青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「態度~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

感激~ ~感覚 感覚~ ~感謝 感謝~ 慄~ 慈悲~ ~態 態~ ~態度
態度~
~慌て 慌て~ 慣れ~ ~慰め 慰め~ 慾~ 憂~ ~憂鬱 憂鬱~ 憎い~

「態度~」 11792, 113ppm, 932位

▼ 態度~ (2889, 24.5%)

75 もって 63 とって 49 取って 48 して 42 見て 41 示して 33 見ると 31 とった 25 示した, 見せて 22 取った, 持し 21 とること 18 とるの 15 取つて, 明らかに, 見せた 14 とつて 13 かえて, 取ること, 変えて 12 保って 11 もつて 10 一変し, 取るの, 持って 9 維持し 8 とつた, 変えた, 示すの 7 おとりに, 一変した, 持つて, 明かに, 私は

6 [11件] お示し, きめて, とるに, とるよう, 保つて, 執って, 少しも, 改めた, 決定する, 示しながら, 見れば

5 [14件] お見せ, した, とる, 取らなければ, 取る, 取るか, 取るに, 取るよう, 取ろうと, 意味する, 示したの, 示す, 示すこと, 見せたり

4 [27件] とったり, とられて, とるという, とれば, みせて, 保つこと, 取ったこと, 取ると, 執ったの, 執ること, 変へ, 崩さずに, 崩さなかった, 後悔し, 批判し, 改めて, 改めなかった, 明瞭に, 決めて, 眺めて, 示すに, 示すので, 装って, 要求する, 身に, 非常に, 非難する

3 [36件] あきらかに, あらためた, かの女, きめた, したの, すてて, とったこと, とるもの, とる事, 一変させた, 取つた, 取らねば, 取り続けて, 可なり, 固守する, 執った, 変えないの, 変えるの, 変へる, 守って, 急に, 意味し, 憐み, 持ちつづけて, 採って, 採り, 改めたと, 示し, 示したこと, 示したり, 続けて, 考えて, 要求し, 見るに, 露骨に, 非難した

2 [149件] あらためて, いつもよりも, おとり続けに, お取り, かく説明, さへ, したまま, するか, するの, その男, それが, それとなく見, つくつて, つづけて, つづけること, とったが, とつたら, とらなければ, とられるの, とりその, とりたいと, とりながら, とるか, とるつもり, とるべきか, とるべきである, とるべきであるか, とろうと, はっきりきめ, ひそかに, みずから例示しなけれ, みせた, みせると, みて, 一言し, 一變し, 不眞面目, 中庸と, 主張した, 二三に, 以つてする, 余り大人気, 侵して, 保つほう, 修業の, 処女に, 取ったの, 取つたもの, 取らざるを, 取らなくては, 取らんと, 取りて, 取り出したの, 取り生徒, 取るという, 取るは, 取るべきかを, 取る事, 取る人々, 取れば, 取ろうとも, 回復し, 回復した, 執りしを以て, 執る, 執るか, 執るもの, 執るやう, 執るよう, 声明した, 変えること, 変へて, 失わずに, 学んだ, 学んで, 彼は, 心の, 忘れ多く, 思い出した, 思い出すと, 思い浮べて, 思ひ出すと, 怨んで, 悲しむ心, 意外とするなら, 憎むもの, 憎んで, 押し進めて, 持した, 持ち続けて, 捨て, 捨てるよう, 採つた, 採る, 採ること, 改めさせなければ, 改めて庇護, 改めようと, 改める様子, 教へ, 是認し, 是認した, 是認する, 曖昧に, 曲解し, 最初冷淡に, 欠かざりしか, 次の, 正して, 気に, 求めるの, 決しかねて, 決めねば, 父に, 現わし, 瑠璃子は, 目し, 真似るの, 確立する, 示さず, 示しそれ, 示したか, 示したと, 示したので, 示したもの, 示したるに, 示したるは, 示すならば, 示すもの, 私が, 結局見せず, 表して, 装いながら, 見せたの, 見せられて, 見せるの, 見せるよう, 見せるん, 見たいため, 見ただけでも, 見ては, 見ても, 見また, 見るとき, 見るにつけ, 認めて, 説明する, 逆に, 鮮明に

1 [1505件 抜粋] あいまいに, あげて, あの子, あらためていよいよその, あらためない者, あらゆる場合, ありがたく思った, いうの, いつもの, いへるに, いわゆる流行小説, おかしいと, おろそかに, お失い, お見せする, かえないの, かえ泣くやら, かくさず説明, きき取った時, きめさせる性質, きめようと, きめれば, くずして, くり返すこと五六度, こう考える, このリスト, この時, さして, されたこと, しかつて, したが, したため彼, したらしかった, してると, しながら, しなければ, しめして, すぐ崩し, すべて馬鹿だ, するので, せずに, そのままみのがし, その活用, それとなくう, ちょっと不審, ついに失わず, つつしんで, つぶさに見聞き, とおして, とったという, とったの, とった覚え, とってる者, ととのえ磨くこと, とらしめあるいは, とらず真剣, とらせること, とらない, とらねば, とられるか, とりいかに, とりうるという, とりたい, とりだしたの, とりました, とりみだして, とり他, とり始めた, とり尽くして, とり得ません, とり文明人, とり続けた女, とり自分, とり顔, とるかは, とるだけの, とると, とるならこちら, とるは, とるべきでは, とるやう, とる人間, とる地域, とる文学者, とる相当, とれないの, どういうもの, どう見る, どんなに憎んだ, なさいました, なされば, なすって, ののしるの, はっきり見得る, ひきおこした, ひっこめ悔悟, ほめ, まじえるの, ますます浅ましく, まだよく定め, みせたこと, みせること, みせ昨夜, みのるが, めやすとして, もたねば, もっともよく云いあらわす, もつもの, もとめて, もどかしく思った, やめないのに, やわらげること, よく知っ, よそおいながら, わざとらしく思っ, わらつたので, ジット見, チンダルが, トルストイや, 一つ一つ思いかえした, 一変せん, 一度も, 一擲し, 一種の, 一貫し, 不思議に, 不甲斐ないもの, 主として真, 予想し, 人に, 仏蘭西や, 以って, 以つて人生の, 以つて痛快に, 会得し, 何時の, 何等かの, 作つて行つた事は, 使い分ける伝六, 保った, 保つやう, 保留し, 信じること, 倫理的に, 傷つけるもの, 儀式制度と, 全然彼, 公けに, 内心快から, 冷静に, 初めも, 別に感謝, 創立し, 労働者は, 勿体ぶったり, 卑下する, 卯平は, 反映する, 反省すべき, 取ったかは, 取ったもの, 取った方, 取っても, 取つたため, 取つたので, 取つたわけ, 取つて推察, 取らざるべからざる事, 取らせも, 取らないでいい, 取らぬ限り, 取られて, 取りかけた以上, 取りその, 取りながら, 取りましたそう, 取りデモクラチック, 取り以, 取り反, 取り後者, 取り得るの, 取り戻して, 取り直した, 取り続けられたこと, 取り続ける女, 取り課長, 取るかと, 取るだけとしても, 取るつもり, 取るとは, 取るべきか, 取るべきでは, 取るわけ, 取る意向, 取る為め, 取れなかったという, 取ろうとは, 取戻す, 可能に, 右近に, 君臣の, 否定せぬ怒, 和げて, 咎めるよう, 嘲罵に, 執ったこと, 執ったり, 執らなければ, 執ります, 執り得なかった, 執るぞ, 執るべきだろうか, 執るん, 執る時, 堅くし, 声明し, 変えず同じ, 変えた秀蓮尼, 変えなかった, 変えなければ, 変えようとは, 変えると, 変え出したの, 変え胸衿, 外部側に, 大宮の, 失うまいと, 失はず静か, 失はなかつた自分たち, 失ふまいと, 失わず英三, 失わないで, 女が, 好まなかつたから, 妻は, 始終見せられ, 嬉しそう, 学びその, 学ぶフイランスロプ, 学校に, 守り得たこと, 守り通して, 守る時, 定めて, 定める問題, 客観的に, 容易に, 察知し得るであろう, 審査席上で, 尊重すべきであっ, 屡々見かける, 崩さず, 崩さない円満, 帝が, 平生僕が, 康子は, 引き出して, 強いて, 強要し, 当然の, 彼自身は, 徐々として, 得たる作品, 御覧に, 御赦しくださいませ, 徹底させ, 心がけつつ, 必要と, 忌み悪, 忘れるの, 忽ちぎごち, 思いかえすと, 思い知った, 思ひ其笑顏, 思ひ出しながら, 思ひ浮べて, 急いで, 怪しまなかったの, 恥じながら, 恨むやう, 恨んだ, 悪く疑, 想像に, 意味なさない, 感じはじめた, 感心もしまた, 慎しみ温言以て, 憎らしく図々しいもの, 我々は, 手代に, 把持する, 抜け出なかったと, 拒否する, 持したりき, 持し得た, 持する島村抱月君, 持ちながら, 持ち続ける中, 持った気味, 持つた人, 持つ人, 持続するなら, 指すの, 捨てきれなかった, 捨てなかった, 排するの, 排撃しよう, 採らしむる, 採らなければ, 採りそう, 採り其の, 採るべからずといった, 採る外, 採上げて, 描いて, 換えて, 支持したい, 改むること, 改めたが, 改めてすう, 改めて一座, 改めて大杉君, 改めて自然, 改めて言っ, 改めながら, 改めると, 改めるよう, 改め給え, 放擲し, 数回にわたって, 斥けて, 新子に, 明に, 明示された, 時に応じ, 暗示し, 更に観察, 最後まで, 有するにも, 朝野に, 栄介に対して, 棄て, 検事は, 検討する, 極めようと, 極端まで, 標榜する, 欠いた総て, 正した, 正確に, 母が, 気の毒な, 氣取り, 決して忘れない, 決するため, 決めずに, 決める必要, 決定した, 洋式に, 浮動的な, 深く悲しんだ, 滅却する, 無礼である, 狡猾に, 理解し, 生みし原因, 用いて, 用ゐなけれ, 由吉や, 異にし, 疑わないの, 監視し, 盲目的な, 直ちに生命, 相手の, 真剣に, 瞥見し, 知つて居, 知らない快活, 知れりと, 破ること, 硬めかけた, 確かめる事, 確定し, 示さざる結果, 示さなかった, 示さなければ, 示さんと, 示しそれで, 示したが, 示したは, 示した作品, 示しつ, 示してる一派, 示しました, 示し一説, 示し合, 示し決意, 示すけれど, 示すでしょう, 示すべきかに, 示すべきであると, 示す医者, 示す筈, 示そうか, 礼儀から, 私達は, 称讚し, 移す様, 立てた人, 笑つたに, 細かく探ったら, 続けたが, 維持すれ, 緊張させます, 續けた, 罵った, 習慣づけられた, 考えること, 考えるひま, 考へば, 聞知って, 肯定せず, 腑に, 自らの, 自他ともに, 自然物では, 自覚した, 若い女性, 苦々しく思った, 落着かせた, 表わしたこと, 表明する, 装いも, 装い出した, 装うの, 装つてこの, 装ふて居るらしい, 裏切ること, 裝うて居るらしい, 要求しました, 見きわめて, 見せいかめしく, 見せたつて, 見せたもの, 見せつけられて, 見せても, 見せはじめた, 見せました, 見せられては, 見せるなんて, 見せる橋本, 見せ度, 見たら自分, 見た満廷, 見つけた, 見なかったこと, 見ると共に, 見る事, 見下しつつ, 見出すこと, 見戍, 見覚えて, 規制する, 覚え書き, 観察しはじめた, 言い客観主義, 言葉を, 許さなかった, 詰った, 認めながら, 認容する, 語るという, 誤解される, 読者に, 警察官とでも, 變へて, 貫くこと, 責めるよう, 買われたの, 賞讃し, 転向し, 辯解する, 追加し, 透して, 造つて彼等の, 醜いと, 鍛錬する, 開放したなら, 隠そうと, 離れて, 難じ, 難詰し, 非難な, 頭に, 顧みると, 飽き足らず思った, 養ったの, 養成する, 鵜呑みし

▼ 態度~ (1397, 11.8%)

13 少しも 11 彼の 7 明らかに, 非常に 6 急に 5 俄に 4 どうだ, どこまでも, 一変し, 俄かに, 心にも

3 [12件] いつまでも, いつもの, どうであった, どこか, ガラリと, 一般に, 今の, 彼女の, 水の, 私に, 私を, 見上げたもの

2 [78件] いつか木下に, お止し, かくの, この肉, これを, さすがに, しゃくにさわるけれども, すこし違う, すこぶる尊大, すでに, その時, た, どうした, どうだった, どうで, どこへやら, なくまた, ますます露骨, よくない, 一つしか, 一変される, 一変した, 一貫し, 丁寧でした, 不思議に, 今でも, 何か, 信一郎の, 僕には, 先づ家中の, 厳然と, 厳粛に, 固より, 変らなかった, 如何にも苦し, 宛然其, 実に立派, 実はもっと, 容赦の, 寛大に, 寸毫も, 少くとも, 屹度自分を, 峻烈で, 平生の, 当時の, 彼が, 彼に, 彼らが, 彼自身をすら, 微塵も, 思ひの, 愈逆, 慇懃でした, 控え目で, 改められなければ, 日頃富江を, 明かに, 明に, 根本的に, 父の, 狂信に, 畢竟この, 硬化し, 社会の, 私が, 私の, 立派だった, 腑に, 自信に, 自分を, 芸術的に, 行儀よく慎ましかっ, 跳ね返る竹, 避けねば, 金六の, 静かで, 頭の

