青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「暗く~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~暇 暇~ 暑~ 暑い~ 暖~ ~暗 暗~ ~暗い 暗い~ ~暗く
暗く~
暗に~ ~暗示 暗示~ 暗闇~ 暗黒~ 暦~ 暫~ ~暫く 暫く~ ~暮

「暗く~」 3150, 34ppm, 3452位

▼ 暗くなっ~ (547, 17.4%)

46 ていた 34 て来た 30 ている 26 てきた 18 てしまった 17 ていました 12 てゆく, て行く 11 てい 10 たりし 9 てきました 8 たりする, てくる 7 たり明るく, て来る 6 ていく, てしまう, て来 5 たりした, ていった, て来ました 4 て, てから家, てから間もなく, て何, て行った 3 ています, てしまっ, てその, てただ, て後, て雨

2 [19件] てお, てから, てからそっと, てからやっと, てから着いた, てき, てこの, てやがて, て人, て大きい, て山, て帰っ, て帰る, て私, て雪, て雲, て霧, て頭, て風

1 [183件] たりしました, たりします, たりちらちら, たり又, たり明, たり頭, てあたり, ていきました, ていけねえ, ていけません, ていっ, ていなけれ, ておじいさん, ており, ておりました, ております, てかえって, てからあれ, てからお出かけ, てからかくれんぼ, てからここ, てからこの, てからだった, てからで, てからのこと, てからの方, てからは芸, てからひとり, てからひろ子, てからまた, てからやっぱり, てからホテル, てから一同, てから一時間, てから三吉, てから二人, てから原っぱ, てから又, てから品川, てから室蘭, てから家さ, てから帰っ, てから従卒, てから支那間, てから暫く, てから江戸, てから狐, てから碓氷峠, てから私共三人, てから船宿, てから荷物, てから行列, てから迎い, てから通り, てから酒, てから雨, てきます, てくれれ, てさらさら, てざわざわ波, てしまいまし, てしまいました, てしまったら, てしまわない, てすぐ, てそのまましばらく, てそれ, てそれで, てたしかに, てたどたどしく, てともすれば, てどうして, てなに, てね, ては困る, ては帰路, ては提灯, ては敵, てひさし, てまいります, てまごついた, てまだ, てまるで, てもう, てもっと, てもまだ, ても俊夫君, ても帰らない, ても来たし, てやる, てゆきました, てゆきます, てよっぽど, てガラス, てガロンヌ河, てテント, てトニオ・クレエゲル, てボンヤリ, てヴャトカ, て三吉夫婦, て両, て中, て二人, て人々, て今, て今にも, て仕舞った, て何もかも, て何処, て俗, て倒れ, て僕, て全身, て初めて, て前, て勝負, て原中, て地下室, て夕, て大, て大いに, て大きな, て大分, て大地, て子, て子供, て客, て寒, て寒い, て小雨, て少し, て居る, て岩石, て帰り, て平次, て幽霊, て幾度, て庭, て彼, て彼女, て心細く, て感じられた, て戻っ, て故人圓蔵, て日, て時化模様, て月明かり, て木, て来ます, て来るらしい, て様子, て水, て江戸, て消え失せ, て深い深い, て物, て白い, て盲目, て真っ黒, て真黒, て終った, て耳朶, て苫裏, て蝋燭, て行かなく, て行きます, て見え, て見える, て足許, て踏む, て遂に, て遊べなくなる, て道, て遠い, て鉄板, て鋼色, て間もなく, て隠れた, て青ざめた, て駄目, て骨牌, て鳥, て黄昏

▼ 暗くなる~ (294, 9.3%)

16 のを 13 ような 4 のが, ばかりです, ように 3 とすぐ, に連れ, 許りだ

2 [19件] という状態, とそれ, とどこ, と同時に, と活動小屋, と表, のです, のは, ほどに廣, までい, までここ, までじっと, まで迎え, やうな, よ, 事去年の, 様な, 窓外を, 頃に

1 [206件] あたりから, から, からである, から店, から彼方此方, から星, がそれでも, が一, が暖かい, くらいで, ことを, こと妙な, ころだった, ころに, ころ到着し, ころ着くだらう, し, ぜ奇麗, その木の下闇, だけならい, ちょっと人足, と, とあそこ, といふ, とうっすり, とお, ときには, とさっそく, とせき立てる, とその, とどう, とどや, とどやどや, とまた, ともう, とカシタンカ, と一人, と一生涯, と一緒, と中, と二人, と云っ, と何処, と何處, と共にもう一度, と共に幕, と共に熱, と共に秋, と其の, と前途, と厄介, と困る, と地平線, と塗籠, と夜気, と家, と巴, と平次, と店, と散歩, と本降り, と母, と燈火, と狭い, と男工, と益々, と盛, と矢, と紺, と自分, と花火, と行燈, と跳ね, と道, と雷鳴, と非常, と鳴きます, と鶴岡, につれて不安, につれて人力車, につれて白, にはまだ, に従, に従う, に従ってぱっと, に従って暴動, に従って龍王, に相違, の, のだ, のであった, のである, のであろう, のでした, ので昔, ので磁石, ので私, のに, のにつれ, のにつれて, のにまだ, のに従って, のも, は怪, ばかしぢ, ばかりだ, ばかりで, ばかりである, ばかりでございまし, ばかりの雲, ほどで, ほどのこと, ほど悲しゅう, ほど栄太, ほど炉, まで, までかかり, までさし込む, までしばらく, までそこら, までには四時間あまり, までの一日仕事, までの庭, までひとり, までふたり, まで一人, まで人, まで働い, まで土, まで外遊び, まで居眠り, まで庭仕事, まで待っ, まで待とう, まで掃除, まで日吉, まで波止場, まで焼, まで燈火, まで畑地, まで眉, まで真に, まで真黒, まで石, まで磨る, まで私, まで込み合っ, まで遊び, もう何, ものと, やうである, やうに, よと見る, んである, 一方だった, 一方だつた, 一方で, 一時前の, 事か, 事が, 事さえ, 事であろう, 事は, 前に, 夕空の, 家路を, 寒くなる, 心を, 思いが, 戸外の, 早い, 時は, 時下女の, 時分に, 時間で, 時間であっ, 時間では, 最う目, 樣な, 樣に, 気が, 気勢が, 灯火は, 程で御座いました, 程驚きました, 空, 空に, 端に, 筆を, 腹が, 腹は, 蝋燭が, 裡に, 路は, 迄仕事, 迄夥しく, 迄気, 迄網, 道理は, 酒は, 電光閃く, 頃ちょうど, 頃にかけて, 頃までも, 頃仕度をととの, 風は

▼ 暗く~ (279, 8.9%)

