青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「昨日~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

星~ ~映る ~映画 映画~ ~春 春~ ~昨夜 昨夜~ 昨年~ ~昨日
昨日~
昭和~ ~是 是~ ~是非 是非~ ~昼 昼~ 昼間~ ~時 時~

「昨日~」 7221, 78ppm, 1445位

▼ 昨日~ (2039, 28.2%)

50 ように 35 ことの 20 うちに 18 ことを, 朝の 14 ような 12 やうに 10 ことは, 雨で 9 朝は 8 事の, 事は, 事を, 今日だ, 如し, 雨の 7 ことが, 今日で, 出来事の, 夕方の, 朝から, 通りに, 道を 6 ことで, ことです, 敵は, 朝も, 雨に 5 こと, ことである, ま, 夕方から, 手紙に, 暮れ方奈良の, 朝, 朝お

4 [12件] あたりです, ことだった, だ, 事が, 今日である, 今日は, 午後に, 己れ, 晩から, 朝早く, 続きの, 自己である

3 [38件] おあまり, お手紙, ことだ, ことであった, ことに, ことも, それは, と同じ, やうな, 事だ, 今日の, 処に, 午前六時に, 味方は, 夕方まで, 夢と, 宿は, 悔恨を, 手紙は, 新聞に, 昼から, 晩に, 晩まで, 朝です, 残りの, 淵は, 演劇, 男が, 私の, 約束を, 自己を, 話の, 話を, 路を, 通りの, 酒が, 雪が, 風景の

2 [115件] あはれ今日の, お礼に, お礼を, お組, ことでございます, つづきの, ところに, ところへ, ままの, ものとは, やうなれ, ようだ, ようです, ようなれ, 上官に, 中に, 乞食です, 事, 事で, 事な, 事件が, 事件の, 事奴が, 今時分は, 今頃は, 会見を, 作品よりは, 公衆に, 内に, 写真で, 出来事が, 出来事などは, 分と, 十五日三番目の, 午前六時なら, 午少し, 午後から, 午後でした, 午後です, 午後は, 午過, 喧嘩の, 地震の, 変な, 夕方この, 夕方に, 夕方私に, 夕方霧の, 夕立に, 夜の, 夢, 夢で, 大事件, 大関関脇などが, 大阪の, 失敗を, 女の, 子供の, 室へ, 宿屋で, 寒さ, 少女が, 嵐に, 御礼にかい, 御礼を, 恋は, 我を, 戯曲, 新は, 新聞が, 方が, 日に, 日曜に, 晝過ぎから, 晩も, 智慧ある, 暑さ, 暴風雨の, 書状も, 朝と, 朝に, 朝出した, 朝私が, 朝銚子で, 様に, 標準は, 歌は, 正午から, 残りが, 汽車の, 浦を, 疲れ, 疲れで, 発句は, 礼に, 私では, 私と, 空が, 紙上に, 総稽古, 美登利の, 羽根の, 自分を, 自己では, 興奮の, 蒸暑さ, 身に, 軍閥官僚を, 軽石層の, 通りだ, 金角二十五日の, 雨は, 雪は, 電報ガワセで, 非を

1 [1284件 抜粋] あたしが, あのこと, あの嵐, あの把柄, あの瞬間, あの阿, あまりの, ある時間, うたた寝に, おでんから, おひる, お値段, お午ごろ, お客様が, お方では, お残り, お礼も, お話は, かしわの, きみと, ここが, ことさ, ことじゃ, ことででも, ことどころか, ことなど, ことなんかは, ことについては, こと一寸, こと以来具合は, こと若い, ごとく時親, ごとく覚えては, しのこしたこと, すみれを, その講演会, ために, つづきを, とおりでありました, ところで, と違っ, どんど焼きの, はげしい雨, はずだった, はるの, ひるの, ひろ子の, びーふ, ままでありました, まま何のみ, ものであり, ものを, やうにしか, やさしき王, ようで, ようなる, ようにばかり, よりさらに, われも, アルコールのせゐだらう, オルテガで, スキーの, タイピスト今日の, ハンナの, ポルチエーが, メムバー来り, モメの, ラヂオは, レントゲン写真の, 一しづく, 一件を, 一夕刊新聞は, 一部しじゅう, 七葉樹の, 三月四日, 上り高では, 下女が, 世界を, 中村君だ, 九時頃よ, 乞食の, 争闘に関し, 事です, 事と, 事をも, 事件で, 事件は, 事件第, 事美留女姫の, 二十二句は, 二千兩騷ぎで, 交番に, 京都の, 人では, 人の, 仇討を, 今日じゃ, 今日でしょう, 今日に, 今頃待ち伏せでも, 代役料を, 仰は, 会へ, 伽羅油の, 佐伯氏の, 使いも, 使者が, 保守に, 信長では, 側杖を, 僕に, 儲けは, 公判廷と, 其までは, 冷肉が, 凄まじい景, 出来事は, 出来事を, 分を, 前々日から, 劍幕とは, 労を, 勘定日にも, 勢いは, 医者の, 十六日は, 午にな, 午前ここへ, 午前九時五十二分新橋着の, 午後, 午後お, 午後からの, 午後なら, 午後わたしの, 午後スコールが, 午後九時までは, 午後今朝と, 午後初めて, 午後実験室を, 午後川奈へ, 午後欧亜局長も, 午後溜池の, 午後街へ, 午後避病院に, 午頃までの, 午餉は, 博士と, 原に, 原稿を, 古谷は, 叫びかの, 名人も, 君の, 味方であり, 和服姿の, 唐辛子を, 問題以後気に, 喧嘩ね, 国賊が, 埃を, 塵を, 壮士は, 声より, 売残りが, 夕, 夕刊か, 夕刊が, 夕刊の, 夕刊記事の, 夕刻沖合から, 夕方あたりから, 夕方お, 夕方だ, 夕方で, 夕方も, 夕方もちようど, 夕方僕が, 夕方坂田とかいう, 夕方奈智の, 夕方敬坊と, 夕方東京湾口で, 夕方田舎の, 夕方裏の, 夕方輕井澤から, 夕方雨の, 夕方電車を, 夕日は, 夕暮の, 夕餉は, 外套氏の, 夜でした, 夜中から, 夜中に, 夜私は, 夢いかに, 夢に, 大事変勃発以来, 大学煙草が, 大戦終末時の, 大隈さんの, 大雪で, 天気でも, 太陽では, 失敗が, 失礼を, 奇しき懊惱, 奴が, 如き徹夜, 如くここ, 如く威勢, 如く快き, 如く氷嚢, 如く目前, 妻は, 娘だ, 子供では, 安定を, 定例市会で, 客中にも, 宮の, 家宅捜査で, 宿に, 将軍は, 小松島を, 小膽, 尻は, 山が, 山賊退治の, 岡鬼太郎のと, 嵐の, 工合いでは, 市内版へ, 希望が, 幸之, 店に, 座談会の, 引札と, 強い注射, 当直人, 彼女の, 御心配, 御礼に, 御訪問, 御飯が, 御馳走の, 復讐ばかり, 心も, 心地と, 怖しさ, 怪しい電話, 恋がたり, 惡夢などは, 惨劇に, 愛が, 感動の, 感覚を, 憤怨, 我が憶出, 我よりも, 戦いと, 所信は, 扇を, 手紙ぢや, 手紙の, 払暁の, 指環は, 握り飯が, 放送で, 敗を, 散歩に, 敵と, 文学も, 文身の, 新国劇見物を, 新聞にも, 新聞紙には, 方と, 方を, 日も, 日光の, 日暮れおれが, 日本にも, 日本ムッソリニ碑, 日記を, 日附と, 映像の, 春は, 昼うちに, 昼である, 昼の, 昼先生から, 昼席と, 昼迄, 昼過ぎに, 昼間から, 昼間へ, 昼間ヴァローダ商会で, 昼間速達で, 昼頃車を, 時刻に, 時計は, 晝近くな, 晩, 晩お父さんや, 晩である, 晩の, 晩何処へ, 晩始め, 晩方あらしの, 晩方ペトラルカの, 晩方受取つてから, 普通湯四銭は, 暮れ方家に, 暮方です, 曉方と, 服部哲雄が, 朝お前が, 朝ここに, 朝すみました, 朝ださうです, 朝で, 朝な, 朝ね, 朝またまた, 朝わたくしが, 朝ガーゼ交換が, 朝フラ, 朝九時半ごろには, 朝例によって, 朝八峰の, 朝出た, 朝十時三十三分着の, 朝受けた, 朝四時頃私は, 朝女王様が, 朝家中の, 朝御飯と, 朝愈々, 朝採れた, 朝木更津へ, 朝松本が, 朝漆の, 朝潰したら, 朝父は, 朝男の子が, 朝突然, 朝見えた, 朝足の, 朝食べた, 朝香港までの, 林田と, 栄として, 案内人は, 様で, 様な, 樣子で, 樣子少し, 歓楽は, 正午ごろから, 正午を, 正午藪の, 歴史あの, 残り酒は, 殺人を, 毛野川原の, 気象台に, 汚濁を, 河風が, 流俗では, 浪人のみ, 深夜図らず, 淵を, 渡守は, 演説会での, 火曜日は, 無礼覚えた, 煮物の, 物は, 猿にて, 珊瑚も, 生活を, 用事, 申刻, 男も, 男学生が, 疲れが, 疲れと, 癇癪の, 百杯よりも, 相州さまの, 省察によって, 看護婦が, 石切場の, 礼を, 社長今日の, 神の, 福井青年であります, 私そして, 私を, 稲刈りでは, 稲刈りはに, 第一着, 簑虫はと, 約束も, 紅顔今日の, 紙入に, 経験で, 結果を, 經驗, 続きを, 繁栄は, 罪は, 美奈子で, 義理を, 老人に, 老爺が, 聖人は, 肉を, 臨検騒ぎで, 自分で, 自分は, 自己に, 自己も, 至親も, 舌の, 舟夫既に, 色である, 艶色は, 花この, 花馬車の, 若い女, 苦痛を, 茶店で, 茸狩が, 菊が, 葡萄は, 蕗子の, 薄雪, 蟲です, 行乞所得の, 被害を, 装いもの, 覇府は, 親ば, 親友は, 記今日の, 記憶を, 訪問の, 診察の, 詩形は, 話さまだ, 話で, 話は, 該松樹と, 誤解にて, 識別も, 豆腐の, 買物を, 贅沢品も, 赤新聞を, 足跡は, 蹄鉄打換えの, 農科と, 返事を, 通りお, 通りでない, 通りひかえ, 通り宜, 連中が, 進歩にも, 運轉手が, 道もよ, 道筋を, 部屋は, 酒今日の, 酔中散歩は, 野呂の, 銀之助の, 関係者は, 降雪で, 雨です, 雪どけで, 雲は, 電話での, 電話も, 青二才が, 面影に, 額が, 風が, 食卓に, 飲みすぎ食べすぎ, 駄句, 騷ぎから, 騷ぎを, 高笑い昨夜の, 魚を, 鳥がまたちつ, 麦飯を, 黄玉や, 黒船は

▼ 昨日~ (656, 9.1%)

8 どこにも 5 私の, 駄目に 4 失敬, 昨日今日は, 郎女に 3 今日の, 昨日で, 東今日は

2 [38件] ありがとうございました, あんなもの, ともに葦, なかった, またいろいろ, またお, また上人様, ズッと, 一人で, 三月の, 久しぶりで, 五里歩いた, 人の, 何事も, 何処へ, 十か, 十四日, 多忙で, 大きな丸太, 大変な, 大森の, 失敬した, 失礼, 失礼いたしました, 失礼しました, 嫂の, 態, 日曜で, 昨日の, 昨日明日は, 朝の, 朝まだきから, 母に, 私が, 紅楼に, 老人の, 西今日は, 雨が

