青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「支配人~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

撫で~ 支~ 支倉~ ~支度 支度~ ~支那 支那~ ~支那人 ~支配 支配~
支配人~
~改めて 改めて~ 改良~ ~攻撃 攻撃~ 放し~ ~放っ 放っ~ ~放つ 放つ~

「支配人~」 1093, 11ppm, 9602位

▼ 支配人~ (302, 27.6%)

16 半九郎 6 佐吉が, 私が, 笠圭之 5 顔を 4 ところへ, 專三郎が, 庄八は, 民五郎に 3 やうな, 傳之, 吉三郎が, 吉三郎は, 總兵衞が

2 [31件] あとを, ことです, やうに, 令嬢という, 伝之助は, 佐吉さんは, 佐吉は, 佐吉や, 前へ, 半九郎さん, 孫六さんが, 孫六は, 室に, 常吉に, 庄八が, 庄八の, 庄八も, 後姿が, 方が, 民五郎は, 源助さんで, 煙草入が, 片腕の, 申付けで, 自宅の, 自由に, 藤助は, 言葉を, 話に, 部屋へ, 門野老人が

1 [170件] いうこと, いふの, おれに, お前に, お前は, お方が, お蔭で, かかあ, ことで, ことは, この逃亡, さしずで, すぐうしろ, すること, その言葉, とこへ, ほうを, ほか七人の, みょうな, めいれいで, ような, アロンゾ・マジャルドーただ一人であった, アロンゾ・マジャルドー氏が, クンケルという, ゼエハアゼさんな, ブラッドレーに, ホースブルが, マジャルドーの, ロバート・マギを, 一人を, 七兵衞が, 七兵衞でした, 七兵衞に, 不正行為の, 久助という, 云う通り窓際, 井田君は, 令嬢, 令嬢として, 令嬢を, 令嬢妙子さんは, 令嬢妙子さんを, 伊八に, 伝之助が, 佐久間氏を, 内川は, 内川職長の, 処置に, 分別にだけしか, 前の, 勤めじゃ, 勤めぢや, 口真似を, 吉三郎から, 吉三郎さんは, 吉田さんが, 和七が, 声を, 大きなつく, 女婿という, 女婿な, 女婿に, 女婿には, 妻君にな, 姿が, 姿も, 娘の, 娘を, 嫉視を, 孫三郎が, 孫三郎を, 宅を, 官僚気質には, 客従僕の, 室の, 家へ, 常識, 彌惣, 影が, 後姿に, 忠助と, 忠助は, 意見として, 態度と, 所へ, 手から, 承諾を, 指図によ, 挨拶に, 新之助さんが, 新之助さんは, 案内で, 案内にて, 桑野を, 様子を, 権力で, 權力で, 歓送迎会である, 気を, 治八郎は, 源助, 源助穴の, 物の, 特別の, 用助さんは, 留守の, 白い鳩, 真正面に, 眼の, 着くの, 着て, 祝ひの, 祿兵衞, 祿兵衞が, 祿兵衞は, 祿兵衞月代の, 禄兵衛, 禄兵衛が, 禄兵衛は, 禄兵衛月代の, 禿げ頭, 禿頭だった, 立つ居つ何, 笠さんと, 笠という, 第二号, 米国人に, 細君と, 給料と, 總兵衞さへ, 總兵衞は, 總兵衞を, 老人や, 考えだしたトリック, 考へでは, 耳に, 腕を, 藤助でした, 見習ひ, 角田を, 言い分であった, 言うこと, 言で, 言は, 言ひ置かれた, 言葉によって, 記憶に, 許に, 許可なくし, 話では, 話の, 談として, 貞八の, 近藤老人が, 部屋で, 部屋に, 酒田が, 鑑識通り忠実な, 門野と, 門野老人の, 間島与, 靴痕しか, 顔が, 顔なんぞ, 顔色の, 養子と, 首枷の, 驚きを, 黒田さんに, 鼻先へ

▼ 支配人~ (197, 18.0%)

4 帰って

2 [17件] いった, そう云っ, ひきさがるより, まっさおに, もう玄関, ゆっくりと, 七十幾歳にも, 今度は, 全額を, 土地で, 声を, 幾度も, 急に, 愛想よく, 旦那に, 穏やかに, 美奈子に

