青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「晴~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~晩 晩~ 晩年~ ~普通 普通~ 普遍~ 景~ 景気~ ~景色 景色~
晴~
~晴れ 晴れ~ 晴れた~ 智~ ~智慧 智慧~ 暁~ ~暇 暇~ 暑~

「晴~」 1733, 19ppm, 6127位

▼ 晴しい~ (355, 20.5%)

4 のが, もので, 人気を 3 ものが, ものだ, 人だ, 物を

2 [19件] ことだ, ことを, ぞ, のは, ものだつた, ものであった, 出来だ, 勢で, 合戦の, 名硯を, 囃子の, 夢を, 天気だ, 景色が, 暑さ, 考えが, 致命的な, 議論を, 音響を

1 [293件] お手なみ, お手のうち, お説教, からなあ, ことだろう, ことです, ことに, ことには, じゃありません, ぜ山, という評判, とも云, と云, と思う, な, には違い, のです, のに思わず, のを, ふらんす語を, へどもどし, ほりものだ, ものだった, ものであります, ものである, ものでした, ものです, ものでなけれ, ものといふ, もんだ, もんです, よ, わ, わけが, わねいい, わやっぱり, わよ, わ一本, わ仲良く, オプテイミストだ, カラリストで, コバルトダイヤを, ジャズ, スロープを, テストです, テナーでした, テーブルスピーチで, ホテルや, ボーイに, マーガレットが, ルビイの, ヴィクタアな, 一喝を, 万歳の, 丸太を, 事が, 事だ, 事な, 事を, 人々が, 人ね, 人形が, 人気でございます, 人気の, 人気者かなんぞの, 人達に, 代用品である, 作を, 作品を, 価で, 俸給を, 値で, 偉業に, 光景を, 六放, 六曲金屏風が, 典型を, 凧の, 出来栄えだった, 出来栄えで, 出来栄えを, 別嬪で, 別嬪でねえ, 別嬪見, 剣技目前味方の, 剣術を, 力で, 力に, 勇気でしょう, 勝を, 勢いで, 勢ひで門弟の, 化物が, 印象的な, 古い林, 古文書の, 名人試合ばかり, 名作揃ひだといふ, 名所に, 名案は, 哲学の, 唯一無二とも, 商を, 啓示や, 喜田貞吉博士でさえが, 嘘で, 図画だ, 土地です, 土産物を, 城砦の, 場面に, 売物が, 外見を, 夜業を, 夢に, 夢の, 大きな男, 大名かなんぞの, 大声を, 大夢, 大年増, 大成の, 大戸棚, 大物が, 大発見を, 大砲の, 大身だ, 女と, 女優の, 姿を, 子供が, 宝物を, 富士を, 富士山とを, 小説だ, 少年の, 屋敷な, 屋敷まで, 崖道を, 巨人が, 店だった, 弁当バスの, 徒歩旅行を, 御用を, 思い付が, 恋が, 恋情などを, 情景は, 想像を, 意味を, 感銘で, 憎, 成功を, 成果を, 成金と, 手掛りだ, 手柄でも, 手段を, 挨拶を, 救いでは, 文化が, 斜面を, 新奇さを, 新式の, 新種の, 方ね, 方法で, 日光浴日和ぢや, 日曜日を, 景気を, 景色を, 曳網を, 書物を, 月夜だ, 月見草ぢや, 服装で, 朝だった, 朝を, 未来を, 村の, 果物籠を, 格闘の, 桃色の, 楽隊の, 権幕だ, 機会を, 機嫌だ, 次高音を, 歓楽場の, 気性者そんな, 海盤車娘の, 物だつた, 物持ちの, 狂奔振りは, 申込みを, 男を, 男性だ, 癇癪持だ, 発展を, 発展振り, 発明と, 発明を, 発見の, 監獄へも, 破片を, 祝言の, 神経質な, 筆勢だ, 精神科学の, 紅葉の, 紫金色の, 絵が, 美人が, 美人だ, 美人で, 美人に, 美男であった, 美男の, 翼を, 聖書の, 背丈の, 脳力の, 腕前で, 自然が, 自負だ, 興奮の, 興奮を, 舞踊家に, 色彩が, 色彩ぢや, 芝居が, 芝居によって, 芝居の, 芝居は, 花束と, 花火が, 芸当, 芸術品であるべき, 芸術教育に, 芸術的な, 若紳士, 蛮風が, 衣裳や, 衣裳を, 表現です, 装ひ, 西洋料理人に, 見世物でした, 見晴に, 計画を, 記念品では, 評判だ, 話を, 誘惑に, 調度品が, 謎でしょう, 豪い人, 買物と, 買物を, 足跡の, 跳望を, 躍進を, 身体に, 迅速で, 速力で, 速力に, 速度で, 進歩によって, 遊びごとを, 道楽を, 邸を, 部屋だ, 金額で, 雄弁で, 雄弁家の, 難文で, 雹が, 霊媒が, 靴の, 音楽で, 音色を, 音響が, 頭脳を, 頭髪や, 題材が, 顔でも, 風景や, 體格を, 高さ, 魅力が, 鯛だ, 黄金漆器や, 鼾声だ

