青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「時分~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~時 時~ ~時々 時々~ 時として~ 時に~ 時には~ ~時代 時代~ ~時分
時分~
~時刻 時刻~ 時半~ ~時期 時期~ ~時計 時計~ ~時間 時間~ ~晩

「時分~」 7731, 84ppm, 1340位

▼ 時分~ (1605, 20.8%)

84 なると 56 なって 14 私は 9 なつて 6 なっても 5 私の 4 なつたら, なれば, ほんの百行足らず, やっと, 不意に, 二人は, 何か, 彼は, 急に, 来て

3 [17件] くらべると, これが, さきほどから, なってから, なりますと, なる, 一緒に, 与八が, 出來, 帰って, 成ると, 日が, 月が, 比べると, 米友は, 自分の, 行くと

2 [64件] お君, お絹, がんりきの, この屋敷, これは, その時, それが, それを, どうする, なっては, なりました, ひとりで, ふと見る, また同じ, わたしは, アメリカへ, シナから, ネパールの, メリケン粉を, 下の, 両親が, 事業の, 何う, 例の, 先生は, 前の, 向うから, 天下の, 好きな, 始まって, 屏風などが, 当って, 彼女は, 後ろから, 戸村の, 戻って, 早くも, 是非いらしつ, 本を, 東京で, 東京に, 東海道を, 橋の, 此処に, 死んで, 母に, 毎日の, 父に, 生まれて, 磯野は, 私が, 立って, 経験した, 見たこと, 見て, 親は, 読んで, 買って, 迎えに, 途方も, 郷里の, 長官が, 非常に, 頭の

1 [1212件 抜粋] ああ日, あそこへ, あったの, あなたから, あのいつぞや, あの御簾, ある, ある事件, ある時, あわただしくその, あんなこと, いくらかの, いた弟子, いったん帰っ, いつの間にかその, いつもそんな, いろいろ此時代, おいでくださいました, おじいさんは, おばあさんが, おぼろげながら, お作, お前さん一人に, お前は, お多福風に, お徳, お梅, お民, お琴, お秀, お銀, お雪ちゃんは, かう云, かなたの, きいたお伽噺, こう云っ, ここを, このお爺さん, この世の中, この俺, この八重咲品, この夫妻, この宿命的, この山, この火の見櫓, この詩, この陽気, これらの, こんなこと, こんな優しい, こんな所, さうであ, さすがの, しずしずと, じゃ一つ, すっかり馴染み, するもの, そういう立派, そうでありました, そこから, そこで一行, そつと, その中, その受入れ方, その妻, その後家の, その政治家, その旅人, その煤, その男, その苦しみ, その裏山, その近辺, それと, それによって, そろそろ近づき, そんな事, たいへん自分, たしかに下手人, ただ一回, ちゃんとあゝ, ちょいちょいあの, ちょうど背後, ちょうど避病院, ちらちら白い, である, とんぼを, どうしたら, どうして片方, どこかへ, どこからか, どこの, なあにあいつは, なったが, なったので, なったら今戸橋, ならなければ, なりましたので, ねこか, はいふまでも, はじめて手, はねみんな, ひどいこと, ひょっこりもどっ, ひよっくり, ひろ子も, ふいに, ふっと逢い, ふと博士, ふと汗ばんだ, ほとんど総出, ほんの無邪気, ぽつりぽつりと, まず雪, またし, またぽたり, またも現場, また戸, また蓋, また近づい, まだ花, まだ菊人形, むづかしい話は, もうきざし, もう一ぺん, もう一度また, もう出, もう老人, もはや微か, やうやく落ちつきます, やって来て, やっと林, やっと読ん, やつと, やはり耶蘇教, やや離れた, ようやくよこす, ようやく春日長次郎, よくお, よくした, よく山, よく熱病, よく虫, よく随, わざと縁側, わたくしは, アメリカ人の, ア随分, ウソ, エリカ, ケタタマシイ自動車の, シリヤス星が, ダージリンに, チベット政府が, ツァ・ルンバが, ナショナルリーダーを, バタや, ヒョイと, フランクは, ヘリウムが, ホテルの, ポツリポツリと, ムク犬の, ユウゴオが, ローサンゼルスの, 一つお, 一人で, 一度かんしゃくを, 一度たしか, 一度母に, 一度行っ, 一度間違つて覺え, 一時に, 一番菊五郎の, 一首の, 一CCの, 上京し, 下級官吏の, 与えられた感化, 世話に, 両国に, 中では, 中びけ, 乃公は, 乳を, 二人し, 二条殿の, 二階の, 人が, 人間の, 今の, 今まで, 今井云う, 今開けた, 以前の, 会ったの, 伯父さんか, 体力が, 何かしら同じ, 何の, 何年かの, 何遍か, 作文の, 使つた, 使て, 便所を, 俥と, 倶楽部の, 傍道から, 僕は, 僧侶に対して, 兄と, 先代燕枝の, 先生から, 入れるの, 八幡宮の, 其樣な, 内に, 写絵といふ, 出かせぎなどという, 出たって, 出来た十軒, 出来て, 出来別に, 初めて私, 判つた, 別れたその, 別れた自分, 前屈みに, 前後の, 力に, 動物の, 北支事変が, 十分愛し, 南部の, 印刷屋から, 友人が, 叔父さんは, 受けた母親, 叩き込んで, 同じお伽噺, 同じ学校, 向うの, 君払っ, 和歌浦の, 喜い, 嘘だ, 国防色の, 坑夫で, 壬生の, 夏好く, 外から, 多く入った, 多忙を, 夢の, 大変助けに, 大御所の, 大泉寺の, 大酒, 天文観測の, 太政大臣が, 女子衆が, 好い皮膚病, 妙な, 妻が, 妾が, 娘が, 婦女子は, 子供たちは, 字を, 学校から, 学資などの, 宇野浩二の, 宿を, 寝所で, 尋常の, 小野が, 少しばかり, 尚侍が, 屋内の, 山々は, 山は, 山村の, 岡の, 峠の, 左大臣家に, 帆柱が, 帰ったよう, 幕府己の, 幸子たちは, 店の, 庭を, 廊下の, 弁信は, 弓を, 彼女と, 後から, 御指導, 御米, 心を, 必ずこの, 忽ち舳, 思い出して, 思ひ出される, 息を, 惣太の, 意識し, 懇意に, 戴きますと, 手で, 折々尼僧, 拾ったん, 持つて, 振返つて, 採って, 揚一といふ, 握飯を, 政府で, 教へて, 敵は, 新しく敷かれた, 新吉, 新聞専門家の, 方々で, 旅の, 既に叫ぶ, 日の, 日本の, 日本橋の, 昔知つて居る, 昵んだ, 時計の, 普通に, 書いたの, 書きおわったまま, 有名な, 木の, 本名を, 本郷の, 杉林の, 来れば, 松山ホトトギス会主催の, 枝に, 柳田先生の, 桟敷が, 植物の, 樹木の, 武蔵が, 歸つて來た, 死すべきもの, 死んでしまつた, 死霊や, 殆ん, 母が, 比すれば, 気がつくと, 江戸づまの, 江戸へ, 河原の, 法則も, 泣出し, 津村の, 浅草へ, 海の, 液が, 湯島の, 演習に, 漸く戸, 漸く馬車, 漸と, 火で, 火鉢一つで, 焼いて, 焼跡から, 父さんは, 父や, 父母に, 牛を, 牛乳五勺と, 独りみんなから, 王子の, 生れて, 用事を, 田地を, 男は, 留吉は, 病気を, 白い花, 百合子お前三十五銭の, 皆を, 盛んに, 直蔭, 相当親しかっ, 真珠の, 眼を, 着た着物, 知合いに, 短笛, 祖母が, 神下しが, 神様が, 私たちが, 私と, 秋山大尉を, 稍く, 突然, 窃と, 立ち返らなければ, 立とうと, 端舟の, 答えたの, 粉の, 細君の, 給仕に, 継母と, 締めた帯, 羅馬王朝の, 老人から, 聞いたこと, 聞いた踊り唄, 聞える非常, 聞き洩らしたこと, 肺炎を, 能く, 腹痛の, 自分で, 自分を, 自由党の, 至りぬ, 船が, 船出の, 船長の, 芝居ご, 芳町の, 若い御, 若菜貞爾, 著る, 蓬が, 蛙を, 蟻達が, 表から, 裏庭で, 見た, 見つけて, 見物の, 親しかった, 親切に, 記憶に, 誠に情けない, 説明した, 誰から, 誰の, 貰った手柄山, 買ったん, 贔屓に, 起きあがり, 起きようと, 起き直ろうとして, 起った怪しい, 足芸の, 踊の, 身の, 較べりゃ先ず, 辻番が, 近所に, 通りに, 逢った切り, 遊び廻つた山や, 道庵の, 道樂が, 遠走り, 選を, 遺言し, 酒が, 酒場の, 重太郎は, 鈴木の, 鎮守の, 門の, 間に合って, 關係した, 陸奥の, 階下へ, 雇入れた, 雨が, 雪が, 雪を, 静かな, 非常の, 頸の, 食べた物, 飮んだ, 首を, 馬を, 駈落者, 駒井甚三郎は, 駱駝が, 髪を, 鳥安なんかへ, 黒闇の

▼ 時分には~ (1117, 14.4%)

16 私は 10 私も 5 もう日 4 中, 彼の, 彼は 3 お銀様, それが, それを, そんなこと, もう夜, 夕暮の, 女の, 日本の, 私の, 誰しも

2 [46件] お庄, ここで, こんなこと, その日, それらの, ただ三枝, つい近所, どうしてもそれ, なかった, もう安, よくその, よくそんな, よく東京, チベットに, 二人とも, 人の, 人間の, 今の, 何か, 何でも, 何の, 僕は, 冷えて, 君は, 土蔵も, 太子も, 女も, 家が, 家の, 彼女は, 彼女も, 我邦の, 既に刀, 日が, 火の手は, 磯野は, 私たちは, 米友は, 自分も, 良秀は, 薬師様が, 親は, 誰も, 起きた頃, 近処, 逃げて

