青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「手代~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

所以~ 所在~ ~所有 所有~ 所詮~ 扇~ ~扉 扉~ ~手 手~
手代~
手伝い~ 手先~ ~手前 手前~ 手当~ ~手拭 手拭~ 手柄~ ~手段 手段~

「手代~」 1337, 13ppm, 8331位

▼ 手代~ (600, 44.9%)

11 新吉 9 喜三郎は 7 彌八 6 宗次郎を, 與之, 金之助が, 香之 5 彌吉, 清八, 金之助と, 金之助は 4 与母吉, 久吉は, 京助は, 千代松は, 文治は, 新六, 辰次は 3 一人は, 与之松, 周次郎は, 喜三郎に, 喜三郎も, 小半次が, 幾松は, 文治も, 春之助が, 與左吉は

2 [90件] うち一番縁故の, やうに, ような, 一人が, 丈太郎です, 与三郎でした, 久吉が, 久治と, 伊三郎が, 伊之助が, 伊太郎は, 佐太郎で, 佐太郎です, 佐太郎は, 信吉皆造丁稚小僧まで, 兼松と, 助二郎, 千代松, 千代松かも, 千代松が, 千代松でございます, 千代松と, 千代松も, 千代松を, 千吉, 吉三郎は, 吉五郎が, 吉五郎でした, 吉五郎と, 吉五郎は, 吉五郎も, 吉五郎小僧の, 喜三郎が, 喜三郎で, 嘉七で, 嘉七は, 嘉七下女の, 宗次郎が, 宗次郎の, 宗次郎も, 宗次郎鳶頭の, 小半次と, 小半次は, 小半次を, 巳之, 幸吉は, 幽霊が, 徳松と, 徳松は, 徳松を, 敬吉と, 敬吉の, 文三郎は, 文治が, 文治これは, 文治でございます, 文治でした, 方へ, 春之助と, 時松を, 栄吉に, 榮吉に, 清松が, 清松は, 直次郎でした, 直次郎です, 直次郎と, 直次郎の, 直次郎は, 直次郎を, 磯松を, 福松に, 竹松は, 竹松も, 米松は, 美代吉に, 與助が, 良助の, 重三, 重三さん, 野郎の, 金助が, 顔を, 風俗では, 駒三郎は, 駒吉それに, 駒吉でございました, 駒吉と, 駒吉は, 駒吉を

