青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「時半~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

時々~ 時として~ 時に~ 時には~ ~時代 時代~ ~時分 時分~ ~時刻 時刻~
時半~
~時期 時期~ ~時計 時計~ ~時間 時間~ ~晩 晩~ 晩年~ ~普通

「時半~」 2489, 27ppm, 4343位

▼ 時半~ (560, 22.5%)

31 出て 20 家を 16 なると 13 なって 11 眼が 10 起きる 9 起きて 8 出る, 迎へ 7 出かける 6 なった, 座へ 4 なれば, 出発し, 終る

3 [14件] ここへ, なっても, なつた, なつて, なるが, ねた, ハネる, 僕の, 入る, 公会堂へ, 出発した, 床へ, 行く, 迎へが

2 [24件] おきて, して, なったが, なったとき, なります, なる, ねて, ビクターへ, 出た, 出発する, 宿を, 帰って, 徳山が, 打出し車, 放送会館へ, 来て, 此処を, 砧へ, 立って, 終ると, 艀舟で, 起きた, 起きると, 野営地を

1 [313件] ある婦人, うちを, おたく, お前は, かえって来, かえって行く, かえる迄, かっきりと, きっとや, きなよ, きり上げ, くるといった, このバルコニー, した, すむと, すむの, する, そこに, その列車, ちゃんとビクター, ちゃんと眼, つくと, でる, なったらきちんと, なった出かける処, なった山, なった時, なった知らせ, なっちゃった, ならなけりゃパパ, なりました, なりますから, なり一時頃, なり九時五十分, なるか, なるころ, なるの, なろうと, ねたので, ねる, はじまって, またここ, もうデモンストレーション, やって来て, やっとその, やっと総勢, ゆく, わしの, わずかに, アガる, アダリンの, ウーゴモンの, ウ氏の, ゲンスヴィルの, コンシエルジュリーへ, ゴーリキイは, サイレンが, タクシーを, ツェルマットという, ハネ, ハネた, ハネち, ピエエル・オオビュルナンは, ピニエス・ペンドルという, ブルゴスを, ベゲテリアンで, ベゲテリアンへ, ベルネの, ホテルへ, ホテルを, ボーイたちに, モミヂ旅館へ, ロケに, 一ノ瀬に, 一寸した, 一橋の, 三角点を, 三越衣裳部へ, 上井出を, 上田と, 上野光子が, 下りて, 主人が, 乗らねば, 予審判事検事警官の, 亡くなられたと, 京宝へ, 人穴の, 仕度を, 伝馬を, 伯母さんに, 伸子が, 住んで, 便所から, 修善寺を, 先生の, 入って, 入り今日, 入ると, 入場し, 八木原駅へ, 公主嶺駅に, 内を, 出かけて, 出かけなければ, 出たと, 出た私, 出ると, 出る女房同伴国際劇場, 出る寒い, 出動する, 出勤し, 出勤しました, 出勤せられる, 出合の, 出発, 切り上げ歌舞伎座, 初江という, 到着した, 北に, 古賀氏と共に, 只見川の, 吾, 四人が, 四人とも, 四条河原町の, 塩山停車場を, 夕食を, 外へ, 外務次官が, 外金剛駅へ, 夜のを, 大急ぎで, 大東京階上, 大森松, 大阪で, 大震が, 夫は, 失敬し, 女の, 女房と, 妹とともに, 始まつて三時, 始まり牛, 定食を, 宝塚ホテルへ, 家へ, 宿に, 宿へ, 寝ました, 寝る, 小屋を, 小牛田行きの, 少し間, 届けられた, 岩が, 島を, 工業倶楽部へ, 帝劇四階稽古場へ, 帰ったん, 帰り, 帰りました, 帰り寝床, 帰るあんまり, 帰る予定, 帰宅, 帰宅床へ, 広小路から, 弁護人は, 式と, 役所から, 彼が, 彼の, 彼女は, 待って, 御出帆, 心斉橋の, 思ひ切って, 散歩に, 文ビルへ, 日劇を, 日劇四階会議室へ, 明治座へ, 明石署を, 昼食を, 昼食パン紅茶サッカリン入り, 昼飯前六度三分, 書き終って, 有楽座, 未練たっぷりで, 本館の, 来いと, 来た, 来る由, 来る約束, 来れば, 来迎寺停車場に, 東京駅に, 東宝支社へ, 梅田の, 楽屋へ, 楽屋入り, 此峰頂に, 殺生小屋を, 母上, 母上と, 水明館の, 泊駅に, 海岸通りの, 消されたの, 清水荘平が迎への, 温泉に, 湯から, 湯河原から, 満潮だ, 熊笹が, 熱海で, 父は, 片付けて, 甲府に, 町長の, 番町の, 発って, 発つて, 發する, 眼を, 眼科へ, 着いた, 着いたが, 着くべき汽車, 砧の, 私が, 稽古場へ, 空港に, 立つて, 立つと, 竹川を, 約の, 約束より, 紅葉館の, 終ったので, 終らせねば, 終り眼医者, 羽生に, 自動車で, 至り夜, 芝白金の, 著いた, 蒲田新道の, 薪の, 行ったが, 行われたの, 行われたもの, 行われて, 西北を, 訪ねて, 起きた時, 起きまして, 起きるあくび, 起きるその, 起きるん, 起きる入浴, 起きる声いかん, 起きる宿, 起きる服部さん, 起きる辛い, 起きる風, 起き入浴食事, 起き出した私, 起き出して, 起き天勝, 起き本郷顕本寺, 起き浅草, 起こされると, 起こされ大庭六郎等同道浅草, 起こったこと, 起こったとは, 起されたが, 起される, 起される七時半, 起される辛い, 起される道子, 起床し, 起床午後四時頃まで, 車を, 車来り, 辞し空腹, 辞し電車, 辞す, 迎えに, 近い, 近い頃, 遇うて, 道男が, 郊外の, 釧路行に, 銀座の, 閉ねる, 開かれて, 阿見が, 頂上へ, 順天堂へ, 風呂が, 飛島と, 食事だ, 食堂に, 食堂へ, 食堂部が, 馬車へ, 駅へ, 高槻迎へに, 鳴るよう, 鳴る近い

