青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「暁~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

景気~ ~景色 景色~ 晴~ ~晴れ 晴れ~ 晴れた~ 智~ ~智慧 智慧~
暁~
~暇 暇~ 暑~ 暑い~ 暖~ ~暗 暗~ ~暗い 暗い~ ~暗く

「暁~」 1716, 19ppm, 6186位

▼ 暁~ (391, 22.8%)

9 光が, 光の, 鐘の 8 星が, 星の 74 光に, 光を, 空に, 空の, 色が, 風が, 風に 3 下に, 光は, 夢を, 微光が, 微光に, 明星が, 目覚めの, 鐘が, 露を

2 [22件] うちに, ために, もや, ように, 五時で, 冷たい空気, 夢が, 星に, 星を, 暗いうち, 精が, 色は, 色を, 街を, 電撃戦, 霜に, 霜を, 霧が, 露に, 風は, 鳥の, 鶏の

1 [242件] あいだに, ある一時, いたって, いとねぶ, いろが, うす光, うち彼等の, うらがなしきに, お告げの, かをりよ, こえよ何とも, こと, ことです, ころ, こゑ, すが, する野路, それの, つかの間に, ともしび, なか蠧まれた, ひかりが, やみ, ゆめ神叔, ような, モテイーフ, 一字つよき, 一点と, 七つから, 七つ時とも, 七ツから, 七時と, 三時に, 三時まで, 三時頃神楽坂で, 両岸, 事を, 二時ごろまで, 仄かな, 今迄, 伝うる, 使者季節の, 偵察, 光いまだに, 光で, 光では, 光りが, 光りと, 光りと共に, 光り夕ぐれ, 光景ことに, 光線と, 光線の, 光線は, 六つ時には, 冷さが, 冷たい息, 冷やかなる, 冷気に, 冷気を, 出づ日と, 初光, 別れは, 十一日, 午前三時過ぎまで, 南京路の, 博物で, 合戦に, 咽喉が, 四時か, 四時半に, 国の, 城門を, 堤の, 声, 声する, 声だ, 夢なり, 夢に, 夢の, 夢より, 大地の, 天を, 天地は, 太陽の, 女を, 宮は, 寒い眠り, 寒さ, 寒冷に, 山の, 式に, 御夢, 微風が, 微風を, 心は, 心悲しき, 息吹が, 情と, 愕き, 憧憬者は, 手入という, 提灯暗き, 支度が, 攻撃を, 散策の, 方先生伝に, 早立ちと, 旭の, 明りが, 明星として, 明星の, 明星は, 明星浮寝鳥, 星だけ, 星と, 星影に, 景色は, 暗いため, 暗に隠れた, 書いて, 最初の, 月と, 月に, 月は, 月みる, 月夜に, 杜鵑, 欠かさぬつとめ世間, 歌, 気が, 気に, 気は, 気を, 気持ちは, 気配は, 水の, 水は, 決行, 河鹿に, 洋上に, 浅黄いろ, 海に, 涼しいうち, 清冷に, 港の, 灯の, 煙を, 片足出たる, 珍事であった, 町から, 町を, 疲れに, 白い霧, 白けた光, 白さ, 白むの, 百舌鳥の, 直前において, 眺矚に, 睡りを, 瞬間に, 祭までには, 祭りに, 空が, 空を, 空気の, 空襲警報, 窓を, 精と, 精みたいな, 精を, 紅を, 総なだれ, 脚まで, 色, 色で, 色に, 色の, 色よりは, 色染め, 若草の, 葩に, 蒼褪めた, 薄光, 薄明かり, 血色は, 街の, 街道, 袋から, 親爺たる, 言として, 詩に, 足音を, 路を, 辻を, 近いた, 近きを, 透き通った青い, 部分に, 野を, 鐘つく, 鐘であった, 鐘と共に, 鐘枕に, 間に, 闇は, 陣前へ, 雁金, 雨は, 雨も, 雨を, 雨冷えと, 雨硝子戸あけ, 雪の, 雪峰, 雲, 雲の, 雲は, 雲を, 雲間に, 雲間を, 雷撃戦, 霜白く, 霧の, 霧は, 霧を, 露しげき, 靄が, 靄に, 靄の, 静寂を, 非義非道, 鞭を, 頃, 風である, 風とで, 風の, 風趣を, 鳥も, 鴉夥しく, 黙想

