青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「抜け~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

折々~ ~折っ 折っ~ ~折れ 折れ~ 折角~ ~抜い 抜い~ 抜き~ ~抜け
抜け~
抱~ ~抱い 抱い~ ~抱え 抱え~ ~抵抗 抵抗~ ~押 押~ ~押え

「抜け~」 2426, 24ppm, 4831位

▼ 抜け~ (1590, 65.5%)

24 いた 23 いる 17 いるの 16 しまった, しまって, 行った 15 いて 11 来た 10 しまう, 来て 9 行くと 8 出た 7 しまうの, しまったよう, 来たの, 来る, 行くの, 行って 6 しまったの, しまつ, しまつて 5 いたり, いると, いるよう, しまいます, 行くよう, 行つた 4 いたの, いった, いるが, いるところ, いるん, しまいました, ゆくの, 来たもの, 行く

3 [24件] いつもの, いない, いるから, いること, きて, しまいそう, しまうよう, しまふの, どこへ, みると, もとの, ゆく, ゐるの, 一散に, 丘を, 今度は, 出て, 出る, 帰った, 急に, 自分の, 行こうと, 表へ, 走って

2 [85件] いくの, いたもの, いるし, いるせい, いるという, いるもの, いるストーヴ, いる上, いる所, きたの, きらきらと, しまい出て, しまうこと, しまったこと, しまったらしい, しまったん, そして眠, ただひとり, だらだら坂, とぼとぼうかうか, とぼとぼうかうか身, どこかへ, ひらひらと, ゐた, ゐて, ゐます, ゐる, ゐると, ゐるやう, 下に, 九段坂下へ, 今では, 使命を, 先へ, 出ると, 坂を, 外に, 奥へ, 奥州の, 学校へ, 家に, 居て, 川上の, 平岡の, 広い道, 庭へ, 彼は, 往った, 往来へ, 感応寺に, 戻って, 手に, 来たお, 来たが, 来たこと, 来ます, 東照宮の, 水道橋へ, 海へ, 玄関へ, 目の, 真直に, 石垣の, 絵が, 肉が, 胸から, 自由の, 行きそう, 行きました, 行くが, 行くだろう, 行く時, 行く間, 街道へ, 裏へ, 裏手の, 見えますぜ, 見えるので, 見る面白, 谷中の, 谷中へ, 這入る, 通って, 電車通りに, 鬼子母神の

