青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「景色~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

時間~ ~晩 晩~ 晩年~ ~普通 普通~ 普遍~ 景~ 景気~ ~景色
景色~
晴~ ~晴れ 晴れ~ 晴れた~ 智~ ~智慧 智慧~ 暁~ ~暇 暇~

「景色~」 3534, 38ppm, 3039位

▼ 景色~ (897, 25.4%)

82 眺めて 45 見て 29 眺めながら 23 ながめて 16 見ると 13 眺めた 10 見せて 9 見ながら 8 眺めたり, 見た 7 見ること 6 ながめながら, 見るよう 5 目に, 見ても, 見に, 見る 4 叙した, 描いて, 眺める, 眺めると

3 [17件] ごらんに, ぢつと, ながめた, 前に, 夢に, 忘れること, 思い出して, 想像し, 眺めるの, 私は, 美なりと, 見るに, 見るの, 詠んだ歌, 諷った, 連想し, 連想したる

2 [43件] お目, かいて, ながめたり, なして, なすに, ぼんやり眺め, みて, 下物の, 写して, 写生する, 善く写したる, 夢の, 展開し, 形だけ, 御覧くださいまし, 忘れない苅あと, 思い出したの, 思い出しました, 思出しました, 想像した, 想像する, 眺めた時, 眺めはじめた, 眺めました, 眺めること, 眺めるとも, 眺め乍ら, 窓から, 自分で, 行手に, 見せる, 見た杜子春, 見ては, 見まわして, 見るか, 見る事, 見入って, 見廻した, 見渡せる設備, 覚えて, 詠む歌, 諷う, 面に

1 [462件] あかずながめて, あてはめて, あなたに, あの橘氏, あらは, いい尽し得べし, いろどって, うち眺め, うつした絵葉書, うつす美しい, おも, おもって, おもふとき忽ちに, お見せする, かいたもの, かいた事, きょろきょろ見廻す, くりひろげぬ, この中, ごく色彩的, さえぎって, さっと墨絵風, ざっと画いた, しばし見とれ, じっと眺めた, じっと見, すっかり瞳, そっくりそのまま浮べ, そのま, そのままのこし, そのまま取入れた, そのまま画, その中, それでも好奇心, ただぼんやり, たのしみながら, たんのうする, だれも, ちょっと考えた, つくつて, つくり風情, つつむ引き締まった空気, でも殘, とうとくいとしいもの, とんと眺め, どう思う, どんな顔, なが, ながめして, ながめたが, ながめたの, ながめたまま, ながめました, ながめること, ながめると, ながめるの, ながめるテレビジョン, ながめ悲しみ, はっきりと, はつきり思ひ出させ, ば東京中での, ひと目見る, ひろげて, ひろげること, ふっと私, ふりかえった, ほのめかせて, ほめたところ, ぼやかして, ぼんやりながめ, ぼんやり眺めた, ぼんやり眺めてる, まざまざと, まだ何ん, みたり, みても, みるじゃま, みるでなくいつも, みると, みんなが, むかし見た, もった故郷, やや暫く眺めました, ゆっくり眺める, よく見た, よろこんだ, クリストフに, スケッチする, スケツチし, スペシファイする, ボンヤリ上り框へ, ボンヤリ眺め, マルキシストは, 一わたり見まわした, 一人で, 一処に, 一幅の, 一度見た, 一心に眺め, 一種不思議な, 一處に, 二人いっしょに, 二人で, 享楽し, 人々は, 代表した, 代表する, 伺うと, 作ったと, 作ったもの, 作って, 作つてゐる, 作つて生活を, 僕は, 充分に, 再現する, 写したので, 写し得るという, 写すの, 写す動機, 初めて見る, 包含する, 半分庭へ, 取入れて, 取換, 叙さね, 叙したつまらぬ, 叙する, 右近は, 同じ朝, 味い, 味わうよう, 品評する, 善く寫したる, 喜んだ事, 喜んで, 嘆賞させよう, 圓朝は, 垂直に, 型に, 垣間見る事, 変える, 変え塊, 変化ある, 夢か, 夢中で眺め, 夢想したい, 夢見るじゃ, 夢見るぢゃ, 大臣は, 奪う霧, 好むかも, 好む人, 好もしく感じ, 如何に, 始めて, 始めに, 娯し, 宿した気持, 寫したので, 寫しました, 寫せり, 少くとも, 帯ぶ, 年の, 庭に, 庭の, 弄ぶ中, 引き立てて, 形つて居なさるだらう, 彩なし, 彫るの, 彼が, 御覧遊ばし, 忍び居候, 忘れずに, 思いだすの, 思いました, 思い出させた, 思い出した, 思い出した彼, 思い出します, 思い出しますと, 思い泛, 思い行きたくなった, 思ひうかべました, 思ひついて, 思ひ出して, 思ひ浮べ得るほどの, 思出した, 思浮べる, 急行列車の, 恰で, 悉くセット, 想いだします, 想うと, 想像しろ, 想像せしめる, 愉しくなつかしく想, 愉快に, 愛する心, 愛する観念, 感動し, 懐しく思い出し, 成して, 打ち眺め, 打眺め, 持出して, 指差し, 指差した, 捜しに, 探り木曾路, 控えて, 掻き乱す, 描いたもの, 描いた小さな, 描いた新旧いろいろ, 描いた高い, 描き出すこと, 描く場合, 描写し, 描破し, 損じて, 摘み出して, 撮したい, 撮してを, 故郷として, 数十分見, 整調する, 日本三景の, 明滅させ, 明瞭に, 映さなかった日, 暗い所, 書いたところ, 書いては, 書くの, 最も好ん, 最も鮮やか, 本当に海, 森と, 楽しく語, 楽しむが, 楽しむため, 楽しむの, 楽しんだ, 構成する, 歌って, 殊に恋しく, 求めて, 汚そうと, 汽車の, 注視する, 深々と, 添えて, 添えます, 満喫しよう, 点出し, 父圓太郎の, 物語りぬ, 現さない, 生かして, 生じて, 画いた麁画, 画いて, 画かぬから, 百倍も, 目のあたりに, 眺むるに, 眺むるにも只一人吾と, 眺め, 眺めあるいは, 眺めおりました, 眺めたの, 眺めたまま, 眺めたもの, 眺めたらあちら, 眺めつ, 眺めつつ, 眺めつめて, 眺めてから, 眺めてでも, 眺めては, 眺めながらも, 眺めに, 眺めましたが, 眺めまわして, 眺めようと, 眺めるうち, 眺めるため, 眺めるらしい, 眺める事, 眺める様, 眺める気晴らし, 眺める閑, 眺め下りる時, 眺め入った, 眺め入れる也, 眺め初めた, 眺め渡しました, 眺め遂に, 眺望し, 眼の, 瞰おろし, 知らないけれど, 硝子戸越しに, 示した大型, 称して, 空想しました, 美くしく, 美しく描写, 考えて, 考へ出して, 耳で, 背景として, 背景に, 胸に, 胸深く, 能く, 自分の, 自分一人の, 茫然と, 薄光に, 藪畳を, 複雑な, 見, 見い, 見いって, 見おろしたに, 見おろしながら, 見ずに, 見せたいと, 見せたならば, 見せたら仰天, 見せはじめた, 見せました心得, 見せようと, 見せるという, 見たい, 見たいもの, 見たこと, 見ただけで, 見ただけでも, 見たでも, 見たと, 見たの, 見たよう, 見たら海, 見たり, 見たるか, 見た時, 見た自分たち, 見つけて, 見つつ, 見つめたまま, 見つめて, 見てから, 見てさえ, 見とれて, 見なさい, 見なさい景色, 見ますと, 見ますにつけ, 見まわしながら, 見よう, 見ようぜ, 見るお, 見るが, 見るでも, 見るとも, 見るにつけ, 見るばかり, 見るもの, 見るやう, 見るん, 見る上, 見る感動, 見る時, 見る気, 見る状, 見れば, 見ろよ, 見わたすと, 見一歩一歩, 見下したまま, 見下ろして, 見乍ら首, 見付けたとか, 見入りて, 見出した, 見守つた後, 見尽して, 見廻したり, 見廻した眼, 見廻わ, 見慣れた私たち, 見据ゑたものだ, 見晴らして, 見渡させながら, 見渡して, 見渡しても, 見渡しながら, 見物し, 見物なさりたい, 見直した, 見飽きて, 見馴れて, 視め, 覗いて, 観たり, 観賞し, 観賞する, 觀んとや, 言い合って, 言う場合, 記憶するであらう, 記憶するであろう, 詠うこと, 詠じて, 詠む場合, 詠んだよう, 詠んで, 詠出した, 詩的だ, 誇りと, 認めた時, 語らはず, 説き出すと, 説明し, 諷わ, 諷詠し, 諷詠し合った, 諷詠する, 賞しまたあるいは, 賞し合った, 賞し山上, 賞すること, 賞す可, 賞ずるよし, 賞め賞め歩行き出した, 賞美し, 賞観する, 車窓に, 透し見たが, 造つ, 造り出す, 遠望し, 選んで, 配合し, 長谷川が, 限定しなく, 障子に, 隠した, 隠して, 頭に, 頭の, 顎でし, 飽きずに, 馳らせる, 驚ろい, 高い所, 髣髴せし