1 [541件 抜粋] あたくし, あつて, あのいい, あの臭, あの雨, あぶなかった, あまり口惜しゅう, ありに, ありません, あれほど, あれを, あんなに雨, あんなに雪, いつ頃ここ, いままでに, いろいろ世話, えらいお, おいそがしい, おいでに, おもしろかった, お天気, お寺から, お待ちなすったでしょう, お手柄, お手紙, お母さんから, お父さんが, お父さんに, お発ちに, お芝居, お草々, お雛様の, お餅, お騒がせし, かえって暫くしたら, からっぽでした, かわいらしいみつばちの, ききませんでした, きこえなかった波, きみが, ここまで, こちらも, こんな鮒, さだ子さんはずつと, しかし土曜, したの, すつかり, ずいぶん失敬, ずっと吉田, ずっと宅, そうだった, そちらへ, その上, その出来, その南麓, た, たいへんお, たいへん失礼, たいへん御馳走, たくさん雨が, ただ五把, だいぶ暑かっ, ちゃんと鏑木, ちょっと神戸, ちょっと豹一, つくつくぼうしが, てんで相手, とうとう逃げ出し, どうしても見つけださなかつた, どうでした, どうも, どうもありがとう, どうもいかが, どうも失敬, どうも失礼, どうも御, どうも飛んだ, どこそこの, どこの, どこまで, なかなか立て込ん, なぜあの, なぜこなかった, なぜ早く, はあ家, ひどい目, ひどかった, びっくりしました, ほとんど物, まことに, またあれ, またわざわざ, また再建, また妙, また御, また甲州名代, また薬, まだよかっ, まだ蕾, まるでどこ, まるで酔ひどれ, もうすでに消え, もう人民戦線, やっぱり河岸, ゆめか, よいこと, よそへ, わざ, アの, アルコールに, イヤ昨日, ギリギリの, ジヤケツを, セレナ様が, ドジを, ベルリンから, ワシントン市と, 一ヵ月目であった, 一人の, 一刻の, 一寸変, 一寸芸当, 一日あちこち歩いた, 一日お嬢様の, 一日なにも, 一日中船室に, 一日仕事を, 一日内に, 一日掃除に, 一日眠く, 一日芝で, 一日茅ヶ崎の, 一日雨が, 一昨日よりも, 一本の, 一番南の, 一葉茶屋で, 一駄の, 三人も, 三分五厘と, 三島屋の, 三月三十日だ, 三杯飲んだ, 上らないで, 上りまして, 下の, 下明日は, 下総に, 不如帰を, 不当な, 不思議な, 不明でした, 不漁じゃった, 中根が, 丸で, 丸善から, 主人が, 二つだつた, 二人とも, 二度も, 二百十日だい, 二輪今日は, 五日水天宮さまの, 井上今日は, 京子様と, 今に馬盗人, 今より, 今年の, 今度開く, 今日と, 今日に, 他に, 他出しなかった, 他所事と, 仙臺の, 伊勢から, 伊豆の, 会社の, 伺うこと, 住職が, 佐久間艇長の, 何う, 何うし, 何うしたんだい, 何だか雪, 何を, 何処かから, 何方に, 何處に, 例の, 便所から, 信乃の, 俺に, 俺の, 俺も, 偉い権幕, 傍らに, 僕が, 僕に, 僕も, 僕らの, 先生が, 公休を, 六ツ残っ, 内心がっかり, 内湯が, 冬衣そして, 冬衣今日は, 出なければ, 別の, 勘定が, 区内小学校聯合音楽会が, 十二円八十銭です, 十五貫の, 午過ぎは, 半助, 印度人の, 危く自動車に, 参内候て, 又八十度, 又創作, 古新聞, 君が, 君に, 和泉橋へ, 品右衛門爺さんが, 図らざる事, 固く鎖された, 圖らず, 城谷の, 墳墓の, 夕刻から, 夕方あたりから, 夕方以来どこへも, 多少雲, 夢せつない, 夢の, 大きな鮒, 大きに御馳走, 大八車を, 大分あわて, 大分大勢来ました, 大分教わった, 大分無理を, 大変元気で, 大変降りました, 大納言から, 大變, 大金, 大阪へ, 失敗した, 失敬今日は, 失敬本日学校で, 失敬迷惑でしたろう, 失礼いたし申した, 失礼と, 失礼致しました, 失禮致しました, 奇現象だった, 奥さん誰々の, 女優今日は, 好いとのみ, 好い工合, 存分に, 実にいい, 実に愉快, 実際僕喫驚, 実際失敬, 実験所大, 客に, 宵おそく, 宿屋に, 富十郎芝居の, 富家の, 寒かつ, 實際僕喫驚した, 将軍家が, 少し差支え, 少し過したらしい, 少し騒ぎ過ぎた, 少も, 山で, 山の, 岩倉様が, 川崎へ, 工合よく, 差支えあって, 師匠の, 帰りは, 年始, 幸い極く, 幸なき, 庭で, 待呆けました, 御主人, 御出, 御年頭, 御膳酒御, 御苦労様ア, 忙が, 忙しい日, 忙しかった, 急に, 恐ろしいもの, 恐ろしかった, 息づまるやう, 惜しか, 意外の, 愚なり, 慌て, 我々の, 折目も, 折角くれた, 教師を, 文学時標を, 斉藤紫香が, 新しいお, 新国道, 新撰組に, 新聞の, 方々お, 旅を, 日が, 日曜な, 日曜の, 早朝お, 早速に, 明日お, 昔と, 春今日は, 昨日今宵は, 是非貰いたかった, 昼番その, 昼餉たべ, 時又から, 晝から, 曇天が, 最後に, 最後の, 有難うございます, 朝っぱらから, 朝七時半から, 朝寝今朝は, 朝急に, 朝日比谷へ, 朝来引き続き, 本を, 本当に悪, 来ないから, 来客の, 東京の, 東周今日は, 東関の, 東關の, 松本を, 松永を, 某の, 格別さ, 欲望を, 正午過ぎから, 殊に気分, 殿様に, 母が, 母様が, 母親さんが, 気分悪く, 水の, 永, 永年ご, 江の島へ, 池の, 沸き立って, 泊るつもり, 泣き出したくなりますほど, 泣き声を, 泰子を, 洋服屋が, 深井の, 清澄であっ, 済まなかつた, 湯にも, 漢書の, 火の, 灯火が, 無明日, 父の, 特に頭痛, 特別です, 特別に, 獣に, 珍しくお, 珍しく虹ヶ浜, 珍らしく, 珍客を, 生きた, 田辺の, 甲の, 白い汽船, 白耳義ナミュウルの, 百足が, 皆が, 眠らずに, 着物だった, 矢代の, 石を, 確信が, 神棚の, 神近さんの, 私たちの, 私も, 私本当に, 秋田の, 突然に, 突然差押え, 窓の, 笑って, 笑つてゐない, 篤と大巻, 純支那米, 終日快晴で, 終日畠耘いを, 結婚生活を, 総角を, 罷業の, 美しいの, 美味い最中, 聖者サムソンの, 脈搏の, 脚の, 自分は, 興奮し, 舟に, 舟の, 色々お世話, 色々どうも有り難う, 苗木藩主の, 若い者, 苦労を, 英語で, 荷物を, 蓮華の, 蕗今日は, 蕗子から, 見かけなかった二十二・三, 見当を, 見舞が, 解決が, 記代子の, 誠に失礼, 誠に御馳走さま, 誠に有難う, 誰も, 誰今日は, 諸国の, 警察の, 警戒され, 負傷者三千人との, 貫一の, 貴方への, 近所の, 近藤を, 速達と, 過ぎた過去, 過ぎぬ, 遠くに, 遠泳を, 郎女にとって, 郵便物も, 酒屋の, 重い空, 銭四銭米四合今日は, 鏡の, 長州方の, 防空演習も, 防長社の, 雨だった, 雨と, 雨の, 雨中行乞を, 雪の, 青山で, 青木さんから, 面会謝絶で, 面白いこと, 面白い男, 鞍掛で, 頓狂者の, 頭が, 風も, 風邪で, 風邪を, 食べすぎ飲みすぎた, 餅明日は, 餓鬼地獄の, 馬鹿に, 驚かせました, 高松の, 鬼神の, 鳥打帽に, 黒部峡谷の

▼ 昨日~ (448, 6.2%)

128 今日も 30 一昨日も 9 明日も 3 川田やが, 来て, 私は

2 [19件] おとといも, こんなこと, そうさ, そうであった, それを, ちょっとお, やつて, 一度押, 主人が, 僕の, 出来上った洗濯物, 君が, 君の, 妙な, 書いたこと, 此處を, 用で, 男涙な, 聞きそこなって

1 [234件] ああし, ああやつ, あすこで, あすこに, あったこと, あったのに, あつしが, あなたは, あのオパール色, あの家, ありません, あんなに親切, あんな手紙, いたずらした, いたずらに, いたよう, うら, おいで, おいでで, おかあさんと, おばさんに, おまいり, お前さんの, お前の, お召し, お天気, お昼前, お気の毒, お見舞に, お話しした, お話し致しました, お話申した如く, かきました, かっぽれ, くるしくて, ここで, この町, この通り議長, そうして恍惚, そうだ, そうでした, その欄間, その氣ぶり, その話, たしかに, ちょうどこんな, ちょうどそんな, ちょっと申した, なんだか訳, はきました, はら, ひらひら, ほかの, またわざわざ, また人, また今日, また凧, やった, やつぱり青い, よほど不思議, アバタ面の, アリシア区を, カステラを, カンヴァスを, チラリト窓から, 一人切腹した, 一人赤児が, 一尾上りました, 一度逢, 一日おまえを, 一日焦れ, 一緒に, 丁度ここ, 丁度そうだった, 三つばかり, 三千兩の, 三日こうして, 三角の, 上野の, 上野勝教に, 主人は, 久し振りで, 九州の, 二三人の, 云う通り, 今日とは, 今日もと, 今朝も, 休んじまったん, 何か, 何角の, 余り憂鬱, 來な, 俺が, 僕が, 先日も, 先生が, 公園へ, 内へ, 出口の, 刑事が, 刺身だった, 卵産み今朝も, 友人と, 友達多勢と, 君に, 喰ひました, 四谷の, 坊様か, 変った容子, 夜に, 夢のみを, 大村と, 天香師から, 奥の, 好い天気, 学校から, 実は徳川どの, 家には, 家を, 宿と, 寒かつ, 小弟宿の, 小遣が, 己は, 市電の, 帰って, 帽子を, 平野君が, 年始に, 店で, 店の, 彼は, 御来訪下, 思い出して, 愚痴を, 感じて, 戦争今日も, 戦地方へ, 拝領拝領の, 旅の, 日が, 昌平橋で, 昌平橋の, 昨日で, 昨日とて, 昨日団体客が, 昼飯を, 時化今日, 晝の, 書きかけて, 書きながら, 書きましたが, 朝から, 村上の, 来たぜ, 来たわ, 来つ, 来なかったから, 来なかったのに, 林檎を, 正月の, 正造が, 此の, 此処を, 此近傍の, 母が, 氣分が, 沢山持つ, 油断し, 泣き続けに, 浅田という, 海今日も, 湯たんぽ扱いされました, 澤山と, 無い, 熊谷議長, 申して, 申しましたが, 申し上げましたとおり, 留守中に, 病床で, 発作から, 白船君と, 監獄へ, 目黒の, 相州の, 祖母が, 私に, 私の, 窓を, 立ち上りざま, 競馬で, 笑みてただに, 結論が, 美しいこまどり, 聞いたけどさ, 聞いた声, 聞いてるじゃ, 職人が, 船の, 芋一昨日も, 茅ヶ崎へ, 落城一昨日も, 行った筈, 見えて, 見て, 見ました, 親たちこっちへ, 言ったごとく若し, 言ったとおり, 言ったよう, 言つた通り須磨子は, 訪れたばかりの, 話したやう, 話した自身, 話して, 説明したで, 變な, 負傷は, 酒今日も, 重役の, 金の, 釣殿へ, 鐵砲打の, 長い間, 随分あなたん所, 随分歩い, 隣へ, 集って, 電話が, 風が, 飲んだ, 髪を

▼ 昨日から~ (313, 4.3%)

7 今日へ 5 今日にかけて, 何も

2 [18件] なにも, 一度も, 一睡も, 一種の, 一緒に, 不貞腐れて, 今日に, 今朝にかけて, 何にも, 喫ま, 少しずつ, 待って, 待つて, 御目, 持越しの, 降つて, 非常に, 風邪の

1 [260件] あそこには, あと二日位食事は, あなたを, あの人, あの人宛, あまり忙, あんたど, あんたの, いないの, いやで, いらざる惑い, いろんなこと, お帰り, お待ち申し, かげんが, かまえを, きざして, くさ, こっちしみじみ, この小さい, この山, この新九郎, この辺, この野, さんざんナニ, さんざ見せつけられた, ずいぶん忙しかっ, ずっとフランス氏, ずっと扇ヶ谷, ずっと真, そうです, その靴, それに, そればかり, そんなかけ声, たった一人, たびたび聞かれ, たんせいし, だい, ちよい, ついて, つづいたもの, で, であった, ですよ, では, どうも様子, どう言ったら, どっちへ, なら早い, にわかに千倍, のを, ばつたり, ぼくを, また本, まだ怒っ, まる一日, みんなで, むやみに, もう知っ, やはり福岡一, ゆうべへ, よくない, わたし何も, キザエモンだ, ストライキで, ズツと, チルさんの, ラヂオが, 一言も, 三つの, 三度行つ, 三日間風呂なし, 下水の, 両家の, 中内アナウンサーは, 乘せる, 二人ばかり, 云われて, 人っ子一人逢わない, 人と, 今日で, 今日の, 今日を, 今日一ぱいその, 伊太利の, 何といろいろ, 何となく沈ん, 何となく私, 何ともいえない, 何事も, 何度お, 何度も, 余程神経衰弱, 修道院長に, 傷に, 僅か一日, 僕の, 光子さんの, 全部売り切れという, 六波羅兵と, 再び色, 出なく手, 初めて二人きり, 別府温泉に, 別荘の, 加へ, 半病人, 博士邸へ, 又次ぎ, 取毀しが, 口を, 右眼に, 君らの, 吹き止まない大風, 喰べて, 四度通つて一人も, 固定し, 売れ残つて, 夏挽き, 外へ, 大変気難かしくなりまし, 大舞台, 大騒ぎを, 女の, 始って, 始つてゐる, 始めた海底調査, 始めた煙草, 姿が, 姿を, 嫉妬を, 子供達には, 学校が, 宮村座で, 家に, 家を, 家中引っ掻き廻し, 家出を, 家康が, 寝こんじまった位, 寝つづけて, 寺西家では, 小やみも, 小寒入だ, 小止みなく, 少しづつ室内, 少し熱, 少し風邪, 少年の, 居ないん, 山の, 左の, 市電が, 帰って, 帰つてやらない, 帰つて来ない, 幾度も, 幾度電話を, 度々電話, 引続い, 影の, 待ちつ, 御飯たべない, 御飯を, 徹夜し, 怒りすぎるよ, 思い当って, 急に, 悩んで, 我慢し, 拾壱円ばかり, 持ち続けて, 教えられた高麗村, 敵の, 断髪さ, 新しい作品, 方々東京を, 明けつ放しで, 昨夜にかけて, 昨夜の, 時々黒雲, 曇ったまま, 書き始めたエッセイ, 書出した, 来て, 松千代の, 梅雨, 此の, 此処で, 此処に, 此方だ, 此處へ, 歯を, 歯痛で, 歸つて來ません, 母親の, 気を, 泊まり込んで, 洞中に, 清めおかれ若殿, 漠然と感じ, 特待という, 甚三郎は, 田舎の, 留守この, 留守である, 病んだ, 病気, 禁酒した, 私の, 私は, 私も, 私達の, 稼業も, 糧食箱の, 続いた自分, 考えて, 考へて, 胃が, 自分の, 自分悲しい, 興行を, 芽出度芽出度と, 著しく感傷的, 行動を, 行方が, 行方不明を, 街へ, 見えなかったから, 見ると, 覺えて, 講義を, 貞夫が, 近在の, 迷れかけた, 通して, 通告し, 運びこんだまゝになつてゐる植木を, 道連れにな, 遠い日, 重い荷物, 開けた樣子, 降りつ, 雪片が, 頻りに暑く, 額は, 顏なじみの, 顏色ア惡くてらけ, 顔を, 顔色ア悪く, 風邪を, 食わないこれ小僧台所, 食事を, 飲まず食はず, 餘程神經衰弱が, 駒形町に, 鳴り出したの, 鵠沼へ, 鶴富組の

▼ 昨日まで~ (242, 3.4%)

