青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「手拭~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

扉~ ~手 手~ 手代~ 手伝い~ 手先~ ~手前 手前~ 手当~ ~手拭
手拭~
手柄~ ~手段 手段~ ~手紙 手紙~ 手術~ ~手足 手足~ 手首~ 才~

「手拭~」 2927, 29ppm, 4035位

▼ 手拭~ (1277, 43.6%)

31 出して 27 持って 25 取って 23 さげて 21 かぶって 18 とって 16 持つて 15 肩に, 頭に 14 下げて 12 ぶら下げて, 畳んで, 絞って 11 忘れて, 首に 10 取つて, 被って 9 腰に 8 冠って 7 ぶらさげて, 冠った, 冠り 6 もって, 吉原か, 姉さん冠り, 姉さん被りに, 提げて, 肩へ, 裂いて, 見せて 5 かけて, 入れて, 姐さんか, 巻いて

4 [14件] しぼって, 取りました, 取出して, 吹き流しに, 吹流しに, 姉さんかぶりに, 姉様冠り, 姐さん冠り, 当てて, 被つて, 見て, 頭から, 顔に, 鷲掴みに

3 [28件] あてて, かぶった若い, しぼつ, つかんで, とつて, とると, はずして, ブラ下げ, 一と, 使って, 取りながら, 取り出して, 取れ, 口に, 右の, 姐さん被り, 帯に, 持ちて, 挟んで, 捲きつけて, 水で, 濡らして, 片手に, 眼に, 貸して, 頬冠り, 頭の, 頸に

2 [65件] あね, お吉, かけ, かけ白粉焼け, かなぐり捨てたの, して, しぼったり, すっとこ冠, たたんで, だらりと, とった, とる, はずしながら, ほぐすと, ほどいて, 一つべろりと, 上げたと, 下げた男, 下へ, 二本用意し, 借りて, 冠つた一人の, 冠つた小娘が, 冠る, 冷やして, 出しな, 出すと, 卷いて, 取ると, 受取りました, 嗅いで, 垂らして, 壁の, 外して, 小三郎は, 巻きつけて, 懐中から, 投げ込んだの, 抜いて, 拔い, 拾って, 持った手, 持った日本左衛門, 持出したの, 捨て兼ねたの, 杉の, 桶の, 浸けて, 米屋か, 細い帯, 絞っては, 肩から, 袖に, 被せる水鉄砲, 被つた, 被つた小娘, 角で, 解いて, 誰が, 買う, 載せて, 返して, 頬かぶりに, 頬かむりに, 額に

