青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「時には~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

是非~ ~昼 昼~ 昼間~ ~時 時~ ~時々 時々~ 時として~ 時に~
時には~
~時代 時代~ ~時分 時分~ ~時刻 時刻~ 時半~ ~時期 時期~ ~時計

「時には~」 1711, 18ppm, 6201位

▼ 時にはまた~ (37, 2.2%)

2 立派な

1 [35件] あの恐るべき打撃, ここまでの, この, こんなこと, とんだいかもの, ひょっこり農家, もう一つ他, カステリーの, ゴブランの, ヘンカとも, 上着を, 向うの, 夙と, 多くの, 大変な, 女の, 将軍家の, 巌流の, 強烈な, 日本で, 最も専門的, 本家の, 栗鼠の, 樂しい, 父は, 用を, 異様な, 節操も, 自分の, 蟹が, 街道の, 詩論が, 身を, 青年の, 面々木太刀を

▼ 時には自分~ (33, 1.9%)

3 の考

1 [30件] がより, だって演説, でも持て余す, で別棟, で市場, で文学者, で紗, で腑甲斐無い, で転ん, とは人間, になまじい, にも得体, に愛情, の一部, の予期, の心理状態, の手, の打っ, の方, の来る, の珍しい, の行為, の言葉, の魂, は土, もリクール, も一処, を憂鬱, を憎む, を鮮

▼ 時にはそれ~ (25, 1.5%)

2 を亨一

1 [23件] がため, が事実, が人体, が何, が單, が淡い, が狂乱, が病的, が発作的, が飛ん, にそっと, にぶつかった, は非常, も余りに, よりももつ, らしいと, をみずから, をよい, を全然, を卑怯, を実行, を野外, を非難

▼ 時には~ (18, 1.1%)

2 の方

1 [16件] がこわい, がイギリス人, ですら, との交友, の目, の面前, はそんな, は工廠, は村, は独り, は自分独りぎめに, は路傍, も大人, も家, を死んだ, を責め

▼ 時にはこれ~ (15, 0.9%)

2 を探偵小説

1 [13件] が我慢, が自分, で叙情, に便乗, に霊感, は昔, ほど強い, も畢竟, を凌駕, を勝手, を呼ん, を犯した, を衒った

▼ 時には~ (13, 0.8%)

2 も見えない

1 [11件] うして, か, かになる, かの花弁, か深い, か臨時, か自分, か面白い, の用, も尋ねない, をし

▼ 時には~ (12, 0.7%)

1 [12件] がいかに, が酔っ, のよう, の眉, は思い切り, は憎, は用達, は自分, もお, もともかく, も横合い, よりも年歯

▼ 時には~ (9, 0.5%)

1 さらいを, つくうさ, 二人とも, 信さんの, 島の, 父さまに, 聞かせすること, 酌を, 酒など

▼ 時には人間~ (7, 0.4%)

1 が小品, にも害, の悲哀, の頭, も通る, や動物, より顔

▼ 時には~ (7, 0.4%)

1 つむじが, に大, 休止する, 供らしい見得で, 家族に, 父さんから, 魚が

▼ 時には二人~ (6, 0.4%)

1 だけで郊外, で怒り, で數學, の子供, の間, を逢わせる

▼ 時には~ (6, 0.4%)

2 遅くまで 1 に入っ, に入り, まで実験, もカンテラ

▼ 時には~ (6, 0.4%)

1 すら浮かべ, すら滲んだ, までながれだす, をおとし, を流す, を溢

▼ 時には一つ~ (5, 0.3%)

1 の前肢, の古墳, の手まね, の農場, 又ある

▼ 時には~ (5, 0.3%)

1 から先生, から勧められる, の命, の屍骸, を引き倒し

▼ 時には~ (5, 0.3%)

2 美的要求の 1 モナドとして, 女匪自身, 小声で

▼ 時には~ (5, 0.3%)

1 も足, をかけ, をのばし, を出す, を握っ

▼ 時には~ (5, 0.3%)

1 が変, が狂っ, が遠く, のつい, を焦

▼ 時には~ (5, 0.3%)

1 にもうつった, をつぶっ, をつぶった, をみ, を覆う

▼ 時には終夜~ (5, 0.3%)

4 織つて 1 織って

▼ 時にはある~ (4, 0.2%)

2 のです 1 ようだ, 二三の

▼ 時にはそこ~ (4, 0.2%)

1 で何故, に霧, へおとし, を弾丸

▼ 時にはもつ~ (4, 0.2%)

1 とずつと多く, と気まぐれ, と神秘的, と複雑

▼ 時には世間~ (4, 0.2%)

1 の噂, の状態, を戸惑いさせ, を知りぬいた

▼ 時には~ (4, 0.2%)

1 に全然, に反し, をかなしみぬ, を亂用

▼ 時には~ (4, 0.2%)

1 が余り, に指図, を, を死

▼ 時には先生~ (4, 0.2%)

1 と二人対座, の奥さん, の家, は極めて

▼ 時には~ (4, 0.2%)

1 ウィーン人を, 天を, 村が, 篇の

▼ 時には~ (4, 0.2%)

1 に時には, に迷惑, びらに, へん上機嫌な

▼ 時には彼女~ (4, 0.2%)

1 の眼, は夫, は小, を訪ねるらしかった

▼ 時には~ (4, 0.2%)

1 参考に, 愛嬌で, 註文だけ, 鏡と

▼ 時には~ (4, 0.2%)

1 がとだえ, に口, に夢中, も交す

▼ 時には遠く~ (4, 0.2%)

1 の物, 大西洋の, 朝鮮琉球まで, 渡つて

▼ 時には非常~ (4, 0.2%)

1 に寂しく心細く, に荒れる, に過敏, に面白い

▼ 時には~ (4, 0.2%)

1 から肩, のよい, の水野, を倒

▼ 時にはひどい~ (3, 0.2%)

1 丸木橋を, 吹雪の, 靴を

▼ 時には一人~ (3, 0.2%)

