったので, いつしか雪, いつた頃, いましたけれど, いますが, いますと, いまだ心, いよいよご, いよいよ寒く, いるあたり, いるいじらしい, いるじゃ, いるでがす, いるとは, いるよう, いるらしい, いるガラス窓, いる人, いる勝頼ひとり, いる場合, いる家, いる日, いる者, いる雨, うす青い夕, うっかり辷り落ちた, おいで, おいでに, おだやかな, おっ母, おもたく背負う, おりましたため, おりましたところ, おりますのよ, おりまするところ, おるの, お互, お夕餉, お月様, きたな, きたのに, きた時分, きた石牢, きました, くる, くるし, くる中風, くろくなった, けいちやんが, ここを, こっちが, この比, さびしい田圃道, しばらくそこ, しまいそれ, しまいそれから, しまいましたので, しまいましょうね, しまいますので, しまい大空, しまい林, しまい銀子, しまうがなあ, しまうこと, しまうじゃ, しまうだけ, しまうであろう, しまうもの, しまうよ, しまえば, しまおうと, しまったこと, しまったぜ, しまったと, しまったね, しまったよ, しまったら少し, しまった大, しまった戸外, しまった気, しまった空, しまった障子, しまっては, しまってはと, しまってるのに, しまつた, しまつたと, しまつてから, しまつては, しまつて居た, しまひさ, しまひます, しまひ俥, しまひ山小屋, しまひ捕虫, しまひ電燈, しまふぢ, しまふわ, しまふ蒼い, すご, すっかり判らなくなっ, ずっと暗く, そこらを, その渓間, たたずむ, ただ恐怖, ただ盲動, だ何, つかれて, とうとう夜, とりが, どうにもならない, なおもうろうろし, なお遠く, なほ何か, なほ柿もい, なほ耕す, なんといふ, はまづい, ひつそり雪あかり月あかり, ひもじいのに, ふきつのる, ぼんやりと, ぼんやり立ち続け, まあ黙っ, まいった, まいりますのに, また葉子, また進む, まだ下女, まだ働ら, まだ羽子, まばらな, まもなく光也, みんな帰つていつた, もう冬, もう木の下, もう田んぼ, もじもじし, やがて嫁御寮, やむなくその, やや雨, ゆかうとして, ゆきさ, ゆくけは, ゆくと, ゆくなり, ゆくに従って, ゆくほの, ゆくむし暑い, ゆく一日, ゆく一瞬, ゆく卵, ゆく夏, ゆく夜, ゆく女, ゆく小川, ゆく山脈, ゆく市中, ゆく幼, ゆく昼, ゆく景色, ゆく月島, ゆく枯木, ゆく海, ゆく渚, ゆく畳, ゆく短, ゆく空, ゆく障子, ゆく雲, ゆく音, わたくしが, わたくしは, ゐたその, ゐたもの, ゐた處, ゐて, ゐました, ゐるうち, ゐるの, ゐるので, ゐるらしい一人, ゐる彼, ゐる樣子, ゐる西, アパートの, エルベがわ, オランダ人たちが, バスで, ポツチリと, ヨチヨチと, 一人である, 一日の, 七兵衛が, 七日目の, 三島駅近く, 三階に, 上屋敷大広間の, 不思議な, 九月の, 了いました, 了つても, 了つて真暗に, 二人の, 二十二年に, 二時を, 二時間許の, 二条わたり, 云った, 京の, 人をも, 仄白く, 仕方が, 仕舞って, 以来一年に, 何と, 僅かに, 僅に, 兄は, 入る汽笛, 入口の, 八時過ぎやうやく, 六ツ半とも, 六時に, 其の歸途, 冬が, 出かける一杯二杯三杯, 初冬の, 別れたとにかく, 十七夜の, 十二月半ばごろに, 十日ごろの, 十日ばかりの, 午後六時ごろには, 参りました, 参れば, 口走った, 向こうから, 呆然と, 呉郎さん十郎さん来訪, 周囲が, 唯おろおろと, 四方は, 四方を, 困って, 困るから, 坂は, 夕の, 夕方が, 夕闇ほのぐらい, 夕食を, 外に, 夜も, 夜釣り漁火が, 夜食の, 大きな峠, 大分間が, 大御所の, 大晦日が, 大空が, 女は, 子供達が, 客殿の, 宵と, 宵闇の, 家々の, 宿が, 宿の, 宿へかへ, 宿引女が, 寄席へ, 寒い夜, 寒い百舌鳥, 寒い風, 寒くなる, 寒さ, 寒鴉の, 寺, 小田原の, 少したっ, 少しの, 居ますので, 居ります, 居りますうち, 居るところ, 居る小田島, 屈んで, 屋根は, 屯所へ, 山寄りの, 山寨の, 岩井の, 川づら, 巻煙草の, 帰って, 帰ると, 帰庵お, 帳場へ, 平中の, 幸右衞門の, 広い家内, 座敷には, 延長二年の, 彼が, 往くの, 往来の, 後氷川神社の, 御音信, 徳山へ, 忙がわ, 怖くなった, 息子の, 愚妻の, 戻つて秋風, 戻る途中, 批判といふ, 提灯を, 斗満の, 新しき年, 日夜その, 日没の, 明くる, 明るき月夜, 星が, 春が, 春に, 時々吹く, 時どきそうした, 晩く帰る, 晴れてるの, 暖国の, 暗い山霧, 暗くて, 暗くなる, 暗夜で, 暫く立, 暫らく松の, 曠野の, 曩より, 朦朧と, 木の間隠れに, 木枯しという, 村境を, 来たし, 来たです, 来ては, 来ましたが, 来りぬ, 来るまで, 来る電気, 森の, 楽屋入りの, 樹明君も, 樹明君来庵ほろ酔機嫌で, 櫟林に, 次の, 此処を, 歩いて, 歸つて來る, 殆ど何事, 水の上が, 水烟の, 江の, 沐浴夕餉などの, 波打ちぎわに, 泣きだしたくなつ, 泣き思はず手, 洋燈に, 洞の, 涼しい風, 濁った水, 火ともし, 灯に, 灯の, 点燈頃に, 無音, 燈火は, 猫の, 町の, 発作の, 真暗だった, 着いた洋服, 破駅, 碧い, 祈つてるヨ, 私には, 私の, 私達四人の, 秋にも, 空の, 突然の, 立たせる譯, 立ちどまって, 立っいると, 立昇った, 第一夜, 節分の, 細かい雨, 絶望し, 罪も, 翌年に, 翌年一月の, 翌月の, 自分の, 良人の, 花揺る, 花火が, 華やかな, 落ち葉が, 薄い夕霧, 薄曇りの, 薄月, 蜩が, 蜩の, 行き宵闇, 行くあたり, 行くが, 行くにつれて, 行くまだ, 行くん, 行く下, 行く南方, 行く外濠, 行く夜, 行く山, 行く往来, 行く戸外, 行く枯木, 行く浪, 行く深川区, 行く湘南, 行く甲州, 行く秋, 行く荒地, 行く陽, 行く青空, 行く静か, 行水を, 街の, 街へは, 見廻した時, 見渡すかぎり, 観音山の, 言葉なし, 訊問も, 趙という, 路ばた, 車室の, 遅く明ける, 道しるべは, 道芝には, 道路の, 部室の, 野には, 野は, 間ごとに, 間の, 間もなく寝, 間もなく風, 闇に, 隣の, 雨が, 雨さへ, 雨に, 雨の, 雪が, 雲の, 電気の, 電燈が, 露ふかい, 音たて, 顔を, 風呂を, 馬や, 馬場へも, 驚愕し, 驛の, 鳥の, 鶏小舎を, 鶴子は, 黙考し, 鼻を