▼ 時半~ (297, 11.9%)

9 であった 7 になっ, になる 5 でした 3 だったと, だと, であつ, 迄か

2 [22件] から家, から明るく, だった, であったろう, である, でがなあ, です, では, にお, にそれ, になつて, になつて街, に十番, に家, に服, に終っ, まで各, 出て, 出る, 終る, 起きて, 起きる

1 [213件] あった, あの小鈴, あやまって, いつもの, お見え, かえって, かえりました, かそれとも, かなり強い, から, からかかっ, からづー, からで, からボツボツ, からロッパガールス, から一時間, から以後, から出かけ, から出る, から初, から坂本さん, から大丸, から店, から座員数名, から日比谷映画劇場, から昼寝, から来られ, から残り, から滑り, から田, から病人, から約, から肩越しうしろ姿, から自分, から起き, から道子, か二時, がいい, さそいに, しきりに寺, じゃったかなあ, じゃない, すなわち甚吉, それから本, だったか, だったでしょう, だったろうと, だったろう遠く, だつたので, だつたらう, だという, だろうと, つく, であったが, であったろうか, であったろう吾輩, であらう, でさては, でしたお, でしたか, でしたから, でしたが, でしたでしょうか, でしたもの, でしたよ, でしょう, でしょう汽車, ですよ, でもあったろう, でチョン, で御座いましたでしょう, で御座いましつろうか, で急いだ為, で牧野さん, で私, で酒場, と思います, なりき, なりしが, に, にうっすら, にお客, にかの, にこの, にし, にて今, になった, になります, にのめ, にはじめられ, にはついに, にはもう, には大概, には女中, には最早, にもなりましょう, にやつ, にビールガンジ, に中野, に会社, に例, に入っ, に初江, に去る, に君ら四人, に坂田, に始まる, に学校, に寝た, に寝室, に帰つて, に帰る, に帰宅, に式, に我善坊, に新橋, に書斎, に木村さん, に柳橋, に洋服, に漸く, に用, に着, に第, に終った, に終る, に自宅, に至り, に薬, に迎い, に鍵, ねち, ねて, のこと, ので立つ, の事, の汽車, は七分の入り, は按摩, まで, までかかっ, までがアパート, までつきあった, までには外出, までに二三册金高, までね, までのこの, までの氣合, までまことに, までまんじりと, までやり, までゆっくり, まで一家, まで一緒, まで何, まで兎, まで家, まで晝寢, まで約, まで話した, まで読んだ, まで起きない, まで連弾, まで開い, も出, やって来た, やっと眼, わりに早かっ, を示し, 出かけて, 出かける, 出倉知, 出掛けました, 寝た, 寝る, 帰って, 帰られる, 帰る, 御宅, 思い切って, 揃って, 既に呼吸, 明るい街路, 最近かっ, 来た, 済んだ, 漸く出来た, 着いて, 着くなと, 茫として歸つて來, 行く, 行って, 起きた, 起きましたから, 起きる京都, 起きる入浴食事, 起きる千山閣, 起きる松平旅館, 起き今日, 起き入浴朝食, 起き滝村, 起こされて, 迄ねる, 迄やった, 迄やり, 迄寺, 迄居, 迄林長二郎, 迄汗, 迄熟睡, 迄裸, 迄読ん, 青白き大佐

▼ 時半から~ (119, 4.8%)

4 三時半まで 3 十二時までの 2 三時まで, 九時半まで, 動くからな, 十二時まで, 午後の

1 [102件] おきて, けい古, けい古なり, だったろう, だよ, つぎの, である, です, ですけど, もうボックス, やろうという, トロ, ホテル演舞場で, 一回, 一時ごろまでの, 一時半まで, 一時半頃までが, 一時間も, 一時間放送する, 七時ごろまで, 七時半まで, 三カット撮っ, 三時までか, 三時までは, 中央公論の, 九時半までに, 九時迄と, 二十五分物語, 二時の間に, 二時半まで, 二時頃まで, 五時の, 五時半頃まで, 僕原作の, 八時までの, 八時頃迄の, 六七時頃迄, 六時だ, 六時まで, 六時半まで, 六時迄, 内幸町高千穂ビルの, 出かけて, 刈谷の, 勤務しはじめ, 十一時という, 十一時半までの, 十一時頃まで, 十二時ちょっと過ぎまでの, 十二時に, 十二時十五分まで, 十時すぎといふ, 十時半まで, 十時頃まで, 午後一時半まで, 名宝会館で, 四十分の間に, 四時半迄, 国民美術の, 声帯模写少々, 外科の, 夜の, 夜は, 大劇場, 始って, 始まって, 始まるん, 実験会の, 小劇場楽屋, 座の, 後の, 後藤子爵の, 御納屋, 手踊りが, 教会の, 明舟町の, 朝十時迄, 東亜商事の, 楽しみに, 横浜の, 正午まで, 死体の, 毎晩の, 演習へ, 漸っと, 物語を, 独りの, 目が, 稽古だ, 立って, 第一部, 約五時間緊張, 続行する, 舞台けい古だ, 芝三椽亭で, 芥川賞の, 英語会が, 茂木さんの, 起きて, 通して, 防空演習でした, 髪結を

▼ 時半起き~ (111, 4.5%)

