青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「手~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~所以 所以~ 所在~ ~所有 所有~ 所詮~ 扇~ ~扉 扉~ ~手
手~
手代~ 手伝い~ 手先~ ~手前 手前~ 手当~ ~手拭 手拭~ 手柄~ ~手段

「手~」 103998, 1032ppm, 80位

▼ 手~ (37486, 36.0%)

744 かけて 453 出して 414 取って 381 あげて 362 入れて, 引いて 333 とって 325 ついて 322 振って 309 かけた 290 のばして 221 伸ばして 213 振った 187 掛けて, 握って 181 やって 173 休めて 161 ひいて 160 突いて 151 打って 148 置いて 146 貸して 145 して, 挙げて 144 廻して 141 つけて 131 つないで 130 当てて 127 あてて, 叩いて 126 たたいて 122 放して 119 かざして, 合せて 118 出した 112 上げて 107 引かれて 106 ふって 105 握った 103 止めて 100 延ばして 99 かけると 98 離して 93 かけながら 91 拍って 83 やった, 取つて 82 尽して 81 もって 80 ついた, 伸して 79 洗って 76 合わせて 75 離れて 73 焼いて 72 かして, 束ねて 71 まわして, 動かして, 拱いて 70 あげた, 借りて 66 ひかれて, 放した 65 執って 64 かけようと, とった 63 つかえて, ひろげて, 振りながら 62 組んで 60 経て 59 下して, 膝に 58 さしのべて, 伸べて, 取り合って 57 つくして, 取った, 自分の, 触れて 55 入れると 53 出すと 52 おいて, 曳いて, 離した 51 ひっぱって, 振つて, 握つた 50 やつて, 持って 48 掛けた, 翳して 47 とつて, やめて, 延して 46 はなして, 入れた 45 鳴らして 44 やると 43 たたいた, 切って 42 引いた, 拍った, 膝の 40 つかんで, のばした, 分けて, 取りて 39 かけたが, とりあって, 伸ばした 38 掛けると, 握りしめて 37 うって, つかねて 36 差し出した 35 握りしめた 34 かけました, やりながら, 叩いた, 拭きながら, 携えて, 着けて 33 のべて, 出すこと, 拡げて, 置いた 32 にぎって, 拍ち, 握つて, 擧げて, 見て 31 かりて, とられて, やつた, 出さなかった, 出すの, 当て, 放すと, 額に 30 かける 29 しっかりと, つけること, とめて, ふりながら, 出す, 掴んで, 洗ひ 28 かけたまま, だして, つけずに, とりて, 当てた, 挙げた, 支いて 27 かざしながら, やすめて, 打った, 振つた, 振りました, 握り合って, 携へて 26 差し出して, 掴んだ, 突いた 25 つかえた, つっこんで, ふった, 取らぬばかりに 24 あげました, 上げた, 出したり, 動かしながら, 差出した, 拍つ, 添えて, 載せて 23 いれて, かざした, とり合って, 取られて, 合せた, 執つて, 打つて, 握りました, 離すと 22 お出し, かけ, つけないで, のせて, のばすと, 付けて, 出しました, 引きながら, 握りながら, 触れた

21 [13件] つけた, はなした, ゆるめて, 伸ばすと, 叩きました, 延ばした, 引き合って, 拭いて, 握ると, 曳かれて, 突込んで, 胸の, 見ると

20 [12件] かえ品, た, わけて, 出したの, 尽くして, 引っぱって, 引っ張って, 振り払って, 止めた, 繋いで, 胸に, 貸せ

19 [11件] あて, あてた, 執った, 差し入れて, 延ばすと, 引込めた, 掛けながら, 握り, 私の, 置きながら, 見た

18 [17件] かけた時, つけたの, 下げて, 休めた, 入れたが, 出さない, 出したが, 前に, 取るよう, 叩くと, 延べて, 払って, 振り足, 振るの, 洗いに, 盡し, 触れること

17 [12件] うしろに, つけるの, つなぎ合って, のばせば, ふれて, 伸ばせば, 加えて, 抜いて, 掛けました, 當て, 着けること, 膝へ

16 [20件] かけたの, さし入れて, さし出した, つかまえて, つくと, つなぎあって, とると, にぎった, やいて, 下したの, 伸すと, 入れたり, 出せば, 取りました, 叩く, 押えて, 煩は, 留めて, 腰に, 袖に

15 [22件] うしろへ, おいた, つかんだ, やったが, 下すこと, 休めずに, 使って, 出すよう, 取りあって, 取ると, 差しのべて, 後ろに, 持つて, 振ったり, 揉んで, 握りあって, 突っ込んで, 突込ん, 經て, 見せて, 觸れ, 鳴らした

14 [21件] こまねいて, さしのべた, たたきました, たたくと, とつた, 出すな, 出そうと, 動かした, 取らんばかりに, 口に, 合は, 回して, 差し伸べて, 引っこめた, 彼の, 把って, 揚げて, 換え品, 握りて, 横に, 洗ふ

13 [33件] あげる, あげると, あわせて, かけたとき, かけたり, こまぬいて, さし伸べて, たたく, ついたまま, つッ, とりました, はなすと, はなれて, やり, 借して, 停めて, 入れる, 出さずに, 合わせた, 引くと, 懐に, 振り切って, 掛けたが, 握らせて, 握ろうと, 支く, 放す, 突っこんで, 突っ込んだ, 突込んだ, 翳しながら, 静かに, 頭の

12 [22件] おろして, つけようと, はずして, ひっこめて, ポケットに, 入れました, 出しては, 出すもの, 取つた, 取りながら, 変え品, 差出して, 把り, 掛けようと, 揉みながら, 握ったり, 握つたり, 放せ, 突きました, 貸そうと, 逆に, 重ねて

11 [30件] あけて, たたいたり, つけたこと, つけると, とられながら, とろうと, ゆるめた, グッと, 上に, 下すの, 出しながら, 出せ, 前へ, 取り給い, 叩いたり, 合わして, 女の, 延した, 懸けて, 拭き, 振つたり, 振る, 支いた, 替え品, 洗った, 燒い, 用いて, 置きました, 触れると, 顔に

10 [29件] あげろ, うった, かけること, かければ, つけなかった, のせた, もつて, 伸した, 借りずに, 動かすの, 取り合つて, 取る, 取ろうと, 合して, 執りて, 左右に, 差入れて, 引っこめて, 引っ込めて, 懸けると, 拍いた, 握ったの, 着けずに, 空しくし, 空に, 緩めて, 落して, 触れなかった, 顔の

9 [48件] あげたり, あげながら, お貸し, かけたかと, さし込んで, したまま, そつと, つかえ, つく, とらんばかりに, にぎりあって, ひいた, ひらいて, ふきながら, ふり足, ふれること, 代え品を, 休めては, 加へ, 執り合って, 左の, 引いたり, 引かれながら, 引きあって, 引きました, 引くよう, 引合って, 懐中に, 懐中へ, 持ち添えて, 挙げると, 振り, 振りほどいて, 振り振り, 振り放して, 振ると, 握り合った, 握ること, 放せば, 放そうと, 敲いて, 用意し, 突つ込ん, 触れては, 貸した, 通した, 通しながら, 附けて

8 [71件] あてながら, うごかして, かえて, かけた者, かせ, こすりながら, さしこんで, さしだした, たずさえて, たたきながら, つきました, つけては, つけるわけ, つける者, とめた, のばす, はなしました, ひくと, ふつて, ほどいて, もみながら, ゆるめなかった, 上げると, 下さずして, 伸ばしながら, 入れるの, 出しかねて, 切ると, 取らぬばかり, 叩きながら, 合わせました, 垂れて, 執りながら, 差伸べて, 引こうと, 引っ込めた, 引つ張つて, 引つ込めて, 引込めて, 当てると, 待って, 抑えた, 拍い, 拍き, 拍く, 拍つた, 拍て, 挙げたり, 振り上げて, 掛ける, 掛て, 揃えて, 握りしめながら, 握り合つて, 握る, 支えて, 染めて, 求めて, 添へ, 添へて, 當てた, 眺めながら, 突き出して, 突くと, 考えて, 肩に, 足を, 逃れて, 遣つて, 開いて, 頬に

7 [77件] あげ, あてがって, おさえて, かけますと, くだして, くんで, さし延べて, しながら, つくしても, とり合つて, にぎりました, のばしました, ひきながら, ふつた, ふりあげて, ふれると, へて, やる, ゆるめると, ギュッと, グイと, 上げたり, 下さずに, 下ろして, 乗せて, 休めないで, 伸ばす, 入れながら, 入れること, 出さないの, 出しゃ痛い, 出す気, 動かせば, 取り, 取り合, 取るやう, 合はせ, 合わさんばかりに, 堅く握り, 大きく振っ, 差し延べて, 差し込んで, 差込ん, 引く, 引くこと, 引くの, 引っぱった, 彼女の, 後ろへ, 払いのけた, 押えました, 振ります, 接吻し, 握ったが, 握りしめると, 握り合, 支き, 泳がせて, 無理に, 留めた, 眺めて, 着けた, 私は, 組み合せて, 緩めると, 置く, 置くと, 翳した, 著け, 見ながら, 解いて, 触れたこと, 触れようとも, 触れる事, 附けずに, 頭に, 額の

6 [115件] あてがった, おさえた, お上げ, かけその, かけたと, かけたもの, かけるの, こすって, さげて, さしのばして, さし伸べた, だらりと, ついたの, つけたもの, つけない, つけないの, つけるもの, とおして, とどめて, とらえて, とりあつ, とりながら, ひきて, ふりはらって, まは, まわした, やろうと, ゆるめません, パッと, 下すには, 下へ, 両手で, 仮りて, 休めなかった, 休める, 伸ばすこと, 入れたまま, 入れたもの, 入れた時, 出さないと, 出さなければ, 出したもの, 出すに, 切つた, 切ること, 加へて, 取ったまま, 取らんばかり, 口の, 右の, 合せながら, 固く握った, 執り, 変えて, 外して, 尽したが, 尽しても, 差し伸べた, 延ばしたが, 延べた, 引いたの, 引きて, 引っ張った, 引込めよう, 強く握った, 後に, 打たなければ, 打ったの, 打つた, 払った, 抑へ, 抜くと, 拍つと, 拭き乍ら, 拱し, 挙げました, 振りて, 振り声, 振り腰, 振上げて, 捉えて, 捉へて, 掴まえて, 揉んだり, 握ったまま, 握られて, 握りしめる, 握り返して, 握るの, 揮って, 揮り, 放したが, 洗いながら, 洗う, 洗ったの, 洗つた, 洗つてゐる, 洗は, 浄める, 浸して, 燒いた, 畳に, 突いたまま, 突つ込んだ, 突込む, 置いたまま, 藉り, 触って, 触れないで, 触れるの, 變へ, 返して, 遣って, 離れると, 高く上げ

5 [153件] あてたり, あはせ, うつて, かけても, かけるよう, きちんと膝, さし出して, さし出しました, すり合わせて, そのままに, それに, たれて, だした, ついての, つき出して, つき頭, つけないこと, つけないよう, つけなかつた, つければ, とめました, とり, とる, とるやう, にぎったまま, にぎりしめた, のがれて, のばしながら, ひかれながら, ひっこめた, ひっぱった, ひっぱるよう, ふいて, ふったり, ふところに, ふりもぎっ, ふれるの, みて, シッカリと, ソッと, ダラリと, 上から, 下しよう, 下す事, 与えて, 今宵もか, 付けずに, 休めました, 休めると, 借りなければ, 借りること, 働かせながら, 僕の, 入れたの, 入れては, 入れれば, 出さないで, 出さぬこと, 出したと, 出す事, 動かすと, 取つて引上げ, 合せる, 合わせながら, 呼んで, 執つた, 執られて, 堅く握っ, 差し出しながら, 差し延べた, 差伸し, 広げて, 延ばせば, 廻しながら, 廻すと, 廻せば, 引張って, 引張つて, 当てが, 当てがっ, 手を, 打つ, 打つこと, 払いのけて, 抑えて, 投げ出して, 押えた, 拍つて喜んだ, 拔い, 拡げた, 拱ぬい, 持ちそえて, 指して, 振りつつ, 振りほどこうと, 振り払, 掉って, 掛け, 掛けたの, 掛けましたが, 控えて, 揉んだ, 握ったこと, 握りあった, 握りつ, 握りぬ, 握り締めた, 携へ, 擧げた, 支えた, 放さずに, 机の, 枝と, 染めるの, 母の, 泥だらけに, 焼いた, 煩わして, 當てて, 着けようと, 知って, 空うし, 空しうして, 空しゅうし, 突く, 突っこんだ, 突ッ込ん, 組んだまま, 経なければ, 緩めずに, 緩めた, 置いたが, 翳す, 耳に, 脚を, 見つめて, 見る, 触れずに, 触れたの, 触れたり, 触れようと, 觸れた, 觸れなかつた, 貸そう, 通して, 離さなかった, 離しました, 離れた, 頭へ, 顫わして, 高くあげ, 鳴らすと, 鼻の

4 [244件] あげたの, あげたカムパネルラ, あわせた, おあげ下さいまし, おいたまま, お上げ下さい, お出しなさい, お引き, かけそう, かけたこと, かけた儘, かけては, かけようとして, かざす, かたくにぎっ, かたく握りしめ, くだしたの, これに, さし出しながら, さし出す, さし出すと, さすった, さすって, しずかに, しっかりにぎっ, しばられて, そのま, その上, だしたり, だすこと, ついたり, つかえる, つかえ直した, つけかねて, つけたらいい, つけようとも, つつこんで, つないだまま, つなぎながら, つらねて, とらえた, とりおしいた, とるよう, ならして, にぎりながら, ぬいて, のばしても, のばそうと, ひいたが, ひく, ひくよう, ひたしました, ひっこめました, ひろげた, ふきふき, ふりきって, ふりほどこうと, ふりま, ふるわせながら, ふれないよう, むなしくし, もんだ, やすめた, やめた, スルリと, ズボンの, 上げろ, 上へ, 下した, 下に, 休めない, 休めながら, 伸せば, 伸ばさうと, 伸ばし, 伸ばしたが, 伸ばしたの, 伸ばそうと, 伸べたま, 借らずに, 免れて, 入れようと, 出さないので, 出さなかつた, 出したこと, 出したという, 出したので, 出しちゃ, 出しも, 出すなと, 出す必要, 出す者, 出そう, 分った, 切つ, 切るため, 前掛で, 加へる, 動かし足, 動かす, 動かすこと, 取つたの, 取られながら, 取り足, 取るの, 取合って, 叩くの, 叩く音, 叩けば, 合せました, 合せるの, 唇に, 執らんばかりに, 執りあって, 堅く握った, 大きく振り, 夫の, 宙に, 宛てて, 少しも, 差し出しました, 差伸べた, 己の, 廻した, 廻したの, 廻しました, 引かんばかりに, 引き合いながら, 引き寄せて, 引けば, 引っこめました, 引っぱられて, 引つこめて, 強く握っ, 当てる, 彼に, 彼は, 後へ, 後方に, 忘れて, 感じた, 懸けた, 打ちながら, 打つと, 打つの, 押さえて, 押しいただいて, 拍っ, 拍つて喜ぶ, 拝借, 拭いた, 拭き拭き出て, 拱んで, 持つ, 挙げた時, 挙げながら, 振ったの, 振つたが, 振りきって, 振りもぎっ, 振り切ると, 振り払った, 振るよう, 振払って, 振放して, 捕えて, 掉った, 掛けたまま, 控えた, 握らうと, 握られた, 握られたの, 握られたまま, 握り締めて, 握る事, 揮った, 擦って, 支え, 支へ, 支へて, 放さないで, 放したの, 放つて, 明けて, 替へ, 枕に, 染めたの, 止めると, 気に, 求めた, 洗うため, 洗うの, 洗おうとして, 洗ったり, 洗ひし, 添えた, 清めて, 滑らして, 無言の, 焼かせて, 焼くよう, 率川の, 男は, 盡した, 相手の, 着けては, 私に, 突て, 突ッこん, 組み合って, 組んだ, 組んだり, 経たもの, 緩めません, 縛って, 置いた者, 置き, 胸へ, 自由に, 蒲団の, 藉し, 藉りる, 袂の, 袖の, 袖口から, 見ました, 触れないよう, 触れながら, 触れる者, 變へて, 貸さなければ, 貸したの, 貸しな, 貸せ手, 退いて, 通したこと, 重ねた, 隠して, 離す, 離せば, 頂いて, 額へ, 食うもの, 高く挙げ

3 [495件] あげたが, あげたので, あげたまま, あげようとして, あげるの, あげるん, あてが, あてました, あてる, あてると, うごかした, うしろで, うちて, おさえました, おろしたの, おろしました, お下し, お洗い, お見せ, かけそれ, かけたとたん, かけたな, かけたま, かけたよう, かけた瞬間, かけてから, かけない, かけましたが, かけます, かけるや, かけ力, かけ足, かさうと, かざし, かざしたが, かざしたり, かざし合って, かざすと, かたく握っ, きって, きれいに, ぎゅっと握った, ぎゅっと握り, くぐって, くだす術, くだそうと, こすった, さえぎって, さしあげた, さしだして, さしだしました, さしのべました, さへ, した, しっかと取った, しっかりひい, しっかり握った, しっかり握り, しつかり握つて, しなやかに, じっと握っ, すべらして, すりて, すりぬけて, する, そろえて, たたいたもの, たたくの, ださずに, だしました, だすと, つかえたが, つかえながら, つかえると, つかまえた, つき, つきたれば, つきて, つきながら, つき出しました, つくよう, つけたよう, つけたらい, つけたん, つけた人, つけちゃ, つけても, つけなかったの, つけなかつたの, つけなければ, つけまいと, つける, つけるなと, つっこんだ, つとのばし, つないだま, つないでも, つなぎ, つなぎ合せ, つなぐよう, つれて, つツ, とったまま, とめると, とり合うて, なめて, にぎり, にぎりあった, にぎりしめました, にぎり合って, にぎる, ぬくよう, ねじるよう, のして, のせたまま, のばし, のばしかけた, のばしそれ, のばしたが, のばしましたが, はなせば, はねのけて, はらいのけた, はらいのけて, ぱちぱちと, ひいたり, ひかせて, ひきあって, ひろげたよう, ふり, ふりはなして, ふりほどいて, ふりほどきながら, ふりほどくと, ふりました, ふりまわして, ふり上げて, ふり切って, ふり放した, ふる, ふるわせて, ふれたこと, まわすと, もがいて, もぎ放した, もじもじさせ, もんで, やさしくなで, やすめずに, やったまま, やったり, やった時, やめては, やりその, ゆるめずに, ゆるめたの, ゆるめない, ゆるめないで, ゆるめました, ゆるめる, ジョバンニたちの, パチパチと, ポケットへ, ムズと, 一つ動かす, 上げられい, 上げれば, 上衣の, 下から, 下さない, 下さなくても, 下さなくとも, 下し, 下したが, 下したもの, 下す, 下すに, 下すまでの, 下すまでも, 下す術, 下そうと, 下だす, 下ろすと, 与えながら, 二つ重ね, 今度は, 付けること, 付ず, 仮して, 休めず, 伸そうと, 伸ばしかけて, 伸ばしては, 伸べた, 伸べると, 使う, 使うの, 使ったの, 使っても, 借せ, 借りなくても, 停めると, 働かして, 先に, 入れかけたが, 入れたと, 入れたま, 入れた上, 入れないで, 入れるが, 入れる必要, 出さずには, 出しそう, 出したか, 出したとか, 出したる物, 出しても, 出しな, 出しましたが, 出し兼ねて, 出すという, 出すなんて, 出す前, 出す勇気, 出そうとは, 出そうとも, 切った, 利用し, 前垂れで, 加えること, 助くるまで, 動かしたり, 動かした時, 動し, 動した, 取ったが, 取ったの, 取りそして, 取りその, 取り合いながら, 取り合った, 取り肩, 取ること, 取出して, 受けて, 口へ, 叩いても, 叩け, 叩こうと, 合さんばかりに, 合せ, 合せたり, 合せないばかり, 合せぬばかりに, 合せ願, 合わせる, 咬まれた, 固く握っ, 固く握つ, 固く握り, 堅く握りしめ, 堅く握る, 大きくひろげ, 子供の, 寝台の, 尽した, 尽したの, 差しこんで, 差しのべた, 差し伸ばして, 差し入れた, 差し入れる, 差し出す, 差し出すと, 差出すと, 巻いて, 帯へ, 幾度も, 床に, 延すこと, 延ばしたり, 延ばすに, 引いたほう, 引いたまま, 引いた方, 引かせようという, 引き込めると, 引く者, 引つれて, 引つ張つた, 引て, 引れ, 引込めると, 弛めて, 弛めると, 強く握りしめた, 強く握り返した, 当てながら, 当てました, 待ちかねて, 待つて, 待つまでも, 心得て, 感じて, 懸けた時, 懸ける, 戟に, 打ち, 打ちたたいて, 打ちふり, 打てば, 払いのけると, 払ひ, 扣い, 把った, 把る, 抗げて, 抜いた, 押えるよう, 押しのけて, 押へ, 拉して, 拍たんばかりに, 拍ちます, 拍てば, 拒んで, 拱んだ, 持ち添, 持った, 持添え, 挙げる, 挙げ足を, 振ったが, 振ったので, 振りあげた, 振りあげて, 振りましたが, 振り切つて, 振り廻して, 振り放した, 振り放そうと, 振り離して, 振るもの, 捉って, 掉り, 掛けた者, 掛けるの, 探して, 接吻させ, 接吻した, 接吻する, 掴むと, 揉みます, 握った自分, 握られたり, 握られた時, 握りあうこと, 握りかえした, 握りしめ, 握りしめたまま, 握りしめたり, 握りしめました, 握りその, 握りたいの, 握り合ったり, 握り緊め, 握り返した, 握るという, 握るとか, 握るよう, 握れば, 撒し, 撫でたり, 撫でて, 擦み, 擧げた時, 擴げて, 支えながら, 放さなかった, 放されて, 放し, 放しました, 放すな, 放すの, 放そうとも, 放ちて, 敲いた, 敲く, 敲けば, 斜に, 曲げて, 曳いた, 曳きて, 束ねては, 染めた, 横から, 止めるの, 洗いその, 洗い浄め, 洗うて, 洗おうと, 洗つてから, 洗はう, 洗わなければ, 火に, 火の, 火鉢に, 焼いたこと, 焼いたの, 照らして, 用いた, 用いたが, 用ゐ, 男の, 痛いほど, 盡くし, 眺めた, 眼に, 眼の, 着けるわけ, 空う, 空中に, 突いたが, 突く時, 突っ張って, 突つこんで, 突つ込み, 突つ込む, 経ずに, 続けて, 緩めては, 緩めなかった, 緩めようとも, 縋って, 置いたもの, 置きて, 置き添えて, 置くこと, 翳すと, 翻せば, 考えた, 考へて, 耳の, 背後へ, 脱した, 脱して, 落しました, 著ける, 要求する, 覆せば, 見つけて, 見れば, 触れさえ, 触れた形跡, 触れちゃ, 触れない, 触れなければ, 触れました, 觸る, 觸れず, 觸れよう, 負ひ, 貸したので, 貸してよ, 載せた, 運ばせて, 遣ると, 遮り, 避けて, 避けようと, 閃かして, 閃めかし, 開いた, 開かせて, 開けて, 開けると, 附けると, 除けて, 離したので, 離しても, 離しながら, 離せッ, 離れてから, 離れても, 預けたまま, 預って, 頤の, 顎の, 顔へ, 食って, 首に, 高々と, 高くさし, 高く上げた, 鳴して

2 [1434件 抜粋] あげさせて, あげなさいと, あげるきっかけ, あげ足, あてがいながら, あなたの, あぶり, いつまでも, うごかしたり, うちた, うつの, おきながら, おくよう, おしいただくよう, おろした, お取り, お振り, お放しなさい, お触れに, かけあって, かけたか, かけた卓子, かけた様子, かけてさ, かけるが, かけるやう, かける隙, かけ引, かさないか, かざしたまま, かざせば, かたく握った, かりないで, くだす, くわえたもの, ぐっとにぎった, ぐる, ここへ, こまぬきて, ささえて, さしのばした, さしのべましたが, さしのべる, さし上げて, さし伸ばして, さし出し, さわると, したり, しっかり握りしめた, しつかりと握つて, しめつけた, しゃぶった, じりじりと, すぐに, すり合わせる, そっと握った, そへ, たたき腹, たたく音, だすの, ちょいと, ついたが, ついたもの, つかうこと, つかせて, つかねては, つかみました, つきこんで, つき込んで, つくしたが, つくした努力, つけざる日蔭, つけずやがて, つけた仕事, つけなかったが, つけねえで, つけまして, つけるには, つけるよう, つける人, つける機会, つけ出した, つっこんでは, つないだ, つねった, とおしながら, とつたり, とらないばかりに, とらへて, とりあげて, とりそこ, とり合, とり自分, ながめた, ならした, にぎりかえした, にぎりしめながら, にぎるの, ぬくと, ねじって, のせました, のばしさえ, のばし彼, のばすこと, のべる, はなさないで, はなしますと, はなそうとも, はらさないよう, はらひのけるやう, ぱちぱち叩い, ひかえて, ひきあいながら, ひくか, ひけらかして, ひっくり返して, ひっぱると, ひろげ, ひろげたり, ぴたりと, ふりほどいた, ふり払うと, ふり放して, ふるたび, ふれずに, ふれようと, ふれるよう, まわしたの, みると, もて胸, もみ合わせながら, やきました, やたらに, やっては, やめたの, やられたなりに, やるかな, やわらかに, ゆるめては, ゆるめれば, わが手, わたしの, グングンと, ダランと, ツイと, ハッと, ポケツトに, 一つ振っ, 一ぱいに, 一振りし, 一種の, 三まきも, 上げました, 上げるん, 下さなければ, 下したという, 下すという, 下す分別, 下そう, 与へて, 両方の, 乳の, 人間の, 仕いて, 付けさせないだけの, 付けた, 付けたらしい形跡, 付けては, 付けると, 以って, 休めたまま, 休めた時, 休める暇, 伸しました, 伸ばしました, 伸ばす時, 使ったん, 使わずに, 保子さんにも, 借りたか, 借りないで, 傷けたり, 先刻から, 入れかけた時, 入れさせた, 入れずに, 入れたという, 入れても, 入れぬ森, 入れましたよ, 入れられて, 入れるよう, 入れ空, 再び差しのべる, 出さうとして, 出さないという, 出さぬ, 出さぬので, 出されぬ世の中, 出しかけて, 出しさえ, 出したかと, 出したがるん, 出したまえ, 出したん, 出しなさい, 出し此方, 出すにも, 出すわけ, 出す歌麿, 出だすに, 分かった, 切ったん, 切らせようといふ, 切らぬ間, 切りましたよ, 切るつもり, 切るよう, 切れと, 切ろうと, 刺した, 力任せに, 加ふる, 動かし目, 動かすとき, 動かす事, 動さない, 包んで, 取っては, 取つて夜逃げ, 取らぬばかりの, 取られ毒蛇, 取りたまい, 取り交わして, 取り合ったり, 取り彼, 取ろうとして, 叩いたが, 叩きて, 叩くよう, 合す, 合せたの, 合せんばかりに, 合わす, 吊って, 咬まれるとは, 喰うもの, 噛まれたの, 固くにぎっ, 固めて, 執らうと, 執りぬ, 外套の, 娘の, 宛てた, 寄せて, 導いて, 少年の, 尽さなかったと, 工夫し, 差しだした, 差しのべたの, 差しのべること, 差し出したが, 差し向けら, 差伸ばし, 差入れながら, 差出す, 差込みました, 布団から, 庭の, 延せば, 延ばしても, 延べる, 廻わして, 引いたすると, 引いては, 引かざるを, 引かれては, 引きずって, 引き交, 引き合つて, 引き込めた, 引くから, 引く拍子, 引こう, 引っこめると, 引っ張りながら, 引つこめた, 引ッぱった, 引合つてもつれる, 引張りました, 引張るよう, 引込ませて, 弛めずに, 弛めなかった, 強く掴む, 強く握り, 当てたが, 当てた時, 後の, 徐ろに, 思いついたの, 急いで, 意味する, 懸けたが, 戴くよう, 手に, 打ちて, 打ち振って, 打ッ, 打鳴し, 払うと, 扼して, 抑えつけて, 抑えるよう, 折ったり, 抜いちまって, 押えたという, 押さえた, 押しやった, 押めえて, 拍ちあわせ, 拍つて嘆賞する, 拍つて感心した, 拔く, 拡げないが, 拭き乍ら言, 拭ひ, 拱き頭, 拱ぬけ, 拳に, 持上げて, 挙げずに, 挙げよ, 挙げれば, 挫い, 振つて大股, 振りかぶって, 振りはらって, 振りも, 振り廻したり, 振り放すこと, 振り解いた, 振り頭, 振るも, 捉えようと, 捕って, 捜して, 捻ぢ, 掌を, 掛けさうに, 掛けた懐紙, 掛けては, 掛けません, 掛ければ, 採って, 掴んだが, 揉み合せて, 描くもの, 握ったか, 握ってて, 握つたの, 握られた儘, 握りあつ, 握りそれ, 握りに, 握り合う, 握り合ったの, 握り足, 握り顔, 握ろうという, 揮り払おう, 撫で肩, 擧げ膝, 支いたが, 放さうと, 放したので, 放します, 放し彼, 放れようと, 早めた, 曳いたの, 曳かして, 曳きながら, 曳合って, 最初に, 柄の, 柔かに, 構えて, 止めました, 止めやう, 洗いはじめた, 洗い顔を, 洗う水, 洗った時, 洗つて居る, 洗わずに, 浄めた, 浄め口を, 添えながら, 清めてから, 湯の, 濡らしながら, 烈しく男, 焼いたもの, 焼いた経験, 焼きます, 焼けば, 煩わしたいと, 燒きたる, 牽れ, 用いる, 畳について, 発明した, 盡したれ, 目に, 相手に, 着いて, 着けない, 着ける事, 着ける習慣, 知らないの, 確り握り, 私が, 突いたの, 突かぬばかりに, 突き出した, 突っこんだよう, 突っ込んだが, 突出し, 窃と, 竦めて, 組で, 組みながら, 組み合わせて, 経ようと, 緩く浮かぶるなり, 緩めたが, 緩めようとは, 繋ぎ合って, 置いたお, 置いた時, 置くの, 置く者, 習っても, 肌に, 背後に, 胸と, 腕の, 膝が, 膝について, 船の, 藉した, 袂から, 見せろ, 見たが, 見つめた, 見ること, 覗かせたり, 解きなに, 触るること, 触れ, 触れたか, 触れたもの, 触れた稚児, 触れなかつた, 触れる気, 觸れない, 調べるの, 負った, 負傷し, 貸したりなど, 貸しては, 貸せい, 軽く女, 輪に, 退け手, 這わせて, 通さんとして, 通そうと, 逸れて, 遣った, 遮って, 鍵盤の, 開かして, 附いて, 除いては, 隠袋, 離さない, 離したかと, 離しは, 離す事, 離れ, 震わしながら, 面に, 預つて, 風で, 高く差し上げ, 鳴らしたが

1 [10494件 抜粋] ああは, あげたと, あげないでは, あげるから, あげ前, あたためるの, あてた眉, あべこべに, あわせ頭, いじりながら, いれたまま, うちけしかけて, うつこと, えらんで, おく横会, おつぎ, おゆるめなすっ, お出しください, お捉え, お貸しなさい, かきむしられながら, かけさせながら, かけただ, かけた事, かけた新七, かけてほど, かけましたから, かけるとたん, かける瞬間, かけ下, かけ家康, かけ支那語, かけ腰, かさねそれ, かざし山, かすつもり, かませる所, かりてまでも, かんだ, ぎごちなく言った, くださなかったら引抜き, くったまま, ぐいと拭き, ぐっと抑え, こうしてこう, ことごとくもと, さあ手, ささえること, さしのばしたくなる造化, さしのべるやう, さし伸べる, さし出すも, さすつて, しかと掴ん, した源三郎, しっかり握り締め, しばし止め, しょんぼり振り切っ, すえ諸声, すつと, すり合し, せきたてるの, そっとあわせ, そのなか, その下, その腕, そんなところ, たたきそれから, たたくどころか, ださないIRC, だしゃ痛い, ちゃぶ台の, ちらりと見, ついた初瀬, つかえた者, つかぬばかりに, つかまれて, つかれた事, つきつつ, つき肱, つくし品, つけかねるユダヤ結社, つけさせるわけ, つけず神サマ, つけた三問, つけてない串, つけない場合, つけなかつた素材, つけまん中, つけられてさえ, つけるなよ, つけろ, つけ近頃, つっぱって, つながした, つなぎ合ったまま, つまんで, ときどき休め, とめお互い, とられた, とりあったの, とりダンス, とり感激, とるの, どけ同時に, なめるん, にぎりしめ, にょきにょき伸ばし, ぬっと書斎, のがれました私, のばさず抱えおこさん, のばしたという, のばしツルツル, のばすより, のべ給うて, はたと落す, はなしたもの, はなすこと, はなれるの, はらひのけた, ぱちぱち敲く, ひかれたさうですが, ひきたくなるに, ひき杖, ひけ, ひっこました, ひっぱるの, ひとりでに動かし, ひろげたとき, ひケ, ふきふき鏡台, ふと見, ふりきると, ふりまわし, ふり払, ふる女, ふれたまま, ふれられても, ぶらりと垂れ, ほどいたり, まず炎, まるで女の子, みせず斬り倒した, むりやり執っ, もぎ離した, もった肖像, もとへかへ, やいた質, やすめた阿能十, やって来て, やめ歌, やりすべすべ, やるからには, ゆたかに, ゆるめたら逃げる気, よくし, わき腹に, イエスに, コツンと, ソット肩から, バチバチ叩い, ベッドに, リスリンと, 一二度ゆすぶった, 一度經, 上げくだされまし, 上げても, 上げ藪蚊, 下げるぞ, 下さない限り, 下さ無ければ, 下した覺, 下すすべ, 下す積り, 不愉快そうに, 丸万は, 二人, 人の, 付けず曲者, 付けなかつたらうな, 付る, 伏せたまま, 休めたる老人, 休められない, 伝わって, 伸す力, 伸ばした忠相, 伸ばし壓, 伸ばすにも, 伸べさ, 低く膝, 使うだけ, 侍臣に, 借らなければ, 借りやう, 停めず, 働かせた, 入も, 入れしと, 入れた伴, 入れぬまま, 入れるべき隙間, 入れ指, 兩脇に, 冷めたくして, 出さず相手, 出さない子供たち, 出さねえで, 出しかけると, 出したがる事業其物, 出したやう, 出した位, 出しに, 出し一つ, 出し指, 出すそう, 出すまいから, 出す出さないで, 出せとは, 出だし歩行を, 分ちぬ, 切ってヨ, 切らせるやう, 切り次に, 切る爲め, 制し足, 力一杯ふりきっ, 加えても, 加えるほど, 動かさず, 動かしつづけながら, 動かすつもり, 包めと, 却って軽く, 取ったは, 取つて接吻, 取らむと乞, 取りあうでも, 取りますると, 取り合いました其処, 取り合つた儘, 取り涙, 取り駈落致, 取交し悦び涙, 叩かず囃したてる者, 叩き返されたよう, 右左と, 合せたやう, 合せる佛, 合わせその, 合わせ親孝行, 吹いて, 咋ひ, 噛まるるもの, 回そうとして, 地上から, 執つて群集, 執りゆきぬ, 執り自分, 塞いで, 外す, 大きく開き, 失ひ, 嫌った, 寛いだ形, 少し切られた, 尽したる光琳, 届かせて, 差しださなかったから, 差し伸すと, 差し入れる事, 差し出しレザール, 差のべる, 差出したので, 差延べまして, 布留の, 広ろげ, 延ばさずには, 延ばしツ, 延ばし甚だしき, 延べたのに, 廻しなお, 弄くり, 引いた婦人, 引かせて, 引かれてでも, 引きあうよう, 引きぬ嗚呼, 引き出しそしてまたは, 引き寄せた, 引き込めたが, 引くとは, 引けっ, 引っこめますと, 引っ張るの, 引つこめました, 引ツ張りながら, 引張り出して, 引込ます, 弛めては, 強く握りかえし, 当てたの, 当て小さい, 待ちこがれつつ, 後ろ手に, 心もち弛めた, 思いきり顔から, 怪我せず, 愛想に, 懸けたま, 我に, 手伝わせて, 打ちあわせる, 打ち合わせて, 打ったり, 打つ客, 払いのけその, 払うが, 把お, 折った, 折る者, 抜くより, 抱擁する, 押しつけて, 押頂い, 拍ち鳴し, 拍つて喜んださうだ, 拍つも, 拝借いたします, 拡げるよう, 拭きつ, 拭き拭き私, 拱き眼, 持ちそえるよう, 持った小柄, 指すか, 挙げたまえ, 挙げろ四つん這い, 振ったトタン, 振らなければ, 振りなど, 振りませんでしたか, 振り上げること, 振り大儀, 振り放さうとして, 振り解くと, 振るのみ, 振切るかを, 捉えた者, 捕り, 捻じ込みて, 掛けたかの, 掛けた女, 掛けや, 掛け嘲笑うが, 掛れば, 探るやう, 掴えた, 掻い抱いて, 揉んだが, 握ったので, 握った話, 握つて先, 握らせられたの, 握られるの, 握りかかったこと, 握りしめようと, 握りたが, 握り交わして, 握り合ったわね, 握り握りかた, 握り返し, 握るなんて, 握れり, 搖が, 摺りて, 擧げたやつ, 擴げダイナマイトの, 支って, 放されたらおし, 放しちゃ, 放し環, 放せッ, 教えたり, 斬り落された韓遂, 施すべきすべ, 暖めた, 曳いてるの, 曳くぐらゐは, 有つよう, 柄に, 染めぬうち, 柳の, 楽屋から, 止めその, 止め今にも, 母衣の, 求めようと, 注意深く消毒, 洗い嬢様, 洗うにも, 洗う隙, 洗つて, 洗ふも, 流眄に, 淨め扁平な, 減して, 滑らせて, 濡らしつつ, 無手と, 焼いた宿痾, 焼かせるな, 焼くだけか, 煩わさなくては, 燒かせる, 牽かんと, 理不尽に, 用いる犯罪者, 當てながら, 白い診察衣, 直ぐ帶, 真黒な, 着けたか, 着けない金, 着けるもの, 知らぬ, 移すという, 空へ, 突いてを, 突き合うこと, 突く事, 突っ込み山, 突ッ込んだ, 突離し, 第二, 素早く避け, 組み指, 経ず直接製紙会社, 経由する, 絶ったもの, 緩めず殊に, 縛られたまま, 繋ぎ合い輪, 置いたので, 置きそえながら, 置き陰気, 義雄は, 翳すよう, 考える外, 肩越しに, 脱すること, 自宅に, 草に, 著けられた, 藉らず, 行儀よく, 裾から, 見せねば, 見つけたといふ, 見るよう, 視め, 触りやしねえ, 触れさせなかったと, 触れたくなりそう, 触れないにも, 触れぬ事, 触れるさえ, 触れ得るもの, 試みて, 豪華な, 負わせるかという, 貸したもの, 貸すと, 赤の, 軽くぎゅっと, 載せながら, 退きたいとでも, 逃れ, 通したあげく, 通し拝借, 通らぬ, 運びながら, 避けるよう, 重ね瞽女, 長いこと, 開けようとは, 降したやう, 離さすか, 離しかけた最中, 離した藤吉, 離すので, 離れたとき, 離れると共に, 震わせまいと, 順次に, 頸の, 飛び出した剣, 首すじに, 高く振つ, 鳴らす

▼ 手~ (21701, 20.9%)

893 して 515 持って 327 入れて 318 取って 249 手に 216 入れること 189 取るよう 180 とるよう 123 かかって 119 入れたの, 手を 112 持つて 106 汗を 93 入れた 91 もって, 取るやう 83 取つて 79 渡した 71 入れようと 69 しながら 57 したまま, 握って 54 入って 52 とるやう, なって 51 した 50 渡して 48 取ると 47 入れたもの 46 唾し 45 入れたか, 渡って 44 持ったまま 43 提げて 42 入った, 力を 41 とつて, 取り上げて 40 とって, とると 39 すること 38 入れば 36 すると, なつた, 入れるの 34 取った, 握られて 33 入つた 32 さげて, よりて 31 入れるため 30 了へ 29 したこと, 入ったもの, 分れて 28 何か, 入れなければ 27 なったもの, 依って, 入れると, 握らせた 26 接吻し, 負へ 24 かかると, とった, ピストルを, 入ったの 23 あるの, とりあげて, わかれて, 入れる事, 力が 22 入ると, 入れたと, 残って, 移って 21 したの, つかなかった, 入れようとして, 取上げて, 落ちた, 落ちて 20 もつて, 入りました, 入れたいと, 入れました, 取りて, 触れて 19 した時, それを, つかんで, 引受けて 18 とつた, とりて, のせて, 入らない 17 ついて, つかまって, 抱かれて, 握らせて, 触れた 16 ある, いれて, 入るよう, 入れそれ, 取る様, 接吻した, 渡しました 15 しなかった, はいった, 入るの, 入るもの, 入れたこと, 入れたという, 成ったもの, 渡った 14 入る, 入れたが, 入れたん, 取りあげて, 委ねて, 引き受けて, 捕われて, 掛って, 蝋燭を

13 [11件] かけて, 依つて, 入れる, 受けて, 唾を, 掛けて, 接吻する, 握つて, 数珠を, 杖を, 自分の

12 [12件] おへ, かかれば, したま, 入ったので, 入らないの, 入れたいもの, 入れれば, 取り上げた, 持った, 渡された, 渡すの, 載せて

11 [22件] あつた, あり, したり, すがって, するの, つかない, なった, キスを, 下げて, 乗って, 入つて, 入らなかった, 入れるつもり, 入れるには, 入れる工夫, 引かれて, 戻って, 残った, 渡すと, 縋って, 職を, 預けて

10 [25件] いれたの, いれること, かかったの, さわって, しました, する, とれば, なる, 一通の, 任せて, 入り難い, 入れてから, 入れるか, 分けて, 別れて, 命じて, 団扇を, 声を, 成つたもの, 抱いて, 持たせて, 接吻を, 提灯を, 渡されたの, 餘る

9 [19件] あずけて, あった, うけて, ぶらさげて, 一つの, 一本の, 乗るもの, 入れたので, 入れた上, 入れた時, 入れよう, 刀を, 取るばかり, 奪われて, 成るもの, 渡しながら, 渡れば, 物を, 負えない

8 [34件] したとき, したもの, しては, すがりついて, するたび, だも, とったが, はいれば, 入ったか, 入ったから, 入りましたか, 入りません, 取つた, 取りながら, 取ること, 取ろうと, 属して, 帰する, 懸って, 抱えて, 握らして, 携えて, 曲って, 武器を, 残して, 渡す, 白刃を, 育てられて, 草履, 触れたもの, 触れると, 觸れ, 返した, 返して

7 [42件] あること, かかっては, さわった, さわるもの, したが, するや, つかないの, にぎって, ひかれて, ふれて, もったまま, 任して, 入つたの, 入ること, 入るん, 入れたかを, 入れようという, 入れ難い, 向って, 委ねられて, 帰した, 帰して, 帽子を, 持ちて, 持ちながら, 持つこと, 捧げて, 掴んで, 握ったまま, 握らした, 歸し, 渡されて, 渡るの, 竹の, 縋りついた, 血が, 触れたの, 触れるもの, 觸れる, 連れて, 鍬を, 鞭を

6 [70件] あると, あるもの, おえません, これを, した儘, しても, する事, する時, すれば, つかなかつた, とりながら, とりました, とること, とる様, なるもの, はめて, ぶら下げて, もどって, ゆだねて, キッスを, ペンを, 一枚の, 依て, 入らないと, 入りそう, 入りにくい, 入ります, 入るという, 入るとは, 入るわけ, 入れたかという, 入れたとき, 入れながら, 入れねば, 入れましたが, 入れるという, 剃刀を, 剣を, 取った時, 取りぬ, 取りました, 唇を, 噛みついた, 執って, 届いて, 帰って, 弓を, 応じて, 持たれて, 持つたま, 持つた儘, 持つと, 握ると, 杯を, 渡すこと, 渡そうと, 盃を, 着かなかった, 短刀を, 縋つて, 職が, 職の, 落ちたの, 血の, 觸る, 負えないの, 身を, 違いない, 顔を, 養われて

5 [102件] あまるよう, ありて, いれた, いれようと, おえないこと, おえねえ, かかえて, かかるの, かけたの, かけたもの, かけるの, ささげて, した事, しないで, すがりついた, すくって, つかないよう, つかまった, なったの, のって, はいったこと, はいったの, まかせて, もちて, わたされた, わたした, ランプを, 一本ずつ, 乗つて, 任せ傍題, 余ると, 入ったが, 入ったという, 入つたもの, 入つたら, 入らないので, 入るところ, 入るやう, 入れたいの, 入れたかと, 入れたから, 入れたばかりの, 入れたよう, 入れたり, 入れましたので, 入れる方法, 収めて, 取ったが, 取ったの, 取っても, 取て, 取り上げたの, 取る, 取ろうとも, 口を, 因って, 委せて, 彼は, 懐中電灯を, 戻して, 手綱を, 托して, 把って, 抜刀を, 持たせた, 持ったなり, 持ったの, 捕えられて, 掴まれて, 握ること, 曲がって, 歸した, 残ったの, 水を, 水晶の, 渡し, 渡したの, 渡しては, 渡ってから, 渡る, 渡ること, 渡ると, 渡るよう, 無理に, 男の, 白刃が, 眼を, 私の, 移った, 立つ者, 筆を, 納めて, 絡んで, 縋りついて, 纏いて, 纏かせる, 落ちつくの, 触った, 託して, 金の, 銀の, 鎌を

4 [157件] あせを, あったの, あっても, あまして, ある事, あれば, いれるため, おえない, おさめて, おちて, お渡し, かかること, かけた, かけたと, かけると, さはつ, さへ, さわると, したよう, したコップ, した傘, した本, しっかりと, しつかりと, しつつ, しなかつた, しなければ, しばられて, すがりて, せる鉛筆, そつと, それが, つかず, つかないので, つかない樣子, つかぬ, つきません, つく藍, つけて, つれて, とどいたの, とられて, とる, とる樣, とろうと, なつて, ならなかった, のせた, のるか, はいったと, はいらなかった, ふれた, ふれるもの, ゆだねた, ゆだねられて, わかれた, わけて, キラリと, ビールを, 一つずつ, 乗っては, 乗らなかった, 了え, 了へねえ, 仆れた, 付いて, 余るよう, 例の, 依りて, 入ったこと, 入ったと, 入ったよ, 入ったん, 入らなかったの, 入らぬといふ, 入らぬので, 入らぬもの, 入るか, 入る限り, 入れたくて, 入れたこの, 入れたよ, 入れた事, 入れた物, 入れても, 入れられるの, 入れるに, 入れるまでは, 入れるよう, 入れる為, 入れんと, 取る気, 取れば, 受けた, 受取って, 合うもの, 命じた, 噛みついて, 因りて, 執つて, 塗り衣, 太刀を, 導かれて, 小石を, 届けられた, 弓矢を, 引渡して, 息を, 懐中電燈を, 懸けて, 成りしもの, 成れりと, 手をと, 手紙を, 扶けられ, 折れて, 持たせました, 持ちかえて, 持ちました, 持ったり, 持つた, 持つの, 持つもの, 捕われたの, 掌握し, 提げたま, 握らせたの, 握り, 握りしめて, 攫んで, 支えられて, 斃れた, 曲ると, 松明を, 棍棒を, 死なむ, 殘つたのは, 殘る, 気を, 渡ったの, 渡つた, 渡らずに, 渡りました, 渡る前, 火を, 石を, 移した, 移ると, 紙片を, 縋つた, 薙刀を, 触れたので, 負えそう, 返って, 鉛筆を, 附かない, 電報を

3 [315件] あずけた, あたったの, あって, あまるほどの, あるうち, あるという, あるん, ある間, いれたいと, いれたもの, おえそう, おえないと, おえないよう, おえない男, おえなかった, おえなくなって, おえん, お入れ, お取り, お持, かかった, かかったが, かかっちゃ, かかりまして, かかる, かかろうと, かけた医者, かけた者, かざして, きらりと, さげたまま, さげながら, さしずを, されて, さわったもの, さわりました, しがみついた, したところ, したること, したピストル, した彼女, した提灯, した瞬間, した短刀, した紙, した美しい, した者, した茶碗, した蝋燭, しないが, しないこと, しないと, しないの, するとき, する度, する懐中電灯, する自由, する雑誌, ちがいない, ついた, つかないで, つかないほど, つかぬほど, つかまりながら, つかまれて, つかむと, つきませんでした, とった時, とどいた, とらす, とらずに, とりあげました, とりその, とるが, とるの, とる如く, なかった, なった建物, ならないの, なろうと, にぎらせて, にぎられて, のらぬやんちや, のるもの, はいったので, はいったもの, はいらなくて, はいりましたか, もたせて, もったり, もった紙きれ, もつたま, もつと, ものを, わたして, わたす, わたった, キッスし, 一冊の, 一巻の, 一束の, 一言すれ, 丸めて, 乗せられて, 乗るおれ, 乗ると, 乗るよう, 二三の, 付かなかった, 何かを, 何の, 何も, 何を, 余ったの, 余らば, 余るから, 僕の, 入し, 入ったため, 入った以上, 入ってから, 入つて來, 入らなかったもの, 入らなかつた, 入らなくて, 入らぬ, 入らば, 入りましたから, 入りましたが, 入りまして, 入りやすい, 入るかぎり, 入るかも, 入るだろう, 入る材料, 入れたい, 入れたいという, 入れたいばかり, 入れたかったの, 入れたそう, 入れたところ, 入れたな, 入れたのち, 入れたろう, 入れたんだい, 入れた品, 入れては, 入れなくちゃ, 入れましたよ, 入れようかと, 入れようって, 入れようとは, 入れられたの, 入れるにも, 入れるもの, 入れるや, 入れるやう, 入れるん, 入れんが, 入れ度, 入れ易い, 出て, 分かれて, 切符を, 別れた, 匕首を, 収めようと, 収められて, 収めること, 取あ, 取ったこと, 取ったまま, 取っては, 取つたが, 取らうと, 取られて, 取り, 取りあげながら, 取り縋った, 取るからに, 取るが, 取るの, 取る事, 取る如く明けくれなしの, 取ろうとして, 取上げた, 受けながら, 受け取って, 合うこと, 合わない, 委して, 委ねられた, 委ねること, 子供の, 小さな風呂敷包み, 届いた, 届きました, 巻を, 引うけ, 引きずられて, 引っかかって, 従いて, 得物を, 応えて, 怪我を, 感じて, 感じられた, 戸を, 戻ったの, 戻らなければ, 戻りました, 押えられて, 押しつけて, 拳銃を, 持たして, 持ったこと, 持ったは, 持った刀, 持った団扇, 持った扇, 持った手紙, 持つ, 持つ裂, 捕えられたの, 捕らえられて, 捧げた, 掛つて殺された, 掛て, 掛りて, 接吻しよう, 掬って, 掴まって, 提げながら, 提燈を, 握った, 握つた, 握つて米屋, 握る, 斃れ, 斧を, 旗を, 書き加, 松火を, 柿を, 格子を, 此巻が, 残ったので, 殘された, 殺されて, 涙が, 渡した時, 渡すよう, 渡せば, 渡ったか, 渡るので, 渡ろうと, 爪を, 珠数を, 異様な, 畳を, 白羽扇を, 盆を, 移されて, 移ること, 立つほどの, 端歩を, 笏を, 箒を, 縋った, 縛され, 繃帯を, 置いた, 聖書を, 脣を, 至るまで, 花束を, 落ちました, 落ちるの, 藜の, 蝙蝠傘を, 行先を, 見える, 触って, 触れさせたくない, 触れたとき, 触れた時, 触れること, 觸れた, 話して, 負えないから, 負えないこと, 負えないと, 負えないもの, 負えないよう, 負えない乱暴者, 負えぬもの, 負えねえ, 足が, 返しました, 這入って, 這入ると, 道を, 金を, 銃を, 限るよ, 隠して, 集めて, 頬を, 頼んで, 飛びついて, 鳶口を, 鷲掴みに, 黄金の, 黒革の, 龕燈を