▼ 晴~ (144, 8.3%)

13 日の 8 日に 3 歌などには, 食事の, 食物の

2 [13件] ひむが, 勝負せ, 午の, 夕日に, 日あたりぬくむ, 日が, 日には, 日は, 日を, 海の, 盛宴を, 結婚式場には, 靄の

1 [88件] あをぞ, おだやかさの, お心付き, して, ものじゃ, ものだった, ものを, 一字を, 下に, 中で, 人物に, 仕事じゃ, 仕合に, 佳品やらを, 使として, 初陣に, 功名し, 勇士であっ, 勝負でさ, 化粧と, 午後三時過ぎ空には, 名僧善智識として, 堀端の, 場所で, 場所でも, 場所と, 場所として, 場所に, 場所へ, 天気の, 妙を, 姿で, 姿の, 婿取り初孫の, 嫁入りを, 字が, 富士と, 富士を, 席へ, 帰朝者として, 座席と, 当日を, 後には, 御式, 手並だ, 扮装に, 振舞に, 方法じゃ, 日で, 日であった, 日でも, 日のみに, 春着も, 武者振で, 法ならびに, 炎天下に, 紙面に, 義侠心何と, 膳に, 舞台に, 舞台において, 舞臺に, 芝山を, 花を, 若者, 藪に, 行事と, 衣物で, 衣裳に, 衣裳を, 装束は, 試合に, 試合場では, 遊戯だ, 金曜が, 鎧に, 雲が, 食は, 食事には, 食事にも, 食事を, 食料に, 食物で, 食物であった, 食物として, 食物とは, 食物を, 麦稈帽

▼ 晴~ (72, 4.2%)

6 さを 3 さに 2 いね, さで, さは, をし, をする, 度いと

1 [51件] ある事, いや, がきい, さ, さだ, さつたら, さには, そして叔父さん, だけのこと, ていました, ている, てくれ, てくれろ, てしまう, てしまふ, てゐる, て一献, て上げます, て下さる, て下せえまし, て呉れた, て機嫌, て狂気, て目, て遣り, などということ, にじき上, になる, にひとつたしか, にもう, に三味線, に義雄, に聞き直し, に行っ, に近所, に駈付け, のため, みたいな, らい変化は, をした, をやる, を澄ました, を索め, 亭で, 候巴蛇の, 健やかな, 其の方, 同時に見聞, 時には衆人, 本望を, 退屈を

▼ 晴しく~ (70, 4.0%)

6 立派な 4 面白いこと 2 大きな希望, 立派に

1 [56件] あらゆる有名, ある時, いいの, いい結果, うまく殆ど, そっくりだったら, よくなつ, よく見えた, 人気の, 偉大な, 健康で, 元気の, 喧嘩が, 器用だ, 均整の, 大いもん, 大きなもの, 大きな常春藤, 大きな欠伸, 大きな生殖機, 大きな英霊塔, 大きな鉄, 大きな魚雷, 大きな鱸, 太いもの, 奇麗でした, 好いね, 威勢の, 巨きい吊橋が, 幸福そうな, 広いらしい, 強そう, 御上達さ, 成功する, 早い, 明るくな, 景気の, 朗らかな, 洞ろな, 激しい運動, 爽快に, 生活力が, 発達し, 私たちに, 私も, 空を, 立派である, 美しい構成, 艶かしい, 豪華な, 軽い飄然, 迅い, 速力の, 金の, 金のか, 闊達に

▼ 晴~ (58, 3.3%)

5 を着 2 が一枚, して, に着, の姿, の正月元日, の水, を着せ, 着て

1 [37件] が衣紋竹, であったが, という語, とて心配, と云, なども必ず, など悉く, にやはり, に着かへる, のま, のまま往來, の亘長, の古く, の夏羽織, の御, の汚れ, の用意, の紋付, の袖, はとり出されぬ, はまったく, もそろえ, もつくれまい, も結局, も酒, や汗ばんだ, をつけ, をまとう, をまとった, を一枚, を引っ, を拵え, を用意, を着飾っ, を着飾つた, を縫った, を身

