青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「晩~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~時刻 時刻~ 時半~ ~時期 時期~ ~時計 時計~ ~時間 時間~ ~晩
晩~
晩年~ ~普通 普通~ 普遍~ 景~ 景気~ ~景色 景色~ 晴~ ~晴れ

「晩~」 15393, 166ppm, 630位

▼ 晩~ (1690, 11.0%)

149 うちに 59 ことを 32 ことです 27 ことでした 24 ように 21 ことである 16 ことで, ような 15 ことが, 中に 14 ことであった 13 ことだ 12 事を 11 ことは, 御飯を 9 内に 8 こと, ことでありました, 汽車で 7 ことだった, ことであります, 食事を 6 ことも, 出来事が, 如きは 5 夜行で, 御飯の, 御馳走に

4 [13件] お菜に, やうに, 九時頃に, 事が, 事であった, 事である, 亥刻, 仕度を, 出来事で, 女の, 支度に, 話は, 食事の

3 [29件] あの女, お仕舞, お客は, お惣菜, お祈, ことこの, ことでございます, ことな, こと例の, カミナリは, 事, 事いつも, 事だ, 事は, 事何の, 六時に, 出来事の, 十時過, 夢に, 彼女の, 御馳走は, 支度を, 自分の, 興行に, 茶の, 辛抱じゃ, 通りに, 酒を, 食事に

2 [84件] お勤め, お支度, お料理, お膳, お話の, お駒, ことさへ, ことじゃ, ことその, ことだつた, ことでございました, ことに, こと小笠原を, こと彼は, こと私は, ごときは, ごはんの, ごはんも, ご飯を, したくも, その間燈火の, まだ宵, やうな, 七時に, 九時に, 事で, 事です, 事私は, 五時迄, 亥刻半, 人の, 仕度に, 仕度は, 八時に, 六時から, 六時には, 冒険に対する, 処にで, 出来事だった, 出来事を, 動き身だしなみ力が, 十二時に, 十時ごろに, 十時に, 同じ時刻, 夜ふけに, 夜更けに, 夜露に, 夢には, 大火に, 宵の, 容子と, 宿を, 幻を, 御飯でも, 御飯にも, 怕い, 支度の, 支度も, 方が, 極楽飯朝の, 泊が, 用意を, 男の, 睡眠不足との, 神前に, 祭を, 米が, 米を, 膳を, 興行の, 話, 話の, 話を, 酒場の, 野宿の, 間に, 雨で, 電気菓子の, 食べ物を, 食事は, 食事も, 食卓では, 騒ぎを

1 [861件 抜粋] あいだに, あいだ全く, あいだ謎の, あなたがたの, あのものすごい, あの夜鳥, あの恐ろしい, ありさま, ある作家, いきさつてえ, いずれに, いやらしいこと, うちから, うちだ, うちの, うち小勇は, おかず, おかずの, おかずを, おしたくに, おだいし講, おまんま, お客たちの, お客も, お宿, お相撲, お総菜, お総菜拵え, お菜でも, お菜は, お菜を, お豆府いくら, お食事後, かたきうち, ことあの, ことあまり久しく, ことお母さんが, ことかね, ことかも, ことそうして, ことたいへん, ことだす, ことだって, ことで御座いました, ことなんだか, ことひとりの, ことふと, こともう, ことや, ことわたしは, ことストツクホルムから, ことモデスト・アレクセーイチは, こと三人は, こと三郎は, こと京姫は, こと使いに, こと偶, こと初, こと友だちの, こと四辺に, こと夜食の, こと女中が, こと子供たちと, こと子供の, こと守衛室の, こと小僧にも, こと月心院の, こと村の, こと桂正一君は, こと父が, こと甲州街道を, こと眞夜中過ぎの, こと石田は, こと童子は, こと縁端に, こと自, こと草木も, こと虚心に, こと覚え, こと象が, こと金蔵が, こと金雀子街を, こと面白い, この娘, ご飯という, ご飯の, さかなに, したくだ, その提灯, つづくとき, ときと, のちにも, はげしい出入り, は全く, ほうが, むささびの, ものは, やうね, よい思い出, ようには, わざとの, を夕, エクスペリメンターリヌイ劇場は, カブトムシは, ガラガラです, ダイビングは, ヒョンな, フィルムの, プログラムに, ポカンと, ミサを, 一つの, 一夜は, 一挿話だけを, 一時頃手には, 丁度六時に, 七の, 七人は, 七時がらみ真っ黒に, 七時すぎに, 七時を, 七時三十分の電車では, 七時過ぎに, 七時頃でした, 七時頃我々は, 七時頃行われた, 三三九度の, 三度とも, 三度伏見の, 上がり, 下足札を, 不寝番は, 不眠不休の, 不首尾が, 中の, 中へ, 九ツ半風呂敷を, 九時が, 九時ごろモン, 九時です, 九時を, 九時近くやうやく, 九時頃であった, 九時頃の, 乳を, 事あっ, 事さ, 事でした, 事なら, 事わたしが, 事到, 事情な, 事絞り, 事自分は, 事身體の, 二時頃と, 五ツで, 五ツ刻に, 五時まで, 井戸端の, 亥刻と, 人が, 人影, 人達と, 人間の, 今時分に, 仕度の, 会の, 会は, 余りにも, 俊亮と, 倉庫の, 僅かな, 光景に, 光景も, 光景を, 八刻に, 八時か, 八時くらいに, 八時ごろそれに, 八時ごろであったろう, 八時すぎだった, 八時であった, 八時の, 八時近くであった, 八時過ぎに, 八時頃あたしが, 八時頃には, 八時頃古田が, 八時頃家に, 公演が, 六時す, 六時まで, 六時を, 六時頃に, 六時頃上野へ, 内儀で, 内此処, 冒険について, 冒險に, 写真の, 出し抜かれた気持, 出來事が, 出来ごとで, 出来と, 出来事です, 出来事は, 出演料が, 切符の, 別れを, 劇薬事件について, 助十郎平馬周吉などの, 勉強が, 勘定五円なにがしを, 勞働に, 勤行の, 化物が, 十一時すぎに, 十一時半に, 十一時頃に, 十二時ごろから, 十二時すぎの, 十二時の, 十時, 十時ごろの, 十時です, 十時まで, 十時十一時頃までも, 十時或は, 十時頃に, 十時頃やっと, 午前二時頃あんたどこに, 半蔵が, 卓子台を, 協力は, 南京虫の, 博労の, 厄介に, 収入が, 口論を, 台所での, 名高い歌手, 哀蚊の, 品定めが, 喋る噺, 四つ頃に, 四ツごろ金座の, 四ツ過ぎに, 夕刊を, 夕飯は, 夜の, 夜中に, 夜中過であった, 夜半に, 夜半過ぎに, 夜明かしには, 夜更け町も, 夜行列車で, 夜行汽車で, 夜釣に, 夢という, 夢の, 大嵐で, 大捕物, 大雪が, 天候である, 女であった, 如き僕, 如く日本左衛門, 娘さんだった, 婚儀は, 子刻過ぎ, 学生達は, 実験は, 客が, 宴会の, 宴席へ, 容體ぢや, 宿に, 宿代が, 宿酔で, 富士市へ, 寐不足の, 寒かった, 寝不足が, 小指大の, 少い紳士, 屈辱じゃ, 屋根代ぐらいは, 島田は, 巣窟は, 帰りの, 帳簿で, 幌の, 幽霊退治は, 幾度かの, 廣さ淋し, 弁当を, 彼に, 彼は, 彼を, 彼女は, 御入来, 御膳でも, 御膳は, 御飯が, 御飯に, 御飯は, 御飯まで, 御飯も, 御飯御馳走したい思う, 御饗応, 御馳走で, 御馳走買っ, 徹夜それから, 徹夜なら, 忘れられないあの, 思い出が, 怪しい人影, 恐い誘惑, 恐ろしさ, 悪い夜, 悲劇は, 惣菜の, 感想を, 戌刻, 戌刻半頃この, 我慢だ, 手筈を, 拘留では, 招き事も, 挙動なり, 挨拶を, 捜査の, 支度が, 放送局の, 斎に, 料理に, 方です, 旅籠銭さえ, 日記に, 早いころ我々, 昨夜二番目の, 時の, 時刻の, 時間の, 晩酌は, 暗夜戦には, 暗闇に, 暴風と, 暴風雨も, 曲者が, 月夜に, 有様を, 村松金之助の, 来るの, 松源の, 桟敷の, 棧敷の, 椿事出来は, 楽しみを, 楽屋には, 榛の, 様子を, 模様を, 歌会は, 歓迎会の, 歸り, 気まぐれは, 気持が, 気絶した, 決行には, 油斷で, 泊は, 泊りは, 法談さえ, 波ぐらいは, 津田は, 涼風に, 漁夫に, 漁火の, 演奏会の, 激昂の, 火事を, 灯の, 灯点し, 為体には, 焚火が, 煩わしい会合, 爆火に, 牢内は, 牢舎で, 物語, 状況より, 猶予を, 理平とは, 生活を, 由也の, 甲府の, 男ばかりの, 疲労を, 皆の, 真夜中に, 眠られぬ夜, 研究会での, 研究会は, 祈祷から, 神の, 禎輔の, 私たちにと, 種類を, 空への, 空模様でも, 立会与力は, 筋にな, 簡単な, 米位は, 約束を, 細工ちゃんと, 経験を, 結婚式の, 続き話, 美しさ, 美人たちは, 羽目を, 翌日来られる, 肴は, 膳に, 舟が, 芝居の, 芦洲の, 花火の, 苦しみに, 苦惱に, 蕎麦振舞には, 行事が, 行列だけは, 装束を, 見物に, 見聞きした, 記憶を, 註文で, 詞を, 話し手天野久左衛門は, 話に, 話題と, 調べを, 講談という, 責めにも, 貴様の, 買物に, 賑やかしこれ, 足の, 足取りつまり, 踊りの, 返礼は, 通り繰り返さなけれ, 通り見た, 道化芝居も, 違ひで三千兩の, 遺恨は, 酒だって, 里虹に, 野尻泊まりの, 金之助の, 長きに, 長谷での, 門出に, 間とか, 間わたしは, 間ツラリとも, 間支倉からは, 間私を, 間続きました, 間自分は, 闇は, 陽気な, 隣室は, 集まりが, 集まりは, 雑誌会にも, 雑談に, 雛は, 電話だって, 静かさ戸の, 音楽の, 音楽会の, 頭數を, 食べ残しが, 食事時に, 食卓に, 食卓を, 食膳に, 飯なりを, 飯は, 飯を, 饗宴は, 騒ぎが, 騒ぎに, 騒動

▼ 晩~ (1670, 10.8%)

95 なると 67 なって 26 限って 16 なっても 7 来て, 私が 5 して, なれば, 家へ, 父は, 私の, 私は 4 しよう, それを, なるまで, 彼の, 彼は, 見て, 雨が

3 [21件] いって, かぎって, ここへ, してからが, どうした, どこかへ, なった, なってから, なりました, 一度は, 何か, 帰れば, 必要な, 森の, 皆で, 私と, 竜之, 至って, 至りて, 舟を, 限つた

2 [90件] あるくの, いっしょに, うなされたの, お前の, お君, お春, お月様, お目, お籠り, お経, かいて, こんなこと, さしあげるもの, したらどう, たずねて, なる, なるの, はじまって, ひいた風邪, ひとりの, また, またもやその, みんなが, やはり僕達, わたくしの, わたしが, わたしの, コゼットは, ボタンが, 一つの, 一人で, 三つの, 三千代が, 不忍池, 主人の, 二人は, 五ヶ所八ヶ所も, 今更口論も, 何にか, 先生の, 先生は, 具足町の, 出かけて, 別々に, 又こんな, 及びて, 及んで, 咲かせて, 夜に, 始めて御, 寝床の, 寺の, 少しばかり, 床の, 引越して, 強盗が, 当ります, 彼女の, 怪しい影, 恵州に, 担がれる奴, 招かれて, 拾つたボタンは, 月見の, 村を, 来るが, 東京から, 此の, 死んだ, 母が, 沁, 波の, 洋食を, 海の, 燃えてる長い, 父の, 知りあって, 約束した, 自分から, 花嫁姿で, 行って, 行方知れず, 誰か, 車に, 逢ふ, 遅くなっ, 遅く湯, 限つて何時迄, 電話を, 飲んで

1 [1151件 抜粋] あすこへ, あたつ, あつまって, あなたは, あの七之助, あの銀色, あまり家の, あれから, あんな人通り, いたあの, いないかも, いまごろまで, いらっしゃいわたし此所, うなされるとだけ, おいでに, おかみさんが, おこった出来ごと, おこよの, おそくなっ, おむすび二つ喰べ, おれが, お出でに, お刺身, お前さえ, お前達もつれ, お園, お客様なんぞを, お山で, お延, お松の, お母さんに, お浦, お磯, お膳, お通い, かいた詩, かしずく好い, かなり強い, かわろうと, きますよと, きまるの, くだされたの, こういう場所, こうした出鱈目, ここに, こっそり道具屋, この二人, この宿, この川原, この松山, この炬火, この盛ん, こんどは, こんな風, さわずか, しようかと, しろ朝, すこし気, すっかり用意, する, すれば, せいぜい五人, そこの, そっと例, そつと, その二人, その仁吉, その堤, その年, その病人, その贋物, それでも, たうとう, たちたいと, たって, ちゃんと錠, ちょうど死体, つい飲み過ぎ, つやが, ですね, とうとう磯, ときどき訪問, どこに, ながめたこの, なったよう, なったらまた, なったら結婚式, なったジョーン, なにかの, ならなければ, なりこの, なりましたネ, なりますね, なりゃお, なるとこつそりお忍び, なれ, ねむれるもの, ねる時, のまれるの, はじめてあの, はね父さん, ひまにな, ふと思い出す, ほかの, ぼくたち双眼鏡で, またいらっしゃるでしょう, または用事, また一酌, また卸し, また寄つてシツダル, また来ます, また酷い, まだ四つ, みんな寝しずまっ, もう一度読み直す, もっとたくさん, もどって, やった思い出深い, やつた, やはりここ, やられました, よく似た, よく遠い, よむ, わざ, わざわざ自分, わたくしが, インフルエンザに, カンジンカナメの, クララを, サフランの, ストランドの, チョコレートに, テナルディエ飲食店の, ドリアンは, パラス, ヒョッコリと, フリードリヒの, ホテルの, ポプラアの, マンハイム家へ, ヤイカガシまたは, ルックサックを, 一つきり歌わなかった, 一ぴきの, 一寝入りする, 一度か, 一斗の, 一杯飲み, 一枚しきゃできやしない, 一百売る, 一萬五千法, 一高前の, 七万四千七百円なんて, 七郎丸の, 三人も, 三十八銭も, 三口か, 三本鍬と, 上つ, 上るもの, 下宿に, 下谷金杉の, 不思議な死に, 亀吉が, 事件が, 二三回位しか, 二人で, 二人ながら, 二人も, 二十万法, 五ン合とか, 五十や, 亥の, 人っ子一人通らぬ, 人手に, 仕度を, 伊豆屋の, 伸子と, 何べ, 何回と, 使っちゃったん, 信一と, 俺と, 停車場前の, 僅か二つ, 僕は, 兄に, 入らつし, 八五郎を, 六三郎は, 再びやって来る, 凶行を, 出して, 出歩くこたあ, 出遇つたの, 初めてお, 初めて聞いた, 別れたきり, 勃発し, 勝手もとで, 十六本さ, 千枝松は, 南風が, 又あの, 及んだの, 叔父さんの, 叩っ切っ, 司教は, 吉原へ, 同じ様, 君の, 君等と, 吹きこませる, 吾妻屋永左衞門は, 和えようじゃ, 哀蚊の, 喋って, 嘉村君と, 四合飮ま, 四尺も, 土落し, 坂本紅蓮洞の, 城を, 外に, 夜更け, 夜釣りが, 大きな音, 大人に, 大勢の, 大變, 大雪だった, 天から, 天台の, 太史が, 失せ物は, 女一人で, 妾の, 姉さんが, 姿を, 娘の, 嫁を, 子供は, 子分の, 安らかな, 実験が, 宮川の, 家から, 家に, 家主の, 宿場に, 寄ったみんな, 富之助が, 寒風に, 寝るとき, 寝室い這入ります, 寝床へ, 寢る, 将棋を, 尊い方, 小杉卓二の, 小柳雅子の, 尽したかの, 届けるよ, 岩倉家に, 崩れた, 巣鴨から, 巷で, 席を, 帰って, 帰らなかった, 帰る交通機関, 平気な, 幽霊を, 店立てを, 庭の, 引き取った, 当って, 彦五郎の, 彼が, 待たせるの, 待受ける空気, 得意に, 御出かけでした, 御膳の, 御馳走が, 心苦しく思召, 忍んで, 忘年会を, 思い切って, 性急に, 悉皆荷造り, 愁, 成ってから, 戸外で, 手下の, 手斧を, 打合わせは, 折よく, 押して, 拳を, 持って, 挙げられたの, 接吻を, 擲たせる算段, 文次郎を, 斬られた武士, 新宅祝として, 旅の, 日本一太郎は, 旦那の, 昌平橋から, 時間表を, 曲乗りを, 最もよく出る, 月見草の, 朝に, 村中の, 来たと, 来たはげしい, 来なさい, 来ること, 来るよ, 東京へ, 松本は, 根室へ, 案の定その, 森と, 森川宿を, 次郎兵衛は, 此処で, 歩いた事, 歸つて來て, 死ぬる小さな, 死んだ角右衞門殿, 死んでも, 殆ど苦しまず, 母は, 毎年父に, 気が, 沢山の, 河野さんの, 泊った高善, 泊りました, 泡鳴は, 泥棒が, 流れ込んで, 海へ, 海ん, 深川の, 渭水の, 湯島天神の, 満月の, 潟へ, 火事を, 炙いて, 無電小僧に, 焼いて, 熱燗で, 爺屋の, 犬の, 王宮へ, 現在の, 生れたばかりの, 甥の, 用でも, 田圃を, 田舎へ, 男の子を, 町はずれの, 病室に, 発揮する, 白髪の, 皆な集っ, 盗まれるなんてねえ, 相違ない, 眠れない時, 着いた, 着くと, 着る絹物, 研究室に, 確に, 祈りを, 祖父さんは, 神戸を, 祭って, 私たちは, 稀れ, 空が, 窓の, 管理さんの, 紙屑屋の, 素破らしい, 結婚の, 綺麗に, 線香の, 縁日へ, 繩付を, 考えた, 聞いた幽霊, 聴こうなどという, 肌身に, 背戸へ, 膿を, 自分の, 自殺しよう, 至り細雨霧, 至り風力, 船に, 船欄に, 色々ない, 芒を, 花の, 若い女三人, 若杉裁判長の, 英国の, 菊坂で, 菩提寺の, 薄暗い階段, 藤兵衛に, 融けて, 行うが, 行つた窓, 袖を, 西瓜畑へ, 見たと, 見たらどんなに, 見た心覚え, 見届けの, 見馴れぬ旅人, 親父から, 訪ねて, 話したあの, 誰とも, 豚吉夫婦を, 赤い家, 起つた出来事, 跳びしてると, 身体を, 農作の, 近かった, 近所の, 逃げるの, 通例そこに, 逢おう, 逢はう, 遅くまで, 遅く帰つた, 遊女が, 違いないだろう, 遠所に, 避難した, 酔って, 酔っぱらったこと, 醍醐弦四郎という, 重兵衛, 鉄が, 銀いろ, 長次さんは, 門口に, 閉ざされたまま, 降るため, 限つたといふ, 限つてたつた, 限つて巣窟から, 限つて急に, 限つて無闇と, 限つて神棚の, 限つて起つた, 限らず不景気, 限られた為, 限りまして, 限るの, 隅田川を, 雀が, 雨傘を, 雪の, 青谷の, 頓死した, 頭痛強く, 頼んで, 顔を, 風呂敷で, 飄然として, 飛んで, 食う, 食った鳥鍋, 食べさせると, 食べて, 食卓へ, 飮みます, 飲むと, 馬の, 駕は, 高木さんへ, 髪結いを, 魚の, 鳥が, 鴨丸め, 鼠に

▼ 晩~ (1375, 8.9%)

8 月が 6 それで, 無事に, 非常に 5 何事も, 雨が 4 いつまでも, そこで, 二人とも, 何も, 寝て, 彼は, 晩で, 月の, 泊めて

3 [17件] ここに, さすがに, そのままに, ない, なかった, 一人で, 一睡も, 一緒に, 二人で, 家の, 家へ, 寝たが, 急に, 泊って, 私と, 私は, 自分の

2 [69件] いっしょに, いつでも, おげん, お帰り, お酒, きちんと座っ, きっとお, これからの, すみませんでしたわ, そつと, そのま, そのまま帰っ, とにかく疲れない, ともかくも, どうした, どこに, まんじりとも, もうお前, 一つも, 一と, 亭主を, 他に, 何か, 何を, 例に, 出前の, 初めから, 別れた, 双方から, 君の, 吾妻屋の, 土の, 夕飯も, 夕飯を, 失敬する, 女が, 妙に, 嬶共は, 宵から, 家に, 宿の, 寝ずに, 帝国ホテルだ, 彼も, 彼女は, 彼方で, 斯の, 早く寝床, 月は, 父の, 疲れて, 私にとって, 私も, 立見君は, 線路見, 老人の, 自分が, 葉の, 諸鳥歓喜充満せり, 遅く帰った, 遊びに, 遲く, 酒でも, 酒の, 酒を, 雪が, 霧が, 風呂を, 飯田町の

1 [1114件 抜粋] あかあかと, あとの, あの宿, ある池, あれが, いいが, いい月, いけないん, いつもより, いつも外, いとど物凄い, いままで, いやな, いろいろな, おいしい寿司, おそめ, おでん昨夜は, おどろいたでしょう, おもしろいん, おれも, お上さんは, お俊ひとり, お前が, お咲, お客が, お松は, お爺さんの, お通, お部屋, かえりに, かしの, かなり飲みました, きっと俺, きつと, きり上げました, けいこには, こうして歩く, ことによる, ことに静か, この万吉, この室, この幻覚, これまで, こんな所, さうだ, さっきからの, ざらに, じつに六ヵ, すぐ眠っ, すでに武装, ぜひ一緒, そこに, そこへ, その, そのご, そのまま寝, そのまま過しました, その家, その話, そりや, それきりで, それぎり寝る, それつきり, それなりに, たいくつ, たいてい白樫, たいへん笑えた, たぬき汁が, だいぶ吹雪かれた, ちゃんと適当, ちょうど好い, ちょうど満月, ちょっと失敗, つくづく目覚しい, てめえと, とうとうお宮, とうとうマンジリ, とうとう帰っ, とうとう府中, とうとう自分, とても愉快, とても睡られる, どうしていたんだ, どうしても出られなかった, どうしてゐた, どうだ, どうも寝られない, どうも調子, どこへか, どなたも, どんなへや, どんな都合, ないくらい, ないの, なく苟も, なるだけ, にわか芸づくし拝見と, ねえ, ばかに, ひどい寒気, ひどく懐かしさうに私, ふしぎな, ほかの, ほんとうの, まずきまって雨, まず無事, またコーヒー, また別, また寂寞, また御, また晩, また翌日, まだそこ, まだ冷える, まだ車, まるで一睡, まんじりともしません, みんないつしよ, みんな上機嫌だった, むしろ愉しい, めいめいの, めったにない寒, もうイタリア, もう小林, もう疲れ切っ, もう遅く, もとより寝床, やけに暑, ゆっくりと, ゆつくり食べ, よくよく妙, よく眠れなかつた, よっぴて見, ろくにねない, わけて暗い, わずかな, わりに早く, エラかった, オタキの, カラッ風, クリスマスの, ゴロツキを, タオルを, パンだけ, ブレオーテの, ベツドへ, ホテルで, ホントに, ムシ暑い, メクラばかりで, レヴエイヨンと, 一ト安心十九日発売依託雑誌の, 一度も, 一晩じゅうじつに, 一月おくれ, 一片の, 丁度今夜, 万事都合よく, 三人で, 三千人の, 三四郎の, 三島の, 三枝子の, 三週間ぶりで, 上大須の, 不安も, 不思議だ, 不自由でも, 中津川に, 主人が, 久しぶりで, 久し振, 久留馬登之物と, 予期に, 事無く, 二人の, 二十六夜待だ, 二時ごろまでや, 二本榎の, 云わば, 亥の, 京都の, 京都地方に, 今でも, 仕事の, 伊之助の, 伊勢木を, 伯父さんも, 何だかよほど変, 何となく調子, 何処へ, 何故か妙, 何百両でも, 余程烈しく, 例の, 保土ヶ谷泊り, 倉田の, 健全な, 傍に, 僕は, 兄さんも, 兎も, 全く見物, 八官町のや, 公園の, 六畳の, 兵を, 内儀の, 凄じい暴風雨, 出て, 出征前夜で, 別として, 別にそんな, 到頭その, 到頭解らず, 前祝いに, 加領郷泊り, 勝手次第に, 十五夜だ, 千代子が, 南にも, 南極で, 又一層, 又美しく, 友達と, 叔父と, 取外して, 古代蝶鳥の, 各室の, 吉之助にも, 吉田は, 向いの, 和尚は, 咲のを, 唯今の, 四国へ, 四時で, 四段目五段目六段目と, 坂を, 塩を, 変わったこと, 夏らしい, 外ばかり, 夜どおし南京虫, 夜も, 夜中ずつと, 夜半から, 夜店が, 夜更けに, 夜通し風が, 夢も, 大変でしたでしょう, 大変に, 大好きである, 大層うまかっ, 大抵伯母, 大散財, 大空に, 大變, 大酒盛り, 大馬力, 天竜の, 太駄で, 夫も, 好きな, 妙な, 姉妹二人し, 婚礼だ, 嫌な, 子供の, 存八なかなか, 宇治の, 安, 安眠する, 実にすばらしい, 客間は, 宵闇で, 家じゅうの, 宿屋も, 富士見町の, 寒い晩, 寒くて, 寝さしたが, 寝た方, 寝てるだろ, 寝ながらも, 寝みました, 寝ること, 寝言にまで, 寢る, 寿司でも, 小さな七面鳥, 小県, 少しの, 少し位, 少し曇っ, 少し遅く, 尾崎士郎の, 屡々外, 山も, 山陽の, 岸本も, 峠でした, 川獺の, 巧く, 帝国ホテルに, 帰らなかつた, 常友が, 平常より, 幸いに, 広い闇, 床に, 店を, 廓での, 弟どもを, 弱ったわ, 強ひ, 彼にも, 彼女の, 御所で, 御酒の, 徳島城に, 徹夜の, 心置きなく, 必ず後, 必ず跡隠し, 快かった, 急用で, 恐らくホテル, 息が, 惣治も, 我慢しきれなくなっ, 手を, 抱え主の, 散歩に, 数日来に, 料亭で, 新年会と, 日本寺へ, 早々に, 早く寝, 早く床, 早歸, 明るい内, 明神下の, 星も, 春らしく, 昼の, 時間の, 暖い, 暗で, 暴風雨の, 曇天の, 書かずに, 最後に, 月がい, 月を, 月見です, 朝子を, 木片の, 未だ病院, 札幌に, 村の, 村方へ, 来られないかも, 枕もとに, 柳町の, 案山子に, 森の, 様々の, 歌留多を, 殊にこれ, 殊の, 残念ながら, 母と, 比較的早寝, 水に, 水を, 氷塊と, 泊ったです, 泊まらねば, 泊りに, 泊り客を, 泊る所, 泥酔者を, 洋画家の, 浪人の, 涼み船を, 淋しゅうて, 温泉さ入れる, 火の, 火薬製造所跡の, 炉ばた, 無事だった, 無駄に, 煩悶焦慮も, 熱が, 父さんは, 牛乳と, 特に発作, 特に静粛, 狸の, 王さまと, 珍らしく, 産婦の, 由也は, 町じゅうに, 疝氣を, 病院からの, 白梅の, 目が, 真智子の, 真間田, 眠られなかったという, 眠るまい, 眠れないほど, 睡って, 知らずに, 碌に, 私が, 私ども四人の, 私の, 私達は, 穴から, 窓辺に, 立命館の, 笑い声が, 節子は, 素晴らしい大雨, 組合の, 綾子も, 締切って, 義貞という, 聽き落した, 自分と, 自分達の, 自転車だつた, 船で, 良い月, 芝居見物にも, 若いもの, 葛木村の, 葡萄酒などを, 蒸し暑いので, 蕗を, 行かずに, 西洋人の, 親子とも, 訪問しない, 語り明し, 講中の, 豪雨が, 負債を, 貴下香雪軒で, 足柄の, 身に, 軒下に, 近所の, 逮夜じゃ, 遅いから, 遅く成っ, 過ごすこと, 遠慮せ, 酒も, 酔いすぎて, 重助の, 野菜汁ですました, 金さんも, 銀子も, 銀座の, 銀砂を, 長老の, 闇夜だった, 随分二人, 離れたところ, 雨で, 雨も, 雨気を, 雪ツイ油斷を, 雪割草は, 電光雷鳴山も, 非番で, 須原の, 頭の, 風が, 風は, 風谷も, 飯田の, 馬来, 駄目である, 高台の, 高鼾で, 鮫の, 鳥取の, 鶴子の, 鶴谷の, 鹿田が, 麺で, 黙り込んで, 鼠の

▼ 晩~ (694, 4.5%)

12 幾晩も 8 つづけて, 四晩も 7 三晩も 5 あった, あつた, つづいた, 例の 4 いつもの, かかって, 寝て

3 [12件] ある, つづいたので, ゆるりと, 二人は, 仰ぎ寝たきり, 家を, 帰って, 彼は, 徹夜を, 私の, 私を, 続けて

2 [41件] あると, こ, そうであった, その次, その翌, つづいて, つづくこと, なかった, また叫んだ, また来, わたしが, ゴーシュは, ベタベタ三原色, 下宿で, 人目を, 仰ぎ寢, 僕は, 冬至の, 同じよう, 夜も, 夜中も, 家に, 寝ずに, 寝る前, 既に五日市町, 朝も, 来て, 滅多に, 漸く新太郎, 目を, 眠らないで, 絶食した, 續けて, 考えた末, 腹立ち紛れ, 遅くなっ, 遲く, 長尾と, 間違ひもなく, 電車の, 鯉づく

