青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「晴れ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

晩年~ ~普通 普通~ 普遍~ 景~ 景気~ ~景色 景色~ 晴~ ~晴れ
晴れ~
晴れた~ 智~ ~智慧 智慧~ 暁~ ~暇 暇~ 暑~ 暑い~ 暖~

「晴れ~」 2159, 23ppm, 4975位

▼ 晴れ~ (1095, 50.7%)

51 いた 26 ゐた 15 いる 14 いて 13 いました, 暖なり 12 いた空 11 いたが 10 いるの 9 あた, きた, ゐる, 来た 8 くる, 海の 7 星が 6 夫婦に, 日が, 雲雀は 5 いれば, きて, すばらしい春日和, 一緒に, 居た, 月が, 来て, 風が 4 いたので, いるので, ゐた空, ゐて, 來た, 暑い, 月の, 行った

3 [13件] いても, いましたが, います, いるから, いるが, しまった, 一点の, 太陽の, 日の, 星の, 行くの, 雲なく, 風も

2 [66件] いたの, いった, いない, いるくせ, いると, いるのに, いる日, いる空, うららか, お日様の, きょうは, しまいました, しまって, しまつ, その向う, はあた, まぶしいくら, ゆく, ゆくよう, ゆく空, ゐたならば, ゐたので, ゐます, ゐるの, ゐるので, ゐれば, 下界の, 今日は, 俄に, 出て, 出な, 初秋の, 呉れるの, 好い天気, 寒し, 居る, 居る空, 山の, 山も, 微熱の, 心持の, 振りむいたら, 日は, 日光が, 日影まばゆく, 昼は, 暑くなった, 暑くなつた, 暑くなる, 暑し, 朝日が, 来たから, 来たの, 来るの, 水の, 水は, 無数の, 秋は, 窓から, 美しい日, 葉の, 蒼白い日, 道は, 遠く木立, 風ふく, 風吹く