11 座へ 5 今日は 3 十二時から, 十二時に 2 で座, 日劇へ, 顔の

1 [83件] けい古場の, けい古場へ, その辛い, で出る, で帝劇, は辛かっ, むし暑くて, ゆふ, ダットサンで, ハリバ宣伝映画の, ビショ, マチネー今日まで, 一時に, 下二番町の, 久々の, 久々ボビーと, 二時に, 二階で, 今日までは, 今日も, 今日より, 伊藤松雄訪問, 伊藤松雄訪問例の, 入浴し, 入浴してる, 入浴朝食し, 十二時半に, 十二時文ビルへ, 十時に, 又堂島クラブ, 味の素ビル屋上の, 四谷から, 堂ビルの, 多和, 家から, 家を, 宿の, 寒い, 寒いこと, 小劇場, 川万の, 座は, 徳山が, 日曜で, 昨夜吸入した, 昨宵, 昨日の, 昼の, 暑し, 有楽座, 朝食パン飯より, 東京駅へ, 板倉さんへ, 殆ん, 母上と, 母上見物で, 永田町の, 涼しい, 清と, 清を, 渡辺篤から, 狩野さんが, 砧村へ, 稍, 竹川へ, 築地小劇場へ, 蒲田撮影所へ, 藤山, 辛し, 道子と, 道子鎌倉の, 銀座の, 阪急で, 雨で, 雨である, 雨ジャン, 雨模様, 青砥来訪伊藤松雄の, 食事, 食事し, 飯を, P, PCL

▼ 時半ごろ~ (108, 4.3%)

8 だった 4 であった 3 でした, になっ 2 です, になる, のこと

1 [84件] いつもの, お手, か, かえった, かえったらあなた, かえりますうち, かなり湖水, かね, からこの, からもみはじめた, から十二時すぎ, から十時半ごろ, から夜八時, から子供, から真夜中, から翌朝八時, が三つ, すなわち爆発, そっと鶴子, その建物, だが, だったが, だったので, だったろう, だつた, でございます, でしたかな, でしたかネ, でしょうな, でしょうね, ですが, でそれ, でもありましたろう, で急げば, で程なく, ということ, という今, とても筆紙, なの, なりけれ, におい, にかけて四五人, についたら, にはここ, にはこの, には帰った, にまた, にファンティーヌ, に出かけ, に勤めさき, に私, に終った, に至り, に限つて, の分, の日, の有り様, の重い, の陽あし, ひとまず現場, まで, までうろつい, までこれ, までで, までは西風, までは調理場, までぼんやり, まで大川, まで寝た, まで賑やか, まで遊ん, よ, より吹きはじめ, るつぼの, をもっ, 再びトラック, 再び白い, 出かけて, 当港岸壁, 新しく借りた, 眠って, 立って, 終ったよう, 起きて

▼ 時半~ (103, 4.1%)

17 汽車で 5 汽車に 4 列車で 3 バスで 2 お茶に, 処を, 汽車には, 準急で, 鐘が, 風景

1 [62件] うちに, お乳, こと, ことである, におき, エール, サクラで, シアンセで, ニュースを, 一番で, 二回市民無料招待の, 会見を, 喉太い, 執筆である, 報告という, 報告の, 夕食までは, 夜行で, 太郎の, 字面を, 定なれ, 弦月丸で, 急行で, 急行に, 急行列車に, 指針を, 摩擦の, 摩擦は, 教官室は, 新京阪, 方に, 日光は, 日比谷公会堂へ, 昼食だ, 時報を, 最後の, 朝食に, 木かげが, 東海道線だ, 柱時計が, 汽車, 汽車ぢや, 汽車まで, 汽車迄, 準急が, 灼くよう, 特急で, 発車前に, 看護婦の, 約束だ, 約束な, 約束までには, 終列車だ, 網走行きが, 自動車で, 船に, 解放汽笛が, 講演の, 閉監まで, 開門の, 間は, 電車で

▼ 時半まで~ (83, 3.3%)

4 ねた, ねる 2 いた, よくねた, 行乞する

1 [69件] あちらでした, いました, お定, お話できます, がんばろうと, きいた, くり上りました, ぐっすり寝通した, さらに大竹町行乞, しゃべっちまった, ずっとクラブ, ずっと病院, そこを, それに又, ですから, ねちまった, ねるボビー, ひの, びっしり立ち, ぶっ通し, へた, まっ黒やみの, まてず六時すぎ家, まる六時間, やった, やる, クラブから, 一時間半ほどは, 一本の, 丁度二時間という, 三十分ぐらい, 三荘やる, 仕事を, 会社の, 何と, 働いて, 切符は, 勝手に, 午後は, 合計七時間という, 四荘やる, 大に, 寝て, 寝る, 岩国町行乞十一時から, 彼女は, 待った, 待って, 待つて, 快く眠る, 掛って, 歩いた, 眠りました, 眠る, 眠る座, 社に, 種々は, 稽古が, 第一流街, 舞踏会に, 行乞, 行乞この, 行乞行乞相もよ, 覗いたが, 話し合った, 話し込む, 起きて, 起きてた, 飲みつづけたね

▼ 時半には~ (60, 2.4%)

2 モウ共立病院の, 帰って, 既に日, 私が

1 [52件] お父様, きちんと帰, きちんと帰っ, この河, どこに, ならなかったでしょう, ぼくに, まだ一カット, まだ十五分, まだ間, みんな揃つて居ます, もう一時間, もう敦光, もう殺され, もう生まれ, もう起き, ゆっくりこの, レインボーへ, 上河内岳の, 仕事を, 何事が, 僅に, 全く暗黒, 出るそう, 太陽が, 寝床に, 小屋の, 弁公引き窓を, 彼は, 必ず寄る, 必ず蚊帳, 戸外が, 日が, 朝飯を, 構内に, 歌川家を, 比野町は, 灯が, 眠るでしょう, 私どもは, 終らないと, 起きためづら, 起きた昨夜, 起きた穂積, 起きて, 起こして, 起床した, 退出しなけれ, 野州の, 鎌倉驛前から, 鞍部に, 順天堂へ

