青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「智~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

普通~ 普遍~ 景~ 景気~ ~景色 景色~ 晴~ ~晴れ 晴れ~ 晴れた~
智~
~智慧 智慧~ 暁~ ~暇 暇~ 暑~ 暑い~ 暖~ ~暗 暗~

「智~」 2224, 24ppm, 4836位

▼ 智~ (241, 10.8%)

4 顔を 3 のだ, 彼女は

2 [14件] ことを, ロマンチシズムだ, 世間の, 力の, 動物の, 勝彦に対して, 卑賤しい, 女でも, 女と, 彼女の, 彼等の, 者で, 者の, 者を

1 [203件] ああいう, いやらしい愛情, くらいに明るく, こと, ことでしょう, これから延び, それでいて底, ために, ため恐ろしく, だけで, ので, のである, のです, のに自ら, ほど不愍, ほど大胆, ままそこの, ものと, ものに, ものは, ものも, やつだ, んだ, グラフィーラ自殺しそこなった, ナンセンスと, 一人よがり, 一匹の, 一図の, 不平ばかり, 不平ばかりを, 不潔な, 不良の, 不親切さが, 中で, 事を, 人々にも, 人々ばかりが, 人々へは, 人たち, 人たちの, 人民の, 人民を, 人種の, 人達の, 人間が, 人間を, 今日の, 仕業だ, 仲間は, 仲間達から, 何にも, 何も, 侵略者の, 信念から, 偏見, 兇暴な, 冗談に, 冗談を, 凡下どもの, 労働者よ, 労働者女子供の, 動物は, 器械に, 圏境で, 土人に, 土民と, 土蛮の, 圧迫に, 在所の, 女かも, 女が, 女たちで, 女だ, 女で, 女であった, 女では, 女な, 女に, 女の, 女は, 女中に, 女子は, 女性であります, 女房が, 奴って, 奴どもを, 好人物を, 妄想も, 妖婦から, 妻は, 妾の, 姉妹共で, 姑の, 姑根性から, 娘を, 婦人の, 婿を, 子供に, 子供の, 家来の, 小作人が, 小商人, 小細工で, 少名彦神尊, 少女ソーニャの, 工人たちの, 幼さ, 彼等では, 徒輩は, 思想に, 恐怖に, 想像力が, 愚かな, 愛嬌が, 愛情の, 感じが, 感情が, 態度は, 我儘な, 戦国時代には, 手下たちの, 批評の, 搾取者に, 支那労働者に, 教区の, 敬神観念が, 暁子が, 暴力の, 次の, 母の, 母親は, 為かは, 為政者の, 無辜の, 無邪気な, 父親を, 狂暴性が, 狭小な, 狭隘な, 生活に, 田夫ばかりは, 田舎の, 男に, 男女に, 男女全く, 百姓どもの, 百姓は, 百姓女ふ, 百姓女や, 百姓町人達は, 盲目的な, 眼が, 眼で, 祖父母を, 私などが, 積りで, 素人が, 者だけ, 者などに, 者にすら, 臆病な, 自信で, 自然の, 英雄主義に, 草木よりも, 薄汚い姿, 薄褐色, 蛮将連を, 行為者に, 表情を, 見物には, 親が, 親切から, 観光者の, 言葉は, 言葉を, 詭弁だ, 詭辯だ, 話術で, 誇りでは, 誤解を, 貧乏人を, 質問が, 質問などに, 軍用ペンを, 農民には, 農民の, 通俗を, 野武士の, 闘魂に, 陰口が, 階級にのみ, 階級に対しては, 階級の, 雄弁によって, 露骨さで, 頑固さを, 頑迷の, 飢民の, 馬鹿らしい手紙, 魚でも, 魯鈍の, 鳶色の

▼ 智~ (222, 10.0%)