▼ 景色~ (459, 13.0%)

10 目に 9 眼に 7 ない 5 ありありと, 今日は 4 変って, 見えて, 見える 3 ある, よいと, よいので, よくない, 急に, 浮かんで, 浮んで, 眼の, 見られる

2 [30件] あるの, いい, いいから, いいと, しみじみと, そんなに沈鬱, どんなに私ども, よかった, よく似, よく景色, よく見える, 何となく荒涼, 好いの, 好きで, 展開する, 峻しく, 忘れられない, 描いて, 描かれて, 映つた, 私には, 絵の, 美しいの, 美しければ, 自分の, 見えた, 見えると, 見えるの, 詩的である, 面白いと

1 [324件] あった, あったの, あったもの, あったよう, あつた, あまり美しく, あらはれて, ありますか, ありますよ, あるそれ, あるとは, あるので, あるばかり, あるよ, ある彼処, いいし, いいという, いいもん, いいよう, いいん, いかにも明瞭, いかに美しい, いかに良い, いっそうものすさまじい, いっそう心細く, いっぱいに, いつでも, いよいよ隠され, うつって, うらぶれた変りやう, かつて見た, かなり細, かわいらしく縮小, かわった, かわって, きれいな, こうしたモダーン, こう早急, ことごとく隠れ, この間とは, これまた, こんなに鮮, こんな風, さまざまな, しずかに, しばしば見られた, すきで, すこし活, すっかり仕上がっ, すっかり変わっ, するすると, ずっと見渡せる, そこを, そっくりそのままきたない, その中, その文集, そんなに気に入ったなら, たいへんいい, たとえようなく美しく, だんだん大きく, ちょっと見えた, ちらちらし, ぢかに, つきものの, つづきました, つまらなくなる, とてもきれい, とても優れ, どうしても眼, どう見, どんなにいい, どんなに美しかろ, ないと, ないの, なかなか面白い, ながめられたの, ながれて, はじまり田, はまって, ばかに, ひきたって, ひとめの, ひどく印象的, ひらけた, ひろすぎる, ほとんど符牒, ぼうツと, ぼんやり見える, またなく美しい, またはっきりと, またまるで, まるで一変, まるで大型活字, まるで違う, みえた, みえるよう, みられる, やはり水, よいからとか, よいそう, よいらしい, ようございました, ようございます, よくっても, よくなりました, よくなる, よくなるでしょう, よくまた, よく見えます, わたしの, アリアリと, スーッと, トゥウェルスカヤ大通りの, ホノルルのよりも, マザマザ手に, モスク, 一つある, 一つ一つ苦労の, 一と, 一ぱい写っ, 一変し, 一変した, 一抹の, 一時間近く続く, 一望されます, 一望の, 一番気に, 一種の, 一等明るく, 丁度覗き眼鏡, 乾枯と, 京都よりも, 今は, 他の, 他人の, 以前の, 何か, 何だか分からぬ, 何となく奥床しく, 何とも, 何とも云えず, 余り広い, 余り美しい, 佳いね, 佳いので, 俳句に, 偶然浮ぶ, 僕等の, 先づ, 全く一変, 全然一変, 其處に, 出て, 出なくって, 出るという, 出來, 出来て, 出発四年前の, 到るところ眼前, 劣って, 劫火の, 千曲川の, 台なし, 右手に, 四時朝夕眺められる, 変った, 変りますうち, 変わる, 変化する, 多い, 多少複雑, 夢で, 夢の, 大きくふくら, 大きくも, 好い, 好いさ, 好いでも, 好いと, 好いなんて, 好いので, 好いよ, 好いん, 好きだ, 好さそう, 宜しゅうございます, 実に美しい, 寂しく冬, 實際に, 寸毫も, 尤も高山的, 展けて, 展ける, 展開し出した, 山の, 幻の, 彩色した, 彼らの, 彼を, 復一の, 心の, 心を, 忘れられないので, 思いうかばなかった, 思いの, 思い出され, 思い出された, 想像出来る, 所謂温泉場と, 手に, 拡がって, 描ける画家, 支那の, 日本にこそ, 明るかつ, 映ったの, 映って, 映つて, 映るの, 映写された, 春風の, 時々ぼんやりと, 晩秋の, 景色としてのみ, 暑くも, 最も郷里, 朝日を, 朧である, 次々と, 次々に, 次から, 次第に見えなくなっ, 気に入ったの, 気に入ったろうと, 気に入って, 決して消え, 洗れた, 消えずに, 深沈と, 煽情的だ, 物凄くな, 物悲しく茜色, 玩具染み, 珍しかつ, 珍しくて, 現れた, 現れて, 現わ, 生きて, 生れるの, 甦って, 画いて, 皆さか, 皆活き, 目ざめ, 目の, 直ぐ浮かん, 