1 [1047件 抜粋] ああ云う, あすこから, あちらへ, いいよ, いく手, いたせい, いたよう, いたん, いったお, いないという, いなかった, いなかったが, いました, います, いま酔態を, いよいよ上高地, いらっしゃる方, いるか, いるその, いるだろうと, いるので, いる人, いる四号, いる少し, いる手, いる横, いる目途, いる通路, いれば, おいただけに, おはぐろ, おらぬの, おりますから, おりますし, おりますので, おると, おれ眼付の, お蝶, かなり遠く, かれが, がっくりと, きたとたん, きたばかりか, きたやつら, きたん, きた手古舞, くるか, くるよう, けるかも, ここに, こっそり町, この構え, さらに人家, しまいつるつる, しまいは, しまいますもの, しまい胸, しまうそう, しまうと, しまうん, しまう心地, しまったが, しまったわい, しまった口, しまった大口, しまった証拠, しまってのう, しまひはりつめた気持, しまひますよ, しまふ, しまふやう, しまわないうち, しまわなければ, すきや橋の, ずっと奥, そうして夜, そうして期待, そこに, そっとこの, そのまんま, その人物, その刀, その外れ, その横手, その皮椅子, その茶色, それからなぞえ, それから室蘭駅, それから幾日, それから眼, ただいたましく, だんだんしっかりした, ついに黙りぬ, できる人, でると, どうでも, どこぞへ, どんどん旅, なだれに, はおります, ひろびろと, ふらふらと, ほど近い日吉町, まあ邪魔, まいろう, また彼方, まっしぐらに, まばら垣について, みたら, みる, むこうの, もう少々幽邃, もどるため, もらう作業, やっちゃ, やっと洛北, ゆかれましたね, ゆくや, ゆく姿, ゆく水袴, ゆく途中, よいの, らあ, ゐたが, ゐた彼, ゐないところ, ゐなかつたが, ゐるが, ゐるとは, ゐる所為, ゐる父, アヴェレー・ホオルに, ウエスト・ミンスタア寺を, ガラッ八, ゲンナリと, ゴシック風の, サッと廊下, スカンヂナビヤの, ズンズンゆく, トゥウェルスカヤの, ドンナイ河に, ヒョイと, プラアテルの, ホテルまで, メチャメチャに, ラジウム温泉の, 一ツ橋御門を, 一マイルばかりの, 一休庵へ, 一度ちょっと田畝道, 一気にこぶ, 一気に表, 一里ばかりにて, 丁度十三里, 三四間ずつの, 上下お, 下へ, 丘の, 中, 丸の内を, 了う, 了った, 了つて他の, 二ツちょこなんと, 二人きりに, 二等車に, 二階へは, 五六間向う, 京橋口のて, 今しも, 今や炎々, 仕舞う, 仕舞った竹, 仲の町の, 何処へ, 侍に, 信仰行事の, 倉庫の, 傍に, 僕の, 優れた作品, 元来た, 先頭に, 入口へ, 公園南口から, 典膳の, 円山の, 出たよう, 出た処, 出ました, 出ようとして, 出るよう, 出る計画, 出ろ, 出直したの, 切禿で, 初音は, 前面を, 動き出したの, 動力所へ, 勧学坂から, 北岸の, 北浜二丁目に, 千日前へ, 卑劣な, 南方へ, 参ったの, 参りましたこと, 叔父の, 叫びながら, 右へ, 吉備山脈の, 向うの, 向こう側に, 吹いて, 呉れ, 唐藷畑に, 喧嘩にも, 四条通りの, 囲炉裏の, 圃路に, 土手に, 圧して, 地面に, 坂道を, 坪内先生の, 城外へ, 堅気に, 塀さえ, 夏蜜柑の, 夕顔を, 外気の, 夜盗ぢや, 大きいの, 大きかった, 大地へ, 