2 [979件 抜粋] あうこと, あげて, あせにぎって, あたったもの, あったならば, あまらば, あまると, あまる場合, ありしとは, あるか, あるも, ある刀, ある折れた舳先, ある茶碗, あれ, いましめられたまま, いれたいの, いれたん, いれるつもり, うつる, おえないの, おえん奴, おさえられて, おさめようと, おへる, かえりました, かかったもの, かかりて, かかるとは, かかる者, かけたお前, かけたこと, かけたら少し, かけた事, かけた女, かけようと, かけるなんて, かこまれて, きらっと, くちびるを, こだわった, こんなに豆, さは, しある, しその, したという, したまま火, したるなり, した二人, した場合, した小, した手紙, した新聞, した書物, した杖, した洋傘, した瓶, した白金, した竹, した若い, した風呂敷包, しつ, してに, してる連中, しない日, します, しも, し彼女, すがった, すべき一人, するほどの, するやう, するより, する前, する機会, すれど, せぬと, せるまま, そう命令, そっくり渡し, たたきを, ちらと, ついた血, つかずただ, つかずに, つかないと, つかなくなって, つかぬ一日, つかまると, つかんだ, つくの, つけた, つばし, とったの, とどく前, とらえられた, とらば, とりあげた時, とりましたが, とるや, とる時, とる酒, ないため, ないの, なった作品, なった正史, なりましょう, なること, なるの, なる御, なる挿絵, のこった, のり肩, はいったという, はいらない, はいらなければ, はいりましたので, ひきうけて, ふさは, ふれたもの, ぶらさがって, ほうたいを, まかして, まがって, もたせた, もった, もてる, もと, ゆだねます, ゆだねるの, よって, ろうそくを, わたしは, わたすと, わたると, キスする, ノミを, バケツを, 一俵ずつ, 一尾の, 一条の, 一輪の, 三叉の, 下げられるよう, 並んで, 乗らんやう, 乗るという, 乗るの, 乗る源三郎, 二つの, 二人を, 云うと, 五円札を, 人と, 伝わって, 伝わるほど, 体を, 何物も, 余ったと, 余ります, 余るほど, 余るやう, 余る弟, 作られたもの, 依る仕事, 信頼しきっ, 傘を, 働きつつ, 入たり, 入ったぞ, 入ったとき, 入ったら, 入っては, 入つた称讃浄土経, 入らず, 入らず夜, 入らず手, 入らないとき, 入らないよう, 入らなかつたの, 入らぬから, 入らぬとも, 入らぬ時代, 入りて, 入りにくく, 入りましたよ, 入りますと, 入り易い, 入るから, 入るぜ, 入るだらう, 入るとしても, 入るに, 入るまい, 入るまで, 入るわ, 入る訳, 入れがたく, 入れずには, 入れその, 入れたうえ, 入れたかな, 入れたく思召, 入れたさ, 入れたため, 入れたとしても, 入れたに, 入れたはず, 入れたもん, 入れたわけ, 入れた南蠻物, 入れた小, 入れた男, 入れた秘帖, 入れてこそ, 入れましたから, 入れまして, 入れまた, 入れやすい, 入れられたが, 入れられたん, 入れられるよう, 入れるまで, 入れる友だち, 入れる時, 入れる策略, 入れる見込, 入れる道, 入れ墨を, 入れ得るならば, 入れ難かっ, 再び戻っ, 出現した, 分けられて, 力なく, 動揺を, 占めて, 及ぶかぎり, 取らうとも, 取られた, 取り戻して, 取るごとく美奈子, 取るばかりに, 取る如くわかる, 取る如く見えるの, 取れど, 取ツ, 口に, 召捕られその, 各小枝, 合う者, 合は, 合わぬもの, 合わんと, 向かって, 吹聴すれ, 呪ひあれ, 命ずるとも, 命令しました, 品物が, 商ふ, 噛みつき小さな, 四人左の, 因んだ言い方, 在つたの, 在りて, 執った, 執らないとの, 塩を, 大きな白い, 太や, 女の, 委ぬる, 委ねたい, 委ねます, 委ねようとは, 委ねられること, 委ねる事, 寄進する, 小刀を, 小走りに, 屆い, 届くばかりに, 山蟻を, 己が, 帰した時代, 帽を, 庭へ, 廻ると, 引き取られて, 引立てられます, 張り切つて発育, 弾かれて, 当りたるも, 彼女は, 微傷を, 念珠を, 愛児を, 感じられるよう, 懸けようと, 成った, 成つたあらゆる, 成つた自然の, 成る記録, 戻されたの, 戻ること, 戻るとは, 手, 手軽に, 把り, 抜かれて, 抱かれたまま, 抱き起されたの, 押し付けて, 拾って, 持たせたの, 持ち, 持ち替えて, 持ち直して, 持ったもの, 持った地図, 持った果物, 持った柿, 持った槍, 持った赤い, 持ってる紙, 持つ以上, 持つ榊, 持つ物, 持とうと, 持ツて, 持添へつつ, 振って, 捌いた本家福屋, 捕えられた, 捕まえて, 捕われた, 捕虜と, 授けて, 掛けようと, 掛けるまでも, 掛るの, 探らせぬ, 接吻す, 掬ばむとしてうつむく時, 提げたの, 提げた儘, 握つたが, 握らせながら, 握らせる, 握りながら, 握んとの, 損害賠償を, 摸られし, 撥を, 撲られた, 支へ, 敵の, 斃る, 斧の, 新聞を, 於て, 日傘を, 曲つた, 書物を, 月の, 本を, 来て, 栂の, 桶を, 棍棒や, 植ゑし白菊の, 止まった, 歸したる, 残されたの, 残したまま, 残つた, 残り母, 残るもの, 殺さるるとも, 毛糸の, 水が, 汗する, 汗握っ, 油気を, 洋傘を, 渡さるべき所謂月表, 渡されたこと, 渡され中, 渡したという, 渡すという, 渡すを, 渡ったもの, 渡つたか, 渡つて, 渡つて了つた, 渡らなかった, 渡りそれ, 渡るでしょう, 渡る筈, 炬火を, 煙管を, 熊蜂が, 燭を, 生きた疣だらけ, 生擒, 留まる, 病院服の, 登場, 白手甲, 相違ない, 着かないで, 睨まれもじもじ, 神を, 私は, 移して, 移つた, 移つてからは, 移りそれ, 移れば, 穿きて, 立つもの, 端の, 簓を, 紫の, 終えない, 縋りて, 織る機, 置くや, 老王, 育って, 育てられしに, 腕を, 自分を, 花の, 花郷が, 茶碗を, 落ちたまで, 落ちた位, 落ちる, 落ちると, 落ちるよう, 落つ, 薔薇の, 虎の, 蝶や, 見えるの, 触ると, 触るるもの, 触れたは, 触れた丁度, 触れるが, 触れる日々, 觸れさせたくない, 託した, 認めて, 豆が, 負えないという, 負えないので, 負えないほどに, 負えないバカ, 負えなかった, 負えねえわけ, 負えません, 負える女, 負えんよ, 足に, 跳ぬる, 転々し, 返すが, 這入ったので, 這入るまでは, 逮捕せられた, 還した上, 部屋を, 酒を, 重ねる, 釘の, 釵の, 鉄槌を, 鉄鞭を, 銚子を, 鋤を, 長い戟, 閃めく, 限ると, 陷ち, 隙が, 露も, 非ず, 靴を, 預かって, 預けたまま, 頬ずりを, 食物の, 養はれた, 馴れて, 骨を, 高く翳し, 黒い表紙

1 [8894件 抜粋] あいずを, あずける, あった地図, あつめて, あまつて, あまる細君, ありき, あるとしても, あるビール箱, ある団扇, ある札, ある絵図面, ある餅, いたしませんでした, いつたので, いれたいもの, いれなければ, いれる算段, うつした, うねりを, おえないので, おえない悪漢, おえなくなったんでね, おえぬ程, おえるお方, おさめたと, おとりに, お伴の, お箸, かいぐり, かかったこの, かかった他, かからないか, かかりたるもの, かかるであろう, かけあの, かけたコルシカ人, かけた音蔵さん, かけるなら自分, かすかに, からみついては, きまること, くれるの, このお, これが, さぐらせぬ, さげてること, さし上げますわ, されるの, さわっては, しあるいは, したかい, したならば, したらすぐ, したシルクハット, した乗車切符, した児供達, した四十面相, した容器, した悪人, した時私, した死骸, した甥, した竹刀, した腕, した透通るよう, した鴨下ドクトル, しての, しないという, しなかつた碁石, しばりあげそのうえ, し二人, し新調, し黒犬, すがり付きました, すぐに, するごと, するまでの, する為, する音, せずには, せられるなら直ぐに, せる菓子, そそがせし涙, その低い, その説, たぐられると, たらして, ちょっと触った, ついてる御飯つぶ, つかず夜, つかない心地, つかぬといふ, つかまりました, つかめないもどかし, つきやがらあ, つながってる数多, つらなって, とった小笹, とびついたの, とらず, とられます, とりおもむろに, とりもどしよかれあしかれ, とり脇の下, とるごとく見えた, とる堅牢, とる如く見られるの, どなりつけて, なったあの, なった人, なった障子, ならず待合, なりて, なるかなどと, なる在銘, なる科学的エッセイ, なんだかみょう, にぎろうと, のらないこと, はいったし, はいった真, はいらないほう, はいらなくなったと, はいりましたのよ, はいればい, はっと女神, ひきとられて, ひもを, ふりかざした御用提燈, ふれたらしい点, ふれる限り, ぶら下げる, まかしは, まさぐって, まだ握られ, みんなが, もぎ取ろうと, もち水鏡, もってる手紙, もてあそばれたこと, もどりました, やはり例, ゆだね過, わかつた, わける, わたし一つ, わたる際, カバンを, グルグルと, スヰツチとか, ナフキンを, ビールの, ブリキかんを, メガホンを, 一両渡した, 一層力, 一杯傾けた, 一羽の, 三尺の, 下げた小田原屋, 不自由する, 乗せられた信長公, 乗るかい, 乾鶏等を, 云うが, 享ける, 付いた職, 代数の, 伝えて, 何かしら捜し出します, 余った瞬間, 余る敵, 使いが, 依つて齎ら, 俟たなけれ, 倒れました兄, 兇刃を, 入たれ, 入ったども, 入ったら蒜, 入った扱い, 入った金, 入らずひどい, 入らないない, 入らない難攻不落, 入らぬでしょう, 入らねえや, 入りそれから, 入りました小袖どころ, 入りません六月号, 入り積年, 入るでしょうか, 入るよう体, 入る場合, 入る道, 入れさせは, 入れたい心持, 入れたく思うの, 入れたほら, 入れたら生まれ變, 入れた三冊, 入れた例, 入れた宝壺, 入れた手紙, 入れた樣子, 入れた盛政, 入れた記録, 入れた顧客, 入れなくちゃあ, 入れましたさよう, 入れみっちゃ, 入れられて, 入れられる馬, 入れるだけの, 入れるまでには, 入れる幸福, 入れる見込み, 入れ以後三十四年間, 入れ得ない時, 入れ打ち砕きこの世, 入れ浜松, 入ろうとして, 兼ねて, 几帳の, 出でたもの, 刀子を, 分け一, 分厚い大福帳, 利権が, 剰された遺産, 助けられ無言, 十五日も, 半弓を, 及ばざるもの, 収めたわけ, 収獲され, 取った瞬間現実, 取つて盃, 取らぬ者, 取りあげもと, 取りたくなる, 取り上げたそうして, 取り上げ手さぐり, 取り思い入れ, 取り見れば, 取るごとく解りました, 取る如く判明, 取る必要, 取ろうとは, 取揚, 受る, 召し捕られたり, 合いそう, 合せて, 合わない事柄, 合わぬ外部, 向かったと, 吹矢の, 唾など, 喰付ます, 回った奥, 園芸用の, 在り其発行, 執りながら, 堪らず体ぐるみ, 売り渡したこと, 大きいなめし革, 大きな肉切包丁, 大根畑を, 奉じ失敗, 奪り上げ, 委すよう, 委ねら, 委ねジョン自身, 守られつ, 寄せて, 専有し, 小さなコップ, 小枝, 少し血, 届いたが, 届けられたが, 屠られて, 差しあげて, 帰さうと, 帰すべし, 帰属せし, 幾間か, 廻される事, 弄ばれること, 引きつけられたやう, 引き受け辛うじて, 引っ張りながら, 引受けたん, 引渡されるは, 彈き飛ばされました, 彩られた草木花卉, 得らる, 從つて空つ, 徳利の, 怖れ, 怯えて, 愛された品, 懐の, 懸殺しませう然るに, 成った如何, 成つたか, 成つた戯曲が, 成りたる日記, 成る事業, 我が手, 戻ったこと, 戻るの, 手斧が, 打任せつ, 扱いて, 抑えたものの, 抜かりは, 抱え路次, 抱き取って, 押しつけた, 拵え遂に, 持たお, 持たせられ喉, 持ちいざ, 持ちたるまま妻, 持ち人形, 持ち或は, 持ち足拍子, 持ったままアノ室, 持った二冊, 持った女中, 持った書付, 持った物差, 持った英書, 持った鏡台, 持ってる刀, 持つたハツパ, 持つた手紙, 持つた貝殻, 持つばかり, 持つ松明, 持つ菊, 持てる茶, 指の, 振りかざすや, 捌かれた十二本, 捕へられた, 捕わ, 捧げます, 授くる, 掛けた, 掛けるやう, 掛つては, 掛ると, 接吻したい, 掬った, 掴まれる位, 提げた, 提げた金盥, 握ったもの, 握つた儘, 握らせた時, 握られたくねえ, 握られる以上, 握り甕, 握れば, 搦んだ, 撞木を, 支払われるよう, 救ひ出した, 斃れしなり, 於ては, 時々口髭, 曲ってるこちら側, 書斎に, 本の, 松葉燻と, 棍棒などを, 榾柮を, 欺され, 歸せり, 残されて, 残つたよれよれの, 残るところ, 殺けて, 気がついたから, 水蜜桃を, 波, 洋紙の, 涙の, 渡さなければ, 渡しうるか, 渡したれば, 渡し水師, 渡す決して, 渡ったので, 渡つてそれから, 渡りし金, 渡り藤原藤房, 渡るよりも, 満つ私, 点したりと, 熱い接吻, 牛蒡の, 献げたい, 球を, 用事が, 留め従って, 疵を, 白い西洋, 百合の, 相分け, 着かない寧そ晝寢, 短い延, 硫黄焔硝獣油枯れ, 禍されず, 移され争闘, 移つた始め, 移り古代, 移転される, 立たぬ, 竟ぬ, 笠を, 築きあげられた洲股, 紅燈を, 紙切を, 終える奴, 綺麗な, 縋らむと, 縋ると, 縛りあげられ逸, 繼松取りたる, 美しい日傘, 聞いたの, 育てられただけに, 脇差の, 至るのみ, 芸人を, 荒い杖, 落ちしや, 落ちた梁山泊, 落ちれば, 葉書を, 薬の, 蝙蝠傘と, 袋など, 襟元を, 見覺, 解かれて, 触り体が, 触れしもの, 触れた事, 触れない方, 触れるお召, 触れる限り, 言わせて, 託し自分, 誘拐された, 負えないからと, 負えない夢幻的, 負えない臭い, 負えなくなると, 負えねえと, 負える代物, 買い上げた, 質として, 足音を, 転がし落して, 載せよ, 迎え入れわが子, 返すなんて, 返ります, 逃げられた船, 這入ったもん, 這入らなかったもの, 這入るは, 速達を, 過ぎないの, 遺されて, 重くこたえ, 金柑の, 鉄棒を, 鍬の, 長い竹弓, 開かれしを, 附かず夕餉, 陥せば, 障った石, 集めるから, 雪を, 青い臂かけ, 響きます, 頭の, 風呂敷包を, 飼うという, 馬鹿野郎, 髪を, 黄薔薇の

▼ 手~ (6215, 6.0%)

166 中に 112 上に 95 つけようが 61 指を 55 ように 47 中で 41 付けようが 38 中の 35 指の 34 つけやうが 33 つけようの 32 下しようが, 着けよう 31 付けやうが 29 ものの 28 なかに 27 つけようも, 指が 26 ような, 中へ 24 出しようが, 施しよう, 顔を 23 下に, 屆く 22 下しようも, 届くところ 21 ものだ, 中から, 先を 20 下を 19 と, 方が 18 届くよう 17 下から, 爪を 15 つけやうの, やうに, 一人が 14 つけやうも, とどくところ, 上で, 下で, 先に, 届きそう, 指は, 方は, 舞い足 13 なかで, もので, 中には, 中を, 先で 12 指で, 指に, 掌に, 方で 11 くだしよう, ほどこしよう, 上へ, 下しやうが, 付けようの, 届く所, 方へ 10 下しやうも, 先が, 切れるよう, 力が, 形を, 方を, 杯を 9 か, ものを, 先の, 届かないところ, 心を

8 [12件] あいて, ことを, とどきそう, やうな, 上の, 先き, 屆か, 皮を, 美しさ, 裡に, 言葉を, 附けよう

7 [14件] こんだもの, ために, つけやうは, ものが, ものです, ものと, 先は, 出しようも, 出るほど, 切れそう, 動きを, 届く処, 掌で, 間に

6 [21件] うら, つけようは, つけ様が, とどかぬところ, ないこと, なかの, 一人は, 付けやうは, 付けようも, 出しやう, 動くの, 勢が, 技を, 掌を, 爪の, 着けやう, 空いて, 翁は, 音が, 頭は, 鳴る方

5 [32件] あること, かかるもの, こんだこと, すいて, とどかないところ, ない時, ほうが, 下しようの, 中でも, 付けようがねえ, 先だけを, 力は, 名も, 声が, 姿は, 小指を, 届かぬ所, 届くかぎり, 届く限り, 影が, 施しやう, 泥を, 男を, 痛くなる, 痛さ, 皮が, 筋肉の, 肩を, 脈を, 花は, 血を, 跡が

4 [46件] あるもの, かかること, こまない, こんだ構成法, こんで, さきの, つけられないヒネクレ, ところへ, とどかないもの, となりに, ないところ, なかへ, はずみで, ものに, もんだ, やり場に, ようだ, 上から, 下には, 下の, 中では, 付けやうの, 代りに, 先から, 切れる様, 力を, 女の, 影は, 手に, 指から, 指も, 指先で, 掌の, 方も, 欠けて, 爪が, 男は, 皮, 籠んだ, 罪を, 自由を, 色が, 運動を, 達く, 間から, 顔は

3 [110件] うえに, かかって, こんだ方法, こんだ細工, さきで, さきを, すいた時, すがた, そばに, そばへ, つけられないほど, つけられないもの, とどかないよう, とどかない高い, とどくよう, ないもの, ない人間, ない家, ねずみは, ひとは, ふり方や, ほうは, ほうへ, ほかに, ままで, ものじゃ, ヒラを, 一本一本の, 上を, 下しやうは, 下しようは, 下し様が, 下へ, 中が, 人は, 付けやうも, 伸びるの, 位置を, 側に, 傍に, 働きを, 先には, 先も, 入れ方, 兵を, 判を, 前に, 力の, 動かし方, 動きに, 報らせ, 声に, 声は, 声を, 姿が, 小指が, 尽しよう, 屆き, 届かないよう, 届かない遠い, 届かぬところ, 届くほど, 届くやう, 届く程, 形に, 形の, 心の, 感覺, 感触が, 感触を, 房を, 手首を, 技が, 拳で, 持ち主は, 指さきを, 指や, 指先に, 指環の, 振り方, 掌中に, 方に, 暇あら, 柄を, 横に, 死体は, 汗で, 汗を, 混んだこと, 混んだ細工, 男が, 男に, 男の, 痕が, 着様が, 節の, 網に, 耳に, 肉を, 肱を, 腹に, 自由に, 跡に, 込んだもの, 込んだ細工, 道が, 野郎は, 降しよう, 頭の, 顔が

2 [339件] あいだに, あいだを, あかぎれ, あきたる, ある長い, ある限り, うえで, うちに, お兼, かかったもの, かかつ, かかる人, かかる仕事, かかる子供, かじかむの, かはり, きずから, ことで, こんだ仕掛, こんだ筋書, ごときもの, さきが, さきには, さきまで, さき肩に, さばき, そのまた, ちぎれる程, ついた煙草盆, ついた金, ついて, つくしようが, つけどころが, つけようがねえ, つけられないお転婆, つけられないよう, つけられない乱暴者, つけられない呑んだくれぢ, つけられない奴, つけられない悍馬, つけられない横着, つけられん悪たれ, ところへは, とどかない壁上, とどかぬよう, とどく人, とどく年配, とどく所, とどく限り, ないよう, ない人, ない死人, ない盲人, ない程, ない空家, ない袖, ない途, なかった, なかを, ぬくみ, ひき方, ひとが, ふるえが, ほかは, ま, まぼろし, まわらないとき, ものである, ものでしょう, ものな, ようだった, ようにも, わざを, ステッキを, チラチラまで, ハイカラさんよ, ホータイは, 一端に, 三人を, 上には, 上肩や, 下だ, 下るの, 中, 中は, 中指に, 中指の, 主が, 事を, 二本の, 五本の, 人に, 付けやうがねえ, 付け様が, 余裕が, 使い方が, 使ひ, 傍から, 傍には, 傍へ, 傍を, 傷が, 傷は, 傷を, 先だけ, 先と, 先まで, 先鋒を, 免許証を, 兵は, 冷えわたり, 出しようは, 出し様が, 出て, 出るよう, 切れるほど, 利くこと, 前で, 動きの, 動くもの, 動く様子, 動作を, 勢は, 勢を, 匂ひ, 十の, 及ばない海底, 及ばぬところ, 右と, 右の, 吉さんに, 名は, 向きを, 器用さは, 四つの, 困難なりし, 国, 土を, 型を, 壁から, 外に, 大将に, 大将は, 大将を, 女に, 女を, 姿を, 娘達は, 寄せた提灯, 屆かね, 届か, 届かざること僅, 届かないやう, 届かない所, 届かぬという, 届くもの, 届く範囲, 岩から, 差伸べやう, 席に, 常陸の, 広西五段, 弾力の, 形で, 影ばかり, 彼の, 後頭部を, 心と, 心に, 恰好を, 愛です, 感じが, 感情を, 感謝を, 慄え, 所までは, 手で, 手は, 手を, 手纏に, 手袋を, 打ちよう, 拇指が, 拳を, 持主が, 指先が, 指環を, 指紋が, 掛る事, 提灯を, 放胆な, 敏捷さを, 数を, 方から, 方の, 施し様, 施す術, 早さ, 明るさ, 暖い, 書物を, 書状を, 札を, 松さんが, 槍を, 様な, 様に, 横へ, 横笛を, 横顔を, 武士は, 氷の, 江田が, 沢田が, 浮腫は, 温みが, 温みを, 為すこと, 為に, 無名指に, 煙草を, 爪で, 爪は, 爪も, 王が, 番が, 痕の, 痛みはど, 痛みを, 痩た, 白さ, 白壁が, 白磨きが, 皮は, 皮膚は, 盃を, 目の, 目を, 相合傘よ, 相搏, 眼を, 着けようがねえ, 短刀が, 示指を, 礼を, 社会人としての, 神社の, 神経に, 稽古を, 端で, 端に, 筆の, 筋肉に, 箸を, 細さ, 結構な, 絵が, 綺麗な, 線に, 置きかた, 義理で, 耳朶を, 肉に, 肘を, 肩に, 胆を, 背に, 背中を, 背後に, 脂で, 脈搏を, 腕が, 腕に, 腫れは, 膏を, 膝の, 自動車を, 舞ひ, 色は, 色を, 著け, 葛岡の, 蕗屋は, 薙刀を, 薬指に, 行動を, 表現を, 裏返したよう, 裏返すよう, 裡から, 裡には, 親指の, 親指を, 触感を, 触覚を, 話が, 話に, 誰彼の, 足りないこと, 跡から, 跡な, 跡を, 軍勢が, 軍扇を, 込む工夫, 込んだこと, 込んで, 返事を, 運動が, 運命を, 過失です, 過失も, 達いた, 達き, 遣り場に, 釜を, 鈴足結の, 鈴釧の, 長いの, 長い大きな大きな, 長さ, 間を, 隙い, 離せない南町奉行所直々, 雨, 雪を, 震えるの, 震へる, 霊である, 青年は, 静脈を, 頭を, 顫え, 風が, 飴色に, 骨の, 骨や, 鳴る, 鳴る音

1 [2757件 抜粋] あいたところ, あげ下し, あって, あのしなやかさ, あるまで, ある襖, いうこと, いる処, うごき次第, うちには, おかげによる, おばあさんから, お怪我, お米, かかったメカニズム, かかとを, かからない老人, かかる事, かかる殺人, かげで, かなたこなた, きずからは, くすり指に, ことだ, ことや, これに, こんだところ, こんだトリック, こんだ二人, こんだ刺繍, こんだ専暴, こんだ曲, こんだ注意深い, こんだ絵, こんだ良い, こんだ話, こんだ鍵, こんだ魔法, さきがか, さしこんで, しぐさで, しないに, しゃりこうべを火葬場, すいたとき, すぐれて, するよう, そうした言葉, その爪はずれ, それよりも, たぶつくは, ちぎれそう, ついた古風, ついた青い, つかないもの, つかない酒, つき出した男らしく, つくせる丈, つけにくい, つけられないあぶれ者, つけられないなんともはや, つけられないようす, つけられない不良少女, つけられない女, つけられない放埒, つけられない気取り屋ども, つけられない狂炎, つけられない程, つけられぬやくざ者, つけられぬ阿片喫煙者, つけるもの, つまさきが, つよさ, ところに, とどいて, とどかない地面, とどかない秘密, とどかぬこと, とどかねえ下, とどきは, とどくじぶん, とどく円熟練達, とどく年, とどく私, ないかよわな, ない一人ぼつちの人間, ない女文士, ない点, ない特別, ない肺病娘, なかから, なき古, なんとも大きな, ねえもの, はずみが, はれるの, ひとを, ひらくくらいに, ふりかざす鋭き, ふるえようと, ふるわせ具合, ほうがが, ほそい毛, まい足, まつわりを, ままに, まま先に, まま楠公の, まる味, まんまる, むれを, もつ青春, ものでが, ものといふ, やう, やりば, ゆだ, ようであった, よごれは, わなわなと, アンドレイ・デレンコフは, コップを, サイドワークらしい, ダニが, ハレモノ僕の, ピストルも, ボロ市, ユビ先を, 一ツ一ツから, 一吹も, 一方へ, 一槍を, 一致であり, 一鎗を, 上がらないの, 下し様も, 下女でも, 不随意, 中と, 中へは, 中指のは, 主へ, 事で, 二人の, 二階屋も, 井戸の, 人たるのみ, 人も, 人形師がね, 人生を, 仏の, 仕切が, 付けやうなく, 付けようはねえ, 代る代る出, 会社員の, 伸子が, 体を, 佳い葢物, 修行を, 傷だ, 傷口を, 働きも, 元祖天下の, 先だけしか, 先については, 先尖, 先陣は, 入った干菓子, 入るだけの, 入墨を, 兵大半は, 円盤を, 冴えを, 冷たき手触り繁み, 処は, 出しようの, 出せないよう, 出ぢらー意地引き, 出るところ, 出入りを, 刀も, 切れる西洋, 利いたもの, 利かぬ先, 制服巡査の, 前へ, 力では, 加勢を, 効果が, 動かしかた, 動き目の, 動くにつれて, 動く間, 勝が, 匕首を, 千法と, 占へと, 去る法學校, 及ぶかぎり, 及ぶ限り刺青, 反応を, 口調は, 合せ方, 同じ文字, 名であり, 名刺を, 名誉狂兼研究狂である, 周囲に, 唐団扇で, 喉を, 四本の, 図表を, 垢を, 場合, 墨は, 壺を, 外傷も, 大きかった, 大働き, 大将万政が, 太いすべて, 女には, 女雛, 如き形, 如し, 威力打たん, 字か, 守りは, 宝玉入の, 寒いこと, 寺僧に, 小さな聲, 小剣, 小柱, 少い在京委員を, 尖胸, 尽し様, 屆くべ, 届いた男, 届かないうち, 届かない仄, 届かない父, 届かない美, 届かなかつた売僧, 届かぬよう, 届かぬ小男, 届かぬ貴く得がたい, 届かん遠い, 届きかねる心, 届くあたり, 届くばかりに, 届く人間, 届く年, 届く数々, 届く筈, 届く辺, 届く高, 崩滅を, 工藝に, 巾着が, 幅一つだけ, 幽霊いや柳の, 広小路の, 廊下で, 廻ること, 弓矢も, 弾手や, 形であり, 彫弓, 役に, 後から, 得失と, 御薬, 徳利を, 心根の, 心配が, 怒濤, 怪訝な, 恰好などは, 惰眠は, 愛に, 感情に, 感触だ, 慄へに, 慘虐な, 戦き声, 戦法と, 所有者は, 扉より, 手前は, 手巾を, 手首まで, 扱いに, 抜き放題金次第という, 拇指を, 持つ顔, 持駒は, 指さきが, 指だの, 指には, 指一本が, 指図役と, 指揮者として, 指輪の, 振り加減によ, 掌へ, 掴んだ拳, 握り合ひ, 握具合, 撓うにさえ, 放されたを, 教練に, 数珠を, 方でも, 方面では, 旧式火繩銃に, 早い田中新兵衛, 明り取, 暗い秘密, 曲は, 書も, 有るもなあ, 朝右衛門は, 木立に, 村は, 杯の, 林, 柳澤, 栗田の, 森啓之助腕にかけて, 業を, 槍染めむ, 樣にや, 機関で, 歌, 正直さは, 死びと色の, 残虐さに対する, 気は, 水あかりほ, 氷刃を, 汚れない筈, 沢田は, 注意を, 浪人の, 深刻な, 混んだ泉石, 渡世だけに, 温味が, 準備に, 瀞場の, 火縄を, 無い死骸, 焼ける子, 熱さ, 燃えるよう, 爪に, 片一方に, 犬に, 猟銃が, 玉飾りの, 生命を, 用意が, 男ど, 疎い国民, 疲労する, 痕を, 療治を, 白, 白い役人, 白刃の, 皮の, 皮膚を, 盆へ, 相は, 眞つ, 眼に, 着けられぬまで, 矢を, 短銃の, 研究では, 神秘飛行が, 種ヶ島を, 空いた時, 空を, 立つもの, 竜手様を, 筋力を以て, 節々足の, 紀州調べの, 紐を, 細いの, 紲, 給料その他を, 緑の, 縄を, 置き場所が, 置處に, 美しい女, 美的效果に, 習練では, 耳には, 肉が, 肘が, 肩越しに, 胸に, 脅しが, 脊なかが, 腕時計を, 腹で, 自動車に, 臭を, 良いの, 艶が, 若い大, 若僧を, 草原の, 荒れる畠仕事, 菓子屋が, 葛岡という, 蔭から, 蕗屋までが, 薬指の, 蝋燭が, 血刀を, 行くところ, 表情から, 袋であっ, 裏表を, 裡を, 見えない長い, 親分の, 触ったの, 触れしあと, 触れようも, 触感は, 觸れない, 訓練を, 詩, 調子に, 警告の, 費用とか, 赤ら顔が, 足さきから, 足りないおりおり, 足りねえ出征家族, 跡は, 軍か, 軍勢は, 辷べ, 込んだの, 込んだ仕方, 込んだ大, 込んだ技巧的, 込んだ朝食, 込んだ製作, 込んだ針仕事, 近くの, 這入って, 運び具合どうしても, 運動という, 過失で, 道具類が, 選手な, 酒癖を, 重味というか, 金唐革の, 鉄瓶がか, 鉢と, 銭椀飯などという, 鍵に, 長い人間, 長い蜘蛛, 門前に, 防ぎを, 附けられぬもの, 陰に, 隙間から, 隣りには, 離せない幼年期, 震えたよう, 震へ, 青年の, 静脈が, 革紐が, 鞭に, 音や, 頤に, 頭といふ, 顏に, 顔ねえ, 風に, 食指を, 馴染な, 骨までが, 高塚山を, 鬱金の, 鱗も, 黄八丈に, 黒い影

▼ 手~ (5860, 5.6%)

60 出て 45 つけられない 29 ついて, 私の 28 ない 27 なかった 25 伸びて 24 ふるえて 23 ある 21 廻って 20 彼の, 自分の 18 ないから, ないと, ないの 16 震えて 15 届きそう, 延びて 13 あるの 12 あれば, のびて, 出ない, 切れて 11 あって, こんで, それを, 女の, 届かない, 自由に 10 あいて, あると, つけられません, なくて, まわって 9 かかった, ワナワナと, 出ないの, 出なかった, 出るほど, 動いて, 少し顫, 届いて, 私を, 足りなくて

8 [14件] あるから, かかる, つけられて, つけられないと, ふるえた, 付いて, 出せない, 出せなかった, 出ません, 出る, 妙に, 屆か, 彼を, 肩に

7 [12件] あるん, かかって, つかない, つけられないの, つけられなかった, とどかないの, ないという, ニューッと, 出そう, 彼女の, 緩むと, 触れると

6 [15件] かかると, かじかんで, かすかに, しびれて, すいて, それに, つけられねえ, とどくよう, ぶるぶると, 刀の, 届くと, 廻った, 来た, 無意識に, 附いて

5 [30件] あったの, うしろへ, すべって, でて, とどきそう, ふさがって, ぶるぶる顫, わなわなと, ブルブルと, 伸びると, 出せぬ, 出ると, 利いて, 届かなかった, 届く, 届くよう, 微かに, 慄え, 扉を, 混んで, 用意し, 触れた, 触れて, 言った, 訊いた, 足りないので, 辷って, 這入って, 震えた, 顫えた

4 [49件] あった, あるもの, そこに, そこへ, つかなかった, つけられないという, つけられないん, とどきません, どこに, ないので, なかろう, なくても, ぶるぶるふるえ, 何か, 出せないと, 出せないという, 出せねえ, 出せません, 出るよう, 加わって, 塞がつて, 小刻みに, 少しでも, 届かなかったの, 廻ったか, 廻らないの, 思うよう, 慄えた, 懐中電灯を, 来る, 欠けて, 滑ると, 痛い, 痛くて, 痛くなっ, 窓から, 答えた, 自分を, 自然に, 血で, 触って, 足が, 足りない, 足りないから, 附けられない, 鳴った, 鳴って, 鳴る, 麻痺れる

3 [117件] あがった, あがって, あっても, あつた, あらわれて, ありますから, あること, あるぜ, あるとか, かかったと, かかったの, かかった時, さはつ, しなやかに, すぐに, するすると, そこまで, その手, そろそろと, だるくな, つかないの, つかぬ, つけられないもの, つけられなくなって, でる, ないもの, なきや, なくな, なければ, のって, はいって, はなせないの, はぶけて, ひどく荒れ, ふいに, ふるへて, ふれた, また青い, まわる, むだ目を, ゆるやかに, ゆるんで, わたしの, ハンドルを, パッと, ブル, 上がって, 不意に, 乗って, 二本足が, 今も, 付けられない, 付けられなかった, 何うし, 入って, 入ると, 冷い, 出しかねたに, 出せないの, 出た, 出たの, 出ないで, 出ねへや, 切れた, 切れたの, 動くと, 屆く, 届かないと, 届かないの, 届きません, 届くか, 届くという, 廻らない, 廻りません, 急に, 愛子の, 懸つて成, 手を, 持って, 揃って, 握って, 早くて, 早くも, 暇で, 来て, 此の, 水の, 汚れて, 滑って, 無かった, 男の, 痛くなった, 痺れて, 直ぐに, 硝子戸を, 空いて, 空に, 空を, 立って, 絡って, 置いて, 腰に, 膝の, 自分に, 荒れて, 蛇の, 見えた, 足りないと, 足りません, 逆に, 非常に, 顔の, 顫え, 顫えて, 顫へて, 飛んで, 鳴ると

2 [390件] あがると, あくと, あけば, あたしの, あつて, あまると, ありさえ, ありまして, ありません, ありませんよ, あるかも, あるでせう, あるとは, あるならば, あるので, あるはず, あるもん, あるよう, ある内, あろうか, あんなの, いきなり山男, うしろを, おりて, お鳥, かからない, かかりました, かかるが, かかるの, かかるや, かじかむ, かれの, きかないので, ここに, この少年, この通り, これに, これを, こわばって, こんでるん, しずかに, しびれるよう, すうっと, すうと, すぐ眼, すこしく顫, すこし慄, すべったの, その上, そろって, ためら, だせない, だらりと, だるいまだ, だん, つかないで, つかなかつた, つかんだの, つきお, つけて, つけられずに, つけられないで, つけられないので, つけられないよう, つけられない程, つけられなくて, つけられなくなりました, つけられなくなる, つけられぬ珍饌, つけられませんつまり, つけられやしま, つめたい, つめたくて, つめたくなった, でない, でるの, とどいた, とどいて, とどかない, とどかないので, どうした, どうしても入用, どこからか, ないとか, ないのよ, ないよ, ないわ, ないわけ, ないん, なかったら, なかつたし, なくなったん, ぬけない, ねえから, のびた, のびたの, はなせないから, はなせないので, ひけないので, ひっこんで, ひとりでに動き出した, ひまな, ひりひりする, びくり, びっしょり汗, ぴしゃりと, ふえて, ふるえるの, ふるえるよう, ふるへる, ふれて, ぶる, へんに, ほしい, まごついても, またかすか, また大きく, まるで大きな, まわったか, まわったかも, まわったので, まわらない, まわりかねて, もう回った, もつれて, やみの, よごれて, わなわな顫, カーテンの, ギュッと, グイと, グッと, ケダモノの, スウッと, ソロリソロリと, ドアを, ニュッと, ヌーッと, ピシリと, ブルッと, ブレーキを, ポケット小僧の, 一挺, 一時に, 一番に, 下って, 両方から, 二三度銃身を, 云った, 五十ばかり, 交る, 今の, 他の, 付けられない兄哥, 付けられません, 伸びる, 何かを, 作ると, 侍の, 俺の, 僅かに, 働いて, 僕に, 僕の, 充分に, 先を, 光って, 入ったと, 入ったの, 入ったので, 入りました, 八本も, 冴えて, 冷たい, 凍えて, 凍えるな, 出しにくい, 出ず受身, 出せないので, 出せないよう, 出せないん, 出せなくて, 出せん, 出たり, 出ないという, 出ないので, 出なかつた, 出なかつたの, 出ねえ, 出まいと, 出ました, 出るくらい, 出るの, 出る位, 出る程喫, 出来ること, 切れないの, 加わったの, 動いた, 動かない, 動かなくな, 千二の, 及ばずそれ, 及ばない, 及んで, 叩きました, 右の, 吃驚した, 吃驚する, 向うの, 声を, 変って, 変に, 外国人だ, 多過ぎ, 大きな欠伸, 大変に, 大変大きく, 大急ぎで, 女に, 如何なる奇蹟, 如何に, 子の, 宙に, 対手だ, 小さくて, 少かった, 少しも, 屆いた, 屆き, 屆きまし, 屆きます, 屆きません, 届かないところ, 届かないので, 届かなくなった, 届かぬとて, 届かねえ, 届かねえの, 届かんと, 届きさ, 届きますよ, 届くくらい, 届くの, 届くほど, 届くもの, 届こうと, 山を, 岩の, 左へ, 左右から, 巻煙草を, 帯の, 帰って, 平次の, 延びたり, 廻ったが, 廻ったと, 廻ったらしいので, 廻らずに, 廻らなかつたか, 廻らなかつたら下, 廻らんと, 廻りかねた, 廻りかねて, 廻りかねる, 廻り兼ねましたよ, 廻るまいが, 廻るもの, 弾ご, 後へ, 御米, 必死に, 怒の, 悪いと, 悲鳴を, 慣れて, 戦いて, 戸に, 扉の, 手だ, 打って, 掛かる, 掛りました, 掛ります, 掛ると, 擧がる, 敵の, 早かった, 明いて, 本を, 札を, 来たのに, 来たのよ, 来ない, 来るやう, 林檎に, 橋の, 機械と, 欲しくなる, 殆ん, 淋しいから, 無かつ, 無くっても, 無ければ, 無理に, 現れて, 生えた, 生えて, 疲れて, 痙攣する, 痛くな, 痛くなる, 痛みますかい, 白い指紋, 盃に, 目に, 直也の, 眼の, 着いて, 石の, 砂地に, 私に, 空いたので, 空へ, 竦んで, 絡んだ, 絹ハンカチの, 続いて, 綱手の, 綿の, 緩むところ, 緩んだ, 織り出したの, 考えこんだ, 肩の, 肩へ, 肩を, 肱から, 背後から, 背後に, 胸の, 脚が, 腐れ, 自分で, 自動車の, 自然と, 舟を, 著けられ, 血に, 血みどろに, 行って, 見えすぎる, 見えたん, 見える, 見える様, 触ると, 觸つた, 觸れ, 言うこと, 足りないからと, 足りないし, 足りないという, 足りないの, 足りないん, 足りなかった, 足りなければ, 足りぬ, 身体に, 這入ったか, 通いつめて, 速水の, 達き, 達きませんでした, 鈍つた, 銀の, 長くなる, 限られて, 障れば, 離されないので, 震えるの, 頭の, 顎の, 顔と, 顔を, 飛ぶ, 高々と, 鳴ったと, 鳴ったの, 鳴りました

1 [3379件 抜粋] あいたもん, あかなかったの, あがるの, あごの, あったが, あのあご, あまって, あらはれて, ありさ, ありますよ, あるからって, あるだけ, あるなら拵えごと一両, あるやら, ある美芸青雲派, あんまり短い, いきなり伸びた, いけねえんで, いっせいに彼ら, いつのまにかおそろしい, いつも出, いやに, いるそう, いるん, うごくこと, うまかった, おじおじ, おどろきの, おののき枯木, お召の, お袖, お鶴, かかりますさ, かかるのに, かけて, かじけて, がっくり折れ, きゅうに, ぎゅっと力, くわえられあの, ぐっと草, げっそり痩せ, こつこつと, この忘れる, こまかく動く, こんでるせい, こんなめ, ご不自由, さされて, さしまねく, さるぐつわを, しきりに綱, しばしば用いられる, しびれ靴, じわじわ伸び, すうッ, すぐ取り, すっかり板, すでに流れ, すべるほど, そう云え, そっと外, そのひと, その娘さん, その気, その竹ぎれ, その酔漢, それぞれの, そろいの, そんな幼い, たしかにさわった, たまらなくけった, だせないで, だるくなっ, ちぎれそう, ちょっと私, ついたぞ, ついてからでもか, つかないと, つかない櫓方, つかねえほど, つかんの, つくと, つけば, つけられたこと, つけられないだろう, つけられないよ, つけられない感じ, つけられなかったこと, つけられなかつた苦しい, つけられぬ, つけられませんので, つけ初められた, つめたいので, できて, でると, とどかず立って, とどかないとは, とどきかけた, とどくかも, とどくよ, とまると, とれた敬服, どういふ, どうしてこん, どう死物狂い, どんなにか, ないため, ないとは, ないもん, ない有様, なかつた, なくおまけ, なくなりましたところ, なく売り, なったので, なんの, にわかに痲痺れ不意, ぬるりと, ねえん, のびたわけ, のりを, はいらないで, はこぶよう, はたらいたという, はなせません, はれて, ひとつある, ひどく基礎方面, ひどく震え出し, びくっと, ぴんと称する, ふっくりし, ふるえだんだん, ふるえ涎, ふるへる胸, ふろしきの, ぶるぶるふるえ出した, ほんとうに, まごつき始めた, またぶるぶる, また静か, まっ逆さま, まるで鋼鉄, まわらずまた, まわらなくなりとうとう, まわりましたよ, まわるだけでも, みんな死ぬ, むずと萩乃, めまぐるしく往復, もう四, もがいてる, もはや一皮むけ, やって来たもの, やつて, ゆきます, ゆるんだので, よごれる, わからないから, わざわざ窓, わななく, アダリー, ガクツと, ガレージのと, サッとひらめく, スイッチを, ソレ者と, チョイチョイ私へ, トテモ鮮やかで, ネロの, ヒョイと, ピタリと, ブルブルふるへだす, ペッタリと, ミコサマから, レコードで, 一つ, 一つ足が, 一喝した, 一所は, 一本さして, 一杯にな, 万三郎の, 三本に, 上がり歩けば, 上と下に, 下された, 下まで, 下ること, 不器用に, 不随に, 中の, 主人の, 亀縮ん, 二の腕まで, 二人ばかり, 二本の, 云う, 五本も, 人目も, 今度は, 付かないよう, 付けられない領内, 付人しれず, 伝之助の, 伸びすぎたか, 伸びなかつたの, 伸べられて, 何にも, 何人かいました, 何本も, 作りなし, 例の, 備わって, 光を, 入つたの, 入り口に, 入れ代って, 六本全身に, 円陣を, 冷たいが, 冷たくなっ, 凍えるまで, 出さ, 出し難く, 出せそう, 出せない山嵐, 出せぬならわれわれ, 出せめ, 出たと, 出ないうえ, 出ないん, 出ねえだ, 出まして, 出るといった, 出る手, 出来上がった, 刀へ, 切れたけれど, 切れないのよ, 切れる事, 利かない時, 利くところ, 剣, 加って, 勇カンで, 動かなくなったり, 動くか, 動こうが, 十分廻りかね, 厭に, 及ばぬに, 取り著い, 只わけ, 右頬に, 同じ角度, 名人でも, 吾人を, 咄嗟の, 善助の, 器用に, 回らぬという, 固くなる, 執拗なうごめき, 塀庇に, 壮い, 変るか, 外れると, 多いちゅう話, 大きいの, 大刀へ, 大津方面へ, 奏する悲しい, 妙味で, 娘の, 存在する, 容易に, 専門じゃ, 小僧の, 小田島の, 少しふるえ, 少し緩ん, 居た, 届いた, 届かないがち, 届かないよう, 届かなかつたの, 届かぬといふ, 届かんで県, 届きさうに成つて, 届きゃァ, 届くまい, 届けば, 巡査である, 差し伸べられて, 帽子と, 広がって, 延びた以上, 廻ったっ, 廻ったので, 廻つたらしい, 廻らず取り逃がしたらしくあの, 廻らなかったの, 廻らなかつたら手傳, 廻らねえや, 廻りかねる訳, 廻り兼ねた, 廻るの, 引きちぎられるところ, 引込んで, 強いだけ, 当りませんでした, 彼等を, 徐々に下, 微動を, 必要な, 忽ち無くなっ, 思ひがけ, 思わず震えました, 怨めしくなります, 恐ろしいん, 悪いの, 情けも, 慣れた所爲, 懷中に, 戦えて, 手薄だ, 打たれた一, 抑えた, 抜いたという, 押し退けるよう, 持つたと, 挙がりました, 捲き揚げ機, 掛った, 掛るの, 揃った, 握った, 握りつぶすぞ, 撃つと, 放されねえん, 放せないの, 放れた時, 斉藤の, 斯ん, 新鮮な, 早くなりました, 昨夜は, 智子へ, 曲つ, 有りませんと, 末の, 来たらダンゼン, 来るの, 柄に, 柱の, 棺を, 模型を, 機械的に, 次第に伸び, 止まった, 此方向きに, 殆ど無感覚に, 母を, 気附く, 汗を, 江戸へ, 洗える, 浮いた, 涙を, 渦巻いて, 溯る白帆, 潜水操舵器を, 火影の, 灰皿に, 無いかと, 無いん, 無くなる, 無造作に, 熱いという, 燃えるよう, 片手その, 物置の, 独りで, 現れた, 現われ出る, 生まれながらに, 畳を, 痒くて, 痛い痛いし, 痛みますの, 癒る, 白く小松原, 盃の, 直ぐ綺麗, 真っ黒に, 眼前の, 着かなかったの, 着けられないので, 着もの, 知らず識ら, 砂礫に, 硬ばっ, 磯に, 私達を, 穴に, 空き次第き, 空車を, 突然目, 竪琴の, 笑ふ, 糸に, 終らないこと, 綺麗でない, 緩縦, 繩の, 置き放して, 義雄の, 耳たぶから, 肩から, 背中の, 胸より, 脣を, 腕の, 自ら垂れ, 自由を, 舟に, 色仕掛けに, 茄子だけに, 荒れてないでしょう, 葉子に, 蒼白に, 蛍を, 行かない, 行っても, 表門を, 袴の, 要るの, 見えなくなるまで, 見るみる下った, 見覚えある, 触った瞬間, 触り足, 触れたの, 触れても, 触れる所, 言ふ, 話し合って, 謡い出して, 貝の口を, 賊を, 走った, 足に, 足りずついそのまま, 足りないって, 足りなかつたら下, 足りぬという, 足りんで, 車に, 辷るが, 迫ったの, 退屈する, 這入つて来, 這入る程, 運転する, 達きそう, 違うと, 遲く, 酒へ, 重なったまんま, 鉄にも, 銅銭と, 鎖に, 長いので, 閃いたし, 間にあわないよう, 附かないで, 附き男の子十次郎樣, 附けられぬ程, 陰から, 障ったり, 障ると, 離されんけに, 離せなかったもの, 離せんよ, 離れると, 雷光の, 震えてるの, 震へる, 面を, 頭にと, 顔が, 風を, 飛んだ, 駈けるうかれ客, 高氏の, 鳴ったって, 鳴ります, 麻痺れた

▼ 手~ (5615, 5.4%)

51 自分の 40 それを 33 顔を 32 あつた 25 私の 22 さわって, もって 18 制して 16 おさえて, 頭を 15 口を 14 やって, 彼の 13 触って 12 抑えて, 胸を 11 撫でて, 調べて, 額を 10 制した, 撫でながら, 殺して, 水を, 眼を 9 つかんで, 掴んで, 触れて 8 なでて, 叩いて, 右の, 握って, 顎を 7 キリキリと, 合図を, 土を, 女の, 押えて, 押して, 持って, 膝を 6 おさえ, これを, やれば, 喉を, 左の, 払って, 私を, 見事に, 額の

5 [25件] おさえながら, さぐって, のけて, 丁寧に, 人を, 今してる, 十字を, 帽子を, 彼を, 抑えた, 押えながら, 押へ, 探って, 殺されて, 殺したの, 涙を, 火を, 無理に, 畳を, 育てて, 育てられて, 膝の, 自分を, 行はれた, 静かに

4 [46件] おさえるよう, くるくると, しがみついて, しっかりと, たたいて, たたくと, つまんで, 上から, 二人の, 以て, 何か, 作ったもの, 僕の, 刀を, 取って, 器用に, 封を, 岩の, 形を, 彼女を, 戸を, 抱えて, 押えた, 押さえて, 押へて, 招いた, 拵へ, 掬って, 撫でた, 支えて, 洗って, 温めて, 火鉢の, 煙管を, 煙草を, 犯人を, 猫の, 男の, 箸を, 育てられたの, 胸に, 足の, 運ばれて, 首を, 髪を, 鼻を

3 [84件] あの人, おさ, おさえた, おさえつけて, か, さすって, すくって, すること, それが, ぴしゃりと, ぴたりと, ふいて, ふさいで, ふたりの, わたくしの, わたしの, グッと, テーブルを, ハンケチを, 両眼, 今戸の, 仙太の, 作られつつ, 例の, 出来るだけの, 別々に, 制し, 叩きながら, 圧え, 圧える, 地を, 夢中に, 女を, 子供を, 封印を, 必死に, 懐中を, 手紙を, 払いながら, 抑へた, 抓んで, 指しながら, 探ると, 揉みながら, 揉み砕いて, 撫でても, 曲げて, 書いたもの, 書いて, 次から, 死んで, 殺すとは, 片づけて, 猪口を, 直接に, 相手の, 着物の, 示した, 私は, 空を, 立派な, 筆を, 細々と, 肩を, 育つより, 育てられた, 育てられまするに, 育てるの, 腹を, 自分たちの, 自由に, 苦も, 草を, 蓋を, 蚊を, 襟を, 解決する, 運ばれた, 酒を, 障って, 頤を, 顔の, 首筋を, 髪の毛を

2 [358件] あけて, あたりを, あの格子, いじって, いぢ, いっぱいに, うんと責める, おうやう, おうように, おっか, おもちゃに, おれの, お婆さんは, お返し下さいませ, お通, かおを, かきあげながら, かこって, かの女, かれの, ぐるりと, ここに, こしらえたもの, こしらえて, こしらえ上げたもの, こすった, こすって, こすりながら, こちらへ, この男, これが, さえぎりながら, さぐりながら, さはつ, さわったり, さわると, しごいて, しっかり彼女, しゃくって, すぐに, する, せいして, せう, そこへ, そこを, そつと, その時計, その足, それも, ちぎって, つかまえて, つかまりながら, つかみました, つかんだ, つきのけるよう, つくったもの, つくるもの, できること, どこか, どこへか, なあ, なされたもの, なされて, なでた, なでるよう, なにかの, ね, はらうと, ぼんのくぼ, まるで平和, まわして, もてあそんで, ものを, やったこった, やられたの, やられたん, やられる, やること, やるべきこと, やるん, ゆっくりと, わざ, わしを, カーテンの, ギュッと, グイと, ケツを, シッカリと, ツルリと, トントンと, ドアの, ナイフを, ハネられた, ハンドルを, ビールの, ラッパを, 一つの, 一日も, 七平を, 上手に, 下へ, 並べたに, 丸めて, 事件の, 二ツの, 二人を, 介抱し, 仮埋葬, 体を, 何とでも, 作った小舟, 作って, 作つた, 作らせたが, 作られたの, 作られたもの, 作られどうして, 使ふ, 傍の, 僅かに, 入口の, 内から, 内部の, 円い頭, 写し取つて, 処置する, 出して, 出來, 出来たもの, 分けて, 制しながら, 動かして, 勝平の, 勝手に, 匕首の, 厳重に, 取払って, 受けたが, 口の, 叩きたい程, 叩くという, 合図し, 君の, 吾が胸, 咽喉を, 国土を, 圧えた, 地上を, 壁の, 壁を, 外へ, 大きさ, 天の, 天下が, 妹へ, 始終上手, 娘の, 安全な, 完成する, 実際に, 容易に, 密と, 富岡の, 小切手帳を, 小母さんの, 崩れた材木, 左右へ, 巧みに, 帯を, 平岡の, 床の, 建てた小屋, 建てられたもの, 弄んで, 引いた南部家下屋敷, 引いて, 引き受けて, 引っ擔, 引上げられ, 当然返さるべき, 彼は, 彼女の, 彼女は, 後ろに, 怪しげな, 悠々と, 我々に, 打った, 払いのけながら, 払った, 払ったが, 把んだ, 抑へ, 抱いて, 抱きすくめて, 抱きながら, 抱合うて, 押えられて, 押さえながら, 押しつけて, 押すと, 拂ひ, 拊い, 拍手を, 拭った, 拳を, 持つて, 指図し, 捉へ, 捉ま, 捕えて, 捕虜捕虜捕虜, 捧げて, 掩う, 掬つてごらんなさい, 掴んだまま, 提げて, 揚げて, 握つて, 握りしめながら, 握手を, 撫でるよう, 攫んで, 支配され, 救は, 敵の, 新聞を, 明らかに, 書いたの, 書かれたもの, 木戸を, 柄杓の, 柱に, 棺の, 横に, 横撫で, 次の, 止めた, 止めて, 死ぬまで, 死体の, 殺された, 殺したやう, 母の, 母親の, 毒を, 水の上へ, 汗を, 汝を, 江戸へ, 河の, 洗礼を, 滅茶滅茶に, 火葬に, 無闇に, 無雑作, 煽ぐよう, 父親の, 牧を, 犯人は, 用意された, 留めて, 眼の, 眼玉へ, 知らせて, 石を, 石井家へ, 砂を, 砕けよと, 硝子杯の, 私たちの, 私に, 種々な, 稼がせて, 空に, 竹を, 笈の, 箱の, 米を, 精神病院へ, 紐を, 紡ぎ織り裁ち縫, 経営され, 綺麗に, 縛られました, 美緒の, 耳を, 育てたいと, 育てようと, 育てられました, 背中を, 胸の, 脇差を, 腕を, 腰の, 腰を, 色々と, 芋を, 茶を, 茶碗の, 茶碗を, 荷物の, 荷物を, 葬って, 蒲団の, 蓋し, 行はれ, 行われたこと, 表面は, 袖口を, 袴の, 裁縫物など, 襟元を, 襯衣の, 触つて, 触れること, 触れるよう, 負けた, 足を, 身に, 身体を, 軽く五里霧中, 辰吉の, 送らせました, 逆に, 造ったもの, 造られて, 遂行される, 適当に, 遮った, 酌を, 酒へ, 錠を, 閉じられて, 開いて, 開けようと, 開場し, 障子を, 隠しながら, 隱された, 難なく向, 青山の, 靜かに, 順平の, 頬や, 頬杖を, 頭の, 頸筋を, 食卓の, 食堂の, 飲み屋を, 養はれ, 馬の, 髭を, 髯を, 鯉の, 黒髪を, 鼻と