真実なら, 眼には, 眼覚める, 石の, 私の, 私を, 穏かで, 空の, 窓近く日光に, 立体的に, 素戔嗚には, 素晴しい, 織り出される, 美うございます, 美しい, 美しいという, 美しいので, 美しかった, 美しくおぼえます, 美津江の, 肝臓病の, 見えその, 見えたろう, 見えだす, 見えでも, 見えない, 見えなくなって, 見えなくなると, 見えなければ, 見えました, 見えるかも, 見えるから, 見えること, 見えるでしょう, 見えるところ, 見えるのに, 見たいわ, 見たかつた, 見て取れました, 見られた, 見られたの, 見渡された, 見渡せる, 視野の, 覗きから, 記憶に, 豊津の, 赤黄緑青鳩羽という, 走馬灯の, 身に, 退屈だ, 這入った, 違って, 遙か, 開けて, 間断なく, 障子の, 雄壮である, 雄大であり, 電柱で, 霧の, 静かであれ, 非常に, 面白きまま, 順々に, 順次正面, 駈けて

▼ 景色~ (417, 11.8%)

20 中に 15 いいところ 14 美しさ 10 中を 9 なかで, よいところ, 中で 7 いい所, なかに 6 やうに, ように 5 よい所 4 よさ, 方が, 間を 3 い, なかへ, ような, 上に, 中では, 中には, 好い所

2 [21件] いいこと, いい場所, かげで, ことを, ところで, やうで, よいこと, よい海岸, 一つで, 一ツに, 事, 俤が, 変化も, 変化を, 好いところ, 方へ, 歌が, 歌な, 見捨てられて, 趣味を, 雄大な

1 [225件] あちらに, あらわれはじめた感情, いい, いいに, いいまわり, いいスイス, いい住家, いい処, いい千々石湾, いい名所, いい回り, いい土地, いい室, いい林, いい池, いい田舎, いい疏水, いい真言宗, いい話, うちで, うちに, うちには, ええとこ, おもしろくなった, お話しし, かたわらには, かわりに, ことなど, ことなどは, ことは, こと晴れた, ごく美しい, ごときもの, さっぱりし, すぐれた港, すばらしいこと, すばらしさを, すべては, その土地, ためかも, ために, ちがう往還, ところが, ところがあたしたち, ところだった, ところへ, ところも, とり入れ方, どこに, どこにも, ないの, ない事, なかから, なかを, なきに, なごやかさ, なんという, はてを, みぞ心には, めざましいこと, めでたさ, めでたさ和やかさ, ものであった, よい, よいので, よい事, よい多摩川, よい浜辺, よい窯場, ようである, よか, よろしい, よろしい土地, よろしさ, ジャンガラ星では, 一つであります, 一つでは, 一つわが身だけの, 一と, 一ツだった, 一斑を, 一点も, 一部が, 一部として, 一部を, 上を, 不思議さは, 中だ, 中での, 中の, 中へ, 中へは, 中心が, 中心には, 中景に, 中第, 事で, 事やらが, 作られて, 佳い遊覧地, 個々の, 偲バれ, 内に, 内にて, 内には, 再来と, 凄じ, 凄まじさ, 処だ, 処でございます, 処と, 処は, 前に, 勝れた美しい, 北方めいた, 単調と, 叙述にも, 可い樹立, 味という, 土地一杯に, 壮麗なる, 変った山, 変るの, 変化が, 外面を, 多い所, 夢を, 大谿谷, 奥に, 好いの, 好いもの, 好い上, 好い丘陵, 好い事, 好い処, 好い場所, 好い海岸, 好い精神的, 好い見晴, 好い面白さ, 好い風情, 好きこと想像の, 好さ, 如く思はれたの, 如く青々, 妙なる, 家が, 寂しさ, 対照の, 小さい村, 平凡な, 庭が, 後で, 後ろに, 心細さ, 想いにも, 我心を, 所も, 描き方, 描写は, 描寫と, 描寫の, 方に, 方ばかりを, 時本堂の, 時間的活動そういった, 最も面白き, 村だ, 様に, 横ものが, 止め度も, 此の, 殆ど見えない, 活き活きとして, 溌剌と, 爽やかさと, 画面と, 相違が, 福島へ, 素晴らしさ, 細部が, 絵が, 絵などは, 絵を, 絵葉書に, 繋がる中, 美い, 美しいため, 美しいの, 美しい事, 美しい所, 美しくなる, 美は, 美を, 聯想から, 背後に, 良さ, 荒涼さそれに, 荒涼さという, 荒涼な, 處で, 處です, 處を, 裏側, 裏側に, 裏側には, 裏側の, 見られないの, 見物を, 記憶が, 話を, 變る, 變化が, 象を, 連続である, 違うの, 違ふ, 遠く大小二島, 選択にまで, 間の, 隅々までも, 非常に, 面白いの, 高野原一帯に, 鮮明な

