青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「暗に~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

暇~ 暑~ 暑い~ 暖~ ~暗 暗~ ~暗い 暗い~ ~暗く 暗く~
暗に~
~暗示 暗示~ 暗闇~ 暗黒~ 暦~ 暫~ ~暫く 暫く~ ~暮 暮~

「暗に~」 1220, 13ppm, 8383位

▼ 暗に~ (27, 2.2%)

2 の自由, を呼びつける

1 [23件] から瞞, が斬っ, が殺したい, と物争い, なんか斬る, の家, の心, の機嫌, を侮辱, を呼ん, を怖, を怪物, を斬り, を斬りたくなった, を毛嫌い, を疑, を疑ひ, を登らせまい, を縛る, を罵詈, を誹り, を近寄らせない, 殺に

▼ 暗に自分~ (21, 1.7%)

2 の偉く, の態度

1 [17件] が嘲られた, と嬢様, に対する周子, の子孫, の密旨, の所有, の手腕, の望み, の父, の物数奇, の長所, は目覚しい, ばかりの歸京, へ意見, もあの, より若輩, を立てよう

▼ 暗にその~ (16, 1.3%)

2 意を

1 [14件] ことばを, ときは, 人の, 兄に, 当時の, 心が, 気色を, 無能力を, 真実は, 瞬間を, 覚悟を, 調停者の, 距離を, 長屋住いで

▼ 暗に~ (16, 1.3%)

2 つてゐ

1 [14件] つて, つてあの, つてから, つてそこを, つてその, つて何にも, つて力無く, つて地獄の, つて居ました, つて居る, つて恰も, つて橋の, つて空の, ッちまう

▼ 暗に~ (13, 1.1%)

2 の様子

1 [11件] に, に力, に要求, の小心, の帰る, の悪政, の来る, の聯絡, の親切, を卑し, を恐れしめ

▼ 暗にそれ~ (12, 1.0%)

1 [12件] が気, をも含め, をやつ, を偽善, を匂わした, を恐れ, を意識, を手伝った, を指し, を苦, を言葉, を防ぐ

▼ 暗に~ (10, 0.8%)

1 がたつ, が減っ, が減った, が減つて, が立っ, が立った, が立つ, が立つた, を立て, を立てた

▼ 暗に~ (9, 0.7%)

1 あらず, かれの, しるき汐, 一点の, 何の, 光る, 白い手, 著く大きな, 著しいこれら

▼ 暗にこの~ (8, 0.7%)

1 ような, 事実を, 強味だけは, 悲鳴を, 男を, 老先生, 薄汚ない, 類の

▼ 暗に大きな~ (8, 0.7%)

2 声で, 声を, 書棚が 1 看板や, 聲を

▼ 暗に紛れ~ (8, 0.7%)

1 て, てこっそり, てムクムク, て千代松, て本町一丁目, て潜, て這い出し, ながらスペヤ・タイヤ

▼ 暗に~ (7, 0.6%)

1 兼さんの, 口を, 奉行を, 延の, 抜きに, 芳との, 辞義を

▼ 暗に~ (7, 0.6%)

1 てしまう, てしまえ, てわれ, て不可思議, て他, て結局, て金持

▼ 暗になつ~ (7, 0.6%)

21 たので, たやう, た頃, ている, てしまひました

▼ 暗にまぎれ~ (6, 0.5%)

1 て, てそっと, て城, て官渡, て消え, ながら殆ど

▼ 暗に嬉しく~ (6, 0.5%)

2 てならない 1 てたまらない, なつて, なりまして, 父母の

▼ 暗に相手~ (6, 0.5%)

2 の無 1 かま, の様子, も私, を促す

▼ 暗に~ (6, 0.5%)

1 が怖く, に楯, に諷, の才能, の無, を齒

▼ 暗になる~ (5, 0.4%)

2 やうな 1 といや, とハタ, 瞬間が

▼ 暗に~ (5, 0.4%)

1 あゆむ疫癘, 人を, 滴さぬ, 無論影, 費はれない

▼ 暗に~ (5, 0.4%)

2 を引い 1 なんか引張, のかかった, を振ったら

▼ 暗に乗じ~ (4, 0.3%)

1 てオスチア, て山里, て捕虜, て逃走

▼ 暗に同情~ (4, 0.3%)

2 を求める 1 するの, の涙

▼ 暗に~ (4, 0.3%)

2 世辞を 1 打擲で, 部屋の

▼ 暗に逃げ~ (4, 0.3%)

