青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「放送~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~改めて 改めて~ 改良~ ~攻撃 攻撃~ 放し~ ~放っ 放っ~ ~放つ 放つ~
放送~
政~ 政党~ ~政府 政府~ ~政治 政治~ ~政治家 政策~ ~故 故~

「放送~」 1328, 14ppm, 8078位

▼ 放送~ (233, 17.5%)

115 の工事場, へ行く 4 のマイクロフォン, の小林 3 から放送, の方

2 [12件] から録音, との関係, のある, のアナウンサー, の前, の守備隊, の自動車, の飛島, へ引返し, へ明日, や新聞社, を占領

1 [174件] からその, からの御, からひっぱりだ, からアナウンス, からスタンドレー大将, からニユース, から二十六日, から今日, から佐藤, から全, から台本, から夜, から帰っ, から帰り, から毎月鳴り物入り, から発せられる, から貰つた本, から迎, から電話, から頼まれ, がラジオ小説, が一つ一つ, が二つ, が停電, が全, が出, が完全, だけが活躍, であつ, であります, でこの, です, ですか, ですって, では三河國蓬莱寺山, では女幽霊, でも気, でラジオ相談所, で会った, で着眼, で電力, という渾名, となっ, とに釈明, との連絡, との間, と国民, と國民, と正面衝突, と絶交, と電話, にか, につとめ, にはかわった, に働い, に入, に出向かね, に勤めてる, に君臨, に実習生, に居た, に廻っ, に来る, に求める, に統一, のおいなりさん, のおじさん, のこえである, のなか, のスタジオ, のビル, のマイクロホン, の九周年, の事業, の佐藤武輔, の來書, の依頼, の係り, の候補地, の処, の初代, の占め, の受付, の嘱, の地下室, の場所, の塔, の大地下工事, の婦人アナウンサー, の安藤, の小林徳次郎, の小林氏, の屋上, の応接間, の技師, の技術試験, の放送全体, の文芸部, の方々, の昭和十一年度, の時報, の杉内アナウンサー, の松林あたり, の検閲, の構成, の演劇ラジオ, の無邪気さ, の理解, の用, の用事, の画期的, の真面目, の研究的, の空想, の第, の編輯局, の衆, の表口, の裏口, の車, の迎, の録音放送, の防音室, の階級社会, の電力, の非, の音楽, はあわただしく, はただ, はなかつた, は万事, は中央放送局, は云わ, は今日, は大, は思索, は時局切迫, への投書, へはちと, へも発せられた, へテスト, へ中継, へ八時, へ十二時半, へ届けさせる, へ届ける, へ急ぎ, へ持たし, へ掛けてる, へ明日放送, へ東海道線不通, へ求める, へ源之助芸談, へ菊田, へ行き, へ話さう, へ轉, へ送つた, へ駈けつけ, も今夜, も出来た, より, より佐藤, より六日, より十枚, より戦線, より放送, より話, を五十か所, を建設, を改革, を襲撃, を通じ, 第二

▼ 放送~ (160, 12.0%)

