青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「時刻~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~時々 時々~ 時として~ 時に~ 時には~ ~時代 時代~ ~時分 時分~ ~時刻
時刻~
時半~ ~時期 時期~ ~時計 時計~ ~時間 時間~ ~晩 晩~ 晩年~

「時刻~」 2687, 29ppm, 4037位

▼ 時刻~ (685, 25.5%)

53 なると 22 なって 10 なった 8 なっても 6 なつた 5 なりました, 私は 3 して, しては, なる, ジャン, 同じよう, 帰って, 此の

2 [29件] いつもの, お尋ねする, きまって, この家, この渦巻, こんな場所, こんな所, すると, すれば, その場所, なりて, なるな, なるまで, なれば, 卵が, 同じ動作, 同じ場所, 在り, 女は, 学校の, 於て, 玄関から, 積荷を, 約束の, 行って, 輪の, 遅れて, 遅れること, 金の

1 [497件] あたしゃ酔っ, あちらには, あったの, あなたの, あなたを, あのよう, あの別荘, あの大阪, あの森, あるくから, いた男, いっそう折檻, いつまで, いろいろの, おきて, おくるるな, おくれて, おでかけでしたでしょう, お出会い, お嬢さま, お待ちしてた, お目通り, お起し, お通, お逢, お逢い致しましょう, かえって行った, かかわらずニッケル, かの石崖, きたの, きっとあの, こうして女中, こう頻繁, ここへ, ここを, この下り一番線, この劇場, この博克図駅, この室, この往来, この空地, こんな処, ござります, さかんにげ, さへ, しかも, しかもあそこ, しかもひとり旅, すぐ隣り, すなわち暗く, そこから, そこでそう, そこへ, そのお嬢様, そのこと, その事, その室, その村, その物, その病人, その鳥, それぞれに, それを, そんなところ, そんな妙, そんな怪飛行機追跡中, たいせつな, たけだけしく鳴く, たしかに自分, たずねて, だんだんはげしく, ちょうど同じ, ちょうど来客, ちょうど東妙和尚, つきものの, でかけて, ですか, どうした, どうしてこの, どうして起き, どちらへ, どの場所, なぜそこら, なぜラジオ, なったか, なったから, なったせい, なったでは, なったなら蛇, なったので, なったらまた, なってから, なっては, なつたらしく, ならなければ, なりしかば, なりましたが, なりましたので, なりますと, なりますね, なるから, なること, なるや, なろう, ひとりで, ひとり合点を, ひびいた, ひま潰しを, ひょいとあらわれ, ぴったりと, ぴったり合う, ふさは, ふらりと, ぶつかつ, ぶつかりそう, ほぼ同じ, ぼんやりと, まだ起き, めぐり合, もう一つ, もう間, もはや万策, やって, やって来た, やって来たもの, やって来た彼, やって来て, やって来なかった, やっと浄瑠璃寺, やっと皆, やつて, ようこそ役人, ようよう間に合おう, よると, わけも, わざわざ持つ, わしも, わたくしが, わたしが, わたしたちふたりが, アリバイが, アルセーヌ・ルパンは, アンマの, オンム・アルメ街から, カーテンの, ガリガリッと, クロスレイも, コゼットは, デ・ドゥローム街へ, ハイド・パークを, パリから, ピアノが, ブレンネル・ホテルの, ホコラの, ポアンチュウは, マリユスは, モウ間が, モスクワの, モルヒネの, モルヒネを, モロー彗星も, 一人は, 一台の, 一方松方総理大臣, 一番強く, 一通のてが, 丁度どこ, 丁度真, 三千兩の, 上の, 上昇しない, 上野で, 与次郎が, 丑松が, 主の, 乗る人, 乗船した, 事務所へ, 二人とも, 二人暮しが, 二老人は, 二階に, 人が, 人寄せ場の, 