5 なかった 3 大塚に, 自分の

2 [13件] その鍵, なにも, よく泳げる, セエラの, 元気に, 営々と, 四十何年間も, 居た筈, 床の, 支那人ばかり, 暖飽な, 着て, 確かに

1 [205件] あそこに, あたしたちが, あったの, あつちこつちで, あのよう, あの方, あの雑音, あれほど, あんたは, あんなにし, あんなにも, あんなに気, あんなもの, いた姉, いた家, いた開墾小屋, いて, いやたった, うかうかと, うるさくて, おびえつ聞きし飛行機, お母様と, お見受け致し, お釋迦さん, この同じ道, しっかりし, して, しば, すんで, その唐櫃, その秀子, その素振り, それを, そんなもの, たしかにあの, ないもの, ならいざ, はめて, まったく若殿, もやって, やつぱりこの病院に, よくても, わたくしを, クローム色に, シャアと, バルテレイルであった, 一しょに, 一緒に, 三兩といふ, 三日という, 上人について, 丘や, 乗つて, 乳母が, 予防注射を, 争議の, 二人の, 仕入, 仮りにも, 仲よくいっしょ, 伊香保に, 信じて, 僕は, 元気だった, 入つて, 公方様の, 凍んだ恰好, 出て, 利根川を, 北園に, 十銭取れ, 半狂乱, 南軍の, 同じ兵卒, 同僚交際であった, 同居し, 吹きすさんで, 四角であった, 国外で, 土下座の, 夢にも, 夢中遊行状態の, 大石橋, 大馬路, 天下に, 天候の, 奉祀し, 女工の, 如何に, 如何にも得意, 妾の, 宗教廓清の, 家老に, 寝て, 寝巻の, 小唄や, 小姓組二百五十石の, 帝王の, 常住坐臥使っ, 幕府の, 平然と呼吸, 底野が, 店の, 府中で, 延びて, 彼と, 彼れ, 恐れて, 愛する者, 戦争といふ, 戸外に, 攪乱され, 敵だった, 斉興に, 旅あるき, 日かげにばかり, 日を, 日本語を, 時々やって来る, 暗い小雨がち, 曲馬を, 書き残して, 朋輩呼ばわりを, 朝から, 朝夕の, 机を, 栄蔵が, 梅の, 森の, 此の, 武威を, 武蔵殿は, 歩いて, 死んで, 殆ん, 母親や, 毎日, 毎日顏を, 法制局で, 活動し, 海辺を, 深き光, 瀑などの, 無一物の, 無名であった, 煉餌を, 煤煙の, 燃えて, 片っ, 狭い布団, 狭く感ぜられた, 生きて, 町に, 百姓を, 真理と, 眼あきで, 石の, 私の, 私は, 私を, 空つ, 窓下に, 箱根に, 絶対的真理と, 繁昌した, 考えたあげく, 考えつかなかった事, 考えて, 考へ, 自分は, 舞台に, 若干苦労いたしました, 苦いその, 苦しい暑さ, 蘇格蘭の, 行列し, 行方が, 見つけ出したら有無, 読むこと, 誰も, 諸君の, 諸君は, 警視庁の, 賑やかな, 赭味が, 車を, 軽蔑し, 迂散臭い, 過ぎし河岸, 道床搗固に, 遠ざけられた洋学者, 部屋に, 野菜の, 錠前屋で, 鍬を, 門口に, 陋室内の, 預りに, 頑として一言, 食を, 飯時にさえ, 駅員も, 鷺の, 鼻の, 鼻唄まじりで

▼ 昨日~ (213, 2.9%)

23 同じよう 8 同じやう 6 今日と, 今日の 4 今日との, 違って 3 なれば, 今日とは, 今日は, 同じに, 同じ位, 同じ場所, 同じ様

2 [16件] おなじよう, ちがって, なんの, 一昨日の, 今日, 今朝の, 何も, 同じだ, 同じの, 同じ位置, 同じ内容証明, 同じ時刻, 変って, 打って, 明日との, 明日の

1 [109件] いい今日, いはず今日, いへば, おなじバス, かわりませんな, し今日, すぎされば, ちょうど同じ, つづいて, どこも, なつた, なりに, なり又, なる, なれるなり, ふしぎな, ほとんど同じ, ほとんど同様, まるでち, まるで打っ, やや同じ, 一昨々日送り出しました, 一昨日と, 二度電話を, 云ふ, 云へば, 今日で, 今日では, 今日とが, 今日とで, 今日役所での, 今日彼だけが, 今日新聞を, 今日続け, 何の, 先の, 同く, 同じ, 同じいかん声, 同じく, 同じく五寸, 同じく何事, 同じく意識, 同じく晴, 同じく畳, 同じく風, 同じこと, 同じだった, 同じであった, 同じほど, 同じコース, 同じ中年, 同じ事, 同じ処, 同じ刻限, 同じ原因, 同じ大, 同じ天候, 同じ席, 同じ心持, 同じ挨拶, 同じ新聞, 同じ旅装い, 同じ時分, 同じ永劫, 同じ状態, 同じ衝撃, 同じ進路, 同じ道場, 同じ雪, 同じ風景, 同じ黄昏ごろ, 同じAK, 同様に, 同状態, 変ったこの, 変つて別の, 変つて女は, 変つて部屋は, 変らず咲いて, 変りが, 変る事, 大して変り, 寸分変らぬ, 思うが, 思ふま, 所要時間も, 書く, 正反対の, 毫も変る, 異つて敵, 異る, 空氣が, 等しく城中, 経ち今日, 見るばかり, 較べたら同じ, 送り今日, 過ぎし青春, 過ぎた, 過ぎて, 過ぎ今日, 違い雷鳴り雲, 違う艶, 違った劇, 違った声, 違つてその, 違つて日は, 違ふ

▼ 昨日までは~ (114, 1.6%)

5 一度も 2 この小屋, まだ自分, 古かった, 小説のみで, 択びかねられしが, 毎日来た, 苦痛を通して

1 [95件] あいつがと, あんなに厚化粧, おもしろい男, そうだった, そう思っ, その遊民, ちゃんと垣, とかく家, ともかく紳士, とんと夢にも思い至らなかった, はるか下に, ひとりぼっ, へとへとに, まださほど寒気, よく源さん, わたしは, われわれと, オーバーを, テュイルリの, ナオミの, ボオツン, ボースや, 一介の, 一個の, 万国に, 二人の, 人に, 仲よくし, 俺んと, 兄の, 全くの, 全く分らなかった, 全く埋没, 出て, 別にそれほどでも, 剣術大名司馬道場の, 勝手な, 叔父の, 四十五円と, 夢にも考えなかった, 天涯無, 如何に重要, 嬉しくながめられた, 子供として, 宗家として, 宵から, 家々の, 尊貴, 市民は, 式部官とか, 弦月丸の, 彼の, 彼らも, 彼方の, 思へば, 愛すればこそ, 懐疑的で, 我が手, 我を, 手が, 擦れ合う身体, 数個の, 朝敵でありつる, 本当に妙, 栄華を, 死ぬる死, 濃い藍色, 無名でも, 独逸に, 猿の, 玉楼金殿の, 皆様と, 真暗な, 督責されなけれ, 稍信じなかったです, 米友が, 精神的の, 經廻る, 綿入を, 翁が, 胆吹御殿に, 至尊と, 萬人の, 見かけなかった白麻, 諸国の, 起きて, 軽蔑し, 農民に, 達者に, 酒が, 重大な, 金銀五彩の, 鐘や, 院庭に, 黒人と

▼ 昨日までの~ (113, 1.6%)

3 ことが, 生活を 2 ことは, ところは, 事は, 二日間に, 私の, 自信の, 自分を, 雨に

1 [91件] あの一番熱烈, あの幸福, あらゆる権力, あるじは, いさく, お君, お父上, ことだった, ことを, じめじめと, めちゃくちゃ主義の, ものを, やうで, ようすは, ように, わが捜査課, わしでは, わたしたちの, セエラとは, ヨーロッパ文化の, 一切の, 一生に, 一高峰であった, 三個の, 不平焦燥も, 不発論者たちすら, 中津藩小吏としての, 事, 事を, 亭主と, 仇敵スペインに, 仮住居, 何んという, 俺なら, 凸凹は, 友達が, 叔母が, 善は, 堕落と, 大名を, 女と, 女の, 女性から, 屋根裏部屋な, 常識は, 幾千万の, 悪が, 感情が, 感情の, 戦争便乗者が, 戯曲は, 批評態度で, 敵鐘巻自, 日本史では, 書生が, 本屋は, 栄華は, 栄華を, 梅雨中の, 武子姫は, 殺人暴客は, 潮は, 父とは, 瑪瑙の, 生きた現物, 生活の, 田舎廻り, 私では, 私と, 私は, 老人だ, 考へ方, 自分とは, 自分の, 自己の, 自己身體取扱方に, 苦心は, 華やかな, 藤作の, 蛮地は, 親友が, 超国家主義, 身どもらは, 遊びの, 邪慳な, 門松も, 闘争の, 陋苦しい, 雨と, 雪は, 青二才が

▼ 昨日~ (109, 1.5%)

8 なって 4 なつて 3 くらべると, つづく今日, まさる戀, 比べて 2 くらべて, 変ること, 変る今日, 変る身, 比して, 異らぬ, 過ぎて

1 [71件] あり昨日, かわらぬおだやか, かわり隆夫, して, しても, すぎた今日, つ, つづいて, つづく第, なっても, なり昨日, なる明日, ひきかへ, ひきつづいて, ひきつづき風, ひとしい錯覚, まさる大雪, まして暗く, 今日に, 似ずどんより, 似たる恋し, 優ろうとも, 初まる, 劣らぬ厳重, 同じ, 同じ赤き, 味を, 囚はれる, 増して, 増すとも, 変って, 変らず彼方, 変らず色づいて, 変らぬ今日, 変りありません, 変るリー・シー・ツワン, 変る横柄, 変わって, 変わる吾が, 変わる幸福, 引かえて, 引きかへ, 引き換えて, 引き続き刑事, 引換えて, 引換え今日, 引替えて, 引続きスカパフロー発, 数倍する, 比すれば, 比べると, 異った, 異つたこと, 異ならず口, 異ならず戸, 異らず, 終る, 続いて, 考へ, 至り愈, 至り突如, 變らぬ, 變る, 身も, 較べると, 連續する, 違った下女, 限って, 限つては, 限つて原町の, 限つて故郷への

▼ 昨日より~ (88, 1.2%)

32 はい, 一そう霧に, 少しい, 明日は, 稍, 遥かに

1 [73件] いくぶんか, いくらかい, いけない位, いたして, いたましく見えた, いよよ殖えし, この地方, さらに元気, さらに濃, たしかに一日, ちとおそい, づっとよくなった, づっとピン, づっと声が, ひどいので, また少し下った, やや弱し, よくなった, よく七分強, よく見えた, キチッと, バッジの, ラヂオ同盟罷業にて, 一つ利口に, 一層魅力, 一景カット他, 一段とまとまった, 三十分以上も, 今日が, 今日まで, 以前に, 休み次, 全く暑し, 出でしも, 出でて, 出来よろし, 力の, 半刻, 去年より, 又凄く, 吉いと, 声も, 大分らくである, 大変好, 大西といふ, 好いもの, 少々よし, 少し瘠けたよう, 引つづき仕事, 御一所ニ, 御談, 悪い位, 悲惨に, 我手に, 擴が, 暖, 梅雨に, 楽だ, 楽な, 此昼に, 気分すぐれず, 灸点治療を, 烈風吹続き, 甚し, 病の, 病院に, 痩衰へ, 稍悪い, 翌日は, 腹痛苦しん, 荊妻手足痛, 風さむし, 驛前闇市取

▼ 昨日からの~ (55, 0.8%)

4 ことを, 事を 3 ことだ 2 ことで, エピソオドを, 雨で

1 [38件] あいつの, お恵, お話で, こと, ことです, ことについては, 一ぶ, 三つの, 不実らしい, 不快が, 事が, 仲でない, 俵の, 入費を, 兵曹長の, 凄まじい響き, 大雪に, 客が, 彼に対する, 御病気もといふ間, 心の, 心配事を, 恐ろしい情景, 暗い悲しい気分, 此の, 気持が, 目明しどもの, 祟りで口ん中, 結城の, 自分を, 行動が, 観察の, 話を, 調査に, 関係者の, 雨が, 飲み続け, 餒じ

▼ 昨日~ (42, 0.6%)

2 が蜜蝋

1 [40件] が, がお供, がここ, がコゼット, がマア傍, が処, が斯ん, が既に, が昆虫, が是方, が最後, が話しかけた, が越した, が降り, と, にあの, に面会, のかわき, の妹, の机, の炉辺, の訊問, はあの, はある, はいつも, はすっかり, はその, はどうして, はアアチャン, は人力車夫, は先生, は八十, は夢, は大隈氏, は末子, は父, は素子, は足, をごらん, を見つけた

▼ 昨日よりも~ (38, 0.5%)

2 色が

1 [36件] いっそう懐かし, さらに旗色, その度, ひどい雷, またずっと, またずつと, またずッ, またもっと, また一そう, また一倍, まだひどい, もっともっとうつくしい, もっと大きい, よいお, ズット磊落な, 一層強い, 一層病人, 一層稀, 今日である, 低く岩壁, 余計のまない, 八匁だけ, 厳重な, 又ず, 多くの, 大きく賢くなっ, 打傾かるる, 更にどんよりと, 更に深い, 更に荒寞, 深くお前, 熱が, 美しい大気都姫, 艶や, 落ちついて, 遥かに

▼ 昨日あたり~ (36, 0.5%)

2 からポツ, から通れる

1 [32件] お連様, かもしれん, からあたたか, からおとなしく, からしきりに, からすっかり, からどうか, からやっと, から上野, から列, から大分, から少し, から床, から整えられ, から腹具合, から覚えました, から起き, から開き始めたらしい, この村, の島田髷, までは死ぬ, まで此斜面, もまだ, よりいくら, よりは大分い, より少し, より花満開, 使った箒, 孵ったかと, 御台場近辺, 結い日, 読んだ作家

▼ 昨日~ (33, 0.5%)

2 奉行の

1 [31件] 仰せに, 会ひしました, 入りに, 出に, 勢が, 勢の, 医師様の, 命じの, 墓まいりした, 姉様が, 寿を, 崎は, 師匠様の, 帰りで, 帰りに, 延の, 役所で, 手紙が, 歸へ, 浜が, 源さんの, 目に, 着きでさぞ, 着きに, 神楽師の, 篠が, 逢いに, 電話で, 靜が, 風呂に, 餅を

▼ 昨日あの~ (32, 0.4%)

2 人の, 変な, 大きな石, 女の

1 [24件] ちょいと, ように, ザチという, ザポロージェ人と, 上まで, 大雨の, 子供達の, 室には, 家の, 店で, 建物に, 日の, 時じっと, 板倉さんの, 烈しい憎悪, 狂人の, 男の, 看護婦は, 辺を, 道の, 道場から, 際ひろ子が, 風呂場で, 騒ぎの

▼ 昨日~ (27, 0.4%)

13 今日の 2 今日では, 今日はじまった 1 つて來た, 一昨日から, 今日じゃ, 今日に, 今日のも, 今日ヒョイと, 今日一緒にな, 今日奉公に, 今日打っ欠いた, 今日警察の

▼ 昨日見た~ (27, 0.4%)

2 夢を

1 [25件] がそこ, ことは, といふ船, とか幾度, と同じ, などというもの, ま, よ, ルイキユウの, 人が, 大きな小屋がけ, 女王よりは, 彼の, 悪沢岳, 所に, 梅干の, 洋装の, 活動寫眞の, 男あれは, 異人氏以外の, 看護婦とは, 空色の, 若い秀才, 蒼ぶくれ, 通り詳しい

▼ 昨日一日~ (26, 0.4%)

2 ですっかり

1 [24件] あの雨, その厭, だけ飲まなかつた, で全く, に起伏, のこと, の仕事, の凩, の快晴, の疲れ, を妻, を費やした, ノ無理, 休んだ馬, 休んで, 待っても, 憤つて, 探したけれども, 疲れる事, 繰り返して, 見なん, 降った雨, 降らないと, 食べた蜆

▼ 昨日来た~ (24, 0.3%)