▼ 晴~ (34, 2.0%)

2 はその

1 [32件] からなん, から見る, が京都, だけで, と諮っ, にはもっと, に目礼, に見おくられ, の切ッ先, の文, の暗躍, の書状, はさらにいちだんと, はしたためた, はしばらく, はそう, はウーム, はクルクル, は人, は前差, は千鳥棚, は左大臣公彦, は微笑, は政治家肌, は武門, は気, は秀吉, は膝, は障子, や僧たち, を主客, を始め

▼ 晴~ (27, 1.6%)

2 ものだ, 殉教者だ

1 [23件] お覚悟, ことを, ので人出, もの, ものだった, ものとして, 中を, 出来だ, 大和男児の, 好い若い者, 姿勢だ, 婿を, 手腕を, 日が, 武者ぶりを, 武者振りを, 武芸者だ, 男でござる, 美挙だ, 若者である, 見識だ, 豪の, 逆上と

▼ 晴~ (24, 1.4%)

3 祈る歌 2 おほ, 喜ぶ

1 [17件] おかして, させようと, させること, して, するが, よろこぶ家, 付る, 保證し, 報ずる白い, 待ちつけた農家, 愛するの, 時と, 歌って, 汽車と, 知らせて, 見定めて, 鳴く樹

▼ 晴~ (22, 1.3%)

2 あるが, なつた, 褻との, 銘々きらびやかな

1 [14件] あって, いいたそう, いう, いはうか, いひたさうな, なったが, 書いて, 温暖とにて, 準備し, 着飾り乍ら, 褻の, 言ひたい穏当な, 記すべきお天気, 雨の

▼ 晴~ (21, 1.2%)

2 さだめなし

1 [19件] かつた, が私, さえも分からず, さだまらずそれ, さだめなくしぐれるい, ずゐぶん, そして小雨, そして雨, でその, なく娘たち, なし, によって海, のほど, も解らない, や日常, 又月, 定めなくて, 肌寒い, 蒸暑いこと

▼ 晴~ (20, 1.2%)

3 ために 2 と同時に

1 [15件] ことが, ことに, ため父親は, つもりだつたらう, と共に天下, には適当, のが, のだった, のは, は此, やうな, わ, 想ひ, 武者修業物語を, 道なく

▼ 晴~ (19, 1.1%)

1 [19件] が三晩, だった, だつた, でせう, とともに一入, には半, には著しく, に入, に約, に雨, のこと, の天空, の星, の星宿, の来る, の鐘, はあた, は勿論, は更ける

▼ 晴~ (18, 1.0%)

2 めぐまれて

1 [16件] これから由兵衛, して, そそのかされて, たるも, よい, 乗じて, 向わんと, 奥様の, 感謝の, 晴れて, 楽ま, 比すべきもの, 気の, 行くの, 遊春踏青の, 霜解けの

▼ 晴るる~ (18, 1.0%)

2 不尽の, 日や

1 [14件] けしきも, ことなし, ときは, と共に嗟嘆, ならば, のを, も空気, も雨, ようで, 夜半の, 心地なく, 悔しき時, 時一段まばゆき, 野路の

▼ 晴~ (18, 1.0%)

2 はこの, は又

1 [14件] が口, が吃驚, が聞く, といういずれ, と光雄, の手, の踏んだ, はますます, は何やら, は急, は目, は眼, への説明, を月野博士

▼ 晴~ (17, 1.0%)

1 [17件] から離れ, が半襟箱, が銀座, には美味, に委せ, のところ, の前, の座, の最近, の木山, の来, の無, はそつ, は兎角, は静枝, を促した, を見

▼ 晴~ (16, 0.9%)

1 [16件] がうまく, がしくじった, が右左, この長持, としてある, などが大いに, な効果, な暮れがた, に先, はあくまで, はその, はそれ, は信田, まずお前, も寿命, を祭った

▼ 晴~ (16, 0.9%)

1 [16件] が参集, が小村医師, が待ちきれない, が自分, すらも刀, だけであった, ではあるまい, と須和康人, にこう, に対してだけで, はこう, はバカバカしい, は人々, は元気, は手, も

▼ 晴~ (15, 0.9%)

9 あつた 1 じりじり暑い, ぢり, 湿度の, 爽快だつた, 電話線が, 駘蕩たる

▼ 晴しの~ (13, 0.8%)