1 [618件 抜粋] あげましょう, あげますよ, あたま, あの店, あらためて腰, いた, おさんの, およこし, お使, お持ちです, お湯で, かえす, かけたり, かけた丹下左膳, かけた浪爺風, かけ竿, かせ手拭, かぶせて, かぶせようと, かぶった, かぶったり, かぶった女子, かぶった小柄, かぶった櫛まき, かぶった艶, かぶっても, かぶらせぬ, かぶりつつ, かぶりながら, かぶり五位鷺, かぶり手甲, かぶり片, かぶり裳, かぶり裾, かぶり襷, かぶり鬼, かむせ袖の下, かりて, きれいに, ぎゅっと握った, ぎりぎりと, くばるという, くる, くれたしかして, ぐる, ここへ, こしらえたり, こっちへ, さがし出して, さげたまま, さげたり, さげた日本左衛門, さげた栄三郎, さげ風呂, しごいたと, しごいて, した円髷, しっかりかぶっ, しぼる, しぼるみたい, しぼるよう, しぼろうとして, しめしては, すつとこ冠, ずるりと, そっと隠し, ちょっと頭, つかふな, つかみ何, つかみ魚, つかむ者, つけた田舎, つけられた山, つめようと, とった半, とつたら, とらせると, とりだした左膳, とりだして, とりのけながら, とりも, とり上げられた, とり除いたとき, なくしたと, にぎった両手, ぬいて, ぬき取り口, ぬるま湯に, ねじっては, のせて, のせ裾, はさみうす, はさんで, はずした, ひつつかむ, ひろって, ひッこ, ふきながし, ふった, ふって, ぶらさげた大沼博士, ぶらさげながら, ぶらさげ憂鬱, ぶら下げながら, まはりはじめました, まるでステッキ, まるめて, まわりはじめました, むすび裾, もつて, もみ出したり, もらって, やけにパッと, やつた, やろうさ, よく絞らない, わがねた首, ギュッと, コートの, ズックの, チャンチキか, チョット捲き付け, ドテラ, バラリと, バンドに, ビュウと, ブラ下げたり, ランプ棚の, 一反買っ, 一寸疊, 一方は, 一本持った, 一本持つた, 一本鞄の, 一筋に, 一筋乙會社は, 一重に, 三宝に, 下げてのう, 下げながら, 下げること, 下谷の, 両方から, 両目の, 丸めて, 乗せたじいさん, 乗せた婆さん, 乗せるの, 乘せた, 二つ折りに, 二三枚持っ, 二筋ずつ, 二筋持った, 人質の, 今にも落ち, 代える事, 何だ, 何反とか, 何時まで, 作る事, 使いましたし, 使う湯, 使つて背中を, 使はずに, 例の, 供えて, 供した, 借りたいと, 健吉の, 入れた, 入れた洗面器, 入れた護謨, 冠っ, 冠つたお, 冠つたこの, 冠つたのが, 冠つた樣子は, 冠つた男が, 冠つてもう, 冠つて人前にも, 冠つて出来り, 冠つて赤児を, 冠つて赤兒を, 冠つて鍬を, 冠りまし, 出しその, 出した, 出したとき, 出したり, 出しました, 出し幾度, 出し熱い, 出す, 出すのに, 出そうと, 前帯に, 力一ぱいしぼる, 勝手へ, 半襷, 卷いたま, 卷きつけて, 取った女, 取つた, 取つて上向き加減, 取つて傷口, 取つて輕, 取らないけれど, 取られ鬼, 取り, 取りあげると, 取りに, 取り上げた, 取り上げて, 取り取り私, 取り替える役, 取るこの, 取ろうと, 取上げて, 取出し涙, 受取った, 口にく, 叩きつけたから, 右左り, 吉原かむり, 吊したるなぞ, 向う鉢巻に, 向う顱卷, 吹聴し, 呉れた, 呉れたね, 呉れるん, 啣えて, 喧嘩か, 喧嘩被り, 喰わえて, 噛んで, 四筋置い, 四角に, 固く捻じ込まれ, 固く絞っ, 執り左, 執り糠袋, 外しそれ, 外した所, 外しました, 外の, 大切に, 天井高く, 姉さまか, 姉さん被, 姉様か, 姉樣か, 姐さんかぶりし, 宛行った, 家族同志で, 小さく疊, 小指の, 少しまくっ, 少し長目, 巻いたの, 巻いたので, 巻いた小指, 巻かれて, 巻き付けて, 巻き附け土竈, 平手で, 幾つかに, 幾十本と, 広げて, 廻し両手, 引つ張つた, 引出して, 引摺る, 引裂いては, 当てても, 当てない, 当てるより, 当てるわけ, 形見において, 後より, 後ろに, 後鉢巻に, 御被り, 忘れたもの, 忘れでも, 懐から, 懐中へ, 懸けたるが, 懸けて, 手すりにかけて, 手に, 手水鉢で, 手渡しした, 手綱に, 手繰り出して, 払って, 把って, 投げつけた, 折つて兩方の, 折り畳んで, 抜いては, 抜き取って, 押こまれ, 拡げて, 拾いあげて, 拾い上げて, 拾ったから, 拾ったこと, 拾つ, 拾つたから, 拾ひあげ, 拾ひました, 持ちたる左手, 持ち添えたいろは茶屋, 持ったまま, 持ったまま番所, 持った母親, 持つたま, 持つた手, 持つと, 持出さうとして, 持出そうとして, 持添へて, 振ったり, 振って, 振り合って, 捕ると, 捧げた, 捻じ込んで, 捻込んだ上, 掛けたの, 掛けたま, 掛けた女房, 掛けて, 掛けながら, 掛け窓, 掛け藤色, 探して, 探すやう, 掴まうと, 掴んだに, 掻い取ったが, 握ったまま, 握った両手, 握つたま, 握つて, 撤く, 敷いて, 文次郎の, 斜つかひ, 日本橋の, 早速頬冠, 早速頬被り, 是非つかっ, 替えて, 月代に, 栄二の, 棄て縄, 棒しごき, 検めると, 欄にかけて, 水に, 河原へ, 洗う, 洗ったの, 洗つたのが, 洗つて其玉蜀黍を, 浅く輪, 浚って, 浸して, 浸しては, 深くかぶっ, 添えて, 渡し, 渡した, 渡して, 温泉に, 湯に, 湯槽に, 湿して, 炎ながら, 独自に, 獨自に, 由造へ, 畳の, 畳んだらしいもの, 當て, 疊の, 盗んだが, 盗んだ者, 盗んで, 盗ッ, 相手の, 眉深, 着せて, 知って, 私が, 突込ん, 米屋さんか, 納めた, 納めに, 結はへ, 結ひつけ, 結んで, 絞ったの, 絞つたま, 絞つて, 絞つて手拭掛, 絞つて金盥, 絞り呉れるまでに, 絞るよう, 絞る時, 綾に, 締めたり, 繼ぎ合せ, 置いた友染, 置いて, 置きその, 脱いで, 脱って, 脱つて, 脱つて挨拶, 腰へ, 膝の, 自分の, 草に, 落したという, 落したといふ, 落したん, 落した人, 藍に, 行きも, 被せたの, 被った女たち, 被った婦人, 被った影法師, 被った爺, 被った者等, 被つたまま, 被つてさ, 被つてせつ, 被つて櫻, 被つて片肌, 被つて笠, 被つて縞, 被らないで, 被り眞赤, 被り赤い, 裾と, 襟に, 襷に, 見出した時, 解きながら, 誂えたの, 誂へ, 調べた時, 貰った義理, 貰つ, 買いに, 買ったの, 買つて來て, 買は, 買ひ, 賞めた, 身に, 軽く持っ, 載せるの, 送ります, 運んで, 配ったばかり, 配った覚え, 配布し, 鉢卷に, 銜えるよう, 開いて, 間深かに, 除り, 頂いて, 頂戴する, 頬被りし, 頬被りに, 頭にか, 頭へ, 頭髪へ, 頸部に, 頻りにごし, 顎で, 顏から, 顏に, 顔にかけて, 風呂場へ, 風車に, 風車の, 食いさ, 首にかけて, 髪の, 髷の, 鷲づかみ, 鼻ッ冠り, 鼻被り

