青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「昼~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

昨夜~ 昨年~ ~昨日 昨日~ 昭和~ ~是 是~ ~是非 是非~ ~昼
昼~
昼間~ ~時 時~ ~時々 時々~ 時として~ 時に~ 時には~ ~時代 時代~

「昼~」 5199, 56ppm, 2066位

▼ 昼~ (1343, 25.8%)

59 ように 36 うちに 35 うちは 24 間は 21 食事を 15 うちから, ような 13 やうに, 弁当を, 終りに 11 光の, 部終る, 間に 10 中は, 疲れで, 部大 9 部は 8 日中に 7 あいだは, 中に, 暑さ, 様に, 疲れが 6 休みに, 光が, 月, 月が, 陽が 5 ようだ, 光に, 光を, 内は, 明るさ, 月の, 部の, 食事に 4 仕度を, 光は, 八つ, 夢, 日が, 明るみは, 終りには, 部が, 霧, 食事の

3 [26件] あいだに, ごとし, ままの, 中多く, 夢を, 恐れの, 日なかに, 時間に, 暖かさ, 月も, 湯の, 疲れに, 程奈良へ, 空に, 終りが, 終りホテ・グリ, 終り屋井, 膳に, 膳の, 菜の, 部を, 部終っ, 長さ, 間も, 雨に, 食事も

2 [70件] うちお, かたわれ月が, きらきらしい, こと毛利と, こと田舎は, つかれで, なごりの, ひかり, ほととぎすである, やうな, ようだった, ボーが, 世界と, 事が, 仕事を, 休みの, 休みを, 光で, 光りに, 入りは, 八ツ, 内此処, 区別が, 地震に, 夢かな, 如くに, 客は, 山の, 弁当の, 御座へ, 思, 方が, 日中から, 日光をも, 明りが, 明りに, 明るみと, 時は, 時間が, 時間を, 景色を, 月に, 月を, 月影の, 様な, 残りの, 汽車に, 疲れを, 着物の, 空とは, 終りは, 終り外出, 終り徳山, 終り藤山, 自分の, 虫が, 虫の, 蚊の, 蚊帳の, 蝋燭が, 部と, 野に, 間だけ, 間を, 陽は, 陽を, 雨, 雲に, 青々した, 食事は

1 [656件 抜粋] あいだから, あいだ太陽が, あかりで, あは, あひだ, うす汚れた, うちある, うちこの, うちそれとなく, うちだけ, うちで, うちです, うちにでも, うちには, うちにも, うちはさまでとは, うちばかり, うちむれ, うちより, うち主人に, うち二度は, うち城内から, うち太陽の, うち承った, うち敗れ, うち精神の, うち農兵の, うち雑貨店の, お客は, お居間, お弁当, お惣菜, お斎, お月さま, お肴なに, お膳, お茶に, お菜を, かれひに, きりぎりすが, こがらしはかうか, ことが, ことしたがって, ことであった, ことは, こののどけ, ころに, ごとく反射, ごとく平和湖, ごとく明るい, ごとく真っ赤, ごとし墓, ごと明し, ごと青葉かが, ご飯を, さびしさおそろし, さびしさし, さびしさなつかし, さびしさやるせな, さびしさ情な, しづかさ, しんかんたる, そういう気分, つかれも, つかれを, つづきで青嵐居士, とも, ない国, なかに, にほ, ぬくもりが, ひどさ, ほてりの, ほとぼりで, ほど公園に, ほの, ものが, もので, も夜の, ようです, ようにと, アルバイトにも, ギラギラする, ゴッホに対して, ニュースを, ホテリの, メムバー来り, ヨハンとは, ラジオは, 一と, 一日を, 一時に, 一時間の, 一時頃でございました, 一点に, 七つ, 三味女の, 三味線, 三味鑢磨る, 三時に, 三時頃には, 不知火隅田川の, 世界が, 世界である, 世界です, 世界より, 世界よりも, 中から, 中より, 中店を, 中彼は, 中見, 中解決, 九つ, 事務の, 事務服を, 二三の, 二時頃軍部と, 二組に, 人出は, 人目に, 仕事に, 仕事着だけ, 仮睡に, 休み, 休みなどに, 休みは, 休み時間など, 休み時間に, 休み時間にしか, 休憩時間らしく, 会合が, 会議で, 何の, 働きを, 元気も, 光であった, 光でも, 光とが, 光と共に, 光よりも, 光りが, 光りさえ, 光景は, 光狭く, 光線に, 入りムザン六分弱程度, 入り七分強位, 入り九分弱, 入り八九分, 入り悪し, 入り満点, 八ツから, 八ツ時, 内から, 内に, 切符貰っ, 列車だ, 利かないとこ, 力漕の, 加持に, 労れで, 労働に, 労働の, 勤めの, 勤めを, 勤務が, 区別に, 十二時から, 十二時までは, 十二時や, 十二時を, 十二時半に, 十二時過ぎから, 十日ばかりの, 午の, 半輪の, 印象である, 名残が, 名残の, 名残りが, 命が, 喧嘩の, 国に, 埃臭, 外出先が, 外出先を, 多くの, 夢みてる, 夢より, 夢夜の, 大売り出しの, 大気に, 大言は, 太陽に, 太陽の, 太陽は, 女帝の, 如く明るく, 如く枯れたる秋草, 如く町, 如し, 姿は, 威を, 守りは, 定食が, 客は種が, 寂光を, 寄席の, 寝顔, 居間の, 山, 山には, 山火はの, 差別から, 帯を, 幕間に, 幽霊投げやりな, 広小路を, 座席なども, 座敷侍の, 弁当つき布団つき間代まで, 弁当として, 弁当も, 弁護依頼人と, 弥撒の, 強い陽, 影を, 影法師と, 影燈籠の, 往来へ, 後に, 御座であった, 御座も, 御座夜, 御殿へと, 御祈祷, 御膳は, 御飯が, 御飯と, 御飯を, 心で, 心地に, 心持に, 怖い小父さん, 思想と, 恐怖が, 悩ましさ, 悪夢に, 所へは, 手枕だ, 手隙の, 握飯を, 支度で, 支度に, 支度をと, 旅糧, 旅行の, 旅館を, 日な, 日なかしょっちゅう, 日なかを, 日に, 日の, 日を, 日夕方の, 日射しが, 日当りと, 日本堤は, 明ありぬ, 明かりの, 明るみで, 明るみも, 明夜の, 星の, 星宿の, 時と, 時に, 時計は, 時間な, 時間も, 景色であろう, 景色も, 暑い光, 月でも, 月のか, 月へ, 月虚空に, 服装で, 朝飯, 林泉光る, 桶屋さん, 槐の, 様だつた, 残り飯で, 残暑を, 水か, 汁屋の, 汽車で, 汽車は, 活動から, 海は, 淋しさ, 湯槽には, 演奏を, 澄んだ大気, 澄んだ空, 火が, 火事, 火事で, 炎暑は, 為す所, 為せる, 無念を, 照り撫子もち, 煮物が, 熱閙と, 燈明が, 燻しを, 狂風も, 猫, 現実の, 瓦斯つき, 生活は, 生活を, 生活者なる, 男の, 番菅谷九右衛門, 疲も, 疲れとで, 疲れも, 疲労で, 白魚の, 看守と, 眠りも, 短い時, 石広元や, 祝いの, 私の, 程思ひ沈む, 稽古に, 稽古を, 空の, 空は, 空気を, 空襲は, 競技の, 第一回目, 納屋倉に, 終り, 終りアラスカ, 終りホテル, 終り丁度, 終り三益, 終り五時近し, 終り又, 終り吉岡あら, 終り名宝食堂で, 終り四時半頃外出する, 終り外, 終り山水楼, 終り徳山を, 終り日東紅茶, 終り来訪の, 終り松平晃, 終り梅田地下, 終り母上, 終り菊田, 終り蘭亭, 終り親子丼を, 終り部屋で, 終り頃御影の, 終り鳴瀬, 編笠を, 自由を, 興行が, 舞台に, 花の, 花園の, 花火とも, 草むらに, 藤の, 虎の, 虫に, 蚊帳が, 蚊帳に, 蛍こんもり, 蛍に, 蛍の, 蛍みたいに, 蛾が, 蛾は, 蜘蛛だった, 螽, 行灯かな, 行灯は, 街の, 街は, 衣裳と, 衣裳を, 見世物や, 見学の, 見物人が, 計画した, 記念会でも, 試合の, 調子で, 講演は, 負けを, 辛気くさ, 迷ひ, 通りに, 部, 部い, 部から, 部では, 部に, 部まことに, 部ダレ演, 部三益の, 部五分の入りお, 部充分ふざけ, 部全くよく, 部八分, 部八分の入り南座の, 部分において, 部分は, 部又, 部大入満員二円八十銭に, 部意外や, 部早目に, 部満員, 部満員である, 部満員売切, 部腐, 部貸切り, 部驚くべき, 酒, 酒は, 酒気を, 酷暑に, 銀座から, 銀座は, 銀笛, 鐘なる, 鐘遠く, 門の, 間じゅう死に, 間だけでも, 間には, 間の, 間五郎蔵殿の, 間十一時間も, 間十時間くらい, 間小屋に, 間水仕事や, 間番人が, 間鏡に, 間鳥たちが, 陣座は, 陽光を, 隙に, 雑踏の, 雑鬧と, 雨は, 雲が, 雲を, 霞の, 霧は, 霧よ, 青暗, 青空が, 静かさを, 面が, 音色の, 顔が, 風に, 風も, 風ものの, 風呂, 食事が, 食事という, 食事をと, 食事夜の, 食卓は, 食堂で, 食慾は, 食物とを, 食物を, 飯を, 飯時以来すっかり, 香水でも, 駅へ, 騒ぎで, 騒ぎです, 騒ぎは, 鳥とは, 鴉は, 麺麭を, 鼠の