1 [13件] いい処, いい場所, いい曲路, いい独立, いい部屋, きくところ, ひらけた岩角, よい一室, よい家, 好い処, 好い峠, 好い茶屋, 広庭

▼ 晴~ (13, 0.8%)

1 [13件] が義隆, の無道, の草履取り乙, の辞世, の首, はうまうまと, は三河守, は勇将三浦等, は肥満, は自身采配, は飽く迄, を厳嶋, を落し

▼ 晴時々~ (11, 0.6%)

21 曇つては, 曇りて, 曇る, 曇る満月, 曇る私, 曇る終日不快, 曇晴れ, 霙, 驟雨

▼ 晴~ (9, 0.5%)

81

▼ 晴~ (8, 0.5%)

1 あやしく散大, つ, つづきその, つづくやも, 利用し, 四月十三日に, 生れた, 続いて

▼ 晴~ (8, 0.5%)

1 みれば, 佳い景色, 居るが, 居るので, 皆こちら向く, 空は, 行く, 風静に

▼ 晴さん~ (7, 0.4%)

1 がアコーディオン, が作詞作曲, この意, では, とて伝兵衛四条河原, と思う, ゆっくりし

▼ 晴そう~ (7, 0.4%)

1 ぞ続け続け, という愛吉, とする, と思う, と思っ, と致す, と駁論

▼ 晴二郎~ (7, 0.4%)

1 には左, の墓, の姉, の死骸, の父親, は内地, を河

▼ 晴~ (7, 0.4%)

1 のよろこび, の寒, の野, の雲, は郵便, は霜, 早く駅

▼ 晴~ (6, 0.3%)

3 曇か 2 雨か 1 曇りか

▼ 晴しか~ (6, 0.3%)

2 つた, つたこと 1 つたなア, つた何とか

▼ 晴そして~ (6, 0.3%)

31 ちよつと, 待ちに, 曇雨

▼ 晴という~ (6, 0.3%)

2 のが, のは 1 のを, ものは

▼ 晴~ (6, 0.3%)

1 けしも, の, のだ, を待つ, 事も, 十四日一島湧出す

▼ 晴~ (6, 0.3%)

1 が天, が顕れ, に悠然と, の下, の孤月輪, を見たる

▼ 晴~ (6, 0.3%)

2 強し 1 がす, が涼し, そして雨, に翻し

▼ 晴~ (5, 0.3%)

2 ない中 1 でや, ないの, を話された

▼ 晴さう~ (5, 0.3%)

1 とあの, といふ, といふ仕組み, とした, と駁論

▼ 晴した~ (5, 0.3%)

1 やうな, 宏壮な, 程である, 純情の, 處そのうち

▼ 晴~ (5, 0.3%)

2 天気が 1 夜に, 日には, 空位又

▼ 晴~ (5, 0.3%)

1 からほか, がじっさい, が時々, ぞ, な

▼ 晴なる~ (5, 0.3%)

1 少年なり, 廣言なる, 快晴と, 手練そなた, 折々は

▼ 晴午後~ (5, 0.3%)

2 に至り 1 は曇つて雨, は雨, よりブラッデイ氏宅

▼ 晴~ (5, 0.3%)

2 曇の 1 曇, 曇な, 雪

▼ 晴したい~ (4, 0.2%)

1 と思つた, と思わず, のいやな, のです

▼ 晴すこし~ (4, 0.2%)

1 寒くて, 胃が, 風が, 風は

▼ 晴また~ (4, 0.2%)

21 持ち直したらしいよく, 曇つて時

▼ 晴宿~ (4, 0.2%)

2 は同, は同前

▼ 晴~ (4, 0.2%)

1 がさす, であつ, を浴び, を田

▼ 晴~ (4, 0.2%)

1 を, をし, を私, を遂げた

▼ 晴ちゃん~ (3, 0.2%)

1 すみませんが, ですか, では

▼ 晴ちやん~ (3, 0.2%)

1 がさう思ふなら, が来, のこと

▼ 晴である~ (3, 0.2%)

1 ことが, ことを, といふ天気予報

▼ 晴なら~ (3, 0.2%)

1 ば山口, よいが, ロケといふ

▼ 晴なり~ (3, 0.2%)

2 ただし討たれ 1 来歴づきで

▼ 晴まつたく~ (3, 0.2%)

1 日本晴だ, 春です, 秋だ

▼ 晴~ (3, 0.2%)