1 [952件 抜粋] あすこへ, あそこで, あなたが, あなたも, あの宿屋, あまり売れ, ありがち, あれだけ, あんなに仲よくし, いかなる破落戸, いかにも森厳, いくらでも気前, いずれのった, いつか小鳥の, いつしか空, いつもの, いつも中の間, いま米友が, いろいろお世話, おきなければ, おとぎ話は, おひろ, おれの, お互に, お前は, お友達, お家に, お家の, お末, お母さんは, お錢, お高さん, かきの, かつみさんも, きっとその, きっと登っ, くれろと, けっしてこう穏, こういう住持, こっちから, このえ, この儘習慣的, この婆ザクラ, この男, この馬, こんなたかい, こんな馬鹿, こんな黒い, ごりごりごりごりと, しーん, すくなくも御一新, すずめに, すっかり親しい, すでに夜, すでに審問, せっかく包みかけた, せみや, そういう設備, そうも, そこの, そちこちで, その上等種族, その争った, その前日, その地方, その娘, その客, その情, その新芽, その正面, その煙, その礼式, その窓, その色, その血統, その近所, それでいろいろ, それに当, それ相当の, そろそろ私, そんなよう, そんな責苦, たくさんあった, ただこの, たとい疑い, だらりと, ちゃんとき, ちょうど先方, ついて, つい隣り, とうとう姿, とっぷり暮れた, とても英国兵, どうかする, どうしても多分, どうしよう, どこか, どこからか, どこへ, どの部屋, どんなにそれ, どんな者, なかなか狡猾, なったこと, なるべく沼, なんといっ, ぴったり人通り, ぷッつり遊び止め, べいごまなどという, ほとんどただ, ほとんど一緒, ほとんど食物, ほんとに不味い, まず麦焦し, また向, また新しい, また自分, まだそういう, まだそれほどでなかった, まだところどころに, まだチベット, まだ今日, まだ南京虫, まだ土器, まだ居た, まだ山野家, まだ汽船, まだ珍, まだ町人, まだ相模, まだ私, まだ肩揚, まだ螺旋釘, みんなこ, みんな地面に, もういろいろの, もうお前さん, もうすつかり日, もうそれ, もうただ, もうとうに, もうとっくに日, もうやん, もう与八, もう両虎とも, もう何処, もう余程氷, もう合鍵, もう四明ヶ岳, もう国境, もう多く, もう大分女, もう大抵, もう娘, もう安安と, もう寄席, もう庭, もう思案, もう整理, もう本当に自分, もう死ん, もう町, もう疲れきっ, もう真暗, もう窓, もう自分, もう薄暗い, もう鈴慕, もう降っ, もう馬車, もちろん英国政府, ものの, もはやネパール首府, もはや秋, やっぱりしくじり, やはりいま, やはり薬, よう十時過ぎに, よくこんな, よく夜ひとり, よく榮華, よく浜, よく繁ちゃん, よく雙方, わがから, わたしに, アダム・ナリン氏も, カテリイヌは, ゴム輪の, スクーナー船と, ダンスは, チットも, ネーチュンは, バラバラと, パラソルの, ボオトの, ムク犬は, ヨーロッパでは, 一の, 一中節を, 一介の, 一天墨の, 一年か, 一年一度國に, 一度ほとんど人気, 一番に, 一行の, 丁度御, 三人とも, 上から, 不平らしい, 世間を, 中學生の, 主婦の, 久野さんの, 乞食に, 事実は, 二人しか, 二升位しか, 二宮尊徳が, 互に顔, 五月二日の, 人影は, 人通りも, 今より, 今度は, 今松, 他の, 以前は, 伊賀近江の, 体が, 何が, 何憚る, 余り恐ろしい, 余り間に合わぬだろう, 余所へ, 併し, 供待ち部屋という, 信者が, 俺の, 僕を, 僧侶を, 充分の, 先の, 先生すました, 先生に, 先生は, 光子さんが, 克く, 全く光沢, 八景めぐり, 兵法も, 冷え切った体, 冷たくって, 分らぬ程, 判らなかったの, 別な, 別段骨, 勝手に, 医術が, 十人の, 十銭も, 千六は, 半ばで, 又, 双方とも, 受け取るに, 可なりの, 司法省の, 同じよう, 同じ長屋, 名高い大店, 吾, 唇亡び, 唯床の間, 四人で, 四谷で, 四谷には, 土地の, 土民が, 地名は, 坂も, 墓の, 売れ高著しく, 外に, 外交上の, 外祖母も, 多くは, 大, 大分いたん, 大分言葉が, 大変だった, 大学に対し, 大工が, 大方その, 大變盛ん, 大騒ぎに, 天台宗に, 天然痘は, 夫は, 女郎衆が, 妹たちが, 姿は, 子供も, 客も, 寝て, 小学校に, 小屋の, 小竹の, 少しばかり, 少ない品数, 尺八の, 屏風の, 山姥も, 島田三郎の, 差止めて, 帰ると, 帳面二つ善人帳と, 年寄りを, 幾ら私が, 廃める, 廻りコックにて, 引きつづい, 当人大童で, 彼より, 後家さんも, 御飯を, 心得違え, 必ず卜筮, 必ず土産, 必要に, 思いの外に, 思い断りの, 性慾が, 悔しい敵打, 悪漢どもは, 戦に, 扉は, 持って, 掃除が, 故郷の, 散々お, 文太郎は, 既婚の, 日本橋の, 旦那は, 早稲田の, 春の者よりは, 昼間掃除夫が, 時々そういう, 時々私, 時に応じ, 時間に, 普通の, 暗いランプ, 更にこれ, 月が, 有志の, 朝飯前に, 木曽路を, 未だあの, 村中の, 東京でも, 松明を, 某と, 柳橋の, 梶を, 植物の, 権謀術数でなけれ, 此の世界を, 死を, 死者の, 殆ど誰, 殿様に, 母屋の, 毎年五月に, 毎日必ず, 水は, 決して大きい, 決して菜種油, 沖より, 沢山の, 法王と, 泥坊は, 海岸の, 深い憂鬱, 溜池の, 漢文が, 激変し, 火の玉人魂などを, 無かった, 然か, 父さんの, 父は, 片鱗だ, 牧場から, 特別に, 現代の, 現任大蔵大臣も, 生えて, 用が, 田舎の, 甲坂弾正と, 男も, 町奉行の, 病身やった, 百五十點にまで, 皆は, 盗みためた金, 直ぐに, 相応に, 県下に, 真実に, 着いて, 睡眠が, 短い冬, 石牢の, 研究所は, 確かに, 祖父も, 神尾主膳も, 私共は, 秋に, 空飛ぶ, 竜之, 笛の, 素早い運転手, 絵師に, 緋鯉の, 罪に, 羅浮の, 老母の, 肝腎の, 背で, 能う往来きし, 腕白者で, 自分が, 自分は, 舟は, 花それからまた, 芸術も, 茂作は, 草に, 草木の, 虎の, 蝙蝠までが, 蟹は, 行つてる, 表二階に, 被告人に, 見える方, 角力が, 計り炭を, 誇りに, 誠に行届いた, 読者から, 誰の, 謹んで飲まなかった, 豚脂も, 買う薬, 贔屓に, 赤くなる, 車が, 軽業や, 辛味の, 遊びに, 道庵先生は, 部屋の, 郵便の, 重刑に, 金を, 銀さんが, 銭湯に, 鐵道の, 長い悩み, 門の, 降るよう, 随分ありました, 随分よく見える, 随分大, 随分幾度, 隣りの, 隨分いたずらな, 隨分やつた, 雪が, 雪の, 靄が, 非常な, 靴も, 顔を, 風邪ばかり, 食べ物の, 養子の, 騒ぎを, 高いと, 髪結床で, 鯨飮し, 黄昏の, 黙って, 鼻の

▼ 時分~ (925, 12.0%)

49 ことを 23 ことで, 事を 16 ことだ 15 事で 14 ことです 11 ことであった 9 ことである, 私は 8 ように 7 ことでした, ような, 事である 6 ことだった, ことは, 私の 5 ことであります, 事だ, 人の, 話を 4 ことや, 事だった, 事であった, 心持を, 方が, 私には, 記憶を, 話である

3 [16件] こと, ことから, ことが, ことなどを, ことに, 事です, 事な, 事も, 事一年目には, 京都の, 人達は, 友達の, 彼は, 或る, 昔の, 自分の

2 [42件] ことだろう, こと例の, こと考える, ものを, やうな, 一つの, 三百の, 事, 事でした, 事と, 事は, 人々が, 人が, 人は, 代助, 作家だ, 出来事を, 友達で, 吾, 姿を, 子供の, 家の, 平岡は, 彼の, 悪事を, 持説だ, 本は, 東西の, 母は, 父さんには, 生活とても, 田舎の, 私が, 美しさ, 茂吉の, 記憶の, 話だ, 話なども, 遊び友達で, 鎌倉は, 雨の, 面影を

1 [525件 抜粋] あさましは, あたしだ, あたしは, あなたは, あの大通, ある夕方, ある夜, あわただしい生活, いきんだ思い, うすぐらい日本, えびすやとか, おま, おもいでが, おれを, おッ母さん, お増, お客と, お客には, お寺の, お松は, お虎子, お話でございます, お話を, お金に, お馴染, かの女, かわいらしい姿, こうした体験, ことあ, ことあたらしい, ことある, ことそれから, ことそれは, ことだらう, ことであっ, ことでありました, ことでも, ことで御座います, こととしても, こととて, ことな, ことなどは, ことなんか, ことの, ことまく, ことまでも, ことコンデンスミルクを, こと中村屋の, こと五月時分から, こと兄キが, こと大きな, こと家の, こと寒中素肌に, こと少し, こと少女時代の, こと暦に, こと法学士大津定二郎が, こと目白が, この庭, さう, さういふ性質, さまを, せいか, その覚悟, それは, そんな遊び, たいていの, たった一枚, だらしの, つもりで, とは代, どことなく刺々しい, は建物, ひろ子は, まじなる, まじり気ない, ままです, むす子, もので, ものとは, よい隠れ場処, ようには, をと云っ, オーストリアにおいても, カフェーらしい, ゴーリキイの, ステエシヨンの, タクシイは, ドイツには, ノートから, モダンは, ラサ府は, ロシアは, ロシア軍隊生活と, ヴィール夫人は, 一力は, 一枚百円は, 一般の, 一銭二銭三銭から, 三本筋でし, 三条西家は, 下町情緒も, 下郎共の, 不如意から, 不安焦燥無念痛心, 世の中で, 世相の, 中学では, 丸の内は, 久松と, 事だつた, 事ぢやつた, 事でございます, 事でも, 事などを, 事なんぞ, 事ゆえ写真など, 事故, 事書生が, 事縁の, 二三人を, 二人の, 二人は, 二十三は, 二千兩は, 二葉亭の, 享樂を, 京都では, 人たちには, 人だ, 人出入りも, 人物としては, 人間が, 人間です, 人間は, 他処行, 代々木あたりは, 伸子は, 体面を, 作品の, 作品中既に, 価格の, 便宜の, 俗曲演劇等の, 俤を, 値段で, 偉い女役者, 停車場の, 傷の, 僕には, 僕は, 僧侶の, 先入主が, 先生が, 先生の, 先生より, 光景を, 公卿たちの, 六十円だ, 其は, 写真が, 写真だ, 写真だったで, 写真である, 写真でした, 写真を, 冬の, 出来事が, 出来事な, 刀劍の, 初志は, 勇ましい思い出, 勝山さんぐらいな, 勢から, 化物屋敷は, 北國の, 北海道行きは, 十七藩が, 千枝子と, 半蔵の, 半蔵を, 卒業生に, 南の, 印象で, 友だちは, 友達であった, 友達な, 収入は, 同じ線路, 同級生が, 名前を, 名残りで, 名残りの, 君は, 君臣の, 呼び名で, 呼び名です, 和歌子に関する, 唱歌にも, 四谷見附だった, 四部目録は, 回想に, 国民は, 國の, 圓朝なら, 坂道は, 基督教徒は, 夏祭は, 夕方ちかく, 夜が, 夢のかず, 大きな神社, 大丸は, 大型な, 大川端中洲の, 大時代の, 大部屋の, 太郎や, 夫いうたら, 夫婦の, 奥様は, 女が, 女の, 女学校云うたら, 女学生の, 女形は, 妙に, 委しいこと, 姿が, 子供心と, 学校の, 学校は, 学校友達は, 学科と, 宋大陸との, 宗助の, 官立學校で, 宛名に, 客も, 家具を, 家老屋敷の, 寐物語に, 寫眞だ, 寫眞である, 寺小屋だったで, 小伝馬町大, 小作米の, 小使い帳, 小劍, 小圓太, 小学生は, 少年達は, 屋敷であっ, 屏風祭が, 山の, 山吹の, 島田は, 巧者な, 巴里は, 市ヶ谷で, 年ごろは, 年増の, 年齢です, 幼い心, 幼い記憶, 店の, 延一郎は, 弟子には, 弟子の, 張紙は, 役人に, 彼が, 彼と, 彼女から, 彼女に, 彼女の, 彼女は, 御堂關白や, 御弟子, 御鑑定, 心持ちでした, 心持ちに, 心持に, 心持には, 忘れられないこと, 思い出が, 思い出として, 思い出などを, 思い出は, 思い出を, 思想を, 息子が, 悪戯だ, 悪戯ぶりだの, 悪戯を, 情熱も, 愛護民譚は, 感が, 感情が, 感想では, 慎み物忌み, 懺悔を, 我邦の, 或は雨, 或夜, 手紙です, 手紙に, 手習いの, 扮装が, 摘み草なんか, 放蕩と, 教育法で, 文句です, 文壇に, 文学的覇心は, 文科の, 文芸批評の, 新七, 新宿駅附近と, 新聞は, 方は, 方へと, 旅客が, 日本の, 日本人も, 日記, 日記を, 旦那の, 昔である, 昔を, 時代は, 書家が, 書生の, 有様を, 朋友で, 朝子には, 木挽の, 木租の, 束髪は, 東京の, 板ば, 枇杷葉湯甘酒, 棒組たちが, 楽しかった, 様子などが, 標題は, 橋の, 歌に, 正しさ, 正月の, 母に, 母親を, 毎夜であった, 毎日の, 気に, 気候が, 気分に, 気持ちと, 気持で, 気持に, 気象を, 水源の, 永井荷風が, 汗顔ものの, 江戸の, 沢山の, 泡鳴にも, 洋服姿を, 洋行が, 活動小屋へ, 流行歌に, 淋しい枯, 淡い夢, 淡い追憶, 深間を, 清子は, 湯殿は, 為であった, 無茶を, 無落款, 父さんが, 父さんに, 父さんを, 父の, 物価で, 物見遊山の, 状態なんと, 狭い往来, 玩具には, 珍らしい, 生徒は, 生活といふ, 生活は, 生活全幅が, 田端の, 病気は, 癖であった, 盗人に対しては, 盛子を, 真面目は, 着物や, 知人らしく, 知合いが, 知合が, 研学の, 磯の, 社交人である, 社会主義者という, 神道は, 禅堂には, 福慈の, 私に, 種々の, 稻子さんも, 空氣が, 竹松, 笹村が, 築山が, 篤胤直門は, 米友の, 米国では, 粉砕まさに, 経験として, 経験を, 絵の, 綽名で御座いました, 繁昌を, 罪だ, 罪を, 罪滅しと, 美しいもの, 考へは, 聞き覚えの, 肉体的影響と, 自由を, 臭いでなく, 舞踏仲間に, 色あせた写真, 芝居に, 芝浦は, 花魁は, 若い痴呆, 英学者は, 茶の, 落選は, 蔵書の, 藤木さんの, 虚榮今は, 行状からでも, 行状に, 親しい思い出, 解きがたい, 言ひ, 計算に, 記憶しか, 記憶その, 記憶だ, 許嫁で, 詠草や, 詩集とが, 話で, 話であります, 話でも, 話という, 話に, 話や, 諸藩, 賑いは, 質素だった, 身じまいの, 軍の, 辛さ, 迷子札を, 追憶などを, 通りの, 連中も, 遊び友だちでも, 遊び友達ででも, 遊戯唄を, 達識の, 遠藤清子さんが, 遺物であります, 都会風な, 酒場と, 長は, 長襦袢などが, 隠れん坊の, 雉は, 雑誌を, 雑踏は, 頃です, 領事は, 頭を, 顔に, 顔には, 飲友達旦那が, 餡は, 馬籠の, 馴染の, 鮮新な