1 [610件 抜粋] あたたかい日, あたりの, あつい, あらはれて, ありがたかった, い, いいかも, いい香い, いかねば, いきなり鼻, いくの, いたから, いたし, いたその, いただろう, いたならば, いたのにねえ, いたらさらに, いたら更に, いたら眺望, いたん, いた夕方, いた心, いっしょには, いったが, いった時, いてね, いないの, いなかった, いながら, いますが, いまは, いよ, いようが, いるか, いること, いるし, いるじゃ, いるそ, いるとは, いるなら何事, いるらしい星空, いるらしく水辺, うしろに, うつくしい朝, うつくしい草, うどんが, うら, うるさし曇っ, うれしい手紙, うれしい曇つて, おいでだった, おとよ, おもはず彼, おもひで, おりました, おりましょう, おり夕方, おれと, おれば, お前と, お咎め, お暇, お月さま, お祭日和と, かえって宅, きたうれしい, きたおだやか, きたが, きたころ, きたと, きたので, きたよう, きた時, きた桐, きれいな, くるほどに, くるデパート, くる山柿, くる木の芽, くる蒲団, くれさうな, くれないかしらと, くれると, くれ晴れなければ, げに小春, この分, この寄れ, この頃, こんな欣, さくらの, さつきの, さら, しかも一方, しまう, しまったし, しまったわけ, しまつたのが, しまふやう, じぶん, すがすがしい月, すべての, そういうこと, そして暖か, そして風, そなた, その下, その空, ぢや, つめたいきのふ, つめたい朝, てふてふ三つと, どうとも, どこから, どこでも, どことなく薄, ならんで, なんとなく改まった, なんとなく気持ち, のどかな, のびかかった麦, はいますが, はじめて拝む, ばらまいたやう, ほっとする, ます, ますね, また事, また寂し, まだ晩春, まもなく空, まるで晝, まるで気違い, みたらもう, みますると, みる夜, めおとと, めっきり暑く, もう一度夏, やがて澄み切った, やりきれなくて, ゆき朝日, ゆくの, ゆくので, ゆく霧, ゆく風, ゆるしを, よいから, よい日, よい月夜, より天候, よろし降, わが船の, ゐたか, ゐたらロケーション, ゐたら月, ゐないと, ゐますよ, ゐるん, ゐる今日, ゐる元気回復, ゐる暑い, ゐる身心, オールに, ポッと, ミコサマの, 一枚の, 三四五六七の, 三日目には, 上天気に, 下から, 丸岩熊鷹氷室の, 久し振りの, 乗り込んで, 二番鶏時分から, 京の, 人殺す, 人馬の, 今朝し吹きまく, 今朝に, 会われない人, 何よりでござる, 來ました, 俄かに, 信心が, 僅かな, 八ツ, 其塔の, 冬とは, 冴え冴えした, 冷たく降れ, 凪ぎ切った夜, 刑務所の, 初めて後戻り, 前の, 北山も, 北風が, 十三日の, 千枝松が, 千葉も, 午後の, 南西の, 危い, 又すこし, 可笑しいよう, 同棲を, 名乗りあう時節, 呉れ, 唯今では, 唯彼, 善に, 噴煙が, 土用らしく照りつける, 地の, 地上の, 地面からの, 墨の, 夏の, 夕方の, 夕日が, 夕暮れの, 夕焼けが, 外は, 夜中のから, 大っぴらの, 大海の, 大湖, 大空の, 大空を, 天の川が, 太陽が, 太陽は, 夫婦には, 女は, 女房に, 好き好む芸人修業, 好き日曜日なり, 娘を, 娶合わせるキッカケ, 嬉しい新, 存分に, 学を, 実に世の中, 宵に, 富士山をも, 寒い, 寒い朝, 寒い風, 寝曇つて, 対で, 対岸十里の, 小さな蝉, 小歌島, 居たが, 居ります, 居るが, 居るけれども, 居るの, 居るので, 居れば, 山々も, 川の, 差せる大小, 己の, 帆柱の, 帰された鳥子, 帰京した, 帰参し, 帰還され, 平穏な, 広い広い弥陀ヶ原, 庭辺に, 強い日光, 強引に, 役所から, 彼を, 待ち見んうき, 後の, 後曹操の, 後欧洲に, 御父子, 心に, 心よき, 心持がよ, 快い日影, 快晴に, 快活と, 急に, 戻つて來, 放ち心ゆく筆, 故郷にも, 故郷への, 斬られるならずいぶん, 新吉と, 新婚生活には, 旅でも, 旗日や, 日がきら, 明るい月, 明るくむなしくはてなく, 明石の, 星は, 星空と, 昨夜の, 晃, 暑いぢ, 暑い夕べ, 暑い残暑, 暑い行程六里, 暑かった, 暑かつ, 暑からず, 暖かい幸福, 暖かだ, 暖し, 暮らして, 曇が, 曇る, 曹操の, 最近五六十年來かかる, 月がよ, 月や, 月明か, 月朦朧の, 朝から, 朝日麗かに, 朝陽が, 朝風や, 木の, 本郷臺の, 来ない晴れる迄, 来ましたから, 来ますわよ, 東から, 東京府北多摩郡千歳村字粕谷の, 松茸狩に, 枯木なんぼでも, 柿の木, 楓の, 機嫌よく, 櫨紅葉や, 殊に南方, 残暑が, 残暑復来る, 母上に, 気候が, 気温が, 氣分が, 水遥かなり, 氷結した, 河も, 沼を, 洋々たる, 海岸で, 海峡の, 海鳥が, 涼しい, 添いとげたいゆえ, 添は, 添わせて, 温かくな, 滝野川や, 澄みきつて, 澄んだ初秋, 火星の, 焼け跡の, 父御, 爽かに, 爽やかなる, 片雲なく, 独りだ, 玉ぞ, 珍しくすがすがしい涼風, 珍しく水平線, 珍しく空気, 町には, 白い或は, 白い眩しい陽, 白い雲, 白砂青松に, 真如の, 眺め見渡す, 祭日まあ, 私と, 私は, 秋そして, 秋日和と, 秋空の, 秋風が, 空には, 空は, 空気も, 窓に, 窓や, 競い鳴く, 簑を, 紫陽花の, 細い月, 綿雲が, 縁側に, 罷り出られたので, 聖岳が, 背丈高い, 自由の, 船の, 良い月夜, 良い鹽梅, 花の, 荒巻と, 蒙古, 蒸暑し, 蒼い空, 蓮と, 藤枝家の, 行く, 行くよう, 行った後, 街の, 表の, 裸体画が, 西から, 見えるだけ, 見えると, 見かは, 見ごとな, 見ると, 見事な, 見渡す峰, 許して, 許婚に, 語りあう, 誰も, 護国寺の, 谷川の, 谷川は, 財布の, 身に, 身も, 軟風が, 通ること, 逢いに, 逢う夜, 逢っても, 逢ふと, 遊べること, 遠くに, 遠く地平線, 遠く阿蘇が, 部屋の, 部屋まで, 里へも, 野の, 金牛宮も, 鈴蘭の, 銀色に, 鋭い故郷, 鋸山の, 鐘の, 長くつづく, 閉居を, 阿波へ, 陰暦五日の, 陽が, 雪が, 雪ふる, 雪ふる里に, 雲の, 雲も, 雲一つなく, 雲切の, 雲白く, 霜柱を, 霞が, 霧深し, 青い安房河, 青い星, 青かつ, 青くさえた, 青空の, 静かなる, 頂上近い, 頭脳の, 額が, 風あり, 風なし, 風ふき仕事を, 風ふくサイレンの, 風ふく春が, 風ふく草に, 風暖なり, 風歇まず, 風涼し, 風烈し, 風無し, 高いところ, 魔雲は, 麗か, 黄昏か, 黍の, 黒澄み

