青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「敵~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

散々~ ~散歩 散歩~ 敬~ ~数 数~ 数学~ ~整理 整理~ ~敵
敵~
敷~ ~敷い 敷い~ ~數 數~ ~文 文~ ~文化 文化~ ~文句

「敵~」 15737, 163ppm, 642位

▼ 敵~ (4105, 26.1%)

55 手に 37 中へ 29 中に 21 ために 20 首を 19 ように 15 攻撃を, 目を 14 虚を 13 大将の, 眼を 12 姿を, 目に 11 前に 10 姿は, 襲撃を, 飛行機が 9 やうに, 刀を 8 なかへ, 中で, 大将を, 影を, 手を, 様子を, 重囲の 7 中を, 大軍が, 手から, 手中に, 艦隊を, 行方を, 首級を

6 [13件] うしろへ, 一人を, 中から, 人数は, 前で, 副司令, 為に, 片割, 背後に, 重囲に, 顔も, 顔を, 馬を

5 [23件] ありかを, 中央を, 主力を, 伏兵が, 動静を, 大将は, 大軍は, 大軍を, 將, 廻し者と, 弾丸が, 心を, 方で, 本城へ, 本陣へ, 砲弾は, 背後を, 計に, 謀略に, 退路を, 陣営に, 陣地を, 飛行機を

4 [50件] すがた, なかに, なかの, やうな, わなに, 一人が, 一人だ, 一人の, 一兵も, 不意を, 中軍へ, 側背に, 力を, 包囲を, 右翼を, 囲みを, 大軍の, 大軍へ, 大部分, 太刀に, 姿が, 屍を, 弱点を, 影が, 影も, 思うつぼに, 息の根を, 攻撃に, 数は, 方が, 方に, 方へ, 正体を, 猛将, 眼に, 矢が, 矢に, 矢を, 腕を, 艦隊が, 襲撃に, 誘いに, 身の, 軍門に, 陣へ, 陣地へ, 頭を, 顔が, 飛行機の, 首が

3 [72件] あること, うごきを, すきを, ためには, ためにも, まっただ中, ような, ゐて, トーチカを, 一人に, 上陸を, 不意に, 中核を, 伏勢に, 何者である, 側背を, 兵は, 勢力を, 包囲に, 城の, 城中へ, 変を, 大将に, 大軍に, 奇襲に, 後を, 意を, 所在は, 所在を, 手が, 手へ, 手掛りを, 捕虜を, 損害は, 方から, 本拠は, 本拠を, 槍を, 様子が, 正太が, 武器を, 死を, 死命を, 死骸を, 片われ, 猛火を, 猛烈な, 真っ向を, 空襲に, 策に, 総大将, 肩より, 背を, 背後へ, 胸を, 胸板を, 艇を, 艦隊の, 艦隊は, 血を, 行方が, 術中に, 裏を, 計略に, 軍艦に, 軍馬を, 部隊に, 重囲を, 鋭気を, 面体を, 頭の, 飛行機は

2 [257件] いること, うごきも, うしろを, うちで, うちへ, うら, かくれて, かざせる大, こ, さまを, それが, たまにあたって, とりこと, とりこに, ふところに, ふところ深く, ほうは, ほうを, まえに, まわしもの, やつが, ロケットを, 一人で, 一団が, 一部は, 一隊は, 三艦を, 両翼を, 中には, 主力は, 主勢力, 乱れを, 事情を, 仕掛けた罠, 伏兵を, 伏勢が, 体に, 体へ, 体を, 信玄は, 偵察を, 備えなきを, 兄磯城, 先手に, 先鋒が, 先陣は, 兵糧を, 内情を, 刀が, 刀の, 前には, 前面へ, 力は, 力量を, 勇將ヘクトール, 動きに, 動静は, 勝平から, 勢が, 卑怯に, 右眼を, 司令機が, 合法的虐殺による, 名を, 喊声は, 営中に, 在処を, 城, 城は, 堅陣を, 士気を, 声が, 多い人, 夜襲に, 夜襲を, 大勢を, 大将が, 大将株の, 大潜水艦隊, 大軍に対し, 奴を, 妻女山を, 姿勢を, 威力を, 子を, 家康の, 射撃は, 小勢が, 屍体を, 屍體を, 屯に, 山手隊は, 山烏です, 岩崎大岩の, 崛起する, 布陣の, 弱点と, 弱身, 強さ, 弾に, 弾丸は, 弾丸を, 影は, 影ばかり, 後に, 心臓を, 怒濤, 急所へ, 情勢を, 情婦に, 意表に, 戦意を, 戦艦, 手がかりが, 手がかりは, 手の, 手掛りが, 打撃を, 捕虜に, 捨てて, 攻撃は, 散兵, 数に, 数も, 斥候に, 斥候隊を, 方を, 旌旗が, 旗が, 旗じる, 旗艦の, 暴力と, 木戸へ, 末森城は, 本拠たる, 本拠に, 本陣に, 本陣の, 本陣を, 来るの, 来襲を, 正賓に, 武器として, 武蔵の, 死に, 死屍, 死屍は, 死骸に, 死骸は, 残党が, 気は, 気を, 水軍, 油断に, 油断を, 溝口屋に, 潜水艦が, 潜水艦に, 潜水艦の, 潜水艦は, 爲に, 片割れ, 片割れだ, 牙の, 犬に, 甘言とも, 用心が, 疲れを, 病兵を, 皮肉を, 目が, 真っただ中, 真剣を, 真正面に, 真眉間, 真胴, 眼の, 砲台を, 砲撃で, 砲火の, 砲火を, 空襲部隊が, 空軍は, 立場に, 第三列, 者共に, 肉を, 肩を, 胆を, 背面を, 脾腹へ, 船に, 艇が, 艇と, 艇は, 華雄を, 行動を, 襲撃が, 襲撃は, 襲来に, 規律に, 計は, 計を, 討ちやう, 討ちよう, 討てるよう剣術, 詭計に, 超重爆撃機, 足もとへ, 足を, 軍中には, 軍使を, 軍勢に, 軍勢は, 軍隊に, 軍隊の, 返り血, 迫るを, 進路に, 進路を, 遺棄した, 遺棄死体は, 重囲から, 間に, 間者は, 降将, 陣, 陣から, 陣は, 陣より, 陣中に, 陣中へ, 陣十郎と, 陣営, 陣営へ, 陣地だ, 陣地も, 陣地や, 陣形は, 陣形を, 階級に, 雑兵を, 領土へ, 領土を, 頭に, 顏をでも, 飛行隊が, 餌食と, 首に, 首の, 首級は, 馬蹄の, 駒を, 魚形潜航艇が, 魚形潜航艇を, 魚形艇が, 魚形艇を

1 [2543件 抜粋] あいだ, ありかと, ある時, いない度島, いるもの, うごきは, うち出す, おれどもも, かかりそう, かたわれだ, からだにまで, くるの, こなたに, こぼれに, さがす目, しやれか, すぐ背面, せいで, たくらみに, ため手いたい, つるぎで敵を, どよめきが, なかで, なすまま, ひそんで, ふくろの, ほうに, まわし者に, もっとも手薄, やってくるの, やつらは, ゆくえを, われわれへ, エゴイズムを, コンタンが, センメツ的な, トロイアの, ノド笛に, フラツペは, ボートは, ロケットは, 一かたまりを, 一人であった, 一人右手から, 一党は, 一団は, 一大将逢紀は, 一将黄祖という, 一影も, 一支隊である, 一武者を, 一角を, 一陣を, 丁原は, 七陣を, 三倍四倍も, 三木城内に, 上半身を, 上陸をめぐって, 下士官と, 与へた恥辱, 両わき, 中からも, 中の, 中心は, 中核に, 中軍近く, 主なる, 主力へ, 主将は, 主陣は, 乗ずる隙, 予備隊を, 二三名を, 二將を, 二発目を, 京極や, 人数の, 今後の, 仕掛は, 仲達に, 伏兵だった, 伏勢では, 伝兵衛大して, 住家を, 体内から, 何十分の一という, 作戦が, 作戦施設であった, 侮れぬこと, 侵攻に, 信号である, 倭文子が, 側面背面を, 偽計か, 備えは, 働きぶりが, 兇悪な, 先鋒へ, 先陣と, 兜の, 全軍, 兵と, 兵力が, 兵卒を, 兵燹を, 兵糧車七十余輛を, 兵船まちかくに, 兵馬大軍とて, 内臓を, 凧は, 出ばなを, 出方を, 出足を, 刃を, 別な, 前から, 前列は, 前面に, 剣に, 副将海東左近将監なりと, 力が, 力量が, 勇将坪坂伯耆守を, 動向を, 勝なら, 勢, 勢の, 勢力の, 包囲から, 北地へ, 十二陣中くずれざる, 十八機と, 千種軍へ, 占領下に, 去った敵陣, 反撃の, 口にまで, 右翼は, 司馬仲達を, 各編隊, 名が解つて, 名に, 名馬を, 吸筒を, 呉宮へ, 呼延灼将軍, 哨兵であろう, 喉笛に, 喊声が, 囚われと, 四将も, 囮だ, 囲中に, 土けむりだ, 土龍作戦が, 地底戦車に, 坊主頭を, 坑道口へ, 城へ, 城中に, 城内には, 城骸だけを, 堅塁へ, 塹壕や, 壘壁越せる, 士気の, 声と, 外輪は, 夜討を, 大団に, 大将と, 大将ホーキンの, 大将袁更生殿は, 大將プリアモス, 大挙を, 大矛, 大船列へ, 大軍と, 大都督, 太刀を, 奇襲, 奇襲戦略に, 奴が, 奴らも, 好餌, 如く扱った, 妻女山転向部隊が, 威を, 嫡宗恨みが, 存在が, 守備兵が, 実体調査であった, 宮方を, 家竜之, 宿営で, 密偵で, 密偵を, 富五郎を, 封鎖を, 将を, 将軍の, 將エリアーロスの, 將先陣中に, 小屋や, 小波城へ, 小船が, 尻を, 居所を, 屍體より, 山刀を, 山田を, 岸へ, 嵩まる, 巣窟だ, 左翼に, 左門討たい, 己より, 布陣が, 希望し, 席にも, 幕屋へ, 広瀬大川成瀬の, 廻しものに, 廻らないうち, 弱所に, 張繍に対する, 強弱に, 弾丸ぢや, 弾薬の, 形相も, 征矢に, 後ろ姿, 後方を, 得ものを, 御嶽冠者の, 徳山則秀が, 心板を, 心配は, 思うまま工事, 急所を, 怪物部隊に, 恐ろしい骨ばった, 悪口いうべからず, 情報を, 意図に, 意気を, 態を, 懸りよう, 戦略を, 戦闘機が, 戰利また, 所持し, 手のうちは, 手元に, 手配は, 抑えに, 押し寄せて, 拳銃の, 指を, 捕虜と, 捨て去った砦, 揚屋町の, 搦手だ, 擒に, 支柱反動の, 攻勢を, 攻撃と, 放火を, 散軍, 数千とも, 文化宣伝武器としての, 斯波家長は, 新手新手を, 方へは, 旗は, 旗本と, 旗艦に, 明智軍とも, 曳火弾が, 最前列, 有りとも, 朝比奈軍を, 末石弥太郎に, 本営中で, 本城地稲葉山へ, 本拠である, 本陣から, 札を, 来るをば, 東の, 柵の, 核心を, 根拠地めがけ, 棲家でござる, 構えは, 槍首が, 樊城をも, 横腹へ, 機を, 機敏に, 櫓を, 正面に, 武器で, 武蔵は, 歩卒は, 歯列から, 死骸が, 残党を, 殺気を, 毒酒まで, 毛羽艶や, 気づかぬま, 気違いの, 水兵らしい, 水軍かも, 水軍司令部は, 決意の, 沈没船を, 洲股城から, 浅井一族と, 海津に, 消息と, 渡河にたいする, 潜水艦隊数百隻が, 潮の, 火の, 火矢や, 為め占領されました, 無敵艦隊が, 爆弾に, 爆雷は, 片脛, 牙城樊川を, 物見が, 犬は, 猛威を, 玄徳に, 王先陣中に, 珍しい紋所, 理想とを, 生命の, 用意整へる, 疲労の, 白襷が, 監視兵でも, 目も, 目標に, 直義の, 眉間へ, 真ッただ中, 真向を, 眼にも, 矢など, 矢田山附近には, 矢風へ, 石みたいな, 砦や, 砲兵陣地を, 砲塁まで, 砲弾で, 砲火に, 砲陣は, 神をこそ, 秀吉は, 移動なら, 空襲という, 空軍の, 突撃の, 立てて, 第一編隊, 第六軍, 策戦は, 築城の, 糧車へ, 紋所を, 素首を, 絶対の, 総帥を, 縁に, 美麗なる, 群れは, 老兵ども一万も, 者を, 耳目を, 肩へ, 胄や, 胴腹に, 胸へは, 胸甲其下の, 脆弱点は, 脚船を, 脾腹を, 腕節を, 腹背に, 自分に, 舟より, 舵機を, 船の, 船脚や, 艦隊と, 芝居気が, 菊池勢は, 葛木は, 蘆名義広が, 虚言に, 蜀兵だ, 行き過ぎるの, 行方は, 表情を, 裏に, 襲撃をも, 要塞でない, 要求する, 視線を, 言いぶんは, 計で, 計画の, 討てないこと, 討過ぎを, 詭計では, 諜者たる, 諸砦, 謀計では, 警戒を, 質を, 超重爆四機, 趙雲に, 足もとに, 足掻きせぬ, 踏みとどまるもの, 身構は, 軍勢が, 軍勢攘ふ, 軍船まつかう, 軍陣打ち碎く, 輩下を, 近づくを, 迫害に, 追撃に, 追蹤, 退却した, 退路へ, 逃げ足に, 逆襲である, 進軍を, 運命を, 道庵に, 遺棄し, 邪げは, 都督曹真出で, 里にも, 野砲は, 鈴木源太夫である, 鉄砲が, 銃口に, 鋭鋒を, 長所と, 間者では, 間諜すべてを, 間諜や, 闖入した, 防戦ぶりに, 防禦陣地を, 陣からも, 陣中でさえ, 陣前へ, 陣営内に, 陣容に, 陣屋へ, 陣頭には, 陸兵は, 隙が, 隠密, 集団が, 雑兵をも, 面へ, 項を, 頬激しく, 頸, 顔の, 顔や, 顔顔顔二万の, 飛行船が, 食いこみは, 飢餓し, 首将信玄に対しては, 首級や, 首都アルスタアに, 馬じゃ, 馬岱と, 駆逐艦は, 騎馬や, 騎馬隊は, 骨が, 高度は, 鬨の声が, 魚形艇は, 鳴海を, 黄祖軍に

▼ 敵~ (2047, 13.0%)

41 討って 38 討つて 23 して 19 取って 15 討とうと 12 相手に, 討つの 11 討ちたいと 10 受けて, 持って 9 前に, 見て, 討つこと 8 取つて, 愛せよ, 討つ氣 7 呑んで, 斬って, 討つ, 迎えて 6 待った, 待って, 討たして, 討つつもり, 討つと, 軽ん 5 攻撃する, 斃す, 睨んで

4 [12件] うけて, 倒すため, 受けたの, 引き受けて, 打とうと, 捜して, 控えて, 撃破する, 殺すの, 討ったの, 討つという, 討つ積り

3 [32件] お討ちなさい, とって, もって, 作るの, 射て, 感じた, 感じて, 押しつぶして, 持つこと, 捨てて, 攻撃し, 斬った, 欺く手段, 殲滅する, 殺して, 目掛けて, 知るは, 見たこと, 見る, 見ると, 討たうと, 討たなければ, 討ちたいという, 討ちに, 討ちました, 討った, 討っても, 討つため, 誘い敵, 追跡し, 長崎で, 間近に

2 [97件] あざむくため, あやつって, あわれむよう, たずねて, つくって, とつて, やっつけること, 中断し, 二つに, 仆した, 作って, 倒して, 倒すこと, 倒すの, 切らんと, 刺戟し, 取ッ, 受けては, 尋ねる身の上, 屠らんと, 平げる, 待ちうけて, 忘れては, 怖れ, 急追し, 怯やかす, 恐れて, 恐れぬ代り, 恐れるもの, 愛せよと, 愛せよという, 愛み, 打ち倒すこと, 打って, 打つて, 打つよりは, 持つよう, 持つ身, 探して, 撃滅する, 撃退し, 撃退すべし, 撃退する, 攘ひ, 攪乱し, 支えて, 攻むべ, 攻めて, 敵と, 斃すべく, 死地に, 殲滅し, 殺さないで, 殺すに, 殺す事, 求めて, 牽制し, 牽制する, 生死は, 目がけて, 目の, 眼前に, 睨んだが, 知らざるもの, 知り己, 知り我, 突破する, 窮地に, 見ず, 見たの, 見てから, 討たにゃ, 討たれて, 討ちたさ, 討ちました私, 討ち度, 討ったと, 討つたの, 討つても, 討つん, 討つ所存, 討つ方, 討とうて, 誘った, 謀るには, 蹴ちらして, 追いかけて, 追い払おうと, 追って, 追ひ, 退けて, 退治し, 逐ふ, 逐ふべし, 選んで, 避けて, 防がなければ

