青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「承~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~払 払~ ~払っ 払っ~ 扱~ 扱い~ ~批判 批判~ ~批評 批評~
承~
~承知 承知~ 技~ 技巧~ 技師~ ~技術 技術~ 把握~ 抑~ 抑え~

「承~」 1080, 11ppm, 10057位

▼ 承~ (110, 10.2%)

6 はりし 3 はり候と, はり候に, はり候へども, はり候へば, はり及び, はり申さず, はるに, はれと, はれば 2 はらんと, はりし事, はる可, はれ汝

1 [69件] はつて, はらず又, はらんにより, はらん併, はりしこと, はりしま, はりしや, はりし上, はりし今度, はりし儀, はりし儘此, はりし所實父富右衞門儀, はりし故, はりし處江戸駿河町, はりし處熊谷, はりたしと, はりたしといふ, はりたるのみにて, はりました, はりましたと, はり久八は, はり何にも, はり候が, はり候へ, はり候ま, はり候然, はり候者哉小夜衣とは, はり候處其翌, はり候處粂之, はり參るべし, はり及たり, はり及びますれ, はり合せ候處一向, はり實に, はり左樣なら, はり度と, はり彼是日暮方に, はり氣の, はり然, はり猶々, はり申さんと, はり申べき, はり私し, はり種々異見仕, はり糺し, はり置ざるは, はり自然此書中の, はるが, はるも, はるもの, はる上からは, はる其砌日野家より, はる可との, はる如く右, はる旨, はる町奉行たる, はる筈, はる通り九助が, はる通り伴佐十郎建部郷右衞門の, はる通り其方共の, はる通り大井河原の, はる通り故, はれとて, はれ今, はれ其方, はれ只今, はれ文右衛門, はれ此上, はれ爾ぢ

▼ 承わっ~ (96, 8.9%)

8 ております 7 ている 6 ておりました 3 たが, たこと, た時, ていた, ておりまする, てござる 2 た, たところ, たので, たゆえ, た上, た位, ています, て来い

1 [41件] たあの, たお, たと, たに, たの, たのね, たよう, た事, た備前屋, た再建論, た処, た動的表現界, た四家, た現在, た筈, た話, た越野氏, た通り, ていない, ていました, ていませぬ, ていや, ておきたい, ておく, ており, ておる, ておれ, てから私, てくれまし, てこれ, てみる, てみれ, ても私ども, てるじゃ, て参りました, て参りましょう, て存じ, て居らなかったら, て居る, て来た, て来る

▼ 承~ (91, 8.4%)

4 つてゐます 2 これを, つたのは, つてました, つてを, つて初めて, つて居る, ハッと, 彼の, 身を

1 [69件] あまりの, あらたまって, うなされて, おどろき顔, ぎょっとし, すっかり体, すっかり睡, そういううち, その夜, ただごとでは, つたお言葉全部, つてゐました, つて参つた, つて參つた, つて居つ, つて居つたら, つて居りました, つて日光山の, つて置け, なお居眠っ, ひれ伏して, ふかく用心, ほっと胸, また改めて, もうこの, やむなく, られよ徳川, らん爲に, わが邸, 一の, 仰向いたまま, 体の, 俯し拝んだ, 先頃から, 出迎えて, 則ち, 十里亭まで, 口の, 女玉姫を, 密詔の, 席を, 弘前に, 思いついて, 恐懼し, 愕として, 慶童子を, 或る, 手を, 曹操の, 漢文に, 濡れた瞼, 火を, 狂喜し, 生ける心地, 答えも, 羨ましいもの, 舌打ちを, 襟を, 見ること, 訊く, 誰やら, 謹んで答えた, 踵の, 逃げる慶童, 重臣を以て, 長安この, 震い恐れた, 頭を, 顔を

▼ 承~ (55, 5.1%)