1 [509件 抜粋] あいつは, あさり歩い, あずかってさ, あたくし, あたたかい小舎, あったが, あったし, あったの, あって, あの御, あの酒場, ありました, あります, あり木賃, あるが, あるのに, あるもの, あれから, あれば, いいえひとつき, いくらかメンタルテスト, いく晩, いく晩も, いたしません, いただきませんでしたよ, いちどここで, いつ見, いろいろの, おいしいもの, おそかった, おそろしいざ, おなじ時刻, おれたちの, お三輪, お俊, お前さんの, お前を, お勝手口, お島婆さん, お帰り, お泊り, お滝, お留守, お總菜, お菜に, お蔦は, お逢い, お酌, かえって来ない, かかさずに, かかります, かかるそれ, かさねて, かぼちゃ飯で, きっと来, きりっとした, くる晩, こうして眠い, こうもりは, こう言っ, ここが, このアンマ, この家, この尺八, この母家, この画稿, この白い, この通り誰, この部屋, こんなところ, こんな雨, ごく平常, ございませんそれで, さっそく泰軒, しめやかだった, すきを, すぎましたが, そうして京都, そうして目, そうだった, そうで, そうである, そう云っ, そこへ, その人影, その前, その後事も, その用, その石碑, その翌晩, その親戚, その金, それから毎晩, それで, それにけ, そんなこと, そんなに遅く, そんな眠られない, そんな話, たうとう, だいぶくらく, だれ一人ここ, ちがった部屋, ちょっとその, ついする, つかうという, つきまとわれたあげく, つぎの, つづいたもの, つづいた以上, つづいた大風雨, である, とうとう寝床, どうせ又いない, どこか, どこかでは, どつて來, なかなか好い, なア, にらみつけて, のろいつづけて, ひいさま, ぶっとおし, ぶらりと遊び, またお, またお客さまたち, またかしわ, またそれから後, またやって来, またヘルマン, またミュリドフ, また同じ, また庸三, また新, また旅寝, また来い, また来るだろう, また次, また滝野, また祭, また翌, また黒雲, みにくく醉つて, みんな酔っ, もう少しで, もう碌, もどらないもの, やがて亥刻半, やって来た, やっぱりこんな, やっぱりそういう, やっぱり蒼い, やっぱり飲ん, やつて, やはりそうでした, やはりその, やはり兄貴, やまないばかりか, ゆうべの, ゆうべも, ゆっくり寝ます, よく眠られなかった, よく調べました, よせへ, ろくに子供衆, わが精神異常者, わざわざ雛子, わしが, アルコオルが, コレは, ゴーシュが, パンと, ベルリオーズは, ホテルで, ヨハンネスは, ラジオで, ワルシャワの, 一度彼女, 一晩だって, 一生懸命に, 一菜だけ, 丁度彼, 三人は, 三平だつたら, 不眠の, 主人は, 九時頃玄関の, 乾麺麭ばかり, 二三十人検挙され, 二人で, 二日の, 二晩も, 二階で, 云う通り, 云つた通り詰らない, 五晩も, 亥刻から, 亦八重桜, 京の, 京子の, 人の, 今夜の, 今日の, 伊吹山の, 休まなかったかれは, 休まなかったら後で, 伸子は, 体に, 何にも, 來るせ, 例に, 例によって, 保ったかと, 俺は, 俺を, 停電の, 僕の, 六晩も, 其処で, 其又次の, 再び冷静, 出るが, 出るよ, 出向いて, 出掛けた, 切り場は, 別に, 到頭その, 剃刀を, 前晩, 十手は, 十時過ぎまで, 又小増, 叔母さんの, 口から, 台所へ, 右の, 同じ遊び, 味わった, 喀血しました, 四人は, 土地の, 垣根の, 執拗に, 塩辛い豆腐汁, 壁一つ越した, 夕方に, 外で, 外の, 外泊し, 多分そんな, 多少這入っ, 夜の, 夜ふかしが, 夜中に, 夜中頃にな, 夜伽まで, 夜半まで, 夜更け, 夜神楽を, 夜通しその, 夜遅く, 夜釣りに, 夢を, 大丈夫イエ月の, 大変寒い, 大当, 大抵は, 大釜一ぱいに, 太之, 奥さんの, 女王は, 姉娘たちは, 宅を, 安眠が, 宜い, 宝島に, 宵の, 寄宿舎へ, 寝たいくらい, 寝つかれずに, 寝ないで, 寝床に, 寝通し, 寝通したこと, 寝通したと, 寢られなかつ, 小一按摩, 少しずつ, 少し遲, 少なくなかった, 少年は, 峯子は, 巣を, 帆村と, 帰らずやがて, 帰らず古く, 帰らないこと, 帰らなかった, 帰らねえ, 帰れないの, 常なら, 店へ, 座敷から, 庭で, 張り番を, 張蘊は, 彼と, 彼女は, 御厄介, 御城下, 御飯を, 徹夜し, 徹夜した, 徹夜で, 徹宵見張りを, 悪くは, 悪魔の, 戻って, 敏子さんは, 敏子は, 文談会で, 新一は, 日が, 日吉は, 旦那の, 早く寝床, 明るいうち, 春では, 昨夜で, 昨夜も, 昨晩も, 昼も, 暁け, 暑かった, 替玉に, 朝鮮人らしい, 本人の, 村の, 来た, 来るせえ, 来るの, 来るよう, 枕元へ, 格子の, 権太郎は, 欠かさず入浴, 欠かさず冷水浴, 欠かさねえで四手場, 次の, 正三君は, 此様でした, 此様に, 歩き通し, 殆寝ず, 殺されて, 母が, 母子の, 毎晩の, 毎晩帰っ, 気に, 水に, 永代河岸を, 汁だ, 汗にな, 汝え, 江漢老人の, 汽車や, 泊って, 泊つた, 泊まっては, 泊めること, 泊めるつもり, 泊らなかったが, 泊りを, 泣いてたわ, 泣き明かしまた, 浴槽の, 涼しい風, 清は, 滝本は, 滝野は, 濱町の, 無尽燈, 煌として, 熱に, 片野さんが, 牛乳やら, 牛込まで, 牡鹿山の, 猪口を, 玄関を, 王が, 王子は, 用を, 用意おさおさ, 男に, 男連中の, 留守これは, 白の, 皆な, 皆休んだ, 看病に, 眞夜中近い, 眠らず, 眠らずに, 眠らせなかった, 眠らないそう, 眠らないという, 眠らなかったこと, 眠らなかったよう, 眠らなかった疲れ, 眠られなかった為, 眠りません, 眠れなかった, 眠れぬこと, 睡らさずに, 睨めつこ, 硯と, 神妙に, 神田の, 私には, 私は, 種々話したい, 稽古を, 稽古所へ, 米飯は, 約束通りに, 納戸の, 続いて, 続けた為め, 続けるだらうと, 続けると, 繰り返された, 繰り返して, 繰返したという, 缺か, 美しい夢, 翌る, 翌日も, 翌朝も, 考えた上, 考えぬきました, 考えました, 耕し高い, 能の, 腕組みし, 膳の, 自分の, 自分は, 舞台間近かの, 菓子や, 葡萄造が, 蚊帳へ, 蝶が, 西山の, 言った通り, 言ひ, 言伝を, 話さないで, 誘いに, 誰よりも, 諸所の, 賄を, 近所の, 這上る, 通つてもらつ, 通るの, 逢へ, 遊びに, 過せない, 遠くから, 酒に, 野武士に, 金を, 鉄砲籠を, 銀子と, 長いあいだ往来, 長いこと, 長い旅, 長福寺の, 関羽は, 隆治が, 隣村の, 隨分變な, 雨の, 電燈の, 面白いこと, 頭巾で, 頭巾を, 題を, 顎を, 顏を, 風は, 食事を, 餌は, 馬籠に, 騒げば, 鳴りやまずそれ, 黙って

▼ 晩まで~ (665, 4.3%)

9 働いて 5 待って 3 一寸法師の, 寝て, 葉子に, 遊んで, 酒を

2 [43件] いて, いろいろの, ころがされながら, ちょうや, ギウ, ラジオを, 一室に, 一生懸命に, 一緒に, 休みなし, 何とも知れぬ, 何を, 俺らの, 同じこと, 吾妻屋の, 地形なら, 坐って, 夜叉の, 娘お, 子供や, 子供を, 安値の, 家に, 家を, 床の, 彼を, 戸外に, 晩から, 本ばかり, 本を, 殆ん, 泣いてばかり, 泣通しで, 熱心に, 病人の, 着て, 私は, 続いた, 街から, 診察を, 金の, 鉛を, 顔を

1 [550件 抜粋] ああいう, あとを, あのまま, あの白木, あぶれですぜ, あるきました, あるよ, あれこれ心を, あれを, あんたの, いいえそれ, いいん, いそがしく中, いっしょに, いつだって, いろ, うろうろし, おめかしの, おろせなかつたらどう, お借り致します, お勤行, お常, お昼の, お琴, お竹, お酒, お金の, お雪さんを, お預り, かうして, かかって, かかりきって, かかりきり, かかるよ, かごの, くらさなければ, くらすの, くりかへ, くるくるコマ鼠, ぐずぐずし, こうし, こき使, こき使いました, こせこせ働い, こちらに, こっけいな, ことり, この忌々しい, この書物, この渡し場, この病院, この芋, この重い, ころころ独り, こんなふう, こんな苦しい, ご返事お待ち, さいなみ続けられながら, さびしい山道, しかめ面して, して, しゃあしゃあ鳴く, じいっと神さま, すきな, するいろいろ, すわって, せっせと汗, そして今日, そして引つ, そのまま持つ, その火, その為, その界隈, その裡, その足音, その路地, それは, そればかり, それを, そんなもの, そんな臭い, たえず四方, たえま, ただげたげた, たー, ちいんと, ちょうの, つきあい給え, つきあったらどう, つききり, つめ切つて世話, つらいことだらけ, てっきりカテリーナ自身, ですから, どなったって, どろぼう, なしたこと, なんの, はかなく何, ひたすら時間, ひつきりなしの, ひつそり閑として, ひどく忙しげ, ふせて, ぶつ通しミシンを, べちゃくちゃ囀る, ほとんど泣い, また晩, まア何千里, みんなし, めそめそ泣きつかれ, もたないよ, やった, やって, よく働く, ろうそくを, ゐるかも, イチヤつい, ウォツカを, エヘンエヘンと, ガブガブ茶碗酒ばかり, ガミガミいっ, ガミガミ言, ガンガンいわせ続け, ガンガンと, ズーッと, ソロバンばかり, パイプを, フンダンに, ベラベラか, ボウイにも, モール刺繍を, ラジオが, レコードを, レッド, 一つお座敷で, 一休み, 一分一秒の, 一日中ぷかり, 一日働い, 一日煮通さなけれ, 一時だって, 一重に, 万年青の, 三円五十銭の, 下女代りに, 下宿の, 不平許り, 不機嫌な, 丸っと, 主人萬兵衞の, 事業, 二人いっしょに, 二階に, 二階の, 亭主と, 人の, 人出入りが, 人間を, 仕事を, 代る代るに, 休まずに, 休む暇, 休息する, 何かしらシャベッて, 何かしら細, 何にも, 何の, 何やら厚ぼったい, 何十年来片時も, 何年もと言つたら, 使い歩き, 使われ通し, 便所通いを, 俊夫君と, 倦むこと, 働きづめ, 働きづめでいるわけではない, 働けと, 働らきつ, 働らき通し, 僕に, 僕は, 兀, 元氣, 八日間つづけた, 六日間という, 内閣の, 冷たい眼付, 出歩いて, 刻苦勉励する, 勉強を, 動いて, 勝に, 北風に, 口を, 口笛を, 台所を, 叱られたり, 叱言, 各種の, 同じ気持, 同じ牧場, 君らの, 吹いて, 呑んで, 周囲の, 唄いつづけて, 唄を, 喋って, 喋り立てて, 喋舌り通し, 喜んで, 四十ぐらいの, 国家国家と, 坐りと, 坐りど, 垣根を, 壁を, 変哲も, 夏でも, 外を, 多勢の, 多勢集っ, 大和魂と, 夫と, 女房に, 妾の, 始終二人きり, 姿を, 娘達に, 子供の, 子供ばかり, 子供等を, 子供達が, 字を, 学校へも, 実によく働い, 実際大, 実験室に, 客の, 家の, 家の上から, 家中に, 寝たり, 小供等, 小屋の, 小汚ない, 小舟の, 小言と, 居たこと, 屋外に, 山ばかり, 山を, 差向いで, 巴里ぢゆう, 巴里街上の, 幕府の, 干鰮, 平凡に, 幸福であるらしい, 店に, 店の, 弁当持参で, 引いて, 引切なし, 弟子たちの, 張りつめし, 彼の, 彼方此方と, 往来で, 往来の, 待たされるの, 待たないで, 待つよう, 御座り, 御楽しみ, 忘れたこと, 忙が, 忙しいの, 快晴で, 快活な, 思いの, 急行に, 恋の, 恐しく元, 恐ろしい夢, 息も, 情婦の, 懇切に, 我が家庭, 戦場に, 戰場に, 戸外で, 房枝の, 拝んで, 捜して, 掃かないで, 掛るだらう, 文学談を, 斯うし, 易者人相方位家と, 暗い店, 暗殺強盗ばかり, 暮そうと, 書き詰め, 書物に, 朝野の, 木戸を, 本当の, 机と, 机の, 村長さんと, 来春から, 板を, 椅子に, 槌を, 横に, 機を, 機械と, 機械の, 歌って, 歌を, 正体も, 此の, 此處に, 歩き回って, 殆ど用は, 母親と, 母親は, 毎日手を, 気違いの, 気骨を, 水の, 水使ひ, 汗水流し, 池辺に, 沢山の, 泣いて, 泣いてを, 泣きいびってやがる, 泣き通し, 泥だらけに, 泥を, 泥田を, 浚いつづけて, 海へ, 海辺へ, 涵って, 温泉旅館の, 湖の, 湯を, 溜めて, 炭が, 無理ばかり, 照りつけた, 煮るの, 煮抜くの, 燃ゆる, 燒き, 爪で, 父と, 父の, 牛馬の, 独りで, 獣物の, 珠ばかり, 用も, 町を, 町中を, 画工と, 畑で, 畑に, 病人ばっかりの, 癪に, 目が, 眞に, 眞暗, 真に朝, 真剣勝負の, 真面目に, 真黒に, 真黒にな, 眺めて, 眺めようもの, 着づめにして, 着通して, 研究室で, 碁を, 確に, 社内に, 私の, 移り変る陽脚, 稼いで, 稼がなければ, 突貫する, 竈の, 立ち働いた, 立てとか, 立続け, 競馬場で, 箒と, 算盤を, 箱の, 終日野や, 絵を, 絵絹に, 絶え間が, 絶え間なく, 続き夜, 続く, 続くべしと, 続けざまに, 続けても, 繰り返される馬鹿げたきいきい騒ぎ, 聞えて, 聞かされると, 聞ける相川, 聞こえて, 聞こえるもの, 聯絡を, 肩に, 肩肘張っ, 背負って, 腹を, 自動車で, 自殺すべき, 色文ばかり, 色目で, 花を, 苦しい労働, 苦しい苦しいで, 苦しい苦しいと, 英語學校と, 茶化して, 落付く, 著作を, 葡萄酒を, 葭簀を, 薄暗い店, 蝋燭を, 血眼に, 被衣を, 襷がけで, 見せつけて, 話し込む気, 話し込んで, 読みづめにせられるものでもなし, 誰かしら, 責めたり, 貸して, 費やし自由, 走馬燈の, 身の毛の, 躾け, 近所の, 追ひ廻されて, 遊び歩いて, 遊ぶこと, 郵便局の, 酒なし, 酒に, 酒ばかり, 酒場に, 里春の, 野良にばかり, 金を, 鉦を, 銭湯の, 錯乱した, 鍼打ちの, 開き通し, 附近の, 陽が, 陽の, 雜誌の, 雨, 青筋を, 鞣革を, 音楽会の, 預けて, 顕微鏡や, 飛行機が, 食べる事, 食事の, 飲まず食わずの, 飲み歩いて, 飲んだアゲク, 飲んで, 馬車馬の, 馳けずりまわっ, 駆けて, 駈け廻って, 騒音攻めに, 鱒一点張りの, 黄巻堆, 黒い細長い葉巻, 鼻を, 鼻先を, 齷齪し

▼ 晩には~ (390, 2.5%)

3 何か, 彼は, 早寝に

2 [19件] きまつて, よくこちょう, アメリカの, キラキラ光る, 何を, 夜通し家を, 寒いこと, 山の, 床の間の, 彼女の, 必ず狸囃子, 柄にも, 極まって, 溝にも, 窓から, 自分達姉妹が, 表へ, 金碧の, 門野を

1 [343件] あなた様の, あのおばあさん, あの蛙, あの音楽堂, ある筆耕取次所, ある軍楽隊, あれと, あれへんわ, あんなにくどくどした, いっしょに, いっそう私, いつでも, いつもごく腹, いつもジャン, いつも其許様, いつも郵便局長, いよいよお, うまい御馳走, うんと雪, おまえさんも, おやすみに, お前も, お客に, お母さんの, お母さんや, お湯が, お父さんと, お琴, お粥, お菜が, お酌, かつてそんな, かつて罹った, かなしそう, かならず九太, からから笑い, きっとあの, きっとうんと, きっとロボ, きっと一度, きっと見えましょう, きつい緒, きて, きまってアルノー夫妻, きまって蕎麦, このかし, この家, この新しい, この晩, これが, これで, これまでに, さだめし絵, さびしさうに夜でも, しくしくと, しょうがない, すいとん汁, すだれ, すゐれ, ずっと泊まっ, せめて庭, ぜひ弾い, そこから, そこへ, そちを, その年, その水, その鐘, それも, それを, そんなに早く, たんまりと, ですから大尽, とうとう金吾様, とつぜん電人, どうするだろう, どこに, どんなによく光るだろう, なぜだ, ぬれて, ひとつこの, また, またお, またきまって, またできる, またふたり, また出, また此處, みんなすつかりわかる, みんな内に, もうこの, もうその, もうアンピールあたり, もう不安, もう娘, もう気力, もう間に合わなかった, もってこいという, もっとたくさん, やってくるはず, ゆるされる, よくやられます, よくよく妖しい, よく茶の間, よほどひどく, わざわざ散歩, わざわざ電気, アスピリンでも, イワンに, キット二人で, グランドホテルで, サイプレスの, セルギウスは, パリから, ビール一本だけ, フグでも, ホノルルを, ラニョン博士の, 一しょに, 一ぱい飮まう, 一人ですゐれ, 一升買おう, 一夜中この, 一杯飲める, 一生懸命にな, 三四郎は, 上機嫌で, 下から, 久しぶりで, 事の, 二カ所に, 二人に, 二度にわたる, 二階で, 京橋で, 今村の, 仕出し屋の, 仮宮の, 仲に, 何とも言, 何にも, 何百両でも, 佝僂の, 使ひたい, 信鉄沿線の, 催眠剤を, 先生が, 入り合せ, 六百目かかります, 六郷河岸に, 兵隊が, 再びたずね, 凍って, 凡ての, 出て, 刑執行の, 十二時近くまでも, 十四五人に, 十銭銀貨二ツと, 卯木と, 卷いて, 又お, 又どんな, 又なにか, 取っかえて, 台の下に, 君は, 吹雪でない, 味噌汁を, 咲き匂うばかりに, 商品でも, 国王に, 土蔵を, 土藏を, 外出を, 外部から, 夜なべに, 夜見世の, 大きな火, 大抵自分, 太田の, 夫を, 奏楽席で, 奥深く澄みきってる, 女の, 女中の, 女髪結が, 妙に, 姉も, 宅の, 実ア神原, 寄席へでも, 寒さ, 寝た方, 寝巻の, 尊い方, 小作人全部に, 小匙一杯, 小生も, 尻尾の, 山で, 屹度引払う, 屹度引拂ふ, 巌流の, 巴屋へでも, 帰る, 帰るが, 帰るもの, 幾度も, 店頭に, 庭で, 庭の, 彼女に, 彼女は, 往来する, 後もどりである, 御免だ, 御地へ, 必ずその, 必ず再びたずね, 必ず戸狩村, 必ず新米, 必ず灯明, 必ず錦町, 思わぬところ, 恥か, 数名相会し, 方々歩いた, 早くから踊り場, 早く寝る, 早寝を, 是非皆, 昼間の, 昼食の, 時々星座図, 晝食の, 晩で, 暇が, 暑さ, 有れども, 木の, 本家の, 本式の, 村の, 村全体で, 来られないん, 来られません, 来るでしょうよ, 東京へ, 根岸の, 検断の, 歸れる, 死ぬであろうと, 死骸が, 母が, 母は, 母子二人暮の, 毎も, 水に, 汗まみれに, 池の, 沖の, 泊って, 海岸の, 深見新, 湯に, 炊事部は, 無制限, 焼いて, 煙火見物に, 煮て, 特別に, 猪牙の, 獺が, 玉子だ, 琵琶を, 瓜畑の, 甘茶も, 白いも, 白浪を, 皆な, 皮を, 神に, 神殿の, 私は, 空の, 窓の, 笠を, 算え, 箱へ, 粥を, 糸を, 細雨が, 綿入, 緑の, 置炬燵を, 自分は, 色々な, 色の, 芝居へ, 若旦那にも, 苦しい芝居, 茶屋から, 藷を, 衆を, 行われるほど, 行事甚だ, 衣冠を, 見廻って, 誰が, 誰でも, 豆や, 赤松一族を, 車止めにも, 軍書に, 近くしけ込ん, 近所の, 返すよ, 逃げないよう, 通夜僧が, 速記と, 遅くなる, 遅くまで, 遊んで, 違う話, 酒の, 里を, 金造が, 閉じ込めて, 間に合うだろう, 関で, 随分興味, 霙が, 青年の, 非常に, 頭に, 頼まれるまま, 食べるもの, 食事に, 食事の, 魔法に, 魔法使の, 鶯が

▼ 晩~ (388, 2.5%)

13 の後 11 の膳 9 の支度 8 を食っ 6 の時, の菜, をたべ, を食べ 5 をすます, を食い, を食う 4 の仕度, の御馳走, の食卓, をすまし, をすました, を喰, を御馳走, を食った, を食べた 3 がすん, だつた, の時刻, の箸, の餉台, をすませ, を共に, を済まし, を濟, を食

2 [25件] が済ん, が濟, だ, でも食べ, と一泊, にありつい, にしよう, には彼女, に食った, のあと, のこしらえ, のとき, の用意, はおいしく, は濟ん, も拔, も朝飯, をすませた, をたべる, をやつ, を急い, を済し, を済す, を食し, を食べる

1 [192件] おいしいな, かは外, がある, がすむ, がはじまった, が出来, が出来る, が早い, が済む, が濟むと, が終る, が運ばれ, が食えなかった, が食べられる, すませし頃文學狂, だか, だけが破格, だけ詰め込む, であ, でも, でもたべよう, でも御馳走, でも獨, でも食, でも食っ, で月, で無く, と, ということば, という段, とどこ, となる, との時刻, と一所, なしに, などに台所, などはそば, にありついた, にいあわす, にいも, にかかった, にきつ, にし, にしなかった, にする, になっ, になった, にはじつに, にはすこし, には一本, には娘, には少し, には日本, には腥い, には近所, には青豆, には鱒, にもあり付かねえ, にやア, に二人, に取り, に呼ばれ, に呼んだ, に必ず, に招, に招待, に残し, に私, に誘おう, に赴かう, に食べた, のいも, のため, のとき皆三, のもてなし, の一本, の世話, の代, の代り, の代わり, の出来る, の名残り, の場所, の席上, の後片付け, の折, の支度中, の支度前, の時分, の時間, の材料, の樂, の残り, の烏賊, の真っ最中, の給仕, の茶, の蛤汁, の酒, の食堂, は, はあの, はいい, はうどん, はお, はこの, はすん, はどう, はなん, は両氏, は八時, は午飯, は同じく, は向う, は大根粥, は既に, は済せました, は空, は酉刻, は鍋, まで本, まで遊び, もあった, もそこ, もそこそこ, ももう, もやっ, も一つ, も下宿屋, も与えられなかった, も何, も断わっ, も終, も食つて, も食べたい, や借金, をうまく, をかね, をくっ, をすませる, をたべた, をたべました, をたべません, をなす, をはじめ, をもらわず, を一緒, を下宿人, を倶, を出す, を取った, を喫し, を喰べた, を奢っ, を待つ, を持っ, を掻, を掻込み乍ら, を摂らうで, を摂ろうで, を支度, を日本橋, を極楽飯, を此處, を済した, を済まさせ, を済ました, を済ましてなかった, を済ます, を減らされたい, を炊かんき, を炊く, を獨, を皆んな, を終える, を終った, を緒, を腹一杯, を運ん, を部屋, を食おう, を食する, を食べなかった, を食べよう, を食べ始めた, を食わし, を食わせ, を食わせられる, を馳走, ヲ喰ッテ帰ロウジャナイカ, 迄の待遠し, 食うたら悪

▼ 晩から~ (311, 2.0%)

6 熱が 5 私は 4 大熱, 朝まで 3 彼は, 水へ

2 [22件] おれは, お糸, くみ込んで, しめんこと, だ, ちゃんと約束, であった, 何か, 兄と, 八月五日の, 和尚は, 姿を, 家へ, 急に, 日曜へ, 来て, 来なくなった, 犬の, 翌る, 自分の, 風邪を, 高座へ

1 [242件] あたたかな, あの海, あの邪慳, いくら風が, いなくなった, いろいろと, おげん, おじさんは, おれを, お前燈を, お千絵, お城下, お奈良さま, お小夜, お庄, お房, お玉は, かけて, こっち毎晩空は, こんな言葉, さみだれ空は, さらに神田川, して, しとしとと小雨, しむる, すぐに, すでにその, すでに左近, ずいぶん泡, そうであった, その便所, つめかけた見物人, である, でございまして, です, ですわ, ともした, どこかの, どッ, のどし, ぱったり聞えなくなりました, ぶらぶら病に, ほんものの, またかねて, またもや拷問, また俄, また噴火, めかい, もうこの, もうどこ, もう三日目, もう他人, もう妙, やはり清水山, よく寝ます, ん, イワンは, オートミルを, ガラツ八は, ナタン夫人に, ホテル, マユミと, マリユスの, マンは, ルミ子は, 一生懸命に, 一週間ばかり, 七日目の, 万吉は, 三日の, 三週間ばかりも, 上京した, 下り出して, 丸薬を, 久五郎と, 九度もの, 九月の, 二人そろっ, 二人とも, 二人の, 二十九日三十日の, 二十四日の, 二十日にも, 二日間観測所の, 二階を, 今松, 住み込んだ, 何にも, 何時まで, 俺の, 僕は, 元の, 元旦の, 再び弥勒寺, 再び鳴きはじめ, 初った, 初めて懇意, 初めまして, 初春にかけて, 別人の, 創作にとりか, 十何里距った, 十八日の, 十日ほど, 十週余り過ぎ去った, 千恵の, 又以前, 右大将家の, 君に, 呻いて, 品川へ, 四日目の, 墓参りに, 夜に, 夜は, 夜へ, 大酒, 大雪が, 天気は, 女中へ, 妙な, 妹は, 妾は, 始まった, 宇平の, 家中の, 寝て, 寝込んで, 寢冷を, 寢込んでし, 対局の, 小屋は, 小正月の, 尾を, 居ないの, 屋根の, 山の, 岸本は, 帰らねえの, 幾度も, 店の, 強飯を, 彼の, 彼を, 彼女は, 後旦那樣は, 御岳の, 徹夜である, 心を, 怪しい女, 恐ろしく吃, 想像力は, 戻らないという, 押入れの, 数右衛門は, 日が, 明くる日まで, 昨日へ, 昨晩まで, 暑気あたりで, 曇り空や, 曉方までの, 最も頭, 月経が, 有らん限り, 朝にかけて, 朝へ, 未だ三四日, 本式に, 机を, 東京と, 杵太郎は, 枕経の, 様子が, 歯が, 歸らない, 母親に, 毎夜かかさず飲み, 毎晩毎晩野原に, 毎晩眠られない, 気に, 気分が, 水に, 決して書けぬ, 泊って, 泊まりがけで, 泊まり込んで, 泊らなければ, 泊り込んで, 泣きほろ, 洗い浚い身の上ばなしを, 源の, 煎餅蒲団一枚ずつ, 熱を, 牛渚の, 用意し, 番頭ひとりと, 病人は, 発熱し, 発熱した, 皆の, 真弓は, 眠れないの, 積んで, 米が, 粥を, 翌々日あたりへ, 翌日の, 肺炎にな, 自害する, 自習が, 花々しく押し掛ける, 藤兵衛を, 虫を, 蚊帳が, 蟲を, 行くえ, 行って, 行方不明に, 行方不知に, 見えなくなって, 見ると, 親類の, 観客席に, 読み始めた, 誰にも, 赤児は, 起つたの, 起つて, 踏み抜きの, 辻斬釣りに, 迷惑を, 逢って, 金鎚を, 釘勘の, 銀子は, 鐘が, 離れの, 非常な, 頭顱が, 飲みとおして, 高熱を

▼ 晩~ (244, 1.6%)

19 あつた 6 ござりました 5 ござります 2 あつたら, いいから, なしに, 昼間の, 海岸の, 神事に, 空には, 胸まで, 蛙の, 風が

1 [194件] あしらふ手だて, あつたさうでございます, あつたらしい, あの屋根, あらう, いや寒い, うんざりする, ええわ, お累, かぶと, きまって堀, げした新お, げすね, げすナ, こうは, この災難, こりご, こんなに下手, さ, さそら, しかも叔母, じっとし, じつはやめさせ, すっかりくらく, すっかり猿回し, すっかり道阿弥, すっかり馴れ馴れしく, せう, ぜひとも庭, そういうとき, そこらに, そぞろあるき, その姿, それから真っ直ぐ, ちょうど諏訪大社, どこの, な例, ね, ね八百両, ね空, はとても, はなかっ, ひろ子も, まだ宵, もう法律, やっと榛名, やんす, よいから, よい辰, ようが, わたしは, わっし, ウント売上げようと, ゲッソリ窶れ, ジル, ビールの, ヘシ折っ, ムネ・シユリイは, 丁度その, 七時も, 下水へ, 下駄の, 両親が, 二人で, 二人は, 二十二日に, 二階に, 五千両の, 五日に, 今は, 休まったこと, 伸子が, 佐々の, 何う, 何が, 何ともいえない, 余り景色, 元より, 入れて, 冬の, 出来ると, 別れられるやう, 剣侠に, 十三の, 十二日の, 十二時近くまで, 十年前の, 南極へ, 参る筈, 又どんな, 台なし, 台所の, 垢が, 塗りまくったもの, 外に, 外には, 外は, 夢の, 大きな温かい, 大方退い, 大空の, 子ざる, 季節外れの, 定つたこと, 宜い, 家の, 寒威は, 尽くすべくも, 巧みに, 庭を, 彼方も, 急に, 急病人, 戸が, 戸を, 打てば, 摺り替へられるわけ, 放免され, 散らかるテーブル, 新宿の, 新聞の, 日中とは, 早々に, 明神樣へ, 昨夜は, 昼には, 晝には, 暗いうえ, 暗い上, 書いて, 書きあげた鳥追い女, 書き上げて, 書き飛ばすこと, 書くぞという, 月が, 月の, 月は, 期節外れの, 木枯らしの, 枯れて, 死んで, 母は, 河風は, 浜寺引き揚げた, 減税案は, 湿度の, 潮の, 澄み切つた空, 焼け野原に, 熱が, 玄關先きで, 王様は, 甲府へ, 町には, 疲れて, 百目近く違います, 皆極めて, 真っ暗な, 着いた生, 石切り横丁は, 磯打つ, 空に, 突き出して, 翌朝早く, 舵の, 船体は, 芝居を, 萎れて, 薄着を, 藁仕事を, 表を, 見當, 誰も, 貴方と, 踏み潰して, 蹉跌し, 近所の, 通りの, 遣って, 醉拂つては, 重量が, 銀座の, 長い学校生活, 長い柄, 随分色々, 雨戸は, 雲も, 電燈つかず, 非常に, 頭の, 頭巾に, 顔は, 風は, 鼻を