1 [3723件 抜粋] あいずした, あげられた, あつめられた大山, あの地, あの装置, あら選り, いかに塩梅, いけなきゃこの, いじるの, いまに, いろいろ調査, うしろへ, えぐりとられて, おさえようという, おちついたものう, およそ信玄, お兄さん, お好み, お湯に, お菓子を, お駕籠, かかげて, かけば, かっ飛ばそうとして, からげて, きれいに, ぐいと金助, こしらえたに, こじりこせえたもん, こするが, こねた陶器, この土まみれ, この旅僧, この秘密, これへ, ござらぬ, さえぎって, さぐりつつ, さけるやう, さしだした, さっき彼女が, さへ, さわっても, さわること, しきりに薪, しっかりおさえ, しっかり握りしめられ, しめるの, じっと眼, すぐ日焼け, すったマッチ, ずるり, せられても, そこらを, そっと抱い, そのはしご, その人差指, その噛まれた, その戸, その日, その為事, その結び目, その袖, その首, それで, そんな事, たぐり寄せられる奴, たたき弱々し, だいぶ乱れた, ちゃんと署名, つかまったそう, つかまれると, つかむこと, つかんだ上, つくられようと, つけられて, つまり幽冥, できるだけ大急ぎ, ときどき目立たない, とらえて, とんとんたたいた, どうやら信用, どんなに多勢, なされるもの, なでつける, なみなみと満たされた, ね君, はさむやう, はない, ばら銭を, ひっかいて, ひとつ験し, ひねくりまわし, ひろげながら, ふきながらに, ふりながら, ぶら下げて, ほとんどすべて, まく仕ぐさ, また声, まつくらな, まわすといった, むが, むずと肩, めんどうを, もさう容易く, もつて, もんだり, やしな, やらうと, やられるかも, やるしか, やる芝居, やわらかに, よくなし, よせ嬉し, わざと打, アッサリ引っくくっ, インガからの, エレーナは, キャラコさんの, コップに, ゴシゴシゴシと, シナリオ化し, ズボンを, タタキ落させ, テーブルに, ハンカチを, パイプを, ブルジョアへ, ポケットから, ランプを, 一しょに, 一同を, 一座を, 一日に, 一隅から, 三名の, 上の, 下ろそうと, 不動樣を, 両たもと, 丼を, 乳呑児を, 事務員達を, 二十面相が, 五個, 交換させ, 人殺しは, 仁十郎の, 介抱を, 仕留めて, 他易く, 伊織は, 伯母さんは, 何かを, 何ひとつ器用に, 何度と, 作ったの, 作られた, 作られた音楽, 作り出させなければ, 使い分けたごとくわが, 信号を, 傀儡に, 傷所を, 優しく搦, 充分突き立て, 先刻拱廊で, 入京は, 公明正大に, 兵馬の, 再現しよう, 処理する, 出来たの, 出来ない世話, 出来上るもの, 分けながら, 切り開いて, 刊行せられた, 利足の, 制すると, 刺して, 前を, 剣身を, 割て, 力まかせに, 動かされるバス, 務め先, 十分今度の, 半身に, 印を, 厳選を, 友人たちは, 取つて押, 取り壞, 取れば, 取次いでも, 受ける半, 受取つて住職寄進主立會の, 古銅の, 叩き跼んでボディー, 召捕るから, 合い図, 同じ運命, 向河岸, 命じる, 商い物を, 嗅ぎ出したどうやら, 固く握る, 土蔵の, 地面を, 城内へ, 場所を, 塞がなくとも, 夕飯の, 多く行なわれた, 大きくな, 大事に, 大示威運動, 天井に, 夫と, 奈良や, 奨励する, 好い加減に, 妹子の, 始末しない, 子供の, 宇吉が, 安全に, 完結する, 実行された, 家じゅうは, 密告され, 封の, 小さく円め, 小田原小峰倉田由之と, 尾州家の, 嵌めて, 左右に, 差えられ, 巻くので, 幕府は, 幾人の, 座敷の, 建てました, 弄くりま, 引かれた無限, 引き抜いた, 引ちぎった, 引上げられた, 引揚げ, 強くふられ, 当地の, 影画を, 征伐された, 後藤男から, 御取返し, 徳利を, 忙しく書かれた, 思い思いに, 急ぎ建てられた, 恐らくはツルゲーネフ, 情を, 成し遂げつつ, 成功した, 成敗したい, 或いは御, 戻るの, 手を, 手拭を, 打ち叩き, 打って, 払い除けたかった, 払く, 扱われると, 抑えたもの, 抑え崖, 投げるよりも, 披い, 抱き取られた, 押えつけたもの, 押える真似, 押したくらいや, 押しのけたり, 押し試みて, 押収された, 拒絶する, 招かれたら懐中, 拡げた, 拭き眼, 拵えた金, 拾ひ取り, 持ち去られた, 持ってると, 指した, 挙げられたの, 振りはらうよう, 振る無産党, 捕えたと, 捕まりそう, 捕縛せられた, 捧げ持ってこそ, 掘ったぞ, 掘り出して, 探し当てたなら直ぐ, 探り探り読む, 掬おうと, 掬んで, 掴まれたよう, 掴むです, 掻きさぐって, 掻き集めるの, 揉み入れて, 揉消し, 握った, 握り体, 握手される, 搖り動かした, 摺り下りながら, 撫でたの, 撫でまわしました, 撫でる話, 撮んで, 擦って, 擧げられましたが, 支へ, 救い出せば, 教育しよう, 文学から, 斬る真似, 新八, 施されるもの, 旧の, 明かである, 時間を, 暮すつもり, 書いたくせ, 書かれた年寄つた祖母, 書き写したこと, 最もよく利用厚生, 木柵を, 来の, 東洋舶來の, 果たして, 校了に, 桶の, 植えた小松, 権太栗毛の, 機を, 欄干は, 正一君を, 歩いて, 死にたいか, 段々具体化, 殺されました, 殺し合ったの, 殺害されよう, 氏長の, 水返しの, 汲んで, 法律を, 洋服の, 洟を, 浚つた, 消して, 渡された, 満足の, 漕ぎながら, 潮が, 濡雜巾を, 炭びつを, 焚いて, 無神経に, 焼き一つ一つ自分, 煙管へ, 熱い煎薬, 片づけなければ, 物指を, 犬を, 猫を, 琥珀色の, 生命を, 田舎蕎麦を, 當の, 発かれ出されようはず, 発表された, 発見られた, 白雲を, 盗み出しに, 目付役の, 直に老人, 真紅な, 着せたと, 砂馬を, 破棄した, 社の, 秀雄さんの, 穴に, 突き落し飛び散る, 窓硝子を, 竿を, 箏も, 簾を, 糸を, 細い糸, 組むばかりに, 結びはじめました, 統治し, 続けたいと, 編笠を, 縄を, 縛られて, 縫ふこ, 織りなされた異様, 署名を, 老松に, 聴く者, 肩に, 育てられそして, 育てられるより, 育まれたひな神, 背後の, 脇屋欽之助, 脚絆を, 腹の, 臍の, 興行を, 色んなもの, 苅りたて, 茶革の, 荷物は, 落ちないよう, 葭屏風を, 薄く押し, 薬台の, 虫も, 血溜りへ, 行なったこれ, 行われた古巣焼き, 衣服を, 袴を, 裂かれたレモン, 褐色の, 見て, 親切に, 触うたら気味が悪い, 触るぐらいの, 触れられた一人, 觸れられる, 討つと, 訳せられたの, 誘惑されつづけ, 調べたうえ, 諸国に, 豊世を, 貫, 質素な, 起さなければ, 踊つて行く, 身體ば, 軽く新妻, 迎える代り, 返金し, 這うよう, 造られたの, 造り直参, 運ばれるらしい, 遣り損, 遺言書の, 都合しなけれ, 酷い目, 金庫の, 針を, 銀に, 錢を, 長いあご髯, 閉じこめられた覚え, 開かれて, 開けて, 閑山の, 陰謀の, 障つて, 隱した, 難なく蓋, 雲の, 青い封筒, 非常に, 預って, 頭越しに, 額上を, 風呂敷の, 飲むより, 養つても, 首筋に, 駕の, 髪の, 魔法使を, 鳴らされた, 黒いところ

▼ 手~ (3411, 3.3%)

23 なかった 21 ない 16 ないと 14 ないの 13 早くも 12 無意識に 11 自分の 10 私の 8 かすかに 7 ありません, ありませんよ, すぐに, ふるえて, 女の, 少しも, 彼の, 手足は, 足は, 顫え 6 しっかりと, ないよ, ぶるぶると, 休めない, 伸びて, 見せぬぞ, 震えて 5 どうした, 人間の, 刀の, 彼女の, 氷の, 車を, 鉄の

4 [15件] あげぬもの, ないもの, なぜか, わな, ワナワナと, 休めずに, 何時の間にやら, 僕の, 急に, 曲者の, 東京の, 男の, 空いて, 非常に, 黙って

3 [53件] あるん, あわてて, いかなり, いくらも, いつの間にやら, しなへ, それを, た, だらりと, どこか, どこにも, ないか, ないぞ, ないん, よくある, ブル, 不思議にも, 京子の, 出せなかった, 出せねえ, 刀を, 動かなかった, 宙に, 届かなかった, 懸らず人, 打って, 指の, 斜め後に, 日に, 机の, 此の, 母の, 気の, 激情に, 火鉢の, 無いん, 眼を, 私を, 突然男, 笑って, 絶対に, 羽織の, 老人の, 自分が, 菓子である, 車の, 鉛筆を, 震えた, 非常な, 頭を, 顫へて, 食わない, 食わぬ

2 [224件] あまりにも, あるぜ, あるまい, あるまいな, あれど, いかにも自分, いつでも, いつの間にか知らず, いつもの, うんとある, お前の, かれの, くわねえと, ここに, さすがに, しきりと, しだいに前, しっかり, しつかり腮, しびれて, すばやくそれ, そういっ, そこから, そこに, そっと空気, その儘, その時, その襟首, たいせつに, ただ動く, つくして, ですよ, どうだ, どうです, どこに, どこの, どこへ, どれも, ないから, ないが, ないさ, ないじゃ, ないで, ないわ, なか, なかろう, ねえじゃ, ねえだろう, ねえな, ねえん, ふところの, ふるえた, ふるへて, ぶるぶる顫, まぎれも, またすぐ, むこうを, もう彼, わかくなつかし, わが胸, わなわなと, クリストフの, サッと延び, サツと, ツイ伸び, ニヤ, ハンドルにか, パッと, 一つの, 一人も, 一時に, 一本, 下さねど, 下簾, 世の, 両方とも, 二の腕から, 二人の, 五本の, 人肌どころか, 今まで, 休めないで, 体を, 何うし, 何か, 何かの, 何だ, 何を, 余の, 俄に, 信一郎を, 偶然にも, 全き, 冷えきって, 冷く, 冷たかった, 凍傷の, 出さなかった, 出しません, 刀に, 切つた, 利いて, 前に, 前の, 前よりも, 動いて, 勝彦の, 医者を, 卓子の, 南部藩に, 反射的に, 口を, 古いが, 右の, 呪はれた, 咄嗟に, 喰は, 喰わないぞ, 喰わん, 執拗に, 多くの, 多の, 夢から, 夫人の, 女で, 始めから, 容易に, 容赦も, 小首を, 少しばかり, 届かなくなって, 島町通を, 崩折れる, 左右から, 左手に, 平次の, 延びて, 後ろから, 心やすく, 心得て, 恐らくわが, 恐ろしく器用, 把手を, 拱み, 指を, 掌を, 放れなかった, 明らかに, 曾て, 柔かに, 桑名の, 椅子の, 槍を, 次の, 正大に, 死人の, 気を, 汗ばんで, 波を, 注意し, 深かった, 漸く身, 激怒の, 火に, 火花を, 無い, 無いもの, 無事, 無性に冷たく, 熱く足, 片面で, 物を, 画面から, 痛むの, 痩せて, 皮膚が, 皺だらけで, 目が, 相変らず, 相手の, 真赤な, 着けませんが, 矢張胡坐の, 福井町の, 空を, 糸子の, 紛れも, 素早く彼, 罪を, 美しいそつ, 聖歌よりも, 肩の, 胸を, 腕を, 膝に, 自分を, 自由に, 苦笑し, 袖口から, 見せぬぞよ, 見せませぬぞ, 見せ申さぬぞ, 親分も, 触れなかった, 返事も, 返事を, 逃げて, 途中で, 速やかに, 運輸業と, 金を, 鉄火の, 鐵の, 雨に, 霜やけで, 静かに, 顫える, 顫へ, 食は, 食わねえ, 首を, 驚いて, 骨の, 鳴りました

1 [2469件 抜粋] あいさつを, あだ, あっち向きの, あの時以来, あやうく何もの, ありますよ, ありゃしません, あるまいが, あわてること, いかが, いかに離れ, いきなり引かれ, いくらでもあります, いざり落ちて, いたわるよう, いったい何者, いつか握り交わされ, いつしか机上, いつの間にかシッカリ, いつの間にか舗道, いつも上衣, いつも臭い, いまも, いよいよにせ, うしろから, うなずくと, おいら知らねえ, おそろしく熱っ, おなじ署の, おまえの, お前だ, お百姓さん, お雪ちゃんに, かからずお, かけたが, かさかさし, かたく懐剣, からに, きっとその, きれいか, くたびれ切った羊, くわないの, くわねえ飴, ぐにゃりとして何だか, ここへ, このごろ神経衰弱に, この数奇, この顔, これと, こわれ易い, こんなふう, さきに, さして巧, さつきから, さらに水牛, しかしのろのろ, しかと自分, しずかに, しばらく競漕, しょっちゅう洋袴, じっとピストル, すが, すぐ土間口, すぐ無言, すこし堅, すでに病者, そう物凄い, そっと父親, そのとき, そのまま女, その人, その口輪, その押しかかった, その昔, その瞳, その襟髪, その響, そりゃいったい, それまでは, たいへん震えてる, たしかにキャラコさん, ただひとつ, たちまち承諾, たとえよう, たれだろうか, だるし足はな, ちからの, ちょいと, ちょっと眼, つい載せ, つくしたが, つけられずとばっちり, つねに頭上, とうとうなに, とどかなかった, ともすれば得手勝手, どうかた, どうしても大きく, どうもスパイ, どれだけ, ないかな, ないし, ないて, ないね, ないやね, ない百姓, なおなお強く, なお送り狼, なかなか伸び, なかろうじゃ, なく廉介, なほさらそうした, なれ塵, にこにこし, ねえぞ, のが, はがねと, はずしたタイヤ, はなれたけれども, ひさしく慄, ひとりでにその, ひどく荒れ, ひょいと引込んだ, ふと辰さん, ふれさせん, ぶる, へんな, ほとんど器械的, ほぼ予想どおり, まあなんという, まずかった, またと, また南, また流転, また突然, まだしきりに動い, まだ一人, まだ刀, まだ左, まだ肩, まだ訝し, まどわしの, まるで大きな, まるで自分, まんじゅうの, みな鳥の, むしろ蛸, むろん透明怪人, もうけ, もうテーブル, もう三年, もう動きませぬ, もう指せる, もう自動車, もっとほそく, もはや動かなかった, やけくそに, やっぱり前, やはり手錠, やめなかったが, ゆるやかに, よう出します, よく金五郎, よじれた鹿皮, わがかり, わざわざ几帳, わなわなふるえ, ゐなかつた, エンジンの, カンタブリア村から, クラクションを, ゴンドラの, スカートを, タイヤに, チラリと, トラックをよけ, ノミや, バタンと, ビラを, ブツブツ云い, ブルブル顫, ポケットから, ユイによって, ワナ, 一メートルも, 一体全体誰, 一寸得られぬ, 一方の, 一生懸命であった, 一遍も, 七人それに, 三人の, 上までは, 下さなかった, 下しませんが, 不図目, 丘を, 中腰に, 之を, 乳房の, 二の腕位まで, 二十分間以上の, 二本共塞がっ, 互に庖丁, 井戸端の, 人には, 仄暗の, 今夜ひどく, 仏像にか, 付けません電話, 件の, 休めないまま, 伸びなかった, 伸子の, 何にでも, 何やら怪訝, 何故か返事, 何時の間にか離れ, 何者かに, 使いうること, 信じて, 借家の, 傷の, 元へ, 先ず無垢, 光る, 全く冷え切っ, 全く興味, 八郎太へ, 其の軸木, 内心の, 再び強く, 冴えても, 冷たかつた, 冷然と, 出さないよ, 出せないぞ, 出せぬはず, 出たが, 出来るだけ, 切らんでも, 初めて気, 到底這入らぬ, 前後左右に, 剣術者遣で, 力強く肉付け, 動かない, 匕首を, 十分二十分経っ, 単調な, 厚いガラス板, 又先, 古い聖書, 右から, 合掌に, 同じくおもむろにまた, 同情どころかい, 名残惜しそう, 吸盤を, 哀願し, 喰いつくよう, 喰わないん, 器械の, 四十面相の, 固く文吾, 地べたの, 垂れて, 堅く滑なる, 塩飽王を, 夕雲流の, 多いでしょう, 多鶴子の, 大いにある, 大きく葉, 大きな波, 大分暖まっ, 大津から, 大迂, 太十, 女を, 如何や, 妻太郎, 威勢よくガラッ, 子育てに, 宙宇に, 実に美しい, 家に, 寒いので, 将棋の, 小さな太い, 小声で, 少し震え, 居ない, 届きません, 山崎へ, 巌に, 左脚切断の, 差出されぬなん, 帯びて, 帳場格子の, 平然とそれ, 年経し, 広い野原, 延びないけれど, 弓を, 弛まず友, 弱くて, 当てない秘蔵, 影法師と, 往々ある, 後から, 後方を, 御ところ, 心にも, 必死と, 忙わ, 怒に, 思はずかすか, 思わず三つ四つ五つ, 急いだが, 怪人丸木に, 恐れ入ったよう, 悠々と, 意地汚くそのまま, 慄える, 憑かれたもの, 我々の, 戦きました, 戸に, 手だ, 手を, 手数料を, 手首から, 投げる, 折れも, 択ばないけれど, 持たず, 挙げて, 振返って, 探偵小説の, 揃つてゐなく, 摂津口からと, 放された, 整列した, 斯う, 新聞の, 日吉の, 日本人は, 早や, 明智を, 晒手拭で, 暫時口を, 更に一枚, 最後の, 木の, 札を, 東京あたりには, 枕許の, 柔らかいね, 格子を, 棒にな, 櫛を, 正に凄い, 武松の, 死んだの, 殆ん, 殺したい慾求, 毛布を, 水軍を, 江戸に, 河を, 泥を, 流しもと, 消えその, 深川新地の, 滅茶滅茶に, 漸く來診, 激しく抓り合っ, 火の, 烈しく疾患, 無いと, 無えんだ, 無し竹川, 無論この, 熱いパン, 爪の, 牢く, 犇と, 獣の, 理づめの, 生前気前よく, 用いられねえよ, 甲を, 町か, 畳に, 疾風, 痛みますか, 発止と, 白い手, 白き金屬, 白く覆面, 白珊瑚の, 皆, 皸と, 直ったか, 相州衣笠の, 眉を, 真鍮で, 眼に, 瞬時に, 矢張自分です, 知らないという, 知覚が, 砂を, 社長に, 神経衰弱から, 私は, 程を, 空トラックを, 窓格子を, 笑った, 第二級, 答えただけ, 紙の, 素早く塔上, 紫ばんで, 細く白く薄紗, 絵の具で, 総年寄今井官, 置きましたが, 老朽ちた, 聞こえないと, 胡桃割りを, 胼皸で, 腕の, 腹に, 膨れて, 自分でも, 自暴に, 舌打ちを, 良人の, 若いハイカラ, 苦悶の, 荒れて, 荒れ性な, 落ちなく打ちいずれ, 葉子の, 蕾の, 虚情でない, 血相変え, 行儀よく, 衝突の, 袖の, 見えず, 見せねえと, 見事に, 解けたるみ, 言つた, 討死の, 誰でも, 諦めるより, 負わせたものの, 買物籠を, 赤ん坊にか, 赤銅色で, 足りないし, 躍起と, 軽い多寡, 近くに, 退いたが, 進んで, 運動の, 邪神の, 酔っちまったよう, 重つた, 野菜を, 針助に, 鈎鼻を, 銃身を, 錠前の, 長浜の, 附けず, 隠しの, 離さない, 離れずして, 電火の, 震える, 青い内部, 鞘を, 頬杖を, 額と, 風の, 食わないと, 飽くまで正大公明, 馴れて, 骨と, 髪の, 鹿児島の, 黐の, 黒住団七とな

▼ 手から~ (2114, 2.0%)

53 手へ 23 それを 15 手へと 13 手に, 離れて 11 受取って 9 自分の 8 剃刀を, 血が 7 盃を, 短刀を 6 奪い取って, 子供を, 手紙を, 離さなかった 5 のがれて, 取って, 奪って, 短銃を, 逃れて, 離して

4 [18件] のがれようと, ピストルを, 他の, 出たもの, 刀を, 受け取って, 受取ると, 受話器を, 口へ, 奪うよう, 持って, 提灯を, 放れて, 滑り落ちて, 眼を, 脇差を, 落ちて, 血を

3 [39件] すりぬけて, その手紙, だと, はなさなかった, ひったくるよう, もぎ取って, トランクを, 二三枚の, 借りて, 取り返して, 取戻して, 受け取つて, 受け取ると, 娘を, 帽子を, 懐剣を, 持つて, 放すと, 本を, 武器を, 永久に, 滑って, 私を, 紙片を, 脱け, 脱れ, 自由に, 茶碗を, 落して, 落ちた, 足から, 逃が, 逃げて, 遁が, 金を, 鍵を, 離したこと, 離れた, 飛んで

2 [123件] うけとった, うけとって, お係り役人, お米, がんりきの, この女の子, すぐに, すべって, すべり落ちて, その包み, だらりと, では, とつた, はずして, ひつたくる, キュウピーが, コツプを, パッと, ピストルが, ペンを, 一と, 一人女を, 一杯の, 一通の, 一通り聴きました, 下に, 久し振りの, 五六人の, 人の, 例の, 俸給を, 内蔵助の, 出たという, 出たの, 出て, 刀が, 切符を, 包みを, 匙を, 厚い封書, 双眼鏡を, 取られた裾, 取り上げて, 取り上げること, 取り戻して, 取り戻すため, 取上げようと, 受け取った, 受話機を, 口への, 右の, 地面の, 大番頭, 奪い取ろうと, 奪おうと, 奪った, 奪ひとつ, 奪ふ, 奪り, 奪われて, 妹の, 守るため, 安全に, 密書を, 小さな二つ, 引つたくつて, 彼の, 懐中電灯を, 手拭を, 打落した匕首, 投げ銭が, 投げ錢, 投り出される, 捨てた, 捲き上げて, 放した, 放して, 放すの, 救って, 新聞を, 棒を, 楽譜を, 槍を, 水が, 洪水の, 流星の, 煙草を, 父河村靱負の, 猪口を, 益々遠ざけられ, 直ちに野, 直接に, 相手へ, 着物を, 空気銃を, 竿を, 箱を, 紙包みを, 義元の, 羽織を, 聖代の, 胸の, 腕を, 膏が, 菊次郎が, 菓子を, 落した, 落ちる, 落とした, 落として, 身を, 逃げ出して, 逃れること, 逃れる工夫, 遠眼鏡を, 鉄砲を, 鍋へ, 離さずに, 離すこと, 鞄を, 飛び出して, 飛んだ, 餌を

1 [1458件 抜粋] あちらの, あの夜塀外, あの娘, あるいは雑役, いきなりそれ, いただこうとは, いま改めて, うけとり先頭, うばった, うやうやしく彼, えさを, おのれの, おりて, お人形, お城, お布施を, お松を, お盆を, お綱, お茶一服を, お金を, かなり度重っ, くりだして, けっして離さない, こっちへ, この, この人, この夜, この最後, こぼれて, こぼれるの, これらを, ころげ落ちて, さっと閃, さッ, しぼり手拭い, じっと眼, すつと, すべらすところ, すべり脱, すべり落ちコニャック, すり抜けて, するっと, ずりおとし, せみが, そっと取っ, その写真, その原稿, その名誉, その年月, その指環, その書き付け, その木, その毛皮, その涙, その石, その聖典, その遺書, その防火, それが, それらの, たすけて, だって, つかみ取った, でないと, とり上げて, とると, どこかの, なぜこの, ぬけだすの, ぬけ出して, のがれた, のがれたとき, のがれると, はげしく手ぬぐい, はなさない, はなされた一隊, はなすこと, はなれる工夫, ひつたく, ひもの, ふたたび伊那丸, ぶきっちょうに札が, また駒, まもること, むちをとって投げ捨てる, もぎとろうと, やるが, ろう製の, わが物, われわれが, オーバーシューズを, キユーを, コップを, サツと, ステッキを, ズドン, タバコの, トンと, ネジまわし, ハタハタと, ヒラヒラと, ビラを, ポトンと, マニラ総督に, ランタンを, 一つずつ, 一人の, 一分の何十分の一の, 一封の, 一旦それ, 一本づつ傘を, 一枚の, 一通玉章を, 三井寺へ, 三尺ばかりも, 下へ, 丞相旗を, 主人の, 乳のみ, 二つに, 二十銭づつ出し, 二枚三枚錢が, 互に投げ出される, 人も, 人手に, 仕事を, 件の, 伝われば, 住み込ませた同腹, 何やら長め, 作らるるもの, 供養の, 信仰的に, 借りた時, 傳へられた, 兇器らしき, 免れはるばる, 兔れた, 全身ドロだらけです, 公示され, 其白い, 再び受け取っ, 冷酒を, 出した公金私用, 出たまま, 出た代物, 出でたもの, 出る暖かみ, 出る貴い, 凾嶺名物の, 刃を, 切放されす, 判を, 剣が, 助けたり, 勘定奉行へ, 匕首が, 匙が, 十數ヶ國の, 半襟一懸くれた, 卜一の, 危うく救いだし, 原稿を, 友の, 取つた, 取りあげるの, 取り上げると, 取り戻した長女, 取り落して, 取り読み直して, 取ろうと, 取上げては, 取上げると, 取調の, 受けたとて, 受ける薬, 受け取った長柄, 受け取つて披, 受取った手紙, 受取った東京駐箚, 受取った高橋伊勢, 受取つた櫛を, 受取らうと, 只取る, 号外が, 名簿を, 吸飲を, 味噌汁の, 哀れな, 啜つて, 四個の, 団扇を, 図面とか, 地の, 城下の, 報らせ, 堺の, 外らさないでは, 大事の, 大村郷左衛門へ, 太郎兵衛に, 失われるだろう, 奪いとろうと, 奪い取った, 奪い取り一目, 奪い取れる筈, 奪い返したの, 奪い返し盗まれた人々, 奪うこと, 奪ったじゃ, 奪はう, 奪ひ返さう, 奪り上げよう, 女を, 如意が, 娘の, 守らなければ, 完全な, 宮本勢助氏に, 寅松に, 寝衣包, 将門に, 小さい紙包み, 小さな薪木, 小切手を, 小石を, 少しの, 屆けて, 届けられた, 山羊の, 巡査を, 差出いたら大目付, 巻き上げようと, 布片を, 帰しやしない, 平和の, 幾通かの, 庭づたひに僧坊の, 弄り直してる前半, 引きさらっ, 引き受ける方針, 引き離された猫, 引っさらっ, 引ったくる, 引っ奪くる, 引つと, 引取られ, 引手繰る, 弥平氏を, 弾み落ちた帛紗づつみの小筥, 彼は, 彼女へ, 彼等を, 得意の, 御返却, 微笑を, 思軒の, 愛する者, 懐中電気が, 成るので, 所持の, 扉を, 手と, 手燭を, 手袋を, 抓み代, 投げた錢, 投げられた三羽, 投げ捨てられし, 抛ち放出, 抛り出したの, 抜けて, 抱き取って, 拒絶し, 指環を, 捨てて, 捨てられる時, 掘り出された, 措くな, 揚団子を, 撒き捨てられた財物, 支払うかも, 攻撃してやろう, 放させたの, 放さなかったと, 放さぬよう, 放したの, 放しては, 放し母, 放そうとも, 放たれたせみ, 放たれでも, 放れたので, 政権を, 救い出して, 救おうと, 救ふためには, 教えられた狂わしく美しい, 敵の, 新に, 日吉へ, 早速ここ, 時計を, 暗夜の, 書付を, 書簡を, 書面を, 望みの, 本国へ, 札束を, 東の, 枕を, 柿崎にも, 框を, 検出用具を, 樒と, 檄は, 次第に力, 残酷に, 毛抜きを, 水に, 江戸城内の, 泉の, 洗濯着物を, 洩らして, 洩れ冷たい, 流れる血, 消えたよう, 渡された, 渡されるので, 渡した拙者, 湧す, 源氏へ, 滑らせて, 滑り落ちるとき, 火矢鉄砲油礫などを, 無作り, 無造作に, 煙草の, 燃えて, 燭台を, 父君を, 父親の, 狐火が, 猫女の, 王冠を, 玩具を, 理不尽に, 瓢を, 生まれるに, 生れた雑誌, 生涯の, 男を, 番傘を, 畳に, 発表した, 白刃を, 白犬を, 百円紙幣を, 盗み出して, 直々に, 直訴状を, 矢萩を, 短冊を, 砂へ, 碁石を, 祝福を, 福永さんの, 私の, 種々雑多, 突然開始, 立会い役, 竹刀と, 竹箒を, 竿は, 笠を, 管営と, 糸の, 紀伊大納言に, 紙を, 紙幣の, 素直に, 絵本が, 線香一本手向け, 繃帯の, 繰り出した鉄砲だま, 義眼は, 聖書の, 職業を, 背の君へ, 脚へ, 脱却し, 腕へ, 自分を, 與へられた, 良輔を, 茶椀を, 莨を, 落したらレオナド, 落ちそう, 落ちた鋏, 落ちるだろうと, 落とし食器棚, 葡萄牙船に, 蓋ひ隠さなく, 薪を, 蝋燐寸が, 血みどろの, 袁紹の, 裏の, 西洋紙, 親しく受取つた鶴子さん, 解放し, 訪ねて, 調製させた, 諸方に, 負わされたその, 貰つた事が, 買いとったと, 買い取って, 買ったの, 買はれた, 貸て, 賠償金数千円を, 赤い折鶴, 赤鉛筆を, 足の, 路銀を, 身代金ほどの, 軍配団扇を, 軽いすべっ, 辷り落ちたメス, 返付せられた, 送られたもの, 逃げそう, 逃げたの, 逃げるの, 逃げ出す, 逃げ出せるであろうか, 逃れたが, 逃れようと, 逃出した, 逆襲された, 遁がれよう遁が, 遁げられる, 遁れる, 達也を, 遠ざけて, 遺言状を, 酒びんを, 酒肴を, 野太刀が, 金一封ずつが, 金貨が, 鉄扇受け取っ, 銀杏の, 銚子を, 錠を, 鍬を, 長い赤い糸, 長巻を, 関の, 除かれるやう, 雑巾を, 離さうと, 離さず握つて, 離さないで, 離さなければ, 離しがたく, 離したくなかった, 離した子, 離しも, 離すに, 離せぬよう, 離れず, 離れた時祖父, 離れようと, 離れること, 離れる時, 難れた, 電報を, 霊山の, 静かに, 靴を, 頂きます, 頒けて, 顔まで, 飛びのいた, 飛び離れて, 飛んだ濡, 食べさせたり, 飮ませる, 飲ませて, 首尾よく, 馬を, 髪剃, 鴆に, 黄金のは, 黒い糸

▼ 手~ (1960, 1.9%)

495 足も 12 ある, 脚も 10 あるが 9 口も 8 顔も 6 あるぜ, つけずに, 洗わずに 5 あるの, つけないで, なく, 何も, 胸も, 膝も, 触れなかった, 身体も 4 あるまい, すまに, なくか, なくそこ, なく筵, 出さずに, 力も, 触れずに, 遅しと

3 [22件] あった, あります, あるし, あるだろう, つけてないの, つけられぬ要害, ない, なかった, なくお, なく出来る, よく書き, 出さない, 屆か, 忘れて, 捕繩, 掛けて, 眼も, 胴も, 見せず, 見せず喉笛, 触れない, 車掌も

2 [95件] あみだした, ありますが, ありません, あり足, あるぢ, あるわけ, あるん, おろす事, お付け, かりないで, かろく, ぐたりとした烈日に, しなやかに, しびれたか, たゆく, だらりと, つかんで, つけられない, つやつやし, ないの, ないので, ないもの, なくこの, なくして, なくその, なくひねられて, なくやられましたよ, なくやり込められ, なく一言, なく丸められ, なく丸め込まれ, なく刎, なく取って, なく女, なく寺, なく持つ, なく捲き上げられ, なく松平, なく水滸伝, なく無, なく足, なく鞍掛宇八郎, なければ, ひく手, ふるえて, ふるへて, ぶるぶると, またか, ろとも, わたしの, 一緒に, 乗客も, 今は, 休めない, 借りずに, 借りたいほどの, 八丁という, 凍りはて, 出さなければ, 出せなかったの, 出せなかつたの, 出ない, 出ないで, 出ませんでした, 切れて, 加えて, 届きそう, 引いて, 微かに, 心も, 拍たぬ, 拭かずに, 捕縄も, 掛けない, 掛けないから, 握って, 既に彼, 有して, 止めなければ, 汚ご, 洗わないで, 溝の, 烈しい顫, 竿も, 第二, 腰にも, 自然に, 自由ならず, 袖も, 見せずと, 触れないで, 遠いところ, 附けずに, 震えて, 青い

1 [1064件 抜粋] あげないまま, あったが, あったの, あったらなにぶん, あてつ, あまりあわて, あらば, ありましたが, ありますがねえ, ありますよと, あり妄動, あり脚, あるそう, あると, あるといふ, あるまいが, あるまいといふ, あろう場所, いたく痩せ, いと疾く, うごいた, うまく和歌, おずおずとして, おそらく奥方, おのづと, およそ引っ, かからず気むずかしい, かからない悲しい, かくては, かけずブラッ, かけたこと, かけは, かさなかった俺, かざさず途絶え勝ち, かじかむので, かたく握りしめられ, かりず両手, かりたいほど, かりて, きかずあと, きかないん, きかん, くださんの, このおそろしい, この神聖, これほど, ございませんし, ござるて, さまざまの, しばしば見とれる, すいて, すくなく, すぐに, すっかりかくし, そうじゃ, そぞろである, そのままただ, その店, その間は, それぞれ活溌なうごき, それで一層, それに, ぞくぞくする, た, たしかに大西屋さん, ただもう, たちまち荒れ, たゆきと, たゆく草書, だいぶ使った, だしませんでした, だらんと下げた, だるそう, ちかき撫で, つい焼, つかぬほどの, つきて, つけさせないよう, つけずそのまま, つけず思い, つけず立ち上りさっさと, つけたくなったの, つけてない, つけない三つ, つけない本棚, つけなかったよ, つけられず, つけられず親たち, つけられないという, つけられないほどの, つけられない子供ら, つけられない無道, つけられなかった, つけられなくな, つけられぬやかまし屋, つけられぬ阿婆, つけられねば, つけられんといった, つっぱらないで話せた, できるの, とどかなくなり, とらぬばかり, どうした, どの手, ないが, ないこの, ないで, ないのに, ないまま, ないわけ, ない上り, ない寺, ない村, ない神像, なからう, なくあしら, なくあやし慣れ, なくお嬢さん, なくしりぞける, なくたおされ, なくつかまるやつ, なくど, なくなつた, なくは, なくば, なくむなしく都, なくもつ, なくもろいの, なくやられちやつた, なくガラガラ, なくタタキ, なく不具, なく乗って, なく二人, なく余, なく僕, なく八九枚, なく叩き, なく噛み切っ, なく夜昼, なく奪, なく嬰兒, なく宙, なく寶山流, なく山男, なく常陸源氏, なく引い, なく引退, なく往来, なく忠左衞門, なく慴伏, なく手, なく扱, なく投げ込んだ, なく押えたであろう, なく捕え, なく捲揚げられてる, なく擒, なく敗れた, なく新選組, なく曳い, なく母一人, なく浚っ, なく消え, なく片づけ, なく盗まれ, なく突破, なく納戸, なく腹, なく落され, なく葉子, なく裏, なく解決, なく討たれ, なく読ん, なく負け, なく跳ね返された, なく轉, なく追, なく追い払っ, なく退い, なく逆上, なく酔っぱらっ, なく阻み止める, なく電車, なく頭, なく風土病, なく魔, なく黙らせられて, なしだ, なしレスアマ, なにも, ねえ始末, はれずに, ひっこめて, ふえ用意万端, ふるいければ, ふるえくちびるもふるえてすぐにはつぎのことばがでない, ふるひ, ふるへで, ふれずさ, ふれず置く法, ふれて, ふれなかった, ふれようとは, ぶる, ほとんど全身, ほんのり色, まじって, またいくぶん, またふるえ哭く, また息, また栄五郎, また裏門, まだ運, まるで人, まツ, みんな隠れ, むくみの, もう今, やがて見失はれる, やせ細ってる姉, ややよくなりました, ゆるむであろう, ゆるめは, ゆれて, よく書け, よく覚え, わすれて, わななかせ顔, わなわな顫, カヤノの, ガッシリと, スカダモーア氏の, ニコヤカも, ハートルプールに, ラジウムの, ワナワナふるえ, 一つの, 一緒くたに, 三手も, 上の空に, 下さずしばらく, 下さねえのに, 不断よりは, 乏しい無人, 二十八さいの, 亦水, 今井君も, 他人の, 付けずおまけ, 付けようが, 付けられない塩, 付ず, 休めずひと, 休めも, 伸さないばかりか, 伸べず苦々し, 何か, 使うの, 借らずに, 借りたいいそがしい, 先へ, 入れて, 入れてない髪, 入れられない, 兩方空を, 八丁ぐらい, 八丁とは, 八丁口も, 共に落ちた, 冷えて, 冷たかった, 凍えて, 凍える, 出さ, 出さず主人, 出さない内, 出しつ頭, 出しませんでしたが, 出すが, 出ず又, 出せないでしょう, 出せない濁流, 出せなかった, 出せませんや, 出ないの, 出なかつた, 出まい足, 出家だ, 切れたも, 別な, 利かないの, 利きませんでした, 前から, 加えずに, 加えられない程, 動いて, 動かさず態, 動かすこと, 動かずなる, 動かなくなるん, 厭はずに, 取らせた, 古い, 可愛いかな, 合わせて, 同じ様, 同様に, 商い事の, 四本足も, 堂に, 墨だらけな, 多い見かけ, 多分俺, 大きいし, 女の, 実に入用, 容貌が, 少いであろう, 少しく攻めあぐん, 尽くされて, 屆く, 届かず見え, 届かない処, 届かぬ遠景, 届かん間近, 届くこと, 届くまいと, 差しのべられなかつた, 庖丁も, 延びなかった, 廻りかねて, 引っ張られる, 張りつめて, 役者の, 彼方此方と, 心得て, 怖るる, 急に, 悪く成りかけた, 慄えさしまし, 憊れきった, 成績が, 手入れが, 手頸も, 払って, 抑えられた, 拙ない, 持たない私, 指も, 振らず默つて, 捉へ, 揃つてゐる, 支えかねて, 放して, 斬り下げた手元, 斬手, 新徴組, 早い, 早かった, 早けりゃ足, 映る褄, 智慧も, 書き方も, 書けるよ, 有るだろうけど, 染まりさうに, 槍も, 次第にカフエ, 止まった, 止めなかった, 気がつかなかつたが, 水仕の, 汚さず汗, 決してすく, 洗えば, 洗は, 洗わず, 浄めず, 清くほそや, 温かに, 濡さず, 火の, 無いから, 無くそれ, 無く奪, 無く恋, 無く豚, 無言を, 然るべく, 燃えるやう, 狂うヨイヨイヨイヨイヨンヤサソレヘ, 甘いと, 當ず, 痛くしてんだ, 痩せっこけちゃって, 白く戦, 皆つかれた, 盃を, 相当に, 真赤な, 着けでぞ, 着けられない, 着けられないよう, 知れて, 空いちまって, 立たず破れた王將, 米の, 組んだ, 総体に, 緩むだろうし, 翼も, 考えて, 考へ, 考へられた, 耳が, 聴手も, 肩も, 背中に, 脛も, 腕も, 自分たちの, 自然と, 至つて稀で, 荒れるで, 蝋色に, 血で, 血みどろです, 裏も, 見えない, 見えなかった, 見えねども, 見えるやう, 見せじと, 見せずに, 見せずピカリ, 見せず作左衛門, 見せず打った手裏剣, 見せず杖, 見せず民蔵, 見せず発矢, 見せず賀, 見せない早業, 見せぬよう, 見せぬ迅さ, 見ゆる帰り舟, 覚えた, 親戚も, 触け, 触れさせず長, 触れざりしあずさ弓, 触れず一笑, 触れて, 触れないくせ, 触れなかつたが, 触れません, 触れようとは, 触れ難い, 觸れ, 誰からも, 貝口を, 貸そう丸丁, 赤銅色に, 走る腰, 足もちぎれたまゝで押し込ん, 足もは, 足りなければ, 踊りを, 車に, 軽やかに, 通さずに, 連れて, 遅く気, 運転台を, 道化師の, 違つてゐた, 野面も, 長い感じ, 間に合わないくらいに, 附けられや, 随分随分, 雷光の, 震えた, 震へ, 青と, 鞘に, 頬も, 額も, 顔みしり, 顫える, 顫へる, 風しだいだ, 食えない奴, 首の, 首もは, 馴れたよう, 高く長い長いさや, 鳴らなかつたらお前, 黒しすごすご

▼ 手には~ (1173, 1.1%)

12 いる 11 いって 8 いると 7 いるの, 例の 6 いるもの, 一枚の 5 いるん, ピストルが, 何か 4 いること, いるという, キラリと, 二本の, 女の, 早くも

3 [18件] いるかも, いるわけ, ひつた, ステッキみたいな, 一本の, 乗らない, 乗りません, 二つの, 匕首が, 少しも, 木の, 杖を, 槍を, 水晶の, 竹の, 籐の, 負へ, 餘る

2 [74件] いつた, いつたから, いつて, いるし, いるとは, いるはず, いるまで, いるよう, おえないよう, おへません, これも, たしかに覚え, とらへ, のらないぞ, まだ封, われが, コップが, コツプが, ピストルを, 一人の, 一挺の, 一文も, 一通の, 中啓を, 乗らないぞ, 乗らなかった, 乗らんよ, 乗りませんよ, 何が, 何と, 何やら紙片, 信頼すべき, 入らなかった, 入りますが, 入るまいよ, 刀を, 厚い封書, 口説落され, 夜目にも, 大身の, 小刀が, 少年を, 山吹色の, 捕えられない, 施の, 旅行用の, 杯を, 水に, 洋杖の, 渋団扇を, 珠数を, 畑の, 白い手袋, 白刃が, 白金が, 粗末なる, 結び文が, 職人も, 船首へ, 落合の, 薄の, 蝙蝠傘と, 血しお, 血の, 負えないので, 負えないよう, 負えぬと, 負えません, 金剛杖を, 鉄の, 雄黄, 静脈が, 髢を, 鶏を

1 [875件 抜粋] あいかねましょう, あついあつい書いた, あの婆さん, あの白, いくさ上手である, いずれも, いったんだ, いったんです, いつかしら白磨き, いつか匕首らしい, いつたで, いつたの, いつた翻訳, いつのまにか小さな, いつの間にかピストル, いつの間にか石切り, いつの間に抜いた, いるあて, いるかね, いるくらいの, いるでしょう, いるとか, いるなんて, いるのに, いるまいと, いるわいと, いる一緒, いる以前, いる可, いる機会, いる現代, いる由, いる道理, いろいろの, おえない, おえないところ, おえぬ相手, おえません, おおむかし, おのずからある, おへま, おれの, お喋り探偵の, お店, お茶入, かかりたくありませんね, かかるもの, かきの, かつて阿Q, かなりカサ, かなわない, かまわずつかつか, きらりと, ここの, この通り力, こまっかい, さきほど能登守, さっきの, さっきゴルシュキナが, さっき手帳を, しかるべき得物, しなかったろう, じかに夜光塗料, すぐ杯, すでに小刀一本, すばやくポケット, ずぶずぶと, そういうこと, その尺八, その撃鉄, それらしい, たくさんの, だが, ちっとも硬い, ちょっと負え, ちょと, つかなかった, つかぬらしい, つかまれる, つるで, とったが, とてもおえない, とらせど, とられず見れば, とる術, どうでも, どこに, ない, ないの, なかった, ならないの, ならなかった, なんにももう残っ, なんにも持っとらしまへん, のらない, のらないよ, のらねえよ, のるもの, はいりっこないん, はいること, ひらない, ひりませんので, ひるといふ, ひれば, ぴかぴか光る, べっとり血, ほとんど五指, ほんの二分, まかされぬ, まだ一俵, まだ刀, まだ水, まだ画板, まだ短刀, まるで小児, まわらない, みょうな, もう一人, もう切札, もう指輪, もう盃, もてあまして, やっぱりピストル, やっぱり金剛杖, やはり護謨, よくこの, イガを, ウォランの, キャリパーが, クラブが, コルトらしい, コーヒーを, サンドウィッチや, ジャック, ステッキをに, スーツ, タカを, タラリと, ダネボルクの, ドキドキする, ハンカチの, ビラが, ピカピカ光る, ピストル一方の, ブリキカンが, ポケットから, マニラ, レース手套を, 一つの, 一册の, 一卷の, 一封の, 一種の, 三四寸の, 三本足の, 三枚の, 不可能事である, 不覚の, 世界で, 中啓足には, 之とて, 乗って, 乗らずに, 乗らないよ, 乗らぬ, 乗らねえだ, 乗らんという, 乗りませぬ, 乗りません花魁, 乗るまいと, 乘るまじき, 九寸五分の, 了え, 二三年前東京で, 二十五両でも, 二百フランも, 五〇銭玉を, 人に, 今数千艘の, 今磨いだ, 伝国の, 佐々波金十郎の, 何にも, 何の, 何やら刃物, 何やら杖, 何一つ持つ, 何時か, 何時の間に拔, 余さんが, 余ります, 余るの, 余る画題, 信長の, 僕は, 僧侶の, 元禄模様の, 先刻がんりきの, 入つて來, 入らない, 入らないでしょうが, 入らないよう, 入らなかった日本, 入らぬが, 入りません, 入りませんなに, 入れたぞ, 六枚の, 典韋の, 写生帖と, 冷, 冷かな, 刄物が, 刄物を, 到底負えない, 剃刀が, 剣と, 劍を, 匕首を, 匕首左の, 十五六の, 十手の, 半分に, 半弓を, 卒三百人しか, 印籠鞘の, 及ばなかったはず, 及ばぬ人, 反物らしい, 取って, 取られない, 取られないで, 取ろうと, 古い帽子, 右に, 合いませぬ, 合は, 合わずさりとて, 合わないこと, 合わないの, 合わねえって, 名刺が, 嘘つきの, 四合入の, 団扇を, 土の, 土雷居り, 埃で, 変に, 大きいほう, 大きい杓子, 大きい鉞, 大きなハンマー, 大きな空缶, 大きな虎鋏, 大きな部厚, 大事さうに蔓を, 太いぼう, 太い洋杖, 奇妙な, 女髪兼安が, 妹から, 妻紫の, 始末が, 委ねたま, 子供の, 定て, 宴会の, 小がた, 小さい箱, 小さき舷燈, 小さくは, 小さな貝釦, 小さな鞭, 小刀を, 小包を, 小手脚には, 小林君が, 小笊, 小笛, 小豆皮の, 小鮒, 届かなかった, 届かなくなって, 山からでも, 山刀を, 左右とも, 左右二つの, 己の, 帶で, 幣束を, 幾多の, 弓や, 引いたばかしの, 引き抜かれた一刀, 強そう, 彼が, 従兄の, 御剣, 御気に入り, 必ず愛馬, 必殺道具を, 恭一の, 悪血が, 愛剣の, 慣れきった乾雲, 懐紙を, 戸倉の, 扇右の, 手械が, 手甲足には, 手袋がは, 払子の, 折つた木の, 折詰の, 抜き放たれた短刀, 拳が, 持ち重りが, 持慣けて, 捕まらないが, 授け給, 握り太, 携帯電灯が, 摘まれた花, 文句も, 断られた片, 旗を, 既に第, 日輪巻の, 昨夕気が, 是非も, 時ならぬ, 普請場で, 書翰綴を, 服の, 望みが, 朱羅尾の, 杖ばかりの, 杖足には, 松が, 松本吉右衞門松本主殿松本善兵衞松本治右衞門吉田孫右衞門城内には, 果たして胴巻, 梃と, 棒を, 楊枝を, 槍の, 権標が, 樹皮にて, 武器頭や, 死なじとて, 殆ど持ち切れない, 残って, 母の, 気づかずに, 気附か, 水も, 汗塩が, 決して入らない, 法螺の, 洋書を, 海苔ヒビの, 消えた蝋燭, 渡さなかった, 渡さぬ, 渡されない, 渡せない, 渡らないもの, 渡らなかった, 渡りも, 火災や, 煎餅の, 煙の, 燈籠提灯が, 片方が, 物々しい武器, 犬の, 猟用の, 王笏の, 生毛, 甲州入墨, 白いか, 白い杖, 白刃を, 白樺の, 百円札を, 相当に, 着かなかつた, 睡蓮の, 短刀を, 短槍, 石が, 破れ手風琴も, 神經は, 私が, 秘蔵の, 種ヶ島が, 空氣銃を, 窓硝子を, 立派な, 竹笠を, 節くれ立った, 籠を, 納屋から, 紙と, 紫の, 細い竹杖, 細い銀頭, 細引が, 結婚の, 緋総の, 縄ほつれ髪青い, 縋らないで, 繩が, 置かれぬ何處, 美しく紅葉, 美事な, 耡か, 肉を, 胡粉で, 胴を, 脇差部屋の, 腹も, 自動車の, 與へ, 花束を, 若雷, 草の根を, 荒繩で, 菅笠を, 落ちないわね, 薙刀が, 藁屋が, 虹色を, 蠅払いの, 裸蝋燭を, 西洋風の, 見えねど, 触れず指先, 誰が, 諫めの, 豆菊の, 負えないが, 負えないでしょう, 負えないところ, 負えない明日, 負えぬこと, 負えぬ仕事, 負えねえ, 負えませんよ, 負えんの, 買物の, 贏ち得られない, 赤い風船, 赤んぼうの, 赤紙の, 軍扇を, 軍隊が, 返したくないと, 通じなかつた, 違いない, 遠くから, 酒の, 酒肴を, 重い, 重みを, 金剛杖, 金槌を, 金色の, 鈴を, 鉄鉢を, 銀扇が, 銹びた針金を, 鋭利らしい, 鍛えて, 鍵を, 鏡を, 鑿を, 長い杖, 長い竹ざお, 長い竿, 長い髪の毛, 長く伸ばした, 長や, 長鎗, 障らずに, 青きアブサン, 鞘に, 鞘を, 響いたの, 風呂敷包を, 饂飩の, 首輪の, 馴れっこだよ, 高々と, 高源寺, 鴈投火箸を以て, 黒いシャツ, 黒い短い皮革, 黒の, 黒檀柄に

▼ 手~ (779, 0.7%)

39 手を 34 足を 20 足とを 17 足と 12 なって 11 手が 9 手の, 足で, 足とで 8 足の 7 足に 6 同じよう, 足とが, 足は 5 一緒に, 並んで, 助手とが, 左の, 手と, 足との 4 いえば, 手, 足が

3 [13件] いわず足, 云うの, 云ふ, 右の, 女の, 手とが, 比べて, 肩を, 膝で, 自分の, 足ばかり, 頭を, 顔を

2 [30件] する時, その指環, なったこと, 一所に, 一本の, 云つては, 切符のみ, 助手とは, 助手の, 口が, 合して, 同じもの, 同様の, 喧嘩し, 妻とが, 彼の, 手は, 握り合って, 楽手とが, 次の, 殆ん, 爪と, 聴衆とが, 胸の, 腕に, 膝とで, 袂を, 足, 身体を, 青年の

1 [445件] あいた口, あした八百名自由行動だってさ, あの洋館, ある, あること, ある送り状, いいその, いいたいところ, いい又, いい向う脛, いい腕, いい足, いうて, いうと, いうを, いっしょに, いったらそれ, いったら木場, いっては, いっても, いふよりも, いわず盲滅法, いわず頭, うつ向きがち, おどろいた, かおだけ, かごの, かわいい足, きくと, きて, きりっとした, こう合わせ, この手, ございます, さうさ, しいかにも, しじゅう渡り歩い, した, したの, しちゃ, しっかりに, して, し永遠, す, すばしこくなろう, する, するところ多く, するカトリック教会, する商業道場, する素早い, すれば, せずまして, そつくりの, そのそば, その三人, その力, その手, その横, その節廻, その胸, その足, その集団, それから, それからあの, それを, ちがうじゃ, ちぢれた髪, つなぎながら, つま先とが, つめたい手, つるとを, でしょう, なった, なっただけ, なったとき, なった例, なった娘さんたち, なつて, なにかひそひそささやきあっ, ならんで, なり, なりその, なりコムソモール, なり体, なり小刀, なり椅子, なり翌年二十三歳, なり足, なり迎, なる, なること, なるだらう, なると, なるまでの, なる女, なる放埓者, なれ, なれぬ, ふたりがかりで, ほく雲, ぼくを, まるでリレー競走, まるで色, むすばれて, めし門の, ゆる, よき材料, わかつて, わかる, わたくしが, アパート勝手口附近事務室に, カフスが, カフスを, カマを, ガラスの, ナイフを, ニコヤカが, バッタリ出会った, ペダルを, ペンの, 一しょで, 一すじの, 一団の, 一緒くたに, 一緒にな, 一緒にね, 一致せざる, 下らない市井生活, 与次郎は, 両つ, 両足で, 両足とを, 並べて掲げ, 並んだ富岡, 中指に, 乾いた地べた, 事務長が, 二つ並んだ, 二三町が, 二人で, 二人の, 云うこと, 云うという, 云うほう, 云うもの, 云うよりは, 云う事, 云う言語, 云う証拠, 云えよう, 云って, 云つても, 云ふも, 云わず山影宗三郎, 云わず顔, 亭主の, 人さし指の, 人差指に, 今も, 今井君とが, 今橋を, 仰有ったので, 伐りし花束, 何か, 使用時間を, 係りの, 僕とで, 僕の, 光刃が, 全く同じ, 八人の, 冷熱が, 出遇, 函との, 前腕との, 助手から, 助手が, 助手に, 助手は, 助手も, 半ば裸の, 卑しい服装, 南原杉子の, 双の, 口だけ, 口だけは, 口とで, 叫ぶの, 右手とで, 右足の, 合せた膝, 同じこの獲物, 同じ側, 同じ工合, 同じ形, 同じ手法, 同じ方, 同じ様, 同じ礼装, 同一人, 同時に椅子, 同時に横面, 同様一面に, 同様危険千万である, 名づけ王, 名づけ足, 名乘, 君の, 呼ばるる者, 呼ばれたもの, 喧嘩した, 器械とに, 囃し手, 坊やちゃんの, 城内とに, 墨と, 声が, 声と, 変装し, 外構とに, 外物とが, 多くの, 奇策を, 妾の, 婚約時代には, 婦人の, 嬢との, 子供の, 守り手として, 定められた新入会員, 定め食事用, 富岡が, 小林君だけ, 尾との, 市助の, 常にこの, 干からびた捕縄, 幾らかの, 彼女の, 後見とが, 心とを, 心は, 思い込んで, 思ってか, 思つて握, 思つて握つ, 思ひ違, 思われず痛い, 恐ろしく長い, 情死した, 情死する, 情死未遂した, 愛すべき, 愛の, 愛卿の, 感傷的な, 成るに, 我等の, 戸田君と, 手だけは, 手つめたき, 手との, 手とは, 手とを, 手なら, 手握り合ひ, 手親しく, 手足と, 押問答の, 拍い, 捕繩, 掬い手, 握りあつ, 握り交され, 握り合った, 握り合わさせた, 攻めたてて, 文句を, 新十郎, 早川番所に, 月形の, 杖と, 来たぜ, 来たら紫色, 来て, 来てるん, 柿田の, 桜ぢらし, 桜色の, 桶とを, 棒の, 楽人の, 楽器が, 楽器とが, 機関長が, 機関長の, 歌い手の, 歩いて, 歳月で, 氣の, 永久に, 油紙包みを, 泥に, 海手の, 清子の, 温き心, 測合手, 源次の間に, 火夫と, 火夫とが, 炭やき, 玄関の, 生活しよう, 申しすなわち, 申しますると, 申しまする何, 番頭新造に, 異常に, 白い手, 白い胸, 白鳥の, 目とが, 目とを, 目と相動き, 目より, 相当な, 眼とが, 眼との, 眼に, 眼は, 眼を, 知っても, 知り合いに, 短い指, 短刀が, 短刀とは, 短刀を, 碁を, 種々の, 競争する, 笹の, 節の, 約束する, 結婚した, 綺麗な, 考へたらしい, 考へて, 聞手とが, 聴手と, 肌の, 背との, 胸を, 脚で, 脚とを, 脚の, 脚を, 脚瓜に, 脳とを, 腕が, 腕環の, 腰に, 膝が, 膝では, 膝と, 膝頭を, 自動車から, 船長が, 船長と, 船長の, 茶わんを, 蒼白な, 衝突した, 表示を, 装置との, 襟が, 見えます, 見えるあたり, 見たが, 見ること, 見做, 見受けたが, 見当の, 見物と, 見知り越しらしい, 触れあう機縁, 触れる場合, 触れ合ったこと, 言ったの, 言はず投錢を, 言ふも, 言わず足, 話して, 話し合う, 話すらしいあたりまえ, 話を, 認めたればこそに, 談笑が, 謡い手と, 警乗兵に, 赤ら顔を, 趣味とで, 足さ, 足だけを, 足とに, 足にしか, 足によって, 足ばかりの, 足へ, 足何本突き出した, 身と, 身体とを, 身體が, 身體を, 迫害の, 送らるる七兵衛, 逆茂木製造の, 遊んで, 違つた姿を, 重なりあって, 重なり合って, 重吉の, 鉛筆とが, 銭とは, 鍛冶屋の, 青白い手, 静子の, 靜子の, 面と, 頭と, 頭とを, 頭に, 頭の, 頭を以て, 頭脳にだけ, 顎とで, 顔と, 顔とを, 顔なんかは, 首だけが, 首に, 首は, 首を, 駈付けて, 體躯とで, 黒き手

