青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「暖~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

晴れ~ 晴れた~ 智~ ~智慧 智慧~ 暁~ ~暇 暇~ 暑~ 暑い~
暖~
~暗 暗~ ~暗い 暗い~ ~暗く 暗く~ 暗に~ ~暗示 暗示~ 暗闇~

「暖~」 1463, 16ppm, 7138位

▼ 暖~ (574, 39.2%)

9 日の, 風が 8 春の 7 日が, 日で, 日には 4 日でした, 日を, 暖い, 色を

3 [11件] ので, 方へ, 日ざし, 日だった, 日であった, 日に, 日は, 時分には, 水蒸気を, 部屋へ, 風に

2 [51件] とか雨, のである, のに, のを, よ, ように, 人込の, 住居だ, 冬の, 処に, 初冬の, 四月の, 国では, 夜でございました, 夜の, 天気が, 天気に, 女の, 室の, 寝床を, 平凡な, 御飯を, 息が, 感じの, 感情が, 日, 日光に, 日和でも, 時でも, 時に, 朝飯をば, 水蒸気と, 海岸で, 火の, 炉ば, 物を, 穏な, 空気に, 空気は, 色が, 色の, 花の, 衾の, 部屋で, 閑静な, 閑靜な, 間に, 陽ざしが, 雨が, 雨の, 霞の

1 [376件] いいもの, いい心持, いい気持, いかにも早春, うちに, うち海岸へでも, うっとりした, うまそう, お家の, お湯の, から仕合せ, から桜, が少し, くらいです, くらいよ今日, けれどもや, この流, しずかな, じゃない, だらうな, だろうと, ではない, という, ときなら, ところで, と云っ, どころかあ, な, なめらかな, にし, ねんばり, のであらう, のでゆげ, ので寝苦しい, ので寢, ので睡, ので翌日, ので蒲團, のにひやりと, のにまだ, のにやたら, のに河野, のは, のみもの, のよまだ, の入れ, はずみよりも, ばかりでなく, ひっそりと, ふくよかな, ぷかぷかな, ほうだ, ほんのりした, まめな, まるで何, やうな, やさしい心, やわらかい愛情, よい若者, ようにと, わりに, サンドウィッチ, トレモロで, マントに, 一團の, 一夜を, 一日でした, 上の, 下着を, 下着夜具など, 丸いお, 乳房を, 二月の, 二階で, 人が, 人だ, 人の, 人間だった, 仄かな, 代りひどい, 位の, 優しい情愛, 優しい柔, 光, 光と, 光も, 内は, 冬, 処だ, 処である, 処にばかり, 処を, 勇気を, 十畳の, 午前な, 南の, 南仏の, 南支那以外には, 南欧羅巴の, 南風が, 南風に, 南風を, 友情によって, 反射を, 同情者啓蒙者である, 吐息が, 呼吸が, 喰べ, 国であります, 国である, 国に, 国の, 国へ, 国へと, 土地でも, 地方とて, 夏間に, 夕方です, 夕闇の, 外套を, 夜で, 夜であった, 夜を, 夜着とを, 夜風も, 夢に, 大地の, 大気が, 大福を, 天気です, 太陽が, 太陽の, 女に, 字です, 季候に, 季節には, 室という, 室に, 室へ, 家が, 寂寞が, 寝台に, 寝台を, 寝床で, 寝所にも, 小春の, 小春日和で, 小糠雨が, 山ふところの, 山国ながら, 岡に, 席に, 床に, 座敷で, 廊下笑声叫ぶ, 彫刻物は, 御手, 御飯が, 微笑ましい心持, 心が, 心で, 心もちを, 心を, 心を以て, 心情的な, 心持が, 心持と, 心持は, 心持を, 性格が, 息を, 悪臭い, 情愛の, 情趣を, 想像は, 愛情も, 愛撫の, 感情を, 慾心の, 懐に, 所が, 所だ, 所に, 所へ, 手で, 手帖を, 手紙を, 手袋くれた, 掌で, 掌の, 接吻の, 握手であった, 敷石の, 料理を, 日かげが, 日でありました, 日である, 日でない, 日など, 日なり, 日光が, 日光の, 日光は, 日医師の, 日向は, 日和が, 日本生活の, 日近所の, 早くも, 早春の, 明るい光, 明るい楽しい年越し, 明るい雪晴, 春が, 春に, 春日和には, 春風が, 昼薄暗い, 昼食を, 時そっと, 時と, 時なら, 時は, 時を, 晩が, 晩だ, 晩だった, 晩で, 晩である, 晩でございました, 晩でした, 晩ねえ, 晩の, 晩カフェエ・アラニョオで, 晩餐を, 晴天, 暖いと, 暮でした, 曇天で, 曇天の, 朝で, 朝の, 朝日の, 朝私が, 朝餉の, 期待は, 朦気が, 柔かい夜着, 柳の, 桃の, 梅見, 楽しい家庭, 正月だ, 此の, 毛布で, 民衆の, 水の, 水温の, 水蒸気の, 水蒸気は, 水蒸気を通して, 氷を, 洞窟が, 活氣が, 海は, 海夏は, 海岸での, 海辺にでも, 涙が, 涙を, 温気とが, 湯で, 湯の, 潮風に, 瀬を, 火が, 炉辺で, 炬燵が, 炬燵に, 炬燵の, 焔の, 煙の, 熱海にでも, 物でない, 物でも, 物に, 玉の, 珈琲と, 珈琲を, 理解と, 瓦の, 生き物な, 生活の, 用意の, 病室で, 百貨店へ, 皿に, 眼差しとを, 着物を, 短篇も, 砂が, 砂の, 砂まじり, 硫黄の, 磴の, 私的生活の, 秋日和で, 空気とが, 空気の, 空氣が, 空氣と, 篝火の, 粥と, 糸が, 紅の, 紫の, 美の, 肉体を, 肌の, 胸から, 胸と, 胸に, 胸には, 胸によって, 腥いいや, 色だ, 色どりで, 色のを, 若い顔, 茶を, 葛湯を, 薄曇りの, 血が, 血汐が, 血縁の, 街は, 袂に, 襦袢に, 触りを, 言葉で, 近さ, 部屋が, 鐵瓶の, 閨も, 陽が, 陽の, 陽を, 陽光に, 陽光は, 陽炎の, 雨, 雨垂の, 霞に, 霧に, 霧も, 靄が, 静かな, 静な, 靜かな, 靜な, 頭を, 頭髪の, 顎を, 顔に, 風だ, 風の, 風は, 風を, 飯で, 飲料とが, 香に, 鳶色を, 黄に, 點が, 鼠色を, 鼻息が