1 [1136件 抜粋] あくまでも厳然, あくまでも立派, あたかも動物学者, あたかも罪, あなどり難い, あのとき, あまりに感激的, あまりに酔, あまり外所々, あるいは皮肉, あれほど, いかなるもの, いかにどうあろう, いかにもここ, いかにも威厳, いかにも打ち解け, いかにも規則正しく, いずれも, いつかそう, いつもあれ, いつも人, いつも威嚇的, いつも真面目, いつも軽蔑, いよいよもっ, いわば冷淡, いわば開国, おおわれなかった, おそらくはまるでちがっ, おとなしい, おのずからいろいろの, おりつに対する, お光, お取りしたくない, お銀, かなりわるい, かわり始めた, きっと傲慢, きわめて不愉快, きわめて自然, けっして気に入る, こうであっ, ここでは, この事件, この免許状, この問題, この時, この鉱毒地, これが, これは, ごたごたを, さだまりまいたで, しかしいよいよ, しかつめらしく彼, しばしば不謹慎, じつにりっぱ, すこしも, すこし馴, すでに群衆, すなわち撰択, すべて僕が, ずるいと, そうだ, そこに, そのよう, その両方とも, その反対, その平生, その条件, その表現, そは, それどころでなかった, それ以来なくなった, そんな教訓, たいてい一様, たしかに貞淑, ただ見事, たとえば猛獣, だんだん古藤, だんだん真剣, ちょうどはじめてお茶, つつましいが, つまりその, つれないけれども, とって, ともかく厳粛, とらない, とらなかったという, とりたくなかったの, とれなかった, どうしてもこの, どうでしょう, どうにかしよう, どうもそうとしか, どことなく男らしかっ, どのやう, どんなよう, ないで, なおの, なか, なかなか決まらんだろう, なくなつ, なほ一層, なるべく暢気, なれて, なんという, なんらの, にわかに変りはじめた, はつきりした, ひどく粗, ほとんどほぐれなかった, ほとんど十八九, ほとんど絶対服従, まことに凛々しい, まことに見上げた, まさしくこれ, まさしく教祖的, まさにかく, ます, ますますエミイ, ますます顕著, またいろ, また一種, また意外, まだなか, まだ少女, まったく反逆, まったく新奇, まったく機械的, まつたくほか, まつたく議論, まるでちがっ, まるで幇間, まるで西洋十八世紀, みずから反省する, むしろ今, むしろ全体, むしろ幾分粛然, むしろ落ち付い, むしろ颯爽, もうきまっ, もう中学生, もう改める, もち合わせ, もとより非難, やがて現代, やはりこれ, ややともすると健三, よく, よく腑, よほど不, わしから, わたしを, アリストテレスの, ゲエテを, ゴーリキイの, ダルメイダにも, ピタリと, ブラームス本来の, プロレタリア文化の, ミジンも, 一々否定, 一つの, 一人の, 一寸珍しい, 一層打解け, 一座の, 一方に, 一朝一夕の, 一種の, 一變し, 丁度生れ, 万事因循で, 三人称に, 三年まえ, 不健康です, 不即不離でありたい, 不満であった, 不遜であり, 世界を, 予期し, 二人の, 云わば, 享楽主義も, 人が, 人力車夫の, 仇を, 今は, 今も, 今後と, 仕事に, 伊勢守をも, 伸子に, 何う, 何だ, 何といふ, 何となし, 何に, 何事か, 何人にも, 何処へ, 余程いつもと, 作家の, 依然として変らなかった, 依然として悠々たるも, 依然中立, 価値批判の, 俄然変った, 保守的政党の, 俺から, 傍より, 傲慢で, 僕にとっては, 僕ら若い, 優しく嘆願, 先日山小屋の, 全くそれ, 全く内在的, 全く気, 全く第, 全く跡, 全然これ, 八五郎で, 公平で, 其の同窓間, 其前から, 内心彼の, 冷たくよそよそしいもの, 冷やかな, 冷淡を, 冷静で, 冷静に, 凄いほど, 初めてな, 初瀬の, 別に諸, 刹那主義に, 創作を, 十分うなずける, 半分は, 卑屈であっ, 単なる弱, 単純で, 博愛的人道的の, 即新, 厳かで, 厳正を, 又格別, 友達らしい, 取って, 取らないで, 取りたての, 口では, 可なり, 同じこと, 同じな, 同情以上に, 同樣, 君ら自身を, 味方に対しても, 唾棄すべきだ, 問題の, 喧嘩相手が, 国政の, 地方のへ, 執って, 堂々と, 変わった, 外地からの, 多くの, 大いに奇怪至極, 大ように, 大分ちがう, 大変人間の, 大石の, 大隅学士に, 夫人以上に, 失わなかッ, 女は, 好影響を, 如何に, 如何にも男らしい, 始終もう四年, 威あ, 嬌かし, 学問的だ, 完全な, 宗教的用語においては, 宜しきを, 実に壮絶, 実に悪かっ, 実に見上げた, 実は史学, 実際政治, 客気に, 客観的とは, 寛大であっ, 対手が, 将軍以上に, 尋常に, 小野さんの, 少し気分, 少なくとも一時, 尠い, 屹度那の, 峻厳である, 崩さず部屋, 左右両端から, 常にあなた自身, 常に一貫, 常に主要, 常に著, 平安朝に, 平生よりも, 平静だった, 年増女の, 庄之, 弁護的と, 弥陀の, 強情でも, 当然と, 当然起るべき, 彼を, 彼等が, 彼自身も, 後者である, 微温的であった, 心意の, 必ずしも一, 忘られ, 思想自体の, 急変し, 怪しむべき政府, 恐らく日本人, 恐ろしい冷酷, 恰もそれだけ種々なる, 恰も之, 悪かった, 悲しむべきだ, 情緒と, 想像する, 意識的には, 愛情よりも, 慇懃で, 慇懃に, 態度だけ, 態度としては, 戦争中と, 打ち上り, 持って, 捨てなければ, 排すべきもの, 撰択淘汰の, 支那の, 放二, 教養に対しては, 敵の, 断然一擲, 斯くあるべきであり, 既にない, 既に支那, 明朗で, 昔の, 時々万事真面目, 時代の, 更にない, 最初に, 最近まで, 有夫姦の, 未成年の, 東洋を, 果して彼, 果して正しい, 柔軟で, 格別として, 森厳に, 極めて冷淡, 極めて温和, 極めて良心的, 極度の, 楽曲の, 次第に冷淡, 正しいこと, 正しかつ, 正に詩, 此に, 武家風で, 歴史的時間の, 段々冷やか, 毫も詩歌小説創作, 気持が, 決してあいまい, 決して単に投, 決して秦, 法律によっては, 注意し, 泰然として, 浮気である, 消えて, 深い勇気, 湖水の, 無いよう, 無礼だ, 無論私, 煮え切らないもの, 父親の, 物心の, 独りわが国ばかり, 狼狽し, 甚だしく丁寧, 甚だ心許ない, 生きて, 申分なく, 画布の, 異常に, 發展が, 皆是であった, 目だって, 相變ら, 眞劔で, 真心から, 真面目に, 知れて, 短歌集の, 硬化した, 示さないが, 示して, 社会一般に, 私たちの, 私には, 科学にと, 稍, 稚拙であった, 空寂でありたい, 突き刺すやう, 立派だ, 立派です, 第一, 第八, 紅毛人の, 純真なる, 純粹, 終始依然として冷静, 結局敬い奉る, 絵によって, 緒方氏に, 美沢が, 聖書無, 腐った婦人, 自ずから明白, 自ら生じ, 自然お, 自然への, 自然主義だけ, 自然的時間に, 興味が, 船の, 芝居気沢山の, 芸術論としての, 苦も, 落ちつきはらっ, 落着い, 著しく改められ, 虚無の, 表面対等であろう, 褒むべき, 見ようによっては, 規則に, 親子の, 觀想に, 言葉ほど, 許されなくなるので, 許せないこと, 詐欺師の, 誠に刑名法術者流, 誠に頼母, 誰の, 貞子に対してまで, 貴族的であり, 賛成だ, 跡形も, 途中崩れた, 遥か後明治大正に, 酔った万兵衛, 醜いほど, 釈迦如来の, 重荷の, 野本彌, 鋭どく, 間接的態度である, 間違う可, 陰気で, 隔離政策の, 際立って, 雨に, 面白くない, 頗る暖昧, 頗る真摯, 顔を, 飽く迄も消極的

▼ 態度~ (1386, 11.8%)

28 あつた 10 言った 9 それを 8 云った, 私を, 答えた 7 彼の, 自分の 6 あつて, 私は 5 いつた, 出て, 私に, 立って, 自分に

4 [12件] あらう, いった, もって, 人に, 口を, 彼を, 手を, 生きて, 相手に, 聴いて, 見て, 頭を

3 [12件] これを, 云つた, 微笑を, 接して, 私の, 答へ, 聞いて, 肩を, 臨んで, 自分は, 言いました, 静かに

2 [69件] あの人, あの時計, いたが, いたの, いる, こちらを, その意, それが, それは, どこの, のぞんだ, もつて, やって, やつて, ゆったり口, わたしを, 一は, 一人離れ, 一本調子に, 上がり框に, 二三の, 二人の, 云ふ, 人民に, 何か, 別に雑話, 取り扱って, 唯君自身の, 坐って, 声を, 夫人に, 居れば, 平岡に, 平次と, 幾たびも, 幾分か, 彼に, 彼は, 彼女は, 彼女を, 慢性病の, 押して, 挨拶を, 斯う, 早口に, 書いたところ, 書いて, 椅子に, 火打鎌を, 煙草を, 物を, 玄関へ, 相手の, 私たちに, 立つた, 膝を, 言い, 言つてゐる, 訊き返しました, 話して, 語りつづけた, 迎えた, 迎へ, 返さねば, 遣れと, 部屋の, 長々と, 長い間, 首を

1 [1042件 抜粋] あいさつに, あっちこっち雨戸を, あつたなら, あまり口も, あらうと, ありすぎまたは, いいかげんな, いいの, いいました, いうの, いかにも尊敬, いきなりどしん, いつかクリスチァンに, いつも丁寧, いて, いられますが, いるそば, いるの, いるわけ, いろいろと, うがたれて, うなずいた, おおよそは, おこう, おだてた, おなつ, おれを, お召し, お島, お書き, お話など, かう云, かかっては, かなり気持, かような, かれら, がしかし貴人, きいて, きょときょとそこら, こう云いました, こう云っ, こう言いました, こちらに, こっちの, この不倫, この作, この家, この申入れ, この若い, これから生き, これに, これも, こんなこと, さう訊いた, さっさとマルセーユ, さりげなく, ざつと先刻の, しかし身体つき, しきりに座, しまひ, しらじらしく面会, じろじろ女, すぐ鞍, すっかり食欲, すまし込んで, そうした, そう言われました, そこに, そしてお, そのなすべき, その予想, その大将, その実, その方, その時, その眼, その連繋, その金, それと, そんな兵隊, たいていの, ただマリユス, たった一人, ちょっと頭, つきはなして, つき合って, である, とり出して, どうか御, どっちかと, どんな処置, なあに一網引つ, なくして, なし手, なんだ, にこやかな, のぞんだこと, のぼって, はじきかえした, はなを, ふんふんと, ぺこぺこと, ぽつさり, まさぐります, まず僕, またいかにも, また同じ, まるで奥歯, むっつりと, めいめいの, もう一度, もののいい, やさしく, やや中, よくわかる, よく澄んだ, わかる, われから, ゐて, ゐるので, イビツに, ガルスワーシーに, キューネ氏が, サーベルを, スタニスラウスの, タッチし, トイレットから, ドシドシ満, ヌツと, バットを, フェルフィーチキンが, フランスの, プロレタリア作家の, ベートーヴェンについて, ポケツトに, リーズを, ヴァンサンヌの, 一同に, 一寸帽子, 一礼した, 一貫し, 七十人は, 三人の, 三千ルーブルを, 三吉の, 上って, 不幸に, 与八に, 世の中を, 世間人情の, 両手を, 中津に, 丹念に, 主婦の, 主知主義と, 之を, 事に, 二人に, 云い切った, 云つて渠は, 井上次郎に, 交際社会に, 人生に, 人造人間アネットの, 今まさに, 今日迄, 仕事を, 他所者を, 仰ぎ視るべくして, 会釈を, 低音に, 何かと面倒, 何やら返事, 作って, 作られたもの, 作歌に, 修法を, 個々の, 傍に, 僕に, 僕を, 兄に, 先師の, 入つて, 公爵は, 其長い, 再び窟, 冷たい作り笑い, 出したん, 出来るだけ, 分与し, 切り落されて, 別辞を, 前川の, 効果を, 動こうと, 医員を, 危なくなる, 原稿料を, 又妙, 反抗した, 取り扱おうと, 取扱った, 取扱われて, 受け取った, 叙述した, 口語に, 古典を, 古藤の, 右から, 同じこと, 同室の, 向い合ったまま, 向う世界, 吹聴し, 呉羽の, 周囲から, 味う, 哀訴歎願し, 喋舌れた, 嘯いた, 囚は, 土蔵の, 城の, 基督に, 墨を, 士が, 外套を, 多少憤慨, 夜を, 大木に, 大胆な, 夫婦の, 奥へは, 女の, 女優の, 女性と, 姿かたちを, 婦人たちの, 媒酌人は, 子路は, 宇宙万有を, 完全に, 実行に, 客あしらひ, 室内の, 家に, 家内に, 寂しく笑った, 審査員が, 対抗した, 小さくなっ, 小泉の, 少々自棄気味, 少し茶かし加減, 少年スクルージを, 居る, 居るから, 屈んだ胸, 屹度一遍ずつは, 巌角を, 己の, 市民の, 常に人, 平明に, 平気に, 幼年時代から, 弁明した, 強制し, 当面の, 彼らに, 彼等の, 待たなければ, 徐ろに, 従来の, 忌憚なく, 応じたの, 応対し, 応待し, 急に, 恐る, 恭しくお辞儀, 恰も命令, 患者たちを, 情夫を, 意地を, 意気揚々として, 憎々しげ, 懷か, 我々一行を, 戸を, 手に, 扱って, 批判力を, 折角ひま, 抜かりなく, 押し通して, 拜殿に, 持ち来されて, 挨拶した, 探偵小説執筆の, 接し仲間どうし, 接するつもり, 描くという, 握手を, 摘み取つた花, 摺り拔ける, 撰択した, 支那を, 放言する, 敗戦日本の, 教わったという, 敬太郎の, 文を, 斥けて, 断言した, 旅客たちの, 日を, 明らさまに, 映画も, 時間の, 暗に打ち切り, 暫時その, 暮らしては, 書いたもの, 書かれたもの, 書かれた物, 書物の, 會釋を, 有耶無耶に, 本を, 札を, 村を, 柔順に, 栄之, 校庭へ, 案内し, 横浜出航以来夫人から, 次なる, 款待しつづけ, 此処を, 死を, 残念が, 毒吐いた, 民衆に, 気軽に, 求めて, 決せられるの, 注意する, 海の, 渠らの, 源三郎の, 滝本達を, 無表情に, 無言の, 無邪気そうに, 熊城に, 父の, 片手を, 猿に, 玉虫色の, 理路整然たる, 生意気だ, 生活したら, 用心深く四方, 田原が, 男が, 男は, 町中を, 畳に, 発揮され, 登壇した, 白い診察服, 益す私, 相州さまの, 眞直に, 眼を, 眼前の, 石町から, 確かに, 社会といふ, 祈り, 私が, 私語しはじめた, 立ちはだかった, 立ち上って, 立ち向おうと, 立つて, 笑い出しました, 第三, 答えたが, 答弁を, 簡素に, 紙を, 紹介を, 終ひ, 終始せられた, 続けた, 縁側を, 美術品を, 而も, 聞きながら, 聞こえたイギリス, 腕を, 臨まれた, 自ずとわかる, 自分が, 自分としては, 自由に, 臼杵先生を, 興奮した, 良識を, 芝居を, 若い周樹人, 英之助の, 落ちつき払っ, 薪を, 蘆の, 蜀へ, 融は, 行かねば, 行く方, 街を, 表現され, 被害民と, 裏庭の, 見おろしかげん, 見せるの, 見つつ, 見るとかく, 見下しながら, 見守って, 見当が, 見送り人の, 観察一方から, 言い続けるの, 言うの, 言わざるを, 言葉の, 訊いた, 訊ねるので, 訳文が, 詩の, 話しかけ, 話しかけたらどう, 話しかけにこやか, 話し主観的態度, 話し掛けられたこと, 話せばこそ, 話題を, 誘ひを, 語られなければ, 語りだす, 語り出すの, 読んで, 諄じゅんとして, 讀んで, 貴女の, 賛成した, 足を, 跛足の, 踊って, 軍命令を, 軽くうなずい, 辟易する, 迎えられること, 迎えるかを, 近づいて, 返事を, 追い出して, 退いた未来, 逃足にな, 遇し, 遊離する, 過去の, 遣って, 選挙長の, 部屋を, 酒場に, 重い口, 釣り上がって, 鋭い毒舌, 鑑賞した, 関の, 雪の, 青年は, 静也の, 非難される, 面白がっ, 面白く談笑, 頷きながら, 顔が, 飛び込んで, 飲めという, 飽までも, 馬を, 駈足, 鷹揚に, 黙って, 鼻眼鏡を