3 ために, 人民を, 眼を, 神

2 [12件] あま酒つくる, もので, 人民に, 代表的所有者は, 光にて, 圈内で, 感情の, 方の, 活力の, 罪では, 老嫗, 詩なり

1 [186件] あらそいであった, あるもの, ある者, うちに, うねりを, きわみである, ことなる, これに, せい悪意は, ためとも, ともがらに, はたらきをも, ひらける縁, ひらめきを, また自然法爾, ものとの, ものは, ようで, コケ共に, バカラシサや, 一策を, 不足を, 世界に対し, 中で, 中に, 中にか, 乏しい京子, 乏しく世法, 二童子で, 人で, 人である, 人の, 人間が, 人間ほど, 仕業が, 代表と, 仲間じゃった, 休らふ, 伝へでも, 伴天連反っ, 位置に, 作品は, 作家だ, 例として, 修法を, 働きに, 働きをすら, 僧たるを, 光に, 光輝より, 凡下と, 凡夫は, 出るもの, 出所を, 判斷に, 判斷は, 利剣で, 制肘から, 力で, 及ぶ限, 四門には, 圈の, 圈内の, 土人達は, 坂東の, 境地以上の, 士大浦孫六等二十余人を, 外には, 大空, 大衆は, 大衆芸術である, 妖怪と共に, 妻は, 娘なり, 完全なる, 宿場人足にも, 尊と, 小児が, 小民, 少年は, 尺度, 尼入道と, 山国の, 岡を, 岡ノ上に, 巫女における, 師で, 弱点を, 徒, 徒で, 心が, 快楽十年まえ, 性慾そのものの, 性質を, 惰眠を, 感情を, 慈善家が, 所産である, 持つ強味, 捕ふるを, 捷利, 故にだけ, 教えを, 方面に, 方面を, 日本人が, 最も複雑, 材猛勇の, 極罪が, 権化の, 民衆の, 洗濯女よ, 海は, 深きを, 漁師などが, 濃霧, 無策無謀の, 照明を, 熱情, 燭光より, 爲なれ, 爺婆が, 犯人たちまち, 状態に, 狂信者を, 生んだ罪, 田舎娘であるなら, 目を, 相貌を, 眞能破, 眼が, 眼信の, 神である, 神と, 神まで, 神次に, 空寂, 笑い方, 筈で, 範囲に, 粋, 絶望と, 総和の, 羅漢に, 義なり, 者が, 者は, 耳うとく, 耻で, 耻を, 職工が, 能力中の, 膨張, 芽を, 草木に, 蒐集に, 虫, 蛮将ども並べ, 表象であり, 裁きで, 要求を, 視野に, 詞を, 話である, 誤解といはむ, 證據には, 象徴と, 質は, 足らざるを, 軍と, 輩でも, 輩に, 輩を, 農民の, 迷信者も, 道俗男女の, 野蛮時代や, 鋭き目, 錐を, 鍛錬に, 鏡を, 閃きで, 閃きなく, 間の, 食うや, 食慾

▼ 智~ (154, 6.9%)

7 もって 3 得て 2 しぼって, 嘲るよう, 妨げて, 必須の, 恃むこ, 磨き, 積むの, 軽ん

1 [128件] あざけって, あざけるよう, あつめて, あらは, あわれむよう, えがき堀留, おぎなって, くらまして, こぼすので, しぼり教養, しぼッて, そのまま理念, なぶられるの, ぬすんで, ば除き, ふるい勇, むしろ愍, めぐらす頭, もった旅川周馬, もつて, もてあそぶとも, もて古今, もて導き一, もて汝, わらった, サラケ出した, バクロする, 一つの, 万全に, 与えて, 人間に, 併せて, 使ふより, 侮蔑する, 修めて, 借り奸計, 取って, 吹きこんで, 哀れみこそ, 哂って, 啓発した, 啓発する, 啓蒙する, 喚び起せば, 嘆きながらに, 土に, 基礎と, 増さしむべし, 増すこと, 奪ひ, 奪ふ, 學んだと, 尚び, 廣くし識を, 弄する者, 弄す者, 弄ぶ場合, 役して, 役すると, 得ざるに, 得たり, 得ると, 得多く事, 得新, 忘れ, 恃める, 惰弱を, 意識しない, 慢じる, 憎み孔明, 憎んだけれども, 憐れまずに, 憐れむよう, 憫む潸々たる, 成就する, 持つて, 指しその, 揮いかの, 搾って, 撰ぶとぞ, 暗まし, 暗ます状, 有す而, 検証から, 構えて, 気の毒に, 照らすもの, 生ず不, 用いるを, 用い智, 用ゆる, 発するは, 発って, 盡す, 知らず厚顔, 知れりと, 磨き人, 示して, 示す, 称揚と, 積むこと, 第一位, 終局の, 絆すに, 結び潜在的善智, 結局の, 絶し, 缺く, 耻づかしく思ひます, 表わしたもの, 表示する, 要む, 観破すること, 誇らなかった, 誘い出す発端, 論じたる末, 證せ, 責め以, 起さないで, 超えた立派, 軽蔑したがる, 軽蔑する, 進めると, 運し, 鋭くし, 食べて, 養い進退, 魂より

▼ 智~ (116, 5.2%)

4 云ふ 2 情との, 無力を

1 [108件] あり熱田南方, ある久々, いうが, いえば, いわれる彼ら, して, す, その兵力, その悲しい, その技, それより, なす如來, なる事, また多血, アダム及び, ユーモアに, 不備な, 不明とを, 云う事, 云う尊い, 云えば, 云おうか, 人間の, 低劣な, 信と, 偏見を, 劒を, 力と, 勇とが, 勇とに, 勇を, 卑しさ, 卑屈の, 叫んで, 同列な, 名づけたに, 四冊に, 図々しさ, 圧制との, 外人の, 屈従とを, 弁を, 弁佞に, 当ての, 当途, 従属とを, 怠惰との, 怠惰とは, 悪の, 悲惨としか, 情痴の, 想像とが, 意力とが, 愚と, 愚劣な, 愚昧とが, 愛と, 愛の, 慧と, 慧とは, 慾の, 技とを, 暴政とは, 暴政に, 果断さが, 梅本とは, 死と, 残忍と, 残忍及び, 民力を, 泥酔と, 淫蕩との, 淺慮とは, 無智, 無自覚が, 無邪氣, 独断が, 猥雑と, 理窟とを, 甘きことば, 矛盾した, 称せざるべからず, 空, 空とから, 窮乏とが, 窮乏によって, 策とを, 考える傾向, 蒙昧との, 薄弱なる, 術を, 見せかけて, 見ると, 親切という, 言う漫評, 言おうか, 訓練に, 豪気とを, 迷信の, 都と, 野卑と, 野心と, 野蛮に, 野蛮の, 闘って, 闘わせその, 零落とが, 零落とを