1 [1388件 抜粋] あざむくほんの, あざむく計, あざわらうべきものたらしむる, あせらすよう, あなどったため, あなどりすぎて, あなどるよう, あわれむといった, いっしょに, うけながら, うしろから, うちます, うちやぶりその, ええか, おどかすの, おびき出して, おびやかして, おも, お忘れある, からかって, くひ殺した, ここへ, ことごとく欧羅巴, この人たち, この江戸, この街, さがして, さがし死, すてて, そつくり生捕る, そばまで, たおすため, たたえるわけ, たんと持つ, つかまえそう, つくりすぎて, つつむ, です, ともかく遠く, とりにがさないよう, どう処置, なき者, なげる柔道, にがして, にらんで, ののしって, のめらせて, はげしく破る, ひかえながらも, ふせいで, ふせげ, ふりすてて, まくつもり, みくびって, みるまでは, むかえる身, めちゃくちゃに, もたなかった, もってるもの, もつの, やすやす歩かせる, やつつけ, やぶる戦術語, ゆるゆる料理, よろこばすだけの, よんで, わき目も, われ討ちし, バクロ攻撃する役に立つ, バ追, ライン河に, 一人だけに, 一人殪した, 一城ずつ, 一挙に, 一方に, 一番憎む, 三百五十も, 串刺しに, 二人迄, 亡さず, 亡ぼす手段, 仆すには, 介抱してやろう, 仕留むる, 仕留めら, 伜の, 何人斬った, 作ったこと, 作つてゐる, 作らなかった, 作りましたし, 作り易い, 作り過ぎました, 作るを, 侮つて了つたやう, 侮りきって, 侮辱する, 俯瞰した, 倒しても, 倒すに, 倒すは, 倒す否, 倒す武術, 傷る, 充分に, 入れまいと, 内から, 切って, 切ろうと, 切殺し, 利するに, 制しえたであろう, 制圧する, 刺したり, 刺すこと, 刺そうと, 前後の, 助くるも, 勤めて, 十五人なぎ倒し, 南門外に, 却く, 取ったげるし, 取らなきや, 取りたいよう, 取るぐずぐず, 取ろうと, 受けたその, 受けたドイツ, 受けながら, 受けるに, 受け進退, 叩き倒すん, 同時に打つ, 向こうに, 呑むに, 呑むもの, 呑んだ夏侯惇, 呼ぶに, 喰いとめさらに, 嘲笑する, 困らして, 国の, 圧し遂にほとんど, 圧倒した, 圧縮した, 圧迫する, 城下に, 壓倒し, 外らして, 夢中で, 大勢で, 失うわけ, 威嚇する, 嫌うもの, 学びても, 学ぶは, 客戦の, 容易くも, 寄せ付けぬ算段, 対象として, 射るの, 尊敬したい, 尋ねに, 導いて, 屈せん, 屈服せしめない, 屠るべく凄き, 山門内に, 崩す前, 左右へ, 己が, 席捲し, 平らぐ, 幾人見出した, 引き受けたの, 引き寄せるの, 引寄せる, 弱め亡, 征伐する, 征服する, 待ちうけつ, 待ち構えて, 待ったり, 待つは, 待つ今, 待受けるかの, 得たが, 御殿に, 徹底的に, 怒らしめざるよう, 怖れる, 急追中であります, 恐れながら湯島, 恐れ大河, 悩ますため, 悪ん, 想定し, 愛し, 愛しも, 愛し得るよう, 愛するの, 愛せなどと, 感じつつ, 慴服せしめる, 憎むに, 憎んで, 憤激させれ, 我が手, 手もとまで, 打たざる限り, 打たせる積り, 打たれるワ, 打ちに, 打ち倒す棒, 打ち度, 打ち懲らす方法, 打ち砕く以外, 打ち退けたので, 打つという, 打つには, 打つまでは, 打つ即ち, 打ては, 打撃する, 打破り肥後, 払って, 投げとばしました, 抱いたま, 押えて, 押し伏せようと, 押返し, 拵へて, 持たぬ男, 持ちやり方, 持った者, 持つか, 持つ大事, 持上げる事, 挟み彼, 挫く, 捉えて, 捕える, 捕まえましたと, 捜しながら, 捜索する, 探し出しながら, 探し返り討ち, 控えれば, 掻きまわしうると, 搦めて, 撃ちはらうには, 撃つこと, 撃つ真似, 撃破し, 撃退しえた, 撃退し得た, 撲滅する, 支えぬか, 支へ, 攻めに, 攻め多く, 救へり, 散らせども, 斃さなけれ, 斃す事を, 斫ろう前に, 斬りそして, 斬り伏せるて, 斬り殺させて, 斬り生命, 斬るか, 斬るよりは, 暗打, 曳きつれて, 有るよう, 木戸近く引き入れ, 村の, 極端にまで, 横撃せん, 欺き囲, 欺き果せた, 欺くには, 欺く計画, 欺こうの, 正面から, 殪すには, 殺さしめたまえ, 殺したる時復讐, 殺し猶, 殺す以上, 殺傷する, 水中から, 求める前, 沈めること, 油断させる, 浅く見る, 混乱に, 滅ぼしたの, 滅ぼすこと, 滅ぼすよりも, 滅茶滅茶に, 潰走せしめた, 焦立たせようという, 熊本城に, 片っぱしから, 牽制しよう, 狙う私, 狙つてゐる, 狼狽さして, 玉串川の, 甘く見た, 生じ林家支配, 畏れしめ戦はずして, 発見する, 目の下に, 目前に, 相くる, 真下に, 眺めた, 睥睨する, 睨んだ, 知つてゐた, 知らざる事, 知らないウラミ, 知らなすぎる, 知ること, 知るという, 知る者, 石などを, 破って, 破り, 破り一回, 破り勇名, 破り故, 破るまえに, 破砕するある, 禦ぐの図, 突いて, 突き伏せて, 突き殺したので, 突き退けて, 突け, 突落し, 立たせて, 粉にも, 粉砕する, 紿いた, 組み伏せた時, 組み落とし水ぎわ, 罵って, 罵り辱めた, 脅かすこと, 自然と, 舐めんと, 苦しめたの, 苦しめ震天雷, 薙ぎ分けて, 褒めるよう, 襲い苦心, 襲撃し, 見かけた伊部熊蔵, 見くびりすぎた結果, 見すてて, 見た, 見たら一度, 見つけすけだちに, 見つけ出して, 見つむるひとり, 見ながら, 見よと, 見るや, 見る事, 見る怒の, 見付けたが, 見出さなかった, 見出す希望, 見失つて, 見澄ます, 見附けたよう, 覘ひつ, 観る間, 計るには, 討たいで, 討たしめん, 討たせますから, 討たせる時, 討たないで, 討たなきや, 討たねば, 討たれたん, 討たん, 討ちそく, 討ちたいだろうが, 討ちたかつたん, 討ちたる廉, 討ちなさる, 討ちますから, 討ち取ったではござりませぬか, 討ち取ったところ, 討ち取ること, 討ち得ないで, 討ち艱苦, 討ち遠く, 討ったつもり, 討ったもん, 討った始末, 討った様, 討った私, 討つたに, 討つた孝行者, 討つといふ, 討つとき, 討つなら討つこと, 討つまで, 討つより, 討つ御前試合, 討つ折, 討つ為, 討つ者, 討つ身寄り, 討てなかったの, 討てりと, 討とうという, 討伐せない, 詈る, 誅罰しきらぬ, 誘い道臣命, 誘導する, 誤ったと, 調伏し, 謀るは, 讃美し, 貧窮ならしめ, 蹴ちらしに, 蹴ちらし始めた, 蹴ちらし渭水, 蹴とばして, 軽んずるの, 軽蔑する, 辱めながら, 迎える, 迎える正道, 迎え撃つ, 迎え討つ態度, 近づけない勢, 追いかけろと, 追いさらに, 追いちらして, 追いはらったの, 追いまわし追いまわして, 追い出す為, 追い払った, 追い降ろして, 追うべき物, 追った, 追って元, 追って山谷, 追って梁ヶ瀬, 追つて五, 追ひま, 追撃する, 追撃中息子どもには, 追跡すべき, 退けたに, 退屈させ, 逃がさぬよう, 逃したの, 逐い払うか, 逐払って, 通り越し, 逸した, 逸する懼, 避くる, 避けるよう, 邀え, 酷え, 野蛮人に, 釣り寄せて, 鎧袖一触の, 長追する, 防がぬかと, 防ぎとめること, 防ぐこと, 防ぐと, 防ぐの刀剣, 防ぐ実力, 防げ, 防御する, 降して, 陸上遠くに, 電瞬に, 領地として, 飛んだところ, 馳けちらし, 駈けちらして, 駒の, 驕り誇らせる, 驚かす謀計

▼ 敵~ (1322, 8.4%)

32 して 16 向って 13 まわして 10 向かって 8 なって 7 占領された, 廻して 6 うしろを, 囲まれて, 對する, 後ろを 5 しても, 打ち勝つため, 気を 4 した, まわすこと, 内通を, 向ひ

3 [16件] しては, なるの, まわしては, 備えて, 取って, 取られて, 向っては, 向つて, 回して, 對し, 当ること, 息つく, 数倍する, 虚を, 追われて, 首を

2 [77件] あらず, さとられぬよう, さとられる心配, されて, しなければ, する, すること, するの, すれば, ちがいない, なったの, なっては, なるん, はかられて, ふさがれて, まわすよう, 一歩も, 乗ぜら, 今は, 会っては, 位置を, 備えるため, 先んじて, 内通し, 内通も, 出会ったこと, 勝つには, 占領され, 取つて, 叫び曰, 向かうこと, 向ったとき, 向て, 報告を, 奪われたと, 対抗し, 廻しては, 後を, 従って, 感心し, 打たれて, 抵抗する, 捕われて, 擲げつくる, 時を, 有利な, 殺さる, 気勢を, 渡すの, 火計の, 焼かれて, 物は, 生捕られ, 白状を, 監視され, 相違なかつた, 知らせるよう, 突破される, 立って, 素早く身, 絶好な, 背を, 背後を, 裏を, 襲はれた, 襲われたという, 見せて, 見立てて, 計あり, 身を, 逃げられては, 防禦の, 降りて, 隔てられて, 隱れ, 非ざる, 面を

1 [972件 抜粋] あたった, あたらないで, あたるため, あたるという, あたろう, あったらかならず, あっても, あなたが, あらずこれ源氏, あらずだ, あらずや, あらず兎, あらず祖父, いかなる方法, いたずらな, おうては, おそわれた貝, おそわれなかったか, おびえて, およろこびにゆくなむて, おわたし, かかれと, かじりついたらブルドッグ, かつこれ, かわされたためし, くるまれましょう, この城, これほどまで, ころされたという, さからって, さしたる戦意, さまたげられ数日, さらして, したから, したの, した時代, すでに幾人, するが, するなら敵, するも, するより, する心持, せよみな相当, せよ敵, そのおそろしい, その名, その素因, それと, そんな気, そんな色, たばかられて, つかまると, つくもの, つつまれたらほとんど, つれなき, とらえられたば, とらわれた父皇, とりいるコンタン, とりても, どんな計, なげられよ, なだれ込まれたら大, なったこと, なったという, なったわけ, なりだして, なりました, なりますよ, なるかという, なるぜ, なるだろうもの, なるやも, なる世の中, ねらい討ちに, ねらわれ脅かされて, はげしく打, はさみ討ちと, ひまどること, ふみこまれると, ぶつかって, ぶつかるん, まったく一泡, まみえよ, まわさなかった九条, まわさぬよう, まわしたあげく, まわしてでも, まわし度, まわすと, まわす腹, まわそうという, まわると, まわるわけ, まわる門倉さま, みせて, みつかって, むかう如き勢い, むかっては, むけて, むしろ敬意, めぐりあい名乗りかけられないとも, めぐり会ったよう, めぐり逢いました時, もござりますいやいや, ややヒルミ, やられて, ゆずらぬよう, わたしたが, わたすか, ブスッと, 一倍の, 一大打撃を, 一太刀薙ぎられた, 一撃を, 三分の利が, 下ぐる頭, 不審な, 不足は, 与うるもの, 与えた, 与えて, 与えなかったので, 与えること, 与える遑, 与へた損害, 中る事, 乗じられる因, 乗ぜられたか, 乗ぜられ喧嘩, 二將は, 仕うるの, 付け廻されて, 会いたくば, 会えば, 会おう, 会って, 伝わるに, 何か, 何倍する, 依る敵, 俘虜に, 俺の, 倒されるは, 備えながら, 備へ, 優る強大, 先を, 先立って, 克つよりも, 入り左右奮撃, 内応し, 内通なされる, 内通の, 凱歌を, 出会して, 出会った, 出会ったもの, 出会った場合, 出逢, 出遇うたとき, 分って, 切り離される掛念, 利用されうる, 利用されぬ, 力を, 加わって, 加担する, 助けられた, 勘づかれて, 勝たば, 勝ち凱歌, 勝って, 勝つこと, 勝つとは, 勝つよう, 勝つ前, 勝つ者, 勝ること大, 包囲され, 包囲されぬ, 包圍さる, 及ぶその, 反抗せしめた, 取ったら何, 取つて闘, 取られては, 取りこめられて, 取りながら, 取り囲まれて, 取ろうという, 叩かれた, 名乗りを, 向いなさるなら鹿毛, 向うこと, 向うなんて, 向うは, 向かい右舷, 向かい紋也, 向かうかの, 向かうよう, 向くる如く, 向けず其勇, 向けら, 向けること, 向こうて, 向っても, 向つてフラ, 向つて批難, 向ふべく, 吾, 咬まれて, 問ひ, 嗤われない, 嘲けられ笑わるな, 噛附ん, 囚われしめるよう, 回さなければ, 回し保護者, 回すよう, 囲まれそして, 囲まれたアメリカ, 囲まれました, 囲まれようと, 圧迫さるる, 埋ったかの, 城下の, 塞がれ続行, 士気を, 売った糜芳, 売って, 変化の, 多くの, 夜陰の, 大なる, 奪られ, 奪われしもの, 奪われ出産, 好意を, 委した, 委すな, 委ねても, 威を, 存分働かせ, 安き眠り, 害を, 対せしめ主力, 対峙し, 対抗した, 尊敬せられず, 尻を, 巡り合わなかった, 己れ, 廻したくは, 廻したら遂に, 廻した藤原貴族, 廻し朝命, 廻すわ, 廻ったその, 廻って, 廻っとる, 廻わ, 引きうけても, 引っ掻きでも, 弱味を, 当たりもって, 当って, 当らしめたが, 当らんと, 当りも, 当り攻撃, 当るため, 当るの, 当るより, 当る場合, 当る水司又市, 当る長袴連中, 当れば, 得度した, 復讐しよう, 徹して, 心支度を, 応ずる手段, 思い知らせて, 思ひ知らせて, 思慮が, 怯を, 恐れられて, 悟られないよう, 悟られん様, 惱まされ, 感ぜしめもし, 感付かれない, 應用した, 成ってる大野惣兵衞, 戦意は, 戰はば, 戰はんわが, 手数を, 手間どるの, 打ちむかふ, 打ち克つため, 打ち勝つの, 打勝つよりも, 打向ふ, 打明けようと, 投げつけるの, 投げはじめた, 投げ或は, 押しを, 持ったこと, 持って, 持つこと, 持つよりも, 指させて, 挑むを, 捕えられたと, 捕ったの, 捕まったとは, 捕われる者数千, 捧げて, 掘り出されて, 接近し, 接近出来る, 提供する, 撃ち悩まされて, 撃破せられた, 攻めかかる, 攻め込まれた時, 敗けたもの, 教えられること, 数を, 敵するは, 敵す可ら, 斬られそう, 斬りかかって, 断たれて, 明け放しても, 智の, 最大の, 服ませる, 棍棒で, 楯つき大黒屋の, 様子を, 機先を, 權變ある, 正体を, 武門の, 死なれたという, 殲滅を, 殲滅的打撃を, 殺されたと, 殺されて, 殺されなかった者, 気がつきました, 決戦戦争を, 洩るること, 洩れて, 浴びせかけても, 渡さないで, 渡されるまで, 渡しては, 渡すからには, 渡すよりは, 渡せるは, 漏れたゆえ, 火を, 火計あり, 為り味方, 焼かれまた, 犯さるる時, 狙撃せられた, 猛射, 獲物を, 生け捕られたが, 生捉, 用意の, 當れる, 発見されない, 盗まれたの, 目を, 相違ない, 知らしめた, 知られての, 知れて, 神明の, 突かれ彼方, 立ち向うため, 立ち向かった, 立ち対, 立てさせない, 笑われるの, 策士あれ, 糧を, 素性を, 組ませないうち, 組み敷かれて, 絶望を, 而かも, 肌を, 肚の, 胆吹山へ, 脅かされて, 脚く, 虐殺された, 襲いかかるよう, 襲はれ, 襲われた鵜烏, 襲われるよう, 襲われ大事, 見えたり, 見えるかの, 見すかされるばかり, 見せた富森助右衛門, 見つかって, 見つからないよう, 見つかると, 見つけられたから, 見つけられも, 見られる, 見下ろされるよう, 見事遮断され, 見出されても, 見破られたらそこ, 見覚えが, 覚られぬから, 親切丁寧に, 覺られず, 計の, 計られて, 討たせたの, 討たれし親友, 討たれて, 誇示し, 誘われ山上, 語らわれて, 諛ってばかり, 識れ渡りいた, 譲らないで, 譲る後球, 變つた, 負けぬだけの, 負わす傷, 趁われ矢風に, 跳びかかる, 踏ませること, 踏みこまれて, 身ひとり獲, 身體を, 迂回され, 近いの, 近し, 近づいた兵士達, 近づきつつ, 近づくと, 返さずと, 返討に, 迫り寄って, 迫れないの, 追いつかれたらいちばん先, 追いつくため, 追い囲まれて, 追われど, 追われ雪風, 逆襲せ, 通じた者ら, 速かに, 逢い巡り合って, 逢うかも, 逢えると, 逢ったら敵, 逢つて混乱し, 進み行く敵, 遇うと, 遇わずして, 遇わば, 遭いましても, 遭ったか, 遭って, 遭遇した, 選ぶこと, 都を, 采女は, 鉄砲向け, 長崎で, 開かせようと, 防備が, 阻まれて, 降らば, 降るな, 降伏し, 降伏する, 降参と, 離れず追い討ちかけて, 面するので, 領分を, 顔を, 飛び入ると, 食われるもの, 飼われて, 馬を

▼ 敵~ (1241, 7.9%)

28 ない 13 なかつた 7 早くも 6 それを, 今日の, 本能寺に 5 自分の 4 ないと, ないの, ぬと, 俺が, 地上に, 大勢味方は, 私の 3 どこに, ないから, ないはず, 一兵も, 何者だ, 余りにも, 幾万あり, 彼の, 目の, 誰だ

2 [67件] あった, あらぬに, いずこ, いつでも, いづれも, お前の, きっと討っ, こちらの, この俺, たった一人, とって, とりも, どこの, どこまで, ないこれ, ないん, なかった, なくな, ぬ幼稚, もうこの, もう近い, わずかに, んよ, キンギン国なり, 一人で, 一角と, 一角に, 世界に, 中小都市の, 今彼女の, 何か, 何者です, 信長で, 凱歌を, 勝ちに, 名に, 味方である, 城を, 外に, 多い, 対岸の, 小勢, 小勢ぞ, 幾万, 悲鳴を, 早や, 来ない, 正に本能寺, 殺すこと, 毎日の, 河井龍之介, 河井龍之介敵は, 無い, 狼狽の, 目に, 眼前に, 確かに, 私を, 米英という, 脆くも, 見たこと, 見ン事, 討って, 謀叛人の, 道を, 遼陽の, 首尾よく