▼ 暖~ (214, 14.6%)

18 なって 6 なつて 5 なると 3 なった, なるの 2 なかった, なるまで, 月の, 流れて, 雪が

1 [169件] おしろいを, きらめく作者, しかも決して, しみ込んで, する, するであろうか, するの, するよりも, すーっと, そ, そしてその, そして匂, そして速く, ていい, てきょう, てしん, てその, ては晩霜, てまるで, てやめられない, てりかえしはげまし人間らしい, て万事簡単, て乾い, て四辺, て夏, て大きく, て楽しい, て汗, て良い, て芳ばしい, て障子一, でもなれ, とけた心持, なったため, なったらあたし, なったら又, なったら恭一君, なった故, なった春, なった来る, なった様, なった気候, なった汐時, なっちゃった, なってから, なってからの, なつた, なつたらなんて, なつた此頃, なつて來, なりかけたお鍋, なりしため, なり汗, なり行く, なるにつれて, なるもん, なるよ, なるわけ, なる一方, なる頃, なれば, ねえもの, はありません, はある, はなかつた, ふれた, ぽか, 一めんに, 乾いた淋し, 二の腕へ, 五枚の, 人けも, 今にも音楽, 何処にも, 保温されてる, 信玄様の, 光りの, 内庭に, 冷たくこんこん, 出来て, 初夏らしい, 励ます光, 叱るよう, 吹かるる中, 吹き下して, 夏海水浴の, 大切に, 家庭を, 家路の, 少し重くおとなしく, 川風は, 彼等を, 往来すべっ, 往来は, 微風さえも, 心持の, 感じたが, 感ぜられる, 成って, 成つたんだ, 成り掛けたので, 成るばかし, 抑揚に, 抱いて, 日が, 日に, 日を, 日影の, 早春ぐらいの, 春が, 春めいて, 晴れわたった空, 梅の, 歎い, 歪んで, 殊に些, 水に, 沈丁花の, 河辺山傍又, 海上の, 淀んで, 湯上りの, 濕つた手拭を, 照し, 照ちやんの, 照りはじめる時分, 燃ゆる, 生々した, 男子の, 眠って, 眼の, 瞼の, 私は, 秋の, 穩な, 空は, 筋張るを, 精密な, 結燈台の, 胸に, 芥川さんは, 落着いた, 蒸す茱萸, 蟄し, 血が, 血管を, 袷に, 裏の, 襖が, 見えて, 見せる側, 解きながら, 評価し, 賑やかな, 躍る感情, 輝いて, 過すこと, 降りそそぐ箱根街道, 陰は, 雄勁な, 震えながら, 霞んだの, 霧が, 静かな, 頸元を, 風も, 香よく, 鮮やかなる, 黄金で