▼ 智~ (108, 4.9%)

7 して 2 されて, よりて, 傲る, 働けば, 取りて, 於て, 溺れる

1 [87件] あらず, あります, あり後者, いかなる牧者, うなずいて, うんざりし, おかれて, おかれ従属, おかれ理非, かつゑ情味に, さといという, さへ, たけた周馬, たけた周馬様, たよって, ちかい土俗的, なって, やぶるる者, 二あり, 休安を, 似て, 依るより, 倒れるという, 傚つてその, 傳へ, 加へ, 勇に, 呑気な, 命じた, 命じて, 囚われて, 基づく議論, 堕する傾向, 存する, 富むに, 富むばかり, 富む天使, 富む由, 富む製鐵所取締, 富めるクロノス, 富んだクリスト, 富んだ同君, 富んで, 帰する, 帰って, 帰りて, 帰命し奉る, 心付かんで高慢, 惑い少年, 感服し, 敗れて, 敗れ苦沙弥君, 明し, 映ずるところ, 映ずる聖意, 束縛され, 沈淪し, 溺る, 溺るる, 溺れず彼, 溺れて, 溺れるという, 溺れるとかいう, 澄まして, 澄んだ瞳, 照らすに, 當つべき, 督促を, 缺處ある, 置かれた, 自分の, 訴えて, 訴へて, 誇れば, 負けた, 超越す, 近し即ち, 過ること, 長けた眼, 長けた者, 陥れ無理, 飾りたてて, 馬鹿馬鹿しさ, 驚いた, 驚いた時, 驚かされた, 默せ

▼ 智~ (78, 3.5%)

6 なもの 4 な感じ 3 な輝き 2 では, な, な人物, な存在, な顔, に見える

1 [53件] すぎるという, たるとを, であり意力的, であると, です, でない原始生命, で洗練, で英語, という, といえ, なところ, なフランス精神, なフリイト街, な乾酪, な人, な作業, な修業, な働き, な女性, な意志, な日本人, な本能, な欲望, な温容, な熱情, な牛乳, な犯罪者, な玉子, な男振り, な眼, な眼付き, な研究, な美し, な美しい, な老, な若々しい, な質, な近代的表情, な額, にすぐれ, にすら見える, になるだろう, には何, にも乃至, にも倫理的, にも情的, にも感情, にも鋭敏, に傾い, に多産, に情操的, 及び感情的, 無智等

▼ 智~ (75, 3.4%)

2 神に

1 [73件] いつでも, かの眞, ここらでも, この一瞬間, この数年間屡次, これを, しかしことごとく, すでに逆上, そこで, その言葉, とかく顕れ, べつに武辺者, むしろ哲学, もとより猿, 七百年生存し, 不明は, 人の, 人生の, 人間の, 今更の, 俗諦に関する, 備中守師盛の, 充分に, 分たれず個性, 分散の, 分離す, 別本, 包むが, 南京と, 反共産, 各自の, 困惑した, 天に, 天上天下に, 天下の, 如何程あらう, 嫌いであった, 孔明を, 心眼と, 悩みとは, 憐むべし, 憤怒を, 憫むべ, 我に, 戸村成程, 放置すべきだろう, 敢て, 智その, 最初愛は, 概して若い, 次郎と, 死滅す, 汝が, 無いで, 無意識的善夢を, 無智, 無論叡智, 狐仁は, 王者の, 現象方面を, 男を, 畢竟狐, 百方陳弁御機嫌を, 直ちに手兵, 砂泥の, 絶えず自己, 自然に, 誇る無, 迷に, 這般の, 限りある, 驚いた, 黒憎

▼ 智的生活~ (75, 3.4%)

3 にあっ, の要求 2 に依拠, に於, の上, の世界, の圏内, の所産

1 [57件] から当然, が救う, が本能的生活, が生活, が習性的生活, その智的生活, との関係, とは対立, にあて, におかれ, に人間活動, に向っ, に固執, に従って習性的生活, に持ち来たされた, に於ける, の上位, の何事, の出発点, の動向, の平安, の強調, の所縁, の指導, の是正者, の桎梏, の棄却, の様式, の渦中, の為め, の生んだ, の確立, の羈絆, の鳥瞰図, はこれ, はその, はそれ, は何, は内面化, は反省, は多く, は実に, は常に, は私, は統合化, は長い, よりもより, よりも更に, をその, をもっ, を一歩, を基調, を導かね, を指導, を是正, を智的生活, を習性的生活

▼ 智三藏~ (55, 2.5%)

