青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「晩年~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

時刻~ 時半~ ~時期 時期~ ~時計 時計~ ~時間 時間~ ~晩 晩~
晩年~
~普通 普通~ 普遍~ 景~ 景気~ ~景色 景色~ 晴~ ~晴れ 晴れ~

「晩年~」 1121, 12ppm, 9073位

▼ 晩年~ (373, 33.3%)

6 作品の 4 作に, 彼を, 父, 父の 3 作で, 作品を, 彼の, 彼は, 日を, 母の

2 [17件] ための, もので, ゴーリキイは, メリメエの, 作, 作の, 作品は, 号である, 子は, 家康は, 彼が, 心境を, 心血を, 日記十二冊わたし自身が, 源之助は, 芥川龍之介の, 菊五郎

1 [299件] いとなみを, いわゆる, お産の, きざしは, きわめて静寂, こと, ことだ, ことで, ことであったであろう, ことです, ことと, ことは, ことを, この挙, さびしげ, したくに余念, そして最も, ためと, ために, なりゆきの, にがく暗い笑い, ものが, ものとかの, ものに, アナトオル, エッセー, エドマンド・バーク, ギョオテの, クヮルテットだけは, ケーテの, ケーテ・コルヴィッツの, スコットを, ストリンドベルヒの, ダンテの, ディルタイは, トルストイと, トルストイの, ドストエフスキーは, ニイチェ礼讚とともに, フィヒテが, ベートーヴェンの, ラスクは, リルケの, ワグナーに, 一插話を, 三十七八年ごろに, 三年間位に, 不遇が, 両頬, 中に, 事で, 事を, 事業である, 事跡を, 二三年のみを, 二三年を, 伯が, 余技に, 作から, 作が, 作である, 作として, 作なれ, 作には, 作にまで, 作を, 作品だけが, 作品である, 作品に, 作品には, 作物, 作風らしい, 信条であった, 俳諧において, 偉大を, 傑作などには, 傑作一幅を, 傾向を, 傾向及その, 僅かを, 兄は, 先生が, 光を, 光栄を, 光榮を, 児島高徳その, 兒玉花外氏が, 円熟した, 写真には, 分である, 初子だけに, 別所の, 匂ひ, 十二年間ツルゲーネフは, 十字架は, 十年あまりは, 十年間が, 句に, 号を, 同君は, 哲理だの, 四重奏曲の, 坪内老, 夢の, 大志をも, 大患とは, 大記者黒岩先生, 失脚と, 奉公人であった, 妄想で, 姿は, 子だ, 子であります, 子供で, 孔子に, 季康子と, 孤独の, 安らぎさ, 安息所を, 実父は, 宮本武蔵と, 宰相と, 家橘は, 寂しい姿, 寫眞と, 小泉八雲の, 小説, 小説などは, 小説の, 小野の, 尾崎紅葉みたいな, 山楽が, 巴が, 常磐が, 平和, 平和晩年の, 年齢でござん, 幾つかの, 幾年かは, 弟子である, 弟子の, 彩り多く, 彫刻を, 彼に, 彼には, 心友であった, 忍耐を, 思い出は, 思索は, 悟りすました, 悲劇と, 悲劇を, 悲運を, 情勢である, 愛妾だ, 憂愁を, 手紙一通を, 持論であった, 撮影である, 支えである, 放縦と, 救済事業が, 教徒右近までを, 数倍活気が, 文學論には, 日蓮の, 日記に, 日記は, 春琴と, 時代, 暗澹たる, 書に, 書には, 書を, 書斎を, 月日が, 月日を, 有様も, 未完成品, 杖は, 東洋画の, 梅幸の, 植通公は, 検校が, 歌曲, 歌風である, 武蔵, 武蔵その, 武蔵は, 武藏が, 殆ど全部を, 母は, 氏は, 気品を, 沈潜期に, 沢庵と, 活動時機であった, 流落は, 海舟は, 深さ, 清盛と, 満三個年, 源之助が, 源氏と, 準門葉, 漁村が, 無二の, 煩悶は, 熊本時代に, 熊本時代の, 父が, 生活, 生活が, 生活などを, 生活については, 生活は, 生活や, 生活環境については, 画ばかり, 画を, 画風を, 療養にまで, 発現と, 白髮の, 目覚めて, 真頼翁は, 知己と, 短いいくつ, 研究, 神秘主義的色彩の, 秀吉は, 私を, 称である, 節操も, 精力を, 細楷には, 絶句などは, 翁が, 翁の, 老いた父, 老耄さ加減を, 肖像, 自然概念には, 自然研究において, 自画像で, 自画像や, 舞台姿を, 芥川さんの, 芥川の, 芥川龍之介が, 芥川龍之介論と, 芸談なる, 若い娘, 若水美登里などの, 苦悩は, 菊池氏を, 著, 著作で, 著作では, 蕪村は, 藝術を, 藝術論は, 行状とは, 裸女なども, 西行も, 親友神学博士ジョン, 設計, 話である, 誉れを, 諸書翰, 講義を, 貴重な, 述懐である, 述懷である, 過失である, 道友とか, 道楽でも, 酒席で, 釈尊私は, 重兵衞, 門人なら, 阿久津, 阿久津は, 随筆では, 随筆集たる, 雪舟が, 露伴先生に対しては, 静かさが, 静かな, 面影だ, 韜晦も, 頃に, 頃の, 風貌や, 馬琴の, 骨を, 高潔な, 鴎外が, 鴎外とは

