青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「昭和~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~映る ~映画 映画~ ~春 春~ ~昨夜 昨夜~ 昨年~ ~昨日 昨日~
昭和~
~是 是~ ~是非 是非~ ~昼 昼~ 昼間~ ~時 時~ ~時々

「昭和~」 2158, 23ppm, 4978位

▼ 昭和~ (188, 8.7%)

8 聖代に 7 十四年間 5 今日に 4 初めの, 時代に 3 今日でも, 大棋戦, 現代に 2 はじめ日本の, はじめ頃の, 今日まで, 吾, 年代に, 御代に, 文壇の

1 [137件] この年, こんに, ごく初めごろ, はじめころまで, はじめごろの, はじめごろまで, はじめごろ中野駅前の, はじめでは, はじめに, はじめまだ, はじめまで, はじめ世の中が, はじめ世界の, はじめ日本犬を, はじめ東京の, はじめ第, はじめ頃までは, はじめ頃割れ, ひめゆり, ものの, モダーンうぐいすも, ルネッサンスは, 三つの, 三代と, 世の, 世相は, 中頃の, 九年以来あらゆる, 二三年頃であったら, 二年, 五十銭に, 五十銭玉が, 人間の, 今では, 今日それを, 今日では, 今日とでは, 今日には, 今日の, 今日も, 今日政商の, 今日汽車自動車の, 代表的小説家新, 会話の, 八年まで, 初にかけて, 初めごろの, 初めごろまで, 初めごろ私は, 初めまでも, 初め頃だった, 初め頃でも, 初め頃の, 初め頃は, 初め頃までに, 初年に, 初年にかけて, 初年には, 初年まだ, 初期は, 初頭にかけての, 利休とでも, 劇文学の, 十六年だ, 十年間, 十年間という, 名古屋に, 名画として, 四年ごろである, 國民の, 大劇場, 大通人, 女流俳句を, 始め頃トミーという, 婦人の, 年は, 年号で, 後半は, 御世が, 御世日本が, 御代である, 御代では, 御代と, 御代の, 御代ほど, 御代國運隆々として, 御大典奉祝, 御時, 心も, 悪人は, 我々が, 戦争が, 戦争文学または, 戦陣訓も, 政府は, 政界時局を通じて, 敗戰後に, 文化全般の, 文壇ジャーナリスムの, 文学を, 文学史に, 文学史を, 文學に, 文芸調とは, 日本における, 日本を, 日本人が, 日本人の, 日本人は, 日本人を, 明るさ, 春の, 時代には, 時代にも, 暴力女給の, 楠木正成, 歌壇に, 歴史に, 歴史を, 民衆と, 津軽風土記として, 現代まで, 痩せ細った五十銭玉, 白虎隊だった, 科学的時代を, 絵羽模様に, 絶版文学書を, 花咲爺, 討入よろしく, 軍人に, 軍部は, 間にかけて, 間には, 頃にな, 頃の, 頃千葉県なにがし村に, 高等学院が

▼ 昭和二年~ (65, 3.0%)

3 のこと, のはじめ, の夏, の春, の秋 2 に芥川, の丹後地震, の九月, の冬, の晩春

1 [40件] からは豊隆, からもつ, から三年, から四年, である, でその, というの, になっ, にはまだ, には左翼, には帝国学士院会員, にも四年, に大槻如電編輯, に私, に蔵原惟人, の, の二月, の二月中旬, の全国高等女学校長会議, の同, の央, の建築, の御代, の改造八月號, の文藝春秋九月號, の早春, の晩秋, の正月, の正月以降數ヶ月, の正月函根, の死, の淋しき, の當時, の鉱山閉鎖以来共同植付苅入れ, の雨, より同, 再び上京, 初めて三田, 大噴火, 始めて

▼ 昭和五年~ (53, 2.5%)

3 の春 2 に弘前, の一月, の今日, の冬, の十月二十日, の秋

1 [38件] から七年, から十年頃, が暮れる, であつ, と云え, になつて, になる, には町, に世界各国, に亡くなられた, に出, に出来た, に到る, に十一谷君, に名古屋, に岩波, に新しく, に書いた, に東京, に男, に鹿児島, のころ, の三度捕獲, の二月二十日, の五月, の元旦, の天覧試合, の官有林盗伐事件, の日本, の春都市復興祭, の暮, の正月, の歳末, の税金, の葉書, の頃, もいとおし, よ一九三〇年

▼ 昭和遊撃隊~ (50, 2.3%)

42 の根拠地, はこの, はただちに

1 [40件] が, がここ, がみんな, がやって来た, が大きな大きな, が戦場, が本式, が第, が紅玉島, だ, っていう艦隊, と一しょ, なの, に別, の三隻, の任務, の司令官, の奮戦, の射撃, の巡洋艦, の旗艦, の正体, の潜水艦, の身がわり, は, はいよいよ, はどこ, はまるで, は今や, は初陣, は影, は怒った, は碧海島, は血, もここ, もじつによく, も今や, も僕, をつくった, を屠っ

▼ 昭和三年~ (49, 2.3%)

4 の秋 2 である, に制定, に妻

1 [39件] から四年, その処女作, だった, であったと, ですから, で六十位, で言わば極々, に, にはその, には昭和三年, に七月二十一日, に五十五歳, に処女作, に男の子, に私, に至っ, に高, の, の七月, の七月末, の中頃, の五月, の作, の八月一日, の初めて, の初春, の四月四日, の旅, の春, の晩春吉野, の暮れ, の朝鮮滞在中, の氏, の済南事変, の物価比準, は中村屋, まで続きました, らしい色彩, 初めて降誕会

▼ 昭和十一年~ (49, 2.3%)

4 の秋 3 に砂子屋書房, の一月, の春

1 [36件] から二百廿三年前, から五十三年前, から十五箇年, から昭和十五年, でしたか, にできた, には五十七歳, には既に, に他界, に刊行, に初めて, に晩年, に書いた, に禁止, に立教大学, に解散, のこと, のはじめ, の一月三十一日, の六月, の初夏, の十二月二十八日, の啄木, の四月, の夏, の文展, の暮, の衆院議員選挙, の調査, はこの, もいよ, よりは稿料, を百, 及び十五年, 建てられた当時, 第一回帝国美術院

▼ 昭和九年~ (46, 2.1%)

3 の春 2 の二月, の作, の冬, の夏, の秋

1 [33件] から十一年, こそ自重, だったから, に, にでた, になっ, には光明道隆氏, には六億一千万円, に僕, に入る, に奧さん, に書いた, に東大在学中, に至っ, の, のこと, のとき, の七月, の六月三十日, の六月十八日, の出漁船, の十一月中旬, の四月, の大, の新春, の旧, の春創刊, の暴風, の社会, の秋上州四万, の秋英人スコット, は会財政部, 即ち一九三四年

▼ 昭和十年~ (46, 2.1%)

3 の冬, の秋 2 である, には完全, の春

1 [34件] から十五, から十五年, であるが, でも, になっ, には他, には日本, に亡くなった, に創設, に当時, に書い, に書いた, に松南先生, に菊池, のこと, の一周忌, の一月, の七月一日, の上野松坂屋, の事, の今日, の夏小浅間, の年末, の忘れ, の春俄, の春土佐, の横浜, の目出度き, の超人, は浅草, までの中, まで即, より千二百四十三年以前, 突如推算的