▼ 手拭~ (451, 15.4%)

26 顔を 20 頬冠り 12 鉢巻を 11 汗を 8 涙を, 頭を, 額を 6 拭いて, 頬かむりを, 顔の 5 頬かぶりを, 頬被りを, 額の 4 ふいた, 拭きながら, 足を, 身体を, 鉢卷を, 鉢巻きを 3 ふきながら, 巻いて, 拭くと, 目を, 胸の, 自分の, 頬冠りし, 顏を, 髪を

2 [32件] あの夕立, ぐいと拭き, しばって, よく拭いた, キュッと, ヒョイと, ブルリと, 丁寧に, 体を, 傷を, 冷やして, 包んで, 提灯を, 泥足を, 痛々しくも, 皮膚が, 眼を, 私の, 絞め殺されて, 縛って, 背中を, 胸を, 若い女, 裾を, 誰でも, 足は, 面を, 頬被りし, 頬被りすそを, 頸を, 顔や, 首を

1 [210件] うしろ鉢巻を, お召の, かくして, かくして手, きつく体, きつく頬冠, きゅうきゅうと, きゅっきゅっと, ぎつと頬冠を, くくられた頭, くるくると, くるんだ仮面, ぐるぐるこすっ, こすつた, こすりつ, ごしごし拭い, ごしごし石鹸, ごっし, させられた章子, しっかと結え, しっかり頬冠, しばり青白く, すっぽり顔, せい子を, そっと拭い, その汗, それを, ちょいと, ていねいに, どきどきする, ひたいを, ひと汗拭いた, ふいたやう, ふいた彼, ふいて, ふかうと, ふきつつ, ふくれて, ぶるぶると, ぼちや, もういちど汗, もって, やたらに, ゆるゆると, よくも, カバーし, キッと, グッと, ゴシ, ザッと, スットコ冠り, スッポリ顔を, ツルリと, ハタハタと, バタの, ヒヨイと, 下顎, 二人の, 体中を, 作った胴ぎり, 冷して, 冷やしたり, 刀を, 別に手がかり, 前を, 力一杯に, 力委せ, 包み紅い, 包んだり, 包んだ容子, 包んだ手甲脚絆, 卷いて, 卷く之, 原田の, 右耳を, 向う顱卷, 向こう鉢巻, 向ふ, 向鉢巻, 咽喉の, 喉を, 嗽茶碗を, 堅く両, 太腿を, 姉さんかぶりを, 姉様冠り, 姐さん被り, 小平に, 巻いた手, 巻いた足, 巻きな, 巻て, 幾たびか, 引摺って, 引端折り, 後ろ鉢巻を, 後鉢巻を, 念入りに, 悉皆体, 我が鼻, 手を, 手拭で, 手早く涙, 押えたまま, 押拭う, 括つた白甜瓜, 括つて, 括つて荷締め, 拭いてから, 拭いに, 拭い取って, 拭きふき得意, 拭き取ると, 拭き廻した, 拭き廻った, 拭くだけの, 拭くよう, 拭つ, 拭ひ, 拭わせた, 捲いて, 掩って, 撫でさ, 擦らぬよう, 文太郎の, 月代を, 栄二は, 汗と, 汗や, 汗拭き, 泡沫玉を, 洟を, 涙拭き拭き, 湯呑みと, 濡れたところ, 濡れ手を, 父さんを, 片方の, 片目を, 白い身体, 皮膚を, 目か, 目の, 目隠しする, 眼隠しを, 着物の, 禿頭に, 結へ, 絞め上げたもの, 絞め殺し死体, 絞殺, 絞殺する, 総見し, 締めて居る, 締められるの, 縊り殺され, 縊り殺された, 縛らなければ, 縛られ双手, 縛りつけた頭, 縛るから, 縛るが, 繃帯し, 耳の, 耳を, 肌を, 肩から, 肩に, 胃の, 背中へ, 胸から, 胸や, 胸毛を, 腮を, 苦心し, 落して, 蔽はれた, 裸の, 身体の, 身體を, 郁太郎の, 鉢まきを, 鉢巻し, 隠して, 隠し置いた鼠, 面の, 面部を, 音の, 頬冠りした, 頬冠を, 頬被を, 頬辺を, 頭しばっ, 頭に, 頭の, 頸や, 額拭き, 額拭き拭き, 顏の, 顏冠り, 顔と, 顔など, 顔ばかり, 首筋から, 首筋の, 首筋を, 髮を, 鼻の, 鼻まで, 鼻ッ冠り