1 ていた, てしまっ, て丁度, て帰ったら

▼ 暗に~ (4, 0.3%)

1 をぶっつけ廻る, を下げ, を悩ませ, を掻い

▼ 暗に飲ん~ (4, 0.3%)

1 で喧嘩, で来たらしい, で酔い, で食っ

▼ 暗にこれ~ (3, 0.2%)

1 に賛助, を助けなしたる, を有難がった

▼ 暗になれた~ (3, 0.2%)

1 ヨハン, 彼等は, 目には

▼ 暗にセンチメンタル~ (3, 0.2%)

2 な文句 1 な事

▼ 暗に他人~ (3, 0.2%)

1 に対抗, に欺さ, に見せる

▼ 暗に~ (3, 0.2%)

1 てあるく, て一層, て来ない

▼ 暗に切支丹~ (3, 0.2%)

1 などを縛る, を有難がっ, を韜晦

▼ 暗に大きい~ (3, 0.2%)

2 ところや 1 んだ

▼ 暗に恐れ~ (3, 0.2%)

1 ていた, をなす, 入つて

▼ 暗に悲しく~ (3, 0.2%)

3 なつて

▼ 暗に慣れ~ (3, 0.2%)

1 ていた, てゐた, て来る

▼ 暗に殖え~ (3, 0.2%)

1 て来, て来る, て行ったなら

▼ 暗に~ (3, 0.2%)

1 の朽ちた, を斬りたい, を食っ

▼ 暗に示し~ (3, 0.2%)

2 てゐる 1 ている

▼ 暗に~ (3, 0.2%)

1 の中, の疾患, 曇り

▼ 暗に足跡~ (3, 0.2%)

2 をつけない 1 が多い

▼ 暗に逃げ出し~ (3, 0.2%)

1 たりなんぞしよう, てしまいました, て来

▼ 暗に~ (3, 0.2%)

1 が欲, をやろう, を遣う

▼ 暗に長い~ (3, 0.2%)

2 のでした 1 ものを

▼ 暗にあの~ (2, 0.2%)

1 三角や, 客人に

▼ 暗にあわただしい~ (2, 0.2%)

2 日を

▼ 暗にあんな~ (2, 0.2%)

2 ことを

▼ 暗にかれ~ (2, 0.2%)

1 を庇護, を憎んだ

▼ 暗に~ (2, 0.2%)

1 うきめ, へ

▼ 暗にすかし~ (2, 0.2%)

1 てかすか, て見る

▼ 暗にせい~ (2, 0.2%)

2 の高い

▼ 暗にそう~ (2, 0.2%)

1 もの, 囁き合って

▼ 暗にそこ~ (2, 0.2%)

1 いら, へ気がついた

▼ 暗にそんな~ (2, 0.2%)

1 ことを, 目に

▼ 暗にたくさん~ (2, 0.2%)

1 ぬぎ捨てて, 書いて

▼ 暗につつまれ~ (2, 0.2%)

1 てバルキス, て見えず

▼ 暗になった~ (2, 0.2%)

1 両側の, 畳の

▼ 暗にほのめかし~ (2, 0.2%)

1 ておいた, てついては

▼ 暗にもう~ (2, 0.2%)

2 死にたくな

▼ 暗に三五郎~ (2, 0.2%)

2 をも撃たし

▼ 暗に世間~ (2, 0.2%)

1 の学問, の悪評

▼ 暗に主人~ (2, 0.2%)

1 の一夜作り, を促

▼ 暗に~ (2, 0.2%)

1 じて, り出します

▼ 暗に予期~ (2, 0.2%)

2 して

▼ 暗に仄めく~ (2, 0.2%)

2 月見草が

▼ 暗に~ (2, 0.2%)

2 点火した

▼ 暗に~ (2, 0.2%)

1 てかぐろき, てか黒き

▼ 暗に~ (2, 0.2%)

1 かに当り散らしたくなる, か描く

▼ 暗に信長~ (2, 0.2%)

1 の革新政治, への離反

▼ 暗に働い~ (2, 0.2%)

1 てばかりいる, て見せました

▼ 暗に働ら~ (2, 0.2%)

2 いて

▼ 暗に~ (2, 0.2%)

1 がこんな, を唆

▼ 暗に出る~ (2, 0.2%)

1 筈の, 訳けも

▼ 暗に出掛ける~ (2, 0.2%)

1 ことは, 事は

▼ 暗に動い~ (2, 0.2%)

1 ちゃあなら, てくる

▼ 暗に勝つ~ (2, 0.2%)