代々木から, 令嬢は, 件の, 会田屋へ, 伸子は, 似たやう, 佐和山女史の, 何という, 何事で, 何処の, 何處に, 使いの, 來た, 例の, 依て, 倉田が, 倶楽部へ, 備えおくよう, 兇行を, 光りものが, 入るを, 八王子の, 公共の, 内大臣家へ, 再び庭, 凧を, 出かけて, 出かけねば, 出て, 出るはず, 出帆すべく, 出席する, 出掛けて, 刀剣に, 刀劍に, 刑事は, 別の, 別れて, 別れるの, 到着した, 前後し, 勅使が, 動力所を, 医師の, 千住の, 午前に, 協会から, 南御殿へ, 南殿へ, 参集した, 友人に, 口笛を, 古賀は, 右の, 合うので, 同じとこ, 同じコース, 同じメロディ, 同じ女, 同じ姿勢, 同じ所, 同じ料理, 同じ檜物町, 同じ物, 君自身が, 吹かれること, 命婦を, 嚠喨とふく笛の, 回転を, 因って, 団員を, 在室の, 地上を, 場所を, 外出を, 外糀町口を, 大井町で, 大学の, 大巻夫婦も, 大手を, 大手御門の, 天秤擔いで, 失礼です, 奥様は, 女優に, 妙な, 妹も, 姉さんも, 娘の, 学校から, 学生の, 宅へ, 宇乃は, 安岡が, 安彦さんは, 客ならぬ, 家の, 家を, 寝るよう, 寝室へ, 寝床を, 専次が, 射殺された, 尋ねて, 少しも, 届いた, 屋敷の, 山へ, 山荘の, 屹と, 巻きこまれたり, 帝銀事件が, 帰り仕度, 帳場に, 平気で, 広範囲に, 店の, 店を, 庭先で, 強いて, 当たって, 当たるの, 当って, 当るので, 彼の, 彼女の, 彼女は, 後れると, 御尊来, 御門を, 急激な, 愛子さんの, 成つても, 成功し, 戻つて, 所在不明の, 敏子が, 斯, 新張村の, 於ける奥様, 旗本近藤石見守は, 時刻が, 時折妙に, 時計の, 有楽町の, 本庄は, 本當, 札の辻の, 材木店の, 村里近く, 来なかつた, 来ねえので, 来るつもり, 来る客, 来合わせて, 松坂屋へ, 梅田の, 正当で, 正造は, 此処で, 此処まで, 歩いて, 歸つて來た, 歸着せしめた, 死亡した, 死体を, 死傷する, 殺されたもの, 殺害が, 水を, 水浴ホテルを, 決まって, 河を, 沼の, 注射された, 注意しなかった, 浜へ, 浦上の, 海岸を, 涼しい南東, 淋しい総領事館附近, 淡々たる気持, 湖畔の, 源氏は, 溪から, 火事と, 灯を, 煙草を, 燦々たる, 牢を, 牧場の, 狂いが, 現れれば, 生きた世界, 生まれたこと, 生垣を, 町の, 畠の, 病院に, 病院へ, 痩つ, 白城の, 相当する, 相違なく, 真仮, 眼を, 眼覚し, 着いたもの, 睡眠剤を, 碇を, 私の, 穴蔵みたいな, 突然出, 突然帰宅, 窓から, 窓を, 端座合掌し, 符号し, 第一階, 約を, 絵具箱を, 纜を, 老博士, 肴屋が, 腹を, 臥床を, 自分が, 良人の, 芝居小屋へ, 芳男が, 落ち合せたという, 葛生に, 葵, 薫は, 薬を, 藩邸の, 行つて外から, 行われて, 表の, 見えなくなりたるより, 覚えが, 訪ねて, 訪問される, 試みに, 誰が, 誰と, 誰ひとり, 赤星と, 起き出, 起き出て, 起ったとしても, 起った出来事, 起ること, 超然として, 車で, 車大工と, 輪を, 迎えに, 近い黄昏, 近付くと, 近附いた, 迫ッて, 這入って, 通ること, 遂にナオミ, 遅れたの, 遅れたので, 遅れたもの, 遅れた家, 遅れては, 遅れない方策, 遅れるよう, 遇へば, 達したから, 達したので, 違わずきちんと, 遠い遠い宇宙, 酒を, 酒屋の, 重吉の, 重詰の, 銃声が, 錆びついた井戸車, 長者町の, 門内の, 開くの, 間に合うか, 関係を, 阿賀妻を, 降って, 限るとの, 限るわけ, 階段を, 隠宅の, 隣り部屋, 隣村へ, 電話を, 霊が, 靴を, 顔を, 飛んで, 食事する, 首の座に, 駅に, 駅へ, 駕を, 駕籠を, 魘されましてね, 鳴るの, 鵙屋の, 鵯が, 鷲津砦の, 黒ぐろと

