青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「暮~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

暗に~ ~暗示 暗示~ 暗闇~ 暗黒~ 暦~ 暫~ ~暫く 暫く~ ~暮
暮~
~暮し 暮し~ ~暮らし 暮らし~ ~暮れ 暮れ~ 曰く~ ~曲 曲~ 曲線~

「暮~」 2138, 23ppm, 5013位

▼ 暮~ (344, 16.1%)

16 なると 6 なって 4 近い頃, 迫って 3 なる, 及んで, 私は

2 [21件] あな飛び飛び, さしかかって, 備前屋の, 兄の, 取り, 家に, 帰って, 平潟の, 彼の, 東京から, 東京の, 死んで, 源氏を, 田舎へ, 破産し, 至りて, 至るまで, 近い丸善, 近くなっ, 金を, 除隊に

1 [263件] あたる時, あなたは, あのひと, あらい金網, ある家, あんな物, おけると, おつぎ, おれが, お品, お国, お墓参り, お邪魔, かいて, かかって, かかれた, けり, けるかな, こちらへ, この母子ホーム, しては, すこし本, すっかり暇, そのおでん, そのまま錠, ととのえた物, どこかへ, なった, なったとき柔和, なっては, なっても, なりました本当に, なりますよ, なりゃ百, なりゃ足りた時, なり日本, なるか, なるんで, なれば, ひそかに, ひどい古い本, ふさわしい, ぶらりとご, まゐられ, みねの, むかひて, もうベルリン, もう一度ミタマ祭, よくある, わたくしは, わたし八二・二六, インド洋から, ソヴェト同盟から, チョットした, テンテコ舞する, ベトレヘムを, マルセーユへ, モスク, レーリーの, 一たび帰省した, 一人欠員が, 一別した, 一度たずね, 一度診察, 一旦別れる, 一等進ん, 七つ屋の, 万歳が, 万歳や, 不念な, 中川へ, 丸ビルで, 事を, 五貫文の, 亡くなつて, 亡くなりました, 仏国で, 以前横浜で, 佐野が, 何も, 作ったもの, 例の, 保安条例に, 倦い, 僕が, 僕は, 入り用の, 入れて, 入用が, 其の根, 其処へ, 冬坡の, 出たきり, 出て, 出入する, 出帆した, 出府した, 創刊大正十三年正月号を, 動坂へ, 北京の, 又病ん, 及んだ, 及相図を以て, 叔母の, 取りかえたばかりの, 受取るべき賃銀, 吉原へ, 向う頃, 堂島らしい, 塗更えた, 塩辛を, 夏の, 大手の, 大石内蔵助が, 大石良雄の, 大隅さんから, 天子様は, 太神宮, 夫に, 夫の, 失踪し, 妙な, 妻を, 始て, 子息を, 安宅先生を, 宗祇が, 実を, 家から, 家の, 寺の, 将軍家は, 小導師, 小山さんと, 小林秀雄氏の, 少佐に, 岩波文庫の, 差し出したところ, 差し掛かって, 市川猿之助を, 師匠と, 帰つて来た, 帰ると, 帰国した, 帰還を, 幕府は, 年が, 店を, 式を, 弟の, 弱まりきった身, 当って, 当主の, 彼は, 御祖母, 思いを, 成って, 成つた新劇倶楽部の, 成るまで, 手蔓を, 払われないとって, 押しつまって, 押し詰まって, 押詰まっ, 押迫った, 抽斗を, 拂へ, 搗きましたけれども, 改まるほどに, 故郷の, 新井白石の, 新橋演舞場の, 於けるも, 於けるや, 旅へ, 日本を, 春芝居の, 春苑の, 春部梅三郎が, 暇を, 書いた, 書物を, 最も勇ましい, 最も勇ましき, 會つた, 本家へ, 材木屋の, 来た手紙, 来た時, 東京に, 東京を, 機屋一家は, 正弘は, 歸り休みたい, 死んだ従兄, 死んでしまつた, 水銀を, 江戸で, 池上に, 法眼に, 濟んだ, 火事が, 無理し, 犬に, 玉太郎を, 生まれた子供, 産を, 産んだ吉松, 病死した, 病院へ, 百円で, 真珠湾攻撃という, 眼前の, 私たちは, 私の, 突然内閣, 突然私, 突発いたした, 第一大区医学校, 線香花火に, 美い, 自分の, 自殺した, 至つては, 至るも, 良人が, 芸者にな, 若者を, 茶の間の, 菅茶山が, 落籍した女, 衣物金幣或は, 補充兵として, 要る金, 親類に, 角を, 詠まれた歌, 貞固, 越商の, 軍属として, 近いさむ風, 近い本所, 近く花見の, 近づいた, 近づいて, 迫った或, 迫っての, 迫る暦, 遣う煤掃き, 郷里へ, 金兵衛から, 銀子は, 鍛冶町の, 開いたくらい, 間も, 陳が, 霞亭が, 霰に, 露領の, 風邪を, 飯塚の, 餅を, 養父の