1 [291件] あいだの, あとに, いたずらによる, いる店, ことで, ところへ, ひとりが, やる仕事, ように, よく語る, 一人, 一人も, 丈太郎が, 丈太郎といふ, 丈太郎を, 与三郎の, 中でも, 中に, 丸吉は, 久助が, 久助と, 久治が, 事ごとに, 二十歳に, 云った通り森閑, 京助が, 仲裁を, 伊三郎くらゐ, 伊三郎の, 伊三郎は, 伊三郎を, 伊之助の, 伊之助は, 伊之助まで, 伊之助を, 伊介は, 伊太郎です, 伊太郎でも, 伊與之, 伴造などが, 伴造にも, 伴造の, 伴造は, 伴造遠縁の, 佐吉さんといふ, 佐吉でした, 佐吉と, 佐吉は, 佐吉も, 佐吉を, 佐吉伊太郎などを, 使う前, 使ふ, 兼松は, 前へ, 力も, 勘次郎だ, 勘次郎と, 勘次郎どんとは, 勘次郎は, 勘次郎下女の, 千助も, 千助を, 卯平は, 友三郎と, 友三郎は, 可哀そうな, 吉三郎, 吉三郎から, 吉三郎が, 吉三郎と, 吉三郎などが, 吉三郎までが, 吉三郎も, 吉三郎を, 名などは, 周次郎, 周次郎が, 周次郎それに, 喜三郎, 喜三郎これは, 喜三郎さ, 喜三郎だけ, 喜三郎だつた, 喜三郎です, 喜三郎と, 喜三郎といふ, 喜三郎を, 喜之助です, 喜八だ, 喜八は, 喜八も, 嘉吉は, 嘉吉を, 國松でした, 國松安五郎などで, 声と, 声の, 宗吉といふ, 宗吉も, 小半次それに, 小半次だ, 小半次といふ, 小半次に, 小半次の, 小半次庭男の, 岩三郎が, 岩三郎に, 左ぎっちょの, 巳之吉といふ, 巳之吉に, 巳之吉も, 巳之吉を, 常吉が, 常吉で, 常吉を, 幸作が, 幸作同じく, 幸吉でした, 幸吉の, 幾松と, 幾松下男の, 幾次郎で, 幾次郎です, 幾次郎と, 幾次郎という, 庄七が, 庄吉といふ, 弥吉じゃ, 彌八さ, 徳松という, 徳松といふ, 徳次が, 徳次に, 徳次は, 徳次ら外一人を, 徳次を, 徳次二十五歳番頭の, 徳次郎だけが, 徳次郎に, 徳次郎は, 忠七が, 忠七と, 忠三が, 忠三と, 忠助と, 忠助を, 惣吉が, 懷ろから, 房吉といふ, 手から, 手で, 手によって, 手前が, 才八, 才六さ, 才六それに, 才六と, 才六という, 才六どんあれは, 才六は, 打明け話, 敬吉が, 敬吉三十五のちよい, 敬吉三十五六のちよい, 文三郎が, 文三郎この, 文三郎さんか, 文三郎です, 文治を, 新六郎これは, 新六郎さんと, 新助, 新吉で, 新吉ばらばら, 方に, 方まで, 春之助お前とは, 春之助でした, 春之助に, 春之助は, 春之助も, 春之跡と, 時松では, 時松と, 時松は, 時松妹娘の, 松島が, 栄吉から, 栄吉が, 栄吉の, 栄吉は, 榮吉から, 榮吉が, 榮吉の, 榮吉は, 樣子が, 正次郎どんと一緒に, 正次郎どんと私と, 正次郎は, 気に入って, 源七に, 源七は, 源藏兩人盜賊と, 熊鷹共は, 甚三郎といふ, 甚三郎の, 甚三郎を, 甚吉であっ, 甚吉を, 癖に, 磯松が, 磯松だ, 福三郎これは, 福三郎に, 福三郎は, 福三郎を, 福次郎が, 福次郎の, 福次郎は, 禿鳶が, 積りで, 米松, 米松が, 米松だ, 米松の, 米松も, 米松や, 米松を, 米松小僧の, 粂之助という, 粂之助は, 美代吉が, 美代吉で, 美代吉でした, 美代吉どんが, 美代吉は, 美代吉も, 義助であった, 義助は, 義助も, 者立ま, 耳にも, 與三と, 與三松これは, 與三松も, 與三松爺やの, 與助で, 與助に, 與左吉に, 與左吉ので, 與左吉下女の, 與母吉が, 與母吉と, 與母吉は, 良助が, 良助でした, 良助でなく, 良助といふ, 良助には, 良助は, 茂助かな, 茂助と, 茂助も, 茂助や, 茂助を, 衆昨日の, 身持も, 輩に, 野郎が, 野郎殺され, 金之助だつた, 金之助といふ, 金之助に, 金之助も, 金之助や, 金之助を, 金助と, 金助という, 金次郎という, 長吉と, 長吉は, 顔いろ, 駒三郎と, 駒三郎を, 鳴らすレコード, 鳶七が, 鶴三という, 鼻にも, 鼻を, 鼾が

▼ 手代~ (80, 6.0%)