12 聞いて 8 やって, 聴いて 4 した 3 して, 聞いた, 聞きながら 2 したが, 聴くこと, 聽い

1 [113件] いくらきい, うまくとらえた, おたのみします, おわります, お聞きでした, お聞きなさい, き, きいた, きいたの, きいたり, きいた愚作品, きいて, きいてからに, きいても, きかせたが, きかない人, きかない私, きくと, きく気味が悪い, きく水泳日本, こころみた, させないの, させられてるとの, したと, したり, した時, してから, しに, しますなどと, すること, するたび, するといふ, そのま, つづけた, なさいました, なさるから, なし演説, はじめた, はじめ見つかっ, みずからなされた, もって, やった, やったこと, やったり, やめた由, やめて, やるから, よく御, キャッチした, 中断し, 中止させた, 中止した, 企てた, 依頼され, 信じて, 傾聴する, 全く強制, 創作する, 十分で終っ, 受けて, 受け取ること, 受信し, 喜んで, 四段の, 場長さんも, 増大した, 始めたから, 始めて, 家庭に, 捕えたであろうか, 政治から, 樂んだ, 毎日毎夜聴い, 決行する, 約束した, 終えて, 終って, 終ります, 終りまで, 聞いたが, 聞いたとたん, 聞いたもの, 聞いたらどんな, 聞いた人, 聞かないでは, 聞かなかつたので, 聞かれた方々, 聞きに, 聞きましたよ, 聞くこと, 聞くため, 聞くと, 聞くの, 聞こうとも, 聴いたり, 聴いた者, 聴く, 聴くべく今, 聴取者の, 自動的に, 致します, 行うこと, 行って, 行なったの, 行なわなかったが, 要求した, 観客に, 許さないこと, 途中で, 邪魔してやがる, 頼まれた, 頼まれたこと, 頼まれたとき

▼ 放送~ (99, 7.5%)

2 声は

1 [97件] あった翌日, あとで, ある今日, うちで, おかげで, ことを, こと打合せ, ご詔勅, ため, ために, ためには, ため狂言順を, ため順を, ため順序を, たよりな, ときに, ままの, やがてはじまる, コンティユニティーを, サラリーマン物は, テストに, テストを, トップとして, ドラマの, ネタ話を, プログラムに, ラジオで, 三十分くらい, 事であります, 仕事し, 代案を, 内で, 内容の, 分前畑秀子, 原稿を, 受信を, 台本である, 台本としても, 台本を, 国家管理という, 型を, 声が, 夜には, 始まって, 始まる時刻, 宇野久美子さん, 宇野久美子さんお, 宇野久美子さんです, 宇野久美子すなわち, 宇野久美子という, 宇野久美子の, 宇野久美子宛の, 客観性と, 感謝の, 打ち合せ, 抜萃を, 方が, 方だ, 方も, 日までに, 時刻に, 時間が, 時間に, 時間も, 有用な, 機関である, 民主化が, 浪花節である, 済むの, 物語を, 独特な, 用意を, 監督を, 真似を, 種類と, 稽古を, 立聴き, 素材の, 終った頃, 終らない中, 経験を, 自由を, 草案を, 菊田の, 解説者は, 試みや, 話から, 話である, 謎, 資料が, 途中で, 開始を, 際には, 電報が, 電波を, 類を, 騒音が

▼ 放送~ (82, 6.2%)

3 あるから, はじまった 2 あった, ありました, あると, あるという, すむと

1 [66件] あったが, あったという, あったとき, あって, あってから, あつた, あつたさうだ, あつて後, あり都会, ある, あるの, あるん, おだやかでない, きこえて, くりかえしくりかえし電波, これから如何, したくなって, すんでから, それです, たまにある, どんな風, なされた, なぜその, はいって, はじまつたの, はじまる, はじまると, ほとんど絶えま, キャッチされた, ニュースに, プツンと, 入って, 入ると, 出て, 出る, 利いたので, 半分しか, 原因し, 同時刻, 君が代で, 多い, 夜昼くりかえされた, 始まったらビリー, 強化され, 日に, 日本では, 日本人の, 最近長足の, 止って, 洩れて, 流れて, 甘く聴, 目盛盤の, 真実を, 終ったの, 終った午前十時, 続いて, 聞えて, 自由に, 芝居の, 行なわれて, 行われて, 開始され, 雑音と, 音楽の, 騒然と流れだし

▼ 放送~ (68, 5.1%)