1 でフグ料理屋, で多く, の孤児

▼ 時には作家~ (3, 0.2%)

1 と読者, にあ, の家族

▼ 時には作者~ (3, 0.2%)

2 の肉 1 をうち

▼ 時には半年~ (3, 0.2%)

2 も一年 1 も酒

▼ 時には~ (3, 0.2%)

1 から卸し, が揺れ, を塗り替える

▼ 時には~ (3, 0.2%)

1 の始末, もさらえ, を買う

▼ 時には子供~ (3, 0.2%)

1 になる, のよう, を連れ

▼ 時には~ (3, 0.2%)

1 の大穴, を裂く, を足場

▼ 時には彼ら~ (3, 0.2%)

1 は相互, は結婚以前, は鳥獣

▼ 時には彼等~ (3, 0.2%)

2 を妬み 1 の間

▼ 時には愚痴~ (3, 0.2%)

1 のやう, の涙, も言いとうなる

▼ 時には普通~ (3, 0.2%)

1 なること, の罨法, の鞄

▼ 時には~ (3, 0.2%)

1 の三時ごろ, より夕, 早く起きる

▼ 時には~ (3, 0.2%)

1 にだけ見, に言いつかった, の泣声

▼ 時には相手~ (3, 0.2%)

1 が笑っ, のいない, をなじっ

▼ 時には自己~ (3, 0.2%)

1 に迫つて, の主, の身命

▼ 時には衝突~ (3, 0.2%)

2 も生ずる 1 なすったこと

▼ 時には~ (3, 0.2%)

1 なども作っ, の本, や雑文

▼ 時にはいつ~ (2, 0.1%)

1 そ身を, になっ

▼ 時にはこっち~ (2, 0.1%)

1 からどう, から故

▼ 時にはそれら~ (2, 0.1%)

1 に表, のもの

▼ 時にはただ~ (2, 0.1%)

1 河童の, 自分の

▼ 時にはオトクイ廻り~ (2, 0.1%)

2 もやる

▼ 時にはペン~ (2, 0.1%)

1 で時には, を走らし

▼ 時には一年中~ (2, 0.1%)

1 この資源, その状態

▼ 時には一日中~ (2, 0.1%)

1 あの船室昇降口室, も其の

▼ 時には一時間~ (2, 0.1%)

1 も一時間半, も二時間

▼ 時には三人~ (2, 0.1%)

1 が三人, で大

▼ 時には三月酒屋米屋家賃~ (2, 0.1%)

2 に窮する

▼ 時には二十八~ (2, 0.1%)

1 といふ齡, といふ齢

▼ 時には二艘~ (2, 0.1%)

2 も三艘

▼ 時には人々~ (2, 0.1%)

2 の期待

▼ 時には会合~ (2, 0.1%)

1 にも出た, の場所

▼ 時には作家自身~ (2, 0.1%)

2 の閲歴談

▼ 時には作男~ (2, 0.1%)

1 であり時には, や夜番

▼ 時には偏頗~ (2, 0.1%)

1 の疑い, の疑ひ

▼ 時には冗談~ (2, 0.1%)

1 などを云う, もいう

▼ 時には~ (2, 0.1%)

1 ている, 來上ツた

▼ 時には出で~ (2, 0.1%)

2 て現れ

▼ 時には反省~ (2, 0.1%)

1 して, の眼

▼ 時には~ (2, 0.1%)

1 で傳, に出し

▼ 時には~ (2, 0.1%)

1 なりに正しい, なり持っ

▼ 時には和算~ (2, 0.1%)

2 の道具

▼ 時には~ (2, 0.1%)

1 に依る, も方便

▼ 時には国王~ (2, 0.1%)

1 の忿怒, の逆鱗

▼ 時には~ (2, 0.1%)

1 な身ぶり, な間違

▼ 時には~ (2, 0.1%)

1 のテエブル, へ出

▼ 時には多く~ (2, 0.1%)

1 の土人, の日子

▼ 時には夜半~ (2, 0.1%)

1 過ぐる, 過に

▼ 時には失礼~ (2, 0.1%)

2 にも来客

▼ 時には好奇心~ (2, 0.1%)

2 でせめて

▼ 時には如何~ (2, 0.1%)

1 かしてやりたい, にありあり

▼ 時には~ (2, 0.1%)

1 の前, の田氏

▼ 時には孝子自身~ (2, 0.1%)

2 も人

▼ 時には宮城野~ (2, 0.1%)

2 まで岩

▼ 時には小説~ (2, 0.1%)

1 が掲載, などを終わり

▼ 時には~ (2, 0.1%)

1 のもの, の方

▼ 時には~ (2, 0.1%)

1 のため, のよう

▼ 時には工場~ (2, 0.1%)

1 の同じ, を訪

▼ 時には左右~ (2, 0.1%)

1 に歪め, に逸れる

▼ 時には~ (2, 0.1%)

1 の人格, の引いた

▼ 時には師匠~ (2, 0.1%)

1 の家, の鶯

▼ 時には~ (2, 0.1%)

2 の知れない

▼ 時には強い~ (2, 0.1%)

1 歯で, 色の

▼ 時には強烈~ (2, 0.1%)

1 な嫉妬, な酒

▼ 時には役者~ (2, 0.1%)

1 の描き棄てた, の男衆

▼ 時には徒歩~ (2, 0.1%)

1 の旅人姿, 時には人力車

▼ 時には必要~ (2, 0.1%)

1 な協同行為, に応じ

▼ 時には怒り~ (2, 0.1%)

1 さへ, も憎み

▼ 時には思う~ (2, 0.1%)

1 ことも, しまた

▼ 時には思ひ~ (2, 0.1%)

1 がけなく, も寄らぬ

▼ 時には怯懦~ (2, 0.1%)

2 の為

▼ 時には~ (2, 0.1%)

1 で触れ, もつまる

▼ 時には意地~ (2, 0.1%)

1 の悪い, 悪く翻弄

▼ 時には愛情~ (2, 0.1%)

1 でいっぱい, を以て己

▼ 時には感心~ (2, 0.1%)