1 富士と, 曇も, 毎年そんなに

▼ 晴一時~ (3, 0.2%)

2 濃煙霧後晴 1 あられ濃

▼ 晴季公~ (3, 0.2%)

1 でその, にもいつも, よりのご用

▼ 晴将軍家~ (3, 0.2%)

1 御不例, 御出, 聊か御

▼ 晴春風~ (3, 0.2%)

3 しゆう

▼ 晴曇雨~ (3, 0.2%)

2 が交 1 そして晴

▼ 晴~ (3, 0.2%)

1 とす, にて毎日快晴, にはほとんど

▼ 晴~ (3, 0.2%)

1 來事ある, 剋地震, 剋鶴岳上宮の

▼ 晴渡ツ~ (3, 0.2%)

2 て星 1 て日光

▼ 晴~ (3, 0.2%)

1 とみえる, に, の下着

▼ 晴豪傑~ (3, 0.2%)

2 と思ひし 1 かくて

▼ 晴~ (3, 0.2%)

1 と号, と号す, なし

▼ 晴~ (2, 0.1%)

1 ふも山口, ふを

▼ 晴この~ (2, 0.1%)

1 日記を, 鶏に

▼ 晴これ~ (2, 0.1%)

1 で霖雨, を怒っ

▼ 晴さすが~ (2, 0.1%)

1 にち, に今日

▼ 晴させ~ (2, 0.1%)

1 て遣る, んと

▼ 晴しだ~ (2, 0.1%)

1 とよ, よ

▼ 晴しな~ (2, 0.1%)

1 すって, んで

▼ 晴~ (2, 0.1%)

1 て戴く, ば間

▼ 晴であった~ (2, 0.1%)

1 のが, ので宿

▼ 晴とか~ (2, 0.1%)

1 今日は, 雨とかいう

▼ 晴とても~ (2, 0.1%)

1 暑い日, 暑くなるだらう

▼ 晴とも~ (2, 0.1%)

1 まだ確か, 曇とも

▼ 晴には~ (2, 0.1%)

1 即ち行き, 空に

▼ 晴にも~ (2, 0.1%)

1 一着しか, 掛換の

▼ 晴~ (2, 0.1%)

1 晴だ, 精と

▼ 晴~ (2, 0.1%)

2 つきり冬

▼ 晴ゆく~ (2, 0.1%)

1 時, 時片まけぬ

▼ 晴らしい~ (2, 0.1%)

1 娘つ, 田舎

▼ 晴るべき~ (2, 0.1%)

1 やう思ひ, 見極めも

▼ 晴るべし~ (2, 0.1%)

1 とも知らぬ, とも見えず

▼ 晴るれ~ (2, 0.1%)

1 ばまた, ば曇る

▼ 晴レガチ~ (2, 0.1%)

1 だけが不規則, のお

▼ 晴上っ~ (2, 0.1%)

1 ていた, て蛇の目

▼ 晴上った~ (2, 0.1%)

1 大和の, 日に

▼ 晴~ (2, 0.1%)

2 とした

▼ 晴京都~ (2, 0.1%)

1 の使者, の使者参

▼ 晴休養宿~ (2, 0.1%)

2 は同前

▼ 晴~ (2, 0.1%)

1 らしくて, らしくな

▼ 晴勇士~ (2, 0.1%)

1 と見え, の名

▼ 晴名門~ (2, 0.1%)

1 の最後, の末路

▼ 晴~ (2, 0.1%)

1 き空, ならしめん

▼ 晴将軍家二所~ (2, 0.1%)

1 の御, より御

▼ 晴~ (2, 0.1%)

1 に雨, 時々曇

▼ 晴~ (2, 0.1%)

1 会釈, 軍艦著津英船モナ

▼ 晴~ (2, 0.1%)

1 といふ人, と名

▼ 晴昨日~ (2, 0.1%)

1 から寝つづけ, の今日

▼ 晴~ (2, 0.1%)

1 とは七律, 継いだが

▼ 晴~ (2, 0.1%)

1 かつた, 甚し

▼ 晴曇り~ (2, 0.1%)

1 にか, にかかわらない

▼ 晴曇定め~ (2, 0.1%)

1 なし, なし時々

▼ 晴曇風雨~ (2, 0.1%)

2 のこと

▼ 晴朝月~ (2, 0.1%)

1 があつ, のある

▼ 晴残暑~ (2, 0.1%)

1 がなか, のきびし

▼ 晴~ (2, 0.1%)

2 を飽かず

▼ 晴~ (2, 0.1%)

