青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「暫~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~暗い 暗い~ ~暗く 暗く~ 暗に~ ~暗示 暗示~ 暗闇~ 暗黒~ 暦~
暫~
~暫く 暫く~ ~暮 暮~ ~暮し 暮し~ ~暮らし 暮らし~ ~暮れ 暮れ~

「暫~」 1898, 21ppm, 5613位

▼ 暫らく~ (1063, 56.0%)

93 して 80 の間 74 すると 16 してから 15 考えて 13 待って, 黙って 12 は言葉 11 はその 10 の後, も安らか 9 は茫然, 立って 8 待つて, 見て 7 は口, 休んで, 行くと 6 たって, のあいだ, 経ってから, 考へて, 黙つて 5 で山, は外, は馬, 止んだ, 絶えて, 続いた 4 は何, は眼, 佇んで, 寂しかつ, 撲たれたやう, 歩いて, 留め置かれること, 立つて

3 [15件] するうち, だまって, ながめて, の辛抱, は凝然, は呆氣, は唯, は手, は物, は誰, は顔, もじもじし, 眺めて, 経って, 見えなかつたぢ

2 [49件] お見え, その中, たつて, たつと, のお, の伴侶, の我慢, の間信一郎, は両手, は二の句, は何ん, は信一郎, は夫人, は失神, は強い, は後, は払つて, は拂つて, は沈黙, は父, は相対, は見, は見詰め, は語, は返事, は開い, は開いた, は階段, ぼんやりと, また無言, も離れず, 之れ, 待ちました, 待て, 御辛抱, 捨て, 措きて, 措くも, 有ッ, 歩きました, 立つと, 経つと, 絶えます, 行って, 見上げて, 見詰めてから, 貸して, 預かって, 頼むぜ

