青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「暫く~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~暗く 暗く~ 暗に~ ~暗示 暗示~ 暗闇~ 暗黒~ 暦~ 暫~ ~暫く
暫く~
~暮 暮~ ~暮し 暮し~ ~暮らし 暮らし~ ~暮れ 暮れ~ 曰く~ ~曲

「暫く~」 7636, 82ppm, 1352位

▼ 暫く~ (887, 11.6%)

3822 てまた 20 て私 19 て彼 14 てから 13 て又 12 てお 9 て女 6 てこの, てその, て云った, て出, て彼女, て自分 5 てからまた, て眼 4 てふと, てもう, て僕, て帰っ, て後, て思い出した, て気, て漸く, て矢代, て顔

3 [17件] ていった, てから彼女, てやっ, てようやく, て人, て今度, て伸子, て何, て千鶴子, て右手, て家, て急, て戻っ, て母, て水, て王, て静か

2 [54件] てかう, てからああ, てからお, てからやつ, てから口, てから気, てから私, てから私達, てから窕子, てから紺, てから蝙蝠傘, てから青年, てそこ, てそのまま, てつけ加えた, てひょいと, てふい, てまたも, て一つ, て一人, て上, て低い, て何気ない, て便所, て保子, て先, て其の, て再び, て右側, て呟く, て妹, て小, て少し, て庄兵衞, て我, て或, て木下, て松井, て深い, て犬, て畑, て秀子, て空, て突然, て茶碗, て行手, て表, て言った, て訊いた, て路, て車夫, て道, て醒めし, て黙っ

1 [495件] てあがった, てあたし, てあたり, てあと, てあなた, てあの, てあれ, ていた, ている, ておと, てお前, てお嬢さん, てかすか, てかの女, てからあと, てからかう, てからその, てからそんな, てからど, てからのこと, てからのそのそ, てからの事, てからひょっとしたら, てからふい, てからふと, てからほんとに, てからぽつり, てからまた突然, てからもう一度, てからも部屋, てからゆっくり, てからん, てからヤット正気, てから云った, てから人, てから今, てから仏頂寺弥助, てから何, てから先日矢代, てから全速力, てから其の, てから其男, てから勃凸, てから卯平, てから又, てから又突然, てから台所, てから吉村氏, てから同, てから君江, てから呑気そう, てから周, てから嗤, てから困つた, てから塩野, てから夫人, てから奥村さん, てから妾, てから少年, てから山田, てから布, てから帯, てから座, てから庭, てから彼, てから懺悔, てから房子, てから扉, てから春三郎, てから時雄, てから朝井刑事, てから松代, てから格子, てから格子戸, てから欣び, てから欲しい, てから正気, てから母, てから気がつい, てから氷, てから波江, てから洋画家, てから海面, てから清岡, てから漸く, てから独り東, てから男, てから真弓, てから立ち上, てから竹丸, てから脚長, てから腹部, てから蘭軒, てから行っ, てから行つて, てから見送る, てから言外, てから訳, てから読みつづけ, てから警察署長, てから貞昌, てから足下, てから階下, てから隣り, てから雷, てから黒い, てかれ, てがっかり, てきびしい暗い, てぎしぎし, てこう, てこんな, てさらに, てしおしお, てすべて, てすゞ, てそつ, てそれ, てそろそろ, てたずねた, てだったでしょう, てちら, てのこと, てのっそり, ては又, てぱくり, てぱっと, てひ, てひっそり, てひどい, てひろ子, てふり向く, てぶらぶら, てほ, てほっと, てぼく, てました, てまだ, てみんな一時, てむなしく, てもうわき, てもう一段, ても私, ても阿, ても降り, てやがて, てやっと, てやつ, てゆき子, てよう, てようよう, てよみ終った, てわし, てわたし, てゐた, てゐる, てアンダーソン教授, てサイ, てシン, てズズズズ, てソッ, てチビ, てツルゲーネフ, てドシン, てナースチャ, てノック, てハッ, てパチパチ, てフランケ, てフランツ, てプログラム, てペルシア文学史, てララン, てリンネ, てワシリ, てヴォイニーツカヤ夫人, て一個, て一天俄, て一太, て一行, て一言, て七瀬, て丈助, て三人, て三英, て上げた, て下女, て下男, て与八, て丸田, て久慈, て乙女, て亀, て予, て二丈, て二人, て二英, て二階, て云, て云い, て五百, て亦, て今更, て仏蘭西, て仕事, て他, て代議士, て仲よく, て件, て会場, て佃, て何時の間にか, て余, て作平, て例, て便箋, て保, て信吉, て俥, て俺, て倉, て側, て元, て先刻, て光子, て光枝, て入っ, て兵野, て其場, て其男, て内, て初め, て判, て判事, て別れ, て前髪, て力, て動く, て勘定書, て北原, て十数頭, て卓, て南表, て口, て吉, て同心三十人, て同志, て向う, て周囲, て呼びかけた, て呼んだ, て咳払い, て啓介, て嚢中, て四, て四辺, て坂本, て壁, て外出, て大井, て大戸, て大路, て太宰, て太田, て夫人, て奥さん, て女中, て女郎, て妓, て妙, て妻, て姉, て始め, て娘, て嫩江, て子供たち, て学校気付, て安らか, て安心, て客, て宿, て富子, て尋ね, て尋ねだした, て小さな, て少年, て尼僧, て居士, て屋根裏, て山, て岡本, て岩, て峙つ, て左, て己, て帰る, て年上, て庄司署長, て座敷, て張, て彫刻科, て彼奴等, て彼方, て往き, て待避もと, て後ろ, て後木村, て後銀座, て御, て御霊会, て心, て志村, て忘れた, て忘年会, て忠之, て怒りだした, て思いがけない, て思ひ出した, て恒雄, て意外, て感じ, て感動, て慶四郎, て成, て戸外, て戻, て戻った, て房, て手紙, て手製, て指, て振り向い, て振り返っ, て振り返る, て振返る, て捜査課, て提灯, て教官室, て文彦, て文豪, て斯, て新聞社, て日本選手一同, て昂奮, て明るい, て星灯ろう, て曳舟通, て書像, て曾, て木魚, て本堂, て机上, て東野, て松年先生, て松村, て松林, て柳秋雲, て栖方, て桶, て梵施王, て極, て極めて, て横田, て次, て次ぎ, て止みけれ, て武骨, て歸つて來, て死んだ, て氏, て水島君, て水月, て水野さん, て汽車, て沢子, て河, て注射, て注文, て浮, て浮き, て涙, て清冷, て渓, て湯壺, て澄子, て瀬田, て烈しい, て無い, て熱, て熱い熱い, て父, て爺, て独言, て玄也, て玩具, て理髮, て生きかえっ, て用, て田名網警部, て田舎出, て男, て町角, て白い, て皆, て皆席, て益満, て真顔, て着きました, て短, て短い, て砲声頻々, て破り, て破れた, て祖母, て福来博士, て私たち, て秋, て秋子, て窓, て立, て立ち去った, て立上, て笑い, て筒, て簾, て米友, て紛, て素子, て細君, て結論, て絞めつけられた, て続けた, て罷め, て老, て耳, て聴取書, て胃, て自ら, て與吉, て船頭, て若党仲間, て英子, て茶菓, て落ち, て裏, て西郷, て覗く, て言い出された, て言い足した, て話, て警部, て貞雄, て買物籠, て赤い, て起き出した, て足音, て車, て車房, て軌道車, て軒先, て返事, て通り, て通行人, て遠く, て遠野, て醫師, て金掘り, て針, て銀座, て鋏, て鏡子, て門, て降り, て隊長, て階段口, て障子, て雨戸, て電話, て靈魂, て青い, て靴跡, て順一, て頭, て頻りに, て食事, て餘, て首, て馬共, て駄夫, て骨, て鮎子, て鳳仙花, て鸚鵡, て黒衣, ゃりしゃり揉ん

▼ 暫くする~ (580, 7.6%)

34 とまた 3314 と彼 13 とその 8 と急 7 と今度, と彼女 6 と私 5 うちに, とこの, と自分 4 とそれ, と二人, と又, と女, と突然 3 と一人, と二階, と仲間, と何, と忘れ, と男

2 [42件] とお玉, とこんど, とそこ, とふい, ともう, とやっと, とやはり, と下, と中, と亭主, と何やら少し, と僕, と再び, と出, と別, と前, と口, と右手, と土蔵脇, と変, と女中, と山田美妙君, と忠成, と掌面, と支配人, と果して, と此度, と清二, と然し, と白い, と皆, と空襲警報, と老, と若い, と表, と誰, と足音, と階段, と電話口, と露, と高子, 中に

1 [321件] うち倉子は, うち雨は, とあの, といつのまに, といつの間にか, とお, とおい, とおかしく, とお前, とお姫様, とお金, とからすみ, ときつと, とぐつと唾, とこう, とこういう, とこと, とことこと, とさき, とさしも, とさつき手, としかし, とすやすや, とそこで, とそのまま, とぞろぞろ, とつま, とつままれた, とどこ, とにたにた, とのぼる, とはじめ, とはっきり, とぱっちり, とひとり, とひどく, とひろ子, とほ, とほとんど, とほんとに, とぽ, とまんまと, とみんな, ともがく, とキャラメル, とコツン, とコトリ, とゴトッ, とスマイリイ, とソネートカ, とダコタ生れ, とドア, とドカドカ, とドヤ, とナターリヤ・ガヴリーロヴナ, とバヴアリア兵, とビール, とフーッ, とベロンベロン, とモボ, とヤク, とワグナー, とワハ, と一つ, と一向に, と一層, と一方, と一本, と一部屋住居, と三, と三人, と三味線, と三土氏, と不意, と両人, と中根, と丸太, と乗合自動車, と乞食, と乳母, と乾, と予め, と二匹, と二度目, と井戸端, と人, と人々, と今一人, と今井, と以前, と伸子たち, と低い, と住持さん, と住職, と何処, と例, と元, と元気, と先生, と兩側, と八五郎, と其の, と其辺一杯, と切り燈台, と刑事, と前方, と勇気, と勉強, と動物, と勢, と北, と又もや, と叔母, と叫ぶ, と可愛い, と可笑し, と台所, と合議, と向う, と君, と吹き出す烟り, と喘ぐ, と四畳半, と四辺, と地図, と執事, と堂, と堯, と士官, と大, と大きい鈍い, と大きな, と大平寺平, と大杉, と大杉氏, と天候, と太政官, と夫人, と奥さん, と女史, と女房, と妙, と姉, と娘, と孔生, と宇津, と定子, と導かれ, と小さい, と少, と尻, と山内, と岡田, と峡間, と川向, と巡査数人, と左, と巫女, と広, と庄平, と庭, と彼女等, と彼等, と徐々荷物, と復, と心もち片脚, と忙, と思いがけなく, と思ひ, と急い, と恥し, と戸口, と手, と手水盥, と折り畳んだ, と抱い, と按摩, と政宗, と敦盛, と早大, と明神下, と暗く, と書生, と最初, と最早, と望遠鏡, と木下, と木村重吉, と木沢氏, と木精, と本当に, と枕頭, と桑, と棕隠, と森, と椅子, と検事, と橋, と欧陽詢, と正気, と正面, と歯ぎしり, と歸つて來, と殆ど, と母, と母屋, と母親, と毯, と氏, と気, と水, と河野, と洋装, と洋車, と浅田, と浜口君, と涙声, と湯, と満, と漸, と漸く, と激しい, と灯, と灸, と無気味さうにそつ, と父親, と犬, と狐, と独軍, と猿, と甚, と甚斎, と甲谷, と畳, と病人, と発明家, と白粉, と看護婦, と看護服, と眠気, と石子, と磯村, と秀一, と秋子, と空しく, と窓, と立, と立ち上つて後, と立派, と竜子, と童はつ, と童話劇, と竹, と管理局, と籠, と素晴, と細君, と絃, と維也納, と綱, と緑さん, と縁側, と群集, と義太夫, と老婆, と肝腎, と背後, と腹, と腹痛, と自然, と自転車, と船橋氏, と花, と茶碗, と草鞋, と蓑吉, と蔀君, と虚子氏, と裏木戸, と見, と見上げる, と観念, と話, と読みさし, と課長, と謙道師, と警官たち, と貨車, と足早, と路地一パイ, と轟然, と辛い, と近所, と遙, と邸, と重, と金, と門, と門先, と閣下, と閼迦桶, と隆吉, と隔て, と雑誌, と離れる, と難儀, と雲, と雷, と電車, と青年, と頭, と驢馬, と鬚, と鶴見氏, と黒く, と默つて座, につれて患者, 中ボックスには, 内に, 時この, 間に

▼ 暫く~ (516, 6.8%)

9 口も 8 何も 6 何の 5 黙って 4 口を, 物も, 茫然と, 言葉も 3 二の句が, 何が, 其処に, 呆然と, 夢の, 次の, 無言で, 誰も, 返事も

2 [28件] うっとりと, さすがの, さだかに, ぢつと, 二人の, 動けなかった, 右往左往に, 唯この, 唯娘, 唯恐ろし, 唯木の葉, 唯苛立たしさう, 惘然として, 手を, 涙も, 添うて, 火が, 生きて, 眼を, 私は, 絶句する, 茫然として, 身を, 身動きも, 過冷却, 道の, 顔が, 顔を

1 [389件] あいた口, あったよう, あの娘, あの河, いいの, いろいろな, うなって, お蔭で, お顔, こう云う, ここで, ここの, この木, この樂天的, じっとうつろ, じっと目, そこから, そこで息, そこに, そこへ, そのまま両手, その場, その怪光, その成行き, その男, ただあっけ, ただごたごた, ただ淋し, ただ顔を, ただ驚嘆, ため息を, とだえたらしい, どうして宜いの, どうにも, どう言, どの時代, なじめぬながらも, なにも, なんの, ほったらかして, ぼんやりした, ぼんやりそこ, ぼんやりと, ぽかんとし, ぽかんと坐った, まあ心, また休め, また右, また私, まだいい, まったく意識, ものいふ, ものも, やはりこの, わしが, インデイフアレントで, パリスの, ピーンという, ボンヤリその, マゴマゴし, モジモジし, 一同ひそり, 一緒に, 一言も, 下女一人猫の, 不吉な, 不思議な, 世間體を, 両方に, 中の, 之を, 二つの, 二人は, 二人共黙, 二川家は, 二重の, 互いに物, 互に抱き合った, 人の, 人工呼吸を, 人通りの, 人間の, 仕事の, 他の, 以前と, 件の, 佐川と, 体が, 何うし, 何かとお喋り, 何とも答, 何とも答えず, 何にも, 何もかもが, 何やら密談, 何を, 何んと, 何んとも, 何気なくただ, 俊吉も, 保存され, 俺の, 傍へも, 元気でいられる, 全く武力, 其ま, 其憤激を, 其腕白の, 内と, 冷えきった建物, 凝っと, 凝っとして, 凝つとして, 凡てが, 出て, 分別を, 判らなかったと, 別人の, 動かうとも, 動かずに, 動かなかつたり, 動かなん, 動きません, 動き止まなかった, 動くこと, 動けなかつた, 勝手で, 勝手に, 勝負も, 包み隠して, 千鶴子と, 卓子の, 南玉の, 又草木, 反省させられ, 叔父の, 取り乱した寝台, 取紛れて, 口に, 只手古奈の, 右の, 各人の, 同じよう, 君が, 吾, 呆, 呆ん, 呆然と打ち見護っ, 呆然と見詰める, 呼吸を, 唖然と, 唯夢, 唯幌, 唯恍惚, 唯戸口, 唯默つて良秀, 唯黙つ, 唸つて, 啼き続けて, 喋る, 喧しい瀬, 坐りこんだまま, 墓の, 声が, 声も, 外出は, 夢うつつの, 夢中だった, 夢心持で, 大人しいに, 天狗長兵衛作の, 失業救濟の, 好きな, 如何にも安心, 妹の, 安し, 家計を, 容易に, 寄り着こうとも, 密林帯で, 富士の, 寐つけなかつた, 寒い夜中, 寝台の, 小山に, 小競合, 居喰, 屹度顎髯の, 差向にて, 師匠も, 帰って, 帰っては, 帰らないの, 庄吉恋し, 庭草の, 廻転が, 弾んで, 彼も, 彼を, 彼女の, 往時を, 微妙に, 忘れて, 快談, 恐ろしい混乱, 息もつけない程, 息を, 想いの, 憤怒に, 成瀬も, 我々人間の, 我を, 我慢し, 戲談口など, 手すりに, 手の, 手荷物を, 手間取りましたが, 持つ, 挨拶の, 捕手の, 接穂が, 教会の, 敷居が, 断念し切れない, 日の, 日頃用ひ慣れた, 時刻が, 暗く火照つた, 望みなし, 本當, 机の, 杉の, 村の, 枕に, 果して夢, 校長も, 格子の, 森閑と, 様子を, 橋は, 欅平の, 歡樂の, 此の, 歩むこと, 死んだ気イ, 死骸の, 残るだろう, 母も, 気が, 気を, 気味を, 水底で, 水面に, 汽車に, 沈默し, 泣いて, 浮び上がる樣子, 消えずに, 消えない充実, 涙香と, 淋しうございませう, 火鉢のうへに, 為さん術, 無事な, 無心に, 無心無言で, 無我夢中でしか, 無気味に, 無沙汰, 無言の, 物が, 物に, 物の, 物を, 物音一つ立てず, 狸の, 現状の, 生面未熟の, 瘤だらけな, 白い煙, 白日の, 白髪頭と, 百兵衞を, 目うつり, 目が, 目を, 眩しそう, 眼が, 睨み据えて, 睨合いの, 睨合ひ, 瞬きも, 知って, 知らなかった, 知られないよう, 祝ひの, 神妙に, 私の, 私自身の, 空くして, 空席で, 空橋で, 窓に, 立ち尽します, 立止っ, 笑いが, 笑ひ, 笑顔も, 絶対に, 続いて, 線路の, 縁に, 繰り返した, 繰り返し邪魔, 續く, 美しく空, 耳も, 聴きちがい, 職務に, 脱そうと, 腑抜けた, 自分に, 自分を, 自分達の, 自己嫌悪を, 舞台の, 若さ, 若わかしい心, 草刈鎌を, 蕎麦の, 血を, 表面に, 裏口の, 襲ね, 西洋物の, 見くらべ読みこころみなど, 見つけられずに, 見つけられないの, 見る眼, 見守つたが, 見習として, 見返しながら, 言うことば, 話しを, 誘われるよう, 謹慎を, 起きそう, 起きも, 起きられなかつた, 起きること, 起き上ること, 起き上る力, 起き上れも, 起る事, 身動きさえも, 辛抱した, 迷いましたが, 退屈が, 里子の, 金花の, 鋸の, 鎮まりません, 閉ざされようとも, 静かな, 静に, 静寂が, 静止し, 面も, 音も, 頁を, 頭に, 頭の, 顏を, 顛覆した, 食べるの, 馬の, 驢馬の, 高々と, 高さ, 高村軍曹は, 鳴りも, 鳴り響いて, 默し, 默つてゐる, 默念として, 黙ったまま, 黙つて, 黙然として