1 [159件] いいながら, いったいなに, いつでも, いつも麦酒, いとま, いますかという, おくへ, かなりの, きいた, この底, しずかに, しらが, じっと天井, すぐに, そういった, そうし, そこへ, そのおまわりさん, そのさわぎ, そのとき, その小切手, その指環, その眼光, その金, その階段, それでもまだ, そんなこと, とくとくと, どうして生きる, どこかの, どこへ, どんなこと, にせ黄金塔, びっくりした, ふくれつ面を, ほかに, ほこらしげ, ぽかり, まだ事務所, まるでキツネ, もう怪盗, やっぱりニヤリニヤリ笑っ, アウギュスト・ロダンの, アッと, イダルゴの, イヨイヨ勢付い, オドオドし, カラカラと, クラスノヤルスク村へ, クリストフの, グレゴール, フレデリックの, プンプンの, 一応出入口, 上海まで, 両腕, 両親に, 主人よりも, 二人を, 云いながら, 云って, 云ひ, 五, 今更の, 何か, 何でも, 何時歸る, 例の, 先に, 兎に, 再び娘, 出て, 到って, 労働問題について, 即座に, 叫んだ, 呆然として, 多忙で, 大急ぎでもとの, 太い溜息, 契約の, 奥の, 少々困った, 居ないの, 屋上庭園に, 川口直属の, 工人が, 工場の, 平日に, 店員が, 店員たちに, 度を, 弱って, 当日支店から, 彼が, 彼に, 彼の, 彼等が, 忽ち真赤, 怒りながら, 思わずニンガリ, 思わずワナナキ, 恭, 感慨深く言葉, 感激し, 手強わ, 指差しながら, 政府にて, 新聞記者操縦法が, 昔ふうに, 曲者が, 最初に, 松村という, 板戸を, 機嫌を, 此の, 満足したらしかった, 準備は, 烈しく首, 無作法な, 物をも, 特別親切に, 現在の, 用事が, 用心深く彼, 留守で, 真珠王に, 矢代の, 砂糖臭い, 空部屋に, 笑いながら, 策動し, 繰り返え, 腕を, 腕時計を, 荷車の, 親しげ, 言った, 言つた, 誰が, 誰も, 軽く頭, 近頃ダメ, 途方も, 酒を, 金庫の, 銀髪の, 青くなっ, 青年作家らの, 面喰ったらしく, 顔を, 顔色を, 首を, 驚きの, 驚くまい事, 鬼気を, 麗人入江たか子の, 黄金塔を, 黒いフロックコート

▼ 支配人~ (141, 12.9%)

4 やって来た, 入って 2 いった, おまえの, やって来て, 彼の, 指を, 頑張るには, 駭い

1 [119件] あらわれては, あわて, いち, いったが, いるにも, うやうやしくたずねました, お愛相, お絹さん, きて, くれた案内記, このスープ, これこそ, さう尋ねると, さし向かいに, しょっちゅう大々的, すぐさま幕, そのこと, そのネーム・ヴァリュー, たづね, たまりかねたよう, ちゅうちょし, とんで, にやにやっと, ひとり力に, また, みょうな, もてなしを, ものずき, やってくること, やつれた姿, やられた, やられたと, やる商売, ゐる, イタリイ語で, ズツと, ボーイに, ヤー・ヤーと, 一人其助手が, 一席弁じ終った, 一日目白文化村を, 一膝乗り出した, 三人も, 上京した, 云った, 代って, 令嬢の, 何と申します, 俺を, 六階に, 出かけ支配人, 出迎えの, 友達たちに, 口を, 台所女中の, 向うの, 執り行ふから旧来, 声を, 声高く, 大急ぎで, 大袈裟に, 奥から, 女房の, 妾に, 姿を, 寝て, 居る, 居ると, 居るのに, 居る役所, 山と, 帰つ, 帽子と, 平身低頭し, 床板を, 店務の, 彼女に, 心配し, 心配そうな, 忘れて, 応接室へ, 急に, 懐中電燈を, 手づか, 持って, 支配人を, 新聞記者の, 昨夜大阪で, 曲者は, 書店を, 望みで, 気を, 泣かんばかりの, 独逸領事を, 留守だ, 直ぐ西一郎, 私たちを, 空井戸の, 聞きか, 肩を, 自分で, 自身で, 興味を, 血に, 見えた, 警察へ, 負傷でも, 賊を, 起きて, 遮切った, 金庫の, 金庫へ, 金庫を, 附添い, 電燈を, 顔を, 食事などは, 騒ぎの, 高木氏の

▼ 支配人~ (98, 9.0%)