1 し時には, するよう

▼ 時には打擲~ (2, 0.1%)

1 いたしましたり, さえ交じえる

▼ 時には~ (2, 0.1%)

1 とは称, の刀槍

▼ 時には~ (2, 0.1%)

1 にでるでしょう, に疲れ

▼ 時には明るい~ (2, 0.1%)

1 朝日が, 興奮さえ

▼ 時には映画~ (2, 0.1%)

1 も見, を見

▼ 時には有害~ (2, 0.1%)

1 でもあるだろう, なこと

▼ 時には~ (2, 0.1%)

2 を渡る

▼ 時には欺く~ (2, 0.1%)

2 もので

▼ 時には正三~ (2, 0.1%)

2 は単独

▼ 時には~ (2, 0.1%)

2 んど

▼ 時には残忍~ (2, 0.1%)

1 とか狡猾, となり得る

▼ 時には母親~ (2, 0.1%)

1 に媚びる, や二人

▼ 時には~ (2, 0.1%)

1 の中, をやり

▼ 時には水晶~ (2, 0.1%)

1 の如く, や瑪瑙

▼ 時には氷屋~ (2, 0.1%)

2 も荷

▼ 時には泣きたい~ (2, 0.1%)

1 ほどうんざり, 思いも

▼ 時には泣き出し~ (2, 0.1%)

2 たりそれ

▼ 時には浅ましく~ (2, 0.1%)

1 さえなっ, 猛き

▼ 時には~ (2, 0.1%)

1 讐の, 酷痛烈な

▼ 時には清潔~ (2, 0.1%)

1 に思はれ, に思われ

▼ 時には滑稽~ (2, 0.1%)

2 の感

▼ 時には~ (2, 0.1%)

1 が何, にまで打たれ

▼ 時には漬物~ (2, 0.1%)

2 まで湯

▼ 時には~ (2, 0.1%)

1 が上り, さを

▼ 時には玄関~ (2, 0.1%)

2 の二畳

▼ 時には~ (2, 0.1%)

1 意氣さうな, 玉子二個で

▼ 時には産婆~ (2, 0.1%)

1 をもした, をも爲

▼ 時には~ (2, 0.1%)

1 の事, の知らない

▼ 時には~ (2, 0.1%)

1 の上, を一枚

▼ 時には~ (2, 0.1%)

1 の先, の高

▼ 時には真打~ (2, 0.1%)

2 になっ

▼ 時には私たち~ (2, 0.1%)

1 の舟, の頭上

▼ 時には~ (2, 0.1%)

1 から部屋, のところ

▼ 時には~ (2, 0.1%)

2 の売買

▼ 時には~ (2, 0.1%)

1 をはぐやうになほる日, を貼り代えたであろう

▼ 時には素敵~ (2, 0.1%)

1 なこと, な大

▼ 時には絶対~ (2, 0.1%)

2 に必要

▼ 時には~ (2, 0.1%)

1 へも聞え, を澄まし

▼ 時には~ (2, 0.1%)

1 が立ち, が立つ

▼ 時には腹立たしく~ (2, 0.1%)

1 さえ感じる, 思えて

▼ 時には自ら~ (2, 0.1%)

1 泣きながらも, 知らないで深く

▼ 時には良人~ (2, 0.1%)

1 の前, も役所

▼ 時には若葉~ (2, 0.1%)

2 の梢

▼ 時には苦笑~ (2, 0.1%)

2 をし

▼ 時には荘周先生~ (2, 0.1%)

2 の如く

▼ 時には蒼ざめた薔薇~ (2, 0.1%)

2 の花

▼ 時には言葉~ (2, 0.1%)

1 をかける, を出し

▼ 時には~ (2, 0.1%)

1 か, かに慰め

▼ 時には赤い~ (2, 0.1%)

1 竜の, 裏の

▼ 時には起る~ (2, 0.1%)

1 からである, のであらう

▼ 時には~ (2, 0.1%)

2 りあがって

▼ 時には~ (2, 0.1%)

1 も亡びる, を危険

▼ 時には軒先~ (2, 0.1%)

1 からぶらりと, きから

▼ 時には~ (2, 0.1%)

1 よって立, 過ぎたり

▼ 時には部屋~ (2, 0.1%)

2 の中央

▼ 時には~ (2, 0.1%)

1 に酔う, を飲ん

▼ 時には~ (2, 0.1%)

1 の仕舞っ, の用

▼ 時には長い~ (2, 0.1%)

1 詩も, 間だまっ

▼ 時には~ (2, 0.1%)

1 に追, の卵

▼ 時には~ (2, 0.1%)

2 の河童

▼ 時には~ (2, 0.1%)

1 が烈しく心細く, も亦

▼ 時には~ (2, 0.1%)

1 と梢, に聳

▼ 時には露骨~ (2, 0.1%)

1 なほどに, に自分

▼ 時には青い~ (2, 0.1%)

2 月光の

▼ 時には~ (2, 0.1%)

1 までも焚かれた, も炊け

▼ 時には鼻うた~ (2, 0.1%)

1 をうたっ, を歌い

▼1* [1117件]

