青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「時として~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

是~ ~是非 是非~ ~昼 昼~ 昼間~ ~時 時~ ~時々 時々~
時として~
時に~ 時には~ ~時代 時代~ ~時分 時分~ ~時刻 時刻~ 時半~ ~時期

「時として~」 1077, 12ppm, 9383位

▼ 時として~ (406, 37.7%)

5 机を

2 [23件] これに, 主人の, 人に, 何か, 僅かに, 寂しさ, 床の, 彼の, 彼は, 心ひそかに, 或目的, 技術者の, 政府の, 書棚の, 此の, 比較的真面目, 無遠慮な, 神の, 艶種が, 藩閥の, 非常に, 骨の, 黙戯

1 [355件] あった, あまり似通いすぎ, いい氣, いとも貧しい, いわゆる秀才, おごって, おど, お互いの, お咲, かうした尖鋭, かえってこれ, かえってそれ, かえって国家, かえって大きな, こうした方面, ことさらに, この二つ, この第, じっと見つめ, そうした人々, そうした面倒, そうして出来た, そうな, そのよう, その傍観者, その夜, その家庭, その形跡, その波瀾, その考察, その者, その言論, その道, それに, ぢつ, つむじ曲りだ, どんなに苦しい, なお幾声, ふとした忘我, ほとんど, ほとんど走り, また人形, また私, また許し, まだ見せる, まとまった山水等, めずらしく明るく開けた, もはや自分, キリスト崇拝論者も, シニカルな, ジャン, チダマという, 一命を, 一対に, 一日おきぐらいに, 一時間以上も, 一般の, 一見直接, 一部落が, 一面に, 万機公論の, 三人四人が, 三年も, 下水道の, 不作法な, 不利な, 不安の, 不謹慎な, 世間から, 両様の, 両者の, 中, 主権在民論者も, 之を, 事物にまでも, 二つの, 二三の, 二人の, 二列の, 二日おきぐらいに, 二畳位の, 二葉亭との, 二週間に, 互いに反目激争, 互いに矛盾, 人々を, 人の, 人をも, 人命をも, 人民に, 人気の, 人間身をも, 今日の, 他から, 他人の, 仰いで, 住民まで, 何一つ食わず, 何萬人と, 余は, 佛家の, 來る, 侵略的に, 俗耳を, 信仰の, 個々の, 倒木が, 倦怠した, 党派の, 全く其意味, 全体では, 全力を, 公徳を, 六句に, 其が, 其の前, 其れ, 其働きを, 其弊に, 其枯, 兼用せられた, 冷笑される, 別になん, 助手の, 動物として, 動物の, 単独で, 却つて古風な, 厳めしくき, 反感を, 反抗した, 反社会的, 古く力, 史家よりは, 司政の, 同じくらいに, 同情を, 吏人を, 君に, 吾血潮さえ, 味も, 唯一の, 喜んで, 喜劇的であった, 囁く小川, 四五人も, 四五尺の, 困苦欠乏にも, 国王たる, 土方みたいに, 坐りこんで, 境遇以上にも, 変に, 多少の, 大なる, 大大阪文化史, 太, 女房どもとともに, 嫌惡を, 安価な, 実用の, 実際的, 害毒を, 小註, 小説の, 山から, 山奥の, 左様な, 希望に, 幕府の, 平民發展時代が, 年棚を, 幾らか意地悪, 座敷の, 建物まで, 当人には, 後進部落と, 御好, 忠実至極の, 思いがけない賞め言葉, 思ひきり, 急速に, 恋愛の, 恐しい, 恐しくつまつ, 恐ろしい勢, 悪魔の, 情の, 感動を, 慈悲を, 我が国また, 我身の上の, 戸を, 戸外の, 所謂外法頭の, 手を, 手箱の, 手紙の, 抗立相剋せん, 挑戦的態度をすら, 故知らぬ, 救われがたき, 数列の, 敵か, 敵とまで, 敵意と, 敵視しなけれ, 文化民族相互の, 文學を, 文豪誰それの, 斯うし, 旧時の, 旧領主, 旬日に, 昔袂を, 暖国から, 暗にそれ, 書物を, 最少し, 最高位の, 朝一緒に, 木の, 村で, 板戸に, 果樹園の, 柳橋や, 校長始め同僚から, 案内者の, 案内記の, 様々の, 正木老, 武芸に, 死でさえも, 死人の, 死後喪を, 殉教者にも, 殊更に, 殺戮する, 比類なき, 水平に, 決死隊と, 沈默を, 沈黙を, 法事や, 淫婦の, 深く水, 深遠なる, 清朝の, 滑稽の, 激情の, 火を, 烈しい動作, 烈しい動悸, 烈火の, 無感動, 無遠慮を, 爻辭の, 牛が, 犬から, 狂気した, 猛烈な, 珍しい怜悧さ, 生命まで, 生命までも, 疑い悶え, 病気災難等の, 癪に, 発送まで, 發送まで, 皆目見当, 皇位の, 目が, 目下の, 目前の, 直ちに内容, 真剣や, 真暗な, 真理である, 真相に, 眼に, 瞬間的であっ, 硯箱や, 神か, 神と, 私の, 私徳を, 私自身が, 空を, 第一線部隊の, 筋違いに, 答えよりも, 精神の, 精神的地平の, 紺地, 終日一しょに, 經學者などの, 続いて, 緩慢に, 美しく学ぶ, 美の, 聳抜し, 腰下げの, 腹を, 自らこれに, 自ら知らずし, 自分たちの, 舞台で, 色紙まで, 若い美しい娘さん, 荒田老の, 菜種畑の, 萱とか, 行動の, 表現する, 表面に, 被告席から, 親戚, 許可される, 診察医も, 詩人みづか, 語序が, 誤ったであろう, 誤解とも, 身を, 軒を, 辱しめを, 近くの, 通りがかりに, 進歩党と, 進歩黨と, 道庵の, 道庵先生の, 遠忌の, 邪道に, 酒や, 醜悪な, 里に, 里にも, 野生の, 鋏や, 長短自在である, 間接に, 青黒い苔桃, 面を, 音脚を, 頻りに色, 飛んでも, 飛鳥は, 飼養者に, 馬頭だけを, 高尚至極の, 鬼魅の, 鳥に, 鳴雪翁に対してすらも, 黨派の