▼ 景色~ (408, 11.5%)

4 ない 3 少しも

2 [25件] あかるくかがやい, あるが, いまだに忘れられない, いまも, きれいだった, このあたり, さう, さらにない, しみじみと, それを, よくなっ, よほどのどか, 今日も, 何も, 平凡と, 広々と, 忘れない, 恐らく此四つ, 明治時代の, 特別に, 珍しくて, 見えない, 見たこと, 非常に, 驚く可

1 [351件] ありませんねえ, ある人, あれなりで, あわれ, あんまり悪く, いいが, いいけれども, いいし, いいという, いいな, いいねえ, いかに美しから, いっこうにいなか, いつしかうつり, いつでも, いつのまにか消え, いつまでも, いつも見, いつ見, いまの, いよいよ面白く, いろいろに, おんば日傘で, かえってあなた, かくも, かなしいだろう, かなりよかっ, かように, こうした寺方, ここが, この上, この二樹, この前, この土地, この楼, これのみ, これまで, こんなふう, さっきから, さっと風, さなき, さわやかである, じつにすばらしい, すぐれて, すっかり, すばらしいじゃ, すべてあの, すべては, すべて感激に, そうざら, そう捨てた, たしかにこの, たちまち妖魔怪物, たちまち幕, たとへば此處, たんとおすまい, だんだんなく, とうの, とっぷり暮れ, とてもこう云う, とても楽しい, とても野原, ともあれいとおしむ, どうでしょう, どこでも, どこよりも, どんなでしょう, どんな上手, ないな, ないもの, ない事, なかつたけれども, なかなかいい, なかなかつきぬ, なかなか美しかっ, なかろう, なぜか, なって, なんだかすっかり間, なんともいえません, なんとも云えず, なんびとも, ぱっと光彩, ほとんどちらりとも, ほんとに綺麗, ぼうっと霧, まことに奇麗, まことに愛らしく, まじりあう, またあるまい, また全く, また格別, まだまだ佳い, まだ一度, まだ完全, まるで絵巻物, みえなかった, みるみるうち, みんなおさめられる, もうどこ, もうろうとして, もう見せ, もつとい, よいかな, よいが, よかった, よかったでしょう, よくて, よくなる, よく絵, よし日和, よし木蔭, われを, われ幾たび見, カムパニアの, ナルベク描い, ハッキリと, パセティックな, ボロ市の, リズムを, 一変し, 一寸他, 一寸日本, 一層美しく, 一層静まり返り, 一年中で, 一段と立, 一番好もしい, 丁度水中, 三田も, 三笠山や, 世界の, 中, 人間の, 今も, 今よりも, 今日では, 低く下, 何うだ, 何という, 何とも美しい, 何とも言えない, 何んとも, 何マイルも, 何一つ変っ, 何故か私, 何時でも, 何時迄, 余所の, 例の, 依然として継続, 僕は, 優れて, 優美でした, 先師夏目先生の, 全く平面, 全然なく, 凄いもの, 凡そ限られ, 到底写生, 動物の, 北海道に, 十四歳の, 千二を, 南と, 又格別, 同じ事, 君も, 味が, 嘗て関東大震災, 四季共に, 四邊の, 土手も, 変だ, 変って, 変らなかった, 変る, 変わって, 変化に, 夜と共に, 夢で, 大いが變化, 大半が, 女性の, 好いし, 好くて, 好しこれ, 如何にも勇ましい, 存在しない, 定めし偉観, 定めて, 宝石の, 実によい, 実に凄い, 実に得, 実に淋しい, 実に目, 実に美しく, 実に美しゅう, 実在しない, 家の, 寝台の, 寝坊な, 寝坊の, 實に, 山上の, 平凡だ, 平凡に, 平凡化する, 広漠朧朧たる, 広重が, 強い好奇, 彼に, 彼の, 往きとは, 後々迄, 忘る, 悪くない, 愛野の, 慈善市へ, 慌しい中, 應接に, 手に, 折々眼, 文字を, 断片的であった, 日本に, 明るい実に, 明麗であり, 映画で, 映画と, 昨日の, 時々近く曇天, 晴れが, 晴れんけりゃ駄目, 暑い蝉, 最初の, 本当に美しい, 来た時, 枇杷の, 格別だの, 格別心を, 案内人で, 次第次第に, 正に芸術家, 此落寞たる, 歩いて, 残って, 残つてゐない, 段々離れる, 毎日変る, 水の, 永久に, 洪水時の, 消えて, 淋しく明るく成った, 混濁した, 渡辺町田端神明町, 湖面が, 溪好きの, 澄み切つて, 澤山見られた, 火山岩にも, 無いであろう, 無かった, 無論ない, 熱い頬, 燈明の, 物々しい眺め, 物憂く単調, 物珍しくかつ, 独り文字を, 生まれて, 画にも, 病人の, 白銀の, 百年ぐらい, 目のあたり武蔵野を, 直ちに泛ん, 相変らず, 眇たる, 眺めて, 眼に, 瞬間に, 確かに, 確に, 私の, 立山に, 素晴しかった, 素晴らしい, 絵よりも, 絶景と, 綺麗だ, 繪はがきの, 美くしい, 美しい, 美しいし, 美しいそう, 美しいもの, 美しかった, 美しくフウサトニック渓谷, 美しゅうござる, 老人むきです, 脳中から, 至る所, 至極のどか, 良かつ, 色も, 荒れた寺, 荒寥として, 莫迦に, 落ちつかないと, 蓮月が, 行きとは, 西行に, 見えなかった, 見えぬ, 見えません, 見えませんが, 見すれど, 見せて, 見て, 見られない, 見られないと, 見られなくとも, 見るかけ, 親しましいもの, 誠に壮大, 誠に淋しい, 誰の, 論ずべからずと, 譬へ, 變る, 転た旧り行く, 軽井沢よりも, 透明な, 違うけれども, 遠州御前崎, 随分不気味, 雄大で, 雄大であった, 雄大である, 雄大です, 雨に, 霧の, 青く流れ, 青ざめし汝みずから, 青味を, 非常によ, 風雅な, 髣髴と

