青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「時に~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~是非 是非~ ~昼 昼~ 昼間~ ~時 時~ ~時々 時々~ 時として~
時に~
時には~ ~時代 時代~ ~時分 時分~ ~時刻 時刻~ 時半~ ~時期 時期~

「時に~」 3524, 38ppm, 3047位

▼ 時に~ (453, 12.9%)

4 自分の, 驚くばかり 3 それを, 端近くゐざり出 2 させて, その中, その声々, まだ学生, 全然返事, 君コソハ僕ノ, 彼女の, 泊って, 私が, 端近く

1 [419件] ああいう, あからさまな, あった, あったが, あの女, あの尖端, あの電報, あまりに伸縮性, あまりに控え目, あまりに鈍重, あまりのおかし, あらかたの, あらゆるキヤプリス, あんなに師匠, あんまり二人, いい掘り出し, いかにも悲壮, いかにも秋, いがぐり頭で, いきなり, いきなり机, いくぶん軽く, いっそ本, いつもその, いやらしいやう, いらいらさせる, いろいろの, うちの, うっとりと, うつとりと, うまいこと, うるさい感じ, えらばねば, おそろしく密画, おそろしく無, おたがいに気, お気に, かえって極端過激, かえって障害, かく露骨, きわめてうれしい, ぐるりで, けろりと静まっ, こうした狂気, こっそり裏座敷, このよう, この不孝, この事件, この二ヶ所, この写真, この前, この村, この淀川尻, この薬味, この購買, この部隊全体, この銀杏, これへ, こんなこと, こんな優しい, こんな大, こんな山, こんな思ひ, こんな歴史小説, こんな理窟, こんな考え, こんな過ち, ごく黒く, さびしい孤独, さもさ, さらにより, ざつくばらんで面白い, じつに不可解, すぐその, すぐ側, すこぶる高い, すりむいたで, ずいぶんと, ずいぶん巨大, ずっと上等, ぜひ, そういうこと, そういった連中, そう遠く, その, そのため, そのほか, そのやう, その一端, その一節, その交錯, その優柔不断, その先生, その入口, その努力, その反動, その反対, その向う, その土手, その快感, その最高峰普賢, その村民, その横顔, その母子づれがあまり足, その演奏自身, その演説, その生先, その白い, その直接, その神, その美し, その調べた, その透きとおった, その陶器, それが, それこそ, それ以上の, それ等の, そんなの, そんな余裕, そんな煩悩, そんな設計, たいへんな, たしかに息, ただ何, ちょいと, ちょっとした上り坂, つめられたり, とつぜん少年, とても口, どうしてかう, どうしてもがまん, どれが, どんなに涙, どんな無理, どッ, なかなか激烈, なくもが, なぐさみに, にこにこ時にはに, のぼった山道, はだしに, はつと, はなはだきまり, ばかばかしいほど, ひそひそと, ひとの, ひと事みたいに, ふとその, ほとんど子供, ほとんど必然的, ほんとに誰, ほんのりと, ほんの真似ごと, ぼろぼろの, まかすに, まぐれ当りに, またなく, また憂へ, まだその, まだ幼く, まったく嘆声, まるで, まるで普通, まるで誰, まるで道江, むかつくが, むしろ混乱, むっつりとして, もう古典, もう幾度, もっと確実, もつともつと身体, もとから, やはり私, やはり背広, やはり言葉, やや如才, やや液体, やや粗, ゆるすこと, よその, よりそって, わざと背中合せ, わんわん吠え, アユナマズ, コゼットは, ズバリと, ニッコリと, フッと, ロスタンの, 一二日の, 一夜の, 一寸面白い, 一層読めぬ, 一座の, 一種の, 一見まことに些細, 三越意匠部の, 不気味な, 世に顏向け, 主上後水尾天皇の, 乗っても, 事を, 二三戸だけ, 互いに地位, 互にいそがしい, 互にくすり, 互によけ, 互に伸びるべき, 互に反目嫉視, 互に深い, 些か迷惑, 京や, 人の, 何か, 何となく動い, 何となく可哀そう, 余らに, 余りに俊敏, 余りに冷やか, 余りに切なく, 便所で, 信長様の, 偉い者, 側で, 傍目も, 優しいむしろ, 全然中断, 公共の, 公卿の, 其娘や, 内乱戦勝敵国の, 再び繰返そう, 出入りの, 別々に, 別の, 前の, 勢ひ, 化けるの, 十分ほど, 単にその, 厚紙の, 反って, 口説いても, 合作の, 同じ手, 同時に三匹, 同苦坊, 周囲を, 唸りを, 噛みついて, 国税庁の, 堂々たる一, 堪へられぬほどの, 外で, 多少の, 夜茶と, 大いに飲ん, 大きな声, 大きな蟇, 大きな鰻, 大塔宮護良親王の, 夫人の, 女ばなしに, 姉さんは, 子どもらしく, 学校を, 実にいい, 実に些細, 実に無法, 実業家の, 実際すべて, 実際上民族的差別, 寝床には, 導かれるの, 小さな劇場, 少しばかりの, 少し氣保養, 少し涙, 少し駄弁, 尖端的な, 峩冠盛服の, 崖の, 巨人の, 当のジナイーダ, 当代の, 形式的な, 彼らの, 御放心, 心地よいもの, 心平の, 怒って, 思い出すこと, 思い切ったば, 思はず拍手, 思はれも, 思わず微笑ましく, 思わず顔, 恐るべき飢饉, 恭一と, 患者自身が, 意趣返しに, 愚にも, 慄然と, 慈悲を, 手に, 手を, 手負ひ, 技術的ヒントを, 招かれること, 拡げたまま, 政府の, 文学が, 書籍問屋の, 最も敏感, 朝焼雲夕焼の, 本当にクビ, 本当にステッキ, 東寺の, 根づよい, 案外気持, 楠正成たちの, 極めて大, 極めて頻繁, 楽しい時, 機械と, 正しい真相, 歩いたり, 殆ど性的, 気むずかしいこと, 水たまりへぐ, 洋服の, 浮き浮きした, 海の, 淋しい憂苦, 湧かせつつ, 潜ったり, 澄み返った峰, 激しい恐怖, 火曜日に, 烈しい火, 無いと, 焼かれ過ぎること, 犠牲に, 狂人じみ, 狸の, 猛獣の, 珍しい形象, 生徒に, 田楽に, 田畑を, 男を, 畑仕事や, 異鳥族, 痼疾化した, 相当ながい, 相手の, 眉を, 眼が, 神, 神に, 禅家へも, 私に, 秋祭りの, 空いて, 突き放そうとまで, 立ちどまって, 笛と, 素晴らしい仕事, 縁がはの, 美しいもの, 老中や, 腫れ物に, 自分と, 自分に, 自転車の, 良順自身診察に, 花々しいユニフオーム, 苦笑を, 茅屋の, 草雲の, 荘重で, 華族の, 行われそう, 表現の, 要らぬ事, 見えざる手, 見ないで, 見のがされた残滓, 見上げるほども, 見知らぬ人々, 覗かして, 親しい懐しい心持ち, 親方に, 許されるので, 谷川の, 赤坊や, 走ったり, 起った, 起ったかも, 起らないでは, 遠矢にさえ, 醫眼を, 長大な, 間違って, 間違わるる事, 陽溜りで, 随分思い切った, 随分罪, 雑誌の, 青柳の, 頑迷な, 飛んでも, 飢の, 駕籠舁き, 駿河屋の, 驚くべき放胆, 黙々たる行

▼ 時による~ (249, 7.1%)

8 とその 64 とそれ, と彼, と自分 3 と女, と心

2 [17件] とこの, とどうして, とどんなに, とまた, と一時間, と三, と人, と何, と僕, と急, と怪訝, と私, と舞台, と随分, と非常, と飛んだ, と馬鹿

1 [183件] とあなた, とあの, とある, といつ, といろんな, とうれしい, とお手本, とかえって, とかれ, ときみ, とさう, とさっさと, とずばずば, とそこで, とそば, とそれだけ, とた, ととんでも, となさけ, となんとも, とのめっ, とぼく, とぼんやり, とまことに, とまるっきり, とみのる, とやりきれない, とわざわざ, とわれ, とアナグマ, とホント, とポタシウム, とモスクワ, とラハ・ランバ, と一つ, と一日, と一時間早目, と一本, と一見, と一言, と三日, と三時頃, と上, と上下睫毛, と上級生, と不安極り, と不快そう, と不思議, と不意, と不運, と両方, と中毒, と中途, と主人, と二タ月ぐらゐ顔, と二三十尾, と二円, と二時, と二時間, と二晩, と五円五十銭, と京極, と人家, と人間, と今井, と例, と八千五百人, と別に, と医者, と十キロ, と十時間, と千里, と午砲, と半月, と卑屈, と単に, と博士, と又, と四日, と図書館, と国, と基督教, と変, と外出, と夜, と夜中, と夜分, と夜行, と夜通し, と大変, と大変愉快, と天下, と天使, と奨励, と女客, と妙, と妻, と実に, と客, と客たち, と小, と小説, と年, と幹事, と幾日, と幾週間, と弓, と彼女, と彼等, と彼自ら主張, と御寝衣, と心がかり, と愚劣, と憎み, と戯曲, と手紙, と批判, と投げやり, と挫折, と振り返っ, と捨鉢, と敷蓙, と文部大臣, と文部大臣自ら自分, と日, と日常, と昨夜, と昨日, と時政, と朝, と朦朧, と校舎, と根こそぎ, と此, と殉死者, と海, と混乱, と渡舟, と火の玉, と無, と煙草銭, と熱湯, と父, と男, と白い, と目, と盲目的, と相手, と知らぬ, と稲妻, と第二義的, と精神上, と網, と美緒, と肝癪, と肺腑, と脱線, と臨終, と舞台上, と舞臺, と芸人風, と芸者, と苛立たしい, と苦心, と藤尾さん, と表, と西洋蝋燭, と見出さなく, と記憶全体, と講談, と軍服, と軍談講釈, と近い, と遙, と重大, と鉢植, と長く, と香の物, と香炉, と馴れない, と魂, と鼻, わこの

▼ 時にその~ (56, 1.6%)