1 ことに, 自信を

▼ 暗に包まれた~ (2, 0.2%)

1 ままであった, 小川町の

▼ 暗に~ (2, 0.2%)

1 をきく, を利い

▼ 暗に口笛~ (2, 0.2%)

2 をピーピー

▼ 暗に可愛~ (2, 0.2%)

1 がって, のは

▼ 暗に~ (2, 0.2%)

1 ける緋文字, ける罪

▼ 暗に~ (2, 0.2%)

2 ませ過ぎて

▼ 暗に問い掛ける~ (2, 0.2%)

1 と, ものだ

▼ 暗に~ (2, 0.2%)

1 え易, へ易

▼ 暗に喧嘩~ (2, 0.2%)

1 を吹っかける, を買っ

▼ 暗に大きく~ (2, 0.2%)

1 その上人間業, なる

▼ 暗に天下~ (2, 0.2%)

1 の是非, の諸

▼ 暗に夫人~ (2, 0.2%)

1 を冷笑, を窘め

▼ 暗に~ (2, 0.2%)

1 でもできる, の気色

▼ 暗に威張る~ (2, 0.2%)

1 その威張る, んです

▼ 暗に~ (2, 0.2%)

2 のお

▼ 暗に宮方~ (2, 0.2%)

1 へ寄せる, を奉じ

▼ 暗に~ (2, 0.2%)

1 がいきりたつた, の調子

▼ 暗に心配~ (2, 0.2%)

2 して

▼ 暗に~ (2, 0.2%)

1 るなよ, 立てるばかり

▼ 暗に急い~ (2, 0.2%)

1 でいた, で埓

▼ 暗に恐く~ (2, 0.2%)

2 てならぬ

▼ 暗に意張つて貴方~ (2, 0.2%)

2 の折角

▼ 暗に慣れた~ (2, 0.2%)

2 眼の

▼ 暗に慫慂~ (2, 0.2%)

2 したやう

▼ 暗に戻つた~ (2, 0.2%)

2 が今

▼ 暗に手切れ金~ (2, 0.2%)

1 のこと, のつもり

▼ 暗に打っ~ (2, 0.2%)

1 て失敬, て済む

▼ 暗に掻き分け~ (2, 0.2%)

1 て探しあるいた, て行く

▼ 暗に~ (2, 0.2%)

1 ちやがる, つと蛇

▼ 暗に政府~ (2, 0.2%)

1 に反抗, を促し

▼ 暗に~ (2, 0.2%)

1 になり, を討とう

▼ 暗に斬っ~ (2, 0.2%)

1 たりし, ている

▼ 暗に日本~ (2, 0.2%)

1 における自分, を押しかえす

▼ 暗に昂奮~ (2, 0.2%)

2 して

▼ 暗に書きたい~ (2, 0.2%)

1 のです, ので役所

▼ 暗に未来~ (2, 0.2%)

1 の得意, の誓い

▼ 暗に~ (2, 0.2%)

2 の大任

▼ 暗に活躍~ (2, 0.2%)

1 しつ, しはじめたが

▼ 暗に消え~ (2, 0.2%)

1 か, て行く

▼ 暗に混雑~ (2, 0.2%)

2 して

▼ 暗に煙草~ (2, 0.2%)

1 を喫し, を燻

▼ 暗に~ (2, 0.2%)

1 から仄めかされた, の時政

▼ 暗に生命~ (2, 0.2%)

1 を壊し過ぎる, を造り過ぎ

▼ 暗に~ (2, 0.2%)

1 がなれ, の前

▼ 暗に~ (2, 0.2%)

2 を持つ

▼ 暗に~ (2, 0.2%)

2 の高い

▼ 暗に~ (2, 0.2%)

1 からこれ, から許し

▼ 暗に~ (2, 0.2%)

1 をやる, を盛り

▼ 暗に諷し~ (2, 0.2%)

1 ていたらしかった, て恋愛

▼ 暗に警戒~ (2, 0.2%)

1 するところ, を強いる

▼ 暗に赤かっ~ (2, 0.2%)

2

▼ 暗に~ (2, 0.2%)

1 の向く, ばかり早め

▼ 暗に踊っ~ (2, 0.2%)

1 たり跳ね, て踊り歩く

▼ 暗に遠い~ (2, 0.2%)

1 渓流の, 甲武信岳や

▼ 暗に~ (2, 0.2%)

1 を飲ん, を飲んだ

▼ 暗に酷く~ (2, 0.2%)

1 グウーッと, グウーツと

▼ 暗に青年~ (2, 0.2%)