1 [978件 抜粋] ああた, あつた, あの青銅, あらゆる手段, あらゆる術策, あり余る手, あわてて, あんな遠く, いかなる場合, いそがしい中, いたずらに, いつあの, いつどこ, いつもまっすぐに, いつも聯合, いなかったの, いまだに分らない, いよいよ乗込ん, いよいよ数, うしろに, おいて, おれたちじゃ, おれよりも, お父さま, かならず信じます, きっと僕, きっと甘にがい, きのうの, くずれて, ここの, ここを, こっちに, ことごとく掃討, この一, この囲炉裏, この外, この女, この方面, この有様, これより, こんな軍略, さらによし, さるもの, しばしば総, じと, すっかりあわて, すっかり屏息, すでに信州, すなわち敵, すべてみなこの, ぜひも, そこだけか, そこまでは, そのまま一瞬間, その半島, その岩, その持つ, その時, その煩わし, その荒廃, その酒場, それだけ, それなりひと足, それに十倍, それ見ろ, た, たいへん元気, ただその, ただ摂津石山, たれはばからず牛乳入り珈琲, だからあいつ, だんだんに, ちょうど此寺, つぎつぎに, とうとう判らず, どうした, どうもたいした, どこかね, どこへ, どのけん, どれほどか, どんなに大軍, ないこと, ないといふ, ないよ, ないわね, ない奴, ない或は, ない筈, なおも巨弾, なかつたの, なかなか見附, なくなつ, なるほど前, ぬ, ぬながらに, ぬ奇怪, ぬ無, はやこの, ひとしお安心, ひるんで, ふたりでした, ほかに, ほとんどみなごろ, またおそらく, また何, また潮, まださして遠く, まだほか, まだ影, まだ捕まらん, まだ遠い, まぢかく近寄, まんまと不意, まんまと退参, みだれ出したぞ, みなで, みな高い, もうこそこそ仕事, もう一つ, もう余力, もう味方, もう我が, もう眼, もう諦めたらしく, もう間に合わない, もっぱら女, もとより味方, もはや死, やがて追いかけ, やはり浅井家, よほど腕, わが後ろ, わざと自分ら, われより, ウンカの, キミを, ケーニヒグレッツ附近に, サルジニアの, ソヴェト・ロシアである, トーチカに, ドロプスの, ブルジョア, メクラだ, ロープを, 一たまり, 一ノ関だけ, 一万余人にも, 一万足らずの, 一人と, 一体なに者, 一向平気, 一歩も, 一部の, 七人である, 七十人からの, 七名の, 三つある, 三万に, 三好松永の, 上る事, 上陸って, 下総の, 不意をくらい, 不死身で, 世界中に, 中庭だ, 主人が, 久光殿でなく, 予期した, 二万味方は, 二万数千余兵船は, 二十万と, 二千五百人, 互に相側防, 五十人ほどに, 亜米利加である, 亡ぼし度いが, 今の, 今憐れにも, 仕方が, 代官松の, 伊賀を, 体に, 何せい, 何とかケチ, 何とも答えず, 何ものな, 何人か, 何処, 何千本という, 何奴か, 何者か, 余儀なく退却, 作つても, 依然として微動, 信長なり, 倒れながらに, 倒れる, 傷か, 兇器を, 全く進退, 八文字に, 六名中五名が, 其都城離れ, 再び姿, 凡者とも, 分かって, 初めの, 到底独立, 刺す隙, 前面にだけ, 剣客の, 剥がんと, 勇む, 勢いが, 勿論種々雑多, 北方の, 十二機じっと, 十四五人であった, 十方へ, 半弓の, 南味方は, 単に自分, 博士が, 取って, 取り逃したの, 古今無双の, 召し抱えられてから, 司馬懿仲達おそらくは, 同じわけ, 名だたる今様妖術使い, 向うの, 君が, 周囲に, 周章てる気色, 味方の, 唯宵闇, 喫茶店カフェーな, 嗤うでありましょう, 四散する, 四条本能寺と, 困難を, 地を, 地理に, 堀秀政の, 壁の, 変っても, 外曲輪を, 多いぞ, 多くが, 多し身, 多勢じゃ, 多勢で, 多勢である, 多勢切に, 夜襲に, 大勢, 大勢だ, 大勢であり, 大勢です, 大勢到底, 大勢御, 大原から, 大変な, 大敗け, 大男じゃ, 大軍, 大軍で, 大軍を, 太刀と共に, 奇襲を, 奥から, 奪へり, 姿を, 嬉しきもの, 存外手ごたえ, 安心いたし, 完膚なき, 実に自分自身, 家中のみ, 寝ざめ, 察知し, 射るとも, 尋常な, 小人だ, 小冠者ただ一人じゃ, 小勢だ, 小粒だった, 少し恐るる, 少数と, 屈せずに, 山に, 山地の, 山田で, 川より, 川添いの, 左方, 己の, 帆村を, 常に哄笑, 常に自己, 平野を, 幾人居る, 弟である, 強く田道, 強大な, 影を, 彼女の, 後ろだ, 後ろを, 得たりと, 徳安から, 必ず高輪田長三, 忍び込んで, 怖れ, 思いの, 思ひよらずして, 恋路を, 恐ろしく思う, 息も, 惰気と, 愚かにも, 我が策戦, 我れ, 戦争だけ, 戦意を, 手ごわいです, 手出しが, 打ったまだ, 打つ心間, 抜目なく, 拒ぐを, 搦手へ, 敏感である, 散兵, 敵だ, 敵の, 敵味方は, 斃れ, 斯くし, 新たな, 新手を, 新田の, 新米だ, 既にアルザス・ロートリンゲン, 既に此, 昨日甲府へ, 昭和遊撃隊の, 更に進ん, 曽て, 最初の, 最後の, 朝夕つけ狙っ, 未だ隠れた, 本土上陸を, 本能寺でね, 本能寺園さへ, 杉の, 東に, 染井福之助ぢや, 柳子と, 桃山か, 案外もろかっ, 楠木でしょう, 橋を, 次々と, 正しく, 此の, 死んで, 残忍であり, 殺したが, 気勢を, 汝の, 池田家の, 沙塵に, 浜戦を, 浪打っ, 深川を, 漢法医で, 火で, 烏合の, 無言だ, 牛皮の, 牧だ, 狼狽した, 猛火に, 猛者だった, 獣の, 琢ける, 生の, 由来長曾我部元親であった, 留る譬, 疾風を, 皆自分達より, 益々眼, 盲目に, 直ちに之, 直ちに銃隊, 相当備え, 眇目の, 眠って, 矢を, 知らずに, 知れました, 私が, 私である, 私ばかり, 空魔艦に, 立派だ, 第一, 箱の, 簔虫の, 精神的に, 終始砲撃, 総なだれ, 総大将, 縦に, 纔に, 義貞である, 翼を, 考えるやと, 胆を, 背後を, 膝折り, 自分を, 自力で, 舟近く, 色めきはじめた, 苦しそう, 草鞋の, 菊池方の, 蒸し殺し, 血に, 袁紹を, 裏門より, 襲撃し, 見のがさなかった, 見ン事鉄嶺以北, 覘ひ, 計り易い, 討ちすぎるもの, 討ち過, 討ったも, 討つたも, 討てようと, 誰だい, 誰であっ, 誰を, 豊田を, 財宝の, 越中高岡の, 足下に, 身を, 軍部でしょう, 近い, 近寄らずに, 追わんでも, 退いて, 退く, 退けりクロニーオーンわれ, 退口, 逃げくずれ松原, 逃げて, 逃げ散って, 逃れて, 逃走中, 速度が, 遁げた近くに, 遂に彼女, 遂に自ら絶好, 運命逃るべく, 遠江から, 邸内に, 重太郎一人である, 金時山を, 長いあいだ, 長陣を, 間近です, 防禦の, 陸軍, 随所すきを, 隙間なく, 雲散霧消し, 電流仕掛で, 靉河右岸に, 非常に, 頑強に, 顔を, 飛び上り, 飛んで, 馬も, 馬乗りに, 馬超という, 馬鹿に, 駆け抜けたが, 高順の, 鳶ヶ巣へ, 黄の, 黒幕の

▼ 敵~ (741, 4.7%)

10 攻めて 9 上陸し 6 襲って 5 あって, ある, 現われて, 見える 4 いた, 多い, 現れて, 討って 3 あると, あるという, いるの, い心, ゐるの, 彼の, 眼の, 近づいて

2 [37件] あった, あります, あるからな, あるもの, いる, いるん, これへ, ござる, だんだんに, ないと, なかった, なくなると, ゐて, ゐる, ッ, 上って, 上陸すれ, 今まで, 入った, 判らない, 原子弾を, 囲みを, 多かった, 大手を, 寄せて, 待ちかまえて, 後に, 来て, 来る, 現われた, 私の, 背後へ, 討ちたいから, 討ちたいと, 退却の, 逃げて, 飛びかかって

1 [582件 抜粋] あったと, あったの, あったらどう, あったればこそ, あつけ, あつた, あつたら, あつて, あべこべに, あべこべ砲を, あらわれた, あらわれたしかも, あらわれたぞ, あらわれる, ありと, ありましょうと, ありますので, あるからねえ, あるぞ, あるため, あるなんて, あるに, あるはず, あるゆえ, ある我等, ある樣, ある筈, ある者, あろうか, いかにわが, いたに, いたので, いて, いないため, いねえもの, いよいよこの, いるか, いるぞ, いるぞよ, いるため, いるわけ, いれば, うけ容れるわけ, うようよしとる, おき捨てて, おそって, おとなしく背面, お前は, かえってこの, かかったら一斉, かかって, かかれば, かれを, かんが, きた足, きっと腹, ここへ, このまま, この小牧山, この島, この日和, この沖あい, この海, この私, この行動, これを, こんな所, ございます, ござるから, さうやすやす, さっと駈けだし, すでに地の利, ずいぶん出来, そうだ, そうやすやす捕虜, そっと金五郎, その何れ, その時, それぞれ厖大に, それほど純粋理性的存在, それを, たくさんあった, たしかにいる, たった十四人, たとへば天災, ちっとぐらい, つかれ果てた頃, できたわけ, できる, とんで, とんぼ返っ, どいつだか, どうした, どうしても撃てねえ, どう変じ, どこに, どこへ, どこまで, どこを, どの地点, どれほどの, ないわけ, なかつた, なかつたで, なかなかに, なかなか頑強, なかろう, なくなりしかと, なくなれば, なくみんな, なすまま, なんで脆く, のこらず引いて, のぼって, ひし, ひそんで, ひるん, ふえて, ほかに, ほんまに, まごまごし, まさか王必, またそこ, また石垣, まだどこ, まったく思い, まともに, みえる, むらがり立つ形勢, めいめい別々に, もう奮起, もう打たなく, もし攻め寄せ, もし火攻め, もっともその, やって来たとき, ゆうべ愛子を, よせて, わからの, わざといわせ, わずか三, わたしを, わの, われを, ゐるかも, ゐるでは, ゐるん, インドの, ウェリントンで, ドーブレクから, ヨロヨロと, ヨーロッパを, ロートリンゲンに, 一かたまり, 一つ所に, 一人あった, 一体どういう, 一層猛, 一方に, 一番苦手と, 一等惡いわ, 一陣に, 上つ, 上陸したら, 不意打に, 不落とたのむ, 不覚にも, 主人の, 予備の, 二人いる, 二人だ, 二人ほど, 二人や, 二尺以上の, 二途いずれに, 五と, 五百米まで, 亡ぶれば, 人あるごとき, 人の, 今川と, 仏事を, 何らの, 何万来る, 何処の, 何時までも, 何者であり, 何者である, 余りに近く薄, 作って, 使って, 使ってる道具, 來た, 倒れれば, 備えて, 備えを, 債鬼然, 傾斜を, 先に, 六七人に, 再びそれ, 再び銃, 出たら其の, 出て, 出るよりも, 出來, 出来たよう, 出現する, 出現すれ, 刀を, 分っても, 利用し, 前から, 前後左右から, 前後左右に, 前面に, 動く迄は, 勝鬨を, 勢いよく仆, 十の, 半兵衛を, 占めました, 即座に, 又前進, 取りたければ, 取れないわ, 取れると, 右から, 合図とともに, 名乗って, 向って, 呆気なく退却, 咎めると, 図に, 圧迫し, 城へ, 城を, 城門を, 執念深いほど, 外した路線材料, 外に, 多いという, 多いの, 多い将軍補佐役, 多くとも, 多ければ, 多すぎた, 夢を, 大事を, 大刀へ, 大勢死んだ, 大学を, 大規模, 奪おうとして, 妨害に, 室外に, 容易に, 寄せかけたという, 寄せます, 寺部の, 射撃する, 尾き, 尾けて, 尾へ, 居りながら, 居るかわ, 川むこう, 左右前後に, 布いた陣形, 常に対立, 引受けて, 弱いため, 強まること, 強力に, 強敵か, 強過ぎよう, 当惑した, 彼らを, 待機し, 後ろへ, 御身に, 微弱すぎる, 急って, 急迫し, 怯むの, 恨みと, 恨めしかった, 悄然と, 意外に, 意外にも, 憎うございます, 憎くまた, 我々の, 手剛い, 打たれたいの, 打てますの, 打鳴らす, 押しよせて, 押し寄せて, 持ったこと, 持って, 指した瞬間, 挑んで, 捨て去ったおびただしい, 捨て去った宇佐山, 改めてくる, 攻め口として, 攻め口を, 散乱した, 敵が, 敵たる, 敵に, 斫入った, 旅順要塞に, 日本に, 暴行を, 曝し物, 月光を, 有りますのに, 有るの, 有れば, 来たって, 来たと, 来たな, 来ても, 来ぬま, 来ます, 来るとも, 来るなんて, 来るまで, 林の, 柔を, 柴を, 森へ, 槍で, 横から, 欠けて, 正面を, 此の, 歩を, 残って, 残らずみんな眼, 残らず脚気, 殖えたの, 殖え百人, 気づいて, 永遠に, 江を, 沢山ある, 海底に, 渡辺天蔵と, 潜んで, 潜航艇を, 瀘水を, 無くなり相手, 然うし, 焼き払ったとの, 狼狽し, 猛襲し, 獲物を, 現れた, 現れました, 現れようとも, 現われたかと, 現われたもの, 現われたろう, 現われたわけ, 町屋に, 痛い目, 発見した, 百本の, 目を, 目的を, 直ぐ頭, 直様疑う, 眼に, 眼前に, 知つたのかな, 知れたらば, 知れましたら藤川さん貴方, 知れると, 知れれば, 祝田に, 祭司長学者パリサイの, 突然現われ, 突然襲撃, 立って, 立て籠って, 第二, 築城中である, 罵る声々, 美しく見える, 耳に, 背後に, 自ら心眼に, 自分が, 自分と, 自分の, 舟底に, 艇内に, 若し斯様, 苦しき經驗, 虎の子に, 虎之助の, 蜂起し, 裏切者を, 襲せ, 襲せ始め, 襲った, 襲ふ, 襲來ても, 見えた, 見えなかつた, 見えぬので, 見えますよ, 見たらさぞ, 見つかったからと, 見て, 見事に, 言った, 討ちたいの, 討ちたいので, 討ちたいばかり, 討ちたいばっかり, 討ちたかったの, 討ちたかつたの, 討ちたかつたん, 討ちたくって, 討ちたくなったから, 討ちて, 討ちとうございましょうな, 討ちとうございます, 討つて, 討てないこと, 討てないまでも, 討てない迄も, 討てねえ, 討てまい, 討てるかも, 討てるけ, 討てるもの, 誘うとも, 諸所, 警戒を, 責めて, 貼り紙を, 起きて, 起ったらわが, 足ふみ外し, 路を, 蹂躙されない, 躍り出した, 身がわり人形に, 車掛りに, 軽々に, 近くに, 近づいたの, 近づいたらしい, 近づいたら命, 近づくと, 近づけば, 迫ったか, 迫って, 迫るまで, 迫ッて, 追い付いて, 追い逼, 追って, 退いたっ, 退却に際して, 逃げたので, 逃げると, 逃て, 逼って, 遠くへ, 遠く退いた, 遠ざかったと, 遽に, 重なって, 間者を, 降れば, 降参し, 陣を, 陣地を, 陣場を, 隠し場所を, 隧道を, 雁の, 集中した, 雑多な, 難攻不落と, 非常に, 須磨から, 頭の, 頼朝自身の, 馬に, 駈け通らば, 高地を, 魔術だ, 魚形潜航艇を

▼ 敵~ (687, 4.4%)

13 なって 12 して 8 すること, 見て 7 するに, 戦って 5 するも, するもの, なった, なりて, 名告, 思って, 戦うため, 覘う 4 するの, 味方が, 味方との, 味方の, 戰ふ, 斬りむすんで, 身方の

3 [15件] いって, しなければ, なして, なったの, なり味方, なること, なるの, まみえて, 内通し, 味方と, 味方に, 味方を, 心得て, 狙って, 考えて

2 [37件] いえども, いえば, いっしょに, おもへば, したの, し怪物, する, するという, するのみ, せずむば, せねば, なる, なれば, 名の, 味方とが, 味方とに, 味方とを, 味方は, 呼ばれるもの, 定めおき地形, 対峙した, 思い込んで, 思へ, 戦うこと, 戦わなければ, 戰ひ, 敵でない, 敵とは, 決めて, 相対し, 砲火を, 見るの, 見做, 視る考, 間違えて, 闘って, 闘ふ