▼ 手拭~ (249, 8.5%)

15 端を 8 ように 7 下から 6 頬冠り 5 ような 4 上から, 上に, 上へ, 下に, 外に, 端へ, 頬冠を 3 はしを, 上には, 兩端へ, 端に

2 [20件] うちから, かげに, こちらの, やうに, 下へ, 前まで, 山を, 手を, 持主の, 模様は, 模樣は, 泥を, 畳んだの, 端が, 端の, 耳を, 良いの, 誂主は, 輪を, 頬冠りし

1 [128件] あいだに, ある事, うえに, かかって, かはり, が, きれいな, ごとくその, さが, したに, それが, なかを, はしに, ひと足こっちまで, ひと足こつち, ほお冠り, サービスまで, 一つは, 一端を, 一筋半紙の, 上で, 下からは, 両方の, 中から, 中に, 中を, 乾た, 余りが, 八本位袂から, 冠り, 切立ての, 刺繍模様みたいに, 包へ, 包紙で, 口に, 合間から, 吉原かむり, 向う鉢巻が, 向顱巻, 周囲に, 問題は, 圖案にかけては, 外には, 外へ, 大きな奴, 女だ, 如き小, 姉さんかぶりで, 姉様か, 姫だるまの, 巻きつけて, 幾本か, 床几で, 形を, 影, 影が, 後始末を, 懸った下, 成功を, 手の, 折ったの, 文字に, 新しいので, 方が, 柄の, 染め模様が, 染め模樣が, 模様の, 模様を, 模樣が, 模樣を, 残ったの, 毛でも, 水を, 汚れたよう, 汚れも, 沢山下がっ, 洗濯に, 濡れたるにて, 用意も, 申分なく, 畳んで, 白い布地, 真ん中を, 破れから, 移香でも, 端っこへたの, 端っこを, 端つこ, 端つこで拭き, 端でへの, 端切ッ屑お, 端斯う, 紅, 結目を, 絲目の, 締め方が, 群に, 耳に, 肌襦袢から, 臭いが, 色と, 行方を, 被りかた, 被りやう, 覆いに, 話いつか自分でした, 話は, 貰ったの, 跡だけ, 軒に, 輪の, 運動につれて, 違いは, 違ひ, 重きを, 鉢巻を, 間から, 間に, 隙間から, 音を, 頬かぶりに, 頬かぶりを, 頬かむりぐらいでは, 頬冠りくらゐ, 頬被り紺飛白の, 類を, 首を

▼ 手拭~ (151, 5.2%)

22 包んで 14 顔を 5 くるんで 3 ぬぐふてお, 何か, 浸して, 石を

2 [15件] しめしたり, つつんだり, つつんで, クルクルと, 包んだ切出し, 包んだ氷, 押しつけて, 掛ります, 曰くが, 水を, 目を, 紛れも, 近づいて, 進んだ鹿, 顏を