1 に対する云, に対する云い

▼ 暗に非難~ (2, 0.2%)

1 しながらも, もし

▼ 暗に頬ばつ~ (2, 0.2%)

2 て見た

▼ 暗に飛び込ん~ (2, 0.2%)

2 で来た

▼ 暗に駈け出し~ (2, 0.2%)

1 て甲府, て行った

▼ 暗に驚い~ (2, 0.2%)

1 て感心, て逃出し

▼1* [746件]

暗にあおったシャンパンの, 暗にあげている, 暗にあせるのは, 暗にあばれるばかりと思ったら, 暗にあめつちを, 暗にありがたがらないでよい, 暗にあるいていた, 暗にあれだけやれ, 暗にあわてて走っ, 暗にあゝした奥さん, 暗にら, 暗にいったものです, 暗にいらいらして, 暗にうごめく黒い人影, 暗にうす赤く浮かし出した, 暗にうたひ嘆いたので, 暗にうちへ帰りたくなった, 暗にうもれて君, 暗におしつけようとかかっ, 暗におびえて泣く, 暗にお化けが出た, 暗にかつぎ上げるかはり, 暗にからだを, 暗にかわっては大変, 暗にがつがつするなり, 暗にぎらぎら光る鼠色, 暗にくしや, 暗にくすぐり立てるものあり, 暗にくっきりと浮い, 暗にくまどられ明方の, 暗にこう含んで, 暗にこがるるわが胸, 暗にここへ逃げ込んだ, 暗にこそあれ, 暗にこみ上げて来る, 暗にこれ等の豊饒, 暗にこわかった, 暗にこわばらしてじつに, 暗にさまよふわ, 暗にしか爪らしい, 暗にした中に, 暗にしゃべったのでがっかり, 暗にしようとする, 暗にすすめてしまった, 暗にする習慣を, 暗にそういったように, 暗にそそり立てて彼, 暗にそやし立てたまふ, 暗にたべるという以上, 暗にはある, 暗にこしへ, 暗にとると云う, 暗にどうするの, 暗になってしまう, 暗になりましたが僅か, 暗になれてくる, 暗ににくらしくなって, 暗にねえを使用, 暗にのぼってゆかね, 暗にはいって来る, 暗にはやるので又, 暗にひとみを据え, 暗にひろげてし, 暗にふくれる病気で, 暗にふさはしい, 暗にふみ迷うのであります, 暗にふるえ出してせきこみ, 暗にぶち殺して, 暗にぶっ払うも考えもの, 暗にほのめかすように, 暗にほめなくなる訳だ, 暗にぽたぽた原稿紙の, 暗にぽんぽんと手, 暗にぎれていずくともなく消え失せた, 暗にまぎれる蝙蝠ほどは, 暗にまぎれ込んだ妖花の, 暗にまみれて歩きつづめ, 暗にもつれ出して遂に, 暗にもどかしくなつて, 暗にやっかんだのも, 暗にやって来られては困る, 暗にゆらりゆらりと揺れて, 暗にわくわくと慄, 暗にわたくしに遠慮, 暗にわれらを指したる, 暗にクリクリと動かした, 暗にケバケバしいだけ, 暗にシュテッヘを差し, 暗にタカジヤスターゼを攻撃, 暗にダダッ広くなった, 暗にチヤホヤした, 暗にツユを着け, 暗にノッソリと立寄った, 暗にパク付いたので, 暗にビールを注いだ, 暗にペコペコお辞儀を, 暗にポチとほた, 暗にポンポンいうの, 暗にメール社でもツ, 暗に一人ぎめのプログラム, 暗に一文字を描きました, 暗に一木枢相と金森法制局長官, 暗に一種の反感, 暗に一黨派の益, 暗にを怨むる, 暗に上り下りして, 暗に上等の新, 暗に拵に, 暗に不安になつ, 暗に不平を洩らした, 暗に不穏な言論, 暗に与へられるもので, 暗に世人の科学, 暗に中国中国と言った, 暗に中野春台の事, 暗に主張して, 暗に久慈に匂わせる, 暗にを許し, 暗に九年前の世間, 暗に二奸の誅戮, 暗に二階の書斎, 暗に云うものだ, 暗に互いのおもい, 暗に亡ぼされた宗徒に, 