▼ 昭和八年~ (45, 2.1%)

4 のこと 3 である 2 に出版, の, の初頭, の夏, の年末, の春

1 [26件] かの神戸市主催, から二十年, から足かけ三年間, とでは管内人口, に, には百五十万, に笑, の七月初旬, の中秋, の二学期, の五十銭銀貨, の五月, の五月三十一日, の元旦, の六月初旬, の十月, の四月, の夜店, の晩秋, の正月, の秋, の議会, の銀座, までの間, 中文館, 第六十四回帝國議會

▼ 昭和十五年~ (45, 2.1%)

3 の七月十一日, の夏 2 といえ, の竿

1 [35件] から二十年前半, から二百十八年前, から十六年, だから, に, になっ, には, に中央公論社, に家族, に小川, に盲腸炎, のメモランダム, の七月十一日あたり, の九月十日, の五月, の僕, の元旦, の六月初旬, の十二月, の十月, の四月五日, の年, の春, の春作者, の春夫人, の晩春, の晩秋, の末, の死亡, の秋, の話, の身長, までの日本文学, まで約, よりまた

▼ 昭和七年~ (44, 2.0%)

6 の夏 2 に私, の冬, の東京市民

1 [32件] から終戦, であったか, と書い, と翌, にとうとう, になっ, に中央公論, に入り, に書いた, に本書, に村岡典嗣氏, に比べる, に池田亀鑑氏, に至って, に行つた時, のはじめ頃, の七月九日, の争議, の二月, の初夏, の十二月, の十月病い, の夏金沢, の日支事変, の晩春, の晩秋, の正月, の発行, の第, の頃, 再び手紙, 第百書房

▼ 昭和四年~ (44, 2.0%)

3 の夏, の春 2 に, になっ, の四月, の秋

1 [30件] から現代文学, です, においてさえ男工一〇〇, になつ, には, にはその, に佐佐木信綱博士, に和蘭, に東京, に東京女子医専, に洋行, に百五十部, に練馬南町, に起稿, の, の九月, の事, の二月頃, の今日, の元旦, の六月, の冬, の分, の刻印, の帝展, の文壇, は小杉さん, も五年, 丁度前田君, 新しい文学

▼ 昭和十七年~ (39, 1.8%)

8 の犯人 3 の事件 2 の一月末, の夏, の日記帳, の春, の暮

1 [18件] でしたかな, といえ, にさかのぼり, に別冊, に田部, に発行, のこと, の一冊, の二月, の今日, の八月十七日, の出来事, の十月, の場合, の容疑, の正月, の翼賛選挙, の調書

▼ 昭和十三年~ (37, 1.7%)

2 の八月, の暮, の秋

1 [31件] であつ, でさえ, と云え, になり, には十六歳, には東亜, に仮, に出版, に巌松堂, に生魚, に発表, に私, に足かけ八年, の三月号, の九月, の初夏, の初秋, の十一月, の十二月, の十二月二十二日, の十月, の夏, の夏活動, の婦人年表, の文展出品作, の春, の暮れ, の禁止, の訂正, より急速, を距

▼ 昭和十二年~ (37, 1.7%)

3 の秋 2 の二月, の春

1 [30件] から八十年前, から十六年十二月七日, から日本, から百四年前, か十三年, といいます, という, になっ, に反戦論者, のこと, のもの, の一月, の七月, の七月七日, の五月, の六月, の初冬, の十二月, の文展出品作, の晩秋, の暮, の暮ごろ, の末ごろ, の林内閣食逃げ解散後, の選挙, までの文学史, まで新聞記者生活, を最初, を送る, 丁度節分

▼ 昭和六年~ (34, 1.6%)

3 の元旦 2 の夏, の春, の秋

1 [25件] からは, から十年, から始め, に, にも同じ, に三越, に十一谷君, に同郷, に日本, に起った, のある, のこと, のころ, のはじめ, の四月, の婦人公民権政府案, の改正後, の早春, の暮ごろ, の東北地方, の満, の秋私, の秋米国, の税金査定, の随筆集

▼ 昭和十四年~ (30, 1.4%)

4 に書いた 2 から凡そ五十二年

1 [24件] という歴史, において俄, にはその, に京大, に出, に支那現代文学叢書, に比べれ, に発行, の一月, の二月, の五月頃, の夏, の多端, の年, の年末, の文学涸渇, の春, の春ごろ婦人公論, の正月, は特に, は経済界, までが終る, までは労務動員計画, 極く

▼ 昭和二十年~ (29, 1.3%)

3 の夏 2 に死んじまっ, の八月

1 [22件] いやもう, が慌しく, この浜田家, とかい, に一万余名, に戦災死, のこと, の元旦, の八月二十日, の冬, の四月上旬, の四月四日, の大晦日, の太陽, の始まり, の戦火, の日記, の春, の春さき, は来た, までの句, 乃至二十一年

▼ 昭和維新~ (28, 1.3%)

4 のため 3 の原動力 2 の中核問題

1 [19件] であります, である, ではない, とか絶叫, の先駆, の大, の急, の政治的眼目, の新, の曙光, の熱病, の目標, の眼目, は断じて, は日本, は正しく, は進展, を実行, を進展

▼ 昭和~ (27, 1.3%)

3 入ってから 2 なってから, 入って

1 [20件] いたる五十銭銀貨, つながって, なって, なってからの, なると, なるまで, 亘って, 亙って, 亙る聖代, 入ってからは, 入つて, 入りやしてね, 入ると, 変った, 挟み打ち, 於ける某, 歩み進んだ, 生れましたわたし共, 至るまでの, 至る日本文化

▼ 昭和十六年~ (25, 1.2%)

2 の十二月八日, の夏

1 [21件] から十九年, から昭和二十年, から私, つい最近, であったと, という年, の一月, の中支行き, の二月, の八月, の六月一日, の十二月, の十月号, の常識, の暮, の秋, の立秋後, の紀元節, は過ぎ去り, 即ち先生, 迄私

▼ 昭和十八年~ (19, 0.9%)

3 の春, の秋

1 [13件] に, に一家, に日本, に軽井沢, の一月十八日マニラ, の七月, の今日八十二歳, の十月, の夏, の年末頃, の早春, の暮, の末

▼ 昭和十九年~ (17, 0.8%)

3 の暮

1 [14件] からは学徒動員, だった, になつ, には休場, に南方, の今日, の六月二十三日, の初夏, の夏, の新春, の春, の秋, は我国, 依嘱

▼ 昭和二十一年~ (12, 0.6%)

1 [12件] から二十二年頃, であつ, になっ, の一月, の一月すゑ, の三月, の九月, の夏, の新聞雑誌, の秋, の身辺, の雪解け

▼ 昭和時代~ (12, 0.6%)

1 [12件] に, になっ, になる, には近衛内閣, に世人, に入っ, の成金, の我々酒徒, の戦争, の教育, の日本, の東京市中

▼ 昭和~ (10, 0.5%)