▼ 態度~ (1225, 10.4%)

12 ある, 癪に 11 急に 9 変って 8 一変し, 気に 5 彼の 4 私の, 見える, 違って

3 [14件] いつまでも, それを, ガラリと, 変わって, 心に, 必要である, 明らかに, 欠けて, 気に入らなかった, 確立し, 私を, 腑に, 見られる, 証明し

2 [80件] あった, あって, あります, いいと, いけないと, いつもとは, いやで, けしからんと, すっかり変っ, ちがって, つまり彼, どうかする, どんなに青年, ない, なければ, よかった, ハツキリし, マヂメである, 一変した, 下等な, 今まで, 何か, 何となく気, 何時まで, 余りに堅苦しく, 作品に, 俄然かわった, 凡そ完全, 出て, 初めから, 取れたのにと, 可能と, 問題に, 変ったので, 変に, 大いに原因, 妙に, 始終私, 少し癪, 幾分か, 従来の, 徹底し, 必要だ, 必要な, 急変する, 意味を, 感じられた, 成り立つ反面, 明かに, 映って, 曖昧で, 最後の, 根柢に, 気に入りません, 気恥しくて, 氣に, 洒落や, 無いの, 特別深い, 生じて, 異つて, 目立って, 直ぐ青年, 相手を, 真面目で, 眼に, 確立せられ, 示されて, 示して, 空恐し, 美奈子の, 考へれば, 藪蛇としか, 見えた, 變つて來る, 逆に, 違つて来, 違ふ, 間違って, 静かに

1 [946件 抜粋] あくまで恨めしい, あったなら当時, あの時, あまりにのんき, あまりに同情, あまりに強硬, あまりに面白く, あまりふてぶてしい, あまり真剣, あらうとは, あらまし予想できた, ありあり見える, ありまた, あり石川淳, あるか, あるけれども, あるべきですから, ある他, あんな風, あんまり不思議, いい加減な, いかにもその, いかにも厳, いかにも尋常, いかにも無邪気, いかにも緩く, いかに軽率, いくらか違う, いさぎよい, いじらしい心持, いたる所, いつか見た, いつもと, いつも沈著, いよいよすげなく, いよいよ小坂部, いよいよ真剣, うかが, うたがわしくなった, うれしかつ, おかしいという, おじさんの, おそろしく奴隷的, おのずから天然, おもしろかった, お歌に, かえって警官たち, かたくなった, かの守田, がまん出来なくなっ, がらり変わりました, きびきびし, きまっていなく, きみを, こうした小さなバー, こう慇懃, このめぐりあう, この人生, この恩寵, この段階, この軽蔑, この集, これまでに, こんなに変っ, さうさ, しおらしい, しつかりしないかぎり, しみついて, すかし眺められる, すこしは, すっかりと, すつかり, ずっとやさしく, ずばずばと, ぜんぜん客観的, そのやう, その人, その底, その理由, その病気, その祭政一致声明, それからも, それです, それまでの, たとい傍, だれの, だんだん平気, ちっともなかっ, ちと無造作, ちょっと髣髴, つきまとっては, つまりは, でて, とても真面目, とられそれ, とれないもの, とれなかったはず, とれるよう, とれる筈, どうしてただ, どうにもいまいましく, どうにも可笑しく, どうも変, どうも普通, どう映る, どこやら, どっちも, どっち側からも, どんなである, どんなに奥女中, どんなもの, ないのに, なお僕, なかつたせゐ, なくなって, なく安直, なぜに, なんだかこわい, なんの, のり出して, はじめて, はたして恋愛, はっきりしない, はっきりと, はつきりし, はつきりしない, ひどくきまり, ひどく信者達, ひどく慎重, ひどく硬化, ぴったりと, ぶざま, ほぼ一定, まず気がかり, また木精, また癪, まだ抜け, まるでめちゃ, まるで心, みえ三匹, みんなに, もっとも癪, もともと自然, もはやまったく疾風迅雷, やがて表面, やはり時代的, やはり飛びあがり, やや窺われる, よく, よくわかります, よく判っ, よっぽど気に入らなかった, よろしくなかった, わかって, わたしに, わるかった, アンマリ真剣だった, オドオドし, オランダ貿易を, グイッと, シドロモドロに, チグハグな, ディルタイの, ドウモ可怪しい, ノ, ハッキリ定まらない, ペンベリーの, マヂメだ, ヤハリ尋常じゃ, 一つの, 一切を, 一番よく, 一番問題に, 一般に, 三つあります, 上がって, 下品で, 不思議で, 不思議な, 不明な, 不満で, 不純な, 不謹愼, 不遜である, 与えて, 中, 之と, 予言者的な, 二人の, 互の, 京一郎には, 人を, 人類の, 今までは, 今夜という, 今少し, 以前とは, 仲間内には, 伝右衛門にとっては, 伸子にまでも, 伺われる, 何だかいや, 何だか馬鹿, 何である, 何となく卑怯, 何よりも, 何故彼女, 余りにあわて, 余り不遜, 余り乱暴, 余り簡単, 余計な, 例に, 侮辱を, 保てなくては, 倉地の, 健三の, 備わって, 傲慢で, 僕は, 元来かう, 充分その, 先刻の, 先生の, 全く一変, 全く対蹠的, 全然違う, 全部が, 再度勃興, 冷たくなっ, 冷静で, 凡そ三様に, 出来ないん, 別段悪びれ, 前提される, 動くよう, 勘太の, 勢ひ, 千代次の, 即ち厳粛, 却ってそれ自身, 却って変, 却って浅はか, 却つて抵抗し, 又そこ, 又もやわたし, 双方の, 反射し, 取れるもの, 古今集の, 可笑しいので, 可笑しくも, 同じ日, 同時に改まつた, 否定の, 含まれて, 和らいで, 品の, 問題な, 善くなかつた, 国民に, 執れたの, 変じて, 変ったの, 変つ, 変つてさも, 変つてゐる, 変らぬに, 変りますぜ, 変るべき日, 変わったか, 変わり昨日, 変化する, 多くな, 多少嬉しかっ, 大に, 大体極めて, 失われて, 女学生めい, 好きだ, 好きです, 如何にも事務的, 如何にも哀願的, 如何にも滑稽, 如何にも緩く, 如何にも見苦しく, 妻には, 嬉しかった, 子供の, 学ばれるから, 実に不思議, 実に自然, 宣教師たちに対する, 察せられます, 尊大で, 小供, 少しづ, 居る時, 己れ, 帝国将来の, 常にキミ子, 常に見られる, 常識の, 幾らかうしろめたい, 強くなり, 彼に対する, 後にだ, 従順で, 微妙に, 心から憎らし, 心もとなく思われる, 心外な, 心憎いと, 必ず日本, 必要なら, 忌々しくなった, 思いだされる, 思ひうかんだ, 恋愛でも, 恐しく真剣, 恐ろしかった, 恥かしい, 恨めしかった, 悪い, 悪いと, 悪かった, 惜しいもの, 惡いといつたら, 意外に, 意外にも, 意識的に, 感情的で, 慇懃で, 態度だった, 慎重で, 憎かつ, 憎らしいので, 我が學園, 我ながら, 我執と, 或いはこの, 戻かしく, 打って, 抽象的には, 排斥される, 改まるくらい, 敏活である, 敷き写し, 文体を, 新らしい, 新八を, 新領主, 旧式の, 明朗であり, 星岡だ, 時々彼女, 時代によって, 普通真面目と, 曖昧だった, 書見と, 最も現代的, 最高の, 有道者の, 朧げながらも, 未だ了ら, 本当に現実的, 本質的に, 杉田の, 果して動物, 染み込んで, 格段に, 楳嶺先生から, 極めて実際的, 極めて眞面目, 極端なうたぐり, 横着に, 横行し, 次第に冷淡, 次第に異, 正しからぬ, 正直に, 此処にも, 歯がゆくも, 歴々と, 残念で堪らなかつた, 段々冷淡, 気にいったので, 気にな, 気に入らない, 気に入るに, 永続し, 決らなかったので, 決然として, 津田には, 浮, 消極的から, 淋しかった, 清潔に, 源氏の, 滑稽に, 澄ましたもの, 無作法に, 無愛想や, 無躾, 無邪気から, 然し美津子, 煮えきらないので, 熱心である, 特に社会, 珍しい, 現れて, 現われて, 甘かつ, 甚だしく曖昧, 甚だ不遜, 甚だ高尚, 生まれ始めた, 生温いの, 異う, 異なって, 異様であった, 病人である, 白々しいので, 目立つて, 相手の, 省みられ出した, 真剣な, 真面目な, 瞑想的哲学的であった, 知れよう, 石崎氏には, 確立され, 確立した, 示されました, 社会の, 祖父母や, 私には, 穏か, 突き刺った, 突然変つて, 突然變化, 立派だ, 純粋に, 終始りっぱ, 絶対に, 続けられて, 緊張まった, 総てに, 美しく思われる, 美奈子にさえ, 美的受用である, 考えようでは, 考えれば, 腹立しか, 自ら卑屈に, 自分の, 自然に, 自然私の, 至れり尽く, 至極あつ, 若い団員, 荒立って, 莊重で, 葉子の, 著しく変った, 血気旺な, 表明される, 要求される, 見えたら私, 見えること, 見られた, 見られるだけ, 見出されたとき, 記者に, 認識の, 誰よりも, 謙遜であった, 講談社本の, 變つて來れ, 貫いて, 身に, 輸入せられる, 近頃多く目, 進んで, 遊覧客らし, 違うの, 違つ, 違つてゐた, 重々しいばかり, 開放的だった, 隠顕出没し, 離婚の, 青年には, 非我を, 面白くなかつた, 頗る怪しい, 頭に, 顕れると, 餘り, 鮮明だ

▼ 態度~ (1173, 9.9%)

35 なって 25 於て 20 出て 16 出た 12 出るの 11 就いて 9 なった 8 なるの, 出ること 7 出たの, 変って, 帰って, 私は 6 出で 5 不快を, 感心した, 接すると, 返って 4 かわって, なり, なること, 何か, 出たこと, 出られると, 出るか, 對し, 心を, 腹を

3 [21件] あらわれて, ある, かかって, しても, どこか, なられる, 一種の, 不審を, 何の, 出たもの, 出ました, 出ようと, 反感を, 圧せられて, 変った, 好意と, 打たれて, 敬意を, 於ては, 業を, 驚いて

2 [75件] この人, さすがの, なつた, みち子は, よる, オド, チェーホフが, 三通りある, 不満を, 五分の隙も, 今は, 今度こそは, 何となく上品, 依つて, 信を, 備る, 共通な, 出たと, 出ても, 出でなけれ, 出なければ, 出ます, 出られたため, 出られて, 出られるの, 出るまでの, 出る人間, 出れば, 勝平は, 十何人の, 原因する, 反撥した, 変りは, 変るか, 好意を, 好感を, 安心も, 對する, 少しばかり, 就て, 帰った, 干渉しませんでした, 引入れられて, 彼の, 彼は, 彼らは, 復して, 心の, 憤りを, 憤慨した, 打ち勝とうと, 接して, 揶揄れた, 明かな, 時々自ら批判者, 比して, 気を, 潔癖な, 現はれ, 現はれた, 私などは, 立って, 見えた, 見えるであろう, 見受けられる, 誇張は, 較べると, 辟易し, 辟易してる, 還りました, 關する, 非ずや, 非常な, 頭が, 驚ろかされた