▼ 暫く~ (512, 6.7%)

62 間は 18 間に 11 間その 6 間で 5 間お, 間御 4 うちは, 間, 間でも, 間も 3 あひだ, 休息を, 後私は, 間じっと, 間ぢつと, 間の, 間眼を, 間私は, 間茫然と, 間黙っ

2 [33件] あいだお, 内に, 別れに, 後に, 御辛抱, 時間が, 沈默の, 猶予を, 間おなじ, 間この, 間と, 間という, 間ぼんやりと, 間わしの, 間を, 間全く, 間各自柄杓を, 間天神様の, 間姿を, 間寒い, 間暮した, 間瑠璃子は, 間研究された, 間私たちは, 間私を, 間続いた, 間考え込ん, 間耳を, 間自分には, 間自分の, 間苦し, 間顔を, 音信不通の

1 [293件] あいだいまは, あいだくっきり, あいだじっと, あいだそう, あいだなんの, あいだは, あいだひそひそ, あいだ人を, あいだ今まで, あいだ停っ, あいだ別れ, あいだ坐, あいだ快活に, あいだ折竹は, あいだ物も, あいだ相を, あいだ躊躇する, あいだ身動きも, あいだ車を, うちに, うち一つ所を, うち男は, うち通つてゐた, お寂しい, ことだ, ことで, ことであろう, ことでしょう, ことな, つきあひの, つな, つもりで, ところお待ち下さいませ, のちまた, のち急に, のち玄関の, のち顔を, ほどは, 中に, 中外の, 予定で, 事件の, 事平生子自慢の, 仮住いでした, 休息と, 休憩を, 会う間, 内一人扶持被下置, 内三人半扶持を, 別れだ, 別れは, 勝負と, 厄介を, 問を, 寂しいおち, 平和をも, 後この, 後その, 後で, 後でありました, 後の, 後もとの, 後やうやく, 後乾きたる, 後何思った, 後山木は, 後彼の, 後彼は, 後或, 後戻っ, 後気がついた, 後真名古は, 後立ち上った, 慟哭が, 我慢だ, 明るさ, 時が, 時日を, 時間気が, 気焔を, 沈黙の, 沈黙を, 浴場も, 演技に, 盛りを, 眠りでございます, 神妙を, 緊張から, 苦痛の, 辛抱や, 間あちらに, 間いそぎ足に, 間うっとり, 間かうし, 間かくれ, 間こう, 間ここで, 間ここの, 間これに, 間さ, 間じゃ, 間そこに, 間そのまま, 間その後姿を, 間そればっかりを, 間そんな, 間た, 間たちど, 間だ, 間だけ, 間つづいた, 間であった, 間である, 間であろう, 間なりゆきに, 間ひそかだった, 間ぼんやり往来の, 間よる, 間カーテンの, 間キチガイに, 間クラリモンドの, 間サイラスは, 間ジイッと, 間ジットし, 間パチ, 間フウラリフウラリと, 間ボンヤリし, 間ボンヤリと, 間ムッツリと, 間リスボンに, 間三田は, 間三藏は, 間不和が, 間二人の, 間云ふ, 間互いに, 間人家が, 間今の, 間休ませ, 間休暇を, 間何か, 間何が, 間何の, 間俺の, 間倶楽部員達の, 間傍なる, 間其の, 間其世話にか, 間其処に, 間前へ, 間動かなかった, 間動きませんでした, 間勘次は, 間十一番の, 間十里ばかりは, 間千枝子は, 間半ば無意識で, 間双方が, 間収容病室内で, 間口を, 間向うへ, 間呆然と, 間唇を, 間唯, 間唯一人この, 間四五万円融通し, 間坂の, 間坐つ, 間夢にも, 間大空に, 間太古の, 間失神状態に, 間女は, 間子供らの, 間子供を, 間寝た, 間寝床を, 間小川の, 間山芋を, 間工場を, 間左様なら, 間平次は, 間廊下の, 間引続い, 間弟達の, 間弱められ, 間彼の, 間彼は, 間彼女は, 間彼等は, 間待つ, 間御門内に, 間心の, 間忌, 間応答あり, 間或, 間戸が, 間手傳に, 間振, 間数奇なる, 間文殻を, 間新聞記事による, 間日の, 間日記には, 間昏, 間暗黒の, 間曉の, 間机にも, 間根よく, 間梅子が, 間棒の, 間止め, 間此処に, 間死んだ, 間殺生は, 間母とでも, 間江戸の, 間沈思し, 間沈默が, 間浜辺に, 間浩は, 間深い, 間深く, 間無事世上に, 間無言で, 間無言の, 間独艦に, 間獄丁の, 間生き残つ, 間生れ故郷を, 間男が, 間発狂し, 間目尻を, 間眼に, 間瞑目し, 間石の, 間福太郎と, 間私に, 間私の, 間私達は, 間空の, 間突っ, 間立っ, 間紋三の, 間素人である, 間絶え入る, 間美留藻は, 間老人の, 間老人は, 間考え込んだ, 間聞え, 間自分も, 間芝居裏の, 間若い, 間茅さんは, 間茫然として, 間莊園の, 間虫は, 間虹の, 間螢の, 間表面古風な, 間見下し, 間見張つ, 間見張り番を, 間見物が, 間見物人を, 間言葉も, 間話しあっ, 間話を, 間辛い, 間辛抱し, 間辛棒し, 間返事が, 間通りを, 間部屋の, 間重き沈黙が, 間鋩尖から, 間鏡の, 間闇黒の, 間降車客は, 間院内中が, 間雑念を, 間雑談に, 間離れ, 間非常に, 間音の, 間頭を, 間鳴りを, 間黒い, 間黒戸の, 間黙った, 間黙坐を, 骨折で

▼ 暫く黙っ~ (184, 2.4%)

106 ていた 9 てい 6 て歩い 5 て考え 4 て歩いた 2 ていました, て居た, て眺め, て自分, て衝, て雨

1 [42件] て, ています, ている, ておれ, てかけ, てから言い継いだ, てその, てそれから, てそれぞれ一人, てぶるぶる, てぼんやり, てようす, てベッド, てマベ貝, て井上たち, て何, て僕, て坐っ, て家, て対坐, て居ました, て居りました, て布団, て彼, て御者, て新, て歩いてた, て眼, て瞳, て秋日, て突, て立っ, て紅矢, て考えた, て聞い, て聴く, て見, て見守っ, て返事, て酒, て髭, て麦酒

▼ 暫く考え~ (104, 1.4%)

40 ていた 7 ていました, ている 54 てい, て居りました 3 てて, て居た, て見た 2 てから答えた, て居ました

1 [24件] ているらしい, ておりました, てから, てからこんど, てからはっきり, てから云いました, てから切り出した, てから彼, てから承諾, てから言った, てから遂に, てみた, てみましょう, て三元, て占, て手, て次, て矮鶏, て見たく思う, て言った, て返事, ながら云った, に沈む, 深そう

▼ 暫くその~ (85, 1.1%)

2 ま, やうな, 中に, 場に, 後姿を, 様子を, 辺を, 顔を, 鰻を

1 [67件] あとを, さいころを, もう暫く日本人, キャンドルを, 三叉路の, 上と, 中を, 二つの, 二品を, 伝説の, 側を, 儘に, 光に, 入口に, 刀を, 前通りを, 勘亭流の, 勝負の, 双眼鏡を, 地及び, 場所に, 外に, 大名案, 子を, 子供の, 存在に, 寝顔を, 尺度を, 島を, 工事を, 形で, 後ろ姿を, 恰好を, 意見に, 愛鷹登りが, 旅館に, 時の, 月光を, 木材を, 枕頭に, 梢を, 横を, 橋の, 機関破裂の, 母親の, 民家に, 浪と, 火紅を, 獲物に, 男どもの, 眼付を, 眼前に, 穴を, 空の, 笑声が, 紙面を, 続きを, 罪を, 蝶を, 言葉を, 話に, 辺に, 辺の, 返事延ばさせ, 錆だらけの, 静思の, 騒々しいゴオ・ストツプ

▼ 暫く待っ~ (66, 0.9%)

11 ていた 7 ている 6 てい 3 てくれ 2 ています, ておれ, て居ります, て見ましょう

1 [31件] ていらっしゃい, ていろ, ておく, ておられる, てから再び, てから火鉢, てくれたら, てくれる, てて下さい, てほしい, てまた, てみ, てみた, てもう, てもお, ても女, ても眼, ても電灯, てろ, て七宝, て下さい, て下さらない, て下されますなら, て呉れ, て居, て居る, て居れ, て戦わん, て見, て貰う, て頂きたい

▼ 暫くじっと~ (54, 0.7%)

18 して 2 眺めて, 私の, 立って

1 [30件] してると, そこから, その場, その暗, ながめて, 佇んで, 俯向い, 凝視めて, 前の, 坐って, 外の, 山田の, 息を, 止って, 河内介を, 瞑目した, 窺って, 立止っ, 考え, 考えこんで, 考えて, 考え込んだ, 耳を, 聞き済ましたが, 自分を, 見て, 見てた後, 見戍, 顔を, 黙って

▼ 暫くたつ~ (54, 0.7%)

2 て, てから, てからお, て私, とまた, と忘れた

1 [42件] うちに, てからこんな, てからわたし, てからバツグ, てから内科, てから漸く, てから父, てその, てそれ, てまた, ても戻つ, ても私, て一寸, て一番後方, て下女, て又, て女, て妹, て山田, て彼, て林, て此, て母, て筆, て紙, て襖, と, といきなり, と三味線, と以前, と元, と吉原, と夜, と大きな, と大声, と妻, と彼, と急, と浜田, と茂樹, と西, 内に

▼ 暫くぼんやり~ (50, 0.7%)

18 して 3 と何, 立って 2 とし, とその, と眺め

1 [20件] してると, しながら, する程, といまし, としてい, としていました, として立っ, とながめ, とホーム, と夫, と此処, と物, と突立つて, と立つ, と考え, と見つめ, 妻の, 後ろを, 眺めて, 考へ耽つて

▼ 暫く沈黙~ (49, 0.6%)

18 が続いた 10 して 3 がつづいた, の後 2 をつづけ

1 [13件] があった, がはさまれた, が続く, したまま腕組み, しました, せる後, に耽, のあと, のうち, の時間, の重くるしい, をつ, を守らん

▼ 暫く眺め~ (48, 0.6%)

18 ていた 5 ている, てゐた 2 てい, てゐる, て居た

1 [14件] あかした後, それからホテル, ていました, ていらっしゃる, てからこれ, てから徐ろ, てから蓋, て唸っ, て居, て居りました, て後, て柳さく子, よい心持, 友達は

▼ 暫く~ (43, 0.6%)

6 か考え 2 かし, とも云わなかった, も云, も出来ず

1 [29件] ういう, うも, かごそごそ, かつづい, かやッ, か喬介, か思案, か考え込ん, か考へ, か言っ, か話しつづける, か話し合ってるらしかった, とも云え, にも考へない, にも聞かない, のお, の声, の意味, の返事, もいうまい, もいわず, ももの, も云わず, も云わなかった, も云わなかつた, も分らなかつた, も覚え, も語らない, を思ふ

▼ 暫く行く~ (42, 0.6%)

2 うちに, とまた, とやがて, と右手, と路上

1 [32件] とその, とそろそろ, ととある, とふり, と上高地, と何時の間にか, と古びた, と向う, と堤下, と女の子, と少し, と左, と左側, と広い, と忽ち, と慌て, と振, と案の定, と森, と歩速, と水田, と神社, と草, と行手, と辻駕籠, と道はや, と道標, と雑草, と黄色い, のを, 中に, 間に

▼ 暫くあっ~ (41, 0.5%)

3 て, てその 2 てまた

1 [33件] てお雪ちゃん, てこの, てなんだか, てひょろひょろ, てむっくと, て一人, て一段, て中, て人心, て他, て伊太夫, て例, て再び, て南条, て尋常一様, て廊下, て弁信法師, て徐々, て念仏, て息, て村山街道, て染井, て森閑, て気, て浮き, て浮び出た, て煙草, て米友, て臭い, て茂太郎, て門, て雑木, て駒井甚三郎

▼ 暫く立っ~ (41, 0.5%)

8 ていた 7 て見 5 てい

1 [21件] て, ていたら, てからそう, てからふと, てからカツ, てから云う, てから伊予紋, てから又, てから彼, てから浜田, てから目, てから私, てから電話口, ての或, てゐた, て岡山県, て眺むるこし方, て眺め, て眺めた, て若し, て黙っ

▼ 暫くたっ~ (40, 0.5%)

3 て彼女 2 てまた, て彼

1 [33件] て, てお, てこの, てふい, ても再び, てやっと, てやはり, てキミ子, て一つ, て一丁, て今度, て元, て再び, て呼鈴, て囁く, て居た, て川村さん, て帰っ, て府中, て庫裡, て後, て敏子さん, て昔馴染, て沢子, て無電室, て男, て言った, て道子, て長谷部大尉, て障子, て雷雨, て静か, て鶴見

▼ 暫くそこ~ (38, 0.5%)

4 に立っ 2 に休ん, に佇んだ, に坐っ

1 [28件] いら, で待たっし, で睡眠, で言葉, で身動き, にある, にじっと, につつ立つ, に佇立, に居たです, に待合せ, に憩, に我慢, に社会主義, に立, に立ち尽くし, に立ち止まっ, に立つ, に腰, に舟がかり, に落ちつく, に蹲, に転, の主人, の厄介, の家, へつ, へ立つ

▼ 暫く~ (37, 0.5%)

9 ていた 5 ている 3 てい 2 てゐ, てゐる, て居, て居りました, て居る 1 ていました, てやがて, てゐた, てゐたら, て余り感心, て夫, て居たら, て居ました, て居られました, 馴るれ

▼ 暫く~ (35, 0.5%)