1 [56件] いつわりが, うるさ, お医者さん, お嫁さんお気, お怪我, お登和さん, ことが, すさまじいつるぎ, やうな, 一塁から, 一月十八日前後秀吉は, 上に, 下位に, 事を, 二人も, 人が, 例外が, 光波の, 入り交り, 前戦の, 動揺なき, 名が, 命を, 国の, 土人名は, 報を, 夜の, 大原君は, 家を, 小川の, 師仏の, 年は, 弟火遠, 御粮, 本來, 本能にも, 枕頭の, 父の, 疲れた旅客, 癇癪を, 登子の, 眉秀で, 穀物の, 童女の, 端渓を, 維持能力以上の, 考えが, 能力以上に, 腹に, 船に, 茶店の, 詩文が, 途なし, 通常の, 頃は, 領有植民地に

▼ 時により~ (53, 1.5%)

2 すぐれば, て些か

1 [49件] このよう, これの, すくれは, その上, そんな世音, ただの, て信, て変ず, て大小, て愉快, て現われ, て異, て脂肪分, て饂飩, ところによって, ところによっては, びっくりする, 一様でない, 主家を, 事により, 人により, 人間の, 信長の, 処に, 危険極まる, 同じで, 国により, 國によ, 土地によって, 場合により, 場所に, 多くの, 季節によっては, 少い財貨, 所に, 教へ, 日によって, 案外な, 物によって, 相交錯, 絶対に, 緩急の, 肥沃な, 處に, 貧しい月日, 近代の, 過ぐれ, 重大な, 集り候ことも

▼ 時に応じ~ (35, 1.0%)

3 てその

1 [32件] てこっち, てこれ, てそれぞれ, てととの, てのアドレス, ての忠言, ての町名, ては本質, てガラガラ, て万全, て僕, て変る, て影, て彼, て必要, て新聞雑誌, て日かげ, て本能的, て様々, て流行, て示しだす, て種々, て鼻, 事情に従い, 人によって, 処に, 国民決死の, 場所に, 境に, 所に, 機に, 物に

▼ 時に~ (30, 0.9%)

5 身のみ 2 登和さん私は

1 [23件] 二人とも, 兄さんが, 医者は, 園どんお前の, 夏の, 宅は, 定今幾時だ, 師匠さまちょうど, 師匠様, 急ぎです, 時間は, 気の毒様な, 登和さんは, 登和さんロースを, 登和さん私どもは, 登和さん突然, 茶代の, 茶菓子にも, 蘭さんあの, 行者, 許の, 連衆の, 面でも

▼ 時に~ (28, 0.8%)

8 つては

1 [20件] つて, つてあなたの, つていよいよ, つていろんな, つてこれらの, つてどちらかの, つてほかの, つて二カ月ぐらい, つて可愛がる, つて増え, つて定まりは, つて慰められる, つて畫家の, つて皮肉である, つて自分の, つて自分も, つて英語で, つて變な, つて非常に, つて驛の

▼ 時に~ (28, 0.8%)

3 は何 2 はまだ, は社会主義者

1 [21件] この部屋, せっかく逢った, と真, のご, の兄さん, の職, はきのう, はこれから, はやはり, は何部だい, は叔母さん, は奈何, は子供, は安, は手口, は探偵小説, は昨夕妙, は江東, は粥, もあの, も今年駄

▼ 時にこの~ (24, 0.7%)

1 [24件] ように, フライは, 中に, 事件は, 井辺に, 人だけは, 十一日, 塔は, 声が, 崇高の, 悶えは, 技術を, 様な, 比丘心恥じ, 比率を, 池は, 猴生まれ, 答へは, 縦皺も, 船唄, 花何という, 虹の, 道中には, 邸には

▼ 時にあの~ (20, 0.6%)

1 [20件] 何は, 倅殿にも, 唄は, 女が, 女の, 娘が, 婆さんは, 婦人は, 子供たちも, 学生の, 屋敷の, 恩師の, 摩利信乃法師の, 日比谷の, 泰安さんは, 鑵詰事業の, 馬鹿者の, 駒井甚三郎は, 高輪の, 髯を

▼ 時に或は~ (20, 0.6%)

2 張る氣

1 [18件] あとしざり, うつ伏しつ遂に, そを, むしが, 之を, 仰向きつ, 党中紛擾の, 勇士の, 勝つあるも, 土かたに, 愁雲恨雨の, 數尺なら, 脇に, 自分の, 誤りて, 起行を, 車をも, 黨中紛擾の

▼ 時に依る~ (19, 0.5%)

1 [19件] とかえっていっそう, とこれ, と何ん, と余, と喪, と子供等, と引廻し, と抓み込まれ, と朝, と物, と生, と私, と紙, と罵り, と翁, と自分, と葡萄酒, と誤解, と首

▼ 時に~ (18, 0.5%)

2 つて, つても

1 [14件] その大根おろし, つてその, つてふと, つて一村挙つて瀬川と, つて上座に, つて人々は, つて千恵は, つて婆やの, つて御詠歌が, つて期せ, つて花聟の, つて見る, 校長さん, 蛾次公

▼ 時に~ (18, 0.5%)

1 [18件] が樽野, の冷罵, の声, の眼, の精神, の黒衣長身, は八十五歳, は咳, は寸鉄人, は年僅, は早く, は標準尺度, は病気, は英語, れは, を以てこれ, を宗教, を苦しめ

▼ 時に~ (17, 0.5%)

2

1 [15件] がそれ, が江戸, にはどうも, に窒息感, の年, の質問, の髪, はあなた, はこの, は今度下野, は大変, は彼等, は感動, は非常, も聲

▼ 時にそれ~ (15, 0.4%)

1 [15件] がどう, が伊吹山, が判る, が呪わしい, について, に伴う, は全, は又, は失敗者, は無く, は直径二フィート, は驚く, を励ました, を天才的, を妨げん

▼ 時にどう~ (15, 0.4%)

3 です 2 だい 1 したい, したと, だ頭, ぢや, ですあなた, ですこの, ですこの間, ですアレクセイ・イヴァーノヴィチ, です皆さん, 健康は

▼ 時によれ~ (15, 0.4%)

51 ばふた, ば国会, ば子供たち, ば彼奴, ば数日, ば日曜日, ば法律家, ば父, ば背後, ば道具

▼ 時に~ (14, 0.4%)

1 [14件] かお, かご用, かで受けられる, かね今, かの参考, かの用件, かヒステリツク, か御用, か日本, か甘い, か高貴, が出来よう, を召, 今小児

▼ 時に~ (14, 0.4%)

1 [14件] 主人は, 主人われ等ここへ, 叔父さんの, 婦人申し後れた, 宅には, 容態は, 年四十九歳当時の, 案内料は, 用向きは, 病人は, 聞きでしたか, 自分の, 軍追, 願いし

▼ 時にこれ~ (13, 0.4%)

2 と交え, を出す 1 におる, に加わる, はどう, は婚約者, を君, を擲打, を気紛れ, を疑わぬ, を買う

▼ 時に取っ~ (13, 0.4%)

1 [13件] てうれしく, てかかる, てのお先供, ての一興, ての戯れ言, ての活人剣, ての珍味, ての祥, ての縁, ての興味, ての見付物, ては何より, ては十里

▼ 時にあなた~ (12, 0.3%)

1 [12件] が最初ここ, なる西側, のお, のご, の言葉, の鼻, はシナ人, は探偵小説, は昨年, は災禍, を苦笑, 御いくつ

▼ 時に依っ~ (11, 0.3%)

1 [11件] てなん, ては, ては電柱, て万歳, て主人但馬守様, て十一両, て妥協, て懐中, て或, て苦言余り, て赤字

▼ 時に今日~ (10, 0.3%)

2 は大変静か 1 の来訪, はどういう, は例, は思いがけない, は野原, 上がったの, 伺ったの, 来たの

▼ 時に小禽~ (10, 0.3%)

10 既に終日日光

▼ 時に~ (9, 0.3%)

1 こつぴどく行, 人間も, 何も, 來ね, 嚊は, 村落中かたでは, 自棄っぱちにも, 辛いからね, 面白え

▼ 時にここ~ (8, 0.2%)

2 のお 1 で乃, で寄手, はどの, は何, へ散歩, を通り過ぎ

▼ 時にふと~ (8, 0.2%)

2 あの朝 1 その, われの, 右側を, 味気ない, 天下の, 氣まぐれに

▼ 時にふれ~ (8, 0.2%)

5 折に 1 てその, 彼を, 気がかりな

▼ 時にまた~ (8, 0.2%)

1 レールの, 人を, 彼は, 日本には, 海坊主が, 濁りも, 疑いが, 雪白な

▼ 時に~ (8, 0.2%)

6 に身空中 2 に身

▼ 時に~ (8, 0.2%)

1 哥, 坂へは, 氷雨降りき, 紛争を, 議事堂に, 音に, 騒動に, 魚の

▼ 時に~ (7, 0.2%)

2 て自己 1 てか不遇, てよりも静, て吾, て攻究, て親しく

▼ 時に触れ~ (7, 0.2%)

2 折を 1 こういうこと, てけち, ては書い, ては諸国, 物に

▼ 時に~ (7, 0.2%)

1 い事, い人, って必ず, って或いは, ひて, ひ人, ふ

▼ 時にお前~ (6, 0.2%)

1 のその, の事業, の方, は, はどっち, は銭

▼ 時に~ (6, 0.2%)

1 おくれただろうから, そらもう, よるであろうし, よれ勅, 主にも, 費用にも

▼ 時にもう~ (6, 0.2%)

2 お午 1 それは, 下へ, 数年前からの, 近江の

▼ 時に一人~ (6, 0.2%)

2 の軍夫 1 の敵将, の老, の老僕, は叫んだ

▼ 時に~ (6, 0.2%)

1 が有島氏, の喜び, の注意, を威圧, を酔わす, を魅

▼ 時に使~ (6, 0.2%)

4 ふ語 1 ふ五六間, ふ膝かけ

▼ 時に其の~ (6, 0.2%)

1 坊様は, 夜の, 帷中の, 意の, 殿に, 頃奧州の

▼ 時に旦那~ (6, 0.2%)

1 そうなります, と呼ばれる, にうかがいます, はお, は江戸, 御注意万端

▼ 時に~ (5, 0.1%)

1 つてすら, つて起り来る, ひて, ひぬるて, ふぎの

▼ 時にあるいは~ (5, 0.1%)

1 不行状, 仙北郡とも, 光あり, 有閑階級にのみ, 言い誤り聞き誤り

▼ 時にかの~ (5, 0.1%)

2 女の 1 牝虎師子に, 蝦蟇法師は, 黒衣長身の

▼ 時に人間~ (5, 0.1%)

1 に正体, のほこり, の健全, の労働, を襲う

▼ 時に~ (5, 0.1%)