▼ 晩~ (150, 1.0%)

4 は一人 3 は, は自分 2 の家, の部屋, はいつも, はその, は先生, は古い, は妙

1 [126件] がうれしかっ, がトレボウ, が丈夫, が会った, が図案かき, が宿屋, が常, が彼, が殆, が泣き, が活字, が満悦, が無闇, が葡萄, が附, が隣り, が頑張っ, が黙っ, そっと蓮香さん, とふたり, とナオミ, と妻, にそれ, に催眠薬, に利休鼠, に行先, に西洋, の喉, の姉, の床, の役目, の方, の枕元, はあなた, はある, はいよ, はここ, はしかた, はそこ, はそんな, はちょっと一杯, はとうとう, はどの, はふらふら, はぼんやり, はまた, はやはり, はグリミグリム, はジョオンズ君, はダンネベルグ様, はホテル, はマンネリング家, はヴィユ・コロンビエ座, は上野広小路, は九時, は九江, は仕事場, は他愛, は何時の間に, は便所, は俊子, は全く, は八木, は初め, は千枝子, は友人, は同窓, は壁, は夜中, は大蔵大臣, は寐間, は寝床, は寺田さん, は専次さん, は少し, は常盤公園, は年上, は幸福, は床, は彼女, は従妹, は息抜き, は机, は村瀬, は桂三郎, は椿姫, は楽しく, は様子, は歌, は此家, は気, は水色, は涙ぐみ, は深い, は火事, は爺, は珍, は秦啓源, は窓, は節々, は老婆, は背戸, は自棄気味, は薬舗, は虚勢, は行かなかった, は街路, は軽便鉄道, は退屈, は遂に, は遊友達, は運座, は酔ひ, は錦画, は長々, は長い, は隠岐, は隣室, は音次郎, は須山, は食事, も其麼氣持, も錢湯, や私, を厭, を呼ん

▼ 晩~ (148, 1.0%)

6 まんじりとも 4 寝ずに, 考えて 2 よみ続けました, 働かされる, 寝ないで, 泣きとおした, 眠らずに, 考えました, 荒れ狂った, 語りあかして

1 [118件] あの女, あばれて, いくら牧野, いそがしく往来, いや二晩, いろいろ理屈, うすい蒲団, うつらうつらと, うなって, うねる大波, うろついたが, おめ, か, かかっても, がんばって, くっ付いて, くらいはかかっ, ぐるぐる廻, こうして歩い, こごんで, このお玉, この上, この九四歩, この寄席, ころころかさかさ石かけ, こんな車, すごしたほど, そこで絃, そして夜, そして朝, そのこと, そのアパート, その木かげ, その老婆, その辺, そんな類, だもの, つづいて, でも坐りこむ, でも泣き明かす, でも隙, でも飲む, ともされて, とも思われる, ながめて, にベルさん, に真っ黒, に頓死, に鬼瓦, ねむれなかった, ねもしない, ねられやしませんでしたよ, のべつ, ばたばた鳴っ, ふるえて, べちゃべちゃ, ぽかんと眼球, みて, もその, やったり, よう睡り, よく介抱, よんで, イライラした, ウロウロし, ニコニコと, 凄い月, 凍てた土, 取持って, 吸わねば, 吹かしつづけ換気, 啼いて, 啼くそれ, 坐ったまんま, 坐つたまま, 坐りこまれるん, 坐りつづけて, 寝ずにも, 帰らない日, 弱らされた, 思いだせなかったという, 思い出し考え, 思い続けて, 掛って, 書いては, 止まないで, 歩いても, 歩く, 歩くと, 泣いた, 泣きとおしたので, 泣きながら, 泣き明かして, 泣き明かすの, 泣き続けに, 泳ぎつづけても, 流れて, 漕いだ, 眠らずじまい, 眠ること, 眠れなかったろう, 睡らなかった, 立って, 考えた末, 考へて, 聞いて, 見てた, 見張って, 起きてでも, 踊り抜くという, 逃げまわった, 飛んで, 飲んだくれの, 駆け廻っても, 騒いで, 魘されて, 鳴くの, 黙って

▼ 晩~ (135, 0.9%)

8 同じよう 4 いえば 2 いうと, いふと, なっちゃ, 云うもの, 同じでした, 同じに, 同じやう, 少しも, 日曜日の, 続いた

1 [103件] あくる日, いうから, いえど, いえども, いへば, おしての, お皆, かわらずに, きのうと, ここに, したの, すると, そこに, そっくりの, その午前中, その明くる日, その翌日, その翌晩, たたないうち, ついたちは, つづけたの, なく, なくいつも, なくすぎ, なく張り込んだ, なく木, なく母, なく河べり, なく海辺, なく碌, なく私, なく長いあいだ室, なった, なって, なりますと, なり暗く, なる, なると, なるに従って, なれば, ほとんどまったくちがった, またあくる, まつた時, まつて, まりに, 一枚づつ來る, 一枚づつ出してる, 三人の, 三回ずつと, 三度々々お, 三度の, 九日の, 二度ずつ, 二日の, 二日待っ, 二晩続い, 云うけれども, 云ふも, 今晩とに, 仰有, 何処から, 出ない草市, 前晩, 半日も, 合せて, 同じく, 同じくらい, 同じく自分, 同じく静か, 同じだ, 同じだった, 同じである, 同じです, 同じひどい, 同じ入江, 同じ晩, 同じ服装, 同じ様, 同じ気もち, 同じ異様, 同じ顔触れ, 同様に, 土曜日の, 夜, 夜とは, 定りました, 山を, 意味なく, 憂鬱がっ, 戦いの, 来たら, 来ちや, 極った, 泊り込みいつこう動きそう, 申しましても, 続きましたね, 臼が, 落ちついた自分, 装束を, 言つ, 言はずに, 記憶し, 頼んで

▼ 晩~ (123, 0.8%)

9875 なあ 4 ねえ 3 わね 2 いろいろの, から, ぜ, そうです, ぞ, つた, と思い, なア

1 [71件] お高, か, からうち, からお前, からお化け, からさ今夜, からどー, からねおれ, からもと, からよく, からよろこん, から三四軒, から宴会客, から少し, から左, から早く, から河縁, から眼, から知らぬ, がお, がお母さん, がその, がはつきり覺, が何不自由, けれどもあす, けれど昨夜, けれど軒端, こと, この濃い, し, し懇親, それに怖, っけ晩トンビ, つたで, つたと, つた心配に, つてあの, つてお, という, という往来中, という藪, といふ, とする, と云う, と云つて, と口々, と思いました, と思っ, と思ひました, と思ひ起し, と若し, と見える, なあといふ一言, なと思った, などうも, ね夜中頃, の, のに, のにストーヴ, のに男, のに第, まだ鋏, もの, わ, わねえ, 二三ばい飲まなく, 今晩ぐらい, 夜祇園の, 焼栗, 絶対に, 霧が

▼ 晩~ (121, 0.8%)

9 なって 4 なってから, なつて 3 はない 2 てもすぐ, て迷惑, なった, なっても, なりましたから, はなかっ, 自分が

1 [87件] あなたは, いつから, この八丁堀, この屋敷, こんなこと, すでに枯れ, そこを, て駄目, ともお, とも奈良, とも子の, なったから, なったけれども, なったね, なったよう, なったらここ, なった時, なっちゃ, なっては, なって川崎, なつた, なつて氣, なつて濟ん, なりました, なりまして, なりましょう直ぐ, なりますから, なり過ぎたん, なれば, なろうとは, のある, ぼくの, カフェか, ダヴィッドスン警部は, ハーモニカを, ルウス・ジュッドが, 下りた, 兄の, 出て, 出まして, 匡に, 卓敬の, 同じ宿所, 国を, 外から, 外出を, 大工町の, 家へ, 小一条へ, 山谷堀へ, 川崎を, 巴里を, 帰った, 帰ったり, 帰った光一, 帰って, 帰つてこの, 帰り虫除けの, 帰宅し, 彼女は, 御帰り, 性交渉を, 時少なく, 来て, 桜に, 歸り, 死ぬか, 現われた明月, 發達した, 相島は, 神戸へ, 私に, 私は, 秋子が, 章學誠が, 筑波の, 紅葉には, 自分の, 自分は, 行かなくとも, 行く人, 言った艇, 迄役所, 迄書斎, 鏡を, 食事を, 高峰が

▼ 晩~ (107, 0.7%)

4 過ごした 2 待たずとも, 暮らしました, 期して, 狙って, 過ごすこと, 選んで, 電燈が

1 [89件] あかりを, この献立, さばさば, すごしました, すごすて, そこで沈酔, そこに, その宿屋, つぶしたって, どれだけ, また屋形船, まる潰し, むかえ七月, めそ, めつ, ゆっくり集団的, アパートを, ブラブラ同行, 両側に, 僕は, 光秀は, 凶賊黒旋風に, 初めとして, 利用し, 大阪の, 天幕で, 寝台車, 小正月と, 年の, 庭で, 待ち遠しが, 待って, 待つて, 御一緒, 忘れ去ったよう, 忘れ難く, 思い起します, 悲しい考え, 斬つて, 早くから横, 明かした, 明かしたら江戸, 明しました, 有益に, 木賃に, 板女が, 楽しもうと, 殆ど空體, 毒した, 沖で, 泊りに, 泣きあかし, 潰して, 田部と, 眠った次第, 知って, 知事の, 祝うため, 経過する, 自由に, 見すまして, 見はからって, 覺えて, 讀書に, 貴公に, 赤坂の, 迎へる, 送った, 送るか, 送るの, 遁れ出し, 過ごしその, 過ごしたの, 過ごしたのち, 過ごしたり, 過ごして, 過ごしやう, 過ごしウツラウツラ, 過した, 過したと, 過した方, 過して, 過すことさ, 過す時, 過せなかったの, 選つて外から, 選つて父さんを, 選りに, 除夜の鐘を

▼ 晩~ (102, 0.7%)

3 庄は 2 久美さんは, 吉に, 孃さんが, 師匠様は, 民は, 絹と, 絹は, 雪の, 雪は

1 [81件] けいは, せいの, つさん, めえと, もちやに, ッ母アと, 互だ, 休なさい, 休みしたので, 倉の, 借り申したこと, 光に, 六の, 別れだ, 別れの, 千絵様を, 君と, 咲は, 品は, 国と, 増がも, 増の, 姉様が, 孃さんと, 孃さんの, 屋敷では, 屋敷の, 島の, 幾師匠は, 庄が, 房と, 房や, 手箪笥の, 敏に, 月様が, 樂の, 泊めなすって, 泊め下されば, 泊め申した, 浜が, 浜は, 浮れ, 濱が, 父さまから, 父様を, 琴を, 由の, 皆は, 相手から, 秀の, 種は, 稻さんと, 粥ですました, 糸さんが, 糸の, 紋を, 絹に, 絹を, 綱姉ちゃんが, 美代が, 膳を, 艶を, 花に, 芳は, 若が, 茂登は, 菊の, 萬は, 葉は, 葬式が, 詣りするよう遺言, 豊の, 酒のみ, 鉄が, 銀は, 銀様と, 銀様の, 関は, 露の, 風呂は, 鳥の

▼ 晩でも~ (93, 0.6%)

3 三晩でも 2 あった, 家を, 彼は, 泊めて

1 [82件] あすこの, あたいが, あなたを, あの百五号, あり不寝番, いいから, いいさ, いつのまにか逃げ帰っ, うちへ, うなだれて, おちおちとは, お前さんと, お前を, お夏さん, お店, お望み, お泊め, お蝶, この土地, この廣, この笠, しどけない細帯す, そこでは, たしかに, とめて, なかった, ねむらないと, ふた晩, ほかに, また遊び, やっかいに, ようございます, わたしは, ノボミルスキーの, 二晩でも, 何だか皆さん, 余計泊りさえ, 全く知らぬ, 出來, 十二時過ぎに, 参詣を, 同じこと, 君と, 商賣, 大阪商船会社の, 女房の, 女郎買を, 家賃といふ, 宿めて, 帰しちやう, 彼らの, 往來の, 戀女房に, 抱寝を, 数百の, 早くねる, 早くやすむ, 時を, 會はずに, 枕を, 構わんという, 欠さず, 欲の, 泊った人, 泊めると, 海津の, 湖の, 湯治が, 父さんが, 相当の, 眠って, 考えて, 自分だけ, 若い女, 議論し, 起きて, 道場に, 酒の, 野宿し, 閉めて, 音楽を, 麻布市兵衞町の

▼ 晩~ (90, 0.6%)

4 あった 3 来た 2 あって, あつた, 多かった

1 [77件] あけると, あってね, あっても, あらあ, あらあとは, ある, あると, あるもの, いい, いいもん, いいわね, おそくなりすぎ, おそろしかった, お月見, くるちうと, こういう祭, これな, こんな風, それな, たから, たでご, たでした, た停車場, た本通り, つい遅く, つづいた, つづいて, はじめてであった, はっきりと, ひっそりと, もう宵, よいので, ようございます, 一生の, 七日だった, 七時と, 七杯だった, 三日目だった, 二晩でも, 五六日は, 今と, 初めてで, 初めての, 初対面で, 十日も, 危険な, 可いもん, 多かつ, 好きな, 始めて, 宜いの, 幾夜も, 幾晩も, 度重なつて, 彼との, 徹夜だ, 息ぐるしく口, 折折あります, 数日つづいた, 明けて, 明けると, 明けるの, 時々あつ, 月夜だった, 来て, 来ました, 来ようと, 来ると, 来るの, 病の, 続いて, 解散会よ, 過ぎ去った美しい, 過ごされた, 霜でも, 面白いじゃ, 香氣高きもの也

▼ 晩~ (89, 0.6%)

2 が部屋中, の夢, はその, は夢, は彼女

1 [79件] が, がその, がつと, がどんな, がまったく, が夜更し, が帰った, が薄暗い, が裁判所, が黙々, に不思議, に報告, に見せ, の女, の妹, の学資, の家, の平凡, の書斎, の机, の特徴, は, はある, はいろいろ, はお, はこの, はそっと, はふと, はまた, はまだまだ, はわたし, はサン, はストゥヴァン家, はチユウリツプ, はランジェー家, は一つ, は一人, は下男, は中村, は健三, は其の, は別れぎわ, は単身, は危く, は取返し, は喜び勇ん, は夕飯, は大叔父, は奔走, は妻君, は宗助, は家, は封筒はり, は小, は店座敷, は斯ん, は旅館, は早目, は明らか, は暖炉, は書斎, は泥酔, は男, は矢張一時頃, は知らず, は秀子, は綾子, は自分, は良介, は蚊, は蚊帳, は遂, は部屋, は酒場, は音楽会, は馬車, は鹿児島生れ, をどう, を炉ば

▼ 晩だけ~ (65, 0.4%)

6 泊めて 2 泊って, 貸して

1 [55件] お側に, お城, お宿, お立ちを, がまんしてやろう, ここへ, この帰り路, そのま, その枕, たった一, だったが, だったら都合, だつたら都合, であるかも, でいい, でございますよ, ですから, ですよ, です楽しんで, でへ, で次, なら, ならお, ねらったわけ, もと云つて, ゆっくり話し合っ, よけい仕事, ア騒がねえで, 何とかごまかし, 來る, 俺も, 先生は, 同じ部屋, 名殘, 土龍の, 大辻君が, 完全に, 山路さんの, 年を, 店の, 延ばして, 泊ったが, 泊つて今度は, 特に沢山夜店, 現金の, 眠らないで, 竹を, 聽き得た, 蕨に, 許されて, 赤坂田町三丁目の, 越せば, 過して, 陰氣な, 默つてゐ

▼ 晩じゅう~ (59, 0.4%)

2 まんじりとも

1 [57件] あの小さな, あるきまわって, あること, いた, いつも磨かれ, うなったり, うなって, うわごと, おそろしい思い, お身, かかって, かきくどきました, かんがえあかしました, こうして坐っ, このショック, しめて, じつに不愉快, ずっと床, だ, でも弾い, どんなに私, なやませつづけたこと, なんにも害, にこの, に鈍く重く, ひどいお, ふり向いても, ほとんど眠らなかった, やめないつもり, よく眠れなかった, ゴソゴソなにかやっ, 動かして, 吹きやまなかった, 坐って, 寝ぐるしい思い, 寝ずに, 寝つかれないよりも, 寝なかったこと, 少しの, 忘れて, 怪しい幻影, 打っちゃって, 捜しても, 泣いて, 眠らないで, 眠らないはず, 眠らなかった, 眠られないという, 眠ること, 睡れない, 考えて, 行くすえ, 話して, 語り明かしたという, 起きてる訳, 転輾, 鳴いて

▼ 晩泊め~ (47, 0.3%)

7 て貰 3 ていただいた, てもらった 2 ていただく, てくれ, てくれねえ, てくれる, てもらっ, て下さい, て貰った

1 [20件] ておい, てくださいまし, てくださいますまい, てくれぬ, てくれまし, てもらう, てもらおう, てもらひたしと, てわし, て下さる, て下され, て因果, て貰います, て貰い度, て貰う, て貰えまい, て貰えりゃ, て貰おう, て遣っ, て頂きたい

▼ 晩にも~ (46, 0.3%)

2 彼は

1 [44件] あの通り, かれは, このまなざし, この楽み, これに, その石, その職人, なって, また寝る, やっぱりまた, やっぱり同じ, やはり同じ, 一升二合ばかりの, 一碗, 三十石船を, 休まずに, 伜の, 例会が, 冬に, 勝る苦行, 勿論お, 増して, 女を, 小ねずみ, 屋敷の, 後で氣, 新しい外套, 旦那が, 来ましたが, 残りあす, 泰平無事な, 点れて, 物を, 玉の井稲荷の, 私たちは, 私の, 空つ, 追出されそう, 逃げ帰る心算, 長吉さんの, 雨の, 風の, 飲みたくなり晩, 高山は

▼ 晩~ (44, 0.3%)

2 のか, 月が

1 [40件] おそいと, かも知れぬ, からあす, から十五, から泊まっ, から病院, から黙っ, ころであったろう, じゃない, だ, てくれろ, とき感じる, のだ, ので屹度先刻, ので泊め, のに腹, ばかりです, わけで, を論じ, 冒険が, 午後が, 夕餉を, 夜食の, 大輪の, 客に, 年齢であり, 方で, 春, 春の, 昼飯を, 時, 時代と, 時刻は, 朝ごはんを, 汽車で, 私が, 秋の, 自動車が, 質だ, 食卓に

▼ 晩くま~ (43, 0.3%)

2 でかかっ, で水, で話しこんだ

1 [37件] で, でかかり, でとぐろ, でどこ, でのそのそ, でもてなし, でやっ, でやらせ, でシドニー, でスエズ運河, で仕事, で働きました, で勝手, で噂ばなし, で寝つかない戯れ, で店, で心, で戸外, で旅籠, で本, で梨枝子, で玄内, で納屋, で続ける, で色々, で話, で話しこん, で話し込む, で話し込んだ, で語り, で起き, で酒, で野, で針仕事, で開けぬ, で飲み合った, で飲んだ

▼ 晩御飯~ (43, 0.3%)

2 がすむ, の時, を食べ, を食べさせ

1 [35件] かえ, がすんだら, が乗っ, が出来ました, たべたあと, たべてしも, でもたべます, とそれ, とてもきっと今目, と昨日, におかえり, にさんま, に遅れたら, のとき, のとき祖母, の御馳走, の支度, の用意, の花, はどう, はどこ, までに帰れ, も食べさせられない, や兄弟喧嘩, をいただく, をすませた, をたべなさっ, をのせ, を召し上り, を差上げられる, を御馳走, を戴きましょう, を持っ, を注, を皆

▼ 晩その~ (42, 0.3%)

2 木曾福島の

1 [40件] ことばかりを, ことを, つづきを, ときにとっては, ほ, ジョオンズが, ホテルの, 下で, 二人連が, 伊太利譯を, 兄が, 包みの, 女に, 娘の, 家に, 宿屋の, 小都市, 屍体を, 広場の, 座敷へ, 忠実な, 晩の, 朦朧と, 温泉旅館の, 漬物石さえも, 猶太人, 男が, 町で, 発音法を, 破れ目から, 秘密な, 翌晩も, 舞台を, 蒼白い光, 阿亀, 離れに, 雪の, 頃上京し, 頃生き, 骨が

▼ 晩この~ (41, 0.3%)

2 あつしと, 家に

1 [37件] うちで, まま森の, トラが, 二人の, 俺と, 北風が, 半馬鹿, 南の, 危険な, 原稿を, 堤防を, 女が, 女も, 家で, 小屋から, 屋形船の, 愛すべき自動車, 戸は, 月心院の, 木の, 柳の, 橋の, 温泉の, 物語を, 生きながら, 男は, 種の, 薪小屋に, 話を, 路地を, 返事に, 邊へ, 邸へ, 部屋へ, 離屋に, 音を, 館へ

▼ 晩です~ (39, 0.3%)

104 ねえ 3 から, な, わ 2 こと

1 [14件] からね, から父, から茂太郎, がそこ, が井戸, が物, この山, ぜ, なあ, なあ今夜, よ, よ左様, よ親分, 十時頃

▼ 晩~ (38, 0.2%)

2 かかって, 三晩の, 次の, 眠れなかったと

1 [30件] かつてしまつた, かつて注意, からんで, そこに, それとも雨, らちつ, わたしは, アない, 三日の, 三晩かかっ, 三晩つづけ, 三晩で, 三晩恐ろしく, 三晩泊っ, 二十六日の, 二晩で, 二晩とまっ, 二晩泊つて来やうイヤだつたら, 四晩読合せに, 後の, 徹夜した, 春枝に, 泊り西湖, 照し, 眠り難い, 翌日あたりで, 語りあかし, 読んで, 遅くともあの, 遅くも

▼ 晩ごはん~ (38, 0.2%)

5 の時 4 を食べ 3 のとき, の後 2 のあと, をたべ

1 [19件] がすんで, がまだ, が済ん, が終った, たくもん, によぶ, のお, のこと, のごちそう, のテーブル, は家, までにはまだすこし, をいただい, をこしらえよう, をすまし, をすましたら, を御, を食べない, を食べました

▼ 晩だった~ (37, 0.2%)

32 が私, て, な, わ

1 [26件] かあと二三日, かも知れない, かやはり, からこちら, から私, がカラア, が夜目, が庭, が相, という, といったほう, と思う, のであろう, のでお客, のです, のでそれ, ので二人, ので十二時, ので月, ので港, ので船尾, のと, よチュガ公, わけです, んだ, んです

▼ 晩泊っ~ (37, 0.2%)

2 てお, てくれれ, て三日目, て行く, て行った

1 [27件] ておい, てから帰っ, てきたい, てください, てくる, てさえ来た, てしまった, てそれからまた, てもかまわない, てもよろしい, てゆっくり, て上機嫌, て今お, て再び, て十一円, て博覧会, て存分, て居ない, て峠, て帰り, て来ます, て来る, て段々, て猶, て綿入れ, て翌日出発, て行きました

▼ 晩自分~ (37, 0.2%)

3 の家, の部屋 2 が飛び出し, の代り, の室

1 [25件] から名乗った, が殺される, が穿い, だけ先, でこの, にい, の出会った, の分, の前, の前途, の宝物, の屋敷, の店先, の弟, の身, はゆめ, は先生, は宵の口, は最後, は母, は独立祭, は獨立祭, より一, を眠らせなかった, を裏切つ

▼ 晩~ (36, 0.2%)

4 二晩は 3 ふた晩 2 つかいにな, 三晩は, 二晩で

1 [23件] あらへんさかいと, さらさらと, そこい, その翌日, なぞは, のについふらふら, わ, 三晩で, 三晩の, 三晩はごた, 三晩家を, 三晩起き, 二晩ここでも, 二晩でなく, 二晩の, 二晩も, 二晩より, 二晩を, 二晩寝ない, 二晩徹夜した, 四晩ぐらい, 四晩借りた, 雨の

▼ 晩~ (36, 0.2%)

2 が何, が何と, は冬薔薇

1 [30件] あ, がここ, が宿直, が釣竿, すぐ貴女, のうち, の妻, の部屋, はあいつ, はあなた, はある, はこんな, はその, はなんだか, はマデライン嬢, はムラサキ, は久しぶり, は図らず, は夜中, は大沢先生, は女装, は彼等, は校庭, は気がついた, は特に, は船長, は読書, は調子, は近所, は酒

▼ 晩などは~ (35, 0.2%)

3 私は 2 字が

1 [30件] うとうとし, お互, お増, ずゐぶん晩くま, そんなあんばい, どこまでも, なにか一つ, なんでも, むしろ与えられた, もっと起き, ルウスは, 両岸, 何を, 外へも, 大会堂に, 家々の, 彼は, 濡れそ, 焼けるよう, 狭いだけ, 直ぐ顔, 知覚が, 知覺が, 私も, 膽試しを, 葉子は, 逃後れた, 遂に寝られなかった, 頭の, 食事する

▼ 晩かれ~ (34, 0.2%)

5 早かれあり 2 早かれ来ね, 早かれ自己

1 [25件] が引っ返し, この艦橋, の姿, の母, は例, は十二階, は師匠, 一所に, 早かれあの, 早かれいづれ持たね, 早かれここら辺り, 早かれで, 早かれどうせ, 早かれみんな, 早かれ一度, 早かれ克服, 早かれ嫁, 早かれ彼女, 早かれ武器, 早かれ生み, 早かれ破裂, 早かれ耳, 早かれ降参, 早かれ露見, 社会主義時代は

▼ 晩あの~ (33, 0.2%)

1 [33件] ような, ように, 人混みの, 化け銀杏の, 化物娘と, 双子を, 大秘密, 娘から, 小刀を, 小者めを, 弁天池の, 強盗でございましょう, 愛知川の, 晩に, 木賃宿に, 森の, 水の, 空襲, 美しく優しい母, 育児室の, 舞踏会の, 若者を, 茶店に, 通りに, 長い丁場, 長四畳, 集会で, 集音器は, 雨に, 雪之, 音楽堂で, 音楽堂の, 騒動の

▼ 晩彼女~ (33, 0.2%)

3 は自分

1 [30件] がどこ, がまた, が嚇された, が夜, が帰っ, が私, が言った, が風呂, との床中, とテーブル, と対座, にいろいろ, のそば, の演奏, はそれ, はどうしても, はふと, はわし, はウイスキー, はクリストフ, は両親, は二組, は出かけ, は夫, は小豆御飯, は昼間, は生き別れ, は芝居, は通り, は長火鉢

▼ 晩泊り~ (32, 0.2%)

2 に行く

1 [30件] そこから, だもん, でございます, でも來, でゐ, でコロラド農業, で南極, で帰る, で帰省, で彼女, で村, で来, で湯治, で漸く, で箱根, で近, にその, のハイキング, の出張, の女, の客, の意味, の用意, や二晩泊り, 三人一つ蚊帳に, 合せた万吉, 夜の, 翌日早々, 翌日馬で, 荻野山中へ

▼ 晩~ (32, 0.2%)

2 に姫, の夜中

1 [28件] かな, かに無, かの崖, からは何, が一晩, が三晩目, だ, つまり明朝, になり, にはそんな, にはた, にはもう, には持遁, には私, には足りない, に天上, に室津, に渡辺刑事, に漸, に私, のこと, の晩, の朝, の枕, はそれでは, は宵, も千恵, をたのしく

▼ 晩遅く~ (32, 0.2%)

4 なって 2 なってから, ゴーシュは

1 [24件] あたしは, そんな女, であった, なつて, なつて省吾, までぱちりぱちりやってることがあるんだ, まで二人, まで少年, まで常連, まで眼, まで続いた, まで聞え, 助手の, 己の, 帰って, 帰つた, 帰るので, 彼は, 来た男, 疲れて, 着いて, 私は, 落合に, 高瀬は

▼ 晩おそく~ (30, 0.2%)

2 お絹, なって

1 [26件] とつぜん不吉, とにかくねに, なってから, なつて, なりようやく, にどこ, までお, までおき, までお客, まで佃, まで多, まで眠られなかった, まで笠井, シャヴァノンに, ワンワンワンと, 両国の, 別れて, 土産を, 彼女は, 港ので, 町からの, 石屋から, 紀国坂を, 自分の, 透を, 雨の

▼ 晩~ (30, 0.2%)

3 んです 2 のさ, のである, んだ

1 [21件] のだ, ので, のでことさら, のです, のでステッキ, ので人, ので全く, ので同じ, ので大使館, ので子供, ので宵, ので家々, ので常, ので貴人, のに今, のに勝則, のに存外, のも, のを, もんで, 何も

▼ 晩二人~ (28, 0.2%)

1 [28件] がそう, が大, が話, だけで酒, でここ, でそつ, で大きな, で面白半分, で飯, になった, の婦, の間, はそッ, はどう, は一緒, は上野, は二, は劇場, は口実, は寝床, は或, は数寄屋橋, は旅装, は炭, は道行, は黙り込ん, も客, を泊めました

▼ 晩平次~ (26, 0.2%)

3 と八五郎, の家 2 はお

1 [18件] が帰った, とお, に代, に代っ, に待ち, の留守宅, は, はいつ, はゆ, はガラツ八, は不思議, は中間, は佐原屋, は八丁堀, は八五郎, は大村喜十郎, は後見人, は養子

▼ 晩でした~ (24, 0.2%)

3

1 [21件] から, からそちら, からね, からねくわしく, か七番, がお仕着せ, がかなり, がしつ, がでも, がやはり, が下, が丸窓, が白い, が私, が芝居, しそれに, っけ, っけねえ, っけ大通, のにどうしても, 私と

▼ 晩など~ (24, 0.2%)

2 樹立の, 甲田は

1 [20件] おばあさんが, お玉さんに, このあたり, その後から, つかれて, ふけるにつれて, よく呼び, よく硝子, アーサは, カンテラの, サーッと, メシメシと, 折々この, 枕もとに, 氷川町に, 白梅屋敷の, 私と, 私は, 自分も, 降下の