2 まち下さい, 目にか, 預りとして

1 [29件] あずけに, かくまいが, 休みが, 休みに, 休み下さい, 会い出来ないから, 侍を, 借りします, 出入りを, 別れする, 宅に, 帰りに, 慎みくださらぬか, 手紙が, 控えなさい, 控え下さい, 目に, 眠みなさい, 稽古を, 竹の, 聴きください, 芝居を, 茂與の, 見えに, 邪魔いたします, 邪魔を, 隠匿, 預りが, 預りします

▼ 暫くこの~ (34, 0.4%)

3 ままに

1 [31件] へんの, ままで, アパートメントに, 二面と, 儘に, 先生の, 城を, 壜の, 大寺に, 奇怪な, 妹と, 寺に, 島に, 崇高な, 平和で, 形の, 恋愛問題を, 旅から, 有樣, 河童と, 男の, 種の, 肉太の, 芝原で, 落葉樹林に, 遊びを, 邊を, 門前に, 首が, 騒ぎの, 鳥は

▼ 暫く話し~ (34, 0.4%)

6 ていた 5 ている 2 ていました, をし

1 [19件] てい, ていっ, ていった, てから私, てから西日, てゐた, てゐられる, てゐる, て居りまし, て帰り, て帰りました, て往かう, て怪庵, て来る, て百草園, て見, 合つた, 合つてゐる, 月謝を

▼ 暫く躊躇~ (32, 0.4%)

15 して 5 した後 4 した 1 したが, したなるべく, した南日君, してから, するうち, のまま, の様子, ふ隙

▼ 暫く経つ~ (31, 0.4%)

32 て彼

1 [26件] うちに, てから, てからその, てから二階, てから漸, てから知事, て二度目の, て出掛け, て私, て行, て黒田氏, とどこ, とまた, とキチン, と伝命官, と伯父, と同じ, と外, と宮川, と密, と巡査, と男, と相当, と紋, と赤, と首

▼ 暫く~ (29, 0.4%)

5 いいから

1 [24件] いやに, がした, はあつ, はある, もいい, もこの, もごまかし, もそう, も別, も夫婦もの, も忘れかけた, も棲みたく思った, も椅子, も此処, も母, も祖父さん, も長く, 三田さんの, 全く死に絶え, 尾根の, 絵の, 蕎麥の, 道は, 黙り一寸

▼ 暫く無言~ (29, 0.4%)

2 であつ, でしたが, でゐた, で歩い, で相手

1 [19件] がつづいた, が続いた, が続きました, だった, であった, でいらっしゃるお側, でやや, でゐ, で三五郎, で睨み合っ, で考えた, で船長室, で見あげ, で顔, に眼, のあと, のま, のまま目, の後

▼ 暫くお待ち~ (28, 0.4%)

5 下さい 2

1 [21件] ください, くださいと, して, なされい, なされませ, なすって, になる, を願, を願いたい, を願います, 下さいっ, 下さいまし, 下さいまし手前喰, 下さいまし瀧, 下さいませ, 下さいませんか, 下さい何, 下さい其の, 下さい只今親御, 下されますよう, 願いたい

▼ 暫く~ (28, 0.4%)

32 同じところ, 安らかなる, 私の

1 [19件] この学説, ずも, それから, ぢも, 休まずに, 住せず, 停滞する, 傍観者として, 同じ所, 安んずること能, 座下を, 忘れず造次顛沛, 手放そうとは, 止まること, 目まぐるしい動揺, 目を, 看視, 祈祷を, 見る事

▼ 暫く~ (28, 0.4%)

14 つてゐた 5 つてゐ 2 つて歩いた 1 つた後, つて景色に, つて歩い, つて立つ, つて見, つて辛抱しろ, 念する

▼ 暫くぶり~ (27, 0.4%)

3 だね 2

1 [22件] だったな, だったね, だつたが, だつたな, であった, であったから, でここ, で一日遊び, で一枚, で倉, で外, で帰つて, で彼, で熱海, で銭湯, にレストラン, に一緒, に取出し, に見た, のお, の好, の晴れた

▼ 暫く経っ~ (27, 0.4%)

3 て後 2 て帰っ

1 [22件] て, てからその, てから留置場, てから黄色い, てのこと, てもう, ても降り, てやっ, てやや, て一同, て呟いた, て呼吸, て大分気分, て大王殿下, て帰った, て思い余った, て気, て目, て私, て芝山, て鈴木君, て馬

▼ 暫く~ (26, 0.3%)

5 を噤ん 3 をつぐん, を利かなかった 2 を噤んだ, を緘

1 [11件] が利け, の中, へ含ん, へ溜め, も利けなかった, をあけ, をきかない, をつぐんだ, をもぐもぐ, を噤みました, 籠りぬ

▼ 暫く~ (25, 0.3%)

6 の顔 2 はあの

1 [17件] に会いません, に貸し, のところ, の手元, の空白時代, の素人的臆測, の足許, はそば, はなかなか, はマルクープ, は堅く, は箱根, は門口, も眼, をひきとめた, をぼんやり, を沈黙

▼ 暫く~ (24, 0.3%)

2 清聽を

1 [22件] くつろぎの, 介抱致す, 休息に, 休息を, 報謝に, 展望に, 待ちを, 待ち下さいまし, 滞留遊ばされ, 猶予を, 猶予願わしゅう, 猶豫被下候樣仕度候, 療養なさる, 辛抱なすっ, 辛抱を, 辛抱下さりませ, 逗留なさい, 逗留の, 逗留を, 遠慮めされ, 邪魔する, 養生を

▼ 暫くそれ~ (23, 0.3%)

3 を眺め 2 を見

1 [18件] だけを繰返し, とは訝ぶ, に目, に身, をわき, を云い出す, を信じ, を呟き, を唄, を思つて, を思ひ返し, を書き続け, を聞い, を見詰め, を見送っ, を言, を降っ, を黙っ

▼ 暫くたって~ (23, 0.3%)

1 [23件] から, からいろいろ, からがらがら, からこんど, からこんな, からじりじり, からそれ, からであった, からの或, からふい, からほとんど, からヨハネス, から低い, から市木さん, から彼, から彼女, から後ろ, から木, から李, から独語, から珮環, から私, 云いました

▼ 暫く~ (23, 0.3%)

2 に二三人

1 [21件] からあの, からこっち, からその, から一般, から内, から冷, から出し, から奉公, から有名, から調べ, その場所, に横浜, に聞いた, に見たつ, のこと, のわが国, までいや, までの学界情勢, まで社長, 東京府の, 迄わが国

▼ 暫く~ (23, 0.3%)

2 の顔

1 [21件] が言, の仙院, の嶮, の広長舌, の日記, の火鉢, の耳, の首, はたしかめ, はドア, は其処, は其處, は動かず, は憂鬱, は朝子未亡人, は物思い, は視線, は言葉, も無言, を泊める, を離れ

▼ 暫く待つ~ (22, 0.3%)

5 てゐた, てゐる 2 てくれ, てゐ, て居る 1 てゐよう, て居, て汽車, と, と市木さん, ように

▼ 暫く思案~ (22, 0.3%)

6 して 3 した 2 した後, に暮れ 1 し, したが, したやう, した道庵, してから, にくれ, に耽った, をし, を致しまし

▼ 暫く~ (22, 0.3%)

11 をし 2 が途切れた 1 がとだえた, のつ, の絶えける, の途切れた, は啓太郎, をきい, をした, を致したい, を途

▼ 暫く休ん~ (21, 0.3%)

4 でいる

1 [17件] でいざ, でいっ, でお, でからお, でから改めて, でから継子岳, でから領事館, でそれからまた, でもらう, でゐ, で入浴, で北, で国境, で昼食, で朝食, で汗, で紅茶

▼ 暫く~ (21, 0.3%)

4 をつぶっ, を閉じ

1 [13件] の前, をつむ, をぱち, をパチパチ, を本, を瞑, を空間, を見合せ, を見合っ, を見合わせ, を転じ, を閉じよ, を開い

▼ 暫く~ (21, 0.3%)

7 をすまし 5 を傾け 3 を澄まし 1 が痛ん, をすませ, を傾けた, を欹て, を済まし, を立て

▼ 暫く其処~ (20, 0.3%)

2 に佇ん, に立っ

1 [16件] で休む, で休んだ, で手酌, で立ち尽した, にそう, にと, にぼんやり, に佇んだ, に同居, に待っ, に立ちつくし, に立ち停まっ, に立ち止, に立ち止っ, に立つ, まで行っ

▼ 暫く歩い~ (20, 0.3%)

6 て行く 5 ている 2 てゐる 1 てからなら, てからビヤホール, てとある, てみた, て妻, て橋, て武蔵野館

▼ 暫く立つ~ (20, 0.3%)

2 て居た, と有

1 [16件] うちに, たりする, ていち, てからこの, てからペエテル, てから公爵, てゐた, てゐる, て休息, て本, て見, て見た, となん, とわたし, と台所, と皇帝

▼ 暫く~ (20, 0.3%)

5 をおい, を措い, を置い 1 あらば, がございます, の悪い, を置, を隔て

▼ 暫くすると~ (18, 0.2%)

1 [18件] ちよつと, 万太郎らしい, 中から, 今其奴, 信之は, 吊繃帯, 弓子が, 戻つて, 桃水君は, 直き, 立上っ, 綾子は, 総江, 芳子が, 芳子は, 表格子, 長次郎の, 黙つて婦人

▼ 暫く二人~ (17, 0.2%)

2 の間, は黙っ

1 [13件] でお, で世, で眼, ともヂツ, とも無言, の靴音, の黙っ, は海, は無言, は睨み合つて, は立止, を捕え, を見くらべ

▼ 暫く~ (17, 0.2%)

4 を殺し 2 を休め

1 [11件] さえも出来なかった, をつい, をつく, をのん, を休めよう, を入れない, を入れよう, を入れる, を凝しました, を屏め, を潜め

▼ 暫く佇ん~ (16, 0.2%)

7 でいた 2 でそれから 1 だりあたり, でいる, でみ, でゐ, でゐた, で見守っ, で首

▼ 暫く見ない~ (16, 0.2%)

7 うちに 2 間に 1 し印刷, まに, 中に, 岡田の, 彼女が, 彼女の, 方が

▼ 暫くここ~ (15, 0.2%)

2 で待っ

1 [13件] で, でお, で休む, で休息, で遊ん, にあなた一人, に休む, に待合せ, に立っ, に親愛, に論ぜず, の家, へも来れない

▼ 暫く休息~ (15, 0.2%)

7 して 2 させて, したので 1 した, した上島原, しやがて, せし後主人

▼ 暫く~ (15, 0.2%)

3 に立っ 2 を眺め 1 から内, にい, に出ない, の樣子, へも出た, へ出, を歩き, を歩き廻っ, を眺めた, を見

▼ 暫く様子~ (15, 0.2%)

4 を見 3 をうかがっ, を見る 1 を窺, を窺っ, を見てる, を見なけれ, を見よう

▼ 暫く忘れ~ (14, 0.2%)

4 ていた 3 てゐた 1 てい, ておりました, てをつた興味, て居た, て居りました, ながらその, に来た

▼ 暫く続い~ (14, 0.2%)

2 ている, てやがて, て幕 1 たりそれ, て, ていた, ております, てから後, てそれ, て居りました, て軈て

▼ 暫く茫然~ (14, 0.2%)

2 とし

1 [12件] たらざる, とした, としてなす, としてまだ, としてゐた, として佇む, として眺めつ, と佇ん, と夢みる, と炭, と眼, と立ちつくした

▼ 暫く~ (14, 0.2%)

2 をとどめ, を停め, を留め 1 でも休めたい, の冷える, の方, を休め, を停める, を動かそう, を拔, を橋

▼ 暫く~ (13, 0.2%)

2 へ帰れない

1 [11件] で寝ん, で養生, にい, にいらっしゃらなかった, に留め, に置く, の方, へ泊め, をあけ, をもっ, を留守

▼ 暫く考えた~ (13, 0.2%)

3 後に 1 あげく絶望した, あとで, がさそわれ, が路, 上で, 後, 後それは, 後朝子は, 末余に, 末山に

▼ 暫く行っ~ (13, 0.2%)

2 ていた

1 [11件] ていられた, てから振返り, てそれから, てはる子, てふり, てみ, て右, て坂, て振, て来よう, て道庵

▼ 暫く言葉~ (13, 0.2%)

5 を切っ 3 を切った 2 もなく 1 がとだえました, がなかっ, が途切れた

▼ 暫く默つて~ (13, 0.2%)

4 ゐた, ゐたが 1 この不思議, ゐる, 居た先刻, 居りました, 考へて

▼ 暫く~ (12, 0.2%)

10 して 1 なった, なるが

▼ 暫く呆然~ (12, 0.2%)

5 とし 1 とされる, とした, としておられました, として不思議, として消え失せた, として立, として立っ

▼ 暫く東京~ (12, 0.2%)

2 を離れ 1 から離れ, なる旧友, にいた, に出, に来, に滞, の話, へ歸, より歸郷中, を離れる

▼ 暫く自分~ (12, 0.2%)

2 の部屋 1 がどこ, が外国, の前, の心持, の生活, の生涯, の經驗, の聲, は信じられない, も寝床

▼ 暫く~ (12, 0.2%)

2 を上げなかった 1 の入り変る, をあげる, を上, を見, を見せなかった, を見せなかつた, を見合せ, を見合せた, を見合つて, を見合わせ

▼ 暫くあたり~ (11, 0.1%)

4 を見廻し 2 を眺めた 1 の様子, を徘徊, を歩き, を眺め, を窺っ

▼ 暫く~ (11, 0.1%)

8 うして 1 ういふ, うした, う云

▼ 暫くもじもじ~ (11, 0.1%)

8 して 1 したあと, とし, と躊躇

▼ 暫く措い~ (11, 0.1%)

1 [11件] て, てあなた, てぽ, ても十四世紀, て何, て先ず, て単なる, て又, て唯, て当局者, て私

▼ 暫く措き~ (11, 0.1%)

1 [11件] いま自分が, その特殊, 今その, 其他の, 原始的国法に, 常識と, 眼が, 私は, 読本でも, 赤石山系と, 都会が

▼ 暫く考へ~ (11, 0.1%)

7 てゐた 1 てゐました, てメフィストフェレス, て光子さん, て居た

▼ 暫く~ (10, 0.1%)

1 と同座, に貸, の姿, はそう, はハムレット, は佇ん, は彼, をこの, を自由, を見つめ

▼ 暫く滞在~ (10, 0.1%)

6 して 1 したいと, したい希望, し附近, すること

▼ 暫く~ (10, 0.1%)

1 が言, が言えなくなる, もいえぬ, もいわない, も言はず, も言わず, も言わず向きあった, を云, を案じ, を言わなかった

▼ 暫く~ (10, 0.1%)

2 をさまし, を閉じ 1 が不自由, の近く, を瞑つた, を見合せた, を轉, を離れた

▼ 暫く經つて~ (10, 0.1%)

1 お舟, からで, からむつ, から四つ, から故人, から蒲團, から説明, から隱居所, その會, 漸く我

▼ 暫く辛抱~ (10, 0.1%)

8 して 1 するん, なさいませ

▼ 暫く~ (10, 0.1%)

4 を傾け 1 の態, をのばし, をひねっ, をひねつ, を傾げ, を垂れ

▼ 暫くしたら~ (9, 0.1%)

1 もう一度行, 一度に, 万国雪協議会英国部会長という, 僕達も, 又何, 夕食が, 婦公の, 注射の, 金魚を

▼ 暫くそのまま~ (9, 0.1%)

1 でいた, で凝然, にいた, にいます, の光景, の姿勢, 眼を, 部屋の, 釘付けに

▼ 暫く~ (9, 0.1%)

61 からゆっくり, つたな, 暫くだ

▼ 暫くまた~ (9, 0.1%)

1 いらっしゃるよう, 三人は, 二人の, 千鶴子に, 叔母の, 尻を, 死体の, 笑いの, 黙って

▼ 暫く此処~ (9, 0.1%)

2 でお 1 で育て, で遊ん, にお, に停, に居, に立退場, に足

▼ 暫く~ (9, 0.1%)

5 へ込ん 1 がへ, へこん, へこんだ, 込んで

▼ 暫く静か~ (9, 0.1%)

2 にし, になった 1 であった, である間, な景色, にしろ, に休養

▼ 暫く黙ってた~ (9, 0.1%)

3 後に 2 後で 1 あとで, が順造, 後こう, 後苦しまぎれに

▼ 暫くした~ (8, 0.1%)

1 ある晩, ときで, とき伍長の, とき突然, 後では, 時で, 時に, 瞬間に

▼ 暫くでした~ (8, 0.1%)

