青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「暗~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

智~ ~智慧 智慧~ 暁~ ~暇 暇~ 暑~ 暑い~ 暖~ ~暗
暗~
~暗い 暗い~ ~暗く 暗く~ 暗に~ ~暗示 暗示~ 暗闇~ 暗黒~ 暦~

「暗~」 2803, 30ppm, 3863位

▼ 暗~ (631, 22.5%)

28 は暗し 24 の中 9 であつ 8 がない, である, を増し 7 だった, です 6 であった 5 が増し 4 がある, に慣れ, のため, のなか

3 [12件] があった, が深く, だ, だけで, とそこ, になれ, に絶望, に馴れる, を加え, を増す, を持った, 明るさ

2 [29件] があり, が人々, が増した, が心, が薄らい, と冷た, と涼し, なの, になっ, にふい, に乗じ, に慣れた, に慣れる, に眼, はいよいよ, はかなさ, はどう, はない, はなん, は五月闇, は勝手, は土窟, もこの, をます, を思へ, を感じ, を感じた, を湛え, 悲しさ

1 [411件] おしよせる波, かな, からは脱, からは遠い, から抜け出で, から脱, から青蟇, が, があたり, がいささか, がいっそう, がいつ, がうそ, がかえって, がこの, がせまつ, がせめて, がそれ, がつい, がのこっ, がひとしお, がました, がむき出し, がわからぬ, がわかる, がジットリ影, がランビァン, が一層, が世界大, が乗, が人, が今日, が倒, が凍み, が凝りつい, が去つた, が周囲, が四方, が圧迫的, が増す, が大, が少い, が度, が廂, が弛ん, が急, が来, が横ぎつた, が歴々漂, が残った, が水, が流れ, が漂っ, が濃く深く, が特色的, が独特, が現われ, が眼, が街, が襖, が見えなかった, が足りない, が身, が重苦し, が離れなかつた, が頭, が黙り返, きはまらば, そのやみ, だから, だけにも堪えられた, だったが, だった今日, だの跫音, だ星, つまり明暗, であったか, であったの, であります, でありまた, であるから, であるが, であること, であるのに, でいざ, でした, でしょう, でそこ, でただ, ではなく, ではやっぱり, では解るまい, で初め, で判らぬ, で天王寺公園, で昼間, で暫く, で画面, で私, で見えない, で走っ, と, といい, ということ, という感じ, という暗, といったらありませんでした, といふもの, とからその, とが一緒, とが戰つて, とが残った, としか伸子, として指摘, とたたかいつづけ, とともに眠る, とともに自身, となり, とに乘, とに対し不撓, とに就い, とのハッキリ, との間, とはちがっ, とは云え, とは何となく, とは比較, とは決して, とは違っ, とをおそれる, とを刻み込ん, と下草, と人間, と光, と共に明治時代, と切な, と区別, と吹きすぎる, と変り, と孤独, と寂寥さ, と嵐, と恐怖, と濃, と煙, と空虚さ, と絶望, と美, と蒼白, と適宜, と野蛮さ, と静かさ, と頽廃, などという妙, などよりもずっと, なのに, なん, に, にいよいよ, にうつし, にうんざり, におおわれ, におもねる, にけぢめ, にそなえ, にたえがたく, にたじろいだ, についうっかり, についてはもう到底, について書いた, について随筆, になりだし, になりました, には堪へられない, には苦し, には関係, にぼかされ, にまぎれ, にまだ, にもすでに, にもだんだん, にも千鳥, にも徹しえない, にも笑, に一抹, に与えられ, に乘, に代わっ, に任し, に似ず, に光る, に労, に包まれ, に包まれた, に取り巻かれ, に堪へきれぬ思ひ, に塗りたくる, に変わり, に大槻, に安心, に対しても敏感, に就, に屈しない, に提灯, に浮い, に浮かん, に消え, に満ちた, に目, に矢代, に私, に私達, に置かれ, に腹, に自然, に色, に苦痛, に襟元, に見えざりし, に見えた, に迄私, に近い, に適応, に鎖された, に面, に馴れ, に馴れない, に黒髪, ね明け, のあらゆる, のかげ, のせい, のため爪先, のない, のまして, のよう, の一とき, の上, の克服, の割, の増し, の太古的, の差別, の広い, の影, の必要, の方, の根本条件, の極限, の深, の真中, の裡, は, はあまり, はある, はおなじ, はこの, はしたしい暗, はせつない, はその, はつきぬけ, はどういう, はなく, ははじめ, はひところ, はひどく, はもとより, はソヴェト生活, は一倍, は一尺先, は一層, は之, は何時, は全く, は即ち, は呪うべき, は夕顔, は小座敷, は後, は徳川時代, は指, は昔, は暗い, は東京, は濃い, は無慙, は現在眼, は真夏, は眼, は精神上, は翌日, は考へ, は船尾端艇, は見られなかった, は誰, は身, は間違い, は雪国, ばかりがつきまとう, への没入, へ消え, また果てない, もあった, もかぶさっ, もだんだん, もない, ももう, もド, も十分, も大凡想像, も少し, も暗い, も暗し, も混雜, も自ら, も苦, も見えない, も覚えぬ, や, やらわけ, や侘し, や哀し, や失意, や疲れ, や秋, や背, や貧し, や頽廃, よりもいっそう, より救, をおびた, をかこっ, をくわえ, をこんど, をごまかそう, をそのまま, をまして, をクッキリ, を一瞬, を一種芸術的, を二重, を云い合っ, を伴っ, を作っ, を保つ, を偲ばせた, を利用, を単純, を厭, を否定, を呪, を四十時間, を土壌, を増した, を大きな, を太陽, を帯び, を幸い, を幾層, を引いた, を引立て, を思いくらべ, を思い出し, を思う, を想, を想う, を想わせる, を感じる, を感ぜず, を憎ん, を抱い, を持たず, を摘出, を救い, を救っ, を早く, を明る, を曝露, を模索, を機, を気, を漂, を漂わせ, を照, を生む, を真赤, を知らない, を知る, を示さう, を素直さ, を経, を背景, を落さう, を蔽う, を虐げられた, を裂いた, を見, を見た, を見入り, を覚える, を語る, を貫いた, を跡方, を辿っ, を追い出した, を追った, を通り過ぎた, を醸し出し, を露出, 深さ, 重さ