▼ 暮~ (338, 15.8%)

7 うちに, 二十八日に 5 秋, 鐘 4 ように, 事で, 春 3 ひとあかり, 事なりき, 二十九日に, 風

2 [31件] ある日, うちには, うちの, うちは, ことで, ことである, こと故, 三十日に, 中に, 事だ, 二十一日の, 二十七日と, 二十九日の, 二十五日に, 僧にて, 光景を, 内に, 友なし, 売出しの, 大晦日の, 巷を, 月, 町は, 街, 街の, 街へ, 買物を, 鐘きこ, 間に, 靄子が, 鹽鮭の

1 [228件] いそがしさ, うちあの, うち良人の, うち長浜を, えびす講などに, お前さんが, お席書き, お浚いの, くり廻しが, ことだった, ことであった, ことでございました, ことでした, ことどもも, ことにて, しかも二十九日, せいか, せわしいなか, たたずまいに, なかに, は自然, ぼろ自動車に, まましかも, やうに, やつが, やり繰と, ようです, わずかな, ギリギリ迄, クリスマスの, サイレンが, ボーナスまで, 一〇〇と, 一儲けを, 三十一日で, 三十一日に, 三十日だつた, 三十日には, 三十日の, 上げ潮だった, 下され物, 中から, 中で, 中洲で, 乱だった, 事, 事でし, 事です, 事な, 二十一日だ, 二十七八日頃と, 二十七日に, 二十七日吾不運を, 二十九日なんとなく, 二十九日は, 二十九日帰ろう, 二十九日雪の, 二十五六日から, 二十五日ごろであった, 二十五日だ, 二十五日ぢや, 二十五日を, 二十八日闇市の, 二十六七日は, 二十六日の, 二十四五日頃から, 二十四日から, 二十四日と, 二十日すぎに, 二十日すぎ重吉が, 二十日だ, 二十日に, 二十日過, 二十日過ぎに, 二十日頃に, 京都には, 休暇に, 作と, 供物御霊の, 停車場に, 光と, 光に, 光景あれこれ, 六つに, 六つまで, 内から, 内で, 内は, 内眼の, 冷, 冷い光り, 凌ぎに, 出來ごとである, 別府行きらしい, 十一日に, 十一月までの, 十七八の, 十七日浅草市へ, 十二月が, 十二月に, 十二月二十九日からの, 十二月二十五日と, 十二月叡山の, 十五日に, 十四日に, 半ばから, 同寝, 商賣, 声, 売出しを, 夜店は, 大晦日に, 大晦日まで, 大賣, 始末を, 嫩らかな, 家主の, 寂しみ, 寒い風, 寒さ, 小づかい, 岨の, 差別を, 市中へ, 市日に, 幾日であった, 廿五日, 廿八九日ごろ見馴れない, 廿八日の, 廿八日は, 形の, 往来を, 心づかいに, 心配も, 忙しい中, 忙しさ, 意, 戦から, 戸締りを, 払いには, 払いも, 押し詰つた, 押し詰まった二十八日, 押詰り, 押迫った, 支度の, 日は, 日を, 日本橋を, 時, 晩らしゅう光る, 晩方仙太公が, 景気が, 景色であった, 景色に, 景色を, 晴, 暑さ, 暗さ, 朧ろの, 松や, 枯桑原に, 楽みと, 歌, 気は, 気持が, 氣との, 氣分の, 水照まぢかき, 汀を, 決算報告などに, 汽車の, 淋し味, 混雑へ, 渚で, 火災の, 火難から, 煤拂には, 煤掃の, 物悲しきが上, 用心ひとりに, 用意にと, 由, 町, 町では, 町へ, 町を, 私の, 稼ぎに, 稼ぎは, 空に, 立てられようが, 節季に, 粧いを, 素人芝居の, 聲, 聴覚を, 色に, 薄暗さ, 薄靄, 街で, 街を, 試験に, 議会で, 賞與金は, 身である, 辞儀を, 近づくの, 銀座を, 鎮魂式から, 鐘が, 降誕祭前に, 雑沓と, 雑用として, 雪, 雪を, 霞に, 頃より, 領域は, 風が, 風に, 風を, 飾りで, 餅にも, 餅代にも, 餅搗に, 餅搗を, 鳰なれ

▼ 暮せる~ (144, 6.7%)

