青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「昔~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

明智~ 明治~ ~明白 明白~ ~明瞭 明瞭~ 易~ ~易い 易い~ ~昔
昔~
~星 星~ ~映る ~映画 映画~ ~春 春~ ~昨夜 昨夜~ 昨年~

「昔~」 21161, 229ppm, 437位

▼ 昔~ (7973, 37.7%)

184 人の 173 人は 162 ように 117 ことを 109 ままの 100 ような 83 人が 71 ことで 55 ままに 5345 やうに 43 事を 39 ことだ 34 ことは, 話を 33 夢を 32 ことです, 日本の 29 ことである 27 ことが 25 人に 24 おもかげ, 人には, 方が, 話である, 面影を 23 やうな 21 夢の 18 人も, 女の, 恋人の 16 通りに, 面影が, 面影は 15 姿を 14 ままで, 自分の, 通りの 13 事である, 事は, 人たちは, 人間は, 日本人は, 記憶を 12 こと, ままだ, 話に 11 人を, 俤を, 昔の 10 事の, 夢と, 話で 9 ことであった, ままである, 事だ, 事で, 夢に, 学者は, 日の, 日本人の, 面影も

8 [14件] ことに, ことの, ことも, とおりの, ものと, 三千代よりは, 儘に, 女が, 小説の, 支那の, 本に, 武士の, 江戸の, 記憶の

7 [14件] ことなど, ままだった, ものは, 俤は, 女は, 思ひ出, 支那人の, 様に, 歌を, 物語に, 知り人, 私の, 美しさ, 記憶が

6 [19件] ことだった, ことな, とおりに, やうには, ようで, 世の, 事が, 友達の, 家の, 思い出が, 歌よみの, 火事, 生活が, 生活の, 神, 絵に, 街道の, 言葉で, 農家の

5 [45件] いろいろな, ことなんか, ことよ, ひとの, ものに, よしみに, 事です, 人し, 人と, 位置から, 例を, 儘の, 出来事の, 友を, 友達が, 名残を, 地を, 夢が, 女を, 恋を, 恋人を, 恩を, 日に, 日本人が, 朋輩の, 東京の, 栄華を, 様な, 樣な, 歌に, 武士は, 歴史の, 歴史を, 物語の, 物語を, 畏さ, 私は, 罪びとらしいに其が, 自分が, 自分と, 詩人の, 話だ, 郷里の, 雪の, 音が

4 [60件] お友達, ことでございます, ひとは, ままであった, ままな, ままなる, ものが, ものの, ものを, ようには, わが家の, ローマの, 世に, 事, 人で, 人にも, 人達が, 人達の, 仲間を, 偉い人, 全盛を, 友に, 友人の, 召使の, 名前を, 名残りを, 君は, 坊さんの, 夢だ, 夢は, 大名の, 子供の, 学者の, 家に, 小学校時代の, 心持を, 恋人が, 或る, 支那人は, 旅の, 昔から, 春ならぬ, 時代には, 本の, 歌の, 武士が, 武士に, 武蔵野の, 父の, 生活を, 習慣を, 芝居の, 芝居は, 詩人は, 話, 話です, 話は, 話も, 通りで, 里か

3 [115件] あなたに, ある時代, お話を, ことであります, ことであろう, さまは, じぶん, とほり, ひとが, まんまだ, まんまの, タチバナは, 世を, 主人の, 事に, 人々に, 人々の, 人々は, 人々も, 人たちの, 人だ, 人達は, 人間が, 人間の, 友といふ, 友人に, 友達だ, 友達と, 友達に, 名匠の, 味が, 唄を, 城を, 城跡が, 大名が, 奥さんの, 女友達, 妻の, 姿が, 姿に, 子供は, 学者が, 学者も, 宿, 宿場の, 小学校の, 小説に, 希臘人の, 幼な, 形の, 形を, 彼女に, 彼女の, 徳川時代の, 思い出に, 思い出の, 怨みを, 恋しさ, 戀人の, 戦争は, 旅行の, 日のみ, 日を, 春の, 時代から, 時代の, 時代は, 月, 有名な, 朋輩が, 本は, 東海道に, 榮華を, 歌人は, 母の, 江戸時代には, 海の, 物語や, 生活に, 田舎の, 男, 男の, 町の, 画家の, 目録に, 知人の, 社会が, 神を, 私では, 秘密を, 空気が, 約束を, 考へ方, 自分を, 若さ, 言葉では, 言葉を, 記録に, 話が, 話では, 話などを, 誼み, 調子を, 賢人の, 跡を, 身分を, 通りだ, 通りである, 通りです, 通りな, 関係が, 関係を, 風を, 館の, 騎士の

2 [414件] あなたが, いわゆるお巡りさん, いわゆるエタ, おはなし, おばば, おれは, お伽噺に, お前を, お城, お大名, お房, お礼を, お話です, ことか, ことさ, ことであっ, ことでありました, ことでしょう, ことでも, ことと, ことなら, ことばかり, ことばかりを, ことや, ことらしく, さまを, さむらい, その学校, その昔, それも, それを, たどたどしい恋文, とおりだった, とおりです, と今の, なかに, はにかみ勝ち, はもっと, ままじゃ, ままだつた, ままです, ままでなく, ままと, ままなり, ものである, ものとは, ゆめで, アヤメ, イギリスの, インドの, ギリシアの, シナの, ドイツの, ロシアで, ロシアの, 三等寝台の, 上臈の, 下水道を, 不便な, 世の中が, 世の中では, 両国橋に, 中仙道が, 中将の, 主人に, 主人を, 乳の, 事でなけり, 事なんか, 事まで, 事やら, 事否, 二人の, 交通の, 京都の, 人たちが, 人たちには, 人では, 人とは, 人にや, 人に対して, 人をでも, 人間だ, 人間でも, 人間と, 仙人は, 仲間の, 仲間三年前に, 伝説の, 住居には, 作に, 作品は, 作家は, 侍の, 俤も, 俳優の, 俺の, 俺は, 借金の, 借金を, 假名遣, 僕では, 僕の, 儒者の, 儘で, 元園町, 兄弟たちの, 光源氏は, 写真に, 写真の, 出家は, 刺客等, 剣法は, 勇士が, 十二支組の, 南部藩である, 印度を, 友だちの, 友なる, 友の, 友人が, 友情を, 友達で, 友達を, 句に, 句にも, 吉原の, 同人雑誌の, 同志の, 同志岡田良造に, 同窓で, 同窓の, 名が, 名と, 名は, 名を, 名主の, 名墨, 名工の, 名残の, 名残りの, 吾家の, 噴火口の, 地図と, 地図に, 型を, 城主の, 城壁, 士族の, 士族気質から, 外国の, 夜の, 夢この, 夢で, 大名は, 夫の, 奥さん, 女と, 女に, 女性が, 女房を, 奴は, 妾が, 姿で, 姿の, 娘にかへ, 嬢様が, 子供では, 学友たちと, 学者か, 宮様が, 宮様の, 家が, 家来で, 家臣の, 宿六に, 宿場よろしく, 宿場風の, 寒山が, 封建時代の, 小説などには, 小説には, 小説にも, 少女たちの, 尚侍を, 山人の, 岡田では, 岡田の, 川の, 平和な, 平岡を, 平岡常次郎に, 幸福を, 幻を, 店の, 影が, 彼の, 彼は, 彼を, 彼女ならず, 従軍記者, 御代が, 御記憶, 御馳走, 心が, 忠臣の, 思い出や, 思い出を, 怨みが, 怪譚にでも, 恋人かも, 恋人だ, 恋人に, 恋愛の, 恥に, 恥を, 情熱的な, 戀人, 我ならず, 戦争の, 所謂大, 手紙が, 手織り縞の, 政治家は, 故郷を, 教室の, 新婚旅行の, 新年は, 新羅, 新聞には, 新聞劇評家, 施設物の, 旅人の, 日本が, 日本では, 日本には, 日本は, 日本人も, 日本語は, 昔大昔生れ, 春が, 春画において, 時代であった, 時代に, 時代を, 時間を, 書物の, 本には, 本を, 本所の, 村, 村の, 東海道の, 東邦旅行者の, 染五郎は, 柳の, 格を, 梵字は, 様には, 様式を, 樣に, 歌は, 歌よみは, 歌舞伎の, 武家は, 武蔵野は, 歴史が, 毒婦伝に, 気分に, 気質は, 永代橋の, 江戸は, 江戸絵図に, 沼の, 浮世絵師の, 渚を, 湯治場気分などを, 漢学の, 激情を, 激烈な, 為政者の, 烏帽子折り, 焔の, 燈籠流しの, 父おも, 父母の, 牢屋の, 物は, 物語が, 物語である, 物語は, 物語りに, 物語りの, 猶太, 王は, 町を, 町人の, 画家が, 畑や, 病ひ, 痕跡を, 癖が, 知りびと, 知人に, 祝詞と, 神に, 私なら, 私に, 私には, 秋の, 空が, 空腹を, 立派な, 童話の, 箱入, 約束に, 紙の, 素姓が, 素朴な, 縁故で, 縁故を, 繁昌に, 繁華を, 罪を, 老人の, 考えを, 聖人と, 聖人の, 聖人は, 聖賢の, 自分に, 自分は, 船は, 船友達の, 良人が, 色の, 芝居には, 芥川家の, 花嫁の, 芸人の, 芸人は, 芸術が, 芸術は, 若い人, 苦行者の, 茶人の, 草原の, 荘園に, 蒲原氏, 薄墨華魁, 藻を, 西洋の, 西練兵場跡な, 見附の, 親友の, 角力の, 記念の, 記憶に, 記憶は, 評判を, 評論志賀直哉論を, 話でございます, 話など, 話の, 話らしい, 話今の, 語に, 読書の, 諺に, 講釈を, 象徴詩家が, 豪族が, 賑やかな, 路を, 身の上を, 農業は, 通りだった, 通りであった, 過失を, 道中記に, 道徳と, 道徳は, 道楽者だ, 都, 酋長が, 野原の, 野山の, 金は, 金歯を, 銀ブラの, 銀座四丁目の, 錦絵から, 長井代助に, 長崎の, 間に, 関ヶ原合戦の, 隠家, 雑戸の, 青年李徴の, 青木と, 面影, 面影の, 革命に, 領地を, 顔に, 顔を, 風の, 風俗や, 風俗を, 風景の, 首斬, 香が, 體裁の, 麹町の

