青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「智慧~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

景~ 景気~ ~景色 景色~ 晴~ ~晴れ 晴れ~ 晴れた~ 智~ ~智慧
智慧~
暁~ ~暇 暇~ 暑~ 暑い~ 暖~ ~暗 暗~ ~暗い 暗い~

「智慧~」 1775, 19ppm, 5983位

▼ 智慧~ (394, 22.2%)

16 貸して 10 しぼって, 絞って 8 かして 6 出して 5 つけて, つけられて, 拜借に, 持ち初めて 4 しぼつ, 借りて, 借りに, 抱いたま, 絞つて 3 つけたの, ふりしぼって, 付けられて, 働かせて, 授けて, 磨くこと

2 [24件] したの, しぼれば, めぐらして, もって, もつて, 付けて, 伝えるため, 体得した, 借りたいの, 借りたの, 借りようと, 借りること, 出すこと, 拜借し, 拜借しよう, 拜借する, 拝借し, 持たねば, 持って, 持つて, 有する人, 磨け, 示して, 讚せよ

1 [238件] あたへる, あつめて, あなたに, ありとあらゆる生き物, うか, おかししたいと, かりた, かりて, かりに来た, かわれたり, したもの, しぼったところ, しぼらせたが, しぼりいい, しぼり出したの, すなわち孔子学派, するので, する間, つくして, つけおりは, つけおる, つけた, つけたからじゃあ, つけたん, つけた上, つけられたこと, つけられた皆吉, つけられないよう, つけられ過ぎた結果, つける, つけるの, つける婆, どこに, はたらかして, はたらかせて, ひけらかしたり, ひねりだしたん, ふるつて, めぐらした, めぐらすとかいう, もう一度心, もたなかった, もった人々, もった動物, もて神, やしなふ工夫, 与うる樹, 両足に, 中途半端に, 亡せり, 人格の, 人間に, 仏教では, 付けられたらう, 伴わない直覚, 体得するなら, 使います, 使う人, 使って, 借りた, 借りたいこと, 借りたいと, 借りたいところ, 借りなくても, 借りました, 借りようかとまで, 借りようという, 借りると, 借りるほどの, 借りるよう, 借りるッ, 借りる下心, 借りれば, 借り度いが, 借るべき相談相手, 借るまでも, 傾けて, 傾けました, 傾けるの, 働かしたのち, 働かして, 働かしなば, 働かすが, 働かすこと, 働かせます, 具えたる愛, 出したって, 出したの, 出したので, 出したもの, 出した奴, 出しぬ, 出しますが, 出し合いその, 出すだらうと, 加えたらなるほど, 加へる, 受取って, 吹き込んだ, 吹き込んだこと, 問題には, 回らすか, 増し経験, 増長す, 失うから, 孕んで, 学んで, 完全に, 完成された, 尊重する, 小出しに, 廻して, 廻し恰も, 得たるに, 得て, 得る, 思いだして, 思い民衆, 恃んで, 恵んで, 悦び描写, 意味する, 感じますます鍾愛, 戦はして, 抱いたまま, 拜借, 拜借した, 拜借したい, 拝借, 拝借いたしたく, 拝借したら, 拝借しよう, 拝借出来たら, 持ち出したり, 持ち合わして, 指して, 振うて, 振りまいて, 振り絞るの, 授かるの, 授けられずに, 授けられる外, 授ける, 授けるもの, 探し求めたの, 揮い戸, 搾って, 搾り当てたの, 收め卷三に, 放ちて, 放擲し, 日々よく, 明るく弁説, 智と, 曇らして, 最高の, 有する人也, 材料として, 欠かなかった, 止揚した, 武侯に, 求むべくエジプト, 求めて, 求めまた, 活用すれ, 深めること, 漸次に, 燬くにや, 父の, 犯罪捜査に, 現して, 生むとは, 生活の, 用いるもの, 用い腹掛け, 用ゐる, 発見し, 盗まれる, 着けは, 破滅させ, 磨いた効果, 磨いて, 磨き徳, 磨く事, 磨こうと, 礼讃し始めた, 私たちに, 笑ひぬ, 笑ふ, 紋つた糠の, 絞ったって, 絞ったん, 絞つたが, 絞つたので, 絞つたもの, 絞らねば, 絞ります, 絞り出した, 絞り出したの, 絞り出しつ, 絞り出して, 絞り尽して, 絞り工夫, 絞り泡, 絞ると, 絞る氣, 絞る風, 綜合的に, 育て上げる摂受門係り, 自発的に, 荘儼し奉り, 見るに, 見出すもの, 見落して, 親しく磨い, 試みたり, 誇りけるが, 語るもの, 読むその, 負います, 買つたけれど, 貸したに, 貸したもの, 貸しちや貰, 趙温に, 述べたてるのに, 鍛へ, 開いて, 開く宗教, 開く方法, 開覚い, 附けて, 附けられて, 集めたという, 離脱し得ない, 非常招集し, 駆り出しでも, 験めそうと