18 ように 6 ような 4 のだ 3 かどう, もので, んだ

2 [14件] ことだらう, ことは, だけの金, でせう, といふ, と云う, と思う, と思ふ, のが, のは, はずは, わけだ, 男では, 身分なら

1 [79件] うちは, かえ, かと云う, かと思う, から, くらいのお礼, ことを, さ, じゃない, それが, だけがまだしも, だけで結構, だけのこと, だけのもの, だけの大金, ぢや, と, ということ, というよう, というわけ, という話, といった処, ときが, との呑気, とは思う, と思っ, と若い, のだろう, のである, のに, のに苦勞, のも, のよ, まで, ものかしら, ものなら, ものを, もんだ, もんです, やうな, やうに, よ, よう, ようだったら, ようにと, ようにとばかり, ようにも, わけは, 世の中に, 人ぢや, 仕事でも, 以上の, 大きな雪小屋, 家を, 富が, 年だ, 所では, 教師の, 日は, 日数の, 時が, 様に, 樣な, 温泉へ, 瑞相の, 生活法の, 由叔母さんせっせと, 老母, 者が, 自信が, 豪農なり, 賃金を, 身分では, 道さへ, 部屋では, 里が, 金が, 間万, 頃は

▼ 暮から~ (134, 6.3%)

9 春へ 4 今年の, 正月へ 3 初春を, 正月にかけて 2 こっち二人ぐらい, こっち嫁入道具などを, ずっと神経衰弱, 六人も, 勘定し, 小さい物, 春にかけて, 昨年の, 風邪を

1 [93件] あぶれて, お正月へ, このよう, この春, これで, さっと一雨, さっぱり手紙, さらわれた人, しかけに, そこへ, その男, ふっと道場, ぼくは, またこっち, ウラヂオストックに, ズーツと, ズーツ掛かつて, 一九三二年いっぱいに, 七草頃へ, 三〇年十一月までの, 三ガ日へ, 下向し, 丹精こめ, 二十に, 二十九年に, 二股長半が, 人質に, 今日まで, 仕かけて, 何処へか, 何千兩と, 元日にかけて, 先月へ, 全半歳, 冬へ, 冬三月を, 出て, 出仕を, 初春に, 初春の, 加わったの, 十五回にわたる, 噺し, 四十件各地を, 四年余りの, 外に, 夜へ, 大に, 大変体, 大川へ, 始まつた, 始まつて, 学校の, 密かに, 年の, 年頭へ, 思いがけず良人, 急に, 悪候, 懸人, 改めて白石, 敷きっ放し, 新六さん, 明くる, 春の, 木やり音頭と共に, 村の, 根津の, 桐畑の, 次第に私, 正月, 正月に, 正月にかけては, 正月の, 正月への, 正月三日へ, 正月三月頃まで, 此家へ, 活動を, 煩って, 社を, 私は, 私を, 翌年の, 自分で, 諸方で, 身請やら, 郷里へ, 重病で, 野の, 降り出した雨, 随分方々, 隨分骨を

▼ 暮るる~ (76, 3.6%)

3 日は 2 に早かっ, までなほなほ, も知らず, を待っ, 力なき, 山路の, 日に

1 [59件] かあかあか, かも, か何, か太郎鴨, こころは, ころまで, したたり, ぞよ, でも, ときに, とすぐ, とともにこの, と共に烈しく, ならむか, に, につけこの, にどこ, になん, にはまだ, に及ん, に早く, に近き, に間, のでした, の思い, ばかりで御座いました, まで山, まで幕舎, まで敵, も知らで遊び歩く, も覚ええざりし, よひご, をお, をも, をも忘れし, をも知らざりけり, を待ち兼ね, を待合せ, を忘れし, を惜む春の日, を知らざりき, 一人旅, 三ヶ日, 事も, 京までは, 人達を, 夕空を, 夜, 山寺の, 庵かな, 日の, 春, 時また, 港に, 秋の, 空も, 籬や, 老父の, 頃函館に

▼ 暮には~ (67, 3.1%)

2 何か, 蒼梧, 西丸に

1 [61件] あわただしく病, いくつかが, いつか下火に, お島, お袋を, たんまりと, どうしても三千兩, ひどく衝突, まず脚本部, また於菟さん, まだ間, みんなで, もう御, やっぱり二十八日, ようよう参議, リッケルトの, 一度あちら, 上方の, 下宿を, 人頭税を, 伺って, 似たり, 余は, 南ドイツから, 却って覚えなかった, 国際連盟の, 多加志, 夜逃げでも, 大さらい, 妙な, 娘さんに, 安土へ, 屹と, 帰って, 幾晩も, 必ず下るべき, 旦那様から, 東京から, 東京の, 東京へ, 東大に, 東海道線には, 此魂の, 残して, 母后が, 流石に, 源吉が, 牛の, 由来伝統的な, 町人の, 百倍千倍に, 県会議員三十三名が, 着物も, 着物を, 礼儀を, 祝言を, 羽子板や, 足軽組の, 車三十輛を以て, 近所の, 追

▼ 暮~ (64, 3.0%)