▼ 晴れ~ (220, 10.2%)

8 した空 7 日の 5 場所で 3 勝負を, 舞台と, 舞台の 2 いい天気, 儀式に, 初舞台, 日に, 日には, 日を, 舞ひ, 舞台に, 音楽会に

1 [173件] あしたを, うらうらした, お屋形, お方で, お相手, お部屋様気取り, こしらえであったの, したいい, した夜, した寒い, した手つき, した日当たり, した道路, した青い, なかに, ひたすらあふれ, まっさおに, むくむくと, ものを, トラツクに, フランス人に, ブレザァコオトも, レースに, 九州入を, 乾盃を, 予報を, 人物今こそ, 仕事な, 仕合を, 使いとして, 催しである, 儀式の, 入京という, 円覚寺で, 冴えた日, 勇士として, 勇者です, 勝負である, 勝負に, 午後の, 名人たらん, 名人に, 名工ただの, 名所な, 名案を, 嚮導役と, 場の, 場乾坤の, 場合に, 場所であった, 場所では, 場所において, 場所にて, 場所の, 場所へ, 場所故, 場面であった, 塲所にて, 夕べも, 夕暮れの, 天気の, 太陽の, 太陽を, 女丈夫に, 姿は, 席で, 席では, 席へ, 席一門の, 席上で, 座などには, 式に, 式も, 式を, 役を, 役目を, 御人格, 御儀, 御出馬, 御前試合, 御前試合に, 徴候を, 心中も, 志士気取りで, 恋人に, 感じには, 戦であった, 戦場で, 戦場における, 披露目と, 振袖を, 故郷入りを, 旅では, 日が, 日である, 日な, 日光に, 早乙女には, 朝空ほしい, 梅が, 棋士ぶりだ, 業を, 榮冠を, 武勇で, 武士よ, 武術を, 気性者, 決心が, 決戦を, 洋行を, 流鏑馬の, 淑女に, 温かい夕方, 演奏の, 潮騒, 煙突から, 独奏会で, 男に, 白装束に, 盛儀に, 直衣を, 真ッ青, 知識と, 祝宴に, 空の, 空は, 空を, 競技を, 精神科学者を, 美術展覧会に, 腕前, 腕前感心致し, 舞台だ, 舞台で, 舞台な, 舞台へ, 舞台も, 舞台姿も, 草に, 蒼空を, 行列は, 行列を, 行幸などばかりに, 衣を, 衣装着, 衣裳で, 衣裳を, 装いは, 装いを, 親分大尽を, 試合に, 豪傑だ, 軍服を, 退府, 道場びらきに, 都門凱旋の, 里帰りと, 金襴錦繍の, 長靴を, 門出に, 門立ちだ, 間に, 関取衆が, 闘牛場へ, 雲を, 青空が, 額面へ, 風であったろう, 饗宴を, 首途に, 高僧智識で, 麻裃だの, 黒髪から