▼ 時半~ (51, 2.0%)

8 過ぎて 4 指して 2 すぎて, 打った, 打つと, 過ぎると

1 [31件] うつ, さしたところ, さして, さしていら, しめすと, すぎた時間, すこし過, ちょッと, とっくにまわっ, 回って, 報じた, 報じたの, 報ずる七點鐘, 報ずる黄金製, 報らせる沈んだ, 家の, 廻った, 廻っても, 打ち三時, 打ったとき, 打ったの, 打ったので, 打っても, 打ってる時, 打つた, 打つて, 打つの, 指した, 示すよう, 過ぎたとき, 過ぎても

▼ 時半~ (45, 1.8%)

7 ねた 4 ねる 3 ねて, 寝た 2 ゐて

1 [26件] ぐっすりねた, ぐっすり寝た, さわいだ, たっぷりねた, だと, ねたの, ねちまった, ぶっ通す, やりタクシー, やり大, よく寝る, よく眠る, 休んで, 何も, 例の, 全くよくねた, 大丸の, 寝る, 寝通した, 待たされる, 御馳走に, 撮影所に, 眠った, 眠り食堂, 竹川, 紅茶と

▼ 時半~ (29, 1.2%)

3 いうのに, いえば 2 いうと, なる

1 [19件] いうに, いふに, しよう, その次ぎ, なった, なりしも, なり九時四十分, なり今にも, なり小笠原行き, なり親子, なる頃, 三時から, 云うきめ, 十一時半に, 四時の間に, 張出して, 指定され, 言うの, 話して

▼ 時半~ (27, 1.1%)

1 [27件] っきりに, なにしろ御, 一時頃でしょう, 一時頃では, 三時でなければ, 九時に, 九時には, 二時にも, 二時前に, 五時だった, 五時まで, 八時頃と, 六時ごろです, 六時に, 六時半ごろ, 六時頃から, 十二時ぐらいに, 十二時ごろに, 十時ぐらいに, 十時ころ宇津木さまが, 十時ごろ, 十時ごろだ, 十時ごろであった, 十時ごろの, 十時でなけれ, 十時頃でしたろう, 四時ごろであった

▼ 時半~ (25, 1.0%)

3 な, ね, よ, わ 2 ぜ, もの俺も 1 かに終る, からおそろしい, からもし, か九時, が中, けれど御免, これは, つた本式に, のに

▼ 時半~ (25, 1.0%)

8 あつた

1 [17件] せう, それから, それからは, それまで, もうお, 一統に, 中刻は, 二時間半を, 五時には, 何だか電気, 家は, 教会の, 止まって, 針は, 階下から, 駄目, 駅から

▼ 時半すぎ~ (23, 0.9%)

2 になる

1 [21件] から六時四十分頃, だつた, ています, ている, てくる, ても電気, であったと, であつ, でした, です, に, にやっと, に入ったら, に着きました, に竹川, に終った, は旅館, までは男, まで煙山, やっと大熊さん, 漸く帰った

▼ 時半までの~ (16, 0.6%)

6 間に 2 約束だつた, 間でなけれ 1 あいだ東二十四番街の, わずか三十分, フール・デェイ・サーヴィス故, 約束が, 規則だ, 間だ

▼ 時半までに~ (15, 0.6%)

1 [15件] つれて, ワラタは, 京橋に, 出社し, 大阪駅へ, 子供の, 山下で, 市庁へ, 必ず行かなけりゃならなかった, 日本橋へ, 東京地方を, 横浜から, 行かなくちゃ, 行かねば, 起る

▼ 時半過ぎ~ (13, 0.5%)

1 [13件] かれこれ十一時, か四時近く, だった, だったと, ていた, であったが, でしたろう, ですから, になっ, にならなけれ, には一切, に木村, の汽車

▼ 時半~ (12, 0.5%)

3 鳴った時 1 早け, 来たので, 来た時, 近づいたの, 非常管制と, 鳴った, 鳴ってる時, 鳴つた, 鳴るの

▼ 時半より~ (12, 0.5%)

2 正午まで 1 一時間早く, 七時ごろ三輪神社裏, 京都日之出会館において, 先生へ, 前に, 太陽は, 小劇場, 日没に, 早しまっすぐ, 赤き広場

▼ 時半~ (11, 0.4%)

1 [11件] だった, だのに, と云え, についた, にはもう, に一回, に出, に出発, に帰宅, に底倉, に当家

▼ 時半近く~ (11, 0.4%)

2 になっ 1 から二十分, でした, なるさ, になった, のこと, 下りて, 迄, 迄ねた, 迄明日

▼ 時半~ (9, 0.4%)

6 を出る 3 を出

▼ 時半という~ (8, 0.3%)

1 のに, のは, 時刻までは, 時間は, 約束だ, 約束の, 訳です, 頃おいであろう

▼ 時半~ (8, 0.3%)

5 へ来り 1 へが来り, への車, へ来り出かける

▼ 時半までは~ (7, 0.3%)

1 あけぬと, こんなところ, ウチに, 三百万円は, 家に, 皆離れ, 確実に

▼ 時半前後~ (6, 0.2%)

1 だし, であらう, という一同, といった時分, には嵐山, には騒ぎ

▼ 時半~ (6, 0.2%)

5 へ出る 1 へ行く

▼ 時半だった~ (5, 0.2%)