8 よくは 7 よくわかりません, よく見えない 4 よくわからない, 何にも, 何も 3 なにも, よく分らない, 熱く, 見えは

2 [19件] じめじめし, やりきれない気持, よくわからなかった, よくわかりませんでした, 働いて, 分らないが, 判らなかつた, 字が, 急な, 暗くて, 狭くて, 臭くて, 見えなかった, 見えなかったが, 足もとが, 銀色です, 陰気で, 雲かげに, 静かだ

1 [195件] あなたの, あんまりジメジメし, いい気持ち, いかんね, いやそう, いやだ, いろいろな, うっとうしいな, おなかが, おれには, きたなくて, きっとあれ, ごく不体裁, ざは, ざわざわ木が, しかも騒然たる, しんと, せまい地下, そうでない, その人, その何, それに何, ただ一つ電柱, ただ薄, たまらない, だだっ広い玄関, だめかな, どこに, どちらが, どんなニワトリ, なんにも見えない, はっきりしなかった, はっきりとは, はっきりよめなかった, はっきり見えません, ひどくむんむんし, ほら穴の, ぼんやりし, また冷たかっ, むっと暖かかっ, やりきれない, やりきれないの, よくまあこれ, よく分らなかった, よく分らぬ, よく判らない, よく判りませんでした, よく見え, よく見えないだろう, よく見えなかった, よく見えません, わからない, わからなかったけれども, わからなかつたと, わからぬので, ガランと, サッパリ判りません, ジメ, ツマラナイものか, モーツァルトらしい, ロウ人形の, 不体裁で, 不便であった, 不気味だった, 了然, 事務が, 人に, 人の, 今日きはまる, 仕事が, 低かった, 何が, 何の, 冷え冷えとして, 分らない, 分らなかった家, 分らなくなりました, 分りゃしない, 判らない, 判らないが, 判らんが, 古風な, 商売は, 塵だらけだった, 壁画などは, 夕立が, 大地が, 天井の, 女の, 姿の, 字体の, 実にいや, 客が, 寂しい陰影, 寂しくて, 寂しゅうございました, 寒いこと, 寒いドイツ生れ, 寒かった, 寒かつ, 寒さ, 封建の, 広い土間, 床が, 座敷も, 庭で, 後に明るい, 怖い, 怪しいし, 恐いから, 息が, 悽愴な, 拝め無い唯, 探し出すの, 提灯の, 方角が, 時刻は, 暑い, 暑くて, 月が, 朝の, 本の, 本郷の, 板の間で, 歩けねえん, 気が, 気もちの, 気味が悪いと, 気味が悪し心細しと, 氣が, 汚い焼け残り, 波の, 涼しそう, 淋しい八幡界隈, 淋しくて, 濕つ, 灯が, 無装飾, 牡丹の, 物うく, 狭い女中部屋, 狭い部屋, 眼を, 私は, 窮屈で, 細い道, 綺麗で, 肩も, 能く, 臭い車内, 良くは, 良く見えませんでした, 藁を, 蚊の, 蝮の, 見えないかな, 見えない下, 見えない砂塵, 見えなかったけれど, 見えなかったの, 見えなかったろう, 見えぬけれど, 見えませんけれど, 見えませんよ, 見しかた, 見るのに, 見分けの, 見物人が, 見當, 見透かされないが, 解らなかつたが, 詳しく眼, 読めん, 読書し, 貸家札が, 路も, 過ぎし冬, 道が, 遠くは, 鈍感な, 陰気くさい, 陰気だつた, 陰気であった, 陰氣で, 陰鬱で, 雀の, 青白い, 静かだった, 静かな, 静だった, 顔の, 顔を, 風が, 鬱陶しい空, 鬱陶しさ

▼ 暗く~ (183, 5.8%)

41 つてから 8 つてゐた, つて来た 6 つてし, つてゐる 5 つても, つて居た 4 つたと 3 つた廬の, つてゐました, つて居る 2 つたのを, つた室で, つた瞬間には, つて, つて了ふまで, つて夜更けまで, つて行く

1 [77件] つたあたりの, つたあたりを, つたお宮の, つたから, つたぢや, つたのだ, つたのである, つたマアケットの, つた下目黒の, つた両国の, つた外へ, つた屋並みは, つた崖の, つた戸外へ, つた時分に, つた暗く, つた杉松榎と, つた樣に, つた河の, つた海面に, つた灯の, つた盧の, つた谷の, つた道を, つた部屋の, つた頃, つた頃に, つてお, つてお勝手の, つてからかい, つてからの, つてしまつ, つてそこには, つてた, つてたら, つては, つてはと, つてまだ, つてむじなもさみしからうな, つてよろけ出した, つてボンヤリとして, つて乞食の, つて了つたと, つて了つたのでした, つて了つたやうな, つて人の, つて今朝は, つて仕舞つて對ふところの, つて來た, つて來たでせう, つて來て, つて來る, つて只, つて向側の, つて外を, つて小雨が, つて居ります, つて山が, つて帰る, つて彼女の, つて往來も, つて御, つて戻りました, つて折り重なつた, つて晩飯が, つて歸つて來る, つて歸つて見る, つて消え, つて登つただけ, つて石牌の, つて第, つて落ちつ, つて街に, つて農学校の, つて遂に, つて隱れた, つて駕籠の

▼ 暗くなった~ (165, 5.2%)

6 と思う 5 ような, ように 3 のです, 時分に, 空を

2 [12件] あたりに, が何, しなかなか, のに, のは, のも, のを, ようです, わ, 室の, 往来へ, 部屋の

1 [116件] かと思う, からそろそろ, からねおじいさん, から彼方, がこの, が仏像, が夏, が艇, こと, ことにも, ころであった, せいか, そのあたり, ぞ, という, というよう, とかそんな, ときに, とき突然, ところで, と伝えられ, と思っ, と言いだした, ね, の, のか, のかと, のが, のだ, のでした, のでそろそろ, のでやぶれ, のでわたくし, ので二人, ので僕, ので勝負, ので却って, ので寄らない, ので思う, ので方向, ので浅草, ので灯, ので行灯, ので院長, のにまだ, のに直, ばかりのころ, もんだ, ようだ, んです, んで判りません, ベンチの, 上の, 中に, 光線の, 六区の, 処へ, 向うの, 吹雪の, 囲炉裡の, 地の, 堤の, 場内の, 夕がただった, 夕がたに, 外を, 夜空を, 奥の, 妻戸の, 家の, 家を, 山の, 山道だ, 店の, 廊下で, 廬の, 心地が, 戸の, 戸外へ, 所を, 手水鉢の, 教室に, 明りの, 時に, 時の, 時一度, 時天地も, 時私は, 時車掌が, 杉松榎と, 気が, 汚い室, 海に, 湖が, 湖畔を, 灯の, 田舎道を, 町の, 町を, 目に, 窓を, 竈の, 罪ほろぼしに, 茂みの, 裂け目を, 西銀座の, 谷間へ, 路面を, 道を, 間に, 雪の, 電灯が, 頃俊亮が, 頃彼は, 顔に, 黄昏の