▼ 手~ (611, 0.6%)

29 渡して 24 渡した 9 返して 5 わたした, わたして, 渡されて 4 それを, 手を, 自分の, 返した

3 [14件] お渡し, はいったという, 一つは, 持たせて, 水を, 渡したの, 渡しました, 渡った, 移して, 移った, 移って, 血が, 返って, 金を

2 [28件] あずけて, かえして, はいって, ブラ下げ, 何か, 力を, 怪我を, 押しつけて, 捧げた, 来た, 渡さなければ, 渡された, 渡されるの, 渡した自分, 渡すも, 渡ったと, 渡って, 渡るの, 眼を, 立つ, 筆を, 血を, 託しては, 転がり込む, 返せ, 附けて, 順々に, 預けて

1 [420件] あがって, あずけた, あずけますか, あずけると, あずけ身, あの櫛, うつった壺, うつって, うまく押し込ん, おかえしします, おわたしなさい, お取り, お受け取り願いたい, お浦, お蔦は, お譲り, お返しし, お返ししなけれ, かえしてから, かかった気合傷, かかる, かかれば, かけながら, からみついて, がんりきの, きり, きりきりと, きれいな, ぎょろ, くれて, ぐるぐると, こっそり名刺, ことごとく顔, ころげ込もうと, さし渡しまするが, さずけた, しかと納めね, しずかに, すがりつくと, すでに渡し, すべての, そして伊貝, そっくり渡し, そっとお, そっと渡す, その一本, その兇器, その延した, それが, たちまちボタボタ熱涙, ついたもの, ついてから, つかまった, つかまって, てんてんとして, とって, とどけて, とどなった, とびうつりだれ, とまらうと, とりもどすべきであるが, なげかけて, はいったであろうか, はいったんで, はいらなければ, はやり度, はらはらと, ひき渡された, ひそかに, ふいに, ふとお, ぶら下げて, ぶら下って, べっとりくっつい, べつと, また死骸, まだ乾かぬ, まわされた, まわされ或, みんなぶちまけました, もしもお, もって, もどした, もどして, もどしながら, もどすと, もどった, やがて返書, ゆわえつけて, わたされた, わたしたあの, わたしたはず, わたすと, わたるの, んに, スーッと, チャラチャラと, 一条の, 一枚の, 一角は, 一通の, 万太郎は, 万寿を, 下りかけようと, 乗せた, 乱れ飛びはじめる, 二息かける, 五十カペイキわたした, 仁吉は, 仆れ, 代々伝えられ, 仮面を, 佐倉屋の, 何かを, 何やら一通, 何事か, 傳へられ, 働いて, 光った, 入った, 入ったから, 入ったこと, 入ったため, 入ったという, 入った以上, 入っては, 入つた, 入ると, 入れること, 全部入る, 公平に, 公開し, 再度手紙, 冷たい酒杯, 出たので, 列を, 十カペイカ銀貨を, 又八は, 収めて, 取って, 取られるかも, 取りすがった, 召捕れ入牢相, 召捕れ申候, 合流し, 吸い着いて, 呈して, 周章て, 咬みついた, 品物を, 唄に, 噛みついたり, 國綱の, 城を, 大きい蝶, 奪い取つたこと, 奪い取られたの, 奪って, 奪られ, 女車掌の, 委して, 委せて, 姫君を, 子を, 密報が, 将来を, 小さな包み, 小荷物の, 小銭を, 少しメリケン粉, 尺八を, 届いた書状, 届いて, 届くであろうと, 届けたな, 届けること, 届け羅門塔十郎, 屋敷の, 差しつけるよう, 差出した, 巻き込むよう, 帝の, 帰すべきであると, 帰ったらいい, 帰参の, 廻されて, 廻しそれ, 廻した, 廻すよう, 廻った, 廻つて窓を, 廻り木戸, 引きつがれたもの, 引っ越して, 引つ掛けた桔槹, 引つ掛けて, 引取られ, 引渡したもの, 当ったの, 彼等だけ, 彼等は, 念を, 怒りだしたが, 戻されたそう, 戻した途端, 戻してから, 戻すしか, 戻す時間, 戻って, 戻つて來, 戻りしなり因, 戻りました, 投げた, 投げて, 投げ与えられたもの, 投げ渡し, 抱き抑える, 押さへ, 押しやられた, 拯い取った, 持たせた, 持ち替えたと, 持ち替られたと, 持ち添えて, 捕えられ重々, 授けて, 授けると, 掛けて, 掛けられたこと, 接吻する, 接吻の, 掴ませると, 提灯を, 握らした, 握らせたが, 握らせたこと, 握らせたの, 握らせて, 握らせますと, 握らせようと, 敵が, 斑らなる, 斬りつけた, 方外な, 春風の, 時ならぬ, 書物を, 来たの, 来て, 杯が, 杯を, 松寿丸を, 林檎を, 果し状を, 案内し, 槍と, 槍の, 止まった, 此の, 毛が, 流れついたの, 渡さずに, 渡さないうち, 渡さぬよう, 渡されそして, 渡されたばかり, 渡されたばかりを, 渡された兄真雄, 渡されぬばかりか, 渡されました趣き, 渡されれば, 渡さんもの, 渡し, 渡したい, 渡したきり, 渡した後, 渡した時, 渡しては, 渡しながら, 渡しに, 渡しまた, 渡し痩せたる武者, 渡す, 渡すだろうし, 渡すつもり, 渡すという, 渡すの, 渡すまいとして, 渡すまでが, 渡そうかと, 渡そうと, 渡ったかの, 渡ったなら打ち砕くべき天国, 渡ったもん, 渡ったよう, 渡った半月形, 渡った自筆文書, 渡った金, 渡つた, 渡らない以前, 渡りそれから, 渡りぬ, 渡りゆき競争者, 渡るか, 渡るから, 渡るだもの, 渡ると, 渡る物, 渡る途中, 渡れば, 渡ろうもの, 満身の, 無造作に, 爪を, 父は, 申付深川新地より, 痛いほど, 白木の, 百合の, 目を, 直に, 直接に, 着いた血, 短銃を, 確乎と, 移されたが, 移されました, 移した, 移ってからも, 簿を, 縋った, 縋って, 縋りついた, 縋りついたが, 縋りましたが, 縋り付く, 繃帯を, 繋がりあって, 織りわたされるかの, 置いて, 背を, 胸へ, 脇差しを, 腰へ, 色紙で, 芍薬を, 茶碗を, 落ちるもの, 藤吉郎は, 蝶結びに, 血は, 血刀を, 行くの, 衣紋ながし, 触った堅い, 触りましたが, 触るぐらい, 触れて, 觸つたら, 觸れた, 託した, 託したもの, 話しかけた, 誘拐しよう, 譲って, 譲られ奪, 譲り渡して, 譲渡を, 転げ込むの, 返された, 返し, 返しても, 返すため, 返すつもり, 返すと, 返すの, 返す積り, 返そうとも, 返ったオフセット版, 返るはず, 返事を, 送って, 送られた, 送られて, 送りとどけますこと, 送迎された, 逃げ帰ったの, 逆に, 這上った, 這入っては, 通う真心, 通ずるやう, 通ずるよう, 還る仕掛, 配属された, 采配を, 重く握らせた, 重そう, 重ねた, 重ねて, 野太刀を, 釣糸を, 錢を, 鍬を, 附いたから, 降りて, 預かった, 預けた, 預けでも, 預けに, 預けられた, 頷首い, 飛びかかった, 飛びついて, 飛び附き手首, 駈け向かった者, 高値に, 鷹を, 麦藁帽子を, 黙って

▼ 手~ (483, 0.5%)

62 ひを 57 ひに 25 をし 19 つて 16 に来 13 ひの 9 はせて 7 をした 6 ひして 5 ひながら, をする 4 つたり, に来た, に行っ, はう, ひは, ふの 3 して, はし, ひ, ひて, ひ旁, ふやう, を致し

2 [20件] しましょうと, つたので, でもしよう, ともつかぬ, などをし, に出, に往, の人, の男, ふ, ふことに, ふ事, ふ位, もし, をいたします, をさせ, をさせられる, をしなけれ, をしましょう, をします

1 [174件] があった, があつ, がしたい, がなく, がほしい, が佐々, が使用, が出来た, が要る, くらいなら, したらいい, してたの, しないか, しなけりゃア旨, しますよ, しようと, するので, つたげるから, つたらどう, つたら母, つてる, て, ていた, てドット床, でげす, でもし, でもしたら, でもしましょう, でも何, でも致し, で揃え, というの, という名義, という娘柄, といった如法, とかの収入, とか立ちん坊, としてそ, として来, となっ, とをし, と云っ, と云つて, と謂, ながら姉, ながら拝見, などし, など体力, なら為ずには, にでも行き, にま, にまいりましょう, に出る, に弾薬, に従っ, に来る, に爺, に給与, に行かね, に行つて, に雇, のひと, のもの, の人々, の婆, の若い, の話, はあ, はいらない, はされた, はする, はせ, はせての, はない, はなけれ, はぬか, はれたり, はれて, はれ乍ら臥床, は一切, は谷辺道玄, ひいたし, ひいたしたと, ひかたがた, ひか漁夫, ひさせて, ひさては, ひしこと, ひしたの, ひしませう, ひしませうと, ひしやすよ, ひする, ひすると, ひするの, ひするを, ひする位, ひする積り, ひたち, ひぢ, ひつつ, ひである, ひなど, ひなどは, ひなどを, ひはじめる, ひばかり, ひました, ひます, ひませうか, ひませうそして, ひませうと, ひ下さいましたが, ひ不自由舎, ひ二人限, ひ人, ひ人たち, ひ位, ひ共, ひ出来るだらうと, ひ合つて陸, ひ女不自由舎, ひ得るやう, ひ私, ひ致しあ, ひ若しくは, ふこと, ふことにな, ふことも, ふそして, ふては, ふて居りましたが, ふといふ, ふと云, ふので, ふのに, ふべ, ふわ, ふを, ふ余裕, ふ午後帰庵, ふ彼女, ふ状, ふ用事, ふ用件, へ, へといふ名, もあります, もさせられた, もしよう, もする, もなく, も遣る, やら母, をいたしましょう, をさせました, をさせられたさうである, をしない, をしよう, をなさる, をなしたる, をはじめた, を他, を仰附けられた, を命ずる, を始め, を払っ, を済ました, を済む, を約束, を致しましょう, を連れ, ヲ為シ火, 出来ん俺

▼ 手によって~ (416, 0.4%)

3 なされたの, 作られたもの, 完全に 2 されて, なされなければ, 何の, 出来たもの, 彼の, 我等の, 抜かれたの, 整理され, 殺害された, 破壊された

1 [387件] あきつつ, あげられたの, あのよう, あらわされ得ると, あわただしく短檠, いくどと, いよいよ生理電波, うごかされて, うちおろされる, うまく分捕る, お国, かかげられた八手, かなり整頓, きずかれた, きれいに, こうした室内, ことし健吉くんが, このホテル, この少年, この文書, この薬, これから捲き起されよう, これを, ささえ, したためられたもの, しっかりと, すくいだされ目下海上, すっかり書きかえられ, その前日, その完成, それが, それぞれ御, それを, だいぶ資料, ついに完成, つくられたの, できたもの, では, とりこわされること, なされたという, なされつつ, なされるの, なされる恐るべき, ぬきだされ中, はこばれ皇帝, ぱッと, ひかれて, ひっくりかえされて, ほぐされた, まつ川から, まねきよせられるよう, まわされるの, やがては, やたらに, やり得られないという, オレンジ号は, カントの, ガスピストルから, ネフスキーとの, バスティーユ牢獄に, バナナ類も, バルザックの, ビショップの, 一応その, 一応合理的, 一木金森両氏に対する, 三好康長の, 上着を, 下されるであろう, 不愉快から, 世話を, 二人は, 二十年前の, 人工雪の, 今云った, 仕上げられたと, 仕組まれた陰謀, 仲毅生へは, 作られた, 作られたか, 作り上げられたという, 作製配布された, 保存せられ, 保管され, 保育したなら, 修理し得られる, 俳優養成の, 俳諧雑誌が, 俺の, 個人の, 充分なる, 公表された, 内々さらに傷つき, 再び立ちあがらされた, 再び言語学的解釈, 再プレス, 冷凍され, 処理する, 処理せらるべき, 出来上るだろうか, 出発せしめた, 分析される, 初めて我が国, 判決文は, 刻まれた胴, 前もって料理, 創り出されれば, 加えられるどんな, 労働者大衆自身が, 動かされて, 勝手に, 十分に, 十枚位ずつ, 即ち超, 厚く回向, 又後, 又更に, 取りのぞかれ七人, 取り押えお, 取外されて, 受洗する, 叩かれる, 召捕られたと, 台所の, 同時に救われた, 唯物弁証法を, 問題は, 国境を, 国家, 塩梅せられた, 壟断される, 売られる消費目的物, 外へ, 多少とも, 大いそぎ, 大地へ, 大気中に, 奏せられるシムホニイ, 奪われて, 始めて出来た, 姪の浜へ, 孵されたもの, 安土へ, 完成された, 完成した, 実物に, 実現される, 家内の, 密契の, 寺院内で, 射殺せられ, 導かれる行者, 小卓子, 小山の, 展覧に, 山の, 山内に, 崩し出された, 工場に, 工夫され, 左門洞へ, 平和と, 建てられたり, 建設しおおせた, 建造せられたる, 引かれながら, 引きずり廻, 引き戻された, 弾きこなされて, 当然爆発, 彼等の, 得度し, 復活した, 心の, 心持ちよく, 思想体系を, 恐ろしき刃, 恥辱や, 成し遂げられたの, 戯曲化され, 戴冠され, 手入れを, 手易く, 打開しよう, 技術的に, 投げられた, 投げ出された木乃伊, 抜かりなく, 抜き出された一枚石, 抹殺された, 押えられて, 拡げられたり, 拾われたところ, 持たれた出刃庖丁, 持たれて, 持ちこまれる阿片, 捕えられたり, 捕えられ武蔵屋, 捨てられたところ, 掘り出された石炭, 掘り返された, 提唱された, 揚げられた狼烟, 揺籃時代を, 携えられて, 操縦され, 改善を, 救い出さねば, 教えられたもの, 数年ぶりに, 整然たる太陽系, 文字盤が, 文章を, 断頭台の, 日本の, 昨夜ベン隧道の, 時を, 暗から暗に, 暫しなり, 暴露される, 更に奪い去られ, 書かれたもの, 書かれたり, 書かれたわけ, 書かれた自分, 書き下された十行, 書類凾から, 最も直接, 最後の, 最近いつも, 朝鮮に, 本隊へ, 束に, 条約の, 東京赤坂の, 松山鮓と, 植えられた木立, 植えられねば, 検査する, 極度の, 横倒しに, 止められましたけれど, 歪曲され, 死に, 死刑囚火辻の, 死面を, 殺さねば, 殺された伊東甲子太郎, 毀たれたの, 水の上へ, 水引きを, 永遠に, 決定され, 決行された, 没収しない, 洗滌の, 洗練に, 漕がれた, 濁ったところ, 火の, 炊きだしが, 為された, 為されたか, 為された自分, 為されぬという, 無に, 無造作に, 焼却された, 照が, 燈明や, 爆発します, 牛乳車の, 特にリッケルト等, 独り空間関係に, 独占される, 猫の, 玉の, 現場から, 現実に, 生捕られた, 用意され, 甲板に, 癒された, 発かれるという, 発行する, 発表せられる, 発達しなかった, 百尺の, 直ぐに, 真横向きに, 知って, 破壊しさらね, 神事と, 祭政一致という, 私の, 究明し, 空地へ, 立てられた木柱, 立派な, 管理せられる, 納められ身, 絶えること, 続けさま, 続けられた, 網口が, 編まれないという, 編纂された, 置き換えられたこと, 署せられた皆さん, 育てられること, 自ら耕作する, 自分という, 自分の, 興行されだした, 船で, 艇庫に, 芟除しよう, 菓子と, 著しい進歩, 蝋燭の, 行って, 行なわれたもの, 行なわれて, 行われたその恐るべき, 行われたと, 行われたものの, 行われる襲撃, 行動する, 被った笠, 裏門から, 裸体に, 製品化し, 見事に, 見事文化上の, 設計された, 認め封印, 認識論という, 調べられたこと, 調査せられた, 論敵の, 論語が, 諸事万端処理さるべき, 諸侯から, 貞盛が, 買収された, 起こされたもの, 身を, 車で, 軽く頭, 返して, 追, 逐次に, 造られたという, 造られたもの, 造りだされた明治, 造り上げられた概念, 進行せしめ, 進退黜陟の, 遂行され, 運ばれそうして, 運び出されそして, 運動の, 運輸され, 適当な, 選り出されたもの, 避けさせたいと, 醸しそれ, 重い鉄扉, 針助の, 鎮まった, 長持の, 開き始められて, 間もなく私達, 難なく囚, 電極が, 静かに, 頭より, 頻りに介抱, 顛覆され, 風紀警察が, 食膳が, 養育された, 養蚕し, 首を, 魅力ある, 麻袋に, 黒団を

▼ 手~ (407, 0.4%)

44 足を 24 足や 22 足が 16 足は 15 足に 13 足の 12 わらかに 6 顔に, 顔を 5 脚を 4 捕繩, 足にも, 顔の 3 はらか, 捕縄を, 首を

2 [26件] その手, そふらん夢も, はらかに, わらかな, 下男などの, 口の, 口や, 口を, 帽子の, 指の, 指や, 指を, 着物から, 着物の, 肩を, 背中を, 胴体や, 脚や, 足で, 足やを, 車掌は, 頬を, 顔が, 顔は, 顔色や, 黒い手

1 [171件] いにたいへん, かけられし, かなところは, からだに, この身体, この身體, すっかり雪, そこら無駄され, その他汽車の, その指, その着, その近親, それらが, とり繩などは, ないか, ひづめのなくなつた足, または小鳥, まるでいちめん, わらか, キレイ事が, シャレたよう, ランプの, 一本の, 三味線の, 二手は, 五月躑躅が, 人通りが, 仕口, 伊万里の, 体が, 何か, 何かの, 使い手の, 兇器を, 光背や, 八手に, 其他数人を, 出臍の, 前かけを, 助手達が, 動作や, 半ば現われた, 口に, 唇や, 喉から, 喉頭部に, 場合にも, 大きい身體, 大小も, 天井の, 女給に, 姿や, 山の, 常識などは, 手頸を, 才覚に, 指が, 指ぐらいは, 指などが, 指に, 指も, 指揮者は, 捕縄で, 捕縄の, 擦りむいた膝頭, 料理人や, 晴やかな, 木椀や, 棒を, 檜葉や, 歌姫が, 歌手の, 洋服の, 活動弁士にては, 火之, 火夫や, 甘酢い, 男の, 白い顔, 目に, 着物に, 着物は, 着衣の, 禿げ上った額, 空に, 立てて, 給仕には, 肢が, 肩で, 肩に, 肩へ, 肩や, 背なかで, 背腰を, 胸などにも, 胸は, 胸まで, 胸を, 脚が, 脚に, 脚には, 脛当で, 腕が, 腕を, 腰を, 腰部などで, 腹を, 膝が, 膝は, 膝頭や, 衣服を, 袂で, 袖や, 襟や, 視線の, 触れけん, 言葉が, 越中の, 足いたずらに, 足さえ, 足その, 足だ, 足だけ, 足だった, 足であった, 足でなく, 足では, 足と, 足と共に, 足などが, 足なら通る, 足には, 足ばかりを, 足へ, 足ほどに, 足までが, 足までも, 足も, 足よりも, 足先を, 足若葉, 身など, 身體の, 車掌に, 車掌には, 辺りの, 送る目, 通行人や, 運搬人の, 鎧の, 長い脛, 門附と, 頬が, 頬ッぺたをすりむいてざくろみたいに, 頭に, 頭の, 頭やを, 頸すじへ, 頸に, 顏やは, 顏を, 顔にまで, 顔へ, 顔や, 顔やが, 首は, 首筋が, 首筋を, 馬の, 體を, 髪や

▼ 手にも~ (308, 0.3%)

12 足にも 4 たれて, 取らないで, 指輪を 3 とらずに

2 [14件] それが, つては, 三手にも, 了へ, 先生の, 分れて, 抱かれ愛, 捕繩, 果は, 油の, 留らず, 血が, 触れずに, 負へ

1 [253件] あつた, あまりが, あまるやう, ある, ある胸, あれ取り獲むまにまに, あれ足, いつか太刀は, いつのまにか汗, おえないくらい, おえぬと, おえぬ少年信長, おえぬ後醍醐, おえやしません, おえる者, かからずに, かけたくない, かけて, かけないで, かすりきずが, かすり創だらけ, この二門, この件, これを, されず追い返されて, したくない, しとどに, じゃも, すくえないこと, すでにその, ずしりと, せず, せずに, せず酒, そのほか, それぞれしろ, それを, たちまちたかっ, たれた, たれた鏡, たれてること, ついては, つかまらない, できた, とらず, とらずこう, とられず声, とれねば, どつた, どつて, なった大, なって, なつた, なにか石, ならぬ私, ならん, なる走り使い, なれようと, なれる歳, のさるるを, はいらなかったもの, はいりました, はめて, ひっかかりは, ふれないで, ふれなかったが, まかさず我々自身, また足, みな八尺の, やからの, やらずこの世, やらず彼女, やらないよ, よろこんで, わかった, わかれて, わけて, われとなく, ハンケチが, ピストルを, モルガンの, ヲシ, 一人の, 一匹の, 一度肩, 一杯に, 七宝に, 乗らなかった, 乱れは, 二切れずつの, 五年間の, 人間味が, 今やピストル, 他の, 似たるかな, 似て, 住まら, 何物かが, 余ったよ, 係りたる程, 僅づゝは, 入ず白妙, 入りませうから, 入り足袋, 入れて, 全く餘, 出くわさないの, 出会わなかった, 分れた様子, 別れた者共, 力の, 包を, 及ぶまいよ, 取らず, 取らず何, 取らず椅子, 取らず見て, 取らない, 取らまく紅色, 取られぬ因果, 取られぬ幻影, 取られぬ風情, 取り, 取り得ずわが身, 取り得んばかり, 取るわけ, 取れぬ死霊, 取上げず落たま, 叶うこと, 合った良墨, 合は, 合わないの, 合わないらしい, 合わなかったらしいな, 合わぬよう, 同じくらいの, 向こうの, 喇叭を, 因るん, 塗った, 墨くろぐろ, 大人の, 完全した, 宝石の, 小さい金魚鉢, 小刀が, 少し怪我, 屈せず起き上がって, 左にも, 幾ばくかの, 幾手にも, 弓は, 弟の, 彼女は, 忽ちたかつ, 愛されて, 愛刀武蔵太郎安国が, 懐ろにも, 成らうかと, 手巾が, 手甲袖無の, 投遣らない, 抱かれた召使, 拔けたのを, 持ったり, 持って, 捉えられず確か, 掛けず御, 掬ばず茶碗, 揉まれて, 握られて, 摘まれて, 支えきれず酒屋, 支えをも, 料紙は, 既幾尾か, 最早揺り, 服にも, 梛の, 残らぬなり, 気づかれないよう, 水気の, 汗が, 汚き子供, 渡したくなかったの, 渡ったろうし, 温かいうるみ, 熱く感じない, 特に選抜, 現れゐたり, 生え, 留まらぬ女, 異状は, 発して, 皆大きな, 真黒な, 眼を, 着いてるでしょう, 着かないやう, 着物にも, 知覚が, 秋く, 移つたもの, 移つて行く, 立たざる幻影, 竝んで, 笛を, 紅糸綴りが, 縋らず彼女, 纏か, 纏く, 耐らず染まった, 膝にも, 自ずから力, 色々な, 落ちざりし豪傑號, 落ちなかった時, 藻は, 行うの人, 袂にも, 袖口にも, 覆いもの, 見える, 覚えず刃, 親しそう, 触る, 触れさせたいといふ, 触れさせないで, 触れたし, 触れない, 触れないの, 触れなかった袋入り, 触れまいと, 触れませぬと, 触れられそう, 触れんで, 觸る, 觸るべくあらざる, 觸れた, 誰れ, 負えずそれ, 負えそう, 負えない我儘いっぱい, 負えなくなって, 負えぬわし, 達した, 適合ません, 鍵が, 附けずに, 首筋にも, 騙しにも, 黒い手ぶくろ, 黒い手袋

▼ 手~ (306, 0.3%)

46 ひに 42 ひを 37 はせて 19 つて 9 に來 5 ひて, ひの, ひは 4 はせ, はせた, ひして 3 ひが, ひなど, をし

2 [12件] っていた, に遣, はう, はし, はれて, ひしませう, ひながら, ひますよ, ひ旁, ふが, をした, をしませう

1 [93件] い人夫, うんだ, お手傳ひと, がありました, がまた, ったので, ってやった, ってジーモン叔父さん, つたとい, つたり, つてるの, てゐた, でもしたら, でも何, などする, などは決して, にかかる, にたのみたい, によこさう, に行く, に行つて, の人, の人々, の働らく, の出來, はうかい, はこんな, はされました, はせし, はせたら, はせても, はせるとして, はせる相手, はなけれ, はねえ, はれながら, はれ乍ら臥床, は眼, ひいたし, ひさせて, ひすると, ひするといふ, ひするの, ひせにや, ひそれ以後, ひたり, ひであると, ひなどに, ひなどを, ひなんぞば, ひにでも, ひました, ひます, ひますが, ひますやう, ひやら, ひ二人限, ひ互に, ひ仕つら, ひ差向き主人, ひ帳場, ひ日, ひ海軍御用商人, ひ給, ひ臺所, ひ賃, ふ, ふお延, ふこと, ふことは, ふてゐま, ふといふ, ふとは, ふまでも, ふ位, ふ時, ふ積り, ふ約束, へと云う, へば飯, へるといふ, へるわけぢ, もし, もしました, もなく, や家庭教師, をさせ, をさせました, をさせられる, をさせる, をしなけれ, をする, を濟

▼ 手古奈~ (270, 0.3%)

8 の母 4 の家, の心 3 の姿, は今

2 [31件] が内心, が吾, が家, が小室, が心から, が忍男, が眞, が胸, との關係, に對, の兄, の前, の居る, の戀, の樣子, の父, の祠, の詞, の身, の關係, の顏, は勿論, は只, は小室, は必ず, は忍男, は戀, は決して, は自分, は顏, を見

1 [186件] がどこ, が上, が事, が何等, が來らむ日, が全, が利害得失, が吾知らず却つて眞奈, が希望, が幸福, が心中, が戀語り, が我, が此際, が洗物, が浮かない, が海, が爲, が爲め, が片寄つて一人呻吟, が獨, が立身, が見, が記臆, が身, が身近く, であら, であらう, とそれ, とて忍男其人, と眞奈, と見, なき小室, にいひつけた, には勿論, には毛, に仕事, に会す, に何等, に依, に厭, に執心, に寄せてる, に寸分得意, に戀, に戀ひつ, に異, に走り, に躊躇, に關, のいろせ, のゆかしい, の一擧一動, の上ぢ, の事件, の人柄, の今, の今日, の何と, の兩親, の噂, の外, の天性, の平, の平生, の後, の心一つ, の心中, の心底, の性質, の感情, の樣, の此賢, の歸, の母方, の爲, の爲め, の目と口, の秋, の答, の美, の美し, の考, の耳, の聟, の胸, の胸中, の胸裏, の苦悶, の落著, の見識, の身の上, の面持, の顏容, の風姿, は, はお, はこれ, はさすが, はそれ, はそれほど, はつまり玉成的, はま, はやをら彼, は一, は一夜館, は一層, は一座手, は三人, は今更, は今殆ど小室, は何もかも, は先, は兎角, は千々, は吾, は吾身, は周章てた, は命令, は多少, は大人, は夫, は宵, は容姿, は愈, は感じた, は手, は敏く, は早一人胸, は最早, は此夜一夜, は此體, は殆ど失心, は湯, は物考, は猶, は眞珠, は矢張心, は端, は籾, は紅葉, は美しい, は自己, は若殿忍男, は茅屋, は覺, は詞, は金碗, は飽くまでも, は餘, は餘儀, へ身分, もそれ, も今, も出, も勿論, も取とめない, も周圍, も愈々, も最早, も母, も眞, も等しく, も自分, や, やお, や手古奈, や雪, より一つ年下, をよんだ, を主人, を人妻, を其家, を及ばぬ, を呼び, を垣間見, を失, を待つ, を慰むる, を憎しみ, を打, を歌, を滿, を見る, 其の人, 自心

▼ 手~ (230, 0.2%)

15 をし 13 の師匠 10 ひに 9 ひを 8 ひの 7 をした, をする 5 ひ, ひ子, をさせ 3 のお, の指南, を始めた

2 [16件] がしたい, させて, して, すれば, でもする, に通, に通っ, ひしたらしいし, ひした書卷, ひは, や学問, をさせる, をはじめた, を教, を教え, を直す

1 [105件] から子曰く, がされ, が好き, が嫌い, ぐらいは私, させたり, したもの, したらしいし, したり, した事, した書巻, すと, するとは, するを, だけし, だの, つい見習い, で三四年前, ということ, などをさせ, などを教, なんぞ仕様, につかった, にばかりかかる, にやられた, に事, に使う, に來, に同人雜誌, に往く, に来る, に松澤たか, に行く, に行っ, のお手本, のところ, のよく, の世話, の事, の仲間入, の先生, の勢, の反古, の君, の巻, の師匠松本, の師小島成斎, の帰途, の御, の手, の手本, の暇, の水番, の清書, の草紙, の説, の跡, はからっぺただっていうんですが, はこれ, はもちろん, は勿論, は実に, は授けない, ばかりし, ばっかりやっ, ひから子, ひさせる事, ひした書巻, ひするならお, ひするの, ひする生徒, ひなぞ, ひなどを, ひみたい, ひ中, ひ子たち, ひ子等, ひ学問, ひ師匠, ひ草紙, もし, もしたらしい, もしなけれ, もせん, も一日置, や歌, や珠算, や針仕事, よか裁縫, より歸, をさせた, をしなかった, をしなくなった, をしまっ, をせず, をせね, をなさいます, をはじめ, をはじめる, をみ, を我が家, ヲハジメ, ヲ終リ, 並びに謡曲, 教えて

▼ 手にとって~ (225, 0.2%)

15 見ると 9 眺めて, 見て 6 見た 4 仔細に, 調べて 3 ながめて, 自分の 2 それを, ふしぎそうに, もとの, 不足は, 口の, 眺めながら, 見たこと, 見たの, 読んで, 開いて

1 [152件] あっちこっち返し, あっちこっち頁を, いかにもうれし, いくども, いじくりながら, いじり廻して, いろいろやっ, うらがえして, お調べくだ, ぎゅうっとにぎりしめました, くりかえしくちずさんで, ぐーっと, ごらん下さいまし, ごらん下し置かれましょう, さもなつかし, しばらくでも, しばらく見, しらべながら, じっと眺め, すぐ, そっと家, その中, その恋文, その男, その異形, その裏, その鈴, ちらと, つくづく表紙, つぶやきます, つよくうて, ながめました, ながめられました, にやりと笑い, はじめて顔, ひらこうと, ひろげて, ひろげながら, ふって, ぶるぶるふるえ, ぺらぺらと, みたい本も, みょうな, めがねを, よくよくながめました, よくよく調べ, よく見た, よく調べた, わらい出しました, カウンターの, ギョッと, クルクルと, ジッと, ズボンの, チョイチョイチョイと, ボンヤリ見つめ, マイクに, 一つ一つの, 一つ接吻し, 一口に, 丁寧に, 三番街の, 下から, 不思議そうに, 両手で, 中から, 中を, 人々の, 今にもそれ, 仰向いて, 会衆を, 何か, 何よりも, 僕の, 僕は, 充分に, 又しばらく, 吹き消しはじめた, 墜落した, 壁に, 大喜び, 大威張り, 夫人に, 妹は, 嬉しそう, 当惑する, 彼女本来の, 御一覧, 愛玩なさる, 戦う稽古, 戸倉老人に, 扉の, 抱きとられた怪人蠅男, 拝見した, 指頭で, 撫でたり, 撫でて, 改めると, 新しい命令, 暫く見, 検べ, 検べて, 歌口を, 沁, 無邪気に, 熟覧し, 燦爛と, 現場に, 目の, 眺め, 眺めた, 眺めたこと, 眺めたり, 眺めては, 眺めると, 眺めるに, 眼下に, 睨んで, 神経質に, 空転する, 笑った, 素早く比較, 素早く表裏, 缶の, 蓋を, 見せたの, 見たり, 見たわけ, 見ても, 見ながら, 見なければ, 見ましたが, 見ますと, 見よ, 見られるという, 見ること, 見るもの, 見るよう, 見内側, 見直すこと, 見給え, 語る二人, 読み下した, 読んだ, 読んだとき, 調べた, 賞玩した, 身が, 錠に, 開こうとも, 頭蓋を, 顕微鏡を

▼ 手では~ (216, 0.2%)

6 ない 5 どうする, なかった 4 どうにも, なくて 3 ありません, あるが, ないかと 2 ござらぬ, なく自然, 拭いても, 現在五段が, 赤く頬

1 [173件] あいて, あった, あったが, あったけれど, あったものの, ありながら, あるまい, あるまいか, いかん, いけません, いっこう何, いろんな汚, うまくゆかない, おさめよう, およばぬ, この重い, ございませんがね, せつせと, その五兩, それを, たかうと, たかれでも, ただ来賓, ちょっと始末, ちょっと都合, つかめません, できない工場, とうてい七人, とうてい男一人, とても抜き切れぬ, とても無駄, どうしてもわかりません, どうしても防ぎきれない, どうして出来る, どうにも所置, どうにも裁き, ないかとも, ないかも, ないが, ないつもり, ないね, ないの, ないので, ない拳, なかったです, なかつた, なかつたか, なかなか旨く, なくお, なくテーブル, なく友人, なく少く, なく少なくとも, なく常, なく彼自身, なく私, なく農婦, なく革, まだやり遂げられなかった, むずかしかろう, もう一人, もう再び人造人間, もう駄目, やっぱり梯子, やはりお, やはり鉄槌, ゆかないし, らい落し, タオルや, チャプリンの, 一向要領, 一旦解いた, 不可能であった, 仕止められない, 何う, 何んとも, 作れない, 作れないん, 全く恐れ入る, 八重子の, 出来さうに, 出来そう, 出来るもの, 切符を, 到底も, 到底不可能, 到底千曳, 前柱, 動かすこと, 動かんといふ, 勿論の, 取り締まりかねたこの, 吉良と, 困りますからね, 地や, 大の, 奥の, 始末が, 学問と, 少しも, 屋敷として, 島徳右衛門が, 帰れなかった, 引き戸を, 弾かぬが, 彼の, 御幣を, 心もとなく思われるなら, 思うよう, 恰も空家, 懐中を, 手拭を, 抑えが, 抜けないよ, 押して行けない, 持ちきれない物, 持ち上げるの, 持ち運びは, 指を, 掘れないで, 掘れないでしょう, 掴んで, 料理しなかった, 斯う, 是だけの, 本当の, 本當, 本統に, 朱塗の, 棄て切れなかつたの, 正月早々に, 殺さぬ, 殺せさ, 殺せない人, 母親の, 気持ち悪く, 決行し得ない, 溝の, 激流に, 無く春風春水一時来, 痛いから, 盗み出せそう, 短いその, 神さまの, 私を, 空を, 簡単には, 精密な, 自分の, 茶店の, 行かぬ, 行かれんもん, 行くまい, 行けないといふ, 衣裳の, 褄を, 解決が, 諦めなきや, 負えず医者, 貧乏と, 賛成し切れない, 起り得ませぬが, 近ま, 金槌を, 開けられさうに, 間に合い兼ねて, 間に合わないので, 鞭を, 頭髪を, 顎を, 飛び上がらない, 駄目だ, 骨の

▼ 手~ (197, 0.2%)

28 り次第に 24 をし 8 り次第 5 てをし 4 をした 3 てをする, をさせ 2 して, てが濟, てをした, になり, をしました, を受け, を給

1 [108件] がざつと三月, がほしい, がよかつ, が五十文, が大, が始まり, が惡, が施された, が早, が殘つたの, が濟ん, が當, が間, だけで暮す, てがあつ, てがあと五分間, てが出る, てが貰, てし, てとしては彼等, てになるだらう, てのし, てのため, ての甲斐, ては其方, ては月二十五ルーブル, ても勿體, ても貰つて, てをしてやりたい, てをしました, てをも施した, てを一二度, てを受け, てを強請つて行方不知, てを百文, でうつら, でせう, で三四日, で今, で何不自由, で傷, で寢, で癒, とか膳部料, として思ひ, として江戸表, とボーナス, と香奠, にする, にとり, になつ, になる, になるだらう, にまで及びし, に手, に落度, の出る, の割, の外, の方法, の良い, の金子, は五萬圓, は年, は良い, もした, も不自由, も仕, も何, も受けず, も求められる, も澤山, も甚だ, も給金, も辭退, も醫者, りの, り放題, り次第あれこれ, り次第林檎, り次第誰, をいたしたい, をしなけれ, をなさらなき, をも受けさせた, をやつ, をよく, を下さいました, を下すつた, を入れ, を出す, を可決, を差上げる, を差上申, を廢, を心得, を持つ, を施す, を申付一ト間, を盡, を貰つて, を貰つて來, を貰つて親許, を遣, を頂い, を頂いてる, を頂く, 次第に剥い

▼ 手~ (180, 0.2%)

3 にかけた, を掴ん, を掴んだ, を握った

2 [11件] からもぎ取った, に滑り, に絡む, の動かし, をつかん, を取っ, を執っ, を掴む, を握っ, を握つた, を斬られた

1 [146件] からさき, から先, から指, から指先, から時計, から親指, から起しかけた, がいっそうしっかり, が疲れる, が露, しっかり握りしめた, それから肱, で煽り, で遊ん, で重く, とをえ, とを区別, と手頸, と花模様, なんか握っちまっ, にお, にかけてゐ, にかけて両手, にし, にしっかり, にそっと, についた, につけ, につけた, にはこの, にはめ込んだ, には皮膚, には金, には静か, には風邪, にぶらさげ, にも白い, にも足, に何, に右手, に小さな, に巻き, に巻きつけ, に巻き付ける, に掛りました, に掴みかかっ, に提げた, に暖, に有る, に棲, に珠数, に紫, に絡みつい, に絡み着い, に絡ん, のあたり, のところ, のほそ, のやけど, の一部分, の初, の力, の奥, の所, の手, の数珠, の数珠玉, の方, の時計, の痺れ, の窪, の繃帯, の脈, の脈管, の袖口, の赤く, の辺, の青い, は二人, へもさらさら, へ喰, へ左, までつつまれた, までも突込ん, まで白く, まで真赤, も, も冷たく, も赤子, も足, を, をかたく, をぎゆつと, をぐいと, をしかと, をじり, をつかまえ, をつかまえかけた, をつかまれ, をつかんだ, をとらえた, をにぎつてトキ子, をにぎり取られ, をはなし, をひどく, をふった, をふと, をギュウ, をギユウ, をギリギリ, をバラバラ, をムズ, を一巻き, を三寸, を不意, を二三箇所, を動かし, を固く, を執つ, を小さい, を引っ張る, を強く, を想像, を把, を持っ, を捕え, を捕へよう, を掴まれ, を握, を握つ, を握り, を握りしめた, を握りました, を放し, を数珠, を洗った, を浚, を確乎, を私, を纏う, を見る, を足, を離さぬ, を離し, を食え, 握られて

▼ 手でも~ (175, 0.2%)

20 足でも 4 ない 3 握つて 2 ある, おみあし, 二人や, 出すと, 取って, 合せたこと, 引いて, 曳かなくちや

1 [132件] あった, あつた, あの水, ありませんが, あるやう, あれば, お奉行様, かかったの, かけて, かけようもの, かけようもん, この紙鳶, さわれば, して, するかの, そう完全, たたくと, たらせた頃, つかまりしだい, つけたらそれ, つまめますがね, ないこと, ないし, ない足, なく縞縮緬, なければ, のせて, のべると, ひねるよう, ひろげて, ふいと, ふれようと, ほじくれる位, みがいて, もはや二度, やると, ゆるめて, よければ, わからぬし, チラッと, ベートーヴェンでも, 一人残らず, 一度三十名位の, 事は, 二十分は, 他人の, 付けて, 何でも触れ, 何とかし, 何んで, 使いたい時, 使い幸福, 借りたいぐらい, 借りたい程, 僕は, 兎に, 入れ何処, 其水泳に, 出したいやう, 出したなら容赦, 出しゃが, 出そうもの, 出来ないこと, 分るが, 切られた指, 助太刀に, 取つて, 取りたいほどに, 取り度, 叩かうと, 召捕らえられて, 合わして, 合戦直後八方捜し, 同じこと, 容易に, 尻でも, 届くよう, 平気で, 弁えて, 引こうもん, 引つかけたらひどい, 思出し, 悪くなかったら, 我慢し, 折れるほどの, 持ったもの, 按ずるよう, 振り立てたもの, 掛けられた日, 掴まえ次第に, 掴まれぬ怨めし, 握って, 握るよう, 擧げれば, 救いがたい, 文の, 暖めないか, 曳きながら, 有るかの, 棒でも, 殆ど二かかへも, 殺すと, 汚れない手, 洗うの, 洗って, 洗つた, 洗ひます, 洗わねえじゃ, 無かった, 病は, 癒や, 眼を, 着けられた日, 確かに, 祈祷を, 私の, 腕でも, 舐める, 舞を, 英国海軍の, 落著い, 見落すまいと, 触ると, 觸れ, 評定する, 負わされたか, 赤くふくれた, 足でもが, 足りませんよう, 那の, 離したらそれ, 預かって

▼ 手~ (170, 0.2%)

1475 か足, わ 43 といふ, と思う

2 [11件] からね, がそれ, が今朝, ぞ, てあるべき置き, とかツギハギ, と云う, と思っ, なあ, のが, ゆげに

1 [107件] あの人, あんまり賞め, うんあの, かどっち, かなんだか, かの小屋, かぼく, かも知れん, から, からつい, からもしや, からをし, から大抵, から新吉, から次, から油断, から用心, から紹介, から老人, から自動車強盗, から話さう, から責め殺す, から開け, か何ん, か右, が, がこれ, がまず, がやっつけ, が他人, が何しろ, が惜, が惜しい, が手首, が暫く, が笛吹, が細っこく, が美人, が色仕掛け, が道子, こう真正面, こと, さう, そうだ, ぞと思うらしく, ぞと思った, つたといふ, つてお, つてか, てあるべき, てあるまじ, といい得るであろう, という, という歓び, という気, という点, といふ養子, といわれ, とか腹, とご, とて人, とでも思ってる, ともよ, とも俺, とやつ, とようふっ, とわし, とトン, と云, と思, と思いました, と思います, と思った, と思ふ, と思わぬで, と思われる, と知れる, と確信, と考えおる, と聞い, と聞く, と見て取った, なあ菊ちゃん, なとか思い入れ, なとか思ひ, なとやっと, なるほどちょっと, なんてよく, なア, のという, のを, もの, よいか, ようごす, わね, わよ, んすだ, ア馬鹿に, サ, 地が, 我の, 或は臭い, 手だ, 断じて手, 群青だ, 膏気の, 青い筋

▼ 手より~ (169, 0.2%)

11 して 5 手に 3 出で, 外誰れ, 落つ 2 下されたの, 手を, 更に神秘, 聖り

1 [136件] うけながら, うばい取って, お渡し, お藤, これを, こを, さし出すとて, しばらくお, し奪, すべらむ日, すべり落ちたる葉巻, その内, その独楽, ちがった対手, はつかに, はるかに, ひとりの, ほかは, また更に, よこすこと, わが手, われらを, われを, トロイア女性らと, ローマを, 上等に, 仏国人に, 伏せ手が, 何とかし, 來る, 借用仕度との, 儒者の, 免れて, 入れて, 出ずる, 出ずるとき, 出ずるところ, 出でしぞと, 勇猛の, 動と, 取り, 取り戻したの, 取り落としたる銃, 取り返し彼女, 受けて, 受け取りて, 受け取り支那鞄, 受取って, 受取るは, 各自に, 同時に長き, 四季袋を, 四寸も, 土間の, 大きくて, 奪いしが, 奪いとり玄関, 奪い取りて, 奪い取ろうもの, 奪い返して, 奪って, 奪はん, 奪ひ去りし, 奪ひ取る, 奪還し, 女の, 姉上を, 姫を, 山城判官行村の, 幾らか黄色味, 弁当を, 弓へと, 彼らの, 得べき主, 我らを, 手にと, 手へ, 投げし鋭, 投ぜる飛道具, 抱き上げそう, 措かずに, 放った物見共, 放つ矢, 救助す, 斧を, 日は, 梭を, 此巻物を, 死と, 殄し奪わん, 江戸に, 物を, 番頭弓鉄砲槍の, 盃を, 盗み出した姫, 禁中へ, 穫るる利, 空しく抛, 立昇りて, 糸の, 経世上手が, 緩めては, 罎を, 聖像を, 肩より, 脱れ, 脱免, 膏油の, 苛酷なる, 落ち, 落ち盾, 落ち鎗, 蒙らす, 藉かじと, 蜀黍の, 谿を, 買取し, 買取たるに, 買取ったこと, 逃れるかと, 通知に, 遁れ, 遠ざけつつ, 那珂先生の, 酒の, 酒精の, 金一万両出セとの, 鋭槍, 長いよう, 閃めき出でし, 離して, 離すの, 頭鎧は, 頼宣に, 飛ばさるる槍, 驚くべき器具

▼ 手~ (163, 0.2%)

19 をし 8 をする 4 して, をした, をしない 3 もせず, を加え 2 された芋田, にかかる, のあった, の少い, の屆, は届い, もしない, をせられた, を始めた, を申

1 [98件] かわからぬ, があんまり, がし, がよく, が京都, が出, が可, が吾, が屆, が行われ, が行屆, が行届い, さへ, したとは, した庭樹, しないから, すべき投書, すみたるが, すること位, するの, せずに, だった, だの垣根, である, でなるほど, で其, で午後, と, というの, といふもの, どころで, などそこ, などでこれ, などをあまり, にかかっ, にすこし, にも少し, に夢中, に掛る, に魂, のあるべき, のい, のこと, のし, のよい短い, のよく, の一刀, の外, の好い, の届, の届いた, の松, の行き届いた, の迹, はお, はかどる鵙日和, はした, は一段落, は日, は植木屋, もやつ, も出来, も出来ぬ, も行き届い, も遠い, や大豆, よく綺麗, をいつも, をさし, をされた, をしなく, をしなけれ, をしまっ, をし直し, をすべき, をすましかかった, をすれ, をせぬ, をなし, をなすったら, をはじめ, をはじめる, を加えた, を始め, を怠らしめざる, を怠らぬ, を検視, を済まし, を済ませ, を濟, を終り, を致さね, を頼ん, 晴れると, 本である, 次へ, 終る, 能く

▼ 手づか~ (131, 0.1%)

6 らの 4 ら簾を 3 ら酒を, ら香花でも

2 [18件] ら, らこれを, らそ, らその, ら一脚の, ら之を, ら二等室の, ら俊吉の, ら剃, ら寄せ鍋茶椀むし位は, ら寄せ鍋茶碗むし位は, ら御酒賜る, ら指揮し, ら書ける, ら椅子を, ら洋燈を, ら結びつ, ら與へられし

1 [79件] えを, まへに, らお, らお作りに, らお茶を, らかいのけ, らくわんぬきを, らする, らせね, らそそけ, らなる, らやっ, らわしの, らピアノを, らポンと, ら与へられし, ら入れ, ら刀の, ら勝盃を, ら取つ, ら外箱と, ら巨蟹を, ら巻く, ら弥勒菩薩の, ら張らせられる, ら彼女の, ら御, ら御墨付と, ら扉を, ら拵えた, ら拵へ, ら持ち運んだ, ら掃除し, ら授けられし, ら摘み採る, ら料理し, ら暗, ら本物に, ら杓文字をに, ら校する, ら植ゑたのだ, ら植ゑたのだから其を, ら植ゑて去りぬ, ら機織る, ら此の, ら殺害した, ら漆の, ら濃紫の, ら火酒を, ら無疵の, ら燻した, ら片付けた, ら皿に, ら神の, ら私は, ら穴熊に, ら筝を, ら簪を, ら紅い, ら細君に, ら編物の, ら縫つた袱紗は, ら耕し, ら胡瓜を, ら花瓶を, ら袱紗を, ら解き, ら触っ, ら運ん, ら醸造された, ら金剛經を, ら釣瓶に, ら開け, ら雑煮にて, ら頂戴した, ら類を, ら餅を, ら馬の, ら髪や

▼ 手あたり~ (122, 0.1%)

5 を若い 4 次第にその 3 次第にバスケット 2 ばったりの, 次第に一册, 次第に切り払った, 次第に引き抜かれた, 次第に投げつける, 次第に書きなぐつ, 次第に本, 次第に用, 次第に題材

1 [92件] が柔か, が軟か, の小柄, ばったりな, ばったりに, まかせだったと, まかせに, 次第にあたり, 次第にいじくり出し, 次第にかみつかなく, 次第にくいつきました, 次第にこの, 次第にそこら, 次第にぬすませ, 次第にぬすみ取り, 次第にばたばたと, 次第にぱらぱらと, 次第にひっくりかえし, 次第にひろげ, 次第にひろっ, 次第にぶち壊し, 次第にベッド, 次第に事件, 次第に人形, 次第に何, 次第に何処, 次第に例, 次第に取っ, 次第に叩きつける, 次第に品物, 次第に多数, 次第に大勢, 次第に小説, 次第に引っつかん, 次第に引っ張っ, 次第に徴集, 次第に恋愛, 次第に扉, 次第に手放し, 次第に投げ, 次第に投げ出し, 次第に拾っ, 次第に持ち出す, 次第に持っ, 次第に持込ん, 次第に採り, 次第に採集, 次第に掻, 次第に掻き, 次第に掻きむしっ, 次第に掻き廻し, 次第に斬りまくる, 次第に斬り廻った, 次第に斬り散らし, 次第に書い, 次第に書いた, 次第に楽屋じゅう, 次第に殴りつけた, 次第に水, 次第に汚, 次第に汚点, 次第に清江, 次第に物, 次第に犬, 次第に獅, 次第に瓦, 次第に略奪, 次第に盗み出す, 次第に石, 次第に石けん, 次第に紙きれ, 次第に綴じ込み, 次第に縋りついた, 次第に繰りひろげ, 次第に膳, 次第に藪, 次第に衣服, 次第に裁判長, 次第に読み, 次第に諸君, 次第に讀ん, 次第に質草, 次第に道, 次第に金貨, 次第に開い, 次第に関係, 次第に集め, 次第に面白い, 次第に食っつき散らかし, 次第に食べたく, 次第に饗庭篁村, 次第に馬上

▼ 手~ (117, 0.1%)

13 にする 8 にし, になる 5 にいたす, にした 4 になつ 3 になった 2 だ, にされる, にしてやる, になさる, になり, になりました, に致し, に被, に逢う, の夫婦

1 [51件] ありし折, かもしれぬ, だけは御, だぞ, だよ, だゾお前, ですか, で何ん, などになりっ, などになりつこ, にいたしかけた, にいたした, にいたします, にされた, にされたら化け, にしなかつた, にしよう, にせよ, にせんけれ, にでもなっ, にでも何, になされよう, になっ, になつたの, になつて, になりたる, になりましょう, になろう, にばしする, にもし, にもすべき, にもする, にもなるべき, にも可被, に成し, に爲, に爲す, に相成ける, に致さね, に致した, に致す, に致すべき, に逢っ, に逢つて, に遭っ, のらん切, は余り, もの, ゆめいといませぬ, を平気, を賜わります

▼ 手によ~ (116, 0.1%)

6 つて 4 つてその 2 つてなされた, つても, つて創られた, つて句集を, つて書かれ

1 [96件] つてあけられた, つてある, つてか, つてつくられ, つてである, つてどの, つてな, つてなされ, つてのみ, つては, つてはじめて, つてひとりでに, つてまた, つてもつ, つてコツプに, つてチヤンと, つてバルザック全集邦譯の, つて一切消滅する, つて一日一日新しく, つて上演される, つて世に, つて仏教化され, つて他動的に, つて何時か, つて何時の間にか, つて作られた, つて作り上げられた, つて作り得る, つて傳へられ, つて再演せしめる, つて出來る, つて初めて, つて創立された, つて創造され, つて動員される, つて十分校訂され, つて合理的に, つて在る, つて地方に, つて始め, つて完成せられた, つて家と, つて家畜の, つて少く, つて常に, つて形づくられね, つて御, つて我學界に, つて捧げ, つて撫で上げられ, つて撰びとられた, つて故意に, つて救はれた, つて易々と, つて有無を, つて次第に, つて毎日數多の, つて清書が, つて渚に, つて演ぜられた, つて演ぜられる, つて演劇革新の, つて火焙りの, つて為さる, つて熱心に, つて犯すだらう, つて生れようとして, つて眞宗の, つて磨きあげられた, つて空前の, つて空拭き, つて組唄の, つて綺麗に, つて綿糸綿布等として, つて練り上げ, つて繕ふ, つて美術座開場初, つて翻訳せらるべきだ, つて育成された, つて行はれ, つて行はれた, つて解決の, つて認められ, つて證明を, つて起される, つて運び出された, つて達成されなけれ, つて遺された, つて閉ぢられた, つて開かれた, つて開封され, つて阻止された, つて頭ごなしに, つて飛ばされ, つて飜され, つて飯の

▼ 手~ (112, 0.1%)

65 繩を 14 繩の 3 にした, 繩に 2 にしよう, にする, にせん, に出来る, 繩と, 繩は, 繩も

1 [13件] にされ, にしてやる, にしろ, にすべき, にすれ, にせ, にせられた, 繩が, 繩で, 繩でも, 繩などは, 繩にも, 繩十五六の

▼ 手~ (110, 0.1%)