1 [426件] あきれて, あつて曰く, あつて松子, あの声, あの娘, あの家, あんべよ, いたましく聞こえた, うとうとした, おかくまいなすっ, お孃さん, お庭, お忘れかえ, お暇, お糸, お預り, かの女, がたがたやっ, きいて, この假説, この凄, この列記, この哀れ, この場, この平次, この座敷牢, この建築, この淡路島, この界隈, この道場, この部屋, この顧みられなかった, この飛上がり, こんな酔興, したら多年, した後, した時, じっとし, じつと, する中, する内, そのままに, その不快, その写真, その前, その意味, その男, その術, その額面, その顏, たじろぎましたが, たじろぐと, ただ寂しい, たちましてから, だったな, だったね, つづいて, つづきそれから, でがした, でした, でしたね, でしたねえ, ではあつ, でまた, でもいい, でもお, でもお上, でも文明人, で嵐, で急い, と, どしたな, なかった, などは舞台, のあ, のあいだ口, のあいだ輾転反側, のあいだ静か, のうち, のこと, の事, の事件, の別れ, の旅, の時間, の暇, の暇乞, の気まぐれ, の滞, の猶, の聞, の謹愼, の辛棒, の閑日月, の間お前さん, の間お待ち, の間すべて, の間オクサーナ, の間モモ, の間仕事, の間八五郎親分, の間口, の間外相, の間寿美子, の間彼等, の間眼まぐろ, の間縄, の間臥, の間船, の間貸し, の間釘付け, の間黙然, はあいた, はうん, はおれ, はお待ち, はきり出し兼ね, はきり出し兼ねた, はしゃがん, はそれ, はそれでも, はどちら, はむづかしい字, はノタ, は一, は一切, は一室, は人氣, は他愛, は停める, は偸食, は切出し, は判断, は動き, は口さ, は同じ, は吸わなかった, は命, は唸, は啜り泣き, は夢, は夢見る, は存在, は安全, は寄付く, は庭草, は庵室, は快活, は念じ, は怖がつ, は恍然, は恐ろしい, は悲歎, は手放し, は払っ, は挨拶, は揉み, は敵味方必死, は日向, は暇, は止まなかった, は此事件, は歸つて來, は死物狂い, は氷, は江戸, は江戸中, は沙汰止み, は泊り込み, は泣い, は泣き出し, は涙, は涙ぐましく, は淀む, は淋しい, は淡島様, は渦, は焼けた, は煙草, は玄関, は皆空家, は目白, は眞, は眩, は眺め入りました, は睨み据ゑて口, は知っ, は祝言どころ, は秘密, は立ち竦みました, は立去らぬ, は耳, は自分, は荒い, は薄れ, は袖, は許せ, は話, は起き上がれなかつた, は起き上る, は起き上れません, は踏台, は身, は身心, は辯解, は辻斬, は迷つた樣子, は迷つて, は道, は道化, は遠慮, は闇, は陳, は静まらなかった, は静まらなかつた, は靜, は頭, は顏, は飲むまい, は鬱陶しい, は鳴り, は默つて潮時, は默りこくつ, は黙っ, は鼻, ふっとそう考えた, ふるえながら, ぽかんと突っ, まごついた, もぐもぐと, もぐもぐとやって, もぼんやり, も休む, も爰, も身辺, も鍋, やつて, を心慄, を貴重, ウロウロし, 人知れず懸想, 他國, 休ませた上, 休ませて, 休みたいつて言つて, 休んだ, 会ったこと, 何やらやつ, 何やらゴソゴソ作業, 信じられなかった, 借りて, 借りること, 借りるぞ, 停まつて, 停滯, 免れて, 其のちらし, 其のダッジ, 凝ツ, 凝乎彼女, 出たやう, 制する有様, 動かないで, 動かなかった, 動けやしません, 原庭, 去りも, 取りとめない雑談, 取払われるの, 叩いたり, 呆れたよう, 唸って, 唸つて, 寂しかった, 寝つき病気, 寝て, 寝ますの, 小さくな, 居つたの, 居て, 居られたこと, 差上げたならば, 差押えました, 帰って, 帰らない家, 平ぐ, 幽里子, 広く見え, 張る氣, 当庵, 待たされた後, 待たされて, 待たした事, 待った, 待つやう, 待て俺, 待とう, 御厄介, 御待ち, 御待ち下され, 御滯在, 御祈りめいた, 御遠慮, 忍んで, 忘れて, 急勾配, 恐ろしい沈黙, 悲しい月日, 或る, 戻つて來, 手間取るうち, 打しおれた後姿, 探したが, 探して, 措き古書, 措き現に, 措け凡そ何人, 揺られて, 撲たれたよう, 放つて, 新六, 暗い天井, 暮して, 暮らすの, 書き連ねる問題, 来てから, 止まつた, 歩かなかつたので, 歩けそう, 気付かぬうち, 沈みこんで, 泊めて, 泳がして, 洗って, 消えるよ, 湧きましたが, 為すところ, 煮ると, 煮詰めて, 物珍しい眼, 留め置かる, 直助, 眺めたくそこで, 睨み合いました, 知らん顏, 秘して, 立ち止つて, 立ち止まって, 立ち竦みましたが, 立ってから, 第一, 粘つて, 経つて, 経つてから, 絶えた, 続きます, 縺れ合って, 老僧, 考えこみました, 考えた, 考えた後, 考えました, 考え込む, 考へてから, 考へる姿, 聞いて, 聞かれねぇかと, 脅えきつ, 苦しそう, 薄れゆく夕明り, 行った時, 表立った張り合いが, 見あげ見おろすの, 見えないこと, 見えませんでしたが, 見つめて, 見とれた, 見ぬふり, 見ること, 見合せ何, 見張つて, 見惚れたほどの, 見詰めて, 見込んで, 見送るとも, 言い争って, 言い詰って, 言い馴れて, 訊かずに, 記さず, 記して, 話した, 話した何と, 話した十一銭, 話して, 話してから, 話し込んで, 話す, 話す近々, 調べてを, 論ぜぬこと, 起き上ること, 起き上れないで, 踏みとどまつて, 途切れました, 遠ざかって, 遠ざからなければ, 遠ざけて, 重っ苦しい, 重つ, 開いた口, 隠して, 離れて, 静まり返って, 預かること, 預けて, 預けられ升, 飲まない飲まうにも, 飲めないこと, 馳せて, 魅入られるよう, 鳴を, 黙しつ, 黙して, 黙ってたのち, 黙り込んで