2 さみしき荒磯, ほつり, 下沈み, 大難場, 暮の, 虎の

1 [52件] いいもの, いい暮れ, いけませんな, いけませんねえ, さびしい気, さほど寒, だんだん迫り出した, なんとなく景気, ひどくあわただしかった, まったくし, めずらしい暮, 万事わしたちが, 人の, 何うし, 何か, 何がよ, 何となし愉しい, 冨美ちゃんへの, 半端でいけない, 去年の, 夕焼の, 夜逃げの, 大御難, 島田の, 忙しく正月, 思いがけず人, 普通秋の, 暗合で, 暮らしく, 本当に困ります, 案外に, 楽に, 独りで, 珍しいこと, 珍しく三十一日, 益々困難, 目見薄らよと, 眼を, 瞼しい, 私たちにとって, 私たちの, 自家用車の, 草野心平が, 見るから, 豊多摩刑務所に, 貧乏神と, 迫り出した, 遠や, 遥かに, 野原でという, 障子早く, 騒然たるもの

▼ 暮~ (47, 2.2%)

2 して, 楽しみに, 越し兼ねて

1 [41件] おのずからうける, し毎日二度, どうして越そう, どこを, なすって, ねらって, ひたととどまり, もって, 一寸もてあまし, 一層重く苦しく, 一生懸命そうした, 仕て, 呼吸享楽する, 唯それ, 囁き合う, 困らないで, 大坂へ, 平和の, 待ちかねるよう, 待ち兼ねて, 待って, 待つべき, 待つよう, 忙しそう, 控えて, 描いたの, 料らずという, 為るとは, 田舎の, 知らして, 知らない様, 考える心, 見張るよう, 越さなくっちゃ, 越し兼ねての, 足を, 迎える生業, 過ぎれば, 選ぶ事, 選んで, 限りに

▼ 暮~ (37, 1.7%)

2 たの, 近づいて

1 [33件] うす明くアスファルト, おしつまつて, きても, せまつて, た, たある, たかえる, たとなりぬれば, た近く, 仙崖さんの, 來た, 出来ると, 好きで, 押しつまった頃, 早くて, 早くな, 来た, 直にまた, 立って, 行立たず, 行立たねえ, 行立つ, 近いて, 近いと, 近いもん, 近くなる, 近く成つて婚姻の, 近づくと, 迫った, 迫って, 遅くて, 過せて, 雨を

▼ 暮~ (31, 1.4%)

8 正月も 2 元日も, 春も, 近づいて

1 [17件] おしつまった十二月末, おしつまつたとき, おし詰つた二十六日の, この春, ない正月, 十四日と, 大晦日の, 押しせま, 押しつまって, 押しつまってから, 押し詰って, 押詰った, 秋の, 詰ってから, 追, 過ぎ正月, 關係が

▼ 暮羊君~ (26, 1.2%)

3 の奥さん 2

1 [21件] から五十銭, から古い, から墨, から夕飯, から寄贈, がちよ, がやつ, が一本, であ, とお客さん, と来, に出くわす, に逢, に邂逅, の宅, の話, もまた, を徃訪, を悩ました, を見舞, を訪ねる

▼ 暮近く~ (25, 1.2%)

5 になっ 2 なつて

1 [18件] だった, であった, なったが, なつた空, なつた頃, なりました, なると, になにげなし, に林, に浜尾組, に父, に私, に突然, ロッティは, 今まで, 垢だらけの, 敬治君ひよつこり, 消えて

▼ 暮~ (22, 1.0%)

6 あつた 2 もう日本

1 [14件] あくる年, この年, この特別, ちょうど五十四, どうも, 丁度今日, 世間が, 会社の, 四五年の, 小生の, 爰でも, 用が, 血眼の, 街には

▼ 暮まで~ (18, 0.8%)

1 [18件] いる間, お父さんと, であった, どこを, 二十何円ずつか, 僅かの, 山の, 彼女が, 待つから, 横濱に, 為す事, 私から, 續い, 艙口の, 遊んで, 間に, 馳せ廻ったが, 駒形の

▼ 暮近い~ (18, 0.8%)

1 [18件] ある夜, にも係らず, のでいつ, 五月の, 光の, 午後の, 日である, 明りが, 空を, 網代で, 街を, 賑やかさが, 銀座の, 集金の, 雨が, 頃から, 頃でした, 風に

▼ 暮あたり~ (16, 0.7%)

1 [16件] からばったり, からまた, から休暇, から佐久間町, から君江, から坊ちやん, から娘, から或, から私, から階下, から風, には何となく, に手入れ, の広津さん, は殆ど家, までラムプ団

▼ 暮羊居~ (16, 0.7%)

4 から新聞

1 [12件] でラツキヨウ, で米一升, で雑談, に寄つて新聞, に寄る, に招待, に立ち寄, に立ち寄つ, へ学校, へ新聞, まで, を訪ね

▼ 暮~ (15, 0.7%)

3 いえば 2 云えば 1 いうと, なりぬる, なり小さい, 二度あつ, 云うのに, 成り三八夏, 新年号とに, 正月を, 盆との, 能くお

▼ 暮~ (13, 0.6%)