4 の入唐 2 が支那, の生, や不, 不空三藏

1 [43件] が乘, が來, が入唐, が入唐以前, が國王派遣, が將軍米准那, が廣州, が生れた, が示寂, が開, が頼みこんだ, であつ, と將軍米准那, にし, にも善, に傳, に出合つて, に就き, に關, のこと, のやう, の乘, の來朝以來一行禪師, の傳, の出生, の南印度, の御, の時代, の生れ, の生家, の種姓, は中, は南天竺, は南天竺將軍米准那, は印度, は希臘羅馬, は開, や將軍米准那, や米准那, より以前, を推, を通して何等, 次いで不空金剛三藏

▼ 智~ (41, 1.8%)

2 あつた, はある, 滑稽で

1 [35件] あつたり, あらうと, おとす, そのまた, でたらめの, とりあつめた常識, はあった, はない, はなく, もなく, ヒステリカルであった, 下等だ, 下等な, 不愍と, 不潔で, 不熱心, 低級で, 単純な, 執拗で, 執着に, 大勢を, 山岡の, 押しが, 暮して, 有らう, 氣短で, 漂って, 生きて, 神経質で, 蒙昧であった, 貪慾な, 趣味も, 軽忽, 陽気で, 顏の

▼ 智~ (34, 1.5%)

1 [34件] ありすぎる, あり侍, ある, いやがる朝鮮, おそろしく身, この人々, しからしめた第, すでに可憐, ない, はじめて目, みな, 不圓滿, 不空の, 中の, 乘つて居らる, 余に, 働いた, 働いて, 全然かけ, 可笑しかつ, 呉兵の, 嘆げかは, 在る, 徳川家の, 急に, 採用し, 火華を, 生活を, 眉の, 絶対に, 職工さんの, 足りない, 足りなし, 返逆

▼ 智なる~ (24, 1.1%)

2 時代は

1 [22件] がごとくなれ, がため, が故, に非, ものに, 不良学生に, 人の, 僕に, 兎の, 司獄官に, 夫人マリアは, 彌次馬が, 徒輩で, 生活が, 者が, 者は, 者を, 者資格なき, 観客を, 陸奥伯と, 陸奧伯と, 頭の

▼ 智~ (24, 1.1%)

1 [24件] が日本, が西蔵, が陶然, という二十六歳, という男, の, の入蔵, の口もと, の心霊, の算出どおり, の耳, の行動, の顔, はすぐ, はそういう, は入口, は卅一年, は咫尺, は山羊, は岩, は昭和十五年, は知っ, を支那, を連れ

▼ 智~ (24, 1.1%)

2 の譚

1 [22件] がない, が自分方, が蓮花, と同類, と知らず, と知り, と知れ, に半, の力, の種, の糞, の話, は周利槃特, は畜類, をし, を召す, を施主, を有した, を有する, を生んだ, を迎え, を遇せしめた

▼ 智~ (22, 1.0%)

2 なく亦

1 [20件] あり勇, あり物, この程度, し愛, 亦師, 何等の, 働かして, 働き出るすき, 勇も, 外交官の, 持ちあわせて, 搖か, 最勝る, 火事の, 無くまた, 略も, 眉を, 策も, 篋中の, 開くべからず家

▼ 智~ (20, 0.9%)

1 [20件] があき, がお, が不意, でご, とか云った, と二人, にむかっ, の眼つき, の襟首, はもう, は唯, は大きい, は孤児, は平生, は年, は捕縄, もそっと, も時時, をくぐらせ, を追い立て

▼ 智恩院~ (19, 0.9%)

2 の櫻, を出る

1 [15件] とか銀閣寺, に対して増上寺, に行き, の, の前, の山内, の御門前, の旅館, の桜, の鐘, へゆく, へ駆けつけた, も大変, を出た, 新門前通り

▼ 智から~ (18, 0.8%)

1 [18件] くる厚かまし, 儲ける聖画売, 出た不注意, 又は生理關係, 大局より, 常規, 救うため, 来たもの, 来て, 来る主我性, 来る他人, 来る超, 極度まで, 無精に, 生ずる勤労, 罪を, 見れば, 起す感情

▼ 智~ (18, 0.8%)

2 により, の別, の差

1 [12件] たちまちに, に応ずる, に適する, の分別, の判断, の差別, の差等, の間, はまず, は事柄, をし, を界

▼ 智~ (15, 0.7%)

2 無能や

1 [13件] あさましさ, あての, 不注意からを, 劣等さの, 卑屈さと, 因習と, 愛まだ, 手や, 本能を, 無力に対して, 無頓着, 生分別, 良心めいた

▼ 智~ (15, 0.7%)

1 [15件] されて, なり, に偏, に専ら, に心, の教師, の根源, の要, は学校, は現今, ばかりでなく, も理想的, よりも体育, よりも食育, を貴び

▼ 智~ (15, 0.7%)

2 と良心, も思想

1 [11件] と言っ, の上, を交易, を導き, を排し, を散ずる, を開き, を集め, ガ此ノ, 余りに, 餘り

▼ 智~ (14, 0.6%)

2 徳の, 識の 1 反省無責任の, 思慮を, 感興で, 教育の, 教養という, 智の, 羞の, 識なり, 識を, 財産依頼心遊惰性と

▼ 智なり~ (12, 0.5%)

1 [12件] この智獨, というべし, とし, とした, として居る, とは, と思へる, と明言, と言わん, 官に, 朕は, 若し直ちに比量

▼ 智情意~ (12, 0.5%)