▼ 暗~ (431, 15.4%)

86 中に 34 中で, 中を 16 中から 15 中へ 14 なかに 8 中の 5 うちに, なかを, 中にも 4 あるばかり, 夜に, 夜を, 底に, 空に, 空を 3 ある以上, 中だって, 中では, 夜の, 底へ

2 [13件] なかで, なかの, なかへ, 世界を, 中です, 力, 地たるに, 廊下を, 感を, 者を, 谷へ, 隧道の, 雨の

1 [144件] あたりを, うちから, うちにもか, おびえの, かなたより, くずれが, こくなる, ことだ, ことを, ころもに, さかいに, その上, ために, なかから, ひと間の, むち雲を, ような, 一方へ, 七時半ごろ所用あり, 世かな, 世の中に, 世界でだけ, 世界と, 世界に, 世界の, 中, 中さ, 中であった, 中でも, 中と, 中にかけ, 中にて, 中には, 中まで, 中突貫, 主は, 事なんか, 光を, 凝結だ, 叫びの, 向うの, 四時過ぎ秀吉は, 国に, 國に, 土の, 地を, 地域を, 壁の, 夕方そうっと, 夕月夜おぼつかなし, 夜で, 夜なら, 夜にも, 夜更に, 夜空に, 夜舟で, 夜路ぢや, 夜道を, 大地に, 大空に, 大空見上ぐれ, 天井へ, 太平洋に, 寂しい気分, 山路を, 川縁に, 帳を, 幕は, 底の, 底冥府の, 廣野はげしく, 強猛, 影は, 影低い, 彼方に, 恐怖の, 恥を, 意久地なし, 手ごたえを, 手ざはり, 手ざはりぼと, 手に, 方から, 方が, 時移りな, 晩で, 晩の, 晩を, 核心を, 根源から, 森, 森の, 気が, 気分を, 水を, 流れて, 浪打際ぼうと, 海に, 潮, 王国には, 町を, 町伝いを, 畳に, 目は, 直線の, 空から, 空へ, 空中に, 窖を, 立ちこめた町, 紀淡海峡に, 紅き薔薇, 繁き尾の上, 翼が, 耻を, 臨みしとき, 色, 色が, 色を, 落ちつく先, 落つると共に, 裡で, 谷間も, 財宝を, 赤き薔薇, 迫った美しい, 迫った部屋, 迫って, 迫る中, 逢魔が時だった, 逼って, 道を, 部屋へ, 郷を, 都市に, 里を, 間に, 闇の, 離屋の, 雰囲気を, 雲に, 露地へ, 頃から, 顔ほ

▼ 暗~ (224, 8.0%)