▼ 暗く~ (141, 4.5%)

12 ていた 6 ている, てゐる 4 て, てある 3 てあった, てしまう, てゐた 2 てお, ておく, てしまった, て群, て青き, ながら永久

1 [88件] ぜん気持も, その藍色, それからどういう, たりした, たり神経質, ついには, てあの, ていずれ, ています, ておくれ, てからおやすみなさい, てからふたたび, てかわいそう, てくれ, てこの, てしまつて, てしまひました, てしまひます, てしまふ, てじりじり, てすわっ, てその, てはならない, ては山, てもよかり, てややもすれば, てゐ, てゐました, てゐやしない, てジヤンク, てランプ, て且, て且冷, て人, て人形, て人影, て其行方, て呉れる, て大きい, て大空, て小人群, て居た, て山光水色, て幹枝盤上, て幽霊, て床の間, て後, て心神, て怒, て恐らく深々, て惡, て数人, て日, て曲り, て東京近く, て横, て波, て波浪, て湿り, て答えた, て縮緬, て置きました, て背中, て芝居, て蝋燭, て螢, て見苦し, て誤, て重い, て雨, て電気スタンド, て音, て騒い, ながらもなおも, ながらもなほ, ながら何, ながら家主, ながら滝夜叉, ながら長年, 交通機関も, 同時に保, 息を, 情操を, 混亂させ, 臆病に, 自分たちの, 進歩を, 顔を

▼ 暗くなり~ (115, 3.7%)

5 か, 夕暮れに, 段々に 2 ごう, そこらの, たり, て, てつのりゆく, 意識が

1 [88件] きつた, さうだ, しばかりなり, そうして今, そうな, そうに, そのまま気, その上, その代り, その冷たい, それから身悶え, それと, つつある, つづいて, つめたい風, てもの, て小前田, て日, て皆, ときたま往き来, ともすれば暗礁, どこからとも, ながら思わず, ながら青く, なんともいえぬ, はしない, はしないだらう, まさって, またある, またほ, みぞれ, やがて真暗, わが船上, わずかに, トラックは, ライトを, 一層困難せり, 一筋の, 一陣の, 人き, 低い市中, 入口が, 其の功, 凉しい, 別の, 反対に, 同時に群集, 向うの, 夜が, 大きな真黒, 天井と, 妻に対して, 寒くなったず, 後が, 悲しげに, 或いは明るく, 星影も, 木魚の, 来たり, 柿沼の, 気が, 気弱ささえ, 海上に, 炉で, 物音と, 眼つきも, 眼に, 穢くなり, 耳朶の, 背後が, 背筋が, 自動車を, 虫の, 街道を, 見えずなる, 部屋の, 部屋は, 限りも, 陰鬱な, 雨が, 雨脚も, 雪も, 電球は, 露台の, 頸足ばかりが, 高いところ, 高い一丈, 鳥は

▼ 暗くする~ (55, 1.7%)

3 ことが, ばかりです 2 ために, のです, のは, ばかりである, ものは, ように

1 [37件] かも存じません, ことに, ことは, ことも, ことを, ためには, ための, だけのもの, という, とそれ, とだ, とどこ, とふつ, と二人とも, と何だか, と夜景, と寝台, に忍び, のであった, のであつ, ので伐り倒さなけれ, ばかりであった, ばかりにずんずん, ほどに繁っ, ほど忽ち, までしげった, ものである, ものに, ものの, んだ, 事が, 事を, 力を, 女難の, 好奇心に, 程に, 雲煙が

▼ 暗く~ (40, 1.3%)

7 ない 5 なかった 3 あるが, ないが 2 ありませんよ, あるし

1 [18件] あったが, ありません, ありませんでした, ござんせぬ, したけれど, ないだろう, ないはず, なったが, なって, ならないが, ならない此頃, なりませんよ, なる, なるし, なるし人っ子一人, なる足許, なれ, 無い

▼ 暗くなつ~ (31, 1.0%)

7 て行く 5 たりした 4 てしまふ 3 て来 2 たりし 1 たり明るく, たわけぢ, ていた, ている, てしまう, てしまひました, てなに, てゆく, て何, て来る

▼ 暗くならない~ (31, 1.0%)

15 うちに 4 中に

1 [12件] うちから, うちにと, そして夜, とまことにどうも, と点かない, のだ, まえ雛妓, 内で, 内に, 前に, 夜が, 日没前一時間くらい

▼ 暗くした~ (27, 0.9%)

4 のは 2 ことさへ, 室の

1 [19件] がしかし, ことは, ころに, というの, のです, のと, のを, ばかりでなく, ようであった, 上そつと, 中に, 寄宿舎の, 寝室で, 感が, 樣子です, 部屋に, 部屋の, 顔を, 風情の

▼ 暗くなりかけ~ (25, 0.8%)

7 ていた 2 ていました, て来た

1 [14件] てい, ている, てからお, てから訪問, ても一心に, ても炉, てよく, てゐた, て問題, て居, て居りました, て水色, て電灯, に借

▼ 暗くなりかけた~ (21, 0.7%)

2 道を

1 [19件] からしかた, のに, 光で, 地面に, 時分から, 時分で, 時分でございました, 時賑やかな, 水の, 焚火明りから, 甲板を, 空気に, 街を, 表の, 路上は, 道へ, 陰影の, 頃さっきは, 頃ぼんやり

▼ 暗く~ (16, 0.5%)

3 なって 2 ならず明く

1 [11件] あったし, あり敵味方, ないし, なかった, なくなんにも, なく健全, なく明るくも, なく明暗, なろう, なろうでは, 無い

▼ 暗くなつた~ (13, 0.4%)

1 [13件] か, かと思ふ, からやめ, が横腹, が消え, ことにも, ためだ, とき突然, のでびつくり, ので自身, ので院長, やうな, 頃だ

▼ 暗くては~ (12, 0.4%)

4 どうにも 1 つきりもの, どうする, やむを得ない明るいもの, 一寸も, 凉み, 探せやしない, 気が, 面白くない

▼ 暗く陰気~ (11, 0.3%)

2 であった 1 でありました, である, でそれ, となった, な生活, になっ, になりました, に未練, に沈む

▼ 暗くなりました~ (10, 0.3%)

1 からお, ぜ, ぜ大佐閣下, ぞ, ね, ねえ帰らなけれ, ので私, ので袖, よ, 所で

▼ 暗く静か~ (10, 0.3%)