▼ 暁には~ (165, 9.6%)

2 そちの, われわれは, 何を, 強い戦争, 源太が, 町の, 百の, 神上げを, 自分の

1 [147件] あいつらの, あのあたり一帯, あまり暢気, あらゆる暴政, いかに成り行く, いずれ着物, いつドンナ処, いよいよ深い, お前を, かならずお, かの愛せ, こういう迷い, こなたの, このたと, この上, この宇宙線, この弁才坊城, この梅次郎, この民弥さん, この源森川, さだめしそれら, しつこくその, すでに無産者的, ぜひ一度くだん, そういう模糊, そっと手, その, その一部, その土地, その展覧会, その方ども, その発祥民族, その祈願者, その詮議, その身, それこそ, それは, それを, たちまちその, たとえ殺され, どういふ風, どうした, どうなさる, どうなりましょう, どれほど大きな, どんなこと, またぞろ百五十万両, また当, もうどんなに自分, もう少し生霊, もう欺かるる, もはや意味, わが身に, われらは, われわれの, われ等の, アカデミズムと, インドの, ガブガブと, ドミトリイ・フョードロヴィッチに, フランスは, ユレイの, ラマ宗徒が, 一万三千の, 三斎の, 上つ方の, 九条家と, 今度の, 伊之助さんの, 住吉の, 何とか詫言, 俺の, 偉大でなくなる, 先生の, 全世界, 前夜の, 勲章を, 北西の, 千浪と, 即ちこの, 厳として, 又他, 及ばずながら, 君は, 吾, 嗅がされた, 四更の, 地上の, 塵芥と, 境遇の, 大いに便宜, 如何なる方面, 如何に, 子女の, 年々の, 庸三の, 廃仏毀釈を, 当然消滅, 形の, 形勢は, 彼女も, 彼等生徒は, 必ず歌舞伎劇, 必然的に, 必要も, 思い知らさいで, 恐らくあの, 恐らく美術, 手に, 手前一身に, 拙者の, 撤回すべき, 撲られた揚句, 政治組織の, 教会は, 文明は, 新に, 日本の, 日本精神, 更に面目, 望岳家に, 本書引換に, 殺って, 汝を, 燈火の, 物質的偉大さと, 生涯私の, 登山者に, 私から, 私と, 空行く, 筋肉説も, 統計学一般の, 自分から, 自分たちの, 自分に対して, 芸術は, 褒美は, 覚えて, 谷中派が, 貴様に, 農業の, 釧路十勝北見三国の, 間髪を, 食料品と, 首都は, 黒部川に

▼ 暁~ (158, 9.2%)

3 なって, 及んで, 祈る 2 いたるまで, ならぬうち, なると, 於て, 近かった, 達して

1 [137件] あらざれば, ありと, いたらば, いたりて, いたる, うま, おまはん, およばんと, お前の, お前は, かからぬうち, この世界, この児, この周馬, この場合, この欠陥, この点, その結果, ちかいころ, どういう料簡, どちらが, なった, なったら貴様, なってからに, なっても, なつて, なり南京虫, なるに, なろうと, ふるえるユニオン, ぼかされて, よろこぶには, 一人で, 世の中の, 中を, 之から, 仇を, 何か, 何事かを, 余を, 先だちて, 先ち, 先立つて, 再び, 出家し, 初めて新, 勘定し, 及び何者, 及び果して, 及んだ, 取調べの, 向い鶏, 吹く嵐, 吹鳴らす, 地獄なんかが, 墓所の, 大工を, 妻の, 寺の, 就寝し, 帰った音, 帰りすぐ, 帰る, 弘法大師が, 役者に, 徹しました, 恥辱を, 息が, 成道し, 推察の, 新夫人, 於てのみ, 早くも, 望み得られること, 杜鵑か, 死んだ婿, 残る二十三日, 比びて滄州, 民衆が, 江戸の, 江戸を, 浜に, 現われる現象, 発って, 発つ汽車, 白鷹先生に, 相伝えられた, 眼ざめてそれから程なく, 立ち別れた, 立って, 続くの, 纜綱を, 考えなくては, 至って, 至りかつて, 至りて, 至りました, 至りケロリ, 至り昼, 至り雨, 至る, 至るを, 至る一更ごと, 至れど, 落こむ, 落ちて, 薄っすり, 衣服さえも, 襲わせたが, 見る千兵, 見出すその, 覚悟を, 起されると, 軍隊が, 近いころ, 近いせい, 近いほ, 近い四時頃, 近い残月, 近い灯, 近い静寂, 近き時, 近く信長が, 近づいた, 近づくと, 近付いた, 銀の, 間の, 雉が, 霊夢の, 霜の, 非難し, 風邪を, 馬悲しめり, 鳴く雉, 鶴の, 鼓譟し