11 中で 5 中に 4 事を 3 事は, 所に, 畑の, 道を, 部屋の, 闇の

2 [12件] 上に, 中から, 夜の, 夜空に, 家の, 息の, 日ざし, 晩でございました, 洞穴の, 狹い, 部屋に, 顔を

1 [162件] うちに, うちを, おしつこ, ことにあ, ことを, ため店頭に, ときでなき, ところが提灯, ぬるぬるし, のだ, のにもう, ひだは, まるで物置, ものが, ものに, グランドの, サツポロビイル會牡の, デッキを, ブタ箱から, ロシア, 一天から, 一室に, 上埃だらけで, 下水道に, 世界に, 丘の, 中ぢ, 中と, 中世ヨーロッパに, 中庭から, 二重壁の, 二階で, 井戸端手と, 人生, 伽藍の, 光が, 六本木の, 冥府の, 別な, 前途に, 功名爭ひ, 唄を, 嘘を, 園の, 土橋へ, 土間へ, 地べたの, 地底へ, 場所では, 墓地で, 墓場の, 壁は, 外で, 夜で, 夜でした, 夜に, 夜を, 夜半の, 夜着の, 大画幅, 天井裏が, 奧在所へ, 好戰, 宵闇の, 家に, 密林であった, 小徑, 屋内へ, 山の, 山腹を, 岩壁が, 師走の, 底の, 廊下で, 影が, 径の, 心の, 心持で, 心持に, 恐怖と, 悪魔蒼鉛の, 感情的な, 或る, 教育を, 方に, 日ざしだらう, 時分であった, 時分である, 時分でした, 時期において, 時間が, 晩だつたら, 晩でした, 晩に, 晩には, 景色であります, 曠野を, 村へは, 森の, 森へ, 樹陰でも, 死は, 気分を, 水上を, 沖合にあたって, 洞窟の, 深い無数, 深淵の, 溪谷を, 熱っぽい情熱, 燒跡に, 牢内で, 牢格子の, 物置き, 物置の, 獨房の, 甲板へ, 町でした, 町の, 穴が, 穴の, 穴を, 空の, 空間に, 者が, 胴の間艫の, 胸には, 自然の, 色合を, 苦勞や, 茶の間の, 薄明り, 藏の, 處に, 虚空と, 蚊帳の, 螺旋階段を, 街の, 谷で, 足もとに, 路を, 路上に, 路地の, 路地ばかり, 迷ひ, 通りに, 運上や, 道や, 部室にも, 部屋から, 野ツ原の, 針地獄の, 間道の, 階子段を, 障子の, 雨の, 雰囲気に, 顔つきを, 顔付を, 風の, 馬は, 駕籠の

▼ 暗~ (129, 4.6%)

17 血薔薇 2 いっしょに, お金を, 幅を, 急いで, 血薔薇が, 血薔薇の, 鼻を

1 [98件] あせつたが, いうが, お礼を, お粥, がちゃがちゃさせ, さう軽蔑, さらわれ十数日, した空, ちがって, つめかけそこら, なった, なって, なり, なりました, なるもの, ぬかるみの, ぬかるみのせゐだつた, ガミ, 一つに, 乳の, 云ふ, 人に, 人の, 人を, 先へ, 光と, 光とが, 光の, 光ほどの, 列記し, 刺繍を, 匍いまわっ, 反対者を, 可愛いがっ, 可笑しが, 啼き立てられては, 困つた一個, 外を, 夜霧とで, 女は, 寒とに, 寒気が, 対峙し, 引っ張ったから, 強いられて, 強がって, 強くつて, 弾ませた, 心配性な, 恥かしがりの, 愉快さうにもじもじ, 感の, 搖れる, 散乱し, 新らし, 明との, 時計ばかり, 書いて, 朝寝を, 概念的に, 横搦み, 樹の, 歩きつ, 気まりが, 気位ばかり, 沈黙が, 沈黙の, 浸水が, 涙が, 湿気と, 激しい向日葵, 生えて, 申して, 砲撃を, 神経は, 神経を, 籠の, 罪と, 胸が, 腹が, 臆病な, 苦しむだけ, 茶を, 莨を, 読む, 読んで, 赤面し, 超越する, 軽いばかり, 酒を, 隠して, 雨との, 頭が, 食わしたので, 駆り立てる近頃, 騒ぐので, 騷ぎ立つ, 高める

▼ 暗かつ~ (119, 4.2%)

719 たが, たの 6 たので 4 たもの 2 たもん

1 [18件] たうねうね, たか, たかも, たから, たこと, たしこの, たし双方, たと, たという, たね, たばかり, たやう, たらう, たら妾, たりする, た夜久野, た朝, た矢間

▼ 暗~ (102, 3.6%)

5 すかして 4 縫うて 3 照らして 2 ベエトーフェンの, 劈いた, 北に, 抑へ, 明るい頭光, 煌々たる, 見つめて, 透して

1 [74件] いずく, かき乱した, かさねて, くさりながら, さいて, さぐる, さぐる者達, さまよう螢, しのばせた, すかし見た, すかし見て, たどると, つくつて, つらぬいて, てらせる, ななめに, のぞくと共に, はるかはるか, ふさいで, もりたる谷, わけて, ジッと, 乱して, 凝視しました, 切って, 動いて, 反射し, 吸ひ取, 夜ッぴて疾駆した, 大また, 孕んで, 布き替て, 思はせて, 恃み, 払つてゐる, 掠めて, 探りて, 探る眼, 掻探った, 斬りながら, 方角も, 沈々として, 流れたかと, 潜る事, 照し, 照すべき, 照らしたカンテラ, 照らしつ, 照らす電燈, 物凄く顫, 真っ直ぐに, 眼掛け, 破って, 等分に, 縦横に, 縫いながら, 縫つて橋の, 衝いて, 衝きつつ, 裂く声, 見るとも, 見入って, 見廻しました, 見送って, 見透かすよう, 見透す眼, 覗いて, 誘うごとくかすか, 走つた, 辿るわけ, 透かして, 逐ひ, 關口の, 離れて