2 とし, まで尋ねあぐん 1 あらしが, しもう, とも知らで宿る, と人ッ子一人, と赤提燈, に早い, に間もなく, のも, まで釣

▼ 暮~ (13, 0.6%)

1 [13件] と云つて, と巡査, に案内, の顔, はほ, は二人, は先刻警部, は心当り, は急, は考, は自分, は銀三, もあと

▼ 暮るれ~ (12, 0.6%)

31 ども夢, ばそつ, ば出, ば出る, ば大江戸, ば死人, ば涙, ば燈籠, ば練る

▼ 暮~ (12, 0.6%)

1 [12件] からしきり, からちっとも, から住, から全身, から御府内, から愛し合う, から時々, になっ, には子, のまま, の京城, よんで

▼ 暮であった~ (11, 0.5%)

3 と思う 1 か昭和十七年, か正月, が夫人, が院長, ということ, ところがこの, のでその, ので信長

▼ 暮~ (10, 0.5%)

1 からせめて, から一日, けれど今日, っけお前, というその, といふ, と一里塚, と思います, と思ふ, 急行列車だ

▼ 暮~ (10, 0.5%)

1 いるん, しまったので, しまって, 一時間も, 七間間口に, 人顔も, 戸外が, 次第に降しきり, 窓に, 行くの

▼ 暮にも~ (10, 0.5%)

1 したよう, なりけん, 一度損じまし, 一度来, 元浅野家, 夜分にも, 姫路に, 帰るまいと, 洗腸を, 隣家の

▼ 暮ごろ~ (9, 0.4%)

1 からしつこく, からすべて, から一寸, から正月, から軍用金押借り, から酸い, であったが, には受出, に江戸

▼ 暮でした~ (8, 0.4%)

2 かね 1 かしら奥さま, かまだ, か小伝馬町, が正月, な, よ親方

▼ 暮~ (8, 0.4%)

4 の空 1 ではある, の土間, ひ頃, も同じ

▼ 暮までに~ (7, 0.3%)

1 仕込んで, 大方餓死した, 搜すとして, 梅暦四編十二冊しかも, 河内泊りは, 金額に, 青梅まで

▼ 暮までには~ (7, 0.3%)

1 たよりらしい, だいたい当初, 伊庭が, 働いて, 歌志内に, 相当ある, 裾まわし

▼ 暮がた~ (6, 0.3%)

1 からは夏, にあの, になる, の街, の谷間, の青

▼ 暮~ (6, 0.3%)

3 きて 1 かけて, 来て, 移つて行つた

▼ 暮までの~ (6, 0.3%)

2 間に 1 ちょいちょい間, 一年数箇月間革命の, 僅な, 食べ料

▼ 暮より~ (6, 0.3%)

1 あった, さる人, 今この, 劇詩界に, 夏にかけて, 終夜に

▼ 暮~ (6, 0.3%)

1 が頼まれ, は, はいそがしい, ははじめて, はまた, は二つ

▼ 暮行く~ (6, 0.3%)

1 けふ, この深川, 姿を, 時なりしかど, 秋の, 空を

▼ 暮六ツ~ (5, 0.2%)

2 が鳴る 1 が鳴った, に点い, を合図

▼ 暮~ (5, 0.2%)

1 すでに晦, の雲, を眺めやる, を繞, 之木郷

▼ 暮笛集~ (5, 0.2%)

2 に輯め 1 で, では尼, を出版

▼ 暮せぬ~ (4, 0.2%)

1 がピアノ, ことは, これは, そうです

▼ 暮せれ~ (4, 0.2%)

1 ばそれで, ばという願い, ばよい, ば是

▼ 暮ちかく~ (4, 0.2%)

2 上皇様には 1 なってから, 飛鳥の

▼ 暮までは~ (4, 0.2%)

1 いっこうに知らなかった, さる料理屋, 会えない, 是非待っ

▼ 暮~ (4, 0.2%)

1 まぶき, 夜は, 年の, 美しい御

▼ 暮~ (4, 0.2%)

1 がいい, のこと, を知っ, 何程御

▼ 暮~ (4, 0.2%)

1 になっ, の計, の頃廿五六, 自是賤貧身

▼ 暮~ (3, 0.1%)

2 ひや 1 ひなので

▼ 暮~ (3, 0.1%)

1 さ, ておりまする, 日は

▼ 暮~ (3, 0.1%)

1 主に, 医師さんの, 時さんに

▼ 暮かけ~ (3, 0.1%)

1 ており, て人足, て鵞毛

▼ 暮この~ (3, 0.1%)

1 大宝郷に, 本を, 辺を

▼ 暮だった~ (3, 0.1%)

1 かあの, よ, わねえ高輪倶楽部

▼ 暮だつた~ (3, 0.1%)

1 か今年, か何しろ, よここ

▼ 暮つかた~ (3, 0.1%)