1 なった, なってから, なっても, 三代に, 三代の, 今日までの, 俳句隆盛時代の, 年号が, 改元し, 経て

▼ 昭和初頭~ (10, 0.5%)

1 からそれ, から事変以前, と同じ, に於ける, に没した, の夏, の寄席不況時代, の銀座タイガー, の頃, へ

▼ 昭和十四年度~ (8, 0.4%)

1 における朝鮮, には, にははっきり, には凡そ二百三十七万人余, の, の奇現象, の文学, の日本文学

▼ 昭和通り~ (8, 0.4%)

1 に二つ, のコンクリート, のマリキタ, のレストゥラント, の小さい, の露地, を上野公園, を歩く

▼ 昭和二十三年~ (7, 0.3%)

2 の勤労者 1 になっ, になった, に再び, の作, の冬

▼ 昭和二十二年~ (7, 0.3%)

1 に書いた, の六月, の冬, の十一月, の暮, の秋, 即ち終戦二年目

▼ 昭和二年頃~ (7, 0.3%)

1 から三年, であったと, には小型, に新潮社刊行, のもの, の十月, の歌

▼ 昭和初年~ (7, 0.3%)

1 にかけての頃, に猥本, のある, の円タク洪水, の財界, も鹿, 始めて

▼ 昭和合金~ (7, 0.3%)

3 の敷地 2 へ売った 1 との間, の仮

▼ 昭和神聖会~ (7, 0.3%)

1 がつまり, であって, との提携, に対する右翼一般, の北多摩支部, は巨万, も何等

▼ 昭和二十五年~ (6, 0.3%)

1 にあたる, に書いた, の三月岩谷書店, の四月, の四月号, の夏

▼ 昭和五十二年~ (6, 0.3%)

2 なん, の夏 1 における生活ぶり, の冬十二月十二日

▼ 昭和初期~ (6, 0.3%)

1 か, であるとか, にかけてのこと, のもの, の新聞, の綺譚

▼ 昭和四年度~ (6, 0.3%)

2 の豫算 1 における著しい, の四分の一, の實行豫算, の暦

▼ 昭和四年頃~ (6, 0.3%)

1 からは年々三月, からひとたび, のこと, の作, はソ連, 暫く鎌倉姥ヶ谷

▼ 昭和改元~ (6, 0.3%)

2 の第 1 のころ, の年, の後, の際年

▼ 昭和何年~ (5, 0.2%)

1 かに, から文藝春秋, だったか, であったか, とか言う

▼ 昭和元年~ (5, 0.2%)

2 から二年, を一〇〇 1

▼ 昭和十年前後~ (5, 0.2%)

1 つまり, に跨る, のこと, の事, の作家群

▼ 昭和年代~ (5, 0.2%)

2 に入 1 のいくつ, の今日, よりか進ん

▼ 昭和にかけて~ (4, 0.2%)

1 少壮登山家が, 戦つたたくさんの, 社会問題労働問題が, 私共は

▼ 昭和~ (4, 0.2%)

3 かけての 1 入つて

▼ 昭和を通じて~ (4, 0.2%)

1 それぞれ有名無名の, 一冊だけ, 日本が, 誰も

▼ 昭和三年初夏~ (4, 0.2%)

2 のこと, より同じく

▼ 昭和五年度~ (4, 0.2%)

1 では, には五千五百五十萬圓, の約, の豫算

▼ 昭和八年度~ (4, 0.2%)

21 の四冊, は活躍開始

▼ 昭和十一年度~ (4, 0.2%)

1 の, の探偵文壇, の朝日賞, の職業別統計

▼ 昭和十二年度~ (4, 0.2%)

1 が一番農耕地, には水田, の新, の農耕面積

▼ 昭和十年頃~ (4, 0.2%)

1 です, のこと, の千日前, の最近

▼ 昭和戦前~ (4, 0.2%)

1 の吉原街上, の深夜オペラ館, までいた, までの落語界

▼ 昭和現代~ (4, 0.2%)

1 にも何となく, の支那事変, の東京, の陋巷

▼ 昭和遊撃潜水隊~ (4, 0.2%)

1 と衝突, の華々しい, はこの, はそんなにむざむざ

▼ 昭和という~ (3, 0.1%)

1 ところだ, 年は, 途方も

▼ 昭和~ (3, 0.1%)

1 三十年頃から, 五十何年だ, 八年の

▼ 昭和~ (3, 0.1%)

1 きょうの, 七年ずつに, 貫く我國近代文學

▼ 昭和七八年頃~ (3, 0.1%)

1 からそれ, からのこと, から劇文学

▼ 昭和七年度~ (3, 0.1%)

1 には七億一千万円, の性慾整理, の記述

▼ 昭和七年頃~ (3, 0.1%)

1 から百万, に比べる, の当時

▼ 昭和二十七年~ (3, 0.1%)

1 である, には北海道, に私

▼ 昭和二十八年~ (3, 0.1%)

1 すなわち今, には業界視察, に古来

▼ 昭和二十四年~ (3, 0.1%)

1 の三月十八日, の秋, の第

▼ 昭和二年七月~ (3, 0.1%)

1 であった, におこった, の九日

▼ 昭和二年九月號~ (3, 0.1%)

2 の文藝春秋 1 の改造掲載

▼ 昭和五六年~ (3, 0.1%)

1 という当時勤労階級解放運動, の間, の頃

▼ 昭和六年九月~ (3, 0.1%)

1 としてある, に勃発, の法師温泉吟行

▼ 昭和十三四年~ (3, 0.1%)

1 いらいよりつかなくなっ, のころ, のその

▼ 昭和十二年一月~ (3, 0.1%)

1 おなじ粕淵村, に次, の作

▼ 昭和十二年頃~ (3, 0.1%)

1 から屋根, から時々, まで毎

▼ 昭和十五年五月~ (3, 0.1%)

1 から十月, であるが, の平均

▼ 昭和十年ごろ~ (3, 0.1%)

1 と思う, のフォックス, の夏

▼ 昭和~ (3, 0.1%)

1 とかがその, とかで, へ行く

▼ 昭和にかけての~ (2, 0.1%)

1 文部大臣や, 日本の

▼ 昭和七年アダリン自殺~ (2, 0.1%)

2 を計り

▼ 昭和七年九月~ (2, 0.1%)

1 である, の或

▼ 昭和七年九月二十日私~ (2, 0.1%)

1 は其中庵, は故郷

▼ 昭和七年以来~ (2, 0.1%)

2 の彼女

▼ 昭和七年十一月五日父~ (2, 0.1%)

1 の喜壽, の喜寿

▼ 昭和三代~ (2, 0.1%)

1 に渉, を通じて築き上げられた

▼ 昭和三十年~ (2, 0.1%)

1 には二十三万四千戸, の四月

▼ 昭和三年九月発行~ (2, 0.1%)

2

▼ 昭和三年二月~ (2, 0.1%)

1 の氷ノ山, までの約

▼ 昭和三年五月~ (2, 0.1%)

1 の末, 登って

▼ 昭和三年四月~ (2, 0.1%)

1 に書かれた, のこと

▼ 昭和三年頃~ (2, 0.1%)