▼ 智慧~ (334, 18.8%)

4 ある奴, ある男, ない話, 光を, 小出しを, 方は, 這入つて 3 ある人, ある者, ことです, 実を, 實を

2 [23件] ありさ, あるおばあさん, ある人間, 光りを, 判断の, 力で, 力に, 加工が, 少くとも, 悲しみを, 持主である, 果, 深さ, 無い話, 理想が, 相者は, 眼を, 芽生えを, 足りなさ, 逞ましい, 遲い, 鈍い者, 鏡も

1 [245件] あらわれた微笑, ありったけを, あるふくろう, あるもの, ある一種, ある佐良井, ある女, ある娘, ある宝石商, ある小父さん, ある少女, ある方, ある犬, ある猫, ある生物, ある馬鹿, ある馬鹿息子, ある鳥さし, いのちを, うえに, おくれた部分, かたまりの, くらさ, さ, すぐれた怪物, すぐれた観照, ために, つき方, つくの, つもりで, ないこと甚, ないざま, ないところ, ないの, ないもの, ないプログラム, ない先生, ない動物, ない叙方, ない名, ない奴等, ない恰好, ない慈悲, ない空頼, ない者, はからいを, はやさ, ひろさ, ほどが, ほどこそ, まはる三十男, まはる女, まわりを, まわる方, やうに, ような, ように, よく廻る, よろこびが, よろこびも, アクビを, クモの巣を, 一声で, 一断片であっ, 一面半面だけを, 上から, 不断な, 不足が, 世界です, 井の, 井を, 人子貢に, 働きに, 働き場所であり, 働き場所である, 働くもの, 優れたるが, 優劣について, 光である, 光に, 光りに, 光りの, 光明, 光明である, 出ない先, 出るひま, 初めであろう, 初めでなく, 利くところ, 利く男, 力が, 力を, 劣った者ども, 動きを, 及ぶ限り妻子, 哲学と, 國, 大きさ, 失策を, 奥ふかい, 女神の, 女神アポロによって, 如くに, 子に, 実によ, 実はにがい, 実は怒り, 小石は, 届く限界線, 広さ, 庫, 廻りさうな, 廻るのに, 廻る下手人, 廻る働く方, 廻る奴, 廻る打越, 廻る男, 廻る野郎, 影としか, 思いつく範囲内, 恐ろしさ, 悲しみ, 意味であり, 持主で, 持主らしく, 持合せの, 教を, 文殊です, 新鮮を, 方が, 方で, 方なら, 方の, 方はや, 方も, 方を, 方向からの, 日の, 明るさ, 時貸しつて奴が, 時貸しは, 最上の, 最後の, 木の, 木は, 林檎を, 果でも, 果を, 果実と, 枝です, 権化である, 横綱文殊と, 樹の, 気の毒さみたいな, 水準の, 水準を, 泉採れ, 浅瀬を, 浮かぶゆとり, 涙と, 深い人, 深い眼差し, 深い芸術, 深そう, 深まるしっかり, 澄んだ光, 火が, 火の, 火よ, 灯が, 炬火で, 無いにも, 無いもの, 無い奴め, 無い後腐れ, 無い男, 無さ, 無遠慮な, 無量無辺際である, 物すごかった, 玉乘り, 環の, 環や, 痕跡の, 発達した, 発達という, 発達なり, 発達に, 発達を, 目が, 目と, 目醒め, 眸は, 眼, 眼が, 瞳を, 矢を, 神コハクを, 神様と, 秘密が, 種子播き, 窮極である, 第一条件, 箭の, 美徳, 肥料と, 臆病が, 色だ, 行止りでも, 行止りは, 見事さお, 言葉である, 言陳じ, 認識と共に, 説明, 象徴善財は, 貸与と, 走ること, 足らぬの, 足りないところ, 足りないもの, 足りないらしい十二三, 足りない兄, 足りない娘, 足りない將軍, 足りない彼, 足りない男, 足りない私, 足りない連中, 足り無, 輝いた社会, 輝し, 透明さを, 這入って, 逞しい人間, 逞しい男, 遲れた, 鋭さに, 鏡に, 開けんこと, 間に, 閣に, 願あり, 點に