1 [3950件 抜粋] あいつじゃ, あの人たち, ありさま, あんぽんたん時代の, いろんな面影, おあし, おそろしかりし, おれとは, お仲間, お友だち, お弟子たち, お灸友だち, お綾殿, お話も, お雪ちゃんなら, かたみ, きちが, ここの, ことでございましょう, ことなりき, ことエピミーシウスという, こと娘の, こと昔に, この見世物, ごとくならず, ごとく種類, さまざまな, すぐれた歌人, その人, その時代通り, つたえ, とおり快活で, なごりが, なつかしい追懐, にがい恋, のんきな, はやり歌を, は美, ふたりに, ままかも, ままでし, ままヤットオである, まま殘つたが, むかしから, ものがたりを, ものにも, やうな思ひ, ゆきかたで, よかった, わが妻, をな, アヌンチヤタが, イキの, エジプト人は, エンジンに, カテドラル, ガレオットの, ギリシャで, ゴチック式の, シナ人の, ジャン・クリストフと, ステパンだ, タイプライタアの, ツヾラの, ドミトリーの, ヌミディア, バレーの, パーヴェル・パーヴロヴィチさんは, ファンタジーを, フランスより, プロレタリア文学運動にたいする, ボヘミア後の, マリアの, メニルモンタン川に, リアリズムは, ロシヤと, ワーテルローの, 一致の, 七兵衞の, 三位一体とは, 三河屋みたいな, 上河内の, 下等な, 不破の, 世には, 丘に, 中学生が, 中納言の, 主人公たり, 九州の, 亀山の, 事と, 事下ノ関海峡の, 事情を, 二千万人の, 五月の, 交通は, 亭主だ, 人々と, 人だって, 人ばかり, 人情で, 人間だって, 人骨だ, 今町街道, 仏道修業者の, 仙人の, 仲間に, 伊達気分などは, 伝説時代には, 住家の, 佐保山である, 作や, 作家の, 例えば小学校時代, 侵略者たちが, 俤の, 俳優には, 借金など, 偉大な, 傀儡子が, 僕たちの, 儒学などと, 儘でも, 元町の, 先生とは, 先祖の, 光輝の, 六坊の, 内親王様がたにも, 冬に, 凶事の, 出来事であっ, 出雲人が, 判例の, 剛者の, 劉, 勇士の, 勢多郡上川向村大字宗甫分から, 北劍も, 医科大学の, 千束町を, 単なる如来像, 原始時代の, 友だちに, 友人からの, 友情などを, 友達ほど, 口の, 古巣に, 召使や, 合戦は, 同僚たる, 同志に, 同窓生であり, 名ソプラノ松尾葉子, 名僧の, 名官や, 名残と, 名画を, 君主なども, 咄家が, 和歌の, 哲人たちに, 唐子を, 商賣, 喧嘩友達だ, 回想を, 国である, 国約, 土地についての, 地主などと, 地方的國家的の, 坊さんは, 型の, 城の, 城址に, 報いと, 境遇に, 壮士芝居を, 夕顔に, 多少は, 夢という, 夢戀し, 大上人, 大名や, 大學者たち, 大工や, 大概な, 大膽不敵さ, 天上界の, 天文学者が, 太政大臣の, 奇観は, 奥さんに, 女だ, 女らしさ, 女学生用編上靴を, 女性の, 女王らの, 如き情交, 如くに, 如く此派, 妖怪話の, 姉さまそのまま, 姿, 威光が, 婆やが, 嫉妬の, 子供たちであったら, 孔子以來の, 学友柳光一という, 学生生活の, 學問は, 安いメリンス, 官符の, 実験を, 宮廷は, 家には, 家庭の, 家禄を, 宿場であった, 富豪に, 寺子屋風が, 専門の, 小さな自分, 小坂部で, 小屋へ, 小説などで, 小錦, 少年少女の, 屋敷町といった, 山びと特有の, 山道に, 川遊びの, 巨匠, 市十郎だ, 希臘人は, 席亭の, 幕吏そのまま, 平泉館の, 幸運の, 幼ない, 店を, 庭園を, 建物が, 弁信でございます, 弟子だ, 形と, 影祭, 彼らでは, 後三年の, 御商, 御搗屋今, 御身に, 心では, 心持と, 怒の, 思い出は, 思われる花橘, 怪しい姿, 恋で, 恋人で, 恋人に対する, 恨が, 恩義を, 悪い習慣, 悪業が, 悲劇や, 情婦で, 情趣に, 愉快な, 愛が, 愛情の, 慈愛ふかい, 慣用語では, 懐かしい思い, 戀がたり, 我かな, 我君には, 戦友たる, 戯作者気質が, 所蔵者が, 手品師の, 投書雑誌の, 按摩の, 授洗所にて, 提灯屋に, 支那らしい, 政治の, 教へ, 散髪屋とか, 文人詩人画家自然を, 文字で, 文献を, 文章家気質が, 料理書に, 新嘗, 新聞記者は, 旅を, 旗本が, 日本で, 日本女性より, 日本画家は, 日陰に, 映写機が, 時よりも, 時計は, 暇な, 更衣は, 書生に, 月を, 朋輩に, 望遠鏡の, 木曾街道時分の, 木綿です, 本性を, 李王の, 束髪連なぞが, 東京専門学校へ, 東洋風の, 板小屋は, 柴原選手は, 根岸は, 桜川の, 楽しかつ, 様子も, 権六に, 次郎左衛門で, 歌や, 歌留多会の, 正直の, 武士でも, 武家の, 武者修行者の, 歴史, 殿でしたら, 殿様を, 毛氈と, 気候条件を, 水商売を, 氷屋の, 江戸ッ児風の, 池の, 泉は, 泪が, 流れに, 浄瑠璃説教の, 浪之, 浮浪民と, 淫本から, 清少納言も, 温度に, 湯沢医院を, 漂泊部曲が, 漢学者は, 瀧口が, 炉の, 無智, 煤びた建物が, 熱情が, 片貝の, 物怪に, 物語めいた, 犯罪の, 狐の, 猫は, 玉井組の, 王様でございます, 理髪店は, 生娘には, 生活に対する, 産婆だ, 田舎娘が, 男女差別の, 画法や, 癆症今の, 白河關時代を, 百姓大尽の, 盛時に, 相違を, 眼で, 知りびとをゆすり, 短い詩形, 砧村, 社会には, 社會上の, 祝詞を, 神座の, 祭官や, 秀れた, 秋し, 称えである, 穂高連峰, 空想的な, 立身出世を, 笑い話としか, 簡単な, 精神が, 約束とは, 純綿の, 経済学者が, 絵巻から, 經典の, 縁だ, 繁昌を, 罪に, 羈絆を, 美人は, 羽織を, 老儒とか, 聖代にも, 職人の, 能は, 膽の, 自分でない, 自由な, 舶来縁の, 艦は, 色女が, 芝居者などが, 花畦が, 芸術家は, 若き友人, 英雄は, 茶呑茶椀から, 草根木皮を, 菓子が, 葬式の, 薩長の, 藩の, 虚子の, 蝦夷の, 街は, 裁判は, 襤褸を, 見覚えの, 親分だ, 言いかた, 言葉と, 言語の, 記憶だ, 註釈書には, 詩人騷客を, 話なり, 語りぐさでは, 説の, 論主に, 譬えは, 豪傑を, 財産關係および, 貴人公子が, 貴族は, 賢人シセロの, 趣は, 路が, 身分じゃねえ, 躾を, 軽率を, 農村委員会時代の, 追憶を, 通りね, 通り変らなかった, 通り流行っ, 通り芽を, 速記には, 遊び事が, 遊蕩と, 道中に, 道徳これは, 道標としての, 遺物に, 都で, 配合と, 野蛮人は, 金山師なり, 金鱗湖を, 銀座よりも, 錫崙王の, 長吏法師, 門前町の, 間道である, 阿蘭陀書房即ち, 陶器会社へ, 雅号を, 雪国の, 青木が, 面影とを, 音を, 頃から, 頭である, 顔触れが, 風情ならえがける, 飯山の, 香織らしい, 馴染に, 高僧の, 高等学校生にて, 鳥右ヱ門に, 麻の