21 からまあ, くらいのこと, のねえ, のね冬子さん, わね, ネ

▼ 暫く~ (8, 0.1%)

1 いうと, いって, いっても, いふと, まりこ, 云いゆっくり, 云い残して, 思いながら

▼ 暫く休む~ (8, 0.1%)

2 つもりで 1 ことに, という始末, という社, とそそくさ, のである, んだ

▼ 暫く厄介~ (8, 0.1%)

4 になっ 1 になった, になつ, になる, に成つた

▼ 暫く御無沙汰~ (8, 0.1%)

2 致しました 1 して, してるから, するかも, ばかり致し, をしました, を致しました

▼ 暫く振り~ (8, 0.1%)

1 でのうのう, で倉, で妻, で小, で梅ちやん, で薩摩下駄, で訊ね, で逢った

▼ 暫く時間~ (8, 0.1%)

2 を置い 1 がたちました, が立つ, が經, をつぶした, を過しました, を頂きたい

▼ 暫く~ (8, 0.1%)

3 になっ 2 を向い 1 になつ, にならう, を辿った

▼ 暫く沈默~ (8, 0.1%)

2 が續 1 がきた, した, して, してから, に陷, を保つた

▼ 暫く~ (8, 0.1%)

2 止って, 止らずには 1 停つて, 止った後, 止まって, 竦んで

▼ 暫く聞い~ (8, 0.1%)

2 ていた, てゐた 1 てい, ている, てみよう, てゐる

▼ 暫く~ (8, 0.1%)

2 を垂れ 1 が茫, の隅, をかかへた, を下げ, を傾け, を相

▼ 暫くすれ~ (7, 0.1%)

1 ばあの, ばきっと, ばまた, ば君, ば恐らく, ば苦楽座, ば軽輩

▼ 暫くそう~ (7, 0.1%)

3 して, やって 1 してから

▼ 暫くでございました~ (7, 0.1%)

1 な相, ね, もう十五六年, わねお, 八右衞門様じゃ, 務はじめ留守許は, 青梅の

▼ 暫く一人~ (7, 0.1%)

2 で喜ん, で待たされる 1 でい, でそう, で考え

▼ 暫く一緒~ (7, 0.1%)

2 に暮した 1 にいた, に忍ん, に手伝っ, に暮したい, に暮す

▼ 暫く~ (7, 0.1%)

1 が續, に従う, を尋窮, を捨, を措き, を措く, を辿っ

▼ 暫く彼女~ (7, 0.1%)

1 が顔, のこと, の姿, の言葉, を教養, を病院, を眺めた

▼ 暫く~ (7, 0.1%)

1 からつい, でありました, にあそこ, にいたつ, に書いた, のこと, 考を

▼ 暫く~ (7, 0.1%)

1 がすく, の離せない, を合せ, を揉み合わせ, を止め, を緩めました, を離さなかつ

▼ 暫く~ (7, 0.1%)

2 の同じ 1 になっ, の方, の星, を見あげ, を見つめ

▼ 暫く見つめ~ (7, 0.1%)

2 ていました, ている 1 ていた, て居る, て急

▼ 暫く~ (7, 0.1%)

1 からも放れ, だか, も口, も来ん, も物, も通さなかった, も黙っ

▼ 暫く黙った~ (7, 0.1%)

4 後に 1 が一人, ままで, 後

▼ 暫くあり~ (6, 0.1%)

1 てまた, て屹, て帰り見れ, て本堂, て此者狐貉, て立

▼ 暫くこれ~ (6, 0.1%)

1 にてお, に注目, をお, を慰むる, を措き, を預

▼ 暫くだまっ~ (6, 0.1%)

2 ていた, て歩い 1 て何, て肩

▼ 暫くゆく~ (6, 0.1%)

1 と其処, と彼, と矢庭, と突然, と自転車, と西岸

▼ 暫く其の~ (6, 0.1%)

1 ページを, 側を, 儘で, 儘に, 短銃を, 身を

▼ 暫く坐っ~ (6, 0.1%)

2 ていた, ている 1 ていました, てみた

▼ 暫く姿~ (6, 0.1%)

2 を見せない 1 を消し, を見せず, を見せなかった, を見せなかったで

▼ 暫く~ (6, 0.1%)

1 が動き, が波打つ, にもない, の中, を沈鬱, を静め

▼ 暫く措く~ (6, 0.1%)

1 としてとに角赤化防止, としても事, としても国内的, として普通, とする, 苟も物

▼ 暫く~ (6, 0.1%)

1 がつかなかった, が狂っ, のぬけた, を失った, を揉まなく, を詰め

▼ 暫く瞑目~ (6, 0.1%)

3 した 2 して 1 しそれからまた

▼ 暫く~ (6, 0.1%)

3 つた 1 ちました, つたら泣き出したんで, つと相生町

▼ 暫く考え込ん~ (6, 0.1%)

4 でいた 1 でいました, でしまった

▼ 暫く身動き~ (6, 0.1%)

2 もしなかった, もせず 1 も出来ない, を失

▼ 暫く遊ん~ (6, 0.1%)

1 でおいで, でお出で, でくれた, でゐ, でゐた, で行きませう

▼ 暫く~ (5, 0.1%)

1 たくし, つて, つて木の葉は, つて比良の, ふぐうちに

▼ 暫くうっとり~ (5, 0.1%)

2 とした 1 とし, とわが, と見上げ

▼ 暫く~ (5, 0.1%)

1 つとひろ子, つと目, つと相手, つと眺め, つと瞑目

▼ 暫くそんな~ (5, 0.1%)

1 ことを, 事に, 事を, 悪戯を, 話を

▼ 暫くだった~ (5, 0.1%)

21 な, ねえ, わねえさあ

▼ 暫くでも~ (5, 0.1%)

1 俺の, 安心な, 持って, 楽に, 黙って

▼ 暫くジッ~ (5, 0.1%)

1 として煤けた, と考え, と考え込ん, と見つめ, と鉄扉

▼ 暫く休ませ~ (5, 0.1%)

1 てある, てもらいたい, て下さいまし, て置い, て遣る

▼ 暫く休み~ (5, 0.1%)

1 いやに, て再び, 一と, 次にやや小形, 給へ

▼ 暫く佇立~ (5, 0.1%)

1 した, したが, して, んでおりました, んでその

▼ 暫く~ (5, 0.1%)

1 が乱された, なく身, を呑みました, を引い, を殺し

▼ 暫く彼等~ (5, 0.1%)

1 と朝夕, に, の間, を支配, を笑

▼ 暫く待て~ (5, 0.1%)

1 と仰有れ, と言っ, 吾を, 我れ, 百城を

▼ 暫く我慢~ (5, 0.1%)

3 して 1 をし, を願います

▼ 暫く~ (5, 0.1%)

1 の前, を動かし, を叩い, を無念そう, を開け閉て

▼ 暫く散歩~ (5, 0.1%)

1 した, しやがて, でもし, のふり, をつき合っ

▼ 暫く~ (5, 0.1%)

1 の事件, の如き, の美しい, の辺, の靜

▼ 暫く歩く~ (5, 0.1%)

1 うちに, と汗, と随心院, につれて先刻, 内に

▼ 暫く~ (5, 0.1%)

1 だまり込んで, と話し, に背, をてこずらせた, を笑わせ

▼ 暫く祈念~ (5, 0.1%)

1 いたして, した, しやがて, を凝らし, を凝らした

▼ 暫く突っ~ (5, 0.1%)

4 立って 1 立ったまま

▼ 暫く立ちどまっ~ (5, 0.1%)

1 ていた, てしきりに, て林, て眺め, て首

▼ 暫く~ (5, 0.1%)

3 いて 2 いた

▼ 暫く行った~ (5, 0.1%)

1 が又, とき, ところで, 処に, 時光子は

▼ 暫く見詰め~ (5, 0.1%)

2 ていた, てゐる 1 て居つた

▼ 暫く~ (5, 0.1%)

2 を寄せ 1 をとどめ, を屈し, を忍ばせ

▼ 暫く逗留~ (5, 0.1%)

4 して 1 させられること

▼ 暫く音信~ (5, 0.1%)

1 が絶え, が跡絶えた, もなく遠, も斷, も致しません

▼ 暫く~ (5, 0.1%)

2 っていた 1 した, して, つて

▼ 暫く黙し~ (5, 0.1%)

1 ていた, ておりました, てのち, て一座, て対

▼ 暫く黙つ~ (5, 0.1%)

1 たま, てこの, てしまいました, てみんな, てゐる

▼ 暫くあっけ~ (4, 0.1%)

2 に取られ 1 にとられ, にとられました

▼ 暫くいた~ (4, 0.1%)

2 そうだ 1 ことが, 頃に

▼ 暫くお前~ (4, 0.1%)

1 が見, と一緒, に任せ, の腹部

▼ 暫くします~ (4, 0.1%)

2 と次第に 1 とし, と多分

▼ 暫くため~ (4, 0.1%)

1 らつた, らつた後に, らつた後彼女は, らつてゐた

▼ 暫くつっ立っ~ (4, 0.1%)

2 ていた 1 て球, て見つめ

▼ 暫くながめ~ (4, 0.1%)

1 ていた, ていました, ておりました, ながら足

▼ 暫くなり~ (4, 0.1%)

1 と, ともお前, とも籍, と簾

▼ 暫くやっ~ (4, 0.1%)

3 ている 1 て見る

▼ 暫くボンヤリ~ (4, 0.1%)

1 する, と廊下, と眺め, と縁先

▼ 暫く世話~ (4, 0.1%)

1 になっ, になった, になる, をし

▼ 暫く何やら~ (4, 0.1%)

1 囁いて, 思ひださうと, 押問答を, 考え込んで

▼ 暫く何事~ (4, 0.1%)

1 かを尋, か協議, か考え, か考へ

▼ 暫く何処~ (4, 0.1%)

2 かへ行っ 1 か無茶苦茶, にか隠れ

▼ 暫く俯向~ (4, 0.1%)

4 いて

▼ 暫く~ (4, 0.1%)

2 と此女乞食 1 つと盃, つと落着

▼ 暫く~ (4, 0.1%)

1 と共に天下, に委, の顔, は油井伯

▼ 暫く問答~ (4, 0.1%)

2 をくり返し 1 すること, をかわし

▼ 暫く四辺~ (4, 0.1%)

1 をぶらつい, を見た, を見廻し, を警戒

▼ 暫く~ (4, 0.1%)

2 に昇り 1 を仰い, を忘れ

▼ 暫く~ (4, 0.1%)

1 に預ける, の蒼白い, の顔, を二階

▼ 暫く~ (4, 0.1%)

2 ては打 1 て来た, て羽織

▼ 暫く屋敷~ (4, 0.1%)

1 と私, の牢屋, を殴っ, を見詰め

▼ 暫く~ (4, 0.1%)

2 の上, の中

▼ 暫く彳ん~ (4, 0.1%)

3 でゐた 1 で居た

▼ 暫く~ (4, 0.1%)

1 して, じゃ, に行っ, をなさる

▼ 暫く~ (4, 0.1%)

1 が続いた, として耳, の方, や部落

▼ 暫く~ (4, 0.1%)

3 の上 1 に凭れ

▼ 暫く歩いた~ (4, 0.1%)

1 かと思ふ, のち老人が, 後お, 時彼等の

▼ 暫く~ (4, 0.1%)

2 へ漬け 1 を湛え, を見る

▼ 暫く泊っ~ (4, 0.1%)

1 てい, ていた, ている, て来る

▼ 暫く泣い~ (4, 0.1%)

1 てい, ていた, ておられる, て居られた

▼ 暫く滞留~ (4, 0.1%)

1 した, したので, して, し又

▼ 暫く立ちすくん~ (4, 0.1%)

1 でいた, でいる, で今, で居た

▼ 暫く立ち止まっ~ (4, 0.1%)

2 て目 1 ていた, て考え

▼ 暫く置い~ (4, 0.1%)

1 てあった, てもらう, て見たら分るだろう, て貰わなけれ

▼ 暫く考えこん~ (4, 0.1%)

1 でい, でいた, でから急, でしまった

▼ 暫く考へた~ (4, 0.1%)

1 が, がやはり, 後彼女は, 末微笑し

▼ 暫く~ (4, 0.1%)

1 がせか, の上, の中, の鼓動

▼ 暫く見ぬ~ (4, 0.1%)

2 間に 1 大熊は, 隙に

▼ 暫く見送っ~ (4, 0.1%)

2 ていた 1 ていました, て居りました

▼ 暫く雑談~ (4, 0.1%)

1 が続き, をし, をした, を取交した

▼ 暫く黙り込ん~ (4, 0.1%)

1 でいた, でしまいました, でそれ, で自分

▼ 暫く黙祷~ (4, 0.1%)

2 して 1 をし, をつ

▼ 暫くあの~ (3, 0.0%)

1 空家へでも, 能役者崩れは, 音を

▼ 暫く~ (3, 0.0%)

1 ていや, て上げよう, て私

▼ 暫くうとうと~ (3, 0.0%)

1 したかと, して, とした

▼ 暫くぐずつい~ (3, 0.0%)

3 ていた

▼ 暫くこうして~ (3, 0.0%)

1 いて, 塀の, 納まり込んで

▼ 暫くそうした~ (3, 0.0%)

1 まま舞台を, 幻を, 沈黙が

▼ 暫くそうして~ (3, 0.0%)

1 聴いて, 頭の, 馬鹿の

▼ 暫くたたずん~ (3, 0.0%)

2 でいた 1 で彼女

▼ 暫く~ (3, 0.0%)

2 つとして 1 つとバナナ

▼ 暫くつづい~ (3, 0.0%)

1 てい, ていた, てからぴたり

▼ 暫くという~ (3, 0.0%)

2 ものは 1 ものぽつねんと

▼ 暫くなら~ (3, 0.0%)

1 いいから, 氣は, 誰でも

▼ 暫くひっそり~ (3, 0.0%)

2 となっ 1 とした

▼ 暫くひとり~ (3, 0.0%)

1 で, でこの, で考え

▼ 暫くみつめ~ (3, 0.0%)

2 てゐた 1 ていた

▼ 暫くみんな~ (3, 0.0%)

1 の顏, は莨, 黙ってたが

▼ 暫くもの~ (3, 0.0%)

2 に憑かれた 1 も云

▼ 暫く~ (3, 0.0%)

1 そこらに, るから, 通り越して

▼ 暫くヂッ~ (3, 0.0%)

1 としてゐろ, と凝視め, と黙つた

▼ 暫く一個~ (3, 0.0%)

3 の仮定説

▼ 暫く一座~ (3, 0.0%)

1 の人々, はそれ, は黙っ

▼ 暫く下る~ (3, 0.0%)

1 と小屋, と河原, と雪渓

▼ 暫く世間話~ (3, 0.0%)

2 をし 1 をもした

▼ 暫く中止~ (3, 0.0%)

1 して, する, するよう

▼ 暫く京都~ (3, 0.0%)

2 に寓 1 に遊ん

▼ 暫く~ (3, 0.0%)

1 はない, はなかつた, ひ損つて

▼ 暫く会えない~ (3, 0.0%)

1 じゃない, には違い, ね

▼ 暫く住ん~ (3, 0.0%)

2 でいた 1 で死体運搬人

▼ 暫く~ (3, 0.0%)

1 ないんで, なかつたので, ねえから

▼ 暫く保養~ (3, 0.0%)

1 した身体, して, に来

▼ 暫く~ (3, 0.0%)

1 が預かろう, だよ, の注意

▼ 暫く其處~ (3, 0.0%)

1 に在, に滯在, に腰

▼ 暫く勤め~ (3, 0.0%)

1 ていた, ている, てゐた

▼ 暫く叩い~ (3, 0.0%)

1 たり声, ていた, てゐた

▼ 暫く呆れた~ (3, 0.0%)

1 やうに, ように, 口が

▼ 暫く~ (3, 0.0%)

1 が途切れた, は途切, をし

▼ 暫く~ (3, 0.0%)

1 つてから, つて居た, つて眼を

▼ 暫く~ (3, 0.0%)

1 の肌, の顔, をやすまし

▼ 暫く左右~ (3, 0.0%)

1 に揺れ, の丘, を待ち奉る

▼ 暫く~ (3, 0.0%)

1 につかなかった, をあけ, を外し

▼ 暫く待たせ~ (3, 0.0%)

1 て置いた, て貰, 給へとて

▼ 暫く待ち~ (3, 0.0%)

21 たまへ

▼ 暫く忍ん~ (3, 0.0%)