▼ 智慧~ (184, 10.4%)

7 ある 5 一つの 4 あるん, ない, なさ, 含まれて 3 あつて, 浮ぶかも 2 あって, あろうとは, ついて, つくと, ないから, なければ, 必要である, 無さ, 足りないと

1 [132件] あったであろうか, あったとは, あつた, あつたら, あらあ, あらう, あらうとは, ありあまんじゃ, ありさ, ありさうな, ありそう, あります, ありますの, あり果断, あり過ぎて, あるかと, あるだろう, あるっても, あると, あるな, あるほど, あるよう, あれば, あろう, いつも背後, おあり, お入り, こしらえられるもの, この思慧, この程度, この識, ございませんから, ござんせん, したの, すなわち般若, その弟子自身, それです, そんな文字, つけられるか, つまりこの, どんなに働く, ないと, ないとも, ないなあ, ないので, なかった, なく日の丸, なさ過ぎますね, はいって, ひそむわけ, まわりいい, まわりかねた奴, ゆき届いて, ブラ下が, 一つ巣を, 何より役立った, 働いて, 働かなかったか, 働きました, 入用だ, 出た, 出ない, 出ないの, 出ない性分, 出ない時, 出なかつたらう, 出なければ, 出よう, 出るもの, 出るもん, 出るやう, 出るわけ, 出る事, 出拂, 取出せる, 君に, 廻らなきや, 廻り兼ねと, 廻るから, 廻る筈, 後から, 必要だった, 急に, 愁の, 感情に, 智慧に, 有って, 有るとか, 有るん, 浮かばず, 浮かばないとも, 浮かばなかつたの, 浮かぶ見込み, 浮かんで, 浮ばないとも, 浮びましたか, 湧いて, 湧き出る, 湧く言わば, 無いから, 無いねエ, 無いの, 無え, 無かったなら, 無限なら, 病に, 病気に, 発達し, 短いと, 短かく, 示されて, 考へ, 臆測の, 蔵され, 融化し, 豊かに, 走つて, 足らないで, 足りない, 足りないから, 足りないん, 足りねえから, 輝くの, 逞しくなる, 逞まし, 進みましたが, 進むに, 進むにつれて, 閃めきました, 附いて, 隠されて, 集まって

▼ 智慧~ (111, 6.3%)

3 ないか 2 すべて虚無に, 幼き智慧, 後から, 徐かに, 次第に乏しく, 自然の

1 [96件] あとからと, あとで, あまりな, ありは, ありませんか, あるが, あるの, いつでも, いつも此, いつも良い, うかばないらしい, えらいこと, かえって猫, こうであった, これだけ, こんな些細, こんな山間, しぼらねば, そのまま慈悲, その応用, それから, そんなところ, どんなに深く大きく, ないかしら, ないので, ない時分, なか, なく私, ねえが, みな似, みな此の, もう散々, 一切は, 一度他, 不思議な, 乏しくとも, 予見出来ない, 人よりも, 今よりも, 仏智にも, 俄に, 其の人, 出す方, 出そう, 出ない, 出ませんか, 出ませんよ, 出拂, 切通しと, 化石せん, 即ち其罪悪, 同侶, 君から, 啖肉獣, 地球の, 大てい仲人, 失礼だ, 容易に, 實に, 年齢と共に, 幸福を, 当り前だ, 御辺, 悪魔からでも, 懐疑において, 懷疑において, 成長する, 持って, 文化の, 文殊さまみ, 智慧の, 更に経験, 此地を, 汝に, 決して般若, 流れ去らん, 浮びさ, 淺く, 無いと, 無いもの, 無いん, 無限に, 直喩に, 神の, 禪閤以上に, 自然界の, 論告が, 諸侯の, 足りないと, 足りない方, 足りねえそん, 遥に, 遭遇によ, 附いて, 附かないよ, 非常に