▼ 暖~ (50, 3.4%)

5 とって 4 取って, 取る 3 とった 2 取ること, 採り椅子

1 [30件] とったが, とつたらと, とる, とるうち, とるたき火, とるもの, とる方法, とる為, 与えんと, 今の, 保って, 加う, 取らしむ, 取らむと發足, 取りて後机, 取りながら, 取りみんな, 取り一夜山中, 取り小豆島紋大夫, 取るため, 取るという, 取るよう, 取る必要, 吹き来たり, 帯び穏波碧, 求めて, 着て, 自知, 送り来たり, 送り来たる

▼ 暖~ (43, 2.9%)

32 膚を

1 [38件] か霰, こと日の, にある, に醉さ, に黄金丸, を喜ぶ, を条件, を知り, 伊太利亜より, 光に, 光を, 公園の, 冬と, 冬の, 処退い, 加茂の, 午後を, 卵を, 夢に, 寝所つくっ, 庭, 息上より, 懐に, 日, 日なり, 日の, 日は, 春の, 春を, 洋の, 神の, 肌に, 血を, 部屋部屋には, 陸を, 風は, 風むんむと面を, 飯一膳与えたまえ

▼ 暖~ (43, 2.9%)

2 だ, とにわたし, と長閑さ, は炬燵

1 [35件] ありてこそ, がある, がみち, がみられない, が地面, が孔雀, が過ぎた, が體, だった, だらうそして, でありまして, で体さ, で御座, で気, とがある, と敷布, に伸び拡, に候, に又, に枝垂れた, のない, の源, はどう, は内地, は分らない, は夜, もまた, も自ら連想, も賢, や鼓舞, をその, を一杯, を感じ, を感じさせる, を感じた

▼ 暖~ (41, 2.8%)

12 して 2 なった

1 [27件] おだやかな, したら足, そして降る, それを, なってからの, なつた, なりました, なりましたと, 候処小寒入より, 包まれたらそのまま, 包まれたら其, 北は, 天井で, 日の, 春宵を, 曇るとも, 氣丈夫に, 消えたで, 照りたる天, 病むといふ, 眠られるて, 花深き, 花深く, 草緑なる, 薫りしか, 蛙が, 馴れて

▼ 暖~ (30, 2.1%)

5 のある 2 があった, がある, が出来た

1 [19件] がない, がわたくし, が快く, とに包まれる, と薪, なもの, な微笑, に心, のない, は天下, を吸収, を失った, を感じる, を感ずる, を抱かしめる, を持つた, を眺められる, を襯衣, を覚えた

▼ 暖~ (27, 1.8%)

3 日の 2 ことは, もので, 健全な, 冬の, 晩であった, 杏の, 舌が 1 影を, 感情を以て, 日に, 日和を, 水とを, 洞穴に, 空気に, 空気の, 靄が, 香気を

▼ 暖~ (24, 1.6%)

5 の前 2 のなか, の火

1 [15件] があり, が烟つて炭氣, によつて, に向ける, に火, の上, の周邊, の無い, の煤止め, の袖, も焚い, を取りかこみ, を焚く, を用い, を直し

▼ 暖~ (20, 1.4%)

1 [20件] があり, がその, が保たれる, だけはある, では間に合わない, による輻射熱, に気, をこぼし, をとる, を作る, を分ち合おう, を失ひ, を感じ, を感じたです, を感じられず, を持つ, を残した, を湛え, を滾した, 気息を

▼ 暖まつ~ (16, 1.1%)

2 た, てゐた

1 [12件] た明るい, てゆかなく, てゐ, てゐる, て何, て來, て好い, て居よう, て来, て来る, て行樂, て貧乏

▼ 暖いもの~ (13, 0.9%)

1 [13件] がいい, が並ん, が感じられる, が落ち, が身體, です鏡台, になる, に抱かれた, もある, をおきせしよう, を差上げます, を感じた, を着せたがる

▼ 暖いと~ (12, 0.8%)

2 ひびが 1 いうけれども, いうの, 云う間もなく, 向う見ずに, 思ったが, 思って, 思われるほどの, 手の, 暑いとの, 見えて

▼ 暖~ (12, 0.8%)

2 えし, えの, く見ゆ 1 え, えお飯, えから, えが, えのに, え炊立

▼ 暖~ (9, 0.6%)