▼ 暁~ (140, 8.2%)

12 になっ 6 のこと, の三時 3 へかけ 2 かけて, から頭, になる, の四時

1 [105件] かえ, からそろそろ, からの雨, からは配達, からカラリ, から今日, から又ひとしきり, から急, から沼向う, から雨, が近い, くらいから状況, この人足, だ, だったそう, だと, ちかい頃, ついに事切れ, であった, でありみした, であるから, でございました, でした, ではあるまい, との方, とは申せ, と言っ, などに意識, になったら, になら, にはかなり, には一羽, には必ら, には蚊, にウイスキー, にジアール, に三人, に二三, に及べる, に吉原仲の町, に帰ろう, に帰宅, に広, に廻っ, に息, に眼, に至っ, に至る, に見る, に近かっ, に通った, に醍醐, に隣, に髪, の三時ごろ, の事, の五時ころ, の五時半, の仄明り, の光景, の六刻, の冷え, の四時ごろ, の四時頃, の少し, の心, の星, の武者, の眠り, の神々しい, の街, の鈍い, の鐘, の雨上り, の静寂, の風情, の鳥, は森, まで, までずっと, までとろとろ, までになに, までに自動車, までに青梅, までは帰られまい, までまんじりと, まで何, まで何度, まで帰られまい, まで確か, まで私, まで続く, まで続くでしょう, まで裸体, まで読んだ, も間近い, や夕方, わずかに, を待とう, ウトウトと, 亡くなられたん, 入ったもの, 参って, 突然腸, 追い立てられるよう

▼ 暁~ (63, 3.7%)

3 待って, 迎えて 2 迎えた

1 [55件] おぼえず別にその, ひた急ぎ, ほろんちょちょちょ, まつ毎に, むかえたが, めで, 一首に, 中心と, 催せば, 告ぐる, 告ぐるを, 告げて, 告げる, 告げるほっそり, 告げる癇高, 告る, 唱う, 報ずるが, 報ずるといふ, 報ずる如く哀蝉, 報ずる時, 多少の, 大戸あけさせ, 寝惜しんで, 少女は, 彩どる, 待たず, 待ち佗びた, 待った心持, 待つ, 待つ通夜, 思うと, 思わせるうす, 思わせるだけ, 早く知る, 最後の, 望まむと, 期し弘誓, 期すれば, 潮に, 男妾に, 知らずという, 知りも, 破ると, 笑いて, 考えると, 舗道の, 覚えず, 覚えずぐらいの, 覚えずという, 覚えずとか, 覚えず所々, 迎える, 迎える筈, 迎へ

▼ 暁太郎~ (56, 3.3%)

3 はその 2 であつ, は館長

1 [49件] がオブザアヴアー, が素子, とはドーラン, にとつ, の嘗て, の外套, の機敏, の端書, はあの, はかうし, はこの, はそれ, はなに, はなにか, はふと, はぶらぶら, はほか, はぽつねんと, はまつたく, はやつ, はガラン, はバス, は上着, は云, は内心, は厚く, は口, は多少, は大沼博士, は寒, は小便, は抑, は樹蔭, は機械的, は殆ど後悔, は相, は茶の間, は調度装飾, は講演用, は起ち, は車, は途中電車, は静か, は風呂, は食事, は館長助手, は黒岩, は黙つ, も食堂

▼ 暁~ (44, 2.6%)

1 [44件] あっても, あんたに, いつまでも, お目, かの架空的, すなわち水平運動終局, その家, ひろがって, またここ, むかしの, 一人寝覚めの, 主人は, 今後の, 伊勢武熊も, 共に囚虜, 博士の, 博物なり, 原文に, 去って, 向う三軒両隣が, 大枚の, 寒い奥歯, 愈々学校体育, 我が子, 早くも, 是が, 是非広く, 未練なく, 来た, 正体なく, 殆ど心, 港の, 濃い, 知らないが, 私と, 私は, 総代を, 西洋風に, 輝いて, 迅い, 遠くに, 遺産は, 頼家の, 高い欅