1 [445件] ありましては, あれば, いいもしくは, いい味方, いうと, いうばかり, いっても, いひ味方, いよいよ心, いわず兄, いわれる犬, おもって, お父様, お考え, かくも, かんじたので, がっぷりと, きまれば, きめて, こういう対峙, この鷲, さしちが, しあらゆる, しうる境遇, しそれ, した, したこと, したら薄, したるが, した例, した日, した気, した貧乏国フランス, しながら, しなくなった, しまいと, しまた, しようぞと, しわれ, し友, し愚か, し戰, し戰はず, し行い, すという, すべき者, すべく心, するあ, するか, するが, するといふ, するところ, するには, するの一点, するほう, するほどに, するゆえん, するわけ, する一人, する上杉謙信, する人間, する子ら, する孫策, する帆船業者, する徳川殿, する必要, する意志, する意識, する所, する所以, する新教国, する時代, する気, する法, する立場, すれば, す四, せず味方, せば, せよ, せる伊勢平氏, そして自分, それを, たたか, たたかえるのね, ただ独り, つけ狙つて居る, つけ狙ふ, なく味方, なったが, なったところ, なった米国, なってな, なってる例, なつて, なにか結び, ならざるを, ならなかつたで御座いませう, ならなければ, ならぬとも, ならむ, ならむとは, ならんとは, なら僕, なり, なりがち, なりしのぎ, なりし人, なりし人々, なりその, なりました, なり仇, なり外国宣教師, なり封建社会, なり或は, なり目, なり終れるものの, なるか, なるだろう, なるとも, なるに, なるべき明瞭, なるまでに, なるもの, なるよりも, なる動物, なる敵, なれり, なれる者, なれる而, なろうとも, にらみ合って, ねらう天魔太郎, ぶつかるやいな, また見ん, まみえよ, まみえるまで, みつめた, みとめずに, みなして, みなし配下一帯, みるつもり, みるならば, みるの, みるブルジョア社会, み悪魔, よびあい兄弟父子, よび合う者同士, よりあいて, わかったから, わかった秀吉, わたりあいました, わたり合って, コルレの, ゼノバの, 一しょに, 一体どう, 一戦の, 一緒に, 争って, 争ふ, 云いがかり理不尽, 云うから, 云うところ, 云うよう, 云おう, 云って, 云はず, 云われるもの, 交した会話, 交戦する, 他の, 付け狙う木曽, 付け狙って, 仲よくする, 会いたいが, 会いながら, 会えるか, 何ん, 作品を, 侮って, 個人としての, 出あって, 出会いどんな, 出合って, 刃交ぜする, 分つて, 切りかけました時, 別れて, 刺しちがえ, 刺し違へる, 勇ましく戦い, 化したかの, 化して, 協力すべきで, 友とを, 取っ組み合って, 口では, 同じ四十人, 同等の, 名のって, 名のら, 名乗って, 向いあって, 向かいあって, 呪わずには, 味方, 味方でも, 味方という, 味方とで, 呼ばるべきであろう, 呼ばれて, 呼び得るであろう, 呼ぶべきもの, 呼んで, 変りが, 奮戦し, 奮鬪を, 妥協し, 妥協否肝胆相照す, 妨げとは, 察しられる怒濤, 対峙し, 対峙する, 対峙の, 対陣は, 尋ねる剣術, 少数の, 巡り会って, 巧みに, 引ッ組んだ, 引組んだ, 心よく, 怖れ, 思い, 思いつめながら, 思い一人, 思い詰めた疑い, 思うて, 思う位, 思う妄念, 思う者, 思え, 思えと, 思えば, 思おう, 思ったの, 思った奴, 思った彼ら, 思っちゃ, 思つた人間から, 思つた封建時代の, 思つてゐない, 思つて居る, 思はねば, 思ひ込み敵, 思ひ込んだので, 思ひ込んで, 思へと, 思へなど, 思われて, 怨むに, 恋に, 恐れられて, 愈々最後, 感じたもの, 感じて, 憎む理由, 戦いさえ, 戦い刀が, 戦い夕べ, 戦うて, 戦うに, 戦うのに, 戦うよう, 戦う彷徨, 戦う為, 戦う用意, 戦おうという, 戦った, 戦ったん, 戦つてとう, 戦ひ絶え間, 戦ふため, 戦ふのに, 戦ふ事, 戦ふ役割, 戦わないこと, 戦わんと, 戦闘する, 戦闘を, 戰は, 戰爲さんため, 折衝し, 拮抗し得る, 探す者, 接し以, 接するには, 撃ちあい切りあう戦闘部隊, 攻めて, 敵, 敵である, 敵とが, 敵ならざる, 敵の, 敵は, 斬りむすび斬り伏せすぐ, 斬りむすび相打ち, 斬り合, 最初の, 格闘し, 構へ, 歯が, 決ったら相手, 決つたら, 河とを, 渡りあいたくない, 渡りあうとき, 渡りあった, 渡り合, 渡り合えるうち, 渡り合えるという, 渡り合って, 渡り合つた時, 渡り合わねば, 為らず彼, 爲し, 爲す, 爲らず, 狙い端, 狙う, 狙うお, 狙うそこ, 狙うと, 狙うの, 狙う万田龍, 狙う奴, 狙う拙者, 狙う甚内兄妹, 狙う老人, 狙う者, 狙つたのは, 狙つて居る, 狙われる理由, 申すので, 疑ったり, 目される, 目し, 目差して, 目差しては, 目指された, 目指す道庵, 目標との, 直に討, 相対せる, 相対峙, 相爭, 相見え, 真向きに, 睨まれたら助からないが, 睨みあいして, 知っては, 知らず主人, 知り駈足, 知る場合, 称する者, 称んで, 稱し, 立とうとも, 組みあつ, 組みもんどり打っ, 組み打ちし, 組んだまま, 組打を, 結んだ一種, 考えなくては, 考えられる以外, 考えると, 自分と, 自己との, 融合する, 見えるだらうか, 見せて, 見た, 見たっ動くなっ, 見なしがち, 見なして, 見られて, 見るぞ, 見ると, 見定める心, 見廻して, 見申した, 視たこと, 視よう, 覗う, 覘って, 覚しき人影, 観るもの, 言うならお上, 言うの, 言ったら大袈裟, 言ふなら, 言わず万人, 認めた, 認めて, 認める, 認定し, 誤認する, 賞賛者との, 身体の, 近づいて, 通じて, 通信し, 通謀した, 逢った, 遭遇し, 鉄砲を, 鉾を, 鎗を, 間近お, 間違え声, 闘いながらも, 闘いますが, 闘うか, 闘うこと, 闘うとき, 闘うべく二発, 闘う力, 闘う必要, 闘った, 闘わないの, 闘わねば, 附狙う, 隔てたまま, 險道と, 雌雄を, 雖も, 離れて, 面接する, 顔を, 馴染むとは, 駈けあわすうち, 鬪ひ, 鬪へど

▼ 敵~ (360, 2.3%)

101 味方も 7 さるもの 3 さる者, 彼の, 流石に 2 あった, いないのに, ない, ないの, なければ, 出て, 同然な, 討たずに, 隠れた敵

1 [225件] あえて近づかなかった, あきらめて, あしたは, あったが, あつた, あらず, ありませぬ, ありませんよ, ある, あるまいと, あれば, あわてて, いい加減, いくらか手, いないが, いなかった, うかと近, うごかず味方, おびただしい死骸, おめおめと, おれに, きょうは, ここの, ここ数日のびのび, こちらの, こっちの, この中, この険路, これしきの, これに, さだめし仏事供養, さておいて, さとるでしょう, さる者カーチス戦闘機が, さる者声も, しずかだ, して, すこし前, すすまずこっち, そう云っ, そこを, その敷居, その相図, それを, たちまち突破, だまって, つきまとわなかった, つくるが, つづいて, ないじゃあ, ないのに, ないよう, なかった, なかなかよく戦います, なくいつも, なくただ, なく信仰, なく味方, なく唯一人, なく天地, なく悪人, なく生死, なく疑惑, なく草木, なく進ん, なく遂に, はて, ひらりと, ふかく企んだ, またしくじる, またよく, また同時に, また城内, また少し, また汝, また苦しい, みえて, むなしく見, もう撃退, もって, もっと腰, もつて, やっと掠奪, よく知っ, よく知つて, よく見, わが心, ギリッと, バチバチ撃っ, ボクには, 一ノ谷の, 一度に, 一応鉄砲, 一時は, 一生懸命に, 一蹴し去った, 中, 之を, 乏しく久しく悩み, 人なり, 人形では, 今日あすに, 何か, 何かは, 作って, 作つたこと, 作つて居る, 作りましたよ, 倒し百たび, 傷つけぬため, 全部捕え, 兵力を, 利ならず, 勇敢でした, 勇敢に, 十分うまく, 博多へ, 去るもの, 又全速力, 口で, 同じよう, 同様であった, 四人の, 城の, 城中からの, 士気を, 変を, 多いこと, 多いそこで, 多い作家, 多かった, 多かつ, 大勢は, 奮うところ, 安穏には, 寄るまい, 寄手の, 察して, 少し油断, 左う, 巧みに, 弱りはじめた, 強者再び, 彼を, 彼等と, 必死を, 忽ち, 急に, 恐る, 恐怖を, 息を, 悠々と, 感心し, 我も, 手下の, 手出しは, 手薄, 手薄そこを, 手薄でしょう, 持って, 捨ておき難い, 撃破し, 支えに, 敵だろう, 敵岩の, 斃す, 旅順は, 時を, 暗い中, 最前線に, 本気じゃ, 来ないのに, 槍ぶす, 歌に, 武蔵, 死にもの狂い, 殺さねば, 決戦に, 油断を, 測って, 測り得ず, 満身の, 潜航艇を, 無下に, 狐疑し, 現れなかった, 用心し, 用心する, 瞬くま, 知ったるぞ, 知人も, 砲台の, 秀子捕縛の, 第二線, 聞けとばかり, 自然注意を, 落ち味方, 見えぬそう, 見ぬうち, 見よ, 見落しが, 討たねえで己山, 討ちたからうが, 討ちたかろうが, 討ち減らしては, 討ち申そう, 討つて, 身かたも, 身を, 身方も, 追撃される, 退いたので, 退くかと, 逃がすまじ, 運命に, 間近う踏み入っ, 間近時おくれ, 闃として, 降伏する, 食いとめること, 駿馬を, 驚いて, 鬨を, 魂消るか, 麓近う

▼ 敵~ (249, 1.6%)

4 の将, の者, の間者 3 の大将, の女, の手

2 [12件] にあり, の一人, の使者, の動静, の大将株, の柳派, の桟橋, の死骸, の群, の船, の諜者, の陣地

1 [204件] か, から, からねらわれ, から寄手, から襲った, から見れ, から計略, から誰, から送られ, がすぐ, がひやかす, が後, が桟橋, が機関銃, が視る, だった者, だつた者, つまり汚職方, で, であった牢人, であって, である吉田磯吉派, でもワアアッ, でも一方, といふの, として最も, として登場, との距離, と素裸, なる甲斐, にいる, におる, にそれ, につき, にて此方, にまわし, にも本多侯, によく, に一万二千, に乗ぜられ, に作らせる, に反映, に売っ, に奪われ, に委ねた, に対する当面, に廻つた人, に強弓, に捕えられた, に斬り負け, に於い, に油断, に知られ, に破壊, に笑われよう, に筒抜け, に考え, に行かず, に身, に錦旗, に難色, に騙り寄せられた, の, のさむ, のはやし立てる, のまわし, のイギリス軍, のメアリー, の一人一人, の一味, の一将, の一軍, の三人, の三木城, の上げる, の中, の乱波, の人物, の侍, の信玄父子, の先手, の兜, の兵力, の兵数, の凱歌, の刀, の力, の勇僧, の勇士, の名目人, の周密, の城, の城門, の士気, の大立もの, の女将軍, の妨害, の妻女百二十幾人, の娘, の実体, の客将黒田官兵衛孝高, の家, の密使二騎, の将たち, の将校, の山見張, の岩国, の廻し者, の忍び, の悲鳴, の情勢, の意識, の懐, の戦将, の手中, の手先, の探索, の揚げる, の旌旗, の旗本, の旗色, の旨, の望み, の本城地, の条件, の東条, の武者声, の歩兵隊, の死傷, の残党, の毛利, の決意, の油断, の流言, の片割れ, の甲冑武者, の男女十余名, の病人, の目, の眼, の細作, の給与, の総帥, の老, の苦策, の英雄, の荘厳, の藩, の血すじ, の警戒ぶり, の谷間, の身内, の軍兵, の軍勢, の返り, の選擧事務所, の郭, の間諜, の間諜たる者, の陣, の陣営, の隊長河合某, の隙, の雲, の面々, の首実検, の馬, の鷹匠町, はいよいよ, はいよいよもじもじ, はすこし, はみな, は怒, は海岸, は目, へわたす, へ一目, へ人質, へ伝わる, へ使い, へ信長, へ同情, へ報告, へ歌い返せ, へ洩れなけれ, へ火, へ知らせたい, へ知れよう, へ知れる, へ移った, へ譲ろう, へ質子, へ走っ, へ走らしめ, へ高く, もピストル, も参ったであろう, も恐れた, よりこなた, より多く, より見, をし, をのみこん, を排し除け

▼ 敵味方~ (247, 1.6%)

5 に分れ, のあいだ, の区別, の間 4 に別れ, の屍 3 となっ, とわかれ, にわかれ, のよう

2 [12件] と別れ, になっ, に分かれ, の中, の兵, の分かる, の喊声, の銃声, の間柄, の陣, を問わず, を超越

1 [183件] いつし, おたがいにかつて安土, から一時, がある, がいま閾一すじ, が入り乱れ, が出来, が死人, が火花, が舞台, が西, この塁, さえ後, すらもともすれば, だね, であった武蔵, である, であるのに, ではない, で二三言, で充実, で彼等, というけじめ, というよう, としては堅城鉄壁, として対立, となつ, となり, となり別れ, となり憎み合う, とも, ともいずれ, ともこれ, ともたいがい乱打, ともオジッセウス戦功無双, とも人馬, とも囃した, とも多く, とも思われない, とも戦争, とも極めて, とも死者負傷者, とも気づかないらしい, とも火縄, とも牛乳, とも砲撃中止, とも耳, とも鳴り, とも麗, とわかれる, と分れた, と対, と戦場, と睨めあった, ない哀傷, ながら己, なき驚嘆, なくいわれ, なくご, なく拍手, なく正成, にそれ, にだって心, になった, になろう, によって称びわ, にわれ, に一人, に不公平, に二股, に分るる, に分れた, に別れる, に対立, に引き分かれる, に怖, に立った, に笑われる, に組, に聞える, のいずれ, のけじめ, のこと, のご, のため, のなか, のわかち, の一致, の万骨, の三つ, の両, の中堅, の主立つた, の乱軍, の二人, の二将軍, の二機, の作戦, の分類, の勝ち, の勢一団, の反目, の呪い, の唯心派, の国境的, の国家, の塹壕, の境, の声, の大小砲, の射撃, の少年, の岸, の差別, の布陣, の帰結, の怒, の戦列, の戦死者, の槍, の檣, の歩兵, の死傷数千, の比率, の漕力, の点, の無数, の照明弾, の物笑い, の療治, の目, の砲声, の空軍, の笑われ, の累々, の胆, の血, の衆寡, の見まもる, の見る, の見定め, の視線, の親分衆, の言葉, の軍数, の迫害, の迷信, の金鼓, の銃火, の陣営, の霊, はぐるぐる, はすぐ, はない, は互に, は味方, は土, は組み合った, は総, は肉体, へ示し, まま有り, もさだか, もなく, も分らぬ, わかりゃしないのよ, をわきかえらせた, をわすれ, を作り, を区別, を問う, を感情的, を越え, を部落, を驚かした, ノ警戒, ハッキリ二つ, 入りみだるる剣槍, 初めて正式, 混み合って, 約五, 見る中, 飛びちがえて

▼ 敵~ (227, 1.4%)

6 の中 54 に向 3 に包囲, のため, を追 2 が, が充満, に, に向っ, のまっ, の大将, の空襲, は, を爆撃, 守れりや

1 [183件] あへ, いかに破る, から打ち出した, がこの, がなんで, が三面, が国境, が堰, が押し寄せた, が押寄せ, が押寄せた, が攻め, が河, が無電通信, が退路, が遠く, すらもフランス, たじろ, だ, だけでも優, だった, である, でないもの, と, とのあいだ, と対峙, と戰, と枕, と遭遇, にご, にそこ, につつまれ, にもぐりこむ, に勝つべくあら, に包まれた, に取囲まれ, に向わしめた, に在らずし, に奪, に対すれ, に当った, に押しもまれ, に挾撃, に捕虜, に気, に汚される, に直入, に追いつめられ, に遠く, のうち, のすべて, のせまるらしい, のただ中, のはじめ, のみだれた, の一角, の不意, の主力, の九人斃, の事情, の仕業, の侵入, の偵察艦隊, の兵, の勇, の士卒, の夜襲, の大勢, の左側背, の帷幕, の弾丸, の影, の後, の恃む処, の我領土, の指揮者たち, の掌中, の攻勢, の攻撃, の方, の旗, の旗幟, の旺, の本国, の本拠, の来襲, の河, の状況, の空中, の精神, の総, の胆, の船尾, の虚, の血, の近づく, の通過, の遮るあら, の重囲, の銃声, の間, の飛行機, の首, の騒ぎ, はいない, はきょう, はこっち, はこんど, はすでにだいぶ, はただ, はどうも, は事, は其數, は再び, は十四萬人, は各戸毎, は合し, は呂布, は安閑, は定めし, は崩れ出した, は支, は日本海方面, は明, は死者四千六百, は狼狽, は眼, は稍疲れ, は空中, は血, は近日, は野面, は闇, へけしかけた, へ大砲, へ渡す, めがけ三度, めがけ槍, も大佐, も敗者, よ, よく防げ, を, をあちこち, をさしまねい, をひかえ, をジロリ, を不意, を亂, を全滅, を前, を叱, を喰い止め, を城下, を夾撃, を威嚇, を威圧, を寄せつける, を徹底的, を攘, を敗れり, を殲滅, を目ざし進みぬ, を眉, を眺めやる, を睨み, を破る, を神, を舟, を見, を観察, を討つべく, を貫, を追って, を邀撃, を陥れられた, 侵し入る姿, 去十七日, 怖ぢ, 既に逃げた, 最も數, 来ると, 深く分け入っ

▼ 敵~ (198, 1.3%)

7 の中 6 である 4 に入り 3 だ, にひとしい, に侵入, に深く, へのりこむ, へふかく

2 [16件] にいる, にはいっ, に入っ, に入った, に入る, のよう, の資材, へはいっ, へ入り込み, へ入る, へ深く, へ行く, を占領, を征服, を踏んだ, 深く入っ

1 [131件] かえるも, かと疑われる, から帰らなかったら, から押収, から頻々, だからな, だぞ, だと, であるから, ですからね, でのご, ではなく, でも無く, で全滅, というはめ, とも味方, と自国, どころか敵, ながらここ, なの, にあっ, にさらし, にすすん, にでも乘, にまんまと, に乗り込む, に乗り込ん, に乗り込んだ, に使いする, に侵掠, に偵察, に入城, に切り, に努め, に向かう, に在る, に徘徊, に流布, に潜入, に突入, に立っ, に築く, に至った, に赴い, に赴く, に足, に踏込む, に蹈, に身, に近く設, に送っ, に送られた, に遠から, の伊丹城中, の城下, の奥深く, の如く, の子, の岸辺, の平戸, の木戸, の深く, の状況, の野原, の馬, ふかくはいっ, ふかく凸, ふかく潜行, へお, へしのびよる, へのりこんだ, へまぎれ入っ, へまぎれ入り, へまんまと, へもっとも, へゆく, へスパイ, へ乗りこん, へ乗り込む, へ乗り込もう, へ乗り込ん, へ乗込む, へ先, へ反間, へ向け, へ向けた, へ捨て, へ探り, へ来よう, へ渡った, へ立っ, へ行, へ行っ, へ赴い, へ踏みこん, へ踏み込む, へ踏込む, へ進撃, へ間者, へ降り, へ隠密, へ駈け入った, もこえ, も遠く, をぬけ, をふむ, をよぎり, を全滅, を措い, を焼き立て, を略し, を突こう, を突破, を脱し, を荒し, を荒しつづけ, を見やれ, を距, を踏まず, を踏まね, を踏ん, を通る思ひ, を通過, を駆け抜ける, を駈け抜け, 深くに, 深くへ, 深く侵入, 深く探っ, 深く突入, 深く飛び入っ