4 しては 2 なつて, 会って, 向って, 発見され, 逢わせて, 面會を

1 [82件] おなりに, お眼, かけあって, こう尋ねた, この事, ささやくの, して, すべてを, そういっ, そう言い, そこの, たずねるの, たづねる, たのみ私, どこか, なって, ならないか, なり済ますくらいの, なり醤油屋, なるという, ばけた博士, ばけて, ばけ店員たち, まかせ手分け, むっとする, ジュン, 一任させ, 一任すれ, 一寸お, 二年前の, 二戸を, 云った, 会いたいと, 会うて, 会った時, 会っても, 何故そんなに高く, 使われとったボーイ, 先日来の, 出世する, 出鱈目の, 別れの, 化けて, 取りたて, 口を, 口説かれて, 声を, 委せて, 手を, 打った電文, 擬せられて, 料理は, 會つていろ, 来て, 気取られないよう, 氣取られない, 渡し残り, 渡すやう, 渡すよう, 無駄な, 生糸店として, 申渡して, 示す, 社長が, 立ち向い, 納まって, 船まで, 行い易かろ, 要求しろ, 言ひつけた, 言ふ, 言ふと, 話す大いに, 説かれて, 譲り渡した, 身体を, 身體を, 迫ったが, 逢って, 逢つ, 逢ふ, 頼まれて

▼ 支配人~ (57, 5.2%)

12 して 3 先に, 呼んで 2 たずねて, ゆり起した, 殺そうと

1 [33件] してた男, つとめて, つれて, どんなこと, はじめ三人の, やれと, よんで, タタキ出し, 代えろ, 呼び出して, 呼んだ, 始め二十人程の, 始め重だった, 引きとめなだめ確信, 戲れ, 殺すかという, 殺す氣, 永らくいたし, 求めて, 片手を, 生ずる時節, 相手に, 睨みながら, 縛って, 縛つて參りました, 致してを, 解かれ那波君, 訪れる感じ, 買収し, 迎へに, 追っかけるよう, 部屋に, 部屋へ

▼ 支配人~ (51, 4.7%)

2 云う地位, 平次の, 言つても

1 [45件] いえば, いっしょに, いっしょにちんれつ室, けんかだ, しばらく話す, そっくりそのまま一天斎驚倒先生, そっくりです, なった由, なつた, なりし岩田至弘, なりまたは, ばらり, ふたりで, プロジューサーで, ボーイのは, ボーイ三四人の, 一座の, 上森を, 争いパトロン, 云うの, 交渉しまし, 会ひ, 何事か, 十二月以後の, 呉羽嬢に対する, 呉羽嬢も, 四月の, 女優の, 定め置きその, 家庭教師だけが, 専務二人ゐた, 小山に, 岩見とは, 店員の, 思って, 旅疲れの, 樋口とで, 相談し, 称する三十六, 立身した, 觸れ込ん, 話す撮影手当, 話そうと, 鉢合せを, 銀栖鳳へ

▼ 支配人~ (25, 2.3%)

2 私も

1 [23件] うちの人が, おくから, すっかりそれ, もみ手を, よびよせて, ゐるの, ボーイも, レノック巡査も, 一つゴックリと, 世話を, 何とも言っ, 同じ考え, 同感の, 妹に, 専務も, 怪盗を, 探し出して, 決して甘い, 積極説では, 職長も, 自分の, 逃げました, 驚いたの

▼ 支配人さん~ (19, 1.7%)

32 が居ります, の晩酌

1 [12件] がいった, がおいで, がお出で, がモーターボート, とあなた, といっしょ, とそれから, とんだこと, どうかお帰り, に入っ, はお前, 飛んだこと

▼ 支配人~ (13, 1.2%)

2 あつた, 有名な 1 オリヴェイラって, ホテルと, 二等運転手は, 井田という, 古い木版画, 店を, 昔の, 現今湯島天神町一丁目に, 西村と

▼ 支配人として~ (11, 1.0%)

4 店の 1 どんなに店, 働くこと, 先に, 活躍した, 留まること, 留ること, 知ったわけ

▼ 支配人から~ (8, 0.7%)

1 です, 京浜国道の, 来たもの, 知ること, 聞いた人相, 聴いた話, 電話が, 電話だ

▼ 支配人~ (8, 0.7%)

1 から重役室, でサンドウィッチ, で支配人, と云う, のドア, の入口, の隣, や応接間

▼ 支配人~ (7, 0.6%)

1 から大金, が自分, という木島, という触込み, とか持主, と言, なんて自称

▼ 支配人とは~ (5, 0.5%)

1 ちがって, ゾッとして, 力を, 思へません, 知合ひである

▼ 支配人としての~ (4, 0.4%)

2 責任に 1 勢力の, 責任を

▼ 支配人にも~ (4, 0.4%)

1 なれる七光り, わからないの, 突合わせ, 起こらないだろうか

▼ 支配人~ (4, 0.4%)

1 みんなに, 一番番頭の, 番頭とは, 番頭任せ

▼ 支配人より~ (4, 0.4%)

1 手紙四月は, 書類, 電報で, 電報雀の

▼ 支配人です~ (3, 0.3%)