▼ 暁~ (39, 2.3%)

10 方に 9 方から 5 方の 4 方まで

1 [11件] かけて, がたに, ぼの, 七ツに, 七ツの, 方からの, 方なら, 方勝久は, 方眠りに, 方鶴子の, 雲を

▼ 暁~ (32, 1.9%)

4 来たの

1 [28件] きて, さわがしい昼間, すべての, た, たちかくふと, た烟草, た近い, つい附近, はじまったころ, わが文壇, カーテンを通して, 人生か, 映して, 未だほの暗い, 来た, 来る, 来ること, 来るであろう, 東の, 白みかけました, 近いと, 近づいたらしい, 近づいて, 近代小説への, 迫って, 開けて, 降り, 顕われた

▼ 暁近く~ (22, 1.3%)

2 なって, なると

1 [18件] こっそりと, であったであろう, でもなけれ, で男, なった時, なつて, なりて, なりにけり, なりにけるなるべし, なる, なるまで, になっ, に紫, まで同君, まで読書, 何故とも, 思ひつのるらし啼く虫, 河瀬の

▼ 暁葉子~ (21, 1.2%)

1 [21件] が, が昨日社, が来てる, こそ曲者, である, と大鹿さん, と小糸ミノリ, と岩矢天狗, にかかりきっ, に会った, のため, のロマンス, の二百万, の出演料, の手切金, の義理, はかけだし, は年末, は知っ, は訊問, を追っかけ廻す

▼ 暁~ (20, 1.2%)

2 の一味, の秘密

1 [16件] から足, が若い, では田代金兵衛, といえ, とで狙っ, と黄血社, に関係, の不在, の作法, の対立, の捜査, の演出, や江東, を地上, を総動員, を追いまわし

▼ 暁~ (14, 0.8%)

2 定められたの

1 [12件] なる, なると, 云う腰, 云つた, 交代する, 呼ぶ, 夜烏鳴け, 夜鴉な, 平和の, 白昼と, 羅馬とが, 間違えて

▼ 暁かけ~ (13, 0.8%)

1 [13件] ての灯, ては一層, て一切, て凝る, て握飯食い, て月, て此原, て決行, て津々と, て禅頂, て院長, て雨, て鳴く

▼ 暁~ (13, 0.8%)

2

1 [11件] ざりし, ざるならん, しめたり, じ, ずという, ずに, ず始, せる為, ないか, ないのみか, なかつた一人

▼ 暁~ (13, 0.8%)

31 がなお, が五十二歳, である, で並, の世, の代, の季弟, の後, は旧, を失ひ

▼ 暁方近く~ (12, 0.7%)

3 なって 1 なったの, なってから, なる, になっ, になった, には疲れきっ, に伝吉, らしいぬくい, 屠者

▼ 暁~ (12, 0.7%)

2 の言 1 あるいは門外漢, である日本, ではない, なん, にかかっ, になれなくなる, ね, の一巡査, の悪童, は極度

▼ 暁から~ (11, 0.6%)

2 降り出した雨 1 さらに攻勢, やや雨, ザワザワと, 今朝降, 今陽の, 夜まで, 日一日と, 水が, 鳴く蝉

▼ 暁~ (10, 0.6%)

1 いわゆる差別撤廃, が早い, て失し, て手持無沙汰, 一同降参した, 大笑いした, 明旦土人を, 然る, 翁に, 謀略は

▼ 暁近い~ (9, 0.5%)

1 でしょう, と欺き, 寺島村は, 月の, 海を, 湖面の, 空を, 空気を, 街を

▼ 暁~ (9, 0.5%)

1 が渋蛇の目, さながらの, の侠気, の名残, の大, や八百蔵, 初晴, 大好評, 漸収雲

▼ 暁~ (9, 0.5%)

2 の草径 1 がおさまる, が私, にはためく, に吹かれ, のよう, 一味涼, 寒きこと

▼ 暁まで~ (7, 0.4%)