▼ 時分から~ (835, 10.8%)

12 私は, 見ると 7 知って 6 自分の 5 石城の, 私の 3 それを, みると, 私が, 聞いて, 覚えて, 親の

2 [37件] あったの, あの松の木, お附き申し, この辺, して, では, 一緒の, 三味線を, 人の, 今の, 他の, 伊藤は, 何か, 俺の, 口の, 合は, 大の, 好きで, 妙に, 家の, 彼の, 彼は, 思うと, 怠けものだ, 手癖が, 持って, 早く紅くなれ, 来て, 東京の, 此の, 私には, 空腹者の, 自分を, 身体に, 身性が, 雪が, 高慢税を

1 [696件 抜粋] ああなり出したので, あくせくし, あった菱垣廻船, あって, あなたに, あのかた, あの人, あの子供, あまり三毛を, あらわれようとして, ありますよ, あるという, あれを, あんな貧乏くじ, いいました, いつでも, いつとは, いつも満員, いつも私, いひました, いろいろな, いろいろの, うろおぼえ, おじいさんと, おじさんも, お世話に, お作, お前さんに, お守を, お庄, お父さんには, お父さんの, お約束, お育て申し, お花さん狐, お重, お附き申した, かうして, かけて, かの女, きよと, きんと, こ, この, このやう, この不知火, この家, この庭, この福村, この私, この頸飾り, この館, こまは, これが, これを, こんな顔色, ごまかす事, さか, しなびて, しみじみと, すぐれて, すこしも眼, すこぶる道楽, すでに色がらす, すなどりを, ずいぶん聞い, そいつとは, そういう事, そうであったらしい, そうやったらしい, そだてたので, その穢れた, その苦労, その金, それで, それ式に, そろそろこの, そろそろ意識, そんな方, そんな物腰, だ, だんだんと, だんだんびろく, ちっとも殖え, ちゃんと約束, ちょいちょいそこ, ちょくちょくと, ちょっとしたこと, ちょっとも, つい今し方, であ, であろう, でした, です, とき子は, どういふ, どこか, どんな片々, ながめて, のけ者に, のです, ばたばたと, ひそかな, ひとりで, ふた親の, ふと眼, また友人, また彼, まだ半月, まア心, むら氣で, もうすでに分つ, もうとうに関係, もう咽喉, もう好い加減, もう蚊帳, もう関係, もっと心配性, やや人がましく, ようやく波, よくきいた, よくそれ, よく喧嘩, よく寝る, よく描い, よく知っ, よく知つて, わかって, わがままだった, インドと, ウルトラ, エーゴルは, ケーテの, ゲーテに, サラサラと, ジジイみたいな, テケテケテンテトドンドンと, プラトー以来の, ミカン箱へ, モー段々餌を, 一人娘を, 一匹の, 一年以上も, 一度開け, 一日も, 一番仲の, 一種の, 一緒に, 三五兵衛の, 三人は, 三遍も, 上京の, 下ぶくれ, 不思議な, 丹精した, 主任教授に, 九月十月の, 乳を, 争われないもの, 云うこと, 井伊の, 人に, 人物画が, 今でも, 今に, 今度の, 今日では, 今日の, 他人の, 仲の, 伝統的に, 伸びきつ, 伸子は, 体に, 何かを, 何の, 何彼と親しん, 余り職工服, 來る, 例の, 便所に, 信心し, 信心家で, 俳句を, 俺は, 働いて, 僕には, 僕の, 僕を, 先入主と, 先刻まで, 先生に, 六人の, 内で, 円い背, 再びある, 凧の, 初めてあの, 別懇に, 勉が, 勝へ, 勤王家の, 医者の, 十年近くそういう, 十歳年齢の, 千客万来どの楼も, 南の, 博奕打の, 友人に, 友人の, 取りもちの, 古い門, 可愛らしい別嬪, 各の, 向島に, 君侯の, 問答の, 喧嘩ッ早く, 單調な, 坪井先生の, 埃塗れ, 売春婦には, 変りの, 夕は, 多少の, 多少自己流, 大分やかましく, 大切な, 大概負けなかつた, 天麩羅を以て, 夫の, 女史の, 好い事, 好きな, 始終劣敗, 娘に, 嫌いだった, 学問が, 学問は, 学校へ, 學校へ, 宋學が, 客室は, 家は, 家庭で, 寒さ, 寝付きの, 寝言を, 寝返りさえ, 寺の, 小三郎に, 少しずつ, 少しづつ心, 少しづゝ注目, 少し変, 少し変っ, 居ずわりに, 居士の, 居馴れてるぢ, 山々へ, 山あ, 山や, 岩が, 岸本の, 嵐の, 左右に, 希有な, 平凡な, 平生好きで, 幸内は, 幾らか凪ぎはぢめて, 広瀬中佐や, 引っからん, 引續いた, 弟は, 当家へ, 彼だけは, 彼女の, 後世迄, 得意の, 御前の, 御存じです, 御面, 心得て, 心掛けが, 忙しい商売, 思いあって, 急に, 怪猫が, 悪い方, 悪知恵が, 情事を, 意気地の, 慣れて, 慣れ親しんで, 懇意に, 成年に, 成程さ, 我輩は, 或華族, 手なず, 手習ッ子の, 手荒な, 探偵小説が, 支那へ, 故郷を, 敏感に, 教えられたこと, 散り松葉, 敬服し, 数年間日本の, 文字を, 斯う, 方々の, 旅では, 旅の, 既に職業, 旦那が, 旧正月, 早く世間, 早く業, 昆虫の, 明治まで, 昼間でも, 時々お, 時々恐ろしい, 時雨の, 晃一の, 書物を, 有りも, 朝の, 本を, 東の, 松屋のを, 松島の, 染井が, 柿の木から, 校中第, 植物や, 櫛巻ばかり, 次第に前後, 歌俳諧が, 止んだねえ, 正岡には, 歯性が, 歴史哲学に, 死んだ母, 残忍な, 段々明確, 母と, 母親が, 比べると, 気が, 気にいらないこと, 気性を, 水といふ, 水泳が, 永らく向う, 汁粉屋の, 法螺吹だった, 漁業に, 潜在的には, 濶達の, 火事と, 無理に, 爪立つもの, 爭ひ, 父に, 父は, 爺やは, 物の, 物を, 独学の, 王子を, 甲州屋の, 男とと, 町に, 界隈に, 畠違いの, 疝気なら, 病人は, 病弱であった, 病気と, 癲癇の, 盛であった, 目から, 目立ったある, 相当生活, 真っ直ぐだった, 眼が, 眼の, 眼を, 知ってたん, 知つてゐました, 知り合つて, 碌で, 社会的教育を, 祖母さんに, 神坂村の, 神経は, 私共の, 私達は, 第三者としての, 箸にも, 篤とお, 米斎君は, 粗衣粗食に, 素ばらしい, 素顔君の, 給仕を, 絵を, 継母に, 総江, 縁あっ, 繰り反して, 美穂子の, 羨ましいほどの, 翌年の, 老年の, 聞きこんで, 聞き慣れた唄, 育てた芳ちゃん, 育てましたんでね, 腕を, 腰の, 腹の, 膚に, 自らも, 自分は, 自由を, 色気の, 芝居が, 芝居へは, 芸者に, 苗代青田豆の, 苦労を, 苦勞性の, 菖蒲の, 藪からでも, 虚弱だった, 虫の, 行きつけて, 行つて居つた, 街道を, 袴を, 袷では, 見なれて, 見やすと, 見馴れて, 親しかった, 親たちに, 親子が, 親孝行だった, 親方に, 言いなりに, 誰彼に, 諸子の, 貧乏を, 賞められ, 贔屓に, 身辺に, 辛い場合, 辛抱強くどんなに, 農作に, 逆境に, 透谷君自身の, 這入って, 遊び馴れた, 道楽べ, 邸に, 酒を, 重に, 重吉の, 金錢に, 長いあいだ自分, 長く勤め, 阿父ツさん子, 附いて, 降り出した雨, 陸奥などという, 随分世話, 離さなかった頭髪, 雷の, 霸氣の, 頭には, 風に, 食べ慣れた故郷, 飼いつけた家畜, 飽くまで意地, 餓鬼大将として, 首を, 馬へ, 馬気違ひなので, 馴染です, 駒井に, 髪を, 魚に, 鴉の, 鷲の, 鼓の

▼ 時分~ (649, 8.4%)

16 よしと 4 今の 3 何を, 私も

2 [28件] あんな手紙, いつでも, いわゆる青長屋時代, お互に, これで, さう, だいぶ柳, まだ私, もうあきらめた, もうお, よかった, よかろう, よし, マダ鉄道の, 何の, 前に, 夢を, 山の根笹を, 楽しかった, 父も, 私には, 私は, 脇の下に, 若かった, 蝙蝠も, 達雄さんも, 郷里に, 青かった