▼ 昼~ (564, 10.8%)

142 夜も 12 晩も 5 暗い程 4 かなしけ, なかった, 大満員 3 夕も, 夜の, 雨戸を

2 [16件] しづかな, なお暗い, なほ昏, なほ暗い, 夕方も, 暗いほど, 無数の, 物騒でならない, 白い月, 真夜中も, 苑一面に, 薄暗い, 虫なく, 蚊が, 蚊帳を, 間断なく

1 [352件] あつた, あはれや, あらわれて, ありません, あり悪, あるもの, あんなにお湯, いたるところ, いちど家康に, うすぐらい御簾, うつつな, うつらうつらと, おかあさんの, おかわいがり, おたく, おちおち眠らない, おなじ三平汁, おれが, おれは, おろして, お前の, お化けの, お悲しい, お祖母様, かき鳴らした, かしわ晩も, かせぎどおしにかせいでいるのを, かなしけと, かなしと, かなり過ぎ, かの女, がたがたふるえ, がらがらがらがら三つ, きこえて, きびしき草, ぐっと活気づい, けじめが, けんけんと, こうして一つ, こうして泣い, ここで, ここでは, この一間, この寺, この輦溜り, こん, さまの, しじゅう機, して, すてに, ずいぶんな, そこから, そこを, その女中, その玉虫, その通り, それに, たいがい放し, たいていいっしょ, たえずザラザラと, たえまなくその, ただうつらうつら, たべた, たまに小, ちょっと扇屋, つきつきり, つけ放し, ときどき覗き, とぼとぼ歩い, どこへか, ないここ, ないそういう, ない井底, ない地下室, ない常闇, なお暗き, なお薄暗い, なき怠惰, なくそして, なくグウグウ, なく夜, なく布団, なく渦巻く, なければ, なし夜, なほ仄暗い, なほ耳かたむけ, なほ露を, にらみ合って, のんだくれ天地は, はかなき食事, はげしいので, ひっそりと, ひとつに, ふくろ, ほのぐらい煤天井, ほの暗い, ほの暗く黒髪長, ぼんやりし, まあ一杯, また大, また点りかなしむ, また知らざる, まるで腑, むろん満員, めちゃくちゃに, めったに日光, やみがたく, ようたべん, よく入っ, よく眠っ, わからなくなって, わしの, アンマにゃ, グレゴール, スバーの, バタの, フランスでなく, ブッ通しに, レコードが, 一と, 一人歩きは, 一心に, 一心に小児, 一枚蔀を, 一緒に, 三平そして, 不安で, 九分の入り思ったよりい, 乾かず, 五色の, 人と, 人影は, 人跡罕なれ, 仕事を, 仕出し弁当で, 仕切り戸, 伊勢の, 何も, 侍し, 停止する, 働くこと, 働くん, 光の, 兎の, 入り浸ってると, 冷たいお, 凄い, 出あるくこと, 出て, 出るも, 出歩いて, 判らない, 剥き出しの, 南へ, 厳重に, 同じやう, 同じ事, 同様に, 同様雇ひ, 吾妻屋の, 呵責を, 呼びかけられるよう, 喰わずひたすら, 四方を, 坂下から, 塀の, 売切大, 夜もね, 夜もの, 夜中も, 夜半の, 夢に, 夢見ぬ天日, 大変な, 天井うら, 奥の, 女王の, 子ざるの, 子供の, 学問を, 守る女神, 室にばかり, 家を, 寝ころんで, 小暗いぶきみな所, 小暗く大樹, 小止みなく, 居た夜, 山を, 帰らずに, 帳内に, 強固な, 彼は, 彼女の, 彼女は, 御飯を, 心配し, 忙しいが, 恋の, 恐れおののいて, 悲しさうに首, 感ずる, 我が心, 戸を, 折々あの, 抱かれて, 押し合うよう, 押すな, 捲きひろがろうと, 旅を, 日の, 日食の, 星の, 晦く, 晩と, 暑い, 暑く夜, 暗いくらい, 暗いほどに, 暗い山峡, 暗い山毛欅山, 暗い白檜唐檜, 暗い針葉樹, 暗かった, 暗くひんやり, 暗く空, 暗く茂った, 暴れまわった, 書斎に, 朗らかな, 木の下闇が, 杜鵑が, 杜鵑の, 東を, 松薪の, 枕頭に, 桑の, 梅茶, 梟が, 森の, 歩きと, 歩き夜, 殆ん, 母を, 水の, 水綿の, 法華経ばかり, 泣いて, 泣く赤児, 津田式飛行機製作所に, 消えぬ霜, 淫楽に, 満員だ, 満員だった, 満員で, 滅多に, 潺湲の, 濡れて, 火を, 点くの, 点って, 無い, 無い惑溺, 無名戦士の, 燈火を, 父帝の, 物凄い鶯谷, 物思いに, 留守を, 痛いこと, 白い煙, 盛んに, 直接に, 真暗だ, 真暗であった, 眠って, 睨められて, 祈りに, 神仙と, 籠れる, 精励した, 絶叫し, 耳鳴りが, 聞かされた病人, 職人から, 腰に, 膝っこぶ, 臆する男, 自分の, 舞い謡った, 苦しみおり候, 草木の, 蔀も, 薄暗いので, 薄暗いまでに, 薄暗いカフェ, 薄暗い中, 薄暗い十文字峠, 薄暗い場所, 薄暗い室内, 薄暗い崖, 薄暗い檜, 薄暗い程, 薄暗い第, 薄暗い道具裏, 薄暗い青葉, 薄暗い香, 薄暗い黒木立, 藪蚊が, 蚊うなり, 蚊の, 蜩に, 行悩む三方崩れ, 補助出切り, 見えたそう, 見はり, 見舞うて, 解けないで, 詰め切りに, 読書に, 警備に, 警戒し, 責められて, 身に, 軍隊と, 近く腹, 逃げつづけて, 還って, 邸の, 酒もりし, 酒場で, 酒盃を, 野山で, 鎖しつつ, 長いの, 電燈が, 電燈の, 音楽の, 頭の, 風が, 食べずに, 食べないので, 食べる, 食べ酔って, 食堂に, 饗膳の, 香は, 騒ぐ, 鳴くやう, 黒い砂, 龕燈を

▼ 昼~ (533, 10.3%)

10 則ち 8 昼で 4 雲の 3 人に, 人目に, 公然と, 大満員, 昼とて, 昼夜は, 衣に

2 [20件] さすがに, その麦, ひねもす夜, やがて夜, 人の, 千日前や, 合戦夜は, 咲き夜は, 外に, 夜の, 学校に, 家に, 寝ずして, 日の, 昼の, 気が, 相応な, 農作の, 静かで, 食堂で