▼ 暮れてから~ (182, 4.9%)

6 でした, 帰って 3 近所の 2 その晩, やつと, 外へ, 密と, 帰宅する, 急に, 間も, 食物などを

1 [151件] あの森, あんな道, いっそうその, うるさい, おまんが深川, お使い, お隣り, かわるがわる汗, ここに, こっち猫の, さよなら, すこし驟雨, そっと祈祷所, だ, だった, つい近所, であった, ですよ, でないと, でなければ, では, で明神下, どしや降りとなつた, どん底の, にしと, ひとりで, ひどい吹雪, また酒, まだ一度, もう一度出直し, もう一時間, やっと帰った, ようやく食事, わが家へ, ソッと, フラリと, ボンが, マンは, ロッジへ, 一しきり水, 一人あの, 三吉と, 三吉は, 三田が, 中間ひとりに, 久次郎は, 二度目の, 仕事に, 会おう, 住職と, 何べん, 何処へか, 來て, 俄かに, 修繕が, 元寛居を, 入れましょう, 出かける鶏肉, 出たんでね, 出向くの, 出掛けるやう, 半九郎, 半蔵は, 厩橋向うの, 取りに, 各夫人付き, 四有三居の, 外出する, 大ぶ, 学校に, 客が, 家から, 寺詣りか, 尋ねて, 川端へ, 帰途に, 庄屋の, 庭で, 待たれて, 待つて, 微風の, 悠々と, 惟光が, 戻つた, 招かれて, 持参し, 敬坊と, 暑くて, 暮羊君来訪暫時俳談, 最初に, 来て, 松吉が, 横田君は, 樹明兄再度, 樹明兄来庵野菜を, 樹明君が, 歸つて來る, 歸つて行きました, 気分も, 涼しい風, 済ましたが, 温泉に, 湯に, 湯田へ, 滅多に, 漕ぎ戻るふり, 濟ました, 燈火を, 父が, 父は, 甲州屋を, 男の, 町, 町へ, 町境いの, 直樹は, 着いた, 私たちは, 私は, 私達は, 秦皮樹の, 緑平さんに, 芒を, 芒原で, 苅りと, 血が, 表へ, 誘はれて, 誰が, 豆腐屋へ, 豆麦の, 踊り出すの, 車は, 農学校の, 迎えを, 送つて, 送られた, 通る者, 通夜を, 逢うこと, 遠い由比ヶ浜, 還つた, 金五郎は, 銃を, 開票が, 閭山の, 隠居所の, 電車で, 食べ物などを, 髪なぞを, 麓へ

▼ 暮れても~ (181, 4.9%)

3 夜が, 我れ 2 殺生ばかり, 耕や, 谷の, 静かな

1 [167件] あなたへの, あの正丸峠, いつまで, いやに, うたふか, おじいさんが, お久美さん, かれは, ここに, この脳髄, この退屈, しきりに彼女, そのこと, その姿, そればっかりが, ただぐるぐる, ただもう, ただ強い, ただ思い出, たね油の, ついに孔明, どこへ, なお吹き荒れ, なかなか残暑, まだ仕事, まだ敬坊, まだ終らない, まだ飽きない, まだ鳴きつ, ゆくか, ククとも, コトコト動きまわった, セクスの, ドウし, ハッキリと, ピアノばかり, ピストルと, ランプを, 一巻の, 乳くり合ってる, 二人の, 些とも, 人の, 人は, 人材を, 今の, 会合である, 体内は, 信一や, 信長の, 俺の, 光君の, 八五郎の, 八百八町を, 劍術を, 北斗が, 単調な, 唯それ, 唯母, 喚き合い殺しあって, 喧嘩の, 嘆くまい, 城の, 夜に, 大陸の, 女の, 女三の, 姫の, 宗蔵の, 家には, 宿が, 宿の, 寄席へ, 富士洞窟の, 寿子に, 小僧が, 小歌日として, 小鉄, 帰って, 帰らずに, 帰らなかったもの, 床しさ, 座禅に, 待って, 御徒町の, 心配し, 忘れること, 応接に, 念々兵法の, 思うの, 慾と, 我眼に, 戦ばかり, 戦乱が, 戦争は, 戸は, 手習いの, 指や, 政治の, 散歩に, 文学の, 新聞ばかり, 明けても, 春は, 暑い上, 暑かった, 月が, 木像と, 本にばっかり, 李, 植物の, 欝うつたのしまない, 歩くの, 母子さし向いの, 気が, 水車が, 江岸の, 沙汰が, 海ばかり, 海へ, 満の, 灯火を, 灰色の, 炭燒き, 無え足んねえ, 煤けて, 片付きませぬ, 王の, 眞白な, 眼に, 硫黄の, 縫物を, 考えたの, 胸を, 自分の, 自然の, 苦學し, 蒸し暑いので, 薄暗い陰気, 薩軍の, 薬ばかり, 蠅獲り, 街燈は, 見張られて, 解から, 訪れが, 誰も, 赤ン坊の, 連綿と, 道は, 遠い山々, 野末に, 金, 金の, 釣ばかり, 陰気な, 雨であります, 雨ばかりの, 雨雨雨雨, 雪は, 雪霏, 風は, 風呂が, 飯を, 駈けずりまわって, 騒いで, 麩ばかり