▼ 智慧~ (109, 6.1%)

3 ある, 力も 2 あります, 出て, 出ないの, 工夫も, 神の

1 [93件] あらゆる異邦人, ありながら, ありましょう, ありますれば, あり判断, あり力, あり技術, あるりつぱな男, ある微笑, ある樫, あろうという, いかして, いる, うかばない, きかぬ気, これ以上には, しぼって, たいして尊重, つきやしねえや, とぼしくそのまま, ない, ないが, ないと, ないのよ, ないワ, ない私, ない者, なかった, なかつた, なき息爭, なくあくまで, なくこ, なく空しく腕, なく足, なければ, ねえん, ひそかに, ふんだんにあつ, またすぐ, まだ愚, みんな直接に, 人並に, 人並優れた, 体も, 何も, 出ず長い, 出ないらしい, 出なかった, 出ようという, 出るの, 分別も, 勇気も, 大抵は, 學問も, 容易く私たち, 容易で, 寸分交ぜず, 少し貸し, 度胸も, 思い浮びません, 思い直した方, 思考も, 慈悲も, 持ち合, 持って, 早く發達, 春松の, 有り先ず, 柄も, 浮かばないの, 浮ばなかつたので, 浮びませぬゆえ, 無かった, 無想の, 理性も, 盡き, 立派に, 経験も, 纒まりません, 自分よりは, 行いも, 行届く人, 親分の, 解くこと, 貫祿も, 貸そうよ, 辯舌も, 近頃は, 逞ましく, 達者なれ, 遲く, 開かれる仏性, 開けて

▼ 智慧~ (76, 4.3%)

3 勇気とを, 運命 2 力とを, 呼ばれるもの, 義と

1 [64件] あらゆる堅忍, いい始めたらしい, いうけれど, いうほどの, いって, いっても, その深き, その発露, どん慾さなかなか, なって, なり, なる活機, 不思議と, 云うよう, 云ふも, 人格とにおいて, 働とで, 分別とがの, 分別を, 判断の, 判断を, 力に, 勇気と, 勇気を, 勇氣を, 区別し, 名づけても, 堅忍とが, 小慈悲, 平和の, 幸運とは, 忍耐と, 悪徳とは, 情慾とを, 意志が, 意志を, 慈悲, 慈悲との, 慈悲とは, 慈悲とを, 戦って, 手段とを, 技巧とによって, 技術とを, 敏捷な, 来た日, 無限の, 理窟が, 申しましても, 知識との, 確信を, 経験に, 聖徳との, 腕を, 腕力と, 自由の, 良心とを, 解釈し, 謂ふもんだ, 資本の, 近い将来, 運とを, 運命の, 道徳とを

▼ 智慧~ (61, 3.4%)

2 小さい彼ら, 近いもの

1 [57件] いまさら眼, およばないという, からかわれて, しちゃ, しちや, その時, たよって, たより過ぎると, なって, もとづくと, よったの, よらねば, よるならば, 亡びなかった場合, 任せよう, 使われずかえって, 使われる人, 依らぬ限り, 助けられて, 及ばないでは, 及ばなかったか, 及ばんや, 囚われて, 囚われやすい, 委ねきつ, 對する, 恵まれて, 悩まされた事, 悲あり, 悲しみあり面白かっ, 慢じ, 捧げて, 推服し, 於て, 欺むかれ, 満ちた弁論, 満足し, 溢れ慈悲, 溺れると, 甦って, 相違ない, 競い得る人智, 縋る外, 自惚, 苦しみ抜いて, 触れる思い, 誇る美術家, 負けるの, 逞しい女, 過ぎない, 過ぎないから, 適う事, 適えるなり, 騙され易く, 驚いたよ, 驚いて, 高ぶる者