1 が私, ことを, とか丁, ので一段, 何だか雨

▼ 時半~ (5, 0.2%)

4 のにどう 1 んです

▼ 時半~ (5, 0.2%)

1 まだ深夜, もう過ぎとる, 愚か十時に, 相当こたえる, 過ぎたらうな

▼ 時半以後~ (5, 0.2%)

1 であること, となっ, に相違, の状況聴取, は溜池署

▼ 時半~ (5, 0.2%)

1 の急行, の遺骨, 待合室で, 温泉は, 途中清滝王

▼ 時半頃眼~ (5, 0.2%)

2 がさめた 1 がさめる, が覚めた, が醒める

▼ 時半からの~ (4, 0.2%)

1 勤めな, 報告などが, 放送松井翠声病気で, 曽我廼家五郎へ

▼ 時半ぐらい~ (4, 0.2%)

1 だったん, だろう, でございます, でしょうよ

▼ 時半ころ~ (4, 0.2%)

1 か八時ころ, だ, にでかけ, までにできた

▼ 時半です~ (4, 0.2%)

1 から丁度, がすこし, これから中の島, よ

▼ 時半にしか~ (4, 0.2%)

2 初まら 1 なって, なりませんよ

▼ 時半にも~ (4, 0.2%)

1 なって, なる, 確かに, 窓を

▼ 時半まっすぐ~ (4, 0.2%)

2 帰宅 1 宿へ, 帰宅いや

▼ 時半までには~ (4, 0.2%)

1 あと四十分ぐらいしか, お夕飯, そっちへ, 帰って

▼ 時半宿~ (4, 0.2%)

2 へ帰る 1 へ帰っ, へ帰り

▼ 時半~ (4, 0.2%)

1 にてタルカ町, にてデンマーク, の上り列車, の列車

▼ 時半迄に~ (4, 0.2%)

1 あげ急いで, はねて, 五十枚書き上げた, 御來會

▼ 時半きっかり~ (3, 0.1%)

1 にお, に眼, に門口

▼ 時半じゃ~ (3, 0.1%)

1 ありませんか, おそいな, 怒りたくなる

▼ 時半ばかり~ (3, 0.1%)

1 です, やった, 前に

▼ 時半~ (3, 0.1%)

1 だけど起きた, まあご, 四時に

▼ 時半乃至~ (3, 0.1%)

1 一時四十分頃までの, 十一時には, 四時半頃だ

▼ 時半~ (3, 0.1%)

1 の上, の向う側, の小屋

▼ 時半楽屋入り~ (3, 0.1%)

1 して, する, をする

▼ 時半自動車~ (3, 0.1%)

1 で立つ, 来り出る, 来り雷門

▼ 時半開始~ (3, 0.1%)

1 が手間どっ, といふこと, 故ごゆっくり

▼ 時半頃家~ (3, 0.1%)

1 に帰っ, に帰る, を出

▼ 時半あき~ (2, 0.1%)

1 で初日, のところ

▼ 時半いつも~ (2, 0.1%)

2 十二時半には

▼ 時半これ~ (2, 0.1%)

1 なら君, よりセリフ

▼ 時半ごろ何者~ (2, 0.1%)

1 かによって誘拐, かのため

▼ 時半ごろ学校~ (2, 0.1%)

1 から帰る, へ行っ

▼ 時半すぎ徳山~ (2, 0.1%)

1 が迎, 来る

▼ 時半ついに~ (2, 0.1%)

1 呼吸を, 未亡人は

▼ 時半であった~ (2, 0.1%)

1 か時, か翌々日

▼ 時半であり~ (2, 0.1%)

1 その時, 露営する

▼ 時半ので~ (2, 0.1%)

1 立つ, 行くよう

▼ 時半までのみ~ (2, 0.1%)

1 いろ, 食ふ

▼ 時半までも~ (2, 0.1%)

1 のんで, 寝床の

▼ 時半やれ~ (2, 0.1%)

1 小一時間, 辛い金

▼ 時半を以て~ (2, 0.1%)

1 發足す, 程に

▼ 時半キッ~ (2, 0.1%)

2 カリに

▼ 時半~ (2, 0.1%)

1 アル, 終ル

▼ 時半モナミ~ (2, 0.1%)

1 で清水, で道子

▼ 時半中泉眼科~ (2, 0.1%)

1 へ, へ寄り

▼ 時半入浴~ (2, 0.1%)

1 して, してると

▼ 時半出発~ (2, 0.1%)

1 して, のバス

▼ 時半十一時~ (2, 0.1%)

2 に近い

▼ 時半十二時~ (2, 0.1%)

1 にはねた, のぽ

▼ 時半味噌汁~ (2, 0.1%)

2 と御飯

▼ 時半~ (2, 0.1%)

1 は八時すぎ, 暗に入る

▼ 時半~ (2, 0.1%)

2 雅へ

▼ 時半~ (2, 0.1%)

1 すでに暗し, ようやく暗し

▼ 時半~ (2, 0.1%)

1 劇場けい古場, 劇場の

▼ 時半少し~ (2, 0.1%)

1 過ぎだ, 過ぎである

▼ 時半山水楼~ (2, 0.1%)

1 で浅井挙曄, へサンデー毎日

▼ 時半川口~ (2, 0.1%)

1 と会食, の招き

▼ 時半帰っ~ (2, 0.1%)

1 てねる, て又

▼ 時半帰り~ (2, 0.1%)

1 吸入する, 徳山

▼ 時半~ (2, 0.1%)

2 へ入る

▼ 時半早坂勇~ (2, 0.1%)

1 が小栗邸, の卓上

▼ 時半晩翠軒~ (2, 0.1%)