▼ 暗~ (51, 1.8%)

6 あつた 3 何が 2 何も, 何んにも

1 [38件] あたりは, あツ, せう, せうね, とうに白く, どうなった, なんにも見えやしない, はやらない, もう何ん, よくは, 一杯だ, 仕舞い何, 何となく陰氣, 何にも, 其の中, 分らず車, 分りません, 夜分は, 家の, 小さな隙間, 応じます, 愛吉は, 手の, 早春の, 星ばっかりが, 暑かつ, 柳原土手は, 町も, 相手の, 硝子に, 線路に, 縁側に, 耳を, 自分自身も, 誰のだ, 雨が, 霜柱が, 髮を

▼ 暗緑色~ (49, 1.7%)

2 のくぼみ, の石狩川, の細かい, の草, の車体

1 [39件] でそう, で暗, で林, で角, とココア色, な木立, につつまれた, になっ, になつて, に掻き曇, に濁った, に眼路, に膨れあがり, のオオヴァ・コート, のスカート, のペルシャ絨毯, のレンズ, の勾玉, の壁紙, の宇治茶, の小, の峡, の幕, の影, の書斎, の木立, の木造二階建, の松, の椴松林帯, の水, の流れ, の深い, の燈, の眼, の葉, をし, を刷, を呈し, を捨て

▼ 暗~ (46, 1.6%)

2 と暗紅, に沈んだ, の森, の頭髪

1 [38件] そむる大海, で陸, なので, なる大波, なる水, な境内, な木下闇, な谷, に光った, に包まれた, に塗, に塗られ, に沈ん, のしめっぽい, のそれ, のちぢれた, の傘, の勝った, の園, の地, の壁, の実, の対比, の広葉, の底, の栂, の樹林, の海眺め慨然, の深い, の瞳, の色, の葉, の葉色, の鐵賞, の頭, の飛沫, の鳥喰崎, 光りの

▼ 暗褐色~ (40, 1.4%)

2 の斑点, の毛

1 [36件] だが, なる雙脚, に淡, に色, に赤, のうねうね, のどっしり, のぬらり, のびろう, の一直線, の下, の主調, の小さい, の岩壁, の捲, の数万, の枝条, の條紋, の樫, の波, の洪水, の瓢箪, の直流, の砂洲, の粗服, の紐, の網目形, の羽毛, の腰板, の長上衣, の防波堤, の陶器, の頬, の髪, を呈し, を帯びた

▼ 暗~ (37, 1.3%)

5 迫って 2 ひつそりと, わが身を, 漂って

1 [26件] あつた, この場面, この高い, せまって, そこらじゅうを, その低い, つて来た, つて来る, やがてそれ, 四角に, 塊まっ, 室の, 急に, 悒然と, 来た, 樹かげや, 次第に濃く, 残つた, 気味わるく, 水の, 白, 硝子を通して, 私の, 縹渺と, 襲うて, 豁けた時汽車は

▼ 暗灰色~ (31, 1.1%)

4 の空 2 の菱形

1 [25件] で円形, で密生, ともなんとも, にくま, に塗った, に変じ, に変色, に見えた, に鈍り澱ん, の上衣, の入道雲, の埃, の大, の密雲, の布, の幹, の曇り空, の筈, の花びら, の虚空, の雪空, の雲, をいちどに, をした, を蔵

▼ 暗~ (29, 1.0%)

6 たる気持

1 [23件] いひしらず汚れ, たるもの, たる修羅, たる光景, たる家, たる日夜, たる時代, たる気持ち, たる海上, たる裾野, たる闇, たる雲, たる黒雲, として灰, として物色, として碇泊, として薄暗き, として錨, として長, と竦まり, なるを, な海上, の地獄

▼ 暗らさ~ (26, 0.9%)

1 [26件] がある, がま, が一様, が概して, が深い, が瞳, では生ききれない, でふさがれた, にせつ, になっ, に向, に堪え, に堪えがたい, に打たれ, に負けない, はあまり, はとても, は数, ばかりがすべて, ほど憂鬱, もそして, を一途, を増し, を忍ん, を憎み, を訝しげ

▼ 暗~ (25, 0.9%)

2 は暫時

1 [23件] が彼, が暗く, が胸, が萌し, とは他, と悪戯, な涙, にふける, にみちた, のものう, の多い, の影, の数々, の曇天, の蟠り, の雲, はいつのまにか, はのたくり行く, も久しい, を増す, を感じる, を放し得ない, を醸し生じ

▼ 暗~ (25, 0.9%)