1 [567件 抜粋] あたりは, あなたが, あの女, あの時分, あれで, あんなに喜, あんなに野暮天, いいわね, いい月, いくらそう失敗, いつも苛, いつも雲, いろいろ取りこん, いろいろ御, いろんな立派, おとなしかった, おもしろかった, おれが, お前達と, お婆さんの, お嬢さんも, お房, お母さんが, お母さんは, お湯は, お父, お父さんは, お隣の, かえって貴方, かなりに, かなりの, かなり彼, かなり目先, こういう悲劇, こうだった, ここで, ここに, ここを, このお山, このさき自分, この人世, この書, この浜方, こまを, これでも, これらの, これ程までには, さぞ綺麗, さぞ美男, さびしいさびしい村, さんざんに, さア, すぐ変る, すでに二十六七, ずい分御, ずっと好かっ, そのあと, その塩, その御相手, それが, それで, それでもまだ, それは, それほど懇意, そんなにお, そんなに雑沓, そんな事, そんな場処, そんな智惠, そんな桃, たいそうアイルランド文学, ただうどん, ただ筆蹟, たびたびしました, ちょうど一村, ちょうど乗合自動車, ちょうど何もかも徳川瓦解, ちょうど千秋楽, ちょうど真昼時, とてもふとっ, とても給料, どうであった, どうも未だ調子, どんなだろう, どんなに私, どんな仕掛, どんな風, なおさらです, なか, ながく洗濯, なるほど字, なんと云つて, ばばさまに, ひどいもの, ひどうございました, ひどかった, ほかの, ほんとうの, ほんとに面白かっ, ほんの些, また剣術, まだ, まだお, まだお前, まだそういう, まだそんな, まだまだ吹矢, まだアスファルト, まだ一個, まだ地下, まだ子供, まだ小僧, まだ居所, まだ山, まだ幼, まだ弥之助, まだ日本人, まだ桜, まだ楽土, まだ真, まだ祖父, まだ米屋, まだ美佐, まだ表, まだ道路, まだ達者, まだ髯, まるで水, まるで閑, みんなお互いに, みんなが, もうかれこれ晩方, もうすつかり老いこんで, もうその, もう三十, もう冬季, もう収穫時, もう夜, もう小柳雅子, もう日, もう東北, もう父, もう真夜中, もう自分, もう船中酒, もちろん汽車, もはや新鮮, やっぱり仕事, やはりおなじ, やはり今, よう, よく, よくウォツカ, よく会費十銭位, よく君, よく子供ら, よく彼, よく栗鼠, よく生, よく祖母, よく箏, わけも, わしも, わたしに, アメリカ開国の, アンモニア水を, カシムの, ゴム風船そのものが, ジュンは, スオウとは, ツルゲーネフを, ドゼウと, ナア一機の, ナムという, ナンダそんな, ニージュニ・ノヴゴロドに, プロレタリア作家として, プロレタリア文学運動の, マダ今ほど, マダ双刀を, ミルクは, ルウスは, 一つ室に, 一層険悪, 一方ならぬ, 一番ヒマラヤ山を, 一番困りました, 一緒に, 一軒別棟の, 一高の, 丁度やっとレール, 七条の, 三円ずつ, 三十位で, 三十前後の, 三流四流の, 三男二女の, 三間五間という, 下谷の, 世に無い, 世の中がよ, 世間の, 世間全体が, 乃公も, 九月の, 乱暴な, 二人共まだ, 二十四に, 二階屋という, 互に凡て, 五月の, 五軒しか, 人の, 今ぞ, 今と, 今とは, 今に, 今より, 今よりも, 今日の, 今私の, 他の, 休暇の, 佐藤春夫の, 何か, 何がな風景, 何とも, 何にも, 余程美しい, 余程肥え, 佛教思想の, 例の, 便所への, 俳句の, 偉くなかった, 僅な, 元気の, 先生は, 光子さんと, 全く戯作, 全く珍しく, 全然私, 八円, 別として, 到って, 前橋まで, 創始時代とでも, 北の, 医学も, 十円だった, 叔父様は, 可愛かった, 台湾の, 吉雄は, 同級で, 名古屋の, 向うから, 君ずつと, 吾家には, 唯考える, 喜多村さんも, 嘸好う, 四谷塩町付近が, 固より, 国境の, 堕胎事件が, 夏だ, 夏な, 夏の, 夜が, 夜明けの, 夢中だった, 夢現で, 大人の, 大分疲れ, 大方の, 大旦那, 大昔の, 大真面目, 大破し, 夫婦は, 奥さん方の, 好いだらう, 好くやつ, 好し, 好しと, 姉さんも, 嬉しくも, 子供の, 孤児で, 学資に, 學問と, 完全に, 定めて, 実に楽しかっ, 実際運動, 宴席の, 家内の, 寒かった, 寧ろ姿, 寺が, 小さな呉服商, 小僧と, 小麦は, 少いのよ, 少しは, 少しも, 少數, 屋内が, 屋敷に, 山は, 川尻に, 巧かつ, 己も, 常に小倉, 平林初之輔によって, 幼少の, 幾度も, 度胸こそ, 建てた順, 弁護士に, 当時の, 彼女は, 往来などでも, 徳川幕府も, 心が, 思つた其の, 恰も僕, 恰度よい, 愉しかった, 意地が, 憎い奴, 我儘な, 手持無沙汰でさえ, 手軽な, 折々尋ね, 折節そういう, 支那も, 放り出して, 放送事業草創時代の, 料理の, 新聞で, 日として, 日掛けの, 日本室の, 旦那さんも, 明治六七年頃であっ, 明治座で, 時候が, 暑かろう, 暗澹と, 曲りなりにも, 最早その, 最早以前, 最早自分, 未だ髷, 本当に体, 本当の, 杉浦さんも, 東京にも, 柳島へ, 桃井春藏齋藤彌, 極めて未熟, 楽み, 次の, 欧州大戦がを, 正に牙彫り全盛時代, 正月などに, 此様な, 母親に, 毎夜降る, 毎度お, 毎日の, 毎日女を, 毎朝早, 氏は, 水が, 江戸市中が, 波が, 洋服など, 流行の, 浮木が, 浴客といつても, 海が, 清之進と, 漱石先生は, 漸く目録, 激して, 火事の, 火葬という, 無分別な, 無節制, 父が, 牧場の, 物置にな, 特別に, 玄米飯を, 生徒の, 生来の, 生活の, 町は, 町中でも, 病気なんぞ, 痩せた様, 痴呆症の, 瘠ぎす, 白いご飯, 相当に, 相手が, 秀才と, 私に, 私共の, 私等も, 秋天再び, 筍が, 米屋の, 紅葉眉山思案九華と, 経済的に, 結城ずくめの, 結婚し, 考えると, 職工の, 胃の, 能役者だった, 腕の, 自分で, 自分の, 自然派文学勃興以前の, 至ってセンチメンタル, 興に, 色白な, 芝居に, 芝居小屋が, 芸者屋ったら, 若かつ, 草履は, 草角力くらゐ, 落付かず, 蕎麦を, 藪に, 裏の, 襖だの, 親爺が, 訳も, 試験と, 詩文における, 誰でも, 誰も, 誰れ, 貧村であった, 貴方は, 賑かな, 起きも, 起き抜けに, 足許が, 身上の, 近江屋へ, 追いかけられて, 途中まで, 遊ぶこと, 部屋の, 部屋住の, 郷里から, 酔眼いよいよ, 醫學も, 里村千代の, 金蔵と, 長い間鬚, 防空室に, 陶工の, 隅田川沿いの, 随分と, 随分やつ, 随分乱暴, 随分神経衰弱, 随分聞かされました, 隨分惡いこ, 隨分美男でも, 雌伏時代に, 雨ばかり, 雨や, 雪が, 電燈が, 電車も, 青梅の, 非常に, 頭が, 飯を, 餅は, 馬の, 馬鹿正直だった, 駒井能登守は, 高い所, 高等学校生で, 髯が, 魚釣りが, 鳴らした武士, 麓に, 黄八丈の, 鼬とか

▼ 時分~ (146, 1.9%)

8 と思っ 7654 と思つて 3 から, と思い, と思う 2 から大方, から是非, がと腕時計, という, と思, と思った, と思ひます, な

1 [91件] からあかり, からさ町代, からちょうど, からつめ襟, からは, からみんな, からみんな楽屋, から一枝, から上れ, から人, から冷, から分らぬ, から千八百三十二年, から多分, から夜行, から大事, から大抵, から心待ち, から明治四十一, から明治四十一二年, から東大寺, から松屋, から検査, から池, から泊っ, から町, から相当, から種子, から茶献上, から車上, から遅く, から部屋, から駕籠, があいにく, がと思つて, がどう, がコックリさん, が今日, が夏, が彼女, が時世, けれど, しと思っ, し畑, ぜ, ぜやがて, ぞ, っけな一度ちょっと, つたから, つただから, つたと, つた思ひます, つて私は, とあたし, ということ, といつも, といふ, とか誰か, とさう思ふ, とそう, とまだ, と大変, と待つ, と思いだした, と思い思い, と思ったら, と思ふ, と栄蔵, と申します, と考え, と言, と訳, と頃, なあなんて考え, なぞと考え, なとさ, なんて書く, のに, のにいつ, のにくり, のになぜ, のに妙子, のに帰らない, よう, わ, わね, わねと衷心, わ何時, ッて, ツて, 雛鶏の

▼ 時分~ (123, 1.6%)

28 あつた 2 ござりました, 私は, 雨は

1 [89件] あつたらう, あつて, あの辺, あらうから, あらうと, い, いわば当時, おじいさんの, お客さまが, お湯が, かねがねお, けだし同君, ここは, これは, ござりましょう, ござります, さすがに, すら話, せう, せうそして, そういうへんぴ, その時私, その頃非常, それからみんな, それに何かと, どうにかした, わたくしが, 一太が, 一時間ばっかり, 丁度その, 僕も, 兵隊は, 前漢の, 午前中の, 単衣, 原稿を, 只今なら, 可笑しかった, 地震の, 境から, 夕方忙しい, 大神宮の, 夫妻と, 始終絵, 宴が, 寅刻過ぎと, 尻を, 巳刻頃から, 帰る方角, 平和博覧会に, 広い野原, 彼が, 彼によ, 明りの, 明治三十年代の, 時々遊び, 暑い日, 最も自, 木の, 村では, 校長が, 極東の, 樽野が, 死体は, 死體は, 淡黄色, 父さん達を, 爽やかな, 王子の, 畳数の, 痛みも, 私が, 私たち若い, 私の, 窓の, 競馬場あとに, 能く, 腹も, 花の, 英語の, 落着きの, 裏山の, 見に, 誰も, 車掌など, 銀座や, 陽気は, 霊を, 駿河台の

▼ 時分~ (68, 0.9%)

3 の家 2 はよく

1 [63件] がこの, がアンドレイエフ論, が一寸, が二十二歳, が侍従医, が創作, が時々, と同じ, と小学校時代同級, にとつ, に小唄, の中学, の住ん, の内, の十幾つ位, の女, の家庭, の敵, の方, の書いた, の月々, の村, の町, の眼, の胸, の興味, の親類, の読書, の頭, は, はこの, はさう, はひそか, はまだ, はもう, はガラン, はドイル, は一番, は何, は内的, は外出, は夜, は大学, は学校, は彼女, は後世, は或, は放縦, は数字, は歌, は毎夜, は海, は湯殿, は町内, は病身, は自分, は自分達, は青山, は駈出しでした, もよく, も一時父, よくこれ, を喜

▼ 時分~ (62, 0.8%)

4 今と, 大差は 2 ぐしょぐしょに, 今とは, 学校に, 申すもの, 見ると

1 [44件] あの巴且杏, おんなじよ, お茶お菓子を, ここへ, すこしも, そろそろ足抜き, そんなにお, ちがい彼, ちがって, なった, なりました, みえて, 一寸も, 云うの, 今日と, 今日とでは, 何の, 來たら, 同じく続けられ, 同じとり, 同じよう, 同じ姓, 同じ暮し, 同年輩の, 変って, 少しも, 庫裡の, 思いますけれど, 思ひますが, 成ッてから, 我は, 来たらワヤク, 来たら誰, 比較し, 物影を, 申すで, 見られよう, 覚えて, 覚悟し, 記憶する, 足許の, 較べて, 限らないじゃ, 風景は

▼ 時分~ (62, 0.8%)

6 見計らって 3 これが 2 はかりて, 思い出した, 思い出して, 見て, 見はからって, 見計, 見計らつて, 計って

1 [37件] この安土, すぎて, ずぼらに, はかって, はかり妹, はずさず高, みすまして, 合図の, 回想しました, 外したからって, 待って, 待つに, 思い出したの, 思い出すと, 思ったら, 思って, 思わせる, 想像し, 愛おしむ, 撮したもの, 比良八荒と, 清くし, 測つて裏口, 狙って, 狙つてお, 田舎に, 知ってるかも, 考えると, 考へ, 背景として, 見計って, 見計らい焚きつけ口, 見計らっては, 計つて, 計らって, 送ったの, 選んで

▼ 時分からの~ (54, 0.7%)

4 ことを 2 馴染だ, 馴染で

1 [46件] うつ然, お師匠さん, お雪自身の, お馴染ゆえ, ことであった, ことである, なじみだ, はさみを, 丹精である, 偽はらぬ, 劇道熱心家であった, 友人である, 友達で, 友達は, 名前さこれから, 国家の, 女と, 家同志の, 弟子で, 御引立て, 恩をも, 意匠を, 持病の, 様々の, 気習が, 永寿堂病院という, 爺で, 癇性で, 知りあいだ, 知り合いで, 知合いで, 知合ひだから, 私には, 罪で, 習慣で, 習慣である, 習慣通りに, 肩入れで, 草津といふ, 記憶の, 道樂者で, 金が, 養育費を, 馬大尽だ, 馴染の, 馴染みで

▼ 時分にも~ (51, 0.7%)

2 相成麁末

1 [49件] あった四年, この叔父, こんな時, そういう事, その作品, その通り二十種位, ただならぬ風, なるべく誘, はなはだしい熱, まず二, まだあの, まだその, まだ床, やはりお金, やはりふたり, コレラが, シナ人だ, デパートといふ, ホラ一度, 一寸来, 一種奇態の, 三人の, 亦さ, 今の, 出逢つた風, 同じ夢, 同じ現象, 四年も, 夫れ, 始終船場時代, 字引は, 宜しく無い, 小さい出水, 度々その, 御用を, 快く仏教, 折々素子, 支那料理について, 書画会へ, 果して平凡, 殿下さまが, 母親の, 泊らず行手, 生活の, 相応に, 睦まじく暮し, 話したこと, 貧乏人の, 電話を

▼ 時分です~ (44, 0.6%)

9 から 62 が, な

1 [25件] か, からその, からなかなか, から二羽, から冷した, から帯, から御意, から道中, から随分, が暁方, が曉方, が製造原価, こちらの, さあお聞かせ下さい, し, しわたしども夜, ぜ, と一段, と云う, な二月, な背, ね, のに意外, もの, 深川の

▼ 時分~ (40, 0.5%)