▼ 晩年~ (211, 18.8%)

15 なって 10 於て 5 なると, 至って, 至るまで 3 於ては, 書かれたもの 2 ありしを, なってからの, なっては, なっても, なるほど, 到達した, 及んで, 名声を, 於ても

1 [147件] あっては, ある青年, いかにもそぐ, いたって, いたるまでの, こうした静かさ, このやう, さう言, さしかかった以後, さへ, そういうこと, その子, その詩句, それまでは, なった, なったよう, なった気, なってから, なってまで, なつて, なられてからは, なるまで, はじまったこと, ふとあったかい, ほんとうの, もう一度恢復, やや志望, ミケランジエロが, 一人の, 一友人が, 一生の, 中國, 中塚十兵衛茂文と, 中気に, 主人や, 京都の, 人より, 会談した, 住んで, 僧侶に, 充分いたわっ, 公爵を, 六条院へ, 出家し, 出来たもの, 到っては, 到っても, 到るまで, 到る迄, 及で, 及び嗣子, 及んだ, 及んでも, 吾, 国を, 在っても, 在り当時平八郎年壮, 基督教に, 多くの, 夫と, 失明しました, 女史が, 始まったの, 富士三十六景の, 将軍義尚の, 少なからぬ, 属する作品, 工夫した, 彼を, 御出家, 性も, 性慾や, 悟得した, 感じた寂寥, 感覚も, 成つて学も, 手がけだした噺, 折に, 押詰められた私達, 持病の, 撮影した, 政界には, 故人の, 於いて, 於けるフランシス, 於ける言行, 日本にも, 易を, 書いた物, 書かれた作品, 書き出して, 最も雷, 朱雀院の, 殘した, 比べると, 気が, 生れた私, 産れた, 當る, 病後の, 移って, 窺われた非凡, 筆を, 精力を, 縁故の, 老子の, 至って書き, 至つては, 至つてはじめて, 至つても, 至つて乱が, 至つて堂々たる, 至つて多少, 至りて, 至りては, 至りまして, 至り板元, 至るまでの, 至るまでも, 莅み, 著述した, 蒲壽, 見るやう, 言った, 言ったこと為, 計らず父親, 読んだ書, 諸国に, 買い取って, 贏ち得た, 近いあの, 近いせゐ, 近いチェーホフ, 近い作品, 近い御作, 近かった, 近くなる, 近く失敗した, 近づいてからは, 近づきつつ, 近づくに, 近づくに従って, 達したいと, 重大な, 関西の, 關を, 隠居し

▼ 晩年~ (91, 8.1%)