1 [68件] ある病院, うち払ひつ, かくして石置場, かくれて, かけた, かっと血, かみつく, くるみて, くるみ少し, くるんだ重い, こすりつけるまで, して, つ, ひとつかみほど, ほんの少し, 再び顔, 剃刀を, 包み猪口, 包むの, 包んだまま, 包んだり, 包んだ一口, 包んだ刄渡り五寸, 包んだ匕首, 包んだ懐炉, 包んだ泥だらけ, 包んだ焼物, 包んだ燒物, 包んだ眞矢, 包んだ紙入, 卷いた剃刀, 卷いた細身, 受け絞り切ッ, 吸はせ, 呑ませて, 塵紙に, 壜詰を, 少し血, 巻いた剃刀, 巻いた片足, 巻いて, 当るの, 日を, 染める事, 梅雨どき, 止まったの, 残るその, 水に, 汗と, 深く面, 清水を, 湯を, 熱い湯, 畳み込んだ匕首, 畳込ん, 疊み込んだ, 目が, 石鹸を, 空気を, 網袋それから, 見付からないやう, 遠慮を, 金包みを, 金盥を, 附いて, 顔の, 食い込んだまま, 髪を

▼ 手拭~ (118, 4.0%)

6 落ちて 3 出て, 濡れて 2 お勝手から, どうかしました, ひどく汚れ, ヒラヒラと, 一と, 一本落ち, 見える, 風に

1 [90件] あっしの, あるだろう, お柳, かちかちに, くくりつけて, さげて, じきぬれた, すぐあつく, すぐに, そよりとも, ちゃんと揃え, ちらっと動きました, ちらつと動きました, つばさを, どこかに, どっさりぶらさがっ, なかったり, ひらしやらと, ひろげて, ふらふらと, ほして, ほとんど乾く, ほどけて, まき付けて, キリリと, サッと風, ズラリと, チャンとして, 一本化粧台の, 一様に, 一筋少し, 一筋落ち, 一筋風に, 上の, 乗合の, 乘つて上に, 二つに, 二三本眞鍮の, 二本か, 二本現, 二本現われ, 五枚重ね, 冷く, 凍って, 切れて, 動く程度, 娘時分に, 巻き付けて, 幾筋掛け, 恐ろしい勢い, 恐ろしい勢ひで女, 愛の, 手拭掛けに, 日当りの, 春風に, 案外煮えた, 殆ん, 段々麥, 気に, 氣にな, 水の, 浸して, 深く喰い込んだ, 清澄な, 渦巻く町, 湯に, 濕れ, 濡れ過ぎて, 無いと, 生暖かくなった, 白い, 盗まれたこと, 目覚めるばかり, 真額で, 眼から, 秋林の, 紛失する, 置いて, 聚つて遙に, 肩掛の, 自宅の, 落ちますよ, 蛇に, 要るならその, 要るなら其邊, 見えると, 誰のか, 重ねて, 頸に, 黒き胸

▼ 手拭~ (99, 3.4%)

4 入口の 2 お前の, 一面の, 何の, 吉原冠り, 投げ節, 確かに, 虚無僧に, 血も, 酒屋の

1 [77件] いっこう動かなかった, いつ頃, いま水から, うちにも, お二人, お嬢さんの, お孃さん, ここだ, こんなに綺麗, こんなに綺麗ぢ, その横, ちゃんと顔半分, つけたまま, どうした, どう持つ, どこから, どこへ, ひとりでじやれる, わざと肩, スットコ被り, スフ三分混紡で, 一寸ほど, 三筋より, 不思議に, 交叉し, 今しぼった, 今度の, 何處へ, 使わない, 依然キリ, 俺から, 其儘で, 十五種で, 十枚分を, 十錢位で, 取れました, 古びて, 地頭よりも, 夕闇に, 宿へ, 寮の, 岡の, 左の, 常に乾く, 平生に, 持って, 普通の, 木綿より, 板の, 染めねば, 梅毒と, 正直で, 此処に, 汚れっぽい, 汚れつぽい, 汚れて, 浅草の, 濡れて, 無いか, 確に, 神田台所町の, 私が, 老人に, 膚に, 自宅の, 自然と, 被って, 被害者の, 見かけないやう, 見なれた物, 誰の, 貴様が, 足りなくなって, 重く濡れた, 長寿法において, 頬かぶり一ト筋の, 麻です

▼ 手拭~ (74, 2.5%)