▼ 景色~ (297, 8.4%)

14 見とれて 10 なって 9 見惚れて 8 似て, 眼を 5 見える 4 なつて, 心を, 気を, 見入って, 重きを 3 なった, なる, よく似, 向けた, 感心し, 目を

2 [13件] かわって, なります, みとれて, 併せて, 変って, 変化する, 暫く見とれ, 至るまで, 興を, 見えました, 見とれた, 見入つて居た, 集中し

1 [179件] あかず見入って, あてはめて, あの小鳥, ある, あるやう, うたれて, うっとりと, うっとり見惚れ, うつしだして, うばわれて, おなじ二人, かこまれて, きまって, さぞや哀, さよならを, しつくりして, して, しみが, しようとして, しろどんな, しろ人物, すぎません, すっかり魅せられ, すつかり感心, せんかと, そつくりな, そへた, ちがいない, ちょっと眼, ちんまりし, つれて, ながめ入った, ながめ入って, なったが, なったと, なったという, なったの, なった尾張町, なつた, なりに, なりますので, なるかも, なるの, なるのに, なるわけ, はたへられない, ばったりぶつかった, ひかされて, ぶるぶると, ぼんやりと, ぼんやり眼, みいって, みとれながら, みとれ少し, めでて, やわらか味, イムポテンツな, ソックリと, モスク, 一種の, 人為的雅味を, 仕えかしずかれたよう, 会うと, 似たの, 似たもの, 似たりとも, 何となく心, 八ツを, 冠するに, 出逢った事, 刻んだよう, 加うる, 包まれて, 半ば正, 半ば正気を, 同感し合い語り合った, 同感し合っ, 向う時, 四つ五つ構え, 培われて, 変つてゐる, 変り出した, 変わりは, 夏の, 夢幻に, 失望したらしく, 奥行を, 安心し, 富み非常, 富んで, 対べて, 對し, 少しも, 少し興, 属する, 引きかえて, 引きこまれる, 心の, 忽焉と, 思ひしみながら, 恋が, 恍惚と, 恵まれた土地, 悠々と, 惑ふてある, 感じられます, 感動する, 感心した, 感心する, 慣れて, 憧れふら, 我を, 或ポイント, 戻りました, 所在な, 手を, 打つてかへて, 打突かる, 拙い描写, 接した私, 接して, 接すること, 撲たれて, 松蕈添え, 比べて, 比べては, 比較的親しみ, 気がつく, 気付く思ひが, 浪速の, 浸ってだけ, 溺れながら, 用が, 相違ない, 眺め入って, 瞬間に, 美しい特徴, 背を, 胸を, 自己を, 興がるよう, 舞台が, 苛立つの, 融けた気持ち, 見えるから, 見た, 見とれてるふう, 見とれながら, 見とれる, 見とれる代り, 見とれ奇麗, 見入つてゐた, 見惚れずには, 見惚れた, 見惚れながら, 見惚れはじめた, 見惚れ切って, 見馴れて, 視め, 親しみを, 触れると, 誰もが, 調和しない, 調子を, 近い次, 退屈し切っ, 過ぎない, 過ぎないん, 適って, 配合し, 釣り合わない景気, 非常に, 顔を, 風致が, 飽きて, 馴れ真面目, 驚く, 魂を, 魅せられたらしく彼女

▼ 景色~ (158, 4.5%)

7 ない 3 いいし, 眼に 2 あった, あれば, い, なかった, 夏から, 奇跡も

1 [133件] あきらかに, あの時分, ありません一筋道, あるかと, あるが, あるという, ある物, いいが, いざと, いづれ劣らぬ自然, ういて, うらうらと, おぼろげながら, おぼろに, お楽しみ, お目, かなりに, きょうばかりは, くそ忌々しい, これという, これといふ, こんぴらよりいいし, ございません, すつかり色あせ, ただ眠け, つまらなく見え, どっちも, なかなかいい, なかなか絵画的, なくあはれ枯木, なくこぼれた, なくつかつか, なくむしろ, なく争う, なく云う, なく安らか, なく怠る様子, なく自分, なく至って, なにも, のどかなら, のどやかで, またそっくりそのまま, また佳い, また凄まじく, まだ満, むらさきぐんだ影, もはや以前, やや違っ, よかった, よく気候, よしからだ, よし道, わるくない, 一本の, 之を, 亦その, 人も, 今も, 何やら遠い, 何ん, 何んと, 何んな, 佳いとか, 僕を, 入れてね, 全く見えず, 全然変つて, 共にながめ, 同じ事, 変った, 夜の, 夢では, 太陽も, 好かツ, 実に気持, 少しも, 巧かった, 平気で, 幾多の, 弟の, 彼の, 心に, 忘れたこと, 忘れ物を, 思出される, 悪くは, 想像される, 支那らしい, 曇天を, 木立の, 気に入った, 汽車の, 活きる様, 活きる樣, 淋し松, 清らかに, 無い, 無きを, 父の, 爽やかで, 物凄まじい, 珍しい, 珍らし, 現れて, 目には, 私達を, 空気も, 総べて, 美しくは, 艶を, 華やかです, 見あたらなかつた, 見えない, 見えぬ, 見えませんでした, 見せて, 見たかった, 見て, 見とくもの, 見ないうち, 見ないで, 見へた, 見ようし, 見られなくなるよ, 見事だ, 見渡して, 道も, 遠方の, 隠す景色, 面白く, 風情も, 風早學士に

▼ 景色~ (89, 2.5%)