1 へ, へ母上

▼ 時半演舞場~ (2, 0.1%)

1 の曽我廼家五郎見物, へ島田正吾

▼ 時半~ (2, 0.1%)

1 の上り列車, の列車

▼ 時半約束~ (2, 0.1%)

1 なので, の報知記者

▼ 時半~ (2, 0.1%)

1 ギニ食事ノ, ギ颯子等到着

▼ 時半過ぎた~ (2, 0.1%)

1 からすぐ, ばかりな

▼ 時半開演~ (2, 0.1%)

1 だ, の今日

▼ 時半頃其処~ (2, 0.1%)

1 で立ち働い, を逃げ出した

▼ 時半頃右手~ (2, 0.1%)

1 から小沢, のリウマチス

▼ 時半頃床~ (2, 0.1%)

1 につく, に入っ

▼ 時半頃秋野教師~ (2, 0.1%)

1 が遅刻, が遲刻

▼1* [495件]

時半あますところわずか, 時半うわこいつは, 時半かとこれが, 時半かという頃までには, 時半からと云うので, 時半からということに, 時半からといふことで, 時半からなんて言ってたが, 時半からになります, 時半ぐらいから十時までの, 時半ぐらいになる, 時半ぐらいまで昨日より, 時半ぐらいまでの間きまって, 時半けい古場へ, 時半ここを出発, 時半これから時計や, 時半ころ目がさめる, 時半ころ部屋の襖, 時半ごろおみおつけとパン, 時半ごろオツネは退去, 時半ごろ一時にドッ, 時半ごろ主治医と二人, 時半ごろ二階に上っ, 時半ごろ会場の前, 時半ごろ何かのきっかけ, 時半ごろ便所へ行く, 時半ごろ信用組合へ現れ, 時半ごろ僕は定夫君, 時半ごろ右の狼, 時半ごろ営門を出ました, 時半ごろ大池と夕食, 時半ごろ太宰さん目覚めて, 時半ごろ家へ戻っ, 時半ごろ宿に帰った, 時半ごろ寿江子が駅, 時半ごろ小屋を出た, 時半ごろ山越しに南, 時半ごろ峠をおりる, 時半ごろ巨勢博士がきた, 時半ごろ帰宅したわけ, 時半ごろ床に入り, 時半ごろ所用ありて, 時半ごろ支局の若い, 時半ごろ早めに食事, 時半ごろ本郷真砂町の中橋別邸, 時半ごろ柳ずしに現れ, 時半ごろ無事に帝国ホテル, 時半ごろ煙山は五百万円, 時半ごろ研究室の鍵, 時半ごろ私が現場調査, 時半ごろ突として電話, 時半ごろ終戦連絡事務局の田川さん, 時半ごろ罐詰のシチュウ, 時半ごろ自動車が来, 時半ごろ芝居がはねた, 時半ごろ裏へ伺ったら, 時半ごろ親戚へつい, 時半ごろ警防団員警察官三人で来ました, 時半ごろ貸家も何, 時半ごろ酔歩蹣跚として新橋, 時半ごろ野口着駐在所に届け, 時半ごろ鉱泉宿へつき, 時半ごろ雨の中, 時半ごろ電話がかかっ, 時半ごろ顎に長い, 時半さらに少し北の, 時半すぎるころまで, 時半すぎ一回終る, 時半すぎ七時近くだったか, 時半すぎ倉知の自動車, 時半すぎ家を出る, 時半すぎ宿へ, 時半すぎPCLへ向, 時半すこし廻わ, 時半すっかりつかれて, 時半すなわち彼女が, 時半すると突然剣付き鉄砲, 時半その家へ, 時半それからまたおでん屋の, 時半だろうかお客さん, 時半ちょッとすぎた, 時半つひにお流れ, 時半ていうお約束, 時半であるそれまで, 時半でございましたがそれから, 時半でして乗客, 時半でしたね, 時半でしたろうか, 時半といふ時間に, 時半といふは何んと, 時半なか川旅館へ宿, 時半などと云って, 時半なりそれより, 時半にあたる再び九日, 時半における新宿の, 時半にかけてねじを, 時半についてそれから, 時半にわたる長い長い演説, 時半てしまった, 時半はるかに山影, 時半ほか寝ないで, 時半まさしく寒帯に, 時半また麻痺剤を, 時半まだ麻雀の, 時半までで閉まる, 時半までにゃ停車場さ, 時半までを夕食の, 時半もう皆帰っちまってる, 時半ものも言わず, 時半ゆっくり吸入し, 時半ようやく鞍部に, 時半よくねた, 時半よりはおそくだ, 時半アダリンのみ漸く, 時半アフレコを残し, 時半オツベルは皮, 時半カラ四時半マデ鈴木氏, 時半カラ四時半マデハ可ナリ長クテ辛イガ, 時半カラ四時半マデハ予ガ治療ヲ受ケテイテ寝室カラ出ル筈ガナイト, 時半カングリ警部は私たち洋館居住, 時半カントンへ着岸, 時半キッパリに一緒, 時半キングズ・クロス停車場より臨時汽車, 時半クリヴォフ夫人の室, 時半コペンハーゲン市に着船, 時半コル着福川を見下ろす, 時半コロムビアへ行き, 時半スウェーデン首府ストックホルムに着す, 時半セット入り森林をさま, 時半タチバナ屋の玄関先, 時半ダメを出し, 時半チューリヒに着す, 時半チョット前と, 時半チルベリードックに停船, 時半ツェルトをたたみ, 時半テスト迄の時間, 時半テムズ河口に入る, 時半トルガッテン島に着船, 