▼ 晩という~ (23, 0.1%)

3 のは, ものは

1 [17件] ことに, ところを, のが, ふうに, ものほとんど, ものカンテラと, もの小止みも, もの意識を, もの戻っ, もの義経以下の, もの起った, わけには, 奴は, 文章の, 日の, 日兵二郎は, 時間である

▼ 晩~ (23, 0.1%)

3 へ帰る

1 [20件] い帰って, から出る, にあ, に居た, に帰っ, に帰つて, に帰りまし, に帰る, のもの一同, の中, の祖父, の茶の間, へかえる, へ帰っ, へ歸つて來, をあけた, を出る, を明けた, を空けなけれ, を空ける

▼ 晩お前~ (22, 0.1%)

2 が宵, の袖, は私

1 [16件] がお, が家, が駈け, と一緒, と無駄話, にたしかに, に番人, の家, の床, の部屋, は伏鐘, は何處, は家, は晝, は確か, を大湊

▼ 晩それ~ (22, 0.1%)

2 だけを手がら顔, は丁度, は白

1 [16件] から続い, から間もなく, がつづいた, がつづいたろう, がどちら, に身, はなん, は乳色, は倉地, は昨夜, は欧洲, も夜更け, を思い出す, を窓そ, を聽, を見極め

▼ 晩であった~ (22, 0.1%)

1 [22件] か, か朝, か言葉, がいつも, がつい, がなんだか, がはしなく, が動かない, が月, が私, が餅屋, ことが, とこれ, と思う, と覚え, にも係わらず無くならない, ので盲人芳一, のと, ものです, ように, 母から, 海は

▼ 晩だけは~ (21, 0.1%)

1 [21件] ぐつすりと眠れる, たいが, なんともなかっ, マチガイなく, 世間並みの, 二十三夜とは, 兄を, 免し, 全く調子, 其儘に, 商売を, 多少以前, 夜どおし灯っ, 娘たちが, 完全に, 百目蝋燭が, 私は, 自分の, 許されたが, 賛成しかねる, 通夜を

▼ 晩また~ (20, 0.1%)

2 出直して

1 [18件] あらわれました, お客さまが, この間の, しても, もおせい, 一つ大変な, 一人の, 会った, 僕たちは, 出直そうでは, 可なり, 大事件, 尋ねて, 彼女は, 昨夜の, 松葉屋へ, 行って, 野宿と

▼ 晩までには~ (20, 0.1%)

2 きっと持っ, 帰って

1 [16件] おいらが, お帰り, お帰宅, きっと犯人, そこへ, どんなになる, ゆっくりお, 來る, 宅も, 引ッ縛っ, 当然根岸, 戻ります, 戻ろうと, 根岸の, 間違いなく引越します, 間違ひなく引越します

▼ 晩ぐらい~ (19, 0.1%)

1 [19件] あなた寝, おつれ, お籠り, かまわないん, そこの, でした, ならお, ならわたし, なんとかならない, ゆっくり泊めたい, わたしの, 売って, 夜更かし, 寝ないで, 寝なくって, 沈没した, 興奮した, 起きて, 都合できない

▼ 晩までに~ (19, 0.1%)

2 何遍と, 引越したらそれ

1 [15件] お杉ばば, ごあいさつ, ご返辞, もう八百九十九貫九百匁, 三十六品の, 事務所に, 二千両の, 出来なかったらみんな警察, 四千五百貫目石を, 四千五百運べ, 市ヶ谷の, 昼寝でも, 此方の, 考えるん, 返事を

▼ 晩めし~ (19, 0.1%)

1 [19件] がすむ, だの, に招, のあと, の仕度, の支度, の水, はどう, もいただい, も食う, をたべ, をつき合っ, を一しょ, を喰, を届ける, を持っ, を済ませ, を運ん, 食うと

▼ 晩~ (19, 0.1%)

3 て目 2 ている, て考えた, て起きる 1 てあくる日, てよく, て見る, て起き, ながらも思った, につく, もせず, もせず考えた, もやらぬ, 郡早

▼ 晩すぐ~ (18, 0.1%)

1 [18件] その店, にそこ, に先生, に勝負, に家, に支度, に服装, に楽屋, に泊る, に源氏, に神田, に荷物, 婚礼の, 手を, 手紙を, 近所の, 鍬を, 雨の

▼ 晩ほど~ (18, 0.1%)

1 [18件] お休み, お泊り, そんなこと, つづけたの, では, なさけなくおもった, ひどい目, びっくりした, 仕舞い忘れて, 休んで, 其の女, 彼は, 御やっかい, 恐かった, 想い浮べたこと, 打ちました, 涙ぐましく, 色々な

▼ 晩~ (18, 0.1%)

2 はどうにか

1 [16件] あそべるだろう, いろいろ恐し, です, なら此処, なら泊めて, に四方, はそれ, はつい, はひま, は寢, は泊っ, は独房, ひは, 御美しく, 泊めても, 遊んでも

▼ 晩~ (18, 0.1%)

1 [18件] が固辞, とは愛, と結婚, になりきっ, のこと, の名誉, の死, の真情, の純情, はこの, は小田原, は己, は育て, は長岡, も一旦, も亦, を追慕, 之助

▼ 晩あたり~ (17, 0.1%)

1 [17件] からえらい, からはまた, からわけ, から家, から自分, から飯, が全く, すぐ来る, に, に一, に人, の私, は何, は又, は夢窓国師, は雪, 頂きに

▼ 晩~ (17, 0.1%)

2 やない

1 [15件] う唸られた, う松子さん, う踊りあかす, や, やありません, やなく, やねえか, や彼岸會, ゆうあたし, ゆうお, ゆうでも, ゆうもか, ゆう川, ゆう書いて, ゆう生んで

▼ 晩ばかり~ (17, 0.1%)

1 [17件] おいて, おそくまで, つけました上野, でびつくり, で三度, やって, 厄介に, 此事務所を, 泊って, 泊りそれから, 燻ぶした, 生活を, 眠らなかった為, 続いたよ, 続いて, 行ツた, 過ぎなくつちや替り

▼ 晩~ (17, 0.1%)

2 がた, たりと謂, て浦幌

1 [11件] から鳴き出し, ていま, てしまつ, てもヂツ, て予備門, て同, て芽, て詩, で年中, 出の, 方に

▼ 晩泊る~ (17, 0.1%)

2 ことに, つもりだった, 事に

1 [11件] か未定, ことは, ことも, だけの, つもりで, なんてばかばかしい, のが, ような, んです, 人が, 時は

▼ 晩だって~ (16, 0.1%)

1 [16件] あるもの, あんな目, おいらァ, おそくならない, おめ, お前の, お祖母さんと, この家, そうだ, その大, なかった, ろくにこっち, わたしどもは, 不足を, 先に, 電気が

▼ 晩とも~ (16, 0.1%)

1 [16件] この家, ちゃんとつかまえましたでしょう, 何處へも, 大沢が, 平気で, 御いで, 我々と, 此處に, 無事に, 相生町に, 眠らないで, 碌に, 私より, 言はず午からの, 話し続けだ, 闇で

▼ 晩一緒~ (16, 0.1%)

2 にゐた, に暮した

1 [12件] だって, にい, にやる, に出, に帰った, に明し, に死ん, に泊つた三人, に睡った, に置く, に酒, に食事

▼ 晩~ (16, 0.1%)

5 へ出なかつた

1 [11件] からたれ, から帰っ, から歸つて來, にお, には雨, には音, は全く, へ出た, へ出なかった, へ出なかったでしょう, へ立っ

▼ 晩泊った~ (16, 0.1%)

1 [16件] かどう, が今度, が何だか, が折, ということ, のであろう, のに, のは, ものでございます, んだ, 大沢小屋が, 新宿の, 旅人実は, 旅舎だ, 温泉町から, 金剛寺へ

▼ 晩~ (16, 0.1%)

2 を追

1 [14件] に乘, に池, に草とり, の川風, の来る, の気, の風, やうぶ毛, や火焔樹並木, や謡, を告ぐる, を趁うた, を追い, ヲ追

▼ 晩~ (16, 0.1%)

2 に酔った, をのん

1 [12件] に浸っ, に酔いしれ, に酔っ, の上, の燗, よろしい今日, を呑みました, を呑み過ぎた, を飲み, を飲みました, を飲ん, を飲んだ

▼ 晩つづけ~ (15, 0.1%)

2 て帰っ

1 [13件] てここ, てみ, てやっと, て俺, て同じ, て外泊, て屋敷, て東京, て着る, て胸, て貴, て貴様, て辻斬り

▼ 晩では~ (15, 0.1%)

4 ないか 2 ありません, なかった 1 あり最初, いけないん, それが, ないのに, なかつた, なかつたし, なくかつまた

▼ 晩~ (15, 0.1%)

3 の中 2 にはいっ, のなか 1 についてから次郎, につく, にはいる, に入っ, に入ったら, に入る, に這入っ, の上

▼ 晩~ (15, 0.1%)

1 [15件] がかの, がまったく, がもどっ, が昨年, とは一言, と一しょ, の元, の命日, の廉介, の憲之, の訃報, はどこ, は東京, は珍, は私

▼ 晩がた~ (14, 0.1%)

2 になる

1 [12件] おかしな比丘尼, から一緒, ことに日曜, それから小春日和, に同村字日石, の空, は疲れ, までい, までに帰っ, まで待つ, もうおれ, 近くわたしたち

▼ 晩くなる~ (14, 0.1%)

2 といつも, 事をも 1 から先, がいい, じゃありません, とお家, とは言っ, と家, と彼, と自分, なと思った, のが

▼ 晩わたし~ (14, 0.1%)

2 は其女

1 [12件] が備前屋さん, が或, が枕, に向っ, に売った, の部屋, は, は中野鷺宮, は古い, は夜, は風邪ひき, 共夫婦親子

▼ 晩~ (14, 0.1%)

1 [14件] おつ, のべつ幕, ひつぱつていれば林田の, みつしら使, 出歩いて, 十七字を, 國家々, 多勢の, 嫌ひな物計りやら, 犇めき合う雑然たる, 町を, 考えた, 自宅に, 踊り続けると

▼ 晩~ (14, 0.1%)

5 くな 1 くては, く彼, く歸, く歸つた鑄掛屋, く炭屋, く田原, く親分, く醉つた揚句, れました

▼ 晩~ (13, 0.1%)

2 え私, に新しい 1 えに, になったず, になつて, に下駄屋さん, に道, のこと, のごと, のめし, までぶる

▼ 晩ここ~ (13, 0.1%)

1 [13件] でもいい, で明かしたい, にお, に寝せ, に泊っ, に泊め, の家, の親戚, へお, へ忍び込ん, へ忍ん, へ来, へ泊った

▼ 晩でございます~ (13, 0.1%)

2

1 [11件] お幸, から月, がね先生, が月見草, が透し, こと, ねというよう, よ, わ, わね, 長屋の

▼ 晩~ (13, 0.1%)

5 の書 1 ていった, てゆく, て来た, の参詣, の李氏本草綱目中, の森田, の画録, の疑

▼ 晩~ (13, 0.1%)

1 [13件] があまり, が伯母, が坐っ, が夜なか, が山城屋, が私, と私, に死なれた, の多代子, の房枝, はふい, は少し, は私

▼ 晩とは~ (12, 0.1%)

1 [12件] いえそれ, いえよくも, すっかり気持ち, それだけの, たいへんな, ちがって, まったく様子, 別の, 措かず盗まれて, 次第に性質, 自炊を, 過されません

▼ 晩などには~ (12, 0.1%)

1 [12件] お島, そういう古い, その樫, とくに嫁子, よくこの, よくまた, 其の樫, 唐箕へ, 夕食が, 時々お, 時々新しい, 殊に酷く

▼ 晩より~ (12, 0.1%)

1 [12件] すさまじい, つかなかったからとて, まだ始末, 三日目は, 三日間毎夜祖先の, 下女の, 夜まで, 少しほやほや, 明るい気, 目に, 遲く, 雨多

▼ 晩以来~ (12, 0.1%)

1 [12件] お岸, お雪, その檻, だいぶ日数, のこと, の出来事, ますます彼, 初めての, 各, 寝ても, 思うところ, 或はもっと

▼ 晩~ (12, 0.1%)

2 にか氣 1 かに魅せられた, かの会合, かの形式, か気, とし, べん, も食べ, をあがる, をする, を食べた

▼ 晩~ (12, 0.1%)

1 [12件] によっておそく, によって僕, によって海岸, によつて, に依っ, のごとく, のカフェ, の時刻, の曙町, の橋, の正木, の目刺

▼ 晩~ (12, 0.1%)

2 遅く帰っ 1 とぎが, のひき明け, の晩氷, の空気, ぶかく, まで幾日間炎天, を明かし, を明かしました, 更けて, 更けてから

▼ 晩~ (12, 0.1%)

3 ずに 1 た, つかれない時, て來, て暮した, ないで, なかつたらしい顏, なくたつ, 付かれなくて, 付けなかつたやう

▼ 晩三晩~ (11, 0.1%)

2 と続いた 1 あの化け銀杏, というもの, と何処, と泊り込み, の間, は宿泊の, も眠らない, 泊ったもの, 行って

▼ 晩伸子~ (11, 0.1%)

2 と素子 1 が手洗い, は三人, は夕飯後, は数人, は父, は病的, は絶えず, は蜂谷良作, をわざわざ

▼ 晩八五郎~ (11, 0.1%)

1 [11件] が歸つて來, に見張られ, の使, の家, の持つ, はお, は俺, は大, は萎れ返, は萎れ返っ, を引止め

▼ 晩~ (11, 0.1%)

1 [11件] が一人, が来, が死ぬ, が私, と結婚, と話, に見せられた, は現れなかった, は私, は自分, を抱いた

▼ 晩かかっ~ (10, 0.1%)

1 てかんかん, てやっと, て出来上った, て南, て口説いた, て孝之進, て小さな, て新聞広告, て書き改め, て答

▼ 晩~ (10, 0.1%)

1 てはよく, に失する, に貫一, は彼ら, も強, や, を恨みつ, を愁えず, 方なりき, 日の

▼ 晩じゃ~ (10, 0.1%)

2 ないか 1 いけない, いけない今晩, とても尽きません, ないかよ, ないの, ねえんで, 拙者が, 足りないかも

▼ 晩そこ~ (10, 0.1%)

2 に泊った 1 で泊らせ, に泊っ, に泊め, に野宿, に集まった, のランプ, の家, の柱

▼ 晩だけの~ (10, 0.1%)

2 手付けの 1 つもりで, 假の, 光景だ, 卑俗な, 君の, 姿では, 御辛抱, 御馳走は

▼ 晩である~ (10, 0.1%)

2 から船 1 から聞かず, が大空, が秋, ことと, ことを, とはいえなかった, と急, 港に

▼ 晩とうとう~ (10, 0.1%)

1 奥さんも, 山へ, 帰らなかった, 彼は, 母は, 海岸で, 眠れなかった, 睡眠薬を, 自分を, 話しくたびれて

▼ 晩にでも~ (10, 0.1%)

1 おいでよ, そして, なったらどう, なったら遊び, 伺ひませう, 再びたずね, 出来んの, 勝則を, 来る, 遊びに

▼ 晩ゆっくり~ (10, 0.1%)

1 お母さんの, とその, と寝, と眠り, 寝て, 此処に, 考えたいと, 考えて, 逢いたいそして, 遊べるという

▼ 晩主人~ (10, 0.1%)

1 から金, がちょっと, が何, のいひ, のところ, の善五郎, の善兵衞, の徳五郎, の部屋, を庭

▼ 晩~ (10, 0.1%)

1 が気がついた, が水, が私, と梶女史, は京浜国道, は特別, は障子, もすでに, を御, 向瀟湘我

▼ 晩早く~ (10, 0.1%)

2 床に 1 かへる, からいつも, からまた, からカフェー, から床, ねたわたし, 別れた, 寝て

▼ 晩私たち~ (10, 0.1%)

2 のお家 1 が寝よう, はレクトル・エケクランツ, は上野駅, は店, は田舍芝居, は肱, は霧島, をホテル

▼ 晩~ (10, 0.1%)

2 を刈る 1 かりほす頃, でなくつちや, でまだ, の收, の花, は作ん, 刈ると, 刈るべくなりしかば

▼ 晩かった~ (9, 0.1%)

1 かと問う, が正木, ことを, し疲れ, な, ので召使等, のに今朝, のね, 原因では

▼ 晩きり~ (9, 0.1%)

21 じゃねえ, だ, だって, でした, といっ, もう, 尋ねて

▼ 晩だつた~ (9, 0.1%)

1 かしら和蘭屋敷, か友達, が, がぐつすりと, が僕, ことを, ので月, やうに, よ

▼ 晩とまっ~ (9, 0.1%)

1 たっていい, てあくる日講演, てお, てすぐ, てドレスデン, て一円, て三日め, て翌, て見た

▼ 晩どこ~ (9, 0.1%)

1 かへ居所, から付い, かをうろうろ, で夕食, にいた, に居た, へ行, へ行った, を迷う

▼ 晩にな~ (9, 0.1%)

4 つても 1 つてお, つて一杯やりてえ, つて尾根うら, つて役所からかへ, つて雨が

▼ 晩にゃ~ (9, 0.1%)

1 あ飛んだ, あ鰻, ア一本つけ, 又柳屋, 少しは, 帰るからね, 火消しや, 私より, 行火を

▼ 晩まんじりと~ (9, 0.1%)

3 もせず 2 もしない 1 もさせないで, もさせられないから, もしなかつた, も出来なかった

▼ 晩ホテル~ (9, 0.1%)

2 の窓 1 に舞踏会, の家族会, の広々, へ帰っ, へ帰る, へ泊っ, へ若干名

▼ 晩先生~ (9, 0.1%)

2 に手紙, の家 1 が悪戯, が校内巡視, と奥さん, の宿, を連れだした

▼ 晩厄介~ (9, 0.1%)

4 になる 1 になつ, になりたい, に成った, に成つた, に成る

▼ 晩~ (9, 0.1%)

1 と四つ, と無理, に類似, のだらけた, の人, の方, の本家, の温, の詩人鄭嵎

▼ 晩夜中~ (9, 0.1%)

1 にどうも, になつて, にガチャン, に大きな, に法然, に猟人, に起き, 近い頃, 近くなっ

▼ 晩~ (9, 0.1%)

2 け樣 1 いた, いて, くの, けて徹夜, けて殺された, けて知人岬, けて行つて

▼ 晩~ (9, 0.1%)

3 の中 1 で活動写真, にのりました, に乘ら, の上, はにわかに, は神域

▼ 晩おれ~ (8, 0.1%)

1 がうと, が夜, が夜光, が青蛙神, とお, と一緒, は中野, は同じ

▼ 晩がかり~ (8, 0.1%)

2 で責め抜い 1 で, であんな, でいろ, で万事これ, で床の間, の土産

▼ 晩しか~ (8, 0.1%)

1 いなかったワルシャワ, いる事, 半蔵の, 持たねえん, 泊つてゐない, 泊らないの, 泊らなん, 馬籠に

▼ 晩でございました~ (8, 0.1%)

2 が大殿油 1 いつもの, がぼんやり船, が生憎, な, わ, 旅に

▼ 晩なぞは~ (8, 0.1%)

1 むくりと, よくその, 僕が, 其奴が, 岸本は, 私達の, 見得, 非常に

▼ 晩もう~ (8, 0.1%)

2 店を 1 ひとつ晩と, ひとり特別な, 一ど, 一人の, 二た, 金を

▼ 晩クリストフ~ (8, 0.1%)

1 が即興的, の父, はアルノー夫人, はクリストフみずから少年, はコレット, は寝, は断食, を家

▼ 晩一睡~ (8, 0.1%)

2 もしなかつた 1 もしず, もしなかった, もせず, もせず働き通した, もできない, もできなかった

▼ 晩~ (8, 0.1%)

2 のお 1 がうたっ, がスケート場, が寢ん, が誰, と行く, の傍

▼ 晩~ (8, 0.1%)

2 厄介に 1 一緒に, 主人には, 仕舞の, 姉様は, 蔵前通りで, 隱居さんが

▼ 晩徹夜~ (8, 0.1%)

3 して 2 をし 1 したって, したつて翌日一日位, したので

▼ 晩続け~ (8, 0.1%)

1 て徹夜, て探偵小説, て来る, て泥酔, て知人岬, て私, て見た, 殊に最後

▼ 晩置き~ (8, 0.1%)

1 か三晩, くらい, ぐらいに泊まり, ぐらいに泊り, になり, には必ず, に来, に通つて

▼ 晩ある~ (7, 0.0%)

2 と思つて溜息 1 人の, 会合へ, 宴会に, 所へ, 映画の

▼ 晩いか~ (7, 0.0%)

1 ただ現在, の違い, 一度は, 來ね, 多いか, 早いか, 死ななくては

▼ 晩これ~ (7, 0.0%)

1 が俺, が思切り, はおいしい, までになく, も行きがけ, を買う, を質

▼ 晩とめ~ (7, 0.0%)

1 てくれ, てその, てもらいたい, てやった, て呉れ, て貰いたい, て貰った

▼ 晩などに~ (7, 0.0%)

1 其時の, 外を, 池田が, 湊屋が, 私たちの, 親戚の, 間断なく

▼ 晩なら~ (7, 0.0%)

1 では訪客, ともかく十日, 一晩と, 人も, 何でも, 宜からう, 宜かろう

▼ 晩なんか~ (7, 0.0%)

2 江島屋の 1 あの三尺, そのかげ, 白い裝束, 莫迦意地を, 食後の

▼ 晩ふと~ (7, 0.0%)

2 眼を 1 その抽出, ひとに, 例の, 夢の, 女に

▼ 晩~ (7, 0.0%)

1 にはいい, には屋敷じゅう, には隣室, に夕飯, に町, の夜半, は娘

▼ 晩~ (7, 0.0%)

3 と足 2 と晩がかり 1 しよに, 寝入りしますと

▼ 晩三吉~ (7, 0.0%)

1 の家, はお, は名古屋, は少量, は直樹, は種々, は遅く

▼ 晩二晩~ (7, 0.0%)

1 のうち, の厄介, の泊り客, は御覧, 寝なかったところ, 待って, 泊る人

▼ 晩半蔵~ (7, 0.0%)

1 はおそく, はすっかり, は子供ら, は寿平次, は店座敷, は弟子, は旅籠屋

▼ 晩~ (7, 0.0%)

1 から一, から動こう, のしまひ, の方, の者, へ引, へ現われた

▼ 晩庸三~ (7, 0.0%)

1 が小夜子, が煩く, が風呂, と葉子, に差し迫った, は子供, は小夜子

▼ 晩~ (7, 0.0%)

1 な用, に岡倉覚三先生方, に彼, に懷, に気, に氣, に産気

▼ 晩~ (7, 0.0%)

1 が空いた, に手, の槐蚕, を拱い, を曳い, を盡, 附けの

▼ 晩東京~ (7, 0.0%)

1 に着い, のお家, へ歸, へ着いたら, へ着く, へ行く, を立つ

▼ 晩~ (7, 0.0%)

3 へ漬け 1 につけ, につけた, の中, へ漬ける

▼ 晩泊つて~ (7, 0.0%)

1 帰らうか, 来たらよ, 漸く前後, 立つた, 翌る, 見ては, 辛うじて二晩

▼ 晩泊まっ~ (7, 0.0%)

1 ていた, ていました, ておい, て帰った, て明くる日大津, て火曜日, て養生

▼ 晩~ (7, 0.0%)

1 がつよく, が吹いた, が止んだ, に吹きつけられ, に舞う, に鳴る, 漸く寒し

▼ 晩香坡~ (7, 0.0%)

1 から突然, から鮭, とは全然, に着い, の南街公園, の桟橋, へ着いた

▼ 晩いつも~ (6, 0.0%)

2 のよう 1 のやう, の如く稽古, の通り書斎, の通り飮

▼ 晩からず~ (6, 0.0%)

2 而し 1 うつと, と失望, 二氏共に, 早からず

▼ 晩からの~ (6, 0.0%)

1 ことを, 出来事を, 宿りは, 美しい歌, 苦しみだの, 風邪熱な

▼ 晩くらい~ (6, 0.0%)

1 そこで, ぶっつづけに, 泊るに, 眠らなくても, 眠れないん, 都合を

▼ 晩ぐらいは~ (6, 0.0%)

1 いいが, するつもり, ひき止められるかも, 泊って, 看病し, 看病も

▼ 晩といふ~ (6, 0.0%)

3 ものは 1 のも, もの起った, 昨夜

▼ 晩なぞ~ (6, 0.0%)

1 ずいぶん淋しかっ, よく大の字, わざわざわたし, 一晩お, 婆様は, 枕頭に

▼ 晩ばかりは~ (6, 0.0%)

1 ちっとの, 一睡も, 心安く休んだです, 昼の, 泣き出しそう, 風邪の

▼ 晩までは~ (6, 0.0%)

1 交代で, 大いに勇みたつ, 安心し, 成績の, 暇だ, 見張りましたが

▼ 晩もう一度~ (6, 0.0%)

1 あの部屋, この寄席, ランプの, 和尚さんの, 本庁で, 行くと

▼ 晩~ (6, 0.0%)

1 つくりお, つくりして, つくり休んで, つくり口づて, つくり寢, つくり考へた上

▼ 晩メシ~ (6, 0.0%)

3 のオカズ 1 に招待, はスキ焼, を食っ

▼ 晩一晩~ (6, 0.0%)

1 きっと孤児院, だけの假, だけの君, は何, 置いて, 荒れに

▼ 晩何處~ (6, 0.0%)

1 かに隱, でどうして, に居た, に居ました, へもお, へ拔

▼ 晩寝ない~ (6, 0.0%)

1 でも平気, で夜延, で聞い, で語り明かした, ので生乾き, んだ

▼ 晩岸本~ (6, 0.0%)

1 が少々, はまだ, は兄, は宿屋, は暫く, は遅く

▼ 晩此処~ (6, 0.0%)

1 に泊つて御覧, に泊つて明日巴里, に見世, へ泊つて留守番, へ泊めた, へ泊らなかった

▼ 晩~ (6, 0.0%)

2 に痩せ 1 には可, に取換え, に念入り, に殖え

▼ 晩~ (6, 0.0%)

2 で盛岡 1 だと, てどいつも, で多摩川, れる

▼ 晩泊まった~ (6, 0.0%)

1 あとで, おれは, その夜, 偶然の, 時が, 翌朝に

▼ 晩~ (6, 0.0%)

2 に出かけ 1 にはたかだか, の聖パン, の鐘, はなかなか

▼ 晩考え~ (6, 0.0%)

1 てからにしよう, てみ, てみい, てみなさい, てわたし, て大変

▼ 晩若い~ (6, 0.0%)

1 おかみさんを, 乞食が, 人たちは, 娘と, 支那人と, 親達を

▼ 晩~ (6, 0.0%)

1 かが邸内, だかの, にも見られず, も主人殺し, も來, も外

▼ 晩あなた~ (5, 0.0%)

1 が用事, が雨戸, に強く, に相談, をクラブ

▼ 晩かの~ (5, 0.0%)

1 あとに, なつかしい憩い, 思いは, 相談の, 鼻緒屋の

▼ 晩くら~ (5, 0.0%)

2 ゐは 1 ゐぶつつづけに, ゐ都合, ゐ鳴き声

▼ 晩そっと~ (5, 0.0%)

1 お庭, 太助を, 家を, 庭に, 忍んで

▼ 晩たしか~ (5, 0.0%)

2 九時いくらの 1 十時半すぎであった, 幾個食べた, 田上だ

▼ 晩つづい~ (5, 0.0%)

1 てお, てこんな, て奇声, て東京, て父

▼ 晩とに~ (5, 0.0%)

2 一日二度ずつ 1 かけちがって, ちょっとやって来た, やってきて

▼ 晩どんな~ (5, 0.0%)

1 ふうに, 事が, 拍子から, 細工でも, 話を

▼ 晩~ (5, 0.0%)

2 あの晩 1 ていない, て考える, 僕も

▼ 晩はじめて~ (5, 0.0%)

1 うちから, そんな処, の新顔, 逢った芸者, 門を

▼ 晩までの~ (5, 0.0%)

1 うちに, ことでしょう, べつに, 掃除で, 間に

▼ 晩までも~ (5, 0.0%)

1 ついぞ学資, 四阿で, 続くもの, 萎まず, 際限も

▼ 晩よく~ (5, 0.0%)

1 きれるナイフ, 寝られなかった津田, 此辺には, 考えて, 考へて

▼ 晩一人~ (5, 0.0%)

1 でのっ, で尋ね, で躑躅ヶ崎, の男, の農夫

▼ 晩三人~ (5, 0.0%)

1 で来, の女, の強盗, の間, は妙

▼ 晩二階~ (5, 0.0%)

1 から動かなかった, が抜ける, で猫, の戸, へ上

▼ 晩~ (5, 0.0%)

2 とお前 1 の嫁, の見幕, はいつも

▼ 晩初めて~ (5, 0.0%)

1 このご, 会堂に, 圓朝は, 笑つた顏を, 静子の

▼ 晩十時~ (5, 0.0%)

2 から十一時 1 から十一時の間, から登山, と書い

▼ 晩同じ~ (5, 0.0%)

1 ような, ように, 物干, 貨車の, 館の

▼ 晩~ (5, 0.0%)

1 に見た, のうち, のよう, は疲労, をみました

▼ 晩~ (5, 0.0%)

2 学士の 1 ぜい, 騷ぎを, 騷動した

▼ 晩~ (5, 0.0%)

2 は下女 1 が雨戸, はまた, は妙

▼ 晩~ (5, 0.0%)

2 と青木さん 1 が一寸店, を見すて, を買い切り

▼ 晩宿~ (5, 0.0%)

1 つたとき, の主人, の主婦, の女中, の本館

▼ 晩寒い~ (5, 0.0%)

2 思いを 1 のを, 中で, 風を

▼ 晩寝ず~ (5, 0.0%)

1 にかかっ, に考え, に考えました, に頭, に顔

▼ 晩寝る~ (5, 0.0%)

1 ために, とお正月, と後悔, 時に, 時まで

▼ 晩帰っ~ (5, 0.0%)

1 てから一生懸命, てくる, て何, て来た, て来なかった

▼ 晩帰り~ (5, 0.0%)

1 にいろいろ, に吾妻橋, に安房屋, に渡された, のバス

▼ 晩庄吉~ (5, 0.0%)

2 は泥酔 1 の寢息, は小母さん, は表

▼ 晩抱い~ (5, 0.0%)

1 て寝, て寝た, て寝たら, て寝る, て寢

▼ 晩散歩~ (5, 0.0%)

1 に出, に出かけた, に出る, に誘い出され, をし

▼ 晩~ (5, 0.0%)