▼ 昔から~ (2827, 13.4%)

19 今まで 16 今日まで, 知って 14 今に 13 有名な 12 人の, 日本の 9 あつた, きまって, 日本に 8 伝わって, 多くの 7 あったもの, いわれて, 今日に, 住んで, 女の, 自分の, 誰も 6 あった, あるもの, よくある, 家の, 言われて 5 ある, あるの, いろいろの, ここに, この国, 日本には, 現代に, 相場が, 知られて, 私の

4 [20件] ある店, そうな, 一種の, 人を, 人間の, 今までの, 今日までの, 何か, 例の, 存在し, 学者は, 小な, 懇意な, 或る, 日を, 昔から, 此の, 私が, 語義不明の, 非常に

3 [48件] あるので, あるん, いろ, いろいろな, この土地, この村, これを, すべての, そうだった, だ, である, なかった, 一つの, 一度も, 一貫し, 云い伝えられて, 人が, 人間が, 仲が, 僕は, 出て, 女は, 家に, 幸福を, 持つて, 日本では, 材料を, 東京に, 歌に, 江戸の, 無限の, 申し伝えて, 相場は, 知つてゐる, 続いて, 考えて, 聞いて, 色々の, 行はれ, 見ると, 見れば, 親しく往来, 言うこと, 言って, 言はれ, 認められて, 謂はれ, 長い間

2 [165件] あったの, あって, ありました強盗, あるという, あるには, ある事, ある日本婦人, ある言葉, いうが, いって, いろいろ論議, おてつ, おれが, おれは, きめて, こうする, この, この式, この手, こればかり, さうだつ, さう言つて, ずいぶんたくさん, そうだ, そうであった, そうでした, そこに, それらは, それ相当な, たくさんある, たくさんの, ただの, たび, つけて, てんで聞いた, であった, であろうが, どんなこと, ないの, なるべく見落とさぬ, やって, わたしは, われわれの, ナマコを, ロシアの, 一つも, 一人の, 一定の, 下手人に, 不思議の, 世に, 世間の, 丹後の, 二人の, 云い伝えて, 云って, 人間は, 人魚は, 仏教では, 伝は, 伝統し, 何度も, 使はれ, 使われて, 僕が, 先生の, 其を, 写真で, 冷飯を, 分って, 君の, 君は, 和歌や, 国司や, 地下に, 壁に, 士農工商と, 変な, 多いもの, 大阪では, 女には, 女子は, 好きだった, 好きで, 好きな, 妙な, 婦人の, 婦人は, 存在する, 定まって, 山, 庭の, 当事者以外は, 彼の, 彼は, 彼女を, 思って, 感じてたこと, 慣れて, 我が政治家, 我国の, 手の, 承知し, 持つた事, 掘られて, 探査され, 支那の, 数十万年後の, 文学者や, 日本にも, 日本人の, 日本人は, 日本人全部に, 最も天皇, 有名で, 有名であり, 有名である, 朝廷に, 村に, 桜川と, 歌や, 殆どもの, 残つてゐる, 殘つてゐる, 油を, 流れて, 温泉場には, 滅多に, 無法者が, 物語の, 物質の, 狐が, 猪の, 田舎の, 男の, 男子の, 発達し, 相当に, 眼を, 神聖視され, 私は, 種々の, 立派な, 繁昌し, 羅曼的な, 美人女給の, 聖者と, 色恋の, 花を, 芸術には, 芸術家を, 落人の, 行われて, 言い伝えの, 言ひ, 詩と, 詩の, 話に, 誰が, 貧乏でございます, 農村の, 釣の, 長い小説, 限られて, 雀が