13 ている 8 ていた 2 ておられる, ながら庄平

1 [43件] いつどこで, これに, それから, たりし, たりする, たり本, てあるく, ていただきたい, ていない, ていました, ています, ていません, ていらっしゃる, ておい, てくる, てくれ, てくれた, てしまった, てすぐ, てとうとう, てね, てはならぬ, てみ, てみません, てみる, てもよい, てもらえ, てゐた, てゐる, てモスクワ以外, て世間, て声, て帰り, て幼, て故国, て銃後, ながらさき, またフジテレビ, インターナショナルを, 各紙に, 大山と, 救助を, 西村楽天氏らが

▼ 放送~ (50, 3.8%)

1 [50件] あっても, いけないの, いよいよおしまい, うまく行ったらしい, きいて, これだけ, これで, これまでの, これをもちまして, さらに続い, さらに続く, しない, すぐさま止める, すぐさま録音, そのプログラム, そんなところ, たのしみだなあ, とつぜん聞えなくなった, ばたり, まだつづいた, まだアンテナ, まもなくはじまる, カルメンを, ソヴェト同盟の, ベンシの, 一つの, 一方において, 云うまでも, 伺ひました, 何だった, 厳禁し, 塾生たちの, 大変弱い, 大好評, 実はまだもっと, 山の下の, 広告や, 強いが, 戦闘終了の, 新中国, 新聞よりも, 明らかに, 時間に, 殆ん, 特別な, 聽け, 行なわれて, 要するに結果, 誰の, 譲原さんが

▼ 放送~ (33, 2.5%)

1 [33件] あのトランク, かなり実証的, こんなこと, それを, やったし, 一般に, 久米正雄氏等の, 代行出来るだろう, 充分その, 充分に, 全国に, 八十一歳の, 共産党の, 再三注意, 女子平泳の, 女房と, 対談した, 放送される, 文学博士和辻哲郎は, 注意の, 漢口陥落の, 私を, 稽古が, 空だの, 聞いた歓声, 聴かせるという, 脳病院から, 自らハッキリ, 誰も, 警察に, 貴官, 賑は, 連絡が

▼ 放送された~ (31, 2.3%)

3 のであった 2 ものを, 直後の

1 [24件] からです, から未だ, から東京市民, がスピーカー, がAK, ということ, とき人々は, のだった, のである, のです, ので一知, のには, のは, もの, ものである, ラジオニュースは, 地球崩壊の, 後だった, 時, 時にも, 直後われわれ二人を, 筑前琵琶も, 脚本中此の, 遺言

▼ 放送する~ (30, 2.3%)

3 ことは 2 ことが

1 [25件] さうだ, といふこの, ときなど, とのこと, とはわれわれ, と云う, と言う, のだ, のである, のでスウィッチ, ので吃驚, ので大, のは, ばかりで, もの, を要せず, 側の, 初枝, 十五分もの, 場合について, 必要は, 準備の, 石橋湛山大蔵大臣という, 規程に, 話のき

▼ 放送~ (29, 2.2%)

1 [29件] おくれたり, さらって, せよ短波受信機, なった, なつた, なるん, はっきり民主化, やっと間に合う, 中継と, 何か, 使って, 依存し, 出たり, 変えようか, 大満足, 当って, 於ける政治的言論, 於ける時事解説, 来たとて, 果して, 気を, 注意された, 福音, 移ると, 移行出来る, 群がる人だかり, 行かれた折, 誰よりも, 適する

▼ 放送した~ (28, 2.1%)

2 がその, ことが, んだ

1 [22件] ああいう, があまり, くらいだ, そうである, その涙ぐましい, ため大, ところであります, のかね, のであろう, のです, ので孤立, のは, のも, ものの原稿, ものを, よ, 位だ, 唯一の, 四世柳家小さんは, 時にさかいと, 男の, 話にも

▼ 放送協会~ (25, 1.9%)

3 のラジオ

1 [22件] から独立, が丁度そう, が事実上半官半民, が出来上る, が唯一, が必ず, で曾, との間, と放送局, などでもその, などのよう, に集っ, の仕事ぶり, の専務理事サー・ジョンリース, の根本方針, の独占的事業, は, は四七年度, は戦前, は手段, は日本, は猛烈