大家さんの, 大曾根の, 大通りを, 太宰府へ, 女は, 奴鰻の, 妻恋坂の, 家が, 密かに, 富浦幌別本町方面の, 寺房の, 小さな待合室, 小川町で, 小浜まで, 小関越え, 少しふるえ出し, 居たの, 居ないので, 居ります, 居る, 居る孫兵衞, 屋の, 山腹眼がけて, 屹度波打ちぎわで, 島野に, 崩折れよう, 川近くの, 左内は, 巧みに, 巴里へ, 帯を, 帰らる, 帰るつもり, 平安神社の, 幾蜿りかし, 広いアスフアルト, 広い通り, 広小路へ, 広徳寺前へ, 庭を, 廊下に, 廊下へ, 弓も, 弥生町の, 形が, 彼の, 彼女の, 彼方へ, 往くと, 往来から, 往来に, 御堂の, 心細いという, 急ぎに, 恭三は, 悔ある, 意識を, 我知らず足音も, 戸外へ, 手足が, 担いで, 持って, 振返り町, 支店長室には, 救護室へ, 数百の, 新之助の, 日本橋から, 早や, 明治座前の, 晴れた日, 暗かった, 更に暗い, 朝鮮人の, 木橋の, 本宅の, 村へ, 村境まで, 来たか, 来たのよ, 来たよう, 来た人, 来た女, 来た焔, 来た的矢貫一, 来た粂吉, 来た赤シャツ, 来た金吾, 来ました, 来られるもの, 来るから, 来るとも, 来る事, 来る音, 東向きの, 東宝ダンシングチームの, 松助, 板が, 柿岡へ, 検査場, 構えの, 橋を, 次第に出口, 正林, 歩いて, 歩けぬ様子, 死んだら大変, 段々横, 母屋へ, 水流の, 沢へ, 河原境の, 法月弦之, 注進した, 浮きあがった, 海の, 海辺づたいに真直ぐに, 涼しい風, 淫らなる, 港に, 湖の, 漸く急, 灰色の, 父の, 犬小屋の, 猿子橋にか, 玄関の, 現実性の, 田圃を, 甲州街道へ, 町の, 町へ, 瘋癲病院の, 登るの, 白い浴衣姿, 白無垢の, 皇海山西方の, 監獄の, 目的地に, 真白な, 真直歩い, 矢の, 石炭殼を, 研究室の, 禁制品を, 私の, 空坊主に, 立ち上ると, 立った与吉, 立てないので, 立並んだ格子づくり, 筏の, 紅葉館前の, 細い坂路, 給仕の, 綺麗に, 編棒を, 聞える, 聞こえるとは, 背戸口, 脱走した, 腰の, 自から, 自分は, 船が, 色が, 芳草を, 茶の間から, 荒っぽい仕事, 落ちそう, 落ちた拍子, 落ちました, 落ちました音, 落ちる物, 蒸汽喞筒の, 薔薇の, 虚無僧の, 蛭子神社に, 螺旋階段を, 行きたいの, 行きましたか, 行きます, 行き当りの, 行くうち, 行くし, 行くは, 行くもん, 行く土倉谷, 行く寒い, 行く左右, 行く花井於梅, 行く途中, 行こうか, 行ったので, 行ったろうと, 行った気, 行っちゃ, 行火を, 表町の, 裏の, 裏街道を, 褄も, 襟に, 西本願寺を, 見えた, 見えたの, 見えるぜ, 見ても, 見ようと, 見ると, 角の, 谷川の, 豪華な, 赤河内へ, 走りぬ, 走る電車, 起つこと, 足元へ, 跳び上がった, 身体が, 軒を, 近づいて, 逃げたの, 逃げられて, 逃げるとは, 逃げ去った, 逃げ走つた, 這って, 通ったもの, 通りに, 通りますから, 通るの, 通る路, 逢初町の, 遂, 運転手台に, 道灌山へ, 道路に, 遥か池か, 醜し, 釣上げられようとある, 長屋門の, 関節が, 陳腐で, 階子段を, 隣家へ, 隣邸の, 雫が, 電車の, 露天食堂に, 音羽山清水へ, 響きます, 頬と, 風呂場へ, 飛鳥の, 馬にも, 馬道に, 駆け登つて, 高雄へ, 鳥と, 鶏の, 麗かな, 黒ずんだメルトン地, 黒門の