▼ 時としてその~ (20, 1.9%)

2 仕事は

1 [18件] 人の, 代りに, 光は, 名の, 好奇心が, 姿を, 対価の, 心を, 意見に, 戯曲が, 指, 本能が, 物分りの, 繊細な, 花嫁が, 貧しさ, 面上に, 顔かたちの

▼ 時として~ (16, 1.5%)

1 [16件] には死にかかっ, にも誤り, のまなざし, の口, の持つ, の眼前, の硬, の音律, はまいまい, は庭, は徒刑場, は母, は真に, は突然, は過去, を物悲しく

▼ 時としてそれ~ (15, 1.4%)

1 [15件] に力, に対して有しなかったであろう, に驚かされる, はゆがめられた, は一人, は傑, は名, は名優, は子供, は某, は立派, は自分, をまじない, を有, を知り

▼ 時として~ (8, 0.7%)

2 の家 1 が一生懸命やつ, に優った, の反感, の視覚, や他, を驚かす

▼ 時として~ (8, 0.7%)

1 の叙述, の心, の肉體, の蓬髪, はお, は単に, は自分, を驚嘆

▼ 時としてこの~ (7, 0.6%)

1 ような, 不一致の, 哀しみが, 帽子或は, 怖れ, 裏を, 類の

▼ 時として非常~ (6, 0.6%)

1 な贅沢, な贅澤, に物, に甘い, に粗末, に鋭く

▼ 時としてまた~ (5, 0.5%)

1 そういう女たち, ひどく感傷的, みずからこれを, 大きな結晶, 芸術そのものの

▼ 時として我々~ (5, 0.5%)

2 を欺く 1 からひどく, にとって宿命, にとつて宿命

▼ 時として人間~ (4, 0.4%)

1 の心理, の美徳, は動物, を犠牲

▼ 時として~ (4, 0.4%)

2 か索むるものの 1 の脈絡, も捜し

▼ 時として先生~ (4, 0.4%)

2 は然 1 にその, の教授

▼ 時として~ (4, 0.4%)