1 でおい, でおりました, で吾人

▼ 暫く惘然~ (3, 0.0%)

1 とし, とした, と佇ん

▼ 暫く~ (3, 0.0%)

1 れを, を忘れ, を忘れた

▼ 暫く戸口~ (3, 0.0%)

1 に佇ん, に立っ, に立った

▼ 暫く手紙~ (3, 0.0%)

1 が来なかった, を出さなかった, を書きませんでした

▼ 暫く拝借~ (3, 0.0%)

1 させて, して, すること

▼ 暫く旅行~ (3, 0.0%)

1 したり, して, をする

▼ 暫く~ (3, 0.0%)

1 がたった, が經過, を過した

▼ 暫く~ (3, 0.0%)

1 につき, の前, を置い

▼ 暫く~ (3, 0.0%)

1 てなほ時刻, て日傘, て貰っ

▼ 暫く来ない~ (3, 0.0%)

1 が何うし, よと云っ, んだ

▼ 暫く~ (3, 0.0%)

2 のやう 1 のよう

▼ 暫く止まっ~ (3, 0.0%)

1 ていた, ておりました, て一年

▼ 暫く歩き~ (3, 0.0%)

1 ながら話した, やがて溜息, 餌を

▼ 暫く江戸~ (3, 0.0%)

1 から姿, から足, の同志

▼ 暫く~ (3, 0.0%)

1 が平和, の向, の深い

▼ 暫く火鉢~ (3, 0.0%)

2 に手 1 のところ

▼ 暫く無沙汰~ (3, 0.0%)

2 をし 1 をした

▼ 暫く煮た~ (3, 0.0%)

2 ものです 1 時玉子の

▼ 暫く~ (3, 0.0%)

1 ぐるような, を存, を存す

▼ 暫く登っ~ (3, 0.0%)

1 てから沢, て尾根, て往

▼ 暫く相手~ (3, 0.0%)

1 の意味, の腹, を見守っ

▼ 暫く睨みつけ~ (3, 0.0%)

1 ていた, てから孝之進, て黙っ

▼ 暫く~ (3, 0.0%)

1 に心魂, に遠ざかっ, を眺めた

▼ 暫く稽古~ (3, 0.0%)

1 しましたが, をし, を見

▼ 暫く~ (3, 0.0%)

1 から眺め, の方, へ寄つて

▼ 暫く立ち~ (3, 0.0%)

1 て沈吟, 停りむす子, 會つ

▼ 暫く立つた~ (3, 0.0%)

1 ので焼けた, 後である, 時の

▼ 暫く立話~ (3, 0.0%)

3 をし

▼ 暫く~ (3, 0.0%)

2 を見つめ 1 をめくる

▼ 暫く絶え~ (3, 0.0%)

1 てしまいました, て大日坂, 御老中

▼ 暫く絶句~ (3, 0.0%)

2 して 1 した

▼ 暫く続いた~ (3, 0.0%)

1 が軈て, が魂, のち流石に

▼ 暫く続く~ (3, 0.0%)

1 うちに, がこちら, 内に

▼ 暫く縁側~ (3, 0.0%)

1 から福松, に這い屈ん, を往きつ戻りつし

▼ 暫く~ (3, 0.0%)

2 を組ん 1 組んで

▼ 暫く~ (3, 0.0%)

2 を落着け 1 をおろし

▼ 暫く良人~ (3, 0.0%)

2 と自分 1 の手元

▼ 暫く苦しい~ (3, 0.0%)

2 歩みを 1 対座を

▼ 暫く~ (3, 0.0%)

1 つて, と一人, を廃す

▼ 暫く見とれ~ (3, 0.0%)

2 ていた 1 てゐる

▼ 暫く見合~ (3, 0.0%)

1 した方, つたま, はす

▼ 暫く覗い~ (3, 0.0%)

1 ていた, ています, て居りました

▼ 暫く話題~ (3, 0.0%)

1 となった, に上った, の花形

▼ 暫く論外~ (3, 0.0%)

1 として, として置く, に置く

▼ 暫く返事~ (3, 0.0%)

1 に困っ, もしなかつた, もない

▼ 暫く返辞~ (3, 0.0%)

1 がなかっ, が無かっ, もしなかった

▼ 暫く途絶え~ (3, 0.0%)

1 てはまた, て居, 三藏は

▼ 暫く進ん~ (3, 0.0%)

1 ではまた, でようやく, で行く

▼ 暫く遠慮~ (3, 0.0%)

1 して, せい, 致せ

▼ 暫く部屋~ (3, 0.0%)

1 に漂う, の中, の隅々

▼ 暫く~ (3, 0.0%)

2 の処 1 の閉まった

▼ 暫く~ (3, 0.0%)

1 に相手, に眼, の中

▼ 暫く隠れ~ (3, 0.0%)

1 てあらん, ていた, ております

▼ 暫く~ (3, 0.0%)

1 がなかつた, を立て, を聞い

▼ 暫く養生~ (3, 0.0%)

2 をする 1 して

▼ 暫くあっ気~ (2, 0.0%)

2 にとられ

▼ 暫くあつ~ (2, 0.0%)

1 ちこつち読んで, ぷあつぷしてゐておもむろに

▼ 暫くあと~ (2, 0.0%)

1 で机竜, をつけ

▼ 暫くあなた~ (2, 0.0%)

2 に会

▼ 暫くある~ (2, 0.0%)

1 名代の, 暖かい海岸

▼ 暫くいじっ~ (2, 0.0%)

1 ていた, ている

▼ 暫くいる~ (2, 0.0%)

1 かと思う, がいい

▼ 暫くうつむい~ (2, 0.0%)

1 ていました, て考

▼ 暫くうろうろ~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 暫くお喋り~ (2, 0.0%)

1 の糸, を続け

▼ 暫くかう~ (2, 0.0%)

1 した島に, やつて

▼ 暫くかかっ~ (2, 0.0%)

1 てモスク, て漸く

▼ 暫く~ (2, 0.0%)

1 一番行ける, 間で

▼ 暫くこう~ (2, 0.0%)

1 いったまま, して

▼ 暫くこの世~ (2, 0.0%)

1 に降り, を忘れる

▼ 暫くこんな~ (2, 0.0%)

1 ところで, ところに

▼ 暫く~ (2, 0.0%)

1 安臥なさりませ, 辛抱願いましょう

▼ 暫くごたごた~ (2, 0.0%)

1 した後, した町並

▼ 暫くじいっと~ (2, 0.0%)

1 して, 顔を

▼ 暫くじゃ~ (2, 0.0%)

1 ッた, 辛抱せい

▼ 暫くその小さな~ (2, 0.0%)

2 道標の

▼ 暫くたて~ (2, 0.0%)

2

▼ 暫くためらっ~ (2, 0.0%)

2 ていた

▼ 暫くためらった~ (2, 0.0%)

2 後に

▼ 暫くたゆたっ~ (2, 0.0%)

1 ていた, てから

▼ 暫くつき~ (2, 0.0%)

2 あつて

▼ 暫くつづいた~ (2, 0.0%)

1 のは, 敵中の

▼ 暫くどうしても~ (2, 0.0%)

1 がんりきに, 寝つかれなかった

▼ 暫くどうぞ~ (2, 0.0%)

1 お待ち下さい, 彼は

▼ 暫くどこ~ (2, 0.0%)

1 へか姿, へ行った

▼ 暫く~ (2, 0.0%)

1 お姉さま, ていた

▼ 暫くぶらぶら~ (2, 0.0%)

1 して, と揺れ

▼ 暫く~ (2, 0.0%)

1 さり, つさりとして

▼ 暫く~ (2, 0.0%)

1 あてなく歩いて, に感

▼ 暫くやんねえ~ (2, 0.0%)

1 から, から煙草

▼ 暫くベッド~ (2, 0.0%)

1 で煙草, の上

▼ 暫くホーム~ (2, 0.0%)

1 に立つ, の柱

▼ 暫くポカン~ (2, 0.0%)

1 とした, として丁度駄夫

▼ 暫くモジモジ~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 暫くラジオ~ (2, 0.0%)

2 をきい

▼ 暫く一同~ (2, 0.0%)

1 の拍手, 黙って

▼ 暫く一心に~ (2, 0.0%)

1 英学に, 視つめ

▼ 暫く三人~ (2, 0.0%)

1 の子供, は仲太郎

▼ 暫く~ (2, 0.0%)

1 を向い, を眺め

▼ 暫く不問~ (2, 0.0%)

1 に置かれる, に附し

▼ 暫く両手~ (2, 0.0%)

1 で膝頭, のみビク

▼ 暫く両親~ (2, 0.0%)

1 と四国地方, のそば

▼ 暫く~ (2, 0.0%)

1 の様子, の気配

▼ 暫く久慈~ (2, 0.0%)

1 のこと, の顔

▼ 暫く二階~ (2, 0.0%)

1 の六畳, の自分

▼ 暫く~ (2, 0.0%)

1 はない, ひ争つた後

▼ 暫く互に~ (2, 0.0%)

1 打付けこ, 顔を

▼ 暫く交際~ (2, 0.0%)

1 さして, も途絶え

▼ 暫く~ (2, 0.0%)

1 も住まない, を斬らん

▼ 暫く仕事~ (2, 0.0%)

1 をした, をしつづけ

▼ 暫く休め~ (2, 0.0%)

1 そして頭, 甘美なる

▼ 暫く休養~ (2, 0.0%)

1 した上, せねば

▼ 暫く低い~ (2, 0.0%)

1 聲で, 話声が

▼ 暫く~ (2, 0.0%)

1 の修業三昧, の姿

▼ 暫く借りる~ (2, 0.0%)

1 ことに, よ

▼ 暫く内部~ (2, 0.0%)

1 の人, の泣声

▼ 暫く凝っ~ (2, 0.0%)

1 とそっち, と眺め

▼ 暫く凝然~ (2, 0.0%)

1 として居, と見入つた

▼ 暫く~ (2, 0.0%)

1 て来なかった, て来なかつた

▼ 暫く出られない~ (2, 0.0%)

1 と思, と思った

▼ 暫く別居~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 暫く協議~ (2, 0.0%)

2 を重ねた

▼ 暫く双方~ (2, 0.0%)

1 の棚, の間

▼ 暫く受話器~ (2, 0.0%)

1 を彼, を握っ

▼ 暫く~ (2, 0.0%)

1 に折れ, の肩

▼ 暫く合掌~ (2, 0.0%)

1 して, してから

▼ 暫く吉原~ (2, 0.0%)

1 に通っ, へ往かず

▼ 暫く名刺~ (2, 0.0%)

1 の表, を見詰め

▼ 暫く名残り~ (2, 0.0%)

1 を惜しみつ, 惜し気

▼ 暫く向う~ (2, 0.0%)

1 へ行っ, を歩き廻っ

▼ 暫く~ (2, 0.0%)

2 んやりし

▼ 暫く呆気~ (2, 0.0%)

2 にとられ

▼ 暫く呪文~ (2, 0.0%)

2 を唱え

▼ 暫く~ (2, 0.0%)

2 はない

▼ 暫く問はず~ (2, 0.0%)

1 その又, 比較的近い

▼ 暫く嘔吐~ (2, 0.0%)

2 を催し

▼ 暫く囁い~ (2, 0.0%)

2 て居りました

▼ 暫く~ (2, 0.0%)

1 として眠っ, へ帰った

▼ 暫く堪え~ (2, 0.0%)

1 ている, てゐたなら

▼ 暫く場内~ (2, 0.0%)

1 をあちこち, を廻っ

▼ 暫く~ (2, 0.0%)

1 に凭れ, を見上げ

▼ 暫く塩水~ (2, 0.0%)

2 へ漬け

▼ 暫く天井~ (2, 0.0%)

1 を見, を見詰め

▼ 暫く~ (2, 0.0%)

1 な問答, に白んだ

▼ 暫く~ (2, 0.0%)

1 と一緒, を見降し

▼ 暫く学事~ (2, 0.0%)

2 を抛擲

▼ 暫く安静~ (2, 0.0%)

1 にさせとけ, にし

▼ 暫く~ (2, 0.0%)

1 が途切れた, の絶間

▼ 暫く寒い~ (2, 0.0%)

1 河原に, 風に

▼ 暫く~ (2, 0.0%)

1 して, す神仙

▼ 暫く~ (2, 0.0%)

1 ながら様子, に帰らなかつた

▼ 暫く寝かし~ (2, 0.0%)

1 て置きました, て置く

▼ 暫く~ (2, 0.0%)

1 に預け, の嬰児

▼ 暫く小康~ (2, 0.0%)

1 がつづいた, を得た

▼ 暫く小説~ (2, 0.0%)

2 を書かない

▼ 暫く小首~ (2, 0.0%)

1 を傾け, を傾げ

▼ 暫く居た~ (2, 0.0%)

1 ことが, 脳病院の

▼ 暫く~ (2, 0.0%)

1 の眞中, の路

▼ 暫く差控~ (2, 0.0%)

1 ていた, へて置かう

▼ 暫く帰っ~ (2, 0.0%)

1 てこなかった, て来ない

▼ 暫く常陸~ (2, 0.0%)

1 へ参った, へ行っ

▼ 暫く平地~ (2, 0.0%)

1 でもう, になっ

▼ 暫く~ (2, 0.0%)

1 で帳場, の側

▼ 暫く~ (2, 0.0%)

2 を外した

▼ 暫く座敷~ (2, 0.0%)

1 で語つて, を休んだ

▼ 暫く~ (2, 0.0%)

1 の上, の雪景色

▼ 暫く康子~ (2, 0.0%)

2 は眼もと

▼ 暫く延引~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 暫く強い~ (2, 0.0%)

1 ても此那家, 発作は

▼ 暫く形勢~ (2, 0.0%)

1 をみ, を察し

▼ 暫く彼処~ (2, 0.0%)

1 に匿, のベンチ

▼ 暫く待たされた~ (2, 0.0%)

1 けれどやがて, 後調室に

▼ 暫く待つた~ (2, 0.0%)

1 が歸つて來, が誰

▼ 暫く後で~ (2, 0.0%)

1 御座居ました, 発病した

▼ 暫く忍び~ (2, 0.0%)

1 がたきを, 留りて

▼ 暫く応対~ (2, 0.0%)

1 して, をし

▼ 暫く~ (2, 0.0%)

1 る有名, 物に

▼ 暫く~ (2, 0.0%)

2 吟じて

▼ 暫く打つ~ (2, 0.0%)

1 ちやつて置いた, のを

▼ 暫く抱い~ (2, 0.0%)

1 ている, てやらない

▼ 暫く捜し~ (2, 0.0%)

1 ておりました, てから諦める

▼ 暫く放心~ (2, 0.0%)

1 したよう, して

▼ 暫く~ (2, 0.0%)

1 が暮れない, を掩うた

▼ 暫く日本~ (2, 0.0%)

1 から離れ, を遠のきなさいまし

▼ 暫く昔話~ (2, 0.0%)

1 が続けられた, をした

▼ 暫く時機~ (2, 0.0%)

1 を待たう, を待っ

▼ 暫く~ (2, 0.0%)

1 の中, をたどる

▼ 暫く暗い~ (2, 0.0%)

1 中に, 陰気な

▼ 暫く暮し~ (2, 0.0%)

1 てくれ, て見

▼ 暫く書く~ (2, 0.0%)

2 のを

▼ 暫く朝子~ (2, 0.0%)

1 の手許, は傍

▼ 暫く朝鮮~ (2, 0.0%)

2 に住ん

▼ 暫く期間~ (2, 0.0%)

2 を置い

▼ 暫く~ (2, 0.0%)

1 を悦ばせた, 切れて

▼ 暫く杜絶~ (2, 0.0%)

1 えるところ, せしが

▼ 暫く~ (2, 0.0%)

1 によりかかった, に掴まつ

▼ 暫く案じ~ (2, 0.0%)

1 てからいった, て居た

▼ 暫く榾火~ (2, 0.0%)

2 を焚き立てた

▼ 暫く樣子~ (2, 0.0%)

1 を見, を見る

▼ 暫く死体~ (2, 0.0%)

1 の位置, を凝視

▼ 暫く~ (2, 0.0%)

1 と話し, のところ

▼ 暫く泊る~ (2, 0.0%)

1 ことに, の

▼ 暫く注視~ (2, 0.0%)

1 して, を怠らない

▼ 暫く~ (2, 0.0%)

1 や海, 打ち際

▼ 暫く深い~ (2, 0.0%)

1 思案に, 沈黙に

▼ 暫く滯在~ (2, 0.0%)