1 [722件 抜粋] あうと, あきたらずどうか, あきたらなくなって, あきたり, あたえて, あたたかさ, あつて, あてつけて, あらは, あらわれた, ありありと, あると, あるならば, ある三人, ある故, い, いうべき言葉, いずべきかという, いったい何事, いつか注視し, いよいよ驚かされた, いること, うたれこれ, うたれたこの, うわついたところ, おかすべからざる威厳, おらねば, お雪ちゃんが, かえって, かえって叮嚀, かえって団員一同, かかはること, かかるの, かなって, かわり, くるまった無表情, けおされ君, こだわりなく, この傍觀者, これという, さらに拍車, したいもの, したがって, したしませる敷物, しみこんで, しろ嫌, じりじりし, すぎなくて, すぎんと, すぐ気がつい, すこしも眼, すっかりまいった, すっかり厭気, すっかり感激, すっかり気, すっかり迷い込み, すねた自分, するの, そういうところ, そういう立て前, そっと囁きあった, その場, それを, そわそわした, ぞっとさせられる, たちまち昔, たちまち真面目, だまされる, ちが, ちょっとたじろいだ, ちょっと好意, ちらくら, つきまとう独特, つけ込んで, つべこべと, つらなるところ, ですね, とうとう腹, とどまって, ともすれば笑った, どうやら其の, どこと, どれだけ, なったであろう, なったならもっと, なにかしら, なにか変った, ならなくては, なりきること, なりまくし立てて, なりますが, なりみごと, なる, なると, なるよう, なれば, なんとなく人, なんとなく奇異, はげしい侮辱, はっとして, はなつたが, ひどく真っ正直, びっくりした, ぴたりと, ふれた彼, ほかならない, ほっとして, ますます恐縮, まず大きく, また一方ますます, むっとした, めんくらいながら, もし乱暴, もすつかり母, もどったか, もどって, よく似, よく現われ, よらずして, ゐる作者, アッサリと, ザラもちからを, シンセリチーが, ハッと, ハツと, バックされ, フト疑惑を, マイナスとして, ヨブは, 一つの, 一人勝手な, 一刻も, 一應の, 一瞥を, 一貫し, 三つそうして, 三つ主感, 不安な, 不安を, 不思議な, 不滿, 不良少年らしい, 並居る高貴, 中てられ, 久慈は, 些か近づく, 今までに, 今日も, 他人を, 以後困る, 伸子が, 似ずいかにも, 似ず折り入って, 似ず返事, 似ず非常, 似て, 似も, 何だか悲しく, 何となく似通う, 何となく親しめない, 何に, 何んと, 余儀なくせられた, 作者としての, 依ると, 依るとき, 依るの, 値打が, 充分な, 入る事, 入る時, 公正を, 六十歳の, 内も, 冠らせ, 出あらゆる, 出ずに, 出ずるの, 出ず諮るべき人, 出たか, 出たから, 出たつもり, 出たらお祖母さん, 出たらかんじん, 出たらすぐ, 出たら何とか, 出たり, 出た時, 出た経験, 出づべきものであらうか, 出づるほかはありませんでした, 出でしむるようにありたい, 出でしめ而, 出でた, 出でた方, 出でて, 出でても, 出でねば, 出でる事, 出ないこと, 出ないので, 出にや, 出ようかと, 出られたら悲憤, 出られなければ, 出られましたので, 出られますかね, 出るかによって, 出るかも, 出るからには, 出るかを, 出るその, 出るだらう, 出るつもり, 出ると, 出るという, 出るべきであろうか, 出るべきもの, 出るほど, 出るもの, 出るやら, 出るよう, 出る人, 出る必要, 出る気持, 出る自分, 出会ったの, 出逢った, 出難詰, 刺戟された, 加えようと, 動かされて, 十分現われ, 十分責任が, 厭気が, 及ぶ抽象的, 反して, 反対し, 反感の, 反抗し, 反撥し, 反撥しない, 反撥を, 反映した, 取りつきば, 合うと, 合点が, 名づけた名, 吐き気が, 君は, 吾身を, 呆れて, 呆れも, 呆れ中頃, 品位が, 固く自分, 固執する, 圧されて, 圧倒され, 基かざるを, 堕するもの, 堪え忍んだ肝, 壓倒され, 変じたるには, 変じて, 変る, 変るには, 変化を, 変形し, 多少の, 多少憤慨, 大きな暗示, 大凡三種の, 大別し, 大隅は, 失望し, 失望と, 失望を, 好い気持, 妙に, 妻は, 威厳が, 嫌な, 存したりき, 孝之進の, 学問理論が, 安住すべきでない, 安心し, 実はひそか, 実は私, 寧ろ反感, 寧ろ愉快さ, 対応する, 対抗した, 少からず, 少しの, 少しも, 少し狼狽, 少し驚かされた, 就いても, 就ての, 居る人, 岩瀬氏の, 帰せられ勝ち, 帰ったの, 帰つてゐた, 帰りつつ, 帰ろうと, 幇間の, 幾らか變化, 庄兵衛は, 引きかへて, 弱いもの, 張りが, 張合の, 強味と, 強者の, 影響し, 彼を, 御誠実さ, 復した, 必ず変った, 応へる, 怒つて云, 怖れ, 思わず知らず, 思われまするが, 怪しむべき点, 恥を, 悩まされ続けて, 惹かれて, 意識的に, 感じ一統, 感服し, 感服した, 憤慨された, 憤慨し, 憤然として, 或る, 打たれた, 打たれ規律, 抑え難き, 抗議を, 拘泥する, 拠る事, 拠ろうと, 据つてゐる, 接した人々, 掴んで, 換へる, 搏たれ, 敬服し, 敬服した, 新しく現われた, 於いて, 於てのみ, 於ても, 更に一大變革, 曹操は, 本づく, 根底からの, 根本的の, 案外気取り, 欠けたところが, 欺かれて, 止まらざるを, 歯かみ, 歯噛みし, 比し今日, 気がついた, 気がついて, 気づかなかったよう, 気づくやいな, 気品が, 気圧されて, 気持に, 注意せしめ, 注意の, 浅薄な, 浸透しつくし, 清吉は, 満たされず放浪癖, 滝本は, 滿足し得ずし, 激し, 激する, 激變を, 無関心, 照らしても, 煩は, 玉太郎は, 現れた, 現われたの, 現われて, 現實的, 甘えて, 甘んじて, 甘んずる学者, 生娘らしい, 由来する, 男の, 畏縮し, 疑いを, 疑問を, 皮肉を, 直接ぶつ, 相対する, 相応する, 眉を, 眼が, 眼を, 知識人の, 示し得ないだけに, 示す者, 突当つた, 突然硬直, 立ち帰り, 立ち歸つて, 立てなおして, 立戻った, 立腹した, 粉屋は, 粕谷は, 絆されたらしくなおも, 絡わる疑問に, 織次, 缺けて, 老英帝国, 肩を, 腹が, 腹も, 腹立たしく叫んだ, 自分への, 自分を, 自然な, 自身を, 至つては, 至るまで, 至るまでが, 著しい相違, 蔵し, 表現する, 見える, 見せたこと, 見せて, 見ゆる, 見られる, 見出して, 角度の, 触れたので, 言いようの, 言い及び, 誠意が, 調子を, 變つて頓狂な, 變ります, 賛同し, 蹴落されるよう, 躍起と, 身体を, 軽い反感, 較べて, 較べれば, 近寄りまして, 返った, 返ったの, 返りながら, 返り死すとも, 迷って, 逆比例, 這入つて, 通じて, 過ぎない, 過ぎないこと, 過ぎないの, 違いなかった, 違ひなかつた, 還って, 還つて行, 酬答す, 重きを, 鉄作は, 間違ひ, 関せずして, 関係した, 関係する, 限られて, 院は, 陥りやすい, 隙が, 青木は, 面と, 面を, 頗る義憤, 類するもの, 飽いて, 飽き足らないもの, 驚いた, 驚かされその, 魅せられ珍しく面白い

▼ 態度~ (656, 5.6%)

17 中に 13 なかに 12 うちに 11 上に 10 中には 7 ために, 方が 6 ように 5 下に 4 上で, 中にも 3 うちには

2 [43件] あまりの, うえに, うちにも, うち躊躇なく, おかげで, おかげな, ことである, ことは, ことを, すべてに, ちがいは, どこかに, なかには, ほかに, ままで, ゆえに, マジメさが, 一つとして, 上では, 上にも, 不眞面目, 人で, 厳粛なる, 問題として, 変化が, 如何によって, 底に, 拙劣さを, 方に, 方を, 曖昧な, 根幹を, 根本的な, 物々しさ, 特質が, 男で, 稍, 良さ, 落着い, 落着を, 謎を, 質実は, 険しさ

1 [471件] あったこと, あまりにも, あまり強情な, あらゆるところ, あらわれな, ある一面, いけ図々しいの, いずこ, いずれをも, いっさいを, うけつがれて, うちにこそ, うちやはり, うち決意を, うやうやしさ, おそらく最も完璧, おのずから定まっ, おもしろくない, がある, ことから, ことが, ことだ, ことであるらしい, ことです, ことでわびよう, こととして, ことな, ことまで, ごときは, しんけん, すぐれたるを, すこぶる叮嚀, すべては, せいで, せいである, せいに, それが, それ以上熾烈な, そろ, ちがいから, つつましさ, つよさ, ときには, とられた場合, とれやう筈, とれること, とれる性質, どこかには, どこにも, どっちかが, なかへ, なかへも, なれなれしさ, にわかに, はきはきした, はない, ひとつで, ひどく威厳, ふっきれない決断, ぼんやりし, まともさが, まま, ままその, ままだつた, ままぼんやり, まま彼は, もとに, ものが, もので, ものとかへ, ものは, ものばかり, よくな, よし悪し, よそよそしいもの, わかれかた, わりあいに, わるさ, イデオロギーにおける, エゴイズムなど, オドオドし, ネバリ方は, フヤフヤな, ヴァリアチオンが, ヴァンデラー氏の, 一つの, 一として, 一変した, 一派を, 一種である, 一端を, 一般を, 一貫した, 一面を, 丁寧な, 三叙述の, 三叙述もしくは, 三叙述を通じて, 上から, 上での, 上において, 上にだけ, 上の, 上のみ, 上品さ, 不作法なる, 不公平, 不徹底さから, 不純に, 不純による, 不純の, 不覚を, 中から, 中の, 中ぶらりんでない, 中へ, 主張との, 乱れ勝ちな, 事まで, 二つの, 二重性が, 互に相反, 人々に対すると, 人が, 人だつた, 人には, 人に対する, 人は, 人ばかり, 人物であったら, 人物を, 仰々しい虚偽, 体系とでも, 何となくわざとらしい, 余徳では, 作を, 作家である, 作家と, 作物とが, 信者において, 偉大さだ, 側から, 側より, 側面的な, 傍に, 傾向を, 優美は, 優艶さには, 全く以前, 全く同一, 全貌を通じても, 全部では, 全部に, 全面で, 公平なる, 共感という, 共通性を, 具體的表現である, 内には, 内容にまで, 冷酷な, 冷靜さを, 分け方, 分別の, 初心らし, 利己主義であった, 到達点だけ, 前で, 前には, 劇変しよう, 力なげ, 加わる院, 動きの, 区別ばかり, 卑さから, 卑しさ, 卑俗さ不自然きわまる, 卑屈さと, 卑屈さを, 原因が, 厳格さと, 厳粛さは, 厳粛なりし, 又その, 又の, 取れない点, 叙述が, 叙述と, 可否である, 名である, 名でなけれ, 名として, 告白に, 唯一の, 問題である, 問題に, 基礎は, 基調は, 堂々たる人物, 変って, 変りようが, 変化, 変化に, 変化には, 変化にも, 変化の, 変化は, 変化を, 外貌が, 奈何は, 女だった, 女である, 女子学生が, 奴は, 如きに, 如きは, 如何といふ, 如何なるもの, 如何に, 如何にも, 如何を, 安易さが, 定め方, 定義に, 実に凛々しく, 実に悲壮, 實直で, 対照を, 尊大な, 小憎らしさ, 小次郎であった, 少し前, 尠ない, 差別によ, 差異である, 平静さが, 底には, 底を, 延長に, 強さ, 強要が, 彼から, 彼は, 微笑と, 快さ, 思いの外静かな, 急に, 急激な, 怪しかった, 悪い所, 意味と, 意味を, 意識が, 意識は, 意識を, 慇懃な, 態度と, 態度は, 慎重さ誠実さ文学作品としての, 慎重を, 成立する, 或る, 所産である, 所産の, 批判には, 批評を, 抜けないの, 持ち方, 描写の, 描写を, 提唱の, 故に, 故にイスラム, 故にホイグ党, 敬虔と, 文学が, 文学を, 旧套を, 明らかに, 明快な, 明瞭に, 是認が, 時代に, 時代性が, 書家である, 最も露骨, 有無, 未熟さと, 本質とも, 本質に, 本質は, 枠を, 根底に, 根本が, 根本に, 根本原則だ, 根本的である, 極めて特異, 模範に, 横たわって, 横柄な, 機微に, 歌であります, 正否は, 正当な, 歴史性を, 歴史的な, 毒々しくあせっ, 比較である, 気まぐれを, 水の, 決定と, 決意と, 沈着な, 泰然たる, 浪子夫人に, 混濁に, 清澄を, 漱石氏であった, 点から, 無礼さに, 煮え切らなさ, 片鱗にも, 物々しいの, 特徴と, 狂熱と, 狼狽えた内気, 現象的表現である, 甚だしい孤立, 生じて, 生れること, 生活に, 生活者に, 由来する, 男が, 画風も, 発展を, 發達と共に, 皮下には, 益々深く, 目的と, 目覚めが, 相異相剋, 相違から, 相違は, 相違点に, 看護婦も, 眞劍さなどから, 眞劍さに, 真卒な, 真実さに, 真実と, 真正面向きである, 真率な, 真面目さに, 真面目さの, 真面目であった, 真面目な, 矛盾が, 硬化は, 確保をこそ, 確然と, 確立が, 示す通り鷹揚, 種々の, 種々相, 穩かさに, 窮屈に, 窺は, 立派さ, 立派さには, 端然たる点, 第三段, 純一の, 純一は, 純一を, 純潤性, 細かい所, 細かさ, 絶対的なら, 絶対的なり, 続きとして, 缺乏に, 罪の, 美が, 美しさ, 美と, 美に, 習慣が, 習慣化した, 老人であった, 者が, 背後に, 自信を, 自由さから, 自由さは, 自由を, 舵を, 良心性が, 芸術であっ, 芸術である, 芸術と, 芸術性こそ, 荘重なる, 莊重なる, 落つき言葉使, 薄っぺらさだ, 融和が, 表明でも, 表明を, 裏の, 裏を, 裏付が, 裡に, 見事であった, 見本を, 覚束ない, 観照, 解釈に, 訓詁解釈であります, 話, 誇張とでも, 誠実さに, 誠実でない, 誠実な, 誠意の, 誤りである, 誤りとの, 誤りを, 諄朴さと, 論難点が, 謂である, 謙譲である, 謬って, 議論が, 變つた所天から, 變化に, 變化には, 豪気ある, 豹変は, 賜物である, 賤鄙と, 軽薄には, 輸入せられた, 轉換も, 違い, 違いさ, 違いの, 違いを, 違い家の, 遷移は, 邪慳さが, 部類を, 鋭ど, 鑑賞に, 長者らしい, 間に, 隱微の, 雋敏に, 雛型を, 露出した, 非を, 非常な, 面からも, 面を, 音楽家でなかった, 顯著なる, 風景画家の, 馴, 驕慢さからも, 鷹揚さあいさつ口上の