1 ね母親さん美土代町, は何時, までの箪笥, 來た, 迄はただ

▼ 時に~ (5, 0.1%)

1 に浮んだ, のあらゆる, の配合物, をいい, を慰め

▼ 時に~ (5, 0.1%)

1 がさっき, と目, にこう, の送別会, の雅号

▼ 時に多少~ (5, 0.1%)

2 変更し 1 の価値, の盛衰, は控

▼ 時に女姪~ (5, 0.1%)

5 の姫

▼ 時に~ (5, 0.1%)

1 ぜり合い, 摩申しける, 机に, 芳の, 蹉躓あらん

▼ 時に彼等~ (5, 0.1%)

1 の代弁, の出資, の忠言者, はこの, は猛烈

▼ 時に甚だ~ (5, 0.1%)

1 冷たい風, 堪ふべからず, 憎らしいもの, 済みませんが, 遅筆らしく見えた

▼ 時に際し~ (5, 0.1%)

1 ていのち, て時に, て相応, 事に, 利害打算を

▼ 時にある~ (4, 0.1%)

1 哲学者によって, 禾本類が, 種の, 調子が

▼ 時にいつ~ (4, 0.1%)

1 までも起き, 御立ち, 歸つた, 立つん

▼ 時にきょう~ (4, 0.1%)

1 ござったの, の飾り, はこれ, は初対面

▼ 時にこういう~ (4, 0.1%)

1 ところが, ゴットフリートを, 作家が, 所で

▼ 時にこそ~ (4, 0.1%)

1 よれ, よれで, よれと, よれ頼母

▼ 時に~ (4, 0.1%)

2 辺は 1 来意は, 辺も

▼ 時につかぬ~ (4, 0.1%)

3 ことを 1 事を

▼ 時になん~ (4, 0.1%)

2 だね 1 だったらゆっくり, だな

▼ 時に~ (4, 0.1%)

1 お清さん, 今ひろ子から, 松原君が, 順吉つあん

▼ 時によりけり~ (4, 0.1%)

31 でございます

▼ 時に不思議~ (4, 0.1%)

2 なもの 1 な嘲りに, な縁

▼ 時に~ (4, 0.1%)

1 の決定者, を利用, を照, を習っ

▼ 時に~ (4, 0.1%)

2 の提灯 1 の剽軽男, の関羽

▼ 時に先生~ (4, 0.1%)

1 なぞはやはり, はいかが, は如何, 御案内

▼ 時に~ (4, 0.1%)

1 その反対, その反対物, 人を, 眠れるもの

▼ 時に及び~ (4, 0.1%)

1 て, てわがその, 國事を, 雜穀に

▼ 時に取り~ (4, 0.1%)

1 ていと, ておかしく, ては千金, ては革新

▼ 時に大きな~ (4, 0.1%)

1 力を, 岩塊に, 暗示を, 月が

▼ 時に~ (4, 0.1%)

1 である, なこと, な的中率, な質問

▼ 時に小説~ (4, 0.1%)

1 に似た, よりも奇, よりも美しく悲しい, を指し

▼ 時に心平さん~ (4, 0.1%)

4 と同じく

▼ 時に意外~ (4, 0.1%)

1 な伏勢, な発見, な規, の方向

▼ 時に~ (4, 0.1%)

3 じて 1 じ變

▼ 時に~ (4, 0.1%)

1 る一時的, る作家, 事件に対しては, 音響が

▼ 時に或いは~ (4, 0.1%)

1 兵を, 後進部落と, 異説を, 神輿を

▼ 時に~ (4, 0.1%)

3 入って 1 もよし

▼ 時に時刻~ (4, 0.1%)

1 はちょうど, はどう, は今, は寅

▼ 時に~ (4, 0.1%)

1 につく, の覚める, を瞑っ, を醒まし

▼ 時に突然~ (4, 0.1%)

1 ほそくなっ, 婦人の, 左の, 電気灯が

▼ 時に~ (4, 0.1%)

1 はちがいまする, はちがう, は別に, は違う

▼ 時に誇る~ (4, 0.1%)

4 藤原びとでもまだ

▼ 時に貴方~ (4, 0.1%)

1 が今朝, はレヴェンスチイム, は大変チョコレート, は氷滑り

▼ 時に非常~ (4, 0.1%)

1 にはげしい, に安い, に急, に突飛

▼ 時にあまりに~ (3, 0.1%)

1 奇ッ怪で, 弱弱しく微温的, 衰運に

▼ 時にあれ~ (3, 0.1%)

1 の身分, はなんと, をお

▼ 時にあんた~ (3, 0.1%)

1 がそんな, は歳, 幾つに

▼ 時にいかが~ (3, 0.1%)

1 でご, でござるな, ですか

▼ 時にこんな~ (3, 0.1%)

1 ふうに, 女が, 物を

▼ 時に~ (3, 0.1%)

1 ういふ, うした, うして

▼ 時にしばしば~ (3, 0.1%)

1 人に, 恥ずべき醜業, 本質上での

▼ 時につれ~ (3, 0.1%)

1 てき, て変化, て移り変わり

▼ 時に~ (3, 0.1%)

1 あつた, さえかじりつこう, すらわざわざ

▼ 時に~ (3, 0.1%)

1 こんどは, つては, つて出來不出來が

▼ 時にとっ~ (3, 0.1%)

1 てぜひ, てよい, て運ぶ

▼ 時になつ~ (3, 0.1%)

1 たが, たらば, て始め

▼ 時にひどく~ (3, 0.1%)

1 メンドウくさく, 僕の, 欠伸が

▼ 時にまだ~ (3, 0.1%)

1 三歳の, 二十一, 渡辺天蔵は

▼ 時によります~ (3, 0.1%)

21 と夜

▼ 時にわし~ (3, 0.1%)

1 の不器用, は近頃, もはや老齢

▼ 時に一緒~ (3, 0.1%)

1 になっ, に十五, に歩い

▼ 時に丘丘~ (3, 0.1%)

3

▼ 時に何処~ (3, 0.1%)

1 かへお伴, からとも知れない, よりともなく

▼ 時に~ (3, 0.1%)

1 つてその, つて萬歳の, ては却

▼ 時に先刻~ (3, 0.1%)

1 からお客, まで砲音, 休んだ茶店

▼ 時に~ (3, 0.1%)

1 あらずして, なく氷山, のない

▼ 時に同じ~ (3, 0.1%)

1 ところが, ゅうせずと, ゅうせず凛々烈々として

▼ 時に大いに~ (3, 0.1%)

1 より高く, 反感の, 生産に

▼ 時に~ (3, 0.1%)

1 にむかつ, の一方, 曇り月出崎竹生島模糊

▼ 時に応じた~ (3, 0.1%)

1 ものを, 歌謡の, 考えから

▼ 時に~ (3, 0.1%)

1 が暮れかかりました, の当る, はだんだん

▼ 時に明日~ (3, 0.1%)

2 はたけ 1 の晩

▼ 時に有害~ (3, 0.1%)

3 でさえ

▼ 時に枳園~ (3, 0.1%)

1 は六十六歳, は年六十八, は年六十六

▼ 時に極めて~ (3, 0.1%)

1 大と, 早急に, 貧しい者

▼ 時に~ (3, 0.1%)

1 の上, を渡つて, を越え

▼ 時に瀬川君~ (3, 0.1%)

1 けふ, のこと, まだ斯

▼ 時に~ (3, 0.1%)

1 に帰そう, 躾な, 關係な

▼ 時に~ (3, 0.1%)

2 が急病 1 は必ず

▼ 時に~ (3, 0.1%)

1 しく全, しく単純, しく心細い

▼ 時に生れ~ (3, 0.1%)

1 てから殺す, て時に, どころの

▼ 時に~ (3, 0.1%)

1 をつぶつて, を楽しませる, を見合

▼ 時に聞く~ (3, 0.1%)

1 のを, も少なくとも, 話である

▼ 時に自分~ (3, 0.1%)

1 の問題, の畑違い, を揶揄

▼ 時に薄い~ (3, 0.1%)

2 泄れ 1 紫の

▼ 時に~ (3, 0.1%)

1 ぞこん, ですお客, もする

▼ 時に近頃~ (3, 0.1%)

1 はサディ, は画工, 御無心

▼ 時に~ (3, 0.1%)

2 句を 1 さん

▼ 時に青い~ (3, 0.1%)

1 山を, 柿の, 空の

▼ 時にあつ~ (2, 0.1%)

1 た, たが

▼ 時にあなた様~ (2, 0.1%)

1 のお, は武者修行

▼ 時におもしろい~ (2, 0.1%)

1 ことが, ことにも

▼ 時にお前さん~ (2, 0.1%)

1 は何, は札

▼ 時にお話~ (2, 0.1%)

1 につれ, はお話

▼ 時にかう~ (2, 0.1%)

1 いふ作家が, いふ注意を

▼ 時にこう~ (2, 0.1%)

1 精進料理じゃ, 考える

▼ 時にしくじり~ (2, 0.1%)

1 もやった, もやつ

▼ 時にする~ (2, 0.1%)

1 ということ, ときが

▼ 時にそんな~ (2, 0.1%)

1 奥の, 話を

▼ 時にです~ (2, 0.1%)

2

▼ 時にとつ~ (2, 0.1%)

1 て威壓, て非常

▼ 時にどうして~ (2, 0.1%)

1 あの人, 部落の

▼ 時にはい~ (2, 0.1%)

1 さ, 和尚様帰っ

▼ 時にはか~ (2, 0.1%)

1 の人, の孝

▼ 時にはじめて~ (2, 0.1%)

1 フト自分の, 声を

▼ 時にまるで~ (2, 0.1%)

1 出鱈目の, 赤児の

▼ 時によったら~ (2, 0.1%)

1 安いくらいの, 張合いない

▼ 時にわが~ (2, 0.1%)

1 主玄徳, 君劉玄徳には

▼ 時にわたし~ (2, 0.1%)

1 は君, を呼びとめた

▼ 時にわれわれ~ (2, 0.1%)

1 が互いに, は一体どう

▼ 時にトルストイ~ (2, 0.1%)

1 と云, と云う

▼ 時に~ (2, 0.1%)

1 の年少, の旅人

▼ 時に一寸~ (2, 0.1%)

1 お薄茶, の容赦

▼ 時に丁度~ (2, 0.1%)

1 いいところ, よいところ

▼ 時に不朽~ (2, 0.1%)