1 して, すると

▼ 暫く漬け~ (2, 0.0%)

1 ておい, て冷たく

▼ 暫く炬燵~ (2, 0.0%)

1 にあ, にあたっ

▼ 暫く無心~ (2, 0.0%)

2 に余所見

▼ 暫く無意味~ (2, 0.0%)

2 な音

▼ 暫く無理~ (2, 0.0%)

1 はされない, を通して道理

▼ 暫く無駄話~ (2, 0.0%)

2 をし

▼ 暫く煙草~ (2, 0.0%)

1 を吸う, を吹かした

▼ 暫く~ (2, 0.0%)

1 てから牛乳五勺, て川

▼ 暫く~ (2, 0.0%)

1 の死, は上らなかった

▼ 暫く~ (2, 0.0%)

1 豫され, 豫し

▼ 暫く猶予~ (2, 0.0%)

1 され度, して

▼ 暫く~ (2, 0.0%)

2 せえ

▼ 暫く町角~ (2, 0.0%)

2 に突っ

▼ 暫く疑問~ (2, 0.0%)

1 としなけれ, の儘

▼ 暫く病気~ (2, 0.0%)

1 をやった, を感じない

▼ 暫く~ (2, 0.0%)

1 争って, 別れて

▼ 暫く相談~ (2, 0.0%)

1 が始まった, して

▼ 暫く~ (2, 0.0%)

1 つて, つてる

▼ 暫く眠っ~ (2, 0.0%)

1 てみる, て何

▼ 暫く睨み合い~ (2, 0.0%)

1 の姿, 悠々と

▼ 暫く矢代~ (2, 0.0%)

1 を瞶め笑顔一つ, を見つけなかった

▼ 暫く~ (2, 0.0%)

1 に休ん, の上

▼ 暫く私達~ (2, 0.0%)

1 の奇縁, の腕前

▼ 暫く秘密~ (2, 0.0%)

1 にし, を守れり

▼ 暫く~ (2, 0.0%)

2 立って

▼ 暫く窓外~ (2, 0.0%)

1 を見, を見た

▼ 暫く立ちどま~ (2, 0.0%)

1 つてし, つて見

▼ 暫く立ち尽し~ (2, 0.0%)

1 ていた, て耳朶

▼ 暫く立ち止っ~ (2, 0.0%)

1 ている, ては周囲

▼ 暫く立ち話~ (2, 0.0%)

2 をし

▼ 暫く立った~ (2, 0.0%)

1 のち彼女たちは, 後に

▼ 暫く立て~ (2, 0.0%)

1 ばまた, 五年經つた後で

▼ 暫く~ (2, 0.0%)

1 へず, を待っ

▼ 暫く続け~ (2, 0.0%)

1 て居りました, て観測

▼ 暫く群れ~ (2, 0.0%)

1 てゐる, て動かず

▼ 暫く考へる~ (2, 0.0%)

1 必要が, 様に

▼ 暫く胸騒ぎ~ (2, 0.0%)

2 をおさえ

▼ 暫く腕組~ (2, 0.0%)

2 をし

▼ 暫く腰かけ~ (2, 0.0%)

1 ていた, て居た

▼ 暫く自己~ (2, 0.0%)

1 の精錬, の要求

▼ 暫く致します~ (2, 0.0%)

2 と部屋

▼ 暫く苦し~ (2, 0.0%)

1 さうにばたばた, 相な

▼ 暫く~ (2, 0.0%)

1 を附き合っ, を飲み

▼ 暫く茶の間~ (2, 0.0%)

1 に一つ火鉢, の中央

▼ 暫く茶店~ (2, 0.0%)

1 に休ん, は閑散

▼ 暫く~ (2, 0.0%)

1 を口, を持った

▼ 暫く~ (2, 0.0%)

1 付いて, 付いてるので

▼ 暫く蒲団~ (2, 0.0%)

1 の上, を着

▼ 暫く~ (2, 0.0%)

2 掻いた

▼ 暫く~ (2, 0.0%)

1 の姿, をじ

▼ 暫く行かない~ (2, 0.0%)

1 でいる, と向う

▼ 暫く見えない~ (2, 0.0%)

1 から断念め, と思つて

▼ 暫く見なかつた~ (2, 0.0%)

2 間に

▼ 暫く見上げ~ (2, 0.0%)

1 ていた, てゐた

▼ 暫く見守っ~ (2, 0.0%)

2 ていた

▼ 暫く見惚れ~ (2, 0.0%)

1 ていた, て居た

▼ 暫く見据え~ (2, 0.0%)

2 ていた

▼ 暫く観察~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 暫く~ (2, 0.0%)

1 ひあらそひました, ひ争つて

▼ 暫く~ (2, 0.0%)

1 が絶え, も出なかつた

▼ 暫く話した~ (2, 0.0%)

1 がその後瀬越さん, 後一しょに

▼ 暫く~ (2, 0.0%)

2 を交え

▼ 暫く読書~ (2, 0.0%)

2 する

▼ 暫く読者~ (2, 0.0%)

1 の寛恕, の想像

▼ 暫く調べ~ (2, 0.0%)

1 ていた, て一応

▼ 暫く謹慎~ (2, 0.0%)

1 して, を表する

▼ 暫く貸し~ (2, 0.0%)

1 て教え, て貰う

▼ 暫く走った~ (2, 0.0%)

1 がやがて, と思う

▼ 暫く~ (2, 0.0%)

1 の父親, を憎

▼ 暫く蹲ん~ (2, 0.0%)

1 でいた, でみた

▼ 暫く~ (2, 0.0%)

1 の速度, を走らせた

▼ 暫く辛棒~ (2, 0.0%)

1 して, し給

▼ 暫く追いかけ~ (2, 0.0%)

1 て来る, て見た

▼ 暫く途切れた~ (2, 0.0%)

1 二人の, 客の

▼ 暫く途方~ (2, 0.0%)

2 に暮れ

▼ 暫く逢わなかった~ (2, 0.0%)

1 な, ネー

▼ 暫く進む~ (2, 0.0%)

1 と, と右

▼ 暫く遅く~ (2, 0.0%)

1 なつて失敬, 春花謝せん

▼ 暫く過ぎ~ (2, 0.0%)

1 て思い出した, て腸

▼ 暫く~ (2, 0.0%)

2 を聞い

▼ 暫く~ (2, 0.0%)

1 れて, れる時

▼ 暫く雛形~ (2, 0.0%)

2 を見

▼ 暫く離れ~ (2, 0.0%)

1 て人間本来, て今

▼ 暫く~ (2, 0.0%)

1 に蔽, を眺め

▼ 暫く~ (2, 0.0%)

1 に聽耳, 止して

▼ 暫く~ (2, 0.0%)

2 の手

▼ 暫く順一~ (2, 0.0%)

2 はそれ

▼ 暫く~ (2, 0.0%)

1 つて下女代にでも, つて置く

▼ 暫く~ (2, 0.0%)

1 を合, を押

▼ 暫く驚いた~ (2, 0.0%)

1 ような, 顔で

▼ 暫く高座~ (2, 0.0%)

1 が空虚, を休ん

▼ 暫く鳴り~ (2, 0.0%)

1 をしずめ, を静め

▼ 暫く黙つた~ (2, 0.0%)

1 まま同じ, 時彼は

▼ 暫く黙然~ (2, 0.0%)

1 とし, として歩き続けた

▼1* [1494件]