1 からテレヴィジョン, の或

▼ 昭和九年三月二十一日~ (2, 0.1%)

1 の函館, の夕

▼ 昭和九年二月~ (2, 0.1%)

2 に至る

▼ 昭和九年私~ (2, 0.1%)

2 の父

▼ 昭和二三年~ (2, 0.1%)

1 のころ, の頃

▼ 昭和二十一年四月~ (2, 0.1%)

1 は私, 生れ次ぎは

▼ 昭和二十七年度~ (2, 0.1%)

1 から三十年度, から開始

▼ 昭和二十二年八月二十九日付~ (2, 0.1%)

2 となっ

▼ 昭和二十年七月~ (2, 0.1%)

1 の末, まであった

▼ 昭和二十年五月二十五日~ (2, 0.1%)

1 に丸やけ, の夜

▼ 昭和二十年八月~ (2, 0.1%)

1 まで日本, を界

▼ 昭和二十年八月十五日~ (2, 0.1%)

1 に終戦, 突如と

▼ 昭和二十年度~ (2, 0.1%)

1 には昭和十二年度, に二十二万町歩

▼ 昭和二年十月~ (2, 0.1%)

1 ちょうど新宿, にやっと

▼ 昭和二年実用新案広告~ (2, 0.1%)

1 第一一六七七号, 第四二九四号

▼ 昭和二年暮春~ (2, 0.1%)

2 から翌

▼ 昭和二年荻窪~ (2, 0.1%)

1 の家, の新居

▼ 昭和五年度豫算~ (2, 0.1%)

1 の編成, を前年度豫算

▼ 昭和五年東京~ (2, 0.1%)

1 および大阪, と大阪

▼ 昭和五年版全集~ (2, 0.1%)

1 の, 第三十五巻

▼ 昭和何年組~ (2, 0.1%)

2 の秀才

▼ 昭和八九年~ (2, 0.1%)

1 だ, のころ

▼ 昭和八年一月元旦父~ (2, 0.1%)

2 の子

▼ 昭和八年二月~ (2, 0.1%)

1 にハワイ, に入り

▼ 昭和八年二月二十七日~ (2, 0.1%)

2 の夜

▼ 昭和八年以前~ (2, 0.1%)

1 の分, の本

▼ 昭和八年六月~ (2, 0.1%)

1 に広島文理科大学, 某参謀本部部員

▼ 昭和八年六月四日~ (2, 0.1%)

2 に私

▼ 昭和八年十二月二十三日~ (2, 0.1%)

1 の夕暮, 御誕生

▼ 昭和八年十二月廿日夜上弦~ (2, 0.1%)

2 の月

▼ 昭和八年私~ (2, 0.1%)

1 が二十五歳, が検挙

▼ 昭和六七年頃~ (2, 0.1%)

1 からい, までの期間

▼ 昭和六年三月下旬七日間~ (2, 0.1%)

2 の公演

▼ 昭和六年初夏~ (2, 0.1%)

2 より同

▼ 昭和六年私~ (2, 0.1%)

2 が三陸地方

▼ 昭和初め~ (2, 0.1%)

1 にかけ, に私

▼ 昭和十一年一月三十一日~ (2, 0.1%)

1 の絵葉書, の葉書

▼ 昭和十一年十一月~ (2, 0.1%)

1 に刊行, の講談クラブ

▼ 昭和十一年十月~ (2, 0.1%)

1 でした, に開館

▼ 昭和十一年十月十三日~ (2, 0.1%)

1 から同年十一月十二日, よりひとつき間

▼ 昭和十三年十月五日~ (2, 0.1%)

2 の夜

▼ 昭和十三年十月其処~ (2, 0.1%)

1 でしずか, でしづか

▼ 昭和十二年内田~ (2, 0.1%)

2 老鶴圃

▼ 昭和十二年末~ (2, 0.1%)

1 からこの, から現在

▼ 昭和十五年私~ (2, 0.1%)

1 が揚子江, が皇軍慰問

▼ 昭和十六年十二月八日~ (2, 0.1%)

1 といふ日, の朝

▼ 昭和十四年七月号中央公論掲載~ (2, 0.1%)

2

▼ 昭和十四年歿九歳~ (2, 0.1%)

1 とあった, とあつ

▼ 昭和十年三月~ (2, 0.1%)

1 に出た, に到る

▼ 昭和十年二月知人~ (2, 0.1%)

2 の紹介

▼ 昭和十年四月二十何日~ (2, 0.1%)

1 という, という日附

▼ 昭和四年日本大衆党~ (2, 0.1%)

1 から公認, の公認

▼ 昭和四年版~ (2, 0.1%)

1 であるから, の日本地理風俗大系

▼ 昭和年間~ (2, 0.1%)

1 の価値, の好事家探偵小説作家

▼ 昭和插画展~ (2, 0.1%)

1 をいそい, 見ましたとき

▼ 昭和文学史~ (2, 0.1%)

1 としてまとめる, の興味

▼ 昭和~ (2, 0.1%)

1 という前後篇二部, の二部

▼ 昭和聖代~ (2, 0.1%)

1 の御, の日本

▼ 昭和~ (2, 0.1%)

1 で自動車, の歩道

▼1* [707件]