▼ 態度~ (352, 3.0%)

4 自分の 3 なった, 対比し

2 [29件] いい, いうか, した, その美し, それを, であった, なったが, なって, なつて, なるの, 云うの, 云うもの, 反対に, 口調で, 同じ事, 同一型, 同様に, 心理批判を, 比較し, 無欲な, 異なって, 眼鏡越の, 見ないで, 言葉で, 言葉とで, 言葉とに, 言葉とを, 趣味とに, 選ぶ所

1 [284件] あいさつの, いいあなた様, いいいかにも, いいいま, いいことごとく, いいさっき, いいなんだか, いいへん, いいまことに, いい上ずッ, いい上海, いい今日, いい企業的精神, いい会話, いい全く, いい又, いい口調, いい為政者側, いうこと, いうべきであります, いうよりは, いうよりも, いえる, いっても, いひ更に, いひ気, いひ馬, いふよりは, うって, おりおり聞こえる単語, きょうの, これを, されて, した増上慢, すべきところ, すべき文學, するなら三木自身, そして利害, そつくりな, その仕事ぶり, その口上, その執拗, その成果, その掛り, その目的, その緊張, その自由, その顔付き, それから, それの, ちがって, つながつて, つながるといふ, つよく対照, である, とにかく事実, どこか, なにごとでも, なり乃至, なる, はっきり違っ, まったく同じ, まるで変っ, みとめて, やくざな, よく合っ, ビラの, プンプンする, マンネリズムの, ユーモアを, 一つに, 一族を, 一致し, 上品さは, 不可分に, 主我的な, 之を, 云いすべて, 云い眼, 云い言語, 云うか, 云うと, 云う事, 云えよう, 云える, 云ったよう, 云って, 云は, 云わねば, 人格とは, 似たもの, 何事でも, 余り変っ, 作品の, 保守的な, 兩立する, 共にブルジョア気質, 共通な, 兵道を, 其の旧式, 典雅とは, 内気らしい, 内的に, 内面的に, 処置は, 処置を, 出入する, 分別は, 創作の, 労作とが, 卓見は, 口吻である, 口調が, 口調とで, 合わせて, 同じくそれ, 同じで, 同じであり, 同じもの, 同じよう, 同じ態度, 同じ言語, 同時に大きな, 同様小作人たちの, 同樣, 問題とに, 因業貪欲吝嗇の, 堂々たる演題, 場所を, 声で, 声を, 多分に, 大先生, 大河の, 好ましい對比, 威厳は, 子どもっぽい, 寸分違わない, 少しも, 弁明の, 強烈な, 彼に, 彼女の, 後の, 微妙に, 心得て, 心持が, 必ずしも相容れない, 思いあやまって, 思い信じて, 思い合わせて, 思い合わせますと, 思ったが, 性の, 悪事にかけての, 意識内容との, 愛の, 愛嬌を, 打って, 批判的態度との, 批評の, 探偵とは, 敦厚な, 敬重すべき, 数歩を, 文学との, 文学的様式の, 新しい理想, 方法で, 方法とが, 方法に, 明瞭な, 映ったが, 最も人, 杉浦の, 来たらまるで, 柔軟に, 極度の, 母親の, 比較すれ, 毫も変わる, 気持を, 氣持にも, 決して穏当, 浅果, 渾然一致した, 澄んだ清らか, 無関係で, 照合し, 特質とに, 犬養健の, 狐疑し, 率直な, 生徒たちの, 申すの, 申す事, 申条とによって, 直面し, 相通じ, 眞面目な, 真情とは, 真面目な, 社会一般の, 社会改革の, 科学的精神との, 穏かな, 立場を以て, 答弁が, 純主観態度, 純潔なる, 純粋な, 素直な, 結び付いて, 結び付くところ, 絶えずあたり, 緊張した, 美しさ, 考えた, 考える, 考え方とを, 考へられさ, 考へられて, 考へるもの, 職務への, 背丈の, 自信の, 舌端火を, 色の, 草鞋を, 血の, 行動との, 表情が, 表情を, 要求との, 要求によって, 見えよう, 見られて, 見られるだらう, 見識は, 見識張った勧告, 視線とを, 覺悟と, 言いちょっと, 言いますか, 言えよう, 言はれ, 言ふ, 言ふも, 言わざるを, 言わねば, 言われる, 言われるもの, 言葉が, 言葉とだけで, 言葉を, 認識形式な, 語気とで, 語調とは, 語調を, 読書と, 調子ではじめました, 謂うべく思想的抒情詩, 謂ふ, 謂ツたら, 變らなかつた, 軍部や, 逃げる態度, 連繋し, 過去の, 違った行き方, 遠大な見, 鋭い声, 鋭い眼付, 関係する, 露骨な, 非科学的, 面持の, 題して, 顔いろ, 顔色と, 願用を, 首の, 高さ, 麗わしい

▼ 態度~ (338, 2.9%)

4 気に

2 [15件] あると, これに, その瞬間, なかった, またそれ, キビキビし, 何となく落着, 初々しく妙, 妙に, 心の, 昔の, 有つた, 殺気立って, 阿曾麻呂, 面白くない

1 [304件] あっさりし, あながち理由, あの時以來, あらためて後, あらわれて, いかなる反応, いかにも名優, いくらか活気, いやしくなかった, いやであった, うなずかれます, おかしいね, かなりりっぱ, かわって, がさつだって, がらりと, きっぱりと, きまりその, きまる訳, きめるワ, きわめて不明瞭, きわめて非, ここから, こだわりなく, この前, この女, この言葉一つ, この頃, これより, ごく普通, さういふ氣持, さうだ, さうで, さっぱりし, さらりと, しっかりし, しなかった, すこしだれ, すつかり, すべて朝鮮人的で, すべて獨特の, するけれど, ずっと穏やか, そういう印象, そのため, その一つ, その一因, その限り, それ程分らぬ, そんなには, だんだん変っ, つとめて押し殺した, とらず世, とるの, とる型, どこかに, どこやら, どんな言葉, ない, ないので, なく一首, なく俳句, なく大声, にがにがしく私, はがゆし佃, はたから, はっきりと, ひどくそわそわ, ひどく弱々しくな, ひどく弱々しくなっ, ますます荒く, またまことに, またわかる, またトルレス, またポルトガル人, また一種, また同時に, また実際, また東洋的, また真実, また訓戒口調, また随, まるっきりちがう, みごとな, みだれがち, むろん不愉快, もし無産, もちろんよくは, もっともだ, ものやさしく, もはや慌て, ややまし, よかった, よくない, よく解っ, よほど違っ, よみして, わかって, わからないもの, キチンとして, 一そう真剣で, 一寸一分の隙も, 一年前と, 三田の, 上品で, 亦たしかに, 亦一變, 亦上, 亦千変万化, 亦同, 亦斯く, 亦痛烈, 亦純粋, 人を, 今日とは, 今日の, 何か, 作用し, 作風も, 俄かに, 信仰の, 修業の, 全く同じ, 全軍, 冷たかった, 冷淡である, 処々に, 出て, 判らないん, 判然きめる, 別に気, 別人の, 単に彼, 又頗る, 取られる, 取りかねて, 取れなかった, 口の, 只其, 同じよう, 同じ事, 同様であった, 君子としては, 品を, 商品的だ, 單行本の, 在ること, 堂々と, 堂に, 声も, 声音も, 変つた, 変らない, 変わったわけ, 夏休前とは, 夕がたが, 外, 大いに生物学, 大変よかっ, 天平の, 失って, 失つちまつ, 失わないで, 如才なく, 学せられる, 学風も, 実に立派, 容貌も, 少々極端, 少しずつ, 少し変っ, 山の手ふうであっ, 島田に, 左遷だ, 常人の, 弛緩し, 強ち, 従来の, 心もとなく密か, 必要と, 忘れて, 快くなかった, 快活で, 快活な, 思いかえされる, 思い合すこと, 思い合わされる, 悪いが, 悪い然し, 惡趣味で, 想像する, 感じが, 慇懃であった, 慎ましやかである, 戯作者的現実追随の, 折竹には, 推して, 支持多い, 改まりやがて, 改めそれ, 政江の, 文学も, 新たに, 新吉には, 昔は, 是正されるであろう, 暗にそれ, 曹操は, 有るし, 朝夕傍に, 格別明治時代の, 極めて謙遜, 様子も, 次第に変っ, 次第に緩和, 歌の, 正しいの, 正しい歴史文学, 殆どオートマチック, 殆どオートマチツクに, 段々変っ, 段々変つて, 気さくで, 気に入って, 江戸馴れし, 決して尋常, 決して感じ, 決して白紙, 決ること, 決定しなけれ, 決定しよう, 沈着で, 沈着払っ, 河原の, 洗練された, 洵に, 消え元, 無礼であった, 無論よ, 無遠慮に, 然う, 特徴的です, 現われないでは, 現実を, 甚だ不, 甚だ公明, 生きたスコップ, 生活様式も, 異って, 異り, 皆明るく, 目に, 目立って, 相手しだいで, 真剣なら, 真知子の, 示さなかった彼女, 示さなかつた徹底的, 示しかねる自分, 社会的な, 神妙なり, 私たちの, 私には, 私の, 立派だった, 粗野だった, 純然たる, 純粋に, 素朴である, 結婚中とは, 絶え間ない, 維持し, 肚立しか, 自ずから明白, 自然に, 自然の, 芝居では, 荒んで, 萌し得ないほど, 落着いた, 蔑視まれた, 表情も, 見せて, 見て, 見上げたもの, 見受けなかった, 言葉の, 言葉使ひも改め, 認められる, 調べて, 論理も, 變つて來る, 身扮も, 違って, 都て, 鄭重に, 醉狂らしくなります, 非常に, 頗る之, 額髪の, 顏も, 顔付も, 鷹揚に, 鷹揚ギロリと

▼ 態度には~ (226, 1.9%)

3 どこか, 何か 2 どこかに, どこやら, 例に, 少しも, 愈々乱酔, 理念の, 相変らず, 聊かも, 貴いもの, 馴れて

1 [200件] あたかも昔, いくつか, いささかならず, いささかも, いたずら娘を, いぶかり以上, いろいろ面白く, お互いに, かなりの, かなり神経質, かなり神經質, きっとお, この直覚, この非難, ごくし, さう, さすがの, さつきこの, すこしの, その教養, その陰, その頃, それが, ちょうど私自身, ちょっと老, つきりと, どうかする, どうしても同意, どこと, どっか柔かい, なお打ち解け, なったが, なにか, ならない, なるほど決然, なんだか猫, ひどく人, ぴんと刎, ほとんど愛想, ますます腹, また光, まだかなり, まだ真に改悛, まったく敬服, まったく皮肉, やはり或, やはり賛同, チットモ気付かなかった, マダ慊らない, 一つの, 一方の, 一種犯すべからざる, 一種畏敬に, 上官に対する, 下段の, 不似合, 不断に, 不釣合な, 世間の, 二人の, 人も, 今の, 他に, 他人の, 伸子と, 何となくわざとらしい, 何となく不安, 何となく取, 何の, 何一つ現, 何処と, 何處と, 余り狂気, 偽りが, 僕は, 元より, 兄亡き後の, 免疫に, 全く反感, 全く粛然, 内部的必然性を, 冷たさ, 出たくないの, 出でなかった, 出ないさ, 出るまいと, 別に, 別に自分, 別に變, 別段取立て, 割合好き嫌い, 十分に, 又溯源的, 吉報といった, 同情すべき, 否応なしにその, 商売柄にも, 商賣, 因襲に, 変ったところ, 多大な, 多少文學上, 大いに努力, 大丈夫の, 好きな, 妙に, 妥協を, 媚が, 宗教が, 実に何もかも知り尽し, 実際に, 実際驚くべき, 家中いらいらし, 少しの, 引き込まれず, 彼とても, 彼の, 彼も, 律義な, 後進を, 徹底を, 心中竊に, 必ず新た, 必然性が, 快活さが, 思わず引き入れられ, 恰度私自身が, 感心した, 憎々しいほどの, 懺悔風の, 我慢が, 批評は, 敬意を, 敬服した, 新帰朝者, 既に後, 昂奮が, 明かに, 暗示的な, 最後まで, 東洋的の, 根本において, 横面を, 欠けて, 浪人らし, 淡々と, 無論なれない, 熟練からのみ, 物問ひ, 特に個性的, 猶更, 現さず, 現はれませんでした, 現代の, 現実を, 理由の, 皇室の, 真実を, 破れた恋, 確かに, 秀吉も, 秘事を, 種々の, 立派な, 笑談とも, 結局同情を, 結論を, 絶えず驚かされる, 署長始め掛員一同すっかり, 老人が, 聊かの, 腹は, 自らなる, 自分が, 自然が, 自然頭が, 興味を, 色々ある, 苛, 落着きが, 親切さを, 親切といふ, 言い知れぬ不気味, 賀川市長も, 賛じ, 賛成できなかった, 趣味性の, 足手纏ひ, 身の, 近代人の, 道化た, 野村は, 限らない社会現象, 隙が, 非スポーツ的, 面を, 頓着無く, 頭隱し, 餘り, 鷹揚な