2 は黒い 1 の死, の螢雪

▼ 時として大いに~ (4, 0.4%)

1 うるさい, 必要な, 政機を, 震え動くそういう

▼ 時として彼等~ (4, 0.4%)

1 の勞働, の愛, の衷心, の間

▼ 時として極めて~ (4, 0.4%)

1 困難な, 幼稚なる, 念入りな, 誠實な

▼ 時としてどこ~ (3, 0.3%)

1 かこの, からともなく, か知的

▼ 時として~ (3, 0.3%)

1 に対する虚栄, に對, の季節

▼ 時として大きな~ (3, 0.3%)

1 ものな, 悪戯を, 誤りに

▼ 時として~ (3, 0.3%)

1 な氣持, に乱暴, に彼

▼ 時として自分~ (3, 0.3%)

1 の弱, の抵抗力, の短所

▼ 時としてあの~ (2, 0.2%)

1 不可解な, 不気味な

▼ 時としてあまり~ (2, 0.2%)

1 ねばりづよくてあさましくなるが, 自己の

▼ 時としてあまりに~ (2, 0.2%)

2 殺風景に

▼ 時としてある~ (2, 0.2%)

1 ひは, 種の

▼ 時として~ (2, 0.2%)

1 信さんの, 酒が

▼ 時としてかかる~ (2, 0.2%)

2 見解を

▼ 時としてこれ~ (2, 0.2%)

1 に似た, を稲

▼ 時としてしんみり~ (2, 0.2%)

2 と指

▼ 時としてそこ~ (2, 0.2%)

1 に一個, を住居

▼ 時としてまつたく~ (2, 0.2%)

1 偶然に, 給養の

▼ 時として~ (2, 0.2%)

2 ブリと

▼ 時としてルピック氏~ (2, 0.2%)

1 はこう, は新聞

▼ 時として一つ~ (2, 0.2%)

2 の行い

▼ 時として一句二句錐~ (2, 0.2%)

1 の様, の樣

▼ 時として~ (2, 0.2%)

1 深切きはまる, 眞面目ならん

▼ 時として~ (2, 0.2%)

1 と矛盾, を言行

▼ 時として余りに~ (2, 0.2%)

1 猛烈荘厳に, 野放図な

▼ 時として信吾~ (2, 0.2%)

1 を悩ました, を惱

▼ 時として個人~ (2, 0.2%)

1 に對, の胸

▼ 時として其日~ (2, 0.2%)

2 の糧

▼ 時として厳粛~ (2, 0.2%)

2 なもの

▼ 時として可憐~ (2, 0.2%)

2 であり時として

▼ 時として~ (2, 0.2%)

1 の一定数以外, の順序

▼ 時として右側~ (2, 0.2%)

2 に逸れ

▼ 時として各個~ (2, 0.2%)

2 の文章

▼ 時として同じ~ (2, 0.2%)

1 ように, 事柄に

▼ 時として吾人~ (2, 0.2%)

1 に考慮, は暴動

▼ 時として国家~ (2, 0.2%)

2 の名

▼ 時として~ (2, 0.2%)

1 な曇りが, に津田

▼ 時として多産~ (2, 0.2%)

2 は粗雑

▼ 時として~ (2, 0.2%)

1 が更ける, 眠られない時

▼ 時として~ (2, 0.2%)

1 として男性, の先

▼ 時として子供~ (2, 0.2%)

1 が鞴, の必要

▼ 時として~ (2, 0.2%)

2 り一人

▼ 時として川瀬~ (2, 0.2%)

2 の音

▼ 時として左側~ (2, 0.2%)

2 に寄つて

▼ 時として彼等狂人~ (2, 0.2%)

1 が覚め, が覺め

▼ 時として~ (2, 0.2%)

2 れを以て

▼ 時として悪魔~ (2, 0.2%)

1 の声, 時として菩薩

▼ 時として意識的~ (2, 0.2%)

1 にその, に自己

▼ 時として愛情~ (2, 0.2%)

1 を圧せ, を壓せん

▼ 時として~ (2, 0.2%)

1 る動物, る種

▼ 時として時代~ (2, 0.2%)

2 から遊離

▼ 時として最も~ (2, 0.2%)

1 端的に, 賢いもの

▼ 時として欺く~ (2, 0.2%)