9 石鹸を 2 つて頬か, 三尺と, 垢すりとを, 石鹸とを

1 [57件] いっしょに, しゃぼんとを, すがすがしいシャボン, それから, つて来る, つて頬かぶり彼女が, なり浴衣, まちがえて, シャボンとを, タオル, タオルで, プロマイド持っ, ラケットと, 一つに, 一と, 一所に, 二銭銅貨を, 云うの, 云うん, 半紙を, 取換えても, 同じた, 名づけた, 名を, 変ったの, 官給の, 房楊枝とを, 扇子とを, 手水鉢とが, 掛替, 束髪と, 来て, 楽屋かんざし, 歯ブラシと, 浅黄の, 淺黄の, 湯銭を, 煙草入と, 煙草道具と, 白い割烹, 石けんを, 石鹸とが, 石鹸箱とを, 石鹸箱を, 紺の, 肩とが, 菓子籠の, 袷を, 褌とは, 褌とを, 財布を, 達摩の, 間違えないよう, 間違へ, 面を, 魚臭い, 黒褌とを

▼ 手拭~ (43, 1.5%)

2 をかむ, をかむつ, をかむり直し, をぱらりと, を丸め, を取

1 [31件] がはちまき, が黄いろ, などはもと, などを捲い, など下げ, についた, にて深く, にて頭巻, に草束ね, は恐らく, をきりりと, をさげ, をもらつ, を三宝, を二つ, を借り, を出し, を取つ, を取りあげ, を取り出し, を姉さん冠, を持つ, を持つた, を疊, を絞つ, を被る, を解い, 一筋と, 中染て, 掛けが, 頬被り右手に

▼ 手拭~ (23, 0.8%)

2 団扇も

1 [21件] あるしっかり, かぶれなくして, くんな, なかつたで, なく真裸, ひきさいて, 一本お送りします, 一筋や, 一緒に, 佗びしさを添へ, 冠りません, 取りましたが, 撤らず, 旅上衣も, 査公だ, 矢立も, 絞らないで, 葱も, 被らずそのまま, 被らない職人体, 赤い色

▼ 手拭~ (21, 0.7%)

2 俳優の

1 [19件] ずぼん, シャツを, タオルで, タオルの, テーブル, ハンカチを, ハンケチなどを, ハンケチを, 乾海苔や, 塩などを, 巻煙草を, 石けんが, 石鹸なぞを, 石鹸を, 石鹸箱を, 紐で, 越中は, 風呂敷で, 鼻紙などを

▼ 手拭~ (19, 0.6%)

2 ぶりの, 何か, 何んかで, 紙に

1 [11件] なにかで, ぶりに, ぶりや, ぶりを, 何かで, 何かの, 何んかに, 半紙, 煙草でも, 細紐の, 風呂敷を

▼ 手拭にて~ (13, 0.4%)

1 [13件] しばりたる, 動が, 堅く結, 太き首, 後ろ鉢卷き, 目を, 頬冠りしける, 頭らを, 頭を, 頭部を, 顏を, 首を, 鼻口を

▼ 手拭~ (12, 0.4%)

1 [12件] かフンドシ, か煤け, か煤けですつ, がきょう, と判ってる, と聽, と言, な犢鼻褌, のの, の持つ, よ, よ踊

▼ 手拭とを~ (9, 0.3%)

1 さげて, にぎって, 一緒に, 利用する, 吹かれながら, 持って, 提げ乍ら, 用意し, 縄状として

▼ 手拭~ (9, 0.3%)

2 がふ 1 が踊, だの下駄, と歯磨ブラシ, などを一つ, には小新, に掛ける, や調度

▼ 手拭をか~ (8, 0.3%)

4 ぶつた, ぶつて

▼ 手拭浴衣~ (8, 0.3%)

2 を着 1 に半, の寝巻, の襟, の襦袢, を欄干, を端折っ

▼ 手拭でも~ (7, 0.2%)

1 染めて, 殺せる棒, 濡らして, 畳んで, 皆其ん中, 肩に, 被つて

▼ 手拭とか~ (7, 0.2%)

1 せめて足跡, 一個の, 中型の, 云うもの, 茶筒とか, 靴箆とかいう, 靴篦とかいふ

▼ 手拭など~ (7, 0.2%)

2 滅多に 1 お支度, すぐ渋紙色, 折り疊, 裂て, 頸に

▼ 手拭ひで~ (7, 0.2%)

1 あつた, おさ, つくつた變, ふけば, パタパタ裾, 拭いて, 禿げた頭

▼ 手拭まで~ (7, 0.2%)

2 した恰好, 鼻さきを 1 さげて, 染めさせて, 被らせた

▼ 手拭やら~ (7, 0.2%)

2 半襟やらを, 櫛やらを 1 煙草やら, 石鹸箱やら, 鬚の

▼ 手拭には~ (6, 0.2%)

1 そんなもの, どっかの, 何か, 薄い歯, 趣味を, 辰蔵の

▼ 手拭にも~ (6, 0.2%)

2 少し赤い, 浴衣にも 1 まだ短い, 襷にも

▼ 手拭かぶっ~ (5, 0.2%)