1 [1999件 抜粋] あ, あすこに, あったけれども, あったに, あったん, あった赤煉瓦, あの人, あの川, あの火, あまりにこの, あまり東洋人, ありきたりの, ありますよ, あり社會上必要, あるといふ, あるカチカチ山, ある伝統的手段, ある城, ある戯曲上, ある標山, ある漆器, ある石, ある継母話, ある詠み, あるDAWN, あんたたちくるでしょう, いいつたえられて, いい習わし, いうの, いう天啓, いずれかと, いつもこんな, いまの, いろいろと, いろいろ伝えられ, いわゆる憧憬, うまく胡麻化, おともだち, お仲, お大名, お梶, お茶屋と, かかって, きいた例, きまって居た, きょうの, こういう不思議, こうした男, ここで, このと, この一語, この二つ, この十円, この型, この春, この湖, この界隈, この菌, この遠山, こんなにいや, こんな手段, さういふ風, さう云, さわがれそして, じゃらん, すでにこの, する事, ずっとあなた, せっかくわし, そういうもの, そういう例, そうし, そう伝えられ, そう躾, そっくりそのままに, その例証, その国, その宗門, その幸福, その浪漫的要素, その皇族, その通り, それが, それは, それ自ら疑問し来り, そんな物, たくさんあった, たくさんに, だと, ちっとは, ちよいちよい金木へも, つい近年, つづきそして, でしょうと, でも, どういう場合, どの学者, どんな旱魃, ないで, なかろう, なまけものの, なる流行, のけは, ひとつの, ふしぎな, ほめそやして, またと, まるかつ, むつかしい議論, もったいない恋, やさしいこと, やりつけてる自己催眠, よくいわれ, よくたのん, よく人, よく大地, よく言う, わが国で, わすれて, アカデミズムが, イギリスと, エジプト人と, キリスト教諸国の, ゴマノハエと, シトギという, ソロモンの, ダイダイと, ツバキを, ハイカラな, ヒルガオとして, フキに, メートル法で, ユトピアという, ロンドンの, 一二が, 一定した, 一村こぞ, 一種熬, 一般案内者の, 七月六日である, 三又土筆を, 三葉柏の, 下宿屋だった, 不得手で, 不文律と, 不良少年少女の, 世の中は, 世界には, 世話に, 世間一般に, 中国の, 主が, 久しく宝貝, 乞食坊主の, 争奪が, 二年目又は, 云い伝えたもの, 云うこと, 云っとるでハハハハ, 云ふ, 五割安だ, 交通の, 人々が, 人人の, 人生の, 人間だけの, 人類の, 今に盛大, 今日地主小作と, 仏教の, 他殺と, 代々うち続いた, 以来これまでの, 伝うるところ, 伝つてゐる, 伝へられた型, 伝わりそして, 伝承せられた, 似よった考え, 体が, 何に, 何事も, 何時の, 何遍でも, 作って, 使うたものの, 便宜主義に, 信じられて, 信心し, 個人主義を, 偉い画家たち, 停まって, 傳はつた, 僕と, 僧侶には, 優等生だ, 兄弟の, 党会計が, 全く変らなかつた, 八本と, 六つに, 其の當時, 其言葉には, 凝りやを, 出ねえこと, 分かって, 別居し, 前の, 劇場は, 加茂の, 動悸を, 化け物屋敷と, 医者は, 十三絃の, 単に, 厚く尊崇, 受けつい, 口でこそ, 古い本, 只単に, 可哀そうな, 合性が, 同じ教訓, 名ある, 名代の, 名将の, 名高い屋敷, 君という, 呼んで, 哲学と, 唐土の, 商売の, 喉の, 嗤つてゐる, 嚴格に, 固有名詞みたいに, 圃に, 土俗に, 在ったの, 在るそういうこの, 地の, 地球の, 堅いので, 増上慢を, 変つて居る, 変わらぬ背景, 多い習慣, 多少の, 夜待ち, 大きいの, 大した外交官, 大勢の, 大嫌いな, 大理石の, 大道店に, 天国へ, 天文学者の, 天皇は, 太いよ, 奈良の, 女っていう, 女子を, 好意も, 妾宅なぞの, 媒酌人附の, 子どもの, 存命え, 学生の, 宇宙進化の, 宗教の, 定まった食物, 実に不思議, 実際新しい, 家々を, 家政の, 寂しかった, 将軍の, 尋常な, 小仏, 小説家は, 少しでも, 尠く, 屡, 山奥の, 山男又は, 岬の, 川の, 市内の, 師弟関係に, 干支という, 年々幾千万の, 幽霊を, 幾人の, 幾千の, 幾度と, 店さきで, 張り合って, 形を, 彼等は, 御自身, 徹底的な, 忌な, 思案の, 性格が, 悪いと, 悪人が, 愉快な, 愛して, 愛想の, 感性的に, 慣例の, 成るべくは, 我が國, 戦争が, 手馴れた技術, 挫折した, 描いて, 支那では, 支那へ, 教えられて, 敬語を, 文壇に, 文献では, 料理屋という, 新参を, 方言の, 既に見えなく, 日光の, 日本も, 日本人自身が, 日記を, 映画界には, 昼夜や, 時には偉大, 曉天の, 書齋兼用の, 有り來つた傳統的, 有名だ, 朝廷の, 木登りなんか, 本当は愛し, 李太白が, 東京人が, 東洋にも, 林檎つてことは, 栽えて, 森林を, 検査官に, 榎の, 橙は, 歌舞妓芝居は, 此二山は, 此漢字を, 此辺は, 歴史の, 殆ど信じられない, 殺生禁斷で, 比べて, 水田に, 永遠に, 汚れた事, 江戸名所に関する, 決して悪い, 決って, 法律を, 泥棒と, 流行って, 海棠屋敷といふ, 深い繋り, 潜んで, 火伏せの, 焔の, 然うだ, 牛を, 物を, 物語や, 特に賞する, 犬は, 犯人の, 独特な, 王の, 現象世界に, 生物を, 用いて, 田舎にも, 甲子園の, 申すこと, 男は, 町人なら, 當時までの, 病身で, 百年の, 皿を, 盲人が, 相場の, 真の, 着物に, 知ってでも, 知つて居るだらう, 知り合いの, 石器には, 確かに, 社会的な, 神体が, 禁じて, 秀吉は, 秋の, 秦や, 種々なる, 立つよう, 籠城し, 紅葉の, 結婚を, 絶えず棲ん, 続けた組織以外, 繰返されがち, 美しい人, 義理人情といふ, 老後という, 耶蘇教に, 聖者たちが, 聞えた難所, 肉を, 肥っては, 胸間に, 腕力が, 自分に, 自己を, 自殺者は, 自然主義の, 舐犢, 船の, 良く云う, 色んなうわさ, 色色あつ, 芸術の, 若鮎を, 茱萸を, 荒法師を, 落城の, 葛根湯と, 薯蕷を, 虐られ, 蛇柳と, 行なわれた肉刑, 被官と, 西片町の, 見られるもの, 見知らぬ人間, 覚え込んだ, 親を, 観念し, 言いふるし, 言い伝えること, 言う色気, 言ひ伝へ, 言葉の, 許婚の, 語って, 語源的辞書は, 誰でもが, 諸国に, 講談などにも, 譬に, 谷中一般人民に, 貧乏だった, 賢母良妻の, 身投げが, 軽蔑感も, 農家で, 近づいては, 逞しい作家, 道庵が, 選挙の, 酒と, 重詰に, 金が, 釣りの, 鍵の, 鏡磨ぎ, 間断なく, 闡明され, 阿母さん, 陸判官の, 隱岐の, 難解の, 静かに, 音楽の, 願って, 風流の, 食い方, 飢餓は, 馬琴其他の, 駅の, 高い不思議, 高松城や, 鬼と, 魔所の, 鯨一頭とれれ, 黒いん

▼ 昔~ (2165, 10.2%)

11 これを 9 それが, 昔今は 8 それを 7 そこに, 無かった, 非常に 6 この辺, 普通の 5 あったという, もつと, 知らず今 4 なかった, 今よりも, 寺の, 相當, 神の, 私が, 立派な, 色々の, 若い女たち

3 [27件] あれほど, ここに, このあたり, これに, そうだった, その上, それで, そんなこと, たくさん居た, どうであった, なか, よかった, 一般に, 二本差した, 人々は, 何か, 何かの, 何を, 各地に, 店の, 支那では, 支那でも, 昔で, 最高の, 未婚の, 相当の, 風帆船が

2 [122件] ああいう, あつた, あれで, いざ知らず, お城, かなりの, かりにも, くわしく知る, こ, こうで, ここいらは, ここらの, ことに多かっ, このお宮, このへん, このよう, この川蒸汽, この木曾山, これでも, こんなこと, こんな悪い, さう, そうでなかった, そのよう, その仲間, それでもよかっ, それでも叔母さん, それと, そんな事, たま橇, とにかく今日, どうで, どこに, どこの, なかつたもん, なかなかの, なかなか繁昌, にぎやかな, まだそんな, やつた, わたしが, 一家の, 一般の, 世界の, 交通が, 京都の, 人の, 人を, 人間の, 今でも, 今の, 兎に, 六大都市と, 其処に, 北に, 可なり, 命を, 国王の, 坊主の, 基督教の, 夕がたに, 多かった, 多くの, 大分流行た, 大勢の, 太陽の, 女性の, 好かつた, 安かった, 家に, 家老とか, 少し泳げた, 山の, 島の, 彼の, 手で, 抜け荷買い, 斯う, 方々に, 日本の, 有名な, 本所の, 村の, 校庭に, 樹木も, 此の, 武田家の, 死人が, 殆ん, 殿様の, 毎年の, 江戸の, 治部殿に, 海岸に, 男でも, 町でも, 矢張慈母の, 知らずいま, 知らない, 石の, 私たちは, 私も, 種々の, 続いて, 美しかった, 聞えた刀鍛冶, 自分が, 自分の, 舟の, 船を, 色々な, 芳町あたりで, 若かった, 薬園であった, 追剥が, 酒を, 金瓶楼の, 錚, 雪の, 電信柱が, 非常な, 鼓の