2 の価値

▼ 時に~ (2, 0.1%)

2 殿下には

▼ 時に両方~ (2, 0.1%)

1 が迫っ, が迫つて

▼ 時に~ (2, 0.1%)

1 二は, 臣の

▼ 時に二階~ (2, 0.1%)

1 の戸, より老女

▼ 時に云われ~ (2, 0.1%)

2 ている

▼ 時に今日御前~ (2, 0.1%)

2 を呼んだ

▼ 時に他人~ (2, 0.1%)

1 から記憶, に對

▼ 時に何時~ (2, 0.1%)

1 かな, かな君

▼ 時に~ (2, 0.1%)

1 が年二十三, は屹度

▼ 時に~ (2, 0.1%)

1 た, りて

▼ 時に元気~ (2, 0.1%)

2 がでる

▼ 時に先客~ (2, 0.1%)

2 が一人

▼ 時に全く~ (2, 0.1%)

1 前掛けの, 矛盾する

▼ 時に冷たく~ (2, 0.1%)

1 油汗を, 笑いが

▼ 時に~ (2, 0.1%)

1 てくる, て来

▼ 時に出口~ (2, 0.1%)

2 の板戸

▼ 時に十何年前~ (2, 0.1%)

2 の同窓

▼ 時に半蔵~ (2, 0.1%)

1 はどう, 御通行

▼ 時に厚い~ (2, 0.1%)

2 切り口が

▼ 時に原君今度~ (2, 0.1%)

1 はどうか, は細君

▼ 時に反対~ (2, 0.1%)

1 せんが, の方向

▼ 時に~ (2, 0.1%)

1 つての, つて一方法である

▼ 時に~ (2, 0.1%)

1 より音, をあけ

▼ 時に名前~ (2, 0.1%)

1 が書いたる, はエザウ

▼ 時に~ (2, 0.1%)

1 の旗艦, の陸

▼ 時に和尚さん~ (2, 0.1%)

1 はまだなかなか, は誰

▼ 時に咽喉~ (2, 0.1%)

2 の乾き

▼ 時に~ (2, 0.1%)

2 を留め

▼ 時に四囘~ (2, 0.1%)

2 も五囘

▼ 時に因り~ (2, 0.1%)

1 場合に, 場合においての

▼ 時に~ (2, 0.1%)

1 に朱能, 客数人まさに

▼ 時に城中~ (2, 0.1%)

1 に一長者, の

▼ 時に~ (2, 0.1%)

2 の水

▼ 時に多く~ (2, 0.1%)

1 の憤り, の曲目

▼ 時に大地~ (2, 0.1%)

1 から身, も震動

▼ 時に大浪~ (2, 0.1%)

2 が一あて推

▼ 時に姉さん些御願~ (2, 0.1%)

1 があっ, があつ

▼ 時に宗教~ (2, 0.1%)

1 から区別, の形

▼ 時に宮奴~ (2, 0.1%)

2 の装

▼ 時に小夜~ (2, 0.1%)

2 の事

▼ 時に少々~ (2, 0.1%)

1 ナツカシクなる, 物を

▼ 時に~ (2, 0.1%)

1 の気象, を酒呑み

▼ 時に山田~ (2, 0.1%)

1 が姙娠, に居

▼ 時に年二十二~ (2, 0.1%)

1 であつ, で脚疽

▼ 時に年十六~ (2, 0.1%)

1 であった, である

▼ 時に~ (2, 0.1%)

1 に遠き, 禽の

▼ 時に~ (2, 0.1%)

1 国も, 駅に

▼ 時に形容~ (2, 0.1%)

2 する言葉

▼ 時に彼ら~ (2, 0.1%)

1 の人口, は財宝

▼ 時に彼方~ (2, 0.1%)

1 から羽柴家, から誰

▼ 時に~ (2, 0.1%)

1 くれて, に誰

▼ 時に後向き~ (2, 0.1%)

2 になり

▼ 時に従っ~ (2, 0.1%)

1 てきれ, て華やか

▼ 時に~ (2, 0.1%)

1 に聞ゆ, 涼あり

▼ 時に徹夜~ (2, 0.1%)

1 で読書, までし

▼ 時に悪夢~ (2, 0.1%)

1 にうなされる, のなか

▼ 時に~ (2, 0.1%)

1 の厚い, 無くなりました

▼ 時に懺悔~ (2, 0.1%)

1 せずんば, の一件

▼ 時に我々~ (2, 0.1%)

1 の一途, は木

▼ 時に~ (2, 0.1%)

1 に汗, を留め

▼ 時に手紙~ (2, 0.1%)

1 の内容, をやった

▼ 時に~ (2, 0.1%)

1 はるが, わるが

▼ 時に早速~ (2, 0.1%)

1 心掛けて, 飛び出す自由

▼ 時に明り~ (2, 0.1%)

2 いよいよに

▼ 時に~ (2, 0.1%)

1 のひかり薄, の光煌々

▼ 時に~ (2, 0.1%)

2 の蔭

▼ 時に檀林一派~ (2, 0.1%)

2 及び鬼貫ら

▼ 時に正しい~ (2, 0.1%)

1 修行には, 輿論の

▼ 時に歪められ~ (2, 0.1%)

1 ている, てゐる

▼ 時に気の毒~ (2, 0.1%)

2 な目

▼ 時に~ (2, 0.1%)

1 を汲ん, を渡っ

▼ 時に~ (2, 0.1%)

1 が祖父司馬達等便, の弟

▼ 時に海野~ (2, 0.1%)

2 は面

▼ 時に消え~ (2, 0.1%)

2 時に明り

▼ 時に滑稽~ (2, 0.1%)

1 でさえ, に見える

▼ 時に猿股~ (2, 0.1%)

2 の紐

▼ 時に~ (2, 0.1%)

1 に求むる, 既に今川了俊

▼ 時に甚だしく~ (2, 0.1%)

1 口の, 誇張され

▼ 時に生命~ (2, 0.1%)

1 さえも亡ぼされる, に関係

▼ 時に生活~ (2, 0.1%)

2 の破綻

▼ 時に由つて~ (2, 0.1%)

1 は明るい, は此方

▼ 時に異調~ (2, 0.1%)

1 をなす, を為す

▼ 時に~ (2, 0.1%)

1 りて, 嵌めて

▼ 時に登る~ (2, 0.1%)

2 古城の

▼ 時に白鶏~ (2, 0.1%)

1 に化け, に化ける

▼ 時に看護員~ (2, 0.1%)

2 は従容

▼ 時に私たち~ (2, 0.1%)

1 は何, は大地

▼ 時に空虚~ (2, 0.1%)

1 である, に感じる

▼ 時に精刻峻急~ (2, 0.1%)

1 に陥る, に陷

▼ 時に~ (2, 0.1%)

1 一丁も, 之は

▼ 時に臨み~ (2, 0.1%)

1 てこれ, て変通

▼ 時に臨ん~ (2, 0.1%)

1 では其不法非道, で応用

▼ 時に自ら~ (2, 0.1%)

1 恥ずる感, 持ち出した反対論

▼ 時に至り~ (2, 0.1%)

1 て是苦, 雨来たり

▼ 時に蒼空~ (2, 0.1%)

1 に富士, の澄渡った

▼ 時に見よ~ (2, 0.1%)

1 いま一の, 一樣に

▼ 時に詩的~ (2, 0.1%)

1 と呼ばれ, な愛情

▼ 時に豆腐~ (2, 0.1%)

2 の油揚

▼ 時に軽率~ (2, 0.1%)

2 な情念

▼ 時に近頃隣~ (2, 0.1%)

2 の方

▼ 時に過度~ (2, 0.1%)

1 におさえつけた, に達し

▼ 時に遺書~ (2, 0.1%)

2 なりと認める

▼ 時に配し~ (2, 0.1%)

1 かつこれ, 日に

▼ 時に~ (2, 0.1%)

1 でありまた, を散じ

▼ 時に~ (2, 0.1%)

1 はその後, を隔てた

▼ 時に~ (2, 0.1%)

1 ひて, ふこと

▼ 時に~ (2, 0.1%)

1 つづきの, もよい

▼ 時に雷雨~ (2, 0.1%)

2 がやつ

▼ 時に~ (2, 0.1%)

1 って動き, ひ享楽

▼ 時に順一たち~ (2, 0.1%)

2 を興がらせる

▼ 時に~ (2, 0.1%)

1 にこの, は食った

▼ 時に~ (2, 0.1%)

1 の形, の鰭

▼ 時に~ (2, 0.1%)

1 だけしか見えぬ, に来る

▼1* [1578件]