3 振わ 2 唯一の, 甚だ寂寞, 読書碁酒観劇などに, 骨董などに

1 [80件] かなり講演, この戦争, そうだった, その兄, それさえも, それでも稀, それに, どうでした, なお一層, ほとんど湯河原温泉, また尼僧生活, やめた, スッカリ枯れ切っ, タイヘイレコードと, フツカヨイ的であった, フランス革命に対して, ボケて, ヤルタにばかり, 上州の, 不遇であった, 不遇といった, 世にある, 両腕, 二三の, 人として, 仏学即ち, 仏門に, 倅に, 借財に, 別して傲慢, 到来した, 君に, 唯一人の, 団十郎張りと, 大したもの, 大変な, 奈良に, 姉妹も, 寂寞であろう, 實に, 専ら帝劇, 専ら鉛槧, 小圓朝, 師匠助, 広瀬中佐銅像横に, 当道, 彫刻を, 御蔭で, 忘斎と, 悲惨だったらしい, 戯曲や, 政界も, 数奇者が, 新聞記者の, 旅廻りに, 晴耕雨読の, 東大寺別当に, 極めて不幸, 歌右衛門と, 正に是, 殊に, 殊に淋しく, 泉石の, 浅草公園の, 港家小, 父の, 独特の, 病体で, 相当の, 知られなかったが, 神田三崎町の, 秋成の, 肺を, 草花類の, 藤森とかいう, 見物だけ, 非常に, 頭が, 高田市の, 髪も

▼ 晩年には~ (87, 7.8%)

2 悲壮な, 草書と, 食前の, 飯田町の

1 [79件] あの告白好き, あまり評判, あんなゴチゴチ, おいおい練れ, かんさんに, この句位, この画像, そういう状態, それほど偏意地, それを, とかくの, もう, もう心から圓朝, もっと静養, やはりそれ, よく父, わたしたちと, スパルタ戦争が, ドイツ語をも, ピュタゴラス学派の, 世間離れした, 二人とも, 互いの, 京都高倉綾小路に, 今日尚, 他人ばかりの, 体の, 健康が, 八沢木の, 出這入りの, 出雲の, 出雲隠岐の, 剃らないので, 創作の, 四五十年代に, 多く貧乏, 大いに温和, 大いに菌類, 始終神経衰弱, 子供は, 実行の, 専漢文の, 小説に, 市川九女八と, 店子が, 度々江戸, 彼の, 批評の, 支那人の, 故郷に, 日宋貿易の, 日本の, 明らかに, 時々甲高い, 書の, 服装なぞも, 東海道では, 桃の, 殊に謀叛気, 毎月説文会を, 灯台の, 片鱗だ, 物理的心霊現象は, 特に彼, 田舎の, 益々昂じ, 益々老熟, 相当資産, 真宗の, 神と, 神秘主義者に, 老耄し, 聖書を, 身を, 遂に人類的, 遂に六千種, 音楽は, 音階の, 頭も

▼ 晩年~ (76, 6.8%)

5 送って 3 送りました 2 暗い座敷牢, 送らむと欲せり, 過したところ

1 [62件] あのハイランド, いろいろな, おくった, お見せし, ことも, この夫婦, そこに, ふりだしに, やすらかに, ロンドンの, 与へて, 享受できた, 佃島の, 其処に, 取るぜ, 国技館の, 埋もれて, 子弟の, 平和に, 心霊学研究に, 思わないわけ, 慰めた一人, 持って, 描いたもの, 暗くし始めた, 暮らして, 此処で, 湯川氏夫妻は, 特色づけた, 特色づける, 獄中で, 知りたいため, 知るもの, 絵でも, 落着かれる, 見よストリンドベルヒ, 見るときそれ, 輝く夕映, 送ったが, 送ったその, 送ったという, 送ったの, 送つた, 送らねば, 送られたという, 送りながら, 送りに, 送り得る所以, 送る気, 送ろうと, 送ろうという, 遂げるだらうと, 過ごした家, 過ごしながら, 過したと, 過した瑞西, 過しながら, 閑遊する, 風紀の, 飾るアーチ, 飾る聖譚曲, 養つてゐた

▼ 晩年まで~ (19, 1.7%)