▼ 暫~ (17, 0.9%)

1 [17件] しとばかり, しの, し人生, し休めつ, し停めしむ, し其名, し川地, し座り, し心, し思案, し梅子, し目, し胸裡, し言葉, し途, し首, し黙つて

▼ 暫らく口~ (17, 0.9%)

4 を閉ぢ 3 も利けなかった 1 のあたり, も利け, も利けず, も利けません, も塞がりません, を利く, を噤ん, を噤んだ, を緘, を閉じた

▼ 暫~ (15, 0.8%)

2 間は

1 [13件] うちに, うちは, つらねに, 四人が, 図は, 間うとうと, 間でございました, 間でも, 間なりとも, 間を, 間三人半扶持御, 間圏境の, 顔にも

▼ 暫らくお待ち~ (14, 0.7%)

2 を, 下さい, 下さいまし 1 をと言っ, を願, を願います, 下さいお話, 下さいな, 下さいますやう, 下さい直ぐ, 下されたい

▼ 暫らく無言~ (13, 0.7%)

2 のま

1 [11件] でい, でゐる, で呼吸, で川岸, で睨め合っ, で見, で車中, で部屋, で酒井, のエキスタシー, の睨み合い

▼ 暫らく樣子~ (11, 0.6%)

7 を見る 3 を見 1 が見たい

▼ 暫らく默つて~ (11, 0.6%)

2 居りましたが 1 ながめて, なよ, ゐた, ゐたが, ゐて, ゐてから, 居たが, 歩きました, 見て

▼ 暫らく息~ (10, 0.5%)

5 を詰める 1 を休めた, を入れました, を吐く, を吹返, を呑ん

▼ 暫らく經つて~ (10, 0.5%)

2 から 1 からで, からまた, から爲五郎, から物音, から離屋, もひつそり, 淋しく歸つて, 漸く引上げ

▼ 暫らく此處~ (9, 0.5%)

1 で待つ, に居, に居る, へは誰, へ泊つて, へ泊め, へ置いた, を動きたく, を頼む

▼ 暫らく眼~ (8, 0.4%)

2 をつぶっ 1 と眼, をつぶつて筵, を丸く, を廻し, を瞑っ, を離さず

▼ 暫らく私~ (8, 0.4%)

2 はのぞい 1 が隱, に任せ, のドグマ, は坊さん, を佇ませた, を見凝

▼ 暫らくそこ~ (7, 0.4%)

2 に立 1 でわが, に憩, に立っ, に立つ, に隠匿

▼ 暫らくそれ~ (6, 0.3%)

2 を見詰め 1 でお待ち, をおもちゃ, を搖, を見比べ

▼ 暫らく間~ (6, 0.3%)

4 をおい 1 ごつきヤツ, を置い

▼ 暫~ (5, 0.3%)

1 その人たち, ウイスキイに, 先刻遠くから, 疊の, 私は

▼ 暫らくおだ~ (5, 0.3%)

5 やんで

▼ 暫らく山~ (5, 0.3%)

5 のそよぎ

▼ 暫らく幾本~ (5, 0.3%)

5 とも知れぬ

▼ 暫らく彼~ (5, 0.3%)

2 の頭 1 はいかにも, は動かず, れの

▼ 暫らく思案~ (5, 0.3%)

1 して, に暮れ, に迷, の体, をする

▼ 暫らく經~ (5, 0.3%)

3 ちました 1 つとお, つと細身

▼ 暫らく續~ (5, 0.3%)

1 いたが, いたと, いて, きました, くと

▼ 暫らく考~ (5, 0.3%)

1 へこん, へさせ, へ込みました, へ込ん, 込んで

▼ 暫らく茫然~ (5, 0.3%)

1 たり, として居る, として机, として脳, と坐っ

▼ 暫らく言葉~ (5, 0.3%)