9 にされる 6 にし, にしよう 5 を持っ 4 にされた, にした, をさげ 3 にされ, の中 2 になる, の編目, を提, を提げ, 同樣

1 [56件] から燗鍋, が一丁そば, が悪い, なんか飛ん, にあおう, にいちじく, にいづれ, にいれられ, にされかけ, にされ損ねた, にしかけた, にしまう, にし兼ねない, にする, にでもされ, にでもされよう, にでもする, にならう, には太郎, にまでしよう, にむしり取っ, に入れ, に取せ, に逢う, のなか, のよう, の仕方, の内, の灯, の物, の罠, は石ころ, は食事, へしまい込ん, へ入れ, や本, や笊, や角樽, を, をかけ, をその, をもつた, を一つ, を下, を二つ三つ買, を右手, を手渡し, を担い, を持ち, を持った, を持つ, を擁, を縁側, を置き, を離さなかった, 同樣女房

▼ 手にて~ (107, 0.1%)

3 育ちし同情 2 せいするゆゑ, なす, 善太の, 撥ね退くる, 祝福し

1 [94件] お召捕り, さぐりもとめて, その末折, その枝, その頂, つつき散らしたそれから, できたるもの, やあらむ, 一擧に, 下の, 下を, 二階堂ヶ谷東光寺内の, 作られし, 作られし美, 使用する, 倒れたる旅人, 候うぞ, 出来たるもの, 分けながら, 切り散らされ, 前を, 創られたる同胞, 取出す力, 取留められ活, 取調べるに, 君が, 君を, 唯一度の, 商ひせし, 回すこと, 固めたる火光, 売捌くこと, 壺皿を, 奉養せん, 奥へ, 寝台の, 小せん, 小褄を, 居所相判りました, 弥左衛門の, 彩色し, 御いただき候, 御引請, 御養育, 成長せし, 我左の, 手拭を, 払わざる時, 抑へ, 押し止め飛び下りる如く, 招く女子, 持つ処, 挫き, 撫で展, 攫む, 攻める余人, 数える音, 書う, 木剣作りの, 桶を, 殺せしも, 殺害されますなら, 殺戮された, 毒を, 毒蛇の, 無理に, 皺を, 直に握られし, 直に握りし, 破壊される, 結び合わせたる形式, 絵姿の, 絶えず払い, 絶対に, 繰返し繰返し, 耕されその, 脚にて, 腹より, 血の, 製作中と, 觸れ, 討ちほろぼしおわった, 討取る所存, 記されたる我が, 走らん, 身一ツに, 軽く君子, 隠し候金子, 額を, 顔を, 飜る, 養育せん, 養育申上しが, 香を

▼ 手一つ~ (106, 0.1%)

5 で育て 3 で育てられた, に育てられ 2 で, でした, で大きく, に一家, に育て, の仕立物, 握り合わなかった清い

1 [81件] ありき涙す我, だけを覚える, でこっそり, でして, でずずっと, でそだてられた, でどうにかこう, ではそれ, ではむずかしい, では動搖, では小, では穀屋, では間に合わない, でまず, でもいろいろ, でもどうにか, でも借りたい, でも消しますでし, でやつ, でやらなけれ, でやる, でやれます, で一家族, で仕上げ, で仕込んだ, で児, で出来かね, で切り盛り, で勝手, で十五, で君, で四人, で夫, で女中, で完成, で建て, で成人, で戦った, で手塩, で極度, で樂, で死, で母親一人, で泉太, で活かし, で物, で盛, で立, で立派, で綿糸, で美しい, で育っ, で育った, で育つた, で育て上げ, で育て上げました, で育て上げられた, で親, で阿, で食, なれば, にて育, にて黒髪一筋, に主膳, に収められ, に子供, に御, に握られ, に看病, に社会, に育つ, に育つた, に育てられた, に養育, の力, も来ず, を頼り, 出すでも, 叩いて, 握るの, 貸そうとも

▼ 手~ (105, 0.1%)

17 んだ 13 んです 10 のだ 8 のである 6 のです 2 んだろう, んで, モスリンの

1 [45件] おしを, ぐさみなんぞをやったこともありますが今じゃあ, ぐさみにしてゐる勞働の, ぐさみばかりして怠け者に, とお, の, のかと, のじゃ, のだらう, ので, のであった, のでございます, のでした, のですべてこれら, のでなまじ, ので切符入手, ので安心, ので糸, ので親指, のね, のは, の独逸人, んざ思いも, んざ水へ, んでげす, んでございます, んでさあ, んでそれ, カシモードである, シャルムーズを, ニッカーボッカー模様入りの, 千三つ屋だつた, 商売である, 女王の, 存在は, 殿よ, 生活ぶりと, 畑には, 着物に, 短刀が, 縮緬の, 罪人を, 茶碗に, 頭巾が, 鼻緒の

▼ 手~ (101, 0.1%)

9 なもの 7 なものぢ 3 に片付け, に言 2 です, なわけ, に支度, に開けられる, るに

1 [69件] き名, く寢卷, く手, く答, く行, く遊, だ葡萄豆, である, でさ, でその, で實用的, で結構, な, なこと, なことぢ, なところ, なもんぢ, な愛, な推量, な構, な洋食屋, な流し, な舐め物, な見世物, な解釋, な道具, な銀杏返し, な食事, にいきさつ, にきめ, にそんな, につける, にはね飛ばしました, には動かせません, には締められまい, には行くまい, には言, に下手人, に仰つ, に入れ, に出, に判る, に受取り兼ねる, に埒, に姿, に川蒸汽, に平次, に扱, に拔, に拵, に掴まりました, に檢屍, に殺され, に治り, に溺れる, に片付ける, に申譯, に白状しな, に知る, に結びつい, に考へました, に言つて, に請け, に讀める, に足, に運ぶ, に開けられます, に防ぎ, 過ぎて

▼ 手~ (96, 0.1%)

4 があつ, もなく 3 だが, のない

2 [11件] があ, があっ, があった, があり, だよ, である, なく致させます, の感情, もない, もなかっ, も罪

1 [60件] からか猛火, がある, がない, が原因, が在る, じゃ警察, だったかも, だったの, だったよ, だった過酷さ, だつた, だつたので, だな, だなあ, であった, であった何, であっても, でございました, でつまらない, でもあつ, でもなん, で御座いました, で遺失粗相, で金語楼, なから, なくします, なくとる, なく事, なく仕向け, なく洗います, なく準備, なく濟, なく綺麗, なく見張り終, なく謀, なもん, なん, にし, にならない, になりまし, になります, になる, になるだろう, のあった, のある, のあろう, のやう, はあ, はある, はいたさぬ, はない, はなく過ぎた, は無かっ, は無く, は私生活, も浅し, や間違, りの, をし, を二年後

▼ 手~ (91, 0.1%)

10 をかけます 8 をかけ 6 をかける 3 がか, なこと 2 で, のかかる, も省かん, をかけず, を掛け, を掛けました, を要する

1 [47件] がありません, がなくなる, が入る, が多く, が掛, が掛らん, が省, が省ける, だね, でありまして, であるから, ででも, ではない, でも調べ, で何ん, で巧, で相, で行き倒れ, と勞力, にかけなかつた, のいらない, の掛つた, の掛らない, はお, はかけられない, はせず, は竭, もかからず, もしなかつた, もなく, も並大抵, も金, や經費, をかけた, をかけまし, をし, をしなくたつ, をする, を掛けた, を掛けまし, を掛ける, を掛ずし, を相, を省く, を考へ, を致し, を覺悟

▼ 手近い~ (91, 0.1%)

13 ところで 7 ところに, 例を 4 ところでは 3 話が 2 ところから, ところの, テエブルの, 処に

1 [49件] お互いの, お住居, ことは, ところには, のが, のに杖, のを, 一二の, 一切に, 一歩な, 仕来りを, 例だ, 例として, 例としては, 儀でござる, 先輩の, 処で, 墓地に, 天幕を, 実例の, 実際について, 家に, 川添の, 感銘で, 所から, 所で, 所に, 所の, 日本の, 本棚に, 机の, 横路地へ, 水難から, 法文科の, 海阪の, 源泉から, 灌木の, 現実の, 痛切な, 益満に, 祇園御霊会細記などを, 空別莊の, 経験から, 肉の, 荷物は, 處で, 話しが, 返答が, 隣接国民の

▼ 手~ (90, 0.1%)

13 きを 2 きに, をし, を經

1 [71件] がいかにも, が果して, が濟ん, が違つたの, きが, きだけは, きで自分, きとかと, きなどを, きなれば, きより, き程, き證, せにや, であ, であるといふ, であるに, である例へば, です, ではある, で行, といふもの, とか組合, として即ち, と云, なりしや, にて辯, になつて, によつて, により審理, により證人, に依らざるべからずだ, に依らずし, に掛らん, に暇, に沒頭, のある, のこと, の期間, は, は前項, は固, は斯, は濟むんだからな, は簡單, も要らなかつた, をさせる, をした, をすます, をする, をとつ, をふん, を云立, を以て蘭字活版, を使, を取らず, を同宿, を告, を完結, を必ず, を教, を果した, を濟, を申, を經ずし, を要する, を要せ, を見, を蹈, 及び公判, 及び内部

▼ 手~ (90, 0.1%)

13 をし 4 をした 3 を置い, を見 2 で, で帽子, をお

1 [61件] からちょっとした, か何, が附い, ぐらいな, さ, でこの, でしきり, でぬっ, では十日, では御座いません, でガチャリ, でコード, で味の素, で問え, で四輪車, で屍体, で本箱, で珈琲, で真実, で膳, で茶, で鋏, で餉台, で馬鈴薯, としてこの, とを見, と物, なら僕, なんて仰っし, にこの, になっ, に二百円, のよう, の上, の与力, の十倍, の卒, の大形, の宮坂市五郎, の御, の河野鐵平, の用人伊吹大作, の與力, の與力兩人, の金, はお前さん, も好い, や話, をおしげ, をされる, をしきりに, をしてる, をしました, をする, を半分, を受取っ, を御覧, を打ち損ね, を払い, を面白, を頂い

▼ 手伝つて~ (88, 0.1%)

8 ゐた 3 ゐるの 2 もらつて, ゐたこと, ゐるうち, ゐること, ゐると

1 [67件] あげてね, あげても, いささか無, いて, おくれよ, お呉れ, くださるとして, くれたり, ぐんぐん人気, この一夜, こんな風, そこで酒, その日, であらう, ともかく明日, はいよう, はゐまい, はゐよう, は呉れる, みても, もら, もらつても, も好い, も貰, やつて, やりたい, やる, やると, よ, よけい変, ゐたお蔭, ゐたかも, ゐたに, ゐたの, ゐたらしいの, ゐたん, ゐる, ゐるが, ゐるし, ゐるつもり, ゐるといふ, ゐるには, ゐるのに, ゐるやう, ゐるン, ゐる事, ゐる何, ゐる母, 下さらんか, 下さるならあなた, 下すつて, 何とも寂しい, 呉れ, 呉れた, 呉れない, 呉れます, 呉れるつもり, 居た, 居たので, 或は軽, 早く見せろ, 来たら如何, 来て, 来な, 来るよ, 聊か好意, 見ようかしら

▼ 手~ (86, 0.1%)

15 を出し 6 を顔 4 のやう 3 の中 2 で拭きとり, で頬, は膝, を丸め, を出し掛けた, を取り出し, を被せ

1 [44件] から顔, が皺だらけ, だけであった, で, でしきりに, でも被せ, で上, で包ん, で手, で押し, で拭い, で拭き, で拭き拭き, で椅子, で濡れ手, と涙, につつんだ, に包まれ, に包ん, に包んだ, に包んだろう, に振りかけた, の包, の包み, の端, の箱, はその, ほどの大き, らしい一掴, をあてた, をだし, をといった風, をむやみ, を動かした, を取っ, を取つ, を取出し, を口, を合図, を命令通り方々, を振る, を探しだし, を赤く, を鼻

▼ 手捕縄~ (83, 0.1%)

13 を返上 8 を預かっ 6 をお上, を預かる 4 の手前, をお 3 の返上 2 と縁, を召, を辱, 御返上

1 [31件] が飛ん, じゃ, でも出来る, にかけた, には仔細, にも及ばない, に縄張, のさばき, の功徳, の威光, の御, の晴れ, の誇り, はこの, は持っ, も同時に, をあずかる, をおいた, をお返し, をつかん, をとっ, をもつ, を守りつづけ, を守り通し, を投, を持たせた, を持出す, を放り出したくなる, を預かるこ, を預かるなら, を預っ

▼ 手捕り~ (81, 0.1%)

17 にし 16 にした 9 にする 5 にしよう 4 にしろ 3 にせよ, にせん 2 にされ

1 [22件] などに出来る, に, にある, にしなけれ, にすべき, にせい, にせね, にせられ, にできた, になし, になった, になる, に出来る, に手, に致そう, に馴れ, の掴み合い, の虎, 縄の, 縄を, 足取りある, 足捕り

▼ 手討ち~ (80, 0.1%)

12 にし 9 にする 5 にした 4 になった 3 になっ, になる 2 にいたす, にされた, になされ, に逢った, はなりますまい

1 [34件] かな, かの, というのも横恋慕, という制度, と云え, などという荒々しい, なんど遊ばす, にあっ, にいたした, にさえしよう, にさせた, にされ, にしよう, になどされたら, になどする, にならぬ, になり, になりまし, になりました, になり申そう, になろう, にも致されまい, に致し, に致す, に遇いました, に遇った, に遇わせ, に遊ばす, の夫婦, の恨み, も罰金, も詰め腹, 上意討ち, 下さりませ

▼ 手~ (77, 0.1%)

23 びを 5 びの 4 びに, びは 2 びをにぎった

1 [39件] おのれが, び, びからはずしてかけた腕時計が, びからはずれないで細い, びが, びがつかれますそう, びがぱッと, びで職人の, びと, びなどの, びにかけた, びにかけた水晶の, びにかけた青玉の, びにくつついてゐたことを, びにつけた時計を, びにつける紐だけは, びには, びには二すじの, びにまきつけて書い, びにまとはれ細く, びに二十数カ所腕に, びのあたりに蝗みたいに, びのしびれを忘れ, びのところにも金モールの, びの一部分も, びの痛く, びはいつもさげて十の, びへ, びまではゴムの, びをあげて時計を, びをおさえてみたがそこにも, びをぐいとひっつかむが早い, びをさげて指を, びをしばらくなで回し, びをつかみ止め, びをつかんだが体は, びをつかんで清十郎は, びをめくってこと重大そうに, びを把って

▼ 手~ (77, 0.1%)

7 へがない 4 があった 3 がない, のない, へもない, へもなく 2 がありました, のある, へがあつ, へがなかつた, へがなく, へのある, へのない, へのやう, へを私, もない

1 [34件] がありませんでした, がある, がぐたりとしただけなので, がした, がなかっ, といふもの, なくグラリ, の案外, はあった, はなかっ, は精神, へおもしろく, へがありません, へがある, へがなかつ, へが薄い, へが軽, へし, へしけれ, へである, へといふ, へなし, へのあり, へのな, への無, への馬鹿, へは太根, へも感じなかつた, へも無く, へを待ち望ん, へを求め, へ同じ, もねえで, を持つ

▼ 手~ (76, 0.1%)

2 を伸し

1 [74件] がもがれ, がスクスク, が冷え, が明け暮れ弓矢, が短, が私, が長く, だけ延ばし, でも切り刻む, で俺達, で激しく, といい, と美しく, に, にこんな, にはお話, にばっかり矢, に縄, に見えた, のうづき, のさき, のびのびのばしてよく, のもがき, の一つ, の主体, の傷, の力, の動き, の患い, の渋紙色, の爪, の着け, の關節, の骨つぎ, はおののき, はそれ, は土砂, は恰も, は真黒, は靭, ばかりヒョロ, も太短い, も断つ, も男の子, よりは何等, をかなり, をし, をのばし, をのみ頼まね, をまるめ, をもじもじ, を一緒くた, を以て把握, を以て福, を伸した, を伸す, を伸ばし, を伸べ, を傷められ, を動かす, を少し, を張っ, を張り, を抑え, を極端, を温めるはう, を片, を着くる, を突っ張っ, を突ッぱって地, を縮めた, を裂かれた, を踏み折られ, 各

▼ 手離し~ (75, 0.1%)

3 でオイオイ, はしない 2 こんどは, てし, てしまった, てはいけない, て他家, で泣き, で泣き出す, 度く

1 [53件] がたいこれ, がたいもの, がたい愛着, ちゃいけない, ちゃならぬ, ている, ておしまい, てしまう, てしまっ, てしまつ, てしまつたの, てしまひたい, てなる, ては困る, ては私共, ては自, てもう, てやった, てよこす, てゐた, てスッ, て一体, て上げまする, て了, て人, て再び, て売る, て娘, て寂し, て彼ら, て深田, て独り, て終, て見る, て遣りたくなかった, て金, でしゃくり上げる, では置けない, でひっ込めよう, で大声, で歩きだした, で泣き出しました, で泣出, で笑っ, で自転車, にくいもの, にさせた, になった, のまま, はしなかったであろう, 町内附合ひも出來なく, 難かるを, 餓死と

▼ 手にかけて~ (72, 0.1%)

4 殺して 2 殺したという, 殺したの

1 [64件] あれよ, おられました真, おるからな, お殺し, これまでの, ござる, そのそッ首, その切れ味, その白い, むごたらしく殺した, もとおいいです, ゐますが, ゐるん, 下さりませ, 亡き者, 俯向く, 其の前, 内輪の, 動物的な, 十数種類の, 只今あの, 始末させよう, 嫌疑の, 嬲り殺しか, 崖へ, 引立てますぞ, 当り前に, 彼の, 御経, 性急に, 折角の, 来たもの, 来た図案, 棺を, 検査する, 殺さなければ, 殺した, 殺したわけ, 殺したん, 殺した人間, 殺した男, 殺しました, 殺すとは, 殺すの, 殺すよう, 殺す所, 殺めたもの, 殺らせて, 殺害せね, 滅茶, 焼き上げたもの, 知らず知らず力, 米友に, 絞め殺したその, 綺麗に, 置くの, 育てられない運命, 腰の, 自刃した, 親爺を, 討ったの, 貰いたいかや, 貰れえ, 銅像を

▼ 手頼り~ (72, 0.1%)

10 にし 6 になる 5 にする 3 なさ, のない 2 ないもの, ない身, にしなけれ, にせられ, 無い身

1 [35件] であった, として何處, ないこと, ないでは, ないねえ, ないやう, ない寂しい, ない感じ, ない足どり, なかった, なくしまいに, なくて, なく思, なく思われ始めて, なさそう, にした, にしない, にならず, にならない, にもならない, に崖, に思った, に斬りかかられ, に明かした, に栄蔵, に生き, に進ん, に雌雄二つ, に駅前, の綱, 之に, 度々九郎右衛門へ, 無いお, 笹川の, 紙捻

▼ 手離す~ (70, 0.1%)

10 ことが 5 ことに, のが 4 ことを 2 ことなく, のは, のを, ように, より悲しき, 不安は

1 [34件] かどう, ことだけは, ことで, ことなんて, ことは, ことも, つもりは, とあの, ときは, とともにお, と云, と云う, な, には制作, には当りゃせん, に忍び, に忍びざりき, のには, やうな, より外, わけじゃ, サア望み手は, 不安も, 例あり, 前に, 勇気が, 場合が, 彼の, 所存でございましょう, 時胸が, 段どりで, 気に, 氣は, 話に

▼ 手ばなし~ (68, 0.1%)

3 で泣い 2 た, てしまえ, てしまっ, で泣いた, で泣きだした

1 [55件] かねたので, たいとか, たが, たがらないよう, たくないの, たくないよう, たくないわ, たくない様, たこと, たと, たの, たり家財道具, た作爺さん, た瞬間, た道庵, だったり, だわ, てはならん, て又, て騎士道, であるいて, でうつ伏せ, でおんおん, でそれ, でなぐられる, でなければ, でまるで, でめいめい, でやる, でよろこぶ, で哭きだした, で天真らんまん, で媚びる, で惚気, で歓喜, で泣きだし, で泣きはじめた, で泣きました, で泣きわめく, で泣き出し, で泣き出す, で酒, な, になる, には云え, に一方, に泣きだした, に泣き出した, の否定的壮語, の大騒ぎ, の感, の感情表出, の気, の話, 難うございます

▼ 手おくれ~ (67, 0.1%)

10 になる 9 になっ 5 になり 2 になった, になつ, になつて, になります

1 [35件] かも知れぬ, からとりかえし, が原因, であんまり, でいた, でさっそく, でなぜなら, ではありません, ではない, で今, で命, で妖艶無比, となった, となります, となる, などの時, にしない, にせよ, になったら, になっちゃっ, にならない, にならぬ, に知らされ, に終り, に見える, ね, のよう, の形, の難, は猶, は踏ん, を口惜し, を重ねた, 也, 人選の

▼ 手ぶり~ (67, 0.1%)

3 のよう, をし 2 がある, が都会, が非常, である, で何, を, をし始めました, を見

1 [45件] おもしろくおどり, から本式, が爆笑, だの要するに, で, でいじっ, でスラスラ, で一匹, で丸万, で伸子, で兵部, で去れ, で合図, で喘い, で彩っ, で挨拶, で蟻, で話, で通り過ぎ, というの, ならこちら, につれて見上げる, にはその, にまね, に女, に慣れず, に慣れ慣れ, のおもしろ, のどこ, のよ, の中, は, は握手, は途中, も亦, や足, よく説き, よろしく, をした, をしよう, をまね, を真似, を聴き, を見つめ, 見せば

▼ 手傳つて~ (67, 0.1%)

2 くれたの, くれて, もらつて, ゐた, ゐるの, 居たの, 居るの

1 [53件] おくれ, かこの, きつと, くれ, くれた, くれたん, この匕首, この界隈, この襦袢, これから包, その金, と, はくれました, もらつたから, もらはうと, も桑位, やきもの, やつて, やるさ, やる氣, ゐたが, ゐる, ゐるお, ゐるとは, ゐるやう, ゐる浪人瀧山誠之進, をります, 上げます, 上げようと, 上げると, 下さいます, 下さるん, 下すつて, 何彼と世話, 取替へて, 呉れた, 呉れて, 呉れました, 呉れるの, 固辭, 少しづつ, 居た, 居た日, 居た與次郎, 居ました, 居ますよ, 居りますが, 居るお, 居るやう, 戴きませう, 行くがい, 頂けば, 馴れないお

▼ 手なず~ (66, 0.1%)

9 けた 7 けよう 3 けている 2 けておく, けて置いた, け易い

1 [41件] けお, けたら, けたらしい, けたりし, けたん, けて, けていた, けていろいろ, けておい, けておいた, けてかかった, けてからねゆうべすごろ, けてからは折, けてしまう, けてしまった, けてそれぞれ養子, けても元来, けてシャツ, けて仕返し, けて例, けて北軍, けて困る, けて我が, けて旨く, けて沢山, けて用, けて終に, けて置きたい, けて置く, けて自分, けて自家薬籠中, けなく, けなすった, けにとりかかりました, け人穴, け四国, け時, け玄明, け膝, け遊ばし, け隠宅

▼ 手わけ~ (66, 0.1%)

41 をし 23 して 1 をいたしました, を指図

▼ 手~ (66, 0.1%)

5 から下 3 によりかかっ 2 によりかかり, のほう, の所, を離れ

1 [50件] からからだ, からしばらく, から出し, から川, から庭, から戸外, から葉子, から見つめ, から身, から離し, から離れ, が拵え, が磨いた, で尽き, で後, にすえつけ, にすがっ, につかまり, によりかかった, に両手, に乗り出し, に凭, に垂れた, に手, に掴まり, に支えられ, に猛獣, に臂, に身, に近づい, に頬杖, に顔, に首, のなか, の上, の傍, の傾斜度, の前, の外, の折れ曲がった, の方, へそれ, へと彼女, へ掛け, もない, より下階, をこすっ, を被り, を跨い, を離れた

▼ 手~ (65, 0.1%)

6 足か 5 何かで 3 囁きか 2 ついで朝稽古, へっへっおあいにく, 三手指した, 二手の, 何か, 女の, 足が

1 [37件] いずれとも, お寺の, ささやきか, して, すゝんで, ずさま, ずでこと, ずも, ずや, そうでなけれ, たましひか, ちゃんと見抜い, ついで調布, どちらか, どれが, なしも, なんかで, 体を, 倉の, 先手を, 君ゆるせ, 戸を, 手が, 打手, 投げやりな, 看護婦しか, 窓が, 襟巻きか, 誰か, 足かが, 足かで, 足かを, 足を, 跛足にでも, 轉が, 鑿かに, 頭かに

▼ 手~ (64, 0.1%)

11 といの 7 といが, はりの 6 とひ 3 といを, わしの 2 かむ, わしが, わしだった

1 [21件] かむ草枕旅, がとれた, たく捨てられて, といとして, とひで女中達, どりましたが, どるうち, どると, どる樣子, はしがい, はしだ, はしに, はしを, はりな, はりを, へとして一個百円前後, へに見える, へのもの, へは今, へ上, わしであった

▼ 手踊り~ (64, 0.1%)

7 の師匠 2 が始まる, さうし, でも見せ, に到る, の舞台, の連中, 小唄琴三味線尺八まで

1 [43件] がある, がはじまる, がめだつ, が器用, が大層, が始まり, が心配, が自慢, くらいで, だつた, といったよう, となり, と唄, と書いた, と猿公, と野天芸人, と野天藝人, と銘打った, などあっ, などのあいだ, などをする, などを思い出し, など見せ, なんぞはいつ, に中村辰太夫, のお, のほう, の女, の娘, の小屋, の師匠紀久榮, の梅, の舞臺, の見物, の類, はいまし, や何, よりも片耳, を催し, を加えた, を見, 御歯磨調合人, 素人芝居

▼ 手~ (63, 0.1%)

11 なすこと 5 なすの 3 なを 2 たきを, つけて, なさずに, なさなければ, なすお

1 [34件] さみ, さむ気, しつこいね, たきが, たきしクレルヴァル, たきで, たきでここ, たきと, なさうかと, なさずいつ, なさないお, なさないから, なさないこと, なさないで, なさないところ, なさないやう, なさなかった, なさなかったところ, なさぬやう, なすと, なすとて, なすとは, なすわけ, なすん, なす事である, なす時, なす毎に, なす気, なせない, なせないし, やったり, 取れッ, 洗うて, 除けれよ

▼ 手~ (63, 0.1%)

3 のなか 2 を入れ, を持っ

1 [56件] があれ, が一杯, だけがかかっ, でさっと, ですくい取るかする, ですくう, でそれら, でふい, でもあれ, で三四本, で受ける, で容易, で岸辺, で掬いあげた, で掬いとった, で掬え, で金魚, で魚, とその, と鈎, にかかった, にからめ取った, にとって見た, に入れた, に入れる, のやう, のよう, の上, の番, の真中あたり, の網代, の繕いだ, は使わない, は美術品, へ入れ, へ抜き取った, へ追い込ん, へ追い込んだ, むなしく空, も囮箱, も網盥, や手掴み, をかけ, をひろげ, を乗せ, を仕掛, を仕掛け, を引い, を拔, を持つ, を探る, を操っ, を枝川, を渡したらしい, を見, を重

▼ 手向い~ (62, 0.1%)

7 するか 5 をする 4 もせず, をし 2 して, をした, をしなかった

1 [36件] さっし, されたら親, したこと, しちゃ, しませんから, するかっ, するだい, するなら此処, する手代, する者, する隙, だてと, でもしな, でもする, なしには, なし死物狂い, なぞしなかった, なぞをし, なんぞをしない, はありません, はいたします, はいたしません, は仕らぬ, は大, は致しませぬ, は致しません, もしない, もしませんでした, もできなかった, も何, も出来た, も出来る, を, をいたします, を致しました, を致します

▼ 手を以て~ (60, 0.1%)

2 人を, 掻き退ける如く, 蓋を

1 [54件] おさえて, この小, この紋太夫, これを, して, 一々味, 一種の, 与うるも, 之を, 予が, 其の発頭人, 刃を, 制しながら, 前掲の, 創作する, 去って, 去れと, 取り口を, 右の, 大樹参内の, 奪ひ去る, 家を, 密と, 尋ねれば, 左の, 平田先生の, 広告する, 彈い, 彼の, 愚老が, 愛撫する, 戦った坂田, 押しいただいてから, 掩い, 木の葉の, 片田舍へ, 獲たもの, 甲斐の, 知らせると, 破壊するであろう, 秀吉の, 稲を, 竹ヶ崎南山へ, 習字を, 自らの, 自ら食っ, 自国の, 苦悩の, 記すの, 記す可, 請流しける, 造化の, 頭を, 顔を

▼ 手まとい~ (58, 0.1%)

11 になる 6 になっ 5 となっ 3 となる 2 にし, になります, になろう

1 [27件] いずれは, それに, で自分, といいなさる, とはなるまい, と存じました, と思し召し, と感じ, などと申す, などにはならぬであろう, な中書, な人夫職人ども, な女, にさえならなけれ, にすぎない, にならなかったら, になり, になるまい, にはなる, に煩わされ, に考え, はお, は困る, もまず, 以外の, 御奉公, 早く早く

▼ 手押車~ (57, 0.1%)

5 の上 4 を押し 3 に乗る 2 で運ばれ, に乗せ, を押し悩ん

1 [39件] から飛び下り, がきた, が廊下, が待っ, が扉, が通る, で, でつれ, でまた, で廊下, で手術室, で次, で運ばせ, という物, と向日葵, について甲板, につかまった, につん, にのせ, にブリキ罐, に乗っ, に手術器械薬品, に積まれ, に紙幣束, のあと, の前方, はしずしず, は泌尿科, や寝台車, をごちゃごちゃ, をよけよけかたまっ, を二人, を使っ, を信用, を停めさせ, を室内, を押出, を支え, を自分

▼ 手~ (57, 0.1%)

5 をし 3 手拍子ひとつも 2 の怪しき

1 [47件] から仕上げ, がつ, がなに, が単純, が拙, が暫く, が渡世, となりけれ, と言つて, にて何, に桜木, のこと, の戯, の戲, の金蔵, は忘れ, は足取り, は驚くべき, または綱渡り籠, もおぼえた, も二三人, も徳田さん独特, も押並, も鮮, をした, をする, をぢ, を右, を渡世, を見, を見せ, を見せた, を見もて行く, を見るべく, を醜く, 優しく, 其一部の, 口振, 口振で, 坊主の, 態度を, 狂ほしく, 足取, 足拍子, 足拍子可笑く, 足振, 足振りおかしく

▼ 手~ (55, 0.1%)

2 がある, と靴, によって立証, を並べ, を見た

1 [45件] からあまり, がたしかに, がどこ, がべったり, が一挙, が明, だがねえ, であったという, ですか, でイカサマ師, でホンモノ, ともう, と二枚, についてなにか, に相, に相違, のこと, のやう, の写真, の紙, の鑑定, はある, はお, はカトリック, はホンモノ, は兄, は同じ, は美津子さん, も出, をすりかえ, をすりかえた, をとり, をとりだし, をどう, をスリ, をテーブル, を奪い返す, を捺し, を捺した, を探す, を盗まね, を盗んだ, を紙, を見ました, を見る

▼ 手~ (55, 0.1%)

13 の中 4 から鍵 2 の底, の証文, の證文, は早く, をそんなに, を取出した, を平次, を持ち出した, を置いた

1 [20件] があります, でした, です, ですっかり, に入れ, に入れた, に入れよう, は公儀役人, もとより高価, をお, をひきあけ, を中味ごと, を中味ごとそつ, を奪, を奪い取る, を妻恋坂, を妻戀坂, を見る, を預かっ, を預つ

▼ 手~ (54, 0.1%)

3 合わして 2 ついて, にー, に這入った, やいう, 出しなさい, 切れるよう, 取って, 廻して

1 [35件] あてて, かけて, が廻った, たたいて, だん, でんねん, で収まり, で隠して, で顔, にある, にでも渡ったら, に乗る, に薬, に触れる, のよう, の上, ひん捻って, や足, 付けなかったと, 伸ばして, 借らんと, 入れるん, 出した形, 取られて, 合わすよう, 咬まれるとは, 引いたいうの, 抜けるさかい, 挙げるなんぞ, 握ってて, 握ろいうこと, 次第に冷め, 経て, 触れる気イ, 退いて

▼ 手がら~ (53, 0.1%)

8 をたてた 2 をたて, をたてる

1 [41件] こってりした, だ, だよ, です, ではない, でもした, などあっ, などでも若い, にあった, にかけた, にしたい, になる, の一つ, の水色, の申開き, の紅, は水色, までも横取り, も大きく, をあらわす, をうばわれ, をお祝い, をかけ, をさせ, をさせたい, をじまん, をたてない, をたてよう, をぬき, をひとり, をほめ, をほめたたえる, をも致, をよこどりされたそねみ, を奪われる, を掛けた, を立てた, を立てたら, を立てられ, を立てろ, を顕さうず

▼ 手~ (51, 0.0%)

9 たへが 7 たへも 6 しらえ, たへの 3 たへを, をした 2 たへで, ちに

1 [13件] しらへに, たへ, たへあ, たへありき, たへす, たへなく, たへなし, たへは, たへや, ちにあうもん, ちにも, はく感じられた, はさと

▼ 手である~ (51, 0.0%)

3 ことは 2 ことを, といふ心持

1 [44件] か, かどう, かも知れない, からかの, から一面, から木村, がこんど, がその, が大正初年, が幸い, が木々彦, が選挙, ことだ, ことには, という光栄, とか彼以上, ところから, とは断定, と初めて, と教え, と獵師, と考える, と聞いた, と語つた, にしろ, にすぎない, のだ, ので直ぐ, のは, ほんとの, ように, 人を, 人間を, 女の, 最小限進歩線である, 樽野は, 演出者土方与志は, 男の, 男より, 異性に対して, 美和子の, 蔵相は, 飯坂上等兵だった, 高崎の

▼ 手として~ (51, 0.0%)

2 太平山へ

1 [49件] あらわれた, いつも負け, これまでも, その一顰一笑, ただ神をしか, もつという, わかるところ, われわれは, ライプチッヒに, 争いを, 今日生き, 以て, 傷つきながら, 働いて, 働こうと, 僕が, 勤務する, 受取るには, 吉原の, 奮闘し, 女が, 定評の, 御退屈, 必要な, 愚楽老人は, 戦う覚悟, 持つ台湾, 放って, 斬るか, 日々髪結洗濯の, 旧来の, 是処に, 書いたの, 書き始めたの, 海道にも, 独特の, 用ひられる, 男二人を, 立上る, 美しいであろう, 職業に, 自分の, 見ざるを, 見る上, 赤手を, 軍医の, 軍醫の, 雄名其仲間には, 離すまいと

▼ 手~ (51, 0.0%)

5 の爪 2 を見

1 [44件] が眼, が鉤, つめどこ, で之, とに昔, と矢, と頸, と顔, などが窶れた, には無数, に力, に無数, に触れた, のあやしい, のわな, の下, の先, の印章, の抒情性, の赤く, の運動, は節, は見る, は関節, は鵞王手, ばかりでなく, ばかり佩い, も長, や握り拳, や足指, をそう, をもっ, を佩い, を傷, を傷つけ, を掻い, を暖め, を洗った, を痙攣的, を示せ, を立て, を見つめ, を隠し, ノ消毒方法

▼ 手習師匠~ (51, 0.0%)

3 の光川左門太 2 だこれ, でないと, と, と鑑定, などいたし, にでもなる, に見立てた

1 [34件] があった, が住ん, が大変, じゃねえと言った, だから, であったし, でせう, でないって, でないつてこと, でもなされ, で仏様, で佛樣, となり, と言っ, などをし, にあがった, にでも聞く, にも菩提寺, に訊く, に通っ, のところ, の住い, の折紙つき, の折紙付, の某, の証拠, の證據, の進藤孫三郎, の進藤孫三郎さん, はもう少し, へもっ, や医者, をし, をやっ

▼ 手きびしい~ (50, 0.0%)

82 ですね, ね, 引導を, 揶揄が, 攻撃の, 方ね

1 [30件] いたずらを, お祓いも, けれど道理, と思った, なあ, ねえ, のも, ようじゃ, 事を, 博愛は, 厳格さが, 宣告までが, 尋問の, 嵐に, 意見を, 所が, 扱いを, 抗議も, 振舞いを, 方法で, 極端な, 注意を, 狂言は, 禁教政策で, 罵倒に, 者も, 肘鉄砲を, 質問を, 躾を, 返事を

▼ 手さき~ (50, 0.0%)

2 がき, でで, となり, を少し

1 [42件] がしびれ, がふるえた, がむずがゆい, が一つ, が不器用, が見え, が見える, が震えた, が顫, だけ出し, だけ温かい, だけ炬燵, であろうが, で扱い, となる, に, になっ, に使, に使う, に使われ, に呼び集めた, に眼, のふれる, のみで, の冷た, の器用, の運動, は女, は小さい, は頤, へいっ, まで伝わる, や手首, をしっかり, をみ, を動かし, を唯, を小鬢, を掻きむしった, を湯, を葉, 釜の

▼ 手はじめ~ (50, 0.0%)

2

1 [48件] だ, でそんなに, としてただちに, としてふみ子, としてメグ, として決して, として私, にこいつ, にし, にする, にとひとり, になる, にまず, にやつ, にわたし, にクラスノヴィードヴォ, にシベリヤ生活, に人間, に何, に先夜, に入港税, に出版, に動坂, に嘉永四年, に大庭景親どの, に家, に少年助手, に屋敷, に引き入れる, に彼, に房一, に文部省令, に早速, に植木, に正造, に武家義理物語, に母, に河向, に私, に自分, に試験的, に醫師, に金銭, に階上, のよう, の出陣, の御, は回向院

▼ 手ランプ~ (50, 0.0%)

4 の光, の影, を點 3 を消し 2 に光, に移す, を出し, を持つた

1 [27件] が一つ, が柱, が薄闇, が頼り, が點, などの道具, には少し, に其の, のぼう, の下, の油煙, は近所, へ點, もない, も點, をお, をつけ, を持ち出し, を提げた, を消した, を渡す, を点け, を置い, を翳し, を近づけさせ, 持つて, 点けろ

▼ 手もて~ (47, 0.0%)

1 [47件] おふしぬ, その破れたる, 之ぞ, 人を, 今, 今やその, 再生の, 制したが, 制しつ, 剣の, 取って, 口に, 口を, 叩かせ, 園を, 壁を, 我胸を, 我頬を, 払えば, 払へ, 拭ふ, 捉ふる, 接吻の, 掩ひ, 握れる故, 揮く, 摘みて, 摸すれば, 摸索す, 撫でつつ, 数へて, 智慧の, 曲げなば, 書きたれ, 歌をば, 水を, 汝の, 蛇の, 触れ得なくなるの, 足を, 遽に, 面を, 頤を, 頬を, 頭の, 額を, 風琴の

▼ 手籠め~ (47, 0.0%)

10 にし 8 にしよう 5 にした, にする 3 にされ

1 [16件] か何, です, にいたそう, にされる, にせし, にでもなる, にも仕, に合い, に担っ, に逢い, に逢っ, に逢った, に遭っ, の乱暴, の苦痛, も同様

▼ 手~ (46, 0.0%)

3 ている 2 一夜に

1 [41件] てひしと, てぶら, てもみな, て一ツ一ツ, て二人, て介抱, て何, て傲然, て出, て力逞, て南無阿弥陀仏, て右, て姪, て小, て彼, て慶祝, て書ける, て望むべきで, て此所, て歩いた, て獲つる, て突っ, て竿, て結びし, て美しき, て育てられし, て見ました, て踊, て身, て迷児, て逍遥, て重, て鉛筆, て露, ながら現れた, ながら私, ながら見守っ, バ, 先づ二人の, 既に相当, 関五郎を

▼ 手~ (46, 0.0%)

3 である 2 がない, として観念

1 [39件] お咲, から犯人, がつかない, が無い, じゃ無い, だ, だ是, ている, でも有, としては非常, と仕給う, なき人殺し, にし, になつて, になり, に寧ろ, に留意, に遣れる, の五人, の名, の役人, の発見, の管轄, の調, は, はおろか, は一つ, は些, は最初, は有る, は男, もない, も無き, を分析検討, を基礎, を得る, を掴み出した, を掴んだ, を発見

▼ 手きびしく~ (45, 0.0%)

1 [45件] いうこと, いって, おっしゃるもの, こう一蹴, この怪人, さとらせるから, されて, それを, たしなめて, とっちめたの, はねつけた, はねつけられた平中, はねつけるの, やっつけたつもり, やっつけられたロケット隊, やりかえした, やり込めるよう, トドメを, 乱暴を, 刎ねつけられた, 反感される, 反撃された, 叱って, 圧迫した, 当てつけること, 御吟味, 思い知らせた, 悪たれを, 抜け目なく, 描いたもの, 撃退した, 撥ねつけられたので, 断られると, 決めつけられ官兵衛, 甲斐に, 示されたが, 突っこんで, 語り得てる者, 責めた, 返答を, 追い返した, 追い退けられた, 追ひ返した, 邪魔した, 非難した

▼ 手~ (45, 0.0%)

5 がない 3 へのある, へのない 2 があつ, がある, のある, へがあつ, へがある, もなく

1 [22件] があった, がする, がなかっ, が無い, である, のあれかし, はあっ, は好い, へある, へがない, へがなく, へだつた, へとパツシヤン, へに較べ, へのあつ, へのあるらしい, へはきつく重苦しい, へもありません, へも違つて來, へを誤魔化す, へ何處, へ鉄

▼ 手~ (44, 0.0%)

5 いぞ, い相手 3 い敵 2 いと見, いの, いので

1 [25件] いお方, いごろつきぞろい, いと見える, いと見た, いと見る, いらしいの, い人間, い土匪, い場合, い女, い意地悪, い意見, い感じ, い旅人, い相手ども, い相手数人, い褌, い貝六風情, かつた, きに, きほど, き仕打, く思つたの, く感じられた, ければ

▼ 手切金~ (43, 0.0%)

2 の調達, を出し, を渡し, を請求

1 [35件] うけとりに, かい, だと, だの慰藉料, としてお, として千円, と堕胎料, と言, なんて程澤山, につき, に親子, の一部, の五十両, の問題, の請求, までまきあげた, まで出す, も主人, らしく思はれなかつた, をあたえ, をくれる, をせがむ, をたんまり, をとられた, をまきあげられ, を下賜, を千兩, を強請, を持たせ, を持参, を用意, を貰つた, を遣つた, を遣つたさうだ, を頂い

▼ 手~ (42, 0.0%)

6 えの 4 えが, えは 3 えたち, えで, えに 2 へのやう, へは何

1 [15件] えだって, えら, えらふたり, えッちょ, えマイナス氣, え達, が, に木村, への云つて聽, への墓, への死, への知, への頭腦, へはなあの, へは畜生

▼ 手~ (42, 0.0%)

2 とわが, にまでうやうやしく, の敬礼, もひと, もやがて

1 [32件] がきょう, が来なくなったら, が置い, というもの, と三人, と物, と言葉, と車掌嬢, にとっては嘸かし, に味方, に連れられ, に遣る, に風, のはなし, の出入り, の努力, の労, の場合, の方, の郵便物, はトラホーム, は五十ぢかい人, は今一度, は平地, は毎日毎日忠実, は背, は青島戦争, もじつに, もそのまま, を一種, を何気なく, 引っ返して

▼ 手~ (42, 0.0%)

4 の筏 2 の侍, の脅迫状, の諸

1 [32件] お組, が駈け, というもの, とは彼, のお, のこの, のひとり, のもの, の一人, の不安, の九鬼弥助, の二人, の人達, の侍ふたり, の大将, の女もの, の市川又太郎, の後備, の森様, の横丁, の正体, の者ども, の菱筏, の被害者, の馬, へ各, へ帰参, もおどろい, もたった, もみな大小, も一緒, 助六

▼ 手なみ~ (40, 0.0%)

5 を見せ 2 は, を拝見, を知っ, を見

1 [27件] いかにと, がこれ, が窺われ, であるぞ, でもわかる, で銅貨, なん, にあっけ, にさすが, にさも, には敵, にふかく, にもこりず, に感心, のすぐれた, のほど, のほどを見物, はさっき拝見, はすでに, は先刻承知, は吉岡, は舟芸人, もよそながら, をはいけんしよう, をほめた, を見よ, を見ろ

▼ 手からは~ (39, 0.0%)

5 なれて 2 たりと, 久し振りの, 第二

1 [28件] あまり好き, なれたの, なれなかった, なれられたの, もう何, もう錢, やや着弾距離, 一日一回一銭しか, 何が, 作り得なかった, 依然一枚, 兎ても, 和蘭の, 得意の, 徳利が, 早くも, 書物を, 木刀が, 毒薬でも, 泉岳寺の, 煙管を, 笛を, 茶碗が, 落さず, 蒲生氏郷を, 逃げつづけて, 鈍重な, 銭が

▼ 手たち~ (39, 0.0%)

2 に話し, は云った, は反対

1 [33件] があの, がぶうぶう, がド, がモツァルト, が塊, が夜食, が席, が帰っ, が来, が結論, が自動車, が見え, と共に馬, のま, の仲間, の出会う, の口, の姿, の自棄糞, はおどろき, はそれ, ははじめて, はもう, はもっと, はスパナー, は一言, は相, は私, は蒼ざめて死, は身, は車, よ, を顏色

▼ 手なんか~ (38, 0.0%)

2 握られたらどんなに, 見て, 駄目よ

1 [32件] ありゃしませんよ, スッカリかくれ, 二本や, 付けると, 借りないです, 入れちゃ, 入れちや, 入れなくたって, 出して, 出す奴, 出せやしないじゃ, 叩いて, 大きさ, 居ないと, 引つ張りつこなし, 引張つて, 振って, 握って, 握つて, 握りますよ, 教えて, 突っ張らかさなくたって, 突っ張らかして, 突つ張らかし, 突張らかさなく, 翳すない, 色は, 要るもの, 見ないの, 覗かせて, 離すなよ, 駄目です

▼ 手にと~ (38, 0.0%)

7 つて見 3 つては 2 つて嬉し, つて見た, まつたり, まつて

1 [20件] いうより, つたに, つたのが, つて, つてぢつと, つて中を, つて味は, つて底に, つて接吻し, つて楽しむ, つて歩き出した, つて眺め, つて眺めた, つて見つめ, つて見比べ, まつては, まつても, ッつかまりました, 忙は, 移り行っ

▼ 手まえ~ (38, 0.0%)

2 もあり

1 [36件] いったんは, が磯屋五兵衛, さすがに, で今後, で心, ども上屋敷, にある, には用, にも当の, に来た, のあつかいます, のたつ, の友人ゆえ, の宿, の屋敷, はしばらく, は主, は舞台, までいっ, まで見送っ, まで追いつめられ, も橋, われと, をおそれ, を木深く, 不見, 何も, 味噌で, 大きな声, 娘の, 寒松院, 恰好の, 松戸の, 気が, 男を, 表面だけでも

▼ 手~ (38, 0.0%)

3 の方 2 で身

1 [33件] からとび降りた, からのっ, から仰向け, から導い, で支えね, で李, にのぼっ, にのり, には黒ん坊, にゐる, に上る, に乗った, に前途, に坐っ, に廻ろう, に腰, に腰かけた, に顕, のよこ, の兵士ら, の婀娜姿, の屋根, の後, の栓, の横腹, の水, へとび乗っ, へポイ, へ一緒, へ飛び掛った, へ鮮麗, を相手, を見た

▼ 手~ (38, 0.0%)

14 ぎして 4 ぎした, ぎするよう 2 をする

1 [14件] ぎされて, ぎしたスクルージ, ぎしなんと, ぎしますもん, ぎする, ぎするから, ぎすると, ぎするの, ぎするので, ぎする恰好, ぎする者, するに, をし, をした

▼ 手だった~ (37, 0.0%)

2 か, のです, よ

1 [31件] かしらとふと, かも知れない, かも知れん, からいくらか, が, があいそ, が子供, が小牧山, ことを, そうで, といっ, と云う, と後世, と思います, と思う, どこから, の, のかと, のさ, のだ, のでございます, のでしょう, ので一昨年脳溢血, ので桝, ので梅軒, ので相手, のよ, ような, わ, 事は, 時にゃ

▼ 手を通して~ (37, 0.0%)

3 胸へ 2 執念深く願, 大坂城の

1 [30件] いろいろの, ゐたら, ゐると, ミーチカの, 七輪に, 仕送って, 出の, 外記も, 威勢よく, 岸本の, 当家様へ, 押しいただきガツガツ, 書面を, 服も, 本尊の, 柳営に関する, 桑名藩に, 正二が, 渡されたこと, 用ゐた, 畳に, 発表前に, 碩翁に, 綺麗な, 肩の, 英船へも, 行われた, 見るの, 負いあるくよう, 送られて

▼ 手摺り~ (37, 0.0%)

3 にもたれ, に寄つて頭痛 2 から下, に倚

1 [27件] から体, があり, がさ, がついた, が出, とがあり, と同じく, にかかった, にかけた, にもたれた, によりかかっ, に凭れ, に凭れる, に取りつい, に干し, に洋服, に添うた, に當, に鈴なり, に駈け寄っ, のところ, の処, は桂御所, は桂御所の, へのうのう, まで持っ, をたたく

▼ 手~ (37, 0.0%)

4 の中 2 に一つ

1 [31件] から二, から出, から帳, から見付け, があった, があるだろう, がいつのまにか, がおい, が幾つ, が置い, が變ぢ, が転がった, その蓋, だの抽斗, などを探しました, に今, に入, に入れよう, に入れられる, に守袋, に秘められた, の底, の指紋, の薬嚢, は廊下, は開けつ放し, へ納めた, や白, をかせ, を置い, を褒美

▼ 手~ (37, 0.0%)

6 ひに 5 ひから 4 ひが, ひは 3 ひの

1 [15件] で失敗, で後, については充分, に慣れ抜いた, に盤, ひ, ひから見失つて了つた, ひだらけ, ひて, ひでした, ひにな, ひや, ひを, ひ多く, へばポカリ

▼ 手だけ~ (36, 0.0%)

10 では 2 だった, 水の上へ

1 [22件] だ, つなぎ合って, でいい, です, ですから, ですべって, でなく身体, で勝手, ならば, 動かして, 土中から, 嵌めて, 延ばした, 手袋を, 持って, 欠けて, 止めて, 洗った直二, 発明した, 窓から, 見たって, 見ると

▼ 手です~ (36, 0.0%)

7642 からね, くつて, けれど彼女

1 [13件] かいくつ, から僕, か向っ, が, があれ, がね, が前後の, が私達, って, な, の, よナアニ, 手です

▼ 手という~ (36, 0.0%)

6 ものは 3 のは 2 のを, ものを, やつで, 文字を

1 [19件] ことが, ことも, ところのかどに, のが, のでございます, ものこのあらゆる, ものである, ものも, やつは, わけであろう, わけ折角, んだ, 人が, 先入主も, 奴で, 意味で, 手を, 汚ない, 職業の

▼ 手~ (36, 0.0%)

4 をし 3 をする 2 に入り込ん, をした

1 [25件] いとは, いながら, いに, いを, うた者どもへは, して, しても, する訳, っていた, ってくれまい, ってもらえ, ってもらえよ, ってやっ, って私, として自分, となる, にお, になっ, になる, に來, に働かせられ, に坐っ, に行ってた, に行つて, までする

▼ 手さえ~ (35, 0.0%)

2 ふるえて, 自由に

1 [31件] ありゃいがみ合うん, かけない内, かければ, つけた範覚, つけられぬ不甲斐な, とどけば, ふるえだしたのみ, ふれあわで送り, わなわなさせ, 借りたい今, 動かして, 動かしません, 動かすひま, 動かなくなるん, 姿を, 家へ, 封じたならば, 届くくらいの, 届けば, 掛けて, 握って, 横へ, 汚いと, 無事なら, 眼に, 血で, 触れなかった幾通, 触れようと, 躊躇いがち, 通せば, 静脈の

▼ 手とを~ (34, 0.0%)

3 見て 2 もって

1 [29件] おけば, お忘れ, きり離し, この世ならず, ちらと, もつて, もみ合せる, 一緒に, 伸そうと, 働かしながら, 加うるであろう, 失いません, 微笑し, 打払って, 拘引しなく, 挙げざるなりき, 有して, 洗った, 狂人の, 神経とともに, 私は, 称賛さしに, 突いて, 組み合せたがいに, 組み合わせ輝ける, 続けさま, 自由の, 見比べる, 見較べたが

▼ 手すさび~ (31, 0.0%)

32 が動機, に彫った

1 [24件] といいました, とは事, にさわっ, にし, に堕し, に山百合, に弾い, に指, に振り上げ, に浸し, に煎餅, に紅き, に自分, に近頃買, に過ぎない, に陶器, のあった, のあと, のよう, の観音像, の音, ゆえ人に, より, を詠んだ

▼ 手つづき~ (31, 0.0%)

3 をすませ 2 がとられる

1 [26件] がいります, がこれこれ, で原爆, としてはそう, と使用, に手間どっ, の予想, はげんじ, はまずこう, は後で, までさせ, も何, やら牢内, をお, をさせ, をさせよう, をし, をすませた, をふむ, をふん, を取る, を済ます, を濟, を熱心, を踏み, 身柄の

▼ 手とが~ (31, 0.0%)

2 一如に, 堅く握り合せられ

1 [27件] あまり程度ちがわぬ, からみあいました, こしらえて, こわれたドア, ひねもす政党政治, ぴつたり一致しなけれ, まるっ, 一元に, 乗つて, 別になる, 半ばきまりわる, 帰って, 手わけを, 握られた, 握り合わされた, 明かに, 東横堀川の, 水中で, 汚いしみ, 波の, 烈しくもつれ合った, 相觸, 西馬音内以上にすら, 触れ合わんばかりに, 逆に, 鈴なりに, 降りて

▼ 手~ (31, 0.0%)

2 にいちいち

1 [29件] が, がおも, がこの, がさかん, がずいぶん, がそれぞれ何千騎, が出入, が浜松城, そんな奴, だった, だろう, でござる, でしょう, でないと, として, とはちと, とは金, などもあっ, なの, にあした, に灸, に睨まれ, の, の仲間, はもう, は元, は雪, ばかりであったろう, も抱きとめられ

▼ 手~ (31, 0.0%)

3 の中 2 を開け

1 [26件] が先, であった, と共に彼, と包み物, と書, と浅黄キャリコ, と袱紗包み, などを乗せ, に遽しく, の口, は僕, は勘次, をさげた, をもっ, を一つ, を取った, を取直し, を奪, を抱, を持っ, を提げ, を放り出す, を群集, を膝, を開き, を預け

▼ 手まで~ (30, 0.0%)

2 かりて, 借りて

1 [26件] いたの, かけた, かり出して, くると, こんなに傷だらけ, こんなに紅く, にぎらせて, ひきよせた, ふるへて, ホッと, 上へ, 借りたと, 冷く, 掛けたが, 放して, 暖いわ, 狩りたてて, 白かった, 皆教, 知って, 臭くなります, 貸したから, 身を, 鎌首が, 驅り出し, 鮮血に

▼ 手よりも~ (30, 0.0%)

3 先に 2 驚くべき創造者

1 [25件] あの小父さん, おまへたち, ずっと小さい, もっとやわらか, やわらかだ, より美しく, キメが, ザラザラと, ゾウの, 何よりも, 口が, 口の, 後ろから, 敏感そうで, 数十年以前に, 汚れた感じ, 決して熱く, 濡れた瞳, 紙の, 若くて, 荒々しかった, 辛辣です, 透き通って, 遥かに, 頭で

▼ 手とは~ (29, 0.0%)

1 [29件] いえぬ, いえ丹下左膳ひとり, お互いに, しっかりと, なりません, 割合に, 動いて, 取れず, 呼ぶの, 四つ五つ長者である, 定めし秀子, 対手が, 対眼鏡から, 幼い時分, 思へぬし, 手が, 段ちがいであった, 決して然ら, 漸との, 異わ, 眼をかは, 練油で, 見えないほど, 言わなかったが, 誰の, 違いますえ, 違ったもの, 違って, 間違えますまいですから