昭和○年一月の終, 昭和○年四月初めでありました, 昭和○年秋鳥島海戦が終っ, 昭和といふ年も, 昭和における本道の, 昭和にはいつて, 昭和にわたつて, 昭和へと生活は, 昭和アパートメントの電話番号, 昭和ビルの伊勢さん, 昭和七八の両年, 昭和七八年の世界恐慌, 昭和七八年ごろの, 昭和七八年頃白根が盛ん, 昭和七年ごろ外遊から帰っ, 昭和七年一月総選挙, 昭和七年一月妻子を伴, 昭和七年一月宝塚中劇場, 昭和七年三月三十日正宗白鳥君ノ論文, 昭和七年三月二十二十一日の連休, 昭和七年三月女学校卒業式直後小西小原銅直金子諸先生同乗, 昭和七年九月九州旅行の最後, 昭和七年九月廿日其中庵主となる, 昭和七年二度目の帰朝, 昭和七年二月二十七日九州の上空, 昭和七年二月当時の啓蒙的, 昭和七年二月築地座結成以来である, 昭和七年五月十五日に永田町, 昭和七年五月十五日陸海軍将校ら首相官邸などを襲撃, 昭和七年五月甲府の愛犬家小林氏ら, 昭和七年今の東宝株式会社, 昭和七年以後の, 昭和七年八月満州国を去り, 昭和七年六月二十三日に姉, 昭和七年前後は新劇団, 昭和七年十二月十三日の夕方帰宅, 昭和七年十二月號八年一月號の中央公論, 昭和七年十月であるが, 昭和七年十月富士の精進湖畔, 昭和七年十月遠州浜名湖畔鷲津に遊ぶ, 昭和七年四十八歳の若, 昭和七年四月九日工学博士末広恭二君の死, 昭和七年夏以来六年目のこと, 昭和七年夏刊行の新, 昭和七年夏私は満州国, 昭和七年春プロレタリア文学運動が自由, 昭和七年春文學博士の學位, 昭和七年氏の歿後, 昭和七年満州事変以来ポツポツ亜黄疸, 昭和七年盛夏自分達の季刊誌, 昭和七年秋には何時, 昭和七年衆議院議員を勇退, 昭和三十一年の正月, 昭和三十一年三月に完了, 昭和三十三年は犬, 昭和三十二年はどんな, 昭和三十五年の秋, 昭和三十八年の上半期, 昭和三十八年一月に出し, 昭和三十年一月かれは, 昭和三十年一月二十七日をもって接収, 昭和三十年頃だったとか, 昭和三年カラ数エテ三十三年後ニ忰ガコノヨウナ狂人ニナリコノヨウナ嫁ガ我ガ家ニ入リ込ムニ至ッタコトヲ, 昭和三年一月元旦である, 昭和三年一月十六日より歯痛, 昭和三年一月四日と五日, 昭和三年一月竣工としてある, 昭和三年七月に芥川龍之介氏追慕展覽會, 昭和三年七月二十二日午後一時十分愈, 昭和三年三月神戸を出帆, 昭和三年三男英男を失っ, 昭和三年中秋の午後, 昭和三年二月二十一日午後四時とし, 昭和三年二月二十三日五十五歳で妻寿衛子, 昭和三年二月木村富子女史が拙著, 昭和三年五六月夫妻は満, 昭和三年五月五日の夜, 昭和三年以來異常に安い, 昭和三年以後の方言区域, 昭和三年八月十日と書い, 昭和三年六月二十日發行の金五圓, 昭和三年六月十日霧の旅会創立, 昭和三年出京と共に舊友, 昭和三年初冬国醇会の一行, 昭和三年十二月中央公論に書いた, 昭和三年十二月卅一日夜予日高郡妹尾に在, 昭和三年十月に改造, 昭和三年十月改造社より刊行, 昭和三年十月関東軍参謀に転補, 昭和三年四月四日農山漁村の名, 昭和三年夏七月大阪朝日新聞社の求むるところにより, 昭和三年度のため, 昭和三年春には, 昭和三年春主人が欧州, 昭和三年春大船在山崎, 昭和三年朝鮮へ古, 昭和三年正月号であるが, 昭和三年父を失ふ, 昭和三年版について考案, 昭和三年状態の, 昭和三年盛夏常陸大津の海岸, 昭和三年秋ちょうどこの, 昭和三年頃病気をし, 昭和三時代の句, 昭和中期の演劇界, 昭和九年ごろから今日, 昭和九年一九三四年私の五十三才, 昭和九年一月一日より宝塚歌劇, 昭和九年一月警察署の表, 昭和九年七月赤城山上大沼でひどい, 昭和九年三月十七日に東京, 昭和九年三月十五日の其の, 昭和九年九月二十九日の早朝新宿駅中央線プラットフォーム, 昭和九年九月十三日翁は鎌倉建長寺内, 昭和九年九月十三日頃南洋パラオの南東海上, 昭和九年九月廿九日の早朝新宿駅中央線プラットフォーム, 昭和九年二月十七日と同年十月三十一日, 昭和九年五月から十二月末, 昭和九年以来方向転換して, 昭和九年八十六歳で亡くなりました, 昭和九年八月三日の朝, 昭和九年八月中旬台湾巡歴の帰途, 昭和九年八月十五日は浅間山火山観測所, 昭和九年六月の本誌, 昭和九年初頭の第, 昭和九年十一月八日の紙上, 昭和九年十二月末現在の国債所有別調, 昭和九年十年の風水害史, 昭和九年十月に東京, 昭和九年十月十四日風邪をひい, 昭和九年十月婦人公論に発表, 昭和九年四月の, 昭和九年四月一日の午前十時頃, 昭和九年四月八日釈迦仏誕日の夜記, 昭和九年四月八日釋迦佛誕日の夜記, 昭和九年四月十八日大手拓次君病歿妻と行き, 昭和九年帝国美術院第十五回展, 昭和九年帝展出品の, 昭和九年度地方歳入見積り額につき十一府県, 昭和九年春の大寒中, 昭和九年末松崎天民氏歿後の雑誌, 昭和九年杪冬の十二月十五日, 昭和九年正月のこと, 昭和九年正月雪の那須, 昭和九年真船豊の, 昭和九年私達が公, 昭和九年秋中村鴈次郎と相, 昭和九年秋東宝名人会第一回公演, 昭和二三年頃に發表, 昭和二十一二年の花街, 昭和二十一年ごろの初秋, 昭和二十一年キニー氏の準備委員会, 昭和二十一年一月一日の勅語, 昭和二十一年一月末頃より二月, 昭和二十一年三月二十五日東京玉川上野毛の大東病院, 昭和二十一年九月十一日に来訪, 昭和二十一年五月一日の夜更け, 昭和二十一年五月廿九日大石田にて斎藤茂吉記, 昭和二十一年八月十七日より稿, 昭和二十一年八月十九日に来訪, 昭和二十一年八月十八日友人石井勇義君来訪一の珍瓜, 昭和二十一年四月九日には私, 昭和二十一年四月十日に総, 昭和二十一年大石田の初冬, 昭和二十七年六月二十日から二十八年五月十一日, 昭和二十七年四月九日都ホテルにて誌, 昭和二十三四年ごろに女, 昭和二十三年ごろから雪国, 昭和二十三年九月より岩波書店内, 昭和二十三年九月十一日の, 昭和二十三年二月生れである, 昭和二十三年以後はこんな, 昭和二十三年以来こうな, 昭和二十三年八月かれは, 昭和二十三年八月一日東京都文京区音羽町三丁目十九番地光文社発行の雑誌, 昭和二十三年六月八日新堀仲之助氏の口きき, 昭和二十三年創元社, 昭和二十三年十二月三十一日のこと, 