▼ 敵~ (194, 1.2%)

4 の姿 3 の大, の爆音, の襲来

2 [14件] が来, が爆弾, が襲来, だ, だッ, と認め, の位置, の来ない, の空襲, の襲撃, は全部体当り, を包み, を探し, ヲ発見スルニ至ラズ

1 [153件] あらば, いよいよ迫る, かね, が, がおびただしい, がこれ, がすぐ, がせめてもう, がはじめて, がやってくる, が五百何機, が何, が去っ, が大, が大阪, が投弾, が横合, が潜入, が着陸, が見える, が見つかった, が超, が降下, が頭上, が飛ん, というの, とわたり合い, なし, なん, にいどみかかった, にいどみかかる, にこの, にはいずれ, にめぐり逢いたいであります, に乗っ, に噛みつい, に対して性能とも, に対し何, に発見, に知らせた, に襲われ, に非, のす, のプロペラ, の一二, の一部, の一隊, の三分の二, の侵入, の司令機, の周囲, の在処, の完全, の帝都爆撃, の帝都空襲, の強, の投げた, の投弾, の持っ, の撒いた, の攻撃, の数, の方向, の来, の来ぬ, の来る, の様子, の機翼, の注文どおり, の爆弾, の爆弾投下, の爆撃, の発見, の眼, の空中襲撃, の編隊, の翼, の行動, の行方, の蹂躪, の轟々たる, の退散, の進行方向, の進路, の音, の高度, はいよいよ, はさった, はすっかり, はずいぶん, はそれ, はだんだん, はどこ, はやっぱり, はよほど, はクルリ, は二回, は全滅, は去った, は右, は四千米, は墜落, は夜間, は市街, は急, は憎らしい, は折, は本当に, は来よう, は火焔, は無残, は照空灯, は爆弾, は現れなかつた, は相次い, は空, は空魔艦, は約, は絶壁, は続い, は総数, は退散, は黄色い, へぶつかっ, へ突入, もおじけ, もし現れるなら, も恐ろしい, も追っかけ, らしきもの, をうち, をし, をついに, をのん, をひっかけよう, を一機, を向う, を射ち落す, を射落す, を帝都, を撃墜, を撃滅, を文字通り撃滅, を見つけ, を誘導, を迎え撃っ, を迎え撃つ, を関東, を離したい, ヲ発見セズ, 見ユ, 近づく, 降り来って

▼ 敵~ (189, 1.2%)

51 ない 19 ないと 12 なかった 108 ぬと 7 ないの 5 ないという 4 じと, ぬから, ぬまでも 3 ないね, ないよ, ぬこと 2 じ, ないかも, ないが, ないなあ, ないもの, ないわ, ないわね, ないん, ぬ時

1 [38件] ずただ声, ずと, ず敗走, ないか, ないから, ないからね, ないこと, ないこれ, ないさ, ないし何, ないすぐ, ないだろう, ないでしょう, ないとは, ないので, ないのねえ, ないもん, ないよう, ないカン, ない一応, ない又蔵, ない弱虫, ない旦那様, ない時, ない欺す, なくなって, ぬあなた, ぬが, ぬだろうから, ぬついで, ぬでしょう, ぬとでも, ぬわい, ぬ人, ぬ喧嘩, ぬ早く, ねえや, ねえやあの

▼ 敵では~ (171, 1.1%)

41 ない 31 なかった 9 ありません 8 ないか 5 ないと, なかつた 4 なくて 3 あるまい, ないの 2 ないが, ないっ, ない筈, なくかえって, なく味方, なさそう

1 [50件] あったが, あっても, ありえない, ありながら, ありますが, ありませんか, ありませんね, あり得ないの, ある, あるが, あるけれども, ございませんから, ござらん, ないかと, ないかも, ないそう, ないぞ, ないに, ないので, ないほど, ないほどの, ないまでも, ないよう, ないらしく思われる, ない六十万石, ない孔明, ない点, ない犬共, なかつたが, なかつたぞ, なかつた鴈治郎, なからう, なくさんざん, なくして, なくその, なくたちまち, なくひと, なくみるま, なくやがて, なく先生, なく内, なく十数人, なく左近, なく恋人, なく遡れば, なし万一, なし若, 有ません, 無かつ, 藤崎さんも

▼ 敵~ (151, 1.0%)

6 向って 3 かかろうと, 当って, 突いて, 迫って 2 むかって, 当った, 投降した

1 [127件] あたるという, い, いう場合, いった, おかかり下さい, お蒐, かかった, かかって, かかるとき, かけ下りるまえに, くれて, せまらせて, そういう浅慮, そなえて, その番人, それを, とどくぐらいな, とびかかった, なげうって, ぶつかって, ぶつかること, ほうりつけた, もれたら貴公, もれては, わしは, 一太刀つけ, 一斉に, 与えた通り, 云いすていっさん, 云い返して, 云った, 云ったが, 人質として, 何か, 供給した, 俄に, 全力を, 内通し, 内通する, 内通に, 加えて, 加はるまじき, 去る, 右の, 向けて, 向っては, 喰い下がった, 売りこみその, 奇襲を, 宛てて, 寄って, 寄るかと, 寝返るなんて, 寝返ッ, 対した時, 対して, 対し敵, 射返して, 尻を, 弓を, 当たる事, 当ったので, 当り始めた, 当り始めた時, 当るまえに, 当れッ, 御降伏, 意力を, 戦, 打って, 投げ与えても, 投げ付けるが, 抛りつけたの, 挑みかかる理由, 挑みかけた, 挑むには, 挑む本軍, 擬しながらも, 攻めかからずやと, 攻めかかろうと, 攻め襲, 止刀を, 気脈を, 洩れて, 洩れては, 浴びせかかる, 浴びせかけた, 無二無三突撃しろ, 猛烈に, 猛然駈け向っ, 瓦を, 矢一すじも, 知らしめた, 石大木鉄弓火弓など, 空を, 肉薄できる, 背を, 見せかけた, 見せかけて, 見参する, 誓紙を, 豹変した, 貼りついたまま, 走った忘恩, 起死回生の, 躍ったの, 返して, 迫った大隅, 追いやるという, 逆落しに, 通謀し, 進撃と, 鉄砲を, 開け, 降るなどという, 降伏し, 降伏せぬ, 降伏を, 降参し, 降参を, 降服し, 響けば, 餌として, 馳せ向かった, 駆け向ったの, 駈け向わせても, 駈け戻し亡父義朝

▼ 敵~ (147, 0.9%)

2 の介抱, の声, の姿, の屍体, の手, の槍, の死体, の目, の看護, の首

1 [127件] かもしれない, からまず, があらわれ, があらわれました, がある, がいない, がおぼれまい, がその, がとびだしました, が予, が切っ, が占拠, が攻め, が旗下, が来襲, が河, が約, すら日本, だった, だったが, だと, である, では大, で充満, とすさまじい, となっ, とのたたかい, と仲よし, と化し, と良民, と逢, と顔, などもあわてふためい, に, にかこまれた, にみつかっ, にピストル, に何, に奪, に捕まっ, に捕まったら, に横腹, に水の手, に直面, に色, に見出され, に触れ, に踏まれ, に蹂躪, に阻まれた, に駈け散らされ, のうごめき騒ぐ, のすき, のなか, のひとり, のほう, の人勢, の体, の侵入, の侵攻, の先, の出没, の密度, の密訴, の影, の戦列, の接近, の新しい, の暴虐, の濶歩, の目がける, の絶対的, の腹, の至る, の襲来, の蹂躪, の鉄桶, の鉢巻, の鞍, の顔, は, はあらかた, はいくら, はいずれ, はおどろいた, はさすが, はすっかり, はたとえ, はみるみる, はりんご, は大体三手, は悉く, は押せ, は毒瓦斯, は瓦, は袋, ばかりだった, ばかりです, へぶり, めがけて, もあらかた, もおりませぬ, も一角, も手, も眼, らしい気配, をしり目, をながめ, をふるい立たしめる, を一挙, を傷つけた, を待とう, を手もと, を捕虜, を撃つ, を撃退, を斃, を斬っ, を斬りまし, を殺し, を無数, を狙撃, を睥睨, を薙ぎはじめ, を見, を迎えた, 充ち充ち雲霞

▼ 敵として~ (145, 0.9%)

4 憎んで 3 戦うこと 2 すこぶるイギリス型, その前, 戦って, 睨んで, 結婚し, 進んで

1 [126件] あなたを, あらわれたよう, おる北町奉行, これからは, これほど, これを, しきりに反抗, その光明, その学説, その首, それに, それを, たたかって, だろう, つけ狙って, なお一年有余, なぐり合うに, はたして勝利, みて, もてなしはじめたもの, やじりを, ゐた, ゐません, クローズアップされた, フランス流の, 一つを, 一戦を, 不足の, 中国の, 乾坤一擲の, 互に死, 今自己の, 僕の, 刃向っ, 勝味は, 君を, 奮闘する, 奮鬪する, 好敵, 婦人を, 嬲り殺しに, 孤軍報国の, 寡勢ながらに, 対立する, 少し不, 居るの, 庸之, 彼を, 彼女は, 忠右衛門を, 思い出されて, 恐るべきもの, 恐るべき男子, 悪戦した, 憎みし友, 憎むこと, 憎むほか, 戦いあえて, 戦い負傷まで, 戦うに, 戦う決意, 戦えも, 戦った薩長, 戦っても, 戦つた村が, 戦ひ少し, 戦ふわけ, 戦ふ新しい, 戦わなければ, 戦わねば, 戰ふ, 戰ふこ, 持って, 攻撃せられ, 放二, 数十年間ここまで, 正義の, 死なうと, 残るもの, 殺すこと, 決して恥ずかしく, 無残にまで, 無理に, 狙いを, 現れて, 現われること, 理解しなけれ, 相まみえる, 相対する如き, 睨み合いながら, 睨み合うべきもの, 祖国の, 立ち植民地の, 立ったからには, 立つ決意, 立つ腹, 聳えるソヴェト同盟, 育って, 育つて, 自分の, 興つた情熱主義の, 良く七年, 蔑まれ憎まれる時, 見た諸国, 見なければ, 討たれるなんて, 討つという, 誅伐する, 談判を, 諸君に, 躍りだす際, 迎えたくないの, 迎え撃ったもの, 逃げ廻る犯罪者, 造り上げた勝手, 逢っても, 遂に壽命, 遇せり, 選ぶこと, 選ぶの, 邪法を, 重視し, 闘うの概, 闘かった, 雁金の, 食いつこうとして

▼ 敵~ (138, 0.9%)

96 と思う, ね 4 と思っ, と思った, よ 3 が敵, ぞ, と云う, と云っ

2 [11件] か分らぬ, か味方, という, といっ, と云, と思い, と思つて, と言, ねえ, わ, 敵だ

1 [71件] かよく, から, からこそ俺, からな, から打, から決して, から私, から誰, がいま利用, がそれ, し, し本願寺門徒, ぜ, そのうえ放っ, それについて, つたのは, つたオマー等を, と, ということ, というん, という新聞紙, という結論, とお, とさ, とさえ云った, とされてる, としてゐる, とすれ, とて防い, とは云え, とは僕, とは思ひませんでした, とばかり考え, とまで余, とまで思つて, と云い, と云った, と仰せなされます, と叫ばれ, と叫ん, と名, と思いました, と思え, と思われた, と思われる, と未だ, と目の敵, と看做した, と知る, と考え, と考え詰めた, と言いふらす, な, なんてひで, なんて思わない, なんと云う, ねそれで, のと, またこれ, ものおまけに, ものね, よそんな, われわれの, ッ敵, ッ敵が, ッ来い, ツ, 吾, 天道流だ, 妹の, 此の

▼ 敵~ (124, 0.8%)

8 の首 2 が君, の呂布, の女たち, の娘, を倒した, を閨中, 黄祖を

1 [102件] から託された, が, が去っ, が来, が背, さだめし威儀, たるあなた, だ, でもほか, とて卑怯者, となり, にあらずん, につかみかかっ, に出遇った, に向っ, に媚び, に敢えて, に渡っ, に示そう, のいった, のす, のひとり金環結, の一人, の一番首, の上, の前, の前立物, の呉蘭, の墓, の声, の夫人, の妻, の姓名, の嫡子, の子, の宋江, の家庭生活, の岑威, の憲政, の戦略, の旗さし物, の曹仁, の最期, の梶原景辰, の楠木正成, の決戦状, の清盛, の義貞, の華雄, の運命, の関勝, の鞍, の頸, の高, は, はこいつ, は原房親, は誰, は起き上がっ, は迅雷一電, をたれなる, をみだりに, を呪い殺す, を捕虜, を探し廻った, を見, を見知っ, を説伏, を追, を追う, クロパトキンは, マカロフ提督之を, 于禁を, 佐治新, 信玄の, 傅, 光秀も, 劉, 呉蘭の, 宿屋七左衛門が, 尊氏の, 張, 張英を, 操の, 斎藤玄基の, 晴賢の, 樋口三郎兵衛以下一名も, 河野対馬の, 浅井吉兵衛と, 清秀っ, 維幾を, 義貞の, 華雄と, 華雄の, 華雄は, 袁紹に, 謙信の, 赤橋守時を, 足利直義を, 長髄彦, 陳応に, 馬漢と

▼ 敵ながら~ (96, 0.6%)

3 天晴な 2 あっぱれな, あわれ, アッパレな, 天晴の, 天晴れ, 天晴れだ, 感心し, 感心した, 見事と

1 [75件] あっぱれです, あっぱれと, あっぱれなやつら等, あっぱれの, あの男, いかに深く, お見事, けなげな, この正月, この父子, この話, さる者, すぐ弓, すさまじき大将, すっかり感心, その人亡, その忠魂, その男, なかなかやりおる, なかなか天晴, ふかく傾倒, もどかしそう, よい武者振り, よくも撒いた, 一か, 今ここで, 何となくお互い, 其情を, 出来した者, 勇ましいかくご, 勇ましかった, 可哀そうな, 大浦博士に, 天晴と, 天晴れと, 天晴れとは, 天晴れな, 天晴れに, 天晴者よ, 太史慈という, 孔明が, 存外見上げた, 実に見事, 尊敬せざる, 小憎い, 強かった, 思いやられます, 悲壮を, 惜しい勇士, 惜しく思われる, 惜しむべき巨人, 感服しない, 推服し, 数右衛門も, 最後まで, 根気が, 正直に, 武田博士の, 武芸に, 気の毒な, 気高かった, 獣ながら, 珍重すべき, 目ざましい者, 立派な, 見とれて, 見よい嗜み, 見事よと, 見知らぬ人, 賞めて, 賢明なる, 近年の, 近藤の, 頼みが, 鮮やかなり

▼ 敵~ (86, 0.5%)

2 に突入, へ駈け入った, を抜け

1 [80件] いろいろ見, から, からこれ, から出馬, から帰っ, から足, でいわば, で君臣対面, という境界, に, にある, にいる, におきすて, にかこまれ, にそれ, につつまれ, にはいっ, にまかり出, に一働き, に使いした, に入ろう, に在っ, に捨て, に捨て去る, に斃, に求め, に没し去, に発射, に置き去られた, に苦戦, に落ちた, に見失い, に長居, に馳せ, のこの, のわ, の一将牛金, の十七, の味方, の士気, の孤児, の孤城, の御, の感, の武者足場, の注意, の緊張, ふかく入っ, ふかく突きこん, へたん, へなだれ入り, へはいっ, へむかっ, へ使いした, へ取って返し, へ捨児, へ放した, へ斬り, へ斬りこませた, へ斬りこん, へ斬り込み, へ突き進ませ, へ突入, へ突撃, へ突進, へ肉薄, へ躍りこんだ, へ飛び込ん, へ飛込ん, へ馳, へ馳せもどっ, へ馳せ入るまえ, へ駈けこみ, へ駈け入っ, へ駈け入り, をけち, を突破, を通る, 深くへ, 深く入る

▼ 敵である~ (82, 0.5%)

6 ことを 3 ということ, と云っ, と同時に 2 かのよう, ことが, ことは, と思う, 傲慢に

1 [57件] あなたを, あのおかみ, あのドーブレク, あんたに, おかみが, お民, かの如く, かは彼自身, かもしれない, かも知れなかった, からその, からだ, から天地, から殺せ, かをよくよく, かを大衆, が汝, が猿同志, が破られ, ことに, ことによ, ことによって, し妻子, せいも, だけです, という恐怖, とかない, とそそのかされ, と云, と云う, と云わぬ, と位, と共に異国, と彼, と考え得るなら, と見なした, にした, にもしろ, のか, のが, のみである, はずだった, はずの, ゆえまた, ように, イスラムの, 仏僧たちが, 以上当然, 前髪の, 境遇の, 彼の, 此の, 異国人の, 細田氏の, 許都の, 資本制度の, 資本家や

▼ 敵~ (70, 0.4%)

45 味方か 4 味方かと 2 何かの, 味方かといふ

1 [17件] おのが, お北, この日, どちらかが, わからない, わかりゃせん, ッ, 何ぞの, 味方かという, 味方かの, 味方かは, 味方かも, 味方かを, 家督爭ひか, 悪魔の, 案山子だけ, 自軍か

▼ 敵には~ (67, 0.4%)

2 何の, 備えが

1 [63件] あざけられ味方, あって, あらで味方, あらで曹将軍, いかなるはかり, いつか逢われる, お止流, かなわぬと, しないが, それが, それだけ彼, それほど響かない, たれが, どこで, どんな計略, なりっこないよ, なるまいけれど, ひとつの, ウの, サッパリ手答えが, 乗ずべきすき, 会いませんでしたが, 備えも, 全軍隊, 勇が, 勝たれぬよな, 勝ちがたく, 勝負いかんとも, 危険だ, 味方の, 喜びの, 固より, 堂々たる後詰, 変りが, 定めし大勢, 容赦を, 尺地も, 廻せないはず, 強い兵, 従いがたし, 思わせて, 惨敗を, 手の, 手出しを, 敗亡を, 施す手, 槍を, 特殊な, 用意が, 用捨しない, 相違ありません, 続々馳せ参ずる, 背後の, 臆病な, 計が, 農学博士どころか, 追いがかり, 追つた, 違いない, 重要な, 金の, 長刀が, 防備も

▼ 敵から~ (62, 0.4%)