1 だつた, なその, なよう, な浪, にそして, になった, になる, にひそまり返っ, に又, に彼女

▼ 暗くなったら~ (9, 0.3%)

1 おかえりでしょう, ここへ, じき帰る, すぐ出発, どこへ, ひらひら燃える, 大変だ, 太陽が, 直ぐ迎い

▼ 暗くそして~ (8, 0.3%)

1 すつぱい事, 凡ての, 却って強く, 松風の, 湿やかな, 薄明な, 鈍つてゐる, 雨空から

▼ 暗くさせ~ (7, 0.2%)

2 ていた 1 ていました, ている, てゐる, 波を, 眼だけを

▼ 暗くその~ (7, 0.2%)

1 上を, 奥から, 奥に, 差別は, 底に, 最も暗い, 線の

▼ 暗くても~ (7, 0.2%)

1 これほど, 一寸の, 平気な, 明るく見える, 温い方, 見えるけれど, 見えると

▼ 暗くない~ (7, 0.2%)

1 お銀様, のが, のであった, のッ, ものと, よ, 声だ

▼ 暗くなります~ (7, 0.2%)

1 から, から御, がこれ, と天狗, ね, の, アヽ欲い

▼ 暗くなれ~ (7, 0.2%)

1 ばこの, ばなる, ば兜, ば夜鷹, ば歸つて來, ば自然, ば蚊帳

▼ 暗く~ (7, 0.2%)

1 に埋もれ, はまだ, は明るい, は更け, は更けかけ, は深々, よりも更に

▼ 暗く重く~ (7, 0.2%)

2 なりまわり 1 うごめく姿, させますね, そして広く, なりま, 風が

▼ 暗く~ (7, 0.2%)

1 がそうそう, が吹き荒ん, が強い, は低く, は地, は梢, も冷

▼ 暗く~ (6, 0.2%)

2 の声三味線 1 が歩い, の眼, を見る, 病みに

▼ 暗く暗く~ (6, 0.2%)

2 暮れて 1 なる許, 心に, 沈んで, 輝いて

▼ 暗く沈ん~ (6, 0.2%)

1 でいた, でしまう, でそこ, で行, で行った, で見えた

▼ 暗く濁っ~ (6, 0.2%)

2 ている 1 てい, ていた, てところどころ, て塔櫓

▼ 暗くただ~ (5, 0.2%)

1 ステージの, 文明の, 焚火の, 船内ズット船尾の, 赤土が

▼ 暗くならざる~ (5, 0.2%)

2 を得なかつた 1 を得なかった, を得ぬ, 間に

▼ 暗く寂しい~ (5, 0.2%)

1 四辻の, 夜の, 憂鬱と, 日ばかりが, 雪空に

▼ 暗く曇っ~ (5, 0.2%)

2 ていた 1 ている, て囂々, て寒

▼ 暗く沈んだ~ (5, 0.2%)

1 のである, 声な, 気持に, 灯火の, 色調には

▼ 暗く澱ん~ (5, 0.2%)

3 でいる 1 で, でゐる

▼ 暗く見える~ (5, 0.2%)

2 のだ 1 のさえ, やうな, ように

▼ 暗く重い~ (5, 0.2%)

1 ことを, のだ, ので, 仕事が, 東北よりも

▼ 暗くさせる~ (4, 0.1%)

1 かつてあつ, のだ, のにさらに, もので

▼ 暗くされ~ (4, 0.1%)

1 がちだった, てゐる, ながら云, 生の

▼ 暗くそれ~ (4, 0.1%)

1 にひどい, に息づまる, に街, に通路

▼ 暗くちゃ~ (4, 0.1%)

1 どうしよう, 何も, 分らないん, 怖いわ

▼ 暗くならず~ (4, 0.1%)

1 に明るい, 天井から, 波の, 若宮が

▼ 暗くならぬ~ (4, 0.1%)

2 うちに 1 うち早く, 中から

▼ 暗くなりかかった~ (4, 0.1%)

1 ので大将, 植込越しに, 窓の, 風の

▼ 暗くなりし~ (4, 0.1%)

1 こと聖書に, ていた, を見, 青白きもの

▼ 暗くなりまさる~ (4, 0.1%)

2 ばかりです 1 ように, 庭を

▼ 暗く~ (4, 0.1%)

2 い空気, なる列

▼ 暗く寂しく~ (4, 0.1%)

1 なるべし, 妻や, 暮れて, 静もっ

▼ 暗く寒く~ (4, 0.1%)

1 あざらしの, ありすぎた, どうかする, 海豹の

▼ 暗く~ (4, 0.1%)

1 が蔽, には星, も暗い, を掩

▼ 暗く~ (4, 0.1%)

1 が深かっ, は涯, は深い, は重く

▼ 暗く~ (3, 0.1%)

2 ぎろなし降る 1 どんだ

▼ 暗くかげり~ (3, 0.1%)

1 てまた, ながら身, 硝子越しに

▼ 暗くさま~ (3, 0.1%)

2 よふよ 1 よふ

▼ 暗くしました~ (3, 0.1%)

1 がその間, が午前四時頃, っけ熟

▼ 暗くしめっぽい~ (3, 0.1%)

1 その室, 一つの, 店だの

▼ 暗くつて~ (3, 0.1%)

1 は, も早立ち, 分らなかつた

▼ 暗くなかったら~ (3, 0.1%)

1 あんなにも, いくら僕, お前さんが

▼ 暗くなく~ (3, 0.1%)

1 あからさまならず, 惨めでない, 花に

▼ 暗くなつたら~ (3, 0.1%)

1 あの家, やつて, 此處へ

▼ 暗くなるほど~ (3, 0.1%)

2 恥しかつ 1 道の

▼ 暗くばかり~ (3, 0.1%)

2 なって 1 した

▼ 暗くひっそり~ (3, 0.1%)

1 して, とし, とした

▼ 暗くぼんやり~ (3, 0.1%)

1 としていました, と座敷, 荒寥と

▼ 暗くわびしく~ (3, 0.1%)

1 見えたの, 見ちや, 過ぎて

▼ 暗く~ (3, 0.1%)

2 を輝 1 の生活

▼ 暗く悲しく~ (3, 0.1%)

1 ガッカリと, 思いふけり, 見れば

▼ 暗く憂鬱~ (3, 0.1%)

1 だった, な部屋, になった

▼ 暗く成つて~ (3, 0.1%)

1 もや, 停まつたが, 来ましたなあ

▼ 暗く成り~ (3, 0.1%)

2 て風 1 愈々深く

▼ 暗く~ (3, 0.1%)

1 が閉つて, や柱, を閉し

▼ 暗く明るく~ (3, 0.1%)

1 さかまいて, するため, 泥濘の

▼ 暗く煤けた~ (3, 0.1%)