3 なった, 一緒に, 同様に 2 そっくりの

1 [78件] いうものの, いったら物凄い, いって, いっても, いつか思っ, いわば九十九里, この親方, この辺, しっくり調和, すると, すれば, そっくりであった, その上, その反対, その間をと, ちっともちがった, つり合って, なって, なつて, なりに, なり居る, なり時々, なり東助, なる, なるの, ぼんやりと, まるで違い, 一つに, 云うと, 人物群集の, 人間とを, 何等かの, 倶に, 別々に, 合せて, 同じよう, 同じ様, 同一かと, 同一そっくりそのまま, 同様で, 味ひとを, 呼ぶもの, 変りは, 変わりが, 天気との, 寸分異は, 左の, 弟とが, 心持とを, 思えば, 思へと, 断れ断れな, 村道の, 横の, 比べて, 水浴する, 現世に, 申しても, 申しましても, 異うところ, 相応しいよう, 符合する, 自分達の, 色調と, 芝公園の, 見えた, 見ても, 見るべきである, 見做す人, 言ったばかり, 言っては, 言葉の, 調和し, 豊かな, 賞めた, 遠い太鼓, 遠き太鼓, 餘に

▼ 景色~ (70, 2.0%)

17 あつた 2 あらう, どんな花, 私の

1 [47件] あつたらしい, あつて, あの家, いかんという, いながら, いるに, こんな些細, ござりました, ござりまする, せうね, そこに, その上, その森, とくに珍しい, どうも, どこの, なかなか面白い, なんといっ, もう長い, 五六間先に, 人が, 以前には, 初めは, 学園の, 実景でない, 少しゆく, 山の, 己れ, 心持が, 新しく作った, 明るくて, 月の, 枯残つた菊の, 沢山の, 洗われたよう, 私は, 荒れ狂う波, 蘆の, 見るよう, 観光客を, 誠に心持, 調子の, 趣は, 間に, 雪が, 雲に, 駅から

▼ 景色~ (65, 1.8%)

4 ね, ねえ 32 から, が正, と思, と思う, と思っ, な, なあ

1 [40件] いま午後の, かこれ, かはっきり, からさ, からまあ, から批評, がきょう, がまだ, が宿, が高い, けれども朝, こと, ぜ, そうだ, それが, ということ, とか綺麗, とこれから, とだけ眺め得る, とは云われない, とは思い, と云えただろう, と云ってる, と喜ん, と思いました, と思います, と思ふ, と映る, なあたいした, なあと感じた, なぞと褒めさせられる, なちょうど, なア, な風変り, の, もし向う, ものです, よこれ, わね, ナア

▼ 景色~ (42, 1.2%)

3 空や 2 人の, 建築物やが

1 [35件] あるいは実在, いい天気, とあるは, なんでも, なア, 事件を, 事物やは, 人々や, 人事を, 人情を, 伸一郎が, 冬枯野辺の, 向う側の, 土地の, 富士の, 戦争の, 昼間の, 柔らかな, 気分が, 水音を, 河に, 父母兄などの, 物の, 白い洋服, 白峰の, 眺望である, 科学的知識の, 笠や, 美しい画, 船の, 輝しい, 近東風な, 里の, 霧の, 風致が

▼ 景色では~ (25, 0.7%)

2 あったが, あるが, ない, ないか, 無いか

1 [15件] あったけれど, あったけれども, あったし, ありませぬか, ありませんが, ある, あるけれど, あるけれども, あるまい, ないから, ないという, ないよう, ない時, なかった, 有るまい

▼ 景色でも~ (24, 0.7%)

2 ないが, 眺めて, 見て, 見ろよ

1 [16件] あった, ありません, いふので, かく事, ないけれど, ないの, ながめながら, ながめようと, ながめるよう, 新しい感じ, 歩いて, 眺めようじゃ, 眺めるよう, 見ながら, 見ようと, 顔でも

▼ 景色です~ (22, 0.6%)

72 か, がそんな

1 [11件] から豚吉, がその, が崖, が火鉢, けど海, ことね, な, なあんな, ねこれ, もの, 政の

▼ 景色にも~ (21, 0.6%)

2 覺えぬ

1 [19件] あの老人, なれて, なろうもの, ひるまず川, まして私, また暴風, 丘の, 似た海岸, 変った身, 左右される, 感心せず, 我は, 源氏の, 生命が, 痩せた皺, 目は, 覚えぬは, 車内の, 頓着なく

▼ 景色~ (20, 0.6%)

3 のである, のです 2 んです

1 [12件] のだ, のでしょう, のでひょっとしたら, ので別に, ので朝, ので柄, ので父, のに私, のに突然, のよそう, もんだ, んだ

▼ 景色には~ (20, 0.6%)

1 [20件] あらずやと, あるので, いささかの, いつも綺麗, うっとりと, こんなに美しい, しばしば逢著, そうした様々, なにも, ヨーロッパの, 一脈似た, 多くの, 実に旅中, 富士山が, 少しも, 打たれざるを, 普通日本人の, 特有な, 見えないん, 飽きあきして

▼ 景色などを~ (18, 0.5%)

3 眺めて 2 ながめて, 見渡しながら

1 [11件] 互によりそっ, 写生し, 夜毎に, 寫して, 思ひ浮べた, 想像し, 曇ったタクシー, 考えるだけでも, 見ると, 見る時, 面白可笑しく

▼ 景色から~ (13, 0.4%)

1 [13件] いっても, みると, 僅かばかりの, 十分それが, 外したお, 彼等は, 最後に, 浮き出て, 生ずる興味, 目を, 言っても, 起ッて, 長い間別

▼ 景色である~ (13, 0.4%)

2 というの

1 [11件] かまたは, かよく, がその, が私, ことを, だけに却つて筆, と卓一, に相違, ので屋敷, のに, のに北側

▼ 景色とは~ (13, 0.4%)

1 [13件] かなりかけ離れた, このこと, まるで桁, 似通う節, 全く殊, 合わさって, 季節や, 思はれない程, 思われない, 打つて, 瑞西の, 趣を, 馴染が

▼ 景色という~ (12, 0.3%)

3 ものは 1 ことは, ところである, ので, のは, もので, ものには, やつに, 型に, 語は

▼ 景色などは~ (11, 0.3%)

1 [11件] どうで, どこにも, わからないでも, わずかに, 好いねえ, 宛然柳浪が, 想像も, 文化文政も, 申し上げる必要, 目を, 言葉では

▼ 景色じゃ~ (9, 0.3%)