1 点埃, 繊翳

▼ 晴無線~ (2, 0.1%)

2 の塔

▼ 晴~ (2, 0.1%)

1 となつ, 暑し

▼ 晴~ (2, 0.1%)

1 かみなりも, を真

▼ 晴立派~ (2, 0.1%)

1 な主人, に建つたる

▼ 晴~ (2, 0.1%)

1 はまだ, 映朝暾

▼ 晴雪楼~ (2, 0.1%)

1 が落せられた, に投じた

▼ 晴雪楼詩鈔~ (2, 0.1%)

1 を読む, を読ん

▼ 晴~ (2, 0.1%)

1 ありがたい手紙, も氷

▼ 晴風さん~ (2, 0.1%)

1 などのよう, の

▼ 晴風氏~ (2, 0.1%)

1 から手紙, はそれ

▼ 晴風静~ (2, 0.1%)

1 なり今日申剋, なり将軍家

▼ 晴高叔父~ (2, 0.1%)

1 であった, も須和康人

▼ 晴鶴岳宮~ (2, 0.1%)

2 の御神楽例

▼1* [383件]

うすら寒いのでとう, 晴うらうらと浅, 晴かかった空を, 晴かと思わせる, 晴きった空を, 晴きのふもけふも, 晴けさはゆ, 晴さいで措こう, 晴さずには置かん, 晴させる私の, 晴さてもうら, 晴さむとてかいつまみ申述候大手住にてお前さん, 晴されて居る, 晴されることを, 晴さんために昨夜吉良邸, 晴さんものと窃, 晴さん率直に言っ, 晴さん貴女伊ーさんに岡惚れ, 晴しいお役に立つかもしれません, 晴しいだらうか, 晴しいだろうと考えはじめた, 晴しいなア, 晴しいようで叫びや, 晴しいんじゃない, 晴しかったのには, 晴しきお説教, 晴しきノルウエー人ラウラマルホルムのペン, 晴しき復興である, 晴しき無花果の大木三本, 晴しき白樺または樅, 晴しく描いたものが, 晴しく着飾つて来た, 晴したらよからう, 晴しだ勘の字, 晴しづかな時間, 晴してやりたいと思いました, 晴しではない, 晴しなさると宜, 晴しに過ぎないかも知れない, 晴しの酒を飲める, 晴しの露台の誂ゆえ, 晴しますア, 晴しろし宇多の, 晴し下されば誠に, 晴し申すはわけ, 晴すかのやう, 晴すべき機会が, 晴すべしと申候, 晴すべてが過, 晴す如き事柄は, 晴せるとしても拾った, 晴とをあるけ, 晴そうため女賊となり, 晴そこらから花見, 晴だつたがそれだけ, 晴ちつとも梅雨, 晴ちゃん病気して, 晴ちやん助勢, 晴ちらほら小雪が, 晴でありながら地, 晴であろうとも曇, 晴で御座ったぞ平, 晴といつても梅雨空, 晴といふりつぱな金の, 晴ときどき驟雨を, 晴としてゐる, 晴との差別は, 晴なお婿はん, 晴なりと称へつつ, 晴なりとして討たれた横田嫡子, 晴なるべき月には, 晴な吹きぶりじゃ, 晴にと裝飾ひ, 晴になつた今日は, 晴はなはだ暖し, 晴がらかな, 晴まことに日本晴, 晴まこと天高し, 晴まで進むには, 晴む底だに見えず, 晴めづらしく小鳥, 晴めづらしい晴, 晴もつたいないほどの安息所, 晴やがて薄曇って, 晴やつぱり空梅雨か, 晴ゆうぜんとして, 晴よい朝で, 晴よき返答と, 晴よごれきったガローシを, 晴いて, 晴らしだったのだろう, 晴らし申しあげねばならぬ, 晴らし遊ばしませ余りに拘泥, 晴らッしく巧, 晴ぎわの, 晴るい色ではなく, 晴るけんとぞ思ふ, 晴るやどは松林, 晴たつた朝, 晴わたる雲を, 晴ネルセルシーズンだ, 