▼ 抜け~ (93, 3.8%)

5 伊八は 4 殻で 32 したよう, 伊八が, 出来る茶屋, 塔の, 殻だ, 殻の, 空に

1 [67件] い, かごだ, かなわぬところ, からだ, したイナセ, したヤンキータイプ, した句, した品位, した心持ち, した捌き, した様子, した気持, した知識, した表装, した話し口, しない芸当, しねえこと, するほどに, する程易々, できる悪徳, なかに, ならない, まま冷え冷えと, やうに, ような, ように, ケタはずれの, 上を, 不義非道, 仕方で, 体であった, 体でし, 体です, 四角な, 大物である, 妙術に, 密輸や, 形で, 後の, 思ひつき, 感が, 扮装術, 模型の, 殻であった, 殻な, 殻に, 殻みたいに, 殻を, 気味であった, 烟突が, 烟突の, 穀だ, 穴が, 穴でも, 空それで, 空だ, 空と, 良否および, 芸当に, 質問に, 跡であろう, 跡に, 道が, 重罪で, 金蔵が, 金蔵は, 顔を

▼ 抜け~ (46, 1.9%)

11 して 9 した 8 したよう

1 [18件] うまいわ, ございましたそう, したと, したの, したは, したやう, したらしくそのまま, した様子, した模様, 修行を, 出来ず, 出来て, 出来ますかの, 又ひとり, 明いて, 瞬間では, 致し候, 裂けた雪