2 のは, よ, 道である

1 [18件] のだ, のでスタイルブツク, ばかしで, ばかりでございます, んだ, 乞食俺より, 伯母からの, 先生からの, 委員連の, 巫女の, 時に, 朋友の, 某警察署, 異人氏の, 花嫁の, 菓子屋なんか, 道自動車の, 青年は

▼ 昨日~ (23, 0.3%)

2 東京新聞の

1 [21件] あつて, お客は, かけたまま, ほんとに好かっ, よく分った, ゴルフで, 二七日です, 切れたと, 喪は, 完了した, 帰って, 年が, 済みましたから, 済んで, 濟んで, 珍らしい, 終りあと, 終りました, 艦を, 辟易した, 高山の

▼ 昨日よりは~ (22, 0.3%)

4 今日といふ 2 今日今日よりは, 又ずうっ

1 [14件] いくらか, ずっと低い, ずっと古ぼけた, ましで, ましといふ, やや早, ラクでも, 今日という, 今日の, 大分元気だ, 夫でも, 少々い, 稍, 餘程勝れ

▼ 昨日一昨日~ (21, 0.3%)

1 [21件] その長雨, と三日, と再度, と同じ, と都合二度, などはことにそう, にでも死したる, に送った, のこと, の事, の大雨, の我さま, の気分, の漁況, の雨, はこの, は全く, ひどく風, までいくら, までは礫一つ, よりもずっと

▼ 昨日この~ (20, 0.3%)

1 [20件] おかた, モミジという, 友だちの, 古い歴史, 司馬寮に, 向うで, 大野さんに, 宿を, 山荘に, 島に, 店へ, 店先で, 方が, 日本の, 月末迄, 構内の, 置手紙を, 見世物小舎に, 路地を, 題を

▼ 昨日~ (20, 0.3%)

1 [20件] あつた, があの, がいった, が無, が秋川家, とこの, にくれぐれも, に出, のところ, の友人, の命じた, は, はちょっと, は初枝さん, は寄宿舎, は新聞, は森彦さん, は立入っ, は逢つた, は頓馬

▼ 昨日~ (19, 0.3%)

2 昨日まで

1 [17件] あった, あるの, よすぎた, ロッパ青春部隊の, 丁度初, 予定日でした, 二円今日五十銭とは, 初七日, 始て, 小豆粥の, 彼岸の, 御開帳, 所謂彼岸の, 晴日で, 期限でした, 母上の, 終って

▼ 昨日~ (18, 0.2%)

2 忘れ明日, 背負い明日

1 [14件] けなした, 今日に, 今日の, 夢み, 夢み今日, 忘れよ明日, 思はず明日, 思ひぬ, 思ふ足柄, 憎むこころ, 知り又, 考へる微苦笑, 追懐し, 顧みた時

▼ 昨日~ (18, 0.2%)

1 [18件] があの, がありし, がかえって, がとられた, が一, が俺, が妙, が握り飯, が湯, とこの, と夕方, に話した, に頼んだ, のところ, の乗ツ, の乘つて來, は僕, は吉岡君

▼ 昨日~ (18, 0.2%)

2 別れ致候後途中腹痛にて, 厄介に, 父さんから

1 [12件] 会ひした, 城内杖相用之, 家老より, 帰りと, 帰京, 微行で, 注文の, 相談昌蔵命名之, 約束致しました, 老中よりの, 自分で, 逼塞に

▼ 昨日~ (17, 0.2%)

1 [17件] おとといの, きょうの, 一昨日かに, 一昨日ここへ, 一昨日は, 一昨日散, 一昨日降つた, 今日その, 今日の, 今日篠町か, 今日薬取りに, 今日辺り乗込ん, 又は二三日前, 戀ひし, 昨夜かの, 神山様にも, 神山樣にも

▼ 昨日その~ (17, 0.2%)

2 留守宅に

1 [15件] 九州から, 修築を, 同学生, 四畳半を, 地蔵を, 娘に, 当人が, 時分には, 煙草工場見学に, 用意を, 男が, 美人と共に, 話を, 質問を, 金子は

▼ 昨日とは~ (17, 0.2%)

3 打って 2 ちがって, 変わって 1 まつたくようす, まるで違った, 何か, 全くち, 全く違った, 全で, 反対の, 国が, 変わった色, 年表を

▼ 昨日ここ~ (16, 0.2%)

1 [16件] からお, でひろ子宛, でパーヴェル・パーヴロヴィチ, で十銭玉, で落ち合ったでしょう, に着きました, に着陣, に身投げ, の修道院, の床屋, へくる, へやつ, へ厩橋侯, へ呼んだ, へ雪子さん, を通りかかった

▼ 昨日にも~ (14, 0.2%)

2 似ず

1 [12件] おいでだ, まさりて, ましてひどい, まして悲しい, まして激しかっ, まして花, 倍し, 塞ごうと, 増した麗, 増して, 増り, 覚れなかったろう

▼ 昨日あれ~ (13, 0.2%)

2 を書いた

1 [11件] からお嬢さん, からどこ, から家, から戸塚, から目黒, から話, ほどに議場, ほどやかましく, ほど友達, ほど賑うた見世物小屋, 程そんな

▼ 昨日今日~ (12, 0.2%)

4 は今日 1 うつる提案, とつづい, と三日, と二日, の嫩, の街頭, の體, は都

▼ 昨日以来~ (12, 0.2%)

2 の出来事 1 この問題, こんなふう, の太子, の小浜信造, の御, の悩まし, の突然, ひたすら本国岡崎, まったく沈默, 目立って

▼ 昨日~ (12, 0.2%)

1 [12件] あんな行い, てお父さん, て今日, て今日明日, のこと, のつづけ, の商売疲れ, の恨み, の血走つた, の親切, の豪雨, やはった

▼ 昨日自分~ (12, 0.2%)

4 は村上海軍大尉 2 の方 1 が五円, が張り, のギプス, の書いた, の連れ, をとらえ

▼ 昨日~ (10, 0.1%)

2 のよりは 1 あいて, あんなだ, 文太郎の, 汝誇れり, 着て, 自分で, 賢かりし, 頭の

▼ 昨日東京~ (9, 0.1%)

1 から帰った, から来た, の弟, の近江屋, を出発, を発っ, を発った, を立つ, を見

▼ 昨日だって~ (8, 0.1%)

1 もっとよかっ, わたし一時間も, 前川と, 待ちぼけ, 次郎ちゃんが, 決して空費, 長老の, 飛び出しは

▼ 昨日までも~ (8, 0.1%)

2 今日までも 1 お嬢様と, こんな幸せ, 一昨日までも, 六十餘州に, 夫婦約束が, 美麗に

▼ 昨日~ (8, 0.1%)

2 のお 1 がぼく, と一緒, の宝, の痍, はこの, は前日伸子

▼ 昨日手紙~ (8, 0.1%)

1 で頼ん, をよこし, を出し, を出した, を書き過ぎた, を見, を読ん, を貰った

▼ 昨日着いた~ (8, 0.1%)

2 んだ, 時から 1 客の, 戦地の, 時と, 時よりも

▼ 昨日迄の~ (8, 0.1%)

2 やうに, 汽車を 1 客よりは, 戦友と, 洪水は, 無情の

▼ 昨日それ~ (7, 0.1%)

1 が出来, をはじめて, をやりかけた, を実行, を持っ, を知った, を見た

▼ 昨日~ (7, 0.1%)

1 やって来や, タキシーが, マターファの, 三郎に, 本家の, 来たぞ, 行きましたが

▼ 昨日夕方~ (7, 0.1%)

21 この端書, になつて帰, に帰りました, に歸, の六時頃

▼ 昨日~ (7, 0.1%)

1 からまた, がちょっと, が池, と一, と一しょ, のお, の嗚咽

▼ 昨日約束~ (7, 0.1%)

1 したばかりじゃ, したよう, した通り, して, せし精養軒, の書物, の迎え来らず

▼ 昨日聞いた~ (7, 0.1%)

1 ことで, ばかりのホヤホヤ, ものの, 二人の, 時の, 話であった, 通り

▼ 昨日降った~ (7, 0.1%)

2 雪が 1 という新雪, ばかりの雪, 新雪が, 淡雪が, 雨の

▼ 昨日あなた~ (6, 0.1%)

1 がお出で, に上げた, はお金, は縞, も御覧, を訪ね

▼ 昨日ある~ (6, 0.1%)

1 人から, 人の, 処で, 友人に, 新聞社から, 知人の

▼ 昨日帰った~ (6, 0.1%)

2 ばかりだ 1 あとに, かと思う, という加藤, ときの

▼ 昨日昨日~ (6, 0.1%)

6 よりは今日

▼ 昨日あった~ (5, 0.1%)

2 事柄を 1 ことの, ことを, 時ひどく

▼ 昨日なんか~ (5, 0.1%)

1 あたくし困つ, もっと左, 涙を, 算術が, 驟雨が

▼ 昨日ほど~ (5, 0.1%)

1 お暑く, では, 寒くなかった, 途方も, 面倒な

▼ 昨日みたい~ (5, 0.1%)

1 なうそ, なチユウリツプ, な尼僧, な業, な目

▼ 昨日わざわざ~ (5, 0.1%)

1 あつしの, 森栖校長先生が, 汽車で, 浅草まで, 長崎から

▼ 昨日わし~ (5, 0.1%)

1 が自分, が話した, の弟子, は, はここ

▼ 昨日二人~ (5, 0.1%)

1 かえって来, で自動車, の分け入っ, の弁護士, は別

▼ 昨日会った~ (5, 0.1%)

1 人達の, 彼の, 時と, 時よりは, 薄墨色の

▼ 昨日~ (5, 0.1%)

1 がここ, の話, の釣った, は或, を連れ出した

▼ 昨日先生~ (5, 0.1%)

1 が, が寝言みたい, が御, の仰せられた, の弟さん

▼ 昨日~ (5, 0.1%)

1 からおり, へ行っ, へ行つた富岡, を一人, を降りた

▼ 昨日帰っ~ (5, 0.1%)

1 てき, てまいりました, て来た, て来申した, て行った

▼ 昨日彼女~ (5, 0.1%)

1 が見つけなかった, が蹲っ, はここ, は実に, は最後

▼ 昨日樹明君~ (5, 0.1%)

1 から袷, が持つ, が植ゑてくれた, が買う, の場合

▼ 昨日眺めた~ (5, 0.1%)

4 野も 1 よりもずっと

▼ 昨日行っ~ (5, 0.1%)

1 てのアイスクリーム, てみる, て来た, て見, て見た

▼ 昨日買っ~ (5, 0.1%)

1 ていただいた, てお送り, て来た, て置きました, て貰った

▼ 昨日通った~ (5, 0.1%)

1 ばかりの道, 南穂高, 坂にさえ, 時には, 槍ヶ岳の

▼ 昨日~ (5, 0.1%)

1 が降った, が降る, に濡れた, の中, を衝い

▼ 昨日電話~ (5, 0.1%)

1 があっ, して, で宇佐美, で私, を寄越し

▼ 昨日お母さん~ (4, 0.1%)

1 からお, があやまり, が明日, と二人

▼ 昨日お話~ (4, 0.1%)

1 したヂギタリス, したヤムド・ツォ湖, のあつ, の松井田

▼ 昨日~ (4, 0.1%)

2 ふとは 1 ふは, ふ世

▼ 昨日~ (4, 0.1%)

1 うでも, う云, へ, 初めて

▼ 昨日~ (4, 0.1%)

2 夕に 1 今日の, 諭し玉

▼ 昨日~ (4, 0.1%)

1 か一昨日, っけ, つて与里と, と思ふ

▼ 昨日だった~ (4, 0.1%)

1 か一昨日, か甲州, か窓, としたら

▼ 昨日だつた~ (4, 0.1%)

3 か一昨日 1 かしら伝七

▼ 昨日ちょっと~ (4, 0.1%)

1 伺うの, 聞いたの, 見えましたよ, 電話で

▼ 昨日です~ (4, 0.1%)

1 が殺された, とお, よ, よ外務省

▼ 昨日という~ (4, 0.1%)

1 ことです, のと, 再びかえらない, 日に

▼ 昨日とか~ (4, 0.1%)

1 こちらへ, そういう行動, 今日とか, 子供の

▼ 昨日どこ~ (4, 0.1%)

1 かに鼠, でもらっ, の古道具屋, へ行った

▼ 昨日~ (4, 0.1%)

1 のか, んだろう, 証拠を, 頼んだ蜜柑

▼ 昨日には~ (4, 0.1%)

1 似ぬ心地, 似ぬ風情, 引替えて, 戻らぬ訣別

▼ 昨日~ (4, 0.1%)

1 なんかの, また何, 僕が, 僕は

▼ 昨日までに~ (4, 0.1%)

1 みんな落し, 消費果し, 送る筈, 集めた金

▼ 昨日一昨日俺~ (4, 0.1%)

2 の心, を不安

▼ 昨日下りた~ (4, 0.1%)

1 七條の, 所へ, 瀑の, 雪渓を

▼ 昨日~ (4, 0.1%)

1 か手, か考へた, して, でも中尉

▼ 昨日~ (4, 0.1%)

1 たばかし, た友達, た時, た道

▼ 昨日~ (4, 0.1%)

2 と一所, と自分

▼ 昨日出来た~ (4, 0.1%)

1 からお, ことが, ことだけは, ばかりの百科辞書

▼ 昨日初めて~ (4, 0.1%)

1 そんなこと, 合いました, 花が, 見舞に

▼ 昨日午後~ (4, 0.1%)

1 どうも頭痛, ふいと, 突然外国, 頂きました

▼ 昨日午後横佩墻内~ (4, 0.1%)

4 へ知らせ

▼ 昨日向島~ (4, 0.1%)

2 の土手 1 で拔, で散々毛虫

▼ 昨日学校~ (4, 0.1%)

1 でも聞いた, で会った, の廊下, へ来なかった

▼ 昨日~ (4, 0.1%)

2 の前 1 の女の子, への出かけ

▼ 昨日我々~ (4, 0.1%)

1 の汽船, はあんなに, は干潮, は那麼

▼ 昨日~ (4, 0.1%)

1 る人, る人間, る先輩, る友

▼ 昨日散歩~ (4, 0.1%)

1 したる, のみぎり, の歸, の道

▼ 昨日横浜~ (4, 0.1%)

2 から来る 1 に用, へ行

▼ 昨日死んだ~ (4, 0.1%)

1 ことに, との悼み言, よ, 看護婦の

▼ 昨日~ (4, 0.1%)

2 へ被 1 の時計屋, まで行っ

▼ 昨日登った~ (4, 0.1%)

1 ところで, 唐松尾の, 杉山さんと, 石小屋という

▼ 昨日~ (4, 0.1%)

2 て来た 1 てきた, に参候折参詣人

▼ 昨日電報~ (4, 0.1%)

2 が来た 1 うったの, を打ちました

▼ 昨日~ (4, 0.1%)