1 て, て下り, て水色模様, て襷, て跟

▼ 手拭なんか~ (5, 0.2%)

1 冠つてちよいと, 拾って, 持って, 持つて, 被るもの

▼ 手拭一本~ (5, 0.2%)

1 でしまる, に真白, の裸絵巻, ぶら下げると, を賞与

▼ 手拭掛け~ (5, 0.2%)

1 がない, が首, にかけ, に手, の棒

▼ 手拭~ (5, 0.2%)

1 が捨て, にでもする, にもされない, にもならぬ, に相違

▼ 手拭かけ~ (4, 0.1%)

1 でも箸, などに力, にあった, にだらり

▼ 手拭だけは~ (4, 0.1%)

2 染める暇 1 ブラ下げ, 解いて

▼ 手拭です~ (4, 0.1%)

2 がいくらか 1 がどこ, よ

▼ 手拭などを~ (4, 0.1%)

1 きちんとし, 出して, 流れの, 被り着物

▼ 手拭~ (4, 0.1%)

1 わざと泥, 包んで, 括つてあつ, 浴せかかる

▼ 手拭らしい~ (4, 0.1%)

2 のでした 1 のとを, 物を

▼ 手拭片手~ (4, 0.1%)

1 で流し, にノコノコ, にブラリ家, に上手

▼ 手拭~ (4, 0.1%)

2 にし 1 にプイ, に独

▼ 手拭から~ (3, 0.1%)

1 この事, ころりと, 櫛まで

▼ 手拭さげたる~ (3, 0.1%)

3 立姿を

▼ 手拭~ (3, 0.1%)

1 やすぐ, やない, や無い

▼ 手拭などが~ (3, 0.1%)

1 乱雑に, 用意され, 眺められる

▼ 手拭ばかり~ (3, 0.1%)

1 でなく浴衣, でなく褌, 見て

▼ 手拭ひかぶらせ~ (3, 0.1%)

3 て縁喜

▼ 手拭ひで顏~ (3, 0.1%)

2 の汗 1 と手

▼ 手拭もて~ (3, 0.1%)

1 下を, 鉢巻し, 顔を

▼ 手拭をば~ (3, 0.1%)

1 さげて, 巣を, 撫付けた

▼ 手拭を以て~ (3, 0.1%)

1 捲いた右手, 頬冠り, 馬と

▼ 手拭~ (3, 0.1%)

2 と筋 1 と筋殘つて

▼ 手拭一つ~ (3, 0.1%)

1 しぼって, と鼠一疋, 被らせて

▼ 手拭持つ~ (3, 0.1%)

1 て来い, 手に, 手を

▼ 手拭~ (3, 0.1%)

2 のもの 1 なもの

▼ 手拭さげ~ (2, 0.1%)

1 て帰り来る, て風呂場

▼ 手拭それ~ (2, 0.1%)

2 はひどく

▼ 手拭だけが~ (2, 0.1%)

1 少し白い, 身だしなみである

▼ 手拭だけを~ (2, 0.1%)

1 絞って, 絞つて貰

▼ 手拭でし~ (2, 0.1%)

1 て四辺, ばつて

▼ 手拭では~ (2, 0.1%)

1 どんな事, 駄目かネ

▼ 手拭という~ (2, 0.1%)

1 ものは, 話が

▼ 手拭なぞ~ (2, 0.1%)

1 誰も, 貰うて

▼ 手拭などは~ (2, 0.1%)

1 どこにも, 吹き飛ばされて

▼ 手拭はか~ (2, 0.1%)

1 あいさうに, あいそう

▼ 手拭ゆかた~ (2, 0.1%)

1 の立膝, を着

▼ 手拭をと~ (2, 0.1%)

1 差出しても, 思いましたけれど

▼ 手拭一筋~ (2, 0.1%)

1 である, の方

▼ 手拭二本~ (2, 0.1%)

1 をくれる, を貰った

▼ 手拭竿~ (2, 0.1%)

1 から手拭, の手拭

▼ 手拭~ (2, 0.1%)

1 を染め, を添

▼ 手拭茶碗~ (2, 0.1%)

2 のかけ

▼ 手拭~ (2, 0.1%)

1 つたお, つてこつち向いてる

▼ 手拭調べ~ (2, 0.1%)

1 が始まった, はよう

▼ 手拭鼻紙~ (2, 0.1%)

1 にいたる, まで紛失

▼1* [150件]

