青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「景~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~時計 時計~ ~時間 時間~ ~晩 晩~ 晩年~ ~普通 普通~ 普遍~
景~
景気~ ~景色 景色~ 晴~ ~晴れ 晴れ~ 晴れた~ 智~ ~智慧 智慧~

「景~」 2295, 25ppm, 4704位

▼ 景~ (198, 8.6%)

3 叙し, 叙した, 呈して

2 [11件] 借りて, 写し情, 叙する, 呈した, 咏じ, 描いて, 眺めて, 眼前に, 知ること, 見つけて, 見て

1 [167件] あげて, あつかふやう, いつか一度見た, いまは, うかがわせ自分, うっとり眺め, うつして, かえりみて, かたわらに, き, さながらに, さへ, しのばしめ一踊り, そのまま詠ん, その一瞬間, その儘, つくり出したの, とらえたところ, ほしいまま, まとめて, まのあたり見る, みせて, みること, もう一度彼, もって, もつて, わかちてから, カット, カットし, カットした, ポジリツポに, 一々気, 一一に, 一時間宛か, 下流に, 並べたの, 五巻に, 代表として, 余り見ない, 作って, 作つてゐる, 作り公園, 作り出したか, 作る時, 其の儘, 其儘に, 再現した, 出せ, 出品された, 前に, 叙するの, 叙す場合, 句に, 句中に, 召して, 呈する, 呈するが, 呈するの, 呼んで, 奥州留守職と, 好むの, 察したが, 展望させよう, 展望し, 引抜いて, 彷彿しよう, 得た, 得て, 思出させました, 思浮べ, 想像する, 想像可被, 抒し, 拭って, 指さしながら, 捉えたので, 捉えたまで, 捨てて, 描いたの, 描きました, 描き出だす, 描き而, 描き脅えること, 描くこと, 描くところ, 描く癖, 描寫した, 描破し, 携えて, 撮影する, 撮影せしむ, 敍した, 敍せる, 書き上げて, 書直し, 最も見事, 次に日本書紀, 歌に, 歌ひ出せり, 歌ふ, 歌へと, 歪ませながら, 決定しよう, 河の, 瀟湘八景に, 点じて, 無数に, 熟視しなけれ, 爲した, 現出する, 生ずるほどに, 画いてること, 画けと, 畫けるあり, 発見した, 白井鉄造氏に, 盛り, 盛り輪, 盡しつ, 目的として, 直叙した, 直寫し, 看て, 看ても, 眺むると少, 眺めたら何, 眺めること, 眺め入, 眺め暮して, 示されたる, 示して, 祖と, 立つ, 籍り, 紹介する, 背に, 見せじと, 見つけそれ, 見なかったならば, 見むとて明石町, 見やり給, 見るうち, 見ると, 見るやう, 見れば, 見境, 見失って, 見渡すこと, 覗いたり, 観たりて, 觀ん, 觀測する, 評して, 詠んだの, 詩だ, 詩人が, 説く可, 説明し, 讃めた, 象徴する, 貪り得るよう, 賞しながら, 雨の, 題して, 飽まで, 髣髴と, 點綴し

▼ 景~ (177, 7.7%)

10 な男 4 づいて 3 のい, のいい, のため, のよい, は, をつけ, をつける

2 [22件] が來, が出, が好い, が良い, だから, だと, だね, づけに, で, ですね, ではそれ, なの, な野郎, のよかつ, の可, の好い, の良い, の話, よく答, よく聞え, よく菊, よく飮

1 [98件] がいい, がついた, がよから, がよく, がカラリ, が今年, が北海道, が恢復, が自分, が若し, が豫想, だ, だからな, だつた日光, であつ, でした, でしてな, ですから, ですが, ですべて, でその, では, では迚, で尤も, で買, で買手, で金, と共にそれさ, と更に, と言, なお店者, なこと, なほし, なもの, なん, なんぢ, な三十男, な事, な人間, な奴, な巾着切, な年寄, な床屋, な張合, な役者, な御, な植木鉢, な爺さん, な神棚, な自然, な身扮, な鏡臺, な長屋, な面, な顏, におそれ, につれ, に二千五百兩, に十二文, に女郎, に流石, に浮調子, に漸, に言, に詰らない, のあ, のよ, のよかっ, の川鐵, の惡, の爲め, の良, はい, はどう, はない, は實際, は已む, は惡, は既に, も一向に, も頓, よく, よくやってのけよう, よくピンと, よく出, よく聲, よく肩, よく言つて, よく走り出す, をつけた, をつけなき, をつけられ, をはつきり, を來, を物語る, を見, 付けました, 好く見える

▼ 景~ (140, 6.1%)

11 や香蔵 5 のよう 4 の家, の手紙 3 だ, と香蔵, のこと, はその, は言った 2 からの便り, が帰国, が言う, ですら, に言わせる, の留守宅, の答え, は書い, は香蔵, も香蔵