▼ 時刻~ (369, 13.7%)

6 刻々に 3 もう十二時, 午を

2 [20件] あれから, それより, ちょうど未, ない, もう一時二十分過ぎ, やはり子, よしと, 丁度昼, 丁度晝, 丁度酉刻, 午少し, 夕方であった, 宵の, 寅, 少し早い, 早いと, 昨夜の, 正午に, 深夜である, 遲れたれ

1 [317件] あたかも丑, あたかも病人, あと一分だ, あと三十秒ほどに, あなたが, ありません, ある, いたずらに, いたって, いつが, いつしか十時, いま何刻, うつった, うつろの, おくれしかも, おくれても, お嬢さま, お誂え, かなりに, きた, けっしてない, この家, この頃, これから午前二時ごろ, これも, さらに延び, しかし彼, しゃくなたそがれどきで, すぎたの, すぎて, すこし早い, すでに三時, すでに五時, すでに十二時, すでに四ツ, すでに夕暮, せまって, せまる検証, そうです, そう変らなかった, そしてしだいに, そのまま宇宙, その山塞, それほどでなかった, そろそろ十三日, たっぷり経った, たつぷり, だいぶ後, だんだんに, だんだん移っ, だんだん過ぎ, ちと早い, ちょうどお昼, ちょうどその, ちょうどオレ, ちょうど十二時半, ちょうど宜しゅう, ちょうど旧, ちょうど昼下がり, ちょうど朝, ちょうど規定, ちょうど農業労働者, づれになつた, づれの, とまり, どうかする, どうだ, どんどんと, どんどん過ぎ, どんなこと, ないもう, はっきりとは, はつきりしない, ひと風呂, まさに子, まさに宵, まさに巳刻, まだ, まだな, まだ午後四時前, まだ大丈夫, まだ思ひ, まだ早い, むしろこの, もうかれこれ九時, もうすぎた, もうだいぶふけ, もうだいぶ更け, もうちっと早い, もうとうに, もう一時間, もう七つ, もう二十分, もう五時, もう十九時, もう午, もう四ツそこそこ, もう夕刻, もう夕方, もう数分, もう日, もう暮近く, もう近づい, もう迫っ, もう間もなく二時, もちろん場所, やがて五つ, ようごわす, よかろう, よほどあります, よほど過ぎ, わからないが, ドンドン経っ, ハヤ一時過ぎ然, 一分刻みに, 一分間だって, 一定し, 一時か, 一時間くらいしか, 一時間前後で, 一秒一秒に, 丁度午後三時十七分, 丁度好い, 丁度宵六ツ下り, 丁度立春, 七つ時, 三人の, 不明な, 丑の, 丑刻, 丑満わたしが, 九時から, 九時前後と, 九時半と, 九月二十六日の, 予て打ちあわせ, 事變に, 二時三十分, 二時過ぎだった, 五ツ半という, 五ツ半頃, 五分十分と, 五時, 五時を, 亥刻, 今し方通行者が, 今どれぐらゐの時で, 今午前九時半, 今午前八時か, 今夜の, 今時分あの, 今短檠, 今酉の, 何を, 何時じゃ, 何時で, 何時であろう, 何時でございます, 何時と, 何時な, 何時も夜更, 何時何分だ, 先の, 八ツごろでも, 八日朝の, 八時三十分だった, 八時五分頃と, 六つ前, 凡そ申, 切迫し, 判らない, 判らないが, 判りません, 刻々たっ, 刻々と, 刻一刻と, 前夜の, 十九時三十五分と, 十二時に, 十二時を, 十二時十分, 十二時間近だった, 十二月十二日の, 十時四十五分発信局は, 午すぎ, 午に, 午の, 午前より, 午前二時に, 午前二時三十分正に, 午前二時二十分だった, 午前二時半に, 午前五時十五分, 午前六時ごろであった, 午前十時過ぎでも, 午前零時三十分, 午後の, 午後一時来会者は, 午後三時頃でも, 午後九時, 午後九時だった, 午後九時もうすぐ, 午後五時頃, 午後八時十分ぐらい, 午後十一時だ, 午後十一時であった, 半刻, 又の, 同停留所, 土中の, 夕が, 夕方に, 夙に過ぎた, 多分午前二時頃, 夜が, 夜で, 夜に, 夜の, 夜半それに, 夜半の, 夜半近い, 夜半頃に, 大変に, 大陸の, 好いぜ, 子の, 宜いが, 実に自分, 実際その, 宵で, 宵五ツどき, 寅の, 小卓, 彼是眞夜中にも, 彼是真夜中にも, 恋人が, 新聞に, 既に八時, 既に遅かっ, 日本人より, 日沒, 日沒を, 早いから, 早いが, 早いの, 早かった, 早すぎる, 早過ぎる, 昨夜九時頃に, 昼さがり, 時刻だ, 時計の, 暮に, 暮れ六つの, 最う八時, 朝の, 朝日の, 本日午後七時, 来て, 東京駅を, 格子窓の, 森羅万象もの, 次第に移ります, 正に二十六日, 正に二時二十分, 正に午前九時, 正に午後九時, 正に正午, 正一時, 正午間近な, 正子刻それより, 正確とは, 正確な, 正確に, 永え, 決してせまっ, 法水の, 深い夜, 深夜だったらしい, 深夜の, 深夜間隔は, 灯ともし, 熊谷の, 略午後九時, 真昼春日喜々, 知らなかったとの, 確か七時でした, 移っても, 精確な, 経ちまするから, 経ち夜, 経つて, 結局貴方が, 經ちました, 羅馬の, 航海中軍艦乘組員の, 解剖の, 誤った例, 誰も, 辰にとっては, 辰の, 辰ノ, 近づいて, 迫る, 迫るし, 迫るばかり, 追って御, 遅くなった, 遅れたれど, 過ぎいつか高度二万メートル, 過ぎた, 違うが, 遲いし今日の, 酒と, 電燈の, 非常に, 黄昏であった

▼ 時刻~ (301, 11.2%)

12 来ると 11 来た 5 早過ぎる 4 時刻だ, 時刻な, 来て, 来れば, 経って, 近づいて, 迫って, 迫ると 3 きて, 來た, 来たので

2 [19件] あつた, ある, くるまで, たって, ない, 切れるので, 早いが, 早いので, 早かった, 来たが, 来たぞ, 来たの, 来ても, 移りますにつれ, 移る, 近づくと, 遅いので, 過ぎて, 開花時で