手拭あるいは編笠で, 手拭いずれを見, 手拭いまだ手摺も, 手拭かいがいしくからげた裾, 手拭かと思うと, 手拭かなんかを輪の, 手拭かぶり手に, 手拭ぐらいの大きさ, 手拭ぐるみ殺ぐという, 手拭ぐるみ髷のイチ, 手拭こいつで顱巻, 手拭ごと無いの, 手拭さえ揺めいて, 手拭て顔, 手拭しか持ち合せ, 手拭じゃ駄目だ, 手拭ッとこ被り, 手拭その下から, 手拭その他茶瓶から食器類, 手拭だけ新しいの, 手拭だけでも切り立ての, 手拭だの着替えだの, 手拭だらうそれぢや, 手拭だらしなく肩, 手拭だろう頭に, 手拭つけて汗, 手拭づつみの握り飯を二人, 手拭であるとつたへられ, 手拭であろうとルックサック, 手拭でなきやどうしても, 手拭でなきゃどうしても使わねえ, 手拭でなくッても, 手拭といふのは, 手拭とがもう蚊柱, 手拭としては如何かと, 手拭と共に強く引かれた, 手拭んざあ被つたこた, 手拭なしの草履, 手拭なぞをすすめて, 手拭などにも御包み候, 手拭などの如何は, 手拭なんかを持出したん, 手拭なんぞは飛んで, 手拭にまで染出し湯, 手拭のみが仄かに, 手拭ばかりが一ぱいは, 手拭ひでそつと額, 手拭ひでゆつくり躯, 手拭ひで二三度顔を叩い, 手拭ひで口元の血, 手拭ひで向う鉢巻きをした, 手拭ひで水着の上, 手拭ひで眼や鼻, 手拭ひで額の汗, 手拭ひとは結局一つ, 手拭ひとつこの六十円, 手拭ひにくるんで俺, 手拭ひもガーゼもなかつた, 手拭ひもニコチンでべとつい, 手拭ひゆる朝寒, 手拭ひろたと, 手拭までも浸して, 手拭みたいな講中, 手拭もて括り付けながら, 手拭ようのもの, 手拭模樣の, 手拭をさえ惜しんだの, 手拭をねぢり, 手拭を通して櫂を, 手拭カキモチが這入っ, 手拭シャボンと, 手拭スットコ冠りその, 手拭チリ紙それに現金一円, 手拭一ぱいの熨斗, 手拭一本位でも用意, 手拭一本屍体の前, 手拭一筋棹に懸つ, 手拭一筋買つて呉れなかつた, 手拭二筋ずつ客, 手拭五六本タオル二三枚出入りの人たち, 手拭代用の姉さんかぶり, 手拭使つてる, 手拭便所に使っ, 手拭入れを買, 手拭其他何でも引手, 手拭り拭, 手拭出して拭き, 手拭包みから解い, 手拭反古を作っ, 手拭叔母さんに達引, 手拭鉢巻に, 手拭擦炭, 手拭を蔽, 手拭夕焼には茜, 手拭好きだつちげ, 手拭少しお花見手拭, 手拭年頭之祝儀, 手拭座蒲団から順々, 手拭に手帳, 手拭時は, 手拭には手甲, 手拭かぶって, 手拭折れ矢笠馬糞などが, 手拭た, 手拭持つた手を, 手拭掛け一つだって私, 手拭揃って人, 手拭日和下駄をからから, 手拭染みた三尺帯を, 手拭染みますが派手, 手拭歯ブラシアルミニュームのコップ, 手拭歯磨楊子チリ紙着物それ等の合せ目, 手拭な扇子, 手拭浴衣一枚で生命, 手拭無遠慮に丹花, 手拭襷で, 手拭石鹸湯銭等を取り来らしめ, 手拭糠袋を持っ, 手拭紅い襷よ, 手拭から罪人, 手拭肌着足袋白米五合マツチぐらゐな物が入, 手拭落語家の左楽, 手拭蝦蟇口皆無い, 手拭袋のもよう, 手拭袋包をのせ, 手拭被らせらつたん, 手拭被りつつ脛あら, 手拭えて見ねえ, 手拭ひに, 手拭貸したげるから, 手拭賣り切れ大至急百, 手拭や白, 手拭赤手拭と云う, 手拭越しに伝わっ, 手拭退けてやれ, 手拭道化面などの人々, 手拭の名, 手拭鉢巻それが定まった, 手拭銀貨入手提の革鞄, 手拭雪駄等に至る, 手拭頬冠りの, 手拭頬被すらりと, 手拭頬被り切り立ての白木綿, 手拭が動い, 手拭は痛々しく, 手拭は痛々しく, 手拭のもの, 手拭風呂敷などを与えたる, 手拭風呂敷メリンスの風呂敷, 手拭に里女