3 の入口 2 の中

1 [20件] がとつぜん, こそは魔都, そっくりだった, となり, になっ, に相当, の仕掛, の口, の右, の壁, の苔, は二十間, は地下十五尺, は行き止り, へ入られた, へ入り, をとおり水面下, を出た, を粛々と, を通り

▼ 暗~ (23, 0.8%)

8 つた 2 つたが

1 [13件] が愉快, が覗い, し半ば無意識, し女, つたのだ, つた台所は, といふ, と云, の, のという, のに, ア色情の, ッた

▼ 暗~ (23, 0.8%)

1 [23件] いっさいであっ, そこに, だんだん深く, ものじゃ, 一層色濃く, 兩眼お, 兩眼蔽ひ去る, 厚うし, 喘げる彼, 寄せ來, 小さな光り, 尚ほ, 彼女の, 忽ち彼, 救へり, 早や, 暗し大将軍頭中将, 次第に濃く, 濃く泪ぐましく罩め, 無限大であっ, 罪悪を, 蒼然と, 遠慮なく書類机

▼ 暗~ (23, 0.8%)

2 ですね, で事, は卑怯, まで仕掛けられた, をしかけた, を仕掛ける

1 [11件] いたし候抔, か, がありまする, するとは, だと, であつ, にする, に遭つて, のひと, の一, も今日

▼ 暗~ (22, 0.8%)

2 処に

1 [20件] うちから, うちに, から危, から要害, こととは, で我慢, な, なあ, なとあすこ, なら暗, や日, 中で, 中へ, 中を, 人間じゃ, 土百姓という, 心を, 所で, 梯子の, 筋の

▼ 暗~ (20, 0.7%)

2 葬られて

1 [18件] あてど, 処分し, 向って, 恰も独逸, 永遠に, 消えて, 消えようと, 消え入ると, 消え去りました, 苦しいひとり言, 葬ったこと, 葬って, 葬られるの, 跳ねて, 辛辣な, 鞭を, 飛び出す者, 駆け出しました

▼ 暗~ (17, 0.6%)

2 に白布

1 [15件] だ, なその, なること夜, なる夜, なる山脈等, なる浪, なる雲, な夜, な空, の地, の皮, の空, の色, を湛, を湛えたる

▼ 暗~ (15, 0.5%)

2 にし

1 [13件] と苦惱, なる新しい, な入江, な気もち, な氣分, な病棟, な空, な翳り, な肺病棟, に一層, の中, の陰影, はまだどうしても

▼ 暗矢鱈~ (13, 0.5%)

2 に昌作

1 [11件] とどう, にニツコリ愛嬌笑, に二号活字, に二號活字, に奇抜突飛, に愉快, に抓り, に此, に笑わせる, に藻, に降りかかつた

▼ 暗~ (13, 0.5%)

2 ではない

1 [11件] が定め, たる讀會省略説, であつ, でそれ, のない, の文字, は地下, を持つ, を見付けた, を見破, を覺

▼ 暗~ (12, 0.4%)

2 かつた 1 き, き母, き浮き世, けれど昔, ければ, さ, さこの, さよ本郷, だつたぐらゐだといふ, も目明き

▼ 暗~ (11, 0.4%)

1 [11件] で乾板, において醗酵, に慣らさね, に棲みなれ, に残さない, に点ぜず, に立ち, の中, の反射等, の女人像, の方

▼ 暗討ち~ (11, 0.4%)

2 でがす, にする 1 にでもしよう, に出会え, の次第, の迎え打ち, をうけた, をしかけなけれ, 一件を

▼ 暗なる~ (10, 0.4%)

2 灯火 1 こと夢の, よりも多き, 世界なる, 事は, 室内には, 月の, 湯の, 無明に

▼ 暗指し~ (10, 0.4%)

5 ている 2 ていた 1 つつ恋愛情緒, てまことに, てゐる

▼ 暗~ (10, 0.4%)

2 のうち, の敵意 1 な多, に前提, に思つて, の中, の内, の間

▼ 暗ながら~ (9, 0.3%)

2 眤と 1 キラ, ギラギラ光つて, 向うへ, 心の, 雲が, 颯と顏, 颯と顔

▼ 暗まぎれ~ (9, 0.3%)

2 歩行く 1 にぞすごしたる, にひ, に二人, に師冬, に広, に手, に掻

▼ 暗らく~ (9, 0.3%)

1 して, する頽嵐, そして汚, なった谷, なるの, はあった, また荒涼たる, 成るま, 濡れるばかり

▼ 暗赤色~ (9, 0.3%)

1 であるから, になつて, に見えた, のもの, の大きな, の棺, の絨氈, の薬汁, を呈し

▼ 暗~ (8, 0.3%)

1 たかく舞いあがった, にあたってヒューッ, の憂え, の望楼台, の笑い声, の飛礫, へ気, を見あげ

▼ 暗~ (8, 0.3%)

1 と云い, と虚言, な僧侶ども, な時, な疑念, な自然力, な色調, な青年

▼ 暗~ (8, 0.3%)