暗に人心を諷し, 暗に人様をつかまえ, 暗に人殺しをする, 暗に人間を誑かす, 暗に人馴れない継子, 暗に仄かに匂う, 暗に今生の別れ, 暗に仕えるのを, 暗に仕事にかかる如き, 暗にの心, 暗に他所で饒舌, 暗に代ると忽ち, 暗に仰山な音, 暗に会社の役員ら, 暗にを褒める, 暗にひて, 暗に伸びて来た, 暗に低い鼻と, 暗に住むエリーニュス, 暗に佐々の策動, 暗に何ものかを挑戦, 暗に何進を諫め, 暗にを激励, 暗に佛教を抑, 暗に使い尽さぬと云う, 暗に使った句を, 暗に使つて居る, 暗に使わせぬようとの, 暗に使用する人, 暗に促すのであった, 暗に信長政治を怖, 暗にのみ, 暗に修羅心に任せ, 暗に健三の気色, 暗に催促の意, 暗に催眠術と此説得, 暗に兄君たるあなた, 暗に光る眼錢形の, 暗に入って来, 暗に入れると云う, 暗に全く蔽は, 暗に六条家の態度, 暗に共産化して, 暗に其名を呼ばなかつた, 暗に其心が働ら, 暗に其角と頡頏, 暗に其許へ注意, 暗にから開け, 暗に冐險的旅行の嗜好, 暗に凄くなつた, 暗に出来るもんじゃあね, 暗に出歩いてはいけない, 暗にを揮う, 暗に分った夫だ, 暗に列席の化物, 暗に判るもので, 暗に利家の助言, 暗に制御して, 暗に刺青をした, 暗に前日の教え, 暗に剣突を食わせる, 暗にを出した, 暗に力添えをし, 暗に加勢すると, 暗に助五郎の来訪, 暗に助勢を嘆願, 暗にの諷意, 暗に勉強して, 暗に動かせるだけで眼, 暗に動き廻ると, 暗に動くもので, 暗に勝利のほほえみ, 暗に勧めないでくれ, 暗に匂わして他, 暗に匂わす彼女の, 暗に包まれてゐる, 暗に卑彌呼を以て神功皇后, 暗に厚い板で, 暗に原稿紙を書きちらし, 暗に去るや, 暗に参ることが, 暗にの機会, 暗に友染縮緬のやう, 暗に友田喜造を諷した, 暗に友達を賞めよう, 暗に反響さした, 暗に叔父から目指され, 暗に拂つて仕舞ふと, 暗に受けるな, 暗に受容したり, 暗に口惜しい口惜しいで伏しつ転びつ憤り泣い, 暗に口惜しかったらしい, 暗に口惜しくてたまらなかつた, 暗に叩き立てている, 暗に叫び無暗に, 暗に叫ぶエンヤ, 暗に召し上がらるる事や, 暗に召捕るわけには, 暗に可愛らしく思われた, 暗に言を, 暗に叱るやうな, 暗に向いた方の, 暗に向って吠出, 暗ににあいそ, 暗に吠えたけっている, 暗に吠えねえで悠々, 暗に吠えましたか, 暗に吠え付く犬を, 暗にふこと, 暗に吸いこまれるように, 暗に吸い込まれてただ, 暗に吹聴するの, 暗に吾人を責めたる, 暗に呉れるが道楽, 暗に込む, 暗に呑まれてしまいました, 暗に呑みこませようとした, 暗に周平を揶揄, 暗に呼応して, 暗にだ救, 暗にを吐き散らします, 暗に問題にする, 暗に啼く梟の, 暗にが渇い, 暗に喋舌る女, 暗に喚きながらポケット, 暗に喚ぶと畠, 暗に喧嘩兩成敗といつた, 暗にきました, 暗に嘲弄して, 暗に嘲笑して, 暗に嚇している, 暗にを奨励, 暗にはれた高雅, 暗に四方から包まれ, 暗にの中, 暗に地口駄洒落を並べたがる, 暗に地面の權利, 暗になどは投げこめなかつた, 暗に堰かなかったならば数年前, 暗にな虚栄心, 暗にへ遊び, 暗に外来の武芸者, 暗に多いと思ふ, 暗に多忙で全く, 暗に大勢のなか, 暗に大場連斎を指す, 暗に大胆な浮き浮き, 暗に大難だとか, 暗につた勤人達等は, 暗に奉公人を殺し, 暗に女軽業の親方, 暗に好きになつ, 暗に妨害を試み, 暗にが憎く, 暗にと一緒, 