1 [81件] からこんなに, からのめずらしい, からの書面, からは二人あて, からは容易, がある, がわざわざ, が住居, が席, が湯桶, が笑う, が言い出した, が言っ, が言った, それから馬籠, だけが残った, だった, であった, である, と共に連れ, と半蔵, にすすめ, には親戚, には飯田, にもその, のあと, のしたく, のところ, の住む, の便り, の右, の妻, の意見, の所感, の方, の耳, の見地, の話, はあの, はあまり, はこころよく, はこれから, はずっと, はそんな, はまず, はまた, はもと, はやはり, は中津川, は中津川本陣, は京都, は伊那, は勝重, は半蔵, は口, は平田門人, は年長, は当時京都, は正香, は病, は笑い, は自己, は西, は言う, は言っ, は言葉, は隠れた, は隣席, までがその, まで集まっ, もいる, もひとまず, ももはや, も留守, も笑い出した, も蜂谷香蔵, や同じ, や新, をたよっ, を思い, を茶屋

▼ 景~ (112, 4.9%)

3 中で 2 うちに

1 [107件] うち一つしか, うち六景完全に, おもしろさ, おもひで, ことかね, ことは, ごとしと, その前, ために, ところであろう, ままに, よい東海道, ような, コンチニュイティは, ミルトン風なる, 一つである, 一つに, 一なる, 一に, 一刀を, 一新した, 一書を以て, 一部である, 三人は, 三島を, 上を, 中に, 中へ, 中を, 中廓中東雲, 人目を, 何となう疎ましく, 内, 写生などより, 写真を, 出場を, 前では, 創建今は, 半頃から, 単調なる, 友人達は, 句であります, 右の, 唯一の, 図に, 地である, 地と, 士志村又右衛門昌景の, 夕暮れた, 外に, 夢や, 大きさ, 大なる, 如きその, 婦と, 字と, 家の, 家のみ, 富士山の, 島を, 慕は, 手の者が, 探勝を, 敗勢を, 方へ, 時には, 時出, 暗転は, 書斎へ, 有様を, 核心を, 樣に, 母菩提の, 気分を, 水画雪の, 清明と, 無人島へ, 爲に, 特色が, 特色と, 狂歌にも, 着て, 秋山雨後には, 素通りに, 細君が, 考へが, 芝居と, 装置が, 見えるようガラス, 見る前, 許に, 詩文のみに, 説で, 軍艦上は, 軟かい白, 退り出でし後, 連想に, 遠近が, 隊と, 隊など, 雄壮なる, 集作が, 雑木などは, 頃に, 馬の, 鯉口を, 麾下だった

▼ 景~ (98, 4.3%)

2 いった, それを

1 [94件] あります, うかがうべくも, おどり上がって, おもに夕方, かかる眸, かくも, こう制し, ここに, ことごとくこの, この図, すっかりあたためられ, そこで, そのこと, そのままに, その後で, それが, それだけ, それに, なかなか実感, なべて世, なんとかし, なんとも狼藉, にべなく, ひどく喜ん, びっくりし, また格別, また訊いた, まったく昼, もだえながら, もと日出其者, われ自らこれを, シヤボン玉みたいに, ニュース映画からの, 一向かわらずであった, 一枚, 一隊の, 丁度尽きざる, 三四十年前までは, 上流よりも, 云った, 今でも, 今日の, 伴を, 何と, 何事だろう, 俯向いた, 傍らより, 優しく柔かく春めい, 兎肉を, 冬枯れ, 千五百騎を, 同志の, 壁を, 壮観でも, 多くの, 大分忘れ, 大熱演, 女が, 始て, 寒くこころ, 彼の, 心目に, 怯ろし, 情を, 惜しい哉, 想像に, 感謝し, 愧し, 戦前も, 押っ取, 既にこれ, 映らない, 更に急, 池之端七軒町から, 消えて, 無比である, 現実の, 申すに, 目も, 移り境, 細かく移る, 細君が, 細君の, 考へられて, 自分の, 落第し, 行軍の, 訊いた, 語を, 赤痣の, 近代の, 長崎の, 雲に, 霧に

▼ 景教碑~ (97, 4.2%)

3 に關, の拓本 2 の實, の實物, の建設, の模型, の模造碑, の眞僞, の移轉, の買收, を買收

1 [73件] がある, が世間, が出土, が唐代, が唐時代, が土中, が明末清初, が歐洲, が發掘, が碑林, である, との因縁, とは可, と關係, にいふ, には碑亭, に對, に有司, に玄宗即位, に見える阿, に長安, のこと, のそれ, のみに關, のみは不思議, の來歴, の保護, の保護保存, の僞作, の出土, の原物, の外, の實際, の打ち倒された, の本物以外, の當時, の發掘, の眞物, の眞贋, の研究者, の碑林移轉, の譯文, の辯護論者, はその, はその後十五, はもと, は唐時代, は官命, は實, は年代, は瓦礫縱横, は碑林中, は長安, は頗る, も打ち倒された, も早晩廢, を三千兩, を今日, を來觀, を僞造, を實檢, を尤も, を往觀, を探, を探訪, を研究, を碑林, を英國博物館, を親覩, を親閲, を解釋, 探望, 詳しくいへ