1 が暮れ, が暮れる, のある, のくれ, の暮れる

▼ 晩江戸~ (5, 0.0%)

1 から房州, で一番下等, の市中, の西, へ帰る

▼ 晩汽車~ (5, 0.0%)

1 で倫敦, にゆられ, に乗った, に乗り, の窓

▼ 晩私達~ (5, 0.0%)

1 がなかなか, は, は宿, は月あかり, は珍

▼ 晩置く~ (5, 0.0%)

1 とプン, とモー, とモー味, と翌日, 方が

▼ 晩~ (5, 0.0%)

1 する工夫, の新, の模範, 教授に, 百姓の

▼ 晩花氏~ (5, 0.0%)

1 の名前, は一膝, は土焼, は態と, を訪ね

▼ 晩静か~ (5, 0.0%)

2 に本 1 だったが, に私, に考え

▼ 晩飯前~ (5, 0.0%)

1 です, で腹, に帰らない, に運動かたがた, の散歩

▼ 晩あつし~ (4, 0.0%)

1 と一緒, と睨めつ, は寢, は專次

▼ 晩あんな~ (4, 0.0%)

1 いたずらを, ことが, 声を, 態度で

▼ 晩いろいろ~ (4, 0.0%)

1 と苦しみ, な話, 公道へ, 考えた

▼ 晩~ (4, 0.0%)

1 いらせられますな, ござりましたで, ぬに, 御在ます

▼ 晩おき~ (4, 0.0%)

1 に, に二晩, に欠かさず通い, に黄英

▼ 晩おちおち~ (4, 0.0%)

2 眠られなかった 1 寝付かれなかった, 心持好く

▼ 晩ぎり~ (4, 0.0%)

2 で再び, で皆どこ

▼ 晩く帰る~ (4, 0.0%)

1 たまに早く, ところでございます, と牛込, 処でございます

▼ 晩ぐらいの~ (4, 0.0%)

1 ことです, ことなら, 宿を, 寂寥さで

▼ 晩こんな~ (4, 0.0%)

1 ことを, のが, 怪しい夢, 所へ

▼ 晩~ (4, 0.0%)

1 て生きかえり, と待っ, 両箇, 高峰が

▼ 晩~ (4, 0.0%)

1 ぶんの, ゅうきゃんきゃんいって火の, ゅうらくらくとおやすみになりました, ょうるりをやりましたよ

▼ 晩ずつ~ (4, 0.0%)

1 三人の, 山車の, 泊っても, 泊りました

▼ 晩そんな~ (4, 0.0%)

2 ことを 1 あなたの, ところを

▼ 晩だけでも~ (4, 0.0%)

1 あの包み, 五六軒やられたさうです, 我慢し, 芸術家でなく

▼ 晩との~ (4, 0.0%)

1 境に, 弁当は, 食事は, 食事を

▼ 晩どうして~ (4, 0.0%)

1 やろうかと, 二人が, 居たん, 記憶を

▼ 晩どまり~ (4, 0.0%)

1 か二, でと姉, で来る, の客

▼ 晩なんかは~ (4, 0.0%)

1 ワルキューレの, 何度先生の, 管弦楽を, 解職する

▼ 晩にしか~ (4, 0.0%)

1 だれにも, 使わない赤い, 外に, 訪客を

▼ 晩にや~ (4, 0.0%)

1 アここへ, ツつける, 又柳屋, 帰つて来る

▼ 晩ひどく~ (4, 0.0%)

1 腹を, 酔って, 酔っぱらった, 酔っぱらって

▼ 晩ふらふら~ (4, 0.0%)

1 として小泉, と出, と旅, と甲府

▼ 晩ぼく~ (4, 0.0%)

1 が二等船室, が懐中電灯, はよく, を助け

▼ 晩まだ~ (4, 0.0%)

2 宵の 1 宵の口に, 高校が

▼ 晩まるで~ (4, 0.0%)

1 つぶし而, 死屍みたいに, 疎開の, 驅ける

▼ 晩よりも~ (4, 0.0%)

1 もっともっと赤く, 一層はげしく, 全く静か, 寒くそれ

▼ 晩イワン~ (4, 0.0%)

1 がやう, と娘, は何とも, は牢屋

▼ 晩セエラ~ (4, 0.0%)

1 がベッキイ, のところ, はいつも, は女中

▼ 晩マリユス~ (4, 0.0%)

1 はその, は会合, は床, は新しい

▼ 晩中私~ (4, 0.0%)

1 はそれら, は眠られませんでした, は眠りませんでした, をい

▼ 晩九時~ (4, 0.0%)

1 すぎてから, だ, に学校時代, までに一千万円

▼ 晩京都~ (4, 0.0%)

1 にいる, に泊った, の大通岡本橘仙氏, へたった

▼ 晩会った~ (4, 0.0%)

1 キリだ, 女の, 少壮史学家たちには, 田口の

▼ 晩~ (4, 0.0%)

1 が吾家, はおんつ, は汝, を泊めろ

▼ 晩借りる~ (4, 0.0%)

2 ことに 1 きつと, のが

▼ 晩六助~ (4, 0.0%)

2 と勘次 1 が煙草, と懇意

▼ 晩兵二郎~ (4, 0.0%)

3 はどこ 1 は砂土原町

▼ 晩十二時~ (4, 0.0%)

1 にこの, に日本, の最後, はとくに

▼ 晩友人~ (4, 0.0%)

1 からこれ, に誘わるる, の, のところ

▼ 晩吾妻屋~ (4, 0.0%)

2 の主人, の家

▼ 晩夕食~ (4, 0.0%)

1 のあと, の時, はもちろん, をし

▼ 晩太郎~ (4, 0.0%)

2 は母親 1 が奥, の家

▼ 晩夫婦~ (4, 0.0%)

1 の取, の愚か, は信行寺, は火鉢

▼ 晩宗助~ (4, 0.0%)

1 の夢, はわが, は到来, は裏

▼ 晩~ (4, 0.0%)

1 ていなかった, ないで, ながらこんな, られも

▼ 晩~ (4, 0.0%)

2 の図 1 える時, の人

▼ 晩~ (4, 0.0%)

1 で人影, で聞いた, のパーゴラ, の闇

▼ 晩暗い~ (4, 0.0%)

1 室の, 廊下で, 所で, 闇の

▼ 晩~ (4, 0.0%)

1 が出る, が昇る, の光, は

▼ 晩~ (4, 0.0%)

1 の社, の誰, の郵便局長, へ行く

▼ 晩此處~ (4, 0.0%)

1 に轉, へとめられた, へ泊めた, へ泊らなかつた

▼ 晩~ (4, 0.0%)

1 が面白, た, のどく, を着け

▼ 晩泊つた~ (4, 0.0%)

1 かどう, がひさ, といふやう, といふ米田屋

▼ 晩泊める~ (4, 0.0%)

1 ことすら, ことに, ために, やうに

▼ 晩漬け~ (4, 0.0%)

1 ておい, ておきます, ておく, て翌日

▼ 晩父親~ (4, 0.0%)

1 からひどく, が庭, が突然, が訪れた

▼ 晩~ (4, 0.0%)

1 でも最も, のカフェー, の銭湯, はづれ

▼ 晩町内~ (4, 0.0%)

1 のお, の師匠, の衆, の錢湯

▼ 晩留置~ (4, 0.0%)

1 されただけ, されること, される始末, ということ

▼ 晩~ (4, 0.0%)

1 が呉, で茶の間, の歓声, の者

▼ 晩直ぐ~ (4, 0.0%)

1 お返しに, お返しにな, に天国, 家を

▼ 晩眠らず~ (4, 0.0%)

2 に考えた 1 にけふ, に考え抜いた

▼ 晩祖母~ (4, 0.0%)

1 が私, の気分, はあ, は女王

▼ 晩神田~ (4, 0.0%)

1 の平次, の柳原, の洋食屋, の洋食店

▼ 晩福松~ (4, 0.0%)

2 がお, のあと

▼ 晩突然~ (4, 0.0%)

2 結婚の 1 中断された, 腹部に

▼ 晩~ (4, 0.0%)

1 から飛び降り, もあけず, を閉める, を開き

▼ 晩笹村~ (4, 0.0%)

1 と外, は下, は帰らなかった, は広い

▼ 晩近所~ (4, 0.0%)

1 のうすぎたない, の女, の寄席, の親しい

▼ 晩過した~ (4, 0.0%)

1 から主人, といふ證, んださうです, んでせう

▼ 晩~ (4, 0.0%)

1 あり, が降っ, の中, は降りつづきました

▼ 晩飯時~ (4, 0.0%)

1 が難関, でございました, で家内中, になる

▼ 晩~ (4, 0.0%)

2 を斬られ 1 まで海, を吊っ

▼ 晩ああ~ (3, 0.0%)

2 して 1 いうこと

▼ 晩いくら~ (3, 0.0%)

1 かの土産, っていう宿屋, ということ

▼ 晩いと~ (3, 0.0%)

1 きいたが, 思って, 気が

▼ 晩うち~ (3, 0.0%)

1 で歌留多, の姉さん, の帰り

▼ 晩おばあさん~ (3, 0.0%)

1 がまた, の傍, はこ

▼ 晩お世話~ (3, 0.0%)

2 になる 1 にと言う

▼ 晩お父さん~ (3, 0.0%)

1 はいつも, はじゆん, やお母さん

▼ 晩かかる~ (3, 0.0%)

1 のである, のです, 奴が

▼ 晩からは~ (3, 0.0%)

1 その家, 奉公人達, 柳原の

▼ 晩かりし~ (3, 0.0%)

1 なり, に心, を遣

▼ 晩くから~ (3, 0.0%)

1 かけて, 小父さんと, 済みません

▼ 晩ぐっすり~ (3, 0.0%)

1 寝たので, 寝入って, 眠りたかった

▼ 晩こそ~ (3, 0.0%)

1 ナターシャが, 兜を, 時刻を

▼ 晩ごと~ (3, 0.0%)

1 にみじかい, に必ず, に目

▼ 晩ご飯~ (3, 0.0%)

1 にはあたし, にはお父さん, のとき

▼ 晩すっかり~ (3, 0.0%)

1 家を, 自分の, 酔っ払って

▼ 晩そつ~ (3, 0.0%)

1 とお勝手, と歸つて, と通つて來

▼ 晩~ (3, 0.0%)

1 うとうワイフ, うとう思ひき, うとう旦那樣

▼ 晩たれ~ (3, 0.0%)

1 にもまして, のした, も知らない

▼ 晩だいぶ~ (3, 0.0%)

1 遅く吉川, 酒の, 長く酒

▼ 晩だろう~ (3, 0.0%)

1 か, ね, ねえ

▼ 晩でなけれ~ (3, 0.0%)

1 ばございません, ばとても, ば千草姫

▼ 晩とかには~ (3, 0.0%)

2 牡丹燈を 1 たいていの

▼ 晩とには~ (3, 0.0%)

1 仏壇の, 必ず中, 父は

▼ 晩とまった~ (3, 0.0%)

1 きりで, 客に, 翌日は

▼ 晩とまる~ (3, 0.0%)

1 ことに, にし, 位の

▼ 晩とめられ~ (3, 0.0%)

1 て三日目, て出た, て帰された

▼ 晩どう~ (3, 0.0%)

1 したもの, した話, だね

▼ 晩ひそか~ (3, 0.0%)

1 に出した, に家, に曹操

▼ 晩ひとり~ (3, 0.0%)

1 で先生, の中学生, の若い

▼ 晩ふっと~ (3, 0.0%)

1 眼が, 間違って, 風に

▼ 晩~ (3, 0.0%)

3 かけて

▼ 晩ほどは~ (3, 0.0%)

1 まったく飲み, 外出し, 大か

▼ 晩までという~ (3, 0.0%)

2 お約束 1 約束だ

▼ 晩やって来~ (3, 0.0%)

1 てそう, ても寝る, て二十二年前東京

▼ 晩やはり~ (3, 0.0%)

1 そうした彷徨, 同じ時刻, 男と

▼ 晩らしい~ (3, 0.0%)

1 のである, 町の, 風景

▼ 晩れる~ (3, 0.0%)

2 ことが 1 を待

▼ 晩ろくに~ (3, 0.0%)

1 寝やしません, 眠らないで, 眠られなかった

▼ 晩わざと~ (3, 0.0%)

1 家を, 遠方の, 雨戸を

▼ 晩わざわざ~ (3, 0.0%)

2 弟子を 1 山の手まで

▼ 晩ガラツ八~ (3, 0.0%)

2 の八五郎 1 は疾風

▼ 晩~ (3, 0.0%)

1 十時過, 食事, 食事ヲトモニスル底意ガアッタノデアロウ

▼ 晩下谷~ (3, 0.0%)

1 の松平豊後守上屋敷, の腰掛け店, の腰掛茶屋

▼ 晩不意~ (3, 0.0%)

1 にしかも, にまた, に錢形平次

▼ 晩久しぶり~ (3, 0.0%)

1 で, で旅人, で自分

▼ 晩~ (3, 0.0%)

2 のいない 1 つ子

▼ 晩何ん~ (3, 0.0%)

2 か物音 1 かあるらしい

▼ 晩偶然~ (3, 0.0%)

1 にも銀座裏, に一色, に見た

▼ 晩八時~ (3, 0.0%)

1 すぎてから, だった, に勝美

▼ 晩~ (3, 0.0%)

1 に寝かし, へ入, へ舁

▼ 晩十時過ぎ~ (3, 0.0%)

1 でもあったでしょう, にもう, までお

▼ 晩~ (3, 0.0%)

1 六は, 參りませう, 雨の

▼ 晩君江~ (3, 0.0%)

1 が物言い, が酒, をつれ

▼ 晩四人~ (3, 0.0%)

1 で集っ, の友達, は同座

▼ 晩土蔵~ (3, 0.0%)

1 の中, の前, へのお供

▼ 晩夕飯~ (3, 0.0%)

1 をすます, を喰, を食い

▼ 晩夜通し~ (3, 0.0%)

1 で信濃, 歩いて, 魘されやがったもん

▼ 晩大きな~ (3, 0.0%)

1 シヨツクを, 事件が, 黒い男二人

▼ 晩大阪~ (3, 0.0%)

1 の藩邸, へ奉公, へ行く

▼ 晩奥様~ (3, 0.0%)

1 が馬鈴薯, の癪, は気分

▼ 晩女房~ (3, 0.0%)

2 と一緒 1 が夢

▼ 晩~ (3, 0.0%)

1 がいつも, のお, は奥座敷

▼ 晩子供たち~ (3, 0.0%)

1 が六畳, に身支度, は何時

▼ 晩実は~ (3, 0.0%)

2 柳橋で 1 全然の

▼ 晩宿直~ (3, 0.0%)

1 し二十四日, に当っ, の教員

▼ 晩寝床~ (3, 0.0%)

2 にはいった 1 の上

▼ 晩少し~ (3, 0.0%)

1 の酒, 酒を, 醉つて居た

▼ 晩尺八~ (3, 0.0%)

2 ばかり吹い 1 の復習

▼ 晩~ (3, 0.0%)

1 の小屋, の背後, を下っ

▼ 晩帝国ホテル~ (3, 0.0%)

2 へ呼ぶ 1 でその

▼ 晩帰る~ (3, 0.0%)

1 ことに, つもりであった, といふ志村

▼ 晩彼等~ (3, 0.0%)

1 が屋根裏, は仲よく, は路易

▼ 晩~ (3, 0.0%)

1 もつかず, をひき, をひきとった

▼ 晩散々~ (3, 0.0%)

1 にこの, に苦しん, 遊んで

▼ 晩早速~ (3, 0.0%)

1 伯母の, 源内も, 親元へ

▼ 晩明かし~ (3, 0.0%)

1 ている, てお, てしまひました

▼ 晩暖炉~ (3, 0.0%)

1 に火, の中, の周囲

▼ 晩更け~ (3, 0.0%)

1 てからおい, てからこっそり, てからそっと

▼ 晩~ (3, 0.0%)

1 てほしい, て云, また驟雨

▼ 晩来た~ (3, 0.0%)

2 のは 1 外国人に

▼ 晩板倉屋~ (3, 0.0%)

1 で出した, の凉, の若旦那

▼ 晩柳原~ (3, 0.0%)

1 でちょっと, で女, の堤

▼ 晩~ (3, 0.0%)

1 が咲い, と云っ, 咲乱れたるあり秋水

▼ 晩歸ら~ (3, 0.0%)

1 ない上, なかつ, なかつたので

▼ 晩殺された~ (3, 0.0%)

1 のです, 板倉屋の, 荒物屋の

▼ 晩泊まり~ (3, 0.0%)

1 だったが, の客, もかかった

▼ 晩泣い~ (3, 0.0%)

1 ていたろう, てしまいました, て山田

▼ 晩甲板~ (3, 0.0%)

1 で車座, に出, の上

▼ 晩留守~ (3, 0.0%)

1 の間, をさされる, をさせる

▼ 晩~ (3, 0.0%)

1 か, だの, に当る

▼ 晩番頭~ (3, 0.0%)

1 の兼松, の平吉, の油斷

▼ 晩眠る~ (3, 0.0%)

1 ともう, 事が, 前に

▼ 晩~ (3, 0.0%)

1 ていた, てゐた, て出る

▼ 晩祖父~ (3, 0.0%)

1 はこんな, は斯ん, は知合

▼ 晩~ (3, 0.0%)

1 叔父の, 古田が, 母親を

▼ 晩細君~ (3, 0.0%)

1 の身許調べ, は土鍋, は落ち着いた

▼ 晩経っ~ (3, 0.0%)

1 てからノソリ, ても何, ても白い

▼ 晩縁側~ (3, 0.0%)

1 から庭, のところ, へ出

▼ 晩考へた~ (3, 0.0%)

1 が今朝, 上八五郎親分に, 揚句暮しの

▼ 晩自宅~ (3, 0.0%)

1 で血統, の金庫, の風呂

▼ 晩芝居~ (3, 0.0%)

1 から帰っ, がはねた, へ行ったら

▼ 晩若旦那~ (3, 0.0%)

2 は誰 1 の眞太郎

▼ 晩苦しみ~ (3, 0.0%)

2 通して 1 にたえかね

▼ 晩葉子~ (3, 0.0%)

1 はこの, は担架, を例

▼ 晩~ (3, 0.0%)

1 でもこれから, ながらわかる, の麦

▼ 晩~ (3, 0.0%)

1 の声, は秋蟋蟀, 鳴けど

▼ 晩行っ~ (3, 0.0%)

1 て泊っ, て見ましたら, て見る

▼ 晩行った~ (3, 0.0%)

1 が突きかえされ, とき御馳走する, 劇場の

▼ 晩見た~ (3, 0.0%)

1 と言う, 不思議な, 鏡の

▼ 晩見張っ~ (3, 0.0%)

2 てい 1 ている

▼ 晩詩人~ (3, 0.0%)

1 のトック, のトツク, は歌

▼ 晩調べ~ (3, 0.0%)

1 てみた, にまいった, に来た

▼ 晩~ (3, 0.0%)

3 は象小屋

▼ 晩貸し~ (3, 0.0%)

1 てほしい, て貰え, て貰おう

▼ 晩路地~ (3, 0.0%)

2 の中 1 で転んだ

▼ 晩路易~ (3, 0.0%)

1 はその, は地下室, は或

▼ 晩通夜~ (3, 0.0%)

1 にやって来た, に行つて歸, の席

▼ 晩遊ん~ (3, 0.0%)

1 でみたい, で翌日, で翌日昼過ぎ

▼ 晩過ごした~ (3, 0.0%)

1 かのよう, が最後, ために

▼ 晩道子~ (3, 0.0%)

1 がお湯, が社用, は鏡台

▼ 晩~ (3, 0.0%)

2 が入 1 の番

▼ 晩金太郎~ (3, 0.0%)

2 をおびき寄せ 1 は丸竹

▼ 晩限り~ (3, 0.0%)

1 で私たち, 別れる話, 来なくなった

▼ 晩~ (3, 0.0%)

1 から火, の室, の荒物屋

▼ 晩隣り~ (3, 0.0%)

1 に住んでる, の室, の部屋

▼ 晩~ (3, 0.0%)

1 して, れて, れ家

▼ 晩~ (3, 0.0%)

2 之丞 1 が降る

▼ 晩電話~ (3, 0.0%)

1 でお知らせ, でもか, を掛けた

▼ 晩頼まれ~ (3, 0.0%)

1 て二人, て新聞社, て書いた

▼ 晩香波~ (3, 0.0%)

1 にゐる, に新しい, へ着く

▼ 晩駒形~ (3, 0.0%)

1 から凉, から涼み船, の小屋

▼ 晩騷ぎ~ (3, 0.0%)

1 の最中, の眞, 疲れて

▼ 晩~ (2, 0.0%)

1 たくし, たまに

▼ 晩あいにく~ (2, 0.0%)

2 夏で

▼ 晩あそこ~ (2, 0.0%)

1 へ寝, へ泊め

▼ 晩あっし~ (2, 0.0%)

1 の乾児, は寝ず

▼ 晩いや~ (2, 0.0%)

1 奴の, 朝の

▼ 晩うございました~ (2, 0.0%)

2 のね

▼ 晩うなっ~ (2, 0.0%)

1 てしまった, てな

▼ 晩おい~ (2, 0.0%)

1 て明日, て盗賊

▼ 晩おかみさん~ (2, 0.0%)

1 が出, は亭主

▼ 晩おっかさん~ (2, 0.0%)

1 がペーチャ, が変

▼ 晩おなじ~ (2, 0.0%)

1 千羽ヶ淵へ, 旅店の

▼ 晩お前さん~ (2, 0.0%)

1 は何處, も行っ

▼ 晩お勝手~ (2, 0.0%)

1 の足跡, へ女

▼ 晩お松~ (2, 0.0%)

1 の押入, はいろいろ

▼ 晩お里~ (2, 0.0%)

1 にささやかれた, に教えられた

▼ 晩かけ~ (2, 0.0%)

1 ている, て日曜

▼ 晩かつ~ (2, 0.0%)

1 たから, たぢ

▼ 晩かなり~ (2, 0.0%)

1 ふけてから, 酔つてゐた

▼ 晩かに~ (2, 0.0%)

1 きまって万世橋, さほどの

▼ 晩かは~ (2, 0.0%)

1 きまつて, 彼女の

▼ 晩がんりき~ (2, 0.0%)

2 の百

▼ 晩きっと~ (2, 0.0%)

1 孤児院へ, 来ると

▼ 晩くお~ (2, 0.0%)

1 もはれる, 酒を

▼ 晩くし~ (2, 0.0%)

1 たの, て未だ

▼ 晩くならない~ (2, 0.0%)

2 うちに

▼ 晩くも六時~ (2, 0.0%)

2 には起きね

▼ 晩くる~ (2, 0.0%)

1 かもしれない, ときその

▼ 晩ぐらいに~ (2, 0.0%)

1 するの, なるやろまさか

▼ 晩ぐらゐ~ (2, 0.0%)

1 怒るの, 睡れないこと

▼ 晩ぐらゐ漬け~ (2, 0.0%)

2 とくと温飯

▼ 晩こっそり~ (2, 0.0%)

1 と相談, 姿を

▼ 晩こつ~ (2, 0.0%)

1 そり風呂敷包を, そり鶴が

▼ 晩~ (2, 0.0%)

1 んは, 町内の

▼ 晩さっそく~ (2, 0.0%)

1 格子を, 首を

▼ 晩じゅう家~ (2, 0.0%)

1 へ帰れない, をあける

▼ 晩じゅう私~ (2, 0.0%)

1 は水, は見はっ

▼ 晩すぎる~ (2, 0.0%)

1 とちょうど, わよ

▼ 晩ずっと~ (2, 0.0%)

1 眠続け, 睡り続けた

▼ 晩そう~ (2, 0.0%)

1 いえば, 云う人たち

▼ 晩そっくり~ (2, 0.0%)

1 の寂し, 置きます

▼ 晩それから~ (2, 0.0%)

1 はじめて私達, 和太郎さんが

▼ 晩そんなに~ (2, 0.0%)

1 あのピストル, も待たなかつただらう

▼ 晩たしかに~ (2, 0.0%)

1 泥足であった, 自分の

▼ 晩たまりかね~ (2, 0.0%)

1 てききました, て一計

▼ 晩だけに~ (2, 0.0%)

1 地上の, 止まらなかった

▼ 晩だの~ (2, 0.0%)

1 人気ない, 公衆の

▼ 晩だれ~ (2, 0.0%)

1 か, にも珍しく

▼ 晩ちょうど~ (2, 0.0%)

1 台湾の, 私が

▼ 晩ちょっと~ (2, 0.0%)

1 変だった, 寄った女

▼ 晩ついに~ (2, 0.0%)

1 フォン・ルンムレル大佐まで, 私は

▼ 晩つけ~ (2, 0.0%)

1 てそれ, てにが

▼ 晩~ (2, 0.0%)

1 どんな晩, へんな

▼ 晩てめえ~ (2, 0.0%)

1 が大黒宗理, は何処

▼ 晩でござる~ (2, 0.0%)

1 よ, わい

▼ 晩でなく~ (2, 0.0%)

1 ともきこえる, 三晩も

▼ 晩として~ (2, 0.0%)

1 いわゆる鉦太鼓, 服用しない

▼ 晩とやら~ (2, 0.0%)

2 大阪に

▼ 晩とを~ (2, 0.0%)

1 化粧され, 彼は

▼ 晩どうか~ (2, 0.0%)

1 して, 泊めて

▼ 晩どうしても~ (2, 0.0%)

1 昂奮し, 眠れないん

▼ 晩なかば眠り~ (2, 0.0%)

1 に浸, に浸っ

▼ 晩なぞには~ (2, 0.0%)

1 それを, 松の

▼ 晩なり~ (2, 0.0%)

1 とも静か, の高い

▼ 晩なん~ (2, 0.0%)

1 のお気, の消息

▼ 晩にかけて~ (2, 0.0%)

1 であった, 篝を

▼ 晩にこそ~ (2, 0.0%)

1 お邸, 歯を

▼ 晩にと~ (2, 0.0%)

1 まつた筈, まつて

▼ 晩にね~ (2, 0.0%)

1 あたし眠い, 僕が

▼ 晩にの~ (2, 0.0%)

1 おむずかりだ, 掛合返答も

▼ 晩によ~ (2, 0.0%)

2 私の

▼ 晩にわたって~ (2, 0.0%)

1 炎々大坂の, 行われたのち

▼ 晩ねる~ (2, 0.0%)

1 とケロリ, 以上の

▼ 晩ばかし~ (2, 0.0%)

1 あけたと, 徹夜など

▼ 晩ばかりも~ (2, 0.0%)

1 岸本は, 碌

▼ 晩ひさしぶり~ (2, 0.0%)

1 にいなか, に法師

▼ 晩ひとり二階~ (2, 0.0%)

1 で寝, の窓

▼ 晩ひと晩~ (2, 0.0%)

1 だけでも芸術家, のお客

▼ 晩ひろ子~ (2, 0.0%)

1 はその, は心

▼ 晩ふらり~ (2, 0.0%)

2 と帰っ

▼ 晩ぶっ~ (2, 0.0%)

2 通しに

▼ 晩ほんとに~ (2, 0.0%)

1 あなたを, あの晩

▼ 晩ほんの~ (2, 0.0%)

1 わずかしか, 一寸隣の

▼ 晩までから~ (2, 0.0%)

1 だを, 竿の

▼ 晩みのる~ (2, 0.0%)

1 は不思議, は眠れなかつた

▼ 晩みんな~ (2, 0.0%)

1 がテーブル, で云った

▼ 晩むだ~ (2, 0.0%)

1 にあちらこちら, ぼねおったとて

▼ 晩もさ~ (2, 0.0%)

1 うだつた, 俺夜中に

▼ 晩やっぱり~ (2, 0.0%)

1 二人切りで, 柳の

▼ 晩~ (2, 0.0%)

1 まで斯, まで旋盤

▼ 晩わし~ (2, 0.0%)

1 のところ, をおっ

▼ 晩わたくし~ (2, 0.0%)

1 はお, は怖い

▼ 晩わたしたち~ (2, 0.0%)

1 にかれ, は川

▼ 晩エミリアン~ (2, 0.0%)

1 はお爺さん, は宿屋

▼ 晩カンバン~ (2, 0.0%)

2 になっ

▼ 晩ガラッ~ (2, 0.0%)

1 八の, 八は

▼ 晩ゴットフリート~ (2, 0.0%)

1 がどうしても, が確か

▼ 晩ゴーリキイ~ (2, 0.0%)

2 は雪

▼ 晩ジャン・ヴァルジャン~ (2, 0.0%)

1 は最後, は辛うじて

▼ 晩ニ君ト腕ヲ組ン~ (2, 0.0%)

1 デ斯ンナ静カナ海辺, デ斯ンナ靜カナ海邊

▼ 晩ファゼーロ~ (2, 0.0%)

1 が帰る, と連れ

▼ 晩フラリ~ (2, 0.0%)

1 と僕, と圓朝

▼ 晩ブドリ~ (2, 0.0%)

1 はクーボー, は昔

▼ 晩ベス~ (2, 0.0%)

1 はローレンス老人, は今

▼ 晩ベル~ (2, 0.0%)

1 が鳴った, が鳴つた

▼ 晩マジマジ~ (2, 0.0%)

1 と待つ, と明かし

▼ 晩メグ~ (2, 0.0%)

1 が安着, はおかあさん

▼ 晩ルリ~ (2, 0.0%)

1 になんかした, を送

▼ 晩ロザリー~ (2, 0.0%)

1 は予想, は又

▼ 晩ロンドン~ (2, 0.0%)

1 の街, への帰り

▼ 晩一つ~ (2, 0.0%)

1 しかない, の手紙

▼ 晩一ばん中~ (2, 0.0%)

1 歩きま, 歩きまわり暁方

▼ 晩一同~ (2, 0.0%)

1 がその, を犒う

▼ 晩一夜~ (2, 0.0%)

1 のうち, 寒い霜

▼ 晩一度~ (2, 0.0%)

1 工場の, 食べて

▼ 晩一時頃~ (2, 0.0%)

1 になぜ, にはどういう

▼ 晩丁度~ (2, 0.0%)

1 い, 暇が

▼ 晩七兵衛~ (2, 0.0%)

1 がこれら, は無

▼ 晩上野~ (2, 0.0%)

1 のある, の停車場

▼ 晩不思議~ (2, 0.0%)

1 な夢, に悪魔

▼ 晩与次郎~ (2, 0.0%)

1 が三四郎, の性格

▼ 晩世話~ (2, 0.0%)

1 して, になっ

▼ 晩中何~ (2, 0.0%)

1 か他, のこと

▼ 晩中子供~ (2, 0.0%)

1 にばかり煩, を抱い

▼ 晩中悪夢~ (2, 0.0%)