1 [194件] あまり突飛, あるこの, あるだろう, あるの, あるので, あるまい, あるもの, いつだった, うかんで, うつりますこと, うつると, おくれるん, おそければ, お分り, かかります, きた, きたと, きたの, きたん, きちんとあわない, きちんと合わなけれ, きわめて正確, くると, くるの, この海, こんなにかなしく, さっぱり分らなかった, すぎたか, すぎたとは, すぎると, すこし喰いちがっ, すこし遅く, すでに迫っ, せまって, そういう半端, それから後, そんな具合, ただ一秒の, たって馴染み, たつ, たつと, たつに従って, だいたい似かよっ, だいたい同じ, だんだん迫っ, つきまとふの, つねにまとまりませんでした, ないとは, ないゆえ, また妙, まだ夜半, まだ少し早い, まだ早い, もう一刻以上, やって来た, ようやく近づいた, 一度過ぎ去る, 一応区切, 丁度その, 丁度九州, 丁度天, 三時間も, 二時卅分であった, 五時三分であった, 何時であった, 來る, 僕を, 全く偶然的, 分って, 判って, 判るの, 判るん, 十一時半以後と, 午後七時四十九分十四秒と, 半端だ, 原子爆裂の, 厳しかろう, 参りました, 合は, 外部から, 夜には, 夜中ででも, 大事な, 少々早, 少し早い, 少し早かっ, 延びたので, 彼の, 待遠しく帰る, 後れたの, 後れては, 早い, 早いか, 早いけど, 早いせい, 早いと, 早いの, 早いのに, 早い気, 早かろう, 早く汽車, 早すぎる, 早そう, 早目, 早過ぎ, 明記し, 時刻が, 時刻これは, 時刻である, 時刻の, 時刻故, 晩く, 更けて, 朝の, 来たいざ, 来たから, 来たこと, 来たし交代, 来たと, 来たとき, 来たもの, 来たらわれわれ, 来たら堂々, 来たら奥, 来たら起して, 来た刻限, 来ました, 来ましたよ, 来るな, 来るの, 極って, 殆ん, 決つて居る, 発表され, 相応に, 真昼なら, 瞼の, 確と, 科学的に, 移った, 移って, 移り月, 移るにつれ, 移るにつれて, 移るに従って, 移る友様後生, 移れば, 立ったの, 算出された, 経ちまするので, 経ち過ぎて, 経ったそう, 経つと, 經つてから, 聽き, 規定の, 護謨製の, 近くなる, 近づいた, 近づいたとき, 近づいたので, 近づきました, 迫った, 迫ったので, 迫りまするが, 迫り最後, 迫るにつれて, 迫れば, 追, 遅いね, 遅うご, 遅かった, 遅かったり, 遅れたよう, 遅れて, 遅れますと, 遅れること, 遅れるの, 遅れるやう, 遅れ申すぞ, 過ぎたと, 過ぎたの, 過ぎても, 過ぎるまで, 過ぎ陽, 違うから, 違って, 遲かつ, 遲れ, 遲れた, 非常に, 飛んでも, 騷ぎの, 鳴った

▼ 時刻~ (301, 11.2%)

9 待って 7 見はからって, 計って 6 見計らって 5 はかって 4 忘れて, 正しく示さない, 移して 3 告げて, 知って, 見はから

2 [25件] きめて, しらせるの, たがえずに, つぶして, ハヅシテ御馳走ニナル, 待ち兼ねて, 待った, 待つて, 測って, 測つて, 知つてやけの, 知らして, 知らせて, 秘密に, 見計, 見計って, 見計らつて, 計りて, 調べたこと, 調べるん, 遅らせて, 選んで, 間違へ, 限って, 電報し

1 [196件] いうと, いって, うか, うかがって, うつさずいま, うつして, うつしては, おきき, おそくした, お知らせする, かぞえて, かぞえること, きめよう, くるわせること, さだめて行う, さだめ同じ, しめしあわせて, しらせる時計, すぎて, すぎても, すごした渚, その上, たがえずやって来て, たがえず彼方, たがえず明智光秀, たがえず船, たがえて, たしかめた, ちょうど九時半頃, どこか, なか, ねらって, のばしても, はかりました, はかり岡崎, はかり帰りがけ, はかると, はかるの, まちがえて, もう過ぎた, やや遡っ, やり過ごし結局, チャンと, ハッキリ覚え, ボンヤリし, 一夜だけ, 二時前後と, 今ここで, 克明に, 利用し, 前後し, 午前と, 口に, 同じうし, 同じくし, 同じゅうして, 告ぐる事大事大切, 告げた, 告げる日時計, 呶鳴っ, 問い合せ午後七時頃, 報じて, 報ずるもの, 報せる大, 報告した, 大分遅れ, 好んで, 守った例, 定めては, 巧くとらえ, 差えず, 延ばしたいの, 待ちあぐねは, 待ちかねて, 待ちかまえる覆面, 待ちます, 待ったり, 待つと, 待つとて, 待つばかり, 待つほどに, 待つん, 待つ群衆, 待詫びる, 後れて, 恐怖しました, 恨しく見送っ, 憶ひ出す, 打たに, 打合せて, 指して, 指してしか, 指すの, 措いて, 撰ぶほどの, 早め道, 暗示する, 書いて, 書かなくなったの, 書きとめ, 案じだして, 極めるの, 正確に, 決めて, 決めるの, 注意し, 注意する, 消しては, 混乱させる, 測ると, 無線電信で, 照らし合せつつ, 現わし, 知つてる, 知つてゐる, 知つて斯く, 知らされて, 知らせた, 知らせたの, 知らせた電話, 知りたき御, 知ること, 知るため, 知る便宜, 確かに, 示して, 示してるの, 示すと, 祥子は, 秀吉が, 移さずして, 移しけるほどに, 移したが, 移した末, 移しては, 移しやう, 移す内, 突留める, 答えまた, 約して, 繰り返す, 考え事ごと, 考へて, 聞き出すつもり, 聞くの, 聽い, 聽き, 見すまして, 見た, 見て, 見はからいどの, 見はからい学校, 見る, 見るため, 見測らって, 見測らつて, 覺え, 計つて, 計つて西洋間, 計らって, 計りてかへる, 計ること, 計算した, 訊いた, 訊いて, 訊いてから, 訊き漏しちや, 訊くまでも, 訊ねたこと, 訊ねると, 証明する, 調べて, 費したの, 通行しよう, 逸した, 遅くし, 遅くしよう, 遅らせたため, 遅れて, 過ぎて, 過ぎては, 過ごしたかも, 過ごしたから, 過ごして, 過して, 過すうち, 違えずその, 違えずに, 違えず夕飯前, 違へ, 選ぶの, 間違えて, 間違へる, 限る必要, 隔い, 隔てて