1 ということ, といふ

▼ 時として~ (2, 0.2%)

1 の後, の皮肉

▼ 時として此小母さん~ (2, 0.2%)

2 を何とか

▼ 時として物議~ (2, 0.2%)

2 の中心

▼ 時として理性~ (2, 0.2%)

1 がとも, をさえ失う

▼ 時として登りかけた~ (2, 0.2%)

1 坂から, 阪から

▼ 時として~ (2, 0.2%)

1 争ふかも, 提携し

▼ 時として相手~ (2, 0.2%)

1 にさせられなけれ, を

▼ 時として~ (2, 0.2%)

1 の分子, の母

▼ 時として稚気~ (2, 0.2%)

2 を帯びた

▼ 時として~ (2, 0.2%)

1 ひ聲, を含んだ

▼ 時として~ (2, 0.2%)

2 の穂先

▼ 時として細君~ (2, 0.2%)

1 の放漫, の顔

▼ 時として虚偽~ (2, 0.2%)

1 であるもの, の響

▼ 時として西郷内閣~ (2, 0.2%)

2 を夢想

▼ 時として運命~ (2, 0.2%)

2 よりも強く

▼ 時として雹さ~ (2, 0.2%)

2 へ飛ぶ

▼ 時として~ (2, 0.2%)

2 のほとばしる如く

▼1* [414件]