1 にうなされ, は彼

▼ 晩中村~ (2, 0.0%)

1 が一寸, が病院

▼ 晩中橋~ (2, 0.0%)

1 の下, を渡る

▼ 晩中歓楽~ (2, 0.0%)

1 に浸, に浸っ

▼ 晩中汽車~ (2, 0.0%)

1 に乗っ, に揺られ通し

▼ 晩中眠り~ (2, 0.0%)

2 もしない

▼ 晩中蚊~ (2, 0.0%)

1 にくわれ, に食われ

▼ 晩中遊び~ (2, 0.0%)

2 戯れた

▼ 晩久吉~ (2, 0.0%)

2 がお前

▼ 晩九ツ~ (2, 0.0%)

1 の鐘, 半過外

▼ 晩九時ごろ~ (2, 0.0%)

1 になっ, に子供

▼ 晩九時頃~ (2, 0.0%)

1 に家, に眠り

▼ 晩事務長~ (2, 0.0%)

1 が仕事, が来

▼ 晩二回~ (2, 0.0%)

2 も空襲警報

▼ 晩二度~ (2, 0.0%)

1 煎じる習慣, 迄藥取り

▼ 晩二時頃~ (2, 0.0%)

1 でした, までも非常

▼ 晩亨一~ (2, 0.0%)

1 は昼, は晝

▼ 晩人通り~ (2, 0.0%)

2 がまばら

▼ 晩今村~ (2, 0.0%)

1 が夜勤, が帰り

▼ 晩~ (2, 0.0%)

1 の子供ら, の客

▼ 晩代地~ (2, 0.0%)

1 のお, の家

▼ 晩以上~ (2, 0.0%)

1 の徹夜, は留置場

▼ 晩以後~ (2, 0.0%)

1 のなりゆき, はこの

▼ 晩仲吉~ (2, 0.0%)

1 が何處, は隣町

▼ 晩伊保木金太郎~ (2, 0.0%)

2 を殺した

▼ 晩伊太夫~ (2, 0.0%)

2 が与八

▼ 晩休ん~ (2, 0.0%)

1 で漸く, で肉体

▼ 晩休んだら~ (2, 0.0%)

1 すぐ出, 今朝は

▼ 晩~ (2, 0.0%)

1 が何處, の又吉

▼ 晩伯父~ (2, 0.0%)

1 はお雪さん, は苦しく

▼ 晩伸子たち~ (2, 0.0%)

1 の住ん, はレーニングラード

▼ 晩佐久間町~ (2, 0.0%)

1 の大川屋忠兵衞, の生薬屋

▼ 晩佐竹~ (2, 0.0%)

1 の富本, の賭場

▼ 晩何だか~ (2, 0.0%)

1 いい気もち, 眠らずに

▼ 晩何事~ (2, 0.0%)

2 もなく

▼ 晩何人~ (2, 0.0%)

1 と云う, もこなかった

▼ 晩余り~ (2, 0.0%)

1 いい心持, よく眠らなかった

▼ 晩保養~ (2, 0.0%)

1 の為, をした

▼ 晩信子~ (2, 0.0%)

1 と夫, は夜通し

▼ 晩停車場~ (2, 0.0%)

1 から停車場, で見はぐれた

▼ 晩~ (2, 0.0%)

1 の薄墨華魁, は珍

▼ 晩兄さん~ (2, 0.0%)

1 と義姉さん, はその

▼ 晩~ (2, 0.0%)

1 に帰っ, へ入

▼ 晩児玉~ (2, 0.0%)

1 は早目, は虫

▼ 晩入会~ (2, 0.0%)

2 した美術家

▼ 晩兩國~ (2, 0.0%)

1 の料理屋, を渡つたの

▼ 晩共社~ (2, 0.0%)

1 に泊つて, に泊つて來

▼ 晩出た~ (2, 0.0%)

1 きり帰らねえ, きり朝迄

▼ 晩出掛ける~ (2, 0.0%)

1 と湿地, と濕地

▼ 晩出直し~ (2, 0.0%)

1 て今度, て相談

▼ 晩~ (2, 0.0%)

1 から私, の事件

▼ 晩割れ返る~ (2, 0.0%)

1 やうな, ような

▼ 晩加島屋~ (2, 0.0%)

1 に三百兩, のお

▼ 晩勘次~ (2, 0.0%)

1 はがらつ, は二人

▼ 晩医者~ (2, 0.0%)

1 の来た, はごく

▼ 晩十一カペイキ~ (2, 0.0%)

2 ずつ稼い

▼ 晩十一時~ (2, 0.0%)

1 も既に, を過ぎた

▼ 晩十二時過ぎ~ (2, 0.0%)

2 に私

▼ 晩千世子~ (2, 0.0%)

1 はとん, は両親

▼ 晩博士~ (2, 0.0%)

1 の子ども, はある

▼ 晩原口さん~ (2, 0.0%)

1 が先生, を先生

▼ 晩友之助~ (2, 0.0%)

2 の帰る

▼ 晩友達~ (2, 0.0%)

1 と飲み過し, に誘はれ

▼ 晩叔母~ (2, 0.0%)

1 のとこ, は番頭

▼ 晩古賀~ (2, 0.0%)

1 がお上, は村

▼ 晩同時に~ (2, 0.0%)

1 若い嫁たち, 釈放と

▼ 晩~ (2, 0.0%)

1 の思想, の時

▼ 晩周平~ (2, 0.0%)

1 が三階, は八時半頃蓬莱亭

▼ 晩呼ん~ (2, 0.0%)

1 で御馳走, で飯

▼ 晩和尚さん~ (2, 0.0%)

1 がその, はいつも

▼ 晩唐様式~ (2, 0.0%)

1 の影響, の模倣

▼ 晩四晩~ (2, 0.0%)

1 と続きました, 明かして

▼ 晩圭介~ (2, 0.0%)

1 は寿枝, は母

▼ 晩圭子~ (2, 0.0%)

1 は咲子, は蓮見

▼ 晩地震~ (2, 0.0%)

1 が来た, のこと

▼ 晩坐っ~ (2, 0.0%)

1 ている, てやっと

▼ 晩~ (2, 0.0%)

2 の外

▼ 晩~ (2, 0.0%)

1 のてっぺん, の上

▼ 晩塚越~ (2, 0.0%)

1 は遅く, を訪れる

▼ 晩~ (2, 0.0%)

1 な素振り, に饒舌

▼ 晩多勢~ (2, 0.0%)

1 の人, の集まっ

▼ 晩夜どおし~ (2, 0.0%)

1 触書を, 馳けて

▼ 晩夜更け~ (2, 0.0%)

1 に彼女, に短刀

▼ 晩夜襲~ (2, 0.0%)

1 の命, を敢行

▼ 晩夜逃げ~ (2, 0.0%)

1 して, をした

▼ 晩大川橋~ (2, 0.0%)

2 の袂

▼ 晩大町~ (2, 0.0%)

1 と云う, にかけつけ

▼ 晩天祥丸~ (2, 0.0%)

2 の船員

▼ 晩~ (2, 0.0%)

1 をやっつけた, を森

▼ 晩~ (2, 0.0%)

1 に悲しい, に瞼

▼ 晩始め~ (2, 0.0%)

1 て叔父, て私

▼ 晩子供~ (2, 0.0%)

1 が一人鐘撞堂, をおぶっ

▼ 晩子刻~ (2, 0.0%)

1 の鐘, まで兄

▼ 晩学校~ (2, 0.0%)

1 から帰っ, では皆

▼ 晩宇津木兵馬~ (2, 0.0%)

1 がかなり, は不意

▼ 晩安らか~ (2, 0.0%)

1 ならずという, に眠る

▼ 晩~ (2, 0.0%)

1 に一度, に飲んだ

▼ 晩宵の口~ (2, 0.0%)

1 にその, に其の

▼ 晩家康~ (2, 0.0%)

1 は, は陣所

▼ 晩宿り~ (2, 0.0%)

1 で百合根, 貧しい精進料理

▼ 晩宿直室~ (2, 0.0%)

2 で半分

▼ 晩寂しい~ (2, 0.0%)

1 宴会から, 水菜で

▼ 晩寄席~ (2, 0.0%)

1 が休み, へでも芝居

▼ 晩寝た~ (2, 0.0%)

1 だけに昨日, のは

▼ 晩寝たら~ (2, 0.0%)

1 そんなに肝, またおっ

▼ 晩寝室~ (2, 0.0%)

1 が変った, へ入る

▼ 晩寝物語~ (2, 0.0%)

1 でこう, にしく

▼ 晩~ (2, 0.0%)

1 は全然, りすぎる

▼ 晩尋ね~ (2, 0.0%)

1 て来た, て行った

▼ 晩~ (2, 0.0%)

1 せんは, 壺

▼ 晩小林~ (2, 0.0%)

1 のお蔭, の口

▼ 晩小野君~ (2, 0.0%)

1 と別れ, に出逢う

▼ 晩~ (2, 0.0%)

1 の寝床, は郡司

▼ 晩山上~ (2, 0.0%)

1 で痛飲, の古城

▼ 晩山脇玄内~ (2, 0.0%)

1 の増長, は神楽坂

▼ 晩岩根~ (2, 0.0%)

2 半藏

▼ 晩川越屋~ (2, 0.0%)

1 の裏, へ旦那

▼ 晩市郎~ (2, 0.0%)

1 は元気, は店

▼ 晩帰りがけ~ (2, 0.0%)

1 に向, に向う

▼ 晩帰り途~ (2, 0.0%)

1 で大, で白梅軒

▼ 晩帰宅~ (2, 0.0%)

1 して, の途中

▼ 晩~ (2, 0.0%)

1 を取, を取った

▼ 晩床の間~ (2, 0.0%)

1 に掛け, に釣り下げ

▼ 晩~ (2, 0.0%)

1 の義助, は押え切れない

▼ 晩待つ~ (2, 0.0%)

1 てくれぬ, て居る

▼ 晩後家~ (2, 0.0%)

1 に逢い, のお

▼ 晩忍び込んだ~ (2, 0.0%)

1 はいい, 曲者に

▼ 晩忘れ~ (2, 0.0%)

1 て行かれた, もしねえ

▼ 晩快く~ (2, 0.0%)

1 眠ったあと, 食卓に

▼ 晩恐ろしく~ (2, 0.0%)

1 寒い晩, 魘されました

▼ 晩恭一~ (2, 0.0%)

1 はざうりをはいて, はぞうり

▼ 晩我々~ (2, 0.0%)

1 は富士, は花火

▼ 晩~ (2, 0.0%)

1 る友人, 妓館の

▼ 晩~ (2, 0.0%)

1 に白い, を締め切っ

▼ 晩扁理~ (2, 0.0%)

2 は友人たち

▼ 晩扇い~ (2, 0.0%)

1 でい, で居

▼ 晩拘留~ (2, 0.0%)

1 させられたのよ, されて

▼ 晩~ (2, 0.0%)

1 を何人, を正面

▼ 晩料理屋~ (2, 0.0%)

2 の門口

▼ 晩新しい~ (2, 0.0%)

1 客が, 手桶や

▼ 晩旅籠~ (2, 0.0%)

1 でもとろう, へ泊まる

▼ 晩日吉~ (2, 0.0%)

1 の姿, は出

▼ 晩旦那~ (2, 0.0%)

1 が途中, の宗太郎さん

▼ 晩明かす~ (2, 0.0%)

1 のは, よりほか

▼ 晩明し~ (2, 0.0%)

1 たと, たの

▼ 晩~ (2, 0.0%)

1 が美しく, をねらい

▼ 晩時たま~ (2, 0.0%)

2 店へ

▼ 晩時刻~ (2, 0.0%)

1 は丑刻, は子

▼ 晩曲者~ (2, 0.0%)

1 が忍び入り, は八五郎

▼ 晩曹操~ (2, 0.0%)

1 は, はふしぎ

▼ 晩有名~ (2, 0.0%)

2 な物語上手

▼ 晩朗読~ (2, 0.0%)

2 するなんて

▼ 晩村松金之助~ (2, 0.0%)

1 は夕餉, は大寿院

▼ 晩松井町~ (2, 0.0%)

1 の妹, の私

▼ 晩松次郎~ (2, 0.0%)

1 の家, は間違ひも

▼ 晩板橋~ (2, 0.0%)

2 で過した

▼ 晩林町~ (2, 0.0%)

1 へとまらせる, へ上京

▼ 晩~ (2, 0.0%)

1 と云う, 臣の

▼ 晩柳美館~ (2, 0.0%)

1 とやらで, の主人

▼ 晩梨枝子~ (2, 0.0%)

1 に最後, は叔母

▼ 晩~ (2, 0.0%)

1 のなか, のまん中

▼ 晩楽屋~ (2, 0.0%)

1 で苦心, の入口

▼ 晩正覚坊~ (2, 0.0%)

1 の像, は何

▼ 晩此女~ (2, 0.0%)

1 が來, が来

▼ 晩歩き~ (2, 0.0%)

1 廻つてすつかり, 通しで

▼ 晩死体~ (2, 0.0%)

2 と火傷患者

▼ 晩~ (2, 0.0%)

2 んど

▼ 晩殺す~ (2, 0.0%)

1 に極, 心持に

▼ 晩母屋~ (2, 0.0%)

1 に泊つて, の方

▼ 晩江の島~ (2, 0.0%)

1 の獵師, 詣りの

▼ 晩治六~ (2, 0.0%)

1 がふと, は自分

▼ 晩泊ったら~ (2, 0.0%)

1 どうかの, 愈別れ

▼ 晩泊つて來~ (2, 0.0%)

1 ると, るの

▼ 晩泊つて歸~ (2, 0.0%)

1 つた, つて

▼ 晩泊つて翌日普通~ (2, 0.0%)

2 の二等車

▼ 晩泊り込ん~ (2, 0.0%)

1 できまり, でしまう

▼ 晩泊れ~ (2, 0.0%)

1 といふ芥川, ば安い

▼ 晩~ (2, 0.0%)

1 の上, の荒れ

▼ 晩泣いた~ (2, 0.0%)

2 よ枕

▼ 晩浅井~ (2, 0.0%)

1 とお, へ出入り

▼ 晩~ (2, 0.0%)

1 はお, は外出

▼ 晩涼しい~ (2, 0.0%)

1 処に, 処へ

▼ 晩涼水~ (2, 0.0%)

2 の如し

▼ 晩清さん~ (2, 0.0%)

1 のところ, はお母さん

▼ 晩~ (2, 0.0%)

1 にでもいっ, になる

▼ 晩~ (2, 0.0%)

1 がそう, のもと

▼ 晩瀧子~ (2, 0.0%)

1 がひとり, はラジオ

▼ 晩火事~ (2, 0.0%)

1 で焼ける, の時

▼ 晩熱海~ (2, 0.0%)

1 で泊つた時, に泊った

▼ 晩牧野~ (2, 0.0%)

1 は久しぶり, へ宛て

▼ 晩~ (2, 0.0%)

1 をいわぬ, 置きに

▼ 晩~ (2, 0.0%)

1 につままれた, に化かされた

▼ 晩~ (2, 0.0%)

1 り寂しく, り言

▼ 晩用意~ (2, 0.0%)

1 して, しろと

▼ 晩田原さん~ (2, 0.0%)

1 は俥, は遅く

▼ 晩田宮~ (2, 0.0%)

1 が帰っ, が風呂場

▼ 晩~ (2, 0.0%)

2 上げた事

▼ 晩~ (2, 0.0%)

1 が夜道, とドロン

▼ 晩町方~ (2, 0.0%)

2 の警邏

▼ 晩~ (2, 0.0%)

2

▼ 晩留置場~ (2, 0.0%)

1 へぶちこみ, へ入れた

▼ 晩番人~ (2, 0.0%)

1 が寝入ります, のお

▼ 晩番町~ (2, 0.0%)

1 の熊谷三郎兵衛, を出た

▼ 晩病人~ (2, 0.0%)

1 の介抱, は突然

▼ 晩~ (2, 0.0%)

1 みに, み出した金

▼ 晩盜ん~ (2, 0.0%)

2 だ金

▼ 晩相談~ (2, 0.0%)

1 に行, の結果

▼ 晩看病~ (2, 0.0%)

1 しました, をし

▼ 晩真面目~ (2, 0.0%)

1 さうな顔, に考えた

▼ 晩睨めつ~ (2, 0.0%)

2 こを

▼ 晩石原~ (2, 0.0%)

1 の所, の私

▼ 晩祝言~ (2, 0.0%)

1 するさ, をする

▼ 晩私共~ (2, 0.0%)

1 は到底じっと, は看護疲労

▼ 晩~ (2, 0.0%)

1 の下, はよく

▼ 晩立つ~ (2, 0.0%)

1 てゐた, まではどなた

▼ 晩~ (2, 0.0%)

1 一悲歌が, 一番に

▼ 晩経つ~ (2, 0.0%)

1 がまるっきり, とそれ

▼ 晩~ (2, 0.0%)

1 たない, てば一

▼ 晩經つて~ (2, 0.0%)

1 も何ん, も白い

▼ 晩続い~ (2, 0.0%)

1 てゐる, て殆

▼ 晩~ (2, 0.0%)

2 り君

▼ 晩縁日~ (2, 0.0%)

1 の植木, の賑い

▼ 晩置い~ (2, 0.0%)

1 て呉れつ, て翌

▼ 晩考えさせ~ (2, 0.0%)

1 ていただいた, てくれない

▼ 晩考えた~ (2, 0.0%)

1 んだ, 末この

▼ 晩考えつづけ~ (2, 0.0%)

1 てはじめ, て弟

▼ 晩考え抜いた~ (2, 0.0%)

1 揚句の, 揚句やっと

▼ 晩~ (2, 0.0%)

1 にきいた, につく

▼ 晩聞いた~ (2, 0.0%)

1 ことを, んだ

▼ 晩~ (2, 0.0%)

1 あげの, 揉みを

▼ 晩舞台~ (2, 0.0%)

1 で喀血, で稽古

▼ 晩~ (2, 0.0%)

1 の中, を湖村

▼ 晩良人~ (2, 0.0%)

1 に恐る恐る, に頼ん

▼ 晩良吉さん~ (2, 0.0%)

1 が慌て, は全く

▼ 晩花園~ (2, 0.0%)

2 の薔薇

▼ 晩茂野~ (2, 0.0%)

1 が藥取, は二度

▼ 晩茶の間~ (2, 0.0%)

1 の大振り, の隣り

▼ 晩荻窪~ (2, 0.0%)

1 で聞い, に押しかけ

▼ 晩~ (2, 0.0%)

2

▼ 晩葛飾~ (2, 0.0%)

1 は初めて, は泣い

▼ 晩蒲団~ (2, 0.0%)

2 の中

▼ 晩蕎麥屋~ (2, 0.0%)

1 で二合餘, へでもつれ込まれ

▼ 晩行一~ (2, 0.0%)

1 は戸外, は細君

▼ 晩~ (2, 0.0%)

1 てもいい, てやる

▼ 晩見かけた~ (2, 0.0%)

1 のは, 覆面とは

▼ 晩見張つ~ (2, 0.0%)

1 てくれる, てゐる

▼ 晩親父~ (2, 0.0%)

1 の代理, の殺された

▼ 晩話し~ (2, 0.0%)

1 にやって来た, 懐かしい浪

▼ 晩語り~ (2, 0.0%)

1 に語り続けた, 明したかった

▼ 晩~ (2, 0.0%)

1 はそう, を聞い

▼ 晩課諷経~ (2, 0.0%)

1 の最中, は普門品

▼ 晩警察~ (2, 0.0%)

1 で制服, に寝かされた

▼ 晩警戒哨溜池交叉点~ (2, 0.0%)

2 を通過

▼ 晩警視庁~ (2, 0.0%)

2 に一晩

▼ 晩費し~ (2, 0.0%)

1 ている, てしまいました

▼ 晩赤井左門~ (2, 0.0%)

2 の邸

▼ 晩起き~ (2, 0.0%)

1 ていた, てたつ

▼ 晩~ (2, 0.0%)

1 を棒, を縛っ

▼ 晩踊っ~ (2, 0.0%)

1 てやろう, て踊り抜い

▼ 晩迄に~ (2, 0.0%)

1 二十枚は, 整理し

▼ 晩近く~ (2, 0.0%)

1 なって, のビヤホール

▼ 晩遅い~ (2, 0.0%)

1 汽車で, 電車で

▼ 晩遊んだ~ (2, 0.0%)

1 のが, 町内の

▼ 晩過ぎ~ (2, 0.0%)

2 てから裁縫

▼ 晩部屋~ (2, 0.0%)

1 へ帰らう, へ帰ろう

▼ 晩酒場~ (2, 0.0%)

1 で女, を出た

▼ 晩金庫~ (2, 0.0%)

1 には紙幣, を破壊

▼ 晩銀笛~ (2, 0.0%)

2 を吹く

▼ 晩錢形~ (2, 0.0%)

1 の平次, の親分

▼ 晩~ (2, 0.0%)

2 をかけ

▼ 晩長い~ (2, 0.0%)

1 相談の, 間クリストフの

▼ 晩長兄~ (2, 0.0%)

2 の家

▼ 晩~ (2, 0.0%)

1 ふ人, 暑はなはだし

▼ 晩間九穂子~ (2, 0.0%)

1 と共に銀座清新軒, と歳晩

▼ 晩間風月堂~ (2, 0.0%)

1 にて偶然鬼太郎君, にて食事

▼ 晩隠岐~ (2, 0.0%)

1 と二人, と僕

▼ 晩離屋~ (2, 0.0%)

1 のやう, の二階六疊

▼ 晩雨戸~ (2, 0.0%)

1 の外, も裏口

▼ 晩電燈~ (2, 0.0%)

1 の下, の光

▼ 晩音次郎~ (2, 0.0%)

1 に呼出され, は來

▼ 晩頑張~ (2, 0.0%)

1 つてゐた, つて居られ

▼ 晩風呂~ (2, 0.0%)

1 から歸, を貰

▼ 晩食事~ (2, 0.0%)

1 が終る, のあと

▼ 晩~ (2, 0.0%)

1 みに, み明かし

▼ 晩~ (2, 0.0%)

1 の卓子台もやい, の卓子臺

▼ 晩~ (2, 0.0%)

1 の鐘, はお

▼ 晩香玉~ (2, 0.0%)

1 が咲い, の香

▼ 晩駕籠~ (2, 0.0%)

1 を担い, を路地

▼ 晩高橋~ (2, 0.0%)

1 が一人私, は何

▼ 晩高氏~ (2, 0.0%)

1 が親しく, の口

▼ 晩高瀬~ (2, 0.0%)

1 は隣, へ行った

▼ 晩~ (2, 0.0%)

1 が鳴き, の候明窓浄几

▼ 晩鶴吉~ (2, 0.0%)

2 の離屋

▼ 晩龍馬~ (2, 0.0%)

2 と二人

▼1* [2411件]