▼ 智慧~ (45, 2.5%)

2 あつた

1 [43件] あらゆる手立て, この野原, ごぜえます, ざぶ, するこッ, その下情, その身, それらを, どこからが, どんな深い, ないと, なら誰, はござりませぬ, やったこと, ゴーリキイの, ドンゾコまで, 一億の, 今まで, 何も, 作りあげた恐ろしく, 作物で, 光る, 判断し, 占ったの, 實際古代に, 情けないこと, 拵へ, 新らしい, 暮しな, 死を, 殘し, 水心の, 焼鳥風に, 父の, 皆んなの, 私の, 老父は, 若旦那の, 藤屋で, 見ること, 計劃, 食物を, 駄菓子屋を

▼ 智慧~ (42, 2.4%)

3 だ, だな, なん 2 でござる, ですよ

1 [29件] が多い, さ, じゃけえ, だけある, だね, だねえ, だよ, だろうと, であんな, でいらっしゃるよ, でございます, でございますから, ですね, で名高い, と, として犯罪, ならば, ねエどれどれ芳野さん, の, のほ, のよう, のポローニヤス, の働きもの, の安さん, の彼, の板倉殿, の玄沢坊, も僕, を集め

▼ 智慧では~ (19, 1.1%)

2 なかつた

1 [17件] ありませぬ, ありません, あるまいと, とても突き崩せない, ないと, ないの, なくて, なくもっともっと, わからないこと, 出來さ, 分らないから, 及ばない神変不可思議, 思いも, 想像や, 手に, 洒落が, 臆測も

▼ 智慧~ (16, 0.9%)

2 力で

1 [14件] ある場合, 企みほど, 八戒の, 勇気が, 思案の, 情慾が, 技巧を, 男つ, 眞理や, 経験に, 腕は, 舌巧者な, 金で, 黄金に

▼ 智慧ある~ (14, 0.8%)

2 人間に, 教育ある 1 ものを, も今, 人, 人にて, 人の, 人は, 先賢に, 無雑作, 王一切世間の, 風に

▼ 智慧~ (14, 0.8%)

1 [14件] が大声, といふ長い, は, は元気, は問, は声, は村, は槍, は笑, は言, は長い, は馬鹿, も堪らなく, を始め皆

▼ 智慧でも~ (13, 0.7%)

1 [13件] ありまた, あるの, これ以上の, ない, なければ, 付けたよう, 借りたくなるから, 其處までは, 出し合つて, 十手捕, 埒が, 持つて, 葡萄酒でも

▼ 智慧~ (11, 0.6%)

1 [11件] が同じ, つたのです, つて高が, といえないであろう, と云え, と思い, と思ひ込ん, と申す, と考え, ね打, めし根だ

▼ 智慧とは~ (11, 0.6%)

1 [11件] いえません, この軽い, これまで, どこへ, どんなもの, ならない, 二に, 何ぞや, 実地と, 決して愚痴, 誇大する

▼ 智慧には~ (11, 0.6%)

1 [11件] いろいろな, どうしよう, 三種の, 出来過ぎると, 及びません, 困ったこと, 敵わ, 殆ど虚偽の, 良き考, 違いありませんが, 驚いたよ

▼ 智慧とを~ (10, 0.6%)

1 もちいて, もつて, 一に, 一時に, 完全に, 得た, 持つて, 文字によって, 有する人々, 諸君に

▼ 智慧という~ (9, 0.5%)

2 ものが 1 ことであります, ことに, ものも, ものを, 奴が, 風で, 風でなけれ

▼ 智慧によって~ (9, 0.5%)

1 この現実, まさしくほんとう, 宇宙の, 生れた小人, 自身の, 表現に, 裏づけられて, 観照するなら, 迷いの

▼ 智慧~ (8, 0.5%)