1 がなかつた, が絶えました, が途絶えた, を切った, を途切

▼ 暫らく貴族たち~ (5, 0.3%)

5 の間

▼ 暫~ (4, 0.2%)

1 くいらしつ, くい残って, くおたかは, くさうし

▼ 暫らくここ~ (4, 0.2%)

1 に留まるべし急ぎ, に留守, に落ちつい, に遊ん

▼ 暫らくふつ~ (4, 0.2%)

4 とさう考へた

▼ 暫らく二人~ (4, 0.2%)

1 の無邪気, の風体, は窓, は黙っ

▼ 暫らく休息~ (4, 0.2%)

1 させて, した上, して, せよさ

▼ 暫らく会~ (4, 0.2%)

2 はなかつた 1 つたこと, はない

▼ 暫らく何~ (4, 0.2%)

1 かの返事, の判断, の詞, も云わず

▼ 暫らく平次~ (4, 0.2%)

1 と八五郎, はどうして, は靜觀, を保養

▼ 暫らく我慢~ (4, 0.2%)

2 して 1 しろよ, なすつて

▼ 暫らく杜~ (4, 0.2%)

4 絶えて

▼ 暫らく水~ (4, 0.2%)

1 に沈んだ, へ漬け, を打った, を飲ん

▼ 暫らく沈黙~ (4, 0.2%)

2 が続いた 1 に耽っ, を保つた

▼ 暫らく滞在~ (4, 0.2%)

3 して 1 する事

▼ 暫らく話~ (4, 0.2%)

1 に夢中, は絶えた, をし, を中絶

▼ 暫らく身~ (4, 0.2%)

2 を隱 1 を寄せる, を潜め

▼ 暫~ (3, 0.2%)

1 止みて, 涼く, 雙方ぐる

▼ 暫らくこれ~ (3, 0.2%)

1 にお待ち, はどうも誠にどうも, を日本旅行者

▼ 暫らく一緒~ (3, 0.2%)

1 にゐ, に崖, に歩く

▼ 暫らく其処~ (3, 0.2%)

2 に佇立 1 でコト

▼ 暫らく其處~ (3, 0.2%)

1 で聞け, に御, を貸し

▼ 暫らく前~ (3, 0.2%)

1 から私, に死んだ, の算盤

▼ 暫らく手~ (3, 0.2%)

1 を床, を放せねえ, を膝

▼ 暫らく文三~ (3, 0.2%)

1 がシケジケ, の容子, を疾視

▼ 暫らく時~ (3, 0.2%)

1 の鐘, は經, を経

▼ 暫らく會~ (3, 0.2%)

1 はない, はれないと, は無い

▼ 暫らく様子~ (3, 0.2%)

1 をうかがっ, を見, を見る

▼ 暫らく目~ (3, 0.2%)

1 をつぶっ, をつぶらせ, を離した

▼ 暫らく立~ (3, 0.2%)

1 上ろうと, 佇って, 止って

▼ 暫らく耳~ (3, 0.2%)

1 を澄まし, を貸し, 傾けて

▼ 暫らく足~ (3, 0.2%)

1 で川底, をとめ, を遠のく

▼ 暫らく躊躇~ (3, 0.2%)

1 した, した伯爵, して

▼ 暫らく辛抱~ (3, 0.2%)

3 して

▼ 暫らく遠慮~ (3, 0.2%)

3 して

▼ 暫らく静か~ (3, 0.2%)

2 にし 1 で秋

▼ 暫らく韜晦~ (3, 0.2%)

3 して

▼ 暫らく默祷~ (3, 0.2%)

1 の後, をし, を續

▼ 暫~ (2, 0.1%)

1 十一歳で, 生れたこと

▼ 暫らくだ~ (2, 0.1%)

1 と思つて, まつて

▼ 暫らくぼんやり~ (2, 0.1%)

1 した, と佇立

▼ 暫らくもの~ (2, 0.1%)

1 をいわなかった, を云う

▼ 暫らくゴトゴト~ (2, 0.1%)

1 さして, やつて

▼ 暫らく一人~ (2, 0.1%)

2 にし

▼ 暫らく之~ (2, 0.1%)