1 [450件] あたたか, あやかしふかし, いくらか客, いけないが, いけない五六, うつすこと, うどんを, うどん二杯たべる, おすべらかしに, お日さま, お粥, かくれて, かくれ夜, げんなりと, こっちで, この娘, この炎天, この街, これ, ごく簡単, さしもの, さぞ勉強, さぞ薄暗い, しだいに暗く, すみました, そうで, そのもの思いの, その女房, そばから, それぞれ働きに, それに, たいそうしずか, たいそう静か, たいてい岩, ただの, だめな, つく, つくつくぼうし夜は, とっくに廻っ, とびきたる, どうしてもそ, どこぞに, どことかの, ながめ夜, なほかすか, なるべく気, はっきりと, ばんざいといって野菜, ぱったり異状, ひとりで, ひねもす, ひねもす一乗妙典, ひねもす例, ひねもす物思い, ふかしも, また, またおかず, またなに, また机, また目, まだ, みそさ, みつからぬよう, むしろ俗悪, もうあなた, もとより夜, もとより睡れなかった, ものうし, やあさんに, やはり調理食, やれ朝廷, よく近所, カレーパンを, コルソにて, ゴムマリが, ゴモクアクタで, スープに, ソファの, タキシが, パンと, ムクの, ムザンなる, ヤス子に, 一升五十銭以上の, 一日中真鍮の, 一日書物を, 一歩も, 一汁一菜に, 七星の, 七星旗を, 万年町の, 万歳なる, 下女同然に, 下高井戸の, 与八は, 世の, 両国広小路の, 久しさ, 九分の入り, 九分の入り夜は, 事なく, 二階が, 亭主が, 亭主の, 人いきれと, 人が, 人つくり, 人並みに, 人気の, 人目も, 人目を, 人間で, 人間の, 仔犬が, 他わい, 伊勢佐木町に, 休み一心太助, 休むこと, 休んで, 何を, 何百の, 例の, 働きながら, 働に, 元より, 光明の, 入り六七分, 全くない, 全くの, 全く意味, 八分位の, 六時間四時間二時間と, 其望台の, 其牝犬を, 其窓から, 具合が, 内に, 写本を, 冴えた空, 出て, 出来られない, 別れて, 前々から, 前の, 動かず夜, 勢いよく坂, 勤めたが, 勤めで, 勧工場を, 勿論夜, 北や, 北を, 医薬を, 医院の, 十二三貫の, 十二時, 千早振神路山の, 午睡の, 又貸切, 可笑しい夜, 呼びあい夜, 園芸に, 土地の, 地下に, 場所柄で, 塔の, 塾に, 墓場よりも, 夏なり, 外出し, 外出で, 多勢の, 大したこと, 大入満員, 大入満員七草の, 大抵, 大抵日陰, 大抵沖, 大方眠る, 大空の, 大道芸人などが, 天文学と共に, 夫と, 女の, 姿を, 娘たちの, 子供の, 子守まで, 宝号を, 客種悪く, 宣らさね, 家で, 家の, 宿に, 寝て, 寝ね夜, 寝るこうした, 寝捏粉, 専ら小説, 小屋籠りし, 小町の, 小鳥の, 少々気, 少しねむた, 屋台が, 屑屋夜は, 山刈りと, 山手の, 山稼ぎ畑稼ぎを, 左のみとも, 平気で, 幽かに, 広小路の, 店に, 店先に, 庭に, 弁当と, 弁当屋に, 影法師に, 役所へ, 往来の, 待てども, 御恩賜頭, 御飯晩は, 御馳走が, 心の, 必勝の, 忘れつ星合, 忙わしいの, 思い夜, 恐ろしく薄暗い, 悪い道, 悲しんで, 想像以上に, 我が入り, 手ず, 手に, 押し借り夜は, 掃除も, 敬治君と, 料理屋夜は, 斧で, 新刊書を, 新聞夕は, 新鮮な, 旌旗雲と, 既に尽き, 日光浴に, 日光浴を, 日本間の, 日本食です, 明るい光, 明るい見渡せ, 明るく夜, 昔の, 昔馴染の, 昼食夜は, 時々城下, 時々見廻り, 時を, 晴れわたるべく, 晴夕は, 暇な, 暑いか, 暑いが, 暑いん, 暖か, 暖かだつた, 暗い土間, 暮れて, 書を, 木小屋夜は, 木洞中に, 机によって, 村の, 来て, 東の, 果敢なき鉢, 格別夜は, 椽側へ, 楽隊でぶか, 構は, 槍術や, 止つ, 殆ど家と, 殆ど忘れ, 残忍なる, 毎日賑わっ, 毛布も, 水を, 氷上に, 沸き, 泳ぎに, 活気が, 流れて, 流石に, 浦に, 海水浴を, 消えつつ, 消えつ夜, 消える淡雪, 淡泊済まし, 深林や, 湯に, 満員と迄は, 満員補助出切り, 満鉄, 漬物, 潟魚の, 炉辺の, 炭の, 無晩, 煮菜, 熱く夜, 牧の, 物が, 物思ひぬ, 犬を, 狂躁に, 町に, 留守の, 病院から, 白日に, 百たび, 百余の, 目ジルシも, 真冬からは, 真盛日こ, 真赤な, 眠ったよう, 睡いからと, 短く夜, 石と, 砂糖茶, 研究が, 砲弾と, 碁将棋双六を, 禁廷左近の, 秋ふかい, 稲を, 空と, 空席あり, 空席が, 空虚だ, 笠に, 簡単な, 紺碧の, 終日夜は, 終日寝, 終日戦ひ, 終日物思いを, 絶食, 耳に, 股火を, 肴屋の, 胡瓜晩は, 胸の, 自分の, 芭蕉扇を, 若様がただけの, 英文和訳を, 茶店を, 草木に, 荒鷲の, 華氏の, 葬場であった, 葭切の, 蓬莱山の, 蚊夜は, 蝉と共に, 蝉の, 蝶を, 行きにくい, 行列と, 行商夜は, 街の, 袴を, 補助出切り, 補助少々, 補助椅子出切り, 襲って, 見えない, 試験所に, 詩人の, 講堂や, 豆腐買ひ, 貸切, 貸切では, 賃仕事に, 賑やかな, 赤い鬼百合, 赤坂に, 足を, 跳ねやる, 車馬の, 軍需工場に, 転寝勝に, 軽く夜, 近傍の, 近所の, 逆に, 遊園の, 過ぎ去り雨夜, 過ぎ夜, 邸の, 部屋の, 野良かせぎ, 野菜それから, 釣を, 銀座で, 鋸目にばかり, 錦霜軒の, 鎖おろす, 長崎奉行の, 長閑な, 閑の, 間が, 防備に, 陣地を, 陰黝き, 陳大夫父子を, 隠れ夜, 雌も, 雨の, 雪隠に, 雲と, 電気の, 電燈を, 電燈無し, 静かです, 静かな, 静け, 静岡大火同情マチネー, 非常に, 音曲夜は, 顔も, 食堂の, 餅を, 香の物酒も, 香を, 馬方に, 馬糞色に, 馬糧倉の, 高いところ, 鬣狗が, 鬱蒼たる, 鳥の, 黒く見える, 黒雲蒸し, 黙って

▼ 昼~ (243, 4.7%)

28 なく夜 23 夜との 9 夜とは 8 いわず夜, 夜と, 夜とが, 夜の 5 夜とを 4 夜が 3

2 [14件] なく, なくこの, なく呻, なく山の上, なく晩, なく神田, なく私, なれば, 同じ位, 夜とで, 夜とに, 夜を, 晩との, 違って

1 [111件] あひなり, あべこべ, いわずそこで, いわずまた, そして晩, ちがって, なくあの, なくいつも, なくうち, なくうつらうつら, なくうわ言, なくかれ, なくすさまじい勢い, なくつづきました, なく何, なく傍ら, なく兄弟ふたり, なく其の, なく吹かせる, なく吾, なく哀哭, なく地震, なく奇策奇襲, なく寝, なく左膳, なく幾日, なく彼, なく彼女達, なく思い悩みぬいた, なく思い続ける, なく思い詰め, なく恵林寺, なく我々, なく打ちつづい, なく打っ, なく暇, なく机, なく極, なく歩き, なく気味, なく水, なく洛中, なく浮世, なく涙, なく深い谷底, なく深良屋敷, なく熱, なく甘ったるい言葉, なく発狂, なく益々, なく童子, なく笛, なく組み合, なく老, なく考え抜いた, なく自分, なく苦しみつづけ, なく血, なく裸体女, なく西, なく見張りはじめた, なく起番, なく逐い続け, なく雪, なく雲間, なく髪, なし夜, なった, なったの, なりそうして, なりやがて, なり午後, なり夜, なる, なると, わかれねる時間, 云はず西からも, 入れちがうこと, 同じやう, 同じよう, 同じ会, 命の, 変らないくらい, 夕で, 夕との, 夜で, 夜である, 夜では, 夜とこそ, 夜としか, 夜とでは, 夜とも, 夜に, 夜ほどの, 夜愛と, 夜日々の, 夜美わしい, 思ふを, 悪魔の, 悲しいこと, 手隙な, 描き分けられた一面, 晩と, 晩とだけ, 晩とにな, 晩の, 朝は, 解した方, 言わずこの, 言わず閑人, 違つて濁

▼ 昼から~ (166, 3.2%)

4 夜に 3 来て, 酒を, 雨に

2 [11件] あんまり頭, たい子さんと, 出て, 夜へ, 夜まで, 大満員, 工場に, 晩まで, 満員, 陰って, 隣に

1 [131件] いままで, いよいよ練習, お働き, お兄様がた, お前の, お屋敷内, お山よ, お庄, お泊り, お袋は, かけて, かけての, ぎっしりの, けさまで, こっちずっと, この店, さっそくお, じゅうかかっ, すぐ近く, すっかり屋敷, ずっとあの, たか, ちょっと出る, ちょっと東, つ, つづけさま, つれて, である, でかけて, なにも, ひどい暑さ, また晩, もう飲ん, やって来たの, やって来て, サンプルを, タクシーで, 一二時間の, 一番槍を, 万朝報に, 三四万の, 三時迄, 乳母と, 二人で, 今に, 何にも, 何も, 何んにも, 俊ちゃんなどと, 催して, 出てる, 出掛けて, 出掛ける, 到, 割れ返るやう, 千代田橋ぎわの, 反つて, 土曜の, 夕方に, 夕方へ, 夕方まで, 夜にかけて, 夜の, 大ハリキリ, 大学の, 大雪が, 孝ちゃんに, 孟宗の, 家へ, 家を, 富岡は, 寒くない, 少しも, 岡村さんへ, 帝大の, 席を, 幾ん, 店を, 引きつづい, 引っ越して, 待ちぬいて, 捜しに, 撮影キャバレーの, 新天地を, 新聞の, 早稲田の, 景気がい, 晴れた日, 暮過ぎまでの, 曇って, 来るかと, 来るかとの, 林町へ, 歯が, 気がかりだった, 汗と, 泡盛を, 温石などで, 満員ぐっと, 満員だ, 滅入ったとか, 百貨店へ, 短檠を, 石炭を, 粘土打ち出, 聞こえた, 自堕落な, 自治委員会つていふ, 舞うたり, 若様方は, 英語の, 荷物を, 薄寒い雨, 補助出る, 遊びに, 酒くさい, 酒に, 酔って, 野球試合でも, 釣を, 間を, 間断なく, 附けて, 陣旗を, 頬を, 風の, 飲みました, 飲み放題, 飲み続けの, 騒々しく話し, 騒いで

▼ 昼でも~ (159, 3.1%)