2 の発達 1 というよう, に妨げられ, の三, の三大部, の區別, の現象, を働かす, を培った, を満足, ノ三部トナスコトヲ概論シタリ

▼ 智ある~ (11, 0.5%)

2 者は 1 が如き, にあらずし, もの御する, も智, を示し, オヂュシュウス彼女を, 多く學べる, 者, 良将

▼ 智である~ (11, 0.5%)

1 [11件] が愛情, ことを, ためか, ために, だけにそれだけに, ということ, といふこと, といわね, と思つて, ほど勇敢, 一本の

▼ 智凡尼~ (11, 0.5%)

1 [11件] が二階, が入っ, が入った, が変事, が英仏海峡附近, の偏見, の推測, はグイ, はゲラゲラ, は入る, は静か

▼ 智であり~ (9, 0.4%)

2 また制度 1 人間の, 単に客観的, 寡言は, 缺點だらけである, 罪悪でしか, 聖紀の, 近眼であった

▼ 智あり~ (8, 0.4%)

1 て敬神, といえ, わが輩の, 仁あり, 夜分これを, 弁舌あり, 徳あり, 愛ある

▼ 智という~ (8, 0.4%)

2 ものは 1 こと自体が, のは, ものであろう, ものに, ものを, 僧を

▼ 智との~ (8, 0.4%)

1 ともに, 問題その, 産物である, 融和の, 衆力で, 観念の, 間に, 關係を

▼ 智なき~ (8, 0.4%)

2 者は 1 がゆえに, ものいかようにも, を笑う, を見, 者を, 身にも

▼ 智を以て~ (8, 0.4%)

1 これに, せずに, カアルと, 之れ, 人世に, 四海万姓を, 甘んずること, 自然を

▼ 智蒙昧~ (8, 0.4%)

1 な半, な坑夫等, な親, な誤算, の民, の状態, の監守ども, をひらい

▼ 智~ (8, 0.4%)

1 が表, はその, はそのまま, はそれ, は常に, は訊いた, も堪えられなくなっ, 定慧

▼ 智~ (8, 0.4%)

8 においては

▼ 智なお~ (7, 0.3%)

1 かみさんと, かみさんみじめな, だてかたは, 世辞が, 世辞には, 世辞を, 島は

▼ 智にも~ (7, 0.3%)

3 程が 1 傾きやすい, 劣って, 劣つてゐる, 達するもの

▼ 智~ (7, 0.3%)

1 から沢山輸入, だって西班牙, との間, のサンティアゴ, の山々, は白, 第四回

▼ 智~ (7, 0.3%)

1 でもお, とが不滅, と俗物性, などというもの, は各自感知, や熱情, を鋭く

▼ 智的快楽~ (7, 0.3%)

1 がいかに, が感覚的快楽, といえ, は感覚的快楽, は私, を感じた, を遥か

▼ 智證大師~ (7, 0.3%)

1 でもその他, でもみな青龍寺, などもこの, に面謁, の申された如く, はその, は相手

▼ 智~ (6, 0.3%)

1 導者, 導者に, 導者異なる, 愚人, 議者に, 頼しき

▼ 智~ (6, 0.3%)

2 けどそれ 1 からとお前, から無, とか軽卒, と云っ

▼ 智とは~ (6, 0.3%)

1 その重, 俗に, 我に, 王者の, 記憶比較の, 酸漿なりと

▼ 智とを~ (6, 0.3%)

1 もって, 伝承した, 信じようと, 求めながら, 用ゆ, 結びつけること

▼ 智には~ (6, 0.3%)

2 幾分か 1 乏しかつ, 俺何時か, 墜ちいりやすい, 深く伏し

▼ 智より~ (6, 0.3%)

1 みずから難を, 來たる, 出づるにあらず, 出づるもの, 来たる者, 起ったので

▼ 智~ (6, 0.3%)

1 でなにか, には今更, に聞えなかった, をふるう, を有し, 深しと

▼ 智文盲~ (6, 0.3%)

2 の弟子たち 1 とて古人, な物, の始末, の幼童

▼ 智栄尼~ (6, 0.3%)

1 が腹痛, で御座ったか, の口中, は一先ず, は小突き始めた, を俊良

▼ 智~ (6, 0.3%)

1 と呼び, の戒刀, の手並, の独壇, の達人, の金剛杖

▼ 智無学~ (6, 0.3%)

1 にひとしい, のパンパンども, の徒, の生活選手, の蛮民等, の貧民共

▼ 智無能~ (6, 0.3%)

1 がひど, た, とも解釈, な自分, を転嫁, 無反省

▼ 智卑狗~ (5, 0.2%)

3 不屬女王 1 たること, と曰

▼ 智即ち~ (5, 0.2%)

1 この天, 前生修行の, 古今の, 天使, 理性と

▼ 智~ (5, 0.2%)

2 なる如く 1 に偏す, よりも簡易, を極め

▼ 智さん~ (4, 0.2%)

1 が呆気, が大洋, が女, に貰つた敷島

▼ 智だった~ (4, 0.2%)