時に○○○○○○○○あり, 時にあけて遠く, 時にあすは十一月, 時にあすこに並ん, 時にあっしらしくもねえ, 時にあったがナポレオン, 時にあなたがたの蒐集中, 時にあなた西洋画では襖, 時にあはれなる旅人, 時にあふてこそありがたけれ, 時にあまり真に迫っては, 時にあやしやその, 時にあらず我汝が, 時にあらためて世に, 時にありける女の童なむ, 時にあんた方はどこ, 時にあゝそれでもって, 時にさ, 時にいいかげんな汽船以上, 時にいくらかの誇張, 時にいささか醜悪である, 時にいずれも立合わるる, 時にいちばん憎みあふ, 時にいつわるものだ, 時にいふがごとき, 時にいま絶好な便り, 時にいやな想像, 時にいろいろな無理, 時にいわゆる継子根性を, 時にづく快感, 時にうつろな淋しい, 時にうまく出來, 時にうるさく思ふの, 時にうるささを感じる, 時におあねえ, 時におくれて歸, 時におこらせ奈良の, 時におじさまはジーエフ, 時におとずれくるるに期せずし, 時におなじくその赤い, 時におのれを蝕する, 時におふくろも兄貴, 時にお前蛇口を見, 時にお父さんの病気, 時にお父さんこれはいくら, 時にお爺さんは老体, 時にお腹はいかが, 時にお茶が沸きました, 時にかく打驚きて, 時にかけ蕎麦の, 時にかなっている, 時にかるい小さなせき, 時にきまつて姉, 時にきわどい摩擦を, 時にこうした有様の, 時にこうして十五ばかり, 時にこちらを瞰, 時にこつそりと, 時にこないだ村会で大いに, 時にこよひの, 時にこれしきの罪業, 時にこれらの反省的考察, 時にころがり落ちることも, 時にこんなに淋しいの, 時にごらんあそばす聖賢, 時にさうなので戯曲, 時にさすがに娘気, 時にさすらい時に樹下, 時にさて正成の, 時にしたがって時代の, 時にしもた家が, 時にしゃれて又は, 時にし会えば, 時になは, 時にすこぶる子供つ, 時にせんせい何んぼ差上げたら, 時にぜひひとつお願いしたい, 時によとの風, 時にそういうのも, 時にそこへ現れ, 時にそちはもう, 時にそっちのお客様, 時にそのまま失望し, 時にそよがした扇子を, 時にそれ以上の学識才能, 時にたちまち見る暗, 時にたつた三百円旅費を, 時にたまたま天の, 時にね三輪ちゃん, 時にだいぶ長話し, 時にだしぬけに失礼, 時にだれも世話, 時にちょうどその頃, 時にちょっと聞きたいこと, 時にちよつと私, 時につけ事に触れ, 時につけ折にふれ, 時にてめえ今夜はどこ, 時にとりまして特に, 時にぶど, 時にどうも氣分の, 時にどこへ行く, 時にどちらに御, 時にどのバスで, 時にどんな形で, 時になえお園さ, 時になかなか一寸した, 時になくなつて, 時になければやりきれない, 時になほ朦朧と黒衣, 時になほ街はづれなる老舗, 時になると秋風, 時になんぢや重鎮, 時になんと愚劣だろう, 時になんとか警部であり, 時になんとなく疎開が, 時にねえ弁信さん, 時にはあたり憚, 時にはいるものよ, 時にはお互に知らん顔, 時にはさうした, 時にはじまる事さえ, 時にはたこときには塩ざけ, 時にはつぎの歌, 時にはなはだしく有力な, 時にはねいたづらな, 時にはまるで賢者の, 時にはやり切れないで, 時にぱっと部屋中が, 時にひと知れず泣いて, 時にひとり憤ろしくなって, 時にひどい貧乏に, 時にひょんな事から, 時にひらひら風に, 時にひろごる, 時にふさはしき古人, 時にふっと黙った時, 時にふれ思はぬことも, 時にぶつかり会つて危く味噌汁を, 時にほとんど女性的な, 時にほんとうなこと, 時にぼつぼつダイヤモンドの, 時にぽつりんと, 時にまっさか, 時にまつげの深い, 時にみどりを含ん, 時にむずかしい講釈を, 時にもうやがて正午に, 時にもう一度念を, 時にもし迷児迷児と, 時にもり上がるうねりに, 時にやうやく三十九, 時にやつと聞える, 時にやむ神工助け働けり, 時にやや現代風に, 時にやりかけてゐる, 時にやりきれんと思う, 時にやり切れなく単調である, 時にゆうべ蒲殿とご, 時にゆすつたりし, 時にゆだねて描写, 時にゆるんでいる, 時にようようと蔭, 時によく自然を, 時によりけり杖とも力, 時にわれ朦朧と黒衣, 時に頼まれやしねえが, 時にアイマイではない, 時にアカデミーの咎め, 時にアノ常磐津の本尊, 時にアレースあらびつつイサンドロスを亡ぼしぬ, 時にイグナチイは御, 時にインドから来た, 時にエタとも非人, 時にエロティックな, 時にオイ熊の野郎め, 時にカッとし, 時にガサツな, 時にクフファーの太守フーベーラ, 時にクリティシズムの骨肉, 時にクルト君は僕以外, 時にゲーテの詩, 時にコッソリといたずら, 時にコーヒーと餅菓子, 時にゴキゲンは相, 時にサーペントおよびスネイク, 時にシモエイス川に添, 時にシューベルトになり, 時にショウモンジということ, 時にスケにきた, 時にステパンは何事, 時にダタイだけはやめた, 時にダダツ子みたいに感じられる, 時にチクチク皮肉めき, 時にチチチチとつつしみ, 時にヅキヅキと劇, 時にトモノミヤツコと呼んだ, 時にニギハヤビの命, 時にハセツカベとも呼ばれた, 時にハムレットはあなた, 時にバクダン・メモの出版, 時にバロンセリはどう, 時にパリーに来る, 時にヒイヤリと寝台, 時にピシリピシリピシャリと, 時にピヤノはどう, 時にファニイはスティヴンスン, 時にフィージャーグスイと称し, 時にブラームスになり, 時にブリジマンはプランク, 時にプリューシキンのところ, 時にヘンデルになる, 時にベルリンへ出かけ, 時にペシャンコになる, 時にホロリと自在, 時にポオエと発音, 時にマニ教をも胡, 時にモロー彗星のこと, 時にヨオロッパ諸国民, 時にラマが北原, 時にラムの族ブジ人バラケル, 時にレヴェズさんいつぞや, 時にローソクはどう, 時にヱホバの使者, 時にヲケの命, 時に一〇〇磅五シリングで売れるであろう, 時に一二の罵詈, 時に一体の大入道, 時に一八シリングまたはそれ以下, 時に一兵が来, 時に一匹の虫, 時に一品を買っ, 時に一日に二つ, 時に一時間も二時間, 時に一本となつ, 時に一杯のウドン, 時に一歩の路用, 時に一歩妻に遅れ, 時に一段落を告げ, 時に一牛王あり牝虎, 時に一碗の茶, 時に一種の博愛主義, 時に一粒の愛, 時に一縷の暗, 時に一羽の山鳩, 時に一臣ありすなわち, 時に一軒の店, 時に一阿羅漢有り來, 時に一騎の早馬, 時に七十歳である, 時に七瀬殿某と小, 時に万殿お探し, 時に万殿何刻であろう, 時に万籟寂として地, 時に丈余にもなる, 時に三十九歳であった, 時に三十八歳であつ, 時に三十男に見える, 時に三四日も食物, 時に三日から十日, 時に三月三日桃の節句の真夜中, 時に三木は断言, 時に三由屋という旅籠, 時に三百米ぐらいの見晴しし, 時に三艘ばかり流, 時に三輔は達者, 時に三郎兵衛どのあなたがお, 時に三顧して, 時に上げる大なる, 時に上京せよと, 時に下層階級のもの, 時に下田川の名, 時に生産的という, 時に不作になった, 時に不可能であること, 時に不可解な, 時に不快なもの, 時に不満をかなり, 時に不足な供給, 時にふる斥け, 時に世間からは白眼視, 時に両者間の溝, 時に中川君お登和さん, 時に中川君西洋料理屋へ行っ, 時に中等学校の生徒, 時に丸山氏いずれこの, 時に之等に伍, 時に乗じて天地, 時に乗込みましたのが, 時に九十余齢なり余, 時に九台のハープ, 時に九月二日午前七時伏木港を発する, 時に九月天高く露, 時に乞食比丘食を得, 時に乱暴する, 時に亂軍のただ中, 時にが寝ね, 時に予想外なるが, 時にに当る, 時に事実をゆがめ, 時に二〇〇〇磅を支払う, 時に二三年ほどは別れ, 時に二二シリングまたはそれ以上, 時に二人が手, 時に二割方家賃をあげた, 時に二十一日の正午, 時に二十七歳で允成, 時に二十九だった, 時に二十四才ザンギリ髪といふ異形, 時に二十四歳武田菱の金具竜頭, 時に二本二本半ものまない, 時に互に迂散な, 時に五助は反故紙, 時に五十尺にも及び, 時に五月十八日船は安, 時に五米時に三百米, 時に五臓の疲れ, 時に井上先生は, 時に井菊屋はほとんど, 時に亡父の眼玉, 時に交つてその土蔵, 時に女子を, 時に京師の内, 時に亭主多吉に誘われれ, 時に人々はその, 時に人々遥かに見, 時に人情避くべからざること, 時に今ここを拙者, 時に今何時だ, 時に今日あなたは相川, 時に今日筑前を越水, 時に今杉山氏を見舞っ, 時に仔羊を襲っ, 時に女に, 時に仕事の量, 時に仕損じはある, 時に付かぬことを, 時に仙人の住所, 時に仮名を使う, 時にの朝臣, 時に伊兵衛ちょッと待っ, 時に伊藤さんもとんだ, 時に伊那地方を見分, 時に伊香刀美西の山, 時に伏拝むのに, 時に伏蔵を守る, 時にの方, 時に会えば俺, 時に伝えて来, 時に伯父さんどうです, 時に伸子は佃, 時に似つかはしき, 時に低まりして袋, 時に住吉の岸, 時に佐々木道誉はどこ, 時に佐久間さんは昨日会社, 時に何時だいもうそろ, 時に余輩とは違った, 時に使命に脚, 時に例えば某学校長, 時に例外はあるだろう, 時に侍側の司馬孚, 時に依つて善良さ, 時に便不便ありいやしくも, 時にけて論じ, 時に信ずべからざることが, 時に信順は二十六歳, 時に修學旅行の途中, 時に俳句の季, 