2 に物 1 たどりて, へ迷いこんだ, もたやすく, をたどらね, を外套スツポリ, を辿りつ

▼ 暗そう~ (7, 0.2%)

1 だ, であった, なこの, な事, な借家, な壁, に掩

▼ 暗です~ (7, 0.2%)

1 から大, が捕物陣, が用人石田清左衞門, こと, どこから, ね, よ

▼ 暗~ (6, 0.2%)

1 があるらしい, の如く, の如く湧き来ら, の極めて, の矢, をなす

▼ 暗青色~ (6, 0.2%)

2 の静止 1 で灌木ども, となり, の制服, の地

▼ 暗~ (6, 0.2%)

1 から見れ, をどこどこ, を持つ, を見せられた思ひ, を見たがる, を越え

▼ 暗すぎる~ (5, 0.2%)

1 からだ, からもう, と仰っし, ので, のよ

▼ 暗ぼったい~ (5, 0.2%)

1 ウールの, 感じが, 感じね, 旗本屋敷の, 柾屋が

▼ 暗~ (5, 0.2%)

2 あるでせう 1 あるでしょう, 照しませ, 秘密も

▼ 暗やたら~ (5, 0.2%)

1 だの, と精神, なの, に出した, に西洋犬

▼ 暗らがり~ (5, 0.2%)

2 の中 1 とどこ, にどこ, のところ

▼ 暗~ (5, 0.2%)

1 で見る, にうごめく, に没し, に蟄伏せ, に隠し

▼ 暗~ (5, 0.2%)

1 に光, に光っ, に聲, の中, を見上げた

▼ 暗~ (5, 0.2%)

2 の裡 1 のよう, の中, の光景

▼ 暗~ (5, 0.2%)

1 が下り, の着物, の腹掛, の黒きが中, を掠めた

▼ 暗視テレビジョン~ (5, 0.2%)

1 が直に, でのぞい, のちょうし, をうごかし, をかけた

▼ 暗視機~ (5, 0.2%)

1 で四方八方, といっ, のレンズ, の中, デ映写幕上ニ写シ出ス乗組員ニ注意

▼ 暗過ぎる~ (5, 0.2%)

2 影を 1 ためか, のです, ようだ

▼ 暗~ (4, 0.1%)

3 りき 1 ツた

▼ 暗すぎ~ (4, 0.1%)

1 てこまかい, てなんにも, てカメラ, て写生

▼ 暗たる~ (4, 0.1%)

1 ところが, 世界が, 地下道の, 海景画が

▼ 暗なので~ (4, 0.1%)

1 どつち, 女どもは, 姿は, 顏も

▼ 暗なれ~ (4, 0.1%)

2 ば血 1 や實, や暗

▼ 暗なん~ (4, 0.1%)

1 だよ, です, ですが, ですもの

▼ 暗らい~ (4, 0.1%)

1 であらう, 思ひに, 思ひを, 濁つた重い

▼ 暗打ち~ (4, 0.1%)

1 なんぞは食わせない, にかけよう, に遇った, を食つて

▼ 暗~ (4, 0.1%)

1 するぐらいに, するもの, するやう, を与

▼ 暗~ (4, 0.1%)

2 の鬼神 1 に彷徨, に日本左衛門

▼ 暗いい~ (3, 0.1%)

2 ろの 1 ろを

▼ 暗~ (3, 0.1%)

2 やない 1 やありません

▼ 暗でした~ (3, 0.1%)

1 が叔父さん, が縁, よ窓

▼ 暗でも~ (3, 0.1%)

1 光るよ, 貴女の, 長柄の

▼ 暗とが~ (3, 0.1%)

1 不可分平等である, 不可分平等に, 私の

▼ 暗とに~ (3, 0.1%)

1 あの船, 惱み, 紛れて

▼ 暗~ (3, 0.1%)

1 えとこ, の夢, 晴れと

▼ 暗~ (3, 0.1%)

1 なる, な雰囲気, を昭

▼ 暗~ (3, 0.1%)

1 の伏兵, の方位, の間

▼ 暗~ (3, 0.1%)

2 にする 1 にした

▼ 暗~ (3, 0.1%)

1 で向, にしろ, を喰う

▼ 暗~ (3, 0.1%)

1 にて早馬, はそれ, はもっと

▼ 暗~ (3, 0.1%)

1 に抱き, の如き, の研究

▼ 暗藍色~ (3, 0.1%)

1 せいぜいが, になっ, の東空

▼ 暗~ (3, 0.1%)

1 もある, をこ, を照

▼ 暗號電報~ (3, 0.1%)

2 をもつ 1 だつた

▼ 暗謨尼亜~ (3, 0.1%)

2 である 1 を造る

▼ 暗~ (3, 0.1%)

1 ありて, の觀, 疎影

▼ 暗黄色~ (3, 0.1%)

1 のそれでいて, の斑点, を帯び

▼ 暗えと~ (2, 0.1%)

1 ころに, ころへ

▼ 暗かりける~ (2, 0.1%)