▼ 暮れかかっ~ (129, 3.5%)

28 ていた 16 ている 12 て来た 4 て来る 3 てきた 2 てい, ていました, てくる, てこの, て来, て桂川, て海

1 [52件] ていく, ています, ているらしかった, てうすら寒い, てうす暗い, ており, ておりました, ております, てかなた, てから啼きしきる, てきました, てしまった, てただ, てちらちら, てはいた, てぱっと, てまっか, てもそれ, てもまだ, ても帰っ, てゆく, て一座, て三人, て並木道, て九月, て再び, て四方, て夕焼け, て大きい, て大抵, て天竜寺, て奥山, て宿, て寒, て居ました, て居る, て崖下, て川向う, て左右, て平野, て来ました, て海辺, て灰, て独り歩き, て瓦斯, て祠, て秋, て聖天, て芝神明宮, て蝦蟆, て見世物小屋, て雪はさ

▼ 暮れ~ (124, 3.4%)

7 になっ 6 のこと 4 であった, になる 3 であつ, の薄 2 がちかづく, の光, の景色, の空

1 [89件] いつもの, お通, からすすめ, からまた, からやつ, から大風, から武蔵守師直, から石油買, から降りだした, から降り出した, から雨空, から風, が短く, この寺, その窓, だ, だから, ちかく一行, であったが, でありました, でございまする王子, で早く, で気持, で関守氏, とある街角, といっ, となりました, とにはことに, と聞い, に, にお, にさっと, にその, になつて, になりました, にのぼせ上った, には七三, には締まり, に不意, に二人, に何と, に俥, に坪井医学士, に家, に師匠, に帰っ, に志賀, に急ぎ, に戻れ, に木村病院, に樹明君来庵, に湯島, に源氏, に漸, に熊蔵, に獺, に田舎, に眠り, に自分, に舟着場, に見た, に近く, に近づき, に郊外, に野口君, に黎君, のうるみ, の倉庫街, の六時頃, の冷たい, の坂道, の色, の鏡子居, の陽, の静か, は一種, までお, までには小さな, までは辛抱, まで歩き続けた, まで稼い, まで穏やか, まで繰返す, らしくホンノリ, をいそいだ, をいまにも, を夢, 余り身なり, 涙ぐんだ目つき

▼ 暮れ~ (119, 3.2%)

17 けり 3 なると 2 けり師走, けるかも, なって, 一旦借手, 二人の, 迫って, 遊びに, 間も

1 [83件] あること, おしせまったある, おし詰って, お妾, お宮の, かぎられた商売, き, きみの, けりと, けり大, けり露仏, けり露佛, けるかな, けるわ, せまつた, なったので, なりました本当に, まいりました, まぢかし, ようやく家, ブラジルに, 一緒に, 七八十人の, 三十三で, 上京する, 上尾宿まで, 五十両の, 京都で, 作並温泉に, 入れ替えたばかりの, 再びこの, 出て, 別れしより, 勤続賞与として, 及び寄ると, 取り越して, 奥州から, 女の子が, 女房に, 富士に, 押し詰まって, 招かれた連中, 未知の, 村の, 来て, 某氏の, 次郎左衛門が, 死んだそう, 河森様おいでに, 浜から, 無くては, 無役, 無段, 独力独行精神爽快を, 生まれた男の子, 産れた, 男の子が, 町の, 疲れを, 病気し, 百八十円で, 祖母や, 私が, 私の, 移転した, 自分の, 薄まる事, 行ふ, 行水を, 買つてや, 近い, 近い日脚, 近うなっ, 近かった, 近くなった, 近ずい, 近づいた, 近づいたせい, 近づいて, 迫った頃お前達, 迫つて前, 郷里の, 顔を

▼ 暮れかかる~ (109, 3.0%)

4 頃に 2 ころに, と啼く, 冬空を, 前に, 山の, 海の, 秋の, 薄明の, 頃漸く

1 [87件] うす靄, がどう, けしき到る, このごろでは, ころには, しさ寒, し僕ら, し足, し路, すこし前, とあっち, とあわて, といつのまにか, ところを, とそれでも, とどうしても, とどっち, と僧, と家, と小作人, と平原, と彼, と次第に, と腰, と草, と草むら, と誰, と間もなく, にその, のか, のでありました, ので叔父上, ので彼, のに, のにね, のに一向に, ほどに, までは五百, までは長者, ものです, ゆえ道く, サナトリウムの, マッターホーンの, 九月なかばの, 九月二十一日朝の, 事に, 入相の, 冬の, 北海道の, 午後四時ごろ巴里市第, 原野で, 向側の, 夏の, 夕陽を, 夕霞の, 大きな黄昏, 山手の, 岩と, 峰の, 巴里の, 庭の, 庭先の, 日の, 春の, 時分に, 東京の, 松林の, 梅雨雲の, 森の, 水の上に, 海を, 海洋に, 濃鼠, 灯ともし, 眞正面は, 真正面は, 砂漠を, 表から, 西の, 軒の, 雪は, 雪原を, 頃で, 頃であった, 頃まで, 頃山奥の, 頃私たちの