1 について遠方, を売, を売り, を繋いだ

▼ 昨日~ (3, 0.0%)

1 がつた心中, づけただがな, ないに

▼ 昨日あすこ~ (3, 0.0%)

1 でお, の亭主, を通った

▼ 昨日あたし~ (3, 0.0%)

1 が晩御飯, が炊いた, のした

▼ 昨日~ (3, 0.0%)

1 て下さらなかった, らしたって, らしった奥さんは

▼ 昨日おいで~ (3, 0.0%)

1 になっ, になった, になる

▼ 昨日お前~ (3, 0.0%)

1 が帰るちふ, に逢った, に逢つた時

▼ 昨日きょう~ (3, 0.0%)

1 の不束者, の顔なじみ, 染まったもの

▼ 昨日こそ~ (3, 0.0%)

1 うしほ, 年は, 誰乎彼の

▼ 昨日すでに~ (3, 0.0%)

1 参詣した, 婆さんの, 覚悟を

▼ 昨日そんな~ (3, 0.0%)

1 ことを, ばかな, 話だつた

▼ 昨日でした~ (3, 0.0%)

1 かある, かよく, か御

▼ 昨日なら~ (3, 0.0%)

1 十五対一でも, 大に, 溌剌たる

▼ 昨日~ (3, 0.0%)

2 かけて 1 掛け一生懸命

▼ 昨日みんな~ (3, 0.0%)

1 がもらった, でハァハァ, で極めた

▼ 昨日よそ~ (3, 0.0%)

1 のおばさん, のおん世, へ行きましたら

▼ 昨日よりの~ (3, 0.0%)

1 事を, 大雪に, 疲れ一時に

▼ 昨日~ (3, 0.0%)

3 も小僧

▼ 昨日わたくし~ (3, 0.0%)

1 によって敗北, の手並, は未知

▼ 昨日わたし~ (3, 0.0%)

2 のところ 1 はみな

▼ 昨日上野~ (3, 0.0%)

1 で, の森, まで切符

▼ 昨日世界文学社~ (3, 0.0%)

1 できいた, で会う, で小田

▼ 昨日久し振り~ (3, 0.0%)

1 でお出で, で銀ブラ, に板垣

▼ 昨日京都~ (3, 0.0%)

1 から大阪, の今井さん, より下

▼ 昨日休んだ~ (3, 0.0%)

1 からといふ考, 路傍の, 馬宿の

▼ 昨日偶然~ (3, 0.0%)

1 に僕, に電車, 来て

▼ 昨日~ (3, 0.0%)

1 て行く, て行った, て見た

▼ 昨日出た~ (3, 0.0%)

1 きり帰らない, きり帰らねえ, 許り

▼ 昨日出来~ (3, 0.0%)

2 て来た 1 て今日

▼ 昨日受け取った~ (3, 0.0%)

1 からである, ばかりな, 半期分の

▼ 昨日大池~ (3, 0.0%)

1 が言っ, が鍵, と二人

▼ 昨日大阪~ (3, 0.0%)

1 から久能志貴子, の方, へ來

▼ 昨日奥さん~ (3, 0.0%)

2 にお話し 1 の御

▼ 昨日始め~ (3, 0.0%)

2 て経験 1 て恋

▼ 昨日~ (3, 0.0%)

1 ぐまさんにほゝづきをあげたのは自分だ, ツルの, 笛を

▼ 昨日~ (3, 0.0%)

2 が暮れ 1 の入る

▼ 昨日書いた~ (3, 0.0%)

1 ところを, 所を, 通りの

▼ 昨日~ (3, 0.0%)

2 のところ 1 の途中

▼ 昨日歩い~ (3, 0.0%)

2 てきた 1 て来た

▼ 昨日煮た~ (3, 0.0%)

2 ものを 1 糊を

▼ 昨日病院~ (3, 0.0%)

2 で起った 1 へ面会

▼ 昨日突然~ (3, 0.0%)

1 出て, 失踪したぎり, 本田さんが

▼ 昨日終日~ (3, 0.0%)

1 とおく眺め, とほく眺め, 降りくらし

▼ 昨日習つた事~ (3, 0.0%)

2 を今日 1 を昨日

▼ 昨日自宅~ (3, 0.0%)

1 から上がっ, で眩, を逃げ出した

▼ 昨日~ (3, 0.0%)

1 の中, まで出迎え, を立つ

▼ 昨日行った~ (3, 0.0%)

1 ということ, のだ, 時吉岡君は

▼ 昨日~ (3, 0.0%)

1 の畑, の藪, ノオ染サント二人

▼ 昨日見かけた~ (3, 0.0%)

2 編笠の 1 青年たちの

▼ 昨日~ (3, 0.0%)

1 嬢の, 官から, 官の

▼ 昨日途中~ (3, 0.0%)

1 で学生, で見た, にて予

▼ 昨日逢った~ (3, 0.0%)

1 ばかりだ, 時あんなに, 時思い切っ

▼ 昨日錢形~ (3, 0.0%)

1 の家, の親分, の親分さん

▼ 昨日~ (3, 0.0%)

1 の中, 踏みに, 降る

▼ 昨日あつし~ (2, 0.0%)

1 の家, はその

▼ 昨日あはれ~ (2, 0.0%)

2 と見し

▼ 昨日あんな~ (2, 0.0%)

1 ひどい目, 非道い

▼ 昨日あんなに~ (2, 0.0%)

1 元気で, 固い約束

▼ 昨日いつも~ (2, 0.0%)

1 お正月に, のよう

▼ 昨日いろいろ~ (2, 0.0%)

1 おきまり, と手

▼ 昨日うけた~ (2, 0.0%)

1 ばかりの袷, 体の

▼ 昨日うつ~ (2, 0.0%)

1 かりこの, かり人

▼ 昨日おれ~ (2, 0.0%)

1 の言った, の頭

▼ 昨日お嬢さん~ (2, 0.0%)

1 がここ, に佳い

▼ 昨日お宅~ (2, 0.0%)

1 から一軒隔, から通知

▼ 昨日お父さん~ (2, 0.0%)

1 にきいた, の前

▼ 昨日お願い~ (2, 0.0%)

1 した件, しましたこと

▼ 昨日かへ~ (2, 0.0%)

2 何故はやく

▼ 昨日こちら~ (2, 0.0%)

1 のお婆さん, へおいで

▼ 昨日すん~ (2, 0.0%)

2 で一方

▼ 昨日そこ~ (2, 0.0%)

1 で見た, に居られました

▼ 昨日ちよい~ (2, 0.0%)

1 とした, と顏

▼ 昨日つくった~ (2, 0.0%)

1 よ, 雪だるまが

▼ 昨日であった~ (2, 0.0%)

1 かあすこ, か何十年

▼ 昨日でも~ (2, 0.0%)

1 あつた, 会つた人の

▼ 昨日といふ~ (2, 0.0%)

1 去年一昨年同, 過去は

▼ 昨日とうとう~ (2, 0.0%)

1 それを, 滋養浣腸を

▼ 昨日などは~ (2, 0.0%)

1 一寸と, 私の

▼ 昨日なんかも~ (2, 0.0%)

1 そうだった, 一年生は

▼ 昨日にか~ (2, 0.0%)

1 はるまめ, はれる今日

▼ 昨日にでも~ (2, 0.0%)

1 来て, 死んだかの

▼ 昨日はじめて~ (2, 0.0%)

1 大池氏に, 知つたという

▼ 昨日はと~ (2, 0.0%)

1 うたうはがき, 思ったら何とか

▼ 昨日はね~ (2, 0.0%)

1 屋根の, 痩っぽ

▼ 昨日ふと~ (2, 0.0%)

1 与八さんに, 直助

▼ 昨日また~ (2, 0.0%)

1 かくて, 逗子へ

▼ 昨日もつ~ (2, 0.0%)

1 しら梅の, て来

▼ 昨日やはり~ (2, 0.0%)

1 また二人, 町の

▼ 昨日~ (2, 0.0%)

1 われに, 我の

▼ 昨日わが~ (2, 0.0%)

1 窓より, 願ひし

▼ 昨日スアレー彼~ (2, 0.0%)

2 ノ人アナーハン

▼ 昨日パリー~ (2, 0.0%)

1 へ着いた, をお立ち

▼ 昨日ビフテキ~ (2, 0.0%)

1 の大きい, 食べたや

▼ 昨日一彦~ (2, 0.0%)

1 が変, とミチ子

▼ 昨日丁度~ (2, 0.0%)

1 前の, 君の

▼ 昨日上げた~ (2, 0.0%)

2 許りな

▼ 昨日下宿~ (2, 0.0%)

1 しようと, の競爭

▼ 昨日不要~ (2, 0.0%)

2 の本

▼ 昨日二度今朝一度都合三度此家~ (2, 0.0%)

2 の前

▼ 昨日亡くなつた~ (2, 0.0%)

1 ンだ, 文学博士星野恒氏は

▼ 昨日以前~ (2, 0.0%)

1 を示す, 同樣

▼ 昨日会社~ (2, 0.0%)

1 でいつも, でも佐久間さん

▼ 昨日佐久間さん~ (2, 0.0%)

1 がモーニング, はどんな

▼ 昨日~ (2, 0.0%)

1 つたばかり, つた許り

▼ 昨日八五郎~ (2, 0.0%)

1 が濡れ, の手紙

▼ 昨日医者~ (2, 0.0%)

1 が湯治, へ行っ

▼ 昨日千鶴子~ (2, 0.0%)

1 と虎, より聞きし

▼ 昨日午前~ (2, 0.0%)

2 再び下

▼ 昨日友達五六人~ (2, 0.0%)

2 と川崎

▼ 昨日~ (2, 0.0%)

1 地方出身の, 番地へ

▼ 昨日品川~ (2, 0.0%)

1 の自宅, へついた

▼ 昨日国許~ (2, 0.0%)

1 から電報, の家臣

▼ 昨日坊さん~ (2, 0.0%)

1 から聞い, を払った

▼ 昨日~ (2, 0.0%)

1 だ僕, ひどくさむい

▼ 昨日大川君~ (2, 0.0%)

1 から來, から来た

▼ 昨日天満宮~ (2, 0.0%)

2 のまえ

▼ 昨日奥様~ (2, 0.0%)

1 が何, に拝借

▼ 昨日~ (2, 0.0%)

1 がその, の言

▼ 昨日孤家~ (2, 0.0%)

2 の婦人

▼ 昨日~ (2, 0.0%)

1 から持たせ, へ来た

▼ 昨日~ (2, 0.0%)

1 を出, を立ち

▼ 昨日宿~ (2, 0.0%)

1 の前, を出る

▼ 昨日小田原~ (2, 0.0%)

1 から戻った, に行った

▼ 昨日少年~ (2, 0.0%)

2 今白頭

▼ 昨日山口~ (2, 0.0%)

1 では俳句講座, より中島四郎

▼ 昨日岡本~ (2, 0.0%)

1 の叔父, へ行った

▼ 昨日差配人~ (2, 0.0%)

2 が談判

▼ 昨日~ (2, 0.0%)

1 でこの, で見かけた

▼ 昨日彼奴~ (2, 0.0%)

1 がね編輯局, がね編集局

▼ 昨日御殿坂~ (2, 0.0%)

2 で例

▼ 昨日復員~ (2, 0.0%)

1 したばかし, の安彦さん

▼ 昨日思いがけなく~ (2, 0.0%)

1 兄の, 総監は

▼ 昨日拝借~ (2, 0.0%)

2 したお

▼ 昨日捕れた~ (2, 0.0%)

1 のだろう, 鯨肉を

▼ 昨日掛り人~ (2, 0.0%)

1 の与, の與七

▼ 昨日描き上げた~ (2, 0.0%)

2 のです

▼ 昨日撮った~ (2, 0.0%)

1 運動会の, 野原昼食は

▼ 昨日~ (2, 0.0%)

1 へた, へちやつた

▼ 昨日新聞社~ (2, 0.0%)

1 から原稿料, から直ぐ

▼ 昨日明日~ (2, 0.0%)

2 は明日

▼ 昨日昼頃~ (2, 0.0%)

1 から春江ちゃん, 来るには

▼ 昨日~ (2, 0.0%)

1 のうち, 少し前

▼ 昨日晩方~ (2, 0.0%)

1 にも苦しみました, 通った時

▼ 昨日曲辰材木置場~ (2, 0.0%)

2 の丸太

▼ 昨日書い~ (2, 0.0%)

1 てよ, て略九十枚

▼ 昨日~ (2, 0.0%)

1 からやって来た, の事

▼ 昨日木村さん~ (2, 0.0%)

1 にフランス語, の所

▼ 昨日木炭~ (2, 0.0%)

2 のそり

▼ 昨日~ (2, 0.0%)

2 を此城頭

▼ 昨日~ (2, 0.0%)

1 新聞が, 鯛料理店では

▼ 昨日校長~ (2, 0.0%)

1 が生徒一同, はたしかに

▼ 昨日植木屋~ (2, 0.0%)

1 の声, を入れ

▼ 昨日~ (2, 0.0%)

1 になっ, に成つて

▼ 昨日歩いた~ (2, 0.0%)

1 からだらう, ところとは

▼ 昨日汽車~ (2, 0.0%)

1 の中, の窓

▼ 昨日河岸店~ (2, 0.0%)

2 に何紫

▼ 昨日浚われた~ (2, 0.0%)

1 嬰児は, 赤児お

▼ 昨日済みし~ (2, 0.0%)

2 と聞く

▼ 昨日漸く~ (2, 0.0%)

1 落手致し, 麓へ

▼ 昨日瓢箪供養~ (2, 0.0%)

1 に持出し, に行った

▼ 昨日生れ~ (2, 0.0%)

2 て今日

▼ 昨日発破~ (2, 0.0%)

2 をかけた

▼ 昨日目撃~ (2, 0.0%)

1 したこと, した事件

▼ 昨日直ちに~ (2, 0.0%)

1 病躯を, 鶴裁判長以下各

▼ 昨日真面目~ (2, 0.0%)

2 になった

▼ 昨日~ (2, 0.0%)

1 て来た, 非常に

▼ 昨日石切場~ (2, 0.0%)

1 で会いました, で見ました

▼ 昨日~ (2, 0.0%)

1 を出, を発した

▼ 昨日確か~ (2, 0.0%)

1 なところ, に築

▼ 昨日神戸~ (2, 0.0%)

1 でしかけた, で買った

▼ 昨日私たち~ (2, 0.0%)

1 に見せた, の帰り

▼ 昨日竹敷~ (2, 0.0%)

1 から歸, まで行つて

▼ 昨日縫子~ (2, 0.0%)

2 に貸し

▼ 昨日~ (2, 0.0%)

2 をかけ

▼ 昨日自動車~ (2, 0.0%)

1 で単独取り調べ, の中

▼ 昨日良石和尚~ (2, 0.0%)

1 が教え, が教えた

▼ 昨日茶店~ (2, 0.0%)