時としてああいう苦しみ, 時としてあさましく思われた, 時としていかに面白い調子, 時としていくたりかの, 時としておそうことの, 時としておまへは拳, 時としてかすかに見分け, 時としてかなり高価に, 時としてかの珍客の, 時としてきつい眼眸で, 時としてくすぐつたい演技が, 時としてこういう嘆息を, 時としてごく稀に, 時としてすべて愛する者, 時としてせっかくの夜具蒲団, 時としてそういう事も, 時としてそうした話に, 時としてそれらの電塔, 時としてそれ以上に精神的美醜, 時としてそんな事を, 時としてただ惘然と, 時としてただちに犯人の, 時としてちょうど痒い腫物, 時としてとびはねている, 時としてどうかすると, 時としてどんなに葛藤を, 時としてなかなか大きくなる, 時としてならそんなに責める, 時としてなんにもつけないパン, 時としてにがいけれど, 時としてはげしさが, 時としてはさうして, 時としてはつみ重なった訴訟記録, 時としてひとすじの髪の毛, 時としてひどくもろいが, 時としてひょいとこんな正直, 時としてふと何か, 時としてまるで声が, 時としてみずからこれを口, 時としてやすからず, 時としてよき親以上に, 時としてわずかに心もとなく, 時としてわれを神, 時としてアイスアックスの代り, 時としてアキラメに落ちつかう, 時としてアロアが彼, 時としてイヤなおばさん, 時としてシャツを持ってる, 時としてジューヴェの方, 時としてセンチメンタルな心, 時としてトット自身もこの, 時としてニュース映画の端くれ, 時としてフランス語で書く, 時としてマグロアールは事, 時としてモルトケは数日, 時としてリュクサンブウル公園などで小さな, 時としてリリシズムをそして, 時としてルピック夫人はにんじん, 時としてロシアでは最悪, 時としての渋面, 時として一ヶ所に三, 時として一丈に余り, 時として一二時間の安眠, 時として一時に数百名, 時として一碗の査古律, 時として一部が権力, 時として下層の偉観, 時として下手な小説, 時として不可能な場合, 時として不得要領に終った, 時として不意に燃える, 時として不用意に自分, 時として丑松は自分, 時として世間の聲, 時として両立する場合, 時として主義に反し, 時として争いも起こる, 時として二三日歸つて來ぬ事, 時として二円五十銭といふ畳付, 時として二圓五十錢といふ疊附, 時として二百呎も水, 時として五六十人もの海, 時として人情噺であり同時に, 時として人間界においては高い, 時として他人を不正, 時として伯父は寝床, 時として而非革命家らによって, 時として低い雲が, 時として住吉の近く, 時として何だか凡てが, 時として何地名産とか何, 時として何故とも知らず, 時として何等かの奇蹟, 時としては直に, 時として佳き者ある, 時として使用す, 時として例外のこと, 時として俗衆にすぎぬ, 時として保守主義者の姿, 時として偶然にし, 時として僕自身に対するもの, 時として僞書なども取つた, 時として優れたる家相学者である, 時として元祖清信の作, 時としてされるか, 時として先師豊国に匹敵, 時として光一は家, 時としても角巣鴨, 時として全く誤解され, 時としてより戸, 時として再起不能の重傷者, 時として冷酷たらんと, 時として乎と, 時としてて来, 時として分裂して, 時として前掛けをしめ, 時としてを勧むるなきを, 時として動物の如く, 時として勝利を与える, 時として匂って来る, 時として十分ぴりりとしたことをやってのける軍人という, 時として千代がその, 時として千代子はあの, 時として戰に, 時として友愛の情, 時として時代的な, 時として反乱は復活, 時として反抗心を持ち得る, 時として反撥し功, 時として叔父は三日, 時として取り扱おうという誘惑, 時として可愛いほど無, 時として司教は軽い, 時として字など, 時として同時に実例や, 時として同様な目的, 時として向こう河岸にも, 時として吾等を悲觀, 時として呪語を使用, 時としてわされる, 時としての意味, 時としてだ一人, 時として商業区域などでは店, 時として問題が女, 時として善く言へば, 時として喜悦もあり, 時として嘲笑やあるいは, 時として嚴肅なる矛盾, 時として地極と地帯, 時として地頭を勤め, 時としてと呼ばれる, 時として垂れて錦帳, 時として堪えに堪えた, 時として或は樹木, 時としてが刀自, 時として夕方薄暮のころ, 時として多勢の人声, 時として夢想した天使, 時として大層哀っぽいお, 時として大群を成す, 時として大言壮語したこと, 時として天地に向, 時として夫婦顔を赤める, 時として失敗すること, 時として奥白根と間違えられる, 時として女以上のもの, 時として好んで人, 時として妊婦は自分, 時としてなどはもし, 時として子供たちが学業中, 時として孔子の口, 時として孕婦の真似, 時としてせざるなし, 時として学校がという, 時として宗教的奇人のよう, 時として実隆の方, 時として実際その事, 時として客観的叙述の中, 時として家馬の蹄, 時として實力あるもの, 時として尊敬する父, 時として尋常の外, 時として對手に云, 時として小説中の人物, 時として少し頭が, 時として少しく仕事を, 時として少年の心, 時として山猫の燐火, 時として山腹部の抵抗, 時としての上, 時としての中央, 時として程広く, 時として巫女が梓弓, 時として差迫つた用事の心當, 時として帙入のままそれ, 時として帰つて来ない晩, 時として平凡な市井的, 時として幼年の無意識的, 時として幾分の興趣, 時として広重の横絵, 時としての空気, 時として廃頽的な情景, 