▼ 暮れかけ~ (106, 2.9%)

24 ていた 13 ている 7 て来た 5 てきた 4 ていました, てきました 3 てい, てき, てゐる 2 てゐた, て夕日

1 [36件] ています, ているで, てうの花, ておまけ, ております, てからおとなしく, てくる, てただ, てときどき, ては来たし, てます, ても幸子, ても来, てをります, て一昼夜, て三田, て二人, て來, て停車場, て四方, て夕焼, て大川, て家, て居ります, て山, て洛中, て涼し, て煙った, て私たち, て見る見る, て軒なみ, て間, て闇, 玉蜀黍を, 落日の, LSTは

▼ 暮れ~ (62, 1.7%)

2 ことである, 銀盤を

1 [58件] うちから, うちに, うちには, おすごし, ことであった, ことでありました, ことです, ことを, できごと, ひそまりそれ, もち代は, ような, ウィスキー二本は, ベルリン大会なぞも, 三十日の, 下席, 中に, 二十七日で, 二十五日の, 二十八日から, 二十八日に, 二十六日であった, 二十四五日ごろから, 二十日頃に, 仕事は, 何時とは, 六つまで, 六ツから, 十七日の, 十五六日頃から, 売出しの, 年妻ともに, 影, 心持は, 忙しいあいだ, 感じである, 押し詰まった銀座, 早い初冬, 景気も, 月, 楽隊, 歳暮の, 気の, 気分を, 煤掃きは, 物日前だ, 節季には, 築地小劇場で, 色は, 街の, 迫つた或, 遲い, 金に, 銀座の, 鐘が, 飯米も, 餅代も, 騒音の

▼ 暮れない~ (46, 1.2%)

17 うちに 6 内に 4 うちから 2 中に

1 [17件] うちが, うちで, うちにと, うちの, うちは, うち早く, うち朝飯の, うち麓の, きりぎりすかな, そうだ, 中行かれるでしょう, 内から, 山の, 日という, 春の, 秋の, 間に

▼ 暮れ行く~ (34, 0.9%)

3 空を 2 春を, 空に, 空の

1 [25件] さま久しく, 凧の, 地中海の, 夕日の, 夕陽に, 太平洋の, 富山平原の, 寺泊の, 島々の, 心細そ, 春よりぞ, 沿線の, 海の, 海を, 相模灘を, 秋野の, 空散りかけた, 窓硝子に, 老の, 葦穗山, 薄暮の, 薔薇色の, 街の, 道灌山の, 風情茅屋の

▼ 暮れかかった~ (33, 0.9%)

2 ような, 空を, 頃に

1 [27件] あたりの, けれど姿, ことも, と思う, のであります, のです, ので早く, ので薄暗い, ので長三郎, ので鰻, のに, のに干物, ように, 夏に, 寝室の, 山の, 川上の, 川面を, 庭の, 控室の, 時で, 町を, 空に, 薄暗の, 街に, 雪の, 頃お

▼ 暮れがた~ (29, 0.8%)

2 の昨今

1 [27件] ある小学校, だった, であった, である, になっ, になり, になりました, になる, には明石海峡, にわたくし, に出, に姿, に浅草三筋町, に町, に私, のツワイライト, の丹沢山, の室内, の暑, の暗い, の森, の町中, の空, は遠, へかけ, まで各所, 近く隣

▼ 暮れかけた~ (27, 0.7%)

2 ころ東小川村に, 上野駅では, 湖の

1 [21件] が箱根, ころ家の, と見え, ので急い, 五時半頃でした, 六月の, 夕闇の, 夜の, 山の, 御蔵前, 時分わたしは, 時彼は, 東の, 海原を, 街に, 街路を, 陽光を, 頃, 頃大, 頃大体の, 黄浦江の

▼ 暮れ~ (26, 0.7%)

10 とする 4 とす 2 とし, として, として空, として閉さぬくぐり 1 としてもなお, として弥, として暮れ, として櫻

▼ 暮れ切っ~ (26, 0.7%)

4 ていた 2 てしまっ

1 [20件] ていなかった, ている, てから会津屋, てしまった, てしまふ, てゆく, て了, て女中, て対岸, て床, て忍び, て時刻, て暗やみ, て池, て涼しい, て狭い, て美しい, て雨戸, て電灯, て電燈

▼ 暮れ~ (21, 0.6%)

8 かつた 3 かつてゐた 2 かつてる, かつてゐる 1 かつて, かつていつの間にか夕霜, かつて来, かつて来る, ぬる電車, 今年の

▼ 暮れそう~ (20, 0.5%)

3 になっ 2 である, な気色, にない

1 [11件] だから, でいや, でござるぞ, です, で暮れ, なもの, な姿, になりました, になる, にも見えない, もなかっ

▼ 暮れ~ (17, 0.5%)

3 たみあり 2 た, てぬ靄 1 たきに, たき日, たであつ, たで隣り村, たまで, た時分, た近い, た近く, 押しつまっちゃ, 早いので

▼ 暮れ六つ~ (17, 0.5%)

2 の鐘

1 [15件] から泣き出した, が鳴つたら, という, といっ, と同時に, になります, には店, に一回, に渡っ, に近い, に近所, まで居間, を合圖, 打つと, 近いころ

▼ 暮れから~ (16, 0.4%)

2 今年の

1 [14件] ずっと続け, まるきり遊び, 三月に, 世間を, 例年に, 催して, 出て, 新春へ, 春の, 東京へ, 正月の, 正月は, 正月へ, 道路工事の