3 時分だ 2 あったの, いちばん楽しかっ, 来ると

1 [31件] いちばんよかっ, お角, その得意, ちょうどラサ, ふらふらと, まといの, やはり恋しかっ, やはり自分, よかった, 一番あぶない, 一番いい, 一番眠い, 一番面白かっ, 今日の, 全盛で, 十年目位だ, 同人雜誌氾濫の, 夜も, 大事な, 思い出される様, 恋しくて, 懐かしくなる, 日盛りで, 最も盛, 来たら呼びに, 来れば, 盛じゃ, 突然老人, 繊, 苦しいの, 頭の

▼ 時分~ (36, 0.5%)

6 んだ 4 のだ 2 ので須磨の浦, のにどう, んです, んで正月

1 [18件] の, のでありましょう, のである, のでこれ, のでした, のでしょう, のです, のでそこ, ので加賀紋, ので広い, ので急い, ので正月, ので泊り客, ので私, のにあれきり後, のに路, のを, 腹が

▼ 時分とは~ (33, 0.4%)

1 [33件] くらべもの, こっちの, ほとんど別人, また違った, まるで人, まるで比べ物, まるで違う, まるで違つた, わけが, 何だか気持, 何倍かよ, 余程考, 全体が, 大分離れ, 大違い, 女学校の, 庭の, 気分大いに, 浜が, 濱が, 犬まで, 異ふ, 訳が, 誠に隔世, 調子が, 違いましょう, 違い今, 違うて, 違った複雑, 違って, 違つて仲, 違ふんだ, 違ふんです

▼ 時分でも~ (30, 0.4%)

2 何か

1 [28件] あったろうか, あれば, その五倍, それじゃ, ちと破格, ないのに, また遊び, まだアンペラ草鞋, 一日の, 一本一銭五厘から, 変りは, 徳川時分でも, 押し合わないばかりの, 押川春浪氏の, 新演芸, 母などは, 泣きたい時, 無えじゃ, 父が, 猫は, 男女同じ, 私は, 脈釣じゃ, 表口に, 西瓜の, 返すん, 額に, 鮎の

▼ 時分よく~ (29, 0.4%)

2 代助, 町の

1 [25件] いたじゃ, いわれた, お父様, ここから, この部屋, こんな話, そんな事, 一緒に, 世話に, 兄達の, 先の, 北山を, 夜なかに, 大人を, 小石川の, 日本橋の, 書生に, 江戸時代の, 眼鏡屋の, 知ってて, 私どもへ, 自宅へ, 蒼い顔, 訊かれたもの, 風呂敷包を

▼ 時分この~ (28, 0.4%)

2 銀座界隈には

1 [26件] ところへ, 上も, 下の, 作という, 半身像に, 唄を, 定期市の, 家を, 宿場に, 心臓は, 村で, 滝壺へ, 父を, 爺やに, 狂気した, 生活こそ, 百日紅が, 空家の, 老婆も, 茶店へ, 谷底では, 辺から, 辺に, 辺を, 近所を, 長火鉢の

▼ 時分~ (24, 0.3%)

1 [24件] あつた, おせいは故意, おとなしくなかった, お前さん他の, かなり晴々, かまわず食卓, こうかい, これより, そうであった, よく宗助, ヤンチャン小僧で, 冬の, 北風が, 御馳走は, 朝未明でありました, 母さんが, 母や, 浅草公園裏の, 濁音は, 異様に, 自分の, 舞を, 評判では, 遅いで

▼ 時分まで~ (23, 0.3%)

1 [23件] うつら, お前騒い, ぐっすり寝ました, ぐっすり眠りつづけ, その家, ほんとうに, ゆっくりと, よく考え, わざとこの, フラフラと, 下足を, 何処を, 南浜鉄工所に, 同じ処, 山の神が, 庄吉どんは, 店を, 待った, 待って, 案外長く, 父という, 置きます, 黒子の

▼ 時分~ (22, 0.3%)

2 銀様は, 雪は

1 [18件] すしや, たくは, 乳を, 互に物, 台場の, 君は, 咳が, 品の, 妃の, 嬢さまは, 帰りなさったの, 弟子よ, 曾與が, 月さまが, 桐は, 着に, 角が, 馴染の

▼ 時分その~ (20, 0.3%)

1 [20件] およう, ような, 乳が, 二人しか, 原の, 地方には, 家で, 居間に, 時分は, 本を, 杉の, 標品を, 町は, 研究室に, 蓮房を, 豪快な, 辺の, 部屋の, 頃は, 魔が

▼ 時分だった~ (19, 0.2%)

1 [19件] かもすこし後で, からすぐ, からね, から吉原, から寒い, か一本歯, が, がこの, が火, が秀輔, せいか, のでさっそく, のでまだ, のでサイレント, のでブラック, ので治療, ので白村氏, ので私達, ので自分

▼ 時分にゃ~ (17, 0.2%)

1 [17件] あ忠臣蔵, あ掘出し, あ火の粉, あ私, もう老込ん, もう蒸気, ァ日三台, アチョイと, ア一晩でも, 作付を, 妙に, 宇都宮まで, 師匠と, 腰が, 誰か届か, 随分尻ッ, 頼もしか

▼ 時分でした~ (16, 0.2%)

2 がその

1 [14件] からがらがら, からその, から何, から多分, から最初, があれ, がしかし, がとうとう, が彼, が浜, が雪, つけ, ので私, 拙者の

▼ 時分では~ (16, 0.2%)

2 なかった, 御座りません

1 [12件] あったが, あったし, あり近い, あるが, ないかと, ないこと, ないでしょうか, なかつたかと, なし夜中, 有るが, 氏族の, 銀座は

▼ 時分まだ~ (16, 0.2%)

1 [16件] あんよが, ひよわくて, チェホフが, モスクワに, ロミオが, 大学に, 小山は, 川柳などを, 彼が, 批判精神は, 数えるほどしか, 東京市中どこへ, 知らなかったが, 私は, 糸鬢奴の, 長谷の

▼ 時分より~ (15, 0.2%)

1 [15件] すこしあと, ずっとのびやか, わるさ, 三井寺の, 倍は, 大分えらく, 富貴に, 弱々しくしなやか, 札不, 着て, 私は, 若くなっ, 近眤, 電話の, 面倒が

▼ 時分あの~ (14, 0.2%)

1 [14件] お医師様, お嬢さんは, お粂さん, へんを, イヤな, 上, 人に, 城下で, 方々は, 時分は, 老公の, 赤い小さな, 辺は, 鱗粉が

▼ 時分~ (14, 0.2%)

1 [14件] の人, の好き, の家, の父, の級友, の親爺, はある, はこれ, はこれから, は一人母, は仲間, は夜, は鉄鉋, は非常

▼ 時分彼女~ (14, 0.2%)

2 の愛し

1 [12件] から私, がある, とここ, と佐助, の蒲団, はまだすっかり, はコンゲンスニトロフ, は北山, は時々, は浅草, は社会革命党, をつくづく

▼ 時分であった~ (13, 0.2%)

2 と思う, のだ 1 かその, から一分金, か江戸詰, がその, が紋太郎, が見た, ということ, というの, ので先生

▼ 時分もう~ (13, 0.2%)

1 [13件] これで, 一つ上達した, 一人の, 三十に, 何年に, 半身の, 夜は, 子供を, 居なくなって, 帰っても, 短笛, 農奴制そのものは, 零落し

▼ 時分にな~ (12, 0.2%)

2 つても 1 つてから, つてその, つては, つてフロラが, つて半, つて声が, つて彼は, つて急に, つて折り, つて私は

▼ 時分なら~ (11, 0.1%)

1 [11件] こんなもの, それで宜, ば北海道, ば茄子, ば障子, まだお父さん, もう春休み, 兎も, 暖いものを, 犢の, 相当泳げた

▼ 時分ある~ (10, 0.1%)

1 会を, 友人が, 友達を, 家の, 幕府の, 日何か, 日何かの, 暗い夜, 會を, 朝早く

▼ 時分じゃ~ (10, 0.1%)

3 ないか 1 ある時, ないから, なかった, なくて, また私, もうひけ, 朋輩の

▼ 時分である~ (10, 0.1%)

2 からその 1 から初春, から強く, から自然朝刊, きのう書いた, し土地, にかかわらず, のに, 筈の

▼ 時分までは~ (9, 0.1%)

1 あり得, ずいぶん世間, たしかになん, 何でも, 何事も, 全く婦女子, 再建を, 有り得は, 木戸を

▼ 時分だろう~ (8, 0.1%)

2 と思っ 1 かひとり者, がな, と思う, な, などと考えました, ね

▼ 時分わたし~ (8, 0.1%)

1 の祖母, は, はきっと, はやっと, は函館領事館, は彼等, は落語, は面

▼ 時分~ (7, 0.1%)

1 や, やが, やて, やない, やなから, や又, や自分

▼ 時分でございます~ (7, 0.1%)

1 から, からお, からちっとも, から表, が当節, けれど, よ

▼ 時分どき~ (7, 0.1%)

2 になる 1 になったら, になつ, になれ, に恰好, を大分

▼ 時分また~ (7, 0.1%)

1 おせい, なんの, コツコツと, ビェリンスキーの, 冷たいの, 蘇ったよう, 迷う事

▼ 時分~ (7, 0.1%)

1 かそんな, かのこと, でも馬, に発心, の御, の用, をする

▼ 時分~ (7, 0.1%)

1 る日奇妙, る日妙子, る日学校, る日曜日, る日清涼殿, 夜見, 日わたしに

▼ 時分~ (7, 0.1%)

1 がある, が大, が柿の木, が洋行, につれられ, に頬ずり, の訃

▼ 時分自分~ (7, 0.1%)

1 がどんな, が屈指, と一緒, の家, の芸術観, はまだ, はよく

▼ 時分~ (6, 0.1%)

1 ず流れ注げば, ず鳴く, それとも国, たしか去年, へんに, 同じ町

▼ 時分これ~ (6, 0.1%)

1 が出来上がっ, でよく, ほど世話, まで東京, も大阪, を諸

▼ 時分すでに~ (6, 0.1%)

1 そうした新しい, そうした気風, ミュンヘン市の, 相当有名でも, 私の, 美濃にも

▼ 時分それ~ (6, 0.1%)

1 からは自分, が若い, の健康, はいけず, はどんなに, を無造作

▼ 時分までには~ (6, 0.1%)

1 こんな家, たっぷり一時間, 吾, 帰るから, 彼には, 自分の

▼ 時分既に~ (6, 0.1%)

1 その後篇とも, 四十五六に, 渡来し, 漢では, 珍らしがられた, 結核の

▼ 時分~ (6, 0.1%)

1 か桜井, と共に, に頼んだ, の場合, の差し金, ひとりそれ

▼ 時分ここ~ (5, 0.1%)

1 は貧窮組, へも二日, へ城, を油絵, を通る

▼ 時分そんな~ (5, 0.1%)

2 ことを 1 ことも, 処に, 歌を

▼ 時分だつた~ (5, 0.1%)

2 ね, ものだ 1 ので外

▼ 時分ちょうど~ (5, 0.1%)

1 それは, 倉田百三氏の, 宇治山田の, 河原で, 西の

▼ 時分であろう~ (5, 0.1%)

2 と思う 1 と思っ, と思った, など

▼ 時分~ (5, 0.1%)

2 にし, ばかり達者 1 にする

▼ 時分~ (5, 0.1%)

1 が言った, の書斎, は冬, もやはり, も矢張り附添

▼ 時分~ (5, 0.1%)

1 でいちばん, の商売, の近く, へ泊った, をし

▼ 時分~ (5, 0.1%)

1 が使, と一緒, の前, はお, は彼女

▼ 時分からと~ (4, 0.1%)

1 云う訳, 云って, 言い直すべきかも, 言ひ直すべき

▼ 時分そこ~ (4, 0.1%)

1 から通三丁目, にやって来た, に一つ, に大きな

▼ 時分とな~ (4, 0.1%)

2 ッた 1 つては, ツた

▼ 時分どこ~ (4, 0.1%)

1 かの楽屋, かへ行っ, からか, に居なすった

▼ 時分どんな~ (4, 0.1%)

1 テーマについて, 大胆な, 景色が, 菓子が

▼ 時分までも~ (4, 0.1%)

2 この笛 1 そんなこと, 二人の

▼ 時分~ (4, 0.1%)

1 のに, わ, 時節で, 藤の

▼ 時分やはり~ (4, 0.1%)

2 俗体の 1 上京し, 自転車流行の

▼ 時分~ (4, 0.1%)

1 は僕, は実は, は決して, は蜜柑山

▼ 時分光子さん~ (4, 0.1%)

1 かて私, があの, に結婚, は飲んだ

▼ 時分同じ~ (4, 0.1%)

1 ような, 幼年学校の, 撮影所の, 村に

▼ 時分~ (4, 0.1%)

1 おそく舟, になる, はようやく, も大分

▼ 時分~ (4, 0.1%)