1 [19件] つづきました, つづきます, もし書きつづけ, よく苦笑, 四十年間殆ん, 地方の, 変らなかつたといふ, 孜々として, 小劍, 思って, 恵まれて, 惡友の, 持って, 書いて, 用いては, 自分で, 衰えなかったこと, 衰えること, 送られまして

▼ 晩年にな~ (11, 1.0%)

1 [11件] つてから, つてとにかく, つてふつつりと, つても, つてスウェデンボーリの, つて一度死後にも, つて作つた句に, つて平易で, つて歸つて來た, つて源氏は, つて長男と

▼ 晩年~ (8, 0.7%)

1 がき, だつた, として考えられる, として考へられる, にかけても武藏, については殆, には互いに, の遺跡

▼ 晩年~ (7, 0.6%)

1 いうが, いっても, その伝記文学, その想像力, なって, 思ひます, 限ること

▼ 晩年~ (7, 0.6%)

2 のオモチャ箱, は株 1 が南都, の烈しく, は多く

▼ 晩年熊本~ (6, 0.5%)

2 に定住, に落着 1 へ来, へ行っ

▼ 晩年~ (5, 0.4%)

1 さうだつ, 彼露西亜の, 死に, 関寺に, 頭上に

▼ 晩年~ (5, 0.4%)

1 でもう少し, とおもわれる, にし, は円満, を目前

▼ 晩年における~ (4, 0.4%)

1 ゑ津さんの, 最も含蓄的, 清福を, 狂気の

▼ 晩年にも~ (4, 0.4%)

1 一抹の, 當る, 長巻や, 養生の

▼ 晩年~ (4, 0.4%)

1 そういう人, 晩年老熟し切った, 最後の, 要路の

▼ 晩年こそ~ (3, 0.3%)

1 學者として, 謹厳いやしくも, 貰いあつめた

▼ 晩年~ (3, 0.3%)

2 あつた 1 最初は

▼ 晩年であった~ (3, 0.3%)

1 かもしれない, ということ, ということば

▼ 晩年との~ (3, 0.3%)

1 三つぐらいに, 三つぐらゐに分け, 二役を

▼ 晩年~ (3, 0.3%)

2 作曲家自らが 1 永七年ごろに

▼ 晩年あまり~ (2, 0.2%)

1 外出せぬ, 振わ

▼ 晩年では~ (2, 0.2%)

1 あるが, あるまいか

▼ 晩年において~ (2, 0.2%)

1 大いに温和, 生涯の

▼ 晩年~ (2, 0.2%)

2 かけての

▼ 晩年までも~ (2, 0.2%)

1 座辺から, 彼の

▼ 晩年より~ (2, 0.2%)

1 徳川氏の, 持統女帝の

▼ 晩年~ (2, 0.2%)

1 が紙, の老熟

▼ 晩年以後~ (2, 0.2%)

1 からであった, のこと

▼ 晩年無二~ (2, 0.2%)

1 の知己, の親友

▼ 晩年特に~ (2, 0.2%)

1 最後の, 著しくなった

▼ 晩年~ (2, 0.2%)

2 に自分

▼ 晩年自分~ (2, 0.2%)

1 が某, の少女時代

▼1* [164件]