2 土壁の 1 色を

▼ 暗く照らし~ (3, 0.1%)

1 ていた, ている, て正二

▼ 暗く~ (3, 0.1%)

1 の目不知, の陰翳, わびしい午後

▼ 暗く狭い~ (3, 0.1%)

2 町を 1 景色を

▼ 暗く茂っ~ (3, 0.1%)

1 てい, ています, てそれ

▼ 暗く茂った~ (3, 0.1%)

1 のが, 下かげに, 山で

▼ 暗く見え~ (3, 0.1%)

1 ていた, て掛軸, て来る

▼ 暗く見えた~ (3, 0.1%)

1 がその, のです, のは

▼ 暗く遠く~ (3, 0.1%)

2 の麓 1 の峰

▼ 暗く陰鬱~ (3, 0.1%)

1 である, では, にしかも

▼ 暗く~ (3, 0.1%)

1 の強く, は降り続い, 降る夜

▼ 暗くあかるく~ (2, 0.1%)

2 月を

▼ 暗くある~ (2, 0.1%)

1 ことよ, ところは

▼ 暗くおどん~ (2, 0.1%)

1 でいた, でいる

▼ 暗くおまけ~ (2, 0.1%)

1 にぬかるみ, に車夫

▼ 暗くさせた~ (2, 0.1%)

1 ことも, ので

▼ 暗くしん~ (2, 0.1%)

2 とし

▼ 暗くじめじめ~ (2, 0.1%)

1 して, と繁つて

▼ 暗くせず~ (2, 0.1%)

1 にはおかなかつた, には居れなかった

▼ 暗くたちまち~ (2, 0.1%)

1 ぱッと, 明るく青い山

▼ 暗くどんより~ (2, 0.1%)

1 とした, と曇っ

▼ 暗くなす~ (2, 0.1%)

2 つたと

▼ 暗くならなけれ~ (2, 0.1%)

1 ば可, ば帰っ

▼ 暗くならん~ (2, 0.1%)

1 中に, 内早く

▼ 暗くなりかかっ~ (2, 0.1%)

2 ていた

▼ 暗くなりたる~ (2, 0.1%)

2 きさらぎの

▼ 暗くなりだし~ (2, 0.1%)

1 て, ので安全

▼ 暗くなりはじめた~ (2, 0.1%)

1 ころもう, 上野公園の

▼ 暗くなりまし~ (2, 0.1%)

1 て, ても縁側

▼ 暗くなり出す~ (2, 0.1%)

2 につれてお前

▼ 暗くなり始め~ (2, 0.1%)

1 ていた, てゐる

▼ 暗くなり始めた~ (2, 0.1%)

1 あたりの, 町を

▼ 暗くひんやり~ (2, 0.1%)

1 して, とした

▼ 暗くものすごく~ (2, 0.1%)

1 なり高い, 夜気の

▼ 暗くギラギラ~ (2, 0.1%)

2 して

▼ 暗く一彩毛~ (2, 0.1%)

2

▼ 暗く三ばんめ~ (2, 0.1%)

2 の部屋

▼ 暗く二ばんめ~ (2, 0.1%)

2 の部屋

▼ 暗く~ (2, 0.1%)

1 かの建物, も見えなかった

▼ 暗く光っ~ (2, 0.1%)

1 ている, て熱電子

▼ 暗く其の~ (2, 0.1%)

1 花も, 顔寂し

▼ 暗く同じ~ (2, 0.1%)

2 ように

▼ 暗く~ (2, 0.1%)

1 は常, を蔽うた

▼ 暗く~ (2, 0.1%)

2 の中

▼ 暗く寂しく物恐ろしく~ (2, 0.1%)

1 さえ眺められた, 覚明の

▼ 暗く寒々~ (2, 0.1%)

1 としてゐた, として來

▼ 暗く寒い~ (2, 0.1%)

1 四疊半に, 地理を

▼ 暗く~ (2, 0.1%)

1 せませう, てゐる

▼ 暗く~ (2, 0.1%)

1 が薄, はまるで

▼ 暗く床柱~ (2, 0.1%)

2 の黒う

▼ 暗く強い~ (2, 0.1%)

1 藍黒灰色だけの, 鼓動を

▼ 暗く~ (2, 0.1%)

1 が沈ん, に映ります

▼ 暗く恐れ~ (2, 0.1%)

2 ていよいよ

▼ 暗く恐ろしい~ (2, 0.1%)

1 形相の, 道を

▼ 暗く悲しい~ (2, 0.1%)

1 氣分である, 焼けない都市

▼ 暗く悲劇的~ (2, 0.1%)

1 なもの, に喜劇的

▼ 暗く感ぜられる~ (2, 0.1%)

1 人と, 人との

▼ 暗く成る~ (2, 0.1%)

1 のであった, よお

▼ 暗く手燭~ (2, 0.1%)

1 の明り, を持った

▼ 暗く揺れ~ (2, 0.1%)

1 またどこ, 火元の

▼ 暗く~ (2, 0.1%)

1 のない, の光り

▼ 暗く映る~ (2, 0.1%)

1 灯の, 間は

▼ 暗く~ (2, 0.1%)

1 から短檠, もふく

▼ 暗く暮れ~ (2, 0.1%)

2 て行く

▼ 暗く~ (2, 0.1%)

2 に死に

▼ 暗く殆ど~ (2, 0.1%)

2 夢現を

▼ 暗く沈鬱~ (2, 0.1%)

1 な顔, にした

▼ 暗く~ (2, 0.1%)

1 がゆ, の音

▼ 暗く~ (2, 0.1%)

1 は黒く, 打ち空

▼ 暗く~ (2, 0.1%)

1 は怪しく, を蔽

▼ 暗く淋し~ (2, 0.1%)

2 かつた

▼ 暗く淋しい~ (2, 0.1%)

1 家と, 曲り角

▼ 暗く淋しかっ~ (2, 0.1%)

1 た, たの

▼ 暗く淋しき~ (2, 0.1%)

1 夜よりも, 日を

▼ 暗く淋しく~ (2, 0.1%)

1 なつて行, 沈むの

▼ 暗く深い~ (2, 0.1%)

1 疑惑は, 靜けさに

▼ 暗く深く~ (2, 0.1%)

1 見える, 霧多く

▼ 暗く濁った~ (2, 0.1%)

1 そらの, 燭の

▼ 暗く濃く~ (2, 0.1%)

1 沖の, 黒ずみわたって

▼ 暗く~ (2, 0.1%)

2 を早

▼ 暗く灯っ~ (2, 0.1%)

1 ていた, ている

▼ 暗く灰色~ (2, 0.1%)

1 にかすんだ, を帯び

▼ 暗く点っ~ (2, 0.1%)