時にはあたりにそれ, 時にはあなたの將來, 時にはあやまって其の, 時にはいかがはしい, 時にはいそがしさう, 時にはいっ刻ぐらいを, 時にはいまいましかった時には, 時にはうつとりとし, 時にはうまいことを, 時にはおすが, 時にはおそろひ, 時にはお話する事, 時にはお金を借し, 時にはかかる至高の, 時にはかくのごとき, 時にはかねて言つて, 時にはがらんとした, 時にはここが面倒, 時にはこころ宜いま, 時にはこれくらゐの, 時にはこれらの角柱, 時にはさあーっと雨, 時にはさっきまでそこら, 時にはさりげのない, 時にはしかし目を, 時にはしどけない伊達巻の, 時にはすべての階, 時にはずい分いろいろ心を動かす, 時にはそちらへ行っ, 時にはそつちが, 時にはその他諸蛇, 時にはその後から一行, 時にはたえ難いほどの, 時にはたつた一疋でない, 時にはたまらなくなって, 時にはたまり兼ねて思いぬ, 時にはたやすく不寛容, 時にはどれだけ需給関係, 時にはなお更甚しく, 時にはやりに, 時にはにおいで物質, 時にはひつた, 時にはひからびた額に, 時にはひとしく酩酊した, 時にはびつくりするくら, 時にはふきだしたくなることが, 時にはふだんの慎み, 時にはふつとお, 時にはぼんやりも露呈, 時にはみずから励ました, 時にはみぞれが, 時にはむやみにはしゃぐ, 時にはもてあそびの人形, 時にはもどかしいやうな, 時にはやむをえないことだ, 時にはゆるめて過去, 時にはけると, 時にはよからぬカセギ, 時にはより以上の, 時にはが語る, 時にはわざとらしく半布, 時にはわれを忘れ, 時にはわれわれの筆, 時にはアイリスがワルトン, 時にはアインシュタインの, 時にはアベコベに表現, 時にはアラビア語かなにか, 時にはアンチャとも云う, 時にはウクレルを奏し, 時にはウチで奉公, 時にはエロキューションのやう, 時にはオクライナを吹い, 時にはオルガンだけの伴奏, 時にはカテリーナ・リヴォーヴナが頼まれる, 時にはキミなど, 時にはキョキョとただ二音, 時にはクリストフを相手, 時にはグルリと後, 時にはコソ泥式の忍び込み, 時にはコテで紙, 時にはコニャックそれからアイス, 時にはサビのある, 時にはタイヤをパンク, 時にはタンと舌つづみ, 時にはテーマの屈折角度, 時にはトンネル時には渓橋, 時にはドナウがふくれ, 時にはナオミはヒョイ, 時にはノッティンガムまで出かけ, 時にはバツの悪い, 時にはバルザックがかいた, 時にはビーカーで湯, 時にはフロイドの, 時にはプレインと称せられ, 時にはプレストにもなる, 時にはプレトン辺りの農夫, 時にはヘソクリを見せろ, 時にはペンキも塗らなけれ, 時にはマアレイと呼ん, 時にはマルクス主義者に対する非難, 時にはモンテスキウやまた, 時にはロシア人の胃の腑, 時には小部分, 時には一ヶ月も滯在, 時には一万近い数, 時には一万メートルに及ぶ, 時には一万円以上もある, 時には一句の妙, 時には一定の住所, 時には一尺以上もある, 時には一幕づゝ読んで, 時には一得になった, 時には一日に二度, 時には一時に幾人, 時には一時間半はいっ, 時には一本歯の塗り, 時には一杯つまった一升壌, 時には一瞬ぼんやりその, 時には一統が出, 時には一緒になつて飯事遊び, 時には一羽の鷹, 時には一致融合して, 時には一般の意見, 時には一般民衆に絶大, 時には一葉舟の詩人, 時には一週間或は一ヶ月, 時には一里ほどある, 時には一里位下に遠, 時には一面に変色, 時には七八ミリのもの, 時には七月はじめの海, 時には三丁と四丁, 時には三分の二を請求, 時には三十一文字と背競べ, 時には三十分も一時間, 時には三十分近くも待たされる, 時には三千万ボルトを越える, 時には三四人も一緒, 時には三声のうち, 時には三日も五日, 時には三田の部屋, 時には上総房州の沖, 時には上野から砂子屋書房主, 時には下駄の泥, 時には必要に, 時には不幸な根本原理, 時には不思議にし, 時には不愉快にさせる, 時には不自由に感じます, 時には不覚を取る, 時には与へられた限定の, 時には両国の方, 時には中国式や欧米風, 時には中国料理で使う, 時には丹前もあった, 時には主人の左右, 時には乙女の腺病質, 時には九十六間からある, 時には乞食などがこの, 時には乱れた蜘蛛の, 時には乱暴にも煮干, 時には事務長のほう, 時には事實の眞相, 時には事後承諾を求めた, 時には事態の急転, 時には二つのオペラ, 時には二ヶ月位も知らない, 時には二三の友人, 時には二三人も一緒, 時には二三十間の距離, 時には二三週間二三ヵ月おいて, 時には二十余丈の岩盤, 時には二十余種にて一組, 時には二十里もあるいた, 時には二年をも空費, 時には二年三年と余五郎, 時には二時三時頃になる, 時には二時間の後, 時には二派に分れ, 時には二百余里のあいだ一滴, 時には二銭を投げ, 時には二階へお茶, 時には五〇〇倍もの直径, 時には五六人続けて, 時には五六十も一度, 時には五円も祝儀, 時には五分も十分, 時には五十歳ぐらいにも見える, 時には五百人からの一組, 時には亢奮して, 時には交ぜこぜになり, 時には人並みに花, 時には人力車や乗合馬車, 時には人家のある, 時には人目も関はず, 時には人身をも現, 時には人車に先んじ, 時には人類を地球上, 時には仏身を現, 時には仔山羊を襲, 時には仔羊を又, 時には仕事の出来栄, 時には休止して, 時には休養したいと, 時には会計官吏や書記, 時にはれだちて, 時には伽羅千代萩と尾上岩藤, 時には低俗な感傷, 時には住居を持っ, 時には何十倍にもあがる, 