時に俳諧の発句, 時に借りて来た, 時に値段に乱高下, 時に偉大に近い, 時に停滞しても, 時に偶然や気まぐれ, 時にに立つた, 時にを横, 時に備前屋の娘, 時に傲語するおれ, 時に優しき歌を, 時に優秀すぎる憾, 時に文五年で, 時に元和九年五月のこと, 時に元弘三年五月である, 時にの利, 時に兄さん血痕の検査, 時にちて, 時に先だち歌ふ, 時に先だつ彼女は, 時に先刻遺言書を開封, 時に先生不思議なこと, 時に先生私にもお, 時に先生筆硯甚多忙なりしがため余, 時に先立つもの生れる, 時に光子は十九, 時に光栄ある貴家, 時に光線のかげん, 時に免れぬものである, 時に入用なだけしか, 時に信州で, 時に全然騰貴せず, 時に握脛, 時に八フィート四方もあり, 時に八十万の神, 時に八重咲のもの, 時に八重咲きのもの, 時に六月初旬の由, 時に六月十三日であつ, 時に六段菊池寛五段廣津和郎七段川崎備寛六段濱尾四郎四段古川緑波五段菅忠雄などといふ所, 時に兵糧欠乏を告げる, 時に兵馬殿わしが家, 時に其声を聞く, 時に其時牛頭は慇懃, 時に其校讐の業, 時に兼さんこれこれと始終, 時に兼ちゃんは何, 時に兼ちゃん何うです大変, 時に内訌はあった, 時に円融し時に, 時に冗漫なる描写, 時にをくつ, 時に冬期作戦を行なう, 時に冷やかに打, 時に冷酷と言っ, 時に凄まじい渦に, 時に凌雲山安楽園皆な盛処, 時に出して門人等, 時に出現しそうして, 時に初さんが器械, 時に別に手首を, 時に利休も無く, 時に利左いまでもやはり, 時に利春十六歳と伝えられ, 時に到ります地ごとに, 時にの御, 時に前者に時に, 時に前説に対する補遺, 時に剛勇のリコメーデース憐, 時にを語り, 時にになっ, 時に加納郷左衞門尾關忠兵衞兩士領主の下知, 時に労働者に見える, 時に勉めて時に, 時に動悸が非常, 時に勝重さんどうです, 時に勝野君生憎今日, 時に勿体ないが大破落壁, 時に化けさへも, 時に化躰して, 時に北方より五百商人, 時に医者と話, 時に十七字詩の形, 時に十七歳であつ, 時に十九日の, 時に十九歳共に後, 時に十二時を過る, 時に十八歳だった, 時に十六歳であつ, 時に十勝原野の紅葉, 時に十數種の發賣禁止, 時に十時頃である, 時に十風からちと, 時に千代松が車賃, 時に千歳黒尉の掛合, 時に千貫の余, 時に千鳥の声, 時に千鶴子の訪問, 時に午前の四時頃, 時に午前一時であった, 時に午前十一時二十分であった, 時に午後の五時, 時に午後九時を過ぎる, 時に午後六時である, 時に半蔵さんきょうはめずらしい, 時に半蔵さん飯米のこと, 時に卑しい心の, 時に南方から頻々, 時に素に, 時に単なる素材に, 時に博士イワンは被害者, 時に即興の色合い, 時に却って歓迎する, 時に却つてその意図, 時に却つて歓迎するほど, 時に原始人に立返っ, 時に厨川君君は昨日柱時計, 時に厳酷でもあり, 時に及ばざりしを恨める, 時に友人弟子中に二説, 時に友様わしは今, 時に反対物でもあります, 時に反逆したよう, 時に叔父さん吾家の阿, 時に叔父上あなたが印籠, 時に叔父上潮ざしが, 時に取り澄ました紳士淑女の, 時に取手へ一年, 時にくること, 時に受けたる者をば, 時に古今の差, 時に恐かつ, 時に可憐だとして, 時になしに, 時に台所の台, 時に右兵衛佐頼朝は, 時に右手で時に, 時に右源太殿相馬大作をお召, 時に合理的に適合, 時に吉さんはどう, 時に吉さん女房を持つ, 時に吉原はどう, 時に吉田氏その後の雲行, 時に吉野からは南朝, 時に吉野どのは, 時に吉野村の私, 時に飲し, 時に同一の結果, 時に同僚の昔, 時に同僚水野忠成君寵を得, 時に名人と呼ばれる, 時に名古屋まで出張, 時に君のはどうして, 時に君チモフエイに七ルウベル, 時に君岡本さんは金持, 時に君美そちならば, 時に君背中を流し, 時に吸ったのが, 時に吼え出すことも, 時に吾其門弟に列す, 時に吾等の花嫁花婿, 時に呂将軍はなぜ, 時にを失う, 時に和吉さんという番頭, 時に哀しめども蛇, 時にをむすんだ, 時に唯物主義に陥る, 時に善き教訓と, 時に善玉といへ, 時に喋っている, 時に喧嘩をし, 時に四十四歳である, 時に四面もうみ, 時に因りますとね蚊, 時に困るのは, 時に国舅には今日, 時に園君どうだろう, 時に土屋さん今朝佐介さんからあらまし, 時に土曜日もね, 時に地獄悪人の魂, 時に地震がある, 時に坂下より相伴, 時に坊っちゃんは, 時にの一杯, 時にの雲, 時に城内に支那人, 時に執拗時に空虚, 時に塞下に出没, 時にの蔭, 時にを出し, 時に声聞と呼ばれた, 時になこと, 時に変ったものが, 時に夏目漱石がはじめて, 時に夕陽は震怒したる, 時に外出すること, 時に外面的には互いに全く, 時に至波奈大郎女悲哀嘆息し, 時に多数の生命, 時にに到る, 時に夜もすがら仏像を, 時に夜空の星, 時に大いなる怒りを, 時に大げさな体系的哲学以上, 時に大体それらの人々, 時に大分後れましたよ, 時に大原君例の一件, 時に大原君僕が今, 時に大原君悦び給え, 時に大原君郷里の方, 時に大國主の命, 時に大変なまちがい, 時に大学の方, 時に大形の浴衣, 時に大木となっ, 時に大正十五年三月廿七日午前九時四十五分である, 時に大正壬戌の年, 時に大河はどう, 時に大湫の歿後十八年, 時に大胆な冒険, 時に大臣は辞色, 時に大草氏不意のよう, 時に大蛇時に, 時に大通いいところ, 時に大雪降り虎母子, 時に天明六年で玄俊, 時に天明四ツの年甲辰四月廿一日, 時に天気はどう, 時に天皇の歌, 時に天皇御歌よみしたまひ, 時に太夫は京師, 時に太政大臣の藤原忠平, 時に太祖肯ぜずし, 時に夫人予の遠征軍, 時に夫婦の生活, 時に夫子の性格, 時に夫得おわって, 時に夫掘り取って, 時に失敗すること, 時に失礼ですが, 時に失策がない, 時に奈何でした今日, 時に奥山君君は今日駿三, 時に奥様のお, 時にはどう, 時に女中がいけぞんざい, 時に女人遇へり, 時に女性にし, 時に着手を, 時に好むに従, 時に好意を表する, 時に好感を与, 時に妙法蓮華経薬草諭品第五偈, 時に妻柳川小蝶を離別, 時に姉さんはいくつ, 時に姉上はどう, 時にど何等, 時に始めての夜, 時に姐さんこの上, 時に姿を見せる, 時にはむと, 時に媚態を呈し, 時ににつかわす, 時に嫌疑を避ける, 時に子供たちこれからはな, 時に季節のもの, 時に孤独な淋し, 時に宇津木どのちと保養, 時に宇津木兵馬はいる, 時に宇津木君君は路用, 時に安土のご, 時に安永九年なり, 時に宋濂一代の大儒, 時にの幸次郎, 時に家光の着袴, 時に容れられず世から, 時にりした横町, 時に寂寞した楽屋, 時に寒月はもう, 時に寛政三年十一月二十七日であつ, 時に寛永二十年十月上旬の頃, 時に寛永二十年十月上旬九州肥後の地, 時に寛永六年七月沢庵は五十七歳, 時に寸碧をあら, 時に対局二日前の夜也, 時に尊藩の大童, 時に對立する空間的要素, 時に小さなゴム樹の, 時に小六はいつ, 時に小夜子の帳場, 時に小学校のバラック校舎, 時に小山君これで菓子, 時に小日向服部坂上の深見, 時に小田くん君はたしか, 時に小車梅の件, 時に少し聞きたいが, 時に少しく擡ぐれ, 時に少女の澄みき, 時に少年の姿, 時に思ひ出したやう, 時に尻尾で水, 時に尾州家には万太郎, 時に居候の如く, 時に屡々これは, 時に履物の音, 時に山中の異, 時に山僧君はどう, 時に山内左衛門尉筑後四郎兵衛尉等屏の中門, 時に山地に野生, 時に山女魚は鮎, 時に山神雲を起し, 時に山越えの途, 時に山陽を一顧, 時にの小藪, 時にの部落, 時に島原の領主松倉重次, 時に峻烈無情にも似る, 時に川中島は前夜細雨, 時に川鐵の向うあたり, 時にを領する, 時に工面に行き詰ったおりおり, 時に左手で持つ, 時に巧妙な卑劣, 時に巨光が輝き出, 時に巴旦杏の樹, 時に巴里名題の探偵, 時に市場でも難儀, 時に帆檣のうえ, 時に諸将士, 時に帰がけに案山子, 時に帰って来た, 時に帰順したり, 時に帳外に声, 時に庵は, 時に常識以外の言動, 時に幕府の牙営, 時に平和手段に破綻, 時に蓋し七十, 時に年三十一であつ, 時に年三十五である, 時に年三十六であった, 時に年二十一であつ, 時に年二十五であつ, 時に年二十四であつ, 時に年五十七であつ, 時に年五十四実隆が引退, 時に年八十七だったと, 時に年六十一であつ, 時に年六十六である, 時に年六十四であつ, 時に年十八であった, 時に年四十又三, 時に年四十七であった, 時に年四十九であつ, 時に年四十六詞に曰く, 時に年四十四であつ, 時に年歯はまだ, 時に年甫て十三, 時に年長者扱いをし, 時に幻覚を見た, 時に幼稚の身, 時に廊下口から扉, 時に廣座の間寂, 時にもお, 時に延宝二年春四月の末, 時に建安の四年八月朔日, 時に建暦の二とせ, 時に弁難攻撃をこころみ, 時に引越も無事, 時に弘前に徙, 時に弟子に対して怒った, 時につて了つた, 時に弱く時に強く, 時に弱りものの, 時に強いて食する, 時に強く盤上に, 時に強制的に行, 時に強硬手段をとり, 時に当ってそう, 時に当の本軍たる, 時に当りて如此, 時に当人はもう, 時に当御城下に, 時に役に立たねえから迷惑, 時に彼三十一歳その臨終, 時に彼処へ夜這, 