2 さすがに, ゴクリと, 決して腹の中, 物の

1 [72件] あわてて, いった, うなずいて, えッと, おかしさ, かえって弁解, こう云い, この賢い, じっとし, すぐに, そう云っ, そう聞く, そっぽう, ぞっと身, ちょうど今, ちょっと身動き, どういう性質, どう歯ぎしり, どこへ, なか, まだ家, やっとの, 一枚一両の, 主人の, 九つという, 争い兼ね, 二人とも, 二人庄八と, 二階の, 云い難, 五六種の, 位地の, 侍の, 停車場に, 初演は, 勿論悪態, 半年ばかり, 去って, 友三郎千次の, 呆れたよう, 商売全体の, 商売用の, 商賣, 墨江に, 奥の, 奥へ, 奥州へ, 寝たまま喉, 寢たま, 席を, 平伏して, 早くも, 暇を, 樣子を, 汽車じゅうへ, 渡らなかったかい, 爭ひ兼ね, 甚だ氣, 病的性格だった, 石井先生にも, 立出其旨申聞る, 笑止げに, 腰掛の, 膝へ, 若くて, 苦笑ひ, 裾短な, 辟易し, 途端に, 顏見合せ, 顔見合せ, 馬鹿馬鹿しそう

▼ 手代~ (73, 5.5%)

3 出て 2 これも, 一人斬られ, 三日置き, 十五六人それに, 娘の, 殺されて, 磁石に

1 [56件] いるが, うす暗い土間, おりまして, お供, そこに, そんないたずら, やって来て, やつて, 一人待つ, 一代の, 下知の, 下谷池之端では, 主人に, 九兵衛の, 二三人帳場格子から, 二三人跟い, 何処の, 入って, 八王子歸り, 出されてから, 前の, 十人近くも, 命びろいをして初めて, 土蔵の, 大声で, 居た, 左右に, 帰って, 彼の, 後始未, 懸け金, 戻って, 斬られた時, 日吉の, 来た, 橋から, 此の, 気に, 泊つたのは, 玄一郎と, 着いたの, 着るよう, 突っ立っ, 立って, 自分で, 薄い紙包, 血眼に, 覗いて, 言ふんです, 軒行灯の, 酒を, 酒代を, 金を, 隅から, 集って, 飛んで

▼ 手代~ (60, 4.5%)

10 して 2 刺した匕首

1 [48件] あざむきおおせた三郎兵衛, けしかけて, じろりさも軽蔑, つかまえて, つとめて, はじめ下婢下僕に, はじめ店の, よんで, キリキリと, ペトロンに, 伴来り, 供につれて, 傍に, 刺し殺し主人夫婦, 勤むる傍若干の, 呼ばれて, 呼んで, 呼出され一通り, 困らしてやろうと, 圧え, 左右へ, 招き彼三品, 捉ま, 捉まえろ, 採用する, 掴まえて, 斬って, 斬つて, 案内させ, 横浜の, 殺したとき, 殺した後, 殺して, 殺そうなどとは, 気絶でも, 相手に, 絞め殺して, 縛り上げた, 自動車に, 虫の, 蟲の, 見まわした, 訪ねて, 諸家へ, 起して, 通り過ぎて, 雇うに, 駆り集めて

▼ 手代~ (45, 3.4%)

3 なって 2 何を, 化けて, 抱き上げられたお, 深傷, 連れられて

1 [32件] ござります, されたの, して, しては, たのんで, ちがいない, なり遂, ゆずって, わたして, 会いは, 会った, 包圍された, 化けすまし, 取つて, 取立てて, 向ひ, 従いて, 悪戯を, 手びかへを, 片思, 町内の, 示した, 突っぱねられた時, 粂之助という, 聞いて, 聲を, 見ま, 訊くと, 途中を, 違いない, 酒を, 露骨な

▼ 手代~ (34, 2.5%)

2 一緒に, 二人木戸の

1 [30件] おれと, つきあわせた結果, つきあわせ案外, なって, なりすまして, なりやがて, なり誠に, なり顧問, なると, にらんだが, 下男の, 下男は, 云って, 会いそれ, 会食し, 僕等を, 入れ替りに, 出入りの, 女中が, 密通し, 掛合ひ, 机を, 渋川の, 渡り合いきっと, 突き合せ吟味, 自ら違ふ, 若い女, 言つた樣子の, 頼まれ五番町, 頼んで