昭和二十三年十年前の未定稿, 昭和二十三年十月二十日以降年五分の利息と共に支払う, 昭和二十三年四月三十日如己堂においてこの, 昭和二十三年四月二十五日日曜日の午後, 昭和二十三年盛夏アロハは流行, 昭和二十三年私が四十七, 昭和二十三年頃から大, 昭和二十九年にした, 昭和二十九年五月号と三十一年四月号, 昭和二十二年ころでありその, 昭和二十二年一月号に, 昭和二十二年七月二十三日に東京世田谷区, 昭和二十二年七月二十四日つまり殺される, 昭和二十二年七月二十日の朝, 昭和二十二年九月二日に死んだ, 昭和二十二年九月十七日のこと, 昭和二十二年九月十八日の事件, 昭和二十二年五月三日から私たち日本國民, 昭和二十二年六月の終り, 昭和二十二年十一月一日東京の中村舜二氏, 昭和二十二年十二月十七日衆議院議長サロンでアメリカ図書館使節クラップ, 昭和二十二年春から夏, 昭和二十二年頃からと思ふ, 昭和二十五年九月九日父は七十歳, 昭和二十五年九月九日脳溢血でたおれ, 昭和二十五年五月六日捜査のため山, 昭和二十五年秋いわゆる, 昭和二十八年五月文藝春秋新社刊, 昭和二十六年のこと, 昭和二十六年六月新国劇の明治座興行, 昭和二十六年四月二十四日午後一時四十分ごろ京浜線桜木町ゆき電車が桜木町駅ホーム, 昭和二十六年四月初旬に於, 昭和二十六年対日平和条約が締結, 昭和二十六年陽春の小, 昭和二十四五年あたりからぼく, 昭和二十四年十一月四日の諸, 昭和二十四年度の所得額, 昭和二十四年度訂正として, 昭和二十年三月二十日のこと, 昭和二十年九月二十六日終戦後四十日のこと, 昭和二十年九月以後は殆ど, 昭和二十年九月六日北部ルソンカピサヤンにて新聞報道関係者二十三名, 昭和二十年九月十日までの新山, 昭和二十年九月山形県金瓶在住中熱海磯八荘なる永見徳太郎, 昭和二十年代の政治, 昭和二十年元旦の夢, 昭和二十年八月九日の太陽, 昭和二十年八月九日僕が壕, 昭和二十年八月九日午前十時三十分ころ大本営に於, 昭和二十年八月九日広島から四里あまり, 昭和二十年八月十五日正午に私たち, 昭和二十年八月十五日祖国の敗北, 昭和二十年六月二十五日強制疎開によって私たち, 昭和二十年六月末敵の空襲, 昭和二十年十一月の初旬, 昭和二十年十一月二十八日の夜, 昭和二十年十一月末日以後ニ非レバ開封スベカラズ, 昭和二十年十二月は一ヵ月, 昭和二十年十二月二十一日浦賀港の入口, 昭和二十年十二月廿四日に進駐軍, 昭和二十年十月のある, 昭和二十年十月十六日の事, 昭和二十年四月十九日午後九時である, 昭和二十年太平洋戦争の終了, 昭和二十年春浅くとでも, 昭和二十年秋河北新報に連載, 昭和二年ごろだった, 昭和二年フィールリング氏がドイツ, 昭和二年一月幹部会を開いた, 昭和二年七月二十四日の朝, 昭和二年七月春陽堂の編輯, 昭和二年七月自ら生命を斷, 昭和二年三年或は山陽道, 昭和二年三月アルスより刊行, 昭和二年久米正雄が製作, 昭和二年九月チェッコスロバキア國の首府プラーグ, 昭和二年九月十三日西九州に於ける, 昭和二年九月号に出した, 昭和二年九月改造社が, 昭和二年九月書肆改造社の, 昭和二年二十四歳の時, 昭和二年二月二日齋藤茂吉氏に與へた書翰, 昭和二年二月號である, 昭和二年五十万を突破, 昭和二年五月大阪にて発行, 昭和二年八月より昭和十年三月, 昭和二年八月一子隆太郎を連れ, 昭和二年八月岩波書店から前, 昭和二年八月那須での作, 昭和二年六月の史学雑誌, 昭和二年六月喫茶部開設となり, 昭和二年六月廿二日から五日間, 昭和二年六月發行の, 昭和二年刊行された, 昭和二年十一月号の巻頭言, 昭和二年十二月に至つて略落着, 昭和二年十月号~四年十二月号に連載, 昭和二年同君が師範, 昭和二年四月であるが, 昭和二年四月号より連載, 昭和二年政府が臨時法制審議会, 昭和二年春まで足かけ五年, 昭和二年春河上に紹介, 昭和二年春秋田県大館の畜犬商, 昭和二年末日本共産党が公然, 昭和二年東京の鳩居堂, 昭和二年私はただ, 昭和二年秋博文館から在, 昭和二年芥川が死んだ, 昭和五六七年あの頃, 昭和五六年頃この作者, 昭和五六年頃官員小僧のにせもの, 昭和五年わたくしが初めて, 昭和五年三月より四月, 昭和五年五月かの郷土飛翔, 昭和五年五月五日であつ, 昭和五年五月山陰に遊ばれた, 昭和五年五月東京の郊外荻窪, 昭和五年余が四十六歳, 昭和五年八号が出た, 昭和五年内田老鶴圃, 昭和五年十一月であつ, 昭和五年十一月二十六日から四年半近く, 昭和五年十一月刊行谷至道さんの著, 昭和五年十一月日本學術協會で大嶽君, 昭和五年十二月号が一冊, 昭和五年十二月天津教關係者が警視廳, 昭和五年十月の東京日, 昭和五年十月号の消息欄, 昭和五年実用新案広告第八八三四号, 昭和五年当時の東京, 昭和五年当時円タクは市内五十銭, 昭和五年改造社から新鋭叢書, 昭和五年春迄のもの, 昭和五年末これが私, 昭和五年版の, 昭和五年相模野の林間, 昭和五年秋の十月二十七日, 昭和五年長瀞に赴任, 昭和五年頃の作, 昭和以後の和紙, 昭和以後日本新劇史の足跡, 昭和以降の世態人情, 昭和の内田信也, 昭和伸銅会社浅井定次さんと横, 昭和俳諧史のどこ, 昭和元年ごろ歳晩にも一度, 昭和元年七瀬さんが山本直正氏, 昭和元年私は現在, 昭和八九十十一とそれ, 昭和八九年ごろから十三年ごろ, 昭和八年スペインのマドリッド, 昭和八年一月一日私はゆうぜんと, 昭和八年一月号の, 昭和八年一月発行の部分, 昭和八年三月三日の早朝, 昭和八年三月九日協和会の声明, 昭和八年上半期の新刊書数, 昭和八年中頃は所謂三三年型時代, 昭和八年九月一日である, 昭和八年九月東北帝國大學, 昭和八年二月二十三日午後十一時頃高円寺一丁目に居住, 昭和八年二月寛先生六十の賀, 昭和八年五月偶然のこと, 昭和八年以後は研究会事務所, 昭和八年八月高野山の夏期大学, 昭和八年内田老鶴圃, 昭和八年十一月ごろの作, 昭和八年十一月二十八日敵の摘発, 昭和八年十一月福島市の公会堂創立, 昭和八年十二月三十一日大晦日の夜, 昭和八年十月迄毎日, 昭和八年博文館から創刊, 昭和八年四月から昭和十年六月, 昭和八年四月東都成城学園大いに紛擾, 昭和八年大體の準備, 