1 ことでしょう, という, パン焼職人の, 母の

▼ 智であった~ (4, 0.2%)

1 のだろう, ように, 者まで, 自分を

▼ 智とが~ (4, 0.2%)

1 交り合っ, 彩るの, 産んだ正直, 顧みられて

▼ 智よりも~ (4, 0.2%)

1 与へた人間, 優越する, 先づ人間である, 甚しい

▼ 智~ (4, 0.2%)

2 智を 1 學の, 詩トモ見

▼ 智内供~ (4, 0.2%)

1 とか申す, のため, の鼻, は蔀

▼ 智善さん~ (4, 0.2%)

1 はまじまじ, は明治四十年頃, は来, や

▼ 智多才~ (4, 0.2%)

2 の人物 1 でこの, の作曲者

▼ 智定房~ (4, 0.2%)

1 とは誰, と云う, の乗った, の胸裏

▼ 智~ (4, 0.2%)

2 の名 1 という, と言った

▼ 智的努力~ (4, 0.2%)

1 に依, に依つ, はこの, はしばしば

▼ 智~ (4, 0.2%)

4 と行足

▼ 智~ (4, 0.2%)

1 というの, の事蹟, の光, も酒

▼ 智~ (4, 0.2%)

1 と精力, の低い, の程度, や訓練

▼ 智~ (4, 0.2%)

2 を知らざるなり 1 のみがまず, をきわめ

▼ 智~ (4, 0.2%)

2 の神 1 とは国, の泥土

▼ 智~ (4, 0.2%)

1 だと, の屍, を失う, を征伐

▼ 智その~ (3, 0.1%)

1 終極の, 者を, 身体の

▼ 智だの~ (3, 0.1%)

1 時勢遅れだ, 有智, 有罪無罪善人悪人持戒破戒等の

▼ 智ちやん~ (3, 0.1%)

1 がそれどこぢ, のノート, は親切

▼ 智なれ~ (3, 0.1%)

1 ば家, ば寂默, ば無

▼ 智に対する~ (3, 0.1%)

1 彼の, 羞恥の, 腹立たしさ

▼ 智不思議~ (3, 0.1%)

2 の誓願 1 につけしめ

▼ 智傲慢~ (3, 0.1%)

1 な執念深い, な言説, にも人類

▼ 智~ (3, 0.1%)

1 が見た, は本堂, は横手

▼ 智~ (3, 0.1%)

2 へ入る 1 という古い

▼ 智學さん~ (3, 0.1%)

1 がほめたたえた, にほめられる, も餘計

▼ 智~ (3, 0.1%)

1 の噴火, の城, の稚

▼ 智山寺~ (3, 0.1%)

1 にのぞみ, の縁, へ駈け入り

▼ 智弁能力~ (3, 0.1%)

1 なるもの, に富める, の士

▼ 智~ (3, 0.1%)

1 だ煩悶, は旺, は飽くまで

▼ 智法印~ (3, 0.1%)

1 という江戸, などはいっ, の寺

▼ 智無謀~ (3, 0.1%)

1 がよほど, と云わね, を証す

▼ 智的感覚~ (3, 0.1%)

1 に興味, を初めて, を所有

▼ 智育徳育体育~ (3, 0.1%)

1 とする, と並べ, の三区

▼ 智見ある~ (3, 0.1%)

2 閣下の 1 人には

▼ 智貌童女~ (3, 0.1%)

1 が夭, は文化九年中, を喪

▼ 智辯能力~ (3, 0.1%)

1 なるもの, に富める, の士

▼ 智~ (3, 0.1%)

1 園内の, 園裏花, 闇梨

▼ 智阿闍梨耶~ (3, 0.1%)

1 と云, は上天入地, を崇信

▼ 智~ (2, 0.1%)

1 または天王寺中, 藤吉郎の

▼ 智くなる~ (2, 0.1%)

2 時は

▼ 智それ~ (2, 0.1%)

1 に対するモーゼ, はわたし

▼ 智であれ~ (2, 0.1%)

2 ばある

▼ 智でない~ (2, 0.1%)

1 ことを, までも相応

▼ 智でも~ (2, 0.1%)

1 つて硬化し切つ, 富でも

▼ 智とか~ (2, 0.1%)

1 あるじゃ, いうよりも

▼ 智とに~ (2, 0.1%)

1 向って, 關係する

▼ 智なら~ (2, 0.1%)

1 むや, 無智

▼ 智において~ (2, 0.1%)

1 これと, 成立する

▼ 智にて~ (2, 0.1%)

1 其事物を, 解脱し

▼ 智によ~ (2, 0.1%)

1 つて澄み, つて磨かれた

▼ 智によって~ (2, 0.1%)

1 勝敗の, 戦争の

▼ 智ゆえ~ (2, 0.1%)

1 に信じる, に情

▼ 智よく~ (2, 0.1%)

1 情に, 衷なる思ひ

▼ 智~ (2, 0.1%)

1 も深く, 深くて

▼ 智不足~ (2, 0.1%)

2 の信

▼ 智~ (2, 0.1%)

1 が愛する, も婦女

▼ 智~ (2, 0.1%)

1 から受けた, から學ん

▼ 智国師~ (2, 0.1%)