▼ 態度~ (162, 1.4%)

5 言葉の 4 言葉を 3 言葉は 2 動きから, 声の, 思想や, 言葉が, 言葉つきに, 話振りは

1 [138件] あちらこちら飛び回ってる, あわただしい自分, お蝶, お話には, こういう例, ことばの, しツ, その人, その他すべて, その他にも, その成績, その言葉つき, つた, もの, ものごし, ものの, ダルメイダに対する, 一向, 主張を, 云った言葉, 人好きの, 人物にも, 今度の, 仕打ちについて, 会話に, 何かが, 全体の, 動作によつ, 卑屈は, 厳粛に, 又上野介, 又精, 取扱いに, 口ぶりから, 口ぶりに, 叱責を, 善八の, 嘲笑的な, 声には, 声にも, 声を, 声色が, 壺を, 女らしさ, 女中たちの, 妙に, 実に涙, 容姿が, 容姿で, 左翼的気分が, 左翼的気分だけが, 弱き者に対する, 強い物, 役儀の, 彼らの, 彼等の, 心境と, 心境とか, 心持は, 心持を, 思想を, 思想表白の, 性格に, 怪しい逃走, 愛嬌溢れる, 手段は, 才芸に, 採るべき方法, 文学的審美的評論が, 料簡方は, 方法によって, 方法は, 方法を, 最初の, 服の, 業績で, 様子に, 様子逆立った, 樣子の, 気に, 気もちが, 気休め的答えは, 気持が, 流行や, 物の具などで, 特定の, 率直な, 生活力の, 用意周到な, 盛な, 目付は, 相槌の, 眼ざし, 硯友社の, 立場が, 答弁や, 精神上の, 結婚観を, 絶交の, 習慣さ, 習慣に, 習慣は, 考え方には, 自ら到達しよう, 芸術傾向に, 荒々しい歩きぶり, 行儀が, 表情が, 表情で, 表情を, 視覚の, 言葉だけが, 言葉つきを, 言葉づかいは, 言葉などを, 言葉に, 言葉には, 言葉遣いも, 言語を, 詞つきが, 話の, 語調は, 調子は, 身振りや, 運転手の, 鋭ど, 関係が, 雰囲気を, 音声のか, 顔いろ, 顔つきの, 顔つきや, 顔に, 顔には, 顔色に, 顔色や, 馬鹿, 騎馬法などを

▼ 態度から~ (161, 1.4%)

6 推して 5 して 4 見て 3 察しても, 来るもの, 自分の, 見ると

2 [11件] してが, しては, 云つても, 出たもの, 判断する, 多少の, 容易ならぬ, 押して, 来たもの, 考えて, 見れば

1 [112件] あの女, あるいは文字, いうと, いえば, いかさまの, いつしか習得, おしてまさか彼等, こうした精神, このよう, すぐにも, そう判断, そのころ一部, その議論, でした, みると, よい作物, ブラウンが, ポーズや, 一つの, 一歩も, 三上の, 二重に, 云うと, 云って, 云ひます, 云へ, 人生を, 今までの, 何か, 何かを, 何事も, 何気ない風, 僅かながら, 出たこと, 出た一種, 出た句, 出た疑でなくって, 出ぬ味, 出る叙述, 出る象徴, 出発した, 分れます, 判断し, 判斷し, 口の, 口調まで, 声の, 声音まで, 多くの, 好ましくない, 始終逃げ, 学ぶところ, 容貌から, 察しまする, 小さいながら, 幾らも, 当然導き出される, 彼女は, 急に, 感じとられるよう, 推し測って, 推察する, 敬ふべき, 日常生活の, 日本精神を, 早く忠告, 時間から, 更に違った, 来ても, 来る圧迫, 来る歌, 極めて自然, 次第に本気, 涙に, 深入, 滲み出たもの, 照り返したもの, 物の, 物云い, 特有な, 珍らしく, 生まれた良寛様, 生れたと, 生れた芸術上, 生れて, 相違し, 眼を, 神秘の, 移って, 結果した, 耳に, 脱却する, 自然に, 荒々しい気勢, 行けば, 表情から, 見た客観的写生的描写, 見ても, 観察し, 言ひます, 言葉つきまで, 言葉付まで, 言葉気分すべてテクニカルである, 記者達は, 起こった誤解, 起るの, 起居振舞口吻までを, 違ふ, 離れて, 離れ落ちてる, 駿介は, 默つてジロリと

▼ 態度にも~ (115, 1.0%)

5 言葉にも 2 ある事, どこやら, 普通の, 見えないの

1 [102件] あき足りず困難, ありありと, あるが, いつもほどの, いま言つて来た, おそらくある, おちつき, お嬢さんの, かかわらず彼, かなりな, この特徴, これを, さまざまな, すきが, すっかり母, すべてに, そう呼ぶ, その努力, その擧動, それに, そんな影, ぞんざいな, たとえられよう, だんだん鯱張った, なる訳, ひびかないわけ, ふだんと, まして見事, まったく変化, もはや言い知れぬ, よくあらわれ, 一層こだわり, 一種異様な, 一郎は, 不純な, 今までの, 似ずいきなり, 似ずいきなりそう, 似ず息詰まるよう, 何んの, 何処と, 傲岸な, 充分頷ける, 全く平素, 出た, 出て, 出ませんでした, 出るかも, 及んで, 反感を, 受け取られるかも, 合して, 同じ気ぶり, 命を, 善良そう, 基づいて, 境界そのものが, 声にも, 変化は, 多少改まった, 実しやかな, 容貌にも, 容貌の, 少しく不, 少しの, 少しも, 心を, 悪い所, 意外とか, 感心した, 慊らず, 憤慨した, 懲りず二三日前, 懺悔すべき, 打たれたの, 拘らずみんな, 拘らず病的興奮, 敬服する, 敵意らしい, 明らさまな, 服さないで, 柔よく, 様々の, 此方を, 気が, 淑やかな, 無關心, 現れて, 現わし, 疑わしいようす, 発揮され, 眼の, 自省し, 見えた, 見えたが, 見えましたが, 見せないよう, 見た, 親しげ, 賛成できなかった, 進歩的な, 醉は

▼ 態度では~ (93, 0.8%)

14 ない 10 なかった 2 いって, ないかと, ないが, ないでしょうか, ないの, なくて

1 [57件] あった, あったが, あつて, ありませんか, ありませんでした, あり得ないところ, あるが, あるまいか, あるまいかと, あるまいと, いちように, いられないなどと, いられなくて, およそ, かえってその, ございません, そんなに愕, ないから, ないこと, ないと, ないという, ないなくて, ないので, ないよう, ない文学的, なかつた, なからう, なかろうか, なかろうと, なくそんなに, なくまた, なく俺, なく性, なく秀吉, なく織るよう, なく間違, ゐられなかつた, ゐられなくて, ァい, ホトトギス派を, 不可能な, 不良少年少女に対する, 互にまるで似, 単に彼, 実に二人, 尽さなかつたところ, 採るべき歌, 決してない, 決して一致, 無い從つてピュローン流, 真に迫る, 示さなかったが, 禅に, 秀吉が, 解らなかつたが, 辞職し, 達する事

▼ 態度~ (71, 0.6%)

7 と思う 2 ということ, というの, と思っ, と考え, な, のを

1 [52件] あんな家, から, か何ん, がそれ, がと自分, が世間, が芸術, つたのである, といえる, といきまいた, といっ, といつ, とかいっ, として直ちに, とはい, とは思いました, とは思いません, とは思ひません, とほめ, とも云え, と云, と云っ, と伸子, と信じ, と多可子, と弁護, と思い, と思いました, と思います, と思えない, と思った, と思つて, と思わなかった, と思われた, と断, と涙, と源氏, と申さね, と私, と罵っ, と考へ, と腹, と見誤られる, と譏る, などとほめた, ね, ねえ, よ, よという程, 九十郎は, 而し, 酒も

▼ 態度を以て~ (66, 0.6%)

2 其新運動を, 巧みに, 所謂る, 法理の, 釣って

1 [56件] おつぎ, お銀様, この, この宇宙, これに, これを, しては, しても, しようかという, その職, その苦痛, それを, アンティ・ミリタリストとしての, ヨハナーンに, 之に, 事象の, 人生の, 其眞相を, 取扱って, 口穢なく, 国家という, 国政を, 大多数, 学術界に, 対し愛する者, 屹然として, 己に, 彼の, 応接せられた, 性の, 悩める友, 慈悲の, 批判を, 接しよう, 支那に, 熱心に, 痛烈肺肝を, 社会の, 社会へ, 科学と, 純批判的, 絵に, 繰り返して, 脳裏を, 臨むの, 自己の, 苦に, 融合に, 裁判長に対し, 西洋文明を, 誠心誠意祖国の, 軍事評論に, 隅から, 震災前に, 静観しよう, 高傑且つ

▼ 態度である~ (64, 0.5%)

4 ことは, ことを 2 と思う

1 [54件] かに想い及ん, からほとんど, から主感主義, から主知主義, から滑稽, かを云う, がしかし, がその, がどの, が一方, が前, が同, が我々, が果して, ことか, この態度, しまた, だけにその, と, ということ, というよう, といえるであろう, といふこと, といわなけれ, といわれるであろう, とされ, とされた, とも考へ, と信じ, と信じます, と同時に, と思ひ浮べ, と思ふ, と現代, と申し, と申しました, と秀吉, と考へた, と見え, などと母親, にし, にすぎない, のに快く, のは, のも, ような, 両者は, 内膳は, 年上の, 思索の, 新泉小太郎, 林君また, 第一, 限り他の

▼ 態度とは~ (60, 0.5%)

4 打って 3 何だろう 2 決して平凡

1 [51件] うって, おのずからその, おのずから別, おのずから異, おのずから質, がらりと, その真実味, たしかに羨むべき, ちがって, つよい感銘, とうてい両立, ならないであろう, ほかの, ほんとに人類的, まったく異なっ, まるで反対, まるで違つた斯, まるで違つて, まるで関連性, スッカリ違っ, スッカリ違つて叮嚀に, 事物を, 云えない, 以前よりも, 全く両極端, 別個に, 到底両立, 反対に, 反対の, 反撥し, 受け取られない, 受け取れない節, 實に, 思はれないと, 思はれなかつた, 打つて, 時雄に, 異ならなければ, 神経を, 私達一族の, 興味津々たる, 茅野雄を, 見えません, 言えない, 言えぬ, 言えまい, 誰でも, 逆に, 違つてゐる, 雲泥の, 黒白の

▼ 態度として~ (48, 0.4%)

1 [48件] あらわれるの, ある貴い, いまよりずつと, この單純さ, この示唆, さうし, それを, とりあげるよう, もつこと, キノドラマ論者の, ショウキュウ・ケンムの, 一応女性, 一軒の, 主張され, 云われて, 何処でも, 作家自身の, 共感が, 印象批評を, 去年の, 反動である, 受け取り得ること, 君が, 失つては, 宗教的な, 幽玄主義を, 意識し, 懐疑的である, 敬服に, 文学団体の, 明瞭に, 有利であった, 本質的に, 段々明る, 現れたの, 現われて, 用意する, 納得の, 純潔性は, 自分の, 行った女, 要求され, 見る事, 解すべきであらう, 許しても, 評価し, 買って, 非常に

▼ 態度について~ (38, 0.3%)

2 自分を

1 [36件] ある言い知れぬ興味, いささか考え直す, いろいろの, いろいろ話し, かえって友人, かず限り, ひらき直って, まずこの, もしこうたずねられたら, より深い, われわれは, 一個の, 一層感動, 一言したい, 不十分な, 二つの, 云ったの, 云って, 云ふべき, 互の, 何か, 先輩が, 反省を, 当時折衝に, 急襲的な, 汝自身に, 深く考える, 物を, 特色的な, 見ても, 見る場合, 言えば, 話す, 語りたいと, 貴方が, 遠く見とおす

▼ 態度という~ (37, 0.3%)

11 ものは 8 ものが 4 ものを 2 のが, のは, ものの 1 ものそのものについても, ものについて, ものには, ものも, ような, 意味に, 架想に, 点で

▼ 態度~ (34, 0.3%)

12 のだ 9 のである 4 んだ 3 のです 2 のであった 1 ので, のであろう, ので三人, のよ

▼ 態度によって~ (31, 0.3%)

2 世界を

1 [29件] あるいは学科, いかに自分, どんな事, ひき起こす, ますます濃厚, わかると, ゴーリキイは, トルレスを, 創作される, 叙述の, 噛みつかせない可能性, 女の, 宇宙を, 導かれる瞬間, 島田の, 影響された, 心の, 心中をも, 推測する, 民弥は, 決定される, 甚だしく挑発, 真に, 確実に, 示して, 示すの, 見たるすべて, 言語に, 認識されたる

▼ 態度とを~ (30, 0.3%)