▼ 放送会館~ (24, 1.8%)

132 へ明日, へ行く 1 のほう, へかけつけ, へ徹底抗戦, へ戻り, へ福田宗吉, へ行き, へ飛島

▼ 放送され~ (22, 1.7%)

9 ている 2 てゐる

1 [11件] それが, つつあり, てい, ていた, て多大, て当の, もし新聞, 人々の, 当然ウラル号, 更に好評, 私は

▼ 放送委員会~ (19, 1.4%)

2 が組織, は新

1 [15件] がその, と本質的, に報告, のよう, の放送委員会要綱, の設立, の関心, はこの, はその, は日本, は日本放送協会, は目下精力的, は総理庁, をボイコット, を規定

▼ 放送される~ (18, 1.4%)

2 彼の

1 [16件] からかへつて歌, が私, くらいです, ということ, のである, ものと, テレビジョンによって, 事も, 前に, 台風の, 声は, 大相撲よりは, 日本国民的な, 時報を, 歌謡を, 臨時ニュースの

▼ 放送~ (12, 0.9%)

1 [12件] が私, であって, である, の声, の心理, の方, の正体, はすでに, はどうも, は予め, は何処, は自分

▼ 放送~ (10, 0.8%)

2 の部分品 1 が完成, にとりつけた, に近づいた, のスイッチ, の中, の前, の孔, はそれから

▼ 放送~ (9, 0.7%)

1 あり技, あるし, いろいろプログラム編成, したの, ちらちらきこえだした, やるその, 完全に, 演芸も, 空間から

▼ 放送~ (9, 0.7%)

1 でチラ, で呼ん, の一隅, の蟻田博士, はあつく, へはいっ, へ入っ, をかざり, を見物

▼ 放送~ (8, 0.6%)

1 から信ずる, か彼, というの, というほとんど, な, ね, もんだ, ッ

▼ 放送には~ (8, 0.6%)

1 お二人, こうした宣伝講演, 世界各国の, 個性が, 技巧の, 発表されなかった, 皆この, 盛んに

▼ 放送事業~ (8, 0.6%)

1 が官僚統制, が統制, の実際, の新しい, は個人経営, は財団法人日本放送協会, をのぞん, を民主化

▼ 放送~ (7, 0.5%)

2 第二放送 1 いうから, なると, 云えば, 似た禁令, 月二回の

▼ 放送事業法案~ (7, 0.5%)

1 が委員制, にたいしてより, に対する反対, の草案作製, をめぐって加えられ, を国会, を議会

▼ 放送会社~ (7, 0.5%)

1 につとめ, の方, の関係者, へは五百万通, へむかった, へやって来た, へ出むいた

▼ 放送~ (7, 0.5%)

21 としてあくまでも, としてある程度, の僕, の小説, の機械

▼ 放送である~ (6, 0.5%)

1 かはすこし, が, がなんと, ことを, とかあるいは, テストが

▼ 放送~ (6, 0.5%)

1 さながらに, の新, の腕, の話術, はさすが, は芸

▼ 放送という~ (5, 0.4%)

2 のは 1 ことが, ものが, 手段の

▼ 放送によって~ (5, 0.4%)

1 その講義, どうしても再生, エーテルの, 世界各国は, 決して代位

▼ 放送~ (5, 0.4%)

1 についた, のある, の後庭, の所長さん, へ来

▼ 放送です~ (4, 0.3%)

1 からお, のよ, よ, よおじさん

▼ 放送では~ (4, 0.3%)

1 つまり印刷物, なくて, むしろ観客群集, 一向気

▼ 放送~ (4, 0.3%)

1 でありました, に過去, の人, のBBC

▼ 放送内容~ (4, 0.3%)

1 の非, もある程度, もロク, を生産

▼ 放送~ (4, 0.3%)