1 が縁, 処にて

▼ 暗かりし~ (2, 0.1%)

1 を怪し, 震災以前の

▼ 暗けど~ (2, 0.1%)

1 一しんに, 吾妹子に

▼ 暗だから~ (2, 0.1%)

1 分らないつて, 確り分らん

▼ 暗である~ (2, 0.1%)

1 が中, が人家

▼ 暗では~ (2, 0.1%)

1 奇異な, 花見も

▼ 暗という~ (2, 0.1%)

1 ことが, ものも

▼ 暗との~ (2, 0.1%)

1 交錯を, 対比が

▼ 暗とは~ (2, 0.1%)

1 いいながら, よく昔

▼ 暗とを~ (2, 0.1%)

1 喜ぶだろう, 求めたいという

▼ 暗よりも~ (2, 0.1%)

1 恐怖あらん, 黒いもの

▼ 暗らい海~ (2, 0.1%)

1 には揺りうごく, をながめ

▼ 暗らし~ (2, 0.1%)

1 とはこの, 病人の

▼ 暗~ (2, 0.1%)

1 と同一, と称す

▼ 暗侘し~ (2, 0.1%)

2 けれど今宵

▼ 暗~ (2, 0.1%)

1 が燃え, はドップリ

▼ 暗~ (2, 0.1%)

1 だ, をかぶせ

▼ 暗劍殺~ (2, 0.1%)

1 となつ, に當

▼ 暗~ (2, 0.1%)

1 たる家, の好

▼ 暗射地図~ (2, 0.1%)

1 で山川都邑, で甲州

▼ 暗~ (2, 0.1%)

1 を固め, を越え

▼ 暗~ (2, 0.1%)

1 な気分, にし

▼ 暗打位~ (2, 0.1%)

2 は喰

▼ 暗~ (2, 0.1%)

2 にし

▼ 暗深き~ (2, 0.1%)

2 冥王の

▼ 暗~ (2, 0.1%)

1 がある, である

▼ 暗紛れ~ (2, 0.1%)

1 に教授, 潜かに

▼ 暗號文字~ (2, 0.1%)

1 から妙, の次

▼ 暗調~ (2, 0.1%)

2 を帯び

▼ 暗~ (2, 0.1%)

1 に, につく

▼ 暗過ぎた~ (2, 0.1%)

1 しかし騒がしい, ラムプの

▼ 暗~ (2, 0.1%)

1 にふられてる, を吹きまくつ

▼ 暗~ (2, 0.1%)

1 たる色, と無性

▼ 暗~ (2, 0.1%)

1 の境界線, は空

▼ 暗~ (2, 0.1%)

1 があるだらう, が餘程

▼ 暗黄褐色~ (2, 0.1%)

1 である, の上

▼ 暗黒い~ (2, 0.1%)

1 中で, 井桁模様に

▼1* [250件]