2 やしき, 胸は

1 [51件] あたま, おおかめさん, ことである, ことは, ことばに, この日, ころかとよ, むすめ, 一家一門その, 世に, 世にも木曾殿, 乱に, 側用人に, 口を, 吟味に, 含む不明, 和泉屋五左衛門, 大戦の, 女壻, 娘であった, 學問が, 定府の, 家に, 容体を, 寂滅の, 年号が, 影と, 手へ, 手を, 昔し, 昔文覚上人が, 昔源頼朝が, 春の, 春世は, 春西八條の, 時代に, 無二の, 物語, 瞼は, 秋の, 義盟に, 血相であった, 行動は, 説明を, 謀叛も, 輩が, 邸に, 邸を, 頃平康頼が, 顔色を, 飢饉が

▼ 承~ (43, 4.0%)

10 の乱 5 の変 3 の例 2 のみだれ, の事変, の役, の後鳥羽法皇

1 [17件] からちょうど, に圓位法師, に生き, の乱後, の乱後土佐, の乱等, の兵乱, の四年間, の変後, の大, の帝政回復, の愚, の故事, の秋, の轍, の院二十, までの二十年間

▼ 承つて~ (37, 3.4%)

10 居ります 2 をりました, 居りました

1 [23件] から余, せせら笑, ゐたが, ゐます, をきたい, をります, をりまする, 居た, 居たの, 居て, 居られたにも, 居りましたが, 居りましたけれど, 居りますけれど, 居りますけれども, 居ります何やら, 居りません, 来たからには, 置きたい, 置きたいと, 置きまして, 見ますると, 見れば

▼ 承~ (30, 2.8%)

2 二年戊辰, 元年二月なり, 四年の

1 [24件] の昔, の法難, 三年, 三年に, 三年三十首の, 三年六月十九日沙門源空と, 三年十二歳で, 三年己巳, 二年に, 二年十一月八日の, 二年十七歳の, 二年已来御, 五年は, 五年辛未, 元年には, 元年三月十五日五十四の, 元年十一月十二日芽出度い, 元年十二月八日勅免の, 元年彼の, 元年正月以来五年振りの, 前後まで, 四年には, 四年十一月二十一日に, 四年庚午

▼ 承わる~ (29, 2.7%)

2 ことに, としましょう, のは

1 [23件] お射かけなされ, お打ちかけなされ, お痛わし, が, が太夫, たびに, とし, としよう, と云う, のが, ほどの人々, までは決して, ものです, やそこ, ようであります, ようです, ような, より結論, 上は, 事であります, 今日に, 大目付, 筈であった

▼ 承わって~ (25, 2.3%)

3 居りますが 2 居りました

1 [20件] その報告, その検分, やっとの, 大いに我々老人共, 居りましたが, 居りましたところ男, 居ります, 居りまするが, 居ります母親, 居りやすが, 居り殊に, 床几に, 御隠居さま, 成程と, 立ち去りましたが, 置きましょうか, 置こう, 裏切り者の, 見れば, 驚ろいた

▼ 承~ (25, 2.3%)

4 五年の 2 七年の, 二年の

1 [17件] と仲間, と六助, の例, の大, の頃, の頃俵藤太秀郷, 七年も, 七年四月七日一件落着し, 二年から, 五年十二月二十九日符同, 元年, 元年と, 六年の, 六年七月十四日に, 六年三月, 四年, 天慶の

▼ 承~ (22, 2.0%)

2 かう仰有ると, むかって, 弟子の

1 [16件] ふくれて, もはや察しられた, プラツトホームを, 一味し, 下賜された, 仕へて, 友の, 対面を, 徳利を, 懐から, 根ざして, 縛を, 融合し, 謁した, 針を, 雨戸の

▼ 承はつ~ (19, 1.8%)

3 てみる 2 た, てみれ, て来い 1 たが, たこと, たもの, たわけ, た上, てあつしで, ておきます, てみます, てる中, て参りませう

▼ 承~ (18, 1.7%)

1 [18件] ある, いうと, どうした, なお疑わし, 作法を, 信仰的色彩を, 大剣, 容を, 小津軽, 恐懼し, 段々神事, 民譚化した, 畏る, 義文を, 聴納しよう, 肥後国熊本の, 道教將來の, 顔を

▼ 承~ (18, 1.7%)

1 [18件] と共に官軍方, に医, に謁, の命, の時代, の本所横川, の知事たる間, はこの, は三之内, は主人慶順, は五月二十六日, は傍, は戦, は東京, は藩籍, も亦, を援, を養おう