1 どこへ, われは, 小松の

▼ 暮ても~ (3, 0.1%)

1 い, 怒つた顔, 肘を

▼ 暮とか~ (3, 0.1%)

1 いえ源内兵衛, 正月とか, 盆まで

▼ 暮なる~ (3, 0.1%)

1 かな, に一室森, 眉の

▼ 暮らしい~ (3, 0.1%)

1 人通りもさ, 場末の, 気持が

▼ 暮らしく~ (3, 0.1%)

1 又土曜日, 彼は, 正月は

▼ 暮チプス~ (3, 0.1%)

3 に懸つ

▼ 暮以来~ (3, 0.1%)

1 いろ, この医者, 続いて

▼ 暮六時~ (3, 0.1%)

1 としてある, の拍子木, まで二回

▼ 暮~ (3, 0.1%)

2 の鐘 1 暗し

▼ 暮~ (3, 0.1%)

1 は一, は一本, は或

▼ 暮~ (3, 0.1%)

1 が四辺, につつまれ, の中

▼ 暮羊君来庵~ (3, 0.1%)

1 つ, 快飲, 観そこ

▼ 暮羊君来訪~ (3, 0.1%)

1 しばらく話す, そして暮羊居徃訪, ついて

▼ 暮金助~ (3, 0.1%)

3 は不慮

▼ 暮~ (3, 0.1%)

21 にこそ咲益

▼ 暮~ (2, 0.1%)

1 または一二年, もしくは夜

▼ 暮かかる~ (2, 0.1%)

1 までもない, 頃岩井崎から

▼ 暮からの~ (2, 0.1%)

1 ことである, 辻斬も

▼ 暮する~ (2, 0.1%)

1 まで也, 人世遂に

▼ 暮せまり~ (2, 0.1%)

2 つつ

▼ 暮せるなら~ (2, 0.1%)

1 お前にも, ば五時間

▼ 暮その~ (2, 0.1%)

1 仕事に, 頃は

▼ 暮それ~ (2, 0.1%)

1 と知らず, もぐッ

▼ 暮~ (2, 0.1%)

1 隠る, 隱る

▼ 暮~ (2, 0.1%)

1 時分だ, 様子で

▼ 暮てから~ (2, 0.1%)

1 帰って, 帰つて来る

▼ 暮である~ (2, 0.1%)

1 がいよ, が去年

▼ 暮では~ (2, 0.1%)

2 あるし

▼ 暮でも~ (2, 0.1%)

1 いいよう, ないのに

▼ 暮と共に~ (2, 0.1%)

1 到頭やって来た, 風が

▼ 暮~ (2, 0.1%)

1 のです, ので歳暮

▼ 暮などは~ (2, 0.1%)

1 忙しい中, 抱子を

▼ 暮にかけて~ (2, 0.1%)

1 恋愛論が, 間歇的だ

▼ 暮にでも~ (2, 0.1%)

1 ひとつしようで, 結婚させたい

▼ 暮にな~ (2, 0.1%)

1 つては, つてゐた

▼ 暮ほど~ (2, 0.1%)

1 困った事, 烈しくは

▼ 暮までが~ (2, 0.1%)

1 どうもと, 待遠しいの

▼ 暮二ツ井戸~ (2, 0.1%)

2 の玉突屋日本橋クラブ

▼ 暮井関~ (2, 0.1%)

2 にか

▼ 暮~ (2, 0.1%)

2 に化

▼ 暮任地~ (2, 0.1%)

2 に呼び寄せ

▼ 暮~ (2, 0.1%)

1 の旅行中, の畑

▼ 暮凶事~ (2, 0.1%)

2 のない

▼ 暮~ (2, 0.1%)

1 むる頃多くの, むる頃新に

▼ 暮~ (2, 0.1%)

1 であつ, ニ出デ

▼ 暮合い~ (2, 0.1%)

1 に今日, に帰っ

▼ 暮向き~ (2, 0.1%)

1 が違う, ではこれ

▼ 暮~ (2, 0.1%)

1 は其処, を虎

▼ 暮~ (2, 0.1%)

2 の家

▼ 暮~ (2, 0.1%)

2 高く秋

▼ 暮~ (2, 0.1%)

1 出宅, 御入棺

▼ 暮~ (2, 0.1%)

1 の中, はかく

▼ 暮景色~ (2, 0.1%)

1 でどこ, など見たく

▼ 暮果てます~ (2, 0.1%)

2

▼ 暮~ (2, 0.1%)

2 と岩村

▼ 暮~ (2, 0.1%)

1 からでございます, からみょうに

▼ 暮~ (2, 0.1%)

1 の前, の柳

▼ 暮~ (2, 0.1%)

1 の正吉, の良

▼ 暮羊君来庵先夜~ (2, 0.1%)

1 の脱線ぶり, の連中

▼ 暮羊君来庵酒~ (2, 0.1%)