1 さが, のか, のだ, のである, のでございます, んでごぜ, んでしょう, んです

▼ 智慧才覚~ (8, 0.5%)

1 ある者, が徒ら, が恐ろしい, が有, じゃが, は然, を授けられ, を鼻

▼ 智慧あり~ (7, 0.4%)

1 さう, そうな, その狡黠, て, と知れた, 悪意なき, 顔の

▼ 智慧~ (7, 0.4%)

2 やありません, やない 1 やあるまい, やうまく, や及びません

▼ 智慧とが~ (6, 0.3%)

2 我々の 1 一致し, 人間の, 含まれて, 敏感な

▼ 智慧伊豆~ (6, 0.3%)

1 であった, ともあろう, とよばれ, と称せられた, の名声, の謀略

▼ 智慧比べ~ (6, 0.3%)

1 だ, であろう, で勝てる, とは違つて, の方, をした

▼ 智慧~ (6, 0.3%)

3 一の 2 十三章の 1 一と

▼ 智慧くらべ~ (5, 0.3%)

1 で戦おう, とに充ち, をしよう, をはじめたく思います, を出し

▼ 智慧じゃ~ (5, 0.3%)

2 アねえ 1 ない, 及ばない, 四日五日は

▼ 智慧にも~ (5, 0.3%)

1 めぐまれて, 人に, 及ぶ関係, 幾とおりも, 餘る

▼ 智慧から~ (4, 0.2%)

1 うけるもの, では, 割り出した術数, 真の

▼ 智慧との~ (4, 0.2%)

2 すべての 1 存在する, 関係

▼ 智慧とも~ (4, 0.2%)

1 なるの, 区別が, 呼び得よう, 宇宙生命から

▼ 智慧であり~ (3, 0.2%)

1 啓発であっ, 知識である, 精霊であり

▼ 智慧である~ (3, 0.2%)

1 が故に, ことに, ことを

▼ 智慧です~ (3, 0.2%)

1 から結局, が此邊, ね

▼ 智慧といふ~ (3, 0.2%)

1 ものが, ものを, 倦鳥を

▼ 智慧なる~ (3, 0.2%)

2 ものが 1 かなと見

▼ 智慧をも~ (3, 0.2%)

1 なお愚か, 借りること, 知って

▼ 智慧を以て~ (3, 0.2%)

1 一度この, 取りこれ, 或日

▼ 智慧分別~ (3, 0.2%)

1 ありたけ, とかいう雑念, も進ん

▼ 智慧深い~ (3, 0.2%)

1 描写を, 瞳を, 観照の

▼ 智慧自慢~ (3, 0.2%)

1 で深川中, の小, の輩

▼ 智慧~ (2, 0.1%)

1 ホレーショーは, 見分けの

▼ 智慧~ (2, 0.1%)

1 て歌, 子供といつても

▼ 智慧しか~ (2, 0.1%)

1 ないと, 持って

▼ 智慧だった~ (2, 0.1%)

1 ということ, のか

▼ 智慧でなけれ~ (2, 0.1%)

1 ばならない, ばなるまい

▼ 智慧として~ (2, 0.1%)

1 掲げられて, 身に

▼ 智慧とに~ (2, 0.1%)

1 富む中村君, 満ちたアッソシエ

▼ 智慧なし~ (2, 0.1%)

1 だと, の計

▼ 智慧なり~ (2, 0.1%)

1 人智発達の, 人格なりに

▼ 智慧にかけては~ (2, 0.1%)

1 人の, 人間よりも

▼ 智慧に対する~ (2, 0.1%)

1 信頼とを, 希望生活の

▼ 智慧のね~ (2, 0.1%)

1 うちに対する, え奴

▼ 智慧のみ~ (2, 0.1%)

1 でなく他, 光り

▼ 智慧ばかり~ (2, 0.1%)

1 では, 達者な

▼ 智慧もの~ (2, 0.1%)

1 わかりよ, を味

▼ 智慧~ (2, 0.1%)

1 附けてさ, 附けるん

▼ 智慧多けれ~ (2, 0.1%)

2 ば憂い多し

▼ 智慧浅き~ (2, 0.1%)