1 に幻惑, を論ぜん

▼ 暫らく交際~ (2, 0.1%)

1 が途絶え, して

▼ 暫らく何處~ (2, 0.1%)

1 かへやつ, へも出られない

▼ 暫らく八五郎~ (2, 0.1%)

1 を泊め, を泊らせる

▼ 暫らく其材木~ (2, 0.1%)

2 の端

▼ 暫らく別れ~ (2, 0.1%)

2 ともない

▼ 暫らく姿~ (2, 0.1%)

1 を見せない, を見せなかつた

▼ 暫らく寢付け~ (2, 0.1%)

2 なくて

▼ 暫らく小首~ (2, 0.1%)

1 をかしげ, を傾げました

▼ 暫らく幸内~ (2, 0.1%)

1 の姿, の行く

▼ 暫らく廊下~ (2, 0.1%)

1 を幾曲りか, を逃げ

▼ 暫らく往来~ (2, 0.1%)

2 なし

▼ 暫らく後~ (2, 0.1%)

1 で發病, に意識

▼ 暫らく打~ (2, 0.1%)

1 吟じて, 護り居けるが

▼ 暫らく政治的設題~ (2, 0.1%)

2 として之

▼ 暫らく政界~ (2, 0.1%)

2 の大

▼ 暫らく散歩~ (2, 0.1%)

2 して

▼ 暫らく斑~ (2, 0.1%)

1 にたゆ, にたゆたった

▼ 暫らく昇~ (2, 0.1%)

2 の顔

▼ 暫らく杜絶~ (2, 0.1%)

1 えてゐた, れて

▼ 暫らく東京~ (2, 0.1%)

2 を離れる

▼ 暫らく横~ (2, 0.1%)

1 になつて, になる

▼ 暫らく此処~ (2, 0.1%)

1 で待っ, へ掛けたまえ

▼ 暫らく気~ (2, 0.1%)

1 がつかなかった, を失つた様

▼ 暫らく無駄話~ (2, 0.1%)

2 をし

▼ 暫らく相対~ (2, 0.1%)

2 して

▼ 暫らく石~ (2, 0.1%)

1 の上, の如く動かなかった

▼ 暫らく空~ (2, 0.1%)

1 と海, を見

▼ 暫らく立在~ (2, 0.1%)

1 でいた, での談話

▼ 暫らく絶句~ (2, 0.1%)

2 して

▼ 暫らく緊張~ (2, 0.1%)

1 した沈黙, し切つた

▼ 暫らく聲~ (2, 0.1%)

1 を出さなかつた, を呑みました

▼ 暫らく腰~ (2, 0.1%)

1 をかけ, を落ちつけた

▼ 暫らく自分~ (2, 0.1%)

1 の三四ヶ月以前, を外

▼ 暫らく自由~ (2, 0.1%)

1 に調べ, を味

▼ 暫らく舞台~ (2, 0.1%)

1 に引き入れられ, は空虚

▼ 暫らく船~ (2, 0.1%)

1 に乘, の中

▼ 暫らく良平~ (2, 0.1%)

1 を語, を語った

▼ 暫らく茲~ (2, 0.1%)

2 で聴かせ

▼ 暫らく葉山~ (2, 0.1%)

1 へでも行っ, へでも行つて

▼ 暫らく語~ (2, 0.1%)

2 を切

▼ 暫らく誰~ (2, 0.1%)

1 にもあ, も何

▼ 暫らく辛棒~ (2, 0.1%)

1 しなさいと, の具合

▼ 暫らく返事~ (2, 0.1%)

1 をしなかった, をしなかつた

▼ 暫らく逡巡~ (2, 0.1%)

1 った, った後

▼ 暫らく邪魔~ (2, 0.1%)

2 をする

▼ 暫らく闇~ (2, 0.1%)

2 の中

▼ 暫らく音~ (2, 0.1%)

2 が絶えた

▼ 暫らく頭~ (2, 0.1%)

1 を上げません, を傾け

▼ 暫らく顏~ (2, 0.1%)