9 夜でも 4 暗いよう 3 往来の, 薄暗いよう 2 こおろぎが, 奥の, 暗いの, 滅多に, 薄暗い或, 薄気味の, 虫の, 部屋の, 随分さびしい

1 [122件] あたりの, あの塔, あまり心持ち, あまり暗い, あろうこと, この坂, この辺り, すべての, その下, その森, それが, それを, どこの, ない夜, なく夜, なければ, ならずもの, なんだか薄暗い, なんとなく薄暗い, はっきり分る, ひと気, ほとんど真っ, ほの暗かった, ぼんやりした, まただれ, まつ暗, ゆるりと, ガスが, ストップが, 一人旅は, 人に, 人の, 人工の, 人目を, 人通りが, 俺等一人で, 勝手に, 取れます, 啼いて, 大抵は, 寂しいその, 寂しい場所, 寝そべらないと, 寝て, 小さなお, 小暗い通行人, 少し薄暗い, 山の, 平らな, 往来が, 悠々と, 掛け通して, 日の, 昼ほととぎすが, 晩でも, 暗いので, 暗い森, 暗い森林, 暗い社頭, 暗い納戸, 暗い雑木林, 暗い鬱蒼, 暗え, 暗く, 暗そう, 木立ちの薄暗い, 本など, 楽屋の, 死んで, 気が, 油断なく, 泣く, 涼しい蔭, 淋しいのに, 淡く水蒸気, 濛々として, 物声の, 狐や, 理科大学へ, 男の, 直に寝る, 真っ暗であった, 真っ暗な, 私は, 空には, 空を, 薄ら寒い日, 薄暗いという, 薄暗いところ, 薄暗いの, 薄暗いほどに, 薄暗いボックス, 薄暗い台所, 薄暗い山王, 薄暗い座敷, 薄暗い森, 薄暗い気味, 薄暗い空気, 薄暗い須弥壇, 薄暗かった, 薄暗くしんめ, 薄暗くたそがれ, 薄暗く年中じめじめ, 薄暗く殊に, 虫が, 蛙が, 蛙の, 蝙蝠が, 表の, 見える星, 見る, 言い続けた, 追い剥ぎの, 鍵が, 闇であった, 陰った日, 陰森として, 陰気で, 障子を, 電灯が, 頭から, 鼠が

▼ 昼~ (141, 2.7%)

16 なると 11 なって, なっても 4 して, なった, なる 3 又風 2 なったこと, なったり, なった時, なつた, 於て, 晩に, 見て

1 [74件] あって, かくれて, くりあがった, ここから, した暮し, しよう金, するなどという, する暑い, たどって, つ, ついで浮かれ狂う, つぐごとくわが, なす裏町, なったかと, なったと, なったので, なってからの, なっては, なつて, なりかく, なり夜, なり弁当, なり無限, なり近郊ロケ, なる少し, なれば, よび出した, パンと, 似たり, 出かけるとき, 化粧を, 反すと, 向日葵は, 変ろうと, 夜に, 夜を, 大抵帆船, 始まって, 始めそして, 寂しそう, 市井を, 幽霊に, 弁当と, 弱いもの, 成つても, 書くこと, 村へ, 比較し, 水替, 狙われた青鷹, 皆を, 相反する, 窖が, 竜濤寺へ, 絶望し, 継ぐ, 行って, 見た, 見る夢, 言はう, 諸君が, 赤く見え, 近いころ, 近い太陽, 近い日影, 返す訣, 釣る, 間も, 電灯が, 食い入る夜長, 食べた料理, 饂飩を, 高く舞, 麺麭と

▼ 昼~ (138, 2.7%)

7 になっ 4 になる 3 でした, の汽車 2 から雨, であった, になつて, の事, 起きて

1 [111件] あの騒ぎ, かと思う, からお, からご, から一食, から久し振り, から何回, から入った, から大嵐, から客, から宮原氏来訪, から小雨, から少し, から打ち始め, から春江ちゃん, から曇っ, から柳氏, から燃え始めた, から益々, から線路, から背広, から開通, から降り続いた, から霧, がよかろ, この病院内, すぐ電話, たしかにこの, ださうだ病院車, だったと, だつたので, ちょっとスキー, ちょっと雨, ついたん, でしたが, でしたよ, です, で市, となっ, に, にお, にそこ, にでもこちら, にどこ, になった, になり, になりました, には, にはとある, にはとうとう, にはもう, にはやん, には嵐, には蚕, には逸早く, には雲切, に友田純一郎, に姉, に寄っ, に引, に思いがけないよい, に森下, に漸く, に雨, の前駆, の方, はよく, は太陽, は至って, ぱっと日, ひょいと眼, まだ松本, までそち, までには市兵衛, までに殺された, までに美事立派, までは晴れ, までグッ, まで兵隊, まで夢, まで寐, まで待ちました, まで待つ, まで懐古園, まで歩行, まで死んだ, やってきた, やって来て, やっと荷物, ようやく私, より晴, 伝わって, 何だか三味線, 再び二階, 出て, 初めて玉島, 思ひも, 新鳥越, 書いたと, 来るには, 突然大門, 突然姉, 突然鍋島, 行ったの, 見れば, 起きる, 起き四時, 辿り着いたの, 迄は寝, 送り出す, 隣りの

▼ 昼~ (95, 1.8%)

3 あざむくばかり, 暗くする 2 とおして, 夜に, 欺くよう, 過ぎて

1 [81件] あざむくよう, うつすや, お厭, きして, くちゃくちゃに, ことに朝, こもらべば, すぎて, すましだんだん, すませる, ただ一人, たべた, つかって, つかひながら, つぎして, づーっと, なやましげ, はき違えた群集, ひとしお寂, ひッそり晴れ, ふらふらと, ぶっ通し, わがもの顔, 中へ, 主と, 乙鳥が, 作し, 兼ねたコーヒー, 兼ねた食事, 出すの, 前に, 厭わず延べた床, 合図に, 吹き廻って, 啼きぬいて, 啼く小禽, 土間で, 大分過ぎ, 守って, 少し廻った, 少し過ぎ, 廻りましたが, 待って, 待つらん, 晦くし, 有する夜, 未練そうに, 橋の, 欺き紅灯空, 欺くばかりの, 欺くほどに, 欺く満, 油の, 満員には, 焼く日, 白衣招待二十九日は, 眠つて囈言を, 眠る廊下, 知らば, 知るなり, 短かし, 端折って, 終ったところ, 継いで, 継ぐ如く悲しみ, 繰りあげて, 蕾かな, 見まわして, 見入って, 越すまで, 迎へ, 送り夜, 過ぎた暑い, 過ぎてから, 過ぎると, 過ごすうち, 閉じ枯葉, 降り通すべき気勢, 静かに, 面に, 食べなかったの

▼ 昼ごろ~ (61, 1.2%)

4 のこと 2 だった, になっ, に源氏, までつづいた

1 [49件] からふきはじめた, から三条, から出, から暇, から来, だって, だなと, でありました, でした, なりき, にお, にたずね, になり, にはうす, にはこの, にはその, にはほころび, には二人, には時, には桟, には田沼先生, にもう, にも南風楼, に今, に叔父, に大将, に少し, に日中, に来, に眼, に行っ, に起き, に高い, に麻布, の故, の日光, はもう, ふさがって, ふらと, までずるずる, までそのまま, までにはしょっぴい, までには友愛塾, までの出来事, まで寝, まで泣き, まで眠りつづけた, まで辛抱, 帰って

▼ 昼~ (53, 1.0%)

11 終ると 2 きて, 来て, 終ったの

1 [36件] あべこべにな, あるでなければ, あると, すみの, すみ水曲, すむと, つづくなんて, つづくん, ない, ひかへて, やって来ても, 一番御馳走で, 一番長く, 五時前に, 五杯で, 六ヶ月夜が, 動いて, 又貸切, 夜に, 怖ろ, 悪いから, 持つて, 明け, 明るくて, 昼だ, 来ても, 来ました, 来ます, 来るよう, 楽しみでした, 永きに, 永遠に, 汚れて, 眠つてゐる, 短かく, 過ぎると

▼ 昼すぎ~ (50, 1.0%)

4 になっ 2 まで待たされる

1 [44件] からいっしょ, から一人, から又, から暴風雨, から来, だった, ちょうどさしかかった, てやっと, て着いた, であった, である, でした, で新, にいつも, にきく, にちょいちょい, になつて, になる, には腰, にやっと, に二, に京極, に四五回, に帰京, に戻, に正三君, に死ん, に濡れた, の一番, の野原, は湯, までおじゃま, までじめじめ, までには片づく, までに出来上り候, までぼんやり, までゐた, まで日, まで服, まで葉子, まで雨, を小料理屋, を紅芙蓉, 迄に二景

▼ 昼近く~ (41, 0.8%)

8 なって 3 になっ 2 であつ, なってから, なるまで, のこと

1 [22件] いつもの, か, だが, だつたけれども, である, で腹, なったので, なった時分, なりまつ, なり机, なるにつれて, になつ, になつて眼, に炬燵, まだ何, までかかっ, までぐずつい, まで一廻り, やって来たので, 帰ること, 漸っと, 立って

▼ 昼なお~ (38, 0.7%)

1 [38件] うすぐらく狂った, くらい, くらい木立, くらき大, くろぐろと, さむざむと, 小暗い子恋, 小暗い感じ, 暗いという, 暗いところ, 暗いばかりに, 暗いほど, 暗い八幡知らず, 暗い叢林, 暗い四方, 暗い室内, 暗い感, 暗い杉木立ち, 暗い森林地帯, 暗い樹間, 暗い深林, 暗い長坂, 暗い階下, 暗きまでに, 暗き古木, 暗き大, 暗き所, 暗き曲りくねった, 暗き有様, 暗き鬱蒼, 暗くこんもり, 暗くなるほど, 暗く一日中車馬, 暗く夏, 暗く天, 暗く片側, 暗しという, 薄暗きよう