▼ 手ッ取り~ (29, 0.0%)

3 ばやく, 早くいえ 2 早い, 早く云う

1 [19件] ばやい, ばやく利け, 早いから, 早いが, 早いよう, 早いんで, 早い丸太組み, 早くかたづけた, 早くその, 早くは, 早くやってくだ, 早く云いましょう, 早く云え, 早く出来, 早く珠数屋, 早く申します, 早く確実, 早く言う, 早く道劇

▼ 手~ (29, 0.0%)

2 取リ語レドモ

1 [27件] ウンウンヒツパツテ, カケタラ手ガ滑ッテ起キラレナイ, カラメテヰル, サガシテオル, シテイルト云ウ, ツケナイ方ガイヽヨ, トリ級デ, ノバシテヤッテヨナカニコエヲ出スノガオッカナイノデハジメダマッテユスッテイタガオ母ッチャハナカナカ目ヲ, ハナストスグマタパタリトタオレテシマヒマシタ, 以テ最善ヲ, 出シタコトガナイカライヤダトイッタラ, 出ス様ナコトガアルマイ, 取ッテイルノダッタ, 合セテ言ウ, 合テ深, 少シ, 引イタカイスイヨクジヨウノバン人ガムカフカラ歩イテ来ルノガミエマシタ, 思ウヨウニ使ウコトガ出来ナイノデ一層, 掛ケテ云ウカラオレガ云ウニハソレハ兄デモ御, 握レ, 曳カレテ庭ヲ, 洗ッテ来ルワネ, 洗ヒ然, 經由セザル國民ナリ, 藉スデアロウカ, 貸シテクレタマエ, 附ケサセヌ毎日毎日アバレ散

▼ 手~ (29, 0.0%)

3 のこと 2 をお

1 [24件] が動いた, が即座, で札, という竜, とかあれ, に呼ばれ, の一件, は畳, は竜, は部屋, は金, へお願い, へなにとぞ, へ眼, へ視線, を, をかざし, を右手, を投げ捨て, を持った, を捜し, を汚な, を眺め, を見較べ

▼ 手じゃ~ (28, 0.0%)

3 ない, ないか 2 ありませんか, ないの

1 [18件] お困りでございましょう, そんなに度々行水, ちょいと, とても馬鹿, ないお母さん, ないと, ないわ, なかったわ, なしお, ねえか, ねえん, やって, アなく, アね, アねえ, 法華信徒一同に, 立処に, 起きられないだろう独り立ち

▼ 手つ取り~ (28, 0.0%)

11 早く言 2 早い作品, 早くしなけれ

1 [13件] 早いぜ, 早い例, 早い解釈, 早え, 早くは, 早く下手人, 早く仕度, 早く彼, 早く惚れたら惚れた, 早く済んだ, 早く筋, 早く胴切り, 早く調べ

▼ 手~ (28, 0.0%)

4 しいな

1 [24件] しいお預け, しいぢ, しいね, しいの, しいので, しいもの, しい事, しい批判, しい書, しい法治論者, しい處分, しい非難, しくお, しくやつ, しくやられたと, しくやられて, しく忠一, しく批難, しく申, しく耻, しく自由勝手, しく譴め, しく非, しく響くこと

▼ 手~ (28, 0.0%)

9 の猿

1 [19件] がいる, がツカツカ, が下, と愛護, と感じ, にお, のする, の奴ン, の子ら, の手, はふと, は全く, は早速, また番, もその, も与次郎, も残り惜し, を先頭, を舞

▼ 手だけが~ (27, 0.0%)

2 血色も

1 [25件] あいま, あっても, い残って, まだ庭, テーブルの, 不思議に, 何うし, 何か, 動いて, 宙乗りし, 小さい腕, 少しひどい, 延びすぎたアゴ, 当面の, 残って, 母の, 滑稽に, 物見に, 相手で, 私を, 空間に, 突変し, 紹介され, 顏にも, 顔にも

▼ 手ちがい~ (27, 0.0%)

2 で何度, のため

1 [23件] かいまだ, かと狼狽, か八月, か或いは, があった, が起る, つづきの, でそれ, でそん時以来, でとか聞い, なく達して, になる, に狼狽, はふかく, ばかりで, をし, を惹き起す, を来し, を生む, を生んだ, を見た, を見る, を詫びた

▼ 手をも~ (27, 0.0%)

2 休めないで, 法衣の

1 [23件] ぎはなすほどの力さえ, すこし挙げ, ちっとも辞退, ぢも, よごさず口さき, 休むること, 加へ, 取らないばかりに, 待ちけれど, 払い退けて, 持ち添えて, 挙げざりきやがて, 握つたこと, 握りながら, 搦めとらへて, 汚さず口, 洗ひぬ, 焦し, 苦しめた, 見た, 触れさせず自由, 触れざらん, 足をも

▼ 手について~ (26, 0.0%)

2 感心し

1 [24件] おらん, おる山部主税, お詫びし, きた焼け残り, そこから, その横町, ひねり腰に, ゆきたい希望, ゐる血, 休めとか, 信貴山攻めにも, 倫を, 力限り働くであろう, 去年洛中の, 宇治川の, 宇治川へ, 居た私, 居る死骸, 左の, 本因坊門下の, 浮田方へ, 鎌倉攻めに, 陣前に, 静かに

▼ 手みじか~ (26, 0.0%)

4 に話し 3 に言え

1 [19件] な平気, な言葉, な記録, にいう, にいうなら, にいえ, にきょう, にこの, にわけ, にガスパール, に一部始終, に実は, に彼, に昨夜, に火星兵団, に石見守, に言っ, に話した, に語った

▼ 手をと~ (26, 0.0%)

2 つたのは

1 [24件] いって, つた, つて, つてゐた, つてキスを, つて一勢に, つて出奔する, つて失踪し, つて接吻なさいました, つて握り締め, つて教へ, つて教へて, つて曲げた, つて消え, つて見, つて親しく, つて遊興に, ほさん奴, ほしたこと, ほしたやう, ほして, ほすため, ッて, ツて

▼ 手をば~ (26, 0.0%)

2 振は, 通さず帽

1 [22件] いやに, お濯, ッと, 上から, 今夜も, 刺す穂麦, 加へたり, 合せぬる, 外より, 弥よ, 按かれた, 振るたび, 放さで連, 放す時, 暫時握, 洗ひ, 洗んと, 無手と, 無理に, 益す弛めず益す激, 私が, 釈かざらん

▼ 手ひとつ~ (25, 0.0%)

2 で育てあげられた, に育てられ

1 [21件] でそれ, でとにもかく, で世間, で五人, で嚴格, で娘, で子供二人, で寂しく, で幼い, で建てた, で木ぐつを一対, で気まま, で法隆寺, で片, で育てられた, で育てられました, で育てられる, になった, 挙げれば, 握らず唇ひとつ, 握ろうという

▼ 手掴み~ (25, 0.0%)

6 にし 3 にする

1 [16件] だ, でとれた, で喫, で四斗樽, で水, で片付け, で米, で食い, で食べ, とても決して土人たち, にしたい, にしよう, にはちと, に取っ, のまま女, の二銭銅貨

▼ 手だけは~ (24, 0.0%)

1 [24件] さしてくる, しかし抱きしめ, とつた, なぜか, ねえが, もう馬車, 上の, 人真似に, 何か, 勢が, 少し寒かっ, 尖細, 幾分か, 彼の, 持たして, 放した, 未だ俺, 死力を, 毎日石鹸で, 綺麗だ, 繋いで, 肩に, 辛じ, 達者で

▼ 手との~ (24, 0.0%)

3 力に 2 働きが, 働きの

1 [17件] おちこんで, 上に, 個性が, 働きに, 働きによって, 労働組合は, 喧嘩を, 心が, 接触が, 流れに, 生活に, 聡明さは, 間で, 間に, 関係を, 關係を, 階級に

▼ 手なら~ (24, 0.0%)

1 [24件] い草紙で, こうあの, こうと, こんなにまで, しの品, しをし, しを京, し見た, と常識, ばよろこん, ば久方ぶり, ば眩しい, ば私, んか, 五十六十手なら, 五十手と, 五十手百手なら, 何, 六十と, 善くつて, 撞木擦れ, 格別余, 百手, 誰にも

▼ 手にでも~ (24, 0.0%)

2 かかれば

1 [22件] いれると, かかったの, かかろうもの, もたせると, メリケンを, 何でも, 入ったらそれ, 入って, 入つて, 入るよう, 入れたん, 引渡されたら, 打つかったもの, 捕まえられたら取返し, 捕われたのち, 提げて, 撫でられたよう, 渡されてか, 渡されるん, 渡るもの, 着物にでも, 縋り付いて

▼ 手ばかり~ (24, 0.0%)

3 振って 2 では

1 [19件] さすので, です, でつくる, でなく両手両足, でなく足, で育つた, にぎって, ゃほんとに, わずらわせず自分, 付く, 動かし出した, 叩く, 固くにぎり締めた, 振った, 焼けて, 脱いだの, 荒いよう, 見つめて, 見て

▼ 手へと~ (24, 0.0%)

2 渡された, 渡されて, 渡して

1 [18件] かたくお, わたされそう, 何か, 夜ごと引き継がれ, 持ち変えながら, 持ち換, 業の, 渡されたの, 渡され一人, 渡りはじめた, 激流の, 炬火を, 移されて, 移って, 絶えず移り, 自分の, 赤ん坊は, 長年かかっ

▼ 手ブラ~ (24, 0.0%)

2 で帰った, で行く

1 [20件] であった, でしたし, ですから, ででかけ, でなりと, でむっくり, でも見舞, で家, で帰せる, で帰つたの, で帰る, で帰るでしょう, で来, で東京, で歩い, で焼けだされ, で生き, で美しい, で越し, デ参ッタガ

▼ 手~ (24, 0.0%)

13 をし 6 して 1 ありて, えし, て遣れ, なして, をいたし

▼ 手さん~ (23, 0.0%)

1 [23件] が, があやまり, がこの, がなんだか, がスピード, が来ました, が頭ごなし, そんなにお, だからネ, だね, ちょっと手, とにひどい, どうもすまなかった, なの, にたのまれた, にはあたい, に聞こえる, の手, はおまわりさん, はどうして, やあらへん, をにくむ, 聞こえないの

▼ 手~ (23, 0.0%)

2 かなところ, やない, やねえ

1 [17件] かにあれ, かにおいていざ, かにならん, かには持たぬ, かのベンチ, かの小松数馬, かの道しば, かの金座, からのよわや十歩, や, やあの, やあんなに, やございません, やそんなに度々, やたえした, やな, や上

▼ 手まわり~ (23, 0.0%)

3 の荷物 2 のもの, のスーツ, の品, の道具

1 [12件] で身, のしな, のどこ, の品々, の品物, の小姓五, の小道具一切, の物, の用, の用事, を入れ, 一方雇人たち

▼ 手を通じて~ (23, 0.0%)

2 霊界居住者が

1 [21件] お代官所, 並に, 主君の, 兄鶴彌, 入れられたと, 古い権門, 嘆願の, 手交する, 来たので, 来て, 栄三郎に, 検挙された, 欧洲某, 現れ始めた, 社長に, 聞えて, 自由党と, 自由黨と, 莫大なる, 試入した, 返辞を

▼ 手~ (23, 0.0%)

16 手に 2 ぼうの 1 ぼうな, ぼうならぬ, 坊である, 坊と, 坊の

▼ 手~ (23, 0.0%)

5 の中

1 [18件] から真珠, でございますが, などは綺麗, にちがい, に一杯, の書類, の空, の蓋, の裡, の金子, へ据, を, を取りあげ, を床の間, を持ち出した, を持った, を捨て, を老女

▼ 手~ (23, 0.0%)

2 にする, に打擲

1 [19件] な事, にされる, にし, にした, にすれ, にせん, になさる, になされ, になしかねまじき, になるべきや, になるまい, にもした, にもせず, に破る, に致しまし, に谷川, に逢つて, に連れ, に遭っ

▼ 手附き~ (23, 0.0%)

4 をし 2 の者, をした

1 [15件] でせっせと, でネクタイ, で三つ, で小母さん, で水薬, で茶, で話, で金, で香, なんぞをし, の与力, も発狂前, をする, を為, を無意識

▼ 手なる~ (22, 0.0%)

2 に郵便切手, 鉛筆の

1 [18件] ためなり, ユダの, 俳優が, 傘を, 女性は, 底しれず, 強弓に, 杖を, 桃色の, 煙草のみ, 燈の, 燈を, 算盤を, 絹ハンカチイフに, 茶碗を, 角燈を, 鈴は, 銚子こそ

▼ 手まわし~ (22, 0.0%)

4 がいい

1 [18件] がよかっ, がよかつ, がよく, が下手, でいらっしゃいました, と思っ, と見, にもう, に色々, はもう, よくかたづけ, よくやっ, よくボート, よく出来た, よく見張り, よさ, よすぎ, をし

▼ 手數の~ (22, 0.0%)

202 かかつ

▼ 手~ (22, 0.0%)

2 を見た

1 [20件] があがった, がある, がねえ, が上らない, が印せられ, でも押えた, といっ, となる, の品, は生, は見とどけません, をハッキリ, を押え, を挙げ, を掴む, を見せ, を見とどけ, を見とどけた, を見なく, を見ぬ

▼ 手離した~ (22, 0.0%)

3 方が 2 ことは, のだ

1 [15件] というの, といふなら, としてもおそらく, のか, のでありましょう, のでしょう, のを, もんだ, やうに, んぢや, 二十万斤を, 子供の, 時の, 瞬間は, 絵だ

▼ 手だの~ (21, 0.0%)

4 足だ, 足だの

1 [13件] その男, 何が, 小さな足, 御用提灯だの, 橄欖の, 水軍などと, 耳ったぼ, 脚だ, 膝だ, 袂だ, 袖だの, 首筋だの, 骨の

▼ 手により~ (21, 0.0%)

2 他の

1 [19件] けり久八なぞ, 不要なる, 作為せられ, 再版を, 処理された, 出版された, 前庭の, 剣槍飛弓が, 古物商の, 呈出し, 命を, 彼の, 涙を, 片端から, 祕密出版として, 続々捕縛, 質朴なる, 遂に斃, 除幕の

▼ 手~ (21, 0.0%)

2 擦って

1 [19件] ずったがと, ずった難事件, ずつた, ずらされた事, ずらして, ずらせたり, ずらせて, ずらせ末娘, ずりする, ずり抜いたもの, ずるから, ずるくらい, なもの, にはおへん, の人, 擦ったと, 擦ったふう, 擦つて, 擦らす氣

▼ 手摺れ~ (21, 0.0%)

4 のした 3 の跡 2 がし

1 [12件] たり剥げ, てしまい, て光沢, て古び, て垢, て模様, で人, で真っ黒, で磨きあげられた, などをじっと, のしたおき, の為

▼ 手~ (21, 0.0%)

9 似を 5 似で 2 似が 1 似つき, 似に, 似ばなし, 似も, 似足眞

▼ 手~ (21, 0.0%)

2 が来る, に出した

1 [17件] が, がうしろ, だ, の出, の希望, はそんな, は今, は傲慢, は司会者, は女道楽, は我々, は華奢, は虫籠, は踊り手, も同じ, も小金, を見ます

▼ 手あぶり~ (20, 0.0%)

4 の火鉢 2 火鉢を

1 [14件] には炭火, に手, に投げ込む, に火, の上, の中, の光沢, の前, の柔かい, の火, の縁, の角, 一箇あれ, 火鉢二個

▼ 手つだひ~ (20, 0.0%)

4 をし

1 [16件] おそくも, などをし, に上りませう, に来, に来らる, に来りし, に来る, に歸, をさせ, をさせよう, をさせられた, をさせる, をしなかつた, をなす, 最初の, 着物を

▼ 手に従って~ (20, 0.0%)

1 [20件] お静, かなり大きい, しぜん, ズルズルと, ポカリと, 二つ三つ四つ用水堀の, 剥がされその, 外れて, 大鉄板, 廻って, 引っ張り出されたの, 形を, 惨憺たる, 抜けるらしい, 拈出したる, 空っぽの, 赤貝や, 起るピアノ, 開きつ, 飛ぶ投げ銭

▼ 手具脛~ (20, 0.0%)

17 ひいて 2 を引い 1 ひくよう

▼ 手~ (20, 0.0%)

7 をかんだ 3 をかむ 2 をかみ, をかん 1 なんぞかんだ, はかまねえ, をかむところなどはなかなかあくぬけがしていた, をはきちらす, をひ, を放っ

▼ 手~ (20, 0.0%)

3 を買 2 に作りあき, を數

1 [13件] が妾, が拵, じゃねえ揺っ, ならずお伽, に下された, のバケツ, の猪口, の竹笊, の雪舟, を持つ, を数多き, を気取っ, を見せ

▼ 手あたりしだい~ (19, 0.0%)

1 [19件] につかみとる, にとらえられ, になぐりつけ, になに, にねじこんだ, にはふりだす, にやといいれた, に取りはずし, に巻煙草, に座蒲団, に採集, に泰軒, に相手, に話題, に讀ん, に金銀財宝, のもの, ぶっぱなして, 掻き

▼ 手~ (19, 0.0%)

1 [19件] かではあった, やない, ょうかい, ょうがかけられました, ょうがじゃまじゃ, ょうがはずれてしまいました, ょうだけ, ょうやぶりのめいじんだということをしらないのか, ょうを, ょうをはずさせいきなり, ょうをはめてしまいました, ょうをはめられそのまま, ょうをはめられたままイスから, ょうをはめられた怪老人が, ょうをはめられていてはおよげやしない, ょうをはめられてしまいました, ょうをはめられてしまったのです, ょうをはめられてボートの, ろの

▼ 手だすけ~ (19, 0.0%)

3 をし, をした 2 をする

1 [11件] がいる, であらかた, にかかった, になります, になる, になろう, もできない, もできぬ, をしてやった, をしはじめました, をしました

▼ 手つ取~ (19, 0.0%)

5 早く言

1 [14件] 早いと, 早く仕度, 早く何事, 早く利き, 早く埒, 早く愛想, 早く打ちまけ, 早く決める, 早く片づく, 早く申せ, 早く穿くり出す, 早く調べ, 早く譬, 早く足

▼ 手などを~ (19, 0.0%)

2 取出して, 寄越す瑠璃子夫人

1 [15件] して, 假り, 光らせて, 入れて, 出すわけ, 合せて, 拔い, 拱きました, 持込む奴, 採ったこと, 搜す, 相手に, 繰りかへ, 見せるの, 貴磨

▼ 手びき~ (19, 0.0%)

1 [19件] させること, したよう, だけに載せ, だらうと, では, ではじめて, でやっと, で寄手, で明智先生, で直接蘭館, で頭巾, という明瞭, などもし, にあやつろう, にな, になる, をした, をする, を受け

▼ 手むかい~ (19, 0.0%)

4 をする 2 をし

1 [13件] が高氏, などしません, などせぬ, に出た, のしよう, のしようが, もしなかった, もしなけれ, もしません, もできず, をすれ, を申しあげた, 出来めえ

▼ 手一ツ~ (19, 0.0%)

2 にて今日, に育て, の女

1 [13件] で幼き, で細い, で育てし, で育てられた, で頭, にお, にては三度, にては勿, にては暮し, にて斯樣, にて暮し, に方様, に育て揚たる

▼ 手~ (19, 0.0%)

3 の金

1 [16件] が出る, と相成り, なり心着, のこと, の三千円, の多少, の百両, の髢, も手當, をする, をもらっ, をよこした, を取っ, を取る, を遣せ, 話しに

▼ 手~ (19, 0.0%)

4 りが 3 りの, りを 1 もし, りでした, りなく, りなの, りに, りには, りは, りも, を巻い

▼ 手~ (19, 0.0%)

5 りの 2 りに, る可 1 にや, のやう, の異なる, り, りが, りですが, りでも, り繁み, り黄表紙, を挑む

▼ 手~ (19, 0.0%)

2 にし, の綱

1 [15件] であつ, ですからね, とする, ないやう, ない三人, ない心持, ない気持, なさ, にいたす, にならず, になる, に契丹, に眼, に馬喰町, は尽きた

▼ 手頼っ~ (19, 0.0%)

2 て行く

1 [17件] て, ていれ, てこの, てよい, て之, て参った, て実際, て徹底, て意味, て暮し, て来, て歴史, て生き, て皆無事, て茅野雄, て行おう, て遂に

▼ 手だけを~ (18, 0.0%)

3 使って

1 [15件] うしろへ, ちらりと覗かせ, とって, 中心と, 処世の, 差し延べて, 彼の, 照らしつ, 薄團, 袖へ, 見たのよ, 見て, 見ての, 選んで, 靜かに

▼ 手なずける~ (18, 0.0%)

3 ために 2 ことも

1 [13件] ことが, ことに, ことを, ためには, ためにも, ためまず, ところから, のだ, までに自分, を上策, 政策の, 秘訣を, 興味を

▼ 手なづけ~ (18, 0.0%)

2 て居る, て狼

1 [14件] たり, てこれ, てしまう, てしまつ, てゐる, て口説かう, て困る, て王, て間者, 姿容の, 情報を, 膝で, 隱宅の, 難いデエモン

▼ 手など~ (18, 0.0%)

2 意識しました

1 [16件] いう鉢, ついたらいっぺんに, つかれぬうち, つけましたら殿, まるで物, よく用いられる, 五人の, 入れれば, 幾分種類, 彫つたところ, 抃て, 握られたまま, 握れば, 細く弱々し, 薄赤く, 金を

▼ 手らしい~ (18, 0.0%)

3 男が 2 ものが, 男とは

1 [11件] のが, 假名文字で, 古い写経, 女が, 幼い片仮名, 手に, 横文字を, 洋服に, 男なぞが, 男名前の, 若い男

▼ 手綺麗~ (18, 0.0%)

2 だねえ

1 [16件] で何, で面倒, なの, な切子ガラス, な四畳半, な敏活さ, な料理, な髪, にすまされ, に上品, に出来る, に塗り付け, に投げられた, に色, に行届きおれ, に装わない

▼ 手習机~ (18, 0.0%)

7 の上 2 ほどの机 1 について想, に似てる, に向った, の古い, やら線香, を前, を据え, を据ゑて, を据ゑて駄線香

▼ 手~ (18, 0.0%)

7 は足 2 及びその他 1 ともで, と足, などが皮帯, などに赤く, のよう, はもちろん, をからめた, を各, を通してはめるべき

▼ 手~ (18, 0.0%)

6 れに 2 れしては, れでした 1 しと, れだ, れだよ, れで, れです, れで佐太郎, れで助からなかつたが, れにな

▼ 手あらく~ (17, 0.0%)

2 開けて

1 [15件] あつかわないよう, しては, しないで, どんと門外, イスの, 取り扱ったの, 取り押えかねたの, 引っ立てようと, 戸を, 投げられた自分, 掻き上げて, 生き物を, 突き退け, 窓を, 閉める

▼ 手くだ~ (17, 0.0%)

1 [17件] がまた, だとのみ, である, ではまま, というよう, と理論的, と知らず, にさえ清盛, に今日, の粋, はなるほど, も, もない, をつくした, を手くだ, を知り尽した, 知らねえ者

▼ 手だけで~ (17, 0.0%)

1 [17件] おさまりの, どうしてあの, 作った小屋, 働いて, 充分に, 創刊された, 勘忍してやる, 収穫の, 圧え, 岡惚れし, 描いて, 教育も, 煮炊きを, 育ったため, 育てられた, 見るという, 解決される

▼ 手とも~ (17, 0.0%)

2 腰とも

1 [15件] いい, いう可, いわず胸, いわれる早川逸平, ちっとや, つかぬ黒い, なく無手, なり得て, なると, に左, 云はず膝とも, 云ふべきだ, 思われる白い, 覚しき骨, 言うて

▼ 手~ (17, 0.0%)

5 りに 3 りで 2 りながら 1 に取り上げた, りして, りで指, りで歩き出した, りで玄関, りで連れて, りとで

▼ 手擦れ~ (17, 0.0%)

5 のした

1 [12件] がし, てい, ていた, て所所, て木目, て汚く, でみがかれた, で光った, で眞黒, で磨れ, で磨滅, 垢じみ

▼ 手~ (17, 0.0%)

2 の音, や草木染

1 [13件] あっての, から喧しい, が一台, が動く, が家庭婦人, で織り出す, にかけました, に便る, に移し, も動きました, も糸引き車, をどうしても, を織る

▼ 手焙り~ (17, 0.0%)

2 に火

1 [15件] が一つ, が冬, だけだった, にいけた, のかげ, のこと, のふち, の上, の側, の火, の灰, は粗末, を心もち, を控え, を擁

▼ 手~ (17, 0.0%)

4 ひに 2 に成りませる

1 [11件] かむ, かむ草枕旅, がなく, がなけれ, き佩く, さえございませね, なれど, の眞玉, ひにこそ, ひの, を取

▼ 手~ (17, 0.0%)

4 ずけて 2 付けて

1 [11件] けて掏摸, ずけ, ずけた, ずけられたあぶれ者, ずけること, ずけるため, ずける工夫, た女優諸姉, の兎, の旅行袋, 着けたもの

▼ 手ぐり~ (16, 0.0%)

2 出して

1 [14件] 上げた, 入れるもの, 出されちやつたん, 出した, 出した綱, 出してを, 出すこと, 出す工夫, 出す方法, 出す直接, 寄せて, 寄せられるから, 寄せる, 込む

▼ 手ずれ~ (16, 0.0%)

4 のした 2 を受ける 1 がし, て万年筆, て居よう, で赭, とかはそれ, の痕, の跡, や雨じみ, 指の, 膏じみ

▼ 手なぐさみ~ (16, 0.0%)

2 もします, も許されず, をし 1 でしかない, にされ, にし, に何, に香, のウンスン, の事, や一つ話題, をいつかしら, をやっ

▼ 手による~ (16, 0.0%)

1 [16件] もので, ものでない, ものと, フランス語の, 一つの, 労働だけに, 問題の, 大衆の, 大衆賞を, 審判に, 戦争反対の, 最も大衆的, 波線が, 精巧極まる, 計画された, 限り本質的な

▼ 手へは~ (16, 0.0%)

4 戻らぬかも 2 渡されない, 達しなかつたと 1 お渡し, はいったが, ひつたであらう, 帰らずに, 戻らないかも, 戻るまい, 渡って, 請取申まじ

▼ 手~ (16, 0.0%)

1 [16件] 中デライターガ光ル, 先カラ腕全体, 冷エ方ガ一層, 冷エ方ハマス, 如ク大, 持ッテ行キヨウ足, 指, 痛サニ閉口シテ晝, 痛サノ方ガ心配, 痛ミガ, 痛ミガ加ワッタ, 痛ミガ激シク, 痛ミハ, 痺レ加減モ脚, 説ニ依, 隣ニ佐々木ガ乗ル

▼ 手~ (16, 0.0%)

1 [16件] が五人, であれ, でげす, でございますから, でせう, なお嬢さん, ならざるに, なら益, に成, の侍士, の打, の者, はない, は多い, らしく見事, をほ

▼ 手招ぎ~ (16, 0.0%)

6 をした 3 をする 2 をし 1 が伝わっ, に気がつく, をいたします, をしました, 致します

▼ 手箪笥~ (16, 0.0%)

4 の抽斗 2 の引き出し, の抽匣 1 のなか, の底, の引出し, の鍵, や手文庫, や文庫, や鼠入らず, をゴトゴト

▼ 手~ (16, 0.0%)

6 の談判 1 に出られる, に成り, の場合, の強, の強談, の御, の応対, の歎願, の金, の陣掛り

▼ 手近く~ (16, 0.0%)

2 して, その地

1 [12件] その保護, つかめば, は小樽, も見えた, 召し寄せられ囲棋, 引き出して, 引くほどの, 昨日, 聞こゆるから, 見たところ, 言えば, 飾られて

▼ 手なし~ (15, 0.0%)

1 [15件] がっかりする, だあゝ, だ私, と, ということ, と言, ににたにた, には一家, に悪, の番公, や片, 一人レスアマへ, 娘子供の, 美人は, 美人や

▼ 手ッとり~ (15, 0.0%)

1 [15件] ばやく, ばやくかどわかす, 早いこと, 早いし, 早いもん, 早く, 早くご, 早くと, 早くも, 早くサヤ, 早くマンマ, 早く云え, 早く抜きとる, 早く楽, 早く談

▼ 手~ (15, 0.0%)

2 の言葉

1 [13件] が十六, と同じ, にとられ, の云う, の使, の口吻, の手紙, の提灯, の胸, の菩提, は百姓上り, は近江, を苦しめた

▼ 手~ (15, 0.0%)

1 [15件] い奴隷購賣, き事, き園生浦山しき, き暮し, くやつ, く唐物袋物, く商, く拔, く生, く禁制, く米屋, く裏, く諸, く金, な角店

▼ 手~ (15, 0.0%)

1 [15件] から脚, がこんなに, がない, だ, と玄関, なし, につれ, にとりあげ, に旗, のお, は巌, ひいて, をお, をつつい, を出した

▼ 手おくれだ~ (14, 0.0%)

41 から仕方, がここ, がよから, このまま, とつぶやいた, と嘲笑, と書き添え, よあなた, よ先生, わ

▼ 手からも~ (14, 0.0%)

3 水が, 血が 1 いろいろの, ぎとつて無残折角, 何十枚と, 八方から, 助の, 探索させ, 福山城を, 離れて

▼ 手こそ~ (14, 0.0%)

1 [14件] くださないが, つかえないが, はかの, わななけ老, 下さないが, 下さなかったが, 下されねど, 下して, 下しませぬが, 主体で, 出したが, 原始的人類の, 振上げなかつたが, 衆生の

▼ 手しか~ (14, 0.0%)

4 ない 2 対処の 1 ありません, つかわなん, ないの, なし, 料理人だ, 断じてほか, 残って, 考へて

▼ 手であった~ (14, 0.0%)

2 方の

1 [12件] がゆえに, ことは, にしろ, のが, のだ, のです, ケーテ・コルヴィッツは, 倉持陸助という, 同じ学生, 父親を, 瑠璃子という, 自我の

▼ 手易く~ (14, 0.0%)

1 [14件] あけて, お嬢さんの, できるの, はできぬ, は出来ぬ, は行かなかつた, 其処を, 口説いて, 失われて, 真に或は, 藏經を, 見破られやすい, 誘ひ込まれて, 買つてもらへる

▼ 手柔らか~ (14, 0.0%)

63 に願いたい 1 な纏めやすく, にお願い, にすき始めぬ, にやっ, に思われます

▼ 手だろう~ (13, 0.0%)

2

1 [11件] が何様, が構わぬ, が粘, が蹼, が鱗, この手, という点, と思う, と鑑定, ね, 手燭か

▼ 手とか~ (13, 0.0%)

2 足とか

1 [11件] 出入りの, 彼女から, 是等の, 案内者とか, 歌絵とか, 胴とか, 腕とか, 赤足とか, 足とかの, 酒場の, 香と

▼ 手にな~ (13, 0.0%)

3 つた 2 つた外の 1 つたのである, つたほんものの, つたやつと, つてさ, つてスタートの, つて別の, つて呉れ, つて行つた

▼ 手もちぶさた~ (13, 0.0%)

1 [13件] でぎこち, なよう, な彼女, な顔, にお, にし, になつて, に妹, に苦しむ, のあまりに, の態, の落書, らしい手つき

▼ 手わたし~ (13, 0.0%)

2 されて

1 [11件] して, すると, する時, てから三人, てきた, てくれる, てこい, てもらいたい, てやる, に飲み廻し, をした

▼ 手~ (13, 0.0%)

9 取早く 1 てどう, 伝うて, 取早い, 張ったに

▼ 手代り~ (13, 0.0%)

1 [13件] が付添う, でやるだ, で休む, にその, に櫂, に舁く, の人足, の人足ども総勢六人, の人足二人, の人足共總勢六人, をいかほど, を加, を加え

▼ 手固い~ (13, 0.0%)

1 [13件] のも, ものを, ように, 壮大の, 対陣に, 小間物店に, 布陣と, 御用聞です, 感じが, 服装を, 武家育ちと, 用意も, 突込み方を

▼ 手~ (13, 0.0%)

1 [13件] でぐい, で口, で口ば, で拭ふた, で鼻先, のやう, を出し, を打ち振る, を振, を振っ, を撥ねのけ, を窓硝子, を裂い

▼ 手~ (13, 0.0%)

2 は今

1 [11件] えの, があつ, がします, のない, へがない, へが齒車, へでもあ, へどころ, へは彼, へもなく, へを感じる

▼ 手~ (13, 0.0%)

2 程の雲

1 [11件] からにじみ出し, でピシヤリ, で顔, にて打てり, に水泡, に載せた, の上, の皮, は腫れ, ほどあらう, を両

▼ 手擦り~ (13, 0.0%)

3 に凭れ 1 が腐, にかけ, に傳, に凭, に沿う, に片方, の下, の取れ, を探, 際へ

▼ 手曳き~ (13, 0.0%)

2 の役, をする 1 という役, としてまた, とも付かぬ, になりたがってる, をし, をしよう, を勤め, を命ぜられた, 以上の

▼ 手~ (13, 0.0%)

3 で患者 1 でその, として使用, として舞, にとって舞う, にとりし, にとる, に結, はやはり, を作り, を持つ

▼ 手駕籠~ (13, 0.0%)

2 の提灯

1 [11件] が下り, で, で刺青だらけ, に乗っ, に復古, に桐油, の中, の前, はそのまま, へ乗り, を前

▼ 手かけ~ (12, 0.0%)

3 に出した 2 に負っ 1 であった今, であった腹, で負い, に五分四方くら, 少し揺り, 者と, 負し

▼ 手だれ~ (12, 0.0%)

1 [12件] であること, な調子, のくせもの, の交際上手, の官僚, の彼女, の者, の腰元, の蝋色鞘, もいる, もたくさん, 者を

▼ 手といふ~ (12, 0.0%)

3 ものは 2 のが, のは 1 ものこのあらゆる, もの指の, 安腰弁, 安腰辨, 異例の

▼ 手にとり~ (12, 0.0%)

2 持ちて 1 けいの, それの, もどって, 別けて, 土つき, 思わず, 戻して, 戻そうとして, 押えられたの, 赤銅に

▼ 手~ (12, 0.0%)

3 ぐひ長提燈賽ころ振る 1 ぐいでうしろはち巻きに, ぐいできつくきつくはちまきをしたその, ぐいでほおかむりをしていました, ぐいでほおかむりをしています, ぐひうれしくて頬に, ぐひでごしごしと洗つた, ぐひを, ぐひを額に, ぐひ薄汚れ

▼ 手懸かり~ (12, 0.0%)

1 [12件] がある, さえありません, と信ぜられる, の一つ, はあり余る, は全く, は得られなかった, もありません, もつかみ得ない, もない, も得られなかった, を教え

▼ 手~ (12, 0.0%)

2 の者 1 であったこと, と挨拶, に大分, の役目, の藩士, の黄蓋, は, はそれなり口, へ出向いた, 非異薬

▼ 手~ (12, 0.0%)

1 [12件] が大きな, とミドリ, と岸井, と糸子, の代人, の方, の証言, はとうとう, はプイ, も被害者, よりも辰男, を一目

▼ 手~ (12, 0.0%)

2 をさまざま 1 がなかつた, だそうな, にて斉彬様, のありや, はない, もがなとお, もなかつた, をとる, を用, を盡

▼ 手習草紙~ (12, 0.0%)

1 [12件] がある, でね, という処, にもされない, のある, のやう, のよう, の紙片, は九度山, をぶら下げ, を帯, を干し

▼ 手酷しい~ (12, 0.0%)

2 攻撃を 1 ですな, ですね, ね, のに, 厳談を, 報復を, 時機と, 稽古を, 調子を, 諫言

▼ 手~ (12, 0.0%)

1 [12件] でございまして, などの器用, に摘んだ, に触れぬ, のわけ, の器用, の首位, はみんな下, は連, を引手, を払らい, を振

▼ 手~ (11, 0.0%)

6 さみ 2 さびの 1 きの紙を, さびである, さみか

▼ 手それ~ (11, 0.0%)

2 よりも短い 1 がすべてどこ, で足りず, と同じ, にフルチオパルブリ, に黒ふくめん, はおそらく, はみな紙一重, は彼女, は生まれた

▼ 手~ (11, 0.0%)

5 とり早く 3 とり早い 1 平は, 手で, 首折れた

▼ 手でした~ (11, 0.0%)

1 [11件] かね, がすれ違いざま, がやはり, が高笑い, とおりを, ときだ, のに脣, ものと, 事を, 早くも, 私こそ

▼ 手どり~ (11, 0.0%)

1 [11件] にした, にしなけれ, にしよう, にでもした, になんて出来る, 脚どりされ, 足とり藤波を, 足どりに, 足どり僕を, 足どり旋, 足どり難なく

▼ 手なんぞ~ (11, 0.0%)

1 [11件] たたいて, ついて, 上げそう, 出しやがって, 古いそ, 延ばして, 引っ込めて, 懸けるの, 折りなすったので, 握ッ, 触った事

▼ 手にか~ (11, 0.0%)

4 かつた 1 かつたら, かつてどん, かつて死んでしまつた, くるもの, はる甲, へれ, 帰せん

▼ 手クビ~ (11, 0.0%)

2 の部分 1 から下, の痛, の痛い, は細, まで, までとなる, までと左, までの部分, までの間

▼ 手~ (11, 0.0%)

1 [11件] がなっ, がなら, でたり, は致さぬ, もしな, をさせなかつた, をし, をしない, をせぬ, をもせず阿, を成

▼ 手~ (11, 0.0%)

2 の中 1 で深, とともに今, にこそはさ, に入れ, の祕密, の類, へ眼, より母, を持ち込む

▼ 手~ (11, 0.0%)

2 かに願 1 かに, かにお願い, かにだ, かに頼みます, かに頼む, かに願い, なこきつかわれ方, に撮み出す, に遊ばせ

▼ 手~ (11, 0.0%)

1 [11件] にとまらし, にも負えねえ, に少女, に触りました, に負えねえ, の皮膚, へ来た, をさし入れ, を其の, を折りました, を見せ

▼ 手酷しく~ (11, 0.0%)

2 小言を 1 やっつけた, やっつけて, やられたもの, やられた余波, やられました, 一言の, 島村から, 調べ詰めた, 責めて

▼ 手~ (11, 0.0%)

1 [11件] と胸, なぞは, のあて, の凄味, の又, の妙, の者, は見えた, は話, は驚くべき, をためし

▼ 手附け~ (11, 0.0%)

4 の金 2 をとつ 1 が三百両, のもの, をやっ, を打つた, 金を

▼ 手頼る~ (11, 0.0%)

1 [11件] のである, のは, は兄, 他ない, 場合込み入った, 彼の, 彼等の, 所が, 気に, 氣で, 者も

▼ 手あたり次第~ (10, 0.0%)

1 でこんな, にかけてゐる, のもの, の得物, の言葉そのもの, 出たばかりの, 引っ掻きまわされて, 投げつけて, 擲ったり, 読んだの

▼ 手あらい~ (10, 0.0%)

1 ことは, ことも, ことを, に行った, はそこ, へいった, へ行った, 口そそぎ, 場に, 折檻を

▼ 手くばり~ (10, 0.0%)

2 をし 1 がある, とを, に石見守, はもう, も, をきめました, をした, をつけました

▼ 手~ (10, 0.0%)

1 つそく米, なあ師父ブラウン, な手, へ動かしません, へ止め, へ玉, へ躊躇, へ顫, も貼つ, 刺した

▼ 手つけ~ (10, 0.0%)

1 てえ, ては, て見た, て金蓋, の二万円, の小切手, の金, をおい, を置い, を貰

▼ 手でなく~ (10, 0.0%)

1 ちゃあの, ちゃ子供, てはできない, ては人前, てほか, て一本, て人, て書記, 天皇の, 足である

▼ 手わたす~ (10, 0.0%)

2 とそのまま, のでした 1 ことが, ことは, ことを, つもりで, のだ, のです

▼ 手~ (10, 0.0%)

1 いらず候間, 入かね候, 入ラズ, 入レタモノダガ, 入レタルヤ, 入レテ貰ウ, 入度存候品, 握ラセル, 触ルヽ物, 載ルモンデスカ

▼ 手丈夫~ (10, 0.0%)

2 なるゆゑ, な視線 1 ということ, な真鍮, な立派, に出, に出来, に締め直す

▼ 手係り~ (10, 0.0%)

1 が知れ, で有る, なくは, なりとも知れたる, になる, はありやしません, もなき, もなく, もなく空しく, を見出した

▼ 手傳い~ (10, 0.0%)

3 をし 2 をする 1 に來, に行きました, の暇々, は致しました, をさせる

▼ 手~ (10, 0.0%)

1 だと, である古い, で後, として兄, とす, にし, にどう, には八吋速射砲, に物, を開かしめ

▼ 手~ (10, 0.0%)

2 の物 1 にある, になり, の品, の品々, の荷物, の道具, を命ぜられた, 之品

▼ 手田氏~ (10, 0.0%)

1 から平戸, が迎い, との争, の度島, の意見, の邸, の領, は生月島, やその, を訪ね

▼ 手~ (10, 0.0%)

1 なの, になった, になつ, のとき, のやう, の兵, の名人盤面, の時, の間, らしく熱心

▼ 手~ (10, 0.0%)

3 にした 1 である其の, にし, のやう, の服, の服紗袋, ひの, らしい縫目

▼ 手離さない~ (10, 0.0%)

1 からである, がその, ことで, でいた, という返事, のも, ものは, よ, 時私たちは, 決心だ

▼ 手~ (10, 0.0%)

3 にかけて育てた 1 にかけた, にかけたれ, にかけてお, にかけて育て, にかけて育て上げた, にかけて輝く, に取り分けた

▼ 手あい~ (9, 0.0%)

1 がある, が熱心, だのう, でも殺った, の先見, はその, もある, もない, をあい

▼ 手ある~ (9, 0.0%)

2 のみである 1 がため, のは, のみ, のみで, のみです, ものぞ, 由も

▼ 手した~ (9, 0.0%)

1 がなかなか, が此処, にお, になつ, のでない, ままずいと, まま侍立し, 時には, 時代の

▼ 手ずれた~ (9, 0.0%)

1 せいも, のが, ノートを, ポケット論語を, 服を, 本を, 素朴な, 表紙を, 赤い布表紙

▼ 手だって~ (9, 0.0%)

1 あなた動かし, いうと, いやに小さい, ことがさ, しなやかで, ほら細く, ものを, 前の, 好きで来られる

▼ 手っ取~ (9, 0.0%)

1 早く, 早くいえ, 早く出来, 早く効き, 早く片づけ, 早く申せ, 早く発表, 早く言え, 早く調べ

▼ 手つだ~ (9, 0.0%)

1 つてか, つてその, つてみなから, つてもらふ, つてゐました, つてゐる, つて呉れ, つて顔つきだけは, ッて

▼ 手とで~ (9, 0.0%)

2 助かる者 1 テーブルの, バス勳章第, 作り出されたありとあらゆる, 土を, 押えて, 歩いて, 計画され

▼ 手にのみ~ (9, 0.0%)

2 あるの 1 あるもの, 委すべきでは, 委ねら, 握られたり, 育てられたこの, 致し候少女, 開封さるべし

▼ 手にまで~ (9, 0.0%)

1 伝わったもの, 届こうと, 延びて, 成り下ったが, 植物の, 渡して, 表情を, 身なりの, 運んで

▼ 手に対して~ (9, 0.0%)

2 仕返しを 1 である, 一手だけは, 個人的罵倒即ち, 圧え, 最初一個の, 皮肉に, 自分が

▼ 手へも~ (9, 0.0%)

1 サッと返り, 一枚つかませる, 厳戒し, 廻状が, 御廻し, 白粉を, 行かなかったと, 行かなかつたといふ, 足へも

▼ 手ミシン~ (9, 0.0%)

1 がカタカタ, で縫物, にむかっ, の仕事, の蓋, を動かし, を向う, を小脇, を廻し

▼ 手~ (9, 0.0%)

2 は生理的 1 があの, といふ, の一書生, の歎, の甚, は芸術, をまぬがれない

▼ 手~ (9, 0.0%)

1 じゃございません, になる, にもならない, のよう, は何, をし, をせよ, をたて, を捨て

▼ 手名椎~ (9, 0.0%)

2 の神 1 この娘, といひ, に作る, に向かっ, は蛇, も, 来て

▼ 手~ (9, 0.0%)

1 が届く, の儀, の限, は十分, もうすっかり出来, をし, をも受けず, を貰っ, を貰つて

▼ 手~ (9, 0.0%)

2 を軽く 1 が胸, だけを畳, にあたった, に触るる, の濡れた, の隱, を八ツ口

▼ 手~ (9, 0.0%)

1 りして, りしながら, りで, りでその, りで外, りで屋根裏, りと, りに, るやう

▼ 手~ (9, 0.0%)

2 の和紙, の紙 1 なる言葉, の仕事場, の業, の美し, をし

▼ 手療治~ (9, 0.0%)

1 が一等効き目, などは思い, なんぞもええと, にかかつ, に任せ, の道, をし, をした, をやつ

▼ 手遊品~ (9, 0.0%)

1 で, にし, になり, の喇叭, の如く, の店, を七つ八つごろ, を並べ, 持つて

▼ 手附金~ (9, 0.0%)

2 を置い 1 だの袖の下, であつ, で一人, として正に, を五十銭, を先, を送つ

▼ 手いれ~ (8, 0.0%)

2 をしない 1 がし, が行き届い, のゆき, の仕方, をする, を怠らず

▼ 手うち~ (8, 0.0%)

1 が交, てこそうれしかりけれ, になりました, はやして, よるな, をどる, を見, 振りて

▼ 手であり~ (8, 0.0%)

1 その前, ながら熟練, 保護者である, 偉大な破, 岐阜攻略も, 演技者である, 脚である, 足である

▼ 手としての~ (8, 0.0%)

1 ジャーナリストの, 一種の, 半四郎には, 婦人作家は, 最小限の, 気が, 矢田部教授を, 腕前達人たる

▼ 手とに~ (8, 0.0%)

1 一時に, 何やら囁かれ, 使役せられ, 入墨あり, 奪はれ, 朱で, 美しく科し, 覚えて

▼ 手なづける~ (8, 0.0%)

2 には自分, のは 1 ぐらゐ人の, ことが, だけでも手, にはね

▼ 手などに~ (8, 0.0%)

1 たずねて, ふれたこと, わたしては, 売られて, 拾はれた, 渡したくは, 見るよう, 選ばれるという

▼ 手なり~ (8, 0.0%)

1 とお, とご, 機械なりで, 脣に, 足なりに, 足なりの, 足なりを, 音楽なり

▼ 手にゃ~ (8, 0.0%)

1 あお茶の子, あ仏様, なるまいと, 乗らねえよ, 乗らん, 五ツ六ツたかっ, 合いませんで初手, 負えんよ

▼ 手ツ取り~ (8, 0.0%)

1 早い, 早いさ, 早い理髪師, 早くする, 早く捕獲, 早く着こなした, 早く義雄, 早く要領

▼ 手ミヤゲ~ (8, 0.0%)

1 って訊いたら, にし, にボーフラ, に至る, の品, の四合徳利, の阿片, を持つ

▼ 手一ぱい~ (8, 0.0%)

2 の生活 1 で何, で商い, にふくらまし, に働い, に掬い上げ, の買いしめ

▼ 手~ (8, 0.0%)

2 六手与 1 というの, などというの, 七手与, 六隊で, 此三与, 蒲生将監蒲生主計助蒲生忠兵衛高木助六中村仁右衛門外池甚左衛門町野主

▼ 手全体~ (8, 0.0%)

1 がびり, が屋守, が長, ではない, と右, はふっくら, をすっかり, 切り離さねば

▼ 手~ (8, 0.0%)

1 お差紙, がある, じゃ, だの何, とくとこれ, は所持, よく拝見, をいただきたい

▼ 手堪え~ (8, 0.0%)

2 があった, になる, はあり 1 がない, もあるまい

▼ 手大尉~ (8, 0.0%)

1 が悲鳴, が舌打ち, であった, はそれ, はまだ, はワザ, は旗艦陸奥, は照準

▼ 手専売~ (8, 0.0%)

1 てな面, というべきである, に輸出, のやう, のよう, の昼寝, の気取り, を強いよう

▼ 手~ (8, 0.0%)

2 でもする 1 ぐりに, ぐり足探, で食い, に位地, に鉤, の真似

▼ 手~ (8, 0.0%)

7 の花 1 にした

▼ 手~ (8, 0.0%)

2 なれども 1 くな, だと, ですし, な空地, になつ, まな

▼ 手~ (8, 0.0%)

1 だと, で, である, で同じ, というもの, とる手, の屈伏状, を持つ

▼ 手~ (8, 0.0%)

1 にあ, にし, に囚, に整均妙巧, のもの, の技神, の操作, を映す

▼ 手あら~ (7, 0.0%)

3 なこと 1 の者, ば一, ば鑿, ひ例

▼ 手~ (7, 0.0%)

1 て今, ふったのに, 付けへんよ, 叩き折つて了へ, 引きながら, 握りたうて, 握る瞬間

▼ 手かげん~ (7, 0.0%)

2 がむずかしい 1 するな, で上手, のわからぬ, も見られなかった, をし

▼ 手ぐち~ (7, 0.0%)

1 かもしれない, が似, で四人, としてはむしろ, の違う, はとても, も評判

▼ 手ぐらいは~ (7, 0.0%)

1 先き, 入れられる, 取った事, 握っても, 握りあって, 知っても, 遣って

▼ 手しお~ (7, 0.0%)

2 にかけ 1 にかけた, にかけて数年, にかけて育てた, にかけました, に掛け

▼ 手だけに~ (7, 0.0%)

1 あるの, こちらが, まだ幅, 二つ嵌めた, 右腰に, 専門なる, 風向きを

▼ 手であっ~ (7, 0.0%)

1 ても克子以外, て主人, て国家, て場合, て指, て現に, て身

▼ 手でございます~ (7, 0.0%)

31 か, からなあ, よ, わねえ

▼ 手でなけれ~ (7, 0.0%)

2 ばならない 1 ばいけない, ばならぬ, ば御, ば成らない, ば敬さん

▼ 手なく~ (7, 0.0%)

2 囀ッ 1 して, ガラリと, バタバタと, 困却仕, 足なく

▼ 手などが~ (7, 0.0%)

1 あった, はっきり一郎, 假幻的な, 六人五葉松の, 埃の, 桃色に, 氏の

▼ 手などは~ (7, 0.0%)

2 握れなかつた 1 すぐ見破っ, まことに慘憺, 一つと, 十七八の, 見ても

▼ 手なんて~ (7, 0.0%)

1 あるまいよ, いうもの, おっしゃいますけれど, ちっともねえだ, ものほど, 可愛いお, 罷めようか

▼ 手にかけ~ (7, 0.0%)

1 度いい, 捕縄にかけて, 殺しましたこと, 殺そうと, 目指す大名, 自刃します, 討ち果たすごとき無慈悲

▼ 手にさえ~ (7, 0.0%)

1 して, ひっかかりますよ, わかる, 任せて, 取らなかった, 彼の, 感じられる熱

▼ 手みたい~ (7, 0.0%)

1 だけれど, と言う, な人, な男, に卷い, に巻い, に恐ろしく大きく

▼ 手もち~ (7, 0.0%)

1 なくむかい合った, のもの, の作物四ドル五十セント, の創作方法, の目明し, 不沙汰, 無沙汰

▼ 手~ (7, 0.0%)

1 それこそは, つてゐない, われわれは, 我より, 淺間野の, 甞て, 腐れ

▼ 手~ (7, 0.0%)

1 して, だ而, とて人, の南北朝綱目, の地, の瀬戸細工, もする

▼ 手傳つたの~ (7, 0.0%)

1 かも知れない, だ, だらう, でせう, で仕事, はお前, は喜助

▼ 手~ (7, 0.0%)

2 をし 1 でちらりと, で大きな, で新吉, などを横目, をした

▼ 手~ (7, 0.0%)

2 みばかりかと 1 などし, みだったの, みで, みなど, みなどを

▼ 手~ (7, 0.0%)

2 指南に 1 小人は, 指南しよう, 目付, 芳情感佩奉り, 足を

▼ 手抗い~ (7, 0.0%)

1 なさば, の隙, はさせません, はする, をされ, をし, 江州無為軍でも

▼ 手~ (7, 0.0%)

1 が災, になり, になる, をし, をもつ, を以て戦う, を無論

▼ 手~ (7, 0.0%)

1 があまり, つい汚れがち, と時代, に後, に背, のした, へ凭

▼ 手~ (7, 0.0%)

1 がそれ, がだんだん, がない, がねえ, するつもり, の針鉄, をし

▼ 手漉紙~ (7, 0.0%)

1 であります, にも相当, の崩潰, の工房, は今, は強い, も見本

▼ 手~ (7, 0.0%)

1 に一閑釣瓶, に寄りぬ, の炭, の端, の縁, を与えよ, を囲み

▼ 手短く~ (7, 0.0%)

2 見舞の 1 いえば, 定則的に, 書いて, 申しましょうならお, 読切として

▼ 手組輿~ (7, 0.0%)

2 の上 1 がこわれた, が崩れ, とは変, に弁天松代, を

▼ 手習子~ (7, 0.0%)

2 を集め 1 がやって来る, が透き寫した, であれば, でも寄せる, に教え

▼ 手~ (7, 0.0%)

1 だから, だと, でも多勢, で花柳界, の事故, の処, の多い

▼ 手~ (7, 0.0%)

2 に接吻 1 にお, に受け, に觸, をもて示し, を敲き

▼ 手~ (7, 0.0%)

2 をぢ, を覺 1 にいそしむ, によつて, の品々

▼ 手~ (7, 0.0%)

1 から小脇, にかくし, につかん, になかっ, には白い, に收め, を離れた

▼ 手~ (7, 0.0%)

1 が冷た, が粗かっ, のに, の棄て, の繁, を挑む, レルデアラウ≫

▼ 手輿~ (7, 0.0%)

2 に乘 1 が築かれた, とかになる, の上, へ舁きのせた, をお

▼ 手~ (7, 0.0%)

1 て突飛ばす, とか銛, など思い思い, の柄, を以て疲, を廻し, を持っ

▼ 手障り~ (7, 0.0%)

1 がいかにも, がどこ, が柔らかく, だから, のあらい, の柔らか, は冷たく

▼ 手離したくない~ (7, 0.0%)

1 おもいも, ために, のだ, ように, 家を, 母性愛の, 気持に

▼ 手離せない~ (7, 0.0%)

1 ことが, といふの, もんだ, んです, 御用も, 様な, 程の

▼ 手離そう~ (7, 0.0%)

1 というの, という親, として母親, としなかった, となさいません, とはしないであろう, とはしなかった

▼ 手~ (6, 0.0%)

5 ぶりを 1 ひが

▼ 手~ (6, 0.0%)

1 うち候て, はなしにな, 妙を, 放しなされ大方, 浜を, 船手

▼ 手かも~ (6, 0.0%)

2 しれません, 知れず事件 1 知れません, 知れませんが

▼ 手がら顔~ (6, 0.0%)

2 にいう 1 して, にき, にきゃあきゃあ, をする

▼ 手これ~ (6, 0.0%)

2 を知るべからず 1 がわからぬ, が肩, なく誠に, はまだ

▼ 手ごころ~ (6, 0.0%)

1 から五百余騎, で一定, に委ねられ, は巧み, をも心得, を習びおるの

▼ 手すさみ~ (6, 0.0%)