▼ 暮れながら~ (16, 0.4%)

1 [16件] お姿, ここに, その女, それとなく腕, ふと教会, 不動尊を, 割れるよう, 山口屋まで, 甲州屋へ, 真空の, 私の, 若くて, 被布の, 谷川の, 長いことソファ, 騒ぎ出しました

▼ 暮れ~ (16, 0.4%)

1 [16件] いためど, おし詰まった二十六日, かかる空気, さし迫って, ない, なやめば, やらぬ昼, ゆくその, ゆくゆめ, 押し詰まった夜, 押し迫つて, 昼も, 棚田夫婦は, 正月も, 近いけ, 近ければ

▼ 暮れ六ツ~ (16, 0.4%)

2 の鐘, 少し手前

1 [12件] かっきり, から明け六ツ, がかぞえられた, がきこえる, が丁度, が鳴ったら, です, をきい, を過ぎた, 少しすぎ, 少して, 過ぎた頃

▼ 暮れ~ (15, 0.4%)

6 となった 2 が明け, に入り 1 があける, が大江戸, が更けた, となり, は明け

▼ 暮れてからは~ (13, 0.4%)

1 [13件] あまり人通り, 一人外へ, 余等が, 摩耶颪なり, 次第に南西風, 決してその, 滅多に, 灯を, 行けないところ, 酒を, 雨にな, 風が, 風さえ

▼ 暮れては~ (12, 0.3%)

2 移ろう色 1 まったく人通り, 大変だ, 怒り心晴間なけれ, 明けここ三年, 明ける実, 検査も, 母の, 海風穩か, 路が, 雨露の

▼ 暮れよう~ (12, 0.3%)

3 としてゐた 2 としてゐる 1 とし, としてしかも, としてゐます, として彼等被害民, として政界, として祁山, も分らねえ

▼ 暮れかける~ (10, 0.3%)

2 のを, 頃でした 1 と大陸, と山, と肌寒く, 町を, 空の, 頃薄寒い

▼ 暮れ~ (10, 0.3%)

2 送って 1 いそぐ冬, いそぐ陽, お慰, 只争闘, 待たずに, 待って, 思うと, 急いだ日

▼ 暮れ切らない~ (10, 0.3%)

2 大洋の 1 うちに, のでふたり, のにどこ, のに真っ白, 水の, 江戸の, 空の, 街道の

▼ 暮れなやむ~ (9, 0.2%)

2 初夏の, 夏の 1 丘に, 心の, 日の, 晩秋の, 靄の

▼ 暮れなんと~ (9, 0.2%)

1 して, す, する, するに, する四月二十日, する山間村落, する日, する春, する杉林

▼ 暮れには~ (8, 0.2%)

1 きまって靴下, どの商店, なにかお父さん, もう腫物, 小普請入りと, 少しの, 月給が, 鹽鮭を

▼ 暮れのこる~ (8, 0.2%)

1 ピラミドの, 卯の花に, 木の, 棕梠の, 水を, 空よ, 色は, 邪宗の

▼ 暮れまで~ (8, 0.2%)

1 いらだてつづけて, かかって, 二条の, 何處かで, 倦ゆまず, 絶えなかった, 習って, 話し込んで

▼ 暮れやすい~ (8, 0.2%)

1 からね, ことも, 一日に, 日が, 日は, 春の, 月が, 花を

▼ 暮れ果て~ (8, 0.2%)

1 ていた, てむこう, てキャフェ, て朧げ, て柳, て雪, て飛ぶ, て黒き

▼ 暮れ~ (8, 0.2%)

2 からお, だにヨ 1 だ, だと, に御, まではなお

▼ 暮れ~ (7, 0.2%)

4 んとして 2 んとしてけ 1 ば再び

▼ 暮れ~ (7, 0.2%)

1 ああひと日, とした, として不, として暮れ, として未だ, として空, の春

▼ 暮れゆけ~ (7, 0.2%)

2 ば突か, ば雲巻き蔽 1 ば墨, ば紅き, ば顧み

▼ 暮れ初めて~ (7, 0.2%)

1 あたりの, いた, いる, 光を, 坂の, 小暗きわたり, 草土手を

▼ 暮れかかろう~ (6, 0.2%)

6 とする

▼ 暮れたる~ (6, 0.2%)

1 にあらざる, を老女, 事も, 侘しき姿, 姿の, 途に

▼ 暮れやらぬ~ (6, 0.2%)

2 かなや月, 陰影の 1 外光が, 表の

▼ 暮れゆく~ (6, 0.2%)

1 夏の, 姿を, 山の, 山容も, 春を, 海を

▼ 暮れ易い~ (6, 0.2%)

2 秋の 1 だろう, ものです, 冬ざれの, 空を

▼ 暮れ沈ん~ (6, 0.2%)

2 でいた 1 でいる, できた, でゆく, で雪

▼ 暮れ落ち~ (6, 0.2%)

1 てしまった, ても雨脚, て大きな, て暗闇, にけり, 軍勢の

▼ 暮れ近い~ (6, 0.2%)

1 あわた, ことだ, ころから, 薄日を, 街の, 頃石原の

▼ 暮れさうに~ (5, 0.1%)

3 なつて 1 ない四時, も思はれない

▼ 暮れそめ~ (5, 0.1%)

1 てい, ていよいよ, ている, て草, て降る

▼ 暮れちかく~ (5, 0.1%)

2 物いへ 1 なった或, なった頃二人, 宍喰町まで

▼ 暮れてからの~ (5, 0.1%)

1 お使い, お約束, ことを, 事で, 仕事に

▼ 暮れなずむ~ (5, 0.1%)

1 スカンポの, 内門へ, 山を, 空の, 谷あいの

▼ 暮れ~ (5, 0.1%)

1 あっちこっちの, うらぶれの, しまいかと, ちと手詰まり, つるらむ

▼ 暮れ~ (5, 0.1%)