1 てい, ている

▼ 暗く照り返し~ (2, 0.1%)

1 ていた, てゐた

▼ 暗く物寂しく~ (2, 0.1%)

1 どんよりと, 風ばかりが

▼ 暗く狭苦しい~ (2, 0.1%)

2 ので猿

▼ 暗く~ (2, 0.1%)

1 暖い, 民の

▼ 暗く~ (2, 0.1%)

1 はとらわれ, も暗い

▼ 暗く翳る~ (2, 0.1%)

2 のです

▼ 暗く聳えた~ (2, 0.1%)

2 杉の

▼ 暗く~ (2, 0.1%)

1 の塞がる, をむしゃくしゃ

▼ 暗く腐らした~ (2, 0.1%)

2 あと池の

▼ 暗く~ (2, 0.1%)

1 明かなり, 無き草ども

▼ 暗く茂つた急~ (2, 0.1%)

2 な坂

▼ 暗く~ (2, 0.1%)

2 かげりし

▼ 暗く見えだす~ (2, 0.1%)

1 ときあの, と長い

▼ 暗く見え風~ (2, 0.1%)

2 もカサカサ

▼ 暗く見る~ (2, 0.1%)

1 のも, まに

▼ 暗く長い~ (2, 0.1%)

1 桜並木の間を, 私の

▼ 暗く閉じ~ (2, 0.1%)

1 がちであった, 籠められた

▼ 暗く閉ぢ~ (2, 0.1%)

1 たる降り出, られて

▼ 暗く開い~ (2, 0.1%)

1 ている, て居る

▼ 暗く~ (2, 0.1%)

1 と云っ, に包まれた

▼ 暗く~ (2, 0.1%)

1 に包まれた, の影

▼ 暗く霞ん~ (2, 0.1%)

1 で色, で街

▼1* [640件]