▼ 景~ (74, 3.2%)

2 あっては, 女も, 接して, 見惚れて

1 [66件] いう卿, いった, かわりは, ここで, こころ惹かれ, これを, しなければ, しろその, しろ月夜, たつて, なるまでに, むかいいたらまし, むかって, むかふもまた, よき調和, 些の, 交渉した, 似て, 何の, 余韻を, 偏するを, 停んで遠い, 出る段, 出會, 到つて, 取掛かるの, 吸いよせられて, 国俊の, 圧倒されまい, 富み泉質, 当る茶店, 心を, 応じ時々, 憧憬する, 接し難き, 接すること, 接するに, 接せざるも, 於ける女, 於て, 比して, 比べて, 物凄き色, 独特な, 異り, 目を, 眼を, 祝言を, 移る, 移る際, 至つては, 至つて備は, 見たもの, 見とれた, 見とれて, 親んだ, 赴く人間, 起こったであろう一つ, 跡を, 送られて, 過ぎないこと, 過ぎまいが, 遠い畑, 重きを, 限り他, 高く

▼ 景~ (71, 3.1%)

2 あつた, 島という

1 [67件] あった, あらわれた, ありました, ある, うごめくよう, かざられて, ここに, しまったと, どうしても承知, ない, ひらける, ぼくには, またと, もう晝, よぎる, よろしい, 一剖観の, 一層この, 一期の, 中, 主婦の, 事斯く, 人を, 仄かに, 先鋒と, 再び出, 出る, 出来るくらい, 千人をもって, 古びたおるごうるとともに展開, 夏秋の, 多いに, 大き過ぎ, 好きな, 如き物, 寝ようと, 小さく豪宕, 展けた, 島である, 島の, 島を, 後に, 快果, 情を, 戀路は, 所業にて, 掲載され, 整頓した, 昆布について, 望まれると, 楊州の, 樣を, 残りなく, 泣いて, 泣きわびて, 浮んで, 爲せる, 狭い, 肉の, 見える, 討死の, 走ったの, 躍動し, 途を, 開け小丹波, 顕はれ, 飾って

▼ 景~ (49, 2.1%)

2 のよう, を女, を思い出した

1 [43件] ができる, が仕損じ, が伯父, が始まった, が最後, が梅津利彦氏, だそう, である, と云, と名, と名のり, と袖萩, ならずとも, ならば, にいざなわれ, にかまった, にも一切, に対してはほとんど, のシコロ引き, の伯父入道蟄居, の利彦氏, の地位, の墓石, の姿, の強い, の戦物語, の番傘, の観音像, の逸話, はあれ, はそれから, はともに, はなんと, は上々, は姿, は従来, は肯か, は頼朝, や唐糸, らしく秋, を橋がかり, を睨み据えた, 見て

▼ 景~ (48, 2.1%)

2 の肩, はちょっと, はびっくり, は急

1 [40件] から延暦, がやって来ました, が怪訝そう, が述べた, だったの, といひ, には全く, には納得, にまた, に漕ぐ, のこと, の其の, の失踪, の方, の行方, の門人, の頼, の顔, はいっ, はいつも, はうつむい, はこまかく, はじっと, はすぐ, はすすめられる, はただ, はぱっと, はふい, はまた, はもじもじ, はよろけ, は多少, は立上, は静か, は頭, は顔, へ他, も見覚え, を一同, を偲んだ

▼ 景~ (44, 1.9%)

3 の磨墨 2 が名馬磨墨, はそこ, は頼朝

1 [35件] おぬ, からいいつかっ, が呼びとめた, が望み, が詠じた, であった, にお, に取られ, の, のひとみ, のふたり, のよう, の前, の抱い, の眼, の顔いろは穏やか, はひそか, はわざと, は即日, は巧み, は待ちかまえ, は押, は歯, は満足, は自分, は舌打ち, は途中, へ吐きつけ, もおる, もためらわず, もやりおる, も笑っ, を, を想い出す, を措い

▼ 景行天皇~ (36, 1.6%)

2 が美濃, に隙, の御, の御代

1 [28件] がしかく, が日本武尊, が熊襲, が筑紫, が豊前山間, にうとまれ, には, の一皇子たる, の初年, の十八年秋七月, の后妃, の御宇, の御歌, の時, の熊襲親征, の皇子, の皇居, の筑紫巡幸中, の筑紫征伐, の群卿, の襲国, の詔, の話, はお, はおん年百三十七, よりも以前, 御西征, 或は雄略天皇

▼ 景~ (32, 1.4%)

2 の変化, の活動

1 [28件] がある, が境地化, が現出, して, で南アルプス, として受取れ, に刺激, の大, の実相, の描写, の活動甚, の虜, の跌宕眺望, はもちろん, は夜, は時々, は芭蕉, や情緒, を, ををさめ, を明瞭, を歌, を為, を表出, を観賞, を詠ずる, を通して生活感情, 即心象

▼ 景~ (32, 1.4%)