1 は横文字, は詮方

▼ 智慧貸し~ (2, 0.1%)

1 てくれへん, てもらい

▼1* [133件]

智慧つて思慮の, 智慧あって古, 智慧あらば老年, 智慧あらゆる国際協力が, 智慧ありし故なれ, 智慧ありたけ尽し, 智慧附けられて, 智慧かかの女の, 智慧かと矢野が, 智慧ぐらいで対手の, 智慧ぐらいでは絶対に, 智慧ぐらいのことを, 智慧こそ彼岸へ, 智慧こそはやまとなす神の, 智慧へ追憶さ, 智慧さえ玲瓏無垢な, 智慧さえもなく女, 智慧されてるとは知らず, 智慧すなわちほんとうの, 智慧する訳で, 智慧そのものもまた, 智慧それがとり, 智慧たらずの面々, 智慧たることを, 智慧だけでは, 智慧だけが感じるごく, 智慧だせだせと, 智慧だに未だ発展, 智慧だの自然と, 智慧だらうと思ふ, 智慧ちゃんのなくなった, 智慧づけをする, 智慧であって表現, 智慧であったかも知れない, 智慧であったろうという想像, 智慧でありまして大, 智慧できて気性, 智慧でしたので附焼刃, 智慧でなかつたと云, 智慧といっただけでは, 智慧といふもの何の, 智慧とか法性とか, 智慧とには富んで, 智慧なきものと共に, 智慧なく人の, 智慧なぞの及ぶ, 智慧なぞは少しも, 智慧などでは到底いつ, 智慧などにうごかされる人物, 智慧などはどの道多寡, 智慧なら持って居る, 智慧なら改まるに及ぶ, 智慧なら貸してやる, 智慧なら貸す筈だ, 智慧なりがなければ, 智慧なんか借りるもの, 智慧において勝りまた, 智慧については案外知らない, 智慧にとつて利益を, 智慧にのみ工藝を, 智慧にまで徹底自覚せしめよう, 智慧により神に, 智慧に対して女王から, 智慧ぬけめない, 智慧のほどを試すと, 智慧はっはっは, 智慧ふんべつを, 智慧くろと, 智慧までが盡き果て, 智慧もねエ様ア見やがれ, 智慧やなんぞを出したり, 智慧天に, 智慧よりもはばかりながら町人, 智慧らしいがそう, 智慧をすら浮べる彼, 智慧をね親分が, 智慧をば仏の, 智慧を以ての故に生死, 智慧世間には上手, 智慧にすぐれ, 智慧伊豆信綱の血, 智慧伊豆松平信綱の孫, 智慧に無双, 智慧て来, 智慧出でて大, 智慧出羽と云われた, 智慧力量の致すべきで, 智慧是罪悪の, 智慧同様に意味, 智慧だった, 智慧売る子とは, 智慧好き折に出でな, 智慧如何と尋, 智慧宏大と聞く, 智慧富楼那の弁, 智慧幽深問無, 智慧思案を凝らせし, 智慧の三, 智慧愛創造を司る, 智慧愛想像の女神イオイナ光, 智慧を満足, 智慧才能の備つた徳人, 智慧才覚根気度胸其様なもの, 智慧拝借の結果, 智慧敏きを見る, 智慧本堂再建の普請金八十両, 智慧材能あるもの, 智慧殊勝で仏鉢, 智慧の如くならん, 智慧満身の精神, 智慧という奴, 智慧生じて善悪, 智慧真率さをそのまま, 智慧真理を悟った, 智慧矜恤愛憐は我胸, 智慧知識がそれぞれ, 智慧知識人格から見, 智慧に似る, 智慧競べを演じ, 智慧絞ってんし, 智慧聡い瞳を, 智慧聰明謀略剛氣知識敬虔及び敬, 智慧く清浄, 智慧販売されて, 智慧走ると見て取つた, 智慧足らず人の不幸, 智慧逞しいお浦, 智慧逞しきオヂュシュウス, 智慧金の, 智慧開覚人格完成に結びつけ, 智慧附いたのか, 智慧非凡だったから, 智慧風趣などが特色