1 の女, の神さん

▼ 昨日荒れた~ (2, 0.0%)

1 事も, 菊田が

▼ 昨日薄暗く~ (2, 0.0%)

1 なつて, なる頃

▼ 昨日衆議院~ (2, 0.0%)

1 が解散, で又

▼ 昨日裏山~ (2, 0.0%)

1 で発見, へ登ったら

▼ 昨日~ (2, 0.0%)

1 したの, したもの

▼ 昨日見し~ (2, 0.0%)

1 人今日は, 木槿の

▼ 昨日見出した~ (2, 0.0%)

2 を話し

▼ 昨日親分~ (2, 0.0%)

1 が言ひつ, にも負けない

▼ 昨日~ (2, 0.0%)

1 つたやう, ひ渡されたばかり

▼ 昨日~ (2, 0.0%)

1 に聞いた, をもちだす

▼ 昨日話した~ (2, 0.0%)

1 愛太郎だ, 通りだ

▼ 昨日誠太郎~ (2, 0.0%)

2 を好

▼ 昨日読んだ~ (2, 0.0%)

1 書中の, 書物の

▼ 昨日警察~ (2, 0.0%)

1 に委細, の手

▼ 昨日貴方~ (2, 0.0%)

2 が何

▼ 昨日赤坂~ (2, 0.0%)

1 の或, を越え

▼ 昨日起った~ (2, 0.0%)

1 ことです, 社会の

▼ 昨日越し~ (2, 0.0%)

2 て来た

▼ 昨日~ (2, 0.0%)

1 で乗りつけた, で家

▼ 昨日返事~ (2, 0.0%)

1 がきた, が来

▼ 昨日退院~ (2, 0.0%)

1 して, しました

▼ 昨日送った~ (2, 0.0%)

1 からあと四人, 塩入亀輔は

▼ 昨日通っ~ (2, 0.0%)

2 て来た

▼ 昨日通り~ (2, 0.0%)

1 の代役, の運命

▼ 昨日逢っ~ (2, 0.0%)

1 てからそうした, てまいりました

▼ 昨日進んだ~ (2, 0.0%)

2 と同じ

▼ 昨日~ (2, 0.0%)

1 で先生, に迷った

▼ 昨日釣竿~ (2, 0.0%)

2 を持つ

▼ 昨日鎌倉~ (2, 0.0%)

1 に立つ, に行った

▼ 昨日長い~ (2, 0.0%)

1 旅から, 砂浜で

▼ 昨日長老~ (2, 0.0%)

1 になった, に謁見

▼ 昨日降りた~ (2, 0.0%)

1 岩の, 草原に

▼ 昨日除隊~ (2, 0.0%)

2 になっ

▼ 昨日青山~ (2, 0.0%)

1 の宿, の親族

▼ 昨日頂戴~ (2, 0.0%)

1 した菊正, しました

▼ 昨日頼ん~ (2, 0.0%)

1 でおいた, で置いた

▼ 昨日食った~ (2, 0.0%)

1 揚饅頭と, 揚饅頭や

▼ 昨日黒衣~ (2, 0.0%)

1 がため, に射

▼1* [1348件]