3 もって 2 して, 比べて

1 [23件] とり戻し子爵, 五人が, 備へて, 写した文章, 加へて, 取って, 取り返さう, 失うこと, 失わせやすい, 妙に, 思い出した, 思ひ合せて, 持し, 持って, 描き出した, 有して, 有するもの, 比較し, 比較するなら, 照らし出して, 窺ふ, 證明し, 速かに

▼ 態度でも~ (27, 0.2%)

5 ない 2 あった, ある

1 [18件] ありました, あれば, い, いい, つて味も, とらない事, なかった, なく勘次, なく役人, なく道徳的, ふれましたけれど, 判るけれども, 困る, 様子でも, 知れるという, 表現でも, 装は, 裝は

▼ 態度そのもの~ (25, 0.2%)

1 [25件] がその, が何となく, が全く, が又, が子供, が甘ったるい, が科学的, でその, ではない, で混, にある, にそういう, に疑問, に隙, の中, の問題, の現状, はまだ, は割合, は敗戦国, を問題, を意味, を方法そのもの, を決定, 或いは少なくとも

▼ 態度に対して~ (25, 0.2%)

2 何の

1 [23件] そしてこれら, それから, たまらない不愉快, つよい批判, ひそかに, 何分にも, 作為の, 公憤なき, 反感をさえ, 少なからず, 批判を, 批評的に, 抱く批判, 政府, 数々の, 新しい常識, 涙が, 甚だ不満, 私たちが, 第三者は, 筆者の, 純真な, 身ぶるいする

▼ 態度こそ~ (24, 0.2%)

2 本当の

1 [22件] まさしくそれ, まるで喧嘩腰, ゆかしいので, 一見消極的, 不都合です, 人目につき, 何よりの, 変えなかったが, 大勢の, 大権干犯では, 奇怪千万, 妻から, 實に, 彼の, 必要だ, 愛の, 正二が, 現実と, 真に徹底, 礼を, 自由という, 貴重な

▼ 態度であった~ (22, 0.2%)

2 ことを, ということ

1 [18件] かと申す, から, から昔, から私, から金助, がこれ, がこれ以後, がこんど, がしかし, が憎悪, が私, そうしてその, という, というごとき, といえる, にちがい, ジャーナリズムが, 尾崎士郎の

▼ 態度であり~ (22, 0.2%)

2 他の, 半年経ち

1 [18件] おかげで, そうした習慣, また教育者, また萬人, 一の, 之に, 客観とは, 後者は, 更に進め, 構えである, 死生の, 氏が, 理論の, 私は, 科学に, 覚悟であり, 言葉であった, 認識の

▼ 態度だった~ (20, 0.2%)

2 のです

1 [18件] からこちら, が, が度, が戯れる, けれども一挙, けれども新, しホテル, し短時間, だけ一旦, のだ, のだろう, ので, のでいかにも, のでクリストフ, ので弥, のねえ, んです, 被害地出身の

▼ 態度なり~ (19, 0.2%)

2 行儀なりは

1 [17件] その深奥, 一つの, 口吻なりには, 口調なりに, 周囲への, 応待の, 所作なりが, 挙措なりが, 方法なりも, 様子から, 様子なりが, 様子を, 気魄なりに, 習癖なりは, 見方は, 言葉つきなりから, 詞なりが

▼ 態度に対する~ (19, 0.2%)

1 [19件] たまらない不愉快, 不満と, 不満な, 不満の, 厳しい自己批判, 反対派の, 反感を, 反抗では, 多くの, 宗教愛好者の, 怒りが, 憎悪が, 抗議や, 本能的な, 歯痒さ, 義憤から, 華岡の, 軽蔑を, 非難の

▼ 態度としては~ (18, 0.2%)

1 [18件] あまりに傍若無人, いかがとも, いかにも腑, こういう人生, こういう観測, そういう役割, なって, また文学, 冷静すぎる, 叙事的であっ, 実践に, 寂しいもの, 常に眼, 成る可, 殆ど小説, 珍らしい, 純正な, 芸術が

▼ 態度との~ (17, 0.1%)

3 間に, 間には

1 [11件] あまりにも, ちがい, 上に, 二つが, 区別も, 挌闘を, 最も特色, 歴史的な, 表現であり, 関係が, 鮮かな

▼ 態度といふ~ (16, 0.1%)

7 ものは 2 ものが, ものを 1 ことが, ことは, のは, ものには, ものも

▼ 態度とか~ (16, 0.1%)

3 心境とかいう 2 何とか云

1 [11件] その絵, それらの, 同情愛という, 客觀的描冩とか, 思想とかについては, 教育的の, 方向といふ, 時々は, 毅然たる外見, 特殊な, 言ふ

▼ 態度とが~ (16, 0.1%)

2 自然さう

1 [14件] かえってわが, その実は, パーシウスを, 今まで, 何となく気, 共に生人, 如何に彼等, 必要であります, 散り散りばらばらです, 明かと, 無表情な, 私には, 自然に, 金兵衛の

▼ 態度とも~ (15, 0.1%)

2 取れ優柔

1 [13件] いえないほどの, つかないもの, なって, 一致する, 云えます, 別種の, 名づけられましょうし, 比較せられ, 見えれば, 解せられる, 言えないこと, 言えば, 関係の

▼ 態度において~ (15, 0.1%)

1 [15件] いかなる場合, ことごとく一致, ことに, ちがって, であった, 互の, 動かし難く, 將來は, 志向し, 情熱を, 意識は, 感知する, 文学自体の, 欠くる, 確實に

▼ 態度など~ (13, 0.1%)

1 [13件] さまざまな, でないこと, でない事, によつて, 何んと, 十も, 取れるもの, 岡っ, 岡つ, 思ひ浮べたらさ, 排日どころか, 見せては, 見せなかった

▼ 態度よりも~ (13, 0.1%)

1 [13件] かうした確信, ずっときびしい, たちが, もつと, よほど激しい, より多く, サルタンの, 一層われわれ, 一層徹底的, 何か, 反抗という, 過去の, 馬翁の

▼ 態度であっ~ (12, 0.1%)

1 [12件] てかりに, てくれたら, てこの, てその, てはならない, てほしい, てまじめ, てもいい, て事実, て実は, て欲しい, て馬

▼ 態度でなく~ (11, 0.1%)

1 [11件] かわいらしく挨拶, その探, てはならぬ, ては人間, ては幸福, て女, もし自ら, 他の, 全く鉱業者, 反抗的な, 研究し

▼ 態度とに~ (11, 0.1%)

1 [11件] あるの, いつか僕が, すっかり圧倒, なにか関係, 何か, 就て, 心を, 私は, 脅かされて, 表われ, 顕われた

▼ 態度などは~ (11, 0.1%)

1 [11件] あまり脳中, それに, どこかに, もとよりお, ゆるされぬ, 何とは, 微塵も, 殊に, 眼に, 自然主義に, 露ほども

▼ 態度としての~ (10, 0.1%)

1 ジャーナリズムという, ヒューマニズムが, 主義の, 印象を, 性格を, 滑稽は, 潔癖と, 物語への, 科学の, 自由主義が

▼ 態度によ~ (10, 0.1%)

1 つておのれの, つてきまる, つてな, つて事實の, つて実践的問題に, つて或は, つて皮肉らしく, つて約束される, つて罪を, つて表現が

▼ 態度その~ (9, 0.1%)

1 すばしこい不思議, 元気の, 内容と, 出処進退に, 嚴なる, 平淡な, 理由の, 頭の, 風采

▼ 態度それ~ (9, 0.1%)

1 が如何, が彼, が忍従, が竜, が責任, でこそ男, は兄, は死, をインカ

▼ 態度です~ (9, 0.1%)

21 かね, から, からいきおい, から否み, が此女, ね, ねホトホト

▼ 態度については~ (9, 0.1%)

1 かえって学者, それが, なんら変り, ほとんどすべて, 予め考え, 全く推察, 同感である, 当然二様, 苦々しく思っ

▼ 態度をも~ (9, 0.1%)

2 別に 1 その瞬間, ふくめたもの, トルレスは, 危ぶみかつ, 合理づける, 大局には, 質実に

▼ 態度~ (9, 0.1%)

2 に現 1 が小説, が相互的, においても十分, についても全く, の言葉, はこの, を考えれ

▼ 態度からは~ (8, 0.1%)

1 かう言, わるい作物, 何も, 常に変った, 次第に反抗, 毫もいつもの, 私は, 育って

▼ 態度でなけれ~ (8, 0.1%)

4 ばならない 2 ばならぬ 1 ばこの, ばならなかった

▼ 態度この~ (7, 0.1%)

2 態度は 1 中では, 存在理論を, 心を, 気分は, 顔つきは

▼ 態度にて~ (7, 0.1%)

3 登場 1 お救いくだされ, 卓を, 土を, 老生を

▼ 態度への~ (7, 0.1%)

1 あき足りな, おどろきと, 悪感から, 示唆として, 筆者の, 苦しさ, 転換の

▼ 態度~ (6, 0.1%)

2 言葉かの, 言葉かを 1 何か, 或いは逃げ腰

▼ 態度からも~ (6, 0.1%)

2 来て 1 与えられるところ, 彼女の, 感じて, 自分が

▼ 態度これ~ (6, 0.1%)

1 こそ人格, なり, はまた, より学ば, より學ば, を想

▼ 態度~ (6, 0.1%)

1 ういふ, うした, へあつ, へし, へ出, へ現した

▼ 態度じゃ~ (6, 0.1%)

2 ないぞ 1 ない, ないか, ないの, なくはじめ

▼ 態度だけは~ (6, 0.1%)

1 あくまでも冷静, ちゃんと教えられ, はっきりきめ, まるで宿屋, わが同僚, 失いたくありませんね

▼ 態度などが~ (6, 0.1%)

1 いよいよ軽快, シカツメらしく, 一向つかめなかった, 分ると, 真摯高貴な, 詳しいゆく

▼ 態度にまで~ (6, 0.1%)

1 伝二郎は, 審査員が, 武士を, 気が, 直接影響を, 触れて

▼ 態度まで~ (6, 0.1%)

1 疑ご, 知ること, 粧って, 蓮香と, 進んで, 釈明させる

▼ 態度さえ~ (5, 0.0%)

1 みせた, 示すよう, 見せて, 見せるよう, 露骨に

▼ 態度だけ~ (5, 0.0%)

1 であった, でエセックス, で幸吉, で格別, 一心に舞台

▼ 態度などに~ (5, 0.0%)

1 みても, 壓しつけられ, 就いて, 彼は, 較べると

▼ 態度なども~ (5, 0.0%)

2 可なり 1 お考え, 何か, 心の

▼ 態度などを~ (5, 0.0%)

1 よく教え, 人に, 問題に, 眼中において, 見比べて

▼ 態度なら~ (5, 0.0%)

1 ぼくは, もう心底, 宜しいと, 超越の, 面倒臭いから

▼ 態度なりが~ (5, 0.0%)

1 いかにもそう云う, それだけの, 乗馬者の, 奥さんに, 此方の

▼ 態度においては~ (5, 0.0%)

1 むしろアメリカ人, 岩波文庫が, 彼らは, 最確か, 眞なる

▼ 態度いかん~ (4, 0.0%)

1 であろうと, でその, によって決せられる, に依っ

▼ 態度かと~ (4, 0.0%)

1 やりかえす, 云えば, 思ふ, 憤慨せざる

▼ 態度かも~ (4, 0.0%)

1 しれません, しれませんね, 知れない, 知れぬと

▼ 態度すなわち~ (4, 0.0%)

1 これなり, 彼女に, 我以外に, 詩人格すなわち

▼ 態度であるべき~ (4, 0.0%)

2 を想う 1 かということ, ことを

▼ 態度であろう~ (4, 0.0%)

21 と兵馬, と考え

▼ 態度でない~ (4, 0.0%)

2 ことは 1 といふ意見, のは

▼ 態度としても~ (4, 0.0%)

1 なかなか面白い, イージイ・ゴーイングだ, 實に, 望ましい語

▼ 態度とで~ (4, 0.0%)

1 そう貝十郎, それが, 扱って, 見ると

▼ 態度とでも~ (4, 0.0%)

1 いうの, いうべきもの, いは, 申しましょうか

▼ 態度と共に~ (4, 0.0%)

1 わたくしの, 予が, 始まったと, 益々冷やか

▼ 態度についての~ (4, 0.0%)

1 問答が, 架空会見記, 比喩的な, 話題である

▼ 態度にな~ (4, 0.0%)

1 つたのでした, つて呉れた, つて抒情詩の, つて極めて

▼ 態度をかへ~ (4, 0.0%)

1 た, ない以上, 左から, 急に

▼ 態度及び~ (4, 0.0%)

1 それと, 挙止動作が, 現在の, 精神

▼ 態度口調~ (4, 0.0%)

1 で, でまず, で話, は酒

▼ 態度如何~ (4, 0.0%)

1 で友達, にかかる, によりましてはさらに, に依っ

▼ 態度物腰~ (4, 0.0%)

1 から言葉使, でま, ともう, のなか

▼ 態度しか~ (3, 0.0%)

2 見せて 1 見せなかったとにかく

▼ 態度そのまま~ (3, 0.0%)

1 で連合軍司令部, にお辞儀, に戻っ

▼ 態度だろう~ (3, 0.0%)

1 か, かとお, と思う

▼ 態度でした~ (3, 0.0%)

1 がこちら, がその, ので大杉さん

▼ 態度とともに~ (3, 0.0%)

1 共通な, 対象と, 次の

▼ 態度なし~ (3, 0.0%)

1 には生れない, に文学, に茶飮話

▼ 態度なる~ (3, 0.0%)

1 ことを, ものは, ものを

▼ 態度における~ (3, 0.0%)

1 方向の, 真理の, 美に

▼ 態度にと~ (3, 0.0%)

2 つては 1 つて内容と

▼ 態度に関する~ (3, 0.0%)

1 以上親鸞におけるほど, 唯物論のかの, 限り自然に

▼ 態度ほど~ (3, 0.0%)

1 不可思議な, 自分を, 顰蹙すべき

▼ 態度やら~ (3, 0.0%)