晩年あの黄色な, 晩年あるいは晩年に, 晩年あれを読まれ, 晩年いろいろの楽器, 晩年から徳川時代の, 晩年この山中に, 晩年こんな作も, 晩年ごろは私, 晩年へ決して, 晩年しよんぼり二階に, 晩年すこぶる幸福と, 晩年その思想いよいよ, 晩年だけなりとも人並に, 晩年だけは安らかなれ, 晩年ちかい枯淡な, 晩年ちかくのチェーホフ, 晩年であって来迎図, 晩年であるが中年, 晩年でも楽しむにしくはない, 晩年というのは, 晩年とうとうさる商売女, 晩年として三十七八に, 晩年とでは大変な, 晩年などもなまじいそういう, 晩年なる五年中に, 晩年においてすら体得でき, 晩年にかけての変化は, 晩年にだけせめて楽, 晩年についてわたしは, 晩年についての話です, 晩年に際して弟子法蓮房が, 晩年のすがたに, 晩年までには必ず豪族, 晩年までは凝る氣, 晩年やや意を, 晩年よく行って, 晩年づかを, 晩年わざわざ繪具屋に, 晩年をば壮時の, 晩年テバイを出で, 晩年ニコラス・セギユウルの, 晩年フィレンツェに住, 晩年ブーヴァールとペキュシェ, 晩年マキノ映画会社へ加入, 晩年ラアガツのホテル, 晩年リルケがさう, 晩年一人で他, 晩年一部の好, 晩年三四年間の作品, 晩年上京の際, 晩年下らない作を, 晩年下庄からそこ, 晩年不幸になつ, 晩年不遇におちた, 晩年二天道楽などと自署, 晩年ひに, 晩年京師に留り, 晩年京都知恩院境内の源光院, 晩年今にも死ぬか, 晩年伝記を主として, 晩年住まっていた, 晩年住んだ所だ, 晩年住于香山自號香山居士, 晩年も次第に, 晩年か発心, 晩年余りに感服, 晩年佛蘭西語で書いた, 晩年健康を害した, 晩年入神の一剣, 晩年六代目の相手, 晩年六十歳頃までの逸事, 晩年出家をされ籠っ, 晩年剃髪した後, 晩年則重は和歌狂, 晩年加藤清正が若年時代, 晩年十五年間親交を続けた, 晩年十円位がせいぜい, 晩年千葉城址から熊本郊外, 晩年南方に歸つて太湖, 晩年吉重について画, 晩年味噌を買い, 晩年国宝扱ひせられた, 晩年在世の頃, 晩年変態生活を送った, 晩年大学蹴球部の部長, 晩年大河内子爵のお伴, 晩年だ不幸, 晩年太閤となつ, 晩年嘉門院四条を, 晩年安政時代の板行, 晩年安芸の吉田, 晩年宮本武蔵が細川家, 晩年富士山下に隠棲, 晩年山村氏のため, 晩年岩殿山霊巌洞に枯骨, 晩年を次いで, 晩年年齢を取る, 晩年幽斎とも号して, 晩年に就く, 晩年大学文学部において, 晩年当地に土着, 晩年彼女は久子, 晩年をとげざる, 晩年る時, 晩年放送局であつ, 晩年政治に関係, 晩年敗戰の時, 晩年数次にわたる北魏進撃, 晩年文化の頃, 晩年斎藤加賀守の庇護, 晩年日本にも来ました, 晩年春岳公に向っ, 晩年暫らく相乖離して, 晩年更に奮発一番すべし, 晩年機縁熟して, 晩年歌舞伎座の立作者, 晩年に似た, 晩年は老い, 晩年法体して, 晩年深い情熱を, 晩年の技倆, 晩年牛込横寺町に移つた, 晩年画かきの仲間入り, 晩年病床にあっ, 晩年発心と人, 晩年畏慎, 晩年盲目になった, 晩年磐梨郡某社の巫女, 晩年祖母が死病, 晩年神戸の仏蘭西語学校, 晩年福島県の開成山, 晩年種々の画策, 晩年突然フランスの, 晩年窃かに思う, 晩年築地小劇場に拠っ, 晩年を吉重, 晩年老熟し切った文芸, 晩年考証に没頭, 晩年肥後藩に身, 晩年莫逆の友, 晩年落寞小劇場, 晩年薬師寺伽藍の完成, 晩年藏書が散, 晩年蘭学興隆の世, 晩年衰残の悲運, 晩年詩作に耽った, 晩年起居を不自由, 晩年越前家に仕えた, 晩年足かけ十五年も住み, 晩年足腰が不, 晩年源之助の, 晩年近い作, 晩年近き不比等, 晩年近く全く時代, 晩年逆徒李希烈に殺される, 晩年遠国下向の時, 晩年采女町の清川邸内, 晩年鉢植の紅梅, 晩年を得る, 晩年隠居するに, 晩年零落して, 晩年飲み過ぎる苦しさ, 晩年餘技として佛蘭西語, 晩年鰥暮らしをする