あすこの工場, 晩あたいの足, 晩あたかもフェージャの, 晩あたしが必ず, 晩あたし後姿を見た, 晩あたり仕事にか, 晩あたり酔ひ過ぎて, 晩あなた様眠りながら, 晩あまりに花やかな, 晩あまり月がいい, 晩あまり退屈なので, 晩あるく者の, 晩あれほどさびしくどんよりしていた森, 晩あれこれと考えました, 晩あわた, 晩あわてて着物, 晩あんなに悲しそう, 晩あんなに細々といろいろ, 晩いいつけられたとおり大きな, 晩いえ昨日の, 晩いか必ず一度は, 晩いきなり身を, 晩いくら酒の廻り, 晩いざ神田へ, 晩いじゃねえか, 晩いずこの隅, 晩いちど退いたかと, 晩いちばん光つて目立つやつ, 晩いって三十分晩い, 晩いっしょの居室, 晩いっぱいとあくる, 晩いつ時分に, 晩いつかの電気娘, 晩いつぞやの水道橋, 晩いなくたって気, 晩いのよ, 晩いま言ったあの, 晩いやに冷たい顔つき, 晩いよ帰つて寝みなさい, 晩いよいよ一緒に, 晩いようだから, 晩いらっしゃるそうです, 晩いんでしょう今日は, 晩い帰ってお, 晩い志願であった, 晩うくお帰り, 晩うございますから何処, 晩うす暗い物置小屋や, 晩うどん振舞に招かれ, 晩うなったが如何, 晩うろついてみる, 晩うんと飮んで, 晩おいしいごちそうを, 晩おいた後に, 晩おいでの時, 晩おい文学者俺と一緒, 晩おおいに彼に, 晩おかあさんがいいました, 晩おき位ひに, 晩おそいといつも, 晩おそう帰るときには, 晩おそかったので, 晩おちついて眠れませんでした, 晩おとまりになった, 晩おなじ橋のなか, 晩おびえて寢, 晩おびただしい人が, 晩おまんは, 晩おまえにやった, 晩おらは酒, 晩お前達二人は兩國橋, 晩お力がやって来, 晩お呼び出来なかったからよ, 晩お姫さまは一番, 晩お宅へ遊び, 晩お客は到着, 晩お客様方のお, 晩お客樣がお, 晩お寺の戸口, 晩お山の頼み, 晩お母さまはすゞちやん, 晩お湯に入っ, 晩お湯のかへり, 晩お爺さんとポン公, 晩お祖母さんに相談, 晩お祖父さんが庭, 晩お茶が濁せ, 晩お茶の水の手前, 晩お通夜へ行, 晩お金を持っ, 晩お隣の文次郎さん, 晩かう叫んで彼, 晩かえってくると, 晩かえりますと云っ, 晩かかりきってとうとう, 晩かくまっていただかなかったら, 晩かくまわれいよいよ明日, 晩かたになる, 晩かたりあってみたい, 晩かと覚えて, 晩かどわかされてきた, 晩かねて口を, 晩からかれはうち, 晩からずうっと分りません, 晩からずつと家に, 晩からでも遊びに, 晩からと言ふ, 晩かれこれ一時ちかく, 晩かれ打合いを始めなけれ, 晩かをピッコロミリ夫人の, 晩がたお寺の鐘, 晩がほどに糸の, 晩がらんと客の, 晩きが故今, 晩きつと來, 晩きまって着物を, 晩きゅうめいさせ置候もの, 晩きりお前は帰っ, 晩きれいな雪, 晩ぎりで藤助のゆくえ, 晩ぎりのふた晩, 晩くおなりでいつお戻りやら, 晩くであったがの, 晩くならぬうちに, 晩くなりぬと, 晩くなるし腹も, 晩くなるですから, 晩くに罷り出て, 晩くに手入れを充分, 晩くほの黄色き, 晩くもないのに, 晩くも一両日のうち, 晩くも本日午前十時までに槍下, 晩くも源が舟頼み, 晩くも際会すること, 晩くらいは吹き荒れて, 晩くらすうち, 晩く作られ而し, 晩く洗う人, 晩く起きるには夙, 晩ぐつすりねむつたのですつかり元気, 晩ぐでぐでに酔って, 晩ぐらいずつ見物し, 晩ぐらゐならまあ我慢, 晩ぐらゐの交際だと, 晩ぐらゐは面白からう, 晩ぐらゐはいゝが三晩となっ, 晩ぐらゐは私たち二人があの, 晩ぐらゐハイフォンで泊る, 晩ぐらゐ高砂樓の花ちやん, 晩てちゃんと, 晩こう言って, 晩ここいらを獨, 晩こころおきなく斬りむすぶと, 晩こそは美智子さんは, 晩この間飾ってから, 晩こもりたれば山, 晩こわさで, 晩ごくお軽少, 晩ごはん喰べてないでしょ, 晩ごろ寢をし, 晩あの時, 晩さいなまれたのです, 晩さすがに具合い, 晩さてこれからお開き, 晩さながらの暗, 晩さよなきどりのう, 晩さらしといてあく, 晩さわ子は読本, 晩さんざつないで, 晩さんざん飲み廻り一文無し, 晩さアお粒, 晩ざる碁をたのしんだ, 晩しかの時早く, 晩しきりに久我に, 晩した云いわけを, 晩しっぽりと濡れ, 晩しとてこれ, 晩しとしとと降りつづけた揚句三日目, 晩しのごうじゃねえ, 晩しみじみした調子, 晩しみじみこういって, 晩じゃうるりを, 晩じゃというたよう, 晩じゃほどにどなたか, 晩じゅういっしょにすごし, 晩じゅういろいろな空想, 晩じゅううちをはなれない, 晩じゅうここのこぼれた, 晩じゅうそばを離れなかった, 晩じゅうそれにかかり, 晩じゅうただの一度, 晩じゅうにぎやかでたのしかっ, 晩じゅうわたしを苦しめ, 晩じゅうエリーザはお, 晩じゅうベッドに入っ, 晩じゅう何かに怯えた, 晩じゅう便所の中, 晩じゅう博奕を打っ, 晩じゅう口をきかなかった, 晩じゅう君恩に感泣, 晩じゅう夢に見た, 晩じゅう安眠ができない, 晩じゅう彼を苦しめた, 晩じゅう彼らはもう, 晩じゅう彼女を破壊, 晩じゅう待ち明かした, 晩じゅう心配するだろうと, 晩じゅう愛を誓い, 晩じゅう戸外を笑い歩く, 晩じゅう明けはなし, 晩じゅう月の名, 晩じゅう林の中, 晩じゅう母屋にただ, 晩じゅう気を張りつめ, 晩じゅう浅草を歩い, 晩じゅう海峡の冷たい, 晩じゅう牢の中, 晩じゅう玉の中, 晩じゅう留守であった, 晩じゅう発達した性技巧, 晩じゅう目的に向っ, 晩じゅう考えあぐみましたが, 晩じゅう耳鳴りがする, 晩じゅう聖像にお, 晩じゅう膝ぐみになっ, 晩じゅう自分の病気, 晩じゅう臺所でぱちぱち, 晩じゅう葵のそば, 晩じゅう話をし, 晩じゅう釘づけに, 晩じゅう錨を下ろした, 晩じゅう雨に紛れ, 晩じゅう雪に吹き迷わされ, 晩じゅう雷がごろごろ, 晩じゅう首相官邸で待機, 晩じゅう鷲に乗せ, 晩すぎても戻っ, 晩すぐさま自殺を, 晩すこししかねむらなかった, 晩すごそうじゃない, 晩すずませてやれ, 晩すっぽかしてやった, 晩すねていた, 晩すべての家々, 晩すらある, 晩ずつを明かして, 晩なたと, 晩そういう瞬間に, 晩そこで清貧を, 晩そしてやはり若い衆, 晩そちらはお, 晩それらの楽師たち, 晩それ以上の追, 晩そーっと死骸, 晩たいてい毎晩和尚様は, 晩たいへん遅くなっ, 晩たくさん稼ぐから, 晩たたらという大きな, 晩ただちに拘束され, 晩たったきりです, 晩たってるからツブ, 晩たつたといふこと, 晩たまらなくなつて, 晩たりとも置去り, 晩だうむ成程, 晩だけでもと云って, 晩だけと云うので, 晩だけを覚えて, 晩だしぬけにお, 晩だったろうネ, 晩だつたさうで二世を, 晩だつたら背の, 晩だ寝ずに考えた, 晩ちゃんと拇印を, 晩ぢやあありませんか, 晩ってお客さんが, 晩つき合つて, 晩つくづく捨てられたと, 晩つづいたのは, 晩つづきの睡眠不足, 晩つまり舞台稽古の, 晩つよい風が, 晩つらかったろう, 晩つんなに, 晩てえのは, 晩でありましたから先, 晩であろうが雪隠, 晩でござんしてな檀家, 晩でさえお寺の, 晩でさえもそれを, 晩でしゅ, 晩でしょうね, 晩ですつかり蚤にく, 晩でないからであった, 晩でなきゃア来ない, 晩でのみとり粉も, 晩でもとうけあいやがて, 晩でもとの枕に, 晩でやす婆さま, 晩といった方が, 晩といつても田舎, 晩といふもの碌に, 晩とうとうまんじりともしなかった, 晩とか急に, 晩とが自炊なら, 晩とこにはいる, 晩とだけ堯は, 晩とつぜん彼は, 晩とても朗らかな, 晩とてもそうです, 晩とで七八十目違います, 晩とまらせるから明日, 晩とまり翌朝にな, 晩とろとろもしなかつた, 晩とんだ木賃宿の, 晩どういう風の, 晩どうも頭の, 晩どこのかへりだらう, 晩どの街を, 晩どんより曇ったむし暑い, 晩ながい間降りつ, 晩ながらなんともいえない, 晩なき通しだ, 晩なぜ彼女を, 晩なぞに蟹の, 晩などが一晩だって, 晩などというありうべからざるはぐらかしの, 晩なども冷汗さへ, 晩なにかあると, 晩なにごとがあつ, 晩なはりし身の, 晩ならかまいませんのよ, 晩ならもつとゆ, 晩なら知らずこの冴えた, 晩なら遊んでもいい, 晩なりし由に, 晩なんかくらい横町に, 晩なんかを選んだの, 晩なんて決して今, 晩なんにも食べないで, 晩にかの人の, 晩にさえなれば, 晩にでもと色仕掛けに, 晩にはというので, 晩にはどつさり御馳走, 晩にもと言ふたが, 晩によって殖えたり, 晩によっては一杯機嫌の, 晩にわかに甚兵衛の, 晩にわたる戦前の, 晩ねえさんからお菓子, 晩ねずに歩い, 晩ねずみ仲間が残らず, 晩ねどこの中, 晩ねなかったと見え, 晩ねに行くまえわたしたち, 晩ねむらずに考え, 晩ねむらず考えてやっと, 晩ねむらないのだ, 晩ねむることが, 晩ねむれない始末であった, 晩ねむれるどころで, 晩ねんごろに, 晩のどにからまる, 晩のばさないか, 晩のばして見, 晩のみあかしてとなり, 晩はうやむや, 晩はじめてゆっくり話して, 晩はちよつと自分, 晩はとうど夜の, 晩はにぎはふのです, 晩はねこわいよう, 晩ははだかで, 晩はまたちがつた三人, 晩ばあちゃんに抱かれ, 晩ばかりがあるという, 晩ばかりのうちに, 晩ひとり窓辺に凭りか, 晩ひどい音が, 晩ひどく苦しさうだつた, 晩ひねくりまわして, 晩ひまをもらいたい, 晩ひょっくりと船頭衆, 晩ひょっこり彼女を, 晩ひよつこりはいつ, 晩ふいに後ろ, 晩ふた言三言言葉を, 晩ふたりにとってはじつに, 晩ふったらお宮も, 晩ふとしたことから, 晩ぶらぶら散歩し, 晩へんに正, 晩ッと, 晩ほこほこを喰, 晩ほととぎすが聞きたい, 晩ほとんどその時刻, 晩ほのかではあった, 晩ほんたうにサロメ, 晩ほんとうに買物, 晩ぼくらは紀勢線, 晩まじめに考え, 晩または地方によって, 晩まっくらな, 晩まったく早くから出掛けて, 晩までが畸行の, 晩までさ年が, 晩までしかいなかった, 晩までだって待って, 晩までで差支えありませんがね, 晩までとおっしゃるから, 晩までにゃきっと吉, 晩までにや三貫四貫は, 晩までを満し, 晩みな寝しずまってから, 晩みよし屋の本店, 晩みれんがましく縁側に, 晩むかし初めてヴィタリス親方, 晩めし前で店さき, 晩めし頃になつて, 晩め定価を見調べ, 晩もうすっかり暮れ切っ, 晩もしくは小正月の, 晩もちろん城内に, 晩もとの薄墨華魁, 晩もとめて置く, 晩もね鼻の, 晩もの彷徨いを, 晩ものさびしい野原の, 晩もネ香雪軒の, 晩やすまずに容疑者, 晩やすんだから乳母, 晩やってきた杉大門の, 晩やって来た時, 晩やつぱり二人切りで散歩, 晩やはりいつものよう, 晩やられていた, 晩やりつづけても正確, 晩ゆくより話題, 晩ゆすぶる金貨の, 晩ゆるゆるとあなた, 晩よそへ遊び, 晩よりはひっそりと, 晩らしく賑やかに, 晩らしくむこう側の, 晩らしゅう光るように, 晩らんぷや行燈の下, 晩れいのとほり家ぢ, 晩れし百舌の, 晩れたのである, 晩れたれば今, 晩れでも寺, 晩れますゆえのう, 晩れゆく秋の, 晩れ居り遅々緩怠の, 晩れ行く秋の, 晩わかれて寝なけりゃならない, 晩わけもなく, 晩わずかなこと, 晩をばかえって不断, 晩を以て現わ, 晩アアミンガアドがそっと, 晩アザラシ半島で思いがけなく, 晩アッタスンは自分, 晩アッタスン氏は暗い, 晩アムブロアジヌお婆, 晩アルバート広場で買った, 晩アントアネットは旅館, 晩アンナはもうけっして, 晩の一番, 晩イカラト云ウノデ吉兆ニ泊ル, 晩イロリのそば, 晩ウケを三つ, 晩ウチの女中, 晩ウマでロンドン, 晩ウラジ・カウカアズという町, 晩エミイが川, 晩エルザを訪問, 晩オリヴィエといっしょ, 晩オーヴンの中, 晩オ京ヲ世話セナンダラ, 晩カカッテ放シテヤッタ, 晩カフェエ・アラニョオで一碗, 晩カヨは夕食, 晩カラ水ヲ浴ビテ, 晩カリスフォド氏は書物, 晩カルタやトランプ, 晩カンテラとツルハシ, 晩ガヴローシュがやってきた, 晩キキイが女, 晩キツネのお, 晩ギンはちっとも, 晩クサンチスはひどく, 晩クラブである舞踏会, 晩グズ弁がその, 晩グラドウィツは数名, 晩ゲノアの宿屋, 晩コスモポリタン倶楽部で私, 晩コゼットを連れない, 晩コックス家の前, 晩コリーヌには劇場, 晩コロンボに錨, 晩ゴタゴタ並べて強請りに, 晩ゴンの熱, 晩サマロフさんは自分, 晩サミイのこと, 晩サヨの小屋, 晩サンフランシスコを抜錨, 晩ザセーキン家には常連, 晩ザッと千五百円, 晩シモンの陣, 晩ショボショボ雨の降る, 晩ジュウ満足ニ寝ラレナイト云ッテコボス, 晩ジョオンズ君が, 晩ステップを切った, 晩ストランドの裏小路, 晩スパセニアが冗談, 晩セラダと日野, 晩ゼライイドは彼女, 晩タバコ入れをたずさえ, 晩タフト氏は田舎町, 晩テイラアは早く, 晩ディーニュの司教, 晩トム公の体, 晩トラックが食事, 晩トンビなんてある, 晩ドウセ物にはなるまい, 晩ドロシーダ・ペトローヴナが言う, 晩ドーブレクが出かけた, 晩ナオミは, 晩ナヂェージダ・フョードロヴナと一緒, 晩ニヤリと気味, 晩ニユースを聞い, 晩ニ僕ハスデニ木村ニ対シ淡イ嫉妬, 晩ニ呼ビニニヤッテオシ籠メルト相談ガキマッタガ精一郎モ留メタガナカナカ聞入レガナイカラワタシモ困ッテ居ルト云ッテ, 晩ネルロとパトラッシュ, 晩ハスラツク氏の招宴, 晩ハビックリシマシタ少シ先生モ慎ン, 晩ハルツの塔, 晩ハ厄介ニナルガネ今日ハ取リ敢エズ京都ホテルニ泊ルヨ, 晩ハ吉原ヘ行ッタ, 晩ハ泊メタソレカラ真言ノコトヲイロイロ教エテ先ズ稲荷ヲ拝メトテソノ法, 晩バグダーノヴァが室, 晩パパのため神様, 晩ヒイヒイ泣いて, 晩ヒヨツクリ信太郎が歸つて來, 晩ヒレ酒の味, 晩ヒンドバッドは一番, 晩ピカデリーを散歩, 晩ピストルをポケット, 晩ピッコロミリ夫人は晩くま, 晩ファヴロールの教会堂, 晩フアウヌスがクサンチス, 晩フラフラと死ぬ, 晩フランセエズ座の見物席, 晩ブィエーの舞踏場, 晩ブライドは八時, 晩ブラウンとクリストフ, 晩プラットホームに居た, 晩プリヴォイ夫妻は伸子, 晩ヘルマンは再び, 晩ヘルンは散歩, 晩ベイスフォードへ帰る, 晩ベッドに入っ, 晩ベルネのうち, 晩ホモイは夢, 晩ボックスでイダルゴ, 晩ボブといっしょ, 晩ボースンは船長, 晩ポアイエ家へ行った, 晩ポオル叔父さんは雲, 晩ポルト・サン・ジャックの宿屋, 晩マオが何氣, 晩マッチ工場の社宅, 晩マデターダ立チドオシだつてさ, 晩マリイはやってきませんでした, 晩マルガレートはもう, 晩メイエルホリドの観客席, 晩メルキオルが夕食, 晩ヤールタで悲痛, 晩ユウゴオの宅, 晩ユキは一帳羅, 晩ヨシ子ちゃんが見た, 晩ヨハンネスが夢, 晩ライターの光, 晩ラエーフスキイとナヂェージダ, 晩ラサ府へ参っ, 晩リンカンが泊る, 晩リンゴ園の中平, 晩ルイザは涙, 晩ルリさんにした, 晩ロス夫人が夢, 晩ヴィオロオヌが来る, 晩ヶ岳は山中, 晩一〇一番の家, 晩一人東京へ帰った, 晩一人銀座へ向った, 晩一再ならずその, 晩一包みの金, 晩一合の酒, 晩一合召上つてお休み, 晩一家ぢゆうのもの, 晩一寸信州へ, 晩一年中の臟腑, 晩一度彼は必ず, 晩一日の終り, 晩一日看護に疲れた, 晩一時を聞い, 晩一時ごろまでかかっ, 晩一時間半おきには起され, 晩一晩じゅううちをはなれない, 晩一晩ぢう松子さん, 晩一晩中このお玉, 晩一晩中君勇につきまとった, 晩一晩倉前のつめたい, 晩一杯一杯一杯また一杯, 晩一枝はほつ, 晩一椿事がなお, 晩一歩も外, 晩一瓶をさげ, 晩一生涯忘れるはず, 晩一番美しい女, 晩一眠りもしなかった, 晩一間のうち, 晩一雄に云いました, 晩七ツ時竹島より出帆せり, 晩七人の浪藉者, 晩七八人もの蝦蟇口, 晩七日の一日中, 晩七日月が沈んだ, 晩七時ごろ彼は一人, 晩七時ごろ泰二少年はなにごと, 晩七時ごろ高橋さんのところ, 晩七時頃にお, 晩万之助を膝元, 晩万事がやはり, 晩万年橋の欄干, 晩万年筆屋は立ち退いた, 晩に沢山, 晩三人づれの若い, 晩三十六人の手下, 晩三十円で泊め, 晩三十法といふことに, 晩三吉夫婦は遅く, 晩三味線堀の古着屋, 晩三四の友達, 晩三四郎は東京, 晩三圍の前, 晩三度も踊っ, 晩三晩寢なくたつ, 晩三晩海岸に出, 晩三晩行つて泊つて見るか, 晩三村屋の裏, 晩三沢の二階, 晩三河屋の敬太郎, 晩三田が主人, 晩三省堂の店頭, 晩三藏は十風, 晩三輪の萬七, 晩三造は早々, 晩三郎さんは考えました, 晩三階の隅っこ, 晩上海を楽しん, 晩上田君と大田黒君, 晩上總屋の奧, 晩上野介と左兵衛, 晩上野公園の広っぱ, 晩上野原の弥助, 晩上野廣小路の夜店, 晩御所の, 晩下っ引の, 晩下女も小僧, 晩不帰の客, 晩不破数馬はすこし, 晩与之助がお勝手, 晩与八を出し抜い, 晩与兵衛が伝馬, 晩世帯をもつ, 晩両国の橋番小屋, 晩並山に長文, 晩中あしたもう一ぺん上海, 晩中あたい一人と踊っ, 晩中おかあさんをいじめ, 晩中お前のところ, 晩中お談義を聞かせた, 晩中くらやみの地上, 晩中なにも食べられやしません, 晩中アパートの表通り, 晩中テレマークしましょう, 晩中ドンチャカ音の絶え間, 晩中バケツで池, 晩中ピオニェール小僧と心理的, 晩中ランプの下, 晩中一睡もしない, 晩中三角原を見物, 晩中二人共うつらうつらし, 晩中井戸の中, 晩中伊代のお, 晩中休みなしに, 晩中何處へも出ないだらう, 晩中使用すると, 晩中僕の影, 晩中元は香り, 晩中入りかはり目, 晩中卓子に坐つ, 晩中叱責され土間, 晩中君勇につきまとった, 晩中団扇で追っ, 晩中夜露に濡れ, 晩中女は安火, 晩中女衒と交代, 晩中安心である, 晩中家を明け, 晩中密航に関していろいろ, 晩中密閉されて, 晩中平は久作, 晩中座したっきり, 晩中廊下をうろつい, 晩中彷徨して, 晩中彼の頭, 晩中彼女には思いだす, 晩中心配して, 晩中応答しなくては, 晩中悶々として森木はとこ, 晩中慟哭した, 晩中旅の宿屋, 晩中村係長たちがここ, 晩中森から出, 晩中横はらねば, 晩中橋さんはたしかに, 晩中橋すじの茗荷屋, 晩中欄干へも出られず, 晩中歯ぎしりをする, 晩中気分が重っ, 晩中水に浸し, 晩中江川平太夫の家, 晩中火の気, 晩中無惨にやられた, 晩中無気力な嫉妬, 晩中熟睡できなかった, 晩中物語をし, 晩中狐に化かされ, 晩中番をした, 晩中番頭の五助, 晩中監禁され打つけるなぐるほとんど, 晩中眉をひそめ, 晩中着通されたこと, 晩中碌に眠られなかった, 晩中祈り歌ひ明かすので, 晩中私たちはいろいろ, 晩中秦淮あたりの酒家, 晩中穴蔵の中, 晩中穴藏の中, 晩中空を越す, 晩中立ち通したか, 晩中竹藪の中, 晩中笑い通した, 晩中米神で釣ってた, 晩中納屋の蚊, 晩中聞き耳を立て, 晩中股ぐらをごしごし, 晩中腹の一塁, 晩中腹這いになっ, 晩中自由にされ, 晩中興奮のため, 晩中航行しなくては, 晩中船舶が入港, 晩中薪を焚い, 晩中行方のしれなかつた, 晩中裁に入, 晩中西へ漕ぐ, 晩中議論ばかりし, 晩中踊りを踊っ, 晩中身をうごかし, 晩中酒が呑める, 晩中防戦したが, 晩中陽気に騒い, 晩中雪の中, 晩中電灯をつけ, 晩中非常に恐ろしい, 晩中騷いで一泊, 晩中魔神の手, 晩中默つてゐるの, 晩丹羽文雄氏と落ち, 晩主人金兵衞が歸つたの, 晩主税が酔払っ, 晩久保に刺された, 晩久六は越後屋, 晩久兵衛の娘, 晩久助君は風呂, 晩乙女に感動, 晩九つの私, 晩九刻ごろ甲府の南, 晩九十九日目が来, 晩九時三十分現場へ行っ, 晩九時頃健一と燿子, 晩九時頃才の編物教師, 晩予想以上の多大, 晩事件は到頭, 晩二つ三つあること, 晩二の丸御殿の長局, 晩二三の知人, 晩二両三両の商売, 晩二人伴れで散歩, 晩二十五名組の大, 晩二十八人の大勢, 晩二十圓づつとしたつてそりや, 晩二千兩の小判, 晩二女が, 晩二度目に尋ね, 晩二時過まで, 晩二時過ぎまで, 晩二時頃奥から恐ろしい, 晩二更の頃, 晩二番目の息子, 晩二百余頭の馬匹, 晩つたので, 晩云ってくれた, 晩五両一分二朱六十八文の金, 晩五兩十兩の仕事, 晩五円払えと, 晩五十兩の金, 晩五十円でした, 晩五十匹六十匹と捕る, 晩五百人あったもの, 晩井戸の底, 晩井戸端に勝藏, 晩井深は何遍, 晩との間, 晩亥刻過ぎ平次は約束通り, 晩京子がこの, 晩京橋口で孫兵衛, 晩京都行きの送別, 晩を見物, 晩亭主をよこしなさい, 晩亮造が怖, 晩人々は話し, 晩人形町の末広, 晩人気ない洋風客間, 晩人質として妹加奈, 晩人里を窺う, 晩人間は愚か鼠一匹, 晩人間たちはこんな, 晩人魂がふわりふわり, 晩仁右衛門はそこ, 晩今井が下り, 晩今日は午前, 晩今時分ここへおいで, 晩今晩はいよいよ, 晩介抱を引受けた, 晩仏頂寺と丸山, 晩仕事で徹夜, 晩仕掛けをし, 晩他所からの帰り, 晩仙八の三年忌, 晩仙台の町, 晩代助に向っ, 晩代表でお礼, 晩令嬢は湯風呂, 晩以来お客といえ, 晩以来こちらに対して借り, 晩以来どこも大嫌い, 晩以来一刻とて忘れた, 晩以来一度も御, 晩以来一種の本能的, 晩以来万吉も妻恋, 晩以来島の一同, 晩以来彼女は二つ, 晩以来改心し真人間, 晩以来時平が急に伯父, 晩以来武蔵はいまだに, 晩以来源吉はしきりに, 晩以来生死の境い, 晩以来病気届けをし, 晩以来確か左の薬指, 晩以来雪太郎は菊之丞, 晩以来顔馴染にもなり, 晩以来黒幕にひそん, 晩牢を, 晩仲ようしや, 晩仲裁に入った, 晩仲間を大, 晩の一陣, 晩伊三郎の後, 晩伊之助親方と呑ん, 晩伊予守忠弘は八幡前, 晩伊勢屋總兵衞からの迎ひと言つて來, 晩伊藤侯が図らず, 晩伏せて置い, 晩伏見菊人は飛ん, 晩休みもなし, 晩休む時は, 晩があった, 晩会えなければしばらくまた, 晩会社の方, 晩会話の底, 晩伝吉が友達, 晩伝馬町の牢役所, 晩の家, 晩伯爵の心配, 晩伯爵家からあわただしく, 晩伺うからとのこと, 晩は半ば夢中, 晩位ここへお, 晩位余計に寝る, 晩位庵にとまつ, 晩位申上げる材料, 晩位番所で窮命, 晩佐分利の繩手, 晩何処へ行っ, 晩何年か前, 晩何様な処, 晩何百円だと, 晩は帳場, 晩余計母親と, 晩使い屋をたのん, 晩使った競走用自動車を, 晩使用人やふつう, 晩使者を出し, 晩たといふ, 晩便所に行っ, 晩保久呂湯には六太郎, 晩信一は絹子, 晩信吉は何処, 晩信州路を廻っ, 晩俺たちは捕縄, 晩俺達の掛合, 晩倉前のつめたい, 晩倉地が帰っ, 晩倒れてゐた, 晩借りて置い, 晩借りたってなん, 晩倶楽部で酔っぱらい, 晩健三がふと, 晩偶然倉田について飲み, 晩平次の, 晩備前屋でお玉, 晩備前屋さんへ入っ, 晩傭われた船頭誰と, 晩傳七郎を縛らせよう, 晩僕たちを新宿, 晩僕らはトランプ, 晩僕ハ木村ニ対スル嫉妬ヲ利用シテ妻, 晩僕等のいた, 晩僕自身が感動, 晩僕達はそこ, 晩元吉に舟, 晩元気で浮かれて, 晩兄弟三人は揃っ, 晩充分喰わせると, 晩先月ノ二十五日, 晩先生素裸で黒, 晩先輩に連れられ, 晩光子は珍しく, 晩つたに, 晩入って収入, 晩入れてやった, 晩入口の響板, 晩全焼にあいなすった, 晩兩人の親, 晩兩國橋の上, 晩八つ橋の許, 晩八幡大神からりっぱ, 晩八幡様には行かない, 晩八時ごろのこと, 晩八時近く宮本さんと重吉, 晩八時過ぎであった, 晩八時頃三造が風呂, 晩八時頃山田は秀子, 晩八時頃柳容堂からの電話, 晩八時頃私共は一つ机, 晩八重子はか細い, 晩八銭である, 晩八錢である, 晩六三郎は四郎兵衛, 晩六時ごろ彼は階段, 晩六晩続いた, 晩六月の四日, 晩六月二日夜の陰々, 晩六畳へ蚊帳, 晩六郎は平生, 晩共に大塚屋の, 晩兵書の輪講, 晩兵馬はひとり町, 晩兵馬さんがちゃんと, 晩其のお醫師, 晩其処に居続けた, 晩兼六園の席貸し, 晩兼子は長く, 晩内々小梅に囲っ, 晩内山はずいぶん, 晩内陣へ入り込もう, 晩冬坡君は夜, 晩涼しさ, 晩冷しておい, 晩冷沢の炭焼小屋, 晩み船, 晩光殿へ, 晩出かけましたよ, 晩出した貸し褞袍を, 晩出たぎり帰らないのは, 晩出たら目に, 晩出なかつたといふの, 晩出会ってやがて, 晩出帆したミル爺さん, 晩出懸けて見, 晩出蘭学者の飜訳書, 晩出附会信ずるに, 晩出雲屋の小梅, 晩の飾窓, 晩分十円先払いして, 晩切通しでの事, 晩刑部省の下役, 晩初酉に連れ, 晩別々の室, 晩別れたのは, 晩利国は泥酔, 晩到着したセエラ附, 晩到頭一人で, 晩刺客が来た, 晩則重が夫人, 晩前のと同じ, 晩剥がして置きやしょう, 晩劉安は肉, 晩加茂川の水, 晩努めたのです, 晩労働者クラブで何, 晩勃凸が大森, 晩勇次郎から何もかも, 晩勤めから帰っ, 晩勧められるままに, 晩北一条西十丁目幸栄館なる小国君, 晩北新堀の鍋久, 晩医専の連中, 晩十一時ごろ道で会っ, 晩十一時過ぎに安成, 晩十一時頃に寄宿舎, 晩十一時頃此処からお, 晩十一時頃酒に酔っ, 晩十一谷義三郎君と碁, 晩十七夜のお, 晩十二時時分になっ, 晩十二時近くに看護婦, 晩十人くらいしか出ませんで, 晩十八日の晩, 晩十時ごろになつて, 晩十時すぎ蔦子はもう, 晩十時半頃明るい街路, 晩十時頃まで色々, 晩十時頃酔つ払つて店, 晩十番館のホール, 晩千代子に向, 晩千兩は樂, 晩千歳の女将さん, 晩九郎は, 晩半兵衞が一杯, 晩半分ほどは土地, 晩半次は酒井樣, 晩卑しい妄想に, 晩卓二は熱海, 晩の花月, 晩南郷綾麿と香折, 晩単物帯も畳ん, 晩博奕に負け, 晩危うく水銀を, 晩即ち六月二十四日大阪の, 晩即死して, 晩却ってそんな話, 晩又吉は日頃心, 晩及びその他あらゆる, 晩友人等とお, 晩友松が冗談, 晩双鶴館の女将, 晩叔父は按摩, 晩敢ず, 晩取って返して図書館, 晩口惜し泣きに, 晩古い報知新聞の, 晩古市の備前屋, 晩古文書を改めた, 晩句会に臨む, 晩の鞄, 晩只一人にて黒人, 晩叫び続けて, 晩上る物, 晩召使たちが三, 晩台所に大きな, 晩の若い, 晩右近の髪, 晩司教の家, 晩各自にどう, 晩吉三郎が毒, 晩吉之助の方, 晩吉原へしけ, 晩吉岡さんは非道, 晩吉川先生を訪ね, 晩吉川訓導は高津校長, 晩吉田さんが遊び, 晩吉田屋の番頭, 晩吉良邸へ乗りこんだら, 晩名残を惜しませ, 晩垂楊深巷行, 晩向山へお嬢様, 晩向島の堤, 晩君たちは肉体, 晩君とこへ行く, 晩否応なしに金之助を, 晩吹いて砂上, 晩吹かなかった筈だ, 晩吹きつづけた凩が, 晩呑みあかしたのだ, 晩周一は空気銃, 晩周太郎が越前屋, 晩周思想と特に, 晩周次は會社の, 晩周馬と一角, 晩呻きとほし, 晩呼んだときも, 晩和一郎の口, 晩和田垣博士と僕, 晩咲きの桜草, 晩咲紅梅の蕾, 晩哥沢節のさらい, 晩唐一代の名家, 晩唐紙一重隔てた奥, 晩唐諸家の文学, 晩み合, 晩啼通されて, 晩喋らせておく, 晩喜劇の侍女, 晩喜美子は三十九度以上, 晩喫煙室で彼女, 