昭和八年度文壇は貴下, 昭和八年末には運動, 昭和八年末竣成して, 昭和八年東京市会議員選挙に立候補, 昭和八年正月の公園劇場出演, 昭和八年版新しいの, 昭和八年頃やつと技術的基礎, 昭和八犬伝ぐらいはまたたく, 昭和六七年に勃発, 昭和六七年ごろだったかなあ, 昭和六年ごろで, 昭和六年一月一日朝から元気, 昭和六年一月北陸吟行の途上, 昭和六年七月十五日外務省告示第六〇号, 昭和六年三月以降に連載, 昭和六年三月八日浜谷由太郎氏の好誼, 昭和六年三月私は処女作, 昭和六年二月筑波山へ登り, 昭和六年仏蘭西へ旅立っ, 昭和六年以降なの, 昭和六年八月とうとう中巨摩郡芦安村, 昭和六年八月六甲山上の天海菴, 昭和六年八月十日の夜, 昭和六年八月十歳で病死, 昭和六年冬全国労農党秋田県大会が行われた, 昭和六年十一月七百戸全戸に病人, 昭和六年十月に改造, 昭和六年十月頃戸坂潤岡邦雄等は現代, 昭和六年四月号から銭形平次, 昭和六年四月日本シェイクスピア協会の主催, 昭和六年夏私は二十六, 昭和六年度が五八, 昭和六年正月から出発, 昭和六年満州事変の発生以来, 昭和六年熊本に落ちつくべく努めた, 昭和六年頃は夏, 昭和世の, 昭和初め頃から今日, 昭和初年山形県の酒田公会堂, 昭和初期頃にもその, 昭和初頭以後の文学, 昭和初頭前後から日本, 昭和初頭夭折し同じく, 昭和初頭浦安在の興行中, 昭和医専の人たち, 昭和十一二年の頃の, 昭和十一年ごろ横浜の山手, 昭和十一年一月であった, 昭和十一年一月長島愛生園の醫官小川正子女史外一名, 昭和十一年三月という今日, 昭和十一年三月三日の日記, 昭和十一年三月号の中央公論誌上, 昭和十一年三月改造に掲載, 昭和十一年三月菩提寺の浅草玉姫町, 昭和十一年世界を一周, 昭和十一年二十四歳で早まった, 昭和十一年二月二十六日の事, 昭和十一年五月であったが, 昭和十一年五月三日の暮方, 昭和十一年以来廃して, 昭和十一年十一月二十日に出版, 昭和十一年十一月十五日霧の旅会, 昭和十一年十一月牧野植物学全集を完成, 昭和十一年十月二十四日のこと, 昭和十一年十月十二日午前十時記す, 昭和十一年十月明治大学演劇研究会主催の講演会, 昭和十一年四月発行の, 昭和十一年夏には日, 昭和十一年度文部省美術展覧会に出品, 昭和十一年文展の, 昭和十一年正月遽かに果, 昭和十一年死亡す, 昭和十一年盛夏多磨第一回全国大会, 昭和十一年間に僅か, 昭和十一年頃の隨筆, 昭和十七八年空襲猶甚, 昭和十七年おぼろ夜緑波君と脚色者, 昭和十七年一月事件の調書, 昭和十七年一月卅一日歿したが, 昭和十七年一月末公一父子が惨死, 昭和十七年三月のこと, 昭和十七年九月末日限り国民新聞と合併, 昭和十七年八月の出来事, 昭和十七年公一父子殺害の犯人, 昭和十七年六月末のこと, 昭和十七年冬に一応, 昭和十七年十一月十二月の二回, 昭和十七年十八年この二年間, 昭和十七年四月十五日附御照会, 昭和十七年太平洋戦争勃発後国家総動員法による企業整備, 昭和十七年度の日記帳, 昭和十七年当時の由之, 昭和十七年昭和十八年昭和十九年昭和二十年いやもう, 昭和十七年正月の昼, 昭和十七年破天荒のこと, 昭和十七年頃になる, 昭和十三年ころできた緑, 昭和十三年ごろ子供を描いた, 昭和十三年三十五歳の時, 昭和十三年三月学校当局の諒解, 昭和十三年九月十五日独逸青少年使節団一行を迎, 昭和十三年九月廿六日大日本聯合青年団, 昭和十三年二月十日本校改築落成並に創立五十年, 昭和十三年五月新京, 昭和十三年五月応召兵我家に宿る, 昭和十三年八月に秩父宮様, 昭和十三年八月四日東京刑事地方裁判所検事局ヨリ被告人妻ユリニ対シ右罰金ノ納付方請求有, 昭和十三年初夏南昌空中に於, 昭和十三年十二月の下関市, 昭和十三年十二月二十二日のこと, 昭和十三年十二月二十六日の第, 昭和十三年十二月舞鶴要塞司令官に転任, 昭和十三年十月二十日第五十九回, 昭和十三年四月十三日と刻, 昭和十三年夏の始め, 昭和十三年夏病気のため辞表, 昭和十三年大同学院から国防, 昭和十三年春から秋, 昭和十三年頃に燈火管制, 昭和十三年頃中野重治や百合子等, 昭和十九年七月十八日大本営発表としてサイパン島守備, 昭和十九年七月廿七日炎天下を私, 昭和十九年三月から八月, 昭和十九年三月三十日私は住み馴れた, 昭和十九年三月二日神尾は翌, 昭和十九年二月に東京, 昭和十九年五月二十五日から昭和二十年九月十日, 昭和十九年六月二十三日に起った, 昭和十九年六月疎開のつもり, 昭和十九年十二月二十日現在の群馬県青果出荷統制組合発表, 昭和十九年十二月十三日から床, 昭和十九年四月五日鯛供養に網代, 昭和十九年夏戦争非協力文学, 昭和十九年昭和二十年いやもう, 昭和十九年末の疎開, 昭和十九年末空襲の気配, 昭和十九年雷火のため焼失, 昭和十二・三年に鹿児島県, 昭和十二年わたくしが初めて, 昭和十二年一九三七年の一年, 昭和十二年一月二十五日朝日新聞社から昭和十一年度, 昭和十二年七月に事変, 昭和十二年七月七日日華事変をもっ, 昭和十二年七月七日蘆溝橋に於い, 昭和十二年七月日支一觸即發を傳, 昭和十二年三月となつ, 昭和十二年二月から実行, 昭和十二年二月東京地学協会発行の, 昭和十二年五月には農産品六九・二, 昭和十二年五月内務省主催第二回神職講習会, 昭和十二年五月発行の, 昭和十二年五月着手矢吹慶輝博士の御, 昭和十二年初夏から呉, 昭和十二年十一月明治座に久し振り, 昭和十二年十一月眼疾いよいよ昂じ, 昭和十二年十二月のはじめ, 昭和十二年十二月十三日夕刻敵の首都南京城, 昭和十二年十二月十二日でしょう, 昭和十二年十月二十四日といふ今日, 昭和十二年当時の花形棋師木村, 昭和十二年日本軍閥の中国, 昭和十二年末ごろから年々, 昭和十二年私が出獄, 昭和十二年秋関東軍参謀副長として着任, 昭和十五六年ごろのわたくし, 昭和十五年ヒットラーが欧洲, 昭和十五年一月京都に於, 昭和十五年一月印刷するに, 昭和十五年七十二歳の春, 昭和十五年七月三日の事, 昭和十五年七月九日の夜, 昭和十五年七月十一日の葉書, 昭和十五年三月二十一日午後五時五十三分彼岸の中日, 昭和十五年五月二十九日の京都義方会, 