1 かかった, 人が, 僕の, 坐禅を, 濫り, 目も, 続いた

▼ 暁~ (7, 0.4%)

1 の中, の四時過ぎ, の空, の紀淡海峡, の頃, 亦時として, 期である

▼ 暁にかけて~ (6, 0.3%)

1 だいぶ砲声, 大挙瓦町を, 幕僚の, 曹操の, 空襲警報が, 謙信が

▼ 暁~ (6, 0.3%)

4 かけて 1 引出されたよう, 移った庭

▼ 暁~ (6, 0.3%)

2 消なん 1 そのままこり固まった, まっ暗だ, 啼く, 程近し

▼ 暁~ (6, 0.3%)

1 仙人掌上の, 月は, 桜が, 溲瓶の, 見附出づれば餅の, 鐘つき居れ

▼ 暁禅師さま~ (6, 0.3%)

1 にはなん, の事, はその, はそれ, は御, をむりやり

▼ 暁臺先生~ (6, 0.3%)

1 が仰, が或, の宿, はこれから, はその, は無論

▼ 暁がた~ (5, 0.3%)

1 がちかい, になつ, の五六尺, の蝉, まで

▼ 暁~ (5, 0.3%)

1 が切り抜いた, にくっきり, にも似た, を仰ぐ, を眺める

▼ 暁って~ (4, 0.2%)

1 いたが, いたの, 今更ながら, 数日内に

▼ 暁~ (4, 0.2%)

3 覚エズ 1 知ラズ

▼ 暁早い~ (4, 0.2%)

3 鶏の 1 短夜

▼ 暁~ (4, 0.2%)

1 に入る, に映ず, ようやく明らか, 触目

▼ 暁~ (3, 0.2%)

1 がたきは, て去る, て雄々しき

▼ 暁ちかく~ (3, 0.2%)

1 なりて, 西華門院の, 雪つもる

▼ 暁った~ (3, 0.2%)

1 が何, のみで, 彼は

▼ 暁~ (3, 0.2%)

1 強情な, 或時, 次が

▼ 暁でも~ (3, 0.2%)

1 何かの, 却って世間, 源氏の

▼ 暁においても~ (3, 0.2%)

1 当為としての, 我々の, 現象の

▼ 暁にこそ~ (3, 0.2%)

1 このお金, 彼女は, 自分は

▼ 暁までは~ (3, 0.2%)

2 駕籠に 1 つかの

▼ 暁より~ (3, 0.2%)

1 なきいで, 波風やや, 雨大に

▼ 暁僧都さま~ (3, 0.2%)

2 の御 1 はその

▼ 暁凪ぎ~ (3, 0.2%)

3 を自身擾

▼ 暁~ (3, 0.2%)

1 の冷え, の闇, の静寂

▼ 暁~ (3, 0.2%)

1 などは多少, にもとんと, は蕪村

▼ 暁方目~ (3, 0.2%)

1 がさめる, をさました, を覚す

▼ 暁杜鵑~ (3, 0.2%)

2 之介 1 之介殿

▼ 暁~ (3, 0.2%)

1 の方, の欄干, の袂

▼ 暁葉子さん~ (3, 0.2%)

1 と結婚, のいる, を脅迫

▼ 暁~ (3, 0.2%)

1 そろ, に嗽水, の点呼

▼ 暁けの~ (2, 0.1%)

1 灯の, 紅が

▼ 暁ちかい~ (2, 0.1%)

1 光が, 夜が

▼ 暁つた~ (2, 0.1%)

1 であらう, ものです

▼ 暁とともに~ (2, 0.1%)

1 ここは, 隠れて

▼ 暁とは~ (2, 0.1%)

1 故右大将殿, 言いながら

▼ 暁~ (2, 0.1%)

1 ので, 奥様深切な

▼ 暁なら~ (2, 0.1%)

1 むとす, んと

▼ 暁にはと~ (2, 0.1%)

1 予は, 言った風

▼ 暁にゃ~ (2, 0.1%)

1 ア伊之さんは, 余計世の中

▼ 暁のね~ (2, 0.1%)

1 ざめしづかに世を, ざめの

▼ 暁りし~ (2, 0.1%)

1 ゆえ機を, 後さり

▼ 暁~ (2, 0.1%)

1 ことが, と載す

▼ 暁るべし~ (2, 0.1%)