晴ラシイモノデスワタシ日本デハアンナスバラシイモノ聞イタコトナイデスソレヲ一ツココデ真似テ見ルデス, 晴ラシイ美シイ足ヲ思ウ存分ワガ舌ヲモッテ愛撫シ尽シタイトイウ長イ間心ニ秘メテイタ念願, 晴ラシイ肉体ヲ眼, 晴ラシイ裸身ヲ眼, 晴ラシクスッキリト意気ニ見エタ, 晴ルパンの細工, 晴とか終日快晴, 晴レヤカナルカ僕ハ今度クルブラ島ヲ去, 晴一個のキャッキャ, 晴一小手進上申し度候ところ, 晴一片の雲, 晴一雨ほしいなあ, 晴三寒四温といふ, 晴つた朝, 晴上々吉の天候, 晴上りそうに, 晴丑刻大地震, 晴乃廃業与余語天錫, 晴九十度の暑, 晴二所に御, 晴二日酔の気味, 晴二百廿日行程三里日奈久温泉織屋, 晴五ツ半時戸田村大行寺之魯人使節布恬廷呼寄候, 晴五月の朝, 晴亥剋由比浜辺焼亡す南風, 晴京極侍従三位相伝の私, 晴今年は誰, 晴今度叛逆の張本泉小次郎, 晴今日からお, 晴今朝も寝過した, 晴介君などの同門同輩, 晴観山峰有, 晴仲秋月はよから, 晴伊藤八兵衛の弟たる, 晴が何やら, 晴何とうら, 晴の風, 晴候まま庫に入り, 晴傾城の神, 晴はある, 晴先ずこの様子, 晴八朔二百十日の厄日, 晴六波羅の飛脚, 晴このあたり, 晴初めて蛇を, 晴前田君と例, 晴功名手柄して, 晴勉強しよう一切放下着, 晴北陵の空, 晴十兵衞汝が能, 晴午剋忠綱朝臣件の御, 晴午前五時出発槍の頂上午前十時, 晴午前出発唐沢入北穂の尾根午前十時, 晴去る二日将軍家右大臣に, 晴之介居滞在, 晴義通古, 晴名人となられ, 晴名誉の仕事, 晴后曇梅雨の或, 晴后曇行程四里松崎双之介居, 晴が御山, 晴和卿を御所, 晴器量人候とな祝着, 晴四ツニ出ヅ今日長崎譯官本木昌造蒸汽船雛型持出シ御覽アリ, 晴四五日来の暗雲, 晴土用だから, 晴坊門黄門去る六月二日仙洞歌合, 晴の朝, 晴は曇つて, 晴夕暮より寒く, 晴夕雲の紅, 晴多少宿酔気味しかし, 晴大人のやう, 晴大将の大器, 晴大道心者に成りすまし, 晴天下一の色男, 晴天風烈しく路忽, 晴女菩薩とも信仰, 晴季節, 晴好晴行程六里久万町札所下とみや, 晴妻町行乞宿は同前, 晴姶めて御, 晴季はじめとんとこういう, 晴念法師の, 晴安眠熟睡の幸福, 晴宋人和卿唐船を造り, 晴宏才之聞有, 晴りなし, 晴宿酔ほがら, 晴寅刻大地震, 晴寅剋御不例御減, 晴寒いいよ, 晴寒くなつた, 晴寝床からおきあがれない, 晴将軍家先生の御, 晴将軍家大臣拝賀の為, 晴将軍家鶴岳宮に御, 晴小月町行乞往復九里は暑苦し, 晴小気味のよき, 晴小袖かかる時, 晴小袖男の方, 晴小雪ちらりほらり, 晴山口行寒かつ, 晴山城大夫判官行村使節として上洛, 晴島田の茶の間, 晴川歴々たり漢陽, 晴川閣と何事, 晴左大将家御直衣始, 晴巳剋鷺御所の西侍, 晴平門公子の容儀, 晴は今度, 晴広元朝臣奉行として御教書, 晴広元朝臣御所に参じ, 晴広重の筆致, 晴延岡町行乞宿は同前, 晴引越か家移, 晴と出, 晴地行乞宿は, 晴当面の仕事, 晴前夕, 晴をし, 晴彼岸入そして私自身結庵, 晴待つてゐる, 晴後陰北方は初, 晴徳山から電話, 晴心地に壁上, 晴快き見得なるかな, 晴快晴実に珍しく, 晴思ひ欣然として, 晴悟りをひらい, 晴慧しき子かなこれ, 晴戌剋鎌倉中聊か騒動, 晴数旬の間降雨, 晴新暦では七夕, 晴日中は闘牛児居滞在, 晴日支事変二週年記念日小学校中学校は休, 晴日本の春, 