2 の軍

1 [30件] から早馬, が大, が軍衆, と金川門, に命じ, に太子太師, に従いし, の全, の兵, の営, の器, の師, の来り戦わん, の炳文, は, は南, は召還, は大兵, は奔, は是, は李文忠, は燕王, は長身, をし, を吾が, を大将軍, を殴っ, 尚十余万, 支うる能わずして, 既に

▼ 景~ (30, 1.3%)

2 なって

1 [28件] ある, いえば, いひ一種他, したの, し末二句, する所, その上の空, その女, のみも, 人間の, 何も, 変りちらりと, 夕刻迄に, 植村正勝の, 死と, 済ませると, 申して, 相俟, 相俟つて, 相契, 相容れざる, 称するもの, 稱する, 見え可申候や, 解する説, 諸国滝巡りとは, 銭塘へ, 題せし竪絵

▼ 景~ (30, 1.3%)

2 は四時

1 [28件] あいともないそう, があります, がない, だらうと, であった, であり最も, である, といへ, と化す, と殆, にいう, にひたり, のことごとく, の幾篇, は仔細, は水島爾保布画伯, をもつ, をよく, を偲べ, を叮嚀, を活写, を現出, を百余年後, を私, を絶對的, を見たら, を詩中, を象っ

▼ 景~ (30, 1.3%)

3 の朝 2 の時代, は口

1 [23件] から聞い, がある, が来, であった, である, としては小次郎, とは血, と名, などなかなか, に会う, の使い, の手許, の陣, の頃, はそれとなく, は一乗谷, は一応, は初め, は尊敬, は父, は目附, までの御, も馬上

▼ 景~ (26, 1.1%)

7 の玄孫 4 の裔孫 2 の中元五年, の第

1 [11件] が玄孫, となつ, のご, のため, の同, の流れ, もこの, より武帝, を擁立, を立てた, を諫め杖

▼ 景~ (26, 1.1%)

2 の僧, の寺, の寺院

1 [20件] が唐時代, が西暦六百三十五年, とが流布, と同じく, と稱, に關係, の人々, の僧侶達, の法運, の經像, の經典, の經典中, の見解, はそう, は再び, は西人, も事, や摩尼教, を支那, 即ちネストル教

▼ 景~ (25, 1.1%)

2 あつた

1 [23件] あった, い, こう苦しく, その中, それに, ともに, のぞかれ一方, ふたりとも, またそれ, 何處に, 共に立ち, 吹き上ぐる川風, 情も, 打湿っ, 斯くや, 早や, 昔の, 是れ, 浜松の, 瀧口も, 見られる, 通俗小説の, 首を

▼ 景蔵さん~ (23, 1.0%)

3 と一緒, や香蔵さん 2 からも便り

1 [15件] あの相良惣三, からお, からも聞きました, には寝, のところ, の意見, はうらやましい, は京都, は留守, へ届け, まあ中津川, までお, もまた, も呼ん, も大

▼ 景~ (22, 1.0%)

2 の声

1 [20件] がまた, がやってき, が意地悪げ, が現れる, が遣っ, との問答, に大きな, に答える, のす, の姿, はあいそ, はいつしか, はそう, はそれ, はそれきり音沙汰, はどう, は人, は何, は口, は目

▼ 景~ (22, 1.0%)

2 のこと, の手

1 [18件] が嘗て, が自, といふは徳宗, として記載, と云, と云ふた, と共, と共に胡語, と協力, のみならず, の本名, は其の, は已に, は曾, は胡語, は般若三藏, は長安, やイザドブジド

▼ 景~ (21, 0.9%)

2 あつた

1 [19件] あらう, いきなり暗転, これには, しかも林, すでに水平線上, まるで声, カルサンといふ, ガラマサどんに, ダンスチームの, 切って, 安心した, 安濃徳が, 昨日程, 波は, 石田の, 羽二重が, 羽織を, 説明を, 道川の

▼ 景~ (21, 0.9%)

2 すべきもの, の情

1 [17件] がない, しその, したり, して, し合った, し始めたの, するところ, するヨ, する所, する者, せられたり, でありひそか, のあまりに, のほほえみ, の念, は研究, や愛国

▼ 景~ (21, 0.9%)

1 [21件] あるに, がひどく, が色調, である, ということ, に一點, に富み, に富ん, の物, の裡, はいかにも, は産業文明, や物音, をみれ, を以てし, を存, を添, を添え, を添える, ヲ成ス, 求めずして

▼ 景気づい~ (18, 0.8%)

3 て来た 2 ていた

1 [13件] て, てきました, てもみる, てゐる, て喋つて, て小さい, て居た, て来, て来よう, て皆高笑い, て納屋, て繁昌, て言い出した

▼ 景~ (17, 0.7%)

2 は森

1 [15件] が二男, が外戚, が嫡子, と名, に面会, の五男八助, の六男又次郎, の四男忠太, はまた, は三百石, は京都赤松殿邸, は六丸君, も剃髪, も御供, も病死

▼ 景岡秀三郎~ (16, 0.7%)

1 [16件] がフト, という青年, の大発見, の最も, の身, の頭, はこの, はこんな, はその, はもうすっかり, は学生時代, は少年, は思わず, は殆, は殺人, も興味的