2 の科 1 に取っ, に拔, に持てる, に絵

▼ 手する~ (6, 0.0%)

1 ことが, ぞ, のは, 二年前ホメロスの, 前に, 底の

▼ 手その~ (6, 0.0%)

1 微笑それからまた, 手の, 手首には, 脣その, 腕その, 音の

▼ 手であろう~ (6, 0.0%)

1 かと心, か何人, か度胸, が, と, とそれで

▼ 手でし~ (6, 0.0%)

1 きりと, ていた, ています, てくださる, てもらう, ながら吾

▼ 手でと~ (6, 0.0%)

2 疑ふばかり 1 つて紙へ, 外から, 思った, 思つた彼は

▼ 手でない~ (6, 0.0%)

1 かと案じ, かは知らない, ことを, ぞ頭, といけない, 字で

▼ 手としては~ (6, 0.0%)

1 ならない, ふだん親切第, 両人とも, 旺玄社では, 有数な, 適任が

▼ 手とともに~ (6, 0.0%)

1 ずッ, ぶらりと下る, 余は, 大声を, 握って, 舞台から

▼ 手なづけよう~ (6, 0.0%)

2 と云 1 としてゐる, として贈, と各, と焦燥

▼ 手において~ (6, 0.0%)

1 がっくりと, このチョビ安, そうである, パトスが, 別働隊を, 集めつつ

▼ 手にや~ (6, 0.0%)

1 いかねえから, おへ, ア負へ, 彈かれ, 行かねえが, 行かねえぞ

▼ 手までが~ (6, 0.0%)

1 うしろ向きに, まざまざと, 七面鳥みたいに, 下がるの, 狂いがちであった, 足りなくな

▼ 手までも~ (6, 0.0%)

1 あふ向け, おろそかに, ハッキリと, 痺れさせて, 紅く成つた, 見つけた

▼ 手むかう~ (6, 0.0%)

1 ことが, やつは, 声が, 心と, 気か, 者は

▼ 手もち無沙汰~ (6, 0.0%)

1 で, な俳優たち, になる, のやう, の恰好, をおぼえた

▼ 手やら~ (6, 0.0%)

1 その清し, 胴腹の, 脛当やらが, 足やら, 顔やら, 首やら

▼ 手~ (6, 0.0%)

2 摘マンデ 1 一生懸命キュー, 探ルヨウナ動作ヲシタ, 立テテヤリマシタガ手ヲ, 触ッテミテソノ形状

▼ 手ン手~ (6, 0.0%)

2 に喧しく 1 が手本, に取っ, に持っ, に長

▼ 手ヶ原~ (6, 0.0%)

2 の療養園 1 のこんもり, の直江蔵人, は朝靄, も走り過ぎた

▼ 手伝ひで~ (6, 0.0%)

3 もし 1 もしろ, もする, も掃除

▼ 手働四輪車~ (6, 0.0%)

1 でし, と敷物, の上, の機械力, は前部, を倒れん

▼ 手児奈~ (6, 0.0%)

1 が居つた, という村, の宮, やう, をばまるで, を気取っ

▼ 手刷り~ (6, 0.0%)

1 が一台, した, だ, のもの, の印刷機, の機械

▼ 手向う~ (6, 0.0%)

1 ことが, ことは, のか, は殊勝, 意志も, 蟻の

▼ 手~ (6, 0.0%)

2 の望み, の發願 1 による複雜, のほか

▼ 手~ (6, 0.0%)

3 の煙草 1 の糸, ばかり引, を持っ

▼ 手~ (6, 0.0%)

2 から路上, に着いた 1 の左, も普通

▼ 手招い~ (6, 0.0%)

3 てゐる 1 て居りました, て当時四人, でいた

▼ 手挾ん~ (6, 0.0%)

1 でいる, でも武藝, で居りました, で居る, で梯子段, で長い

▼ 手握り~ (6, 0.0%)

2 て, もちて 1 むちうてば, 持たし

▼ 手携げ~ (6, 0.0%)

1 とパラソル, にしまいかえた, に入れた, や懐中物, をしまいこんだ, を取り上げる

▼ 手擲弾~ (6, 0.0%)

2 のよう 1 でその, でも投げつけた, に中った, の爆発

▼ 手易い~ (6, 0.0%)

1 ことだ, ことであり, という関係, と信じ, もので, 者へ

▼ 手暴く~ (6, 0.0%)

1 せんが, その小さい, 揺ぶられ, 枕もとの, 突き退ける, 重太郎を

▼ 手硬い~ (6, 0.0%)

1 一方で, 奴じゃ, 機関手の, 沈黙の, 相手でない, 頭だけ

▼ 手~ (6, 0.0%)

2 をしました 1 それから按隻手礼, と按法器礼, をし, をやっ

▼ 手~ (6, 0.0%)

1 にとまる, の肩, は一人, も此の内, をいましめ, を迷

▼ 手纒い~ (6, 0.0%)

2 になる 1 じゃねえ, だ, でご, の君江

▼ 手~ (6, 0.0%)

2 をし 1 でいくらか, の皮膚, も豊か, をバタバタ

▼ 手脛当~ (6, 0.0%)

1 が動き出し, など鎧具足, に小, は寝る, もすべて, をつけ

▼ 手~ (6, 0.0%)

1 で虫針, のこつ, のよう, の突創, を差す, を持っ

▼ 手~ (6, 0.0%)

2 された詠草 1 が出, した生いたち, の, の詠草

▼ 手離すまい~ (6, 0.0%)

1 とした, とする, と努力, と大切, と思っ, と腐心

▼ 手あり~ (5, 0.0%)

1 このもの魂等, てわれ, て冷罵, と人, 彼五十の

▼ 手うす~ (5, 0.0%)

1 さと, とみえ, に乗じ, のに, を知っ

▼ 手きき~ (5, 0.0%)

1 えらい隠し芸, がそろっ, が揃っ, の名手, は見た

▼ 手さま~ (5, 0.0%)

1 が, ですかい, とか, を取り出し, を持っ

▼ 手それから~ (5, 0.0%)

1 もう一ツ, 定期切符を, 平和の, 極めて稀, 足胸腹と

▼ 手~ (5, 0.0%)

1 ちゃん, ぱらいに出した, ぴどく小言いわれ, 払いに, 頸の

▼ 手づく~ (5, 0.0%)

1 ねのごく, ねの泥細工, ねの筒形, ねの蝋型, ろいに

▼ 手どの~ (5, 0.0%)

1 に伝え, はもう, を嘲笑う, を止めなかった, を見失った

▼ 手にわ~ (5, 0.0%)

3 たつて 1 たつたこと, たつた一通

▼ 手ばかりが~ (5, 0.0%)

1 あすこで, お屋敷, べつに用意, 出て, 水の

▼ 手また~ (5, 0.0%)

2 全部の 1 いふ, 生じ脚, 衣の

▼ 手よりは~ (5, 0.0%)

2 声の 1 口の, 堂に, 身分の

▼ 手んでに~ (5, 0.0%)

1 各国の, 味噌こし, 牛を, 物を, 窓を

▼ 手ツキ~ (5, 0.0%)

2 をし 1 でイワシ, でモチ竿, で虫

▼ 手ヌグイ包み~ (5, 0.0%)

1 が一ツ落ッこ, でありますが, の餅, は何, をぶらさげ

▼ 手~ (5, 0.0%)

1 に丹書き著, に花, に集まる, に集れる, は劒

▼ 手仲間~ (5, 0.0%)

1 でこう, では先輩, の三輪, の噂, の噂話

▼ 手伝婦~ (5, 0.0%)

1 が拭い, に後, に頼ん, の都和井のぶ, は血色

▼ 手傳つて貰~ (5, 0.0%)

1 つたが, つたので, ひまして, へてよ, へるだらうネ

▼ 手剛い~ (5, 0.0%)

1 かも知れない, から怪我, から気, ぞ八, などということ

▼ 手勝手~ (5, 0.0%)

2 がわるい 1 がいい, のわるい, の悪い

▼ 手即ち~ (5, 0.0%)

1 キリストの, テ, テバイ王オイディプスなり, 単に, 羽の

▼ 手厳しい~ (5, 0.0%)

1 ことで, そういちいち馬鹿, な, なお, のなんの

▼ 手向い致す~ (5, 0.0%)

21 か卑怯者, と罪, 心も

▼ 手太鼓~ (5, 0.0%)

2 の音 1 があらわれる, をポン, を持った

▼ 手~ (5, 0.0%)

1 とは空理, の則, の手のうち, の法, の空理

▼ 手寫し~ (5, 0.0%)

2 ても固, とほした 1 て返した

▼ 手~ (5, 0.0%)

1 なでせわしく, なで只今以, なで困ると, なで忙, 弐頼尚

▼ 手廻品~ (5, 0.0%)

1 と茶道具一揃い, に触れ, の総合重量, までは気が付きません, までは氣

▼ 手押ポンプ~ (5, 0.0%)

1 がひき出され, しか入らない, だ, の軋む, を押し出し

▼ 手挾み~ (5, 0.0%)

1 て, て立てる, 向ひ, 御前に, 鹿追ふと

▼ 手~ (5, 0.0%)

1 くやらないでは, く其, く摺, こくそこら, こく顔直し

▼ 手探り足探り~ (5, 0.0%)

1 で命, で歩く, で窓, に奥, に己

▼ 手數料~ (5, 0.0%)

1 があるけん, として自分, は祿高百俵, も過分, ノ徴収ニ止ム

▼ 手~ (5, 0.0%)

4 の調 1

▼ 手~ (5, 0.0%)

1 がまた, などの土地者同士, にいわせる, はここ, も降り

▼ 手白猿~ (5, 0.0%)

1 のワルサ, はどう, ばかりはまるで, ばっか探し廻った, をはじめて

▼ 手~ (5, 0.0%)

1 で顔, は唯一, も金盥, を使つた後, を持て来

▼ 手~ (5, 0.0%)

1 が木村七六歩, ぐらいから顔, である, に黒, をかきこむ

▼ 手紡ぎ~ (5, 0.0%)

2 の絲 1 のごとく, の糸, の重

▼ 手~ (5, 0.0%)

1 いじゃ, いとなる, が多くっ, の奴等, ひに

▼ 手~ (5, 0.0%)

5 から流れ去る

▼ 手~ (5, 0.0%)

1 当てそこそこ, 当の紐, 当沓, 当胴, 当黒

▼ 手~ (5, 0.0%)

1 りから, りだ, りだったよ, ること, る事

▼ 手裏劍~ (5, 0.0%)

1 には少し, の名人, は間違ひだ, を打つ, を飛ばしたら

▼ 手近き~ (5, 0.0%)

1 を掻取, 修身科, 原因は, 山稜右に, 役人を

▼ 手遊屋~ (5, 0.0%)

2 の彌助 1 の冷, の婦, の弥助

▼ 手違ひで~ (5, 0.0%)

1 向ふで, 外れた第, 御呉服所, 恐しく左前, 若い時

▼ 手都合~ (5, 0.0%)

1 が悪い, にします, にはし, のいい, の為

▼ 手~ (5, 0.0%)

1 で崖肋腹, として探求, に掛けた, をひっかけ, 投げ爪

▼ 手附きで~ (5, 0.0%)

1 こちらの, しかも滑稽, オ一チ二イと, 唄ひ, 抵抗器の

▼ 手離さず~ (5, 0.0%)

1 に全体, に持っ, に持つ, に理論上, 一礼し

▼ 手頼つて~ (5, 0.0%)

1 いつたもん, ゐりや, 居るには, 行くしか, 遂に福島県宮城県

▼ 手鹽皿~ (5, 0.0%)

1 にちよ, に取り分けた, に盛つて, の中, へ取り分け

▼ 手あき~ (4, 0.0%)

1 にはせぬ, に仕立て, の女中達大勢, の美女

▼ 手あし~ (4, 0.0%)

1 に女, の肌, をしばっ, をぷり

▼ 手いたい~ (4, 0.0%)

3 目に 1 狼藉を

▼ 手おくれです~ (4, 0.0%)

4

▼ 手おそし~ (4, 0.0%)

1 とくりかえしくりかえしくりかえし, と封, と読み下しまする, と開い

▼ 手おち~ (4, 0.0%)

1 というべきで, とは云えまい, のない, やそそう

▼ 手かばん~ (4, 0.0%)

1 さげし見も, に納めた, の中, を左手

▼ 手からとも~ (4, 0.0%)

2 なく次の間 1 なく出来た, なく彼

▼ 手きびし~ (4, 0.0%)

1 かつた, さでした, さに, 過ぎたかも

▼ 手ぎは~ (4, 0.0%)

1 ではむろん, の鮮やかさ, は恐ろしい, 好くランプ

▼ 手くせ~ (4, 0.0%)

1 がわるい, が悪, のわるい, を出し

▼ 手こそは~ (4, 0.0%)

2 傘を, 自然が

▼ 手ごと~ (4, 0.0%)

1 に一つ, に埋っ, に延び延び, に誰

▼ 手さはり~ (4, 0.0%)

2 の渋い, も匂

▼ 手しほ~ (4, 0.0%)

21 にかけた, に懸け

▼ 手すじ~ (4, 0.0%)

1 がよく, はなかなか, をみる, を見

▼ 手そのもの~ (4, 0.0%)

1 がある, の存在, の構造, へではない

▼ 手たる~ (4, 0.0%)

1 支那人を, 春風は, 警官の, 資格の

▼ 手だけでも~ (4, 0.0%)

1 一万人近くいた, 動かせないかしら, 窓から, 結構だ

▼ 手だま~ (4, 0.0%)

1 にとって談論風発, にとって谷底, に取っ, をとっ

▼ 手と共に~ (4, 0.0%)

1 いなければ, 居残って, 洗ひ流し, 目に

▼ 手なぞは~ (4, 0.0%)

1 お父さんに, つけられないの, 子供の, 払ひのけ

▼ 手なぞを~ (4, 0.0%)

2 見れば 1 切って, 斜に

▼ 手にだに~ (4, 0.0%)

1 とられね, 取ず千太郎, 受けず机, 觸れざりき

▼ 手によっては~ (4, 0.0%)

1 させられなかった, 日本の, 血音も, 行方が

▼ 手にわたって~ (4, 0.0%)

2 いました 1 ヨーロッパの, 政殷は

▼ 手にを~ (4, 0.0%)

1 へない夥しい, へねえ根岸, へる女ぢ, へる曲者ぢ

▼ 手のみ~ (4, 0.0%)

1 であった, でも, ならず頭, 見ゆ群衆

▼ 手はと~ (4, 0.0%)

1 にもかく, 女は, 私は, 逆寄せの

▼ 手ばさん~ (4, 0.0%)

1 だ, でいる, で静, で馬上

▼ 手ひく~ (4, 0.0%)

3 手の 1 手に

▼ 手ふり~ (4, 0.0%)

1 さ踊りなんかじゃ, となりけれ, までが気勢い, 乱した髪

▼ 手ぶり身ぶり~ (4, 0.0%)

1 まで加える, やからだ, をし, を使っ

▼ 手ほど~ (4, 0.0%)

1 かれ, かれ和訳, きいたそう, 深く内側

▼ 手まさぐり~ (4, 0.0%)

1 から僕, ながらこの, ゲートルも, 給へる

▼ 手まといだ~ (4, 0.0%)

1 から神通川, という, と申す, もうここ

▼ 手むかいする~ (4, 0.0%)

1 か, つもりは, のか, ようすもない

▼ 手むかっ~ (4, 0.0%)

1 たりしたら, ている, てき, てもむだ

▼ 手~ (4, 0.0%)

1 のやっ, の動き, はめいめいただ自分, は常に

▼ 手らしく~ (4, 0.0%)

1 女手である, 最低音で, 淋漓たる, 高飛車な

▼ 手わが~ (4, 0.0%)

1 唇を, 脚わが, 足が, 足われに

▼ 手をかへ~ (4, 0.0%)

2 品をかへて 1 品を, 品をか

▼ 手をに~ (4, 0.0%)

1 ぎっておふるえになったものだから僕も, ぎつて別れました, ぎりっこして水溜り等に, 改められて

▼ 手コップ~ (4, 0.0%)

1 にはいっ, の中, を取りあげ, を取りあげる

▼ 手コンラ~ (4, 0.0%)

1 であった, はウルリック, は一つ, は静か

▼ 手ッ首~ (4, 0.0%)

1 の細い, は細い, を即座, を圧

▼ 手ヅル~ (4, 0.0%)

1 がある, がなけれ, ないよ, に南都

▼ 手ヌグイ~ (4, 0.0%)

1 をほどく, をまきつけ, をまく, をもちだす

▼ 手~ (4, 0.0%)

1 なき父, 今ハモウ何物モ所有シタクモナイ所有セルモノノ所有セルコトヲ感ジルコトヲモシナイ, 又今夜アタリカラ痛ミ出スニ決マッテイル, 見セヌト脇差

▼ 手一本~ (4, 0.0%)

1 でやつ, に剣, の脚, の附合ひだ

▼ 手三手~ (4, 0.0%)

1 さして, と碁, にわかれた, の組子

▼ 手~ (4, 0.0%)

1 から語部, である工匠, に借りられ, よりも強く

▼ 手伝つて貰~ (4, 0.0%)

1 はうと, ひたいん, ひ乍ら, ひ度

▼ 手伝ひも~ (4, 0.0%)

2 して 1 した, せずに

▼ 手伝人~ (4, 0.0%)

1 も多勢, を得, を招き, を探す

▼ 手使い~ (4, 0.0%)

1 ではない, と称する, なはれ, に駈け

▼ 手傳つた~ (4, 0.0%)

1 かも知れません, としたなら, と仰, 遠い少年

▼ 手児名~ (4, 0.0%)

1 しおも, し思, の社, は処女

▼ 手向かい~ (4, 0.0%)

1 のできない, はいたしませぬ, をする, を受ける

▼ 手器用~ (4, 0.0%)

1 でよかっ, にさつ, に火, に運ん

▼ 手寫本~ (4, 0.0%)

1 から飜譯, に僞, の飜刻, を再

▼ 手巻き~ (4, 0.0%)

1 のモク, の三分の一以上葉, はごめん, を買う

▼ 手~ (4, 0.0%)

2 して 1 で防ぎ, をし

▼ 手~ (4, 0.0%)

4 して

▼ 手弄み~ (4, 0.0%)

2 をする 1 をし, を覺

▼ 手引く手~ (4, 0.0%)

1 そうした手踊, にいい, の三益, や腰構え

▼ 手捕縄返上~ (4, 0.0%)

21 しても, という文句

▼ 手揃い~ (4, 0.0%)

1 で働いた, で大八車, で舁ぎ, で返し

▼ 手攫み~ (4, 0.0%)

1 で炭, で物出し, で皿, にし

▼ 手早く~ (4, 0.0%)

1 申しますと, 着物を, 箱車から, 袴を

▼ 手~ (4, 0.0%)

1 のふた, の上露, の二面, を引連

▼ 手~ (4, 0.0%)

2 に木鋤 1 にむけ, に瓜

▼ 手~ (4, 0.0%)

1 や松明, をかかげ, を投げ, 之

▼ 手~ (4, 0.0%)

1 にチリ, を吹消, を持ち, を点け

▼ 手炙り~ (4, 0.0%)

1 に煙草火, の側, を投げつけた, 卓茶棚など

▼ 手~ (4, 0.0%)

1 仏, 仏という, 格好な, 足で

▼ 手爾葉~ (4, 0.0%)

2 の結尾 1 を用, を用いたる

▼ 手狭い~ (4, 0.0%)

1 ところに, もんだ, 浪宅だった, 離れに

▼ 手~ (4, 0.0%)

1 といふ信徒, の率いた, は勿論, やその

▼ 手白髮~ (4, 0.0%)

2 の命, の郎女

▼ 手突矢~ (4, 0.0%)

1 にて突きころし, の, のということ, をもっ

▼ 手~ (4, 0.0%)

1 の口, を二声, を吹き鳴らし, を吹く

▼ 手~ (4, 0.0%)

1 がありましょう, のなか, は, をつくし

▼ 手篤く~ (4, 0.0%)

2 葬って 1 弔えと, 道具を

▼ 手~ (4, 0.0%)

2 の端 1 がある, とおなじ線

▼ 手織物~ (4, 0.0%)

1 が東京, が栄え, と称する, を着

▼ 手習ひで~ (4, 0.0%)

1 はない, もし, 始めた国学, 書いて

▼ 手~ (4, 0.0%)

1 だけで, にて輸送, を万里, を以て米

▼ 手~ (4, 0.0%)

1 い領主, くきめつけられ, く婦女, く笞懲

▼ 手薄く~ (4, 0.0%)

1 並べられて, 存じましたれば, 扉が, 葺いた屋根

▼ 手藝品~ (4, 0.0%)

1 ともいへよう, を賣る, を食べる, 或は草花

▼ 手貸し~ (4, 0.0%)

1 しましょう, て下さい, なすって, をし

▼ 手~ (4, 0.0%)

1 で酒, で飲む, で飲める, を気張っ

▼ 手~ (4, 0.0%)

2 を持つ 1 を執っ, を持出しました

▼ 手~ (4, 0.0%)

1 にて真柄, を持つ, を水中, 提げ城内

▼ 手~ (4, 0.0%)

1 と云, の冷水, の北, の警固

▼ 手離さなけれ~ (4, 0.0%)

2 ばならない, ばならぬ

▼ 手いたく~ (3, 0.0%)

1 戒め嗤つてゐる, 打ち負かされた秋, 極めつけられ

▼ 手いつ~ (3, 0.0%)

1 ぱいだと云ひ, ぱいで目ぼしい, ぱいに

▼ 手かけなり~ (3, 0.0%)

2 氣に 1 気に

▼ 手かご~ (3, 0.0%)

1 の略, をかけ, を門

▼ 手かと~ (3, 0.0%)

1 存じまする, 思われる位, 疑えるほど

▼ 手がと~ (3, 0.0%)

1 びらを, ゆふ, 思う真中の

▼ 手がね~ (3, 0.0%)

1 あたしの, ちやつく, 私の

▼ 手がわり~ (3, 0.0%)

1 となる, に銃, をさし

▼ 手きず~ (3, 0.0%)

1 ぐらゐで倒れ, のいたみ, を痛く

▼ 手きびしゅう~ (3, 0.0%)

1 ございますな, ござるぞ, 責めたてたので

▼ 手くら~ (3, 0.0%)

3 ゐは

▼ 手ぐらい~ (3, 0.0%)

1 出しなさい, 前夜案を, 拍っても

▼ 手この~ (3, 0.0%)

1 冷えて, 手と, 足痒い

▼ 手さし~ (3, 0.0%)

1 ていた, ても石, 出せるを

▼ 手ざはりの~ (3, 0.0%)

1 快い柔かい女猫, 柔かい強靭, 粗い頁

▼ 手すさびらしい~ (3, 0.0%)

2 ヴァイオリンの 1 稚拙が

▼ 手すなわち~ (3, 0.0%)

1 人の, 左手の, 汝である

▼ 手って~ (3, 0.0%)

1 ほんとにあの, 自動車か, 馘首に

▼ 手っ取り~ (3, 0.0%)

1 ばや, ばやい, ばやく

▼ 手づめ~ (3, 0.0%)

1 の圧迫, の詰問, を見せ

▼ 手といった~ (3, 0.0%)

2 ような 1 時もう

▼ 手ども~ (3, 0.0%)

1 が坐つ, のいく艘, は近

▼ 手ながら~ (3, 0.0%)

2 自分で 1 飛びおりて

▼ 手なりと~ (3, 0.0%)

1 お焙りなされませ, 引きて, 思いぬ

▼ 手なりに~ (3, 0.0%)

1 建てならび阿波守, 忙しくいく, 私の

▼ 手なんぞは~ (3, 0.0%)

1 ちっとも知りまし, 極小く, 長いにも

▼ 手なんぞを~ (3, 0.0%)

1 出して, 出しやがるんだい, 執って

▼ 手にぎり~ (3, 0.0%)

1 て朝, や, 国へか

▼ 手にこそ~ (3, 0.0%)

1 したれ百合, 引結うたれ, 桐若

▼ 手にせる~ (3, 0.0%)

1 ままに, 白扇を, 芸者と

▼ 手についても~ (3, 0.0%)

1 婦人の, 肩についても, 話が

▼ 手につけ~ (3, 0.0%)

2 加へれ 1 加へる

▼ 手にとっても~ (3, 0.0%)

1 下手な, 直にまたしまっ, 見ないよう

▼ 手になど~ (3, 0.0%)

2 渡らば 1 入ったの

▼ 手にばかり~ (3, 0.0%)

1 渡されるだろうし, 目を, 言い知らず力

▼ 手にへ~ (3, 0.0%)

1 えったん, えらねえからと, えるぞと

▼ 手によつ~ (3, 0.0%)

1 てこれ, て之, て彼女

▼ 手に対する~ (3, 0.0%)

1 彼の, 自分の, 訓練方針の

▼ 手のみが~ (3, 0.0%)

1 ひょいと不器用, よく無事, 金色の

▼ 手のみを~ (3, 0.0%)

1 使用し, 働かすよりは, 用ふ

▼ 手ばな~ (3, 0.0%)

1 せないという, せないの, せない物

▼ 手ぶり足ぶり~ (3, 0.0%)

1 で一種無気味, をし, を研究

▼ 手へでも~ (3, 0.0%)

2 渡して 1 ぢきた

▼ 手への~ (3, 0.0%)

1 接吻を, 相図の, 筋肉は

▼ 手までを~ (3, 0.0%)

2 聴き分ける 1 病は

▼ 手まど~ (3, 0.0%)

1 つた, つて答へ, ッて

▼ 手よりに~ (3, 0.0%)

2 した古代 1 なる

▼ 手をや~ (3, 0.0%)

1 つて立上つた, ッて, 一座の

▼ 手ガカリ~ (3, 0.0%)

1 なぞ全く, はある, を与え

▼ 手トオカル~ (3, 0.0%)

1 がその, はさかまく, は櫓船

▼ 手上げ~ (3, 0.0%)

1 て人, て見, て見てくれ

▼ 手~ (3, 0.0%)

1 釈巻, 釈巻三十年如一日矣終大, 須歎索居

▼ 手二つ~ (3, 0.0%)

1 が触った, とにて刺, の脚

▼ 手以外~ (3, 0.0%)

1 にだ, のところ, の考え

▼ 手任せ~ (3, 0.0%)

1 に抽, に掘り出そう, のところ

▼ 手伝つた~ (3, 0.0%)

1 がそれにしても, が此方, と謂

▼ 手伝つて私~ (3, 0.0%)

2 は着物 1 は毎日針

▼ 手伝ひな~ (3, 0.0%)

1 と致した, どして, んかし

▼ 手伝酒~ (3, 0.0%)

1 を振舞つて, を食つて, を飲む

▼ 手~ (3, 0.0%)

1 より漏, より漏き出, より漏出

▼ 手其物~ (3, 0.0%)

2 として働く 1 が光

▼ 手冥利~ (3, 0.0%)

1 が惡, どうしてこんな, にたま

▼ 手~ (3, 0.0%)

1 されんため, して, するばかり

▼ 手別けし~ (3, 0.0%)

1 てもらっ, て働い, て配

▼ 手~ (3, 0.0%)

2 したもの 1 した

▼ 手~ (3, 0.0%)

1 などは耶蘇坊主, などを門上, もゆるされ

▼ 手向え~ (3, 0.0%)

3 をする

▼ 手向っ~ (3, 0.0%)

1 てゆく, て来た, て来る

▼ 手~ (3, 0.0%)

1 して, をかけ, をつけ

▼ 手~ (3, 0.0%)

1 下手切り, 丼と, 跨に

▼ 手姿~ (3, 0.0%)

1 で市中, の樫尾, の蛭田博士

▼ 手~ (3, 0.0%)

1 でも空い, として働い, にでもなる

▼ 手寄り~ (3, 0.0%)

1 そこでその, て出府, に御

▼ 手少な~ (3, 0.0%)

1 だから私, でございましたら幾分, の處

▼ 手~ (3, 0.0%)

1 で根元, に編み, も長柄の

▼ 手~ (3, 0.0%)

1 に似ず, やかな, やかな片手

▼ 手弱腕~ (3, 0.0%)

1 にそ, の卷鬚, を

▼ 手張り~ (3, 0.0%)

2 たる 1 のべ息

▼ 手彩色~ (3, 0.0%)

1 の板物, の板画, の立派

▼ 手彫り~ (3, 0.0%)

1 だろうが, の悪霊ども, の木箱

▼ 手~ (3, 0.0%)

1 が付いてる, としては丸山定夫君, に参った

▼ 手役人~ (3, 0.0%)

2 の助力 1 でなけりゃア

▼ 手~ (3, 0.0%)

3 若市松

▼ 手抗う~ (3, 0.0%)

2 者は 1 僧兵一万余を

▼ 手折つて~ (3, 0.0%)

1 大恩人, 戻つた, 見ると

▼ 手抱き~ (3, 0.0%)

2 て我 1

▼ 手拍手~ (3, 0.0%)

1 が鳴りわたった, の音, を打っ

▼ 手~ (3, 0.0%)

1 かりだつた, かりの, りの

▼ 手招く~ (3, 0.0%)

1 とささやく, とものものしく, のです

▼ 手指した~ (3, 0.0%)

2 とき戸口に 1 時に

▼ 手挾んだ~ (3, 0.0%)

1 のを, 山椒大夫の, 面魂は

▼ 手~ (3, 0.0%)

2 で食べた 1 に比べ

▼ 手~ (3, 0.0%)

1 でありましたが, でありまして, を成

▼ 手~ (3, 0.0%)

1 の弓, みの二錢銅貨なり, 細

▼ 手携電燈~ (3, 0.0%)

1 で照らし, の燈火, を引ッ

▼ 手摺れた~ (3, 0.0%)

1 古い漆塗り, 古い石, 骨牌と

▼ 手~ (3, 0.0%)

1 に, にしてやろう, にする

▼ 手早縄~ (3, 0.0%)

1 である, まで取揃え, を懐中

▼ 手~ (3, 0.0%)

1 の三分一, も凍てあがっ, を取り

▼ 手~ (3, 0.0%)

1 して, に彼, の断片

▼ 手~ (3, 0.0%)

1 えと称する, てもし, の松

▼ 手模様~ (3, 0.0%)

1 の帯, や匹田鹿の子, を小

▼ 手~ (3, 0.0%)

1 そして尻尾, に赤ん坊, の柄

▼ 手~ (3, 0.0%)

1 の蓋, を下げた, を二つ矢代

▼ 手~ (3, 0.0%)

1 にかけマサキノカズラ, に繋, の手

▼ 手~ (3, 0.0%)

1 になる, 賣, 賣と

▼ 手水鉢~ (3, 0.0%)

1 の側, の水, をおおう

▼ 手濡らさず~ (3, 0.0%)

1 で自分たち, によそ, に取った

▼ 手為事~ (3, 0.0%)

1 をし, を置い, を見詰め

▼ 手~ (3, 0.0%)

3 遠波

▼ 手~ (3, 0.0%)

1 に記入, をぶら下げ, を首

▼ 手~ (3, 0.0%)

1 に天理教, に家, へ越し

▼ 手~ (3, 0.0%)

1 でやった, にし, の飯

▼ 手~ (3, 0.0%)

1 にぎります, の救, はヤソ

▼ 手~ (3, 0.0%)

1 が放り出された, に入れたる, を

▼ 手~ (3, 0.0%)

1 りでマッチ, りでマツチ, りに

▼ 手練れた~ (3, 0.0%)

1 からかひ, 大きな肉切り包丁, 鉄砲にゃ

▼ 手~ (3, 0.0%)

2 を曳い 1 に何故

▼ 手習ひと~ (3, 0.0%)

1 いふと, して, 称し世間

▼ 手習学問~ (3, 0.0%)

1 ならば, のこと, を教える

▼ 手習鑑~ (3, 0.0%)

1 が芸題, でもすべて序, の寺小屋

▼ 手~ (3, 0.0%)

1 でひか, に光っ, のしみた

▼ 手~ (3, 0.0%)

2 そしてこの 1 はますます

▼ 手~ (3, 0.0%)

1 から膝, と順に, は膝

▼ 手臑当~ (3, 0.0%)

1 して, と見まごう, にて出

▼ 手~ (3, 0.0%)

1 で挽け, をま, をまわし

▼ 手落ち~ (3, 0.0%)

1 とか失態, によってつまり, のない

▼ 手薄い~ (3, 0.0%)

1 ことと, わが空軍, 品物と

▼ 手製本~ (3, 0.0%)

1 とは全く, にまぎれ, をつくった

▼ 手轆轤~ (3, 0.0%)

2 の焼物 1 にかけ

▼ 手通り~ (3, 0.0%)

1 に行っ, の癖, をあるい

▼ 手遅し~ (3, 0.0%)

1 と受取っ, と裏, と開い

▼ 手~ (3, 0.0%)

1 の上, の宝石, の玉

▼ 手~ (3, 0.0%)

1 にかけてた, をかけてる, をつかい

▼ 手附かず~ (3, 0.0%)

1 にある, に出す, の奴

▼ 手~ (3, 0.0%)

1 の先鋒, や足利直義, を使うた

▼ 手~ (3, 0.0%)

1 だから財布, わりが, 足障

▼ 手~ (3, 0.0%)

1 いて, で別れる, なさなければ

▼ 手離さう~ (3, 0.0%)

1 としない, としなかつた, ともせず

▼ 手離さね~ (3, 0.0%)

2 ばならぬ 1 ばならなくなった

▼ 手離しかね~ (3, 0.0%)

1 ていた, てゐた, てゐる

▼ 手離せる~ (3, 0.0%)

1 やうな, やうに, わけの

▼ 手~ (3, 0.0%)

1 なす頸, よりも白く, より白し

▼ 手雪洞~ (3, 0.0%)

1 のかげ, をかざした, を踏みつけ

▼ 手頸足頸~ (3, 0.0%)

1 にまで塗っ, までがん, を縛りつけた

▼ 手頼つ~ (3, 0.0%)

1 ていく, てこられた, てみる

▼ 手馴らし~ (3, 0.0%)

1 ていた, に数本, に艇

▼ 手~ (3, 0.0%)

2 の異名 1 という如く

▼ 手あいなんだ~ (2, 0.0%)

2 がなア

▼ 手あげ~ (2, 0.0%)

1 ね, の形

▼ 手あそび~ (2, 0.0%)

1 の木鋤, 稼業闇太郎と

▼ 手あなた~ (2, 0.0%)

1 にも似合, は耳

▼ 手いけ~ (2, 0.0%)

2 の花

▼ 手うしろ~ (2, 0.0%)

1 には二人, へ廻し

▼ 手おくれである~ (2, 0.0%)

1 が今, ことに

▼ 手おくれな~ (2, 0.0%)

1 の, ので注射

▼ 手おしポンプ~ (2, 0.0%)

1 をかり, を曳い

▼ 手かぎ~ (2, 0.0%)

1 でそこ, の音

▼ 手かけさま~ (2, 0.0%)

1 だ, に出世

▼ 手かた~ (2, 0.0%)

1 の条件, をもっ

▼ 手からの~ (2, 0.0%)

1 方が, 注進をも

▼ 手がか~ (2, 0.0%)

2 かつてゐた

▼ 手がに~ (2, 0.0%)

1 ゅうっとはいってきてたくさんの, ゅうと出

▼ 手がの~ (2, 0.0%)

1 つてゐる, びてこようもはかられぬ

▼ 手がら話~ (2, 0.0%)

1 は新聞, を聞きました

▼ 手~ (2, 0.0%)

1 びしくはねつけたものでごさいましたがこの, びしくやつつけられてゐるがその

▼ 手くばりし~ (2, 0.0%)

1 ておい, てなるたけ

▼ 手ぐって~ (2, 0.0%)

1 ドンドン糸, 行くこと

▼ 手ぐつて~ (2, 0.0%)

1 見ると, 進んで

▼ 手ぐつて自分~ (2, 0.0%)

2 の本心

▼ 手ぐらゐは~ (2, 0.0%)

1 取つた事, 持つて

▼ 手ぐる~ (2, 0.0%)

1 かというところ, とみせ

▼ 手ぐるよう~ (2, 0.0%)

1 なこと, に共通

▼ 手ごはい~ (2, 0.0%)

1 喰へ, 肘鉄砲を

▼ 手さぐっ~ (2, 0.0%)

1 てみる, て得た

▼ 手さぐる~ (2, 0.0%)

1 やうに, ような

▼ 手させ~ (2, 0.0%)

1 て, ば守る

▼ 手さんここ~ (2, 0.0%)

1 は場所, は日本人

▼ 手さ持つてげ~ (2, 0.0%)

2 ば邪魔

▼ 手ざはり~ (2, 0.0%)

1 荒きも, 荒く近づき

▼ 手ざはりあらき紙~ (2, 0.0%)

2 の上

▼ 手しゃく~ (2, 0.0%)

1 でゴクリゴクリのど, で飲む

▼ 手じゃが~ (2, 0.0%)

1 こぎゃんして, 男雛ばかり

▼ 手ずさみで~ (2, 0.0%)

1 はありません, 曾て

▼ 手ずつの~ (2, 0.0%)

1 ご指南, 兵を

▼ 手ずれきった~ (2, 0.0%)

1 一巻の, 革表紙を

▼ 手せられた~ (2, 0.0%)

1 のが, のは

▼ 手その他これ~ (2, 0.0%)

2 に類する

▼ 手ぞろい~ (2, 0.0%)

1 で仕事, で働く

▼ 手たと~ (2, 0.0%)

2 へ彼女

▼ 手たれ~ (2, 0.0%)

2 の上手

▼ 手だけしか~ (2, 0.0%)

1 はたらけなかった, 見なかったの

▼ 手だけの~ (2, 0.0%)

1 ことも, 事で

▼ 手だす~ (2, 0.0%)

1 けして, けばかりをし

▼ 手だつ~ (2, 0.0%)

1 てある, てこ

▼ 手だつた~ (2, 0.0%)

1 わけである, わとこんな

▼ 手だらう~ (2, 0.0%)

1 が脚, なあオ

▼ 手~ (2, 0.0%)

2 がひ

▼ 手つかふ~ (2, 0.0%)

2 人かげ見れ

▼ 手つだはれ~ (2, 0.0%)

1 てそろそろ, てゐた

▼ 手つづきで~ (2, 0.0%)

1 その使用, 原爆や

▼ 手づかず~ (2, 0.0%)

1 にまるまる, に茶

▼ 手づつ~ (2, 0.0%)

1 にほとんど, の

▼ 手であります~ (2, 0.0%)

1 がまだまだ, けれどもあり

▼ 手でかき~ (2, 0.0%)

2 廻して

▼ 手でさえ~ (2, 0.0%)

1 そこへ, 二度も

▼ 手でしなけれ~ (2, 0.0%)

1 ばならぬ, ば収まらぬ

▼ 手でじ~ (2, 0.0%)

2 ぶんの

▼ 手でや~ (2, 0.0%)

1 ぞうを, ッつける

▼ 手というは~ (2, 0.0%)

1 毎月六七十円の, 藩の

▼ 手とから~ (2, 0.0%)

1 だとが, だとを

▼ 手としか~ (2, 0.0%)

1 思われない, 見えなかった

▼ 手とて~ (2, 0.0%)

1 よも今夜, 蹼やうの

▼ 手とどめ~ (2, 0.0%)

1 て天津乙女, て物

▼ 手とどめし~ (2, 0.0%)

2 童なり

▼ 手とられ~ (2, 0.0%)

2 し夢み

▼ 手とり~ (2, 0.0%)

1 つつかえり, 早いよう

▼ 手とり足とり~ (2, 0.0%)

1 引きずりこんで, 連れて

▼ 手ながの~ (2, 0.0%)

2 くぅも

▼ 手なずけられる~ (2, 0.0%)

1 かいい, ものかも

▼ 手なぞの~ (2, 0.0%)

1 事は, 大きいこと

▼ 手なぞも~ (2, 0.0%)

1 大袈裟に, 自然に

▼ 手などと~ (2, 0.0%)

1 人を, 言って

▼ 手などの~ (2, 0.0%)

1 具合が, 出たの

▼ 手などへ~ (2, 0.0%)

1 みすみすその, 渡ればこそ

▼ 手なども~ (2, 0.0%)

1 変てこに, 幻の

▼ 手ならす~ (2, 0.0%)

2 術まで

▼ 手ならひ~ (2, 0.0%)

1 が能, の師

▼ 手なんかに~ (2, 0.0%)

1 乗って, 出来る芸当

▼ 手にあたって~ (2, 0.0%)

1 多勢の, 弓張提灯

▼ 手にかけても~ (2, 0.0%)

1 だと, 受けとるから

▼ 手にかの~ (2, 0.0%)

1 女を, 風呂敷包みを

▼ 手にしか~ (2, 0.0%)

1 思えなかったが, 流露しない

▼ 手にすら~ (2, 0.0%)

1 入らないこと, 欺う

▼ 手になんか~ (2, 0.0%)

1 あったの, 乗るも

▼ 手になんて~ (2, 0.0%)

1 乗るもの, 任せては

▼ 手にの~ (2, 0.0%)

1 つたのを, ッて

▼ 手にはは~ (2, 0.0%)

1 ばの, ひらずに

▼ 手にもの~ (2, 0.0%)

2 なき一人

▼ 手によってのみ~ (2, 0.0%)

1 巧みに, 窃に

▼ 手によっても~ (2, 0.0%)

1 それを, 書かれたこと

▼ 手にわたる~ (2, 0.0%)

1 ことを, 金額は

▼ 手に対しては~ (2, 0.0%)

1 都会の, 骨惜しみを

▼ 手ぬらさず~ (2, 0.0%)

1 に織田, に羽柴軍

▼ 手はか~ (2, 0.0%)

1 しゃくなし, ッと

▼ 手ふい~ (2, 0.0%)

2 ごの

▼ 手ふし~ (2, 0.0%)

2 もふしくれ立ちたる

▼ 手ふるへ~ (2, 0.0%)

2 て泣き

▼ 手ぶし~ (2, 0.0%)

1 に持った, ょうぶっ挫い

▼ 手ほどの~ (2, 0.0%)

1 勤めが, 大な

▼ 手ほら~ (2, 0.0%)

1 このおれ, この人間

▼ 手ぼう~ (2, 0.0%)

1 でせえなく, の

▼ 手ぼう蟹~ (2, 0.0%)

1 は夥間, ふるえ上って

▼ 手まかせ~ (2, 0.0%)

1 に実験, の向

▼ 手まさぐる~ (2, 0.0%)

1 と, とこれ

▼ 手まといな~ (2, 0.0%)

1 のである, のは

▼ 手まどっ~ (2, 0.0%)

1 ている, ていれ

▼ 手まわしし~ (2, 0.0%)

1 ておいた, て触

▼ 手まわり品~ (2, 0.0%)

1 がはいっ, や菓子

▼ 手むかいし~ (2, 0.0%)

1 ちゃ却って, てみ

▼ 手むかいしない~ (2, 0.0%)

1 といわぬ, ものに

▼ 手むかおう~ (2, 0.0%)

1 というもの, とたくらんだ

▼ 手めがね~ (2, 0.0%)

2 をし

▼ 手もっ~ (2, 0.0%)

1 てん, て触るるべから

▼ 手やを~ (2, 0.0%)

1 働かせるので, 書状に

▼ 手らしき~ (2, 0.0%)

1 二人の, 鳥打帽が

▼ 手わたされた~ (2, 0.0%)

1 とき, 紙きれを

▼ 手われ~ (2, 0.0%)

1 の涙, を撃てり

▼ 手をか~ (2, 0.0%)

2 くると

▼ 手をつつ~ (2, 0.0%)

1 ぱり右手にて, 突いたり

▼ 手をの~ (2, 0.0%)

2 つけても

▼ 手をよけ~ (2, 0.0%)

1 ようとも, 右手を

▼ 手をを~ (2, 0.0%)

1 いて, いながら

▼ 手アカ~ (2, 0.0%)

1 そんなもの, でよごれた

▼ 手カバン~ (2, 0.0%)

1 を下げた, を拾い

▼ 手~ (2, 0.0%)

1 又痛ミ出ス, 触ッタ

▼ 手クレヴィン~ (2, 0.0%)

1 の, の仕事

▼ 手クレーヴシン~ (2, 0.0%)

1 の妻, をつれ

▼ 手ッ伝~ (2, 0.0%)

1 たらいかん, てもろ

▼ 手ッ手~ (2, 0.0%)

1 むかいいたすか, を手

▼ 手ッ甲~ (2, 0.0%)

1 だけ間, を外し

▼ 手ツとり~ (2, 0.0%)

1 ばやく, 早く演

▼ 手~ (2, 0.0%)

1 に奪い返す, に腹散々私

▼ 手ン手ン~ (2, 0.0%)

1 に奪い返す, に腹散々私

▼ 手一人~ (2, 0.0%)

1 しかいない, の手

▼ 手~ (2, 0.0%)

2 の手

▼ 手二人~ (2, 0.0%)

1 の上半身, の曲

▼ 手二名~ (2, 0.0%)

1 だけ見える, を射殺

▼ 手仕る~ (2, 0.0%)

1 かな, 酔狂者はいち人も

▼ 手伝つて貰つて~ (2, 0.0%)

1 これから毎晩俺, だつて

▼ 手伝ひと~ (2, 0.0%)

1 いつても, もつかぬ

▼ 手伝へる~ (2, 0.0%)

1 かも知れません, ものなら

▼ 手伝人夫~ (2, 0.0%)

2 をし

▼ 手~ (2, 0.0%)

1 はかけた, はやつ

▼ 手~ (2, 0.0%)

1 の二人, 置きすべて

▼ 手~ (2, 0.0%)

1 しものぢ, にする

▼ 手~ (2, 0.0%)

1 けのため一人娘, はせて

▼ 手傳女~ (2, 0.0%)

1 のほか, のやう

▼ 手免状~ (2, 0.0%)

1 を取り上げる, を持っ

▼ 手~ (2, 0.0%)

1 という意, を抱く

▼ 手兒名~ (2, 0.0%)

1 の兒, の投身

▼ 手兒奈堂~ (2, 0.0%)

1 に賽, の句會

▼ 手入皆自分~ (2, 0.0%)

2 が手

▼ 手八百~ (2, 0.0%)

1 で躓いた, の代り

▼ 手六本足六本~ (2, 0.0%)

1 ある妖怪, の怪物

▼ 手六法~ (2, 0.0%)

2 を踏む

▼ 手~ (2, 0.0%)

1 がよって, へ習練

▼ 手切文書~ (2, 0.0%)

1 を受けとった, を発し

▼ 手切金の~ (2, 0.0%)

1 だん, と言

▼ 手~ (2, 0.0%)

1 に趙, 致し候事

▼ 手別け~ (2, 0.0%)

1 をし, をしました

▼ 手~ (2, 0.0%)

1 が穿たれ, とで身

▼ 手刻み~ (2, 0.0%)

1 なんかぢ, の荒い

▼ 手剛さ~ (2, 0.0%)

1 がここ, を悟った

▼ 手~ (2, 0.0%)

1 は知らじ, もがも

▼ 手功ばなし~ (2, 0.0%)

1 となる, に絡む

▼ 手助かり~ (2, 0.0%)

1 と云う, をした

▼ 手助手~ (2, 0.0%)

1 その中, を合

▼ 手~ (2, 0.0%)

1 いたして, せんと

▼ 手半ば~ (2, 0.0%)

1 禿げたるわが, 開いてる色あせた口

▼ 手取る~ (2, 0.0%)

1 に任せ, 手も

▼ 手合図~ (2, 0.0%)

1 され出して, して

▼ 手向い出来ない~ (2, 0.0%)

1 事を, 高飛車な

▼ 手向い致しません~ (2, 0.0%)

1 からご, からその

▼ 手周り~ (2, 0.0%)

1 の物, の道具

▼ 手~ (2, 0.0%)

1 につく, をお

▼ 手大士~ (2, 0.0%)

1 の尊像, を創建

▼ 手~ (2, 0.0%)

1 にもまた, の類

▼ 手嫋女~ (2, 0.0%)

1 といった風情, にもめずらしい

▼ 手子供~ (2, 0.0%)

2 の手

▼ 手~ (2, 0.0%)

1 にかけこんだ, にとじこめられ

▼ 手寫した~ (2, 0.0%)

1 のであります, 肖像畫も

▼ 手小児~ (2, 0.0%)

1 に触るる, に触るれ

▼ 手~ (2, 0.0%)

1 は延暦三年四月, より続き

▼ 手巻煙草~ (2, 0.0%)

1 のすい, をみせた

▼ 手~ (2, 0.0%)

1 をかなぐりすて, をかぶっ

▼ 手平次~ (2, 0.0%)

2 はその

▼ 手延び~ (2, 0.0%)

1 にし, 内には

▼ 手弱く~ (2, 0.0%)

1 あらば, 辞退し

▼ 手~ (2, 0.0%)

1 にやります, の義

▼ 手~ (2, 0.0%)

1 の船, の軍

▼ 手~ (2, 0.0%)

1 の刳, の悪像ども

▼ 手~ (2, 0.0%)

1 に延ばす, より剥ぎし

▼ 手快く~ (2, 0.0%)

1 ララを, 抽箱の

▼ 手忽ち~ (2, 0.0%)

2 萎縮し

▼ 手~ (2, 0.0%)

1 さを, を為さ

▼ 手~ (2, 0.0%)

1 ですぐ, で陽ざし

▼ 手手前~ (2, 0.0%)

1 でご, はさっき

▼ 手~ (2, 0.0%)

1 鈎を以て, 鈎竹梯子等を

▼ 手~ (2, 0.0%)

1 けで, けの介抱

▼ 手投弾~ (2, 0.0%)

1 のよう, や鉄条網

▼ 手~ (2, 0.0%)

1 もしよう, 撓む

▼ 手~ (2, 0.0%)

1 の一輪車, の二輪車

▼ 手招ぎをして~ (2, 0.0%)

2 見た

▼ 手招け~ (2, 0.0%)

1 ばからから, ば白糸

▼ 手拭懸~ (2, 0.0%)

1 が置い, の手拭

▼ 手拱かい~ (2, 0.0%)

1 てぶる, てぶるぶる

▼ 手~ (2, 0.0%)

1 にした, を始めた

▼ 手振うれた~ (2, 0.0%)

2 くも

▼ 手挿ん~ (2, 0.0%)

1 だ一人, だ小刀

▼ 手探で~ (2, 0.0%)

1 その台, 食ひ

▼ 手携げ袋~ (2, 0.0%)

1 のステキ, の中

▼ 手携ランプ~ (2, 0.0%)

1 を取上げ, を床

▼ 手~ (2, 0.0%)

1 に掴まっ, に攫ま

▼ 手摺り際~ (2, 0.0%)

1 から眺めた, へ籐椅子

▼ 手操り~ (2, 0.0%)

1 で運び, ながら言った

▼ 手~ (2, 0.0%)

2 にし

▼ 手放れ~ (2, 0.0%)

1 惜しみ泣きし, 斯くばかり

▼ 手方面~ (2, 0.0%)

1 の阿蘇, へ近づいた

▼ 手~ (2, 0.0%)

1 く洗う人, のある

▼ 手~ (2, 0.0%)

1 だぜ, な事

▼ 手暴き~ (2, 0.0%)

1 事は, 折檻に

▼ 手木糸子~ (2, 0.0%)

1 に最も, の三名

▼ 手~ (2, 0.0%)

2 を釈かず

▼ 手~ (2, 0.0%)

1 であった, なくし

▼ 手松明~ (2, 0.0%)

1 を搏, を用意

▼ 手~ (2, 0.0%)

1 がどれ, の實

▼ 手~ (2, 0.0%)

1 のチリメン, の着物

▼ 手染め~ (2, 0.0%)

1 ができない, に染め上げた

▼ 手桃川燕~ (2, 0.0%)

2 之助

▼ 手~ (2, 0.0%)

1 になる, の方

▼ 手~ (2, 0.0%)

1 取ども, 取の

▼ 手樫尾初蔵~ (2, 0.0%)

1 なるもの, 及び狭山課長

▼ 手機もの~ (2, 0.0%)

1 が他, の味い

▼ 手次第~ (2, 0.0%)

1 でどんなに, で変っ

▼ 手欲し~ (2, 0.0%)

1 げに俗, やでうろついてる

▼ 手~ (2, 0.0%)

1 とても結婚後, の胸

▼ 手~ (2, 0.0%)

2 をつけ

▼ 手洋燈~ (2, 0.0%)

1 をかかげ, を摺らし

▼ 手温い~ (2, 0.0%)

1 のを, 事を

▼ 手漕ぎ~ (2, 0.0%)

1 なんか可笑しく, のやつ

▼ 手~ (2, 0.0%)

1 の側, を持っ

▼ 手燈信号~ (2, 0.0%)

1 の閃, をし

▼ 手~ (2, 0.0%)

1 るあるいは, 或置蛇瓮中令

▼ 手爪先~ (2, 0.0%)

1 の尋常, もきれい

▼ 手狂う~ (2, 0.0%)

1 と妙, と庄屋

▼ 手~ (2, 0.0%)

2 の足痕

▼ 手~ (2, 0.0%)

1 に取る, のよう

▼ 手~ (2, 0.0%)

1 く将門, く破られて

▼ 手田さん~ (2, 0.0%)

1 からも大層, でした

▼ 手當次第~ (2, 0.0%)

1 そして一生懸命, の書

▼ 手疾く~ (2, 0.0%)

1 寐衣に, 衣を

▼ 手白い~ (2, 0.0%)

1 息みずから灯す, 手恥づ

▼ 手~ (2, 0.0%)

2 に胸

▼ 手研耳命~ (2, 0.0%)

1 が謀反, と軍

▼ 手~ (2, 0.0%)

1 で事件, を二つ三つ

▼ 手~ (2, 0.0%)

1 がただ, の如

▼ 手竿~ (2, 0.0%)

1 は折りたたむ, を左

▼ 手~ (2, 0.0%)

1 で対向, をもっ

▼ 手筒ヶ峰~ (2, 0.0%)

1 の先鋒, の城

▼ 手~ (2, 0.0%)

1 ともいえよう, に入れた

▼ 手篤い~ (2, 0.0%)

1 看護が, 看護を

▼ 手簿~ (2, 0.0%)

1 には, を把

▼ 手籠め同様~ (2, 0.0%)

1 にし, に逢っ

▼ 手~ (2, 0.0%)

1 を節倹, を粗末

▼ 手~ (2, 0.0%)

1 で染め, の糸

▼ 手紡手織~ (2, 0.0%)

1 の布, の木綿

▼ 手~ (2, 0.0%)

1 になる, の筒袖

▼ 手~ (2, 0.0%)

1 のよう, の模様

▼ 手練れ~ (2, 0.0%)

1 の二丁斧, の位取り

▼ 手~ (2, 0.0%)

1 を呉れた, を採つ

▼ 手繰り上げ~ (2, 0.0%)

1 そこで二, ていった

▼ 手續きが~ (2, 0.0%)

1 あるので, ついてないこと

▼ 手置帆負~ (2, 0.0%)

2 の命彦狭知

▼ 手習ひだ~ (2, 0.0%)

1 から, の自分

▼ 手習ひより~ (2, 0.0%)

1 もほか, も文吾

▼ 手習ら~ (2, 0.0%)

2 ふとたどたどし

▼ 手習子たち~ (2, 0.0%)

1 に食べさせました, は皆

▼ 手習師匠建部久馬~ (2, 0.0%)

2 の娘お雪

▼ 手習帳~ (2, 0.0%)

1 をつくっ, を双紙

▼ 手習算術~ (2, 0.0%)

2 など教

▼ 手肩頸~ (2, 0.0%)