▼ 時刻~ (151, 5.6%)

7 来るの 3 ことは, ように

2 [12件] うつるの, ことであった, ことです, ことを, せいか, たつの, たつを, 四つから, 客に, 移るに, 移るの, 過ぎた夜中

1 [114件] あいだその, あまりにかたまっ, ある線路, いたるを, いとま, うちで, おぼつかなければ, お示し, きまって, くるの, くるまで, ことであります, ことである, ことなんか, ことも, ころには, すこし前, せいだろう, たったの, とある小, ところで, ところへ, ものである, やうに, よしで, よほど, コクで, サラリーマン階級の, モンパルナス通の, 一時頃だった, 三點に, 乗客数の, 九時から, 九時頃に, 五刻半に, 五時半である, 人ごみの, 余裕すらも, 余裕は, 光は, 光線の, 六時が, 判然しない, 別な, 前から, 前後だけで, 前後では, 前後に, 前後においても, 前後には, 前後五分間という, 千人町を, 午後五時が, 午後八時が, 合図とともに, 同一頃, 名には, 喰ひ, 声だった, 変化を, 太鼓, 少し前, 彼の, 後でありました, 御所を, 推移には, 数だけを, 方が, 日光が, 早いの, 早い方, 早かりし, 明るい月光, 明暗の, 暁方追い立てられる, 有様であった, 来るあいだ, 来るまで, 波紋が, 激浪に, 為も, 猶予が, 猶予も, 猶予を, 生活の, 病室で, 直後に, 相違を, 知れて, 私の, 移って, 空費と, 筈, 経つの, 緩和は, 羅列に, 考へられるもの, 若々しい爽, 見当が, 見当も, 觀念などは, 辰の, 迫った時, 遅れの, 過ぎぬうち, 過ぎるのをかぞえたことはありますまい, 道場に, 違うこと, 選択は, 鐘を, 間に合わないと, 間秘密を, 間際だった, 齟齬の

▼ 時刻~ (131, 4.9%)

2 だいぶおそい, ないから, 丁度戌刻, 風の

1 [123件] ある故, おあつらえ, おくれた, おそなってしもて, おた, お八ツ時, お祭り, かなりおくれ, ございます, ござる, ずいぶん経過, せまって, それを, そろそろ夜中, そろそろ遅く, たがえずすでに, たがえず迎えに, たって, だいぶ遅い, だんだん近づい, ちがう, ちゃんとウマ, ちゃんと知っ, ちょうど丑満, ちょうど丑満時, ちょうど勢揃い, ちょうど午前二時頃, ちょうど彼, どうやら無事, ない, はや遅い, まだ十分, もう早く, もはや丑, よく見計らっ, わきまえず, 丁ど, 丁度に, 丁度暮れ六ツ頃, 七ツじゃ, 七時半から, 丑満を, 今頃で, 何も, 何もかもみんな, 其の正午, 分らず場所, 分らなかった, 勘定が, 午後が, 合つて居る, 同じだ, 同様である, 在ったの, 場所も, 夜中を, 夜分でございます, 夜半を, 大が, 大事, 大分遅く, 大抵同じ, 太陽の, 帰った時刻, 彼と, 彼是七つ下りぢや, 待たず, 後世幾多の, 忘れて, 悪ければ, 打合せて, 打合わせも, 既に午後三時, 日取りも, 日限も, 早いから, 早いわけぢ, 早かろう, 早目に, 時刻, 時刻だす, 時刻なり, 更けたゆえ, 来て, 来るに, 極って, 段々移っ, 洋橙を, 煙草三服とは, 狂いなく, 知らないもの, 移ったこと, 移ったと, 移ったので, 移りけれ, 移りしかば, 移りて, 移りますゆえ, 程々で, 約束し, 約束には, 誰も, 近いので, 近づいたので, 近づいたろうから, 近づいて, 迫って, 迫つて來た, 迫つて居ります, 迫つて居る, 迫つて絶間, 迫りましたゆえ, 迫ること, 逸して, 遅いお, 遅いから, 遅いで, 遅かった, 道も, 違えずさらさら, 違えず家令, 関はず出発し, 黄昏所は

▼ 時刻には~ (95, 3.5%)