▼ 承わろう~ (15, 1.4%)

5 じゃありません 31 か, じゃねえ, では, とそう, と存じ, と諸方, 筈はござりませぬ

▼ 承~ (13, 1.2%)

1 [13件] にあッ, にいつ, にかけた, にかけたる, には池, に懸, に水月, に潜らせ, に貼り出し, の裏, の途中, へかけた, も柱

▼ 承四年~ (12, 1.1%)

1 [12件] から養和, という年, に十九歳, に平氏, の八月, の兵火, の冬, の十二月二十八日, の十月, までである, より承, より算すれ

▼ 承わり~ (11, 1.0%)

2 居りまするが 1 おるが, たえはい, たし, まするのに, まへん, 居りましたれば, 居り不思議, 申した嬉し, 置きまして

▼ 承~ (11, 1.0%)

2 三年の 1 の三年, の二年, 三年入道相国の, 二年五月二日東山仙洞で, 五年, 五年の, 五年春の, 元年辛卯を, 四年の

▼ 承~ (10, 0.9%)

1 お召しあっ, なるべく原形, みちびいて, り候, 伴って, 伸して, 召された, 形づくつたの, 背景に, 見ると

▼ 承~ (8, 0.7%)

1 その鑑賞, ばったり出会っ, 密会した, 日ごろ親しい, 汝へ, 要路の, 計って, 記録との

▼ 承~ (8, 0.7%)

1 が嫁入り, さえ娘, というもの, にわるう, のことば, の友, の顔, はすっかり

▼ 承~ (7, 0.6%)

1 あること, それに, 初めの, 怪しいまま, 根負けし, 病室では, 身近く

▼ 承久乱~ (7, 0.6%)

2 の年 1 が来, のため, の年為家, の後, の後定家

▼ 承天寺~ (7, 0.6%)

4 へ往 2 の方 1 の一僧

▼ 承寿永~ (7, 0.6%)

1 のおん国母, のおん国母三十, の世, の世代, の乱世, の御, の歌

▼ 承~ (7, 0.6%)

1 が, が序文, である, に見せた, の嗣, の正論, を得

▼ 承~ (7, 0.6%)

1 がいた, が観音寺城, といい, と宜, にたより, の強兵八千, を破っ

▼ 承たま~ (6, 0.6%)

2 はるに 1 はらん事覺束, はり代香を, はり候と, はり居るなり

▼ 承~ (6, 0.6%)

1 にかざした, にはまり込む, のうち, の中, の辺, を外れ

▼ 承から~ (5, 0.5%)

1 出たもの, 奨学金二百匹を, 正治へ, 見ると, 話を

▼ 承~ (5, 0.5%)

1 に半夜, へども仰, 得ども, 故念慮, 第一こと

▼ 承元年~ (5, 0.5%)

1 になり, にもあっ, に七十四歳, に六条清輔, の正月

▼ 承~ (5, 0.5%)

2 の帝 1 といえ, の官符, の昔

▼ 承香殿~ (5, 0.5%)

4 の女御 1 の東

▼ 承はり~ (4, 0.4%)

2 侍り 1 しに, 侍りしが

▼ 承はる者~ (4, 0.4%)

1 が手弄, で御, にはそれだけ, は何時

▼ 承わっては~ (4, 0.4%)

1 即座に, 同じ八万騎, 居るが, 怖しくっ

▼ 承わら~ (4, 0.4%)

2 なくては 1 ないで, ば結構

▼ 承~ (4, 0.4%)

1 に語り, に送られ, の如きあり, は中才

▼ 承応元年~ (4, 0.4%)

1 に北荘山手上村, に禁止, のこと, の四月二十八日

▼ 承~ (3, 0.3%)

1 人々を, 写く, 新勅撰

▼ 承はる~ (3, 0.3%)

1 が太夫, に今, に及びません

▼ 承三年~ (3, 0.3%)

1 に島, に鬼界ヶ島, の関白頼通

▼ 承久乱後~ (3, 0.3%)