1 のベテラン作家, の若い, も二つ三つ, や浪花節

▼ 放送~ (4, 0.3%)

1 から, が建てられた, が高い, を目

▼ 放送委員~ (4, 0.3%)

1 が真に, はあらためて, は公共, は公民権

▼ 放送討論会~ (4, 0.3%)

1 でも日本映画, などの席上, に出席, は第

▼ 放送しない~ (3, 0.2%)

1 なんてそんな, のかね, フランス人が

▼ 放送について~ (3, 0.2%)

1 である, 中でもその, 甚だ不満

▼ 放送~ (3, 0.2%)

1 テレビジョンを, 事務用に, 映画などに

▼ 放送台本~ (3, 0.2%)

1 の案, を二十五枚, を書い

▼ 放送委員会案~ (3, 0.2%)

1 というもの, の骨子, は日本

▼ 放送時間~ (3, 0.2%)

1 です, の四倍, 中でも内地

▼ 放送開始~ (3, 0.2%)

1 と共に合図, のビルディング, の大正十四年三月

▼ 放送電波~ (3, 0.2%)

1 がなくなる, にのっ, の受信障害

▼ 放送音楽~ (3, 0.2%)

1 が弦楽器, である, ならイヤ

▼ 放送しだした~ (2, 0.2%)

1 からラジオ, のが

▼ 放送だった~ (2, 0.2%)

1 から美味い, のである

▼ 放送とが~ (2, 0.2%)

1 ごっちゃに, しばらくあやめ

▼ 放送~ (2, 0.2%)

1 のである, ので出かける

▼ 放送なる~ (2, 0.2%)

1 ものは, 問題は

▼ 放送における~ (2, 0.2%)

1 この事件, 軽音楽流行歌等の

▼ 放送にも~ (2, 0.2%)

1 出て, 氣遣は

▼ 放送に対する~ (2, 0.2%)

1 御丁寧, 社会的統制力の

▼ 放送に関する~ (2, 0.2%)

1 すべてである, 可能性についての

▼ 放送に際しては~ (2, 0.2%)

1 好評を, 演出効果まで

▼ 放送ほど~ (2, 0.2%)

1 決定的で, 苦労した

▼ 放送ニュース~ (2, 0.2%)

1 それから号外, は日本

▼ 放送ニユース~ (2, 0.2%)

1 の取捨選擇, は原稿

▼ 放送プログラム~ (2, 0.2%)

1 は四五年八月以後, を模倣

▼ 放送ラジオ~ (2, 0.2%)

1 が放送局, の波長

▼ 放送制度~ (2, 0.2%)

1 に由来, の国

▼ 放送~ (2, 0.2%)

1 し得るという, によっていつか

▼ 放送局員~ (2, 0.2%)

1 です, 来り明日

▼ 放送局裏~ (2, 0.2%)

1 に不可解, の松林

▼ 放送~ (2, 0.2%)

1 体制, 体制への

▼ 放送曲目~ (2, 0.2%)

1 についても所感, はなつちや

▼ 放送~ (2, 0.2%)

1 まで握ろう, を奪われ

▼ 放送準備~ (2, 0.2%)

1 が出来ました, はまだ

▼ 放送演説~ (2, 0.2%)

1 でくりかえす, の名人

▼ 放送番組~ (2, 0.2%)

1 のこと, の編成並

▼ 放送~ (2, 0.2%)

1 一夜, 二夜先づ無事

▼ 放送講義~ (2, 0.2%)

1 には多少, によって取っ

▼1* [145件]