暫くあおぐうちに, 暫くあきれている, 暫くあさりあるいたが, 暫くあしらい後ろへ, 暫くあすこを見張っ, 暫くあそこに泊っ, 暫くあたってたが黙っ, 暫くあちこち見て, 暫くあちらで暮す, 暫くあちらこちらさまようて, 暫くあっちへ行っ, 暫くあっぷあっぷして, 暫くあらぬ方を, 暫くあるじ側の説明, 暫くあれで待っ, 暫くあわずにいた, 暫くあんぐりと口, 暫くいくと水中聴音器, 暫くいつもの様, 暫くいふべき言葉を, 暫くいろいろな話, 暫くうかがってから林, 暫くうす笑ひ, 暫くうつうつとし, 暫くうまいアイスクリームなんか, 暫くうるさい岡ッ引の, 暫くおいて水中, 暫くおとなしく寝て, 暫くおもての海, 暫くおもちゃにし, 暫くお上んなす, 暫くお互い黙黙として, 暫くお出でにならない, 暫くお客が絶え, 暫くお山を拝借, 暫くお手本を見せ, 暫くお玉が池, 暫くお目にかからなかったが今宵, 暫くお目にかかる事は, 暫くお立ちにならない, 暫くお萩の傍, 暫くお話して, 暫くお隠れなすって, 暫くかう呼ばして下さい, 暫くかくまって貰おう, 暫くかくれやうと, 暫くかたくなな心, 暫くかまわずに置く, 暫くかわしていた, 暫くがまんして, 暫くがやがやとして居た, 暫くきいていた, 暫くきこえてやがて, 暫くぐずぐずして, 暫くッち, 暫くこうした幻影が, 暫くこそこそして, 暫くこちらを見ない, 暫くこっちで休ん, 暫くこつちへも來, 暫くこなかったねえどう, 暫くこらへて, 暫くこれからその湯屋, 暫くころがつて, 暫くころがっていた, 暫くごそごそと物音, 暫くごぶさたして, 暫くごろんと寝転ん, 暫くさうやつて, 暫くさきほどの母, 暫くさし措いても, 暫くさまよって見た, 暫くさわっていました, 暫くしずまったと思う, 暫くしたら知らぬ本屋から, 暫くしっかりと抱きしめ, 暫くしましたら紅茶を, 暫くしますれば庵, 暫くしんみりと話した, 暫くじつとしてゐる, 暫くそういう光景を, 暫くそういったまま黙っ, 暫くそつとして置い, 暫くそばについ, 暫くそれらを眺め, 暫くたい子さんと二人, 暫くたじろいだが再び, 暫くただ意味も, 暫くたちどまつてぢいと, 暫くたった頃すやすや, 暫くたっての後であった, 暫くたよりがない, 暫くだまつてゐたが, 暫くだまりこみ祖父ちゃんは, 暫くちゃんと坐って, 暫くッぷしていたがそれっきり老人の, 暫くつっ立ったまま徳蔵の, 暫くつっ立ってるうちに, 暫くつづくと何, 暫くであったな, 暫くですね, 暫くとぎれて, 暫くところが変ります, 暫くとして物に, 暫くとじこもって一つ, 暫くとても手紙は, 暫くとどまって兵馬, 暫くとまどひした, 暫くとよが雨空を, 暫くとろとろとして何, 暫くつぺ, 暫くどうもお前さんも, 暫くどうも宜くお出, 暫くどっちに行こう, 暫くなんの思案, 暫くにても妻を, 暫くにらみあふ処に, 暫くのこして見よう, 暫くのんびりし給え, 暫くはずして下さい, 暫くはなれて未来, 暫くはまるで夢の, 暫くはやって行ける, 暫くばったりとやんだ, 暫くひびいていた, 暫くふくらんでいた, 暫くふり返つて秋川家, 暫くぶらついている, 暫くぶらつきヂョーヂ・スィドモア氏の, 暫くほかへ行つて, 暫くーとして, 暫くぼくたちを更にほれぼれ, 暫くぽかんと坐ったまま, 暫くぽつんとして, 暫くづわが, 暫くまごつくに相違, 暫くまだ夢の, 暫くまどろんだと思ふ, 暫くまアめっきり尤, 暫くてから寝, 暫くみち子は泣きじ, 暫くむざんな姿を眺め, 暫くもいかが忘れん, 暫くもし早速だが, 暫くもまれもまれている, 暫くもみ合っている, 暫くもみ合ってるうち牝は, 暫くやがて空井戸の, 暫くやすみなさいと云っ, 暫くやって来ないとすぐ, 暫くやつて置い, 暫くやらないから巧, 暫くやり過ごしてからの事, 暫くやり過しませうか飯田町, 暫くゆるしてもらいたい, 暫くより合ってし, 暫くわが為さんやう, 暫くわざとのよう, 暫くわたくしを凝視, 暫くわれをば一間, 暫くゐた辻野君は, 暫くゐらしつて下さいまし, 暫くアストオル吸入器を用, 暫くアトリヱにブラブラ, 暫くアリョーシャはニーナ, 暫くアルプスにいた, 暫くイタリーのマカロニ, 暫くウロ付いて, 暫くカフェーの女給, 暫くクロオチエの議論, 暫くクンクン云って, 暫くグレゴリーと並ん, 暫くゴタゴタして, 暫くザワザワしてから, 暫くジット考えて, 暫くジツとして林, 暫くジロジロと迂散, 暫くスポーツで鍛えられた, 暫くタバコをふかし, 暫くダアルベルグの顏, 暫くダンサーをし, 暫くダンスに行かない, 暫くチラチラと, 暫くヂツと考へ, 暫くテレていました, 暫くデッキに出, 暫くトゥウェルスカヤ通りを上下, 暫くドアの前, 暫くドブ渫いでも, 暫くナポレオンの顔, 暫くノックしても, 暫くノートの表, 暫くハッタと薄暗い, 暫くバラツク建ての待合, 暫くパチクリし, 暫くブラブラ歩いて, 暫くプログラムの表面, 暫くペンをもった, 暫くホツと胸, 暫くボソボソやって, 暫くムズムズとし, 暫くモーニングの背, 暫くラケットをひっくりかえし, 暫くランプのしん, 暫くレコオドを聽, 暫くレーニングラッドの讚美, 暫くロンドンで記者生活, 暫く一人首をかしげ, 暫く一夕の名残, 暫く一室はカサコソ, 暫く一寸一服し, 暫く一錢の銅貨, 暫く一面に掻き廻し, 暫く三稜鏡をい, 暫くになり, 暫く上京するので, 暫く上人は物, 暫く上坂の細君, 暫く上海の日本人, 暫く下りて来なかった, 暫く下化衆生の逸る, 暫く下女のお, 暫く下宿をし, 暫く下手人になつ, 暫く下界に住ん, 暫く不器用に言葉, 暫く不在のうち, 暫く不妊であるの, 暫く不快な慄, 暫くの成行, 暫く両方の瞳, 暫く両端を挙げれ, 暫く中庭の美し, 暫く中断されて, 暫く中絶の有様, 暫く中腰になり, 暫く主人の研究, 暫く乗って行く, 暫く乘つてずつと延ばした, 暫く九州に行っ, 暫く乞食の顔, 暫くを呑ん, 暫く乾くことが, 暫く乾されて弛みし, 暫くの房, 暫くを歴史, 暫く事件を秘密, 暫く二の句がつげなくなっ, 暫く二川家に立寄っ, 暫く二枚の書簡箋, 暫く二親の顔, 暫く二郎はそう, 暫く云はず明治二十六年の昔, 暫く些細な問答, 暫く京子の姿, 暫くにかけ, 暫く人々の耳目, 暫く人事の匆忙, 暫く人事不省であったの, 暫く人人の話, 暫く人手に委ね, 暫く人足が絶え, 暫く人通りの絶えた, 暫く人間を一人, 暫く人間界に留まりし, 暫くの拍子, 暫く仏印の林野局, 暫く仏壇の前, 暫く仔細に見くらべる, 暫く國に, 暫く他事の煩い, 暫く他意のない, 暫く代って女, 暫く以前のこと, 暫く仮りに青嵐, 暫く仮定説として次, 暫く仮宮に使つて, 暫く仰向いて星, 暫く仰向けに寝そべっ, 暫く仲間の一人, 暫く伊勢に留まつ, 暫く伊庭の逞, 暫く伏せられてい, 暫く休みますぜ, 暫く休らひぬ, 暫く休らいだかのよう, 暫く休んだのでかえって, 暫く休学して, 暫く休職官吏として退屈, 暫く会はずに経過, 暫く会わないで置こう, 暫く会わぬが加, 暫く会葬者たちの噂, 暫く伸子はその, 暫くいいお, 暫く低徊せざるを, 暫く佐吉の身體, 暫くをあずける, 暫く体躯全体から湧き立つ, 暫く何ごとかを考へる, 暫く何れへか身, 暫く何時もお達者, 暫く併行して, 暫く使って見た, 暫く使はずに藏つて, 暫く依田さんと青年, 暫く便所の中, 暫く合って, 暫く保留して, 暫く保証して, 暫く信子氏と相, 暫く俯いて黙っ, 暫く俳句界に遠ざかる, 暫く倒れている, 暫く借宅をせね, 暫く倦怠と懶惰, 暫く停車するため, 暫く停頓した, 暫くにつっ立っ, 暫く働かせて戴い, 暫くの方, 暫く先生の所, 暫くに向っ, 暫く入院して, 暫く八丁堀の笹野樣, 暫く公判をきい, 暫くを眺める, 暫く其危険を避け, 暫く其壮観に見惚れ, 暫く其弊を言わずし, 暫く其方を見送っ, 暫く其綺麗な白い, 暫く其縁を下る, 暫く其葉蔭に佇んだ, 暫く其處らをウソ, 暫く其通りして, 暫くに向, 暫く内密にし, 暫く冗談口を利い, 暫く写生を続け, 暫く写真を眺め直した, 暫く冷たい眼付で, 暫く凝つとしてゐる, 暫く凝視して, 暫く凭れにかかっ, 暫く出してやっ, 暫く出廷できないまま, 暫く函館地方に居った, 暫く刀剣を見廻し, 暫く分銅の廻転, 暫く刈らぬと見え, 暫く別ものにし, 暫く別れ近所に, 暫く別人を見る, 暫く剃刀を当てない, 暫く前後左右を見廻す, 暫く前方の空間, 暫く前早稲田大学で軍事研究会, 暫く前進すると, 暫く割増金附の抽籤券, 暫く創作の興味, 暫く勉強して, 暫く動かしてからちょっと, 暫く動かずに居, 暫く動かないただ少数, 暫く動く事が, 暫く動こうにも動けなかった, 暫く動悸のしずまる, 暫く勘弁して, 暫く勝負を見, 暫くよく疾走, 暫く化石したよう, 暫く北海道の農村, 暫く十九世紀中葉の作家たち, 暫く千葉に旅, 暫く千鶴子たち兄妹は黙っ, 暫く午後十時から十一時, 暫く眠半, 暫くと北, 暫く博多に行っ, 暫く博雅の教, 暫く占領された, 暫くな客, 暫く凝然として, 暫く友人の顔, 暫く叔父を訪ね, 暫くツ組み合ひました, 暫く取り合わないのでかの, 暫く取り払われるのである, 暫く取調べは中止, 暫く口ごもってい, 暫く可憐な明朗, 暫く台帳を眺め, 暫く右手をついた, 暫く合った時秀梅は, 暫く吉井合資会社の経営, 暫く氣の, 暫く同じ素人下宿に, 暫く同家に生活, 暫く名古屋へ逗留, 暫く名曲堂へ顔, 暫くひ会つて, 暫く向きあつて, 暫く君たちと自由, 暫く吟味して, 暫くつてるうち, 暫く吹いてゐ, 暫く呆れて見えました, 暫く呆れ返ってしまいました, 暫く呆然となって, 暫く呉一郎の作業振り, 暫く呑まないけれどもさ, 暫く呑気に滞, 暫く周圍を見, 暫く味噌せえ, 暫く呼吸もしない, 暫くを存ら, 暫く和気さんとお話, 暫く咲いただけで萎ん, 暫く咽び泣いていた, 暫くをかみしめ, 暫く唖然として手, 暫く唸りを長く, 暫く唸るばかりです, 暫く問はずこれだけでも羨し, 暫く問はずニイチエの, 暫く問はずフイリツプはかう, 暫く問はず何びとも多少, 暫く問はず僕はこの, 暫く問はず僕等現代の日本人, 暫く問はず前者をちよ, 暫く問はず天明以後の俳人たち, 暫く問はず山中未成氏の書いた, 暫く問はず彼等の詩的生涯, 暫く問はず後人の為, 暫く問はず後進の僕, 暫く問はず振り香炉の香, 暫く問はず最後に彼, 暫く問はず締め切り日を前, 暫く問はず隣国たる支那人, 暫く問わずこの闇, 暫く問わぬにし, 暫く問題を見つめ, 暫く問題外とする, 暫く喃々した, 暫く喧嘩するの, 暫くを秘した, 暫くっていた, 暫く廻る風, 暫く嗅いだ事の, 暫く嗅ぎまわりそれから草, 暫く嗚咽の声, 暫く嘆息をし, 暫く器械の音, 暫く噴水を眺め, 暫く囀って朝, 暫く四つ橋の傍, 暫く四人はそのまま, 暫く四周を見廻し, 暫く四國を欺, 暫く四方を観望, 暫く団体運動の成立つ, 暫く団子は買わなかった, 暫く団子坂へ行きません, 暫く困ったらしい顔を, 暫く固い椅子に, 暫く国府津へ仕事, 暫く国民学校につとめ, 暫くへ歸つて, 暫く土間の薄暗がり, 暫く圧しをかけ, 暫く在学した, 暫く在職して, 暫く地上に支える, 暫く坐して沈思, 暫く坐つて, 暫く坐り場所をさがし, 暫く埋めておきます, 暫く城山の方, 暫く執筆を続けよう, 暫く堪え難い心持で, 暫くを攝取, 暫く塩野の顔, 暫く墓地の逍遥, 暫く士連中の弟子入り, 暫く夕やみの中, 暫く夕暮れの明り, 暫く夕雲に顔, 暫く外出をしない, 暫く外景を覗い, 暫く多紀桂山の許, 暫く夜気を湯, 暫く夢現の境, 暫く夢遊病者になつて夢, 暫く暴風も, 暫く大きな呼吸を, 暫く大使館で遊ん, 暫く大兄を睥ん, 暫く大勢を相手, 暫く大原の顔, 暫く大吉を調べ, 暫く大御所の席, 暫く大石の噂, 暫く大空を眺めた, 暫く大門前の停留場, 暫く大阪にい, 暫く天気待ち陽, 暫く天津教の言分, 暫く天空に見せ, 暫くの氣配, 暫く夫婦になっ, 暫く失敬して, 暫く失礼致しますと, 暫く奉公をし, 暫く奉公人並に使つて, 暫く奥座敷の寝息, 暫く奥村さんの記憶, 暫く女中のいない, 暫く女中代りになり, 暫く女房をめとろう, 暫く女給をし, 暫くな煙草, 暫く妥協を試み, 暫くに会はず, 暫くの様子, 暫く婆さんの傍, 暫くの顔, 暫く子供の寝顔, 暫く存在を許され, 暫く季節はずれの南風, 暫く宇津を眺め, 暫く宇清蔚の家, 暫く安心の息, 暫く安次の痩せ衰えた, 暫く安置するの, 暫く安靜にし, 暫く官能が停滞状態, 暫くを漂っ, 暫く実にお見, 暫くの隅, 暫く室内を見まわした, 暫く宮仕えから退い, 暫く家業に従事, 暫く容子を覗つて, 暫く宿泊して, 暫く密かにし, 暫く富岡の机, 暫くている, 暫く寛恕を願いたい, 暫く寝台に横, 暫く寝床のなか, 暫く寝息のよう, 暫く寝転んでいた, 暫く寢處を出で, 暫く審査すると, 暫く対談して, 暫く尋ねぬ事に, 暫く對立して, 暫く小さくなって, 暫く小さな店を, 暫く小屋の前, 暫く小山の顔, 暫く小枝の顔, 暫く小次郎の面, 暫く尺八の音, 暫く居たならばきっと, 暫く居つたのでその, 暫く居るとガタガタ, 暫く居れば輙, 暫く居士の顔, 暫く居眠りをし, 暫く屋久島行きを考へ, 暫く屋外に出, 暫く山の上にゐ, 暫く山の手に住ん, 暫く山中に休息小, 暫く山口の高等学校, 暫く山稜を西, 暫く山脈が斷絶, 暫くの上, 暫く岩国に寓, 暫くに立っ, 暫く峡中で書, 暫く峡間の向う, 暫くに暮し, 暫くしい坂, 暫くと離れる, 暫く工夫して, 暫くの手, 暫く左手で提げ, 暫く差し向かいで話し, 暫く巻き込んだだけで, 暫く市中に住ん, 暫く市長を訪, 暫く希臘の世界, 暫く帰つてゐたが, 暫く帰つて家庭にあつ, 暫く帰らないであろうから父親, 暫く帷幕の中, 暫く幸子のペン, 暫く広場にい, 暫く広島に駐, 暫く庄吉の姿, 暫く床の間に置い, 暫く店先を出, 暫く座っている, 暫く座つてた, 暫く座所で瞑目, 暫く廃球を調べ, 暫く弁信の為さん, 暫く弁解の様, 暫く引き籠る事, 暫く引込んでいた, 暫くをひそめた, 暫くんで居る, 暫く役目のお, 暫く彼自身に彼, 暫くって右, 暫く往来でこの, 暫く待たせたあとで, 暫く待たせ給えや, 暫く待たねばならぬ, 暫く待ちたまえとて, 暫く待ちなさいまア待ちなさい, 暫く待ち合せ帰途に, 暫く待った後妙に, 暫く待ッてい, 暫く待合室に待たされた, 暫く待機の姿勢, 暫く後方に押しこまれ, 暫く後見は斉興, 暫く御免を, 暫く御意を得たい, 暫く御機嫌宜しゅう, 暫く微笑を湛え, 暫く微笑んで居た, 暫く心棒をなくした, 暫く心耳を澄ます, 暫く心附かでありし, 暫く忍ばなければなりますまい, 暫くる, 暫く忘れさせるものが, 暫く忘れたほど東洋的, 暫く忘れられたような, 暫く忘れることが, 暫く忙しくて眼, 暫く応接間で語り, 暫く快い静寂に, 暫く忽然と生じた新しい, 暫く怒ったり悲しん, 暫く怒りは腹, 暫く思いに沈んだ, 暫く思い迷った後に, 暫く思念の歩, 暫く恍惚状態に陥る, 暫く恐怖に顫, 暫く恨めしき池を, 暫く恭平の顔, 暫く悦子と問答, 暫く悲しそうに, 暫く悵然とし, 暫くいて, 暫く悶えてでもいた, 暫く惚れてゐた, 暫く想像がつきません, 暫く想念のピンポン, 暫く意外な表情, 暫く意識の中断, 暫く愚図ついて, 暫くに耐え, 暫く感心して, 暫く慚愧して, 暫く憧れの想, 暫く憩うていた, 暫く憮然とし, 暫く懶い身體を, 暫く我と共に留まり給, 暫くに耳, 暫く戸外へ出, 暫く戸惑ひの, 暫く戸迷ひながら, 暫く手もとへ置いた, 暫く手伝いに行く, 暫く手伝って仏様, 暫く手応えのない, 暫く打ち眺めそして, 暫く抑留の形, 暫く披露すること, 暫く押したり叩い, 暫く押し止めて乱雑, 暫く押し流したのだ, 暫く押し通して来た, 暫く押し頂いていた, 暫く押し黙っていた, 暫く押入れの中, 暫く押問答をした, 暫く押黙ったあとで, 暫く拒絶すといふ, 暫く拝んでから, 暫く拡げた手紙を, 暫く拭きもしない, 暫く拭く手を, 暫く持って廻った, 暫く持つてゐる, 暫く持重せよという, 暫くを動かし, 暫く挨拶に困りました, 暫く振り返つてゆき子, 暫く捨てて顧みなかった, 暫くへて居, 暫く控えて待っ, 暫くて之, 暫く措きまして是, 暫く掬うてゐたらしい, 暫く掴んでゐた, 暫く廻すと, 暫く掻いてやりました, 暫く揉まれ抜いている, 暫く揉み合いがつづい, 暫く揉み合っている, 暫く揉み合ってるうちに, 暫く揉むやうに, 暫く提灯の灯, 暫くつて居つた, 暫く握ってはなさず, 暫く揺れてい, 暫く摘んでいる, 暫く擦り合せていた, 暫くいて, 暫く支倉を睨みつけ, 暫く放し飼いにしとく, 暫く放っといて貰いたい, 暫く放つに異ならず, 暫く放置された後, 暫く故国へ帰っ, 暫く散髪をしないらしい, 