2 感状を, 感謝状を, 来た投降状, 眼を

1 [54件] うけた恩, すすめられたの, その頬ぺた, でも, のがれること, ひどい嫌がらせ, よじ登られる防寨, われわれを, 一ト矢の, 仕事の, 侮辱され, 免れようと, 助けられるという, 助け出して, 各個に, 夜討ちを, 奪った上月, 妾達を, 守って, 守る必要, 小勢と, 引き裂かれ同胞, 投げられる科白, 撃って, 教えられるから, 教師を, 斬り取って, 斯様な, 新しい生活資料, 案内を, 槍を, 火ぶたを, 狙撃され, 発見され, 盗まれた書類, 省いても, 眼の, 砲弾を, 突き殺され無残, 紛れ来る, 莫大な, 襲撃される, 見つけられずに, 見られなくな, 身を, 送られて, 逃げそして, 逃れる能力, 遠ざかるよう, 遠ざる, 邪魔を, 金を, 隔てた, 飲み代を

▼ 敵たる~ (58, 0.4%)

2 と味方たる, 大隈板垣の, 支那人だ

1 [52件] ことであった, ことである, ことも, ことを, この小, その社会, だけなら, だけにはとどまらん, に堪へ無く, の時代, の状態, も顧慮, を敵, を望む, アルセーヌ・ルパンかの, パリーにたいして, フリツクを, プロシヤの, ベけれど, ローマ人また, 世襲以外の, 也, 位置に, 佐竹義宣が, 何福は, 共産主義に対しては, 其許では, 加害者の, 可し, 多神教に対し, 大友氏に, 宿怨も, 巨蛇アペプを, 性質を, 慶喜の, 慶喜を, 我執と, 浮浪少年, 淫蕩奢侈の, 異人種, 病人の, 秘密結社に, 穴山入道を, 紙屋を, 花子さんを, 袁紹の, 資本の, 資本家は, 長州薩州の, 門徒の, 陣営に, 魏や

▼ 敵~ (49, 0.3%)

92 の手, を, を待つ

1 [34件] いかに勵むと, いたく惱むべ, にかく, にアキルリュウス, に向き得, のおの, のなき, のムーリオス, の二人, の屍, の左, の左腰, の弓, の猛, の甲, の盾の, の胸, の胸の, の腕, の膝, の膝疵, の臀部, は, は勝利, は斃, めがけ走り來, をわれ黄銅, を射り, を斃, を斯く, を激, を覘, を防ぐべく, 防ぐ然

▼ 敵~ (48, 0.3%)

42 の女

1 [42件] あまた斬りこみし, が鋭利, でもない, とも言うべき, と味方, と称し, ながら深く, ながら理解, ながら関羽, に勝つ, に打勝つ, に掟, に提供, に面縛, のまわり, の侵入, の処, の奸計, の影, の残虐ぶり, の襲撃, の餌食, の首, の體中, は此青年英雄, は畏, は皆, は見逃し, へささげられる, もまた, をほふっ, をめがけ, を予め, を奴隷, を怨む, を憐むや, を我, を打倒せ, を殺し, を血祭り, 必ず敗亡, 追い来るも

▼ 敵~ (44, 0.3%)

2 を乗り, を前

1 [40件] あること, があった, さして逃げしめ, さして驅けい, だ, と直面, なの, に対してかなり長陣, に策応, の一角, の中, の位置, の候, の南, の方, の落ちざる, の間道, はこんど, はすぐ, は余命旦夕, は無い, は落さね, へ乗り込ん, へ乗入れた, へ赴カレシ忠志, をすて, を乗取る, を占領, を取る, を叩きつぶす, を屠らん, を揉みつぶさね, を攻撃, を知らず, を窺った, を見, を見つめた, 有って, 近く乗り込ん, 離れこの

▼ 敵でも~ (43, 0.3%)

3 味方でも 2 ないのに, ない味方, なし味方

1 [34件] あった, あります, ありますれば, あり公儀, ある, あるまい, あれば, いい, いるよう, この中, ないの, ないので, なくしかし, なく自分自身, なければ, なしわれわれ, にいさんは, よい人物, 仇でも, 多くを, 悪人でも, 愛さなきゃならんのか, 本当に力, 無さそう, 睨んで, 見るよう, 覘う, 討たうといふ, 討たれる覺, 討ちさうな, 討とうと, 追撃する, 逃げて, 闇打ちに

▼ 敵~ (42, 0.3%)

3 を受け 2 をうけ

1 [37件] からすくっ, から受けた, がしぶき, がもう, が命中, が頭部, が飛ん, だと, つづけざま, にいたん, にうたれ, にかすられた, にたおれられた, にやられ, に壊された, に当っ, に斃, に殪, のため, のつきる, の下, の斉発ごと, の犠牲, の的, の防禦壁, の雨, の飛ん, の餌食, はひし, はぶん, は二万米, は気味, は矢ッ張り雨, を一つ, を左眼下, を物, を防ぎ

▼ 敵~ (41, 0.3%)

7 あつた 2 あつて, ござります, でも, なくして, 常により, 無い事

1 [22件] あらぬは, あらねば, ござりまする, さへ, せえ, その音, それだけ互に親しく, なお大内青巒氏, はござりませぬ同じ, よしなくとも, ハブ到底, バッツ男爵や, 下手もの, 人は, 何處に, 小西の, 彼の, 心にも, 恐ろしく仲, 秘密外交の, 親の, 遠方の

▼ 敵にも~ (41, 0.3%)

14 味方にも 2 何か

1 [25件] あること, ある常識, あわてたりと, おくれを, さいご, それを, やすやす架け得られる, より以上, 二陣あり, 亦伏, 人が, 仕えたがる, 付けば, 会わず秀吉, 何ぞ目途, 侍は, 備えの, 出会うまい, 刻々援軍, 厭はる, 左右無う, 用意は, 砲が, 見抜かれて, 計の

▼ 敵とは~ (37, 0.2%)

2 いいながら

1 [35件] いえそれ, いえ余り, いえ助けて, いえ可, いえ天下万民, いえ如何, いえ物の数, いえ眼, いかなる人間, いつなん時出逢う, うぬら, しなかった, するが, そこに, そも何者, ちがって, なって, ならなかった, まるでその, わかつて, 何か, 何者だろう, 全然士気, 別人である, 実にかの, 彼の, 憎んで, 果して何者, 申譯ばかりに, 相並ん, 称せず, 縁も, 言ひ, 誰です, 貴様の

▼ 敵に対して~ (37, 0.2%)

5 身を 2 わが団体

1 [30件] こののち, この無数, その身構え, どなりつけました, どの位自信, より強い, 三好の, 仮借なき, 使った武器, 勝利を, 包囲軍も, 十分の, 吾人は, 和を, 固より, 圧倒的な, 弱いしかしながら, 強力な, 惨酷, 懐いた呪詛, 懐いて, 戦端を, 武器以上の, 父が, 策を, 自然の, 親切な, 身構えを, 防禦策を, 驚破

▼ 敵~ (36, 0.2%)

7 んだ 6 のだ 5 のか 4 のです 3 のである 2 の, のよ 1 のじゃ, ので, のでだ, のでわざと, ので皆一様, わん, んだろう

▼ 敵同志~ (34, 0.2%)

4 のよう 32 になっ, の親子

1 [23件] か言葉, がなかよく, じゃありません, だって汝, だと, だの鉄砲, だよ, だ可愛, でありながら, である, であるこの, でおわるでしょう, でございますの, でない以上, ではない, でもどうにかこう, でも妹, で憎い, と云う, の様, の民族, の良平, の間柄

▼ 敵~ (33, 0.2%)

2 はない, を見ない, を認めず

1 [27件] が手具脛, が見え始め, が鹿島灘, だったが, と真っ先, のない, の中, の近々と, はなく, はまだ, は巧み, は見あたらない, は見えず, は見えない, は見ず, まだ見ず, めがけて, もない, もなく, も波打ちぎわ, も見えない, をさぐる投げ, をなだれ, を眼, を見た, を見なかった, ヲ逸スルオソレアリ

▼ 敵なる~ (30, 0.2%)

2 ものを, 乎味方なる

1 [26件] ことをと, この玄妙飛来剣, その友, ぞ是, ものが, ものと, ものとが, ものの, を知っ, カトリックたちは, キリスト人類の, ルチーアいで, 団体に, 団体に対して, 市川三左衛門らの, 悪魔を, 独逸の, 畠山持国を, 睡魔を, 神にたいする, 群雄に, 者と, 蕃社と, 蛇に, 言葉は, 道教に

▼ 敵という~ (28, 0.2%)

7 のは 3 ものが 2 観念を, 言葉は

1 [14件] かたきの, ことが, のが, ものは, ような, わけだ, 一心で, 立場に, 者を, 言葉が, 言葉の, 言葉を, 運命に, 関係に

▼ 敵でない~ (26, 0.2%)

7 ことを 2 と知る, と自覚, もの

1 [13件] ことが, という意味, という議論, とする, とたしかに, とつまり, とみえる, と思い, にきまっ, ものが, ものとの, 敵なら, 物は

▼ 敵~ (26, 0.2%)

2 を, を知りたがる

1 [22件] などをさすが, の仔細あらまし, の検察, の答え, は部分部分, や地勢, をいへ, をつぶさに, を偵察, を告げ, を探った, を探る, を知らせ, を知らね, を知る, を知るべく, を窺わん, を篤, を聞こう, を見くらべ, を視察, を謂え

▼ 敵艦隊~ (26, 0.2%)

1 [26件] がちかづく, が遂に, にちかづいた, にぶつかる, に戦闘, に追いついた, のむらがる, はあ, はいずく, はついに, はどう, は今日, は出動, は南西, は吾が, は姿, は明, は東京湾, は突然, を一周, を圧迫, を引っ張っ, を打ち滅ぼす, を掃尽, を眺める, を追跡

▼ 敵とも~ (25, 0.2%)

7 味方とも 2 気が

1 [16件] いうべき五十川女史, いうべき歌舞伎座, いうべき関東軍, おもわずまた, お味方, なつた, なるの, よく闘った, わかち難く, 云うべきジョン少年, 思えなかった, 感じようの, 戦おうと, 数えて, 見えぬに, 言ふべき

▼ 敵~ (23, 0.1%)

2 の一行, の場所, の旅, をする

1 [15件] がしたい, たりょうと, だ, にいで, の仔細, の初太刀, の前, の大事, の望, の本懐, は大, は徒労, は成否, は近頃, をしてる

▼ 敵なら~ (22, 0.1%)

2 ばここ

1 [20件] きっとそこ, こそ逃げ, ばわが, ば大, ば尋常, ば戦ふ, ば有, ば起り, ば首級, チャーリー・ペンドラゴンは, 中気だろう, 奥様だって, 家来の, 敵では, 敵と, 望むところではあるまいか, 此の, 疝氣の, 礼儀を, 酒じゃ

▼ 敵いません~ (21, 0.1%)

52

1 [14件] から, からねえ, がね, しかしこの, て卒然匿, な, ね, ねどんな, ね女, や瀬多, よ一騎, わどんな, 事で, 何う

▼ 敵に対する~ (21, 0.1%)

2 反抗と, 恐怖である, 憎しみを, 要害で

1 [13件] 人間の, 復讐心を, 怒りは, 怨みも, 憎悪の, 憎悪も, 憎悪を, 武器と, 残忍な, 緩かな, 脅威であり, 警戒を, 防衛の

▼ 敵らしい~ (21, 0.1%)

2 ものの, 者には

1 [17件] が, ぞ, のじゃ, ものが, ものを, 一隊は, 人影が, 人影を, 僧の, 僧を, 少い人の, 影が, 役方を, 徒歩立ちの, 敵では, 敵を, 者は

▼ 敵をも~ (21, 0.1%)

2 正当に

1 [19件] ひかえ何で, 保護した, 同様に, 和睦させる, 多く持った, 威しつけるの, 愛し得るの, 愛すると, 愛す感激, 支え得ると, 救け味方, 殺さず味方, 真に知り得る, 知って, 知る, 知ろうと, 等しく愛した, 討たで死にたるこそは, 防いで

▼ 敵であった~ (20, 0.1%)

1 [20件] からその, がいま, がしかし, が倒れた, ことを, という事実, として自分, にしろ, のか, のだ, のである, 人々の, 提婆達多に, 毛利の, 科学は, 縁によって, 者が, 豪族が, 部落の, 階級の

▼ 敵~ (20, 0.1%)

1 [20件] からも搦手, としては極力, と思っ, にとってこれ, にとっては予想外, にはまだ, に立たし, に走らせた, のデマ放送, の弁論, の弾, の撒いた, の流言離間, の流説, の者, の野次, は全く, へ洩れ, へ漏れ, より発せられる

▼ 敵~ (19, 0.1%)

5 ものは 2 はずは, 筈は 1 どころで, ものか, ものが, ものじゃ, もので, もんじゃ, 筈が, 者は, 訳の, 魚が

▼ 敵なき~ (19, 0.1%)

3 に矢, 国は

1 [13件] がゆえに, ごとく前線, その形容, に非, は男子, もあに, ものとして, ものは, 全盛の, 小文治, 快勝は, 故に, 猛威を

▼ 敵~ (19, 0.1%)

1 [19件] しない, しないわ, しません, そも那処, 俘囚の, 味方崇高な, 子の, 悪魔に, 残軍の, 湧き出る泉, 災いが, 災害に対して, 無情の, 病魔を, 端敵出の, 競争者を, 艱難が, 讐の, 齒向つて來る

▼ 敵~ (19, 0.1%)

2 の女

1 [17件] がいった, でもなく, となるべき, に付添, に出る, に定, の先刻, の浮橋, の理解, の華魁, の言, の長襦袢, の頬, の顔, はあの, はいずれ, は何と

▼ 敵せず~ (18, 0.1%)

1 [18件] かな, ついに傷つい, というわけ, という文句, と思った, と知るべし, なぜなら, の反対, は兵法, 一つ一つその, 且臣病甚し, 内城に, 夜に, 大勢の, 孫策以下の, 忽ち甲板上, 滝小路の, 蛇龍は

▼ 敵であり~ (18, 0.1%)

2 跳躍は

1 [16件] ある時, そのため, その行衛, ながら, ひらたく云え, ハツハツハツハツ, 何かと云, 彼らの, 彼女の, 敵と, 日本人民の, 旧領を, 父の, 生を, 血路を, 迫害者である

▼ 敵です~ (18, 0.1%)

62 から, ね 1 か, からきっと, からね, ぞ, と言おう, な, なあ, 悪魔でございます

▼ 敵~ (18, 0.1%)

1 [18件] には人物, に対する戦法, に根本的打撃, の一人, の乗ずる, の人, の人々, の人物, の人達, の奸策, の巨魁, の手配り, の敬憚, の模様, の秘密, の者, の連中, へ叩きつける

▼ 敵との~ (17, 0.1%)

2 距離は

1 [15件] あいだに, あいだは, あいだ二三町から, その間に, 交戦が, 切レを, 区別が, 區別が, 境を, 妥協, 戦ひを, 距離あと三千メートル, 距離を, 間に, 間も

▼ 敵~ (17, 0.1%)

1 [17件] がもうすぐ, にとりかこまれ, に突撃, のほか何, のスパート, の接近, の最後, の機先, の砲手, はま, ばかりである, へ寄せ, をはやい, を抜く, を突く, を見る, を見守った

▼ 敵なし~ (16, 0.1%)

1 [16件] じゃ, じゃない, だ, だが, であるから, です, では, という有様, となった, とも云, と言う, と誇っ, なんて得意, の勇兵, の感じ, 叱咤たちまち

▼ 敵より~ (15, 0.1%)

2 得たる感謝状, 感謝状を

1 [11件] ハ鎗を, 凡そ不気味, 大事に, 弓鉄砲など, 強いもの, 強ければ, 投げたる一個, 政治屋と, 横を, 襲撃せらるる, 遥かに

▼ 敵わん~ (13, 0.1%)

2 からな, という 1 からええまあ, が邪魔, ぐらいせいらい, と心得, と心得た, ね, よ, よそら, わ

▼ 敵~ (12, 0.1%)

2 の志気, の気 1 した, して, するこの, といらだたし, の人心, の心, の本領, を示し

▼ 敵~ (12, 0.1%)

4 の話 1 だったこと, だつたら今頃, でビクビク, となり, などの住み, なの, に茶番, の虚無僧ぢ

▼ 敵~ (12, 0.1%)

21 がき, に穢された, のコビン, の呼び出し, の庶子, の庶腹, の衣, は屍體, を見, 目がけ矢

▼ 敵~ (11, 0.1%)

2 たりき, にし 1 であつ, に借用, の國民, の地理兵力, の艦隊, を侵略, 破謀臣亡

▼ 敵持ち~ (11, 0.1%)

1 [11件] か, か要心深, そして弱気, だという, でないこと, というわけ, といえ, になった, のお方, のよう, の身

▼ 敵あり~ (10, 0.1%)

3 我れ 2 と知った 1 て来り犯す, といふ格言, と大, と見, 早く此木

▼ 敵~ (10, 0.1%)

4 そうも 2 ッこは 1 ようが, ッこありゃしない, ッこねえ, ッこはねえ

▼ 敵だった~ (10, 0.1%)

1 が直接, のか, のです, のでだれ, のと, のは, オルレアン家の, 国民に, 新しい味方, 筈だ

▼ 敵でなく~ (10, 0.1%)

21 すぐ喉, その驕り, て何, とも妨げ, はや今日, 忠右衛門の, 自分に, 陰の

▼ 敵なれ~ (10, 0.1%)

4 ばこそあの 1 ども剣, ばなお, ば打壊さで, ば深く, ば遁さじ, ば部下

▼ 敵~ (10, 0.1%)

1 されます, して, すべく立, するに, するもの, する偉力, の, の上, の状態, の色

▼ 敵打ち~ (10, 0.1%)

2 の厳禁 1 の名所, の心算, の時期, の物語, やあんた, よ, をし, をした

▼ 敵~ (10, 0.1%)

1 の, の巨体, の捕獲, の横, の横腹, へ松明, へ迫っ, まぢかく寄せつけ, をさぐっ, を撃沈

▼ 敵ども~ (9, 0.1%)

1 のな, の大きな, はもっともっと, はやって来始めた, は二度びっくり, へ人質, また本願寺一類, をおびやかす, を寄せつけ

▼ 敵なく~ (9, 0.1%)

1 うつ, して, ついには, れいの, カルタゴを, ホツグの, 康囘を, 欧州全体を, 神理を

▼ 敵にとっては~ (9, 0.1%)

1 さぞうるさい, すばらしいもの, 中核の, 予期しなかった, 大事な, 恃みの一線である, 物凄き極, 絶好な, 致命的な

▼ 敵に対しては~ (9, 0.1%)

1 どんな残虐, 一同団結し, 仁科少佐を, 今日と, 今日までは, 機謀権略反間苦肉有ゆる, 無駄と, 詐術も, 辟易せざる

▼ 敵ある~ (8, 0.1%)