1 の定家, はその, 後堀河

▼ 承久元年~ (3, 0.3%)

1 と為す, にかけてはもう, の正月

▼ 承久兵亂~ (3, 0.3%)

2 に關 1 の記事

▼ 承和十二年~ (3, 0.3%)

2 に生れ 1 から四年目

▼ 承~ (3, 0.3%)

1 した, して, するほか

▼ 承~ (3, 0.3%)

1 の喇嘛廟, の攻撃, の総

▼ 承~ (3, 0.3%)

1 の時代, の江戸中侠客狩り以来, の頃

▼ 承応三年~ (3, 0.3%)

1 であつ, ですから, に養子宮本伊織

▼ 承つたの~ (2, 0.2%)

1 である, はこの

▼ 承われと~ (2, 0.2%)

1 いうに, 申すこと

▼ 承久三年~ (2, 0.2%)

1 のこと, まで土御門

▼ 承久二年~ (2, 0.2%)

1 に御, までの十年間

▼ 承久以来~ (2, 0.2%)

1 この日本, の落ちぶれ

▼ 承二句~ (2, 0.2%)

1 が対句, の意味

▼ 承二年~ (2, 0.2%)

1 になった, には皇子言仁

▼ 承五年~ (2, 0.2%)

1 の春, の正月

▼ 承五郎~ (2, 0.2%)

1 などは小, の

▼ 承仕法師~ (2, 0.2%)

1 の姿, の姿さ

▼ 承和元年~ (2, 0.2%)

1 の太政官符, 即ち大師

▼ 承~ (2, 0.2%)

1 の舞踊一つ, をはじめ

▼ 承四年以仁王~ (2, 0.2%)

1 よりの平家討伐, を盟主

▼ 承四年十二月二十八日~ (2, 0.2%)

1 のこと, をもって一切

▼ 承~ (2, 0.2%)

1 が, の

▼ 承~ (2, 0.2%)

1 との儀, 不取

▼ 承応二年~ (2, 0.2%)

1 に戴曼公, 遂に意

▼ 承~ (2, 0.2%)

2 の存余堂詩話

▼ 承~ (2, 0.2%)

1 の如き, はもと

▼ 承船架~ (2, 0.2%)

1 ががっちり, を支え

▼ 承~ (2, 0.2%)

1 は残兵, を先鋒

▼ 承~ (2, 0.2%)

1 と云, の二字

▼1* [194件]