晴日閉門看, 晴早天酔うて, 晴明けてから最初, 晴明殿はその後私, 晴春寒笹鳴そして, 晴春寒薄氷が張つて, 晴昨夜の残酒, 晴昨日今日梅雨には珍, 晴に及び, 晴晩頭将軍家桜花を覧ん, 晴晴れきつた, 晴晴れるにきまつ, 晴晴一雨ほしいなあ, 晴晴晴れきつた, 晴晴晴一雨ほしいなあ, 晴晴朝酒はよい, 晴で雪, 晴き日, 晴暖後に陰, 晴暘氏の撮影, 晴曇つて雨の近い, 晴曇不定厄日前後らしい天候, 晴曇半ばして, 晴曇夕立がき, 晴曇志布志町行乞宿は同前, 晴曇明暗に絶對的支配權, 晴曇晴そして待ち, 晴曇行程三里湯ノ平, 晴書きをつた, 晴朝二人でたき火, 晴朝夕の涼し, 晴朝日がまぶしく, 晴朝晩の涼し, 晴朝酒はよい, 晴で今, 晴来りて意外, 晴東洋の舞台, 晴桃紅に梅雨柳, 晴業一世の面目, 晴業物でご, 晴此上も無く, 晴武勇の振舞, 晴武者振であるの, 晴の, 晴汝チュウクロス覇者テラモーンのいみ, 晴河内水源地散歩星城子居雲関亭, 晴油津町行乞宿は同前, 晴波浩蕩一帆遅, 晴を洗, 晴な静寂, 晴涼しい新秋来だ, 晴清明の気, 晴渡つた天氣である, 晴渡つてゐます, 晴渡つて紫深く黝ん, 晴渡ッてはいる, 晴なる空, 晴湖面にあそぶ, 晴熊本をさま, 晴熱都下祭山王結綵六十余車扮戯女舞数十百輩満城奔波如湧, 晴の仇, 晴生目社へ, 晴申剋尼御台所御還, 晴申剋鶴岳八幡宮の別当三位僧都, 晴発見をした, 晴百舌鳥の鳴, 晴知識じゃ, 晴の気分, 晴稍寒延岡町行乞宿は同前, 晴二十五信九十二度きのうは, 晴筑後前司頼時, 晴の女王, 晴紅色の斑, 晴紺屋町から春日駅, 晴塵深, 晴続き押詰って, 晴緑平老を迎, 晴義盛今日又御所, 晴よ, 晴耕雨讀などといふ生活, 晴自省あるのみ, 晴船頭の妻, 晴若宮辻の人家焼亡, 晴菩薩と信仰, 晴行乞しなくちや, 晴行程七里もみぢ屋という宿, 晴行程七里羽犬塚或る, 晴行程三里美々津町いけべや, 晴行程三里門司源三郎居よ, 晴行程二里そして汽車, 晴行程二里万田苦味生居末光居, 晴行程八里半分は汽車, 晴行程六里善導寺或る, 晴行程六里汽車でも六里, 晴行程十里と八里, 晴行程四里二日市町わたや, 晴行程四里本庄町さぬき, 晴衣一枚着るでは, 晴衣著た子供たち, 晴して, 晴見上げた才子じゃ, 晴見事の百姓振り, 晴読んだり歩い, 晴読書と散歩, 晴読雨書なの, 晴豊岳より岐阜提灯, 晴賢自殺の場所, 晴起きて朝飯, 晴身心やつと落ちつく, 晴身心一新おだやかな日, 晴辰刻将軍家並びに尼御台所, 晴過ぎて日並, 晴道後湯町ちくぜんや, 晴遠島飛帆その間に隠見, 晴都城市街行乞宿は同前, 晴酉剋地震戌剋地震同時に雷鳴, 晴酉剋大地震牛馬騒ぎ驚く, 晴酔うて労, 晴金吾将軍の若君, 晴門外不出六日間自分を見詰めつ, 晴阿闍梨公暁園城寺より下著, 晴阿闍梨公暁鶴岳別当職に補, 晴降ればよい, 晴院嬌鶯鳴哈哈, 晴陰将軍家大将に任, 晴陰酉刻快霽, 晴陳和卿参著す是東大寺, 晴と二つ, 晴雨後のあざやかさ, 晴雨風そしてまた晴, 晴雲散北風寒光影火水このきらびやか, 晴静かなよき, 晴を購, 晴頭痛がし, 晴風光月である, 晴風午時微過雨, 晴風好日亜然丁, 晴風春だ, 晴風波やや高し, 晴風采池田の宿, 晴高叔父上がそれ, 晴鶴岳宮放生会将軍家聊か御, 晴鶴岳放生会将軍家御参宮, 晴麦田薯圃茫如海身在緑烟, 晴黒縮緬の羽織