▼ 抜けそう~ (40, 1.6%)

5 になる 4 になった 2 である, にだるい, になっ, に見える, に長い

1 [21件] だ, だった, だよ, であった, です, で心配, な声, な眼, な足, な響き, にぐらぐら, になり, になりました, にもありません, に引張り, に痩せ, に見えた, に響いた, に高い, もない, もなかっ

▼ 抜け~ (35, 1.4%)

1 [35件] こう言っ, この格子戸, こんな変テコ, すっぽ, なったよう, なった小, なった本棚, なって, ならないよう, ぼくに, みんなの, わかって, 今日様を, 公儀, 六畳の, 出や, 大坂方へ, 尋ねた, 引廻した, 支えも, 滝にでも, 物音が, 突出す腕, 素晴らしい霊感, 聞いて, 荒々しく揺すぶっ, 蘭学の, 言い出した, 言った, 過ぎない, 隠れて, 雨戸を, 顔を, 風も, 駄夫の

▼ 抜けたり~ (34, 1.4%)

10 して

1 [24件] いろいろの, した, しつつ, すすきが, する, するの, するやう, する中, その鬢, サンゴの, 余は, 吸ひ込まれ, 大川の, 少しも, 床の, 撓わしたり, 曲がったり, 横丁を, 汽車の, 潜ったり, 縁に, 街路を, 軒の, 遂に

▼ 抜け~ (34, 1.4%)

2 血を

1 [32件] あとは, いいの, いいのにと, お金は, また一方, よいよう, よるべ, わが感じたる, 五六町吹き返される, 各自の, 壜の, 天下の, 宜い, 岩の, 彼は, 後の, 必ず人, 必ず暴風雨, 拙者も, 斬るの, 村の, 武蔵は, 沢山験く, 火, 火が, 白銀の, 竹なり, 素っ, 腕に, 閃く簇, 鞘を, 鹿児島県と

▼ 抜け~ (27, 1.1%)

4 を扱っ 2 を扱う, を積んだ

1 [19件] か, だから, だ俺, でも扱っ, でも扱わなきゃ, と関係, のからくり, の一味, の取引, の調べ, の隠し場所, は厳重, や和蘭渡り, や禁制品, をさばい, をそっと, を売りゃ, を扱わせ, 買いさよう

▼ 抜け~ (26, 1.1%)

7 がない, のない 6 がなく 1 がありません, がある, のある, はございません, はない, は御座いません

▼ 抜け~ (21, 0.9%)

3 して 2 するん

1 [16件] かんがえ出したり, したり, した以上, した奴, しようなどとは, する, するぐらいは, する以上, り, 企てたこと, 作って, 吐ざくな, 感じた, 感じる程, 感じ合って, 逃がしゃしません

▼ 抜け~ (20, 0.8%)

5 ママ 2 せぬかと, 無用だ

1 [11件] ござんすまい, させねえ, したが, しまいか, せずやと, 二人挙げられました, 其一つだ, 出来ないで, 出来ません, 室内の, 知って

▼ 抜けながら~ (19, 0.8%)

1 [19件] その中, どこへ, また別, やがて自分, 一気に谷, 人の, 仕事を, 何やらその, 収穫の, 呶鳴っ, 奥の, 敢て, 斑らに, 海岸通りへ, 真三, 繰り返し繰り返し, 隣字の, 雑木林を, 頓狂な

▼ 抜けては~ (12, 0.5%)

2 生気に 1 いるが, さびしい, ならないので, 出て, 出抜けては, 大平の, 小使が, 居るが, 旦那の, 気が

▼ 抜けても~ (12, 0.5%)

2 ボオドレエル的色彩などは 1 いいの, お座敷が, それだけ, やがて閉口, 中に, 入られそう, 居なかったから, 武者輩は, 自分は, 過ぎたが

▼ 抜け~ (10, 0.4%)

4 のない 1 がない, ないところ, ない旅行, なく日ごろ, なさ, のねえ

▼ 抜け~ (9, 0.4%)