1 あつた, あつたらしい, それは, むつとして, 且つ便利, 冬至近い, 急に, 辛うじて避けよう, 雨が

▼ 暖~ (9, 0.6%)

2 の方 1 で大きい, との距離, の畜養主任, の辺, らしい感じ, を造っ, を造つて

▼ 暖いところ~ (8, 0.5%)

2 を求め 1 があっ, ですから, ですのね, に花, へ夏, 感じいい

▼ 暖いも~ (8, 0.5%)

2 のでもたべ 1 のが, のでも食べたかった, ののそば, のの正体, の喰, の妥協的

▼ 暖かった~ (7, 0.5%)

2 せいか 1 からである, し急い, に違い, のに急, 部屋の

▼ 暖みの~ (7, 0.5%)

1 あるところ, ある声, ある而, ある興味, ない夕日, 去らない光明, 少い早朝

▼ 暖~ (7, 0.5%)

1 で蒸す, に會, の加, の加はつ, を保つ, を其の, を欲

▼ 暖いこ~ (6, 0.4%)

21 ころが, とね, ともない, と日本一

▼ 暖そう~ (6, 0.4%)

1 だ, であった, な二合詰, な匂, に悠然と, に薄

▼ 暖たかい~ (6, 0.4%)

1 が夜, と云わん, ようだ, 宵を, 血を, 風が

▼ 暖なる~ (6, 0.4%)

1 こと春の, ものに, 冬日照りわたり, 寿永二年七月二十六日我木曾冠者義仲は, 書斎との, 書齋との

▼ 暖~ (6, 0.4%)

1 ではどうしても, にても腐敗, に生れ, に産, の山, の農家

▼ 暖ため~ (5, 0.3%)

1 かつ開いた, つつある, て掌, ながらこう, ながら自分

▼ 暖帶林~ (5, 0.3%)

2 の上部界 1 のつぎ, の上部, の特徴

▼ 暖~ (5, 0.3%)

1 に乗っ, に乘, の深, を受, を抱い

▼ 暖~ (5, 0.3%)

2 知, 知の 1 知いひ

▼ 暖いようです~ (4, 0.3%)

21 ね, ね昔

▼ 暖~ (4, 0.3%)

2 かそう 1 かにし, かに寝

▼ 暖たか~ (4, 0.3%)

1 さう, だったでしょう, だったん, だもん

▼ 暖たかく~ (4, 0.3%)

1 なると, 塊まっ, 手のひらに, 打つまでは

▼ 暖った~ (4, 0.3%)

1 かい刺激性, かい飯, かさ, かになった

▼ 暖って~ (4, 0.3%)

1 いて, いる頭, 天井に, 話して

▼ 暖~ (4, 0.3%)

1 さ, さうな, 冷と, 軽は

▼ 暖~ (4, 0.3%)

2 りが 1 りを, 取り少し

▼ 暖~ (4, 0.3%)

1 であった, なとらえ方, な身振り, に

▼ 暖いわ~ (3, 0.2%)

21

▼ 暖くし~ (3, 0.2%)

1 て早く, て湯気, まわれた

▼ 暖くなる~ (3, 0.2%)

1 ような, を待ち, 太陽で

▼ 暖くも~ (3, 0.2%)

1 あったこと, あり夏, ないよう

▼ 暖たまっ~ (3, 0.2%)

1 ていた, ている, てから新しい

▼ 暖~ (3, 0.2%)

1 古人も, 城墟に, 飲んで

▼ 暖~ (3, 0.2%)

1 と申します, ものが, 隙が

▼ 暖~ (3, 0.2%)

2 くぐりさ 1 をくぐった

▼ 暖~ (3, 0.2%)

1 が漲っ, しきりに北, 再び雨

▼ 暖~ (3, 0.2%)

2 な生活 1 の人

▼ 暖いお~ (2, 0.1%)

1 寝間の, 座敷が

▼ 暖~ (2, 0.1%)

1 垂れかかる, 春の

▼ 暖~ (2, 0.1%)

1 大名屋敷へ, 蕎麦の

▼ 暖きが~ (2, 0.1%)

1 よし, 如くなるを

▼ 暖くっ~ (2, 0.1%)

1 ていい, てしずか

▼ 暖く蒸された~ (2, 0.1%)

2 土の

▼ 暖~ (2, 0.1%)

1 なりといふ, に見ゆる

▼ 暖さうな~ (2, 0.1%)

1 掌面と, 湯気を

▼ 暖ためる~ (2, 0.1%)