2 を見せなかつた

▼ 暫らく默~ (2, 0.1%)

1 つて, り込んで

▼1* [376件]

ある興福寺の, 暫いでまさば御, 暫すると下, 暫現象を, 暫らくおしやべり, 暫らくおれの顔, 暫らくお茶と煙草, 暫らくお許しを願, 暫らくお話して, 暫らくお預けとして長禄, 暫らくぎツくりして, 暫らくじツとかの女, 暫らくそうさしとい, 暫らくただうちはを使つて, 暫らくたより無ささうに, 暫らくぢつとして, 暫らくぶりで弟, 暫らくまごまごした末, 暫らくアグネスの家, 暫らくオデッサあたりに転地, 暫らくガヂヤガチヤやつて, 暫らくガルスワーシーの日本, 暫らくキャッキャッと逃, 暫らくクワツと赤く, 暫らくジッと佇ん, 暫らくソーダ水などに喉, 暫らくチチコフの顔, 暫らくヂツとして物, 暫らくドナウに沿う, 暫らくブルと一緒, 暫らくペンを休め, 暫らくヴァイオリンをいじくり廻し, 暫らく三味線と笛, 暫らく三島明神の裏, 暫らく上方へでも行つて修業, 暫らく下駄を引ず, 暫らく不思議さうに四方を眺め, 暫らく不自由をし, 暫らく世話になつ, 暫らく世間の判断, 暫らく両人は黙っ, 暫らく両方でだまつて, 暫らく中の樣子, 暫らく中心を取っ, 暫らく中隊長の傍, 暫らく主家を横領, 暫らく乾燥バナナの中, 暫らく二の句がつげません, 暫らく互ひに, 暫らく京都に住ん, 暫らく人が絶え, 暫らく人々の寝息, 暫らく人生と人生, 暫らく人界に止まり, 暫らく人魚のやう, 暫らく他の者, 暫らく休刊を続けし, 暫らく休養すること, 暫らく会談それから街, 暫らく伝播説をば一個, 暫らく佇立って四辺, 暫らく余事として彼, 暫らく余焔の冷める, 暫らく便りもしない, 暫らく保護して, 暫らく保養をさせ, 暫らく俯向いて, 暫らく俺達がゐる, 暫らく停電いたすそう, 暫らく傍観して, 暫らく元の部屋, 暫らく児玉旗山の塾, 暫らく入院して, 暫らく其信ずる所の何たる, 暫らく其儘に立ち尽した, 暫らく其家で暮し, 暫らく其手を, 暫らく其方を見, 暫らく其袋を眺め, 暫らく其邊中を探し, 暫らく内儀のお, 暫らく冥目して, 暫らく冷飯を食つて, 暫らく凝視めてホッ, 暫らく別荘へ置い, 暫らく前線に出, 暫らく動静を窺っ, 暫らく北平に還りて, 暫らく半年くらいしか男, 暫らく厄介になる, 暫らく古屋敷の中, 暫らく名は言, 暫らく呆気に取られ, 暫らく呆然として居りました, 暫らく周囲の友だち, 暫らく呻吟しましたが, 暫らく和助さんや新, 暫らく唇を噛みます, 暫らく唖然とした, 暫らく問はず催馬楽も平家物語, 暫らく問はず古来の女子参政権論者, 暫らく四方の靜, 暫らく国へ帰っ, 暫らく土に突っ, 暫らく土塀の傍, 暫らく執拗な眼つき, 暫らく塲景の精不精, 暫らく外へ出ない, 暫らく太吉は熱心, 暫らく太鼓だけで踊, 暫らく奉公人や子分, 暫らく奧座敷の違, 暫らく女が子供, 暫らく女達を追い廻し, 暫らく嫁の来る, 暫らく官途に韜晦, 暫らく室内はヒツソリ, 暫らく家の周囲, 暫らく寄寓して, 暫らく寢卷と布團, 暫らく寺町の闇市, 