1 という高僧, の法友

▼ 智~ (2, 0.1%)

1 星呉軍師の, 星百の

▼ 智~ (2, 0.1%)

2 の王

▼ 智~ (2, 0.1%)

1 の時事解説, を娶つ

▼ 智~ (2, 0.1%)

1 に不祥, を虚空界

▼ 智~ (2, 0.1%)

1 を燃す, を燃やし

▼ 智無邪気~ (2, 0.1%)

1 でおかしい, に楽しむ

▼ 智~ (2, 0.1%)

1 となった, と崇められ

▼ 智~ (2, 0.1%)

1 啓蒙と, 啓蒙の

▼ 智白痴~ (2, 0.1%)

1 たること, の世界

▼ 智的判断~ (2, 0.1%)

1 の是非, を許す

▼ 智的好奇心~ (2, 0.1%)

1 によっても自由選択, のため

▼ 智的教養~ (2, 0.1%)

1 に基いた, の深

▼ 智的職業階級~ (2, 0.1%)

1 にもひけ, もその

▼ 智的能力~ (2, 0.1%)

1 に關, は劣る

▼ 智的貪慾~ (2, 0.1%)

2 を知らない

▼ 智的進歩~ (2, 0.1%)

1 に達する, の敵

▼ 智~ (2, 0.1%)

1 あるは, に富み

▼ 智育と~ (2, 0.1%)

1 体育と, 徳育とは

▼ 智覚禅師~ (2, 0.1%)

1 という人, は今

▼ 智貌童子~ (2, 0.1%)

2 の戒名

▼1* [317件]