3 ありませんか 1 ござんせんか, ござんせんかい, ない, ないの, なかったと, なア

▼ 景色であった~ (9, 0.3%)

2 のか, のです 1 か目, が一隻, が仁十郎, が其後松, けれどもあの

▼ 景色~ (8, 0.2%)

1 それも, つい他愛, ないしは芸者, はる, はるもの, 何かの, 分らない, 花園の

▼ 景色など~ (8, 0.2%)

1 あんなには, いろんな形, 印象ぶ, 思い出しました, 撮して, 見たくとも, 覚えて, 非常に

▼ 景色だけは~ (7, 0.2%)

2 いまでも 1 いまだにはっきりと, 昼の, 深く身, 負けて, 賞めた

▼ 景色だろう~ (6, 0.2%)

2 と人魚 1 この橋, と世話, と飽かず眺め, 位に

▼ 景色ほど~ (6, 0.2%)

1 ありがたいもの, しみじみと, な景色, 清らかな, 美しいもの, 陰惨な

▼ 景色あり~ (5, 0.1%)

3 月海上に 1 夏景色あり, 汽船あり

▼ 景色だった~ (5, 0.1%)

1 からおれ, がことし, がしばらく, がだれ, ようにも

▼ 景色であろう~ (5, 0.1%)

2 と思う 1 かと想像, か日光, 湖も

▼ 景色として~ (5, 0.1%)

1 みて, 何とも, 成立って, 沿線の, 珍しくは

▼ 景色とも~ (5, 0.1%)

1 別れなければ, 思へない緑, 思わずただ, 知らない山, 見られるであろうが

▼ 景色~ (5, 0.1%)

2 にし 1 でしかも, となっ, のこと

▼ 景色いと~ (4, 0.1%)

1 もの淋しく冬枯れ野辺, よろし, 多く殊に, 神

▼ 景色なども~ (4, 0.1%)

1 到底形容, 少し見え, 御覧なさい, 聞かせた

▼ 景色なる~ (4, 0.1%)

2 にその 1 かな, に其中

▼ 景色に対して~ (4, 0.1%)

1 いて, 一方には, 左の, 異常な

▼ 景色ばかり~ (4, 0.1%)

1 であ, である, で家, 見て

▼ 景色~ (4, 0.1%)

1 人を, 僕を, 勢い立っ, 駕屋は

▼ 景色よりも~ (4, 0.1%)

1 いっそう強い, や, 更に思いがけない, 月光に

▼ 景色らしい~ (4, 0.1%)

21 んです, 特別な

▼ 景色かも~ (3, 0.1%)

1 分らぬ, 知れない, 知れないが

▼ 景色そのもの~ (3, 0.1%)

1 が自身, も昔, よりももっともっと

▼ 景色だけが~ (3, 0.1%)

1 ずんずん後, 極めて徐々に移っ, 水の

▼ 景色だけでも~ (3, 0.1%)

1 何故か心細い, 妙義山と, 来た甲斐

▼ 景色だけを~ (3, 0.1%)

1 楽しむの, 見に, 追うて

▼ 景色だの~ (3, 0.1%)

1 彼の, 芝居だの, 見て

▼ 景色でございます~ (3, 0.1%)

1 ね, よ, ナ何だか

▼ 景色でなく~ (3, 0.1%)

1 てはならぬ, 大行幸, 実感より

▼ 景色とか~ (3, 0.1%)

1 さう, 花とか, 變化の

▼ 景色とが~ (3, 0.1%)

2 いかに豊富 1 どこから

▼ 景色としては~ (3, 0.1%)

1 ゼロ, 格別珍しい, 申分ない

▼ 景色などが~ (3, 0.1%)

1 日本らしい, 浮んだ, 瞭

▼ 景色などに~ (3, 0.1%)

1 あまり心を, 氣を, 用いられた濃い

▼ 景色なら~ (3, 0.1%)

1 んに, 二〇号に, 少しくらい

▼ 景色に対する~ (3, 0.1%)

1 日本人の, 時に詞句, 驚異の

▼ 景色のみを~ (3, 0.1%)

1 叙する事, 叙せざるべからず, 書いた文章

▼ 景色まで~ (3, 0.1%)

1 ここは, ハッキリ覚え, 似たるところ

▼ 景色よき~ (3, 0.1%)

1 ところならん, ところにて, 岬の

▼ 景色かと~ (2, 0.1%)

1 思ふ, 見るからに

▼ 景色~ (2, 0.1%)

1 ゃごんせんかね, やない

▼ 景色すら~ (2, 0.1%)

1 さめはてたもの, すでにまつたくさめはてた

▼ 景色そこ~ (2, 0.1%)

1 には大阪, に取出す

▼ 景色その~ (2, 0.1%)

1 ほかいろいろ, 上の

▼ 景色だけ~ (2, 0.1%)

1 では, 見ても

▼ 景色~ (2, 0.1%)

1 やありません, やなあ

▼ 景色づくり何處~ (2, 0.1%)

2 にからくり

▼ 景色であり~ (2, 0.1%)

1 そこの, 一の

▼ 景色でした~ (2, 0.1%)

1 からこの, が若い

▼ 景色でなけれ~ (2, 0.1%)

1 ば描く, ば楽しい

▼ 景色としても~ (2, 0.1%)

1 面白い, 面白いし

▼ 景色なく~ (2, 0.1%)

1 何を, 慄え

▼ 景色なぞ~ (2, 0.1%)

1 あらぬ方, まんざら捨てた

▼ 景色なぞを~ (2, 0.1%)

1 一度も, 眺めて

▼ 景色などという~ (2, 0.1%)

1 のも, ものは

▼ 景色なり~ (2, 0.1%)

1 動物なりの, 御病床

▼ 景色なれ~ (2, 0.1%)

1 ばま, ばまま子

▼ 景色なんて~ (2, 0.1%)

1 あんまり見る, とても世界じゅう

▼ 景色について~ (2, 0.1%)

1 たずねられる場合, 愉快さうに話しあう

▼ 景色にばかり~ (2, 0.1%)

1 池の, 見惚れて

▼ 景色にまで~ (2, 0.1%)