時半ニナレバ鈴木氏ハ去リ, 時半ニューグランドへ, 時半ニ学校へ行キ, 時半ニ敏子カラ電話デ, 時半ハネると, 時半ハネ昨日のメムバー, 時半ハンメルスフェーヘンに着く, 時半バネってこと, 時半バルパライソに着す, 時半パキスタンのカラチ, 時半ビクターの実演大会けい古場神田教育会館, 時半ピストルの弾丸, 時半ピーッといふすれ違った, 時半ベイスフォード駅着の汽車, 時半ホウゴウ社から十五丁, 時半ホテルへ帰り, 時半ホテ・グリへ行ったら, 時半ホノルル港に入る, 時半ホンコンに着す, 時半デ鈴木氏, 時半マデハ可ナリ長クテ辛イガ, 時半マデハ予ガ治療ヲ受ケテイテ寝室カラ出ル筈ガナイト, 時半マルメ駅に着す, 時半マーブル迄行く, 時半ライプチヒ市に着す, 時半リバプールに着し, 時半リバプール町に着す, 時半リヨンに着す, 時半レニン三ぶちゃん山田伸吉, 時半レーニングラードへ立つ, 時半ロシアの国境, 時半ロンドン・ユーストン停車場を発し, 時半ヴェランダから法螺貝, 時半一本抜いて, 時半一片付きして, 時半万才のとこ, 時半三荘やって, 時半上山雅輔が歳暮, 時半上海市の共同租界内, 時半上野に着く, 時半不二家の二階, 時半中天に月, 時半丸ビルへ京極, 時半九時半なり, 時半予定に後, 時半五六分すぎに出かけた, 時半五時半には何事, 時半京橋区銀座西四丁目宝石貴金属商新陽堂の店頭, 時半京都に着いた, 時半今日のうち, 時半今月は家, 時半以後発見が朝, 時半伊東の女房, 時半伊豆山相模屋へ落着, 時半会場は旭座, 時半佐賀駅にて高谷寛, 時半体温を験す, 時半うも, 時半俚称ショー台の頂上, 時半俵別荘に居られる, 時半傍聴席へ入場, 時半公会堂へ二十分, 時半具合わるいので, 時半内幸町高千穂ビルユニヴァサル支社試写室へ, 時半出入を禁じありたる, 時半出帆の弦月丸, 時半出港して, 時半出発常願寺川を遡り, 時半出立はつらつとして歩い, 時半出立九時から十二時, 時半出立秋吉をへ, 時半出立草鞋の工合, 時半前大阪駅に戻りました, 時半前後一台の自動車, 時半劇場へ入る, 時半十分前に出来たろう, 時半南下しつつ, 時半受付とはり出し, 時半口洗ひ顔, 時半同港を抜錨, 時半名古屋着三藤旅館ての, 時半名宝側の招待, 時半吸入して, 時半呆れ返った不摂生である, 時半呉清源はただ, 時半品川のあたり, 時半唐沢下り五千尺旅館午後七時, 時半喪主遺族近親築地代表者は四谷自宅, 時半四人の徒歩組, 時半四谷を出, 時半在宅とのこと, 時半塚田八段は来, 時半夕あかりに雑草, 時半夕刻四時ということ, 時半夕食の用意, 時半夕食前三十分に今日, 時半夜明前三時間拭きすました紫檀, 時半夜陰に入る, 時半夜食は八時, 時半大急ぎで帰る, 時半大朝の根本, 時半大沢小屋に到着, 時半大沢岳の頂上, 時半大津着四時半京都に着いた, 時半大町に着い, 時半大西が久米, 時半天主堂から朝, 時半太陽すでに地平線下, 時半太陽地平線下に入る, 時半夫人に守られ, 時半女房と高槻, 時半女房見物で感想, 時半始業だった学校, 時半が歸つて, 時半宮越屋楼上にて, 時半宿所を去り, 時半寝こみを襲っ, 時半寝たま, 時半寝台を出, 時半小尾老人の招待, 時半小屋着ときどき霧, 時半小松理髪店へふき代, 時半就寝で私, 時半山口が築地署, 時半山峡は早く, 時半岡氏と逢, 時半岩見沢発二番の旭川行, 時半帝劇けい古場へ, 時半帝劇稽古場へ行く, 時半帰宅入浴して, 時半帰庵うちほど楽, 時半広島安着黙壺居, 時半広河原四時には楽, 時半広瀬午後一時半鶏冠谷三時半広河原四時には楽, 時半彦根あたりで起きちまった, 時半は電車通り, 時半急いで退去, 時半急行券は払戻し, 時半拔錨の弦月丸, 時半捜査本部が色めきたった, 時半撮影の合間, 時半救助を開始, 時半教文館ビルのフジアイス, 時半文ビルへ, 時半新宿三丁目を徘徊中, 時半新橋を発す, 時半新橋演舞場へ母上, 時半新橋駅集合で島村竜三, 時半新聞記者を赤坂, 時半が沈みかけた, 時半明日は正月, 時半明治座へ, 時半時分に成る, 時半晴れた西日が, 時半最後のロケーション, 時半最愛の我が, 時半有楽座へ, 時半木村が来る, 時半とカブ, 時半東京ステーションを出よう, 時半東京発熱海へ, 時半東京着防空演習で昼, 時半東京駅に文藝春秋, 時半東京駅着高槻が来, 時半東宝グリルで藤田房子親子, 時半東宝ビルへ行き, 時半東宝劇場へ急ぎ, 時半東宝本社で九月狂言決定, 時半東配地下室の試写室, 時半東電小林氏のとこ, 時半松坂屋へ行き, 時半桐ヶ谷火葬場に到着, 時半樋口来り結局, 時半の家, 時半の耶馬渓駅, 