1 [1719件 抜粋] あ, あったが, あったもの, あったろうこれからまた, あの岩, あの色氣違, あまり子供, ありました, ある文芸, あんなに草深かっ, あんな男ぢ, いい暮し, いくらか良, いずれかの, いちじ, いまだ少しは, いわゆる二里, おまへの, お互いに, お寺であった, お武家, お金持, かかる痛い, かなり烈しい, きといふ, けだし少く, こういうふう, こういう辺り, こうだった, このあたり一帯, この一本, この二つ, この凹所, この城崎, この島, この御殿山, この池, この白鷺城, この裁判所, この部落, これで, こんなあっさり, こんな事, こんな贋いもの, さうし, さぞかしと, さぞ立派, さっぱり見当, さま, ざらだ, しばしば前書, すぐれた声, ずいぶんわいろ, ずいぶん迷信, そういう人, そういう連中, そうした風雅, そうと, そう言いふらした, そして今, そのへん, その分水, その圧制, その民家, その集団, そりや, それでも黒い, それ芝居に, そんな分業, そんな風, たいていの, たくさんに, ただこの, ただ仮説, たぶん軒並み, だいぶ評判, つまり汽車, とてもきれい, とにかく日新, どういふ, どうしてこの, どうだった, どれほど, どんな優れた, ないよ, なかなかうるさい, なかりしほどに, ねばしかかりし, ひところカルモチン自殺が, ぶっさき袴, ほとんど食う, まずそんな, まったく空地, みな同じ, みんなそうして, めったになかっ, もちろん百数十行, もっと寒く, もっと暗かっ, もっぱら声色, やったビタミン, やはり人間, ゆく島, よく, よくあれ, よくここ, よくやった, よく手, よく腹, よっぽどそれ者, わたくし共の, アクイナス, アヤメとも, インドに, エタ部落にも, カイナなぞと, キミボクイケぞんざいに, コカコラの, コールタールは, サン, セネラーが, テトラツィーニ今の, ハギの, ヒドク憤慨し, フォルス公爵の, ペンキ屋の, ミノと, モンラムの, ヤミ屋という, ラモオだの, ローマにおいて, ヱハガキにも, 一人の, 一兩が, 一定した, 一年の, 一種の, 一緒には, 一藩の, 一部屋ごとに, 一面の, 三の宮一丁目に, 三十六島を, 三尺ばかり, 三日三晩も, 上の, 上手な, 下賤, 不義は, 両手を, 主として僧侶, 九一という, 乞食も, 事実さう, 二月には, 二箇月に, 二食であった, 五十両も, 五月蠅と, 交通の, 亭主に, 人毎に, 人間だった, 人魚でなく, 今より, 他でも, 仙人といった, 仲が, 伏見で, 伯爵の, 何でも, 何国も, 余程深く, 信じませんでしたが, 俸給として, 個人の, 傀儡子と, 僕は, 兄弟は, 先斗町で, 全く人間, 全然水田, 六キロ離れた, 共にこの, 其仲間の, 其通りに, 凡夫なり, 別にどうと, 別段の, 前年の, 前日書いた, 勝利の, 北山に, 北海道帝大へ, 十五日も, 十日前に, 半円と, 南部の, 単純な, 厳重に, 取り返すこと, 古注, 可なりに, 司教邸の, 吉野の, 同感だった, 名に, 名高い奇術師, 呉道子地獄變相の, 唐宋に, 商人という, 問はず近代の, 固より, 国讃美・人讃美が, 土足を, 地球が, 坊主も, 城が, 塩原多助が, 夏服冬服なんどと, 夕食後客が, 多分地球, 多分粳, 夜に, 夢は, 大きな楢, 大した家柄, 大へん, 大勢が, 大名家の, 大変な, 大手門であっ, 大森谷中も, 大藪で, 大金満家であった, 大鷲神社入口に, 天主閣の, 天子様の, 天然と, 天草丸と, 奉公人の, 女は, 女中が, 女寅閣下という, 女郎で, 好きでした, 妊婦が, 妙な, 嫌いな, 子の日の, 子供に, 孔子が, 学問その他の, 安南, 官邸の, 実際そうでありました, 宮廷では, 宿の, 富裕であった, 将棋を, 尊敬し, 小学校の, 小泉の, 小説なんか, 少しかたよつた, 少なくともある, 屡あつ, 山姥が, 山続きの, 島ごとに, 島田髷や, 川向うの, 左翼の, 市川の, 帝大, 師匠を, 干葡萄, 平屋だった, 幽霊が, 広瀬と, 床屋や, 廣間で, 弘紀と, 役所と, 彼らに, 徒士や, 御所だつた, 御殿奉公も, 御者だ, 必ずホウコグサ, 必同一な, 思はざりしこの, 恐ろしく狭い, 恩愛の, 惡黨仲間の, 憎み今, 我も, 或る, 戦略の, 所有地を, 手代の, 手紙を, 折々大火, 挨拶以外に, 摘菜の, 支那の, 支那人は, 政治に, 敬称を, 数学が, 文士を, 文字を, 斯うし, 新嘗, 方外の, 旅人は, 旗本の, 日本太郎などという, 日蓮の, 明け方日の出を, 昔いまは, 昔欲を, 昨日を, 時が, 普通に, 暫く問はず, 最も有名, 有り余った財産, 朝から, 木の, 本式の, 本物の, 杏ジャムや, 村に, 村中の, 東京にも, 東洋文明の, 板倉屋の, 柳で, 桶の, 極近い, 槌を, 権力も, 橋野と, 歌舞伎芝居も, 正式な, 此処で, 此形が, 此處が, 武家が, 武家の, 歳の, 歴史は, 殆と, 段と, 母様の, 毎朝この, 気の毒だ, 水が, 水無神社の, 江戸から, 江戸での, 江戸紫などと, 決して無かっ, 沈黙で, 沢山有りました, 河原乞食とまで, 波も, 泣いて, 海が, 海外へ, 海賊部落かも, 混沌界を, 清濁を, 渡し船へ, 温泉が, 濠が, 炭火を, 無脊椎動物, 無限大と, 煮え川, 牛屋の, 牢屋無, 物置であった, 狐使いなどと, 玉屋鍵屋が, 王女は, 理想から, 琵琶湖の, 甚だ少なかっ, 田園だった, 男と, 男女ともに, 界隈に, 発音が, 百姓たる, 皆な, 盤石天より, 直ちに外國人, 相当以上, 相模屋に, 県下でも, 真打の, 知って, 知らず今日, 知らず家光以來, 石が, 砲兵工廠の, 神と, 神を, 神仏まぜこぜ仏式七分に, 祭りには, 私の, 科学力において, 穢れた仕事, 立派でも, 筆紙乏しく, 節季の, 粗末な, 紐の, 素味な, 細長い肥桶, 絶対に, 網だに, 置きっぱなし, 美しかつ, 美丈夫だ, 美男であったらしい, 老人に, 聖堂構内の, 肉親たちが, 脇差に, 腹を, 自動車でも, 至尊の, 良家の, 芝居を, 花は, 花火の, 苗字は, 若い連中, 若者で, 英雄豪傑の, 荒彫りを, 落架風と, 蒸気の, 蔵前の, 薬箱でも, 藤十郎の, 虎が, 衆道好き, 衣に, 襟足を, 西洋は, 親を, 親達の, 言葉によ, 詩作に, 諸人に, 負惜, 貧乏御家人の, 赤ん坊だった, 足尾庚申古, 軍陣忍術者の, 辻斬の, 逢魔の, 遊芸を, 道楽者で, 遠くなっ, 郊外とも, 酒屋の, 金峯山の, 鉄砲を, 錢も, 長い浄瑠璃, 長刀の, 長距離選手は, 開聞で, 関脇ぐらいまで, 陰気で, 陽成院の, 随分さびしい, 随分威張っ, 随分飢えた, 隨分好い, 雁に, 電気が, 露天で, 鞴に, 順序に, 頭の, 飯綱大明神または, 馬方蕎麦を, 高年者に, 高貴の, 魂に対しては, 鰡の, 鶯を, 鷹の, 默りこみ