2 いつもまだ眠れない, もうあの, 一人の, 私が, 私は

1 [85件] いつも中央公論社, いつも外出, かならず煎薬, この季節風, ごく空い, ごろりと居間, すでに信玄, その色男, つきものの, どこかに, どこの, まだお客, まだすこし早い, まだだいぶ間, まだ少し間, まだ間, もう誰, よほど早し, ダナの, フェルガルに, ポンプの, 一建築の, 七月初旬の, 三つ四つさきに, 人通りが, 伝次郎は, 伸子が, 何喰わぬ, 僕たちの, 僕は, 北京の, 向うから, 向河岸, 吹きぶり, 哀れな, 外気が, 大分遠い, 大分間が, 女は, 妙庵先生を, 家人は, 專次は, 小舎の, 尚ほ, 支部には, 散歩に, 日も, 早いけれど, 早かろう, 早すぎる, 未だ早, 来て, 来る電車, 梟は, 検査場裏の, 横浜あたりを, 毎日寺島の, 流石の, 父親が, 特にそれ, 用も, 町じゅうの, 皆んな銘々の, 目を, 真斎, 秀吉の, 私達は, 窮屈な, 第二, 総門の, 老人でも, 脂汗で, 自分の, 自分は, 自然界の, 蚊は, 誰だって, 誰に, 連隊に, 銀座の, 門口に, 間が, 離屋の, 風向きが, 黒い日傘

▼ 時刻~ (73, 2.7%)

2 なった, なったので, なると, 前後し, 太陽の

1 [63件] あまり違わない, いい所柄, いい須永, いうのに, いえば, お起き遊ばされる, かに, この男, その時々, それから相手, なったの, なって, なり, なりて, なりました, なりましたけれども, なり例, なり判事ら, なり已む, なるとき, なれば, はなつたので, みえて, みえ対岸, ピッタリ一致, 一致する, 二時間も, 云はれ, 云ふ, 云へ, 云へば, 人々の, 出来れば, 判じ霊, 同じ時刻, 場所により, 場所の, 夜分の, 天候を, 定めませう之, 宵っぱりの, 市之丞の, 帰った時刻, 御寝所の, 心得顔で, 思われる深夜, 急いで, 成りますと, 推定される, 本暦には, 歸つた時刻は, 死んだ時刻, 流速を, 為った, 留守に, 番組とは, 被害者の, 見霊, 言い, 録ちゃんが, 集合の, 面会時間は, 齟齬し

▼ 時刻~ (54, 2.0%)

2 から, からそれ, が, ぜ, ということ, と思った, ね, のにこの

1 [38件] からいたずらに広々, からお前, からお化け, からたぶん, からと云っ, からと言っ, からね, から多忙, から大急ぎ, から寄席, から強盗, から歌, から火の気, から紫, から誰, がさすが, がどの, が剣山, しつぎ, し場所, し第, つたで, つたでが, つたので, とそれからまた, とは思い, とまた, と云, と告げた, と思い, なとか家, のにやっぱり, のに寝, もの印象に, よ, ゾ, ッて, 美人は

▼ 時刻~ (49, 1.8%)

12 あつた 2 ござります, 筋向うの

1 [33件] あの美しい, いうと, いうならば, いう時, いえば, きっと孫兵衛, すらこうして, すらたつた, せうか, そのあたり, その時人, それに東京, なにを, サヨは, 一つ所に, 中庭には, 云えば, 今しも, 何だかかたまっ, 向うから, 地下電車の, 敢なくも, 数えあげられて, 昨日の, 樹, 無かつ, 私と, 見ると, 路傍の, 道場に, 郊外へ, 陽は, 鞭の

▼ 時刻~ (29, 1.1%)

8 のだ 3 のである 2 のです

1 [16件] のであった, のであろう, のですっかり, のでそれ, のでちょい, のでなおさら, ので信長勢, ので取り卸され, ので夕飯, ので往来, ので易老岳, のに人っ子ひとり, のに橋, のに突然, のを, んです

▼ 時刻から~ (26, 1.0%)

1 [26件] いえば, いっても, かえって賑, きたもの, きめて, のちガスコ邸へ, みて, よいか, ズバリそのもの, 云えば, 出かけるの, 十人十色の, 午後その, 尻の, 帰宅できる, 床に, 微行で, 戸隠へ, 正午までに, 申せば, 痛み出した耳, 考えあわせて, 考えると, 考へると, 西へ, 見ても

▼ 時刻では~ (19, 0.7%)

3 ありません 2 あったが, ないの

1 [12件] ございませんか, ございませんが, すでに機, つごうが, ないかという, ないな, ないので, なかった, 人通りも, 支度も, 無かつ, 見とがめる人

▼ 時刻まで~ (17, 0.6%)

1 [17件] きめて, さかのぼって, ずるずると, そのままの, まだ二時間, セルゲイと, 働いて, 婦人舎へ, 寝こんで, 寝られないからでも, 待ってからに, 終日い, 苛, 蔀半四郎は, 街角の, 起きて, 間が

▼ 時刻だった~ (16, 0.6%)

3 のである 2 のです

1 [11件] から男, がとつぜん, が山, が彼ら, が荘子, が雨支度, し俊亮, そうだ, な, のでやがて, ので小僧

▼ 時刻です~ (16, 0.6%)