昭和十五年五月二十九日京都義方会に於ける, 昭和十五年八月九日午後十時鶴見工場ニ於テ土井健作ヲ熔鉱炉ニ突落シテ殺害シタルヲ土井ガ自殺セシモノト欺瞞シ且ツ金六十五万円, 昭和十五年六月の何日, 昭和十五年前後の日本, 昭和十五年十二月二十日であった, 昭和十五年十二月十四日大分県別府の温泉客舎, 昭和十五年十二月号を最後, 昭和十五年十月十八日東京を立っ, 昭和十五年四月には, 昭和十五年大晦日午後七時葉書で打合せ, 昭和十五年天長の佳辰, 昭和十五年改正前の我が, 昭和十五年河出書房発行の, 昭和十何年かの京都, 昭和十八年七月この, 昭和十八年五月ヨリ十月マデ当方ニ勤務シ住込番人トシテ大過ナキノミナラズ誠実寡慾一徹ナレドモ矯激ノ風ナク, 昭和十八年以降は世間, 昭和十八年八月四日病歿大伯母富貴の形見タンス中, 昭和十八年内田老鶴圃, 昭和十八年出征以来三児をかかえ, 昭和十八年十二月三十日私は歳末, 昭和十八年十二月六日長崎の森路, 昭和十八年十二月十三日のこと, 昭和十八年十月はしなくも仲見世, 昭和十八年十月十五日はそれ, 昭和十八年夏横浜の佐伯藤之助氏, 昭和十八年昭和十九年昭和二十年いやもう, 昭和十八年発表と同時に, 昭和十八年頃の水道町, 昭和十六年一月十四日閣議決定の発表, 昭和十六年九月私は左, 昭和十六年二月一日東亜連盟中国総会の発会式, 昭和十六年五月十日の東京朝日新聞, 昭和十六年五月私が御岳黒沢口, 昭和十六年以来昂まって, 昭和十六年八月十五日東京都麹町区六番町二十五番地旗田鶴彌印, 昭和十六年初頭までに, 昭和十六年創元社, 昭和十六年十一月加納に第, 昭和十六年十二月からあし, 昭和十六年十二月八日之を記せり, 昭和十六年十二月十日のこと, 昭和十六年四月十七日の湊川神社, 昭和十六年小田原で私, 昭和十六年度の日本, 昭和十六年戦線が太平洋, 昭和十六年日誌を寫す, 昭和十六年晩秋の一夕私, 昭和十六年歌舞伎座で吉右衛門, 昭和十六年秋ごろから五十, 昭和十四五年ころになっ, 昭和十四年お正月某家に於ける, 昭和十四年七月號中央公論掲載の, 昭和十四年三月十日病気治療のため上京, 昭和十四年五月に, 昭和十四年六月から二十三年, 昭和十四年六月東京文理科大学内に開催, 昭和十四年前後のこの, 昭和十四年十一月十三日寒波しきりに到つ, 昭和十四年十月十四日の, 昭和十四年四月京城日報社の招き, 昭和十四年正月入隊の衛生兵全部, 昭和十四年版も十五年版, 昭和十四年珍風景である, 昭和十四年現在の職業安定所, 昭和十四年留守第十六師団長中岡中将, 昭和十四年秋東亜連盟協会なるもの成立, 昭和十年この方数十回にわたり松原三夫氏, 昭和十年ごろ私が勝手, 昭和十年一月二日の午前三時半ごろ, 昭和十年七月十一日午後五時二十五分頃本州中部地方関東地方から近畿地方東半部, 昭和十年七月十五日帝國圖書館發行の册子, 昭和十年七月東宝へ一座, 昭和十年三月十四日附軍刀の贈, 昭和十年三月私の作る, 昭和十年世界生理学大会が, 昭和十年九年の, 昭和十年九月古中秋無月, 昭和十年九月二十八日の夜, 昭和十年五月十二日のこと, 昭和十年代の扱い方, 昭和十年以後は子供, 昭和十年以降私が新聞, 昭和十年作者夫妻は鎌倉, 昭和十年八月四日の朝, 昭和十年八月朝香宮様の御成, 昭和十年八月私は参謀本部課長, 昭和十年六月まで浅草, 昭和十年六月ジイド全集に, 昭和十年六月七日と八日, 昭和十年初夏小泉八雲先生の記念碑, 昭和十年十一年頃に於ける, 昭和十年十一月すえに伊香保温泉, 昭和十年十二月六日庵中独坐に堪へかね, 昭和十年十月である, 昭和十年十月十九日親友シュレーデル氏の家族, 昭和十年十月十八日夜私は今日一日, 昭和十年十月麻布の廬, 昭和十年四月二十四日の朝刊, 昭和十年発行の岩波版, 昭和十年頃あそこで働いてた, 昭和卅三年八月第十一回民藝協会全国大会, 昭和合金さ売った地面, 昭和四五年頃の秋, 昭和四五年頃死亡出生地は南津輕郡黒石町, 昭和四十三年です, 昭和四十三年五月となっ, 昭和四十六年夏に火星探険, 昭和四年一〇〇に対し女一一五・七, 昭和四年一月品川沖に觀艦式, 昭和四年七月いったん第, 昭和四年七月板垣大佐を総裁官, 昭和四年七月長春に於ける, 昭和四年三月以後に建てられた, 昭和四年三月筆者への書翰, 昭和四年二月十八日歿す俗名宗清民, 昭和四年二月号で能楽, 昭和四年五月から十一月, 昭和四年五月一日関東軍司令部で各地, 昭和四年修正同七年発行, 昭和四年六月新潟今町国上出雲崎各地に遊ぶ, 昭和四年六月発行の白井光太郎博士著, 昭和四年北翼が完成, 昭和四年十二月二十日に旅, 昭和四年十二月十二日とし, 昭和四年四月尾張の瀬戸, 昭和四年四月梓書房によつて, 昭和四年夏のこと, 昭和四年外遊の前, 昭和四年春から現在, 昭和四年春帰京高円寺にいた, 昭和四年東京女子医専を卒業, 昭和四年発行大浦天主堂とあり, 昭和四年私の外遊中, 昭和国道がつかわれる, 昭和宗教史に特筆, 昭和山内一豊の妻, 昭和平家物語を演じ, 昭和年間發見再建されたの, 昭和廿一年晩夏八月十一日葛飾の新屋, 昭和廿三年四月廿一日茨城県結城郡蚕飼村の観音堂, 昭和廿二年五月三日新憲法施行, 昭和廿二年歳次丁亥臘月の某日, 昭和廿六年まで続ける, 昭和廿四年二月十二日の午後, 昭和廿四年秋私の途, 昭和廿年三月九日の戦災, 昭和廿年花季の戦火, 昭和当代の少年, 昭和復興以降の東京都, 昭和戦前ジヤズ化された阿呆陀羅経, 昭和戦前人気高潮の虎造節, 昭和戦後の今日, 昭和戯作者の末座, 昭和改元以降の吉原情緒称揚, 昭和改元以降俄に絢爛多彩, 昭和文化史の上, 昭和文壇に於ける, 昭和文学史補遺のよう, 昭和日本のネルソン, 昭和曹達の専務, 昭和最近年に至つて鏑木さん, 昭和模様のコーヒー茶わん, 昭和の辺, 昭和研究会の中堅人物, 昭和紀元の冬, 昭和終戦後の軍部書類, 昭和経済文化展覧会があっ, 昭和維新原動力の有力, 昭和維新期に入った, 昭和維新東亜連盟結成の基礎条件, 昭和肥料会社の電解工場, 昭和農産工業社の社長室, 昭和遊撃隊司令官からにわかに, 昭和遊撃隊四隻の巡洋艦, 昭和道路などよりも一層, 昭和非常時の統制気運, 昭和7年には部落民全員, 昭和7年三十五六戸の移住民