▼ 昔~ (990, 4.7%)

14 なる 11 比べると 10 消えて, 返って 9 忘れて, 死んで 8 変って 6 あっては, なるが, 変つてゐない, 帰って, 比べて, 返ったよう 5 かえった, くらべると, 知って

4 [11件] なるげ, なるだろう, 卒業し, 変らないが, 変りは, 於て, 於ては, 於ても, 比ぶれ, 知り抜いて, 私が

3 どこかへ, なくなって, やって, 人が, 殺されて, 漢土の, 返つたやう, 遡って

2 [57件] あたる, あったの, お求め, かえったよう, くらべて, くらべれば, この世を, こわれて, さかの, さかのぼるの, さかのぼれば, さまよい歩いた満, なって, なりたる, なります, なるの, なろうか, わかって, 増して, 変らないもの, 姿を, 完成し, 帰ること, 帰るよう, 帰るん, 復して, 思を, 比して, 比べれば, 気づいて, 水と, 求めたの, 消え去って, 焼亡し, 礼譲に, 私の, 立返らねば, 語る日, 誰かが, 變らず, 足を, 跡方も, 較べると, 返した, 返して, 返すこと, 返そうと, 返ったの, 返るか, 逃げ出して, 通り越して, 過ぎ去って, 遡れば, 還して, 還って, 高足駄, 黄金時代の

1 [686件 抜粋] ああいった, あったという, あった世の中, あって, あつた, あの世に, あの先生, あの赤間ヶ関, あまり大きな, あらぬここち, ありて, ありながら, あるん, いずこの, いた学者, いふところ, いわれた, うまく胡麻化, おしまいに, おもえた, お別れ, お戒め, お聞き, かえって, かえってこれから山, かえってやすやすと, かえって乳, かえって婦人, かえって打ち融けた, かえって私, かえりたい, かえりぬ, かえり昆虫館主人, かえり私, かえるという, かえれと, かえろう, かぎったはなし, かびが, かわらぬ, かわらぬ打水, かわらぬ磊落, かわり一等, かわる姿, かわる武蔵野, くらべたならそれ, くらべるから, けし飛んで, ここの, このとおり, このよう, この世の, この国, この手, これを, さかのぼって, さして, して, すぎ去つて人, すっかり片づけられ, すでに今日, すりへらされて, するの, そういう交通, そこまで, その姿, それを, そんなにかわり, そんな事, ちょろまかされて, ついたこと, つれて, とび出して, どうかし, ない一種, ない異国情趣, なかった, なくなったが, なくなったらしいが, なくなりました, なったある, なりたれども, なりましょうかしら, なりますからね, なりますが, なるかなあ, なるから, なるその, なるほど, なる物, なる私, にぎの, のこした言葉, のろって, ひき換, ほろびました, まさるわが, まさる燃える気息, まさる繁昌, まさる駿河台, ましたお, もう一度子供, もう斎藤茂吉君, もっと好い, もどった様, ゆかりの, わき今, エセーニンについて, クリステンダムの, シナ文化の, スッパリ栄三郎さんと, セヂの, ベッドに, 一つに, 一人の, 一文のこらず, 一羽の, 三倍する, 三蔵法師は, 三鷹を, 世を, 両人の, 乗りおくれて, 五日目には, 亡くなった, 亡くなって, 亡くなり例, 人の, 人民の, 人知れず詠んだ, 人通りを, 今の, 仏蘭西人で, 代らぬ今, 似かよった経路, 似たもの, 似も, 住む頑是, 体外に, 何人かの, 何処かに, 作った蕪村, 使いつくし田畑, 使った妙, 使つて仕舞つた, 例の, 依依恋恋, 倍した, 借金の, 倣わねば, 元金は, 免じて, 全滅した, 全身蜂の巣の, 公民に, 其起原の, 其頃生存し, 冷めきつて, 出来た本, 出来た深江輔仁, 分れたもの, 切れて, 初めて開かれた, 別れを, 到達し, 加ふるあり, 劣らずとの, 劣らぬ腕力, 北海道を, 半蓋馬車, 卒業しち, 博物館入りを, 去って, 友だちと, 取潰して, 受け取りの, 受取つてある, 名の, 名古屋藩としての, 君の, 呉家の, 問題でなくなっ, 土中から, 在っても, 在つて, 地球上全体の, 均等に, 墓の, 増した濃い, 増る, 売り切れちまって, 変つた, 変つてゐた, 変らず元気, 変らず気前, 変らず美味かっ, 変らず船着, 変らず表面, 変らないん, 変らない一介, 変らなかった, 変らぬが, 変らぬその, 変らぬので, 変らぬは, 変らぬもの, 変らぬ厳正, 変らぬ富貴, 変らぬ師礼, 変らぬ新九郎, 変らぬ有様, 変らぬ純, 変らねど, 変るいちじるしい, 変るの, 変る伝法口調, 変る山, 変る未見, 変る樵夫姿, 変わった荒涼たる, 変わらなかったの, 変わらぬふう, 変わらぬ優しい, 変わらねど, 変わる光景, 多勢の, 多少の, 夢の, 大川へ, 大槻さんが, 失って, 奉納した, 好評を, 始まって, 始めて, 始められ各種, 存すること, 学んで, 学者が, 完成した, 宍道湖に, 実験にかけて, 寝こんで, 対馬守は, 小さき島, 小ツル, 少年は, 山, 崖を, 帰った, 帰ったから, 帰ったつもり, 帰りて, 帰る, 帰れ, 幼年時代に, 度々聞き, 廃止され, 引き払って, 引き返し御, 引戻す, 引揚げ, 引越して, 当って, 当時まったく, 影も, 役所なんか, 彼の, 彼女等が, 彼等を, 後退するであろう, 復さうと, 復さうとは, 復したや, 復するの, 復す忠義, 復り, 復ろう, 復活する, 忍ばして, 忘れたという, 忘れてる, 思ひ比べたら全く, 思ひ比べて, 恋人と, 恥じよ, 息をと, 悠々として, 悪縁とは, 情熱の, 想達し, 愛憎を, 感服した, 懲りぬ心, 戀, 成るの, 成立した, 我邦に, 戻そうと, 戻そう地球, 戻ったか, 戻ったよう, 戻って, 戻り近代無双, 戻ること, 手を, 打ち崩し, 押えられて, 持って, 指摘し得る, 振りすてられ生前, 捨てて, 捨てられ忘れられて, 掘った池, 揚げられて, 揺られて, 支那から, 支那では, 政治の, 教会という, 敵に, 断り棄てられた私, 於ける迫害, 既に天文学的観測, 日本で, 早くも, 早や, 朝鮮から, 本誌に, 来たもの, 東京を, 東京目抜の, 果して清正公前, 栄えた都会, 桃や, 榛名火山自身の, 様式化された, 歸つて行つた, 死にましたよ, 死に別れ今, 死に絶えて, 死んだけ, 死んだもの, 死んだ母, 死んだ祖父, 死んぢまつ, 殿様の, 比すれば, 比ぶべく, 比べたら尾羽うち, 比べては, 永久凍土層の, 求めて, 江州の, 沢山な, 沼垂に, 法顯が, 流行った牛車, 浪士の, 消えた春, 消化し, 渝らねど, 満腹し, 源の, 源を, 溯って, 溯ぼつ, 溯るほど, 溶解し, 灰に, 無くなって, 照らして, 燒肉が, 珊瑚に, 理想郷が, 瓦屋の, 生き返る事, 生れどの, 生蕃小僧に, 男が, 異ならずこれ, 病気で, 病気に, 癇癪を, 盛りかえして, 盛んであった, 相成り候事, 看破し, 真庭念流八世又, 着いて, 知つ, 知つてゐた, 破産し, 禅宗に, 私は, 科学の, 空っぽだ, 立って, 立返って, 立返る事, 競ひ得る, 紅葉山人が, 終って, 終わったという, 経過し, 絶滅した, 継いで, 綺麗に, 總勘定が, 考えさせて, 聞いた名前, 聞き違, 胴体を, 脱却した, 腐っちゃってるん, 腹部の, 自分たちの, 自分は, 自殺し, 蒔いて, 藻屑に, 西ヨーロッパの, 西鶴が, 見えなくなって, 見た夢, 見た童顔, 見ない所, 解つてゐる, 言い始めたこと, 話して, 誘う, 読まれて, 読んだもの, 読んだ荷風, 誰が, 變らぬ, 變り, 豊田の, 貴人より, 費って, 走つて, 起こったある, 起こって, 起源する, 超越し, 較べて, 較べては, 較べれば, 近いまえ, 近いもの, 返さうと, 返せと, 返った彼, 返つた訣, 返らしむる事, 返るのみ, 返る粉, 送り届けられた神聖, 逃げて, 逆戻りを, 這入って, 通じて, 通りすぎて, 通過し, 逢った人, 連れ帰るの, 運び去ると, 過ぎ去ったまま, 過ぎ去つた, 過ぎ去つて, 道を, 道中記を, 遡った, 遡つたミルトン風, 遡らなければ, 遡り腕, 遡るといふ, 遡る時, 還つて, 還らんと, 還れ, 郷里の, 釈尊の, 金貨でも, 錨を, 限った事, 限らず明治, 隣国の, 青年時代が, 響いて, 頭の, 飛び込んで, 飛んで, 飛行機製作に, 馳せありとあらゆる, 馳せざるを, 高笑ひ, 高麗村へ, 魂の, 龍宮へ