▼ 手代~ (23, 1.7%)

2 二十七どちらも

1 [21件] あつた, お上さんの, げすが, ござりまする, さへ, ちょいちょい来た, ほかの, 久吉という, 久吉といふ, 五十両剽盗に, 五十兩剽盜に, 仙之, 伊與之, 喜三郎, 家付の, 家附の, 小才が, 東京貴石倶楽部の, 物売りでは, 重三郎と, 間とか

▼ 手代~ (21, 1.6%)

11 の男 2 ですが, なの 1 に変装, のお方, の一人, の男丁稚, の者, の若者

▼ 手代~ (15, 1.1%)

1 [15件] いる, いる小僧, きえっちゃった, その方, キリキリと, 伜の, 入りました, 共に頭, 小僧たちも, 最早昔, 當惑なし, 算盤を, 膠も, 言ふんだ, 阿呆拂ひ

▼ 手代~ (14, 1.0%)

2 小僧が, 小僧に 1 それからむすこ, 丁稚も, 丁稚共と, 丁稚達の, 伜の, 凡わびしい, 奉公人と, 小僧達が, 番頭にも, 若い男達

▼ 手代~ (14, 1.0%)

2 と一緒, の手 1 が十何人, にも何ん, にも話しかける, にも逢つて, によって順調, に知らせました, に迎, に迎えられ, もただ, も戻

▼ 手代とも~ (11, 0.8%)

2 なく引 1 なく使っ, なく使つて, なく暮し, 二人跡箱二ツ手代とも, 四人傘持草履取合羽籠兩掛茶辨當等なり引續い, 四人打物手代とも, 思われる綺麗, 用人とも, 見えず中小僧

▼ 手代ども~ (11, 0.8%)

1 [11件] からその, がその, が忠義顔, にいう, にこんな, は, はおそらく, は確か, も持ちこらえ, も領下, を振り切っ

▼ 手代宗次郎~ (10, 0.7%)

4 の死骸 2 とお, を殺し, を殺した

▼ 手代~ (9, 0.7%)

2 が主人, な 1 が染吉, つたとは, つた清次郎が, と偽っ, 金廻りだ

▼ 手代らしい~ (7, 0.5%)

1 か分らない, 二三人連れの, 人も, 男で, 男と, 若者と, 調子で

▼ 手代~ (7, 0.5%)

1 が惡, の中, はゆうべ, もすぐ, も一種, も彼, 居双

▼ 手代小僧~ (7, 0.5%)

1 なども旦那, にまでそれとなく, の衣類, まで十七人, まで合わせる, もあっ気, を使つて

▼ 手代から~ (6, 0.4%)

1 一個の, 下女下男に, 二階へ, 聞いた千魂塚, 芸妓幇間を, 顔を

▼ 手代ふう~ (6, 0.4%)

2 の男, をした 1 の若い, をし

▼ 手代~ (6, 0.4%)

1 いいつけて, 下つ, 五十両居候の, 五十兩居候の, 向って, 品々追従賄賂し

▼ 手代たち~ (5, 0.4%)

1 がしっかと, が十何人, が帳合, が盗み聞き, だ

▼ 手代~ (5, 0.4%)

2 でご 1 が一応, が前垂れかけ, はお

▼ 手代です~ (4, 0.3%)

1 が力仕事, が身装, が身裝, よ

▼ 手代久吉~ (4, 0.3%)

2 を調布 1 の顏, の顔

▼ 手代仲間~ (4, 0.3%)

2 ながらあまり, の清次郎

▼ 手代佐太郎~ (4, 0.3%)

2 はあの, を石

▼ 手代利吉~ (4, 0.3%)

2 の書いた, を飛ん

▼ 手代多助~ (4, 0.3%)

1 と云っ, と申します, と申しやん, と申す

▼ 手代番頭~ (4, 0.3%)

1 といふ, となるべく, めかしい者, も男

▼ 手代~ (4, 0.3%)