時半歌舞伎座へ新派, 時半正面の草原, 時半段々あたりが, 時半殺生小屋出発大喰岳, 時半母上に丁寧懇切, 時半水戸へ, 時半汽船すでにベルファスト, 時半をのがれ, 時半法事を終っ, 時半浅草みや古へ, 時半燈十時と, 時半温泉着殿下には清水屋, 時半滝村未だ来ず, 時半瀬野着恰好な宿, 時半火薬爆発によりて生命危篤, 時半灯台および陸端, 時半焼跡の奥, 時半燕小屋着途中女学生の一隊多数下山, 時半玉川電で, 時半現場へ到着, 時半瓦斯会社が瓦斯, 時半病人に朝食, 時半病牀眠起, 時半病院についた, 時半白木屋の前, 時半白木屋ホールへ雑誌週間, 時半をさます, 時半着到十時開演, 時半石仏道を小屋, 時半礼拝式あり, 時半神宮外苑の入口, 時半は山陰線浜坂, 時半私たちは散歩, 時半稽古終り客, 時半箱形の小, 時半約束通り神田駿河臺YWCAにこの, 時半終って円タク, 時半終りすぐ東劇, 時半自宅にて御, 時半よりおりる, 時半芥川は伯母さん, 時半西市まで送られ, 時半西経を出で, 時半解除となり, 時半警官来れり, 時半豆焼沢に着い, 時半豊島園へ行く, 時半貴方の宿舍YWCA, 時半赤道を横断, 時半起きして医者, 時半起きたのむからもう少し, 時半起きると東京, 時半起床というの, 時半起床六時ミサ八時半から教会, 時半起床朝食七時勤行八時読書九時散歩十一時それからそれから, 時半起床雲ってはいる, 時半起雨の中, 時半跣足で庭, 時半辛くも雪から, 時半迄というんじゃあ, 時半迄とも思はなかった, 時半迄には賢所に, 時半近く放送会館へ行く, 時半近く日劇へ出る, 時半近く時政家の不幸, 時半近く曇天でオープン, 時半退館三時半, 時半途中大槍小屋, 時半遅くも四時, 時半過ぎたら誰も, 時半道子と帝劇, 時半の小門, 時半部屋で山水楼, 時半に秋風, 時半釈放されました, 時半野口で中食, 時半釜沢の出合, 時半鈴木氏見エル, 時半銀座へ, 時半ノ治療ガ始マル, 時半鏑木を連れ, 時半長次郎出合二時三十五分着三時五十分出発, 時半門松も枝, 時半開き一時に, 時半開演楽屋で弁当食, 時半開演防空演習も終った, 時半限りとして帰宅, 時半隣家の富田洋服店, 時半の中, 時半電話で有, 時半露営地を出発, 時半青木健作邸の園遊会, 時半頂上へ着きました, 時半頃あすこで待ち合せ, 時半頃あそこで面会, 時半頃おいでになった, 時半頃お前の部屋, 時半頃お湯に入り, 時半頃ここを出発, 時半頃それはその, 時半頃みんなは弟子, 時半頃オフィスに戻る, 時半頃ガスビルへ, 時半頃ダッタガ賑カデ景気ガヨサソウナノデ予モツイ若イ者タチノ中, 時半頃デリイについた, 時半頃ノックヲセズニ恐ル, 時半頃ロイドと自室, 時半頃一台のジープ, 時半頃一同は引き退りました, 時半頃三鷹附近で事件, 時半頃上野駅に着き, 時半頃仏蘭西のカレー駅, 時半頃他の室, 時半頃何か銃声みたい, 時半頃佳一の家, 時半頃出発途中にて人々, 時半頃医員山田学士が, 時半頃午餐を喰, 時半頃四が開く, 時半頃外出する暇, 時半頃婆やが自分, 時半頃宇奈月着登山名簿へ記入, 時半頃宿を出, 時半頃寝台へ入っ, 時半頃寝室にお, 時半頃就寝しそれ, 時半頃帰つたこと, 時半頃帰宿致し候, 時半頃座へ来る, 時半頃彼女が電話口, 時半頃恒夫と茂夫, 時半頃撮影アガり銀座, 時半頃日沈溶鉱炉から火玉, 時半頃最初の警笛, 時半頃朝からの球突, 時半頃木村千疋男来訪二階へ案内, 時半頃本を読ん, 時半頃東京からの書留, 時半頃東京駅へつき, 時半頃林田から電話, 時半頃桜田門のところ, 時半頃橘の家, 時半頃橘夫妻が風月, 時半頃此処から遠く, 時半頃殿様がお, 時半頃氏ガ帰ッタノガ今暁ノ二時頃, 時半頃水沢の西端, 時半頃汽車が高崎, 時半頃甥は学校, 時半頃病人が口, 時半頃目がさめる, 時半頃私一人で出発, 時半頃私達は驛, 時半頃窓越しにちらっと, 時半頃糸子と特別関係, 時半頃署長が思案, 時半頃蓬莱亭へ行った, 時半頃裏口からはいつ, 時半頃裏向の二階, 時半頃西河内の宿屋, 時半頃西練兵のところ, 時半頃越軍は犀川, 時半頃野蒜につきぬ, 時半頃鐘楼階段を上り行く, 時半頃雨傘を手, 時半頃頂上に着いた, 時半頃頓服薬をのん, 時半頃風呂に入り, 時半頃飯を食っ, 時半頃館林警察署長今鉄平, 時半頃麻雀もなく, 時半から東京駅, 時半領事館芝崎菅原両氏とともに電車, 時半風呂に入り, 時半風月へ行き, 時半食堂へ流石, 時半飯島駅着十時の電車, 時半高島屋ホールのクラブ歯磨, 時半高槻来り出かける, 時半鶏冠谷三時半広河原四時には楽, 時半AKへ, 時半PCLの送り