▼ 昔~ (452, 2.1%)

20 今に 12 思い出した 8 思い出して 5 守ること, 忘れて, 知って 3 思えば, 思って, 思出し

2 [39件] いえば, おも, お忘れ, お思い出し, しのびながら, しのんで, そのままに, ふりかえって, 互の, 偲ばせる, 偲び顔, 偲ぶ, 偲ぶため, 偲ぶよすがも, 偲んで, 問へば, 回想せしむべき, 守って, 心置なく, 忍ばせる細面, 忘れかねて, 忘れずに, 忘れては, 忘れないので, 忘れぬ大小, 忘れる訳, 思い出すと, 思ひ出して, 思ふ, 思ふと, 想い廻らすこと, 想像する, 感ずること, 語り顔, 語るに, 語る事, 追懐し, 顧みて, 髣髴させるで

1 [310件] いい出されると, いって, いとほし, いと偲ぶ, いまの, いやに, いろいろと, いわれるよう, うつらうつらと, おもい出させる, おもふも, お忍びに, お民, かえりみて, くり返すに, さえ恥ずる傾き, さかのぼれば, しの, しのばす哀れ, しのび, しのび三つ, しのぶが, しのぶに, しのぶには, しのぶよすがに, しのぶよすがも, しのぶ外, しのぶ男女, しのぶ端唄, しのぶ豪華, しのぶ陣太刀作り, そのままな, そのまま幻, ただ反動保守, つた人が, なつかしが, なつかしくばかり, なつかしく思, なつかしく願望, なつかしさうに, なつかしむばかり, のみ語るの, ふり返っ, ふり返つて, まだ覚え, もう念頭, よく思い出し, よく思い出す, よく知る, わすれなせそ, 世間といふ, 云えば, 云出される, 互違に, 今から, 今につた, 今にまた, 今に大風, 今に百目蝋燭, 他人に, 伝え広重, 偲ばうと, 偲ばしむる, 偲ばしめたの, 偲ばせるよう, 偲ばせる目出度い, 偲び今, 偲び候事, 偲び身, 偲ぶごとくに, 偲ぶでも, 偲ぶと, 偲ぶまで, 偲ぶよすが, 偲ぶよすがとては, 偲ぶを, 偲ぶ時, 偲ぶ気色, 偲ぶ雰囲気, 其儘の, 匂はせよう, 取り返しえた気, 名乗って, 嘆ずるもの, 回顧した, 回顧する, 回顧すれ, 変えません, 夢の, 夢みて, 夢見る, 守る者, 尊くも, 弔い今日, 弔ひ, 復活させ, 忍ばしむる, 忍ばずに, 忍ばせるには, 忍ばせるやう, 忍ぶとでも, 忍ぶのみ, 忍ぶよう, 忍ぶ染色, 忍ぶ遑, 忍べあゝ, 忍ぼうじゃ, 忍んだの, 忘れかねたの, 忘れかねる諸, 忘れず, 忘れず今, 忘れず手, 忘れず私, 忘れた, 忘れたいと, 忘れたの, 忘れないほどの, 忘れない人, 忘れない弟子, 忘れない清助, 忘れなかった, 忘れぬため, 忘れぬ爾, 忘れましたか, 忘れるほど, 忘れ細太刀, 思いだして, 思いだす, 思いだすだよ, 思いながら, 思い出させないもの, 思い出させる英吉利, 思い出させ昔, 思い出したから, 思い出したこと, 思い出したよ, 思い出したよう, 思い出してか, 思い出しました, 思い出すどころ, 思い出すより, 思い出すらしかった, 思い出すん, 思い出す様, 思い出す様子, 思い忍んだ, 思い浮かべて, 思い浮べただけ, 思い浮べなければ, 思い返せば, 思うたび, 思うと, 思うばかりの, 思う蕪村郷愁曲, 思う薫, 思っては, 思つて絲を, 思はせるもの, 思ひだして, 思ひだす手掛り, 思ひ出させるもの, 思ひ出した, 思ひ出したとでも, 思ひ出したり, 思ひ出してから, 思ひ出せる樣, 思ひ隔てて, 思ふにも, 思ふ心, 思へなんと, 思わしめる, 思わせるもの, 思わせる処, 思わせる色, 思わせる陣太刀作り, 思出した, 思出しました, 思起させる, 恋うるあまり, 恋しがった, 恋しく思っ, 恋ひ, 恨み顔, 悔んだ, 想い出したよう, 想い起せば, 想い返え, 想えよ偉大, 想ひ出す, 想ひ見る, 想像し, 愚かしいまでに, 愛する振舞い, 慕ふなり, 憧れる心, 憶い出した, 憶い出す, 憶い起させた, 憶出し, 憶出せ, 懇, 懐うて, 懐かしがった, 懐かしがる, 懐かしそう, 懐かしむもの, 懐かしんで, 懐が, 懐しがる, 懐しむ, 懐しん, 懐出した, 懐想し, 戀しく, 持ち来す巫女, 推して, 描けば, 摸せる館, 書けば, 標準として, 歩いて, 歴々思いだし, 歴々思ひだし, 残して, 注意され, 洗ひ去る, 爺さんは, 物語るもの, 物語るよう, 生涯に, 省みるため, 眼前に, 知ったからとて, 知った人達, 知つ, 知つてゐる, 知るか, 知るもの, 知る私, 知る諸君, 知れば, 立てて, 絶えず追想, 繰り返すという, 羨み駿府, 考えて, 考えると, 考え出して, 考へて, 聴いて, 至る所, 見ずば, 見たこと, 見て, 見なければ, 見る, 見るやう, 見るよう, 見出そうと, 言い出して, 言えば, 言えばねえ, 記念し, 記念する, 話したらこんな, 話し出した時, 話し合うこと, 話し合ったの, 話す, 誇り当代, 語った, 語って, 語つてゐた, 語られたよう, 語りあかす, 語りかつ, 語りこの世, 語りすぎたという, 語りましょうと, 語りまた, 語り伝えようと, 語り合い帆影点々, 語り合おうと, 語り顏, 語る, 語ると, 語るの, 語るのみ, 語るも, 語るもの, 語る何物, 語る広い, 語る月夜, 語る潮, 語る貴人, 語れッ, 説く機会, 説出した, 談じた, 貴ぶ慣習, 超越した, 追回しやう, 追回しよう, 追想する, 追憶し, 追憶する, 選ぶと, 面の, 鮮明かに

▼ 昔からの~ (431, 2.0%)