暗くあけた襖からの, 暗くあたかも切り抜いて, 暗くあまねくこのすすけた, 暗くあるいは明るくなり, 暗くあれば家々, 暗くいかつくなって, 暗くいたましい追憶を, 暗くいたましかった, 暗くいたましくては, 暗くいつものよう, 暗くいと密に, 暗くいよいよ嶮しく, 暗くすらかなしく, 暗くうさん臭い日蔭者の, 暗くうすら寒い感じの, 暗くうそ寒きはこの, 暗くうなだれて來, 暗くうねりの高い, 暗くおい茂った下, 暗くおさえつけていた, 暗くおそろしい嵐が, 暗くおぼろではある, 暗くかげったのでした, 暗くかつ一層汚く, 暗くかなしい半生を, 暗くかなり強く風, 暗くかは誰の, 暗くがらんとし, 暗くきつく引っ張るその, 暗くぎごちなくて, 暗くくすみあたりの, 暗くくぼませて寒々, 暗くくぼんだような, 暗くけはしいみち, 暗くこの街は, 暗くこんもりと茂った, 暗くへした, 暗くさえなれば, 暗くさかしまに映り, 暗くささやく風の音である, 暗くさし過ぎて新生, 暗くさせずにはおかなかった, 暗くさせ得る人は, 暗くさびしくなって, 暗くされた青一色, 暗くされますよ, 暗くされるかも知れない, 暗くされ続けにさせられ, 暗くしか届かない部屋, 暗くしかめていた, 暗くしかめた眉と, 暗くしかもどこか, 暗くしずんで人々, 暗くしたいと思った, 暗くしっとりと日, 暗くしつとりと, 暗くしてるがよう, 暗くしとくよ, 暗くしない日は, 暗くしなくては脂, 暗くしなびきってみじめ, 暗くしめっぽく空気が, 暗くし寂びしく不安に, 暗くし見え過ぎるものを, 暗くめしめした, 暗く竹の, 暗くすぐ近くの, 暗くすさまじいものの, 暗くすさまじく見えた, 暗くするすると夜, 暗くすればする, 暗くえなれ, 暗くせつなかつたといふ, 暗くせつなくとりつめて, 暗くせまったのを, 暗くせられまた便利, 暗くせられたことも, 暗くそうでない所, 暗くそうして寂しいこと, 暗くそこにきこ, 暗くそしてまた非常に, 暗くそそり立つこの山, 暗くそびえその上, 暗くそよぐ風も, 暗くたそがれて行く, 暗くただ風と波, 暗くだが気味悪いほど, 暗くついてい, 暗くつたつて言葉次第, 暗くつてそこに寢, 暗くつて机の上, 暗くつて通りから見, 暗くつめたいのでした, 暗くてしかとは見分け難き, 暗くてね死人の, 暗くという盗難よけの, 暗くとざされてゐる, 暗くとも青白い打越金, 暗くともってただ, 暗くとろとろと, 暗くとろんと飴の, 暗くなかったがな, 暗くなかつたらあんなにも, 暗くなく歪んでいず, 暗くなしていた, 暗くなった破れた引手に, 暗くなっちまったから明朝, 暗くなっちゃったなあ電燈, 暗くなつちや手の付けやう, 暗くなつちや貰ひもあるめ, 暗くなつちや鎌や鍬, 暗くならば影, 暗くなりかかつた空の, 暗くなりかけた見上げる様な, 暗くなりきらぬうちと, 暗くなりしかば文章博士仲章, 暗くなりそめた中に, 暗くなりたれば河原, 暗くなりはじめるのです, 暗くなりゆく水蒼く, 暗くなり冷えて行, 暗くなり出していた, 暗くなり出しおりおり炉の, 暗くなり出したのに気, 暗くなり切らないうちに, 暗くなり掛けた影法師も, 暗くなり酔えば眼, 暗くなるじぶんに, 暗くなるだろうね, 暗くなるらしいのでした, 暗くなる光りの前, 暗くなんのにお前さま一人, 暗くなんだかわたしに, 暗くほへり, 暗くねじくれて難解, 暗くのう世間を, 暗くのぞいている, 暗くさと, 暗くひどい風に, 暗くひねくれて無口, 暗くひやりと寒かった, 暗くの白く, 暗くぼうっとして, 暗くぼかされている, 暗くまた明く人, 暗くまだ漸く石町の, 暗くにくい意志, 暗くみじめにする, 暗くみすぼらしいのに目, 暗くむごたらしい封建的な, 暗くむしろ恐るべきほどの, 暗くものの形, 暗くものすごうございました, 暗くものすごかったの, 暗くやりきれないほど, 暗くやるせなく流れて, 暗くやわらかくおおわれて, 暗くゆるやかにつらなっ, 暗くよどんでいる, 暗くより深くなる, 暗くシインとなっ, 暗くシンとし, 暗くチラチラ窓の, 暗くて書けねえ, 暗くハッキリ見別けの, 暗く一定のところ, 暗く一層味気なく, 暗く一日中車馬が往来, 暗く一生懸命にせっせ, 暗く一部分は月, 暗く三層も階, 暗くを見れ, 暗く下がるしたに, 暗く不安な威圧, 暗く不幸にせず, 暗く不機嫌におなり, 暗く不透明でしかして, 暗く世帯じみた世界, 暗くに浮き出, 暗く並んでいた, 暗く中天に輝, 暗く二三日前に腹, 暗く亢奮して, 暗く交睫みつつ, 暗く人々の苦, 暗く人影は無く, 暗く人心離反し衆人俺, 暗く少しく深, 暗く伏せて口, 暗くたりや孤徽殿, 暗く低いように, 暗く低く掩いかかっ, 暗く低く狭くもあった, 暗く住む伏家の, 暗く何と見定める事, 暗く何とも知れない力, 暗く何処を見, 暗くもいまだ, 暗く作用しつつ, 暗く使役された暗い, 暗くの昔, 暗く侘しい裏通と, 暗く侘しく汚くてもこの, 暗く侘びしいということ, 暗く向いた, 暗くに映り, 暗くなき地獄, 暗く入り口のすぐ, 暗く入口の周圍, 暗く入海暗し海, 暗く全く日が, 暗く其酒場まで登つて, 暗く内部も外部, 暗く円材にあたる風, 暗く写っています, 暗く冷たい厚い牢獄の, 暗く冷たくつづいて, 暗く冷やかだった, 暗くじい回想から, 暗く凍てついた空に, 暗く切なく見えるの, 暗くった一条, 暗く功利の争塵, 暗くうるに, 暗く動いていました, 暗く動くさまが, 暗く包み終わるかとも疑われた, 暗く包んでいる, 暗く化けて豆府買, 暗くの空, 暗く十六燭は五燭, 暗く卓上の銀燭, 暗く厚い壁に, 暗く厚く茂って, 暗くな顔, 暗く反抗的に声, 暗く反映して, 暗く廻わした, 暗くを開けた, 暗く古墳累々として其間, 暗く吐胸を支いた, 暗く向うの方, 暗く向きの船影, 暗く向こうの方, 暗く含むような, 暗く呟いていた, 暗く哈爾賓のキタヤスカヤ, 暗く低い樹, 暗くかに淋しく, 暗く四辺は静か, 暗く因果の関係, 暗く固まった物の, 暗くを患うる, 暗くも稚, 暗くくさく善良, 暗く土橋の上, 暗く圧し迫るよう, 暗く圧しつぶされていた, 暗く圧するやうに, 暗くは白く, 暗く地上を這う, 暗くに懸っ, 暗くつた, 暗く変化した今, 暗くでも鳥肌, 暗く夕暮れが来, 暗く夜泣癖のある, 暗く夢中をさ迷い歩く, 暗く大きく見えた, 暗く大きなダブルベッドも, 暗く天地晦冥になっ, 暗く天満宮の屋, 暗く奥深い呉服屋や, 暗く如何にも悪い天気, 暗く宗教を知らない, 暗く実母は妙, 暗くを輝, 暗くを作っ, 暗く宿命的で彼女, 暗く寂しかった, 暗く寂しげに, 暗く寂寞のうち, 暗く寂然とし, 暗く寄り集っている, 暗く寒かった, 暗く寝台に添う, 暗くしく愚痴, 暗く寺の前を通る, 暗く封じられている, 暗く射し込んで来る, 暗く窓一つしか, 暗く小さき月に, 暗く小さく拝まれた, 暗く小楊枝を削っ, 暗くを引い, 暗く屈みて, 暗く展望が全く, 暗く山中の軍営, 暗く山全体は眼, 暗く山手の教会堂, 暗くを回れ, 暗く黒く僕, 暗くは烈しく, 暗くにおちた, 暗くを一つ, 暗く幽囚された, 暗く幽邃な位置, 暗く幽霊のよう, 暗く広い座敷が, 暗く床まき香水を思わせる, 暗くがいつ, 暗く廊下を隔てた, 暗く彩ってそれ, 