時には何十秒とかいふ, 時には余り沈滞した光彩, 時には余儀なく発表しなけれ, 時には作者自らを動き, 時には使ひ走り, 時には例えば六花状の, 時には依頼すること, 時には侠気に似る, 時には便所へ這入つた, 時には信じてよい, 時には信じ過ぎ買いかぶって苦笑い, 時には個性がある, 時には偃松が草本帶, 時には偉大なる王者, 時には停滞して, 時には健康上有益である, 時には偶像としての自己, 時には偶然的な方法さ, 時にはれた文学, 時には催眠薬のガブ, 時には傭人の懷, 時にはのない, 時には儕輩を排斥, 時にはに金銀, 時には兄妹のよう, 時には兇器を持ち出し, 時には光線をも木板摺, 時には入り乱れまた時には, 時には六カ月になる, 時には六時過ぎまで無意味, 時には共感を禁じえぬ, 時には其処から鬼火, 時には其生活の方法, 時には其通を失つて, 時には兼吉その他の百姓, 時には内乱罪や姦通罪, 時には内心に不, 時には円満な高, 時には冒涜的な心持, 時には写実を離れ, 時には写生をし, 時には出入の車屋, 時には分銅型のもの, 時には分離し時には, 時には分類法の意見, 時には刑事達の手荒い, 時にはを成し, 時には初めのある, 時には初冬までやる, 時には利巧な事, 時には利益なこと, 時には前祝いまで済した, 時には前途の思い, 時には創作慾の刺戟, 時にはの抜けた, 時にはで失敗, 時には勘忍袋の緒, 時には勤行以外のおり, 時には医者のおよばない, 時には十二時になっ, 時には十五六の少年, 時には十人にも余っ, 時には十分間もつづく, 時には十里歩いたこと, 時には千種十次郎の代り, 時には午後まで床, 時には半分読みかけた頁, 時には半分以上も欠け, 時には半枚ほど前, 時には南京虫に喰われたであろう, 時には博士はまったく, 時には危険な獣, 時には危険視されるの, 時には危險に當面, 時には即興で出まかせ, 時には却つて幅をまし, 時には厄介千万であったが, 時には原作の偉大さ, 時には原稿に手, 時には原稿料も取れる, 時にはなこと, 時には友達を大勢, 時には反動的なこと, 時には反動的現象としてそれ以下, 時には反対に人, 時には反抗したり, 時には叔父を一人, 時には口論をひき起し, 時には雛を, 時には古い顔馴染に, 時には古代的樸茂と素朴, 時には只一輪なでしこを封じ込めた, 時には可愛くて可愛く, 時には台所へ出, 時には右寄り左寄りに我等, 時には同一でもある, 時には同君一流の批評, 時には同士討もあっ, 時には同好者が会合, 時にはの宮, 時には向こうの野, 時にはの脳裡, 時には君子の窓簾, 時には君枝に去られた, 時には呪咀もし, 時にはあるごとし, 時には味わうのである, 時には味噌漉しを下げ, 時にはも軽し, 時には命取りになる, 時には和製の食膳, 時には唐蜀黍を焼い, 時には賣氣, 時には善根顔に病気, 時には喜ばしそうに, 時には喧嘩面になり, 時には嘲笑的にそして, 時には四つ這いに, 時には四ペーヂづゝ飛ばして, 時には四五尺の大き, 時には四五羽その長い愛らしい, 時には四十枚も書く, 時には四川や嶺南, 時には困惑の情, 時には国体と相, 時には国家的補助が与へられる, 時には圧搾されて, 時には圧迫的にも洞察的, 時にはに伏し, 時には地圖まで出し, 時には地方的にもしばしば, 時には埃及人などとさえ深い, 時には執拗なほどの, 時にはの外側, 時にはのかげ, 時には境遇的にも自分, 時には売り手に身, 時には変化する, 時には夕ぐれの山手街, 時には外泊のこと, 時には多数のもの, 時には夜ふけて寝酒, 時には夜中に帰っ, 時には夜明けまで仕事, 時には夜番でもあ, 時にはを破り, 時には大人からも聞かされた, 時には大入りを占めた, 時には大入袋も送っ, 時には大入道の頭, 時には大学教授も来れ, 時には大盤振舞のよう, 時には大空をなかば蔽, 時には大粒の砂, 時には大越に通う, 時には天才の閃, 時には天真爛漫の子供, 時にはの留守, 時には夫婦喧嘩みたよう, 時には失敗という形, 時には奇岩といふ風, 時には奇術師がこれ, 時にはの方, 時には奥さんに軽い, 時には奥御殿の方, 時には女性も交え, 時には女房や子供ともども, 時には女装へ黒衣, 時には奴等は内地, 時には好い歌を, 時には好奇に碑, 時には好感がもてるもてないであり, 時には妙子も加わっ, 時には妻君御自身, 時には姉さんの好き, 時には姫路まで出かけ, 時には姻戚関係がむすばれ, 時には娯楽室からかすか, 時にはや子守娘, 時には媚態を呈し, 時には嫌悪すべき言葉, 時には子供たちと一緒, 時には子供時代の喜び, 時には孔雀の尾, 時には存在と同じ, 時には孤独者の夢想, 時には孤立のあまり, 時には宇宙創造者はたとえば, 時には宇治までも行っ, 時には宇野浩二に怪物, 時には安くないもの, 時には安らかにそれ, 時には宗教さえが, 時には官憲を動かし, 時には官許医学の神聖度, 時には定家をなるべく, 時には実質上の自由主義者, 時には実験の心得, 時には宮さまの御, 時にはや舟, 時には宿の女中, 時には宿役人一同と出入り, 時には宿泊人届の一枚, 時には富士見町に大きな, 時には富豪のよう, 時には寒い碧い, 時には寝不足な青い, 時には寸余の相違, 時にはに帰っ, 時には対立する原因, 時には専門の電気, 時には小さい包や, 時には小使と食事, 時には小料理屋の土間, 時には小波さへ立たない, 時には小説家を装つて, 時には小走りにならない, 時には小面憎いほど羨ましい, 時には小高い崖なども, 時には少年の着る, 時には居直るほどの強気, 