▼ 昼~ (37, 0.7%)

2 のしじま

1 [35件] からは橋ひとつ, から定席, があります, がハネ, が相次い, だと, であるから, でトリ, で枕, とて第, となった, と称し, などへ詰めかけ, には定, にふさわしい, に勉強, に川蒸気, に常磐津, のやるせない, の有名会, の独演会, の看板, の記憶, の釈台, はそこで, は四季, へいった, へも出られなくなっ, へゆく, へ出かけ, へ寝ころび, ほどしみじみ, をそれでも, を三年間, を二軒

▼ 昼終る~ (36, 0.7%)

4 とスコット 2 とアラスカ, と外出

1 [28件] と, とふた, とガスビル, とガスビル趣味, とゲンナリ, とプランタン, とホテル, と一座, と九月, と今月, と入浴, と北, と南僑, と友田, と宿, と小林千代子, と山水楼, と市川, と市川指圧氏, と徳山, と支那グリル一番, と本社, と森氏, と楽屋, と楽屋着, と藤山, と観光ホテル, と部屋

▼ 昼~ (33, 0.6%)

5 という 4 か夜

1 [24件] から, からね, から往来, から狐, から飯, か分らない, か判らない, か夕方, か解らん様, が所々, が美味かっ, といふ, とちょ, と写真, と思っ, と旅, と言っ, のに手燭, のに萌黄, よ, んご, んべ, パンを, 人間が

▼ 昼には~ (33, 0.6%)

1 [33件] おかみと, かえさせられる, けうとい羽色, さながら白日, そこへ, どこかで, もう殺され, コールドビーフを, ニスを, 余程早い, 兎を, 名和長年が, 天文に, 好奇心を, 室内を, 寿江子の, 岸本は, 帰るはず, 広い河原, 強制的に, 彼の, 後悔し, 昼の, 月江が, 歓楽夜には, 湯豆腐でも, 熱海へ, 蒲焼鳥モツ夕食には, 酒が, 野良に, 間が, 間の, 黒猫は

▼ 昼御飯~ (29, 0.6%)

5 を食べ 2 の仕度

1 [22件] がおいしく, がすむ, じゃなく, でお, でも食べ, でも食べよう, としては葱汁, になつて, に私, の代り, までにそれ以上お腹, もお, も一つ事, も食べない, をうち, をうんと, をしまふ, をすまし, をたべ, をオリンピック, を早め, を食べない

▼ 昼~ (28, 0.5%)

2 までも解けない, 散歩の

1 [24件] からがらり, きに, ぎおそくならいるかもしれない, ぎにはおおぜいいっしょに来た, ぐるまで, ぐる頃弟は, になっ, になった, には刑事, には子供達, には直に, には茶, に助, に帰る, に旦那様, に高瀬, は森, より工合, 二時より, 印刷屋から, 四時頃驟雨雷鳴, 最近雇った, 白い蝶, 霰の

▼ 昼~ (26, 0.5%)

2 あつた, その反対, 精神病院へ

1 [20件] おしまいに, さへ, そこの, ほうぼうの, もうす暗い, もうす暗い寂しい, もうす暗く, もさほど, 三越に, 借りきり, 公務に, 冬の, 十六時間が, 地階食堂へ, 明るい電灯, 朝も, 残りの, 申すも, 耕しつつ, 花ふぶきの

▼ 昼よりも~ (24, 0.5%)

3 寤めて 2 ずっと明るい

1 [19件] あかかりける, あかるい病間, なお殺気陰々, まだ明るい, ハッキリ見えた, 夜が, 夜こそ, 夜である, 夜に, 夜の, 宵宵よりも, 明かった, 明なりと, 明るい, 明るい一面, 明るい天地, 明るく地, 灯する, 紅い火

▼ 昼~ (24, 0.5%)

2 をのん, を飲ん, を飲んだ

1 [18件] くらって, そしてまた晩酒, そして晩酌, にぼうっと, にま, に酔っ, に酔っ払う, に鬱, の乾杯, の杯盤, の気, はよく, また散歩, をきこしめし, をしたたか, をやり, を味ふた, を禁じた

▼ 昼との~ (21, 0.4%)

3 区別が 2 境を

1 [16件] うちで, ちがいで, ような, 一時に, 一線が, 境が, 境の, 境も, 差別も, 影の, 影を, 溶け合った真に, 界なる, 相違から, 相違で, 落し子

▼ 昼なら~ (20, 0.4%)

2 ば眼, ば遥

1 [16件] ばいう, ばここ, ばこの, ば一度, ば古本, ば河口, ば碓氷峠, ば蘭, ば見え, ば間, ば青々, ば鵜, ば鼠, まだよろしゅう, よろしいの, 玉なす

▼ 昼からの~ (19, 0.4%)

2 授業が, 酒が

1 [15件] ことである, んで, 一番暖い, 一番槍こそ, 三時間は, 会合に, 勝ちに, 寝巻姿で, 引続い, 深酒で, 疲れが, 疲労を, 課業が, 風は, 饗宴で

▼ 昼ながら~ (19, 0.4%)

2 天地は

1 [17件] いまだ凍たる, この幽, しんかんと, どことなく冷たい, 南禅寺の, 堺の, 夜半の, 夢みつつ, 室内は, 幽かに, 戸を, 松葉屋の, 森と, 滅法薄暗い, 畳の, 秋の, 鬼気肌に

▼ 昼まで~ (19, 0.4%)

1 [19件] あの爺さん, ここの, そして昼, その着物, たっぷり十二時間, はじつとして, ぶらぶら歩き廻る, 両方の, 出立の, 咲いて, 執筆, 寝るという, 床に, 恒子さんは, 明りく, 滅入って, 眠る, 部屋に, 黙りこくって

▼ 昼近い~ (19, 0.4%)

1 [19件] ころ検屍万端済ん, でしょう, と思いました, 太陽に, 日光は, 時分でした, 時分に, 晴れた朝, 熱気を, 町の, 空は, 陽が, 陽に, 陽の, 雨あがり, 頃であった, 頃でした, 頃には, 頃村長と

▼ 昼より~ (18, 0.3%)

3 著く見え

1 [15件] はい, ほかに, 人目が, 反りし心地, 夏と, 夜日よりも, 於夏を, 明るいぞ, 明るく伊吹颪, 明るく照らす, 晴る, 満員開幕の, 西の, 風出で, 鶏卵と

▼ 昼遊び~ (18, 0.3%)

2 をし, をする

1 [14件] して, せし時肱掛窓, だけ許し, だけ遣っ, で決して, なし夜五時, にさえその, に行きました, に行っ, に行った, の太鼓, の客, の店, を覚える

▼ 昼さがり~ (17, 0.3%)

3 になり 2 のこと

1 [12件] からは冬, など三人, には三人, に稽古三味線, の事, の片, をからん, チャブダイにも, 南町奉行所奥大白州では, 大隅理学士は, 帷子を, 陶器師の

▼ 昼~ (17, 0.3%)

3 をした 2 をする

1 [12件] かな, から俺, が出来ぬ, して, す, せる妻, の人, の夢, の時, の目ざまし草, の肱, も夏

▼ 昼少し~ (17, 0.3%)

5 過ぎに 3 前に 1 すぎに, すぐるより, まわった頃仁右衛門, 下る頃, 前昔は, 過ぎたころ, 過ぎだ, 過ぎで, 過ぎであった

▼ 昼~ (17, 0.3%)

1 [17件] お粥, きまって着物, とつづけた, と三人, と三度々々, と憂鬱, と装束, のいずれ, の三度, の三度伏見, の三部教授, の気温, みれんがましく縁側, をアパート, 及びその他, 昔ながらの, 見飽きるほど

▼ 昼~ (14, 0.3%)

8 夜か 1 さう, それも, なほ生れも, はた, 何刻かも, 晩には

▼ 昼すこし~ (14, 0.3%)

3 前に, 過ぎに 1 すぎ, 前には, 前の, 前例の, 前電報, 過ぎたころ, 過ぎると, 過ぎ汽車

▼ 昼~ (12, 0.2%)

3 のに電燈 2 のか, んだ 1 といつ, のに人声, のに窓, のに門, のに雨戸

▼ 昼にも~ (12, 0.2%)

2 夜にも, 月の 1 かかわらず寒い, ならぬうち, なりぬ, まして弩弓, まして親し, 立帰る, 落度の, 間が

▼ 昼~ (12, 0.2%)

2 のある 1 がある, が少し, に紙鳶, のやう, の夕, の美し, へちぎれ雲, もある, をおく, を添

▼ 昼終り~ (12, 0.2%)

1 [12件] には鳴瀬, にガールスその他, に卵サンドイッチ, に藤山, 丸一食堂といふ, 今日から, 古賀氏に, 四月の, 徳山と, 支那グリル一番の, 新大阪へ, 渡辺

▼ 昼とは~ (10, 0.2%)

1 あてども, うどんを, よく言われる, 大違, 大違ひな, 家内じゅうが, 彼らの, 思われないほどに, 違う, 違って

▼ 昼とも~ (9, 0.2%)

3 夜とも 1 あなたわかん, つかず, つかずに, つかない懶い, つかぬやう, ケジメが

▼ 昼~ (9, 0.2%)