暗に姦邪乱国の臣, 暗に姿勢を整える, 暗に威嚇して, 暗に威張り散らすのが, 暗に婦人を引張込ん, 暗に嫌っていた, 暗に嬉しかつた, 暗に嬉しいのです, 暗に子供を産み落した, 暗に学良を秀頼, 暗に守子などを頼む, 暗に宗助が東京, 暗に宗教と文学, 暗に宜しければなり, 暗にを探しあぐね, 暗に実力に出る, 暗にの帰参, 暗に宣戦の布告, 暗にに帰っ, 暗に家康へ意, 暗に宿るともパトロクロス, 暗に寂しいやうな, 暗に寂しかった, 暗に寄宿舎から出, 暗に富貴なる人々, 暗に寒いと思つて, 暗に将軍義昭を責め, 暗に将門を悪, 暗に尊ばれた時代に, 暗に導かれたのであった, 暗に小さくなって, 暗に小説とか詩, 暗に小説的な随筆, 暗にばかり躍らせ, 暗にを振った, 暗に居士の近来, 暗に屈んでトオカル, 暗に山木を実例, 暗にへ掛りまする, 暗に崇拝して, 暗にを張る, 暗にへ曲げる, 暗に巴里の軽薄, 暗に市野が恋しく, 暗に希望して, 暗に帽子をかぶり直し, 暗に幾人かの女, 暗に広い世間へ, 暗に庇護して, 暗に建文帝出亡諸臣庇護, 暗に廻って来る, 暗に弁信さんが止める, 暗に引き合いを怖がっ, 暗に引っぱって角, 暗に引っぱらないで呉れ, 暗に引っぱり出すのも, 暗に張飛の酒ぐせ, 暗にひること, 暗に強いることによって, 暗に強くて風, 暗に強く深く冴え渡った緊張味, 暗に強情を張っ, 暗に強烈な酒, 暗に彎曲して, 暗に当りをつけ, 暗にばかり変え, 暗に役人らに窘, 暗に往つてみたいな, 暗に待っていた, 暗に後援して, 暗に従妹の器量, 暗に御免になさる, 暗に御機嫌をとつて, 暗に御用繁多で平次, 暗に心待ちにし, 暗に心細さが, 暗に心臓が強い, 暗に忌避する傾き, 暗によく思っ, 暗に怖がる僕も, 暗に急ぐと却, 暗に恨まれている, 暗にを切らし, 暗に悪あがきも出来ないだろう, 暗に悲しく情けなくなって, 暗に想像したよりも, 暗に想定して, 暗に意見を促した, 暗に愚民の信仰, 暗に愛撫するの, 暗に感心して, 暗に感服しては, 暗に憎くなって, 暗にを催した, 暗に憤りを私, 暗に憧れの夢, 暗に成つて躍込んだが, 暗に成り行くに, 暗にを鼓舞, 暗に我党を指す, 暗に我黨を指す, 暗に戒めたものらしく, 暗に戒めると幸之助, 暗に戰鬪線へ出し, 暗に手ぐすね引いて, 暗に手紙をよこした, 暗に手荒な改革, 暗に叩けば, 暗に打ち切りを宣告, 暗に打つという, 暗に承認したもの, 暗に投げられた妖婦の, 暗に投げられるので紅白, 暗に抜道を教えた, 暗に抵抗した, 暗に押さえ付けようとする, 暗に押しかけて来た, 暗に拙者を可愛がっ, 暗に招牌がぶら下っ, 暗に拡げつつ限り, 暗に拳銃を擬し, 暗に持てるという, 暗にを折り, 暗に振り廻わして, 暗に振りまわされるとあぶねえ, 暗に振りまわしながら相手, 暗に振りまわした切っ先が, 暗に捕って食おう, 暗に捨てる譯に, 暗に捻るけれどもお, 暗に掠奪を奨励, 暗に撲ることは, 暗に支度を急いだ, 暗に改めると相手, 暗に攻撃的の態度, 暗に教唆するの, 暗に散らしている, 暗に散ると炬, 暗に斬り払っている, 暗に斬り附けましたから馬方, 暗に斬る刀でない, 暗に斯様な嘲弄, 暗にらしいもの, 暗に新しがったり, 暗に新体詩を捧げる, 暗に早くなります, 暗に昨夜の潔白さ, 暗に普通殺人律論の正当, 暗に暮れてしまつて, 暗に暴力讃美の危険, 暗に暴民をそ, 暗に暴露して, 暗に書いて見た, 暗に書けるもので, 暗に書物ばかり積ん, 