時には山稜の亀裂, 時にはに上り時, 時には岩石が路傍, 時には岩角にまた, 時にはの畔, 時には川向うへ泊り, 時には川添の松原, 時には左的議論あり右的議論, 時には巧みにへりくだつた, 時にはれの, 時には帳簿の整理, 時には平温をずつと下, 時には平田家を訪ね, 時には年寄の三味線, 時には年長者の無, 時には幸福な又, 時には幾子と一緒, 時には幾時間もうっとり, 時には幾枚かある, 時には広大な庭園, 時にはばかりで, 時にはをころげ, 時にはへ入りこん, 時にはがすぎ, 時には座敷がへり, 時には座興も寛ぎ, 時には庭先の掃除, 時には庭掃除をする, 時にはを結ん, 時には庸三の目, 時には廃址になった, 時には廃頽的でさえ, 時にはく諸, 時には弊害をも生ずる, 時には弥次馬の中, 時には弱くきのう戦場に, 時には当主ドラーゲ公の弟十六歳, 時には形代なる観念, 時には役に立つもので, 時には彼是小半日もお話相手, 時には彼自ら舞台に立つ, 時には往来なかで闘う, 時には待ち疲れて, 時には後口がかかっ, 時には徒刑場の屋根, 時には御座いますがな, 時には御門から真正面, 時には御飯を炊く, 時には微笑だしたよう, 時には微行で時には, 時には徳大寺家などへ宗祇, 時には心理学をひもとい, 時には忍んで私, 時には快活な少女, 時には怖しく聞く多可子, 時には思いも寄らぬ, 時には思ひ返して見, 時には急ぎ足となり, 時には恐怖に沈む, 時には恥ずかしめられ, 時にはを売っ, 時には息ぬきになる, 時には悩ましげな, 時には強情だ, 時には悪くない, 時には悲痛な苦笑い, 時には情熱的な興奮, 時にはれた, 時には想念の修飾, 時には惹きこまれることも, 時には愉快な通風孔, 時には意気地なしの, 時には意見の相違, 時には意趣がえ, 時には愛嬌ですまされる, 時には愛読のあまり作家, 時には感慨なきを, 時には感激のあまり涙, 時には慇懃紳士の仮面, 時には慈悲もかけ, 時には憎いものの, 時には憎みも覚えます, 時には憤然として出, 時には憶出したやう, 時には懺悔すること, 時にはを忘れ, 時には我乍ら必然の歩み, 時には我意中の美人, 時には戦争があっ, 時には戸外のスポーツ, 時には手伝つてくれたり, 時には手帛を赤く, 時には手平ほどしかない広, 時には手懸り上大きな獲物, 時には手紙の三四通, 時には手軽な西洋料理, 時には手間をはぶい, 時には才智と云, 時には打ち解けてワルトン, 時には打算を超えた, 時には批判力のな, 時には批評家時には, 時には抜き書きをする, 時には抜書きを, 時には拘束でさ, 時には持っている, 時には持つことが, 時には指圖人といふ風, 時には指揮権の発動, 時には指揮者がその, 時にはの前後, 時には授業中をもかまはず, 時には排他的な特質, 時には探ぼうといふこと, 時には探偵小説を真面目, 時には探索者の所在, 時には推測ぐらいはする, 時には握つた拳で, 時には支えてやっ, 時には支那から輸入, 時には改良の方法, 時には放つたらかして一人, 時には放心もよい, 時には放火もありました, 時には放牧場全体を真白, 時には政治的な動力, 時には政論さえやっ, 時には故意と聞えよがし, 時には敗北する, 時には教育のある, 時には教養ある士人, 時には数百万の現金, 時には数百米も下っ, 時には数百里も遠い, 時には敵役に廻され, 時には數里も離れた, 時には文芸の中, 時には斯様なは, 時には新地の妓楼, 時には新聞紙に包んだ, 時には方々へ遠乗り, 時には旅人相手に働い, 時には旅芸人の仲間, 時には日光にも照, 時には日本を憂ふる, 時には明日にでも現在, 時には明確な形態, 時には昏倒しながら, 時には昨年の日記帳, 時にはも暗い, 時には昼休に家, 時には昼休みを利用, 時には時代に逆行, 時には時流に逆行, 時には晝休に家, 時には晝飯を拔, 時には晴れ晴れと亭主, 時には智恵子から習つた讃美歌, 時には智惠子から習つた讃美歌, 時には暁雨の名残, 時には暖炉のかたわら, 時には暗夜に樵夫, 時には暴力を以て子分, 時には暴力団や与太もの, 時には暴君そのま, 時には曖昧なうすら, 時にはを読む, 時には書きましたがあれ, 時には書生や代診, 時には書評的な誤解, 時には月一万部を越える, 時には有りがちの, 時には有効に悪, 時には有望らしく見える事件, 時には有能な酋長, 時には朝倉夫人にお, 時には朝午と二度, 時には朝晩立つこと, 時にはにとまり, 時には木戸番もする, 時には木炭の横腹, 時には氣で, 時には本屋の番頭, 時には本物の狐狸, 時には村人をあわや, 時には村長のお嬢さん, 時にはをもっ, 時には東京の自宅, 時にはをあしら, 時には松原から出, 時には松花堂の風, 時には板戸のはまつた押入, 時にはを高う, 時にはの中, 時には附きの, 時には枝葉を鳴らせ, 時には枯れた鉢植の, 時には枯草などをたばねた, 時には柔かな手, 時には栗その他の枯れがれ, 時にはや相場, 時には掘り葉, 時には案じて迎え, 時には案内も乞わない, 時には梵天の身, 時には棄権もし, 時には椅子にかけ, 時には植物質のもの, 時には椰子の実, 時には極彩色の個所, 時には楽しくお喋りに, 時にはの老木, 時には樅檜木杉などの暗い, 時には標石でめぐらされた, 時にはに外れ, 時には横柄な口, 時には横浜の生糸検査所, 時にはのかげ, 時には機嫌を損ずる, 時には橿鳥の落し, 時にはの木, 時には欲しくなろうという, 時には欺瞞や威嚇, 時には歌留多を取る, 時には正反対にさえなっ, 時には正気の人, 時には正直おそろしい気, 