▼ 景~ (12, 0.5%)

2 が先師 1 いわれた, が気魄, と夾谷, に対して先生, に答えた, は先生, は諸侯, は馬四千頭, もそれ, 或時太夫晏子

▼ 景~ (12, 0.5%)

1 [12件] が大学, にとってはこの, にとっては自分, の奇矯, の性質, の指紋, の眼, の胸, はこの, はもう, は夢みる, は私立大学

▼ 景殿~ (12, 0.5%)

2 の女御 1 で送別, と呼ばれる, におかれた, に只, に行く, に較, の柔順, へする, よ, ノ女御

▼ 景から~ (10, 0.4%)

1 うける感じ, おしまひ迄, ラスト迄, 二景あたり快い, 五景迄を, 人々の, 次の, 立つ, 立つ繰返して, 茶屋の

▼ 景~ (10, 0.4%)

1 がこの, が出, が建て, が晩年, でその, といえ, とか熊谷二郎直実, とやらいう, などの平家, はそういう

▼ 景~ (10, 0.4%)

1 さえ乱軍, に約, に面会, の危急, の幕営, の本陣, の苦戦, も, もそう, を主将

▼ 景~ (10, 0.4%)

6 の方 1 に入られた, に言った, の病室, を訪ね

▼ 景~ (9, 0.4%)

2 の父 1 などという人々, などの烈しい, などほとんど, に授け, も弓, や大見平太等, や甲斐源氏

▼ 景蔵ら~ (9, 0.4%)

1 と同行, と稲葉屋親子, の住む, の目, の顔, はこの, は京都, を待った, を馬籠

▼ 景~ (9, 0.4%)

1 が私, です, と高遠, にみつしり, の線, をうつ, を樂, を見た, を賞翫

▼ 景年さん~ (8, 0.3%)

2 が謡曲, の絵 1 が只, など皆, の塾, の御

▼ 景~ (8, 0.3%)

1 が踏みとどまっ, と会っ, に胸, は一乗谷, は当年, は彼, は敵, は時々

▼ 景~ (7, 0.3%)

1 から時間, がカフェー, つたと, とかあるいは, とも云, と思われた, と感歎

▼ 景には~ (7, 0.3%)

1 ありませんから, いつも心, 三鞭酒色の, 恵まれた里, 残る柳ちどり, 自ら腹を, 過ぎざれども

▼ 景~ (7, 0.3%)

2 は見様体 1 といい, といひ, と云, と云い, 第一

▼ 景~ (6, 0.3%)

1 がそこ, が云わなかった, であった, はもう, は子, 同じく景廉

▼ 景徳鎮~ (6, 0.3%)

1 と呼ばれる, にい, に渡り, へ行っ, へ行つて, へ陶業

▼ 景雲三年~ (6, 0.3%)

1 という年, にその, に京, に浮宕, の火事, の続

▼ 景といふ~ (5, 0.2%)

1 お芝居, ものには, 大作で, 様な, 長いお

▼ 景~ (5, 0.2%)

1 事件は, 大久保忠世の, 日常茶飯事を, 童の, 隅田川新

▼ 景~ (5, 0.2%)

1 という武士二人, の刀, を惜む, を抜き放つ, 同じく小次郎

▼ 景~ (5, 0.2%)

1 である, に渡し, の父官藏景次, は實, を生ませた

▼ 景教碑出土~ (5, 0.2%)

1 の噂, の場所, の年代, の状況, の當時

▼ 景教碑文~ (5, 0.2%)

2 を作つた大秦寺 1 の如き, の撰者, の飜譯

▼ 景気づいた~ (5, 0.2%)

1 から手明き, けれども間もなく, 一座は, 俗曲の, 町を

▼ 景~ (5, 0.2%)

2 をも聞きつ 1 あり, せしは, はすべて夢中

▼ 景福宮~ (5, 0.2%)

1 に何, の門, を失う, を救い起せ, を訪ねられた

▼ 景蔵香蔵~ (5, 0.2%)

3 の二人 1 の生まれた, の親しい

▼ 景~ (5, 0.2%)

1 と同, の老母鄭氏, は老成, は部下, を呼び寄せ

▼ 景でも~ (4, 0.2%)

1 他に, 会費一円で, 模した, 生身である

▼ 景という~ (4, 0.2%)

1 お人, ところである, ものの, 学者は

▼ 景として~ (4, 0.2%)

1 川は, 描かれた幕, 知られて, 読者の

▼ 景~ (4, 0.2%)

1 に不可思議, の傑作, の題目, 今試み

▼ 景~ (4, 0.2%)

1 であった, と名, の嫡子才右衛門一貞, は高

▼ 景寺渕~ (4, 0.2%)

1 に昔, に続く, の河童共, へ誘い込ん

▼ 景岡浴場~ (4, 0.2%)

1 でした, というもの, の主人, は充分

▼ 景教流行中國碑~ (4, 0.2%)

1 に就い, に就き, は唐時代, よりも約

▼ 景~ (4, 0.2%)