1 から知つて, が, もの世間の

▼ 支配人という~ (3, 0.3%)

1 ことに, ひどいアメリカ語, んだった

▼ 支配人といふ~ (3, 0.3%)

1 ことに, のは, わけか

▼ 支配人らしい~ (3, 0.3%)

1 のへ, 男痩せ, 行屆いた

▼ 支配人~ (3, 0.3%)

1 にそんな, に恨みつらみ, に書い

▼ 支配人たち~ (2, 0.2%)

1 の綿密, も同一

▼ 支配人だった~ (2, 0.2%)

1 そうである, パーカーを

▼ 支配人でした~ (2, 0.2%)

1 が二, が父

▼ 支配人とも~ (2, 0.2%)

1 相談しまし, 覚しいの

▼ 支配人みたい~ (2, 0.2%)

1 な幇間みたい, になっ

▼ 支配人~ (2, 0.2%)

1 九郎掛り人与, 九郎掛り人與七手代榮吉下女お

▼ 支配人孫六~ (2, 0.2%)

2 は何

▼ 支配人来り~ (2, 0.2%)

1 三人で, 北村季佐江を

▼ 支配人樋口~ (2, 0.2%)

1 と久々, と会食

▼ 支配人殺し~ (2, 0.2%)

1 の一件, は俺

▼ 支配人總兵衞~ (2, 0.2%)

1 が見えなく, の死骸

▼ 支配人自身~ (2, 0.2%)

1 だった, なら二階

▼ 支配人~ (2, 0.2%)

1 が唇, をし

▼1* [94件]

支配人および平野氏途中まで, 支配人かでせう, 支配人からの呼鈴である, 支配人さんあなたはほか, 支配人さんごらんのとおり, 支配人さんどちらへいらっしゃいます, 支配人じゃいけないん, 支配人その他ホテルの使用人達, 支配人たる政府に, 支配人たるべき人材で, 支配人だけあって, 支配人だつたので午, 支配人だらうと思ふ, 支配人つていふの, 支配人えやつ, 支配人であり僕の, 支配人であると同時に, 支配人でっぷり肥った五十がらみ, 支配人でもあり境, 支配人とが向い合って, 支配人としては此上も, 支配人とともに店員を, 支配人どもより急度, 支配人ながい目で, 支配人ながら今日は, 支配人なぞいうの, 支配人などはとるにも, 支配人なりとしてひっそり生活, 支配人にだって俺の, 支配人について訊くと, 支配人にはミミズの, 支配人にまで成上が, 支配人はにこ, 支配人への手紙に, 支配人めいたモーニングの, 支配人よりの通信に, 支配人に新た, 支配人らしい行届いた心配です, 支配人らしくいろいろと, 支配人をも兼ねさかん, 支配人アレンを訪ね, 支配人ゴルデーエフは生産, 支配人サルトリス氏および副, 支配人タイプアメリカの民間人, 支配人ディー・ダブリュー・クロフォードの妾, 支配人デー・ダブリュ・クロフォードに愛さる, 支配人フリュウリ氏が出迎え, 支配人ランド氏は最初, 支配人レイ氏オテル・ロワヤル・オスマンのメラ氏, 支配人ロバアト・マギが確認, 支配人一人が有名, 支配人久禰田孫兵衛君に面会, 支配人其他の召使, 支配人兼文芸部長の品川一平, 支配人即通番頭が各, 支配人原元治郎さんが講談落語, 支配人古参な職長一味, 支配人吉三郎は長途, 支配人大入を感謝, 支配人夫婦にお礼, 支配人始め重役にあてた, 支配人孫三郎の姪, 支配人の様子, 支配人専務東宝劇団の幹部連, 支配人小瀬氏を初め店員達, 支配人尾島氏の許容, 支配人山本氏余を赤阪, 支配人工場長こいつ等の方, 支配人平野運平氏と相, 支配人店員たちや見習たち, 支配人排斥をやる, 支配人内藤彦一氏の, 支配人が世話, 支配人案内係りなど, 支配人樋口以下揃って, 支配人殺害を決心, 支配人無給だつて雇, 支配人田中正佐氏の努力, 支配人石持です, 支配人磯部節治君の強硬, 支配人社員中隊長重藤中尉特務曹長がそこら中, 支配人祿兵衞の手, 支配人祿兵衞三右衞門の甥世, 支配人禄兵衛の手, 支配人禄兵衛三右衛門の甥世, 支配人竹村氏に知らせたる, 支配人笠圭之介氏, 支配人舞臺監督者及び小, 支配人足立は敬二少年, 支配人近藤老人は主家, 支配人は多く知識階級出, 支配人那波氏と話し, 支配人長尾克と松喜, 支配人高橋朝太氏から親しく