▼ 晴れ~ (126, 5.8%)

13 ましく 10 ましさ 7 ましくて 6 ましいこと 4 ましい気 3 ましいの, ましき 2 まし, ましい, ましいもの, ましいよう, ましい場所, ましい建物, ましい揚々, ましい気持ち, ましがっ

1 [62件] して, ましいうち, ましいだろう, ましいと, ましいという, ましいまばゆい, ましいガイセン, ましい事, ましい仕事ぶり, ましい劇場, ましい友人, ましい場合, ましい夜室, ましい大講会, ましい婚礼, ましい宴, ましい広場, ましい微笑, ましい恥辱, ましい情景, ましい成功, ましい数日, ましい日, ましい期待, ましい極, ましい武名, ましい気持, ましい氣持, ましい社交, ましい程, ましい空気, ましい空虚, ましい結婚, ましい美し, ましい表情, ましい誇り, ましい身の上, ましい遊興, ましい顔, ましい風習, ましう小皿伏せ, ましき会, ましくお思われ, ましくは, ましくも, ましくもない, ましくもわたしを, ましくも圓朝と, ましくも思っ, ましくも思われた, ましく思いながら, ましく思った, ましく思ったこと, ましく思って, ましく照らし出されて, ましく考えられて, ましく見えた, ましく覚えながらも, ましそう, ましゅう, ましゅうござれば, 予想され

▼ 晴れたり~ (60, 2.8%)

26 曇つ 10 曇ったり 3 降ったり 2 一背負だけ, 海の

1 [17件] きまらない天気, した後, して, し空, する, するが, すること, するやむなく, する空, ちょうど石原, です, でとても, 俄かに, 寝たり, 彼れ, 曇ったりという, 曇ったりにまで

▼ 晴れ~ (33, 1.5%)

2 貫禄で

1 [31件] つゆ空, ところの, ばそこ, ものが, もン, んだ, ん空を, ギャグと, 人物が, 伎倆だ, 修業者と, 働きで, 公達よ, 出来栄えだった, 場合と, 壯年よと, 奴とも, 度胸, 御心, 御意, 心掛けと, 思案じゃ, 成長ぶりを, 手腕を, 日本の, 根性骨より, 歌いぶり, 者で, 若武者ぶりだった, 若者, 進退で

▼ 晴れての~ (25, 1.2%)

1 [25件] ご夫婦, のちや, めおとと, 勤めは, 土俵場裡に, 夫婦, 夫婦ぐらしを, 夫婦ぞと, 夫婦に, 宿屋なら, 御亭主, 御対面, 忙しさ, 快挙と, 恋人同士だった, 披露は, 浪々の, 無礼講だけに, 無礼講と, 空地である, 結婚を, 袁彦道の, 許婚です, 話でない, 道中が

▼ 晴れそう~ (24, 1.1%)

5 もない 4 にもない 2 だよ, な気配

1 [11件] だったがな, であつ, でない, な様子, な気色, な空模様, にない, になっ, になった, に思う, もなかっ

▼ 晴れ~ (23, 1.1%)