1 が居る, と蛭川真弓, はタタリ, はニッコリ

▼ 景行紀~ (4, 0.2%)

1 による, によるに此辺みな海也, に押別命, 及び豐後風土記とも

▼ 景~ (4, 0.2%)

1 済みあと, 無事だった, 立つ, 終る菊田吉例

▼ 景とは~ (3, 0.1%)

1 一緒に, 七律である, 云ふべからず

▼ 景など~ (3, 0.1%)

1 てんで黒バック, みな武装は, 屈竟の

▼ 景をも~ (3, 0.1%)

1 恋うもの, 描かず繁忙, 描きたり

▼ 景カット~ (3, 0.1%)

2 になった 1 他セリフ

▼ 景~ (3, 0.1%)

1 との間, の類, は中期

▼ 景山水~ (3, 0.1%)

1 の六曲一双, の屏風, の繪

▼ 景~ (3, 0.1%)

1 という人, のごとき, の最後

▼ 景帝後~ (3, 0.1%)

1 元三年, 元二年, 元元年

▼ 景徳鎭~ (3, 0.1%)

1 で政府, に關, は昔

▼ 景~ (3, 0.1%)

1 が著した, の霊異記, や

▼ 景氣さ~ (3, 0.1%)

1 が充分, が此男, に似ず

▼ 景~ (3, 0.1%)

3

▼ 景~ (3, 0.1%)

1 である, の人人, を求む

▼ 景~ (3, 0.1%)

1 という者, とがお, とは何者

▼ 景行帝~ (3, 0.1%)

1 その由, の時, の親

▼ 景諸国滝~ (3, 0.1%)

2 巡り諸 1 巡り名橋奇覧

▼ 景~ (3, 0.1%)

1 から四代目, と申候, も御供

▼ 景~ (3, 0.1%)

1 がいかに, である, の随員

▼ 景あり~ (2, 0.1%)

1 人あり, 名士として

▼ 景かの~ (2, 0.1%)

1 一つに, 中には

▼ 景この~ (2, 0.1%)

1 一節によって, 時室外に

▼ 景であり~ (2, 0.1%)

1 またこの, 乾坤の

▼ 景である~ (2, 0.1%)

1 か, といわれ

▼ 景では~ (2, 0.1%)

1 ない, ないか

▼ 景といった~ (2, 0.1%)

1 のは, ような

▼ 景どの~ (2, 0.1%)

1 がしばし, は今

▼ 景などは~ (2, 0.1%)

1 見るだけで, 言ふ

▼ 景なり~ (2, 0.1%)

1 この情, 一句の

▼ 景において~ (2, 0.1%)

1 なせしが, 機関車の

▼ 景について~ (2, 0.1%)

1 名を, 筆を

▼ 景に対して~ (2, 0.1%)

1 幾分の, 熱誠を

▼ 景のみを~ (2, 0.1%)

1 歌って, 立たせる

▼ 景ばかり~ (2, 0.1%)

1 して, カットした

▼ 景ぶつ~ (2, 0.1%)

1 に寄越した, を出す

▼ 景~ (2, 0.1%)

1 出ると, 鋭い瞳

▼ 景もはや~ (2, 0.1%)

1 可然, 戦死した

▼ 景より~ (2, 0.1%)

1 この啓示, 言へば

▼ 景を以て~ (2, 0.1%)

1 す, 情を

▼ 景三周鱗~ (2, 0.1%)

2 の両

▼ 景~ (2, 0.1%)

1 がその, が先師

▼ 景~ (2, 0.1%)

1 の伝, は東湖樵夫

▼ 景~ (2, 0.1%)

1 が, が他

▼ 景及び~ (2, 0.1%)

1 その參謀, 諸国滝巡り等に

▼ 景叙景~ (2, 0.1%)

1 の句, の客観句

▼ 景季さま~ (2, 0.1%)

1 に向, はさつ

▼ 景安十七八歳頼家~ (2, 0.1%)

2 の太刀

▼ 景~ (2, 0.1%)

1 は我が家, を夕狩沢

▼ 景悉く~ (2, 0.1%)

2 蕭條たり

▼ 景教流行碑~ (2, 0.1%)

1 の内容, は先般

▼ 景~ (2, 0.1%)

1 は君命, は播磨國高砂

▼ 景死驚開~ (2, 0.1%)

2 の八部

▼ 景気づき~ (2, 0.1%)

1 丁度牛, 後見に

▼ 景氣不景氣~ (2, 0.1%)

1 が豫想, を物語る

▼ 景氣無駄ばなし~ (2, 0.1%)

2 の取りやり

▼ 景~ (2, 0.1%)

2 を含む

▼ 景炎帝~ (2, 0.1%)

1 は元, は間もなく

▼ 景~ (2, 0.1%)

2 が淵

▼ 景茂たち~ (2, 0.1%)

1 の猥ら, の若殿輩

▼ 景蔵さん君~ (2, 0.1%)

1 は何, も気

▼ 景象物体~ (2, 0.1%)

1 の不, の組合せ等

▼ 景~ (2, 0.1%)