1 といふ黒雲, の扱, の議, は若

▼ 手代辰次~ (4, 0.3%)

2 の三人, はお

▼ 手代~ (3, 0.2%)

1 番頭だ, 職人である, 芝居者といった

▼ 手代だった~ (3, 0.2%)

1 とは死んだ, のも, 清次郎が

▼ 手代だの~ (3, 0.2%)

1 亭主だの, 若い者, 門番だ

▼ 手代という~ (3, 0.2%)

1 のを, 堅い商売, 関係が

▼ 手代として~ (3, 0.2%)

1 その下, 仕事を, 能く

▼ 手代とでも~ (3, 0.2%)

1 いいそう, こっそり碁, 言いたいお店者

▼ 手代とは~ (3, 0.2%)

1 いえギャバジン, 同じ階級, 変った仕方

▼ 手代下女下男~ (3, 0.2%)

2 それからお前 1 などと一緒

▼ 手代徳松~ (3, 0.2%)

2 が主人 1 はちょっと

▼ 手代源藏~ (3, 0.2%)

2 と申者 1 と云者

▼ 手代~ (3, 0.2%)

1 といふ部曲, なる部曲さ, の筋

▼ 手代風情~ (3, 0.2%)

1 とこの, としかも, にこんな

▼ 手代がわり~ (2, 0.1%)

1 というところ, に働かされ

▼ 手代では~ (2, 0.1%)

2 ないか

▼ 手代といった~ (2, 0.1%)

1 ような, 様子の

▼ 手代とが~ (2, 0.1%)

1 眼に, 附いて

▼ 手代なども~ (2, 0.1%)

1 交る, 引負し

▼ 手代には~ (2, 0.1%)

1 ちっと不, 山越えの

▼ 手代へと~ (2, 0.1%)

2 店で

▼ 手代みた~ (2, 0.1%)

1 ような, ように

▼ 手代みたい~ (2, 0.1%)

1 な仕事, になっ

▼ 手代丁稚~ (2, 0.1%)

1 に扮, も大勢抱

▼ 手代万八~ (2, 0.1%)

1 と中買勘造, よし

▼ 手代二三人~ (2, 0.1%)

2 はお茶

▼ 手代二人~ (2, 0.1%)

1 が木かげ, 同じく目付三人

▼ 手代~ (2, 0.1%)

2 で店

▼ 手代喜三郎~ (2, 0.1%)

1 とたつた, の死骸

▼ 手代嘉平~ (2, 0.1%)

1 と往来, なる者

▼ 手代多勢~ (2, 0.1%)

1 で見, で見張っ

▼ 手代安兵衞~ (2, 0.1%)

1 でございまする, と申します

▼ 手代小僧さん達~ (2, 0.1%)

2 に聞い

▼ 手代小僧下女~ (2, 0.1%)

2 の果

▼ 手代小僧交~ (2, 0.1%)

2 りに

▼ 手代小僧十幾人~ (2, 0.1%)

2 の多勢

▼ 手代小僧誰~ (2, 0.1%)

1 の顏, の顔

▼ 手代小半次~ (2, 0.1%)

1 が主人, といふの

▼ 手代淡い~ (2, 0.1%)

1 暁の, 曉の

▼ 手代清松~ (2, 0.1%)

2 は一番先

▼ 手代番頭近所~ (2, 0.1%)

2 の衆

▼ 手代直次郎~ (2, 0.1%)

1 は男, は男っ振り

▼ 手代~ (2, 0.1%)

1 をし, を引出し

▼ 手代金之助~ (2, 0.1%)

1 に少し, はお

▼1* [136件]