1 がある, として表現法, もある, もない, や空気孔, をお, をそのまま, を見つけ, を調ら

▼ 抜け~ (8, 0.3%)

3 うな 21 いすりゃ宿屋, う, うで

▼ 抜け買い~ (8, 0.3%)

1 のともがら, の先生金右衛門, の巨盗, の手, の方, の組, の者, の頭領先生金右衛門

▼ 抜け~ (7, 0.3%)

1 ある大きな, いう, いうところ, いっても, 云う相図, 命じた, 来て

▼ 抜け~ (7, 0.3%)

1 が出, のあいだ, の多い, の痛み甚, の間, の音, を煩

▼ 抜け~ (6, 0.2%)

3 抜けッ 2 抜いて 1 抜かぬか

▼ 抜け荷買い~ (6, 0.2%)

3 をした 1 だ異国, などと誹謗, などをお上

▼ 抜けてから~ (5, 0.2%)

2 十二三日目に 1 はじめてその, 碌に, 道の

▼ 抜け~ (5, 0.2%)

1 などとどなりつけ, なの, なん, の婆さん, の部類

▼ 抜けがら~ (4, 0.2%)

1 に聞い, の巣, の愛情, を捉

▼ 抜けその~ (4, 0.2%)

1 一つ手前の, 植物の, 豪勢な, 辻の

▼ 抜けてしも~ (4, 0.2%)

1 うたんじゃよ, うて梯子, た, たよ

▼ 抜けみち~ (4, 0.2%)

2 がない 1 は私, も出る

▼ 抜けやう~ (4, 0.2%)

1 がある, がない, として努力, 抜けやう

▼ 抜け路地~ (4, 0.2%)

1 では大変, は苦学, や飲食店, を曲り

▼ 抜けあと~ (3, 0.1%)

1 に残った, は一行四名, を探し

▼ 抜けという~ (3, 0.1%)

1 のは, のを, 早業を

▼ 抜け~ (3, 0.1%)

1 くぐりも, したよう, せぬもの

▼ 抜けやがて~ (3, 0.1%)

1 戸を, 裏から, 雑司ケ谷墓地の

▼ 抜け~ (3, 0.1%)

1 はございません, を探しだし初めた, を通っ

▼ 抜け廊下~ (3, 0.1%)

1 へ這入っ, へ飛び出し, を潜り

▼ 抜け~ (3, 0.1%)

1 でしょう, と種々, を拾っ

▼ 抜け~ (3, 0.1%)

1 けして, けの功名, け根性

▼ 抜けさえ~ (2, 0.1%)

1 すりゃァ, すれば

▼ 抜けそこで~ (2, 0.1%)

1 右へ, 総ての

▼ 抜けてでも~ (2, 0.1%)

1 きたの, 来たの

▼ 抜けでも~ (2, 0.1%)

1 したよう, するよう

▼ 抜けなど~ (2, 0.1%)

1 して, 一人で

▼ 抜けまた~ (2, 0.1%)

2 真直に

▼ 抜け~ (2, 0.1%)

1 云われるん, 釜煎り

▼ 抜けやすく~ (2, 0.1%)

1 なります, なると

▼ 抜け~ (2, 0.1%)

1 の青, を越え

▼ 抜け千日前~ (2, 0.1%)

2 へ行き

▼ 抜け咽喉~ (2, 0.1%)

2 からも血

▼ 抜け~ (2, 0.1%)

1 をふさぎ, を踏台

▼ 抜け~ (2, 0.1%)

1 に用水堀, へ返すやい

▼ 抜け弁天~ (2, 0.1%)

1 の付近, の方

▼ 抜け忽ち~ (2, 0.1%)

1 林へ, 高く舞い上っ

▼ 抜け~ (2, 0.1%)

1 の紋, の紋虫

▼ 抜け~ (2, 0.1%)

1 が, を地面

▼ 抜け田圃~ (2, 0.1%)

1 の間, へ出

▼ 抜け~ (2, 0.1%)

1 のない, は死んだ

▼ 抜け自分~ (2, 0.1%)