1 [23件] あるが, いっても, いろいろに, うごめかす鼻, こんなこと, りつぱな金の, 一つ煽い, 入り乱れて, 弾いたり, 思う移転, 感じたの, 押出しその間を, 着飾った花魁衆, 着飾った銀杏返し, 着飾り塗り飾り, 考へる武士, 華美を, 装いを, 装った道中警衛, 褒めたくなるほどの, 言って, 身栄を, 顔を

▼ 晴れても~ (20, 0.9%)

2 曇っても, 曇つても, 附近の

1 [14件] あの六七月頃, そこだけが, そこだけは, まだ雪, よかろう, 乾くこと, 傘は, 冬は, 塵の, 大雪の, 山城守は, 心は, 毎日毎日一命を, 雨は

▼ 晴れ~ (18, 0.8%)

6 うな 2 へすれ 1 うそして, うだ, うだが, うだゆ, うで, うである, うですね, うもないから, うもない唖, うもなかつた

▼ 晴れ~ (15, 0.7%)

3 待つべき身 2 待って 1 しなかったこと, 待つべき, 待つ間, 心に, 着飾って, 祈って, 祈るが, 祈る法, 蕨狩りすとて, 見越して

▼ 晴れては~ (14, 0.6%)

4 いるが 2 ゐても 1 この眉目, また降った, 復た降り, 曇り曇っては, 曇る雪時雨, 曇る鴉, 降り妙, 飲めない者

▼ 晴れがま~ (12, 0.6%)

2 しく, しく家 1 しからず心, しくアユミ, しく云う, しく思い, しく思うこと, しく思うの, しく思召, しく明るい

▼ 晴れ~ (12, 0.6%)

2 たるらし 1 ござります, なった, なったでしょう, なったん, なつたでせう, ならなければ, 感奮し, 晴れたる夏空, 晴れて, 晴れ澄みに

▼ 晴れ渡つた空~ (11, 0.5%)

3 の下 1 からは水, が第, では一羽, の色, はした, を仰いだ, を見, を見あげた

▼ 晴れきつ~ (10, 0.5%)

7 た空 1 た, た紺碧, てゐる

▼ 晴れ~ (10, 0.5%)

1 ぜ, ぞ, ぞきょう, という話, と思います, と思った, な, のが, よ, 孝女だ

▼ 晴ればれ~ (9, 0.4%)

3 とした 1 とし, としっかり, としてる, と元気, と哄笑, と眼

▼ 晴ればれした~ (8, 0.4%)

1 りんの, 声で, 安心した, 微笑を, 早朝ふと, 眼でした, 顔で, 顔を

▼ 晴れ~ (7, 0.3%)

2 ように 1 あえぬに, しない, せず物, やせんとの, 知らず小鳥

▼ 晴れてから~ (6, 0.3%)

2 二日目の, 見ると 1 久し振りに, 出て

▼ 晴れ~ (6, 0.3%)

1 なく人恋しき折ふし, なく人戀しき折ふし, に西方, へン, を列車, を見せ

▼ 晴れ渡つた~ (6, 0.3%)

1 好い天気, 甘い朝, 美しい心, 美しい自然, 青い空, 高い空

▼ 晴れさうに~ (5, 0.2%)

1 もある, もしなかつた, もせず, もない, 明くな

▼ 晴れ~ (5, 0.2%)

1 出世あそばし, 宿老たるの, 明君われら直参旗本が, 明君天下二なき, 鑑定本

▼ 晴れ~ (5, 0.2%)

1 あたたく, のない, はとっくに, はなぎ, も穏

▼ 晴れ~ (4, 0.2%)

3 が風 1 が風歇

▼ 晴れたる~ (4, 0.2%)

1 にひとかたまり, 朝の, 森は, 空は

▼ 晴れたれ~ (4, 0.2%)

1 ども涼しい, ど大空, ど雨意, ばあたり

▼ 晴れなお~ (4, 0.2%)