1 と, と出

▼ 暁れる~ (2, 0.1%)

1 を知るべし, 満枝は

▼ 暁僧都~ (2, 0.1%)

1 の室, を相伴

▼ 暁八つ時~ (2, 0.1%)

1 を期し, 過土井

▼ 暁~ (2, 0.1%)

1 を破る, を蔵

▼ 暁~ (2, 0.1%)

1 といい, は曾

▼ 暁嵯峨~ (2, 0.1%)

2 の桜人

▼ 暁得ら~ (2, 0.1%)

2 ねば

▼ 暁必ず~ (2, 0.1%)

1 この心, 譲治を

▼ 暁早く~ (2, 0.1%)

1 にお立ち出, 馬超は

▼ 暁~ (2, 0.1%)

1 の客, はまさに

▼ 暁更に~ (2, 0.1%)

1 臨みて, 西山の

▼ 暁月夜~ (2, 0.1%)

1 で霧, の頃

▼ 暁民会~ (2, 0.1%)

1 の高津正道氏等, を作り

▼ 暁~ (2, 0.1%)

1 の声きく, の群れ

▼ 暁用人頭~ (2, 0.1%)

1 の為右衛門普請, の爲右衞門普請

▼ 暁相当~ (2, 0.1%)

2 見物を

▼ 暁道師~ (2, 0.1%)

1 によって先生, によって読経

▼1* [250件]