時にはの努力, 時には武家累代の重宝, 時には武家風の娘, 時には歩きまた時には, 時には歩道に面した, 時にはの軋む, 時にはりの, 時には死んでからでもまだ, 時には殆ど情慾とも呼ぶべき, 時には残酷にも, 時には殺してしまいたい, 時には殺伐な物音, 時には殺到する雑多, 時には毛嫌いも強, 時には気ちがいのよう, 時には気むずかしくなられたの, 時には気息の籠った, 時には気難かしいくらいの, 時には氣分に依つ, 時には水彩もやっ, 時にはを呼んだ, 時には汁粉の味, 時にはや埃, 時には江戸城へ詰め, 時には池水の深い, 時には池田があまり, 時には汽車や汽船, 時には沈み切りに, 時には河原から時には, 時には河口が合流, 時には油断へ水, 時には沼地を形づくり, 時には法則が必要, 時には法学部の佐々木博士, 時には法話に耳, 時には波瀾をきはめた, 時には泣き言さえも並べる, 時には泣くような, 時には泥濘の中, 時には洋画の抽象派, 時には洪水となる, 時には活発に運動, 時には流行の観, 時には黄いろの, 時には浅瀬にふみこん, 時には浮雲のよう, 時には浴衣の色, 時にはの中, 時には海賊に襲われ, 時には海賊ギャングの正体, 時には涙ぐみたいほど痛切, 時には淫奔な無恥, 時には深夜でも異様, 時には深夜二時三時に自動車, 時には混み合つた動搖する, 時には清らかな美, 時には清三もまじめ, 時には清助が机, 時には清波も来つ, 時には清澄な牧歌, 時には渓橋時には飛瀑, 時には激し時には, 時には激しく急しく, 時にはをつけ, 時には火つけ押込みまでやりました, 時には火塵をかぶっ, 時にはが附い, 時にはを降らし, 時には炊事煮物の法, 時には烏帽子を被る, 時には無可先生を, 時には無心の椅子, 時には無慈悲で粗暴, 時には無理なこと, 時には無用です, 時には無茶だと, 時には無謀大胆でそして, 時には無貴任な, 時には無遠慮に, 時には無限の境, 時には無頼漢に匕首, 時には芋なども, 時には焼酎もあった, 時にはに咽, 時には煙突が見え, 時にはさがって, 時には熱情的に書きかねない, 時には熱狂して, 時には爪音を低く, 時には父さんの村, 時には爺さんの算盤, 時には牛馬の力, 時には思はしげに, 時にはに取り巻かれ, 時には犬さんお前は少し, 時には犯人自身が匿名, 時には犯罪探偵法の革命, 時にはにその, 時には独りの遊び, 時にはの子供, 時には猛烈に言い合う, 時には猥褻な事柄, 時には獅子狐どうかする, 時にはにさえおとる, 時には獣身をさえ, 時には獰猛に闘い, 時には玄關番にうるさがられ, 時には捜しの, 時には珍しくだん, 時には甚だしく単純な, 時には生きた鷄や, 時には生意気さうなこと, 時には生産において人間, 時には生絹を練る, 時には用事がなく, 時には用例なぞもつけなけれ, 時にはの畔, 時には田代芳輔自身の漫画, 時には甲板よりも高く, 時には男同志の友達, 時にはの土, 時には性質の, 時には異国的な邪悪妖艶, 時には異郷のつれづれ, 時には疊針を使, 時には疑い時には, 時には疲労と空腹, 時には病的になっ, 時には病院を空ける, 時には癇癪まぎれに, 時にはにさわる, 時には発狂します, 時には白いハンケチで, 時には白けきった放心状態に, 時には白ペンキ塗りの棒杭, 時には白刃を手, 時には白石を種々, 時には百人前を越える, 時には皇室を威嚇, 時には直径十五糎にも及ぶ, 時には直接法として時には, 時には触れ横転, 時には相反しても, 時にはと目, 時には眞劍に考へ, 時には真夜中になり, 時には真正面に見える, 時には眠くなりも, 時には睡眠すること, 時には瞬間慄然とした, 時には矢張り私と一緒, 時には矢張り鈴木派の人達, 時には知人の肖像, 時には知己の清浄, 時には短い返事を, 時にはに塗れた, 時には砂書きや大道易者, 時には砂浜にはいあがっ, 時には破綻を恐れず, 時には硫酸を食事, 時には確かに上役, 時には示す人かと, 時にはの一ツ, 時には社会学としての心理学, 時には祖母が気, 時には神楽坂へもつれ, 時には神様とまでもかわす, 時には神経が衰弱, 時には神輿をも舁い, 時には禅坊主みたよう, 時にはに時には, 時にはに出, 時には私同様骨張ったいけないもの, 時には私娼を買った, 時には私怨から其の, 時には私慾を忘れた, 時には秘かに涙ぐましく, 時にはに何, 時には空虚な感じさ, 時には空襲警報もなる, 時には突き出した崖から, 時には突出した帶, 時には窓際の曲木, 時には窕子以上やきもきし, 時には立ち話をし, 時には立ったまま食事を, 時には立花のよう, 時にはの教鞭, 時にはへること, 時には笑い時には, 時には筆矢立を漁り, 時には筆者さえも予想, 時にはの進行推移, 時にはから出し, 時には米飯を食わせ, 時には約束に遅れる, 時には納まる身分であった, 時には紙魚繁昌記などと書物, 時には素子の雑談, 時にはにもなった, 時には細い短い竹を, 時には結局一つの社会学, 時には絶対的なパン, 時には絶望のあまり, 時には網代車に乘つて, 時には総合したりさえ, 時にはの疎林越し, 時には緩慢に振舞, 時には縫いもの洗濯もの, 時には罵倒よりは胸, 時には美しく着飾った近所, 時には美術骨董店へ立ち, 時には老中の耳目, 時には耕作用のトラクター, 時には聞えてもその, 時には聞くに忍び, 時には聴く気にも, 時には職業上の政略, 時には肉親のよう, 時にはのつけ根, 時にはに掛けた, 時にはで壁, 時には肴屋の亭主, 時にはのところ, 時には脅威ともなったであろう, 時にはで言, 時には脇役を演じ, 