2 から次第に

▼ 手~ (2, 0.0%)

1 などの巌乗, は胸

▼ 手脛当て~ (2, 0.0%)

1 もあて, をし

▼ 手~ (2, 0.0%)

1 えが, は少し

▼ 手自身~ (2, 0.0%)

1 が弾い, が証明

▼ 手~ (2, 0.0%)

1 で床, にし

▼ 手~ (2, 0.0%)

2 子偕老

▼ 手~ (2, 0.0%)

1 に身, を握る

▼ 手菩薩~ (2, 0.0%)

1 である, の像

▼ 手葛岡~ (2, 0.0%)

1 が秋, に似た

▼ 手~ (2, 0.0%)

2 の汁

▼ 手~ (2, 0.0%)

1 の模様, をそのまま

▼ 手~ (2, 0.0%)

1 を飲ませた, 錬ひいて

▼ 手薬煉~ (2, 0.0%)

1 を引い, 引いて

▼ 手藝學校~ (2, 0.0%)

2 にも通

▼ 手~ (2, 0.0%)

1 ひ, 仰付

▼ 手裏劒~ (2, 0.0%)

1 に打ちます, を打った

▼ 手見せ~ (2, 0.0%)

1 てごらん, となり

▼ 手親しく~ (2, 0.0%)

1 亡さむ, 取り合

▼ 手触れ~ (2, 0.0%)

1 つつ行く, 難きを

▼ 手討と~ (2, 0.0%)

1 はや観念, もなる

▼ 手調べ~ (2, 0.0%)

1 として此, に過ぎない

▼ 手~ (2, 0.0%)

1 の一句一節, の節

▼ 手~ (2, 0.0%)

1 は見, を押えられた

▼ 手買取り~ (2, 0.0%)

1 の特権, 及び一手販売機関

▼ 手踊り番組~ (2, 0.0%)

2

▼ 手~ (2, 0.0%)

2 に乗

▼ 手~ (2, 0.0%)

1 僕の, 全く統一

▼ 手近く一例~ (2, 0.0%)

1 をあげ, を示さん

▼ 手~ (2, 0.0%)

1 と覚しき, を見る

▼ 手~ (2, 0.0%)

1 がストライキ, の話

▼ 手遊絵~ (2, 0.0%)

1 さては三代広重, の夢

▼ 手違う~ (2, 0.0%)

2 て順平

▼ 手違ひだ~ (2, 0.0%)

1 してな, つた

▼ 手違ひと~ (2, 0.0%)

1 は存じ候, は言

▼ 手鈍い~ (2, 0.0%)

1 ようです, 母親に

▼ 手~ (2, 0.0%)

1 が扱帶, でジョキジョキ髪

▼ 手長い~ (2, 0.0%)

1 腕短い, 足

▼ 手門内~ (2, 0.0%)

1 から奥庭, に入り

▼ 手開かぬ~ (2, 0.0%)

1 少女が, 少女とは

▼ 手離されず~ (2, 0.0%)

1 に持っ, 彼方此方へと

▼ 手離したく~ (2, 0.0%)

1 なつたの, はない

▼ 手離しなさる~ (2, 0.0%)

1 つもりらしい, なんて実に

▼ 手離しました~ (2, 0.0%)

1 よ親分, アトだんだん

▼ 手離せ~ (2, 0.0%)

1 ばわし, んでな

▼ 手離せねえ~ (2, 0.0%)

2 用事が

▼ 手非道~ (2, 0.0%)

1 く打ち据えられた, く頬桁

▼ 手~ (2, 0.0%)

1 に竈煤, に触るるべき

▼ 手頼ぢ~ (2, 0.0%)

2 やが

▼ 手頼った~ (2, 0.0%)

1 ので大して, ブルジョア観念論哲学一般の

▼ 手頼つて破談~ (2, 0.0%)

2 にしよう

▼ 手頼ろう~ (2, 0.0%)

1 とする, と思う

▼ 手~ (2, 0.0%)

1 を引かく, を洗う

▼ 手風呂~ (2, 0.0%)

1 が持ち込まれた, の火

▼ 手~ (2, 0.0%)

1 のあの, の玉

▼ 手~ (2, 0.0%)

1 にかかっ, は首

▼ 手~ (2, 0.0%)

1 に似た, をたたき

▼1* [1875件]

あげなかったちゅうこった, 手あげなかったよう, 手あげられて下されい, 手あしらいは気合い, 手あたりしだい工具であろうと, 手あたり放題に雑草, 手あたり次第ひとのもの, 手あたり次第ナイフやスプーン, 手あたり次第何でも御座れ, 手あたり次第壁をつきこわし, 手あたり次第物を指さし, 手あたり次第眼にとまった, 手あたり次第身丈に合つた灰色無地, 手あの足だ, 手あぶらに濡れ光っ, 手あまたである, 手あやまちで厚, 手あらくあつかったところ, 手あり嫁ぎたる女の, 手ッぱいで遠く, 手いたづらを, 手いたずらに私, 手いちめんがヌラリ, 手いれされた指で, 手うちはらひて遁れん, 手うち叩き人呼びて, 手うち索麪戸ごと掛け竝め日ざかりや関, 手おい鹿ではない, 手おくれしたのです, 手おくれた謎も, 手おくれだし値打ちも, 手おくれだったんだ, 手おくれでしたよ, 手おくれどすわ, 手おしの漁舟, 手おし車ならば, 手おちじやない, 手おちなくやってくれ, 手おどりだけが能弁, 手おのずから動き足, 手および恐ろしい太い杖, 手おり物でありました, 手かがみをひ, 手かきだったからね, 手かけ曳く帆は, 手かげんさへわかれ, 手かげん一つで刃味, 手かごいっぱいに花, 手かさねの両, 手かざしたる圓き, 手かざし父仰ぎ, 手かし下されませ, 手かじかみ此も, 手かたがた一緒に縫物, 手かたく合掌し, 手かて揉み悶えて苦し, 手かなんかで負かされちやつた, 手からくのがれし, 手からさえ借ること, 手からと思いましたがね, 手からというのである, 手からなよたけの, 手からにしよう, 手からわたつたもの, 手かりたりし, 手かりないわ, 手かをひツぱたいたからです, 手かネお手, 手がからのリュックサックを, 手がさこうも, 手がてんびん棒にかかった, 手がばたんと時々夜具, 手がまへをし, 手がめつからぬと, 手がも少し白い, 手がやはらかく, 手がらげんぺい以来有間敷と申す, 手がらばなしをでもし, 手がらびとであるかも, 手がりになるだろう, 手がをさなう, 手がをんなにな, 手きき殿さまをかぎつける, 手きずこれなく此ころ蔵が, 手きびしかった, 手きれぎれにかの女の, 手は次第, 手ぎはぢや少し遠, 手ぎはでは劣つてゐても, 手ぎはで獅子や狛犬, 手ぎはよくやって呉れ, 手ぎはよく具表されて, 手ぎはよく外側から構成, 手ぎはよく髮を束ね, 手ぎれの狼火, 手ぎれいさなめらかさで包まれ, 手ぎれいな性質で何, 手ぎれいな方法で墨, 手ぎれいな機智めいた表現, 手ぎれいな風情の味わい, 手ぎれいにされているということを理解した, 手ぎれいに表面だけを撫ですぎ, 手ぎれいに解決されるくらい, 手ぎわよくつづけさまに聞えたので, 手くだしはつまらんで, 手くだ一つでどう, 手くらい握ったり, 手くると, 手ぐいで足をはたい, 手ぐいで頬かぶりをした, 手ぐさとりあなあはれまことしろきかも, 手ぐさとる子に垂らしたる, 手ぐす引いて待つ, 手ぐってくるふしぎな男はたれ, 手ぐってみたらなにかの引っかかりが, 手ぐらいではどうにもなりやしません, 手ぐられでもするように上がって, 手ぐらゐで躓くやう, 手ぐらゐの話にきま, 手ぐらゐは胸にた, 手ぐらゐ前夜案をねつ, 手ぐりだし楽しんで, 手ぐりだした記事がそれ, 手ぐりついて竹生島の樹木, 手ぐりでそいつの仕業, 手ぐりよせているその一枝へ目, 手ぐりよせては自分の足首, 手ぐりよせ言葉しづかに云ひき, 手ぐり網の船, 手ぐることによってその, 手ぐる外はありませんでした, 手ぐれば尽きない, 手ぐれず外から, 手ぐろうとしては失敗, 手こいつをこっそり, 手こうとにらんだら, 手ここに御池, 手こぶしを射当て, 手これ將た讃むる日, 手こんなに汗, 手ごうしに来ます, 手ごと一流の剛力, 手ごと自分の方, 手さえも離して, 手さがりになり, 手さきあざやかにこの, 手さきで母の, 手さき二十手さきへいっ, 手さき仕事ではない, 手さぐったとか涙, 手さぐりでさはつてみてゐる感じだつた, 手さぐりでそこらをなでまわしていたがとつぜんおどろき, 手さしたのに碁石, 手さしてすくひ, 手さし供奉しまつるは, 手さすその一手, 手さすり寝ぬる夜寒かな, 手さっとしびれわたり, 手さながらおまけに, 手されかなり忙しい, 手さわりは好く, 手さんあなたはヴェステルバーゲン税関, 手さんこちらはね片原, 手さん四谷で馬鹿, 手さん方向がちがいやしない, 手さん達にはすまなく感じ, 手ざはりさへ久しぶりな染, 手ざはりだつたと言ひますよ, 手ざはりで分つて, 手ざはりと柔かいしかも, 手ざはりと匂ひ, 手ざはりと弾力を思ふ, 手ざはりには何んの異状, 手ざはりに金の箔, 手ざはりのない虚しい当惑, 手ざはりのなめらかな一枚の襦袢, 手ざはりのウール地ばかりで, 手ざはりの土にまさらず, 手ざはりの岸の柳, 手ざはりも声も具えた, 手ざはりや匂ひに, 手ざはりを感じさせる, 手ざわりからしてがよろしくない駄金襴です, 手ざわりがいくらかやわらかになるかも知れません, 手ざわりとてもなかなかにゆかしい料紙である, 手しかと擁き, 手しかもかよわい女子, 手したる坊さんという, 手してるなああたりめ, 手しない小説の, 手しなければこの, 手しほでも押さえ, 手しょくの火, 手しようとする, 手じかにいうと, 手じっと相青眼, 手じゃあなくッ, 手じゃねえ百姓か, 手じゃわいそりゃ, 手じやの岱中, 手すがる戸の上, 手すぎた, 手すぎるような, 手すくなでゆきとどかん, 手すこし白すぎる, 手すさびでござりまして人にきい, 手すさびですよお, 手すさびのおもちゃにしすぎて豊饒な天性, 手すさびのはかなきものを持出て, 手すさびらしく目立たぬ色糸で, 手すすぎを持っ, 手すでに血ぬられ, 手すべき残された問題である, 手すら柴家の, 手すらも茫然と, 手すりにくひつ, 手ずさみだ笠と, 手ずさわるとは云う, 手ずつ射はじめた, 手ずれたる銀の, 手ずれた浮き彫の輪廓, 手せぬでもない, 手せられその後スペインや, 手せわしく呼吸に, 手へて悲しみ給, 手そういう種々雑多な, 手そうしてどうやら床の間, 手そして少年の, 手その他が繃帯, 手その後に美濃, 手そら何んとかの, 手それらは彼女, 手それ自身が一つ, 手そろうて光り, 手そんな武器を, 手づさはりて, 手たたいて笑っ, 手たたいたっていい, 手たたみ吟味は, 手ただのやつ, 手たちお前らは私, 手たちまち熱く叫ぶ, 手たち数十人がこの, 手たらんものを, 手たりと云々, 手だけじゃいかん, 手だすけしなかったのは, 手だすけするよ, 手だったら正直に, 手だつだよと云, 手だるさやら, 手だれなりければ思う, 手だ割れる器だ, 手だ放しッこは, 手ちがいだらけであり次郎, 手ちげえに, 手ちゃん来る文春, 手ちょうを出し, 手ぢかな女中には万人, 手ぢかな所に立つ, 手っていうのが, 手ついて謝罪らせん, 手つかむ計りの, 手つぎに案内, 手つぎゆく舟の, 手つくしたおもとが, 手つくねの束髪, 手つけずにお, 手つけたる竹の, 手つけねえでたかも知んねえ, 手つけらつるもんぢ, 手つけられるなんて自分, 手つけ金として二万円, 手つだひしたり冬, 手つちふとそれあいつ, 手つつと手もとを, 手つづみ, 手つづいて左, 手つづきしたに過ぎぬ, 手つづきせずともたぶん, 手つづきであるがこれ, 手つづき取っておきました, 手つてえもの, 手つて自動車か, 手つとりばや, 手つなぎで揃っ, 手つんだすもんだ, 手づかいとかに貴公子, 手づからしてやつ, 手づけたならけっしてそれ, 手づたひに行つてゐる先, 手づつでも心もちは本当, 手づつなる飲み様, 手づつなる持扱ざまをし, 手づなを取った, 手づなをひきつつだいぶこっち, 手づまの鈴川伝, 手づよく押しのけたはずみ, 手づよくわたしを疑っ, 手づよく長刀も出来, 手づるがあるのをさいはひ加納屋のをぢさん, 手づるつとうて陸軍の主, 手づるにでもいたすことじゃろうから安心して, 手づゝにはあらず我が蔵, 手さばきを, 手であり護り手である, 手であるらしく思われたがそろり, 手でこそ守りましょう, 手でございましたろうそれからまたあの, 手でさえもうっかりし, 手でしか書けるもの, 手でしてえものだ, 手でしなをつくる, 手でし尽くされ様様有効な, 手です驚いて聲, 手でずぼんを, 手でずうっと撫で, 手でだけ育っては, 手でというスローガンとともに, 手でなくする工夫を, 手でなくちやあ遣られない, 手でなさること, 手でなんぞ尋常な, 手での鬨の声矢叫びは, 手ではじめられたたき火とは, 手ではと懐に, 手でばかり事物に, 手でぶるるん, 手で引き受けるように, 手で御座いますはい, 手で御座ろうか, 手とかいうものが, 手とさえいわれて, 手としてしか美も, 手としても戦いうる精鋭, 手とだけしか記憶し, 手とだけはぼんやり認める, 手とっても熱い, 手とめてちょうだい, 手ともにわれわれの, 手とらまへ, 手とらす時, 手とりしと童泣す, 手とりぬ夢の, 手とり夕うらさびし旅, 手とり死なむと, 手とり者だった, 手とり脚どりされて, 手とり足とり木賃宿の奥, 手とることを, 手とを以てしては, 手とを通じて僅かに, 手どうしてこう冷たいの, 手どくで白釉に, 手どころとも申すべき, 手どころかするすると, 手どすか, 手どらまへた都鳥, 手どりでななか, 手なえの人, 手なきより常に, 手なくなり足打て, 手なぐさみはするという, 手なぐさめに罪, 手なずけられてる仲間な, 手なぞとられたこと, 手なぞが真紅に, 手なぞにもさすがに, 手なつけしに, 手なづけられ張り渡された, 手なづけ置き頓て, 手なとりそ, 手などで提げられるもの, 手などではとてもそんなに斬れる, 手などにとってある音楽音, 手などにもたずねて, 手なべさげてもと, 手なほ肩に有り, 手なみ多寡は知れ, 手ならあるけれど私, 手ならいの先生, 手ならかうあの手, 手ならかうとちやんと案, 手ならせば汝, 手なら飛ぶ方が, 手なりたがはせ, 手なりの平屋建ての, 手なるべし先藤五郎殿さ, 手なれば其方給仕, 手なんかかうして, 手なんかを争って, 手なんじを罪, 手なんともないの, 手なんどに, 手にあたり数時間の, 手にあたる黒沢の, 手にあたるもの耳に, 手においては一部の, 手にかけさえすれば, 手にかけては鬼神を, 手にぎる小さきかや, 手にくツつきません, 手にけえりゃ文句, 手にしかと岸より, 手にじゃが薯を, 手にぞ置くなる, 手にたいしては馬上から, 手にだけ手袋を, 手にだけしかないの, 手にだけなりともおとり遊ばせ, 手にだって負えるもん, 手にてなどというものは, 手にても取られてはのう, 手にてやざうを, 手にでもはいるよう, 手にというように, 手にとってと見こうみして, 手にとっては実に長い, 手になんぞつかまらない, 手ににぎつたまま五六人の, 手にはとつて見た, 手にはをへんて, 手にまでなり下ってる始末, 手にもをへること, 手によってかの法王に, 手によってこそ科学は, 手によっての感情の, 手によりまして足場を, 手によるか否かは, 手にわたりそれからいろいろ, 手に当たって人影が, 手に迄とって, 手に関する文献や, 手ぬくめのよう, 手ぬぐひも染まらない, 手ぬぐひそれと, 手えお前, 手のうへに土を, 手のうへの種は, 手のうへを白墨だらけの, 手のくらいのときだった, 手のずつとなかまで, 手のせお手, 手のせおろしてお, 手のちから加わり, 手のなま傷, 手のね指の, 手のべてさ, 手のぼりにて下知, 手のみに属するもの, 手のみにて用を, 手のみにてはどうする, 手のめりの駒下駄, 手のろくても望ん, 手はがい骨, 手はぐッたり, 手はしの利い, 手はしもやけの, 手はつひに, 手はてはくぼんだ眼, 手はなちしは, 手はね先生な, 手はねエですわ, 手はのびてきそうもない, 手ははなれば, 手はぶざまな赤ン坊たち, 手はめたる手の, 手はもうめれんす, 手はらうまちず, 手はらひます御衣のに, 手ばかりに任した実行, 手ばかりの後の, 手ばかりは写真師に, 手ばかりわずらはせて, 手ばなしちやあ, 手ゅうっ, 手ひいて渡れ, 手ひかひてなげき告ぐ, 手ひき抜き右手に, 手ひとしく扉を, 手ひとりをそこ, 手ひらめきいつくしき真夏なるなりし, 手ひろかつた故人にし, 手びかへを読み聞かせ, 手びかえているが同様の思慮, 手びき役をしました, 手びさしをしてさっきからジッ, 手ふさげに解きもの, 手ふた手ぐらいは, 手ふたりでいち早く, 手ふつくりして, 手ふと休む, 手ふり足ふり踊り, 手ふるひし書よ, 手ふるれば玉, 手ふれしうづたかきふみ, 手ふれぬひつぢ穂や, 手ぶし切落さんと若き, 手ぶそくになる, 手ぶらぶらど振っ, 手ぶり口ぶり忙がしく, 手ぶり哥のよみぶり, 手ぶり手まねをし, 手ぶり物まねなどし, 手ぶり畳を踏み鳴らす, 手ぶり編笠で帰られましょう, 手ぶり腰ぶり唄声あざやかなもの, 手ぶり見でまなざし, 手ぶり足のはこび, 手ぶり足つきで単調, 手ぶり足ぶみおもしろく踊り抜い, 手ぶり足ぶり歌の声, 手ぶり身まねを以て彼等, 手ぶんこの中, 手へかへして, 手へそッとそれ, 手へではなく彼女, 手へなど渡ったの, 手ほかに当り障り, 手ほとんど力まかせに, 手ほどは剥げて, 手ぼう爺に若い, 手まいろうか, 手まがいの子供ダマシ, 手まさぐりたまえる緋の, 手まったく押の, 手までは届かない, 手まといさえなくなれば可, 手まといでござります, 手まといであるからジロリ, 手まといであろうとも脱, 手まといですがこわがっ, 手まといなら私は, 手まとい帰ってくれれ, 手まどいになる, 手まわしだねえ, 手まわりかねる有様であっ, 手まわり入れでもない, 手みずから与えたるに, 手みづから比目魚を, 手みなもってその, 手むかッて, 手むかいいたすか, 手むかいしようとすれ, 手むかいすれば前, 手むかいせずにこっち, 手むかい致し近所の, 手むかった家臣の, 手むかひせずにこつ, 手むかふ心と, 手もさはつた, 手もしくはまと, 手もちぶさたそうに炉, 手もち掻撫でぞ労ぎたまふ, 手もち無沙汰さうに手摺へ肱, 手もち無沙汰さうに煙草を喫つて, 手もち無沙汰そうに思い出した, 手もち給金七ルーブリという条件, 手もてともなひゆけ, 手もて招き声あり, 手もて探りて漸く, 手もて造り金もて, 手もなどや今宵の, 手もろともそよ, 手やうやく緩く, 手やがはっきりと, 手やすく下して, 手やと言って, 手やなどが痛むとは, 手やらせるね, 手やわらか手など, 手ゆえの心, 手ゆえ女風情やお前, 手ゆびとあのよう, 手ゆるみもしない, 手ゆるめそっと浮かせ, 手よう眼ように自然, 手よと世に, 手よなよな何を, 手よらなければならぬ, 手よりか心太だい, 手よりのないもの, 手ら親ら琢き立給, 手りう彈とシャベル, 手れん手くだというよう, 手れん手管の裏表, 手わずかに一市民, 手わたしたものは, 手わたし時を措かず, 手わたせばいい, 手わななきてやがて, 手わんというもの, 手をかへて行くこと, 手をからないでも, 手をけふは, 手をさえ冷え上らせるその, 手をすら冷たい爪, 手をだに触れむとせで, 手をつつと引込めて, 手をでも取ったらしい気勢, 手をねお手, 手をもって関, 手んで居るん, 手イクラ座のプリ・マドンナ, 手入れるもん, 手ェ眼にあて, 手エイが唄, 手エ使てるねん, 手エ出しやがっ, 手エ切つて了うてたらよ, 手エ妙に顫てる, 手エ振り合いながら薬, 手オクレであった, 手カギをガツ, 手カケの数, 手カラ肘次イデ肘カラ肩, 手ガソリン代其他雑費諸掛りを計算, 手ガンと一つ, 手ガ氾濫シテ来テ何ヲ書イテモ, 手ガ痛イダノ歩ケナイダノト云イナガラ結構生活, 手ガ痛ムノデ剃刀ヲ使ウノモ不自由ナンダガソレヲ怺エテ今朝剃ッタバカリデアル, 手ガ痛ンデ朝晩苦シガッテイタンジャ, 手ガ痛ンダリ麻痺シタリスルノハソノセイデアルカラソレヲ直, 手キズを負わされ, 手ギワよくあつかっ, 手クグツとも云った, 手クダのあげく, 手グイとばかりに駕籠, 手グスネひいて, 手グッと睨んだ, 手ケダモノの手, 手コナイリイ・モル王の臣, 手コノ手と攻めたて, 手ゴカンベン願います, 手ゴメにした, 手シャクは恐れ入ります, 手シャベルを握っ, 手ジャクでグビリ, 手スリのよう, 手ズレもし, 手ズーンちったよ, 手ダテガナイト考エタノデ急ギ, 手ダマにとって羽, 手ッ暗がりの台所, 手ッ甲脚絆素わらじのすでに, 手取早く, 手ツ平でぶん, 手ニカヲ入, 手ニカヽッテ殺サレタ方ガ幸福カモ知レナイ, 手ニテ握トキハ則チ痩セ縮ム, 手ニ何カ堅イ物ガサワッタノデ夢中デ要之助, 手ニ小皿ヲ持チ, 手ニ痛ミヲ与, 手ニ白イレースノ手袋ヲ篏メ, 手ニ知ラセズニ彫ラセルコトガ出来ル, 手ヌグイガ入ットル, 手ノコトダカラ心配ハナイオ前サンハ遠慮シナサイッテ, 手ノヨウナ痛ミヤ冷感ハナイガ何トモ不思議ニ重ミガカヽリ, 手ハモウスッカリオ直リニナッタンデスカ, 手バナをかん, 手バラバラと捕手たち, 手パイクソンのいった, 手ヒトミさんにぎります, 手ヒドイ神経衰弱に引っかかっ, 手ヒドク嘲弄されました, 手フィンリイルひとりが海, 手フランクの面影, 手ホッと溜息, 手マルシャンに競演, 手ミニョンなどにその, 手モアイゼンバンドモ凍ッテアイゼン, 手ヤワラカにねがいます, 手ラッパで, 手ラムプを持ち, 手ランプまつとこつちへ, 手ランプ點けろでヤ, 手レン手クダのあげく, 手ヲモッテ触レル, 手ンぼうの助力, 手ン手古舞をし, 手ヶ原直江蔵人の療養園, 手一すじをたより, 手一たび我に触れな, 手一つ計りでございます是, 手一ぱい米を買いしめ, 手一パイというフトコロ具合, 手一句切りと雖, 手一名後詰三人と役割, 手一名焼死数名負傷罹災者四百名中先日の大火, 手一手の兵, 手一杯ですよ, 手一歩もはこび, 手一足に軍律, 手一隊は忽ち, 手一面に墨, 手丁寧後は粗放, 手七六歩を受けた, 手万一のこと, 手三十番街を左, 手三島手の如き, 手三百人が現われ, 手上がりだ, 手上り過ぎましたよ, 手上名古屋の林, 手上品な痩せ方, 手上等兵とあっ, 手下げラムプをしつかりと握つ, 手下げ袋を持ってた, 手下す事なかるべし, 手下拙より何より, 手下谷の小, 手不調から吸飲, 手不足し更に, 手両道から説き立てられ, 手中村辰次郎火夫庄司彦太夫乗組み県立女子師範学校側, 手丸あすこも浮世, 手丸さまにも勝った, 手丸さま今の私, 手丸っこい強健な, 手丸年下の方, 手丸提灯を取出し, 手丸提燈に灯, 手モノ共爲習練江戸大阪共爲致往還度彼是相伺候可然, 手乗り文鳥を買っ, 手九四歩は私, 手乱髪膝がしら, 手事件は並々, 手二三十に渡つた, 手二手は使いうる, 手二条の柄, 手五名を副え, 手五百人を分け, 手に在り, 手いたくふるひぬ, 手亮碩熊石村根陣岡田総督手文礼出張被仰, 手人龍麻呂が雑戸, 手他方のに娘, 手他流試合を所望, 手代り四人も茫然, 手代り弟子らと共に麻裃, 手代わりの僧, 手ち, 手以外何人にも間接, 手休めたまは, 手伝ぐらゐは間に合, 手伝つたのであらう, 手伝つたやうなもの, 手伝つたわけではない, 手伝つた人々である, 手伝つた方が気, 手伝つた賃銭に松魚, 手伝つてきいきいいふ小鳥, 手伝つてくりや, 手伝つてみんなの御飯, 手伝つてやつた, 手伝つてらつし, 手伝つてマヨネーズソースを自分, 手伝つて一ツの蓑, 手伝つて一枚をあ, 手伝つて二の腕, 手伝つて五十人百人の客, 手伝つて人目を惹く, 手伝つて今日これを本全, 手伝つて会に出掛かけ, 手伝つて四角な大きな, 手伝つて寝返りを打たせ, 手伝つて座敷の椅子, 手伝つて彼女の住居, 手伝つて椎の実, 手伝つて浦野今市君はむしろ, 手伝つて現代風俗画としての興味, 手伝つて目の廻, 手伝つて船を拵, 手伝つて蒲団包みと柳行李, 手伝つて見事に仕上げさせたら, 手伝つて貰つたのにと思つて, 手伝つて貰つて二番目の太鼓, 手伝つて貰つて彼是と恩, 手伝つて貰つて洋服やシュミーズ, 手伝つて貰つて猩々を生, 手伝つて貰つて顔や手足, 手伝つて身首所を異に, 手伝つて車夫は町, 手伝つて頭の禿げた, 手伝ひだつたのだけど, 手伝ひで場銭を貰, 手伝ひで大騒ぎだよ, 手伝ひといふ仕事から演劇活動, 手伝ひなさいよう日が暮れ, 手伝ひなら私共にお, 手伝ひまでする, 手伝ふからさつ, 手伝ふつもりだつた, 手伝イナガラ汗ヲ掻ク, 手伝ッテイルノヲ見ルト, 手伝ッテ衣類ヲ脱, 手伝人たちが穴, 手伝人中に飯田安石夫妻, 手伝勝本理庵熊谷弁庵が列座, 手伝四人俗事役三人の邸宅, 手伝役にありつく, 手伝御用を仰せ, 手伝方々預けられて, 手伝林町より別府, 手伝湯屋の三助, 手伝申上げて, 手伝神の話, 手伝等の雑役, 手伝見舞にまいり, 手伝賃を貰, 手をする, 手かきよき, 手作さらさらに何ぞこの, 手作すべて雪中に在, 手使ひ, 手りて, 手依って生きる, 手依つてゐる, 手依りしもの, 手便は此乳子, 手に掴, 手向いた頬, 手は綺麗, 手にわかる, 手傀儡の事, 手を用いる, 手傳あなんちや, 手傳いして搜, 手傳つたことだらうな, 手傳つたわけぢやありません, 手傳つた丈夫な男達, 手傳つてせつせと, 手傳つてそれは控, 手傳つて二の腕, 手傳つて何をやる, 手傳つて佛樣の始末, 手傳つて働らくのです, 手傳つて切り盛りするで, 手傳つて午さがりの, 手傳つて女房はそれ, 手傳つて寢るまで, 手傳つて引おろしたよ, 手傳つて彼は元, 手傳つて慥へて, 手傳つて搜しましよう, 手傳つて搬んだが, 手傳つて晩飯の支度, 手傳つて朝晩の用位, 手傳つて死骸をおろしました, 手傳つて水洟をすゝ, 手傳つて灯の中, 手傳つて用意をしてやる, 手傳つて町内の殘, 手傳つて着物を脱がし, 手傳つて私の心, 手傳つて紬の糸, 手傳つて肩身を狹, 手傳つて船の仕度, 手傳つて覺えの, 手傳つて貰つて造りました, 手傳つて貰つてこれはお座敷女中, 手傳つて貰つて三重になつ, 手傳つて貰つて梯子を滑らせ, 手傳つて貰つて此處へ連れ, 手傳つて雜巾掛をし, 手傳つて頭の禿げた, 手傳つて馬車に積みおろし, 手傳はず默つたま, 手傳ひがしたいと, 手傳ひでも仕事, 手傳ひで手桶に半分, 手傳ひとて五月蠅, 手傳ひと火事見舞と燒, 手傳ひなんかし, 手傳ひならどんな無理, 手傳ひなら何時でもやります, 手傳ひもしたこと, 手傳ひも御免蒙らうぢ, 手傳ひも成まじ然, 手傳ふかも知れない, 手傳ふためにてんでに, 手傳ふつて, 手傳人にも皆, 手傳出役となり, 手傳衆大勢ぢや御, 手働かず足動かず, 手に目方, 手優雅な動作, 手の場所, 手元気の好い, 手児奈様の御, 手児舞をしなけれ, 手兒名信者と見え, 手入ずの娘, 手入ホウレン草と新, 手入今春は私, 手入大根よ早く, 手入奥さんが縫う, 手入山禁制のお山, 手入浴衣の洗濯, 手の蒔直し, 手八丁それにどこ, 手八丁口八丁のても天, 手八丈の下着, 手八千名をもっ, 手其外淀の手, 手具すね引い, 手具合も暫く, 手具脛振りだ, 手兼その他いろいろの, 手兼家政婦の岡本, 手兼村の松源寺, 手凍えてしば, 手凡ての頭, 手凡手ではなく, 手出ずるの類, 手出ましょうよ, 手函硝子の瓶, 手切つて落すの, 手切りの件, 手切金云々の気持, 手刈り干ししき慕, 手刈村という, 手判紙の畳んだ, 手利ゆゑ五人や十人, 手利云々終槍にて刺殺申候, 手刷り台の前, 手刷り道具や出来, 手刷毛目繪高麗その他堅い手, 手に貴方, 手刺股槍陣太刀半弓袖搦み鉢ワリ鉄棒六尺棒ありとあらゆる得物, 手前世に出ますれ, 手いて, 手剛いが殿下には反, 手剛そうなので, 手力男命が引き明けた, 手功ばなし吉良殿の寝間, 手功焦りをし, 手労働者の手, 手動かす気配も, 手勝ちすれば, 手勝てばよい, 手勤続のこの, 手の中, 手北川冬彦は言っ, 手で御意, 手医師の何某, 手医師何某が腑分, 手医者として殿様, 手十手というもの, 手十手十手というもの, 手千眼観自在菩薩の画像, 手危うく口火から, 手を離す, 手卷きてねなん子ゆゑに, 手原彦次郎房親だった, 手く擯斥, 手又は謡い手として, 手取ったものであった, 手取らすも, 手取りなわ右門, 手受け持ちと任じたら, 手ともにすすぎ清める, 手古びた矢立が, 手古名しおも, 手古奈はさも無造作, 手古奈一家の悦び, 手古奈位の年頃, 手古奈堂に近き, 手古奈綿ちもん, 手古奈自身も自分, 手古林であったこと, 手古盛りに盛り返し, 手叩き三つ位で一つ, 手召さらば, 手右手に構え, 手右門はゆうぜんと, 手指の, 手合したいからじゃ, 手合せお願い致しましょう, 手合せたいから上, 手合わせて祈ってる, 手合計しで, 手分会執行委員, 手同時に神の, 手同様必要ですが, 手向いいたす敵手と, 手向いしないと見, 手向いたし候, 手向い申すぞ, 手向い立をすれ, 手向い致さばきり, 手向う力はなかっ, 手向えするんだ, 手向おうとし, 手向くべき父の, 手向くべくなりに, 手向ったら半殺しに, 手向わせたのは, 手向進らせ度一ツ, 手君ッさあお通し, 手君同様物を言わぬ, 手君料金はいくらでも, 手君生活の花々しい, 手君道がちがやしない, 手吟味をし, 手呼出器であり切符押出機, 手商売も中, 手嗜みです, 手を嵌めた, 手囃方のほか, 手四つ顔二つのさらしもの, 手四五ヶ所鼻上耳脇また頭, 手四口五眼を逆, 手四番にキャメル, 手四箇では盆, 手回らんようなら首, 手回りかねる際とて, 手囲いとなっ, 手摺らせでは, 手固く戦うつもり, 手で保証, 手園丁など屈強, 手土一万石立花出雲守の城下, 手いすべき態度, 手といふやう, 手垂げ袋を持っ, 手執りにしよう, 手の駕籠舁勘太郎, 手堪へがない, 手を留め, 手塗胴や竹刀, 手塞ぎが生じる, 手外れが少から, 手外交員会計助手歯科医なども近々, 手多かるものにて, 手夜伽はまだ, 手大上段に振りかぶった, 手太刀を延ばす, 手奇襲の着想, 手奈島や仁保島, 手奉行の手, 手女店員あとは夥しい, 手娯みの刺繍をやっ, 手かないかにも, 手守り法を攻究, 手定本であつ, 手容易なこと, 手宿の畔倉重四郎, 手なればや, 手實法といふもの, 手など数え, 手ふ者, 手対いをし, 手対手は紋床, 手専売所であるという, 手専売耶蘇を棄て, 手專賣とした, 手小屋多し, 手小屋山大高山小高山, 手小次郎を知らねえ, 手小石川上水堀の端, 手小野川に対しては, 手少し傷け, 手尽し候ものから, 手迄伴六亀児送来, 手く其の, 手届かぬところに, 手届きて人, 手屋敷から暴風報ら, 手山その他諸国の山, 手山内重作が, 手岩根半藏, 手峰丹波の肩, 手工芸品が大, 手の手, 手左手業ながら半蔵, 手左手業乍ら半藏, 手左腕を抑, 手左馬介にはわかっ, 手には不得手, 手巧みな太刀ぶり, 手巧者な辻斬り, 手巧職人風のイナセ, 手巻きウインチはきわめて, 手巻きタバコをくわえ, 手巻き式だった, 手帛一つ持ち合, 手帰つて来る, 手帷幔を音, 手の上, 手幡以下の品物, 手干戈隊鉄弓隊など四団八列, 手平和主義者だから, 手を取り寄せ, 手廣さであつ, 手になり, 手延ばされぬものでござる, 手廻らないように, 手廻わしを早く, 手廻小姓与九番, 手で新聞社, 手弄びのやう, 手弄みか実際この, 手弄るのみ, 手キリキリキリ, 手弓之衆の中, 手引かれてしめ飾り, 手引き受け人である, 手引き抜き発止受けた, 手引っぱって, 手引出して頭上, 手引受けでやり切れない, 手引致し候者, 手くやつ, 手弱い故なり, 手弱き女に, 手弾く様な, 手当然の指し手, 手彩色墨摺板画の部, 手彫した舟型の, 手影雲井の胴, 手彼女の心づか, 手後十有五年にし, 手後製版其他の仕事, 手御免よ, 手御用を願い出, 手必死の場合, 手志川の源, 手思案をかえた, 手恥づかしい, 手悪しと胸, 手情理をわきまえた, 手想いだすわ, 手意識を失い, 手感涙にむせぶ, 手慇懃なり此, 手づけられて, 手慣し同様で, 手慣らすことに, 手慰さみの, 手慰びも危ねえ, 手得る人, 手懲りをし, 手けて落着, 手懸りさへも, 手を営み, 手の足一つ, 手の石突, 手戻りがし, 手所望でござる, 手があった, 手手出して, 手手手だ, 手手相はいかが, 手手裏剣も心得た, 手打ったらしい嫁菜が, 手払い籠手, 手払うて買う, 手も今日, 手扮装は黒紋付, 手扱きを使い続ける, 手を経た, 手へぬ, 手投げの白金光, 手抗いいたしたのも, 手抗いいたす気か, 手抗いしたら兄だ, 手抗いするかッ, 手折つて來た花, 手抜けになつて先生, 手押ぐるまと, 手押喞筒の車, 手押式の起電機, 手押椅子にのつた足無し, 手押機械を用いた, 手ずッ, 手ちとしよう, 手して, 手招ぎでもしたらそれこそ奇蹟になります, 手招ぎをしたのは別れを惜しんだ, 手招ぎをしたらまたわ, 手招ぎをして彌次郎をひやかす, 手招ぎをしながら白隱を歡迎, 手招ぎをなすっていらしったと云う今, 手招来少仮思索, 手拳法と合流, 手拵えのただ, 手持っている, 手指がわりに長い, 手指すたびに, 手指だぶだぶに拡, 手指毛皮の襟巻, 手振ありそれに, 手振だとか北里十二時, 手振で話してゐた, 手振らしい男が, 手振り払わば今川流, 手振るい涙た, 手の製材小舎, 手挾む身分だ, 手んでいた, 手して, 手捌凡ては目, 手りの, 手捕りするのは, 手捕縄十五六の肉塊, 手し足板, 手の蓄音機, 手捲き莨を, 手掃蒼苔踞石上, 手掌形をした, 手の筋, 手掘りの壕, 手掘りすると早生, 手掛りさと, 手掛一つ殘つては居ません, 手掛手掛は最初, 手探って下っ, 手探で歩きながら人, 手探りはじめる観が, 手ひに, 手掴みだと大手, 手で右, 手掻小路と合戦, 手掻志津長船もの, 手掻背羅曰借尊師如意時殿上有華石空揮如意撃碎於其前羅再三取, 手でもあ, 手揃えご介抱, 手提琴の囃子, 手揚げ荷役の段取り, 手握みで喰, 手握り口疾に語る, 手握り合ひ誓言, 手握るやこの, 手り振らば, 手の餅, 手搗き時代の, 手搗足搗のお, 手みなるお, 手携げ行李と二つ, 手携ハンドルが一つ, 手携電灯を差置く, 手摩乳という, 手摩乳夫妻の女, 手摺りぎわへつめよせギッシギッシと動い, 手摺りつきになった, 手摺りつき五段の入口, 手摺り伝ひに, 手摺り越しに遙, 手摺れし火桶かこみ, 手摺れしたのやまだ, 手りに, 手撫槌神も名, 手撰工場へ行, 手撲る手引く手の, 手操っても尽きない, 手操りあう運命の, 手操りあげながら金五郎, 手操り寄せやうとしては希望, 手擦れた汚れや, 手擲彈の如き, 手支えて参りました, 手放で揃ってるしかも艶, 手放なさなければならない, 手放べきやなう, 手政記刪潤不止, 手敏く帯を, 手教珍敷拝見仕候, 手数人下には水主, 手数多の主, 手數ぢやありません, 手數構はず念入りに調べ, 手數相掛候段不屆, 手數緻密なる觀察, 手文礼出張被仰, 手文筥を封じ, 手斎藤金之助はどうも, 手断りながらいろいろ, 手断れとなった, 手断れとおあきらめ下され, 手新選隊が三方, 手たれ色, 手方九鬼家の家臣, 手方角がちがう, 手明灯やそれら, 手易き畑より, 手不期生前首, 手時代の最も, 手暴い事でも, 手暴くするな, 手暴くせずと, 手暴く捩放せばなほ, 手曰ク最も悲しい, 手曲者の手, 手曳きさせながら稽古, 手曳きしその功, 手曳きであったその上検校, 手曳きであり奉公人であり, 手曳きならちっとや, 手曳め急に衣紋, 手最も善く勉め, 手を着, 手せずして, 手木太刀竹刀薙刀などの稽古道具, 手木挽町の芝居, 手木文次他の一人, 手本式に十三段, 手李某とよべる, 手を曳く, 手束ねのぼや, 手束弓の, 手てくれ, 手来手をふさい, 手松葉杖をついた, 手をさげ, 手林平さんは月, 手枯草の香り, 手染め澁染の衣, 手柔かなのでひょいと, 手柔かいので, 手柔かな所で願いたい, 手柔かな日ばかりある, 手柔術から小太刀, 手柳生流にある, 手柳生源三郎は二十歳, 手を經, 手校本である, 手校注に乗っ, 手格二郎の心, 手が一つ, 手梱手箱衣装なぞが雑然, 手棒がらみで御用, 手でなくもっと, 手構えながらあちら, 手のたぐい, 手様さまと来ら, 手に導かれ, 手横顔といい, 手樺色の手, 手機関長水夫長無電技師に私ら, 手欄ごとじっと押えた, 手欄越しに庭, 手ひ手, 手歯如本来家者将有, 手殺害については何等, 手殺気に咽喉, 手かそんな, 手水がめにはお, 手水口の縁, 手水晶の珠数, 手水洗にかけた, 手水鉢糸目の椀, 手のよう, 手するを, 手で黒ずん, 手を救い得る, 手池畔の六地蔵, 手洗わっしゃるのかね, 手洟かんでは山, 手をかんだ, 手の織, 手股滅茶滅茶に, 手深川洲崎湯島天神の境内, 手済んで残れる, 手渡世が嫌, 手ヲ防キ, 手温く下等な, 手温しとする, 手温るい事だ, 手漸く花を, 手澤存せずしも, 手澤本のマルコ, 手さずの, 手火の粉の雨, 手火事を焼き出, 手火傷さしたん知, 手火鉢ガスの燈明, 手炉一つあるきり, 手火鉢が, 手為雲覆手雨, 手無からん況ん, 手無理こ無体, 手無骨な指, 手熱い同情と, 手りが, 手爾於波漢字の正, 手爾波を合わされ, 手爾等里母知弖劔大刀許之爾等里波伎, 手片方に卯木, 手牛歯蓮根茄子桃南天賓などの黒焼, 手云う眼, 手だ, 手狎れている, 手狭くて, 手猛火に似, 手獅子であり現に, 手玉手さしまきもも, 手に生まれ, 手と見ゆる, 手玩具数々の家苞, 手わる, 手琴つまりピアノですな, 手や日毎, 手甘い御様子, 手の花, 手生活中にも全く, 手の黄色い, 手用ピアノ曲が四手, 手田左衛門その弟, 手の胸元, 手留吉漢字で立派, 手當それがどんなに, 手當といつても石鹸, 手當放題に毆打ら, 手當次第妾, 手當此度こそ嚴重, 手當等はむづかしからん伊豆其方, 手當致されよと, 手當金を貰, 手當金百兩と御, 手病人を装っ, 手を負うた, 手痛いわ何, 手療治位にて幸, 手発止とばかり極まった, 手白がいはしん, 手白壁門のほう, 手白汝ぁ困りもん, 手百手なら百手, 手を打っ, 手目六八桂で変つて, 手目本因坊が考え, 手相応の手軽き, 手相手に終夜営業, 手看護婦などが警官, 手県昔の南部藩, 手眼鏡を持ち, 手知らば弾き, 手知恵の責め手, 手砒硫の香, 手砲用鞍形楯ほか十二三の楯類, 手破門当時からくらべれ, 手磐石のよう, 手磨きにし, 手磨れた大きな下足札, 手示羅如意復完然在, 手を読んだ, 手祈りの織, 手または御, 手秘伝と称し, 手移しに押しつけられ, 手の諸山, 手稼業を止めさせまい, 手稽古被仰, 手稿などもある, 手稿遺品などが只今藤懸教授, 手の時, 手の鏑矢, 手突水矢にかぎった, 手より出で, 手立合うのじゃ, 手端器用なり以上, 手競うてこれ, 手を抱え, 手等云々とか馬食会, 手の二城, 手答ヘシタルト覚エシガ敵ヲ突キ留メタルナリ, 手筥洋傘のよう, 手箪笥琴などが綺麗, 手の底, 手篤き手術によりて, 手籠手に下げ, 手で手, 手紙幣紙幣の代り, 手紡色は草木染, 手紫田彈右衞門一年前から輕, 手細い腰薄い, 手細やかな透かし細工, 手終いにいちいち, 手組ふたりもみんな騎馬, 手組七人の大将, 手組七手組の後備, 手組事件はよく, 手組二人で五匹, 手組六手組七手組の後備, 手組助六が一人, 手組取次の早状, 手組多賀谷外記が頭取, 手組子を押し出し, 手組屋敷の横, 手組御徒組さては大砲組, 手組打ちの術, 手組梅原弥左衛門森民部丞門屋助右衛門寺村半左衛門, 手組細野九郎右衛門玉井数馬助岩田市右衛門神田清右衛門外池孫左衛門河井公左衛門五番には七手, 手給事するその間, 手絵風の皺, 手継文書の附属書類, 手継証文の中, 手網さしわたして, 手網しづかに上る, 手網今ぞ盛夏, 手網型の郵便受, 手総勢七人です, 手練れないことを, 手縄十手囲いとなっ, 手縛られて動かす, 手の着物, 手縣昔の南部藩, 手のある, 手織らせ近年は, 手繰りかえして, 手繰り出す古い写真, 手繰り込むような, 手繰寄せられた体に, 手續きが出來なくなつた, 手續きが濟んで明神下, 手續きが面倒そつと勘定奉行, 手續上不都合のため, 手續委曲申せと, 手續尋問に相成, 手續明かに申立, 手續明白に申立, 手續竝びにこの憲法を施行, 手續等に關, 手續説明書を在外外交家, 手纏いにはなりませぬ, 手纏ひだつた, 手纏ひとして, 手纏賤しき我が, 手纏釧や, 手纒いも何もありません, 手纒釧や, 手の宜, 手置いて考へ, 手置きにしなれ, 手美しい髪どうして, 手群米内村愛宕山法輪院址の山腹, 手群衆はもう, 手翅ナドニハ一向食慾ヲ感ジナイノデ, 手習それは必ず, 手習どころの話, 手習ひもの読む, 手習ひも教はつた, 手習よみものなどは心がけ候え, 手習ッ子の仲間, 手習ヲハジメテソレカライロイロ軍書本モ毎日見タ, 手習丈の物, 手習九々の数, 手習仲間大店の若, 手習傍輩でそう, 手習反故を残し, 手習台にし, 手習和學の御, 手習字のよう, 手習学文をすべし, 手習師匠ぢやね, 手習師匠今井良輔は生, 手習師匠兼業の奴, 手習師匠由緒ある士, 手習師匠矢島主計辰巳屋石右衞門番頭三次事木下新助伊丹屋十藏事澤邊十藏酒屋長右衞門事松倉長右衞門町醫師高岡玄, 手習師匠進藤孫三郎先生若くて, 手習所へ入門, 手習指南所から明治時代, 手習文章手紙の稽古, 手習朋輩で前, 手習歌にも, 手習程度だが, 手習筆を以, 手習致しける故, 手習艸紙のつもり, 手習草紙みたいな花魁, 手習鑑以来変らぬが, 手習雙紙見る頃, 手聞きたいものじゃ, 手肢身長肉付き均斉といい, 手肱肩とだんだんに, 手胡坐をかき, 手だの脛当, 手胴体首と投げる, 手く幾年, 手脂だらけにし, 手脚人間に似たる, 手脚弩張せず顏貌, 手脛當佩楯沓等六具とも揃へて是, 手腐つてるな, 手でうようよ, 手のきらい, 手臑当腹巻したる軍兵二人, 手臑當にて出, 手臑當腹卷したる軍兵二人, 手編, 手自ら編み, 手自分の手, 手自身期待しなかったもの, 手舁き足舁き連れこん, 手興行をした, 手舞台で分別, 手の胴なか, 手をはなし, 手舵手らが, 手にかけた, 手芳木は何事, 手の丘, 手草たるやエゾニワトコ, 手荒い茶色の, 手荷もつを積ん, 手荷車で引出した, 手の乞食ばあさん, 手落ということに, 手落といえばいえよう, 手落となると聞い, 手落とはなつたれどすべて, 手落と云ってもいい, 手落呼わりなどをされた, 手葉椎が此頃, 手でやった, 手を蔽う, 手の甲斐, 手薬煉引きかくる, 手藝つたはらず文學, 手藝品的な價, 手藝等の女, 手藤原百川その他藤原一門の若い, 手のやう, 手蟹口が眼, 手衆生のため, 手聞いても, 手からはくり出す捕, 手裏切り流血など, 手裏劍覘ひ違, 手裏至妙剣の小, 手裏表の練習, 手裡剣の飛ん, 手に懸け, 手を脱, 手襷掛で汗, 手襷足ごしら, 手要らざる妨げ致す, 手の命, 手見せずすぱりずんとぞ切り, 手見たことあらへん, 手見ゆる夕かな, 手見よと橋, 手見世だ芝居, 手見習の若い, 手あれば, 手覚えのある, 手親折梅一枝又作和歌并以賜余, 手親指だけが離れ, 手えに, 手觀音の前, 手をうけ, 手解されてゐた, 手触れ得ず十字燐光, 手觸りや絽の蚊帳, 手討たれ手, 手討ちあそばすではございませぬ, 手討ちあるまでは御, 手討ちじゃと言わぬ, 手討ちなさるがよい, 手討ちなされて下さいまし, 手討ちなされましたがその, 手討ち致さるるか, 手討ってなんだか, 手討てのはナ, 手討という事で, 手討といふ事で, 手討となってもせんない, 手討禄は没収, 手討説の方, 手記せるもの, 手試いを釘, 手詰ってきた, 手詰まって来た, 手話上手な策略家, 手誉めを敢, 手して, 手読み切らないと打てない, 手調理としゃれ, 手と為, 手諸共鷲掴みにした, 手謡い手囃方のほか, 手警官の手, 手のこと, 手貝殼のよう, 手負うたる猪は, 手負けの塚田八段, 手販売をする, 手追, 手賄長屈強の水夫, 手の均衡, 手赤い花片に, 手走る腰の, 手越したな爺樣, 手足なんどをば薔薇, 手足らず隔靴掻痒の憂, 手足甲羅の縁, 手足目耳口などへ号令, 手足胴体とみんな, 手足胸腹背中背中腰と移っ, 手足顔そのままで, 手足顔耳鼻首筋外へ出, 手足首胴とべつべつ, 手踊ったり唄っ, 手踊り天人娘夢浮橋を振りつけ, 手踊り見物でもやる, 手踊り雀電信柱に下向き, 手につけ, 手身切りと称し, 手車掌官公吏事務員等があっ, 手もあった, 手軟かにね, 手子頭その他ここで, 手軽く握られたお, 手輕さをいつ, 手辨當さげて, 手に有馬勢, 手辺りに力, 手込みて多く, 手く解き戻し, 手近い書に就い, 手近くここにその, 手近く人家や川, 手近く人間の第六感, 手近く例を取り, 手近く傍に置, 手近く実現し得る感想, 手近く引寄せたいと, 手近く独立を守る, 手近く真正面に見えた, 手逃げるにしかず, 手で居る, 手通行人の手, 手にうしろ, 手にする, 手連中が早速, 手る, 手遅いので彼女, 手遅れている, 手遊人形一つを証拠証拠, 手遊物のよう, 手運びで救い出し, 手へかかっ, 手違えになった, 手違ひだつたごとく彼, 手違ひで三益が四時半すぎ, 手違ひで沒落した上, 手違ひで遲れたと, 手違ひより松右衞門は心, 手遠慮して, 手郡盛岡の城下, 手部痛風にかかっ, 手都合ソレ呼込の聲, 手都合惡かりなんと, 手のほろ酔, 手酬いては相手, 手なもの, 手金山の精錬所, 手釦襟飾を隠し, 手の水, 手鉢その他日本で抹茶碗, 手銀杏返しの根, 手にて即座, 手銃一千挺芸州蒸汽船に積込候, 手銅鼓や女, 手銛士と代り合っ, 手銭手酌で味気, 手錬だから, 手錬なんです, 手鍔腰繩に掛られけり, 手か何, 手鍵一つでわけ, 手鍵差し子草鞋長提灯, 手鎗又棒など持て, 手の隙間, 手鎧貫しを, 手に足, 手の如き, 手鑄込式の活字鑄造機, 手鑑識子の前, 手長男神社は同国一, 手長足長血のめぐり, 手の濠, 手間髪を入れず, 手附きして機械的, 手附きで振り掛けやがてその, 手附けたなら決してそれ, 手附け流れ返すに及ばぬ, 手附手代といったよう, 手附手代威儀嚴重に控, 手附金五十両やつて, 手附金見本の意, 手附顔色に体, 手限りにても防戦, 手院村正水も溜まらず斬つ, 手陣十郎と太刀打ち, 手際だつたよ, 手雁皮が挙げられ, 手離さず握りしめていた, 手離させた猟犬も, 手離さではかな, 手離さなかったという, 手離さなかつた日本外史の, 手離さなくちゃならない, 手離さなくつちやならない, 手離さぬことも, 手離されんでね, 手離されうとかに, 手離されなかつたものが, 手離さんはいと, 手離しかねたと見え, 手離したがらない源因に, 手離したがらなかったのである, 手離したがりませんでね, 手離しだねえ, 手離しなの熊, 手離しますよ, 手離しませぬで, 手離しませんよ, 手離し得ないのだ, 手離し得るものは, 手離すではない, 手離すなら何の, 手離すべきよしなき事, 手離せず包に, 手離せなかったように, 手離せませんわ, 手とは人, 手青年の手, 手青磁など後年, 手非難排擠陥穽の手, 手預かりにし, 手預りの顔役, 手預り臂の久八, 手頬骨の高い, 手頭滅離たとえば徒に, 手頸ゆるやかな肩, 手頸カラ指ノ先, 手頸ヲグルリト廻ソウトスルト殊ニ痛ンデ巧ク廻ラナイ, 手頸三四寸水につかった, 手頸足頸肘膝頭足の蹠, 手頸足頸腕などに椰子, 手頸足頸腕等に椰子, 手頼らばや, 手頼らず自分の, 手頼らなければならなかつた, 手頼りあり気だった, 手頼り水手頼り紙, 手頼るべき縁者ござらぬなら, 手頼甲斐がなかっ, 手などは残らず, 手食ったな, 手飼いにしよう, 手飼わせておいた, 手養いなのだ, 手にする, 手など日本産, 手馴らされ皮肉に, 手をやり過ごし, 手駕三挺エイホイ, 手駕月の都, 手駕籠一梃見えがくれ, 手高く振上し鉈, 手高大之進を隊長, 手高槻が迎, 手高辻の死体, 手高辻清も可, 手に作る, 手鬼神の働き, 手鳥浅吉の所有, 手鳴る方へ, 手を柄, 手黄色い手樺色の, 手鼓手が立っ