32 かね道理

1 [11件] あちらで, か, かはっきり, からこの, からこれから, からほんの, から昼食, から馬春堂先生, か私, ね, よ泊っ

▼ 時刻である~ (15, 0.6%)

2 からその

1 [13件] かもしれない, からお, から銘々, がため, が今夜, が彼, が此処, ことが, ぞ, のでよく, ので小隊全部, ので構内, 上に

▼ 時刻までに~ (10, 0.4%)

1 お支度おき, お見え, わが青軍, 予定され, 大川岸, 帰って, 帰らなければ, 帰りそびれて, 歸し, 間に

▼ 時刻であった~ (9, 0.3%)

1 が, が僕, が城下全体, が旗田邸内, が浮世, けれどいつ, けれどもそこで, ために, という

▼ 時刻でも~ (9, 0.3%)

1 あったので, あるまいに, ございましたので, すでに馬車, ない, ないに, ないのに, なかった, 気長く

▼ 時刻にも~ (8, 0.3%)

2 なると 1 かかわらず省線, 一つしか, 何處に, 態度や, 赤羽橋へ, 近いので

▼ 時刻~ (7, 0.3%)

5 やない 1 や, やねえ

▼ 時刻という~ (7, 0.3%)

2 ものは 1 ことが, のは, のも, ものが, 意味では

▼ 時刻までには~ (7, 0.3%)

1 あの通り雪, まだだいぶ間, まだ三十分, もう僅かの, 出て, 大ぶ, 幾刻か

▼ 時刻~ (7, 0.3%)

1 そのとき, 他の, 天候を, 季節を, 延焼区域の, 心象を, 進路を

▼ 時刻よりも~ (7, 0.3%)

1 ちと早く, もう三十分, 一時間ある, 出潮が, 天王山に, 早目に, 更けて

▼ 時刻じゃ~ (6, 0.2%)

1 ない, ないか, ないよ, ないわ, なくって, なし近常

▼ 時刻でございます~ (6, 0.2%)

21 からかえり, から何, ぞ, わ

▼ 時刻でした~ (6, 0.2%)

2 のに説教 1 から鳥渡御様子, がすると, が一刻, ネ

▼ 時刻とを~ (6, 0.2%)

1 きめて, 思い合せますと, 書きこむこと, 約定した, 訊いて, 記して

▼ 時刻にな~ (6, 0.2%)

1 つてこの, つてゐた, つて又, つて昼食の, つて襲ふ, ッた

▼ 時刻までは~ (6, 0.2%)

1 お取次, たとえ身, まだまだ二時間強, 彼女が, 決して現場, 親交を

▼ 時刻~ (6, 0.2%)

1 は次, をこしらえ, をとりだした, をみせ, を睨めまわし, を見上げた

▼ 時刻であり~ (4, 0.1%)

1 かつもっとも, 且は, 同時に恐ろしい, 鉄之

▼ 時刻とか~ (4, 0.1%)

1 お起き遊ばされる, またはよくよく, 光景とかの, 天候とかに

▼ 時刻とが~ (4, 0.1%)

1 丁度同じ, 対比し, 徒歩の, 狂わない

▼ 時刻はずれ~ (4, 0.1%)

1 でしたが, には決して, に鐘, の鳴

▼ 時刻より~ (4, 0.1%)

1 おくれて, ずっと早い, 少し後れ, 早過ぎた

▼ 時刻~ (3, 0.1%)

1 さあ幾時, まはず人, 身どもは

▼ 時刻それ~ (3, 0.1%)

1 に器械, はなにか, までは前後不覚

▼ 時刻でしょう~ (3, 0.1%)

1 か, から, な

▼ 時刻との~ (3, 0.1%)

1 差は, 間が, 関係で

▼ 時刻とは~ (3, 0.1%)

2 なった 1 加納さんが

▼ 時刻なら~ (3, 0.1%)

1 ば猶, 千二少年は, 彼は

▼ 時刻において~ (3, 0.1%)

1 である, クイーン・メリー号に, 博士は

▼ 時刻によって~ (3, 0.1%)

1 いろいろに, 恐水者, 著しく違う

▼ 時刻~ (3, 0.1%)

1 であったが, に宮内官, に西丸

▼ 時刻かと~ (2, 0.1%)

1 びつくりした, ぶらぶら当てど

▼ 時刻がら~ (2, 0.1%)

1 ごった返して, だけに前

▼ 時刻こそ~ (2, 0.1%)

1 杢左衛門らが, 脱出する

▼ 時刻ごろ~ (2, 0.1%)

1 にはまだ, にはウドン屋

▼ 時刻すなわち~ (2, 0.1%)

1 午前三時五十分から, 太陽高度は

▼ 時刻だけ~ (2, 0.1%)

1 であった, 眠ると

▼ 時刻だけに~ (2, 0.1%)

1 かえって洛内, また格別

▼ 時刻だろう~ (2, 0.1%)

1 が死体, と思います

▼ 時刻であっ~ (2, 0.1%)

1 て今年, て旅宿

▼ 時刻なども~ (2, 0.1%)

1 お知らせ致します, 豫め打ち合わせが

▼ 時刻などを~ (2, 0.1%)