時にはが膝, 時には腐敗したもの, 時には腕力をも揮う, 時にはまで水, 時には臆病なほど, 時には自ら素人探偵を気取る, 時には自ら自分の乘, 時には自ら鍬をとつ, 時には自分達の存在, 時には自嘲的に語り, 時には自国の者, 時には自己嫌悪に陥り, 時には自暴自棄かと思われる, 時には自炊もするであろう, 時には自身の想像, 時には自身大手の木戸, 時には自転車に乗せ, 時には臭気を放つ, 時には致命的なもの, 時にはに乘, 時には興奮し易い, 時には舌なめづりをして書いて, 時にはを取る, 時には船上に宴, 時には良くもなっ, 時には芋虫を喰, 時には芝作りの広い, 時にはで身, 時には芸妓の代り, 時には芸者や雛妓, 時には苛ら立たせられた, 時には苦しくてとても, 時には苦労を共に, 時には英吉利がいや, 時には草双紙や浮世繪, 時にはくれた猪, 時には荒く震える声, 時には荒み果てた心冷かな, 時には荘重を印象, 時には荻生さんを羽生, 時には莫大な重量, 時には華やかな踊子達, 時には落付かせて, 時には落魄せる老, 時には葉子とそこ, 時には著しく大である, 時にはとともに煮る, 時には蒙昧な動物, 時には蓮根や人参, 時には蕃商の本, 時には蕎麦か饂飩, 時には薄くあたかもインキ壺, 時には薄らぎ消えある時, 時にはも割る, 時には藝者をよぶ, 時には藤子の脇, 時には虚偽にも類した, 時にはをつかん, 時には蛤御門を押し開き, 時には蛮鼓を打ち鳴らし, 時には蠱惑的の流瞥, 時には衆人への見せしめ, 時にはの戸, 時には表現の氾濫, 時には表返しにし, 時には裁縫の道具, 時には裏返しにし, 時にはの乱れ, 時にはへ布団, 時には西の京の荒れ果てた, 時には見えかくれしこれ, 時には見つかる梅鉢草な, 時には見舞客もある, 時にはとして自分, 時には親切に困る, 時には親方に連れられ, 時には親達の話, 時には観たいと思ひ, 時には言葉通りに反動的, 時には言葉通り一つの心理学, 時には詠まれるほど何もかもが, 時には詩人の本多信, 時には話しもする, 時には誇らしくもあった, 時には誇りを持つ, 時には誘蛾灯を携, 時には読みつかれるほど書いた, 時には読み耽るといふ状態, 時には読んでいただきます, 時には談判中にベル, 時には諦めの嘆息, 時には諷刺が利きすぎ, 時にはにモヤ, 時には變態的かとさ, 時にはること, 時には豐田の小, 時にはを養っ, 時には豪勢な応接間, 時には豪華な客間, 時には貧者のよう, 時には貪るような, 時には責任感から過労, 時には費用がかかる, 時には貿易事業に手, 時にはに振る舞っ, 時には賢者を困惑, 時には贅沢に見える, 時には路地の奧, 時には踊り上らんばかりに, 時には身体で稼ぐ, 時には身動きも出来ぬ, 時には軍議の場所, 時には軽く時には, 時にはい失望, 時にはの跡, 時には辛棒出来なくなって, 時には辞書を引い, 時には濶らしく, 時には返礼をする, 時には退屈すること, 時には逆行し時には, 時には途方もない物堅い, 時には連れ添う女房までが, 時には遁げるやう, 時には遅れ時には先んず, 時には遊廓へ行く, 時には過去の改造, 時にはを失っ, 時には遠き常闇の, 時には遥かに飛んだ, 時には選手は自身, 時には遺憾ながら相手, 時には郡役所警察署の簡単, 時には酷評としてあ, 時には釈き放たれ時には圧搾, 時には重い荷物を, 時には重複したところ, 時には野兎や雉子, 時には野宿すること, 時には野良からその, 時には金色にさえ見える, 時には針仕事をしよう, 時には鈍い痛みを, 時には鈴子夫人の私室, 時には鉛筆で書い, 時には鉢合わせしそう, 時には鉦打の七変化, 時にはのよう, 時には銀貨それから石, 時には鋭い針が, 時には鍋焼饂飩さえ買っ, 時には鍬取りもし, 時には鎌倉江の島など, 時には長唄に常磐津, 時には長火鉢に埋めた, 時には長閑に編物, 時には門番になり, 時にはを愛し, 時には間接ともなり, 時には間接法として語られ, 時には間違いを起す, 時には間違つた輿論と云, 時には関係の婦人雑誌, 時には闖入者に対するよう, 時には陪臣の身, 時には隠然と, 時にはに寢, 時には隣村の湯舟沢, 時には隱岐も堪えきれなく, 時にはが浮い, 時には雑談をしよう, 時には離れ離れに時には, 時には雨傘を携え, 時には雨後の水, 時にはが七寸, 時には雪鞋穿いた男, 時にはを鳴らし, 時には電気行燈を枕元, 時にはまじりの, 時には静かな三味線, 時にはやつれ, 時には面白そうに, 時には面白いことを, 時には面白からざるに, 時には面白かろう, 時にはを磨く, 時にはで自分, 時にはを立て, 時にはも合せ, 時には順行し時には, 時にはを縮め, 時には頼む人も, 時にはに八, 時には顎下や首筋, 時にはを見合, 時にはをしかめ, 時には顕官や淑女, 時には顕著に階級イデオロギー, 時にはを利し, 時には風呂を焚い, 時には飄然とす, 時には飛んでもない, 時には飛沫のかたまり, 時には飛瀑時には奇岩, 時には飛行の一足飛び, 時には飛行機が通る, 時には飲み代にも窮, 時には養父孔明に従って出征, 時には養老院にはいる, 時には取法師, 時には餓死しようと, 時にはり命令, 時には館長の許し, 時にはえること, 時には饒舌な坊さん, 時には歩を, 時には騎手を手, 時には驚くような, 時には高くその余, 時にはでも剃っ, 時には鬱憤晴し時には, 時にはの戻る, 時にはを取る, 時にはも鰻, 時にはのよう, 時には鳥獣を対手, 時にはも來, 時には鶴さんと二人, 時にははお, 時にはのしらべ, 時にはの先, 時にはを噛み鳴らした