1 服装やら, 服裝やら, 赤黒い顔

▼ 態度より~ (3, 0.0%)

1 來る誤, 純真な, 見出されぬと

▼ 態度をと~ (3, 0.0%)

1 つたのは, つた前者が, つて安心し

▼ 態度を通じて~ (3, 0.0%)

1 いよいよ馬鹿, 告白の, 彼が

▼ 態度一つ~ (3, 0.0%)

1 である, でこう, に依

▼ 態度一変~ (3, 0.0%)

2 です 1 したよ

▼ 態度乃至~ (3, 0.0%)

1 は人間, 希望興味乃至, 生活態度が

▼ 態度以外~ (3, 0.0%)

1 にどの, にはどうしても, のなにもの

▼ 態度~ (3, 0.0%)

1 か尋ねたら, か気残り, よりもその

▼ 態度全体~ (3, 0.0%)

1 とまったく, に妙, を象徴

▼ 態度~ (3, 0.0%)

1 の作, の講義, はそれ

▼ 態度かが~ (2, 0.0%)

2 潔癖な

▼ 態度からの~ (2, 0.0%)

1 もので, 一展開に

▼ 態度がち~ (2, 0.0%)

1 がつて, がひます

▼ 態度すら~ (2, 0.0%)

1 人民から, 見せて

▼ 態度そして~ (2, 0.0%)

1 従容たる, 朝風に

▼ 態度それら~ (2, 0.0%)

1 ととても, を回想

▼ 態度たる~ (2, 0.0%)

1 や然, や驚くべく

▼ 態度だけが~ (2, 0.0%)

1 いいと, 単に滑稽

▼ 態度だけでも~ (2, 0.0%)

1 十分に, 普通の

▼ 態度だけの~ (2, 0.0%)

1 ことで, 話で

▼ 態度つまり~ (2, 0.0%)

1 作者が, 訓詁解釈世間の

▼ 態度であります~ (2, 0.0%)

1 から一層, から仕事

▼ 態度でばかりは~ (2, 0.0%)

2 もう断じてお前

▼ 態度とかいふ~ (2, 0.0%)

1 ものが, 名において

▼ 態度とから~ (2, 0.0%)

1 与えられた諢名, 与へられた諢名

▼ 態度などで~ (2, 0.0%)

1 われわれは, 少なからず

▼ 態度などという~ (2, 0.0%)

1 きわ立ったこと, ものを

▼ 態度などにおいて~ (2, 0.0%)

1 明らかに, 非常に

▼ 態度などについて~ (2, 0.0%)

1 房江の, 書くこと

▼ 態度などには~ (2, 0.0%)

1 何か, 眉を

▼ 態度なりは~ (2, 0.0%)

1 その人, 駿介が

▼ 態度においても~ (2, 0.0%)

1 インガは, 組み方においても

▼ 態度にかへ~ (2, 0.0%)

2 つて逆捻

▼ 態度にこそ~ (2, 0.0%)

1 不敗の, 新鮮な

▼ 態度についても~ (2, 0.0%)

1 きっと何, 考えが

▼ 態度につき~ (2, 0.0%)

1 審査員会に, 辯明を

▼ 態度によっても~ (2, 0.0%)

1 その結果, 大阪に

▼ 態度により~ (2, 0.0%)

1 こ, 初めより

▼ 態度による~ (2, 0.0%)

1 のである, ものです

▼ 態度に対しては~ (2, 0.0%)

1 いかに内心自分, 私と

▼ 態度に対しても~ (2, 0.0%)

1 実に苦痛, 谷川という

▼ 態度のみ~ (2, 0.0%)

2 で終るの

▼ 態度のみが~ (2, 0.0%)

1 真実で, 耐忍の

▼ 態度のみを~ (2, 0.0%)

1 とるの, 純粹

▼ 態度はじつ~ (2, 0.0%)

1 さい生意気さうに見える, さい生意氣さうに見える

▼ 態度はと~ (2, 0.0%)

1 いうと, いえば

▼ 態度ばかり~ (2, 0.0%)

1 でなし, 示して

▼ 態度ばかりは~ (2, 0.0%)

1 口善悪ない, 失いたくありませんからね

▼ 態度ひとつ~ (2, 0.0%)

1 でそれ, で地味

▼ 態度~ (2, 0.0%)

1 バウンドを, 暗に反感

▼ 態度または~ (2, 0.0%)

1 将来の, 札を

▼ 態度までが~ (2, 0.0%)

1 まったく相違, 路子の

▼ 態度までも~ (2, 0.0%)

1 何とやら, 冷淡に

▼ 態度やらに~ (2, 0.0%)

1 あらはれて, あらわれて

▼ 態度よろしく~ (2, 0.0%)

1 悠々と, 萩乃の

▼ 態度をさえ~ (2, 0.0%)

1 示して, 示すの

▼ 態度をしか~ (2, 0.0%)

1 すなわち胸, 取ったこと

▼ 態度一ばん~ (2, 0.0%)

2 正しい

▼ 態度~ (2, 0.0%)

2 はいや

▼ 態度~ (2, 0.0%)

1 のもの, 違った点

▼ 態度主義~ (2, 0.0%)

1 がある, であります

▼ 態度動作~ (2, 0.0%)

1 に関してはあくまで, を真似る

▼ 態度即ち~ (2, 0.0%)

1 人生の, 詩的感動の

▼ 態度~ (2, 0.0%)

1 の調子, も冷徹森厳

▼ 態度対談~ (2, 0.0%)

2 のゆき

▼ 態度心構~ (2, 0.0%)

1 になけれ, へ或は

▼ 態度慇懃~ (2, 0.0%)

1 その歩きつき, の調子

▼ 態度或いは~ (2, 0.0%)

2 身振り

▼ 態度方法~ (2, 0.0%)

1 で聴講, によつて

▼ 態度時雄~ (2, 0.0%)

1 は新婚当座, は絶えず

▼ 態度正に爾かく~ (2, 0.0%)

1 荘重なるべし, 莊重なるべし

▼ 態度甚だ~ (2, 0.0%)

1 不満なる, 無礼何とか

▼ 態度~ (2, 0.0%)

2 には遊ん

▼ 態度表情~ (2, 0.0%)

1 に依, をもつた

▼ 態度言葉~ (2, 0.0%)

1 からは何, を実際

▼ 態度音声~ (2, 0.0%)

1 におろか, のもつ

▼ 態度風采~ (2, 0.0%)

1 で診察室, を調

▼1* [276件]

態度あくまで凛々しく慎しみ, 態度あの意志を, 態度いいかえれば指導者, 態度いうべき文句の, 態度いかなる眞に, 態度いかにも調子の, 態度いつもより柔順, 態度いろいろに変え, 態度おちつき貫禄共に, 態度おなじ服装で, 態度および文化問題の, 態度かういふ態度には, 態度かとも思われた, 態度かなんかでいちいち, 態度かに偏し, 態度からでも明瞭だった, 態度からをばさんは, 態度がかへつてその, 態度がね意気がね, 態度がまづい, 態度がをぢさんの, 態度きびしい声, 態度くりかえし考えて又, 態度ぐらゐ正確で端的, 態度こそは真の, 態度ことに青年の, 態度しかも篤と闇, 態度じっと見て, 態度すこし過分な, 態度そういう人間的情緒そういう, 態度その他の変, 態度その他一切の条件, 態度それ等は文学専門家, 態度そんなものが, 態度だけでいた女乞食, 態度だけを答へ, 態度だって表情だって, 態度だつたので夫, 態度だつたらあたし泣い, 態度だんだん焼け糞, 態度ちっともすべてを, 態度ちょうど名将が, 態度やない, 態度ったらありませんでしたわ, 態度つていふこと, 態度つまり個性の強調, 態度であったかれは大統領, 態度であったらまたとる, 態度であったろうと思う, 態度であります蒙古の, 態度であるならば僕, 態度であるべきだからである, 態度であるべきで自然の, 態度であるらしいのを, 態度でうなつた, 態度でかういひました, 態度でございますよ, 態度でさえなければ, 態度でして去った, 態度でしかない, 態度でしょうか, 態度でじつと芥川, 態度でずつと戸口へ, 態度でと思われるまでに, 態度でなく試みては過ち, 態度ではじめたのだ, 態度でやそうです, 態度で御座いますもの若し, 態度で無くったってかまわない, 態度とうてい掻い撫での, 態度とかいうことから, 態度とかの最もみじめ, 態度とくにミルハの, 態度とさえも是認される, 態度としか受取ること, 態度とすら全く無関係, 態度とでは得るもの, 態度とにおいてはあえて彼, 態度とについて考へて, 態度とには万葉の, 態度とによつて推察せられた, 態度とによって一般の, 態度とに対して揶揄的高笑いを, 態度とを以て聖週の, 態度なぞがいずれも, 態度なぞは肚の, 態度などから推して, 態度などといふことは, 態度などにたいする彼の, 態度などの一切を, 態度なりに照り合わせて, 態度なりについては男自身の, 態度なりにはもちろん冷酷, 態度なりを見届けなければ, 態度なれば先輩, 態度においてのみ可能である, 態度にさえなって, 態度にしか出られなかったの, 態度についてのみでなく純然, 態度にでもしつかりした, 態度にでも出たら姑, 態度にとっては当然の, 態度にばかり神経が, 態度によってはその世間一般, 態度に対してすらたま, 態度に対してほどの好い調子, 態度に迄せまって, 態度ぬけがけ手柄を, 態度そのため, 態度のみについて言えば, 態度はきはめて冷淡, 態度はどつちみち承服, 態度はもうまるでなくなって, 態度ばかりから此人の, 態度ばかりが悪いとも, 態度ひいては物の, 態度へと変え秘密, 態度ぼくの気分, 態度まことに頼母しい, 態度まてががらり, 態度までを考えさせる力, 態度むしろ彼女を, 態度もしくは工夫を, 態度もとより苦しき茨, 態度やはあまり立優り過ぎ, 態度ゆゑに単に, 態度よりは寧ろ小熊秀雄, 態度らしく感ぜられ始めたのである, 態度をかへていはば, 態度をけしからぬと, 態度をこそ鼻で, 態度をすら示して, 態度をはッきりさせよう, 態度をば吾妻鏡之を, 態度を以てか彼等の, 態度を通して父の, 態度アイマイで当事者, 態度ガニワカニ積極的ニナリ種々ナル技術, 態度ジロリと一同, 態度テーマなどの点, 態度モウパッサンの視野, 態度賞讃シテ已マナイ佐々木ハ, 態度上大夫と話す, 態度不遜だ, 態度並びに文学作品評価についての, 態度主張を世の中, 態度乍らも何処, 態度云わゆる良き享受者, 態度の我, 態度些か不快, 態度人殺しといわん, 態度人生観が作中, 態度人間に対する態度, 態度人間性の質量, 態度今日より之, 態度仕事の遣り口, 態度何だか気障っぽくて, 態度何処となく, 態度保守の態度, 態度健気な措置, 態度傲慢という訳, 態度傾向それはすっかり, 態度優しさすべてが, 態度優しく愛らしく又少し, 態度篇を, 態度全般にわたって帰趨, 態度冷淡な語氣, 態度冷然とした, 態度動機に変遷, 態度又は認識態度だ, 態度リ扱イブリアシライ方等々ニ間然スベキトコロハナカッタ, 態度のききよう, 態度口吻には何となく, 態度口振りからいう, 態度同じ語調で, 態度います時, 態度喧嘩腰ではない, 態度嗜虐性等は真, 態度変転をうけ入れ, 態度多四郎には少なから, 態度如何なる事情にも, 態度如何発表の形式如何, 態度如何義人に患難, 態度学問らしい特色, 態度容貌には我慢, 態度寸分違わないの, 態度尊大なその, 態度少しの乱れ, 態度工場の高度, 態度れの, 態度庇帽をかぶった, 態度床しくもまた, 態度いては, 態度弟子の作法, 態度彼らの涙, 態度彼等が花, 態度徐に廻廊を, 態度の準備, 態度応対のうま, 態度げな, 態度思想そういう特別, 態度恋愛結婚に対する見解, 態度愛嬌のよ, 態度態度という, 態度應對等殆んど, 態度批評とまでな, 態度拒まない生活態度生活態度は, 態度挙動は非常, 態度描く自然物に対する, 態度改めましたのん, 態度教訓で動かされた, 態度教養を獲, 態度方法それぞれの閲歴, 態度方針には普通, 態度明敏果断なる処置, 態度明敏果斷なる處置, 態度時代は常に, 態度時折猫のよう, 態度い胸, 態度材料に対する十分, 態度正しき感覚を, 態度正しく木曽家の, 態度正義の観念, 態度歩き振り顔付き, 態度殆ど婦人に類する, 態度殊に最近益々, 態度毅然立派なもの, 態度気分の上, 態度決定のやり方, 態度深浅等に由つて文章, 態度に対つて, 態度物凄い響きにも, 態度特に自然についての, 態度特色を異に, 態度現実への理解, 態度生活態度は空寂, 態度用意気分またはその, 態度疑わしく形勢楽観を, 態度病室の空気, 態度眞面目にし, 態度積極的となり, 態度空気は容易く, 態度等々何もかも比較, 態度等一に快適, 態度等総てそれ自身の総て, 態度細かく注意の, 態度聡明な意思, 態度肥りかた髯なんかの, 態度育ちの気品, 態度自他に対して生活的, 態度自体が反, 態度自分の繊弱, 態度自由な考えかた, 態度自身に日本精神主義, 態度の新し, 態度芳子ちやんや信, 態度芸術家の大衆, 態度若い理想主義者の, 態度行動と学者, 態度の肩, 態度てごらん, 態度見上げたものだ, 態度ひ換, 態度言語に心, 態度言語技能についてはどことなく, 態度言辞をほのめかした, 態度話題いつも忘れない, 態度調子呼吸によってあいつ, 態度からし, 態度譬へば本居宣長, 態度貴女の清澄, 態度鋭い分析と, 態度陽やけした顔, 態度面識感じそんな, 態度もなく, 態度高尚なるが