1 志と, 手のうち見なおしました, 手筋に, 腕前に

▼ 晴れ~ (4, 0.2%)

1 いよよ凪, しないわ, 望まれまいという, 自分たちの

▼ 晴れ~ (4, 0.2%)

2 の名 1 の仇, の仇敵

▼ 晴れ~ (4, 0.2%)

2 を着 1 などは帝王, にも間に合い

▼ 晴れ~ (3, 0.1%)

1 登和嬢を, 見上げ申したる御仁躰, 言葉

▼ 晴れさえ~ (3, 0.1%)

2 すれば 1 すればと

▼ 晴れ~ (3, 0.1%)

1 かしたり, 加うる, 江戸の

▼ 晴れであった~ (3, 0.1%)

1 かも知れない, と言っ, のが

▼ 晴れながら~ (3, 0.1%)

1 とげとげしい櫨, どんよりと, 廂の

▼ 晴れにも~ (3, 0.1%)

1 ならぬ今朝, なれば, よく雨

▼ 晴れ~ (3, 0.1%)

3 たつて

▼ 晴れ上った~ (3, 0.1%)

1 午後二十四五の, 日で, 朝甲板士官だった

▼ 晴れ~ (3, 0.1%)

1 が煌々, の長い, や曇り

▼ 晴れ曇り~ (3, 0.1%)

1 と月, 慈悲にも, 色も

▼ 晴れ~ (3, 0.1%)

1 の転ばす, は却って, は私

▼ 晴れ見事~ (3, 0.1%)

1 なお, な神妙剣, の棒

▼ 晴れ~ (3, 0.1%)

1 に変わっ, の影, の裂目

▼ 晴れあがった~ (2, 0.1%)

1 夜空には, 春空の

▼ 晴れかた~ (2, 0.1%)

1 と云っ, をし

▼ 晴れかつ~ (2, 0.1%)

2

▼ 晴れじゃ~ (2, 0.1%)

1 ありませんか, 天晴じゃ

▼ 晴れつつ~ (2, 0.1%)

1 木曾の, 熱い雲

▼ 晴れである~ (2, 0.1%)

1 とか雨, のにこんな

▼ 晴ればれし~ (2, 0.1%)

1 さから, て見える

▼ 晴ればれしい~ (2, 0.1%)

1 という, 氣持で

▼ 晴れ~ (2, 0.1%)

1 アが, 自慢で

▼ 晴れよう~ (2, 0.1%)

1 なん, はない

▼ 晴れ~ (2, 0.1%)

1 っぱし, 働きいたしたくその

▼ 晴れ一人前~ (2, 0.1%)

1 の女, の男

▼ 晴れ七十八人~ (2, 0.1%)

1 の転び切支丹, の轉び切支丹

▼ 晴れ~ (2, 0.1%)

1 つた午後, つた朝

▼ 晴れ上つた空~ (2, 0.1%)

1 であり渓谷, には

▼ 晴れ上流~ (2, 0.1%)

2 の客あしら

▼ 晴れ~ (2, 0.1%)

2 忠臣の

▼ 晴れ~ (2, 0.1%)

1 御で, 御であった

▼ 晴れ或は~ (2, 0.1%)

1 今頃すでに, 雨

▼ 晴れ手練~ (2, 0.1%)

1 のこの, の武士達

▼ 晴れ~ (2, 0.1%)

1 の中, 少しすぐる

▼ 晴れ武門~ (2, 0.1%)

1 の柱石, の若者

▼ 晴れ~ (2, 0.1%)

1 澄み渡り鏡, 澄み鳥

▼ 晴れ渡つた大空~ (2, 0.1%)

1 には星, に如何にも

▼ 晴れ渡つた日~ (2, 0.1%)

1 だと, に

▼ 晴れ渡つた春~ (2, 0.1%)

1 の夕空, の空

▼ 晴れ渡つた青空~ (2, 0.1%)

1 に浮く, は気持

▼ 晴れ~ (2, 0.1%)