1 奉公に, 師匠さんとこへ, 案内の, 領主小栗上野さまの

▼ 時分日本~ (4, 0.1%)

1 にはまだ, の王朝時代, の知性, は大

▼ 時分書いた~ (4, 0.1%)

1 ものに, ものや, ものを, 手紙お

▼ 時分私たち~ (4, 0.1%)

1 の東京, はあの, はじゃ, はどこ

▼ 時分親爺~ (4, 0.1%)

2 と組打 1 がおれ, が熱

▼ 時分あなた~ (3, 0.0%)

1 がいろいろ, はどこ, はまだ

▼ 時分あんなに~ (3, 0.0%)

1 怨んじゃ, 気に, 羨しく見えた

▼ 時分いつも~ (3, 0.0%)

1 お父様, のよう, 眠る前

▼ 時分かと~ (3, 0.0%)

1 おもう, 思われる, 思われるころ

▼ 時分からずつと~ (3, 0.0%)

1 九月の, 何かしら満ち足りない, 定住し

▼ 時分だけ~ (3, 0.0%)

1 僕もちよ, 土葬に, 食物の

▼ 時分だって~ (3, 0.0%)

1 ああ兄さん, よしんば語り物, 云って

▼ 時分だれ~ (3, 0.0%)

1 がくる, だろう, もたずね

▼ 時分でしょう~ (3, 0.0%)

1 ね, よ, 遙かな

▼ 時分という~ (3, 0.0%)

1 ものは, 諺が, 鳶八丈の

▼ 時分どきだ~ (3, 0.0%)

1 という, といふ, のにちっとも

▼ 時分などは~ (3, 0.0%)

1 何度も, 多少古代復活, 寒月君の

▼ 時分にや~ (3, 0.0%)

1 下川の, 六十兩でも, 盗つ人

▼ 時分よりは~ (3, 0.0%)

1 いまの, もっとまっ黒, 少し長く

▼ 時分よりも~ (3, 0.0%)

1 いっそう険悪, なんにもする, 余計に

▼ 時分一度~ (3, 0.0%)

1 か二度, ふらりと, 行ったこと

▼ 時分下宿~ (3, 0.0%)

2 へ怪しげ 1 して

▼ 時分~ (3, 0.0%)

1 からソフト, はハイベルク夫人, 浚いが

▼ 時分人間~ (3, 0.0%)

1 が歩い, にいじめられ, に第六感

▼ 時分今日~ (3, 0.0%)

1 で見れ, の日比谷公園, は稽古

▼ 時分~ (3, 0.0%)

1 に往来, の店, 処の

▼ 時分~ (3, 0.0%)

1 でどんなに, はさらさら, へ出た

▼ 時分~ (3, 0.0%)

1 公儀も, 平家を, 真打だ

▼ 時分大きな~ (3, 0.0%)

1 リボンを, 海鼠の, 笑い声が

▼ 時分~ (3, 0.0%)

1 が三四郎, はしばしば, への悪口

▼ 時分学校~ (3, 0.0%)

1 の二階, の教壇, をすつ

▼ 時分宇津木兵馬~ (3, 0.0%)

1 はようやく, は上野原, は二階

▼ 時分東京~ (3, 0.0%)

1 で永く, にはダンス, へ出

▼ 時分江戸~ (3, 0.0%)

1 の前, の闇, を食いつめ

▼ 時分~ (3, 0.0%)

1 のいる, は二, は病院つき

▼ 時分~ (3, 0.0%)

1 御座有間敷候へ, 神の, 頭は

▼ 時分行く~ (3, 0.0%)

1 たんびに, のは, もんです

▼ 時分隣村~ (3, 0.0%)

1 では高等小学校, にはじめて, の親戚

▼ 時分あんた~ (2, 0.0%)

1 が家, が水田

▼ 時分いま~ (2, 0.0%)

1 にし, の木村屋

▼ 時分うち~ (2, 0.0%)

1 に一台, は樹木

▼ 時分お前~ (2, 0.0%)

1 の名のり, の客

▼ 時分お前さん~ (2, 0.0%)

1 に惚れ, のした

▼ 時分お母さん~ (2, 0.0%)

1 のお, のぬくとい

▼ 時分お父さん~ (2, 0.0%)

1 やお母さん, を帰す

▼ 時分お里~ (2, 0.0%)

1 の父上, は再

▼ 時分お雪ちゃん~ (2, 0.0%)

1 はただ, もようやく

▼ 時分からでも~ (2, 0.0%)

1 あたりの, この大地

▼ 時分からは~ (2, 0.0%)

1 いつも店, どうしても無

▼ 時分こういう~ (2, 0.0%)

1 ことが, 帳面を

▼ 時分しきりに~ (2, 0.0%)

1 おいしい物, して

▼ 時分したい~ (2, 0.0%)

2 放題身を

▼ 時分じゃが~ (2, 0.0%)

1 お上からも, 理窟を

▼ 時分すなわち~ (2, 0.0%)

1 徳川時代から, 銀座の

▼ 時分すべて~ (2, 0.0%)

1 の作家, の報告演説

▼ 時分そう~ (2, 0.0%)

1 やって, 思ったね

▼ 時分そろそろ~ (2, 0.0%)

1 新しい文学, 結婚期に

▼ 時分たしか~ (2, 0.0%)

1 その木, 神田辺に

▼ 時分たった~ (2, 0.0%)

1 一度場末の, 一度由良が

▼ 時分であったろう~ (2, 0.0%)

1 から主筆, か毎年

▼ 時分でさえ~ (2, 0.0%)

1 他に, 小さく窮屈

▼ 時分でし~ (2, 0.0%)

1 てね, てねえ

▼ 時分でしたろう~ (2, 0.0%)

1 か, だから僕

▼ 時分としては~ (2, 0.0%)

1 大きなニユース, 寧ろ意外

▼ 時分とも~ (2, 0.0%)

1 お別れ, なれば

▼ 時分どうか~ (2, 0.0%)

1 して, すると

▼ 時分どうして~ (2, 0.0%)

1 この室内, 誰も

▼ 時分など~ (2, 0.0%)

1 そうやかましく, 夏冬春の

▼ 時分などには~ (2, 0.0%)

1 一々上草履, 阿母

▼ 時分にね~ (2, 0.0%)

1 寝物語に, 御家老

▼ 時分にはな~ (2, 0.0%)

1 他人が, 日が

▼ 時分に対する~ (2, 0.0%)

2 回想は

▼ 時分ひどい~ (2, 0.0%)

1 ニキビづら, 神經衰弱に

▼ 時分ひよ~ (2, 0.0%)

1 つくりひとつ, つくり帰つて

▼ 時分ひろ子~ (2, 0.0%)

1 が来, は石榴

▼ 時分ふと~ (2, 0.0%)

1 傍を, 顔を

▼ 時分ふらり~ (2, 0.0%)

1 と和一郎, と訪ね

▼ 時分まるで~ (2, 0.0%)

1 人目を, 線香の

▼ 時分もしも~ (2, 0.0%)

2 酒に

▼ 時分~ (2, 0.0%)

1 あたしの, 親父の

▼ 時分アメリカ~ (2, 0.0%)

1 ではケチン仕事, の水兵ども

▼ 時分ゴーリキイ~ (2, 0.0%)

1 は回想, は彼

▼ 時分フランス語~ (2, 0.0%)

1 があまり, の発音

▼ 時分ロシア~ (2, 0.0%)

1 の辺鄙, はカザリン

▼ 時分主人~ (2, 0.0%)

1 の物, は風邪

▼ 時分二人~ (2, 0.0%)

1 で意味, ともまた

▼ 時分京都~ (2, 0.0%)

1 の同志社大学, へも足

▼ 時分~ (2, 0.0%)

1 から十ヶ月, の満

▼ 時分以来~ (2, 0.0%)

1 この十津川郷, は所謂

▼ 時分伸子~ (2, 0.0%)

1 はただ, も素子

▼ 時分何処~ (2, 0.0%)

1 に行く, の学校

▼ 時分何日~ (2, 0.0%)

1 でしたっけ, でしたつけ

▼ 時分~ (2, 0.0%)

1 で暮した, で見る

▼ 時分~ (2, 0.0%)

1 とふたり, は女

▼ 時分先生~ (2, 0.0%)

1 からも聞いた, は御

▼ 時分千日前~ (2, 0.0%)

2 は墓場

▼ 時分即ち~ (2, 0.0%)

1 史上に, 本所時代の

▼ 時分同級~ (2, 0.0%)

2 の中学生

▼ 時分向島~ (2, 0.0%)

1 の或, へ遊び

▼ 時分~ (2, 0.0%)

1 の事, の嵐

▼ 時分~ (2, 0.0%)

1 の方, は或

▼ 時分奥さん~ (2, 0.0%)

1 は千枝ちやん, は大患い

▼ 時分姉妹~ (2, 0.0%)

1 のやう, の住ん

▼ 時分始終~ (2, 0.0%)

1 のん, 遊びに

▼ 時分~ (2, 0.0%)

1 の家, は若い

▼ 時分~ (2, 0.0%)

1 のこと, へ療治

▼ 時分宿~ (2, 0.0%)

1 を取っ, を立つらしい

▼ 時分密か~ (2, 0.0%)

2 に町

▼ 時分小さな~ (2, 0.0%)

1 一人の, 煙草屋を

▼ 時分~ (2, 0.0%)

1 へ登る, へ薪

▼ 時分巴里~ (2, 0.0%)

1 で育ちました, の

▼ 時分帰っ~ (2, 0.0%)

1 て来, て来た

▼ 時分当の~ (2, 0.0%)

1 おこのは, おせんは

▼ 時分或は~ (2, 0.0%)

1 その後久しく, 春の

▼ 時分~ (2, 0.0%)

1 で好い加減, に入れた

▼ 時分打擲~ (2, 0.0%)

2 でもなされました

▼ 時分撃剣~ (2, 0.0%)

2 の同門

▼ 時分~ (2, 0.0%)

1 は全く, もようやく

▼ 時分最も~ (2, 0.0%)

1 うまい魚, 近く私達の

▼ 時分毎日~ (2, 0.0%)

1 のやう, のよう

▼ 時分流行~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 時分~ (2, 0.0%)

1 洲事変が, 鉄から

▼ 時分漸く~ (2, 0.0%)

1 奉還金の, 自分の

▼ 時分珍しい~ (2, 0.0%)

1 言葉だ, 頼まれた事件

▼ 時分町道場~ (2, 0.0%)

1 に通っ, に通つて

▼ 時分病気~ (2, 0.0%)

1 で一月, で親元

▼ 時分祖父~ (2, 0.0%)

1 の家, の遺愛

▼ 時分神尾主膳~ (2, 0.0%)

1 の屋敷, はもう

▼ 時分私ども~ (2, 0.0%)

1 の仲間, の郷里

▼ 時分種々~ (2, 0.0%)

1 の口実, の苦労

▼ 時分突然~ (2, 0.0%)

1 春久ガ廊下ノドーアカラ這入, 茶室の

▼ 時分笹村~ (2, 0.0%)

1 は迎え, も学校帰り

▼ 時分英語~ (2, 0.0%)

1 の会話, の教師

▼ 時分裁縫~ (2, 0.0%)

1 の稽古, を習

▼ 時分見世物~ (2, 0.0%)

1 で見ました, は何処

▼ 時分評判~ (2, 0.0%)

1 だった紅葉, であったゆえ数回

▼ 時分豆腐屋~ (2, 0.0%)

1 から毎朝一個, はまだ

▼ 時分起き~ (2, 0.0%)

1 て喜平, て学校

▼ 時分~ (2, 0.0%)

1 ゐる事, 呼ビニ来ルカト待ッテ居タガ一向

▼ 時分通俗講演~ (2, 0.0%)

2 で金

▼ 時分遠藤~ (2, 0.0%)

2 は独り婆さん

▼ 時分郷里~ (2, 0.0%)

1 ではそういう, の方

▼ 時分~ (2, 0.0%)

1 を続け, を續

▼ 時分釣り~ (2, 0.0%)

1 にいっ, をする

▼ 時分長い~ (2, 0.0%)

1 廊下で, 間掛かっ

▼ 時分~ (2, 0.0%)

1 が降る, にふられ

▼ 時分静か~ (2, 0.0%)

1 な佳い, に海岸

▼ 時分非常~ (2, 0.0%)

1 なすぐれた成績, に些細

▼ 時分~ (2, 0.0%)

1 からしばしば, まで家

▼1* [928件]