あたかも雪の下に, 智あり学ばずして得る, 智あればソクラテス, 智いかで之れ, 智いかに力むとも, 智からは一應遠い, 智きわが師, 智発見けた海老床甚八とに, 智で前後, 智さん三木ちゃんには財産, 智わがこの言, 智そのものの世間知らず, 智それらの事がら, 智ぞやいざ汝, 智であってはなりません, 智でありました小生は, 智であるだろうか, 智であろうはずは, 智でしょうか, 智でなく感じたままに, 智でもつて測度, 智で集めた書物を, 智とによってつくられて, 智とばかり見るの, 智とも不憫とも, 智どころでは, 智なし智なき, 智なぞいう先天的, 智などと直接なんら, 智などとは斯道の, 智ならざる事である, 智なりという可から, 智なりにあんな美しい, 智な光りを帯び, 智にぞありたき, 智による無我夢中一方は, 智はたらきてはじめて, 智はや新しき問, 智ばかりでは, 智向って, 智まことに及ぶべからずと, 智また神より, 智または稲羽の, 智もしくは誤解が, 智ゆゑに信じる, 智らしい癖に, 智をでも授かったよう, 智をもお整え置きくださいます, 智タルニ非ズ, 智ト云フ能力ハ人心ニ具ハル能力ナリト雖ドモ其依テ源ヲ取, 智ナシアニ廟堂ニ近ヅカンヤ, 智ナルコト殆ド下等動物, 智ニ長ケ武者立チ厳シク軍律ヨク行ハレテ遠ク大坂ト海, 智ハ本能ノ限局ナキ者ト, 智モーマイなナンセンス, 智モーマイそれが即ち, 智一つこぼさずに, 智三藏時代の南海印度洋, 智不器用そのやう, 智不徳を卜, 智不案内な子供, 智世界情勢への無, 智名が, 智中庸の方, 智久々里大井岩村苗木なぞの美濃, 智乏しい身を, 智乏しき者なり, 智仁勇と称し, 智以上には出ぬ, 智以外にはなんにも, 智はざる, 智何ぞこれに, 智俗悪な処世家, 智偏見のため, 智はらずまた, 智全く空し若し, 智を利用, 智凡さんが確か, 智利のはあまり, 智利アリカ北方の砂漠, 智利人のプラザ, 智利人たちの手, 智利村南米人文何処遍田家猶未, 智利生まれだという, 智利硝石は遠から, 智利通いの船, 智利領ラパヌイ群島中のアーレマン島, 智劣根を問わず, 智南部の春景色, 智単純と見, 智青鬱鬱安岳白峨峨, 智原始愚昧ということ, 智及び怠惰である, 智吉瀬戸物屋を見た, 智樣の, 智善師だと, 智善翁の示す, 智圓滿せず, 智増しその意志備, 智はまた, 智士識己之度量, 智多策の滝三郎, 智多能なるを, 智大師の徒弟, 智大胆権謀無双隼のよう, 智女史いやに雄壮, 智如其寢如申韓を各, 智妄信の一致, 智へ参り, 智実に関羽は, 智に宿せし, 智専院貞実妙照大師, 智將宇佐美貞行が謙信, 智という大将, 智山大通寺の寺, 智山派に屬, 智山蓮城寺についても真野, 智山豐山の龍象, 智の近く, 智川行は至って, 智巧原来非天意, 智が願, 智の心萌し, 智弁学問ある法師, 智張飛の勇, 智彼等のたい, 智律師仙雲律師覚兼阿闍梨重円大徳, 智心寺男の源右衛門, 智忠信孝悌となり, 智怠惰及び野蛮, 智恩院大仏東福寺等を見物, 智恩院宮諸太夫樫田阿波守, 智恩院聖護院の昼鐘, 智恩院聖護院出でて, 智謀すべてにかけて, 智悪才に長け, 智が反し, 智情意三種中多く情, 智情意合致心の一角, 智酷苦悩を, 智が反し, 智意不足の信, 智愚労逸近く日本内にても懸絶, 智愚如何を聞, 智愚強弱の別, 智愚強弱一切の差別, 智愚昧の衆生, 智愚癡の男女, 智愚相対して, 智愚貧富の差, 智愚賢不肖に拘わらず, 智と云う, 智惡の, 智に利, 智戦争及びその他, 智を以て庶民生活, 智才信士という, 智才秀れしもの, 智教名明光親鸞の孫唯善, 智教養の偉大, 智羅人, 智既に謬見を, 智の, 智時計屋が笑い, 智暗みてわが, 智暗むことなかりせ, 智を併せ, 智松浦鎮信以下一万八千の勢, 智松浦鎮信黒田長政等之を迎え, 智果たして中たる, 智るくせ, 智極まる故人の, 智氏等の仲間, 智水千頃の池, 智流刀杖指南役の優婆塞聖護院印可覚明, 智流自在の腕前, 智浅く徳寡し, 智浅学もかへりみず, 智浅慮は誠に, 智海自身もかならず, 智の信用, 智無く善を, 智無して是, 智無力の小, 智無学下品粗雑な千草さん, 智無学議員の多数, 智無愛嬌だつたらう, 智無感覚であるに, 智無感覚頭の低, 智無法なるが, 智無能人間の屑, 智無自覚である此女, 智照尼は昔, 智狂暴な人間, 智り永久不死, 智玉途に一騎, 智現れここにおいて, 智瑞貞と云, 智的さを秘密, 智的不随児であつ, 智的享楽との混合物, 智的享楽性に乏しく, 智的侵入者に対して共同戦線, 智的刺戟と家庭, 智的創造たるや実に, 智的労働がある, 智的存在は疑い, 智的對象として研究, 智的巴里芸術巴里の, 智的得達に対し最も, 智的性格は彼等, 智的惡戲の興味, 智的態度を思い出し, 智的所産とも云, 智的才能者の足, 智的文化がロマンチック, 智的方法を学びました, 智的殺人犯罪は歪んだ, 智的水準から後れ, 智的活動に対する内観, 智的活動情的活動意志的活動というよう, 智的浪漫主義の洒脱さ, 智的生活以下に於, 智的発達及び男子, 智的統一にまで押しつめられた, 智的聡明さにもなく, 智的要求にまで引き下げた, 智的要素を含む, 智的設計はヨーロッパ, 智的詩人型の若, 智的貧弱さを比較, 智的遊戯が月光, 智的高度が今日, 智目行足ということ, 智目行足以て清涼池, 智盲昧な異国, 智盲目な彼女, 智相州にまさる, 智に達すれ, 智真理と虚説, 智眼くらしとかなしむ, 智に變, 智神妙録というもの, 智神妙録太阿記, 智禅尼といった, 智禅童子が是, 智禪師等いづれも, 智窮乏の野蛮, 智と云う, 智策兼備なるは, 智精進の人, 智の表象, 智羅永寿の眷属, 智を重んずる, 智聡敏じゃった, 智肥前の基肄, 智育上より見, 智育偏重の弊, 智育技育徳育美育気育体育あり, 智育有形の実学, 智育的にも実用的, 智育論との争, 智脳向上改良など, 智脳活動にはすらり, 智脳的な発育, 智の教え, 智臣摩啅羅その王, 智臣諫めて王智力具足, 智自身は副使, 智萬物に超, 智蒙昧ナル男子等ニ応用シテソノ精神作用ニ何等カノ変化傷害ヲ与, 智信の, 智襄黒田官兵衛がともに, 智見到ラザルノミト考フベシ, 智無キガ如シ, 智解的では, 智証大師円珍が始め, 智証大師相承の日本, 智証門徒なる南谷, 智敢て, 智貌長順万知の五人, 智貧困の者, 智貧窮従属的ならしめ而, 智走った光が, 智足らざれば危險, 智足らず豫想密ならずして, 智足りて意足らず, 智足院が仲人, 智通智達が齊明天皇, 智進むに從つていよ, 智運童子はこの, 智過労とともに下層階級, 智が齊明天皇, 智達識はまことに, 智郡都築の人, 智郷他は甲斐国都留郡, 智野蛮で生活, 智野蛮屈従が今や, 智鈍感の見本, 智長下石田の三郡, 智に譲る, 智阿闍梨を待つ, 智院ニソノ画有リ山水人物法ヲ海北氏ニ習フ, 智院社人よりこれ, 智階級では同じ, 智隷属卑屈因循をもっ, 智音得可からず, 智須区禰多摩枳波屡云々, 智首その他二人の尼, 智馬商主に向い, 智馬死すると, 智馬満足し始めて, 智馬身軽く蓮花, 智驕慢の無頼漢, 智高通称が数馬, 智だとか, 智だとかと