手代ありておのおの, 手代うんざり鬢の, 手代かな良い男, 手代からは所帯でも, 手代きりです, 手代この小屋を, 手代さえ昼夜に, 手代がたの, 手代そのままの風采, 手代であるというの, 手代でさえも何か, 手代とかしてを, 手代とを神奈川に, 手代ども女中の一団, 手代のです, 手代なぞから指導, 手代などにある物柔, 手代などを捕へ, 手代ならぬ三番町の, 手代なる者と, 手代にも相談せず, 手代はじめ職人どももみんな, 手代はぞつと身, 手代ぜいが, 手代へぼ文士それから何だか, 手代まつ枝たみ子は女中奉公, 手代まできちんときめた, 手代もうそれ不心得な, 手代より目録も, 手代よりも先に, 手代しからぬの, 手代らしく気を, 手代ガ二三人来テ熊ヲ連レテ帰ッタガ, 手代ト相談ヲシテオレヲ地面カラ, 手代ホッとばかり目, 手代ヰッセールそれに羅甸語, 手代一人まあざっとこれ, 手代一人土藏の三階, 手代三人小僧二人女中二人仲働き一人の十一人家内, 手代上がりの養子, 手代上りの養子總七, 手代之松に, 手代並みに心得見下す, 手代並妻女を縛りあげ, 手代丸吉を指さす, 手代久治の身持, 手代五左衛門の腕, 手代五左衞門の腕, 手代は一ばん恨み, 手代之吉, 手代伊兵衞と申す, 手代の甲子太郎, 手代佐吉町内の者二三人, 手代か持っ, 手代り決して, 手代六人と番頭三人, 手代六人あとの十一人, 手代共各々提灯得物を引提我先, 手代出入りの大工, 手代千次は女, 手代又四郎という男, 手代同様にし, 手代商家の丁稚, 手代喜三郎以下多勢の丁稚小僧, 手代嘉吉同じ町, 手代四人へ賄賂, 手代土木の技師, 手代番の, 手代多くの中, 手代大久保長安が奈良奉行所, 手代大儀ぢや, 手代大勢の女房娘連, 手代奉公人たちがあちこち, 手代奉公人達が彼方此方, 手代奉行付き別隊組兵士なぞは位置, 手代始め一同呼出し今日大岡樣斯, 手代威儀嚴重に控, 手代子分衆まで泉田筑後, 手代富田善右衞門を持て, 手代小僧みんな逃げて, 手代小僧下女下男等数多召使い何暗からず, 手代小僧共五六人召仕ひ何れ, 手代小僧出入りの職人ども, 手代川崎金右衞門小野寺源兵衞及び附, 手代左右に並び, 手代巳之吉の説明, 手代年季の者, 手代幸助と申す, 手代幾松の父親, 手代弥三郎といっ, 手代三郎と, 手代役浜野様のいい, 手代徳松はちよつとイヤ, 手代忠七清兵衛下女お久, 手代忠八と密通, 手代忠兵衞へ如何せん, 手代手先の下役, 手代数十人も召使, 手代文七という役割, 手代料理人までが書き出し, 手代時代の算盤気分, 手代杉山五郎兵衞馬場與三右衞門の兩人, 手代栄吉下女お文, 手代の若い, 手代榮吉下女お文, 手代とは奥様, 手代横田五左衞門深見吉五郎檢使立合の上改め相濟一先權現堂村, 手代渡海して, 手代無産政党は今度, 手代物書の源藏, 手代甚三郎が斬られた, 手代番頭小作頭もある, 手代を団, 手代福次郎の寢, 手代端坐だけに尚, 手代紅製造業紙すきなどから朝鮮貿易, 手代義助で他, 手代之松, 手代船頭其他のしたたか者, 手代良助の身持, 手代良助惡戯盛りらしい小僧, 手代茂右衛門と不義, 手代くらがりで, 手代藝苑叢書を持参, 手代衆これだけ大きな, 手代見た様な, 手代親戚縁者の詫び言, 手代配下御出役, 手代重三郎及び阿呆, 手代鉄道土木の技師, 手代長吉と女房小梅, 手代であった嘉六, 手代風のと馬子, 手代駒三郎とこれ, 手代鹽原多助と彫り附け, 手代黒崎又左衞門市田武助