1 から浮ん, なら一人, の服, は日, へであつ, へに来る, への時間, も夜さ, 出して

▼ 昼時分~ (9, 0.2%)

1 でありました, で腹, という鳶八丈, になった, に私共, に至りぬ, に近い, の馬籠, まで待った

▼ 昼~ (9, 0.2%)

3 の花 1 のはな, のほめき, の咲く, の莟, は昼, やここ

▼ 昼さえ~ (8, 0.2%)

1 だれも, 人の, 人足まれなれ, 夕暮れの, 暗き八幡山, 暗く突当り, 遊ぶ人, 陽の

▼ 昼~ (8, 0.2%)

1 げに息, 出船の, 夜には, 夜の, 夜を, 御寝の, 朝湯が, 根黍かがやき

▼ 昼~ (8, 0.2%)

1 というの, にでもいっ, にでも晩湯, のあの, の定, の客, の気分, へ一人

▼ 昼からは~ (7, 0.1%)

1 すぐ忘れ, ちっとも釣れません, 坊城と, 毎日お, 炬燵に, 習字だった, 若様が

▼ 昼だって~ (7, 0.1%)

2 いうのに 1 ひよぐる, 同じこと, 夜だって, 夜中だって, 隕ちる

▼ 昼なほ~ (7, 0.1%)

1 暗い程, 暗い綺麗, 暗きところ, 暗き前庭, 暗き深谷, 暗らく, 薄暗い森

▼ 昼見る~ (7, 0.1%)

1 といつも, とさらに, と下, 大津絵屋も, 時とは, 景色は, 蛍の

▼ 昼~ (7, 0.1%)

1 と空, にお, にぼかされ, に恍惚, のあなた, の底, をたなびかせ

▼ 昼すら~ (6, 0.1%)

3 何か, 真夜に

▼ 昼ちかく~ (6, 0.1%)

2 になる 1 ちよつと, であった, なつて, までゆっくり

▼ 昼とんび~ (6, 0.1%)

1 が手毬, だッ, といふ, に違, に違ェ, をとつ

▼ 昼兼帯~ (6, 0.1%)

2 の食事 1 のお, の御飯, の遅い, の飯

▼ 昼~ (6, 0.1%)

2 と三度 1 と各, に変眼, の三度, の差別

▼ 昼~ (6, 0.1%)

2 満員, 満員である 1 満員で, 満員補助も

▼ 昼~ (6, 0.1%)

2 お暗い 1 お暗く, ほ暗き, 暗い独房, 暗く漸く

▼ 昼弁当~ (6, 0.1%)

1 の結飯, の餅, を使っ, を見つけ, を食う, を食っ

▼ 昼~ (6, 0.1%)

2 になる 1 となった, に大筒鉄砲, のし, の行斎

▼ 昼火事~ (6, 0.1%)

1 があっ, でございましたね, でもあるらしい, で大名小路あたり, に出くわした, に駈けつける

▼ 昼興行~ (6, 0.1%)

1 があった, にその, のそれ, の準備, やお寺, を催しかけ

▼ 昼見た~ (6, 0.1%)

1 ような, 唯一艘の, 夢の, 山の, 時穴の, 袿衣の

▼ 昼過ぎ~ (6, 0.1%)

3 て白い 1 ても雨, て新鮮, て歇む

▼ 昼じたく~ (5, 0.1%)

2 をし 1 にある, も一同, をさせる

▼ 昼とが~ (5, 0.1%)

1 あるという, 久しく転換, 全く転換, 完全に, 違って

▼ 昼なか~ (5, 0.1%)

1 のお茶の水わき, は人, は暑い, は残暑, 多少人前

▼ 昼までに~ (5, 0.1%)

1 こんな筋書, して, 三返やっ, 必ずたずね, 行けるかしらん

▼ 昼~ (5, 0.1%)

2 は夜 1 と二食, の仕舞風呂, は夜桜

▼ 昼夜半~ (5, 0.1%)

1 の後, の恐ろしい, ほど前, 少しも, 過ぎたの

▼ 昼~ (5, 0.1%)

1 兄弟が, 番だった, 番と, 番は, 番夕御

▼ 昼御膳~ (5, 0.1%)

1 などはなかなか, をよばれ, を其家, を喰う, を済ます

▼ 昼日なか~ (5, 0.1%)

2 の大路 1 そんな幻, に眺めた, 帰って

▼ 昼~ (5, 0.1%)

2 闇き 1 暗いところ, 暗き路次, 無永

▼ 昼~ (5, 0.1%)

2 をし 1 におちいっ, をする, をせん

▼ 昼~ (5, 0.1%)

2 のしづけ 1 なくそこ, のなく, の石

▼ 昼~ (5, 0.1%)

1 ならさうだわねと, 働いた若い, 寝て, 暇に, 横に

▼ 昼闌け~ (5, 0.1%)

1 て, て光る, て子, て清き, て間

▼ 昼ごはん~ (4, 0.1%)

1 のあと, の時, をすます, をたべ

▼ 昼だけ~ (4, 0.1%)

1 だぜ, ならまだしも, 医院へ, 麦焦

▼ 昼であり~ (4, 0.1%)

1 その他の, よい夜, 他方は, 内庭へ

▼ 昼でさえ~ (4, 0.1%)

1 あまり人の, その中, 巡礼の, 薄暗い処殊

▼ 昼など~ (4, 0.1%)

1 おいでに, お話しなさる, よくお, 牡丹雪が

▼ 昼ふかく~ (4, 0.1%)

1 ごまの, 草ふかく, 落葉に, 虫なく

▼ 昼までは~ (4, 0.1%)

1 大井君の, 暇な, 私は, 草を

▼ 昼~ (4, 0.1%)

1 に全校, に家, に屋上, をはじめ

▼ 昼~ (4, 0.1%)

1 に彼女自身, に沈み, に耽, は描く

▼ 昼~ (4, 0.1%)

1 の照っ, の照りつける, はほかほか, は時

▼ 昼深し~ (4, 0.1%)

1 それを, ぬつと, ぽんと, 上から

▼ 昼~ (4, 0.1%)

1 に櫓臍, に雙手, の満ち, の照り

▼ 昼~ (4, 0.1%)

1 その時, だから, だが, だろう

▼ 昼終っ~ (4, 0.1%)

1 ても外, ても外出, てアラスカ, て鳴瀬

▼ 昼花火~ (4, 0.1%)

1 が打ち上げられ, とはちがっ, を仰いだ, を視

▼ 昼うち~ (3, 0.1%)

1 だけ寒, にい, にやらかしてる

▼ 昼けんたい~ (3, 0.1%)

2 の食事 1 のめし

▼ 昼すぎる~ (3, 0.1%)

1 と気, 頃から, 頃に

▼ 昼である~ (3, 0.1%)

1 か夜, という, ということ

▼ 昼であろう~ (3, 0.1%)

1 か, が稼業, と十時

▼ 昼でさえも~ (3, 0.1%)

1 人の, 薄暗い淵, 静かな

▼ 昼では~ (3, 0.1%)

1 あまり気が付きません, 人目に, 先生の

▼ 昼とを~ (3, 0.1%)

1 一つに, 同じもの, 送って

▼ 昼はさ~ (3, 0.1%)

1 ほどで無けれ, ほどとも見えない, までに思えなかった

▼ 昼ひな~ (3, 0.1%)

2 かだらし 1 かこう

▼ 昼ふか~ (3, 0.1%)

3 みかも

▼ 昼ほととぎす~ (3, 0.1%)

1 が啼きぬく, が聞かれる, の声

▼ 昼まえ~ (3, 0.1%)

1 からうち, にその, にはかえる

▼ 昼までには~ (3, 0.1%)

1 山嶺に, 戻つて, 精進湖まで

▼ 昼よりは~ (3, 0.1%)

1 反て, 少し多量, 明るいで

▼ 昼一度~ (3, 0.1%)

1 は夜中, 廻ったのに, 歩いた通り

▼ 昼十二時~ (3, 0.1%)

1 から, にあっち, を午

▼ 昼十二時過ぎ~ (3, 0.1%)

2 に眼 1 にぴかりと

▼ 昼啼く~ (3, 0.1%)

2 鳥などに 1 虫は

▼ 昼提灯~ (3, 0.1%)

1 に白装束, をさげ, を持直す

▼ 昼時鳥~ (3, 0.1%)

1 の啼きぬく, の声, までが谺

▼ 昼来た~ (3, 0.1%)

1 まままだ, 人だ, 時には

▼ 昼~ (3, 0.1%)

1 につかれる, につままれ, の悪戯

▼ 昼~ (3, 0.1%)

2 だと 1 と云った

▼ 昼芝居~ (3, 0.1%)

1 のつけ, の舞台, を面白

▼ 昼薄暗い~ (3, 0.1%)

3 廬の

▼ 昼蚊帳~ (3, 0.1%)

1 に乞食, はおれ, を吊

▼ 昼~ (3, 0.1%)

1 てし, ても日向, ても随分

▼ 昼見えず~ (3, 0.1%)

2 との一条 1 と云う

▼ 昼頃私~ (3, 0.1%)

1 の友達, の手, は定期船

▼ 昼あるいは~ (2, 0.0%)

1 夕方の, 夜の

▼ 昼かに~ (2, 0.0%)

1 きっと時間, 行なわれその

▼ 昼かも~ (2, 0.0%)

1 分らなかった, 知れない

▼ 昼からに~ (2, 0.0%)

2 なって

▼ 昼ごろ罹災証明~ (2, 0.0%)