暫らく対談があったらしく, 暫らく小鳥がさっぱり, 暫らく少年と共に郊外, 暫らく山路を進ん, 暫らく島人の中, 暫らく川に臨んだ, 暫らく川手氏の影身, 暫らく已んで空しき, 暫らく巻煙草を口, 暫らく市三の脇, 暫らく市会議員をやつ, 暫らく幕の陰, 暫らく庇を見, 暫らく店火鉢の前, 暫らく座をはづしましたが, 暫らく庭の騷ぎ, 暫らく廃して, 暫らく弟の遺骨, 暫らく彼女に逢えなかった, 暫らく彼等は無言, 暫らく往來は靜, 暫らく待ッてい, 暫らく後賢の研究, 暫らく得意の綺麗, 暫らく徳三郎が預かり, 暫らく志を得ない, 暫らく念入りに見, 暫らく怪訝そうに見つめ, 暫らく情勢の推移, 暫らく情況を確かめた, 暫らく感嘆して, 暫らく感慨に耽りました, 暫らく成行を見よう, 暫らく我を忘れ, 暫らく我等をし, 暫らく戸外に佇立, 暫らく手の平を打ち続けた, 暫らく手傳つて佛樣の始末, 暫らく手入れをしなかった, 暫らく手持無沙汰と云う, 暫らく手間取つて店口へバア, 暫らく投げやりにし, 暫らく拜んでから靜, 暫らく拜見したい, 暫らく振りの天気, 暫らく撫然たり, 暫らく擱きて, 暫らく攪き廻したの, 暫らく放浪して, 暫らく政変を待つ, 暫らく政變を待つ, 暫らく教員をし, 暫らく文箱を隣室, 暫らく文通が絶え, 暫らく断念せざる可, 暫らく斯うして, 暫らく斯んな遊び, 暫らく新吉の顔, 暫らく斷念せざる可, 暫らく方角を考え, 暫らく旅の話, 暫らく旅廻りをしなけれ, 暫らく旅行中の話, 暫らく時刻を移し, 暫らく暢気にし, 暫らく曲者はため, 暫らく木の蔭, 暫らく杜氏と押問答, 暫らく杵太郎さんに伺ひたい, 暫らく松の蔭, 暫らく松島氏の顔, 暫らく森の闇, 暫らく楢雄の顔, 暫らく楽屋に休憩, 暫らく次の瞬間, 暫らく欧羅巴に在らし, 暫らく歔欷をつ, 暫らく此が続いた, 暫らく此守袋を豫, 暫らく此寮へ留まつ, 暫らく此方にてお待ち, 暫らく此饒舌の大, 暫らく歩を駐, 暫らく歸りたくないし, 暫らく死のよう, 暫らく死人の顔, 暫らく母家へ行つて, 暫らく母親の面影, 暫らく気分を変えさせます, 暫らく気息をつきました, 暫らく氣を轉, 暫らく氣拔けのした, 暫らく水中に爭, 暫らく水際に歩, 暫らく汝の右, 暫らく江戸の水, 暫らく沈吟したが, 暫らく油のよう, 暫らく波の音, 暫らく泥試合を続けた, 暫らく洋行して, 暫らく海道筋をごろつい, 暫らく消息不明であった遠征将軍, 暫らく涙に沈み居たる, 暫らく渓に沿う, 暫らく渠の方, 暫らく湯島に圍, 暫らく滯在する, 暫らく灰燼の中, 暫らく烟草を吹かし, 暫らく無事な日, 暫らく無沙汰をした, 暫らく無言稍あッて, 暫らく熱祈黙祷, 暫らく父御さん, 暫らく片意地らしい彦太郎, 暫らく物も言わず, 暫らく物珍らしげに当て, 暫らく猛烈な水, 暫らく田端に静養, 暫らく男らはそれ, 暫らく異常な緊張, 暫らく発表を見, 暫らく盛りだと, 暫らく盤にかじりつい, 暫らく相並んで, 暫らく相乖離して, 暫らく睨み合ふうち, 暫らく瞑目しつ, 暫らく瞶てから, 