いつも飛んで, 暗いふはふ, 暗いやしき町を, 暗いろじへもぐりこん, 暗うちを食わす, 暗おやと驚く, 暗かと思えて, 暗かに嗟吁し, 暗かりしも後, 暗かるべしと, 暗かれの横顔, 暗がらすと不, 暗がるには当らない, 暗きこゑまじりもだゆる, 暗きみなぞこも, 暗けりや困ろ, 暗さうに切口を輝かし, 暗さうに集まつて, 暗さのしか, 暗さふくろうはなく, 暗さ一切の苦しみ, 暗さ人間の善意, 暗さ以外に何, 暗さ匂へば螢, 暗さ嶮しさ, 暗さ惨めさは浦野館村, 暗さ救いのな, 暗さ歡樂極まつ, 暗さ残酷さ絶え間なく投げ交され, 暗さ混沌のすべて, 暗さ自体健全なの, 暗さ野蛮さ農民の愚痴, 暗さ静けさです, 暗さ駕籠の早, 暗じゃがのう, 暗じ得たり, 暗すぎたな, 暗すぎませんか, 暗すぎるなら食堂にだって, 暗ずる事も高, 暗ずんだよい音, 暗せまれば, 暗たる方三尺の監房, 暗だつたわ, 暗だんまり模様よろしくあっ, 暗っぽい感じが, 暗第一, 暗であり片手に, 暗でしんとしてゐる, 暗でなくては明かり, 暗でもてえげ, 暗で見たところ誰も, 暗で馴れない者には, 暗とあるきまはるの, 暗とか称すれば, 暗とかげとのへだて, 暗として空に, 暗とね火入へ, 暗とも付かぬうち, 暗どきに人, 暗なお眸の, 暗なかりけり, 暗ながき葛城の, 暗なす底に, 暗なった時分二人とも, 暗など言ふと, 暗なのにも拘らず, 暗ならざる部屋例えば, 暗なり此の, 暗なんだかそういう連想, 暗させたこと, 暗のみあはれ恩愛の, 暗のむら雲を, 暗の業を棄て, 暗ランプの, 暗へと死刑に, 暗まぐれに電球, 暗まって行く, 暗を帯びた, 暗冷たき風, 暗やむような, 暗よもを襲, 暗らいのだつた, 暗らいものであるの, 暗らい世界はない, 暗らい冬空を映した, 暗らい出来事が起る, 暗らい厭な予感, 暗らい哀しみを覚ぼえる, 暗らい国へ葬られる, 暗らい夜が落ち, 暗らい廊下に濡れ, 暗らい影にもなっ, 暗らい怖れを, 暗らい恋の復活, 暗らい末路が突きつめた, 暗らい森陰が現れる, 暗らい母の姿, 暗らい水も見えない, 暗らい沼も山々, 暗らい流れに似た, 暗らい混乱が陰, 暗らい港市に開業, 暗らい濁りがある, 暗らい無気力なこの, 暗らい運命だ, 暗らい静かな水, 暗らく深々として鬼洞, 暗らく眼に映つた, 暗らく静かであらう, 暗らみわたって, 暗らやみで生, 暗りでないものは, 暗を通して燃えるごとく光った, 暗イ水ヲ睨ン, 暗イ路ヲガラ, 暗エ血色の森, 暗カリケル処ニテ仁右衛門が出, 暗キ古代トハ云ヘド餘リノ迂, 暗クナラナイウチニ見テシマッテ, 暗クナリ暗クナツテ, 暗ク敵影ヲ逸スルオソレアリ, 暗布団, 暗ニ公ヲ以テ, 暗ニ声ヲ飛ス, 暗ニ小松西郷大久保木戸後藤三岡八郎横井平四郎長岡良之助等ヲ以テ, 暗ニ香気馥郁タリ宛モ当門子, 暗三寶に眞先, 暗三寶黒白も分かず, 暗不知の界, 暗乍ら向うへ急ぎ足, 暗時として通りすがり, 暗というよう, 暗の名高い, 暗しけれど, 暗典雅の風格, 暗という文字, 暗千人の世の中, 暗厄利亜国に把爾列孟多, 暗して, 暗咽天地に慟哭, 暗四鬼の司人等, 暗もま, 暗壁ニ向イ, 暗夕まぐれ過ぎし年, 暗多く嵐氣は, 暗天地に鍵繩, 暗天女のよう, 暗寂寥にし, 暗する天, 暗寒冷晝夜によつて變ずる空氣, 暗では, 暗平次と八五郎, 暗の星, 暗怪そのもののよう, 暗の生ずる, 暗な姿, 暗たり何, 暗愁え何処に果, 暗憺憂愁やるかた, 暗憺溟濛の極, 暗打つその翼, 暗拝殿に一炊, 暗指的な象徴的, 暗撃ちにした, 暗撃果合いや新刀試し辻斬, 暗へ, 暗文書簡にもみえ, 暗昧きが中に燦然, 暗昧無智の耳, 暗の氷る, 暗曇程度に蔽いつくされる, 暗である, 暗をさし交せ, 暗染め分けの姿, 暗欝さに三吉, 暗欝死がのぞい, 暗欝自責の苦悩, 暗殿である, 暗の影, 暗河道をふさぐ, 暗波光雲影両蒼茫, 暗浮沈滑嗇蒙爽等, 暗としてゐる, 暗深刻そうした私, 暗の面, 暗滅法に浮世, 暗やく明けて, 暗黙移, 暗潮一味を刷, 暗昏瞑に, 暗たる深谷, 暗の, 暗灰褐色の樹皮, 暗たる車燈, 暗に向, 暗のうち, 暗白堊五階建のちょうど, 暗ありて, 暗の地獄, 暗碧色になっ, 暗祕密の路次, 暗を得るなり, 暗紅い稲妻が, 暗するもの, 暗の強い, 暗紫色を帶, 暗紫赤色を呈し, 暗の糸, 暗緑帯紫の色, 暗緑白緑それは十種, 暗に抱かれた, 暗茶色の一条, 暗菫色の遠, 暗薄い光りにも, 暗號祝電を自分, 暗號解讀者ヤードリ少佐著の, 暗に恐じ, 暗裡人をし, 暗の地, 暗褐色のだん, 暗隠形, 暗視器をその, 暗解翠裾花下摺とある, 暗討ちさせるとは何事, 暗討ちしようとした, 暗討ちするか, 暗討ちとは卑怯, 暗討ちにあうような, 暗許都の昼, 暗詠じながら物々しく, 暗試合で盲目, 暗語問答をする, 暗語隠語ができ, 暗迫る河原の, 暗の資性, 暗郊外の夜, 暗おのおの不同, 暗鈍者は數しば胞胎, 暗であろう未来, 暗電灯だけの世界, 暗面個人の長々, 暗頭打も知った, 暗風雨を吹い, 暗饑鼠出, 暗香おのづから人, 暗香人を掠め, 暗香浮動の趣, 暗を現, 暗默裡に頷いた