1 と湖, をしら雲

▼ 晴れ~ (2, 0.1%)

1 に著換, を著せ

▼ 晴れ衣裳~ (2, 0.1%)

1 もそこら, を拡げ出し

▼ 晴れ~ (2, 0.1%)

2 もよく

▼1* [245件]

晴れがつた五月, 晴れあがったら今日は, 晴れあがりそして暖, 晴れいやな風, 晴れうちのバラ, 晴れかけてる空の, 晴れかというんで, 晴れかをたずぬるとき, 晴れがたき雲の, 晴れがましゅうきょうの名折れ, 晴れけなげな振舞い, 晴れこの模様では, 晴れこのごろ獲れる魚, 晴れさうなきりぎりすのないてはとぶ, 晴れさわやかに碧, 晴れざまへ鳥, 晴れしだい家根を繕っ, 晴れその同行の, 晴れそむる遠の, 晴れそめて山, 晴れそめた望の, 晴れそめたる空を, 晴れや, 晴れぞと互いに瞬, 晴れたちまち雨, 晴れたりだ十時近くな, 晴れだつたが午後, 晴れだの与一は, 晴れだろう一同海岸に, 晴れちゃったらしいわ, 晴れてきさうな, 晴れてさえいれば, 晴れてという印象の, 晴れてやしないん, 晴れてよーいとなあ, 晴れてをるの, 晴れであるらしく東の, 晴れでないので助, 晴れというような, 晴れとか雨とか, 晴れとぞ着飾りたれば, 晴れとの中に, 晴れとは言えないの, 晴れとも曇りとも, 晴れなかなかの暑気, 晴れなと魏の, 晴れなどありたらん, 晴れなら近郊ロケの, 晴れなんとする空, 晴れのち曇り, 晴れのどかな日かげ, 晴れ浅間の, 晴ればれしない気分の, 晴ればれすると同時に, 晴れほのかに匂, 晴れまするよう御, 晴れます間でげす, 晴れむしろ精神の, 晴れやいだ嫁の, 晴れやうもの一つ穴, 晴れやがて突風が, 晴れやらでわが, 晴れよい覚悟だ, 晴れよきご師匠, 晴れ人々の, 晴れんで困つたなあ, 晴れガチなんて慣用, 晴れン間も, 晴れ一個の可憐嬢, 晴れ一働きと思った, 晴れ一夜の別荘生活, 晴れ一役をやってのけました, 晴れ一方の仕事, 晴れ一芸のある, 晴れ上ってしまった, 晴れ上つた紺青の冬, 晴れ上つた青空の奧, 晴れ上つて暑さ, 晴れ上つて其日は朝, 晴れ上つて夜は月, 晴れ上つて晝になる, 晴れ上るんだ, 晴れ世間の噂, 晴れ九日は強風, 晴れ九月の青空, 晴れ乞食長屋を作り, 晴れなどにも余り, 晴れ五穀がよく, 晴れ亘った夏の, 晴れ亘る空を, 晴れ亙った暗黒の, 晴れ仕事と意氣込, 晴れを考え, 晴れ何万石の若殿様, 晴れ俊和尚と同行, 晴れ修業したる上, 晴れ傑作なり貴兄集中, 晴れ優美な若, 晴れどおり仲よしと, 晴れ先手を取った, 晴れ出来したと思ふなら, 晴れ出精して, 晴れ勝れた大将振りに, 晴れ十七夜の月, 晴れ十兵衛汝がよく, 晴れ午前なり汽船ゆき, 晴れいきなりゴロゴロと, 晴れ名誉の仕事, 晴れ名門であるべきに, 晴れには嵐, 晴れ地歩を占めた, 晴れ堂々たる御寮人様として, 晴れは曇り, 晴れ夕日波上に映射し, 晴れ夕陽燦然たり, 