1 と朝倉景雅, に作つて

▼ 景通し~ (2, 0.1%)

1 てしまふ, て立つ

▼ 景~ (2, 0.1%)

1 へ出る, まで驀走

▼ 景陽岡~ (2, 0.1%)

2 の大

▼ 景~ (2, 0.1%)

2 のふたり

▼ 景雲橋~ (2, 0.1%)

1 の方, を渡り

▼ 景~ (2, 0.1%)

1 に政宗, 生虜了行法師矢作左衞門尉

▼1* [330件]

あたり快い笑, 景あたり以後は全く, 景いつもながらよし, 景いとよし, 景およびそこの, 景十五景かの, 景かといい信玄, 景ここに至っ, 景こそ羨ましく美しいもの, 景これも大, 景へ同じ, 景さながらに詩, 景さま世に時めく, 景する表象であっ, 景すれば萬感胸, 景だけ読む, 景だの三十六名蹟だの, 景であったには相違, 景であるならば更に, 景である歩けるだけ歩く, 景であろうが宇治, 景とが描いて, 景としては夜雨秋月歸帆落雁ならぬ, 景とて小松殿恩顧の, 景との結ばれる例, 景とを併わせ備えた, 景と共に永く残った, 景のである, 景なき絵の, 景などといふ景の, 景などになかなかいい, 景ならんとは, 景ならぬ女色に, 景においてもまたそう, 景にて眼忙しく, 景に対し此の, 景に対してもふさわしいが, 景に対するものを, 景のみだれや, 景への推移と, 景またその次, 景まで夕方迄に, 景やら室内の, 景わが瞳, 景よりは浙江の, 景よりも更に好, 景好ム, 景一人伴ひ夜, 景一光広卿, 景一変舟の動く, 景一死去いたし候, 景一気に徳川勢の, 景丁度人去つて霧, 景万寿山に勝る, 景三原武人の四人, 景三景を立つ, 景中快晴の富士, 景中情ありなどという, 景丹羽氏重のふたり, 景久常行昌忠などの重臣, 景久橘遠茂, 景墓, 景九十九島うつくしいといふ, 景事全盛時代の色, 景二十五歳殉死す, 景二君の昭憲皇太后史, 景今更御邊, 景仔細如何にと問, 景へ養子, 景会場の種々, 景佑等の手, 景は父, 景保渋川景佑等の手, 景健後見として義景, 景を観照, 景先王資劉仲翰林侍詔鄭洽欽天監正王之臣, 景光主のめされ, 景全部立つと, 景八枚書く, 景公始め群卿諸大夫, 景公酷刑を用いる, 景六景と夕刻, 景内藤修理昌豊小幡信定小山田備中守などの譜代, 景を見, 景降る, 景初め飯富源四郎と称した, 景初三年六月倭女王遣大夫難斗米等, 景初二年即ち西暦二百三十八年, 景初二年八月に在り, 景初二年六月は三年, 景初二年六月倭女王遣大夫難升米等, 景を任じ, 景刻々にひらかれる, 景前半は長い, 景北寿が浮絵, 景十場を見せ, 景即ち人数を, 景即事即物即心であるあらねば, 景合したのでうれしく, 景君記取セヨ, 景の仙人呂洞賓, 景の新, 景と生命, 景の南, 景と署し, 景変りけり, 景大道具の家族招待みたい, 景天女あり, 景息吐き, 景橋谷市蔵重次井原十三郎吉正田中意徳本庄喜助重正伊藤太左衛門方高右田因幡統安野田喜兵衛重, 景姿の殊, 景季ひとりが相手, 景季高綱の二騎, 景季高綱たち五六名が後, 景完全に書い, 景同吉太夫景, 景室内容貌表情などに関する詳細, 景實情を語る, 景寺河童のやつ, 景えて曰く, 景尋常の語, 景小山田信茂跡部勝資などの旗幟, 景屈せず柵を, 景岡一人しか知らない, 景岡浴場開業第一日, 景の南中四時攝生論, 景岳全書という医者, 景岳風な西洋, 景帝十四子ヲ生, 景帝太子たりし, 景年それから内海吉堂, 景年先生なども月, 景年先生岸竹堂先生幸野楳嶺先生森寛斎先生などの方々, 景年森寛斎森川曾文等諸先生, 景年氏の許, 景の藥師如來像, 景廉さま以下の御家人, 景廉伊沢五郎逸見冠者光長などが甲斐源氏, 景廉堀藤次親家の三人, 景廉大見平太佐々木高綱堀藤次などのわずか, 景の代, 景弘等と共に出, 景当選の巨大, 景だにも論ずべき, 景の勝, 景て端倪, 景徳廟の正殿, 景必ずしも悪からず, 景同じく親, 景が我方, 景情そなはつ, 景情元より日本, 景情頓に荒涼, 景惨憺として蕭殺, 景慶雲ではありません, 景承り部将武田左馬助信豊, 景改めて御邊, 