41

▼ 暮れ方奈良~ (5, 0.1%)

5 の家

▼ 暮れ行け~ (5, 0.1%)

31 ば心ひま, ば淺間

▼ 暮れいそぐ~ (4, 0.1%)

1 あかるさ, 百舌鳥の, 蒲焼のに, 電信棒の

▼ 暮れごろ~ (4, 0.1%)

1 から双調, から目, に迫っ, のこと

▼ 暮れ~ (4, 0.1%)

1 うで, うです, うも無いからさ, へすれ

▼ 暮れさせ~ (4, 0.1%)

1 ている, 不仕合わせ, 彼の, 社会生活を

▼ 暮れそめた~ (4, 0.1%)

1 夕庭に, 瀧川の, 町, 霧の

▼ 暮れたり~ (4, 0.1%)

1 しが, した, 目ざすも, 赤くまんまろ

▼ 暮れ~ (4, 0.1%)

1 あたくし, あらめや, 浅緑に, 私が

▼ 暮れなやみ~ (4, 0.1%)

2 噴水の, 暮れなやみ

▼ 暮れぬる~ (4, 0.1%)

2 藻刈船 1 程の, 空に

▼ 暮れはて~ (4, 0.1%)

1 てしまいました, て闇, にけり, むとす

▼ 暮れやう~ (4, 0.1%)

3 とする 1 といふ押し詰

▼ 暮れ果てた~ (4, 0.1%)

1 という形, 家々の, 暗が, 灯火の

▼ 暮れ~ (4, 0.1%)

1 りたる, る, る反射, る夕暮

▼ 暮れ近く~ (4, 0.1%)

1 なって, なってから, なると, までの間

▼ 暮れかかり~ (3, 0.1%)

1 に縁先, 夕飯時に, 渓谷も

▼ 暮れさうな~ (3, 0.1%)

1 けはひも, のも, 模様だつた

▼ 暮れ~ (3, 0.1%)

1 がた川, 片頬, 秋

▼ 暮れたっ~ (3, 0.1%)

1 てやる, て一丁, て夜

▼ 暮れ~ (3, 0.1%)

1 から仕方, が与吉, 急行列車だ

▼ 暮れつつ~ (3, 0.1%)

1 しありて, 呻ぶ, 電車に

▼ 暮れつつも~ (3, 0.1%)

1 自分で, 該遺書内容の, 近く訪れる

▼ 暮れてからも~ (3, 0.1%)

1 又その, 庭先き, 長いこと

▼ 暮れどき~ (3, 0.1%)

1 になります, に永見, のどさくさ

▼ 暮れなけれ~ (3, 0.1%)

1 ばマリユス, ば帰っ, ば母親

▼ 暮れ~ (3, 0.1%)

1 がる, しない, しないの

▼ 暮れやがて~ (3, 0.1%)

2 応仁二年の 1 夜と

▼ 暮れやすく~ (3, 0.1%)

2 道端の 1 彼方の

▼ 暮れ六ツ頃~ (3, 0.1%)

1 から雨, であるの, に棺桶

▼ 暮れ切った~ (3, 0.1%)

1 がまだ, なかに, 頃に

▼ 暮れ切らぬ~ (3, 0.1%)

1 うちに, 南室の, 大橋の

▼ 暮れ初めた~ (3, 0.1%)

1 海中に, 空の, 頃向うに

▼ 暮れ悩んだ~ (3, 0.1%)

1 日や, 空を, 薄明るみ

▼ 暮れ方近く~ (3, 0.1%)

1 だった, なっても, まで遂

▼ 暮れ早い~ (3, 0.1%)

1 山峡の, 百舌鳥の, 街の

▼ 暮れ暮れ~ (3, 0.1%)

1 ては明け, にようやく, に某氏

▼ 暮れ翌年~ (3, 0.1%)

2 になる 1 の夏

▼ 暮れ翌日~ (3, 0.1%)

1 となり, に相成ります, は來つた

▼ 暮れ迫る~ (3, 0.1%)

1 ままに, 向ふ, 森かげの

▼ 暮れおちる~ (2, 0.1%)

1 とともに吹きおろし, とダレ

▼ 暮れかた~ (2, 0.1%)

1 からちらちら, であった

▼ 暮れきった~ (2, 0.1%)

1 夕方に, 夜の

▼ 暮れきつ~ (2, 0.1%)

1 てゐる, て花火

▼ 暮れきらない~ (2, 0.1%)

1 うちから, うちに

▼ 暮れきる~ (2, 0.1%)

1 まへに, 迄の時間

▼ 暮れぎは~ (2, 0.1%)

2 の寒

▼ 暮れぐれ~ (2, 0.1%)

1 になる, に行田

▼ 暮れさえ~ (2, 0.1%)

2 すれば

▼ 暮れその~ (2, 0.1%)

1 上大雨に, 影響を

▼ 暮れたつ~ (2, 0.1%)

1 て驚きやしません, て驚く

▼ 暮れたる木~ (2, 0.1%)

2 の群

▼ 暮れだす~ (2, 0.1%)

1 と通り, ので迎

▼ 暮れつくした~ (2, 0.1%)

1 師走の, 鈴本の

▼ 暮れつくす~ (2, 0.1%)

1 と大川端, まで遊ん

▼ 暮れてしも~ (2, 0.1%)

2 うた

▼ 暮れての~ (2, 0.1%)

2 正月第

▼ 暮れてひどく~ (2, 0.1%)

2 困って

▼ 暮れてを~ (2, 0.1%)

1 つたのであります, りました

▼ 暮れでも~ (2, 0.1%)

1 ありますし, まだ明るい

▼ 暮れ~ (2, 0.1%)

1 ちがいべつに, 春と

▼ 暮れながらも~ (2, 0.1%)

1 お千代, どうかし

▼ 暮れにも~ (2, 0.1%)

1 井戸屋から, 参りこむと

▼ 暮れぬれ~ (2, 0.1%)