晴れ多くの教訓, 晴れに入っ, 晴れ大切な毒瓦斯, 晴れ大家の旦那様, 晴れ天下無双の猛, 晴れ天台の棟梁, 晴れ天晴れ感服感服の至り, 晴れ太陽が照りつける, 晴れ女丈夫と云っ, 晴れ威嚇したつもり, 晴れ学士となり, 晴れ実業家に成りすました, 晴れ察度はある, 晴れ小気味のよき, 晴れ小鳥が山, 晴れ尽して老, 晴れが晴れれ, 晴れの雑草, 晴れ川音が陽, 晴れ市中はむらむら, 晴れ庭上草色新なり, 晴れ強烈な太陽, 晴れ影さへ凄い, 晴れ往生の素懐, 晴れ微風は子, 晴れ晴れるすべて, 晴れ快晴になった, 晴れ忽ち曇るといふ, 晴れ恋慕の覊絆, 晴れがつける, 晴れ愉快な日, 晴れ感服感服の至り, 晴れ我々は日本, 晴れ処は, 晴れ才学を謳, 晴れ拭うたやうな, 晴れ数限りもない, 晴れ文盲には育て上げられたれ, 晴れ方一種の寂し, 晴れ明月天に懸かり, 晴れる, 晴れ暑気益加はる, 晴れ高く懸かる, 晴れ朋友への交誼, 晴れ朝夕不測の風雲, 晴れ朝鮮使節を聚楽第, 晴れ木の間を漏れる, 晴れ未來の文學者, 晴れ東京は雨, 晴れ東京通になっ, 晴れはゆきぬ, 晴れは新橋, 晴れ横浜の沖, 晴れ此処よりは海, 晴れ武将を何とて, 晴れんど, 晴れ残暑猶盛, 晴れりの, 晴れ毎夜月高く懸かり, 晴れ気味になった, 晴れ水兵さんになっ, 晴れ江戸の町, 晴れ洞察振りをまた, 晴れは凪ぎ, 晴れ渋川の家風, 晴れ渡つたやうに感ずる, 晴れ渡つた上幸ひ風, 晴れ渡つた冬の空, 晴れ渡つた北国の木, 晴れ渡つた十月の空, 晴れ渡つた夏の大空, 晴れ渡つた夜空が仄か, 晴れ渡つた天空の藍, 晴れ渡つた日曜日には貴族, 晴れ渡つた早春の富士山, 晴れ渡つた昼下りであつ, 晴れ渡つた朗らかな晩春, 晴れ渡つた朝であつ, 晴れ渡つた炎天の下, 晴れ渡つた真昼の空, 晴れ澄んでいる, 晴れ澄んだ空よりも, 晴れ熱い夏の, 晴れ牧野少年の発明幻画, 晴れ玄洋社代表の貫禄, 晴れらしい月, 晴れ申したがさる, 晴れ男一人前二人とはない, 晴れ當代の小町衣通, 晴れ白いちぎれ雲が, 晴れ白峰満山の白雪, 晴れ神君御血筋, 晴れ神尾主膳の片腕, 晴れの穂, 晴れ立派に建ったる, 晴れ続いていた, 晴れ続いた朝の, 晴れ美事な心境, 晴れときのう, 晴れもさわやか, 晴れのすく, 晴れ自ら何の事, 晴れ華々しい最後と, 晴れ衆人の嘲笑, 晴れ行く庭の, 晴れ術者でございます, 晴れ視界広し, 晴れ設計図は作り, 晴れもゐない, 晴れ貞女を馬小屋, 晴れ貧民の味方, 晴れ足利家にも疵, 晴れ足許をさらった, 晴れ軍人として世, 晴れ逆風をきり, 晴れ進航に就く, 晴れ遣らねば室, 晴れの空, 晴れ野武士海賊の頭, 晴れ鏡石辺から見える, 晴れ鐘巻自斎, 晴れ難からん御, 晴れ雲切れ一つなく彼等, 晴れ静かな海, 晴れ静まった日私は, 晴れ面目もつないだ, 晴れ頼もしき犬と, 晴れして, 晴れ高名するつもり, 晴れの富士桜