暗く彩どった関係は, 暗くの深い, 暗く彼女の思慮, 暗く往来絶え石, 暗く微笑んだが, 暗く必要以上固く必要以上, 暗く忍んでいる, 暗くろしくなった, 暗く怖しくともいま, 暗く思うて学ばざれ, 暗く思えたわけが, 暗く思はれるのだらう, 暗く思われた兄の, 暗く怪奇な印象, 暗くらしき態度, 暗く悪魔が住む, 暗く悲しく苦しげな, 暗く惨めであらう, 暗く感じられたのだろう, 暗く感じられゆるんだ店内の, 暗く成って前方活動俳優, 暗く成つたのは夜, 暗く成つて溝端へ出る, 暗く成つて炉の中, 暗く成らずには居られなかった, 暗く成りましたからそれ, 暗く成りますからふい, 暗く戸外は海霧, 暗くをつなぎ合っ, 暗く押えた調子を, 暗く押し黙って並ん, 暗く押寄せて来た, 暗くい冠, 暗く描かれた女の, 暗く損ない出してから今, 暗く救いのない, 暗く新しく着せられるカーキ色, 暗く方針の定まらない, 暗くの点いた, 暗く明るい燃えの, 暗く昼夜の差, 暗くあって, 暗く時刻も分らなかった, 暗く時雨んだよう, 暗く晦渋にした, 暗く晴れてから見る, 暗くの色, 暗く暖かい室の, 暗く暗い街なみを, 暗く暗きが中, 暗く暮して何, 暗く暮らして行かなけれ, 暗く暴風至り戸を吹き開け, 暗く曇った空を, 暗くくるま, 暗く更けた曠野の, 暗く最も冷たい放浪時代, 暗くの光, 暗くの宿場, 暗く木立も黒く, 暗くを垂らした, 暗くの峰, 暗く東雲かと見れ, 暗くしげき間, 暗く枝葉を差し交し, 暗く染めていった, 暗く柔かみを, 暗くは煤け, 暗くが靡いた, 暗く柳斎はつねに, 暗くを蔽, 暗くの中, 暗く森々と聳え, 暗く椎の木が苦し, 暗く椰子殻の灯, 暗くよりももっと, 暗く樹木の多い, 暗く正面の堂, 暗く武士の顔, 暗く歩み生涯この, 暗く歩んでいる, 暗く歪んでいる, 暗く死に死に死に死んで死, 暗く死闘のお, 暗く殊に細雨が, 暗く気味わるく変化, 暗く黒くし, 暗く水臭い流し元で, 暗く水色も同じ, 暗くなかつた, 暗くの水, 暗く沈み野茨乱れ, 暗く沈みかけている, 暗く沈み出して当分, 暗く沈むところを, 暗く波間にゆれ, 暗く洋燈の光, 暗く活気に乏しい, 暗く流れていた, 暗く浅酌低吟などという味, 暗く浮き上がって来た, 暗く浮き立たせながら光, 暗く浮び上っている, 暗く浴び乍ら蒲團の, 暗く消えて引き締つた, 暗く消えこんでいる, 暗く消え散る意識の, 暗くもなく深い, 暗く涼しさは, 暗く涼しい座敷の, 暗く深かった, 暗く深く深く岩に, 暗く清逸の眼, 暗く渋く重く理づめに, 暗く湛えて泥地, 暗く湿っていた, 暗く湿っぽかった, 暗く湿つぽい三和土, 暗く満目唯陰霾, 暗くのくぼみ, 暗く漂っている, 暗く漸く案内者の, 暗く濁つたその絶望, 暗く濃い春宵の, 暗く濡らしてしまいます, 暗く火照つた空へ, 暗く灯れ鉦は, 暗く無慈悲であった, 暗く無頼の悲しき, 暗くっぽく見え, 暗くして, 暗く照つて居た, 暗く照らされていた, 暗く照り渡つてゐる, 暗く燃えたつころ, 暗く燃え乾いた眼を, 暗く燻っている, 暗くがわ, 暗く片側はわが, 暗く牧草の生え, 暗く物すごかった, 暗く物凄く人の, 暗く物悲しく見えた, 暗く狂風は怒, 暗くばまっ, 暗く狭き楽屋の, 暗く狭くなつた, 暗く疲れ切つた感じでした, 暗く痛ましいものである, 暗く白い星が, 暗く相成候ままはやはや, 暗く眉毛をしかめ, 暗く真直ぐに割込ん, 暗く真黒な土, 暗く眠りに入っ, 暗く眺めていた, 暗くの冷た, 暗く石山城本願寺も勢力, 暗く石油を流した, 暗く神経質な邪推, 暗くいで, 暗くは紅葉, 暗く穹窿をなした, 暗く空家のやう, 暗く突き出た所は, 暗く突当りに中門, 暗く窪んでいる, 暗く立っていた, 暗く筑波から出た, 暗く箱下げの十時過ぎ, 暗く粗暴な蒙昧, 暗く紅日に照っ, 暗くは赤, 暗くにたそがれ, 暗く紫色へ移つ, 暗く細くけわしく石多く, 暗く細長い土間を通して, 暗く細長く見えるばかり, 暗く続いている, 暗く綺麗に映つた, 暗くをなし, 暗くする, 暗く緩く爪先下りに, 暗く繁って其中, 暗く繁った森林左手に, 暗く繁つたのが其頂, 暗く繁りあひたる木立の, 暗く繁る瘤寺の, 暗く繁れる無花果の, 暗くいて, 暗く美しく戦いて, 暗く習習たる冷風谷, 暗く翳りその色, 暗く考えていた, 暗く考え過ぎますねえ, 暗く考証等に笑うべき蒙, 暗くを呑み, 暗く聳えて瑠璃, 暗く肥桶をかつい, 暗く腐蝕した落葉, 暗くより上, 暗く自分の思う, 暗く自分のからだ, 暗くの動揺, 暗くづけられて, 暗くな趣, 暗く苦しい日常を, 暗く苦しかった, 暗く茂つてゐる森, 暗く茂れる橄欖の, 暗く草木のいろ, 暗く萬物を廻らす, 暗く葛木の名刺, 暗く葦原の中, 暗く葦原中つ国悉, 暗く葦原中国ことごとに闇, 暗くって行っ, 暗くや黄金, 暗くの少き, 暗く血なまぐさい事件が, 暗く行灯点りて, 暗く行詰ったあたり打, 暗くは鎮まり, 暗く街道を通る, 暗くうた目の, 暗く被い靄霧でも, 暗く複雑な光, 暗くつてし, 暗く覆はれて, 暗くゆ, 暗く見えないしまして, 暗く見えなくなってくる, 暗く見えましたから楢夫, 暗く見せるような, 暗く見ゆるものに, 暗く見捨てられてゐる, 暗く親しい友を, 暗くから谷, 暗く貧寒だという, 暗く貧血して, 暗く赤く点って, 暗く走せ違って居る, 暗くは重かっ, 暗く跋扈して, 暗く踏みつけた町中の, 暗く蹲るも少く凄き, 暗くぶるひしたの, 暗く車内もくらく, 暗く軍勢を戰馬, 暗く輝いて来た, 暗く輝かしいものを, 暗く送ったお久美さん, 暗く速く展開される, 暗く遅いのにそして, 暗く運転手が開いた, 暗く過るのは, 暗くは湿地, 暗くやま, 暗く遠近の水音冱, 暗くての物薄墨色, 暗く重く心細いものに, 暗く重たく目を, 暗く重苦しげな, 暗く野蛮な現象, 暗く鋭い情勢を, 暗く錯綜に揉まれたかった, 暗く長閑なもの, 暗くっている, 暗く閉されている, 暗く閉ざされている, 暗く閉じた二つの, 暗く閉じられている, 暗く閉塞つて了つたのである, 暗く降り蕭かに, 暗く降りこめられるのも, 暗く降りしきっている, 暗く降りつよむ雪の, 暗く降り暮らした日終日物思いを, 暗く降り続く夜は, 暗く降る空を, 暗く陥ち込んでゐる, 暗く陰った眼を, 暗く陰つた座敷の奥, 暗く陰影にみちた, 暗く陰惨蒙昧まことに救われない, 暗く陰欝だった, 暗く陰氣になつ, 暗く陰湿な黄昏, 暗く陰険である, 暗く険悪で怒濤逆, 暗く随所短檠の灯, 暗く隙間もる風, 暗く際限のない, 暗く障子の塵, 暗く隠されている, 暗く隠すかと思う, 暗く隧道になった, 暗く雑草の蔓, 暗く雨模樣でさ, 暗く雨雲が垂れ下っ, 暗く電燈に照らされ, 暗くや落つる, 暗く露路の涼台, 暗くずんで見えて, 暗く青ざめた夜の, 暗く静まり塗りつぶしたような, 暗くけき, 暗く革命主義でおそらく, 暗くのよう, 暗くなく血, 暗く響いて来た, 暗く頬骨のこけた, 暗くの上, 暗くだけ赤く, 暗くえて, 暗く香烟窓を迷, 暗く騒々しいのに引替, 暗く高かった, 暗くっした思い, 暗く鬱蒼として茂り, 暗く鬱陶しくそして結ぼれ, 暗く昏れた, 暗く黒ずんで陰気, 暗く黒ずんだ顔を, 暗く黙々としてしかも, 暗くずんで白, 暗く鼠色に圧し寄せる