ぐものにはどこかに美し, 承ぐ伝統や私, 承ぐ琉装に美, 承けむことを, 承しかないと, 承つたとある, 承つた下つ引, 承つた勃凸があと, 承つた後に私, 承つてごらんなさい, 承つて參つたが, 承つて安堵した, 承という老将, 承となつて賓客を, 承などの一族が, 承などを広陵地方から, 承はじめ同志の人たち, 承はり給ひて, 承はるのが関の山, 承問い迫って, 承慣習に, 承よき便あら, 承より養和に, 承なくっても, 承わりてい事があります, 承わり且は尊い, 承わり度いは歳, 承わり度候山を見, 承わり恟り致しました百両, 承わり狩野融川は北斎, 承わり鬱積した悩み, 承わる事が出来た, 承わる御存知の通り, 承をも完うし, 承を通じて見れば, 承之ヲ審視シ, 承ケテ之ヲ子孫ニ伝フル所ナリ, 承ケ植物学ノ教室ニ, 承て見ます, 承御待申候, 承レ言フニ甲斐ナク我ヲ残シ置給フ事恨ミテモ由ゾナキ, 承一味の企て, 承三年中はまだ, 承三年五月の末, 承三年五月熊野參籠の此方, 承三年八月三日を以て溘焉, 承三年六月廿二日条に, 承申左候え, 承の創業, 承久三年五月廿四日までは記者, 承久三年定家六十歳であった, 承久三年嵯峨の清涼寺, 承久乱後定家が領有, 承久乱後隠岐に移された, 承久乱後隠岐島に遷幸, 承久二年正月十四日の條, 承久以前に大原, 承久以来幾度となく, 承久以来武家方に対し宮方, 承久以来阻隔して, 承久以降鎌倉幕府の實權, 承久元年八月に至る, 承久元年正月二十七日前夜から雪, 承久元年法然が土佐, 承久四年に書かれた, 承久四年三月十五日津輕平賀郷に關, 承久四年二月十六日に安房, 承久年間の相州さま, 承久年間北条泰時が宇治攻め, 承久時代ともまた, 承厠教職, 承二年九月二十三日のこと, 承二年俊成六十五歳のとき, 承二年十七歳のとき, 承二年四月七日の午, 承五年閏二月四日清盛は死ぬ, 承以下数百人を白日, 承以来の数々, 承は遼陽, 承候位にて殘念如何, 承候而忘れ申候, 承元々年正月五日従四上同, 承元年あたりは平家, 承元年七月の始, 承元年山門の争乱, 承に贈つた, 承借放翁句, 承其後主郷校, 承の食物, 承及候えばか, 承と称され, 承も言いました, 承和九年十月に, 承和二年三月二十一日に寂, 承和二年空海寂し凡九十年, 承和二年陸奥国司の, 承和八年と昭和五年, 承和六年九月の条, 承和六年出羽國田川郡海岸に現, 承和十一年十一月四日の, 承和十二年正月八日最勝会, 承和十二年正月十日天皇濱主を清涼殿前, 承和四年の記録, 承和年間に係る, 承和御門御時, 承和甲寅元年従四位下実近, 承だので, 承四年ヨリ文永三年ニ至ルマテ凡八十七年間鎌倉幕府, 承四年七月九日尾瀬殿邸ヲ発セラレ, 承四年九月五日善光寺平の原野, 承四年九月十九日の条, 承四年五月革命の旗, 承四年以來專忠直間右大將軍, 承四年八月に頼朝石橋山, 承四年八月二日楢戸村御出発, 承四年八月六日渡部長七唱の手記, 承四年八月十七日から七日目, 承四年六月三日宇治橋の戦, 承四年十月の候, 承四年卯月廿九日のころ, 承四年淨海が暴虐, 承四年長田入道が惶懼, 承四年頼朝追罰, 承塵造りの塗ガマチ, 承大慶仕候, 承天則地が途端, 承天廣運聖徳神功肇紀立極仁孝睿武端毅欽安宏文定業高皇帝, 承天門から皇城, 承太郎さんである, 承太郎氏が預かっ, 承安元辛卯いずれも弥勒元年, 承宮伝に, 承察度が南山王, 承寿永年間の役わり, 承平に町の, 承平天慶の時代, 承平年中に南海道, 承平日に久しく, 承年間陸奥の安倍頼時父子, 承弼氏は宇和島人, 承当の道は, 承徳三年書写古謡集, 承応万治延宝などのあいだ, 承応二巳年八月十一日の黄昏, 承応二年六丸殿は未だ, 承応二年和泉国熊取村五門に徙つて, 承応以前の状態, 承応元年九月徳川の天下, 承応元年六月初旬の暁, 承だと, 承應三年まで扶助, 承應元年三月一日に六十二歳, 承應年中の江戸, 承推問子細大田七郎康有而記詞逆心悉顯露云々其後鎌倉中彌騷動, 承早朝御立にて御, 承明門のそば, 承明門院には土御門天皇, 承の頃, 承暦二年十月下旬山徒これを叡山, 承暦四年齡七十四で薨去, 承本望此事に候, 承桂さんに逢っ, 承桂三氏同訳, 承桂三氏合著の, 承梯子の錬, 承榮達の道, 承は白く, 承ヲ運用ス, 承のこと, 承烈都尉の封, 承祖披露の祝日, 承禎三井寺の上福院, 承禎入道をはじめ, 承りたいもの, 承統次第を示した, 承緒号は聿庵, 承いで自分, 承繼いでゐた, 承繼ぎが行, 承その跡, 承であり六〇年代, 承に当, 承が古風一首, 承裕撰するところ, 承を受ける, 承や慣習, 承合や, 承込候故幸便, 承鐙肉は内側, 承の中臈, 承陽大師破戒無慚, 承陽殿に紅葉, 承露盤を捧げさせる, 承養和と変わっ