1 おとなしいこの, がいい

▼ 暖~ (2, 0.1%)

1 から乾いた, つた膝頭が

▼ 暖だった~ (2, 0.1%)

1 ので霜, 膝頭が

▼ 暖つて~ (2, 0.1%)

1 宜う, 居た

▼ 暖なりし~ (2, 0.1%)

1 がこの, 故床の間

▼ 暖~ (2, 0.1%)

1 日かげ, 装置食料もしくは

▼ 暖まるい~ (2, 0.1%)

1 とま, とまもなく

▼ 暖みと~ (2, 0.1%)

1 うるおいとを, を感じた

▼ 暖~ (2, 0.1%)

1 なかった, なかつた

▼ 暖~ (2, 0.1%)

1 ながら分, ながら考え

▼ 暖~ (2, 0.1%)

1 によく, の生物

▼ 暖昨日~ (2, 0.1%)

2 の如し

▼ 暖~ (2, 0.1%)

1 に包まれ, の地

▼ 暖香園~ (2, 0.1%)

1 から皆, へ泊った

▼1* [129件]

いかと思われる, 暖いかちっとも分らないが, 暖いがまだ屋根屋根, 暖いが背中は日, 暖いけになあ, 暖いさうして, 暖いしいい日, 暖いそして, 暖いたしにはならない, 暖いたすけとして一冊, 暖いでしょうね, 暖いですね今日, 暖いとこの温泉, 暖いにつけ寒いにつけ, 暖いねとお, 暖いのね, 暖いのですもの, 暖いひつそりと, 暖いやつが, 暖いような燿, 暖いらしいことよ, 暖い乾いた空気が, 暖い光りは, 暖い晴れた午後の, 暖い氏の書斎, 暖い気取らない心持が, 暖い燃える色, 暖い草がちりげもと, 暖うこざるかな, 暖うござんす, 暖えんだよ, 暖かげなねんね, 暖取れるもの, 暖きものの近づく, 暖くきて苦労, 暖くさえあります, 暖くさしこんだ硝子窓, 暖くさしてる所で, 暖くしめった大地芽立とうと, 暖くせきあげた, 暖くつてえ, 暖くならないかしら, 暖くならなかったのである, 暖くならぬうち一度是非行つて見たく, 暖くなるつちやえ, 暖くみたして, 暖くも待遇されるので, 暖く強く成るにつれて, 暖く明るく感情を, 暖く曇り日, 暖く眩ゆいが, 暖く縋りついて顏, 暖く賢くふれて, 暖ぐなったらど思って, 暖こうございましたが, 暖こうござりますゆえ, 暖さ手に觸, 暖さ正直さ真実さのほとぼり, 暖さ続きのうち, 暖とふ, 暖すぎた十時四十分位, 暖たかき陽炎の, 暖たまったところで, 暖たまつた私の眼, 暖たまつて居りました, 暖たまりながら自分, 暖ためられた部屋の, 暖ため乍ら時候外れの冷たい, 暖たかみも, 暖でございますと婆, 暖でもあり柔, 暖なある冬の, 暖ならずとも旭日, 暖なれば覺, 暖にて初日影も, 暖にをりに, 暖まつたら心持も, 暖まりを室内, 暖みと云ふこと, 暖みと平静とを持つ, 暖みなのに祖母, 暖むとせんか含玉鳳炭の奢侈, 暖むるには如かじ, 暖むるものである, 暖むる事懐炉の如し, 暖むれば其の中, 暖む小春の空, 暖坐臥進退も, 暖りたそうな, 暖り下さいと思う, 暖り合う家庭を, 暖ろうとしました, 暖たかで, 暖ニセズ夏扇ヲ採, 暖ただならぬもの, 暖にし, 暖國人種たる諸君, 暖國地方にはそういう, 暖國的な氣分, 暖園中梅柳頗有春色故詩中及之, 暖室用の炭火, 暖の差, 暖に暇, 暖に陰, 暖の雨, 暖の影響, 暖曙光喧客中早起成何事, 暖良思, 暖氣例年見ざるところ, 暖氣初夏の如し, 暖氣春の如し, 暖氣盖し異例, 暖をこのむ, 暖を攻究, 暖は一面, 暖温寒といふ風, 暖潮暖帶の生物, 暖を撒く, 暖ヲ屯ス, 暖爐職人の風體, 暖爐造の職人, 暖甚病躯に佳し, 暖花陰停小車, 暖寒梅下風, 暖梅香, 暖遅くとも, 暖風晴日閉門看, 暖風渓色濃車窓一望洗心胸, 暖麺蚯蚓のごとし