晩営業中に二つ, 晩囃子方の六助, 晩四つ手網の番, 晩四つ辻へ行け, 晩四六時中竹一の傍, 晩四十面相が逃げ, 晩四条の駅, 晩四谷北町の小永井家, 晩四谷税務署から課長さん, 晩回向院前で砂田屋, 晩回診の後藤さん, 晩団子を丸める, 晩から妻, 晩国府津なんぞへ行った, 晩国手が私, 晩国民兵の服, 晩の義, 晩國西國の義, 晩阿と, 晩園田家にはもう, 晩圓朝はおびただしい, 晩に埋められ, 晩土手に駆け, 晩土手下で盗賊, 晩土産といっ, 晩土間の上, 晩の上, 晩地主の清水和助, 晩地主ノオマエサマガ忍ンデ来, 晩地図にばつ, 晩地方から出, 晩坂上の近藤さん, 晩坂井はそんな, 晩坂口を訪れ, 晩坂本氏から支那風呂, 晩坊城が甘酒, 晩つた儘黙然と, 晩坪井がお金, 晩埋立地で淨瑠璃, 晩に入っ, 晩城中の人, 晩城内の的場, 晩城門をはいる, 晩報其他との間, 晩の浦, 晩塚本夫人は真先, 晩塾生といっしょ, 晩の自分, 晩墓地をほっつき歩い, 晩増上寺の境内, 晩増田健次は夕食, 晩夏川は例, 晩夕食後彼女はなんとなく, 晩外崎君の家, 晩外記が来た, 晩夜あけ近くまでかかっ, 晩夜の目も寢, 晩夜一夜ちょうど愛, 晩夜中近くなつて歸つて來, 晩夜中過ぎになっ, 晩夜叉権を襲った, 晩夜学会をやっ, 晩夜店のかたは, 晩夜廻りが倫敦, 晩夜更しをすれ, 晩夜業は確か, 晩夜泥坊が入った, 晩夜警の提灯, 晩夜釣りにで, 晩夢にもみたほど, 晩夢中で悲しみ, 晩夢夜夢朝夢の三, 晩大きい牡丹雪が, 晩大丈夫ですか, 晩大井広介は至極, 晩大分更けてから, 晩大分夜が更けたらしく思った, 晩大勢の女の子, 晩大国主神をへび, 晩大型の輸送機, 晩大場家の奧, 晩大塚さんは自分, 晩大変好い月, 晩大変落付いて, 晩大屋さんの家, 晩大師が来, 晩大平さんの御, 晩大湊へ碇, 晩大笹に近い, 晩大通りでジョンドレット, 晩大道で身の上判断, 晩大隈がやつ, 晩大雨が続いた, 晩大音寺前から次郎左衛門, 晩大風があっ, 晩ようやくはれ, 晩天体観測をし, 晩天和堂の宅, 晩天新月西天に懸かる, 晩天晴麦田薯圃茫如海身在緑烟, 晩之助, 晩太守が革船山, 晩太郎右衛門夫婦は大きな, 晩のため, 晩奈良原部落の全, 晩奉公人一同を花火, 晩奉行の一行, 晩り続けた, 晩奔走して, 晩奮発して, 晩女中の居ない, 晩好い方のを, 晩如何しても, 晩妖艶の悪, 晩が今お, 晩妹娘のセッちゃん, 晩妻恋坂下の建部, 晩始めて来たん, 晩始終泣き通し, 晩姐さんはお, 晩と二人っきり, 晩娘さんは大平氏宅, 晩婆さんはカッ, 晩婚儀の席, 晩婦人作家の或, 晩と暮した, 晩嬉しそうに, 晩刻過ぎ黒木長者の, 晩子どもが欲しい, 晩子供ニ不意討チヲ喰ッテ泣カサレタコトガ未ダニ胸ニ残ッテイ, 晩子供等が寝た, 晩子分の亀吉, 晩孔明はふい, 晩存八が戸締り, 晩の風詢, 晩季節はずれの暴風, 晩學校の歸, 晩安井が一人私, 晩安宅を動かなかつた, 晩安次を置いとい, 晩宗祇と肖柏, 晩定吉の歸, 晩宮島で泊る, 晩宮廷のある, 晩宴会があっ, 晩家中の押入, 晩家中店先の涼み台, 晩家光に夕食, 晩家搜しして, 晩宿ったとき夜ふけて, 晩宿りくらゐで, 晩宿屋に着く, 晩宿泊する部落, 晩寄宿舎へ帰っ, 晩寅吉さんがお, 晩密雲不雨, 晩富来へ二晩, 晩さと, 晩寝いってほんの, 晩寝ずの番をし, 晩寝なかったところが, 晩寝なかつた人々かて, 晩寝ましたがちょうど, 晩寝ようと思ったら, 晩寝られないで苦しんだあげ, 晩寝られなかったことが, 晩寝れば訓練, 晩寝冷えをした, 晩寝台なん, 晩寢付けなくて, 晩寢通して, 晩に泊つた井出君, 晩寺田さんの逃亡, 晩専次が来なかった, 晩専門的な研究結果, 晩将軍家光の夕, 晩專三郎の方, 晩專次を見張らせ, 晩尊延寺に泊っ, 晩尊氏の営所, 晩尋ねましたが彼女, 晩小さい子の, 晩小さくなって, 晩小三郎はどこ, 晩小六は大晦日, 晩小名路の宿, 晩小学校の先生, 晩小宮山は夷屋, 晩小山内氏と私, 晩小幡民部に計略, 晩小文さんが例, 晩小日向の龍興寺裏門, 晩小林多喜二が来た, 晩小林少年だけをよこし, 晩小梅で殺された, 晩小火があった, 晩小田卷直次郎が權三郎, 晩小田原でやろう, 晩小田原町の叔母, 晩小菊は忙しかっ, 晩小豆澤小六郎が我慢, 晩小野は酔っ, 晩小野田は二階, 晩小間使は久しぶり, 晩就寝が遅かっ, 晩尾張屋の娘, 晩居なかつたばかりに, 晩居合せなかった村田に, 晩屋形から早く, 晩屋敷の召使たち, 晩山手組が斬りこみ, 晩山田の主人, 晩山田川へ筏, 晩屹度来ると, 晩岡崎の町, 晩岡本兵部の娘, 晩岡源という料理屋, 晩岩下の道場, 晩に泊つて, 晩島原で遊んだ, 晩崩れたのは, 晩嶺太郎はどんなに, 晩に漬, 晩川狩へ行っ, 晩川筋のそう, 晩川見廻りの役人, 晩川長の隣り, 晩川開きの花火見物, 晩巡査が一人机, 晩巡査部長がわざわざ, 晩巡邏の人々, 晩工場から暗く, 晩工場内の宿舎, 晩左様土居画伯が, 晩左近を殺し, 晩と一緒, 晩市ガ谷尾張屋敷の自分, 晩市ヶ谷の月岡某, 晩市之助が歸つて行つたの, 晩市役所のストーヴ, 晩市松は龍王山, 晩市立劇場で, 晩市長は後宮, 晩帝劇へ行った, 晩帝座に召され, 晩師匠の家, 晩席亭に対してまた, 晩帰つてからもその, 晩帰らなかつたのを, 晩帰りましてね, 晩帰りますいろいろ, 晩帰りませんなんだ, 晩常任の平賀甚兵, 晩平中は虫, 晩平常通り眠ったか, 晩平生のよう, 晩年寄りの佐兵衛, 晩年期なので, 晩年枝という兄弟子, 晩年頃から為氏, 晩幸作は若旦那, 晩幸手堤へ呼び出し, 晩幽霊が来たら, 晩幾代は突然, 晩広岡を村, 晩広島の街, 晩広田のこと, 晩庄司家の奧座敷, 晩床入もしねえ, 晩度々見えた白粉, 晩座敷が引け, 晩座辺の行燈, 晩庫裏の大戸, 晩庭さきで犬, 晩庭先に椅子, 晩のなか, 晩廊下をブラツイ, 晩廟祝の親父, 晩廻り廻って, 晩弓張提灯など勿体らしく, 晩引っ張りつづけに引っ張っ, 晩引越しをし, 晩弥七郎がいなくなった, 晩張つたものに違, 晩強い塩水へ, 晩強右衛門は部屋, 晩を濃く, 晩彼らの家, 晩彼プロレタリア作家の心, 晩彼女らが書物, 晩彼女達を相手, 晩彼奴は何処, 晩待ちあかして, 晩待って来ない, 晩待ったけれど多四郎, 晩待てど暮らせ, 晩待合の湯, 晩を跟, 晩後しづは板の間, 晩後れることに, 晩後宮の貧民窟, 晩徐晃と張遼, 晩従兄がくる, 晩御召しなすったという, 晩御神酒所なんかには行かなかつた, 晩御覧になった, 晩御飯ごろまで遊んでる, 晩徳川ばたけ, 晩徳松がこ, 晩心中する気, 晩必ず私の, 晩忍び込んで一, 晩快眠した, 晩念入りに調べ拔, 晩忽ち悪寒を, 晩怒って帰った, 晩思いもかけぬ, 晩思い定めなかったとだれ, 晩思ひも寄らぬ, 晩思案に余っ, 晩急病のため, 晩急病人がある, 晩怪しい老人から, 晩恋敵の異母妹, 晩恐ろしい夢を, 晩恰度あの事件, 晩恵林寺へ泊っ, 晩悄然として岡本, 晩悩み抜いて何ん, 晩四郎は, 晩悪友のお, 晩悲鳴を上げ, 晩惡者に殺され, 晩惡魔は最後的, 晩惱んだ不安, 晩意氣込んで歸つたガラツ八, 晩愕然とそれ, 晩愚痴をこぼし, 晩慨然として私, 晩憲兵にした, 晩戌刻半頃生暖かいの, 晩成瀬と二人, 晩我慢をすりゃ, 晩戦い続け竟に, 晩戸惑いをし, 晩戸締りをし, 晩戻っただけで殆ど, 晩房五郎の娘, 晩房枝と同じ, 晩手あてしましたら, 晩手下の一人, 晩手前が出, 晩手古摺らされた酒場の, 晩手合せが始まつた, 晩手負いの平左衛門, 晩打揃つて中座の楽屋, 晩招かれた十人あまりの, 晩拝殿の裏, 晩へて置いた, 晩拾った赤児を, 晩持ち前の魅する, 晩持って行, 晩持つてゐた, 晩持病の腹痛, 晩按摩を呼ぶ, 晩挙人老爺はなかなか, 晩捕手の手, 晩掘割沿いの寒々, 晩掛つてこの文句, 晩探して今朝, 晩揉みに揉ん, 晩提燈をつけ, 晩揚げ切りに, 晩揺られ通して来, 晩したが, 晩携えていた, 晩播南瓜の苗床, 晩改まって床, 晩改めて考へて, 晩放火に来た, 晩放置して, 晩敏子はやはり, 晩教師が来た, 晩数人の若い, 晩数寄屋橋のところ, 晩数寄屋河岸の柳番屋, 晩数時間立番をし, 晩文太夫が半蔵, 晩文楽師匠がこう, 晩文豪の遺作, 晩と一緒, 晩十郎の, 晩新三郎と新一, 晩新九郎の腕, 晩新吉の宅, 晩新年の雜誌, 晩新石下の村, 晩新聞社から帰っ, 晩方来居に帰っ, 晩に出る, 晩旅人は小河内, 晩旋盤工場の裏, 晩も見せ, 晩既に宵の口に, 晩日本のキモノ, 晩日野が八千代サン, 晩旦那樣の部屋, 晩旧友並山副領事, 晩旧師の口, 晩早めに帰っ, 晩昆虫親爺の乱酔たる, 晩くれば, 晩明かさなければならない, 晩明かした柳原土手の, 晩明け近くなる, 晩明けた朝方に, 晩明けるとすぐ, 晩明智家の家臣達, 晩明神下の平次, 晩の家, 晩昔ながらの懐かしい, 晩で朧, 晩春作はすぐ, 晩春日町から伝通院, 晩春日邦之助の屋敷, 晩春雪解の跡, 晩昨日は来ない, 晩昭全さんに飛び付いた, 晩ならぬ琵琶, 晩時計屋へ使, 晩から朝, 晩晩飯を済まし, 晩の富士, 晩晴れやかな顔付, 晩晴代は腹, 晩晴広重の筆致, 晩晶子を伴, 晩をつぶせ, 晩の中, 晩暖かな風, 晩暗くなって, 晩暗夜のなか, 晩暮してしまひました, 晩暮し棧橋の下, 晩暮すのは, 晩曲芸師は常, 晩書いては二晩, 晩書斎でつくづく, 晩最も高位な, 晩最後の飛躍, 晩最早家の, 晩月曜の早朝, 晩の詩, 晩朝子は灯, 晩朝飯の用意, 晩の上, 晩木下は可, 晩木山はその, 晩木更津へ行つて, 晩木枯の傳次, 晩回, 晩末造が無縁坂, 晩當に, 晩本因坊と私, 晩本堂にでも隱, 晩本当に騒ぎが, 晩本所相生町から芝, 晩本郷切通しの右側, 晩本郷四丁目から電車, 晩に向っ, 晩机竜之助, 晩杉田のあと, 晩李夫と二人, 晩村中呼んでの, 晩村木博士の別邸, 晩村長の二男坊, 晩来たら私ども夫婦は, 晩来ましたから口惜しく, 晩来合せていた, 晩来天ようやくはれ, 晩来微雨あり, 晩来雷雨あり, 晩来霽長空一碧是伊山, 晩来風ますます強く, 晩来風浪少しく起こり, 晩の対, 晩東京監獄に五晩, 晩東京駅へ行っ, 晩東海道国府津の駅前, 晩東海道國府津の驛前, 晩東窓の下, 晩東野南次はビルディング, 晩松井が自分, 晩松坂屋がやけ始め, 晩松本がやって来, 晩松田が相談, 晩板屋で居候暮し, 晩果して春日が, 晩果敢なくおなりなされました, 晩枢機官に司祭, 晩柏軒が多紀, 晩某家の庭前, 晩染吉はお座敷, 晩柳屋へ行つて, 晩柴田家の家中, 晩栄さん夫妻あてのお, 晩栄さん夫婦とシネマ, 晩根岸で辻駕籠, 晩根津の豪華, 晩桃龍たちがよっ, 晩案外気易く, 晩桔梗の方, 晩梅信亭で饗宴, 晩梅吉がお座敷, 晩梶親娘を殺した, 晩棒頭が一人つき, 晩植幸は離屋, 晩極彩色の普賢像, 晩極楽天上の夢, 晩にねられ, 晩楽友館の広間, 晩槍突きに出逢っ, 晩にねられ, 晩樂しんで眺める, 晩になっ, 晩横井が死んだ, 晩横浜へ着く, 晩横濱の用事, 晩橋場の交番, 晩欲ばっていたら, 晩欺いて四辻, 晩をうたった, 晩歌うクリスマスの, 晩歌ったように, 晩歌会をした, 晩歌留多に招かれた, 晩歓迎会が催された, 晩止めてほんの, 晩亥刻半, 晩正三君は照彦様, 晩正二が来た, 晩正体を見届けた, 晩正作が訪ね, 晩正夫は慌しく, 晩の辺, 晩此家の裏口, 晩此方へ三晩, 晩此部屋に休ん, 晩武田が訪ね, 晩武蔵は今年, 晩歩いて翌, 晩歩き廻ってすっかり, 晩歩くのも, 晩この名, 晩歳郎當曲正是三郎快活時, 晩ると, 晩歸つて來た時, 晩死ぬなんざ少し, 晩死のうとは全く夢にも, 晩死んでしまいました, 晩残った仕事が, 晩残月のみが白かっ, 晩殺されましたよ, 晩殺人事件のあった, 晩母親と立ち話, 晩毛利と淺野, 晩毛虫に附着, 晩があの, 晩気味悪がって, 晩気弱者のお, 晩気持よく勤め, 晩氣分が惡い, 晩氣弱者のお, 晩水車小屋へ潜入, 晩になっ, 晩永代の近く, 晩微出, 晩江州浅井の山里, 晩江戸中を搜, 晩池谷さんは永川下, 晩決行されること, 晩沈み返つて歸つて來て, 晩沈んでいた, 晩で泊った, 晩沢子へ宛てた, 晩沢庵はお, 晩沢庵さんはどこ, 晩沢庵坊めにおさえられた, 晩沢蟹がいや, 晩河内介は夫人, 晩河内屋へ忍び込んだ, 晩沸いております, 晩に漬け, 晩泉原は偶然, 晩泉屋本家へ曲者, 晩泊つたことがある, 晩泊つた事がある, 晩泊つた時いろいろ述懷, 晩泊つた温泉町から電報, 晩泊つた者が盜つたの, 晩泊つた街道筋の宿屋, 晩泊つてわたしたちは東京, 晩泊つて今日は歸つて來, 晩泊つて今朝戻つて來, 晩泊つて今朝歸つたと言, 晩泊つて伊賀と近江, 晩泊つて十一圓であつ, 晩泊つて十六日の午後, 晩泊つて存分に飮ん, 晩泊つて明日の夕方芝居, 晩泊つて来やうイヤだつたら直ぐ, 晩泊つて歸つて行つた, 晩泊つて火曜日の朝帰つて, 晩泊つて行つた時手に取, 晩泊つて鞘橋の上, 晩泊まりましてあくる, 晩泊めたとも思われない, 晩泊めようとせず, 晩泊らうと思つたの, 晩泊らせようと云, 晩泊らせられれば参っ, 晩泊りがけで浦和, 晩泊りたくなることが, 晩泊りましてネ, 晩泊りましたから些, 晩泊りましょうか, 晩泊りますが心あて, 晩泊り泊りの道草, 晩泊んねな兄哥, 晩法師丸はこっそり, 晩泣きあかしましたそしてムラ, 晩泣き明かす猛烈な, 晩泣き通していた, 晩泣けて仕様, 晩泥棒が入っ, 晩泥酔して, 晩洋館のまわり, 晩の中, 晩洞窟の口, 晩派手にやった, 晩流星のよう, 晩浅草へ足, 晩浅草代地河岸のお, 晩浜地の悪口, 晩浜路が忍ん, 晩浦島太郎が龍宮, 晩浮んで居りました, 晩のそば, 晩海岸に出, 晩海晏寺の前, 晩海老公飲みも, 晩海蔵寺三郎は五人, 晩浸っていた, 晩涼ませてやる, 晩涼秋宵の月明, 晩淋しい凄まじい心持で, 晩深々と考へ, 晩深井様からあらまし, 晩深夜に偶, 晩淺草から歸つて來, 晩清之介君は帰宅, 晩清吉老診, 晩清次郎は何, 晩清澄の茂太郎, 晩清養寺の庫裏, 晩渇ゑさしちや俵屋の暖簾, 晩の落ち口, 晩渡揚子江の詩, 晩温室用の石炭, 晩港外に仮泊, 晩の中, 晩湖水の上空, 晩湯屋の前, 晩湯島と池ノ端, 晩湯殿の中, 晩源吉はドロツプス, 晩源次郎がまいり, 晩滅多に乗らない, 晩滅茶滅茶に斬られ, 晩は, 晩るだけの, 晩演舞場を出た, 晩の軍侯, 晩漱石先生の処, 晩は急, 晩火じろのわき, 晩の下, 晩の前, 晩炬燵の上, 晩炭焼小屋で一夜, 晩為造は家, 晩烈しい夫婦喧嘩が, 晩烏帽子岳の深林地帯, 晩盡で, 晩無一文の早寝, 晩無事に寝み, 晩焼き米かじッて, 晩焼けつづけたのだ, 晩煙草屋の娘, 晩の華美, 晩照之助がそっと, 晩照彦様と正三君, 晩照燦爛たり, 晩熊井熊五郎は尾張樣御呉服所, 晩にうかされ, 晩燃えつづけてそっくり, 晩燈火を消した, 晩爆發藥をもつ, 晩やが裏, 晩爺さんに何, 晩にはいつも, 晩牛切の小屋, 晩牛込から親父, 晩牛馬羊の生肉, 晩抜けを, 晩牢内から見せ, 晩牧師は一人, 晩牧野伯が斉彬公, 晩物凄い吹雪で, 晩特にしばらく燈を, 晩特別新鮮に深い, 晩が騒がなかった, 晩独りで留守, 晩独帝はいつも, 晩狼たちは大挙, 晩をし, 晩之松, 晩になった, 晩の毛, 晩猿ヶ京の温泉宿, 晩猿橋駅の新井, 晩玄内宅へ一泊, 晩玄関に客, 晩玉の井へ行っ, 晩玉姫町の木賃宿, 晩玉屋へ返した, 晩は友達, 晩王子は夢, 晩王様がよく, 晩珍しく内気で, 晩責めです, 晩現像して, 晩現場を見た, 晩瓢箪の夢, 晩瓦斯会社に出, 晩生憎と一人, 晩のため, 晩からの初めて, 晩があっ, 晩用心棒にする, 晩田中君と世間, 晩田丸の娘二人, 晩田圃に坐った, 晩田川夫妻は見舞い, 晩田辺と幸崎, 晩甲府の或, 晩甲府八幡宮の茶所, 晩男の子は外, 晩男弟子たちが他出, 晩町中が寝鎮まっ, 晩町役人の監視, 晩画家の, 晩留めにし, 晩留守家には暮, 晩異常な経験, 晩疲れるといけない, 晩疲れ切つた彼の, 晩疲勞の爲め, 晩癒えた源次郎, 晩病床のまわり, 晩病院の隣り, 晩登山したもの, 晩白布につつまれた, 晩白鬚橋の襲撃, 晩百合子は不, 晩皆んなと一緒, 晩をすました, 晩盆踊りに夜, 晩盗んだ機密書類を, 晩盜賊が入, 晩助が, 晩直ちに急を, 晩直にボンベイに, 晩相応院へ帰っ, 晩真っ先に自分, 晩真土の黒髪堂の前, 晩真夜中に十畳, 晩真実そのものの慶賀, 晩真砂町の富士見軒, 晩真言坂の上, 晩眠って前夜, 晩眠らなかったりし, 晩眠りつづけて目, 晩眠れずに苦しみ通し, 晩睡って眼, 晩睡ったとしか思わない, 晩睡らないで頭, 晩睡られず朝がたうとうと, 晩睨めつこでしたよ, 晩睨めつこですよ, 晩矢島はタカ子, 晩矢張りタンゴを踊っ, 晩矢木と何, 晩矢留瀬苗子のアパート, 晩矢野公使と一緒, 晩と言, 晩知らずに眠った, 晩知事が派遣, 晩知人の客間, 晩短刀を差し込んだ, 晩石川と銀座, 晩石郷氏が帰っ, 晩砂濱へ置く, 晩碇泊して, 晩に眠らなかった, 晩確かに外, 晩磋磯之介, 晩磨いたと云う, 晩磯臭い空気の, 晩祇園から先斗町, 晩の図, 晩祝い事がある, 晩神保町の停留所近く, 晩神山に送られ, 晩神楽坂で別れ, 晩神社の石, 晩神隱しに, 晩で寝, 晩私等二人は兄さん, 晩私達二人きりで薄暗い, 晩秋山の室, 晩秋水の深み, 晩秋蚕もすん, 晩は大西路, 晩移って行った, 晩稍亢奮して, 晩税務署から三人, 晩種々な厭, 晩稻作んだから, 晩稼業の帰途, 晩稽古に來, 晩穴切明神のあたり, 晩空っ風に吹かれた, 晩空腹で死に, 晩空襲だった疲れ, 晩に泊, 晩は友人, 晩立って四日目, 晩立ってるのは, 晩竜子は母, 晩竹ヶ崎へ行く, 晩竹内はさんざん, 晩竹竿で菊次郎, 晩笑って云った, 晩節子の声, 晩篠崎始君の友だち, 晩簡雍を泊め, 晩など貰っ, 晩じゃ, 晩紀州から帰っ, 晩束の間の, 晩紋次郎は町内, 晩素子が化粧台, 晩素直に来, 晩終電車よりず, 晩組頭の堀尾茂助, 晩経ったらよかった, 晩経なければならない, 晩結婚式をあげよう, 晩給金をもらっ, 晩絶間なく感心, 晩続いた其一部分だ, 晩続けざまに調べられ, 晩綱倉の窓, 晩をあげ, 晩綴じ紙と一緒くた, 晩綿屋のお嬢さん, 晩総督と生蕃, 晩練馬の弟, 晩縛って置い, 晩織部正は宵の口, 晩繪圖面の番, 晩纏いを持っ, 晩置かれたことが, 晩美佐子とも話し合った, 晩美保子さんは部屋, 晩美奈子の実家, 晩美枝子は彼, 晩美沢に手紙, 晩美津子は母, 晩義経は九条どの, 晩義貞にせまられ, 晩る日, 晩老人は北の方, 晩老人オファレルが家, 晩考えぬいて病気, 晩考えぬいた揚句だんぜん, 晩考えれば必ず, 晩考へてくれた, 晩考へたなアお, 晩聖ジュアンの酒場, 晩聖天堂を見, 晩聖天樣男女兩體のうち, 晩聞かしったという, 晩聞かして上げよう, 晩聟入をする, 晩聟入りの行列, 晩肌守りに, 晩肖柏が来, 晩肩先に貫通銃創, 晩がドキドキ, 晩脇田先生の道場, 晩脳溢血でころり, 晩をかかえ, 晩腕車でお, 晩を立て, 晩自ら直接に嘉代さん, 晩自分たち姉弟が味, 晩自分等は予定通り, 晩自害すると, 晩自殺をする, 晩之助, 晩船中でおくる, 晩船幽霊の漕ぐ, 晩船長は一睡, 晩ではもう, 晩色々異見ヲ, 晩芝公園の寂しい, 晩芝居嫌ひなお孃さん, 晩芥川氏が何, 晩花井一郎は少し, 晩花売に市, 晩花嫁を自分, 晩花廼屋と虎, 晩芳村は行き, 晩芸術座の廊下, 晩芹沢鴨は早く, 晩夫婦は, 晩若君金一郎様がご, 晩苦しみ拔いたが, 晩苦労とはこの, 晩英国大使館の忘年会, 晩英子がカフェー, 晩草市を見物, 晩荒れに荒れ, 晩荒物屋のお上さん, 晩の十郎, 晩萬兵衞は殺され, 晩葬儀に引, 晩の部屋, 晩蒼い火を, 晩薩摩屋敷へまた, 晩や麁朶, 晩藤助は主人, 晩藩邸の人々, 晩に食われちゃった, 晩蛇滝の参籠堂, 晩蛤汁が出る, 晩ばかり食べさせられ, 晩蝙蝠かまたは, 晩蝦蟇をうつ, 晩蝶子が出, 晩蠣浜橋で一閑, 晩行きあたりバッタリに泊つた旅館, 晩行くぜ, 晩行こう昼間に, 晩行つて泊つて見るか, 晩行われた一問一答は, 晩行家は頼朝, 晩行方をくらました, 晩行李の後, 晩表札をださなけれ, 晩表門お長屋, 晩袢纏を紐, 晩被告は神戸方, 晩と晴着, 晩から入っ, 晩裏門へ駕籠, 晩裕佐は君香, 晩にし, 晩西戸部から逃げ出し, 晩西銀座の蕎麦屋, 晩見ないうちに, 晩見廻りさせようと思ひます, 晩見張られて居た, 晩見張るのだ, 晩見直してみる, 晩見舞に行っ, 晩見飽きるほど見た, 晩親仁の松藏, 晩親分を見張つ, 晩親切なこの, 晩親方がばくちの喧嘩, 晩親族の惣代, 晩親爺は幹太郎, 晩親類に何, 晩観世様が別荘, 晩観音堂では三十三体, 晩観音裏の田圃道, 晩角助の一味, 晩角太郎の楽屋, 晩言ってなんだか, 晩言った言葉の, 晩言つた通り非常に熱心, 晩言われたとおりに, 晩訪ねて行った, 晩評定所の床下, 晩試して見, 晩詳しい事情を, 晩説きに説い, 晩読合せに行, 晩警戒哨清澄公園角から向島押上町, 晩な素振り, 晩谷間の六号番屋, 晩豊世に泊る, 晩豊橋の宿屋, 晩はあんまり, 晩の件, 晩財嚢には何一つ, 晩貧しい街, 晩責め抜かれても容易, 晩貴公子と兵馬, 晩買いきってしまいます, 晩買う揚代は, 晩買つてその女, 晩貼り紙おばが眇, 晩賦詩頻, 晩赤い玉が, 晩赤児は咳, 晩赤酒を呑む, 晩越後屋の三之助さん, 晩趙家を襲った, 晩踊り拔いて, 晩踊り續けて居た, 晩を以て知っ, 晩身内の者, 晩身投をし, 晩身支度をし, 晩の中, 晩車夫が梶棒, 晩車室の隅, 晩軽井沢に逗留, 晩辛抱する人, 晩辰代と澄子, 晩農家から一俵, 晩の夜番, 晩辻陽子を一眼, 晩迄は大丈夫だ, 晩への馬車, 晩迎い火を焚く, 晩登山の, 晩近づきになった, 晩近江医学士が偶然専門, 晩追懐の感動, 晩つて行つてもうすぐ, 晩送ってこの上ない, 晩送り火を焚く, 晩送別会によばれ, 晩逃ゲテ帰ッタガソレカラ十年バカリ絶交シテ居タガ何トカ思ッタト見エテ, 晩樣に, 晩途中まで送っ, 晩通した同じ座敷, 晩通り合せて, 晩通り魔のやう, 晩通禧らは何より, 晩逢うことに, 晩逢ったとき出, 晩逢つてゐるわけぢ, 晩逢ひでもすれ, 晩連れて逃げよう, 晩連れ出さうと云, 晩連雀町の白梅, 晩進藤勝之助は深田琴吾, 晩遅く薄暗い横町を, 晩然に, 晩遊ばせてやれ, 晩遊びに行った, 晩遊びましたが大阪, 晩遊べるぜ, 晩遊ぼうということ, 晩運座の會, 晩一廃園, 晩過ぎるそれ丈が, 晩過ごしたら死ぬかもしれない, 晩過ごすつもりで, 晩過すことも, 晩過せそうも, 晩過労の夜, 晩道場へ逃げ込んだ, 晩道臣は千代松, 晩達雄は急, 晩遠い村の, 晩遭難者中の四人, 晩遲くだつたかな, 晩遲くまで八五郎, 晩選りと云っ, 晩遺族の方達, 晩邪魔されずに, 晩へ遊び, 晩部落の人々, 晩郵便局長のミハイル, 晩郵便馬車でモントルイュ・スュール・メール, 晩都合がついたら, 晩の刻, 晩酉の市から歸つて來, 晩酉刻半から子刻前, 晩酒けつかうけつ, 晩酒保から源氏豆, 晩つ払つて帰つて行, 晩酔って歩い, 晩酔っ払って野宿, 晩酔っ払った揚句では, 晩醉つた振りをし, 晩釈放されること, 晩里方へ帰つて, 晩重助の宅, 晩重大な会議, 晩重夫はこんな, 晩野原に泊り, 晩野宿しようかという, 晩野崎と赤井, 晩野道を歩い, 晩金之助に殺される, 晩金十郎の家, 晩金蔵の中, 晩釣るしておかね, 晩の棒, 晩鉄砲弾をくらっ, 晩鉄砲玉のよう, 晩銀子は二階, 晩銀座で会いました, 晩銀座通で自分, 晩銀座通りに近い, 晩銀造は貴子, 晩銭占屋は雨, 晩銭形の平次, 晩銭形平次は駕籠, 晩錦太郎を打ち殺さう, 晩鍋久へ行っ, 晩鍵屋の息子半次郎, 晩で腹, 晩鎧櫃に入れ, 晩長作を迎い, 晩長崎の二官, 晩長州へ行つて, 晩長平がおそく, 晩長火鉢の側, 晩長野の町, 晩門口にたたずん, 晩開かれる研究會に, 晩間唖唖子来りて, 晩間寒雨瀟瀟として落葉, 晩間有楽座に清元会, 晩間有楽座清元会に徃, 晩間松莚子細君を伴う, 晩間梅吉夫婦と赤阪, 晩間雷雨襲来ること前日, 晩間霎雨あり, 晩間風雨来らむとせしが深更, 晩間驟雨来らむ, 晩関ヶ原で私, 晩閣下が独り言, 晩阿佐ヶ谷神楽の連中, 晩阿波へお, 晩阿波屋は店, 晩降りつづけて明く, 晩降り抜いた昨日の, 晩降り通して加茂川, 晩限り金藏が行方, 晩の庭, 晩陸稲入乱れて, 晩陽気違ひの, 晩陽氣違ひの, 晩隊員はめいめい故郷, 晩障子が開いた, 晩隠居に渡した, 晩隱居に渡した, 晩雄二は母, 晩集った人たちの, 晩集まったのは, 晩集めて恵ん, 晩集金を済ませた, 晩は今月, 晩雛吉は得意, 晩雪五郎は江戸, 晩の冷風, 晩送雨天如洗, 晩電車ぎりぎりだったでしょう, 晩電車固有の美し, 晩霊場に泊る, 晩の空, 晩の間, 晩青い光を, 晩青堂という書肆, 晩青嵐居士と不破, 晩青木が井筒屋, 晩青木さんはフランス, 晩青野と伴, 晩青鼠服は射撃, 晩静岡若竹座でやる, 晩非常梯子をつたっ, 晩非業に倒れた, 晩非番になった, 晩面白く話し込んだよ, 晩靴屋を逃げ出そう, 晩頂上で吹け, 晩の或, 晩須田さんに別れ, 晩頭将軍家桜花を覧ん, 晩頭雪降る夜, 晩頼んでおいた, 晩頼母子講の金, 晩頼門から二人, 晩顔中へかいた, 晩風冷なり, 晩風吹雨濕鞦韆と云, 晩風歇みて, 晩風残暑を払, 晩風雨に紛れ, 晩風雪になっ, 晩飄々として七兵衛, 晩飛び廻つたのは, 晩食うて, 晩食べ残りの, 晩食わず飲まずで働き通した, 晩飯一杯半という有様, 晩飯二碗さしみ, 晩飯代りに一寸, 晩飯宿泊朝飯すべてをひっくるめた, 晩飯後も茶の間, 晩飯時分だったので, 晩飯時分孔雀のやう, 晩飯時間の銀座, 晩飯頃まで筆, 晩明した, 晩飲まず食わずでわしの, 晩飲みたくもない, 晩飲みましたの, 晩飲み明かして朝がけ, 晩飲み明かすに相違, 晩飲もうというたのしみ, 晩ひの, 晩養子武田重二郎は傳助, 晩の病褥, 晩首尾よく神尾, 晩首相加藤友三郎が泊つて, 晩香亡き後私はむしろ, 晩香坡行の木綿類, 晩香寮とは中學教育程度, 晩香波島を去る, 晩香波碇泊艦隊から急派, 晩の口取, 晩馬籠に泊まった, 晩馬道デ喧嘩ヲシテ, 晩駐屯軍の軍医, 晩駒井甚三郎は船長室, 晩駿河屋から二人, 晩騒ぎの真っ最中, 晩が訪ね, 晩高麗村の峡谷, 晩高麗蔵さんが二階, 晩を上げ, 晩にさらわれ, 晩鱈腹呑んで, 晩鱈腹牛肉と松茸, 晩鴉虚空を渡り, 晩鵜ノ島の船宿, 晩の村, 晩麦酒店で出会っ, 晩麻布のお, 晩黙って泊っ, 晩が出, 晩鼠小僧という賊, 晩鼻寺の暗やみ, 晩龍介はもし, 晩9時カルカッタを出, 晩ABCの友, 晩AKから私