暗に最大範圍に於ける, 暗に有難がることに, 暗にの襟, 暗に来るものか, 暗に東京にあこがれ, 暗に樹木を植え込んだ, 暗に機会を待っ, 暗に欣羨の意, 暗に歌っています, 暗に正造を貶した, 暗に武勇伝を語っ, 暗に武士のみえと, 暗に武家をさえ罵っ, 暗に武蔵の身, 暗に武門の威権, 暗に歩いても何時辻斬, 暗に歩いたものだ, 暗に歩き廻った練兵場は, 暗に歩くことや, 暗に歩行いて, 暗にをとどむる如く, 暗に死んではならない, 暗に死別を告げ, 暗に殺意を唆, 暗にのところ, 暗に比田の戻る, 暗に比田自身が先方, 暗にの壮挙, 暗に民権論の反対, 暗にがそ, 暗にがそ, 暗にを汲み上げ, 暗に永別の書, 暗に沈まんとする, 暗に沈んでいる, 暗に沒我的に感情, 暗に沢山の数字, 暗に法外な注文, 暗に法律問題を起し, 暗に泣いている, 暗に注ぎ込む酒は, 暗に注意をあたえた, 暗にひ浚い, 暗に洗い浚い饒舌り散らす女, 暗に派手な洋装, 暗に流れてい, 暗に流れるやうに, 暗に浜田が従弟, 暗に浪費せられて, 暗に浮かんで見えた, 暗に浮出して來, 暗に海岸を行き行き, 暗に消え行く奇怪な, 暗に消え込んで行った, 暗にが流れました, 暗に淋しくなったぼく, 暗に清十郎の考え, 暗に清忠の説, 暗にを描い, 暗に渾名なんかつける, 暗に湧いて来, 暗に満たされた路上の, 暗に溶けこんでしまった, 暗に演ぜられつつある, 暗に澤山出したり, 暗にが見へる, 暗に火事をこわがった, 暗に火繩を振っ, 暗に無うては恐, 暗に無抵抗でつまり酒, 暗に照らざらば, 暗に燦爛と降った, 暗に牛肉を頬張り, 暗にを引き出し, 暗に玄人の眞, 暗に王様をゆすぶる, 暗に本無用論, 暗に珍重して, 暗に珠数を押, 暗に現実のおまえ, 暗に甞めますので, 暗に生きる美しい毒蛾, 暗に生れるなどという諺, 暗にひ或, 暗に用い或いは気付かざる, 暗に用意をし, 暗に男子の方, 暗にのマグダーレン, 暗に異様に思ひ出され, 暗に疲れて眠り行く, 暗に疳高に子供, 暗に病院から出, 暗に痛い痛いと金切声, 暗に痩我慢を張る, 暗に発揮して, 暗に発達した国, 暗に白いばかりだつた, 暗に白く大刀を, 暗に白状せしこと, 暗に皮肉な訓戒, 暗に皮肉るつもりで, 暗に盛徳を称揚, 暗に目立ち易い行衣, 暗に相違したので, 暗に眩しくてボ, 暗にが廻る, 暗に睨んでいる, 暗にを飛ばし, 暗に砲撃を加, 暗に示すために, 暗に示唆したこと, 暗に社交をたたるる, 暗に神功皇后を以て卑彌呼女王, 暗に神経が昂奮つて, 暗に神經が昂奮つて, 暗にを浚っ, 暗に秀子を窘め, 暗に私たちの関係, 暗に私係りの久左衛門, 暗に種々の秘密, 暗に積むものだ, 暗にが暗く, 暗に突き上げて来た, 暗に突き立てて突き, 暗に突然と, 暗に窮屈な型, 暗に立ちよりて, 暗に立っていた, 暗に立つてゐた, 暗に立派に見える, 暗にでも裂ける, 暗に笑いたくって仕様, 暗に笑うと死ぬ, 暗に笑ったんだ, 暗に笑顏などを人, 暗に策動しだした, 暗に算哲の不思議, 暗に精細に分類, 暗にを引い, 暗に納めた鋒を, 暗に細い巷に, 暗に細君を非難, 暗に続く木立の, 暗に練習させて, 暗に縁語を入れたがる, 暗に縛つて引つ叩いて, 暗に罵詈して, 暗に美しき果實を, 暗に群集の溜飲, 暗に義理固い篠崎, 暗に習った手法を, 暗に聳える恵那山は, 暗に聽罪席の司祭, 暗にを脱ぎたがる, 暗にがたつ, 暗に自己の大, 暗に自慢するごとくに, 