1 がごとく, が如く, ことを, その日, は当り前, を得ん, を知らん, 以上必ず

▼ 敵いっこ~ (8, 0.1%)

2 ないの 1 ない, ないから, ないさ, ないん, ない位, はない

▼ 敵じゃ~ (8, 0.1%)

2 ないか 1 そうな, ないかね, ないの, なかった, なし女房, ア許せねえ

▼ 敵する~ (8, 0.1%)

2 に足り 1 ことが, ところでは, もの東西に, もまた, を得ず, 飛行船は

▼ 敵であろう~ (8, 0.1%)

1 が味方, ぞ, となかろ, と今日, と私, と討つ, はずは, はずも

▼ 敵どうし~ (8, 0.1%)

1 であった感情, でしょう, になっ, になった, に分れた, のよう, の双生児, の因縁

▼ 敵ながらも~ (8, 0.1%)

1 健気の, 勇ましい出征, 天晴と, 天晴の, 天晴れ腹切って, 天晴書きを, 徳川家康が, 感心感心

▼ 敵ばかり~ (8, 0.1%)

2 では, 発見する 1 だ, です, 六千五百も, 社稷艱難の

▼ 敵よりも~ (8, 0.1%)

1 ひどくに, 低目, 何尺か, 怖かった, 恐ろしからむ, 此の, 自分たちの, 長い槍

▼ 敵からの~ (7, 0.0%)

2 手紙を 1 保護の, 声も, 攻撃を, 牽制が, 諜者で

▼ 敵といふ~ (7, 0.0%)

2 のは 1 ものが, ものを, 程の, 観念なく, 言葉の

▼ 敵としての~ (7, 0.0%)

1 なつかしさ, ソビエット圏諸国の, 影響力が, 最後の, 自分の, 関係は, 領分を

▼ 敵わね~ (7, 0.0%)

2 えな 1 いと, えから, えからのう, えけれど, えとおっしゃる

▼ 敵~ (7, 0.0%)

2 討つといった 1 なんぞおそれ, 打たせるって, 打たねえば, 討たなえ, 討つと

▼ 敵~ (7, 0.0%)

1 取ラレル, 図ラントスレバ先ズ味方ヲ, 打ツト, 殺シタノデスカ, 突キ留メタルナリ, 突キ立テラル, 防グニハ

▼ 敵~ (7, 0.0%)

4 の突破 3 を突破

▼ 敵ぞと~ (6, 0.0%)

2 おつたえある, 思わるる 1 きつく申し切った, 自分へ

▼ 敵たち~ (6, 0.0%)

1 が知ったら, が陰謀, の言葉, はこれ, はまだ, を歌おう

▼ 敵~ (6, 0.0%)

3 やない 1 やありません, やさうな, や可也

▼ 敵にとって~ (6, 0.0%)

1 どれほどの, ふそく, ふそくは, 不足は, 便利この, 利益であれ

▼ 敵に対し~ (6, 0.0%)

1 シュワイドニッツ附近の, ポー川南岸を, 堂々の, 決戦戦争を, 自由に, 集中的効果は

▼ 敵~ (6, 0.0%)

1 わけが, 奴は, 筈は, 者が, 者に, 者も

▼ 敵への~ (6, 0.0%)

1 ふせぎの, デモンストレーションを, 心構えは, 怒りは, 深い敵意, 礼儀と

▼ 敵名乘~ (6, 0.0%)

2 を揚げ 1 が始ま, などを擧げる, をし, を揚げられ

▼ 敵呼ばわり~ (6, 0.0%)

2 をする 1 がおかしい, は致しますまい, をし, 片腹痛し怨み

▼ 敵陣地~ (6, 0.0%)

2 を突破 1 を一望, を攻撃, を隔, 目がけて

▼ 敵がた~ (5, 0.0%)

1 には, に盛, の大, の曲者, の足軽大将

▼ 敵だの~ (5, 0.0%)

2 味方だ, 味方だの 1 燈臺下暗し

▼ 敵だろう~ (5, 0.0%)

21 がそれ, が味方, とも降魔

▼ 敵とか~ (5, 0.0%)

2 何とか云っ 1 味方とか, 申しまして, 運の

▼ 敵としては~ (5, 0.0%)

1 ならないもの, 到底秀子, 憎むが, 所謂手強い, 非常に

▼ 敵とて~ (5, 0.0%)

1 あらゆる妨害, おなじこと, もうめった, よもや女子供, 人間でございます

▼ 敵なり~ (5, 0.0%)

1 差別の, 悪逆の, 早く敵, 此上は, 涅槃も

▼ 敵にでも~ (5, 0.0%)

1 呼びかけるよう, 対う, 巡り逢つた, 攻められるの, 追われて

▼ 敵にとっても~ (5, 0.0%)

3 味方にとっても 1 不利益であります, 危ないところ

▼ 敵によって~ (5, 0.0%)

1 あらゆる所, そんな危険, 保護された, 糧を, 統一され

▼ 敵に対しても~ (5, 0.0%)

1 その場所, 凝視を, 絶対に, 肉体的な, 身構えを

▼ 敵~ (5, 0.0%)

4 がたき弱味 1 やうが

▼ 敵主力~ (5, 0.0%)

2 の背後 1 を捕捉殲滅, を攻撃, を破る

▼ 敵~ (5, 0.0%)

2 軍を 1 地上の, 軍の, 軍は

▼ 敵大勢~ (5, 0.0%)

1 ありとても, こみ入ったるを, なれば, を斬っ, ノ中

▼ 敵~ (5, 0.0%)

1 があり, が計算, として目下処分, も獲, をもっ

▼ 敵討つ~ (5, 0.0%)

2 力も 1 ために, 時期を, 身に

▼ 敵いま~ (4, 0.0%)

1 しねえから, は進退, へん, 打殺すと

▼ 敵~ (4, 0.0%)

1 米と, 見て, 討ちに, 討ち取りくだされ

▼ 敵こそ~ (4, 0.0%)

1 ありがたいもの, あれと, 現われましたぞ, 違え測るに

▼ 敵たり~ (4, 0.0%)

1 とも凹んだ, とも心, 仇たる, 彼等は

▼ 敵であっ~ (4, 0.0%)

1 てここ, ても織田家, て安心, て彼女

▼ 敵でなかった~ (4, 0.0%)

1 ことが, ことを, のです, のは

▼ 敵とが~ (4, 0.0%)

1 こうして一つ, 争って, 相並ん, 計らずも

▼ 敵とでも~ (4, 0.0%)

1 争うよう, 云う様, 思って, 思つたのか

▼ 敵ならぬ~ (4, 0.0%)

1 はない, 味方が, 境は, 敵と

▼ 敵なりや~ (4, 0.0%)

2 彼なりや, 稚き

▼ 敵にたいして~ (4, 0.0%)

1 もっと尊敬, 信長は, 日頃から, 無言の

▼ 敵へも~ (4, 0.0%)

2 味方へも 1 一太刀与えた, 聞えるよう

▼ 敵ほど~ (4, 0.0%)

1 こわいもの, 一転すれ, 信長の, 手強いの

▼ 敵使~ (4, 0.0%)

1 に示し, のど, の首, を見る

▼ 敵~ (4, 0.0%)

1 の方, へわあ, もその, を剿滅

▼ 敵大軍~ (4, 0.0%)

1 と聞け, の中, もない, も数量

▼ 敵對力~ (4, 0.0%)

2 の征服 1 をも認める, を實際

▼ 敵~ (4, 0.0%)

3 参なれ 1 参という

▼ 敵~ (4, 0.0%)

1 の敵, はまだまだ, をつつむ, を挾み

▼ 敵慨心~ (4, 0.0%)

2 を刺戟 1 を煽り立てなけれ, を起す

▼ 敵機襲来~ (4, 0.0%)

1 すべしとだけ, だぞ, なん, を報告

▼ 敵秀吉~ (4, 0.0%)

1 ある上, の軍容, へ向っ, をたたえ

▼ 敵~ (4, 0.0%)

1 に對, の人物, の威壓, の敬憚

▼ 敵うち物~ (3, 0.0%)

1 でげす, の不快, を出し

▼ 敵かと~ (3, 0.0%)

1 思えば, 思ふ隔て, 躍り立った一刹那

▼ 敵この~ (3, 0.0%)

1 信長を, 恨みこの, 時ばかりは

▼ 敵すなわち~ (3, 0.0%)

1 サタンと, 女性の, 飛田と

▼ 敵せざる~ (3, 0.0%)

1 ことも, の知, を知り

▼ 敵せない~ (3, 0.0%)

2 時が 1 から逃げ

▼ 敵たる者~ (3, 0.0%)

1 に扶持, はどう, は当然

▼ 敵だって~ (3, 0.0%)

1 デクな, 親が, 討てない事

▼ 敵などに~ (3, 0.0%)

1 この肌身, 出て, 勝たるるもの

▼ 敵ならざる~ (3, 0.0%)

1 はなし, もの, ものと

▼ 敵なりと~ (3, 0.0%)

1 思ふより, 誓ふと, 軽ん

▼ 敵にたいしては~ (3, 0.0%)

1 あくまでたたかう, 武器が, 計の

▼ 敵はと~ (3, 0.0%)

1 いえば, ほうも, 見れば

▼ 敵はん~ (3, 0.0%)

1 といふ顔, と朝, 急いで

▼ 敵ひつこ~ (3, 0.0%)

2 はない 1 は無い

▼ 敵ひません~ (3, 0.0%)

1 けど役くら, よ, わ

▼ 敵みたい~ (3, 0.0%)

3 なもの

▼ 敵わが~ (3, 0.0%)

1 前に, 武具を, 腹中には

▼ 敵わねえ~ (3, 0.0%)

1 です, 幽霊みた, 道庵の

▼ 敵~ (3, 0.0%)

1 つ, 向ヒ, 計ラレタリ

▼ 敵~ (3, 0.0%)

1 二ニ応ズル所也, 討死ココノミニテモ百五十余名ニ及ブ, 超重爆撃機二機

▼ 敵一人~ (3, 0.0%)

1 は眉間, も近付け申さず, や二人

▼ 敵中突破~ (3, 0.0%)

1 に成功, の決死的, をこころみた

▼ 敵五味左門~ (3, 0.0%)

1 に邂逅, を取り逃がした, を討たなけれ

▼ 敵以上~ (3, 0.0%)

1 であった, に呪いあっ, の敵

▼ 敵兵力~ (3, 0.0%)

1 の十分の一, の薄い, をことごとく

▼ 敵~ (3, 0.0%)

1 の敵, も敵, 敵これ以上に

▼ 敵~ (3, 0.0%)

1 に射込み, に踏みこむ, の後方

▼ 敵御方~ (3, 0.0%)

1 の分ち, の歌風, の目

▼ 敵思い知った~ (3, 0.0%)

3

▼ 敵持つ~ (3, 0.0%)

1 政右衛門の, 武家が, 身と

▼ 敵水品陣十郎~ (3, 0.0%)

1 か否, を目, を追い詰め

▼ 敵潜水艦~ (3, 0.0%)

1 こそオー, の水中聴音器, もまだ

▼ 敵覚悟~ (3, 0.0%)

2 をしろ 1 しあがれッ

▼ 敵~ (3, 0.0%)

3 の敵

▼ 敵討騷ぎ~ (3, 0.0%)

1 の後前, の最中, を起し

▼ 敵近き~ (3, 0.0%)

1 この尼ヶ崎, 四山を, 地に

▼ 敵鐘巻~ (3, 0.0%)

3 自斎

▼ 敵あくまで~ (2, 0.0%)

1 仇, 討ち取らなければ

▼ 敵あら~ (2, 0.0%)

1 ば切り込ん, ば捕虜

▼ 敵うち~ (2, 0.0%)

1 か, は近世

▼ 敵うべ~ (2, 0.0%)

1 くもない, くもなく

▼ 敵さえ~ (2, 0.0%)

1 あるの, 包容する

▼ 敵しか~ (2, 0.0%)

1 彼の, 見られなかった

▼ 敵しかも~ (2, 0.0%)

1 七生までの, 強力な

▼ 敵じゃった~ (2, 0.0%)

2 が今度

▼ 敵すら~ (2, 0.0%)

1 措いて, 見あたらずただ

▼ 敵せぬ~ (2, 0.0%)

1 という定則, と京都

▼ 敵それ~ (2, 0.0%)

1 から種々, で気に入らなきゃ

▼ 敵~ (2, 0.0%)

1 っ, 瞬く間

▼ 敵だったら~ (2, 0.0%)

1 どうだ, 其の時

▼ 敵であれ~ (2, 0.0%)

1 ばありがたい, ば厳重

▼ 敵でございます~ (2, 0.0%)

1 よ, 嘸悪い

▼ 敵でさえ~ (2, 0.0%)

1 あれば, 容易に

▼ 敵としても~ (2, 0.0%)

1 その初一念, 怖るる

▼ 敵とまで~ (2, 0.0%)

1 なるの, 申したか

▼ 敵とを~ (2, 0.0%)

1 共同に, 得た

▼ 敵など~ (2, 0.0%)

1 ある者, たえず曹操

▼ 敵などは~ (2, 0.0%)

1 全然ない, 数知れずあった

▼ 敵などを~ (2, 0.0%)

1 討つの, 警戒し

▼ 敵なんか~ (2, 0.0%)

1 ありません, 討ったって

▼ 敵にあたる~ (2, 0.0%)

1 はかの, 白河戸郷の

▼ 敵について~ (2, 0.0%)

1 何の, 注意する

▼ 敵にな~ (2, 0.0%)

1 つたのは, つてゐ

▼ 敵にのみ~ (2, 0.0%)

1 備えを, 気を

▼ 敵に対しての~ (2, 0.0%)

1 徹底残忍冷厳野性ぶりを, 残忍な

▼ 敵に当たる~ (2, 0.0%)

1 場合には, 用意を

▼ 敵のみを~ (2, 0.0%)

1 知りうる無, 褒める

▼ 敵ひさう~ (2, 0.0%)

2 もない

▼ 敵ひた~ (2, 0.0%)

2 にし

▼ 敵ひとり~ (2, 0.0%)

1 へ集めきる, を囲み込ん

▼ 敵ふまい~ (2, 0.0%)

1 といふやう, と密

▼ 敵へは~ (2, 0.0%)

1 単に備え, 渡せない

▼ 敵~ (2, 0.0%)

2 が現われた

▼ 敵やら~ (2, 0.0%)

2 味方やら

▼ 敵~ (2, 0.0%)

1 私を, 諸君の

▼ 敵中作敵~ (2, 0.0%)

2 の計

▼ 敵二人~ (2, 0.0%)

1 まで主税, を両

▼ 敵~ (2, 0.0%)

2 に天

▼ 敵~ (2, 0.0%)

1 はどん, を追い散らす

▼ 敵名乗~ (2, 0.0%)

1 をあげる, をあげるだろう

▼ 敵味方いずれ~ (2, 0.0%)

1 の兵糧, の国民

▼ 敵味方とも~ (2, 0.0%)

1 にその, に見

▼ 敵味方勝敗~ (2, 0.0%)

2 を忘れ

▼ 敵味方戦死者位牌~ (2, 0.0%)

2 の代り

▼ 敵味方狐疑~ (2, 0.0%)

2 の事

▼ 敵味方相対~ (2, 0.0%)

1 しその, して

▼ 敵呼ば~ (2, 0.0%)

2 はりを

▼ 敵呼わり~ (2, 0.0%)

1 される覚え, をする

▼ 敵団体~ (2, 0.0%)

1 のため, の勢い

▼ 敵多勢~ (2, 0.0%)

1 とは申し, と見

▼ 敵~ (2, 0.0%)

1 の敵, の敵夫

▼ 敵家康~ (2, 0.0%)

1 はどう, へ雪辱

▼ 敵~ (2, 0.0%)

2 すると

▼ 敵~ (2, 0.0%)

1 の近づく, 至るに

▼ 敵山浦丈太郎~ (2, 0.0%)

1 は箱根, を斬っ

▼ 敵愾的精神~ (2, 0.0%)

2 を発揮

▼ 敵抗する~ (2, 0.0%)

1 グエルフィも, 艦隊あり

▼ 敵~ (2, 0.0%)

1 とは, の心臟

▼ 敵方随一~ (2, 0.0%)

2 の智将

▼ 敵最も~ (2, 0.0%)

1 単純に, 恐るべし

▼ 敵本営~ (2, 0.0%)

1 にまぢか, へ向っ

▼ 敵来たら~ (2, 0.0%)

1 ば, ば願う

▼ 敵機撃墜~ (2, 0.0%)

1 だ, の

▼ 敵毘沙門天~ (2, 0.0%)

1 に違い, のお

▼ 敵毛利輝元~ (2, 0.0%)

1 の分, へつつぬけ

▼ 敵王槍~ (2, 0.0%)

1 をうけ, を受け

▼ 敵~ (2, 0.0%)

2 の前

▼ 敵~ (2, 0.0%)

1 の包囲, を迂回包囲

▼ 敵~ (2, 0.0%)

1 がい, ぞかし

▼ 敵蛇皆力~ (2, 0.0%)

1 なしこの, を失う

▼ 敵~ (2, 0.0%)

1 はキット妾, もみな

▼ 敵身方~ (2, 0.0%)

1 つらき逃走心, は何れ

▼ 敵~ (2, 0.0%)

1 が, を焼き

▼ 敵軍われ~ (2, 0.0%)

1 に報, を制する

▼ 敵軍中~ (2, 0.0%)

1 にもし, に穴

▼ 敵軍前~ (2, 0.0%)

1 に相向, も敵軍

▼ 敵軍隊~ (2, 0.0%)

1 の後方破壊, の所在地

▼ 敵近く~ (2, 0.0%)

1 寄らん, 進み予

▼ 敵階級~ (2, 0.0%)

1 のかよう, の野蛮

▼ 敵飛行機~ (2, 0.0%)

1 であれ一隻, を撃墜

▼ 敵~ (2, 0.0%)

1 をあげた, をつかみ

▼1* [678件]