時分づちのおしろはあけちの余類が, 時分あそこはただ, 時分あたら前途ある, 時分あたりへようやく, 時分あちらから英ちゃん, 時分あまりにほしいまま, 時分あれほど世話, 時分いきなり訪問し, 時分いくら叔父さんに, 時分いくらかよくなったよう, 時分いくら手習をさせ, 時分いささかよみがえるもの, 時分いたく酔った則重, 時分いちばん小さい英ちゃん, 時分いっていた, 時分いっしょにいた, 時分いっその事, 時分いったん後ろへ, 時分いつしよに, 時分いやずっとその, 時分いろいろ世話に, 時分うちわの絵, 時分おいおい乳ば, 時分おいでになりました, 時分おおぜい, 時分おしろの門, 時分おれは町じゅう, 時分お仙が二階, 時分お前東京で云え, 時分お姫さまのよく, 時分お茶屋の姐さん, 時分お金に困っ, 時分かいたものの, 時分かなり熱心に, 時分かの女は, 時分からくッつい, 時分からへえ成, 時分からももっともっと昔, 時分きかされていた, 時分きかされたけれど創世紀, 時分きっと取ると, 時分きつとガンヂス河, 時分きまって発熱に, 時分こうしてひとり空を, 時分こそ廃ったけれども, 時分こらしめられた例である, 時分こんどはドンコ, 時分こんなことが, 時分こんなに遅くいいの, 時分さるやんごとなきお方, 時分しかも死んで, 時分しばしばつかわれた有名, 時分じゃあなしちっとも, 時分じゃからというて, 時分じゃねえ見物の, 時分じゃァまだこっち, 時分すじ向うの豆腐屋, 時分すっかり覚めて, 時分すら下女は, 時分すんでのこと, 時分ずいぶんいろいろ読み漁った, 時分ずらよ, 時分それからつい去年, 時分それとなく千代子の, 時分それらの事柄, 時分それ程正確に, 時分アちがっ, 時分たしかにあの女, 時分ただもうこの, 時分たった一度そこで, 時分たぶん七八歳ぐらいの, 時分たらがどうして, 時分だったでしょうか, 時分だったらさしずめ武陵桃源, 時分だったら知らないもので, 時分だったろうあの人, 時分だに男振, 時分だらうから小田原, 時分だんだん衰へ, 時分ちょいちょいお店, 時分ちよいと禿げ, 時分ついそこの, 時分つてはゐなかつた, 時分つまりかれら天才作家たち, 時分つよい排気の, 時分であったらこの海ぞい, 時分であり自分の, 時分でありまして別に, 時分でありますからお, 時分でございましたからさっぱり, 時分でございましたでしょうか, 時分でございましょう恐々ながら, 時分でしたらその印象, 時分でしたらうがの, 時分でなければない, 時分でのシヨオ通でした, 時分といふことに, 時分とかにその世話, 時分とさつぱり変らないこと, 時分とちつとも違はず, 時分とつとつと書きつめる, 時分とて決して拙い, 時分とても下の, 時分とやらの故智を, 時分とを別々に, 時分どうしたの, 時分どういう折の, 時分どうも見掛けたよう, 時分どうやら小屋の, 時分どきだすよつて千代さん, 時分どきであるという, 時分どきでございますからほんの, 時分どんなに血眼に, 時分ないない私娼窟に, 時分なかなかよかったです, 時分なし今も, 時分などと云って, 時分などになると, 時分などもガボンなどという, 時分なら冷して差上げ, 時分なら知らぬこと無邪気に, 時分なんでもこの, 時分なんか仲間の, 時分なんぞはお惣菜, 時分なんて何が, 時分にかそれは, 時分にこそ金が, 時分にさえ所在に, 時分について面白い話, 時分にても其中に, 時分にでも不意に, 時分にへ何でございます, 時分によ小田原の, 時分にネ草の, 時分はしりの胡瓜, 時分はもうごく仕舞, 時分ひとが尺八, 時分ひとり眠ること, 時分ひどく働いたため, 時分ひょっこりと八幡町, 時分ふとした話から, 時分かけて, 時分ほど働くこと, 時分ほどの物すら, 時分ほんとのこと, 時分ほんの二三日の, 時分ぼくは歴史, 時分ぽんと棺, 時分まいた当人でも, 時分ますます拡大し, 時分までに細君が, 時分みた風色ほど, 時分みたいに僕, 時分みんな焼いて, 時分みんな左の肩, 時分つきり陽, 時分もうさしもの街道, 時分もうすっかり身体が, 時分もうすでに僕等の, 時分もうよほど衰弱し, 時分もう再び琵琶を, 時分もちょうどよかりそうだしところも美濃路, 時分もはや密談は, 時分やくざの世渡り, 時分やしなってもらった, 時分やったら夫きっと, 時分やっと窪田の, 時分やや小太りに, 時分やりとりしました手紙, 時分ゆえ頓と分りません, 時分ようやく正気が, 時分ようよう十二か, 時分ようよう十ぐらいだった, 時分よくも俺の, 時分よそから貰った, 時分よっぽど思案に, 時分らしく一人の, 時分わが天才犯罪人は, 時分わざわざ檜木で, 時分わしも老齢, 時分わたくしは父, 時分わっしが, 時分われわれ両国界隈の人間, 時分を通じて精確に, 時分アア今思えば, 時分アナ・ボルということ, 時分エセーニンの詩, 時分オヤ自分は今, 時分カタリナは妙子, 時分カツカツとあわただしい, 時分キリスト教会に出入り, 時分クララは著者, 時分グレゴリイが自分, 時分コッペとコクラン, 時分コレラの予防, 時分コロレンコに励まされ, 時分ゴンドラという字, 時分サドルをはずし, 時分シベリア戦役にいった, 時分シュヴァリエの, 時分シングがまだ, 時分ジャーナリズムにはエロ, 時分スエ子は是非, 時分スリッパのまま庭, 時分セメントの取引, 時分タイルばかりが白く, 時分ダカラ室ガ大勢デ座敷ガ, 時分ダガ或女ニホレテ, 時分ダト思ッテ覗イテ見タノ, 時分ヅケリと柳美館, 時分テキストとして使つた, 時分デンマーク語を勉強, 時分ナオミさんに幾人男, 時分不届, 時分ニナッタカラ虎ヘ云ウニハ, 時分ニハ一層賑カデスシ, 時分ニ何気ナク見テ置イタコトガ, 時分ニ迎エヲヨコシタカラ茶屋ヘ行ッテ, 時分ハイカラという新, 時分ハイカラアなところ, 時分ハダシにばかりなっ, 時分パンの会, 時分プロレタリア作家の一部, 時分ペレールの家, 時分ホトホト自分の境涯, 時分ボルツァーノの本, 時分ポスターなどに見かける, 時分マデハ決シテ誰ニモシャベッチャイケナイッテ仰ッシャラレマシタンデ, 時分マドロスは料理場, 時分メーリスの, 時分モハメッドについて伝えられた, 時分ヨリ又一倍オ美シクナッテラッシャルンデスモノッテ, 時分ラックにいた, 時分ラツパ卒だつたの, 時分ランプへ石油, 時分ランプレヒトブルクハルトランケなどの諸, 時分ロオレンス先生が何だか, 時分ローマ字の, 時分ワタシに微か, 時分見計, 時分一つ鍋で軍鶏, 時分一丁目の丸吉, 時分一人の乳呑, 時分一夏帰省した時, 時分一年の入門者, 時分一年以上西洋人に就い, 時分一時頃までなら, 時分一景気附けましょう, 時分一本の棒, 時分一生懸命になっ, 時分一番早く一本, 時分一般の婦人雑誌, 時分一葉のところ, 時分丁度修学旅行が, 時分丁度十三四で年, 時分丁度四十一二ぐらいで, 時分丁度店に居なかつた, 時分七八歳だつた, 時分七十八歳でなかなか, 時分万字楼の前, 時分三つだった私, 時分三光町の支倉, 時分三十五六だったろう, 時分三味線屋からこと, 時分三島へ来, 時分三才だった健坊, 時分三造にはこの, 時分の兄, 時分上方から来た, 時分上海が非常, 時分上野の山, 時分上高地峡谷に入る, 時分下手な鉄砲, 時分下渋谷に住ん, 時分下火になった, 時分下総瓜といっ, 時分斗目を, 時分不思議に人足, 時分与八はもう, 時分世界はひろく, 時分世話になつ, 時分世間だの仕事, 時分両親はまだ, 時分ではこんな, 時分中川一政はまだ, 時分中村はある, 時分丹三郎がちょく, 時分主膳は前後, 時分乗りものが有ろう, 時分九兵衛と女房, 時分九尺だった間口, 時分九州のうち, 時分九時半から毎晩, 時分予備門の月謝, 時分二三人居た弟子, 時分二三度買った事, 時分二三度家へ来た, 時分二三度遊びに行った, 時分二人共何處に居た, 時分二十も年上, 時分二十七歳の時, 時分二十五歳であった若い, 時分二年越居た事, 時分二度タヴィストックに泊っ, 時分二葉亭は冷, 時分二階下に居た, 時分云ったことです, 時分五九郎一座の舞台, 時分五六人の小, 時分五歳でね, 時分井上が角, 時分亜米利加という処, 時分京橋の河岸通, 時分人ごみの電車, 時分人なつこかったこと, 時分人死のある, 時分今に自由な, 時分今頃迎いに往, 時分今順平のいる, 時分仏蘭西で勉強, 時分仕事を一緒, 時分仙臺の方, 時分仲間が顏, 時分伊勢の津, 時分伊勢佐木町の料理屋, 時分伊太夫の座敷, 時分会社の方, 時分伯母と一緒, 時分伯爵邸へ集まっ, 時分の父親, 時分但馬はまだ, 時分何だか一冊絵の, 時分何となく薄ら寒い其処等, 時分何年となく, 時分何時ぞや大阪に, 時分何気なく今しがた電話口で, 時分何處に居た, 時分余輩は本郷, 時分佛教の意味, 時分作ったあの自慢, 時分使に持たせ, 時分の高, 時分かに空, 時分信吉はよくこっそり, 時分信玄の背後, 時分信長広間に出, 時分修道院のそば, 時分俺等はヤケ, 時分倉持は二三人取巻き, 時分健康のため禁煙, 時分近くおい, 時分僅か四銭か, 時分元越山の絶頂, 時分先生様はまだ, 時分先輩イエーツがやう, 時分八十人の上り下り, 時分八時間で八十留, 時分の席, 時分兵隊は寒い, 時分兵馬を見知っ, 時分其の頃で, 時分其頃で早, 時分内藤千代子という今, 時分はもう, 時分出掛けるのです, 時分出来なかつた遊びは, 時分出現した新, 時分出逢つた事のある, 時分刑事部屋の扉, 時分別に役も, 時分別れて知れ, 時分にいいました, 時分前後モウ既にその, 時分前髪を結ってた, 時分勉強部屋に入った, 時分勝負がついた, 時分化学を習った, 時分北野の天神, 時分医学が好き, 時分医学専門の入学準備, 時分医者から滋養分, 時分十七で宮中官女, 時分十三ばかりであった, 時分十二人の弟子達, 時分十五夜の晩, 時分十月も末, 時分十歳年下のトルストイ, 時分半紙を一枚手, 時分卒業式に招かれ, 時分南蛮人も人参用, 時分南麟から教わった, 時分去年の暮頃, 時分参り申すべく候間左様に, 時分参可申候間左様ニ可, 時分友人であった一人, 時分叔父の知合, 時分取り出して行った, 時分古田中さんのお, 時分台所で, 時分吉原の年明け, 時分同じく二年生だった, 時分同人雑誌の会合, 時分同君の庭, 時分同志小林はすでに, 時分同書を独歩君, 時分名主様に舌, 時分名古屋へ行っ, 時分名高い学者で, 時分向うの隅, 時分君江は自分, 時分吾家の種々, 時分命からがらで飛出した, 時分和女はまだ, 時分和服でまだ, 時分咽喉を悪く, 時分唐人小路の辻番, 時分唯一の交通機関, 時分ひの, 時分商売人の京子, 時分喘息で大分弱つて, 時分喜八郎さがえらい, 時分喧嘩をし, 時分営業税なるもの, 時分四十位の中柄, 時分四方はす, 時分四月十六日のお祭奠, 時分四郎太夫に奢らせ, 時分図書館の扉口, 時分から叔母, 時分國民や讀賣, 時分在所にあった, 時分垣根に簇生, 時分を越し, 時分増上寺の坊さん, 時分や窓, 時分な男, 