暫く敷き圧しを, 暫く敷居の前, 暫く文句もいえず, 暫く新たな涙, 暫く新一をこづきまわし, 暫く新宿行きの電車, 暫く新田先生の顔, 暫く新聞紙をがさつかせ, 暫く方向をかえ, 暫く旅暮らしに出よう, 暫く日あしをたゆたっ, 暫く日光を浴び, 暫く日本人を眠らせ, 暫く日本古来の演劇的伝統, 暫く日本料理が召上, 暫く日記を書かなくなった, 暫く日誌をつけ損つて, 暫く明いて居た, 暫く明けた障子に, 暫く明るい楓の, 暫く昏んだ, 暫くの世界, 暫く昼休みの体, 暫く昼間行つて来たカワラ, 暫く時期を待つです, 暫く時計を眺め, 暫くになる, 暫く暗くして, 暫く暗闇のなか, 暫く暫く一寸一服し, 暫く暴力を中止, 暫く書付見てたつけ, 暫く書信もせなかった, 暫く書附を見, 暫く新式な, 暫く有りし後直道は, 暫く朝鮮国におりまし, 暫く木柵に凭れ, 暫く木蔭に雨宿り, 暫くを読まない, 暫く本家の主人, 暫く本所の緑町, 暫く本町の会所, 暫くを止め, 暫く来なかったが, 暫く来ません或はどこ, 暫く来れねえ頼むよ, 暫く来んわい, 暫くの先, 暫くについ, 暫く枕頭に坐っ, 暫く柘榴口から出ず, 暫く校長を見定め, 暫く根岸に委せ, 暫く格子の前, 暫く案じた揚句大抵は, 暫く梯子の上, 暫く森田の任地, 暫く棲んでいた, 暫くを留め, 暫くを見守り, 暫く検事という恐ろしい, 暫く検按して, 暫く椽側にし, 暫く楽しい憩いを, 暫く楽しく語り合った, 暫く構内の散歩, 暫くで叩い, 暫く模様を見, 暫く横たえながらマッサージ, 暫く横臥すること, 暫くと角力, 暫く橋向うまで移動, 暫く機械的に歩いた, 暫くの一枚板, 暫く次の間へ退いた, 暫く歌うべきものの, 暫く歓楽の世界, 暫く歔欷したが, 暫く止すがよい, 暫く止まなかつた事は, 暫く止めて後, 暫く止めどもなく, 暫く止める事が, 暫く止らにゃあならんようになったのは外, 暫く止んでゐた, 暫く此の世に仮, 暫く此儘で聴かう, 暫く此所で荷物, 暫く此方にてお待ち, 暫く此称を持続, 暫く此處に寐, 暫くを止め, 暫く歩いてるうちに, 暫く歩いてるらしかったが俄, 暫く歩かせてから眼, 暫く歩かせた後賊は, 暫く歩きつけねえ所爲か, 暫く歩き続けて行く, 暫く歩んでいる, 暫く歩道からその, 暫くの寂寞, 暫く死んだように, 暫く死人の態, 暫く死骸の上, 暫く残していた, 暫くれわが, 暫くの上, 暫く殿はなんとも, 暫く母様は黙っ, 暫く母親のもと, 暫く比叡山に参籠, 暫く毛布を被, 暫く毟ってい, 暫く気嚢の内, 暫く気持が悪かっ, 暫くを落ちつけ, 暫く水の上を眺め, 暫く水口のところ, 暫く水気を滴らし, 暫く水浸しになっ, 暫く水面を眺め, 暫く氷った土の, 暫くにう, 暫くの面, 暫く沈めておい, 暫く沈んでいた, 暫く沈吟したという, 暫く沈潛の努力, 暫く沙汰がありませんでした, 暫くに沿う, 暫く沢子から離れ, 暫くを渡る, 暫く立てて, 暫く泊めてくれない, 暫く波止場に立ちつくし, 暫く泣いた後に, 暫く泣きしきった後彼の, 暫く泣き沈み涙を, 暫く泣伏し涙, 暫く泥棒猫のやう, 暫く注いでやがて, 暫く注射をし, 暫く注意を集め, 暫く洋服やスエタア, 暫く洛陽に御, 暫く活動をつづけ, 暫くを見, 暫く流行す, 暫く浅い川の, 暫く浅草の方, 暫く浪人して, 暫く浪人生活をし, 暫く浮かない顔で, 暫く海岸に居つ, 暫く浸しておきます, 暫く消えずにゐる, 暫く消してくれない, 暫く消息を絶っ, 暫くに暮れ, 暫く深々と感動, 暫く深刻な顔, 暫く深雪はあずかっ, 暫くい溪, 暫く清聴せられよもし, 暫く渓流に臨ん, 暫くに出, 暫く渦紋を描いた, 暫く煮る, 暫く湯煎して, 暫く湿った斑点を, 暫く溜めて日, 暫く滝本に其処, 暫く滞在致候筈に候, 暫く漂っていた, 暫く漂浪の生活, 暫く漕運の阻絶, 暫く漢学の方, 暫く漾つて再消える, 暫く潜んでいらしった, 暫く激つ心を, 暫くの燃え, 暫く火いじりしながら, 暫く火の手だけは姿, 暫く火事の様子, 暫くで停頓, 暫くの火, 暫く炉炭を見つめ, 暫く炭俵を掴ん, 暫く焚火を囲み, 暫く邪氣なる, 暫く無住のあき寺, 暫く無念無想にはいろう, 暫く無我の体, 暫く無気味な沈黙, 暫く無音にて両人顔, 暫く無駄を言つて, 暫く無駄口を利い, 暫く焼くとパリパリ, 暫く照り続けて広小路, 暫くを忍び, 暫く熱心に通いつづける, 暫く燭台が墨, 暫くぶらした, 暫くに滯留, 暫く父母に背く, 暫くにそれ, 暫く片瀬へ行っ, 暫くを控, 暫く牢舎の後斬首, 暫く物案じをし, 暫く物珍らしさ, 暫く物理教室の狭い, 暫く物色して, 暫く物蔭に隠れ, 暫く物語りなどあっ, 暫くのふざけ, 暫く狂い廻らせ次に別段痛苦, 暫く狂女に与え, 暫く狙い定めて居りました, 暫く独りでいたら, 暫く独りぐらしして, 暫く狭い道を, 暫くの腹鼓, 暫く猫背のよう, 暫く獨逸の友人等, 暫く玄關の板敷, 暫く玉子を産みません, 暫く王事に随, 暫く王滝川を遠く, 暫く玲子に見られたくない, 暫く珈琲店で時, 暫く位置に, 暫く琵琶を守つて, 暫く甘い疲労に, 暫く生きてゐたら, 暫く生活をし, 暫く生涯のはかり, 暫く用箪笥の抽斗, 暫く田代君夫妻のこと, 暫く田園の中, 暫く田舎へ行きます, 暫くの椅子, 暫く由吉や塩野, 暫くに向い立っ, 暫く画室にはいった, 暫く留まって京洛, 暫く留まつてゐる, 暫く留吉の方, 暫く留置場におかれた, 暫く番場の地蔵堂, 暫くり障り, 暫く疑いもした, 暫く病んでいた, 暫く病人の看護人, 暫く病氣を感じ, 暫く病舎に収容, 暫く病院にはいっ, 暫く痛いのを, 暫く痴人のくり言, 暫く療養して, 暫く発表を見合, 暫く登りその上, 暫く登りつめたころ横なぐり, 暫く登山の見込, 暫く登美子の家, 暫く白い天井を, 暫く白鮫号を私達, 暫く皆なに会はない, 暫く皆んなの返事, 暫く監督して, 暫くにむかいません, 暫く目まぐるしい往来の, 暫く目白の女子大学, 暫くつて居た, 暫く直吉は心, 暫く眉根を顰め, 暫く看経をいたし, 暫く看護って下さらぬ, 暫く真紀子の前, 暫く眠られないで怖, 暫く眠りもやらず, 暫く眠るのを, 暫く眺めたるこそ愚, 暫く眺めてただけな, 暫く眺めますまとまりない, 暫く着たから型, 暫く着古して自然, 暫くむ間番せよ, 暫く睡っていた, 暫く睡ったように, 暫く睨み据ゑてゐた, 暫く睨むように, 暫く睨んでゐ, 暫く瞑目最敬礼する, 暫く瞑目沈思して, 暫くを閉じた, 暫く知らずに居た, 暫く知らない人々の, 暫く知られずにゐた, 暫く知能欲と名, 暫くのやう, 暫く石畳の上, 暫く砂浜の上, 暫く砂糖へ漬け, 暫く研究と修業, 暫く硬直したまま, 暫く社會運動から遠ざかるなら, 暫く祖母を相手, 暫く神妙に跟, 暫く神社の回り縁, 暫くの行列, 暫く私どもの顔, 暫く私流に言, 暫く秘して人, 暫く秘中の秘, 暫く種々な世間話, 暫くえで, 暫くのま, 暫く空けていた, 暫く空中と地上, 暫く空二は感嘆, 暫く空地のまま, 暫く空家になっ, 暫く空虚な沈黙, 暫く穿かない靴を, 暫く突立つてゐるので, 暫く窓口の前, 暫く窓際に立つ, 暫く窮命じゃ, 暫く窶れた皺に, 暫く窺っていた, 暫く窺つた後格子戸を開け, 暫く立ちすくんだのも, 暫く立ちとまって見, 暫く立ちどまつて話し, 暫く立ち停って四辺, 暫く立ち去りかねやがてヒョイ, 暫く立ち止まつて見, 暫く立ち止まらずにはいられなかった, 暫く立ち止りいくら考え, 暫く立ち留まつてゐた, 暫く立ち留まって昼, 暫く立ち竦んでいた, 暫く立つる我が杖, 暫く立てた膝へ, 暫く立とうとした, 暫く立去りかねる思ひであつ, 暫く立去る事が, 暫く立去れない口惜しさ, 暫く立寄らなかったという, 暫く立止つた後山谷堀の岸辺, 暫くでございます, 暫く笑いながら立っ, 暫く笑つたが間, 暫く三の, 暫くを転じ, 暫く筆者の多少, 暫く答えに躊躇, 暫く答えずにいた, 暫く答えなかったが, 暫く答えることが, 暫く管外に退散, 暫く箪笥の引出し, 暫く箱根に置く, 暫くを持つた, 暫く米友は夢, 暫く精神を集中, 暫く一年許り, 暫く紋三の顔, 暫く八は, 暫く知らない風, 暫く素子の視線, 暫くの前, 暫くて数名, 暫く経たなければ聞えない, 暫く経ち商用で, 暫く経った後の, 暫く経つた或る, 暫く経文を唱え, 暫く結婚を延期, 暫く絵葉書屋の前, 暫く絶壁の縁, 暫く經つたと見え, 暫く經つたあとでは窕子, 暫く經つてそれとわかつ, 暫く經つてガラツ八が繪, 暫く經つて何かかこ, 暫く經つて八五郎が飛出した, 暫く經つて十風と細君, 暫く經つて平次は顏, 暫く經つて後よく, 暫く經つて村落の内, 暫く經つて歸つて來た時, 暫く經つて緊張の弛んだ, 暫く經つて言ふんですもの, 暫く經つて障子をあけ, 暫く続いてるうちに, 暫く綱手の寝息, 暫く綿密に捜し, 暫く緊張して, 暫く緑一色であった田, 暫く緞帳の襞, 暫くに立つ, 暫く織部正はいつも, 暫く缶詰棚を眺め, 暫く置きちかごろで, 暫く置くが支那, 暫くの逃げ, 暫く美津子さんは燃え上る, 暫く美術史をやれ, 暫く群衆の流れ, 暫く翡翠色の月, 暫く翻訳というもの, 暫く考えさして下さい, 暫く考えてるうち大事な, 暫く考えました後に, 暫く考えるのだった, 暫く考え込んだが, 暫くつてゐた, 暫く聞かなかつた彼の, 暫く聞かぬのでまた, 暫く聞けば鶯, 暫く聴いてい, 暫く職員室にゐる, 暫くをならべ, 暫くをこごめ, 暫く背後で様子, 暫く胸中の声, 暫く脇道へそれ, 暫くを診, 暫くに落し, 暫く自分ひとりの考え, 暫く自動車の行方, 暫く自失したやう, 暫く自宅を明けました, 暫く自然発生説をば一個, 暫く自由にさせる, 暫く致してわたくし, 暫く興味上保留すること, 暫く興醒めた悲しい気持, 暫くを漕い, 暫く色々な雜談, 暫くの上, 暫くを眺める, 暫く花壇の中, 暫く芸術をやめ, 暫く苦悶して, 暫くの先, 暫くつと, 暫く茫然自失の様子, 暫くに新, 暫く草付の混, 暫く草原に寝転ん, 暫く草津の湯, 暫くを張られなかった, 暫く荷拵へをし, 暫く莊嚴の感, 暫くの香, 暫く菊池寛のところ, 暫く落ち著いて, 暫く落ちついてみたい, 暫く落ち着いてレコオド, 暫く落着き場所のない, 暫く葛飾北斎が画家, 暫くの影, 暫く蒲團のそば, 暫く蕗子の生活, 暫く薄あかりの中, 暫く薄暗い部屋に, 暫くを止さなけれ, 暫くの雫, 暫く藤枝の方, 暫く藩政の残務, 暫くを押分け, 暫く藪さんを泊めません, 暫く蘆荻の間, 暫くの中, 暫く虚脱のあと, 暫く蚊帳のそ, 暫く融通は出来まい, 暫くして, 暫く蟄伏しなければ, 暫く行きつ戻りつしてみた, 暫く行き過ぎてからやや, 暫く行けば朱谷, 暫く行つてチラツと振返つたら, 暫く行つて路地を二つ三つ, 暫く街路を歩い, 暫く街道を歩き, 暫く街頭を散歩, 暫く裁判長の訊問, 暫くの植木畑, 暫くんで之, 暫く製図の手, 暫くの所, 暫く西へくだる, 暫く西側の壁, 暫く見えなかったといったじゃない, 暫く見えなくなつた, 暫く見えなくなったり思いがけず, 暫く見えんから風邪, 暫く見かけなかった千人針が, 暫く見たがろくな, 暫く見なかった間に, 暫く見やっていた, 暫く見ることが, 暫く見入っている, 暫く見合せて注意, 暫く見合せた方が, 暫く見合っている, 暫く見合わすことに, 暫く見合わせ余程気分, 暫く見守つてゐた, 暫く見廻って, 暫く見物にとくと, 暫く見物達の顔, 暫く見舞ひを, 暫く見送つてゐた, 暫くて居る, 暫く視凝めて, 暫く視線がそこ, 暫くの家, 暫く親しい主婦に, 暫く親類にでも厄介, 暫く解ける樣な, 暫く解放されて, 暫く触れてみ, 暫く触診をなさっ, 暫く言はず先俳諧と狂歌, 暫く言わずともよい, 暫く言わないことに, 暫く言句に詰まっ, 暫く計測の耳, 暫く許して置い, 暫く許す可き, 暫く評議を凝らした, 暫く話させて頂いた, 暫く話さないでおいた, 暫く話しあっていた, 暫く話しこんだことなど, 暫く話してるうちに, 暫く話しました五月初旬の, 暫く話し合っている, 暫く話し合った末店へ, 暫く話し続けている, 暫く話し込み常盤座へ, 暫く話す俵藤氏や, 暫く話声が途切れる, 暫く語つてゐた, 暫く語つて女房が去, 暫く語り度い, 暫く語り合ったがどうしても, 暫く読まないが, 暫く読み返してみ, 暫くを聞い, 暫く談話し吉永君, 暫く講義を止め, 暫く議論を戦わした, 暫くにあらた, 暫く貞子は必死, 暫く貪るやうに, 暫く貴女のお, 暫く買えないのです, 暫く貸しといてもらえません, 暫くかに其日, 暫く賑やかな方, 暫く赤色になっ, 暫く赧らみの面に噴きのぼっ, 暫く走って気, 暫く走ると大, 暫く起き上らない月丸から, 暫く起き上ることは, 暫く起き上れないでいる, 暫くを絶つ, 暫くに迷, 暫く踊る人群れの, 暫く踊子と踊, 暫く蹙んだ儘, 暫く蹲まつた儘, 暫く蹲踞んでそれ, 暫く躊躇っていた, 暫く身じろぎもしない, 暫く身もだえして, 暫く身体が見えなくなる, 暫く身繕いをし, 暫く車上の人, 暫く車内の人々, 暫く車夫溜りに待つ, 暫く軍事科学の書物, 暫く転地でもなすったら, 暫く軽い狂燥状態が, 暫く軽部の顔, 暫く輿をと, 暫く輿論の勝利者, 暫くがつて, 暫く辞職を保留, 暫く辭が, 暫く返答がなかつた, 暫く迷っていた, 暫く送話口をおさえた, 暫く逃げていた, 暫く途中で停った, 暫く途切れておりました, 暫く途絶えたかと思う, 暫く通ってます, 暫くひませんね, 暫く逢いませんが例, 暫く逢わない間に, 暫く進んだ後周平の, 暫く遅らして保養かたがた今, 暫く遊んだ牧人が, 暫く遊戯の, 暫く運動しなかつたので, 暫く過ぎると前, 暫く過しましたがどうも, 暫く過去を囘顧, 暫く道庵が預かっ, 暫くざかつてゐた洋酒に, 暫く遠い世界に, 暫く遠くを見, 暫く遠ざかるのも, 暫く遠のいている, 暫く遠方へ参っ, 暫く遠目に眺め, 暫く遡ると高橋村, 暫くはなかつた, 暫く遮断されたよう, 暫く郊外を歩き廻っ, 暫く郎党と遠ざかつ, 暫く郷里へ帰っ, 暫く酔いをお, 暫くに漬け, 暫く重い腕組を, 暫く重く黙って, 暫く重苦しい沈黙が, 暫くっぱ, 暫くを送る, 暫く金起に逢, 暫く鉛筆の端, 暫く銀座で時, 暫く銀座通を散歩, 暫く銀行にゐ, 暫く鋪道の端, 暫く鋭い表情の, 暫くの中, 暫く鍛工を見詰め, 暫く鎌倉姥ヶ谷に行つて, 暫く鎖した日本の, 暫く鎮まつてゐた, 暫く鎮まっていた, 暫く鏡面にうつる, 暫く鐵砲汁の方, 暫く長くなって, 暫く長助が考えまし, 暫く長火鉢の前, 暫く門内を眺め, 暫く門前に佇ん, 暫く閉ぢらる, 暫く閉口の後, 暫く閉地に暮し, 暫く閑却されたのみ, 暫く閑寂を樂, 暫く閑靜に住ん, 暫く関係を結ん, 暫く関東の遠征, 暫く関氏五郎若くは, 暫く闘わした後に, 暫く附合つとくれ, 暫く附近に身, 暫く降って行きます, 暫く降りると三疊, 暫く降り続きまた急, 暫く除外して, 暫く除外例として多く, 暫く陰気になった, 暫く陳列の前, 暫くに居ん, 暫く階段の下, 暫くを潰した, 暫く障子の硝子, 暫く隠忍して, 暫く隱居に落, 暫く雇われていました, 暫く雑木の繁った, 暫く雜談をし, 暫く雲漢に昇り, 暫く雲行でも観測, 暫く電柱を抱いた, 暫く電灯の光り, 暫く電話で暗合, 暫く青い小父さん, 暫く静まっていた, 暫く静まったがやがて, 暫く静寂な美, 暫く静止を続けました, 暫く靜平な状態, 暫く靜養後巴里ヴァレンヌ街の舊居, 暫く面くらって見送っ, 暫く靴音が遠く, 暫く音沙汰がなかっ, 暫く頂戴せねば, 暫く預かっていただきたい, 暫く預かるとして教養, 暫く預りとして置きます, 暫くを撫で, 暫く顔中を変ちく, 暫く顧みずにゐる, 暫くえて, 暫くをいなす, 暫く食べないんです, 暫く食堂に行き, 暫く食物をこ, 暫く飢渇いて, 暫く飲んで行こう, 暫く飽気にとられ, 暫く飾窓の前, 暫く餅花の話, 暫く饒舌った, 暫くを避けた, 暫く馬鹿みたいになっ, 暫く駄夫はその, 暫くのところ, 暫く駆けた時ふと, 暫く騒がしいざわめきを, 暫く騒然とした, 暫くいだ儘其, 暫く騷ぎが止まなかつた, 暫く高田と梶, 暫く髪癖を直す, 暫くのそぶり, 暫くを眺め, 暫くの天間, 暫くのよく, 暫く麻布三聯隊附近の崖, 暫く黒いごろりとした, 暫く黒雲五人男の眼, 暫く默つて僕を見詰め, 暫く默つて其木魚の音, 暫く默つて春三郎の顏, 暫く默つて景色に見入つて, 暫く默つて水面を見つめ, 暫く默つて行燈の前, 暫く默つて頸を垂れ, 暫く默りこくつて了, 暫く黙々として歩い, 暫く黙しいたが耐えられなくなり, 暫く黙ってるとこんど, 暫く黙りまた云う, 暫く黙りこんでいた, 暫く黙りゐて, 暫く黙り込むと武田, 暫く黙想に陥った, 暫く黙然怪訝な顔, 暫く黙考して, 暫く黙黙として自尊心, 暫くは打ちつづい, 暫くを押しつけ