時に彼年二十七歳赤地の錦, 時に彼此相通用しその, 時に往来して, 時に征服されたん, 時に待ち懷ひて, 時に後れたる從者辛うじて, 時に後月のその, 時に後者に同情, 時に徐かに談話す, 時に徐輝祖の軍, 時に御前の顔, 時に御新造私はもう, 時に御藏の金, 時に御馳走の話し, 時に復興の第, 時にって宜しき, 時に微細な女, 時に微風の一, 時に徳川万太郎はあと, 時に心付といふ意味, 時に心掛けの悪い, 時に必要である, 時に忘れることが, 時に応募して, 時に忠一さんから何, 時に快速船のよう, 時に念仏とは全く, 時に濤は, 時に怒ったりした, 時に怒った子供の, 時にろしく, 時につた, 時に思い出した様に, 時に思い出すことな, 時に思い惑った自分は, 時に思し召されて, 時に思ひあがるのも, 時に思わぬでもなかっ, 時にに時に, 時に急湍がある, 時に性的空腹を感ずる, 時に怪力線ははげしく, 時に怪訝すべき事情等, 時に恋愛的の婚姻, 時に恐るべき流行病を, 時に恐ろしくじゃれる猫, 時に息子の司馬師, 時にを憎む, 時に悲しい思いを, 時に悲劇を演じ, 時に悲敗を喫すれ, 時に惟任どのお目にかかったの, 時に惨めな人間, 時に想像されるの, 時に意味もなく, 時に意表に出, 時に意見を吐露, 時に意識的に彼女, 時に愛兒の訴, 時に愛嬌こぼるるが, 時に愛子は話, 時に感じては逸早く, 時に感じさせられる事であろう, 時に感じ損ひが, 時に感情に趨らん, 時に慘めな人間, 時に慶長十八年七月二十日のこと, 時に憂鬱になる, 時に懈怠千万な猴, 時に成都からの用命, 時に我慢ならなく, 時に我我の助手, 時に我田引水とみられる, 時に戦はさうとする, 時に戯れの対象, 時に戸主の姓氏, 時に戸締りして, 時に房吉四十二である, 時に扇子使ひの, 時に手ずから煙草を, 時に手前の申し分, 時に手足をうごかし, 時に手遊屋の冷, 時に手錠をはめ, 時に打ち任すならばあるいは, 時に扶助せしのみ, 時に批評をし, 時に抜け歯の, 時に持って行った, 時に持つて帰る, 時に指頭大に拡大, 時に挙止に自由, 時に挨拶をする, 時に捕虜の善性坊, 時に探偵小説的作品も書く, 時に撰著あり, 時にって貴公, 時に改元の令出, 時に改変を加えた, 時に放心し時に, 時に放棄となる, 時に政治上に相, 時に政治的には勤王党, 時に敗北した人間, 時に教授より暗記, 時に教父つあんどう, 時に教頭胸を反らし, 時に数ヵ月または一, 時に数寸の長, 時に数百米に及ぶ, 時に数省を席捲, 時に敷居の外, 時に文化八年年正に三十一, 時に文政八年二月なりとす, 時に文明批評や随想, 時に文林儒流の磊落, 時に斉泰は広徳, 時に料理法でも變, 時に斜違ひに, 時にゆれども, 時に断たれなければならぬ, 時にういふ話, 時に新しい生命とも, 時に新帝の宝算六十二, 時に新様の我趣, 時にりて, 時に方図もない, 時に於次丸はまだ, 時に日あたりの障子, 時に日本人は朝鮮人, 時に日本等に於, 時に日本軍の精鋭, 時に日用品の騰貴, 時に日神聞きて, 時に旦那あれは, 時に旦那どのはまだ, 時に平さんと, 時にの行燈, 時に明和の元年, 時に明察を失っ, 時に明治七年なり, 時に明治十七年の正月元旦, 時に明治十五年であった, 時に春琴は佐助, 時に昨夕は大きに, 時に昨日の夕方, 時に昨日先生の仰せられた, 時に昭和九年杪冬の十二月十五日, 時に是認されその, 時には何, 時に昼夜あり節, 時に昼飯の支度, 時にという命名, 時に時代の波, 時にの御飯, 時に暗雲が朝威, 時に暗黒の頭上, 時にを働き, 時に暴虎ありて, 時に曇り折に, 時にをひらき, 時に最悪に会う, 時に會つて温泉のやう, 時に月夜を遥, 時に望まぬわけで, 時に望郷の念, 時に朝井君谷村の家, 時に朦朧とした, 時にの鳥居, 時に未熟な技, 時に本人に甚だ, 時に本堂へむくり, 時に本物を何処, 時に本能的な喝采, 時に本郷絵画研究所へ出かけ, 時に本陣の御, 時に朱盆の口, 時に机竜之助, 時に村人は敬礼, 時に杯中に落ち, 時に東京へ一年半, 時に東呉の徳王, 時に吹く風, 時に松島を思い, 時に松波荘九郎といふ者, 時に松風ひびきあがり野飼, 時に枕切れなどを汚す, 時にを生み, 時に枳園五十歳であつ, 時にまでふるえた, 時に柳川君君は當分此港, 時に栄蔵の口, 時にも葉, 時に格闘の声, 時に桑盛さまの御, 時に梅田は昔日, 時に梵施王の后摩尼珠, 時にに通ずる, 時に植樹をした, 時に椽側に跫音, 時に楊大将がいった, 時に極貧に陥る, 時に楼上から山下, 時に構わず此物を, 時に樋口という男, 時に樹下に端坐, 時に樹木の間から蒼い, 時にはお, 時に橋本が例, 時に機動を主, 時に機関車がまっ白, 時に欠如して, 時に次男の関興, 時にはれる, 時に歌舞伎座作者部屋には榎本氏, 時に正司は二十二, 時に正太さん君は何処, 時に正太さん相談したいという, 時に正確に詳述, 時に正面切った催促, 時に正鵠を射, 時に此子はいい, 時に此村の木偶師菊太夫, 時に此第二第三, 時に武帝の舅, 時に歩いてみる, 時に歩兵さんわたしはこの, 時によりも重き, 時に死なしたもんだ, 時に死体を前, 時に死刑に處, 時に死罪に處, 時にんど, 時に残月光冷やかに白露, 時に殘月光冷やかに白露, 時に殷々たる迅雷, 時に殿のお, 時に母親には默つて學校, 時に毎日新聞の一萬五千號, 時に毒薬をすら調合, 時に比丘すなわち共に, 時に毛一筋でも動いたら, 時に民也がはじめて, 時にになる, 時に気息たえざりしや, 時に気焔万丈行文の妙, 時にがかはつて, 時に水沼県主猿大海, 時に水瀦して, 時に水禽の影, 時に永延二年齢はと云え, 時に氾濫時には水, 時に江戸も御, 時に決断そして断行, 時に決闘はどんな, 時に汽船へ擔ぎこんで來たん, 時に沢庵大和尚へなげきたてまつり, 時にに筌, 時に河内介は二十二歳, 時に河岸に添う, 時に河東王誉帝に従わず, 時に河野がその, 時に油然として山雲, 時に治部殿は御, 時に沿うて起る, 時に法水君君の意見, 時に法王の兄, 時に泥土を跳, 時に泥酔しないと, 時に洋服を着る, 時に洋行土産と称す, 時に洒然たる一, 時に洗濯もし, 時に洞斎さんは何, 時に洞窟の上, 時に洪武三十一年閏五月なり, 時に流し三味線の, 時に流れて帯, 時に浅井と云え, 時に浅薄な又は, 時に海上に出, 時に消されて消え去せ, 時に消長はある, 時に淡紅色のもの, 時に淫蕩な男女, 時に深夜の腹芸, 時に深夜一時終電もなくなり, 時に清い目が, 時に渭水の流れ, 時にに游ぐ, 時に湯気の蒸した, 時に二十一歳七カ月です, 時に満員乗客の漫談, 時に満足を時に, 時に溌剌とした, 時に溜息を洩, 時に漸く夏日暮れんと, 時に澄む氣の, 時に激しく吹きあげ夜, 時に濁れるは重く, 時に瀬戸内海を航行, 時に火の玉をふきあげ, 時に火星現じた, 時に消え人, 時に炳焉とした, 時に烏其營に到り, 時に無学文盲の人間, 時に無理にもと通り母石ひとり, 時に無益なヒステリイ的, 時に無風流の議論, 時に煙草を一服くん, 時に照ちやんは餘, 時に燃え尽した灰が, 時にに近う, 時に燦然として身, 時に爽快を覚える, 時に頬笑みさえ, 時にの青雲, 時に牡鹿が角, 時に物事を誇張, 時に物怯じの, 時に特殊の事情, 時に犬さんお前の持っ, 時に犬法師とも呼ばれ, 時に狂態を演ぜし, 時にを見受ける, 時に狩野享吉先生が面かげ, 時に猛烈に見える, 時に猪口を取っ, 時にになっ, 時に猿楽法師と呼ばれた, 時に獲物の得られぬ, 時に玄徳はこの, 時に玉蕉先生一つお願いがある, 時に王公に小生, 時に王族としての体面, 時に王水をその, 時に珍しいのに, 時に現われないことも, 時に理髪師門の孔, 時に瑞英は十七歳, 時にの欠片, 時に寧は, 時に命がけなり, 時に生ずるのである, 時に用いかた如何に, 時に用事は何だい, 時に甫めて九歳, 時に田崎君娘がお世話, 時に由って変化, 時に由ると嬉しく, 時に甲野さん今日は報告かたがた, 時にの刻, 時に男子がこれ, 時に留守中かわりはなかつた, 時に番号が変り, 時に異人ありよく, 時に異説の発表, 時に異議あること, 時にの目, 時に疎ましい探るやう, 時にぐられるのが厭さに, 時に疑いを生ずる, 時に疑わしく思う, 時に疑懼の念, 時にを受, 時に病床を見舞っ, 時に病死者の肉, 時に痛飲乱酔の狂態, 時ににさわる, 時に発して煌煌, 時に発作して, 時に発見されること, 時に白鷺二三羽貯水池の蘆間, 時に百歳の老翁, 時にがあります, 時にの衆, 時に皆様や, 時に皮肉でさ, 時にをあらためて, 時に目まひがする, 時に目通りの用向き, 時に直径一尺位の火山弾, 時に直径三四十尺に及ぶ, 時に変らずひそか, 時に相場が下がっ, 時に相州囲碁の会, 時に相手によってはみ, 時に相談がある, 時に相馬の小次郎, 時に真先に一朶, 時に真理意識であり時に, 時に真白の雲, 時に眠りの足りない, 時に眺めつつ所蔵, 時に眼前に浮ん, 時にをつぶっ, 時に矛盾せるこの, 時に短く吸込んだ煙草, 時に矮小なる木本, 時にを投げつけ, 時に砂塵を上げ, 時に研究の便宜, 時に破ってもいい, 時に破壊と建設, 時に破格は交え, 時にをなげうつ, 時に示威運動の行列, 時に社会から軽視, 