時分夏休みで帰つて, 時分外交員に野島, 時分夜中からあれた, 時分夜警団の男, 時分大したお供揃で, 時分大原に捨てられた, 時分大変仲の好い, 時分大屋五郎さんも, 時分大川の上, 時分大概は中, 時分大概帰りが六時頃, 時分大野木村の郵便局, 時分大阪に, 時分天候も見直した, 時分天子様のお, 時分太一には手習ひも教, 時分太政官は金龍, 時分夫人は改めて, 時分奈良に蔵人得業恵印, 時分奉公人の何ん, 時分奮い立った東京の, 時分女中が耳打, 時分女子大へ一寸, 時分女学校の一年, 時分女房のお, 時分女軽業のお, 時分好きだつたの, 時分好んで装ったさまざま, 時分好事家の間, 時分に家, 時分姉娘のお, 時分始めて立ち上って, 時分子供であった青年, 時分子供心にも不思議, 時分子供等の間, 時分子規は支那, 時分孔雀のやう, 時分学校近所の, 時分学者で名高かっ, 時分安亀に盃, 時分安土のおしろ, 時分官員だったので, 時分定さんという人, 時分実家の方, 時分室蘭に休む, 時分家内が朝, 時分寄宿して, 時分の東南, 時分寿江子が何, 時分小さい姉が, 時分小使は特に, 時分小川の掻い掘り, 時分小楊子を刺し込ん, 時分少しも料理, 時分少年時代を過ごした, 時分をおろした, 時分尼寺のそば, 時分の刑事部長, 時分どこが, 時分展覧会がある, 時分屡々公憤を, 時分岩波の本, 時分岸本は父, 時分島田は鉄砲玉, 時分川越でひどい, 時分巡査が差紙, 時分左手の山谿, 時分左樣かれこれ十二三年, 時分左翼運動に僕, 時分己ア知んねえけれども, 時分から出, 時分市内を訊, 時分市場の方, 時分師匠の真, 時分を止める, 時分帰つて見えますか, 時分を止める, 時分平次と親しく, 時分平田小六氏と知り合う, 時分年ちゃんは原っぱ, 時分年上の惡少, 時分年配者は結上げ, 時分か不幸, 時分幻燈で白い, 時分幾分日が蔭, 時分幾度繰返したか, 時分幾晩つづけて, 時分でけたたましい, 時分庸三の周囲, 時分廃業する芸者家, 時分い地代, 時分へ通う, 時分廻廊の燈籠, 時分強情を張った, 時分強盗にかみつかれた, 時分当家にいた, 時分当時熱烈なクリスチャン, 時分彼らの前, 時分往来の道俗, 時分後ろの赤坂, 時分御立なされ御, 時分徳島藩の中屋敷, 時分徳川家から豊臣家, 時分心から色々な, 時分ん生, 時分られない犬, 時分思い切って海, 時分思った村に, 時分思想の上, 時分急いで歩く, 時分怪我をし, 時分恐しかったり珍しかっ, 時分恐らく一番迷惑した, 時分になった, 時分悪い若ざむらい連, 時分悪戯をし, 時分情けない声を, 時分情人であつ, 時分惚れ合つてナアそれから, 時分惚太郎の心, 時分意地の悪い, 時分愚僧はしば, 時分愛好された表現, 時分憲政会という加藤高明, 時分に抱い, 時分我々の憐れむべき, 時分戦争が始まった, 時分戦争ごっこをし, 時分戦闘帽をかぶり, 時分戴いたんだ, 時分戸山ケ原で掘, 時分手習師匠が大変, 時分折々海へ, 時分抱主や遣手, 時分拙者は江戸, 時分拳銃はあまり, 時分拵えた印伝の, 時分持っていたなら, 時分持つてゐた, 時分捕方が多人数, 時分捨小舟とは程遠から, 時分支那人に聞いたら, 時分支配的であった小説, 時分洋物店を, 時分教えた生徒の, 時分文壇の機運, 時分文壇思想界は個人主義思想, 時分文芸倶楽部に花柳界, 時分新吉は籍, 時分新橋でお, 時分新聞で見た, 時分旅順あたりにあった, 時分旋盤工だつた, 時分旗本であった人, 時分日光へ参りました, 時分日本一のえらい, 時分日本人のクック, 時分日本橋の家, 時分日蔭者の母親, 時分旦那がとても, 時分早くも感応寺中門前町, 時分昆布の家, 時分渡された江戸城, 時分明るいなつかしい空の, 時分明治三十年頃にはわれわれ, 時分明確の記憶, 時分の高等小学校, 時分になる, 時分春信の住居, 時分時々法医学教室へも, 時分時折葉子が来, 時分景氣のよかつ, 時分晴れた九月の, 時分暑い盛りに, 時分暑中休暇に田舎, 時分暫らく西比利亜に滞留, 時分曇った秋の, 時分書いて下, 時分書かれたものを, 時分夜中は, 時分最新式の設備, 時分朝毎に百合子, 時分木内君の夢, 時分木曜會に御無沙汰, 時分未だ嫁に, 時分本所深川あたりでは蛙, 時分本町の鰯屋, 時分本陣の裏庭, 時分から一里手前, 時分村はずれの原っぱ, 時分がようやく, 時分東両国に万八, 時分東京人のよろこぶ, 時分東京専門学校といい, 時分東横堀の材木, 時分枕付ではありません, 時分のあなた, 時分林町のその, 時分染料としてふつう, 時分柳里恭の, 時分を食べ, 時分栄蔵の家, 時分根岸に住ん, 時分の枝, 時分の散らぬ, 時分権太楼君が独立, 時分の館, 時分次の間から恐る恐る, 時分次第に白く光っ, 時分の指ヶ谷町, 時分此処へも二日, 時分此方も丁度退出時間, 時分武士の意気地, 時分歩くのだ, 時分歴史の時間, 時分歸つて來るの, 時分死にかけていた, 時分死んだ父が, 時分殊に周囲に, 時分段六が人, 時分毎晩のやう, 時分毎晩私が西洋風呂, 時分毎月一回づゝ主にその, 時分比田と将棋, 時分毘沙門の縁日, 時分はいつも, 時分民弥は懐刀, 時分気心の合っ, 時分が淺, 時分水底から彼女, 時分水戸の天狗黨, 時分水谷信濃守申談京都町餌指之儀, 時分水車番には老人, 時分永明年間からし, 時分江川の玉乗り, 時分池長氏のお, 時分汽車はやつ, 時分河内の役人, 時分油壷の油, 時分治部殿よりは愚僧, 時分泊りがけに農事, 時分泳ぎに来, 時分派手なネクタイ, 時分流山みりん瓶入の贈物, 時分流行っていた, 時分流行った数え唄を, 時分浅井の民さん, 時分浅草には, 時分浅草五けん茶屋, 時分浜田君は頻りに, 時分浮名の聒, 時分浴室へ行っ, 時分の方, 時分海中へすてた, 時分深川は吉原, 時分清水の町, 時分渋川玄耳氏だの岡鬼太郎氏, 時分温泉場から町, 時分温泉宿の中, 時分渭南の別荘, 時分を飲ん, 時分湯呑一杯の湯, 時分源氏の講義, 時分では朝鮮全部, 時分漸う鳥屋の, 時分灘田圃三千石の夜, 時分火事見物に出かけ, 時分灯火に対して抱いた, 時分炉辺にすわっ, 時分為ってえ, 時分熊本の城下, 時分を剪, 時分爪磨きの女, 時分父親につれられ, 時分牢屋の外, 時分やねこ, 時分独りで上つて, 時分玄関はまだ, 時分玄関わきの小, 時分玉蜀黍説には僕, 時分王様のお, 時分甚内は人, 時分生れたての私, 時分用事あって, 時分をつぶし, 時分田中正造もまだ, 時分田原町のいま川崎銀行, 時分甲府の町, 時分甲板へ飛び出す, 時分を歩い, 時分町内の御, 時分瘠我慢を張っ, 時分發句を作り, 時分白い靄が, 時分白米の價, 時分百円とすこし, 時分百姓衆が大勢, 時分百疋持た弟子入, 時分盛んにいわゆる, 時分盛夏三伏の頃, 時分直ぐ向ふ, 時分相手にする, 時分に見え, 時分着物一つ畳んだ事, 時分知っていた, 時分知人の家庭, 時分石川は予期, 時分砲術を研究, 時分確か七歳のお, 時分から一年ちがい, 時分祖母が田舎, 時分祖母自身歩いて, 時分祖父母夫婦は奥蔵, 時分神仙から授かった, 時分神保町にいた, 時分神様は余り, 時分神隠しか攫われた, 時分私共もあの, 時分私等の親, 時分私自身何か何, 時分私達が, 時分秋日暮れ近い森, 時分秋頃から御, 時分稽古をし, 時分穗科閣下はあゝ, 時分を鳴い, 時分空中から唸り, 時分窮迫して, 時分一の, 時分米斎君はまだ, 時分精一杯に表現, 時分紋太郎は彦根, 時分納戸や押入, 時分素子に散々, 時分細君は大分, 時分紳士もあれ, 時分経験したよう, 時分絶えず遊びに, 時分継母のはからひで勘当同様, 時分綽名をつけられた, 時分緑雨は, 時分締めきった障子の, 時分羽子板で打たれ, 時分習ったから退屈, 時分翼賛会ができた, 時分の後, 時分聖天町の油屋, 時分く聞かされた彼女, 時分能う調べて, 時分腕時計というの, 時分然師, 時分舊道は平家物語, 時分舞台では海土蔵, 時分の沈む, 時分良人や息子, 時分の増上寺, 時分芳野に着い, 時分芸事には見込, 時分若い者の, 時分若い衆であったお, 時分若く元気で, 時分若しも私が, 時分若松屋には三代目, 時分若殿様は前, 時分苦労と考えられ, 時分英国にはコナン, 時分茂之助さんが大金, 時分茶屋小屋の火鉢, 時分荒れた日縁側の, 時分莢ごと茄でて, 時分萬次と市太郎, 時分葉子が, 時分葡萄牙の船, 時分葭簾張や菰囲ひで, 時分蔭祭りの日, 時分蔵前の北元町四番地, 時分薬鑵の湯, 時分藥局生や其他, 時分の門際, 時分蝶々髷に結っ, 時分行方知れずに, 時分の格子, 時分裏宿の家, 時分西洋人の肩車, 時分西行を彫っ, 時分見たその人, 時分親しみも一層, 時分親たちにつれられ, 時分角力の親方, 時分記事に困ります, 時分許嫁だったの, 時分評判者の斬り, 時分に吾妻橋, 時分誠之は斯様, 時分諸家の入札, 時分諸方の部屋, 時分謂わば財布, 時分議長はさも, 時分讃岐はいつ, 時分變則な英語教育, 時分貝原は今夜, 時分貴族の家, 時分貴様は俺, 時分貸本屋の小僧さん, 時分賑やかな街, 時分足音はしない, 時分踊子たちの話, 時分の周り, 時分身分のいい, 時分なんかありやしない, 時分転々と移っ, 時分軽い熱病に, 時分軽蔑した人, 時分農奴制そのものは廃止, 時分迄には屹度来る, 時分近所の物知り, 時分近所同士であったこの, 時分送られて来た, 時分通ったと思う, 時分通るのだろう, 時分連立って阿, 時分はまだ, 時分運動会で出発点, 時分運動場にならん, 時分があい, 時分道楽で私, 時分道綱がゆうべ, 時分道頓堀筋日本橋東へ入る, 時分遠い親戚の, 時分遠足に行った, 時分部下の面前, 時分の近く, 時分都路華香さん澤田撫松さんなど御, 時分配偶者のこと, 時分酒樽は別に, 時分酔いが廻っ, 時分醫學專門の入, 時分野原を白い, 時分野良で過激, 時分金柑が大好き, 時分金歯にし, 時分金蔵の眼, 時分釣船屋風情の娘, 時分鈴子さんがい, 時分鉄さんは父, 時分鉄橋の上, 時分鍛冶屋に打っ, 時分の音, 時分長命の芸人, 時分長浜の無礙智山大通寺, 時分の外, 時分門前に万屋, 時分間もなくその会員, 時分関守を相手, 時分防火訓練のため, 時分附いていた, 時分随分沢山参考書を, 時分障子の細目, 時分に眠っ, 時分隣室に客, 時分離縁になり, 時分雲峰寺の夜, 時分露国の文部大臣, 時分露國の文部大臣, 時分露路の中, 時分というもの, 時分青梅の裏宿, 時分の中, 時分頻りに心の, 時分を鳩め, 時分の強い, 時分風呂へ行つた, 時分食べて来た, 時分食堂の中, 時分に乗っ, 時分馬場金之助という碁客, 時分馴れていた, 時分駄犬のこと, 時分駒井は天体, 時分高いところへ, 時分高原を通っ, 時分高尾山薬王院の奥の院, 時分高野にこの, 時分魔道へ入った, 時分鮎釣が好き, 時分鮫ヶ橋の住人たち, 時分の骨, 時分かな五月, 時分麦焦しを食う, 時分いやせた茶色, 時分黒くて小さかっ, 時分黒灰浦の海岸