放送あまり面白くは, 放送あり八時半まで, 放送ありねころんできく, 放送おしまひの方, 放送かもしれないという, 放送これは内閣情報部, 放送さえなかった, 放送させそれを, 放送されちまってくさり, 放送しか聴かれず全波, 放送したいためでも, 放送したくてたまらない, 放送しつづけていた, 放送してやろうと思っ, 放送してるさうで, 放送しなかったがそんな, 放送しなければならぬ, 放送しはじめてゐた, 放送しようとする, 放送し続けていた, 放送すべきその内容, 放送するらしいからそこで, 放送する起き立てな, 放送すれば岩, 放送せねばならなくなるらしい, 放送せらるることに, 放送せられている, 放送せられたそのこと, 放送せられつづいてあなた, 放送せられる時でも, 放送やない, 放送つまらないので投げたくなる, 放送であろうと思われる, 放送でも語られた, 放送といふやうな, 放送として不充分であろう, 放送としてはこういう番組, 放送とでがまんしなけれ, 放送とともに戸外が, 放送との継ぎ目を, 放送なく精神大に, 放送などで今日三千万人の, 放送などというのは, 放送などには盛んに, 放送などを耳に, 放送ならあのあと, 放送において日本の, 放送になつて南京を, 放送によつて愛國歌が, 放送によるこの種, 放送に対し悪口を, 放送ひどくつまらないもの, 放送ぶりであった, 放送まかりならぬとなった, 放送まことにつまらんもの, 放送までされたら二葉亭, 放送より遅れて, 放送を以て遠く米国本土にまで, 放送ガバガバガバ局で, 放送テスト此の間海外放送でやった, 放送プログラム編成のため, 放送ホールでマリアン, 放送如何ナル程度ニ受信シ得ラルルカヲ試ミンガタメナリキ, 放送一般が元来, 放送不可能なよう, 放送中赤トンボが三度, 放送九時半に終る, 放送事業中最も公益的色彩, 放送事業草創時代のこと, 放送までにない, 放送代表に選ばれた, 放送以外にない, 放送以来半年位私の仕事, 放送俳句会の為, 放送全体がこの, 放送出版それから厚生, 放送について話す, 放送にお, 放送劇団の人達, 放送効果の立場, 放送午後八時より同, 放送協会技術研究所および浜松市, 放送協会案以上四通りの草案, 放送協会農山漁村文化協会婦人民主クラブ自由懇話会新協友の会日本文芸家協会日本著作家組合日本出版協会新日本医師連盟, 放送原稿などもあり, 放送受信を始め, 放送新聞社の, 放送好評らしい, 放送委員会案従業員組合案逓信省案放送協会案以上四通りの草案, 放送委員会法要綱を作成, 放送委員会要綱は原則, 放送委員会軍国主義の出版統制, 放送審議会がこの, 放送對談などみな, 放送局そのものがこれ, 放送局下の惣三居士, 放送局内の騒ぎ, 放送局占領が筋書どおり, 放送局声帯模写を一月八日, 放送局奪還はもう, 放送局技術部の笹木光吉, 放送局提供のおいなりさん, 放送局文芸課長久保田万太郎氏からラヂオ放送用, 放送局海外放送に対する御, 放送局編輯である, 放送局聴衆七十万記念の会, 放送局自動車だらけだ, 放送局舎の中, 放送局舎目懸けて, 放送局襲撃の第, 放送局襲撃隊の指導者, 放送局長が具体化, 放送居士では, 放送ね, 放送座談会対談口述写真訪問記などいや, 放送当事者も聴取者, 放送徳山の作, 放送稽古の, 放送成績として見る, 放送が展開, 放送技術の向上, 放送教育という十項目, 放送文化研究所というもの, 放送料理という困った, 放送料理これらみながみな, 放送松井翠声病気で生駒, 放送のところ, 放送法案が六月十八日, 放送演芸会で志, 放送漫談をとの注文, 放送無線電話が始まりました, 放送物語の新劇俳優, 放送現状の各, 放送も満, 放送の拡充, 放送編成会が働き, 放送聯盟會議の協定, 放送自体に独特, 放送記録が出, 放送許可が出ました, 放送は凡そ, 放送遺言状の言葉, 放送開始一時間半前になっ, 放送開始時間を待っ, 放送関係の仕事