あたたかき寝床の, 暁いまだ薄暗いのに, 暁おきの木々, 暁からの本能寺の, 暁がた火を放っ, 暁がた男は一人, 暁きっと恩返しを, 暁けたかと思っ, 暁けてきた, 暁けてから間もなく此辺, 暁けては兵馬を, 暁けるといっ, 暁けるだろうな, 暁ければ颯々, 暁これは白く, 暁これらの資金, 暁ごとに東, 暁ごろのうすい, 暁さんはタバコ, 暁そのものの持つ生れた, 暁らを, 暁つた鶏声鼓声鐘声おだやかに, 暁だの夕暮だの, 暁ちかしと見え, 暁かく, 暁つき近くに北の方, 暁てか犬は, 暁であったが其角, 暁である今までの, 暁でなければ云えぬ, 暁ではない夜, 暁でもと能弁家が, 暁として翻訳の, 暁としての明治二十年, 暁とに温い粥, 暁とり得ん所だ, 暁と共に茜色を, 暁どきに戦勝, 暁などとは時代が, 暁において始めて達せられる, 暁においては復た, 暁にかけての大修羅, 暁にかけてまでも活躍を, 暁になつても, 暁にもまわりが, 暁のとだけ十日かかっ, 暁はくりかへされた, 暁はやく二人が, 暁ばかりにものの, 暁ふる雨の, 暁ほつれし髪を, 暁ほど赤くない, 暁への水, 暁まえの醒め, 暁まだ熄ま, 暁までに幾ばくも, 暁までには収まるだろう, 暁までの余裕が, 暁まではと几帳の, 暁までも聟を, 暁までを引受けさせ, 暁みまかりたりける, 暁らしむるものにあらざるも朝に, 暁らしめついには, 暁られざらむ様に, 暁りしにや直様死体, 暁りたる大年増, 暁り得た今の, 暁り知り勢を, 暁るべき由無けれど, 暁る能わずただちに同誌翌月号, 暁ども勉め, 暁たか, 暁ニハ世界中ニ只一人ノ醜, 暁直チニ, 暁ロシア最大のそして, 暁・行満などに於ける, 暁一人を世子, 暁一時過ぎまで延長, 暁七つ時に小者多助, 暁七時過神戸港出帆, 暁七時丸山邸え著, 暁七時吉見英太郎河合八十次郎英太郎が父, 暁七時浪華天保山沖へ著, 暁七時頃土州軍艦へ乗, 暁両氏本船に来, 暁助という, 暁二時なり, 暁五時青い光, 暁を樹立, 暁も彼, 暁俄然とした, 暁は果して, 暁先生は真に, 暁先立つものは, 暁八時過油川宿出立, 暁六ツから屋敷, 暁六時細君柏児を伴, 暁六時跡部平山を江戸矢部定謙, 暁兵団の運用長, 暁其方器量学問見所あり何某大使, 暁冥冥雲影侵窓夢忽醒残雪懸天, 暁初めて東京へ, 暁月徘徊, 暁の百舌鳥, 暁前夜釜で煮, 暁前暁後と四ツ, 暁十分に償, 暁千代田城内には驚くべき, 暁卯刻女子出生名乃夫, 暁が記録略, 暁が立つた, 暁四時に帰った, 暁四谷代々木間の電車, 暁団一流のサイン, 暁団員の連絡場所, 暁団対黄血社の闘争, 暁園八田青翠千種草雲と云, 暁園城寺より下著, 暁地震あり, 暁声社という鶏, 暁夕毎に堅氷, 暁太宰治木山捷平古谷綱武亀井勝一郎中村地平君等である, 暁太郎ひとり山荘に残る, 暁如凝五月中旬猶結氷, 暁は子明, 暁宮寺に参籠, 暁の時, 暁寅刻に至っ, 暁寅時大津御旅館御発駕, 暁かりし, 暁寒き陣門の, 暁寒く火を, 暁小樽に着く, 暁嵐峰より吹き下し, 暁に薄氷, 暁は自家, 暁律師がシナ, 暁と四ツ, 暁得らずしてひたすら, 暁得りて, 暁得りしものから, 暁怠ったことの, 暁ふ, 暁我々の社会生活, 暁或は月の, 暁方まゆみは遂い, 暁方やつと三人, 暁方一つの道, 暁方七つ時に大阪西町奉行所, 暁方乳人が姫, 暁方前に脱, 暁方四時少し過ぎ, 暁方小用に起き, 暁方師匠のところ, 暁方悪漢の巣窟, 暁方清洲の城, 暁方火を城, 暁方空の白む, 暁方肺病の病舎, 暁方近く医者が馳, 暁方過ぎからう, 暁方部隊長室から呼び, 暁方雨ふりしと, 暁方雪また降る, 暁方高島城の大手, 暁帰容止形貌似, 暁明二度目の音, 暁明星光薄く而, 暁明駿馬に鞭打つ, 暁といっ, 暁暗に白く大刀, 暁し昔日, 暁を候, 暁漸く色無し, 暁月坊国に死す承, 暁最清新, 暁は見, 暁たり立たす, 暁来暑気大いに加わる, 暁来陸影全く眼中, 暁来驟雨たちまち来, 暁は出, 暁に何時も, 暁民共産党に発展, 暁民共産党事件に連坐, 暁法印もこの, 暁海風和らぎ波滑らか, 暁湖伊沢柏軒小島抱沖堀川舟庵と漁村自己, 暁湖名は元, 暁漢言語同断といふべし, 暁潮風涼しく松, 暁火事があつ, 暁焼く香の, 暁煙山遥水遠望無辺平原一色青如染不是麦田渾牧田, 暁煙眼光を遮る, 暁爛々たる曙, 暁のかたき, 暁の詩, 暁発古城辺従今深入, 暁せざるなり, 暁は無残, 暁への嫉妬, 暁窓はるかに帆影, 暁窓四面山影を見ず, 暁窓春寒料峭を覚ゆ, 暁窓近く紀南の諸山, 暁立つ霧を, 暁に一言, 暁結城哀草果高田浪吉辻村直の諸君, 暁だの大和屋文魚, 暁腫物を煩, 暁といふ方, 暁の中, 暁葉子上野光子計五名, 暁葉子氏をつかまえる, 暁が哀し, 暁解するの益ある, 暁詠み出た歌に, 暁い泥河, 暁起して机, 暁趨路寝栄, 暁のたつた, 暁は何, 暁二勺不足之は, 暁近い深い睡眠に, 暁近い鈍い白さが, 暁近き小枕の, 暁近く二人は凍死, 暁近く濃霧にうるむ, 暁近く羌人が引き出し, 暁途中から細かい, 暁するよう, 暁重昌何の面目, 暁野村三田村へ陣, 暁鑁阿寺へ来, 暁間近になっ, 暁雨傘を描き出した, 暁を踏ん, 暁を冒し, 暁に立, 暁は朝餉, 暁に誰, 暁顛倒して, 暁風あざやかに魏, 暁風残月入華清, 暁風野辺地の浦, 暁に先, 暁啼く, 暁鶴岳別当職に補