1 愛恋を, 置き変えて

▼ 景色のみ~ (2, 0.1%)

1 なり, 眺めながら

▼ 景色のみぞ~ (2, 0.1%)

2 画の

▼ 景色ばかりを~ (2, 0.1%)

1 眺めて, 見て

▼ 景色また~ (2, 0.1%)

1 格別でございまし, 然る

▼ 景色もしくは~ (2, 0.1%)

1 事実を, 人事が

▼ 景色よく~ (2, 0.1%)

1 心躍る, 道も

▼ 景色より~ (2, 0.1%)

1 こっちの, 見物より

▼ 景色をば~ (2, 0.1%)

1 いい知れず, 君命によって

▼ 景色をも~ (2, 0.1%)

1 歩いて, 自分は

▼ 景色以上~ (2, 0.1%)

1 の意味, の景色

▼ 景色~ (2, 0.1%)

1 このよう, も一

▼ 景色等自己~ (2, 0.1%)

2 の実見

▼ 景色見え~ (2, 0.1%)

1 しに, 申さず値段

▼ 景色見せた~ (2, 0.1%)

1 まいし, まひし

▼ 景色風俗~ (2, 0.1%)

2 を写し

▼1* [177件]

景色あまりにもまだ, 景色あるいはキーチュ川から, 景色いったいそれは, 景色うつしいで我は, 景色氣に, 景色おのづから, 景色おもむきは昔, 景色お気に入りし, 景色かなとかういつた, 景色からでも来たよう, 景色からの連想からか, 景色からも感ぜられるよう, 景色がからつと晴れた, 景色がよかつた, 景色ぐらゐたかが知れて, 景色ぐれえいい, 景色こそほんとに目, 景色ことなり万に, 景色さえ変りて, 景色さぐりがてら厭氣の出づる, 景色さらに見覚えなく, 景色しか見えない東, 景色しかもここは, 景色すきなるもの, 景色そのままを描いた, 景色そのまままざまざと感覚, 景色その間に千代子, 景色だけに何故かよく気がついた, 景色だってもう駄目, 景色だってとたずねますと, 景色だつていうところ, 景色つていふもん, 景色つていふやつがなかなか, 景色づくり何処にからくり, 景色でありまして頭, 景色でありましょうそれは, 景色でありますが南宗画, 景色であるらしく片側に, 景色でござるが, 景色といったぐあいなので自分の, 景色といふやつは, 景色とさえ思われない, 景色としてのみ余が, 景色とてこれが, 景色とても素敵なり, 景色とでもあつたら, 景色とともによく志, 景色とを区別しなかった, 景色と共に余りに静か, 景色どころでは, 景色ながら腕と, 景色なきまでに静か, 景色なぞが映る道理, 景色なぞにはふみと, 景色なぞはどうでも, 景色などには見とれようとは, 景色などの特色を, 景色なりが多いの, 景色なりという, 景色なりとも写真に, 景色なりをみて, 景色なんか見ること, 景色なんぞ月が, 景色なんぞもずっと変っ, 景色にかけては何処にも, 景色にかはってゐた, 景色にぎやかな町, 景色にすら春は, 景色についてもその概略, 景色になつてし, 景色によって続けられつつ, 景色に対しつくろわざる真実, 景色いおりて, 景色のびのびと足, 景色はさもあら, 景色ははばの, 景色ばかりがながめまわされるの, 景色ばかりじゃないほか, 景色ばかりの国に, 景色ばつかり大きく, 景色ばんだ, 景色へと現れるの, 景色ほどに見えた, 景色やなど眺めくらす, 景色やら習慣やら, 景色いかにのどか, 景色よい芳野川の, 景色よりずつと美しいこと, 景色も, 景色らしく句風も, 景色らしくして動物園, 景色らしくはみ出させながら草原, 景色をさえ増させた, 景色を通じて心は, 景色毎朝見られる, 景色見ラレルヨウナ, 景色セイロンの落日, 景色バイカル湖のあたり, 景色バカリカイテヰルノニアキテ街ノシヤセイヲシヤウト思ツテ街ニキマシタガ田舎者ノ玉ネギサンハ道ニマヨツテシマヒマシタ, 景色ベルギーのヒヤシンス・チュウリップ等, 景色ムードンの森, 景色念頭ニオクトキ, 景色一本の松, 景色けはそれ, 景色並びにその景色, 景色事件を想像, 景色二人は足, 景色云々と書きだし, 景色仏蘭西のローヌ河畔, 景色以外にその, 景色だ, 景色佳き花月旅店に, 景色兵営の太鼓, 景色円道様も為右衛門様, 景色い風, 景色凡そ十数個所を択んだ, 景色北アルプス第一, 景色北斎が道中画譜, 景色単純に開いた, 景色ならず, 景色樣, 景色吾等二人は真に, 景色を感じ, 景色咲枝の藍, 景色圓道様も爲右衞門様, 景色夏心地だ一刻, 景色クサリ, 景色天竺の早, 景色好きのわが国人, 景色如何と人問, 景色嬉しいわね, 景色専門家や人物専門家, 景色藤次の, 景色山川草木に現れる, 景色廻り舞台のよう, 景色彼方此方にむらむら, 景色に浮べ, 景色忘れられませんわ, 景色愛する人々の, 景色昨夜の物好き, 景色碧な, 景色がいけない, 景色段々畑の銀緑色, 景色も山, 景色流動せず寂しい, 景色独逸のライン河, 景色甚之助子供ご, 景色田舎町のすすけた, 景色画二三枚をも併せ, 景色に見える, 景色蒼な, 景色眩惑るしいほど, 景色眺めておれ, 景色も眩む, 景色美しいもの, 景色一の, 景色の事, 景色がある, 景色自体が三山, 景色自分からすぐ, 景色の風情, 景色若くは高く, 景色が丘, 景色見るのん, 景色見わたすのん, 景色見渡す限りの, 景色見飽かざる間に, 景色規則的な車輪, 景色觀賞においての畫時代的記録, 景色言語に絶する, 景色踏む大地と, 景色にしみ, 景色身体に伝わる, 景色遠くは永代, 景色閑散な汽車, 景色静物で人間, 景色の動靜