1 がまとも, の長屋

▼ 抜け落ち~ (2, 0.1%)

1 でもした, 次第に元気

▼ 抜け~ (2, 0.1%)

1 を越え, 崩れ出水なぞ

▼ 抜け足もと~ (2, 0.1%)

2 はよろよろ

▼ 抜け~ (2, 0.1%)

1 の技法, もある

▼ 抜け~ (2, 0.1%)

2 の細工

▼ 抜け~ (2, 0.1%)

1 は腫れ上り, も半分

▼ 抜け鼻血~ (2, 0.1%)

2 が出だす

▼1* [244件]

抜けいつか廊下の下, 抜けいつか相模川の河原, 抜けいつのまにか側へ, 抜けいばら等の異名, 抜け雛の, 抜けおびただしい避難の, 抜けおまけに火床がくづれたのである, 抜けかつてゐる, 抜けかたをする, 抜けから自分で, 抜けぐるりと回っ, 抜けぐんぐんと港外, 抜けつそり, 抜けここにも板橋, 抜けこちらへ抜ける, 抜けこちら側までつづい, 抜けこっちへ現れ, 抜けさうに罵りながら, 抜けさむらひ, 抜けさんだけれども, 抜けざま二足前へ出した, 抜けしばらく行くと, 抜けじゃないか, 抜けそこで後見, 抜けそれをいつ, 抜けそれからガラスばりの, 抜けだってただの, 抜けちゃ詰まらん, 抜けっぷりに愛想, 抜けつつ池ある, 抜けつまり小牛田から, 抜けてでもしもうたように, 抜けてほど近いわが家, 抜けてもとは思へど, 抜けぱくぱくし, 抜けとも倒れらしく見られる, 抜けぶ板, 抜けどうぞ命をと, 抜けどこへともなく去, 抜けなお大きな口, 抜けなんてほんとに恐ろしい, 抜けになつて先生に, 抜けにわかに立ち止まった, 抜けばかりでな, 抜けばばアといい, 抜けひっそりと暮した, 抜けひとはおのれ, 抜けひろびろとした, 抜けほつれ毛がたれさがった, 抜けへんな, 抜けまだ遠く歩かね, 抜けめがねえもねえもん, 抜けめ下を向い, 抜けゆっくり日蔭の, 抜けようもない, 抜けようやく呂布の, 抜けるる計画, 抜けは罪深し, 抜けアクリーナは片手, 抜けインタアル付近の小, 抜けカーンと竹, 抜けギヤマン室をつない, 抜けギラツク刀身が現われた, 抜けコップを三つ, 抜け一の橋二の橋中の橋を渡り, 抜け一ツは左, 抜け一人の女, 抜け一散に麓, 抜け一枚でも曲, 抜けつて, 抜け上手瓢箪鯰不決断, 抜け不明門から本丸, 抜け丸の内十三号館の窓, 抜け丹生川平に辿りつく, 抜け乗りをさせる, 抜け九品仏道と古風, 抜け二人の同心, 抜け二町とは離れ, 抜け二間ばかりの処, 抜け五味ための箱, 抜け井戸を仕掛け, 抜けの頭, 抜け何もかもが嫌, 抜け偃松帯に取付き, 抜け僕たちの靴, 抜け公事これあるべからざる事, 抜け内山峠を越し, 抜け出し山寄の草原径, 抜け勝手たるべしという, 抜け叔父の部屋, 抜けなり水量, 抜け吸殻ばかりで, 抜け品川の方, 抜け唐碓の小屋, 抜け商いでもし, 抜けが崩れ, 抜け土間の藁家, 抜け地中海を横断, 抜け地球の羈絆, 抜け坂道を降り, 抜け塚前村へ掛りました, 抜けもしわがれた, 抜け夕方の空, 抜け大島安塚三ノ郷, 抜け大平氏宅の裏庭, 抜け大殿の静か, 抜け大砲の弾丸, 抜け奇術を逆, 抜けに調べ, 抜け寺町通の古本屋, 抜け山梨県を包み, 抜け山津浪そうで, 抜けをすべり下り, 抜け川上の丘, 抜け川添いの電車通り, 抜け工合の程, 抜け市電終点猿江を渡っ, 抜け幾つもの街角, 抜け幾廻りもし, 抜け幾軒かの屋敷, 抜け建物の真下, 抜け彼等は常緑樹, 抜け往来に出た, 抜け後ろ姿を怪魚, 抜け維新以来城趾へ, 抜け思わず思うまま嘆息, 抜け急峻では, 抜け恐ろしく高い鉄橋, 抜ける角, 抜けが開く, 抜けをし, 抜けとか, 抜け易い事を, 抜け暗い海の, 抜け最後の疑問数字, 抜け月光の浸った, 抜け月輪の方, 抜け村里と菜種畠, 抜け来し方の市, 抜けが左, 抜け桑畑や麦畑, 抜け売りが, 抜け梯子段を上, 抜け極楽寺下前浜あたりへ一せい, 抜け楽屋に放り出された, 抜け槇屏の裏門, 抜けとする, 抜け横町が尽き, 抜けの部屋, 抜け次に歯と, 抜け此方に潜る, 抜け武士に二言, 抜け殆ど水が, 抜け段々上り坂の, 抜け毎日そこを往復, 抜けも抜け, 抜けを越え, 抜け油煙と汗, 抜け法善寺の境内, 抜け波止場に出で, 抜け浅草橋のある, 抜けを飛び越え, 抜け溝橋を渡つて, 抜け漁業ばっかりを検挙, 抜け煖炉の前, 抜けに巻かれ, 抜けを堺, 抜け爺さんみたいに頻りに, 抜け物置小屋を廻り, 抜け玄蕃の立ち竦ん, 抜け田原町の蝋燭屋, 抜けの途中, 抜けさが, 抜け百姓ならば, 抜け省線のプラット, 抜け睫毛が抜け, 抜け矢継ばやに颯々, 抜け石堂川を渡っ, 抜け稲村ヶ崎のあれ, 抜けに浮かび, 抜け立山後立山, 抜け竹等の参考品, 抜け竹藪を抜け, 抜け笹原を二, 抜け筋肉がひきつっ, 抜けとして資本家地主, 抜け籠抜などの軽業師, 抜け四尺ばかりの, 抜け紅梅河岸の太田媛神社, 抜け紅樹林の泥浜, 抜け紫斑と水腫, 抜け老師の膝, 抜けががんりき, 抜け聖壇正面がすっかり, 抜けへと回り, 抜けの或, 抜け舗石道について丸い, 抜け舞台の下手, 抜け航海三十五日目にし, 抜け芝草の上, 抜けの小路, 抜け荷さばきと人さらい, 抜け荷密輸入された物資, 抜け荷検挙騒ぎから五六日, 抜け落ち床の上, 抜け蕭条と枯れ果てた, 抜け藤紫のなまこ, 抜けとはちがう, 抜け裏通から尾張町, 抜け補助翼がぶらぶら, 抜けの中, 抜け西丸の奥, 抜け見物した, 抜けだか, 抜け谷中門へ出, 抜け買い派の頭領先生金右衛門, 抜け走り寄るの, 抜け踊り子達よ一勢, 抜けを工夫, 抜け鋪装を, 抜け農家の間, 抜け通つてしまつて, 抜け遊びとでも洒落たらしい, 抜け郊外へ出, 抜け酒宴の人たち, 抜け釈台につかまつ, 抜け野路を越え, 抜け野郎にやあ, 抜け門外へ出, 抜け階段を通り, 抜けの庭, 抜け難いから用心, 抜け雪流より恐ろしくおぞ, 抜け雷門を右, 抜け電鈴はけたたましく, 抜け露地を駈け出し, 抜けを垂れ, 抜け頭髪に痛, 抜け顔いちめん腫れあがって, 抜けと称, 抜け首尾よく早替り, 抜け崩れて, 抜け高島の城下, 抜けの押し出し