あって自分, 敵あつて動, 敵あつかいに対立, 敵あらゆる存在が, 敵あり迫らば翡翠, 敵いかに多勢なりとも, 敵いでたるぞ, 敵いませぬゆえ酒に, 敵いませんでしてね, 敵い打つてえ, 敵い討たねえでは置かねえ, 敵い討って目出度く, 敵うべき道理が, 敵うまいな, 敵うめえから早く, 敵そうも, 敵おのずから走るであろうが, 敵かかれば引き, 敵かたきでないかと, 敵かに殺されて, 敵かのように, 敵かも知らないけど, 敵がいさえすれ, 敵役と, 敵くたばれ悪漢, 敵けなげなれども, 敵こいつは無言, 敵こそはしなかったが, 敵これを見, 敵これ以上に敵, 敵へこれ, 敵さうかと思ふと, 敵さえも彼女の, 敵さんの物力, 敵一戦もっ, 敵しうるはずも, 敵しないと見て取っ, 敵し得ざること明白に, 敵じゃあないわい, 敵じゃから説諭も, 敵すでに城下に, 敵すべき一個の, 敵すらも感じて, 敵せしめんと欲する, 敵せずして政次, 敵せずやむをえずせっかくの, 敵そうかと思う, 敵そのような, 敵ぞや瞬く間, 敵ただ者に非, 敵たとえ十面埋伏の, 敵たらしめ其の人, 敵たらんものの侍ら, 敵たるあり得べからざる虚偽の, 敵た斬りこまれるから兵器, 敵だけがいるこの, 敵だけに止まらずかよわい, 敵だけにはいつもじっと怺, 敵だけは持ちたくない, 敵だつたんです, 敵佐太郎待てっ, 敵った投げ方じゃ, 敵ってなぜです, 敵っていうような, 敵たりした, 敵つまづく, 敵でありしか共昔よりの, 敵でありつるわよ, 敵でありますぞ, 敵でありませうか, 敵であるなら掴んで父, 敵であるべき筈で, 敵でござるわ, 敵でござろうが拙者, 敵でござんす, 敵でさえもついには, 敵でしかないの, 敵でしょうか味方, 敵でなければ味方, 敵で無いにし, 敵といったようだ, 敵といふもの今は, 敵とさえ見られる異教徒, 敵とに戰を, 敵とばかり懐剣を, 敵とやらがこんな事, 敵どうかして, 敵どしなれば誓約, 敵どれが味方, 敵ないお前だ, 敵なかりしは何ぞ, 敵なければわ, 敵などがあるよう, 敵などとは夢にも, 敵なぶり殺しにする, 敵なら捻り殺すだが仕方話, 敵なりきさればわれ兩度, 敵なりとして続けられ何月何日, 敵なりとてあたかも天下, 敵なんぞいなかった, 敵にあたっても戦の, 敵にがすなとばかりどっと, 敵にこそすれ敵, 敵にさえも好意を, 敵にしか見えなかった, 敵にすら克てないで, 敵にたいしてまでもとくに寛大, 敵にたいする先帝奪回の, 敵についても味方についても, 敵にて侍るもの, 敵にては無之, 敵にとつては, 敵にとり恐怖の, 敵にばかり気を, 敵にまでも打ち明けるの, 敵にものみせて, 敵によつて破壊された, 敵に対してよりも激しい, 敵に対すると同じ悪罵, 敵に対するに多くは, 敵に対するほど人間の, 敵に対するや逼らず, 敵に当たるの覚悟が, 敵のけはいは, 敵のしゃッ面へ, 敵のみ討って, 敵のみか後ろの, 敵のやぐら下へ, 敵はかずを増す, 敵はずと思ひ, 敵はなんぞ知らん案外, 敵取って, 敵ひつこないの, 敵ひましねえから, 敵ふもんぢや, 敵ふもんですか, 敵ほどに癪に, 敵まかせであるからにはどう, 敵また敵の, 敵まったく民部の, 敵まで自ずと同じくし, 敵みずからの恐怖, 敵めらいで信長, 敵もがなと眼を, 敵もさのみは激しく, 敵もし撃ちかかったら少なくも, 敵もとはと言え, 敵やと遣手婆に, 敵よい敵けなげなれ, 敵よりは内輪の, 敵頃疫病を, 敵わずして変, 敵わせられることで, 敵われわれももう一応, 敵わんような勢力, 敵わん飛道具には敵わん, 敵をこそ怖れ, 敵をでも取り拉ごうと, 敵をと狙う身, 敵をはづれたり, 敵を以て充たされて, 敵アドロ彗星はただ, 敵アブベックルとオスマン, 敵アポピは時に, 敵アメリカを屈服, 敵アラビア人が出没, 敵アルゲマイネ・エレクトリチテート・ゲゼルシャフトの隆盛, 敵アルセーヌ・ルパンのため, 敵アーシオス待ち受けて, 敵ウルスター・ゴンクールを是非, 敵キンギン国の参謀首脳部, 敵ゲレーニャのネストール, 敵コンドル事ウルスター・ゴンクールは前, 敵シャフェイをし, 敵タルモノハ悉ク御存分ニ属シ, 敵てもの, 敵ツァーの艦隊, 敵ディドロが評した, 敵デワ無イヨ, 敵トシ太平ニハ之ヲ友トスベシト決意シタリ, 敵ト目ザス者ニ逢フ時ハ何気ナクコレニ近寄リ, 敵ドクドクドクドクと流れる, 敵ニ臨ミテハ急ニ暴ナルナカレ, 敵新ニ残虐ナル爆弾, 敵ハ唯家の店, 敵ハ肥後の兵, 敵ヘクトール叫ぶ聲, 敵ヘクトール攻め來るを, 敵ヘロデめが絲, 敵ペリイパス斃れし場, 敵メネラオスもてる, 敵メネラオス光榮の, 敵モール人の背後, 敵レヴィー・クールと和解, 敵ロケットがしきりに, 敵と太刀, 敵一人拵へて置く, 敵一匹ものがす, 敵一千名だけさば, 敵一方は姉, 敵一歩も味方, 敵七人という, 敵七八人斬って, 敵七騎の中, 敵万人かかり来るとも, 敵三代将軍家光をどうして, 敵三枚目どころである, 敵三郎兵衞を狙つて五年, 敵上杉の軍勢, 敵上杉謙信がこれ, 敵下士官のため, 敵中とりことして扱われ, 敵中上陸から北支派遣, 敵中村が羽織, 敵中核ニ深ク, 敵中横断の挙, 敵中無碍に走り, 敵中突入への, 敵中途にて背後, 敵に中りし, 敵主義を鼓吹, 敵久留馬登之助の所在, 敵乍らに苦しき, 敵了海に相違, 敵予備隊の消耗, 敵無くして, 敵二つにはコルシカ, 敵二万余騎の不可解, 敵二三千も打ちころし, 敵二十万の大軍, 敵于父祖不如入, 敵人之に應, 敵人死候はば慥, 敵人王の馬, 敵人種の上, 敵人道の敵, 敵人遠くへ奔, 敵あとも, 敵今川の四万, 敵今度こそは遁, 敵今日はのがさぬ, 敵仏敵である, 敵佐太郎めを以来, 敵何百騎来るとも, 敵ぬ中, 敵信玄の陣域, 敵候補方のポスター, 敵偵察艦隊も全滅, 敵と谷口喜作, 敵光秀を討たん, 敵克靖方難無替, 敵党政友会の地盤, 敵八塞の象, 敵八騎を射, 敵六角勢があなどり, 敵兵万斛の血, 敵兵之を遮ら, 敵兵二三名を引っかけた, 敵兵二人をひ, 敵兵五百余人の姿, 敵兵全部の血, 敵兵六人を倒せり, 敵兵十人余りを一気に, 敵兵増加の徴, 敵兵早急に攻むると, 敵兵衛の行く, 敵再び前進し, 敵の糸, 敵の大役, 敵と渡り合っ, 敵を受けた, 敵分兵攻江差取之, 敵別動隊に当っ, 敵勇士の最期, 敵動かば, 敵勝家の本陣, 敵勝負だっ, 敵勢力の山陰展開, 敵匈奴の勢力圏, 敵北畠家があり, 敵十万の怒, 敵十五万の大軍, 敵バヲ渡ルトキハ即, 敵に逃げれ, 敵分兵二股木古内, 敵又市覚悟をしろ, 敵口々に上意, 敵合三五十間に成, 敵合三四十間ニなり両方, 敵同前の説, 敵同志ぢやええ, 敵乘つて尋常に, 敵味方おれにかまわず, 敵味方これを見, 敵味方一座したもの, 敵味方三千七百の人数, 敵味方三方わかれの, 敵味方不思議の力, 敵味方中へ聞え渡る, 敵味方乱軍の最中, 敵味方二人の騎馬武者, 敵味方入り乱れの戦場, 敵味方入れ混っての合戦, 敵味方全部集まる, 敵味方共に実際, 敵味方共通のある, 敵味方右で握手, 敵味方各国の人民, 敵味方同然になっ, 敵味方四人のうち, 敵味方大声が谺, 敵味方弥次馬もろとも, 敵味方必死と揉み合いました, 敵味方打交り隨所, 敵味方枕をならべ, 敵味方環視の原頭, 敵味方百歩の間, 敵味方諸共海底の藻屑, 敵味方鍔を割り, 敵味方長短がある, 敵味方閧死軍兵皆令入仏道也, 敵味方顔を見合っ, 敵味方鬨死軍兵皆令入仏道也, 敵和田直之進が京師室町四条, 敵四万の怒, 敵国民である, 敵國人だからと, 敵國來襲を報ずる, 敵國狗奴國と戰つて敗北, 敵をチュウデーデース襲, 敵埋兵, 敵地どこをどう, 敵地上陸にことならなかった, 敵地其処の川, 敵地大崎領とは目睫, 敵地寺部の城, 敵地潜行軍の池田隊, 敵地行を決して, 敵深く入っ, 敵壱人障子の蔭, 敵夏侯淵のため, 敵夏侯淵曹洪など面, 敵の気, 敵多く殺したが, 敵多数とは申し, 敵なる竜, 敵大久保隊が横ざま, 敵大勢四方よりかかる, 敵大友瀬左衛門と逢った, 敵大友瀬左衞門と逢つたの, 敵大王の弓勢, 敵天下の豪族北条家, 敵の敵, 敵如斯なこと, 敵の仇, 敵姉さんの敵, 敵娼はんがどう, 敵娼中将の白絹, 敵を思わす, 敵孫堅の国土, 敵害心に燃え立っ, 敵寄スルト聞カバ坐ナガラ待ツ可ラズ, 敵密集部隊を発見, 敵かしみ, 敵たる葛, 敵将らの素志, 敵将ダウンの消耗戦略巧妙, 敵将一名を部下六人, 敵将五人を捕虜, 敵将勝家の首, 敵将文醜の, 敵将校の名, 敵将没羽箭の張清, 敵将源心を討ち取った, 敵将等と戦っ, 敵将逆上の天才, 敵将長政へ訴える, 敵将関羽は智勇兼備, 敵将魏延はまだ, 敵將はさまでの勇士, 敵將グローコスとヂオメーデース, 敵將パンダロスを殺し, 敵將プリアモスの女, 敵將プルート及びカッシオこれ, 敵將ヘクトール迎へて雌雄, 敵將リュコーン槍をもて, 敵將駿馬を驅, 敵對出來るやう, 敵對混戰のもなか, 敵對的の意味, 敵對行動をとる, 敵少き有樣, 敵少ししらみたり, 敵あるのみ, 敵屍体の数, 敵山東平七郎をめざし, 敵の子分, 敵の敵, 敵左敵前敵, 敵市九郎の所在, 敵布陣の図, 敵常に負け却く, 敵幕中へ突入, 敵庭へ, 敵へ迫り, 敵府建業の中核, 敵府金沢を踏みつぶし, 敵に跨り, 敵引けばかかり, 敵の敵, 敵弾雨よりも繁し, 敵に撃ち碎かれ, 敵影八面に満ち, 敵もし, 敵待ち給え, 敵待つ身油断が, 敵御嶽悪五郎, 敵必ず兵を, 敵必殺の意気, 敵怯むとみれ, 敵恐れず中村ついに, 敵悉くひきと, 敵悲風惨憺たる戦国時代, 敵情慾の仇, 敵惜しい人物とは, 敵愈々逼りたれ, 敵意識があった, 敵愾尊王の気象, 敵愾感情を少し, 敵愾攘夷の念, 敵愾有為活溌の徒, 敵愾的気象は沸, 敵愾的観念外国の侮辱, 敵の, 敵或はその類型, 敵戦いて疲れ, 敵戦艦七隻を撃沈, 敵戦車にぶつかる, 敵が出せぬ, 敵打ちしてあげます, 敵しても, 敵拾人斗りも, 敵拾収はつきませぬ, 敵振りの武者, 敵搦め手から, 敵政党だと, 敵政治の中心, 敵るヂュウス, 敵敗走の際, 敵教法を妨げる, 敵兵線の, 敵数万の包囲, 敵数十人をひきうけ, 敵数千ぞうは室, 敵文化の破壊者, 敵文教の仇, 敵斉彬は滅ん, 敵斬りか, 敵新田方の先駆, 敵方ひとりは味方, 敵方ハ破れぎハなりつ, 敵方プロシヤにはどんな, 敵方三木の城内, 敵方三百余人に対して味方, 敵方合セてお, 敵方神保帯刀のその, 敵方荷担人の維幾, 敵方蒲生泰軒との親交, 敵方重要の人物, 敵日和見主義といよいよ, 敵日本一の大, 敵明智光秀へ向き直っ, 敵曹叡の本軍, 敵有力部隊のロスネグロス島上陸, 敵有頂天の小姑, 敵を圧迫, 敵来らば防ぎ, 敵来るべしといった方, 敵来襲と, 敵極めて怖れ, 敵機三台に対しこっち, 敵機二千機そりゃいい, 敵機五十八機を撃墜せり, 敵機動部隊のま, 敵機十数機を射, 敵機市の空, 敵機投弾火事だ火事, 敵機数十台を落し, 敵機来襲の時, 敵機現るといふ, 敵機空襲も片づきましたる, 敵機群がどこ, 敵機追撃だと, 敵機隊との最初, 敵機頭上通過大丈夫出て, 敵權太左衞門此處で逢つた, 敵正面の迂回, 敵正面突破のため相当, 敵に拠る, 敵武田勝頼の勢, 敵を突い, 敵歩兵の集団, 敵の暗黒, 敵残兵の殲滅, 敵殺しは變つて, 敵毛利家を衝撃, 敵水軍の来襲, 敵河合股五郎の許嫁, 敵沿海を脅かせ, 敵と見, 敵浅井隊を追いかけ, 敵浮足立ったりと見る, 敵減ずれば一敵, 敵潛めるを, 敵が突ッ, 敵潜めるを示すなり, 敵瀬沼兵衛の快癒, 敵の下, 敵火爆火手一つでも消しますでし, 敵を急設, 敵無き自信を, 敵無くんば, 敵無しであるから, 敵を襲, 敵状偵察に余念, 敵状況を聞き取っ, 敵状視察と行っ, 敵状資料をつぶさに, 敵狩猟するよう, 敵迫り来るが, 敵王プリアモスは神命, 敵王メネラオスを射, 敵王レーソスをチュウデーデース襲, 敵王頭にピシリ, 敵現われ候間御, 敵現出して, 敵甚だしい苦戦に, 敵産まれたといっ, 敵甲府は盆地, 敵甲軍の盛返す, 敵発見の知らせ, 敵白人帝国の空中兵団, 敵百人の中, 敵盛り返して来た, 敵目標に潰滅的打撃, 敵直之進が横死, 敵当る, 敵真人の蛇蝎視, 敵眼前にある, 敵のため, 敵砲兵が集中, 敵砲兵陣地の位置, 敵砲弾の為め, 敵砲手の独り, 敵砲臺を陷落, 敵社会から自己, 敵神討伐の弓矢, 敵空襲部隊は本土, 敵空軍の目, 敵一軍の, 敵精神に燃え, 敵紅毛人の前, 敵細川顕氏を破っ, 敵線突破の可能性, 敵罰当りの富五郎覚悟, 敵としてわが, 敵義朝の子, 敵義龍の稲葉山, 敵羽柴勢が一斉, 敵を突き殺し, 敵肉体の敵, 敵背水の陣, 敵と立役腹, 敵腹背の難, 敵の久八, 敵方互に, 敵自分の怨み, 敵臭いものが, 敵至極妙かと, 敵舟隊に突進, 敵船あとに歸ら, 敵船三十余艘を捕獲, 敵船体を焼きつける, 敵船右より襲, 敵船団の電報, 敵船団ハ夜光虫ノ誤, 敵船団三千隻見ユ, 敵船微塵に碎け, 敵艦隊ノユダンニツケイリナルベク早ク所期, 敵艦隊全滅に近し, 敵をひるがえし, 敵菰田家の横領者, 敵の死傷, 敵藤枝蔵人はその, 敵ぞかし, 敵く味方, 敵行軍を両断, 敵見えずせめてもの, 敵見えない敵あらゆる, 敵見えますれば, 敵見たいなもので, 敵見るべきの敵, 敵見山にのぼっ, 敵覚えたか, 敵討って取らね, 敵討騷ぎがあつてから一人も山, 敵討騷ぎのあつた時刻まで蔀半四郎, 敵討騷ぎのある前か後, 敵諏訪栄三郎に傾きつくし, 敵讐ヨリ出ヅルニ如カズと, 敵超重爆撃機四機ヲ, 敵越後の上杉家, 敵足利の騎馬武者, 敵を先, 敵蹴ちらして通れ, 敵身方二將互にわたりあふ, 敵軍すべて取り囲む琵琶, 敵軍トロイア軍勢と戰, 敵軍一切を城中, 敵軍主力の殲滅, 敵軍之を攻め, 敵軍乱入に, 敵軍京師に殺倒し, 敵軍何ものぞ一猿面公, 敵軍勝に乘, 敵軍十町ばかりになる, 敵軍四方を取り, 敵軍惱せる, 敵軍戦線へ向け, 敵軍掃蕩の大, 敵軍来の声, 敵軍槍をもて迫り, 敵軍水を汲む, 敵軍潰乱全線に総, 敵軍盛に奮, 敵軍自然の害力, 敵軍跡を追わ, 敵軍逐ひ來, 敵軍重囲の内, 敵ヅカバソノ序戦ニ於テ彼等ノ, 敵近しとも聞えた, 敵近づくも居眠る, 敵迫ると聞えた, 敵迫れりと報告, 敵着の, 敵退いても敵, 敵逃げて濠, 敵はむわが, 敵進退両難, 敵遠くより寄, 敵選手の練習, 敵部隊の末端, 敵における絶対, 敵都南京が陥落, 敵爆一機只今九十九里海岸片貝町の, 敵金沢有時の知る, 敵金沢表の敵, 敵を進ませ, 敵の虎, 敵関羽を完, 敵防げ怯れ, 敵陣十郎めを討とう討とう, 敵陣営の防柵, 敵陣地突破に成功, 敵の撃滅, 敵ぞ死にたる, 敵を打ち消そう, 敵に近い, 敵飛行根拠地を攻め, 敵馬の足筋を截, 敵を三つ, 敵を目, 敵騎兵国境に進入, 敵高大之進はそのまま, 敵高松城をいかに, 敵魔懾伏の魔法, 敵黒き頭巾を, 敵鼻先きへ