1 どもの, ども未だ

▼ 暮れのこり~ (2, 0.1%)

1 人の, 風は

▼ 暮れはてし~ (2, 0.1%)

1 下枝の, 吊橋の

▼ 暮れはてた~ (2, 0.1%)

1 わけで, 時分刑事部屋の

▼ 暮れはてぬ~ (2, 0.1%)

1 夕景色夏なら, 程にともと

▼ 暮れまでの~ (2, 0.1%)

1 獄中生活だ, 約一カ月間

▼ 暮れゆかん~ (2, 0.1%)

2 とす

▼ 暮れ~ (2, 0.1%)

2 とがら

▼ 暮れ~ (2, 0.1%)

1 は元町通り, は馬車通り

▼ 暮れ六つごろ~ (2, 0.1%)

1 からやんだ, にみな

▼ 暮れ出した~ (2, 0.1%)

1 ので, のね

▼ 暮れ出す~ (2, 0.1%)

1 と風, や否

▼ 暮れ切れぬ~ (2, 0.1%)

1 ので閾, 駒形通り相当人の

▼ 暮れ~ (2, 0.1%)

1 む, むる頃に

▼ 暮れ初める~ (2, 0.1%)

1 と次第に, と誰

▼ 暮れ~ (2, 0.1%)

1 たり, たりし

▼ 暮れ往来~ (2, 0.1%)

1 の人, も止ります

▼ 暮れ~ (2, 0.1%)

2 ふ下枝

▼ 暮れ~ (2, 0.1%)

2 かつた

▼ 暮れ~ (2, 0.1%)

2 玉の

▼ 暮れ新しい~ (2, 0.1%)

1 年が, 春に

▼ 暮れ方カン蛙ブン蛙ベン蛙~ (2, 0.1%)

2 の三疋

▼ 暮れ方家~ (2, 0.1%)

1 にもどっ, に帰っ

▼ 暮れ方私~ (2, 0.1%)

1 は山間, は空気銃

▼ 暮れ明け~ (2, 0.1%)

1 て建武元年, て明治八年

▼ 暮れ明日~ (2, 0.1%)

2 またかく

▼ 暮れ易く~ (2, 0.1%)

1 日輪は, 道端に

▼ 暮れ~ (2, 0.1%)

1 がキラキラ, を見れ

▼ 暮れ~ (2, 0.1%)

1 に高麗楽, のほの暗い

▼ 暮れ果てず~ (2, 0.1%)

1 灯は, 立帰り候が

▼ 暮れ果てる~ (2, 0.1%)

1 のを, まで竪川

▼ 暮れ~ (2, 0.1%)

1 がやっと, も芹川さん

▼ 暮れ~ (2, 0.1%)

2 當も

▼ 暮れ近く旦那つり~ (2, 0.1%)

1 より恵比須, より惠比須

▼ 暮れ~ (2, 0.1%)

2 って来た

▼ 暮れ~ (2, 0.1%)

1 は夜じゅう, は夜ぢ

▼ 暮れ~ (2, 0.1%)

2 を合せる

▼1* [286件]