時に社會主義と同義, 時に社會主義中の過激, 時に祖父が我, 時に神學の議論, 時に神尾の殿様, 時に神聖視して, 時に神話に溯り, 時にの前, 時に福澤さんは家来, 時に秀吉の羽柴軍, 時に秀逸なもの, 時に私達は恍惚, 時に科学者の中, 時に秦野屋ちょうどいい, 時に稚い模倣で, 時に稲垣君この頃, 時にの長ぜる, 時にれば, 時に空中に天, 時に空想自在である, 時に空腹を感ずる, 時に空色の燕子花, 時にとして累々, 時に突如席を, 時に突掛つて行く衝動, 時に立ち入つたことを, 時に立ち寄って行く, 時に竜子母に向かい, 時に競技会でも行なえ, 時に竹内柳右衛門という郡奉行, 時に笑い興ずるような, 時に笑ましく思ふことあり, 時に笑わせ時にホロリ, 時に笠井君君は真正, 時に志兄さんお, 時に箪笥がある, 時に節ちゃんもいろいろ, 時に粂吉もう何刻, 時に雜退屈の, 時にと云, 時に糸公面白い話, 時に糸公不思議な事, 時に糸公御前今年幾歳になる, 時に糸川老人の宿った, 時に系図座保存の旧, 時に紅い衣が, 時に純粋なる精進料理, 時に紙屑屋の方, 時に紛争が起る, 時に素晴らしい働きが, 時にの雲, 時に細い早瀬と, 時に細民部落と言わるる, 時に組織的であること, 時に経堂を出た, 時に経験する筈, 時に結び時に離れ, 時に絲川老人の宿つた夜, 時に絵画的な美し, 時に絶えず音する, 時に絶対的な飢饉, 時に絶対的生産物にとっては都合, 時に継母の取った, 時に維摩黙然として言無し, 時に維摩黙然言なし, 時に緑蛇ぞ走りゆく, 時に締りが忘れられる, 時ににやがて, 時に緩くなった, 時に縣會が議決, 時に縷々用ゐられ其の, 時に繰返すやうだ, 時に纒持の命, 時に美術批評をもし, 時に羨むことが, 時に義仲の騎, 時に老人らしく冬山, 時に老成をてらった, 時に考えるけれどもいま, 時に耕し時に書, 時ににする, 時に耳辺を掠め, 時には先覚, 時に聞き取れぬやうな, 時にかば, 時に肉体を描き, 時に肉体的でないこと, 時に背中から冷汗, 時に背伸びをし, 時にもまた, 時にく忍び, 時に脇指の柄, 時にの色, 時に腕力に訴, 時に腸蔵さん今日は正月, 時にはどう, 時に腹帯は紅, 時に腹立たしいのだ, 時にの上, 時に臀肉の爛壊, 時に臣下の孔明, 時に臨まばお, 時に自ら小にし, 時に自ら陰謀を起した, 時に自ら鬼の子孫, 時に自分自身が愚, 時に自嘲的にさえなっ, 時に自身に向, 時に至つてかねてお, 時に舌鼓を打つ, 時に舍人あり姓, 時に舎衛国に比丘, 時に舞台においてはシテなにがし, 時に舞妓を召, 時に舟夫の便, 時に良く時に, 時に良寛様の晩年作, 時にの青い, 時にめかしき媚態, 時に芝居行はどないなりました, 時に芸術家だと, 時に若干の凶作, 時に若旦那を見, 時に若旦那お話を致します, 時に若旦那様はまだ, 時に苦しむ或る, 時に苦笑をもっ, 時に英一君は二十二歳, 時に英仏米諸国の軍艦, 時に英語でなされ, 時に英雄が発荷峠, 時にの紅, 時に荒々しい喧嘩声に, 時に荒れ叫ぶ野獣の, 時に菓子など持っ, 時に落胆したり, 時に葉子の下宿, 時に蒐集品はもう, 時に蓬莱の神女, 時に蕎麥と言, 時に霧が, 時に薄情で女, 時に薄日の差す, 時に薄目を開, 時に薩摩の方, 時に薬草を後園, 時に藤枝先生の方, 時に蘭軒は十九歳, 時に虐げられたり抗らつたあと, 時に虚偽を本, 時に蚊遣の煙, 時にを, 時にでも飛びつく, 時にの姜維, 時に蝕しつつある, 時にの叔父さん, 時にのよう, 時にで捺し, 時に血まみれ事件が起っ, 時に衆多の比丘房舎, 時に衆目をそば, 時にはれた大嘗祭, 時に行って見る, 時に行商からかえって, 時に行路の地急, 時にを歩く, 時に街中車馬馳走の間, 時に衛思賢という富氏五十歳, 時に衝突を起せ, 時にの鬆開, 時に衣兜から燐寸, 時にはる, 時に袁紹あって, 時に被告が検事, 時に裏街の居酒屋, 時に補景として描かれた, 時にに密, 時に西よりする, 時に西暦前四十三年十二月七日なり, 時に西軍が内裏, 時に見せるあどけない顔, 時に見るもいたいけ, 時に見出される動物を, 時に見受けますがこの, 時に見失ったかと思う, 時に見学を兼ね, 時に見物に行きます, 時に見返つた美女の, 時に見附を出, 時に覚海検校深重, 時に親愛なる読者諸君, 時に親父が死ん, 時に解剖の結果, 時に言うべからざる綺麗な, 時に訪ねて来る, 時に許されて如何, 時に証人等に打っ, 時にあって, 時に詞句全く尽, 時に詩人によって愛される, 時に詩室塵を払, 時に誠実と良心, 時に誤って良民, 時にを為す, 時に説教節源氏節までをアンコ, 時に説明したくなるとは, 時に読まなくても彼, 時に読者からお, 時に談笑し痛飲, 時に諧謔談笑した, 時に諫議大夫の辛毘, 時に比丘仏の, 時に諸氏に敬語, 時に謙信は年, 時にり合いの, 時に豊玉姫八尋の大熊鰐, 時に象山また横浜, 時に貧しくとも驚かず, 時に貧民税から個人, 時に貧窮して, 時に販馬商人北方より馬, 時に貴下はどちら, 時に貴公は昨日, 時に貴君は何方, 時に貴女はヴルフェン, 時に貴方がたはいい, 時に貴様もう小遣, 時に貴殿のは, 時に買い物は, 時に買うことは, 時に資料となる, 時に賈雍が從卒, 時に賑やかなところ, 時に賑わいの方, 時に賞すべきものある, 時に賤業をも辞する, 時に錆びて, 時に赤鬼があばれる, 時に起きて座, 時に起つて家人, 時に起る如くに, 時に起れるなるを, 時に起伏しながらも, 時に趙州に怪鼠, 時に趙雲もまた, 時に足元から鳥, 時にたれて, 時に路地を出ました, 時に振多き, 時に身じろぎをした, 時に身体を規則的, 時に車上に居た, 時に軍隊精神を説い, 時に転倒するもの等, 時には点, 時に輸送車は彼女, 時にを向う, 時に辻棲の合わない, 時に迅雷轟々として山岳, 時により互, 時に近き頃ローマの, 時に返事をしなかった, 時に追いかけるぐらいのこと, 時に追い迫りそれを, 時に退屈したり, 時に送り荷はどう, 時に逃げるに不自由, 時に逆らう盲動は, 時に透谷は一夕彼, 時に途中ではさ, 時に途方もない, 時に通り懸かりたる夜稼ぎ, 時に通俗かつ浅薄, 時に速くなり時に, 時にひて, 時に逢わずでただ一人実行, 時に進境あるを, 時に逸気あり, 時に逸脱しその, 時に遅刻したが, 時に遇はずにし, 時に遇わず空しく宝, 時に遊客の浮かれし, 時に過大のこと, 時に過日おねがいのご, 時にを教え, 時に道也はやはり, 時に道衍少しも驚かず, 時に道阿弥の存在, 時にはば必ず, 時に遠く一点の火光, 時に遥かに連山, 時に適した政党を, 時に適するようとは, 時に遭うことが, 時にを歩き, 時に都会本位になる, 時に酉刻であつ, 時にをふるまつ, 時にでもこんにゃく, 時に醜いことが, 時に重々として厚, 時に重しをかけられた, 時に重たい椅子を, 時に重ねていうよう, 時に野外や近郊, 時に野性に復, 時に金剛さんは何処, 時に金田のよう, 時に金色上より曳き, 時に釣れましたか獲物, 時に釣竿をたずさえ, 時に鉄屋乃公は是, 時に鉄鋲打った鉢兜, 時にでありこの, 時に銀子のところ, 時に銅鼓の声聞ゆ, 時に銚子を持つ, 時に鎮西八郎射て, 時に鏗爾たる暮天, 時に鑿説と思はる, 時に長生王の后臨月, 時に長者は二人, 時に長谷川君の結婚, 時に長野泊りの其の, 時に門下の人, 時に門口へ露, 時に閃電す, 時に間違いは有り, 時にしても, 時に那律暮にかの, 時に阿呆に近く, 時に附馬を引い, 時に将顧成, 時に限る事で, 時に陰気くさくさえ, 時に陶酔の馬脚, 時に陸上部隊に水, 時に陸奥は二十九歳, 時には巳, 時に陽平関の魏軍, 時に障子を開け, 時に隠亡堀は如何, 時にの間, 時に隣座敷は武士体, 時に雀躍する處, 時に集つて団子を拵ら, 時に離車種の者竜, 時に難解視された僕, 時には一丈余, 時に雪なだれで森林, 時に雲助の如く, 時に雷鳥熊かもしかを見る, 時に雷鳴をはた, 時に電報を一つ, 時に電話でどう, 時に露時雨霜と乾い, 時に青山から玉川, 時に青山さんわたしは折り入っ, 時に青山君君にお, 時に青木という人間, 時に青空に霧, 時に静粛を破っ, 時にず, 時に靡きか, 時に韓暹と楊奉, 時に響いたのは, 時に順つて散れども, 時にを動かし, 時に頷いたが傍, 時に頼んだことは, 時にはれ時, 時に顕われ時に隠れ, 時に類似の説話, 時にれば, 時に顧みて箱館, 時に顧みられることは, 時にえて, 時にをまじえ, 時に飛矢あり颯然, 時に飛脚さん何ですか, 時にまざらん, 時に食堂にこの, 時に食物の不足, 時に飢ゑたる者道の埀, 時に飲み込んでいた, 時に香坂の王忍熊, 時に馬謖を斬る, 時に馬酔木の影, 時に馬鈴薯の一桶, 時に驚くほど高価, 時に高い作品が, 時に高まり時に低まりし, 時に高価な洋酒, 時に高坂は布, 時に高柳はどう, 時に高氏はもう, 時に高畑の東, 時にとして呼ばれる, 時に鬼眼という術士, 時にの叡帝, 時に魯中に家, 時に鮮菜の土, 時に鳴る者ありし, 時に鶴さん私は東京見物, 時に鶺鴒の声, 時に鹿狩を企て, 時に鹿田のゐる, 時にからお, 時に黒雲飛んで, 時に默止はやぶられ, 時に黙りこんで遠い, 時に鼓聲の鼕, 時に齡三十五歳に過ぎなかつた