1 と下物, と新

▼ 暮自分~ (2, 0.1%)

1 のそば, は夜

▼ 暮蛞蝓~ (2, 0.1%)

1 などの怪獣たち, などの眼

▼ 暮説話~ (2, 0.1%)

1 に, の

▼ 暮~ (2, 0.1%)

1 借用養竹証人也, 召仕候女の

▼ 暮頼まれた~ (2, 0.1%)

2 正月着の

▼ 暮~ (2, 0.1%)

2 に立ち

▼1* [320件]

あさくさ歳の市の, 暮あさひは須磨明美, 暮あたり私の耳, 暮あるところで, 暮いたたまらぬ事が, 暮いっぱいに目的地, 暮いよいよ押し詰まって, 暮いらい考えぬいていた, 暮うするる夕栄, 暮おし詰めて, 暮おしつまってモスクワ, 暮かいたのは, 暮かかってからのッそり, 暮かなというよう, 暮かの陳情書を, 暮からはもう臥, 暮ぎりぎり病後の, 暮げしきが色めい, 暮こそ袖は, 暮ごとに集いし, 暮ごろマルセーユへおいで, 暮を御覧, 暮さむ可笑さ, 暮しかたでした, 暮しける我身なりし, 暮しだ相だ, 暮しなさんせよ, 暮しん中へ直に, 暮し合っている, 暮じゃああるし, 暮すえ子には未来, 暮すぎて未だ, 暮すなわち慶応元年丑年の, 暮せし人々の, 暮せまる頃ほど, 暮せるつちいもんぢや, 暮せるであろうという考え, 暮せるでしょうけど私, 暮せる死んだってい, 暮そうだて, 暮そこの妓館, 暮ただ一人の, 暮だけはこのまま, 暮だってお正月だって, 暮だろうがほとんど, 暮ちかいころであった, 暮ちかき夏の, 暮ちっともよくない, 暮ちょうど幸徳等の, 暮やね, 暮つくして短い, 暮であって翌年, 暮でありましてまだ, 暮ですが未だ, 暮で御座いましたよ政府, 暮といふものは, 暮とに御霊に, 暮とは如何, 暮ともなれば, 暮なむとする, 暮ならんと, 暮なんか月々のが, 暮なんぞ随分それ, 暮なんとする頃, 暮にあたってこの手紙, 暮にかの村に, 暮にて春の, 暮にという話が, 暮にねここから, 暮にまで押し詰まりう, 暮にや味噌搗くつ, 暮のせゐか薄, 暮はつひに, 暮はと正月らしい, 暮はね私は, 暮ひつそりとした暮し, 暮ひろい流れで, 暮ふっと燈の, 暮ふと思い付いて, 暮ふとした病気にか, 暮ほのかに足, 暮まえ早くから大広間, 暮まぢか板塀ごし, 暮までもつづいて, 暮めいた霞が, 暮やすい室の, 暮ゆえ百金にも向う, 暮よりか一層重い, 暮らしくなりましたね, 暮りやお寺の鐘, 暮るまじきやと問, 暮わたくしたちと一緒, 暮われ先考の旧居, 暮をなさりたいという, 暮とする, 暮ウィーンを出発, 暮サンフランシスコ興行中銀主三与吉の家族多勢, 暮シニシテ厄介ヘモソレゾレ壱カ年アテガイヲ附ケテ稽古事デモ出来ル様ニシテ馬迄買ワシ, 暮スマデ也, 暮ソロモンは宮殿, 暮ニコライの塔, 暮ニ至ル迄息, 暮バカな私, 暮バキンガム宮で大統領ウィルソン, 暮ベルリンで行なわれた, 暮ポルトガルの女, 暮ルレバ又宴楽アルノミ, 暮レテイル者ハソレゾレ少シズツ金, 暮報ズルヲ恨ムノミ, 暮一つの川, 暮一ぱいに港内, 暮一寸風邪を, 暮一月何かと多事, 暮のやつ, 暮三百両も積ん, 暮不幸を喞, 暮不意に死んでしまつた, 暮世帯をたたん, 暮中戸川が, 暮二子と共に房總, 暮二年前に独艦上, 暮二条のお, 暮浚えの, 暮仏焔ふかし蒟蒻, 暮以來御難だとでも, 暮以来墺軍の防禦法, 暮以来母は若い, 暮以来私の頭, 暮の女丈夫, 暮保吉は薄汚い, 暮保雄が郷里, 暮倒れた時に, 暮優善が埼玉県出仕, 暮は鈴子, 暮六ツどころでは, 暮六ツ泊りの七ツ立ち, 暮六刻が鳴っ, 暮六時多度津へ著船, 暮もなるべく, 暮出征して, 暮切って遠く, 暮切らぬ内峠, 暮初夏の雹, 暮戻る, 