暮れひからは, 暮れああ誰か, 暮れあたりにおまえら土左舟, 暮れある雑誌の, 暮れいそぎして暮れ残る, 暮れいつの間にか暗くなる, 暮れ染風という, 暮れおしつまって西片町, 暮れおそきけふ, 暮れかかッて, 暮れかかり晴れていた, 暮れかかり疲れてすっかり, 暮れかけてる空を, 暮れかけぬ中急い, 暮れかけはじめていた, 暮れかけましたから私, 暮れかたむいて来る, 暮れかつ明けて, 暮れかねた水の, 暮れがかりであった, 暮れがた夫人はやつ, 暮れがた男はとうとう, 暮れがた相府を辞し, 暮れがた私達は急, 暮れがての赤き, 暮れとばかり草, 暮れきって間, 暮れきらぬ内に, 暮れきれぬ中から, 暮れければ灯, 暮れここイ帰って, 暮れこれを歌い, 暮れさがしあぐねて居る, 暮れざまあはた, 暮れざらんこと, 暮れせまる雲とともに, 暮れそして生涯の, 暮れそしてまた提灯行列の, 暮れそむる松むらと, 暮れそれが霽, 暮れそれから間も, 暮れらに, 暮れたで取り敢ず点し, 暮れたらし物の, 暮れたらしく暗い色を, 暮れたりといえども, 暮れたれど暑き頃, 暮れまふ, 暮れちかい涼爽な, 暮れちゃあの濠端, 暮れちやうど村の家, 暮れぢかくになっ, 暮れつつはありて, 暮れてかづきかけたやう, 暮れてからぞろ, 暮れてからばかりみえるとは, 暮れてがつかりして, 暮れてとぼとぼと帰る, 暮れてもかへらない連中, 暮れてもかの二人は, 暮れであるがその, 暮れですからこの, 暮れというものは, 暮れとともに風が, 暮れとぼとぼ小屋に, 暮れとる最中です, 暮れどき倒れた樹に, 暮れどこへ行く, 暮れなかった, 暮れなずみ風を, 暮れなずもうとする, 暮れなずんだ水の, 暮れなむとする, 暮れなやんでいる, 暮れなやんだ明るみが, 暮れなり懐かしきかも, 暮れなんで堀江まで, 暮れにくい夏の, 暮れぬめり菫咲く野, 暮れど戸, 暮れのこって頭, 暮れのこった湖面が, 暮れはじめる頃から, 暮れはやくみそつちよ, 暮ればかへる大原, 暮れふたたび冬が, 暮れまえに見, 暮れまた次の, 暮れまでに首尾よく, 暮れまでには埒が, 暮れまでもお互に, 暮れむとするやひもすがら牡丹のうへを横, 暮れむとする十二月二十五日に広島, 暮れもかぬれば, 暮れもなやめる霊, 暮れゆかむとする詩天のかなた, 暮れゆき再び来る, 暮れ暮れよと, 暮れよと尼達の, 暮れらしい忙が, 暮れりや蜻蛉も松, 暮れスタニスラウスキイの率, 暮れマドリッドの古い, 暮れモスコオ芸術座の一行, 暮れワアワア手ばなしで泣き出し, 暮れ一升ばかり品物, 暮れ不安にさ, 暮れ丑紅のよう, 暮れに東京, 暮れ丸多の手代, 暮れ乍ら白隠は, 暮れ二十八年の春, 暮れ五年目の春, 暮れ五月も経っ, 暮れ人里遠き深林, 暮れ以來お手許不如意, 暮れ以来佐久地方へ悪い, 暮れ住んでいた, 暮れ六つまえには, 暮れ六つ下がりです, 暮れ六つ時のこと, 暮れ六つ櫻の馬場, 暮れ六ツ過ぎであったが, 暮れ六刻一風呂浴びて, 暮れ兼ねて躊躇, 暮れつた暮六つ半, 暮れ切つて暗い電氣, 暮れ切るのは, 暮れ切れなかったが水, 暮れ切れなかつた街の, 暮れ初春も手斧, 暮れ到頭立って, 暮れにこの, 暮れ前橋の判事, 暮れ鳴て, 暮れさる夜, 暮れ北原の彼方, 暮れ十六年には今次, 暮れ十年の苦節, 暮れ午過ぎは城内, 暮れの空, 暮れ合いのころ, 暮れ合ひまで池, 暮れ身を, 暮れ四月に入っ, 暮れ地球の上, 暮れ場内を二度, 暮れ夕雲の茜, 暮れ大門も西門, 暮れ容易に明けた, 暮れ小走りに行く, 暮れ尽した湿地の, 暮れ居しがや, 暮れ居たるに近所, 暮れ帰る途中以前から, 暮れ帰国して, 暮れ帰陣いらいは, 暮れは暗く, 暮れの様, 暮れ首を, 暮れ徳蔵さんに召集令, 暮れも騒ぎ, 暮れに寒い, 暮れ悩む官能の, 暮れ悩んでいた, 暮れ悲しみの日, 暮れ懸っていた, 暮れ或は正月に, 暮れを閉めた, 暮れの出しよう, 暮れ手掛りが御座いません, 暮れ手探りをし, 暮れ押しつまってからこの, 暮れ掛かっていた, 暮れ掛かる靄の, 暮れ掛って来やした, 暮れ新月のもと, 暮れ方どろどろの足, 暮れ方ひとりの労働者, 暮れ方ヴィルダブレイという町, 暮れ方乗物町の師匠, 暮れ方二三の遊び友達, 暮れ方二人は町, 暮れ方土工夫らはいつも, 暮れ方大将はまったく, 暮れ方妹は末, 暮れ方学校の門, 暮れ方平原の甘利君, 暮れ方彼はようやく, 暮れ方房子が襷がけ, 暮れ方時計を手, 暮れ方本所の一の橋, 暮れ方果物をつんだ, 暮れ方汗を拭き拭き戻っ, 暮れ方滄洲がいつも, 暮れ方燈ともし, 暮れ方町であの, 暮れ方神田連雀町の津賀閑山, 暮れ方税関の門, 暮れ方翼を休める, 暮れ方蝙蝠の出盛る, 暮れ方酒と魚, 暮れ方頭の君, 暮れ日出雄少年も稻妻, 暮れ旦那へ申し訳, 暮れ早々助三郎夫婦は, 暮れ早く不忍池, 暮れ早めに戸締り, 暮れ昌黎で夜, 暮れれば, 暮れ明るく照明を, 暮れ明石の方, 暮れの来る, 暮れ時紀久子が二階, 暮れには関, 暮れ晩餐を御馳走, 暮れ暗くなつて, 暮れの夜, 暮れ果てし後なり, 暮れ染ってゆく, 暮れ染めにけり, 暮れ正月が来た, 暮れ残している, 暮れ残りの明るい, 暮れ殘つた灰色の空, 暮れ泣くにも泣かれない, 暮れも暮れぬ, 暮れに明けた, 暮れ涼風の吹く, 暮れ湖水にはまだ, 暮れがともり, 暮れ炬燵へ入っ, 暮れ点灯頃と成り果てた, 暮れ無い光の, 暮れ無言で眼, 暮れ焼けあとに, 暮れと云う, 暮れを多く, 暮れ申しおり候ここを, 暮れ真崎稲荷の赤き, 暮れ知ることが, 暮れの道, 暮れのどこ, 暮れ立合った者も, 暮れ精進湖畔ではパノラマ台, 暮れ紫色に夕, 暮れ承平, 暮れ翌年改元して, 暮れ翌年明和二年十一月廿六日の事, 暮れ鳴って, 暮れ船底を枕, 暮れのなか, 暮れ若葉の木蔭, 暮れ落ちた暗澹たる, 暮れ落ちてたがいの, 暮れ落ちようという淋しい, 暮れ落ちると伝吉, 暮れ藍墨いろの, 暮れ行かむとし, 暮れ行かんとす, 暮れ行く年ぞいそがれ, 暮れ試験管と血液, 暮れ誠に難渋を, 暮れは疲れました, 暮れ傾いた屋, 暮れかく瞳に, 暮れ近くトラック小屋に帰っ, 暮れ近く人に扶, 暮れ近く町を行く, 暮れ近く草がそよぎ, 暮れ迷う夕の, 暮れ遅い灯影が, 暮れは黄昏, 暮れ野間清治のあと, 暮れ釣り堀へいった, 暮れ鍬うちやまず, 暮れ開平開立求積となる, 暮れ雨さへも降り出した, 暮れは落ち, 暮れ青葉の影, 暮れ頼めよと, 暮れを合せる, 暮れ馬大尽の家, 暮れ馴染む山は, 暮れ體中に酒, 暮れ黒白も見わけられぬ