暗に自白した, 暗に舞台に向, 暗に芸術ぶる人, 暗に若い女が, 暗に苦しませないで注射, 暗に苦痛を受ける, 暗に英国の貴族制度, 暗に英語を排斥, 暗に荒されたり無遠慮, 暗に華尾君と競争, 暗に落ち行く心地せらる, 暗にが伸びる, 暗に葉影を宿し, 暗にるもの, 暗に葬つて天下後世, 暗に葬られて来た, 暗に葬り去る者, 暗に葬り去つたことが, 暗に葬り去れる運命を, 暗に葬ろうとしてお出で, 暗に薩州の叛軍, 暗にを投, 暗にがき狂う, 暗に血だらけな幽霊, 暗にを引っぱる, 暗に裏書きをした, 暗に覆面探偵を疑っ, 暗に見えなかったが二人, 暗に見くらべていた, 暗に覗かれるのは, 暗に覚えて語られける, 暗に覚えられ候ふ, 暗に親切を尽し, 暗に解剖をしたがる, 暗に解放せないといふ, 暗に言い出してくれる, 暗に言い触らしてわれわれ, 暗に言っている, 暗に言つても實際此, 暗に訊ねたつもりの, 暗にえて, 暗に訓戒して, 暗に訣らなくな, 暗に訣別の意, 暗にへた, 暗に訴えていた, 暗に訴えるのでありました, 暗に試驗を氣, 暗に詩人らしく僕, 暗に詫言ばかり申し, 暗に詰込むことは, 暗に話しかけるわけにも, 暗に誇るかのよう, 暗に認めるに過ぎなかつた, 暗に認識不足な世間, 暗に誘い出したからだ, 暗に誘導されて, 暗に語るものでなかった, 暗に誡めて見せた, 暗に読みもしない, 暗に誹ろうとする, 暗に談話のうち, 暗に諷したのである, 暗に警告を発した, 暗に警察官の来援, 暗に讀んだ時分に, 暗にをぶん殴りだした, 暗に豪傑振つて女, 暗に財産のある, 暗に貰うのは, 暗に貴方に食つて, 暗に賑やかな音楽, 暗に賛成を求める, 暗に賞め千切りましたが, 暗に賞め立て担ぎ上げて, 暗に贋物を恐がる, 暗に足音を偸, 暗に跋扈しさ, 暗に踊り観客の, 暗に踏ん込む訳にも, 暗に車夫を急, 暗に軍刀をふりまわし, 暗に輪廓がぼやけ, 暗に辞ッておしまい, 暗に近づく足音, 暗にへと玉, 暗に迷いあるい, 暗に迷うかかり, 暗に迷ふかかりがねは, 暗に迷亭に洩らす, 暗に追求するの, 暗に出さうと, 暗に透かすと背, 暗に透して向う, 暗に逐い出されて夜, 暗に連れて来る, 暗に進行させるところ, 暗に遠矢にかける, 暗に遣う癖が, 暗に遣られるといけ, 暗に部屋の中, 暗に配所をめぐって帝, 暗に重ねた時代が, 暗に重苦しくそれからいや, 暗に野蛮な虚勢, 暗にを打っ, 暗に針綫を停め, 暗に鎌倉殿の寵, 暗に鎖されて行く, 暗に閉されて憤激, 暗に閉ざされてゐる, 暗に開けては困ります, 暗に階級的真理がすなわち, 暗に隠るる秘密の, 暗に隠れた那須野ヶ原, 暗に青い麦畑を, 暗に音楽会を聞い, 暗に頑丈な高, 暗に頬張った事を, 暗に頼朝の不覚, 暗に題材を更, 暗に顔中引き掻いたの, 暗に願っていた, 暗に風来坊のよう, 暗に飛び込む訳には, 暗に食い散らしをする, 暗に食うのだ, 暗に食べたり大, 暗に飮む習慣が有, 暗に飮んだもの, 暗に飲む奴だ, 暗にを掉, 暗に馬鹿踊りをする, 暗に馬鹿野郎呼わりは失敬, 暗に馬鹿馬鹿しくなって, 暗に馴れた眼は, 暗に駆けずり廻つて同じ, 暗に通しに, 暗に駈けるから歩け, 暗に駈け歩いたせいか, 暗に騒々しいから米友, 暗にけずり, 暗に高い帽子と, 暗に高まって来た, 暗に高空の悲哀, 暗に鬱憤を晴らさん, 暗にの真似, 暗に魏帝の出馬, 暗に魔言を説き, 暗に鳥打帽を冠, 暗に鳴いたりした, 暗にを蒔く, 暗に黒い印度邊の, 暗にをならし