1 定むるに, 知るという

▼ 時刻における~ (2, 0.1%)

1 温度という, 腸の

▼ 時刻について~ (2, 0.1%)

1 知らせて, 警告を

▼ 時刻はと~ (2, 0.1%)

2 つくに

▼ 時刻ばかり~ (2, 0.1%)

1 すると, 念入りに

▼ 時刻までも~ (2, 0.1%)

1 そばについて, よう存じ

▼ 時刻以外~ (2, 0.1%)

1 には店番, は濛々

▼ 時刻前後~ (2, 0.1%)

1 に亙る, に彼

▼ 時刻時刻~ (2, 0.1%)

1 にはかならず, の合図

▼ 時刻~ (2, 0.1%)

1 相違御, 遅滞御

▼ 時刻~ (2, 0.1%)

2 の裏

▼ 時刻過ぎ~ (2, 0.1%)

1 てからお腹, て通り

▼1* [136件]

時刻あすにゆずろう, 時刻あなたもきっと, 時刻うつらぬこともや, 時刻おそくなり後藤, 時刻かとも存じまするが, 時刻かまはぬ, 時刻からも消印からも, 時刻がと思うと, 時刻きっかりに給仕, 時刻ぎりぎりに滑りこん, 時刻ここからは戻れぬ, 時刻こそは東京からの, 時刻これは返事, 時刻ごとに見廻り, 時刻ごろ一方の長野街道, 時刻ごろ外出をした, 時刻ごろ鉢ヶ峰寺の一堂, 時刻へ来れ, 時刻さだめず黒木の, 時刻さびしい場所を, 時刻そうした処で, 時刻そこには鼠, 時刻その信長は, 時刻それなのに中から, 時刻たがえず紀伊守さまの, 時刻だけしか往来できぬ, 時刻だけはどれも, 時刻だすよって一応, 時刻だったではありません, 時刻だつたらパチンコ屋に, 時刻だ出かけようとシルクハツト, 時刻ちょうどこの時, 時刻ぢゃ如是あさましい事, 時刻えといつごろ, 時刻でありましたがなんだか, 時刻であろうとも思いあわされる, 時刻でさえも中天に, 時刻でないがなん, 時刻といふもの何日よりか, 時刻として天ヶ丘から, 時刻としてはそんなに早, 時刻とてもこれから間の, 時刻とてもはやいくばくもない, 時刻とに最大な, 時刻ともなれば, 時刻どおりに板木, 時刻どこでなに, 時刻などの公的な, 時刻なりこういう味, 時刻なりしなり, 時刻なれば成る, 時刻については思い違いを, 時刻についても十時半に, 時刻にでもいままで, 時刻にもなッた, 時刻によりましては宿方に, 時刻に関しては非常に, 時刻ばかりもすると, 時刻まだ形を, 時刻までにと大あわて, 時刻までの時間が, 時刻もはや戌の, 時刻やら相伴の, 時刻よりずつと早く飛び出し, 時刻よりは早いつもり, 時刻らしかつた, 時刻をかがなえば, 時刻をさえ知らして, 時刻をはかつて先生, 時刻をまで報じた, 時刻をも合わせ記録, 時刻カラ考エテ妻ハ帰宅ノ途中デアッタラシイノデアルガ, 時刻早過, 時刻ニシャワーヲ浴ビルコトヲ予ハ知ッテイル, 時刻プラット提督は米国海軍, 時刻一つでさえ推定時間, 時刻一人は一人, 時刻七時四十一分を示しおり, 時刻並んだ蒼桐の, 時刻中尾山の本営, 時刻九時ちと過ぎた, 時刻人どおりはちっとも, 時刻全市に捲きおこる, 時刻判事や兵士, 時刻午後七時五十一分三十秒からあの, 時刻午後二時過ぎに現われる, 時刻博士の研究室, 時刻即ち午前十一時二分一発の, 時刻厳守で会う, 時刻及順序稍明確を缺くも, 時刻地理そのほか, 時刻大勢の人, 時刻安土から揚った, 時刻寺の前でお, 時刻小僧の友吉, 時刻山上の本丸小屋, 時刻帝都防護飛行隊が巡邏, 時刻廊下のどんづまりに, 時刻彼女が起き上る, 時刻後れては枕, 時刻慌しい人通りだった, 時刻承知の旨, 時刻さう, 時刻旅人の影, 時刻早きゆえ或, 時刻書院の方, 時刻東京大本営において天皇陛下, 時刻松前をさして, 時刻正午頃です, 時刻江戸で鳴らした, 時刻江戸町か角町, 時刻淋しい屋敷町には, 時刻渾沌たる光, 時刻わず, 時刻特高が呼出した, 時刻は遠い, 時刻が丑時, 時刻相良玄鶯院はへらへら, 時刻種々な用達人, 時刻に時間, 時刻縄生より出, 時刻行動地の理, 時刻身じたく覚悟のほど, 時刻の上刻, 時刻迄に二三分しか, 時刻近くに武芝, 時刻迫りたれば謙三郎, 時刻迫れば今, 時刻る, 時刻間にあわなければ自分, 時刻関ヶ原に続く, 時刻静かな変化, 時刻であったろう, 時刻頃裏庭へ行った, 時刻にのっ, 時刻黙って一生懸命