1 がもらえ, がもらえる

▼ 昼ごろ裏門~ (2, 0.0%)

1 のところ, の番

▼ 昼ごろ髪~ (2, 0.0%)

1 をきっちり, を結い

▼ 昼~ (2, 0.0%)

1 へ光, へ尚

▼ 昼しづか~ (2, 0.0%)

1 なる唐寺, な焼

▼ 昼じゅう~ (2, 0.0%)

1 つぶして, にあい

▼ 昼すぎみんな~ (2, 0.0%)

2 が外出

▼ 昼すでに~ (2, 0.0%)

1 この者, 鎌倉へは

▼ 昼だけに~ (2, 0.0%)

1 一層悲壮, 周囲は

▼ 昼だったら~ (2, 0.0%)

1 私も, 駒の

▼ 昼~ (2, 0.0%)

1 から僕, ぱらからでもおまえさんじゃあ

▼ 昼~ (2, 0.0%)

1 方より, 方大納言殿の

▼ 昼つかた~ (2, 0.0%)

1 みんなみ, 浄瑠璃寺の

▼ 昼です~ (2, 0.0%)

1 か, か夜

▼ 昼という~ (2, 0.0%)

1 ものが, ものを

▼ 昼とか~ (2, 0.0%)

1 おやつ, 夕方とかいう

▼ 昼とて~ (2, 0.0%)

1 そこと, 遊べども

▼ 昼とで~ (2, 0.0%)

1 人の, 同時にできてる

▼ 昼とでは~ (2, 0.0%)

1 まるで様子, 約七尺弱

▼ 昼なし~ (2, 0.0%)

2 に混雑

▼ 昼なれ~ (2, 0.0%)

1 ば白面, ば鎌倉じゅう

▼ 昼~ (2, 0.0%)

1 したり, ふる青鷺

▼ 昼ばかり~ (2, 0.0%)

1 です, 墓参りに

▼ 昼ふかき~ (2, 0.0%)

1 かなや, 日の

▼ 昼への~ (2, 0.0%)

1 欲望より, 移り変りに

▼ 昼ほど~ (2, 0.0%)

1 快活で, 思ひあぐねた鏡

▼ 昼よりの~ (2, 0.0%)

1 居浸りなれ, 疲れに

▼ 昼メシ~ (2, 0.0%)

1 だ, にチャンポン

▼ 昼~ (2, 0.0%)

1 がいた, の太夫

▼ 昼~ (2, 0.0%)

1 までにはすこし, をしぼる

▼ 昼二人~ (2, 0.0%)

1 で, で一緒

▼ 昼会社~ (2, 0.0%)

2 の事務机

▼ 昼出た~ (2, 0.0%)

1 ッきりな, 時とは

▼ 昼前後~ (2, 0.0%)

1 までが彼女, 又は夕方

▼ 昼四つ時~ (2, 0.0%)

1 に定番, に跡部

▼ 昼夕方~ (2, 0.0%)

1 おかまいなしなの, という三幕

▼ 昼夜番~ (2, 0.0%)

1 が要る, をし

▼ 昼夜間用~ (2, 0.0%)

1 は自家用八円四十銭, は自家用四銭

▼ 昼孤踏夫人~ (2, 0.0%)

2 へ海

▼ 昼~ (2, 0.0%)

2 たる時

▼ 昼強盗~ (2, 0.0%)

1 といふべし, 追落

▼ 昼~ (2, 0.0%)

1 は日々あとくり有, は飯

▼ 昼時他~ (2, 0.0%)

2 の者達

▼ 昼晩朗読~ (2, 0.0%)

2 するなんて

▼ 昼杜鵑~ (2, 0.0%)

1 が啼く, の声

▼ 昼~ (2, 0.0%)

1 ておそわった, て要害

▼ 昼~ (2, 0.0%)

1 になっ, 帰って

▼ 昼満員~ (2, 0.0%)

1 専ら女形, 然し客

▼ 昼~ (2, 0.0%)

1 のすみっこで, のそ

▼ 昼目歌~ (2, 0.0%)

1 が続く, を見れ

▼ 昼眠っ~ (2, 0.0%)

1 ている, て夜

▼ 昼眠る~ (2, 0.0%)

2 夜も

▼ 昼~ (2, 0.0%)

1 になる, よりも尚

▼ 昼~ (2, 0.0%)

1 で釣る, なので

▼ 昼色電灯~ (2, 0.0%)

1 が点い, も一緒

▼ 昼~ (2, 0.0%)

1 でそこ, の時代

▼ 昼行燈~ (2, 0.0%)

1 と云う, ばかりが目

▼ 昼見えぬ~ (2, 0.0%)

1 小さき星, 星の

▼ 昼見える~ (2, 0.0%)

1 星であろう, 流星の

▼ 昼見れ~ (2, 0.0%)

1 ど飽かぬ, ば飽く

▼ 昼過て~ (2, 0.0%)

1 からいく, も未だ

▼ 昼闌けし~ (2, 0.0%)

1 日ざし, 泛びや

▼ 昼~ (2, 0.0%)

1 にでも打たれた, 鳴りし雲そ

▼ 昼頃帰つて~ (2, 0.0%)

1 来た, 行く女

▼ 昼頃紋附~ (2, 0.0%)

2 を着た

▼ 昼風呂~ (2, 0.0%)

2 につかっ

▼ 昼食前~ (2, 0.0%)

1 であったの, に樹明君

▼ 昼鳴く~ (2, 0.0%)

1 虫, 虫も

▼1* [460件]