昨日あたし達に拵, 昨日あたりここの敷居, 昨日あたりもぐらもちの真似, 昨日あたり一度見たやう, 昨日あたり二三百文ほど仕入れ, 昨日あたり山から伐出し, 昨日あたり応援が県, 昨日あたり東京から来, 昨日あたり竹生島から帰り, 昨日あたり裏の山, 昨日あっちで一寸, 昨日あつたと, 昨日ありしところの, 昨日あわてて須磨, 昨日あゝやつて, 昨日いうのを, 昨日いきなり速達の, 昨日いちんち, 昨日いっぱいごたごたし, 昨日いや毎日の, 昨日いらつしたばかりだ, 昨日か, 昨日うけとつたたより, 昨日うごかした人間今日の, 昨日うちの鶏, 昨日うっかり人に話し, 昨日うつして置いた, 昨日うまれたあかんぼ, 昨日えらばれたばかりの男の子, 昨日おかしなことが, 昨日おっしゃった様です, 昨日おまへと篠原, 昨日おまえに今日, 昨日おもしろい魔法を, 昨日おりたばかりの半月, 昨日お出かけになった, 昨日お前さんをいじめた, 昨日お前占を見, 昨日お婆さんが話し, 昨日お母様のお, 昨日お玉さんに会っ, 昨日お発ちやした, 昨日お目にかかったばかりで, 昨日お礼の包み, 昨日お移りなさいましたそう, 昨日お送りしました, 昨日お預けして, 昨日かいて下, 昨日かいた手紙と共に, 昨日かかなかったと思った, 昨日かき終へて落ちつい, 昨日かけられた時お, 昨日かっ血したという, 昨日かつ子出立之節金五円所持致, 昨日かて一日待っ, 昨日かねをととひかね, 昨日かねて所持せし, 昨日かの武士の, 昨日かぶとむしをさがした, 昨日からかも知れないが, 昨日からすつかり夏めいて来た, 昨日からずうっと病室, 昨日からは又あの, 昨日からも少し工合, 昨日きいていたろう, 昨日きたばかりじゃない, 昨日くしやみを幾つ, 昨日ぐらい菱川の, 昨日ぐらいの芸当は, 昨日こういう事件が, 昨日こそは伺おうと, 昨日こっちにやって来た, 昨日この見知らぬ人は, 昨日これへ珍しい, 昨日これこれでお前, 昨日こんな端書が, 昨日こんなにして, 昨日親類の, 昨日さめかかった興奮を, 昨日さらっていった, 昨日さる処で, 昨日じっとあの子, 昨日じゃなくて, 昨日すさまじい濁流は, 昨日すっぽかしの京極, 昨日すべり降りた足路を, 昨日すらさびしかりし, 昨日ずいぶん下話, 昨日そいつを見付け, 昨日そう聞いたが, 昨日そちの切, 昨日そっと忍んで, 昨日そやつを断頭台, 昨日別人の, 昨日たたれたし鎌足, 昨日たつて行つて, 昨日たのまれてたんだ, 昨日たのんだお座敷ねェ, 昨日ちと山を, 昨日ちゃアんと, 昨日ちゃんとゐて, 昨日ちょうどこの曲馬団, 昨日ちよつと用事, 昨日やが, 昨日から昨日, 昨日つけた崖の, 昨日つまらないことで, 昨日つりにお, 昨日であるのか, 昨日でき上がり候間二枚さし上げ申し候, 昨日でございますがな午後, 昨日でさえなければ, 昨日でないばかりに, 昨日でなくてよかっ, 昨日ではない, 昨日とくと御覧ずみの, 昨日とて赤ん坊が, 昨日ともいえぬ世, 昨日とやら大菩薩, 昨日とを取り替えること, 昨日と迄は行かぬが, 昨日どうして屏風なんて, 昨日どちらの工場, 昨日どてらを届けた, 昨日どなられたのが, 昨日どんなやりとりが, 昨日なくしたボールが, 昨日なしにない, 昨日なじんだ吉原の, 昨日なぜ数行しか, 昨日などの様に, 昨日などもお風呂, 昨日なり出雲の, 昨日なるは大方, 昨日なんぞはそれあの, 昨日なんて大当りじゃ, 昨日にかけたった一日半夜, 昨日にかけてさんざん綿貫, 昨日にぎやかに野宿, 昨日にて既に第, 昨日になつてその, 昨日にび色の法衣着, 昨日ねえやさんにおんぶ, 昨日のけはひで, 昨日のすがた, 昨日のぞいたというん, 昨日のぞかれていや, 昨日のねだんで, 昨日はおとなりから五目飯, 昨日はからずも貴家の, 昨日はこちから三人, 昨日はたちの悪い, 昨日はよつぽ, 昨日ばかりでないの, 昨日ひとつ考えが浮んだ, 昨日ひょいと出会った時, 昨日ひよつくり歸, 昨日ふいに, 昨日への忘却を, 昨日べにやから, 昨日ほかの者, 昨日ほどにでもして, 昨日ほら門前の, 昨日ぼくは嬉しかっ, 昨日まざまざと見た, 昨日まず私達は, 昨日まででほとんどへとへと, 昨日までと思うた患者, 昨日までとはまた打っ, 昨日まではもッと, 昨日までよりも一層この世, 昨日まるで申し合, 昨日みのこした工芸品の, 昨日みやちゃんが寄っ, 昨日むきになつて, 昨日むぐらに罰をかける, 昨日むすびし若髮, 昨日もう暫く待つて, 昨日もさうだつた, 昨日もちよつと, 昨日もね門口の, 昨日もらったのをも, 昨日ゆかいよよ殖えし, 昨日ようやくすんだと, 昨日ようようのこと, 昨日よか悪いやう, 昨日よって見る, 昨日よりか広がって, 昨日よりはずつと快くなつた, 昨日よんでいろいろ, 昨日りすに鈴蘭, 昨日わかれて来た, 昨日わたくしどもで, 昨日われらの縄目, 昨日われわれは帰り, 昨日ゐなくなつた玉ねぎさん, 昨日アグーシャから聞いた, 昨日アタラはロシア, 昨日アピアから西, 昨日アマリエと舞踏場, 昨日アリシア区を調べた, 昨日アンタはどこ, 昨日の一番, 昨日イザルケ岳に登る, 昨日イワンがここ, 昨日イワン兄が父, 昨日ウンと働き過ぎた, 昨日エスパーニャから歸つて來, 昨日オトトイサキオトトイのこと, 昨日オリオン号の甲板, 昨日オンフルールで会った, 昨日オーリャなんかに会った, 昨日カブキの切符, 昨日カレワラへゆき蓬莱女史, 昨日ガラツ八が潮來, 昨日キャフェ一杯に三日月パン一ツ, 昨日クラブで告別式, 昨日グルーシェンカの騒ぎ, 昨日グルーシャと会った, 昨日サンムトリが大分, 昨日サービスして, 昨日シー・タイガ号が恐竜, 昨日ジャンボーの通った, 昨日ジャン様はなぜ, 昨日ジユウルは噴火山, 昨日スケッチ帳ヲ三冊, 昨日スケート場で中学, 昨日スッポかされた, 昨日ソープ村へ行く, 昨日ダイヤを求める, 昨日ダートムアへ電報, 昨日チエホフの, 昨日チブスの注射, 昨日チラと一目, 昨日ヂュウスは清淨, 昨日トオキョオへ行っ, 昨日トルストイの, 昨日ドミトリイが不意, 昨日ニカハル習ナレバ洛中ニ栖カネテ西山辺ニ身ヲ遁レ, 昨日ニューヨークに着いた, 昨日ノアトヲモウ少シ, 昨日ノートル・ダムの上, 昨日御書拝見, 昨日ハガキに一寸, 昨日ハモウ家ノ中, 昨日ハ病気デ静養中デアッタガ, 昨日ハ鍼ノ時間, 昨日バイエルの, 昨日パパの書斎, 昨日パリへ帰っ, 昨日ピシャッと打った, 昨日ピムキンの気違い, 昨日フト思い出して, 昨日フョードル・パーヴロヴィッチの言われた, 昨日フランスの記事, 昨日ブタペストから寄り道, 昨日ブラザアに下読み, 昨日ホテルの食堂, 昨日ホノルヽなる東洋艦隊司令, 昨日ホフラーコワ夫人のわき, 昨日マイアム氏のスタディオ, 昨日マッカーサーが記念的署名, 昨日ママにそういった, 昨日マリの告別式, 昨日ミウーソフが腹, 昨日モウ一ツ不思議ナ, 昨日モ申シ上ゲタヨウニ博士ハ今マデニ何十人トナクコノ患者, 昨日ヨリ一層暑, 昨日ヨリモ一層歩キニクイ, 昨日ヨリ三十分ホド遅イ, 昨日ラウペパ王を訪問, 昨日ラフィヨフ氏来られなかった為, 昨日リリアンから手紙, 昨日ルピック氏は物, 昨日レヴェズ様が私, 昨日ローマ教の敵, 昨日一しょなの, 昨日一パイネズミになっ, 昨日一人の叔父, 昨日一人四勺ほど, 昨日一包飲んで, 昨日一字も読めなかつた, 昨日一応話を, 昨日一斉カリコミをやった, 昨日一日一晩嫂と暮した, 昨日一日何をし, 昨日一日合併相撲を見ました, 昨日一日山の上で濛々, 昨日一日彼那だったので, 昨日一日心持が悪かっ, 昨日一日必死の探索, 昨日一日旅店に病み, 昨日一日昨夜一夜凡てを思い出そう, 昨日一日此處を一寸, 昨日一日練習を休んだ, 昨日一日自分等は切り出した, 昨日一日誰にも見付けられない, 昨日一日買いものその他に歩き廻っ, 昨日一日雨が降りつづい, 昨日一昨日あたりからの激動, 昨日一昨日二階へ籠城, 昨日一昨日雨降りて, 昨日一本の髪, 昨日一高の生徒, 昨日大寺詣で, 昨日七條の停車場, 昨日三十貫くらゐある石, 昨日三回ばかり, 昨日三国へ上つた婦人客, 昨日三年振りで越後, 昨日三枚の小判, 昨日三浦西巻とお前, 昨日三番の室, 昨日三谷さんのお座敷, 昨日三越のギャラリイ, 昨日上がりましたばかりで, 昨日上ぐつを片っぽおとし, 昨日上人から教えられた, 昨日上杉さんが別荘, 昨日上海から戻, 昨日上總屋に何, 昨日上野光子とレンラク, 昨日上野図書館で女, 昨日上野山下一葉茶屋で怪しい, 昨日上陸をゆるされた, 昨日百姓から, 昨日下男と一緒, 昨日下車した車駅, 昨日不愉快な客, 昨日不意にムク犬, 昨日不破の関守さん, 昨日不良少女と活動写真館, 昨日与八さんからお松さん, 昨日をも厭, 昨日世帶を持つた, 昨日世話をし, 昨日両親から言われた, 昨日に起草, 昨日中仙道からこの, 昨日中双里から望見, 昨日中堂からやかましく, 昨日中川君と伝四君, 昨日中房温泉から殿下, 昨日中条未亡人を訪問, 昨日中止したバス, 昨日中納言の息女, 昨日中野重治が来た, 昨日中陰を済ませた, 昨日丸っこい小さい小包が, 昨日丸善から送りました, 昨日丸山さんが手紙, 昨日が留守, 昨日主人のニコヂーム, 昨日主屋の奥, 昨日乃木さんの手紙二通, 昨日久しぶりで尋ね, 昨日久シ振ニ葉山, 昨日久野が潜ん, 昨日松風近, 昨日九人も釣り荒した, 昨日九州の村道, 昨日九時四十分乃至五十分ごろ, 昨日九段に陳列, 昨日予審判事がピョーストロヴォ村, 昨日争闘中日本水兵の為, 昨日二つ目の浜, 昨日二七日の法事, 昨日二二または二三フラン, 昨日二十円届けられたその, 昨日二千米の海中, 昨日二度も現れ, 昨日二度目に行つて, 昨日二階にあがる, 昨日云ってやった, 昨日云ったように, 昨日五万円を必要, 昨日五郎と少年, 昨日へ着いた, 昨日京都見物に発っ, 昨日から聞いた, 昨日は取っ, 昨日今宵は今宵, 昨日今日一昨日そのまま純粋, 昨日今日彼は聴い, 昨日仕上り龍泉の, 昨日仕事の跡片付け, 昨日仕舞ひ込んだ雛, 昨日仕舞い込んだ雛の, 昨日付いて行かはりまし, 昨日仙臺に行く, 昨日以來見て, 昨日以来お待ち致しまして, 昨日以来ワーナー調査団から何, 昨日以来体得して, 昨日以来何か聞きこんだ, 昨日以来南進せる結果, 昨日以来大体に於い, 昨日以来面会を求め, 昨日以来頻々と織田徳川, 昨日仮りに, 昨日仮葬之節, 昨日仲働きへ電報, 昨日伊都子は信吉, 昨日つたぞ, 昨日会ったですよ, 昨日会つた人達が見送つ, 昨日会つた例の劇評家, 昨日伯爵邸に数人, 昨日伯父さんの法事, 昨日入って, 昨日佐々村さんはあの, 昨日佐原屋の裏, 昨日佐野さんに教わりました, 昨日何もかもこれで, 昨日何んか變, 昨日何事が起った, 昨日何処へか出, 昨日何年ぶりかでお母さん, 昨日何時も川魚, 昨日何時ごろ帰って, 昨日何本めの歯, 昨日何者かのため, 昨日何處にも出, 昨日使いを遣わし, 昨日使ニ来リシ犬ハ最モ愛スベキ忠犬ナレバ, 昨日來客がある, 昨日侯爵のお, 昨日便利とせし, 昨日に場, 昨日保子さんから猫, 昨日信吉は冴子, 昨日信越の旅, 昨日でとおった, 昨日修法をした, 昨日借りて置いた, 昨日停車場のこと, 昨日停電した家, 昨日偶臨于大學同期卒業生之會合, 昨日の手当, 昨日僕はけだもの, 昨日を胡魔化, 昨日氣がよ, 昨日兄さんが静岡, 昨日兄ドミトリイがアリョーシャ, 昨日光子さんと寿江, 昨日免職になりました, 昨日入学式に長女, 昨日入店した者, 昨日入江先生より頂戴, 昨日入院して, 昨日兩國橋で巳, 昨日八ヵ月かかって, 昨日八丁堀へ顏, 昨日八幡様の前, 昨日八時頃帰国されました, 昨日公園で会った, 昨日公布された同, 昨日が田舎, 昨日六ちゃんのところ, 昨日六つになりました, 昨日六時にあった, 昨日兵庫県に立ちました, 昨日からの言伝, 昨日内田に断つ, 昨日再生したばかり, 昨日冗談に云った, 昨日冬期休暇になった, 昨日処分をすませた, 昨日出かけて半日, 昨日出した速達が, 昨日出る時には, 昨日出会ったんだ, 昨日出張の目附, 昨日出来なかつた算術が, 昨日出来上って参りました, 昨日出来上ッタカラハ晩ニ呼ビニニヤッテオシ籠メルト相談ガキマッタガ精一郎モ留メタガナカナカ聞入レガナイカラワタシモ困ッテ居ルト云ッテ, 昨日出獄したばかり, 昨日凾谷から来た, 昨日切符買えるよう, 昨日刑務所を出た, 昨日初瀬へ家族, 昨日別れぎはに写真屋, 昨日別れたばかりのよう, 昨日別れるときに, 昨日別家から貰つて, 昨日別荘で夫人, 昨日刷れて来ました, 昨日剃ったも今道心, 昨日剃髪した, 昨日削ったらしい青黛あざやかな, 昨日前橋へ行, 昨日割腹したる浜田吉兵衛, 昨日劒岳の頂上, 昨日加藤と話した, 昨日励まし合つて感激し, 昨日勇気を奮っ, 昨日勉強部屋を此三畳, 昨日北沢家へ調べ, 昨日北野丸で上げた, 昨日十五万フラン今日は私, 昨日十分な機会, 昨日千住の爺, 昨日千本濱で京都附近, 昨日午ごろ夫婦で歩行, 昨日午後一時五十分男の子が生れ, 昨日午後一時間ノオ暇ヲ戴イテ歯, 昨日午後三時二分京都発第二こだまニ乗ル, 昨日午後六時三分茅ヶ崎発の汽車, 昨日午後四時より始まりまし, 昨日午後四時頃土塀の外, 昨日午後横佩家へ知らせ, 昨日午後独逸軍の飛行機, 昨日午後道頓堀の通り, 昨日半日かかつて, 昨日半日寢込んだといふ, 昨日南仏から帰っ, 昨日南日君の這入った, 昨日印刷屋の手, 昨日危く災難を蒙る, 昨日原料を仕入れ, 昨日原町の家, 昨日へいっ, 昨日友人が言つた文句, 昨日友達と約束, 昨日叔父さんが見せ, 昨日叔父様へ泣い, 昨日取ったばかりの重い, 昨日取られたといつた, 昨日取り急ぎ書面を, 昨日取次に立出, 昨日受取つた役の事, 昨日受取り申候たよりに, 昨日叡山へ帰りました, 昨日古今無類の名, 昨日叩き出して終った, 昨日叱責された恨み, 昨日合本三太郎の日記, 昨日吉原へき, 昨日吉原町の幇間, 昨日吊ってくれた, 昨日同じような, 昨日も無い, 昨日名寄の方, 昨日向うへ着く, 昨日向こう岸から見, 昨日ひたる香煙, 昨日吹上の停車場, 昨日告げなかったかと例, 昨日周瑜の官邸, 昨日味噌を買い, 昨日和歌の浦, 昨日咲いた庭の, 昨日咲きたる五月花つみな, 昨日品評会で一等, 昨日と言われた, 昨日善兵衛の葬式, 昨日喞筒が出来, 昨日四十位のお, 昨日四時に田中, 昨日四条河原町のスピード籤, 昨日四条通りでチマ子, 昨日四石ひいたら, 昨日四銃士にさんざ, 昨日団体客が三百人, 昨日団子をくれた, 昨日困らされた海を, 昨日図らず一緒に, 昨日図らず逢いましたところ五十両の, 昨日図書館で見, 昨日国府台のあたり, 昨日国男さんに来, 昨日圖書館で其の, 昨日土堤の土, 昨日在ったそれと, 昨日圭子から聞い, 昨日坊ちゃんを誘拐, 昨日執権御直々, 昨日埼ちやんが砂, 昨日や何, 昨日堂母に着, 昨日堺港を出た, 昨日堺町人の浜村, 昨日塩尻峠を越えた, 昨日塩野さんといらして, 昨日売れたというの, 昨日売出して, 昨日をつくる, 昨日なこと, 昨日と聞きし, 昨日夕方平次と一緒, 昨日夕方榾木をそれ, 昨日夕方自宅へ帰っ, 昨日夕日がすっかり, 昨日夕食を摂っ, 昨日から帰っ, 昨日多田院で見た, 昨日を見た, 昨日へんな, 昨日大きな隕石が, 昨日大使の奥様, 昨日大学の綜理, 昨日大森の家, 昨日大蔵に着く, 昨日大野村からの帰り, 昨日天神の杜, 昨日天長節に来, 昨日天香さんは私, 昨日が買っ, 昨日夫人からもらった, 昨日夫婦連れで家, 昨日奈良より宇治, 昨日奈良県の史蹟名勝天然記念物調査報告, 昨日契約金と契約書, 昨日られた子, 昨日奪って折柄塀外, 昨日奮戦した藤堂井伊, 昨日女子学習院では皇后陛下, 昨日好いと思ッ, 昨日を実家, 昨日が気, 昨日姉さんの姉さん, 昨日委員会が終った, 昨日姫桃ちりこぼれ, 昨日姫路へ行っ, 昨日姿を見ず, 昨日婆さんに会った, 昨日が突然, 昨日嫂さんから電話, 昨日子供達が見えなく, 昨日子爵家に行った, 昨日を伴, 昨日學校の教場, 昨日安倍の晴明, 昨日安宅先生が来, 昨日安著仕候間, 昨日官長罷出茂田君, 昨日実家へ帰つた, 昨日の内, 昨日家内に心配事, 昨日家出されたので, 昨日宿りしあたりを, 昨日宿酔の頭, 昨日寄った古本屋まで, 昨日寄つた古本屋迄来, 昨日富永の叔母, 昨日富豪となり, 昨日寝てないからね, 昨日寸暇を利用, 昨日寿江子と長者町, 昨日射た流れ矢の先が, 昨日小僧になりたい, 昨日小半新橋を引払, 