景教えられた如くすれば果たして, 景教流行中國碑文を撰述, 景教碑事件の顛末, 景教碑保護を決議, 景教碑買收に盡力, 景教經典序聽迷詩所經に就い, 景教考に就, 景と絵, 景既に夢ならず, 景の故, 景は少年, 景星照りて錦江, 景が利用, 景晴これを怒っ, 景有る所うち過ぎ, 景としてある, 景本記に, 景村さんの小屋, 景村蛭川真弓という二軒, 景とその, 景椅子の上, 景は御家, 景の許, 景樹二十歳位とある, 景橋本氏光などの持明院統, 景歿し妖豕野, 景殿御身が行末, 景氣付けに冷酒, 景氣恐慌で餓孚途, 景氣折につけ, 景氣招致に適した, 景氣知らずの巨利, 景の色, 景江戸近郊八景東都名所江都勝景江戸高名会亭尽名所江戸坂尽なぞ題されたる, 景淨洋名をアダム, 景清あっぱれの者, 景清ここに来る, 景清公御廟所といふの, 景清唐糸等が古跡, 景清外道の大将, 景清小姓弥生高砂尉兵衛河内山宗俊の四役, 景清廟の前, 景清戦い負けて, 景清江戸春一夜千両吉原楊枝夜半の茶漬, 景清涙池と称する, 景清見参疲れたり酒, 景清詭りて, 景斑看到, 景この時秘か, 景澄等の腹心, 景濂其先金華の潜渓, 景濂朕に事, 景濂氏に会った, 景炎二年即ち至, 景炎元年より約, 景燿元年となった, 景燿六年の秋, 景の医者, 景状各国戯曲の由来等, 景午与, 景としてあり, 景よし, 景甚佳なり, 景が生気, 景百出可笑しくて, 景皇帝は漢, 景は頼朝, 景益どのの計らい, 景の手引, 景といい, 景真後に湘東, 景祇園を落語本, 景祐元年我が後一条天皇, 景の時, 景福宮内の緝敬堂, 景福宮内緝敬堂に一切, 景福宮再建の企図, 景稲富喜太夫の子, 景の瑞, 景はこれ, 景が命, 景累ヶ淵と申し, 景終ると八時, 景経内蔵頭信基左中将清経また幼少年, 景継いだが病弱, 景者定医之法, 景臟腑ノ結構, 景自身冑の吹返, 景致是に至り, 景興文官の一席, 景色づいてもいなかった, 景花柳界のところ, 景英さんは如何にも, 景が静, 景茂みたいな戦後派, 景蔵いずれもまず, 景蔵さん東山道軍の執事, 景蔵さん福島での御, 景蔵さん蕎麦でもやり, 景蔵さん香蔵さんそれにわたし, 景蔵それから峰谷香蔵, 景蔵なぞが寝食, 景蔵はじめ香蔵半蔵のよう, 景蔵勝麟太郎なぞを小普請役, 景蔵半蔵この二人, 景蔵香蔵それから十四, 景蔵香蔵馬籠の半蔵なぞ, 景蕭散可愛, 景について咸臨丸, 景行さまでございましたか, 景行どのでしょう, 景行二聖陵修繕の許し, 景行仲哀應神仁徳履中允恭安康雄略清寧顯宗の各, 景行天皇ツバキの槌, 景行天皇六十年十月帝甚だ悩む, 景行天皇六十年十月帝御悩ありて, 景行天皇十二年の条, 景行天皇及日本武尊が勇武, 景行天皇四十年の詔, 景行天皇成務天皇また神功皇后, 景行天皇朝に日本武尊, 景行天皇朝武内宿禰復命の文中, 景行天皇東幸の際, 景行天皇紀というもの, 景行天皇記に, 景行崇神両帝, 景行帝十二年十月碩田国に幸, 景行帝熊襲親征の時, 景行成務仲哀神功四朝に彌, 景行紀ニ又, 景行紀二十七年十二月の条, 景行紀四年の条, 景行記に見える, 景の, 景の後, 景詩集を贈りたい, 景調はあたかも, 景諏訪三郎以下その日, 景象的に描き尽され, 景象自ら衆川の碌々, 景象自ら雄大を極め, 景の六千, 景賢景雅のふたり, 景と明石元和, 景迄を演出する, 景近くなって, 景退こうとしてふと, 景といふ, 景千世丸等が, 景に大野城, 景門開門から入る, 景陽酒に淫し, 景陽霞亭天放等, 景隆兄弟や同苗美作守, 景隆兵を徳州, 景隆凡器にし, 景隆小字は九江, 景隆師を出し, 景隆等燕王に見え, 景隆郭英呉傑等軍六十万を合し, 景隆長谷川秀一多賀秀家といったよう, 景隆長谷川秀一多賀秀家らの部隊, 景雄井上五郎兵衛景貞の六千, 景雲さんですか, 景雲元年三月には近衛将曹従六位下勲六等間人直足人, 景雲元年八月乙酉參河國に慶雲, 景雲元年四月上旬を以て跋上, 景雲君内藤伸君などでいずれ, 景雲氏は島根県能義郡荒島村, 景雲里二十三号の宅, 景雲里生活の間, 景風光ともにすぐれ, 景の末年