あんどん, 昼あんどんといふの, 昼ッぱい寝る, 昼いっしょに和歌山, 昼うつうつと眠る, 昼うどんを食っ, 昼うららな下, 昼神さんが, 昼かしらん夜, 昼かしらんそれとも夜, 昼かと思うほど, 昼かは愚かな, 昼からでもたいて, 昼がけを厭わぬ, 昼ぎつねのような顔だった, 昼ぐらいまでは続くでしょう, 昼ここを訪れた, 昼こそあのよう, 昼こっそり田安家の, 昼この先の, 昼これを愛用, 昼ござらしたのは, 昼ごろせんだってのみつば, 昼ごろひとりの百姓女, 昼ごろぼくはのど, 昼ごろぼんやり家へ帰っ, 昼ごろイヴはフィニアス, 昼ごろカチカチというひょう, 昼ごろサイゴンの沖, 昼ごろブラリと探偵事務所, 昼ごろ二郎は砂山, 昼ごろ仏頂面をした, 昼ごろ伸子が外出, 昼ごろ堅吉の宅, 昼ごろ年とった白髪, 昼ごろ弁当とどけて, 昼ごろ東京にかえった, 昼ごろ正雄さんは海辺, 昼ごろ母は使, 昼ごろ用があっ, 昼ごろ百姓風俗の変, 昼ごろ誰一人客のない, 昼ごろ電話をかけ, 昼さえも静かな, 昼さがりでこういう時, 昼さなか駈足, 昼さなか兵あらはれて, 昼ざかりにも, 昼じたくにいそがしい, 昼じゃ出来ない, 昼じゃあないか, 昼じゅう志毘の家, 昼ぎになつてからあわただしく船を, 昼すぎごろのこと, 昼すぎバラックから小便, 昼すぎ位にアガリ, 昼すぎ外国人はまた, 昼すぎ家を出, 昼すぎ昨日速達出して, 昼すぎ正造たちは関宿, 昼すぎ硝子窓にうつった, 昼すぎ素子は伯爵家, 昼すぎ警戒警報が解除, 昼すぎ霧が少し, 昼すぎ頃までかかっ, 昼すぎ風はいよいよ, 昼すぎ飛騨から中尾峠, 昼する詩会を, 昼そこの地点, 昼そして夜, 昼だけしか照らさないが, 昼だに薄暗い所, 昼ちかいようす, 昼ちかきころほ, 昼ぢかくであった, 昼であった家へ, 昼であったならば若い, 昼でございましたね火元, 昼でなければ古寺, 昼とても彼女には, 昼とにかけて誓いましょう, 昼なか家のなか, 昼なか読書に疲れ, 昼なか音もなく, 昼ながらの灯火を, 昼ながらも大幅な, 昼なく常に夜, 昼なにもたべず, 昼なほ手さぐりを要する, 昼なるや夜, 昼なんぞもう自分, 昼にかけて町屋は, 昼にすら男を, 昼にても近処, 昼にでも参りましょう, 昼になつては, 昼ねから醒めて, 昼ねよ健坊はね, 昼ねをして, 昼のきら, 昼のせんたくならばけっして, 昼のほどに徒然草を, 昼はてしなしぽこぽ, 昼はとほく澄みわたるので, 昼はねて夜, 昼はよもぎ色, 昼たご, 昼ばかりのよい国, 昼ひそかに蜂, 昼ひとしきり海の, 昼ひねもすロンドンの, 昼ひろくて私ひとり, 昼ひろ子が臥, 昼ふかい草, 昼ふかうして, 昼ふけにけり, 昼へと無言に, 昼ほどの笑は, 昼ほどは固くなく, 昼ほのぼのと朝顔, 昼まだけ稼ぎに出ました, 昼ておいた, 昼みた野球の, 昼みるよりもはっきり, 昼みんなの食事, 昼もう一ついは, 昼もからだが, 昼もくらい杉並木の, 昼もとおさえがたい, 昼もをぐらき家の, 昼やすみで数人, 昼やや闌けて, 昼やらして貰う, 昼ちかき清水, 昼よく眠た健康, 昼よりましたおそろしい大, 昼過ぎにと, 昼をかわほりくろく, 昼をも過ぎて, 昼をもって夜に, 昼コエリョを船中, 昼トンビの窃, 昼ニ書ヲ読ミシハ, 昼ハ共ニ魏ヲ伐, 昼ハ用ガ有ルカラウチヘ帰ッテイテソノ月ノ二十五日ニ, 昼ビチューゴフのところ, 昼ホテ・グリで会, 昼メシ直後でないらしいと, 昼ヶ岳を経, 昼一円の定食, 昼一夜を暮しかね, 昼一度夜一度あると, 昼一日私をはなした, 昼一時も自分, 昼一時頃から始め, 昼一杯晩一杯一杯一杯また一杯, 昼一緒に食事, 昼三法師君のお, 昼上りにせっせ, 昼丹前を無造作, 昼主税めわしの所, 昼久左衛門に槍, 昼乍らうすら寒い幽暗が, 昼九つ時頃讚州多度津湊へ著船, 昼九分の入りわりによく笑った, 昼九時より乗船, 昼九時北浜に至る, 昼二円五十銭夜五円以上の食事, 昼二円半夜五円一皿は一円, 昼二回夕方一度苦労性のモウパア警部, 昼二回血尿とあり, 昼二夜になる, 昼二夜復えりに一昼夜, 昼二度の餉, 昼二戸と東宝支社宣伝部, 昼二時頃になる, 昼二杯夕二杯とてもうまい, 昼二歩二朱夜一分ひと切り二朱などさまざま, 昼二食はうどん, 昼仕度を為る, 昼令嬢はきらきら, 昼以上の大, 昼伊吹城へ着く, 昼休夜行の原則, 昼休憩秋の地面, 昼休放課後には生徒, 昼会った時は, 昼かを食う, 昼何となく意味あり, 昼何事もなかっ, 昼何度目かの会見, 昼働き乍ら夜勉強する, 昼は書店, 昼先生から秘密, 昼光燭といふ球, 昼八つ時に平八郎, 昼八九分夜は満員, 昼八時から六時, 昼八王子の宿, 昼六波羅を出た, 昼其許から聞いた, 昼兼帯食パンにさせる, 昼兼用の食事, 昼まじく師, 昼凄凄濠南秋色転, 昼て児童, 昼出でて秋, 昼出鱈目なこと, 昼初めて逢坂山の, 昼加賀美さんの宅, 昼十二時開演売切補助, 昼去りて夜, 昼合戦は伏見, 昼吉川経家は城外, 昼后供は一婢, 昼告ぐる曙の, 昼啼きこだましぬ, 昼四時前に本郷, 昼四時霊巌島の出し練物永代橋, 昼国英寿江子さん達を御飯, 昼地下室の食堂, 昼売れば道, 昼夕三度づゝ海へ行く, 昼夕刻にかけて散歩, 昼夕夜月にも雪, 昼夜時も選ばず, 昼夜歩き通しに歩い, 昼夜汽車で走っ, 昼夜自分は毎日, 昼夜見はりの番士, 昼夜逃げ隠れて, 昼夜間にわが, 昼夢国忠と, 昼と地, 昼太平ビルロケ夜オープンの徹夜, 昼太陽の光, 昼夫婦づれで仮寝, 昼孕み女を, 昼学校では大抵, 昼定食を食っ, 昼宿の若, 昼寄席に通い, 昼密かに内通, 昼寒い風の, 昼さへ, 昼寝られて夜, 昼寝られない性分で, 昼寝られなくて夜, 昼寝るという, 昼寝覚め又大陸, 昼少々前から, 昼屋台を出し, 昼を見物, 昼席丈けが引移されたが, 昼席入りをし, 昼席夜席へ行く, 昼を乗せ, 昼帰京した, 昼に変, 昼座敷から居残っ, 昼弁当改善の目的, 昼弁当時で太陽, 昼って聞く, 昼忙しいだけに夜, 昼怪しげ男を捕り逃がした, 昼我々はまた, 昼或は夜の, 昼を掩, 昼押掛けて来, 昼捕りし鯉の, 昼捨ておいた兵糧は, 昼提灯土の下, 昼摘んだ川原撫子を, 昼撲りつけてある, 昼数百人に警護, 昼新築半ばの本丸, 昼既に満員, 昼日なか夢をみる, 昼日なか狐につままれた, 昼日仲だつた, 昼日散々反吐が出る, 昼明りは少し, 昼明智の小, 昼昼食した東山, 昼時刻だ, 昼晩トラックが食事, 昼晩四六時中竹一の傍, 昼晩塾生といっしょ, 昼晩家にあ, 昼晩日のある, 昼晩牛馬羊の生肉, 昼晩蜆ばかり食べさせられ, 昼である, 昼景色といったぐあいなので, 昼暗きこと夜の, 昼暗く晴れてから, 昼月ほのかに一, 昼朝子はすこし, 昼弥太堀, 昼来る船, 昼来客の話, 昼桂班長がやつ, 昼梶岡の永観入道, 昼棒鱈やの横丁, 昼森本は笠原, 昼の上, 昼正門の若宮御門, 昼比不意に旋風, 昼を抜いとかない, 昼水晶宮裏夏猶春, 昼永田光大より白米, 昼法師の覚一, 昼浴衣を一反, 昼淀川方面から古市, 昼深いときの, 昼深きかがやきの, 昼深み生の伊勢蝦飛びはねにたり, 昼渚人し見え, 昼渡り近き池, 昼湯沸からのぼる, 昼満開の桜, 昼無事再び取つ, 昼照草など引きのけ, 昼照草丁子草薄荷などあり, 昼牛車を打たせ, 昼牟子を風, 昼現れたるは, 昼田楽十番を出し, 昼る, 昼の出払った, 昼盗人か, 昼とも夜直, 昼眠ったらいいん, 昼眠れば夜, 昼眩き新調の, 昼破るとする, 昼に集, 昼神楽が一度, 昼のとこ, 昼一時に, 昼稼ぎの者, 昼突然縁側で, 昼立ち歩く森, 昼立っていま, 昼擂代, 昼も粳, 昼終りアラスカへ行く, 昼習った曲を, 昼のフトン, 昼興行麻雀をやる, 昼で大阪, 昼良寛さんを船, 昼萎むのだ, 昼落とした文子さんのだ, 昼薬研坂で声, 昼のあとほのか, 昼の声, 昼行ぶりはさる, 昼行燈みたいにぼうっと, 昼西片町に荷物, 昼見えざると女神, 昼見えしことあり, 昼見えたお武家, 昼見えないような, 昼見たら穢いか, 昼解団式の直後, 昼読み返した旧い原稿, 昼豊富な屋台店, 昼越後街道に現れた, 昼踊りや唄, 昼身体を横, 昼迄にアゲる, 昼迄には分る面白い, 昼迄の日の, 昼近き頃樋田の, 昼近く彼女は大阪ビル新館, 昼近く朝のコーヒー, 昼近く眼をさました, 昼近く読売新聞に行き, 昼逃げという, 昼這う奴が, 昼通し三日五日と, 昼逢った紫の, 昼をした, 昼過ぎた午後の, 昼過で荷車の, 昼過となれば灰色, 昼過るまで船, 昼道誉とともに逍遥, 昼遣りたいが昼, 昼をやり, 昼酒晩酌まで振る舞われ, 昼酒晩酌読書雑談散歩螻子君と共に一日一夜, 昼酒晩酒よろしい今日, 昼酒雑談そしてまた乱筆, 昼なるに, 昼金剛山に帰り着いた, 昼映座, 昼を入れた, 昼がまだ, 昼闌けた円日, 昼陰陰大人皆病児童健可識無心勝有心, 昼階下の土壇, 昼を節約, 昼霞ヶ関の茶寮, 昼霞ヶ関茶寮で会席料理, 昼霞青丹瓦のし, 昼霧雨の中, 昼にうすずい, 昼青い葉が, 昼青く夜光る, 昼静かなる根岸, 昼非常に光る, 昼頃そちらに着く, 昼頃どこかの小僧, 昼頃ねじを巻こう, 昼頃ラッパの音, 昼頃五百石に着いた, 昼頃京から道綱, 昼頃会田祖母スエ子来明治神宮へ行き, 昼頃何処やらで蕎麦, 昼頃係り同心が町役人, 昼頃保土ヶ谷だったか, 昼頃先輩のお, 昼頃出入の太助爺さん, 昼頃坂本さんへ手紙, 昼頃変な小僧, 昼頃大庭が来り, 昼頃奥の座敷, 昼頃娘の富美, 昼頃宿割をきめる, 昼頃富岡は宿, 昼頃小林さんが来, 昼頃尾花沢の清風宅, 昼頃平次は休業中, 昼頃平野が来た, 昼頃当り箱を玩弄, 昼頃案内の山男, 昼頃此処から天龍川, 昼頃母ぢやが庭, 昼頃眼を醒した, 昼頃私達は西沢金山, 昼頃空になった, 昼頃車を停め, 昼頃近くになっ, 昼頃陶器師という恐ろしい, 昼頃電報為替を出した, 昼頃顕治は, 昼頃風呂敷包を背負った, 昼領らす神, 昼に繽紛, 昼飛ぶ塔や, 昼食うて晩, 昼食せむ家た, 昼食べたのが, 昼食休みと称し, 昼食料を納め, 昼駄餉くらいであったろう, 昼鳴いて村叟, 昼鼠ちよろりと