昨日小堤にて七人生捕稻尾, 昨日小夜子さんと一緒, 昨日小太郎がパパ, 昨日小学校へ行きました, 昨日小屋がけをし, 昨日小林さんが出来上った, 昨日小生が出勤, 昨日小郷の家, 昨日小鳥と話, 昨日尾根から見, 昨日屋敷を出た, 昨日屏風浦の断崖, 昨日層雲峡に入り, 昨日山路に掛っ, 昨日山野氏にあて, 昨日岡山から職員總代, 昨日川上さんから絵ハガキ, 昨日川手氏が自分自身, 昨日巡査がわざわざ, 昨日工場主とあなた, 昨日差上げ候端書十五枚もより風の, 昨日が造れる, 昨日巴里の郊外, 昨日で人々, 昨日市場へ出た, 昨日布施さんが見えまし, 昨日帝劇の見物, 昨日帝国において最も, 昨日帝国議会停会を命ぜられし, 昨日帝都中に一種, 昨日つたから, 昨日帰つて来ました, 昨日帰りし今日は, 昨日帰りましたよ, 昨日帰京軍資欠乏と人少な, 昨日帰国した, 昨日帰宅したらミチ, 昨日帰宅本日埋葬明日は帰京, 昨日年金を有する, 昨日幸子が美容院, 昨日海子爵から, 昨日広東の事変, 昨日庵室の裏, 昨日に束ね, 昨日廟議之模樣少, 昨日建てかけた家の, 昨日の始まる, 昨日式場へ来, 昨日引いたのへ, 昨日引越しをし, 昨日引返したる五郎窪橋に, 昨日が参りまし, 昨日張作霖遭難の現場, 昨日張訓に下さいました, 昨日強烈な紫外線, 昨日弾正が来た, 昨日藩医師芳賀玄仲来, 昨日彼方此方で聞いた, 昨日彼自身やって来た, 昨日往診し同朋町, 昨日から漁船, 昨日御免にお, 昨日御方に持ち去られた, 昨日御用の筋, 昨日御苦労を相, 昨日御覧になった, 昨日御身に聞きたき, 昨日微笑しながら, 昨日心臓麻痺で亡くなつた, 昨日忘れてきた, 昨日忘れ物をした, 昨日思ひ立つて高尾, 昨日ニ気ガ変リ彼女ニ打チ明ケタ方ガイヽト思ウヨウニナッタ, 昨日急用がおでき, 昨日怪塔王が砂, 昨日悩まされたはじめの, 昨日悪者のため, 昨日憲兵が来, 昨日成田氏弘前より帰来, 昨日我家の門前, 昨日戸主は養子縁組, 昨日戻つて参りました, 昨日所用あって, 昨日にした, 昨日手ひどく負けた一人, 昨日手紙あすこまで書いた, 昨日手頃の売家二軒有之候由周旋屋, 昨日才蔵に伝えた, 昨日打ち合せておいた, 昨日打上げ今日から, 昨日批評した農民文学, 昨日拙者が何, 昨日招かれて行った, 昨日招かれたから今晩, 昨日招待状を出し, 昨日拝命したばかり, 昨日拝見したもの, 昨日拡げ置いた布を, 昨日へてくれたくけ, 昨日拵えておいた, 昨日ひ来し落葉, 昨日持った疑問を, 昨日持つて帰つた学校, 昨日持込んだのは, 昨日挙げられたようです, 昨日捕えられた時と, 昨日捕えられました大作は, 昨日捕まつたのだ, 昨日捜査主任に父, 昨日捨てておらん, 昨日掃除しかけて, 昨日掘った辺りだ, 昨日掘り返した跡の, 昨日採れた品です, 昨日採集した方面, 昨日掲げた通り頗る, 昨日描かれたように, 昨日摂津の御影, 昨日播いたのに明日, 昨日撮影した寫眞, 昨日政ちゃんが兄, 昨日政夫さんが来る, 昨日政府が発表, 昨日故郷なる丹後, 昨日敏子があの, 昨日教わり立ての, 昨日教会でつくづく, 昨日教師が黒板, 昨日教育博物館からの帰途, 昨日散々小言を食った, 昨日敬治君の手紙, 昨日数十句あつた, 昨日整理したアルバム, 昨日敵中から出馬, 昨日文三にいじめられた, 昨日文学士ニコル君に連判状, 昨日文楽会忘年宴を休んだ, 昨日斎藤は女中, 昨日料理番のクロロ, 昨日新しく大連本社から, 昨日新劇協会の初日, 昨日新子が負傷, 昨日新橋で一人, 昨日新田から返事, 昨日新町へ手紙, 昨日新聞記者が来た, 昨日新道に於, 昨日から帰る, 昨日旅行に出ました, 昨日日日新聞の人, 昨日日暮前の一番, 昨日日暮方に其の, 昨日日本堤で見た, 昨日日華洋行の店, 昨日旦さんがドツサリ, 昨日旦那とその, 昨日早川さんと別れ話, 昨日早朝良源院にあらわれ, 昨日旭日にうつる, 昨日明石へ来, 昨日星城子君から戴いた, 昨日昭和二十一年四月九日には私, 昨日来た人, 昨日昼過ぎから品川, 昨日時田に貸した, 昨日晝半日の平地, 昨日晝過ぎお前は誰, 昨日晝頃から參, 昨日普通選挙請願書に民衆, 昨日晴れればいい, 昨日晶子と松岡曙村, 昨日曜夜の夜行, 昨日曳網の袋, 昨日書いてた絵を, 昨日書きつけて置いた, 昨日書き落してゐた, 昨日書面で伺った, 昨日最後にラケット, 昨日月島の渡船場, 昨日月浜まで同船, 昨日有尾氏の借家, 昨日有馬の湯, 昨日朔郎の室, 昨日朝来のこと, 昨日朝湯で顔, 昨日朝顏を植ゑて感, 昨日朝飯の時, 昨日朝香宮殿下のお伴, 昨日木村へ寄つた時, 昨日木沢氏が云つた通り, 昨日木賊ヶ原にて爾, 昨日未知の人, 昨日本屋からもらいました, 昨日本田は変, 昨日本紙のしるした, 昨日朱目が許, 昨日杉山さんがダイヤ, 昨日材木がたくさん, 昨日来たれば, 昨日来なかったと聞い, 昨日来なさったんです, 昨日来なんしたげなの, 昨日来ました時貯金と, 昨日来るという手紙, 昨日来ワーナー調査団に発生, 昨日来伯爵はおどろき, 昨日来大西洋の海底, 昨日来庵の, 昨日来拙者は心して, 昨日東京客からみやげ, 昨日東京駅へ行く, 昨日の樹, 昨日松平より贈られた, 昨日松本からこれ, 昨日松竹の方, 昨日林田を訪問, 昨日柱時計を修繕, 昨日と会見, 昨日柵家から帰, 昨日柿沼に逢いました, 昨日栄さんが二十五日, 昨日栄どんに遇, 昨日栄蔵の買った, 昨日校正を済まさせた, 昨日校長さんが君, 昨日桑付けしたとこ, 昨日梅蘭芳や楊小楼, 昨日梶さんのお, 昨日植ゑたトマトへ支, 昨日植木を出た, 昨日横田が現われ, 昨日橋英から組織部会, 昨日機関大尉の荷物, 昨日正午より今日正午, 昨日正午近くに亡くなった, 昨日正宗白鳥さんに久しぶり, 昨日正式にその, 昨日正木が見, 昨日正造に手痛く, 昨日此処の未決, 昨日此處で留守居, 昨日武家の奧方, 昨日る筈, 昨日歸つて來た處, 昨日歸らなけり, 昨日死にましたといわれたら, 昨日残っていた, 昨日残りの二百円, 昨日殴られたんだって, 昨日殿下の御, 昨日に話しましたらやめろ, 昨日母上に助手, 昨日母様がここ, 昨日母親さんに御, 昨日比島人がトラック, 昨日毛野川の河原畑, 昨日気分が悪く, 昨日涸れむ, 昨日水たまりに姿, 昨日水品陣十郎がどこ, 昨日水野弁護士のところ, 昨日永井が瀬戸, 昨日求めたダイヤを, 昨日求められたことを, 昨日江崎の子分, 昨日江州から上京, 昨日江戸へ出, 昨日江戸表へ差し立て, 昨日池田殿より一応, 昨日決めておいた, 昨日沢渡までの仕事, 昨日だと, 昨日油差しを引っ, 昨日治した靴の, 昨日波止場に近い, 昨日泥鰌を所望, 昨日洋服をき, 昨日洗つて今日張板に張つて, 昨日洗われたばかりで, 昨日津村伯爵家から使い, 昨日津田と自分, 昨日浅井と一緒, 昨日浅草の方, 昨日浦和に行った, 昨日浴場の裏, 昨日の女王, 昨日海員児童ホームと山手小学校, 昨日海岸通りへ使い, 昨日涼しいうちにと, 昨日深沢君から, 昨日清水屋のお, 昨日済ますし久しぶり, 昨日済んだ学期試験の, 昨日渋沢子爵のお孫さん, 昨日渡したはずだ, 昨日渡世人の足, 昨日温泉から直接槍, 昨日渭水のほとり, 昨日湯加減をした, 昨日源女より承, 昨日溝口伊予が玄蕃, 昨日滝川三郎兵衛めにお, 昨日滞りなく終った, 昨日漁師たちが造船所, 昨日漬けた菜漬の, 昨日紅姫を, 昨日瀬戸様へお目にかかりまし, 昨日火事で焚き出された, 昨日火事見舞ながら講釈師, 昨日火刑場で百人, 昨日炊いて置いた, 昨日を逃れ, 昨日炭木の運ばれた窪み, 昨日た事今日, 昨日かりき, 昨日無名の人, 昨日無理にもこ, 昨日無線電話の工事, 昨日無罪の申立, 昨日無駄に歩いた, 昨日煎餅屋の女房, 昨日ておいた, 昨日が引い, 昨日にそう, 昨日父上夕飯にいらっしゃった, 昨日父親がなるべく, 昨日狩野氏の門前, 昨日猫又山から下る, 昨日玉川で一緒, 昨日王様のところ, 昨日珍しく降った雪, 昨日現われたという雪子姉さん, 昨日球根を埋めた, 昨日理髪し田舎, 昨日瓦屋へ談じ込ん, 昨日生きていた, 昨日生まれて今日, 昨日生まれたばかりで, 昨日生死も分らない, 昨日産婆が引きあげた, 昨日田中床次若槻会合表面予算成立をイトシテこれ, 昨日田中美知太郎君が来, 昨日田圃を通る, 昨日田舎へ立ち, 昨日甲州街道の給田, 昨日甲府へ入った, 昨日申した通り, 昨日申し上げた儀は, 昨日申し上げればよかっ, 昨日申し渡したことは, 昨日申し込んだ結婚事件の, 昨日町田んとこ, 昨日番頭が國綱, 昨日異常な事件, 昨日疎開して, 昨日病人が, 昨日病気に罹っ, 昨日発つ時にね, 昨日発令した計り, 昨日発狂した竹田, 昨日発行届を出す, 昨日発表された文章中, 昨日登って来, 昨日登山第一, 昨日登臨する所, 昨日つ時に, 昨日白兀の頂上, 昨日白根村でなあまっ, 昨日白金まで待つ, 昨日白骨を立った, 昨日百五十枚ばかりの短篇, 昨日百数十日のあいだ, 昨日百磅預けたという, 昨日百間平から眺めた, 昨日で行っ, 昨日盂蘭盆で川施餓鬼, 昨日眞間へ行つて, 昨日真岡からすぐ, 昨日真理と考えた, 昨日眠り病が出た, 昨日着かなくて却つて都合, 昨日着き立ての, 昨日着任しました一等水兵マーロン, 昨日睡眠が不足, 昨日矢口で殺され, 昨日知つた事実なん, 昨日知れましたぞ, 昨日知事の内, 昨日を拾っ, 昨日石川から聞いた, 昨日石狩岳に雪, 昨日石狩嶽に雪, 昨日研究所を出, 昨日硯海を飛び出した, 昨日碓氷で汽車, 昨日確定裁判を下された, 昨日へ現れ, 昨日社員酒井氏を遣, 昨日社長の処, 昨日祖父の家康, 昨日神保町の停留場, 昨日神戸兵庫間の電車, 昨日神聖をけがした, 昨日福井から電報, 昨日秀子さんが来たでしょう, 昨日秋川の処, 昨日秋川家を辞する, 昨日秋蘭を見る, 昨日稽古をすっぽかした, 昨日穿いた泥だらけの, 昨日上って, 昨日立って行った, 昨日立つて京都, 昨日立てかえた金を, 昨日立秋となりし, 昨日端書を出し, 昨日を吹いた, 昨日十六信を, 昨日笹子峠の坊主沢, 昨日等ツからち, 昨日箱根山中で誤って, 昨日箱館残り御人数帰著, 昨日築地の方, 昨日篤信らしい老人, 昨日へ取らう, 昨日を買い, 昨日米友が投げ込んだ, 昨日粕谷に掃除, 昨日粕谷さんに紹介, 昨日精進に着い, 昨日細君宝塚ホテルへ泊り, 昨日紹介した混沌, 昨日終に世の, 昨日終日終夜の雨, 昨日絞っておいた, 昨日絹笠の展望岩, 昨日る所幾十里, 昨日綿井氏の屍体, 昨日選挙, 昨日総理以下三大臣に出席, 昨日総督より洋医可心掛, 昨日の蔭, 昨日編輯会議を開き, 昨日織元から新柄, 昨日罵つた女の, 昨日はしく, 昨日美樹が来た, 昨日群像の原稿書, 昨日群馬県邑楽郡海老瀬村松本英一氏へ向け, 昨日義太夫の稽古, 昨日羽柴方と和睦, 昨日つたところ, 昨日考えたことは, 昨日さはり, 昨日耕地というもの, 昨日聞いてまざまざ, 昨日聞き覚えたばかりのもの, 昨日育英會寄宿舍の賄方, 昨日をつぶす, 昨日能勢弁護士も誤判, 昨日脚本を読み, 昨日脱出して, 昨日腰越の駐在所, 昨日腹立ち紛れに, 昨日膝当をした, 昨日臨床訊問て言う, 昨日自分等の休んだ, 昨日自分達の仲間, 昨日船橋でお, 昨日良寛さんは暇, 昨日を見た, 昨日花世のところ, 昨日花子さんが私, 昨日花屋から來, 昨日花岡一郎に聞いた, 昨日芳沢旅館の帰道, 昨日苅ったのを, 昨日黨の, 昨日茅ヶ崎へ行った, 昨日茨城の実家, 昨日茶席での談話, 昨日荷車を挽いた, 昨日落したといふだけで, 昨日落ついた許り, 昨日落成祝をした, 昨日ひを, 昨日葬式でしたが, 昨日蓼川家の売り, 昨日蕗子からそつくり君, 昨日をとり, 昨日藤原氏から心配, 昨日虎之助のこと, 昨日虚子君の消息, 昨日の皇帝, 昨日蜻蛉を釣っ, 昨日行かなかったから今日, 昨日行かなければならなくなった, 昨日行つて来たん, 昨日行つて今日還ると, 昨日行商にでまし, 昨日行啓の今晩, 昨日行方不明になった, 昨日行燈の出, 昨日にはどんな, 昨日表方女給へお年玉, 昨日袁紹の使い, 昨日裁判長から九時, 昨日襄陽の会, 昨日西貢から着いた, 昨日見えてね痒い, 昨日見えた方です, 昨日見えなかった富士が, 昨日見えるには見えました, 昨日見えればよかつ, 昨日見せてもらった, 昨日見つ今日も, 昨日見ました巻物で, 昨日見る処に, 昨日見物に歩いた, 昨日見舞に行っ, 昨日覚えて今日, 昨日親方に逢った, 昨日親父のとこ, 昨日観た私の, 昨日解剖の為, 昨日解決して, 昨日言伝けたのを口実, 昨日計算を間違えられ, 昨日訊き漏したことを, 昨日ずねて, 昨日許しもしない, 昨日詠んだ歌を, 昨日話さないなんて, 昨日話したろうあの通り, 昨日話し合われた厄年の, 昨日詳細なる報告, 昨日誉田にて痛手, 昨日誘拐されました長男, 昨日語られたことを, 昨日読まなかった分から, 昨日読みすぎたか頭, 昨日読みのこした部分を, 昨日かに今日, 昨日調べて置いた, 昨日調べたからといっ, 昨日警察署へ届け出る, 昨日讀んだ書中の, 昨日谷干城を被害地, 昨日谷間にうごめい, 昨日財布を届けた, 昨日財布ぐるみ四十両かの金, 昨日つて, 昨日貰った二冊の, 昨日貴方さまのお, 昨日買い入れた新品だ, 昨日買つて來ました, 昨日質屋の番頭, 昨日賽錢箱を調べる, 昨日赤橋どのから正式, 昨日走井の茶屋, 昨日超えた奥穂高が, 昨日越えた赤石が, 昨日越中島の養老院, 昨日越前守がきょう, 昨日越後屋へ行つて單衣, 昨日の裏, 昨日で買っ, 昨日跳めた野, 昨日踏み固めに, 昨日踏破したアルプス, 昨日踏青小約未, 昨日の低い, 昨日辞令が出, 昨日辻村さんが来た, 昨日迄は満水にて, 昨日迄之模樣, 昨日近所の眼鏡屋, 昨日返りがけに, 昨日迷亭さんが来, 昨日送る筈だ, 昨日送籍証一紙受取今日野村方迄差遣, 昨日逃げて帰った, 昨日途上で貰つて, 昨日通つた坂にさ, 昨日通信長が暗号室, 昨日速達出して, 昨日つたら三番目, 昨日逢つた時明日辞表を出す, 昨日逢つた時明日辭表を出す, 昨日逢わなかったいつもの, 昨日連れの人々, 昨日連判状を持っ, 昨日遅く電報を, 昨日遇って居ります, 昨日遇つて居ります, 昨日遊びに往かれ, 昨日遊んだところに, 昨日道場の帰り道, 昨日道行く人々の, 昨日道雄さんから便り, 昨日郷田と平松, 昨日郷里の方, 昨日醍醐の三宝院, 昨日野上彌生子さんから, 昨日野原で坊ちゃん, 昨日野田の太田屋, 昨日金庫を閉め忘れた, 昨日金次郎はこれ, 昨日釣った鮎が, 昨日釣りたりし, 昨日鉄砲にうたれた, 昨日鉄路のほとり, 昨日銀座に大, 昨日銀行からお, 昨日銭形の親分, 昨日鋳たかのよう, 昨日錢箱を覗いた, 昨日錢箱騷ぎを起した, 昨日で買っ, 昨日長崎から帰, 昨日長崎沖で軍艦, 昨日門口にて出, 昨日門司より来りたる, 昨日閃電雲を焚き, 昨日閉店以前に入った, 昨日開いて今日, 昨日開いた第一回目, 昨日開成山からかえって, 昨日間違ひの, 昨日関西へ戻りました, 昨日關宿に遊び, 昨日降つた雪が, 昨日限り退職されたこと, 昨日限り閉鎖されて, 昨日陛下をお, 昨日陣中へ捕えられ, 昨日の踊, 昨日隣り村の, 昨日隣字に知辺, 昨日隣家の店員, 昨日集まった僚友会の, 昨日雇われたばかりで, 昨日雑誌を読ん, 昨日雜司ヶ谷に厄介, 昨日離縁になった, 昨日雨中を舁い, 昨日雨休みをした, 昨日雨天のため面会, 昨日雪子の幽霊, 昨日雪子ちゃんにも一寸, 昨日雲仙を出, 昨日電車の中, 昨日霽ツて庭柘榴, 昨日青年会館にて演舌, 昨日青森まで嫂さん, 昨日面接しました, 昨日面白く遊んだ公園, 昨日面長さまから呼び出し, 昨日音楽会へ行き, 昨日頂上と思いし, 昨日須崎の種田家, 昨日預けてあつ, 昨日頬髭の逆, 昨日頼まれただけも百軒, 昨日頼み置し胡粉, 昨日の紛れ, 昨日風呂に入った, 昨日飄然この地, 昨日飛び出したつて言ふ, 昨日飛行場からの帰り途, 昨日食べた豆腐が, 昨日食事中にごらん, 昨日飯たきの久七, 昨日飯場頭の合力, 昨日飲みすぎた酒で, 昨日飲みのこした一升瓶を, 昨日飾窓をのぞきこんだ, 昨日香港を出, 昨日馬上にて全身, 昨日馬道の本屋, 昨日駅外で素人芝居, 昨日高城が花田, 昨日高尾に行っ, 昨日高橋に逢, 昨日髪結のお, 昨日鬼押出の岩, 昨日魚釣の帰途, 昨日鳴海から浜松, 昨日鴨緑江で降つた, 昨日鶴子が夏, 昨日鶴川での出来事, 昨日鶴雄君に会われました, 昨日黒衣めが和殿, 昨日って帰っちゃった, 昨日黙々の練習, 昨日MTL