暮刻々その色, 暮勝則が生まれた, 暮北海道を去, 暮北米での話, 暮十一月の下旬, 暮十二号にし, 暮十二月二十八日の夜, 暮南都の大衆, 暮卯月つごもり, 暮去れば, 暮又一かたまり払ったとき, 暮叔父御の, 暮取引きの, 暮合福住を出, 暮向き塩焼く煙, 暮向島の阿部さん, 暮地蔵地蔵と念ずる, 暮るの, 暮夕顔の咲, 暮天ことに穏やか, 暮天一鉤の新月, 暮天新月を望む, 暮天虹霓を見, 暮天陸端を認む, 暮子良がどんなに, 暮學友羽衣烏山二子と共にこの, 暮家路に遠き, 暮を怯, 暮寒い夜に, 暮少し静養の, 暮居候事に御座候, 暮居心地のよい, 暮山一朶の春, 暮山光遠, 暮島田へなんか, 暮左太夫は腹, 暮遠く江, 暮帰省した時, 暮年おのづから是, 暮廿九日に又, 暮弁信を憎み憤っ, 暮彼女はもうすでに, 暮従二位に叙せられた, 暮師匠さんに, 暮そのことば, 暮念曹操を亡ぼす, 暮思って居らっしゃいます, 暮急ぐ風情でした, 暮懸っての命, 暮成人の握, 暮我慢のならない, 暮戦死老衰無常迅速などと云う, 暮手古奈の父, 暮押し迫って亡くなられた, 暮押つまつてから, 暮掛りまする時, 暮改政刑情実に成り, 暮改雲の漂う, 暮文学の分野, 暮文机のほとり, 暮斯敦の公立図書館, 暮を出し, 暮の影, 暮日本プロレタリア作家同盟に参加, 暮日比谷の松本楼, 暮日露両国の交渉, 暮日露開戦の前, 暮日本プロレタリア作家同盟の, 暮旧い関係の, 暮早き電燈の, 暮時姫路城内桐の馬場土方, 暮時箱館湊より出帆, 暮を買った, 暮暫くアルプスに, 暮書いた連信から, 暮書生はふと, 暮てのサモア王タマセセ, 暮望んでいた, 暮松蔭大藏は五十石, 暮果てず明いのに, 暮枯枝のみぞ多, 暮柳原の古道具屋, 暮の花, 暮正式に別れた, 暮正月を跨い, 暮此處へ大穴, 暮に及ん, 暮んでしまつたといふ, 暮残ったあかるい空, 暮残りたるお, 暮があたり, 暮気分のある, 暮とは刻々, 暮水仙の花, 暮江戸へ入る, 暮河野が最も, 暮注文したる書籍巴里, 暮涼といへる事, 暮低く横, 暮煙草の虫, 暮熱海にて刈り, 暮熱田の祠官岡部又右衛門どの, 暮燃え熾る心を, 暮に今, 暮干の, 暮にて購, 暮疲倦甚しく, 暮祈っている, 暮福田恆存は一九四九年, 暮秋月川上喜多村一座の作者, 暮早くなりぬ, 暮突然出て, 暮立ちに各, 暮の王国, 暮に乗せられ, 暮縮んだ明りの, 暮羊君しばらくぶりに来, 暮羊君ビールを持つ, 暮羊君久々にて来, 暮羊君久しぶりに来, 暮羊君徃訪酒によばれ, 暮羊君来庵ブラジルコーヒーを味, 暮羊君来庵三人でつ, 暮羊君来庵同道して, 暮羊君来庵招待されて, 暮羊君来庵杉の青葉, 暮羊君来庵餅を焼き, 暮羊君来訪例の如く飲む, 暮羊居徃訪一杯よばれる, 暮羊来お土産, 暮義父から貰つた歳暮, 暮耕朝耨かくて我生涯, 暮胃病とやらで, 暮臨時手当に据置貯金, 暮若くは平, 暮若殿様御叙爵, 暮英国のエヴェレスト遠征隊, 暮の時頼, 暮落花の漢名, 暮蔬菜の生長, 暮は猟師, 暮行き会って, 暮行けど, 暮見当も付かない, 暮語言一室若引緒抽繭, 暮護身用に買っ, 暮貸してある, 暮足利の御厨, 暮を悶え, 暮の草葉, 暮迄の時雨の, 暮近いあわた, 暮近き日あし選り来, 暮近き冷たさが, 暮近く京都で病死, 暮近く專門の研究最中, 暮近し世間は, 暮のこと, 暮過ぎまでの戦争, 暮遠く市中の, 暮の中, 暮長く腹膜を, 暮限り気の毒ながら出し, 暮限壱割五歩之利足, 暮雲居から新聞, 暮青山墓地通りの満開, 暮青海の簾, 暮の松かぜ, 暮頃彼を先頭, 暮頃河内へ帰っ, 暮頼まれもの, 暮風一曲の古調, 暮風邪から肺炎, 暮餅搗が濟ん, 暮よ蠅, 暮鹽君の料理