時として強くあるべき筈, 時として彼ら以上の低級, 時として彼女はあっさり, 時として後世にまでも残る, 時として復讐すること, 時として心服しかねる妻, 時として必要な場合, 時として忽然極めて新, 時として怒ると非常, 時として思いきった言動にも, 時として思い掛けない自負を, 時として思わず噴飯せし, 時として變を, 時として急ぎの仕事, 時としてらしいもの, 時として恋話を生ずべし, 時として恐るべき破壊力が, 時として恐ろしく狼狽する, 時として恰度痒い腫物, 時として悪罵以上に不快, 時として悪臭を放ちつ, 時として意外な方向, 時として愚かな行い, 時として愚弄するほどの, 時として感じる日本の, 時として感受性と語彙, 時として感覚派の多く, 時として憫笑を洩らしかねない, 時としてを輕, 時として我生涯の一篇, 時として我等を欺く, 時として我臥床の傍, 時として戰國時代よりも古い, 時として所謂怒りの虫, 時として押しひらいて冥々, 時として控え目な態度, 時として政府の権力, 時として故郷というよう, 時として散歩にでも出かける, 時として数千に達する, 時として数株の桑, 時として文化は下らない, 時として文化交流の企画, 時として文化的指導者のいない, 時として文明の下, 時として新たに加えられる, 時として方々へ出かけ, 時としての半ば, 時としてれが, 時として時日が定まっ, 時として曲事を曲事, 時として書き疲れるとふい, 時として最高二四〇ぐらいに達した, 時として月並調に近い, 時として有力なること, 時として朝鮮語はフランス語, 時としての林, 時として村人の口, 時としてを振り上げ, 時として栗鼠や兎, 時として椿山荘園遊会を見る, 時として椿山莊園遊會を見る, 時として極端なる不自由, 時としてをさえ携える, 時として横浜の空気, 時として當防禦の, 時として此等の同情, 時として武者幽霊のま, 時として歸つて來ない晩, 時として殺人を装うた, 時として民衆は誤っ, 時として気紛れに俗物, 時として氣持のいい, 時として氣紛れに俗物, 時として滑の, 時として浮世絵とも呼ばれた, 時としてがで, 時として滑稽の極, 時として清義烈の, 時として烈しい雪や, 時として鐵砲と, 時として無心の什器, 時として燈火を点じ, 時としての説く, 時として片言隻句の間, 時としてに追究, 時として犯人の身元, 時としてを守る, 時として現今の文明人, 時として現実の戦, 時としての徹らない, 時として理智の戲, 時として甚だ果敢ない約束, 時として用いられる傾向が, 時としてもしくは女, 時として異邦に似たる, 時として畳んだ扇の, 時として発見されること, 時として白々しく滑稽に, 時として白い虹の, 時として百年にもわたる, 時としてと親む, 時として目ざめたるまゝの夢を見る, 時として盲目的な愛, 時として真直ぐに立ち, 時として眩しいような, 時として知識人の好み, 時として破れ易くまた, 時として確定的に証拠, 時として磁力となり, 時として示されるその外貌, 時として神通力をあらわす, 時として禁句に触れ, 時として秘密な窮地, 時として稲妻のよう, 時として突飛な擬人法, 時としての姿, 時として精霊の群, 時としての上, 時として絞首臺上に晒されたる, 時として絵本や美しい, 時としてゆること, 時として絹綿併用せられまた, 時としてにけぶる, 時としてに割った, 時として繪聲と倶, 時として老爺は, 時として耕地にも産す, 時としてや膝, 時としてく人情, 時として臆病になる, 時として臣下に拝領, 時として自己の家族, 時として舞踊振付並に伴奏音楽, 時として良心である, 時として芝居の稽古場, 時として若い嫁娘の, 時として若干怒りっぽい感じ, 時として苦しみの余り, 時として荊棘の小道, 時として荷物が非常, 時として菓子又は碌, 時として菩薩私次第で, 時として落語であり時として, 時としてと白, 時としてにも劣つて, 時として行われラロでも, 時として行われるが小説, 時として街道の上, 時として衣食のため, 時としての街路, 時として表面にあらはれる, 時として複雑な情景, 時として西洋画家の制作, 時としてらるる, 時として見つめてるうちに, 時として見ることが, 時として見物の幼稚, 時として及び兄, 時として親しくして, 時としての分らない, 時としての興味, 時として誤ることが, 時として誤謬がある, 時として誰かが遊び, 時としての鋭利, 時として講談であり時として, 時として警吏は子供, 時として警察は下水道, 時として護送中などに群集, 時として象徴的手法の失敗, 時として貴族の間, 時として起こってくる, 時として起こることが, 時として起るものであっ, 時として超過したり, 時としてのふみ場, 時として跫音のよう, 時として身分不相応な装飾, 時として身幅に足らぬ, 時として近時の俗謠, 時として返事もしない, 時として追憶の峠, 時として途上に出会した, 時として通りすがりの様, 時として週期性の縞状, 時として進路の変化, 時として運動を示さ, 時として過誤失策もあり, 時として遠い彼方の, 時として避け得ない性質の, 時としてのさかな, 時として醜き作が, 時として重大なる内容, 時として野放図な笑, 時として金銀までの小さな, 時として長く疾く進み, 時として長距離を前み, 時として閑静で夏めい, 時として陥る一つの, 時として随分長曳くもの, 時として離反を齎ら, 時として電力となり, 時として霊界の言葉, 時としてに布切れ, 時として頭蓋骨などなく, 時としての色沢, 時として取仲間, 時としてりに, 時として馬車馬のよう, 時として高官の人, 時としてが渡っ