暫らく石疊の上, 暫らく研究をする, 暫らく祈念を凝し, 暫らく神そのものの觀想, 暫らく神前にねかせ, 暫らく神輿をあげない, 暫らく私たちの周り, 暫らく私達の持つ, 暫らく秋田を待たせ, 暫らく空気中を振り廻し, 暫らく突つ立つて, 暫らく窓に凭, 暫らく立ち淀みました, 暫らく立ち會つて, 暫らく立ち話して, 暫らく立てから同じ, 暫らく筏に乗っ, 暫らく紅顔の少年, 暫らく紳士的に争った, 暫らく経の済む, 暫らく絶頂の石, 暫らく經つて一件も落着, 暫らく經つて先代の旦那樣, 暫らく經つて八五郎は恐る, 暫らく經つて岩井町の桃谷鬼一郎, 暫らく經つて平次は外, 暫らく經つて庭石の上, 暫らく經つて我慢が出, 暫らく經つて會心の笑み, 暫らく經つて母屋の廣間, 暫らく經つて氣がつく, 暫らく經つて煙草か何ん, 暫らく經つて笹野新三郎は言, 暫らく經つて部屋へ引, 暫らく經つて香之助, 暫らく縁の下, 暫らく縁側に立つ, 暫らく義雄を待たせた, 暫らく翁屋へ手傳, 暫らく胸がどきどき, 暫らく腕を拱い, 暫らく腕組みして, 暫らく膽をつぶし, 暫らく自己といふもの, 暫らく舞臺は道化, 暫らく荷物を下し, 暫らく萬七兄哥に樂, 暫らく蒲団をかぶっ, 暫らく薄紫色の煙, 暫らく行乞の旅, 暫らく行手を見定め, 暫らく行方を晦, 暫らく衛戍病院で勤務, 暫らく西の空, 暫らく西比利亜に滞留, 暫らく西角井君と二人分, 暫らく見物したそして, 暫らく親子は稲, 暫らく詩という観念, 暫らく詩人が空想, 暫らく詮議を見合, 暫らく読書新聞がきた, 暫らく談話が断絶, 暫らく謎に住, 暫らく謹慎して, 暫らく讃之助, 暫らく走りに走り, 暫らく起臥を共に, 暫らく路地に入れ, 暫らく車の中, 暫らく軒の下, 暫らく返答ができない, 暫らく逗留して, 暫らく逢へまい, 暫らく逢はずに居る, 暫らく遠方へ氣, 暫らく部屋を開け, 暫らく都門熱閙の地, 暫らく金貨をい, 暫らく鈴を賣, 暫らく鉄砲を打っ, 暫らく銀行の石段, 暫らく銘々のこと, 暫らく鐘は又, 暫らく閉鎖された, 暫らく閑天地を求め, 暫らく障子の月かげ, 暫らく隠棲して, 暫らく隣の御, 暫らく雨宿りして, 暫らく雲が途絶えた, 暫らく電柱の蔭, 暫らく青空を見つめ, 暫らく頁をめくっ, 暫らく頸をそらし, 暫らく願念寺に泊り込ん, 暫らく風呂場の棚, 暫らく首を傾げ, 暫らく馬をとどめる, 暫らく騷いだ, 暫らく魔の糸, 暫らく鰍沢の町, 暫らく鵠立でい, 暫らく鷺太郎はその, 暫らく黒雲五人男の眼, 暫らく默つてジラして, 暫らく默つて歩き續けました, 暫らく默つて突ツ立つて, 暫らく黙然として何, 暫らく黙考して, 暫らアくジッ, 暫取リマセンカラ, 暫クスルトオ静ガ二人分ノ茶ト菓子, 暫クノ近キ將來ニ存在スベキ其等ニ對シテ, 暫クロビーニデモ行ッテラシッテ下サイヨイヽ機会ダカラ, 暫ク別室ニ寝間ヲ取, 暫ク奈良ヘ行ッタコトガナイノデ, 暫ク様子ヲ見, 暫ク逗留センカ未ダ決心セズ, 暫嗣子成善と矢島氏, 暫四歳七男成善二歳の四子二女, 暫暮らして居た, 暫死んだやうに, 暫無言のま, 暫疲れたり