5 しきたりで, 習慣で 4 ことで 3 お定まり, 知合いで, 習慣である, 言い伝えで

2 [27件] いろいろな, おきて, お友達, ことが, ことを, 伝説に, 助手だ, 友だち同じ, 友人で, 古説を, 家柄の, 支那の, 日本の, 歴史を, 狐わなだ, 癖で, 知り合, 知合だ, 知合の, 習わしでございまし, 習慣が, 習慣と, 習慣な, 習慣に, 習慣を, 話の, 赤い陣羽織

1 [351件] あこがれだった, いいつたえで, いい伝え, いひ傳, いろ, えらい人, えら物, おれたちの, お噺, お姉さ, お馴染, きたならしいやり, きまり, きまりであった, ことでございましたでしょう, ことなどを, ことわざが, ご縁故, しきたりが, しきたりじゃ, しきたりだった, しきたりである, しきたりでは, しきたりなどに, すぐれた作品, そのままの, それと, だだっぴろい店構え, ならはし, ならわしでございまして, ならわしも, はなしの, ひそかな, ま, ままだろう, もっともかんた, ものか, ものだった, もので, ものであり, ものと, もの神聖な, ように, エライ音楽者の, ザクロや, シキタリであり, タチバナとは, ブルジョア文化を, 一種特別な, 世間の, 丹精が, 事, 事だ, 事で, 云いならわし, 云い伝え, 云い伝え通り, 云い慣わし, 京都の, 仕来りだ, 仕来りで, 仕来り通りの, 他人同志の, 付き物である, 伝へ, 伝統ある, 伝統で, 伝統も, 伝習だの, 伝説で, 伝説などが, 伝説を, 住人が, 住民に対しては, 例だ, 信条を, 信頼に, 借銭が, 側近者にと, 偽善的な, 傳へでは, 傳へに, 傳來の, 傾向が, 先入的な, 八丈の, 写経を, 出来るだけ, 力量を, 助手で, 助手なら, 卓越した, 原因だった, 友人じゃ, 友人たちも, 友人の, 友人達は, 友情とから, 友情を, 友達で, 友達の, 口ぐせで, 口癖が, 口碑にも, 古い名, 古い店, 古傷で, 古靴屋, 台所の, 史実では, 吉例に, 名人の, 名代の, 名判官, 名所であり, 名所である, 名所でございます, 名物だ, 名物という, 名物なる, 唄も, 商人であった, 商店の, 問題である, 噂は, 因襲が, 因襲だ, 国の, 国風である, 土人の, 地名との, 地所持の, 城下町だけ, 塗師である, 墓が, 壁が, 変遷の, 大和民族の, 大富豪, 大尽でありました, 大庄屋, 大木を, 大都会, 大阪その, 妙な, 姥神の, 子どもの, 存在として, 学問の, 学者の, 宗教の, 官道で, 定めだ, 定期市の, 定法で, 定規に, 宝石道楽で, 実験室が, 家々が, 家が, 家号を, 家柄が, 宿であった, 小日枝, 少年の, 居城内郭の, 屋臺だけ, 山本左大臣の, 山窩の, 希望であった, 席に, 幾何学は, 店, 当り前な, 形式を, 形態は, 役目を, 御眤懇, 御知合ひで, 御馴染, 思想の, 思想争闘弾圧史は, 性分な, 性格とは, 怨みとでも, 怪談と, 恋が, 悪い癖, 悪習である, 愛読書の, 感情の, 慣わしで, 慣習に従って, 懇意である, 懸案らしい, 成立や, 戒は, 戦争で, 手業は, 手漉紙は, 技を, 拷問刑罰の, 掟, 掟である, 支那風に, 文句で, 日本三景の, 日本語で, 有様では, 木の, 木彫の, 本名である, 本来の, 村の, 村落らしい, 条件で, 東京風牛鍋な, 染物屋が, 根が, 模様で, 樹と, 歌が, 武士独占の, 武蔵野の, 歴史編纂の, 氏神さまの, 民謡を, 法律に, 津軽領では, 活動写真近ごろの, 浜荻の, 深い極, 火繩銃で, 為政者達の, 為来り, 熊野海道で, 物だ, 物の, 物憂い調子, 犬を, 独立国の, 理想に, 理想は, 生活は, 用心棒竹中十兵衞といふ, 由緒を, 町内馴染を, 病気に, 癖だった, 癖です, 盆踊りという, 監督者だ, 看板も, 知人です, 知人の, 知合いの, 知合で, 知合です, 知合ひである, 祝詞の, 神とは, 神山を, 神様に, 節日節供の, 系図は, 約束だけに, 約束によって, 紋切り形であった, 素町人か, 紳士道じゃ, 紺無地だ, 習いとして, 習である, 習ひであつ, 習慣です, 習慣という, 習慣として, 習慣は, 習慣的な, 習慣音として, 考へが, 自然の, 船着場で, 草葺屋根の, 菓子すなわち, 菩提所では, 葺き方, 藤沢に, 蘭, 街道でない, 親しみある言葉, 親友, 親友である, 親類関係人柄財産の, 言いつたえに, 言い伝, 言い伝えじゃ, 言い伝えでは, 言い伝えと, 言い伝えなどという, 言い伝えを, 言い傳えという, 言い慣わし, 言い旧された言葉, 言伝えは, 言葉である, 記録を, 記録文献には, 詰らない傳説, 話だ, 説では, 説は, 諺である, 諺も, 議論の, 貴族政治の, 贔屓連が, 趣味が, 趣味で, 趣味の, 農村伝説だ, 迷信で, 迷信を, 迷信家であった, 通り一丁目の, 通称に, 通称らしい, 運搬法の, 都であった, 酒造家, 野の, 金剛寺門前町の, 金坑が, 長い歳月, 長い歴史, 関係を, 隣り近所, 静けさを, 顔なじみの, 顔馴染の, 風流である, 風習が, 風習で, 風習に従って, 食物が, 馴染で, 馴染の, 馴染みの, 髷は, 鬼の, 齧歯獣

▼ 昔~ (357, 1.7%)

22 違って 16 同じよう 14 少しも 11 ちがって 10 今と 9 今とは 6 いっても, 今の 5 今との, 変りなく 4 なりぬ, 今では, 比べて, 諦めて 3 いえども, 云ふ, 今とでは, 同じやう, 変って, 変わって, 言ふ

2 [16件] ちがい一年中いつ, ちっとも変っ, なったが, なって, なる, 云っても, 今とを, 同じに, 同じ美しい, 変らずに, 変らない, 変りが, 変わりが, 比べては, 言っても, 諦めますから

1 [184件] あきらめて, あまり変らない, あまり變, いうから, いまとは, おんなじだ, くらべて, さしたる相違, さしたる違い, さして変り, さまで, したら餘程, すぎて, すっかり変っ, すつかりちが, そっくりで, そっくりであった, そっくりな, その後の, そんなに変っ, ちがいこのごろ, ちがっただらし, ちっとも変わっ, ちっとも違っ, つた庖丁に, どうなっ, なさざる, なさざる未來, なしぬ, なった, なった宮, なってるその, なりました, なりむ明治節, なり千年, はなつたが, ほとんど変わっ, ほとんど変化, またその, よほど変わっ, ッた, 云うの, 云う言葉, 今とに, 今は, 今日と, 位置は, 体質や, 何でも, 何の, 何んの, 何一つ異なっ, 余り変らなかつた, 全く変らない, 反対に, 同じ, 同じか, 同じく他国文化, 同じく他方, 同じく地, 同じく夜, 同じく標品, 同じく無, 同じく立派, 同じく純粋, 同じけ, 同じこと, 同じで, 同じであった, 同じの, 同じ個性, 同じ場所, 同じ強, 同じ忠誠, 同じ気分, 同じ激しい, 同じ火, 同じ生活, 同じ速, 同様に, 同様得意で, 同等以上の, 名の, 呼び看板道具等美, 呼ぶ人々, 変った仲間小者, 変った全く, 変つてゐない, 変つて人なつこ, 変らずもっぱら, 変らず彼女, 変らず毎朝, 変らず目立つもの, 変らず貴い, 変らず青森市, 変らないの, 変らないよう, 変らないらしかった, 変らないらしかつ, 変らないヨ, 変らない銀座風景, 変らぬ戦場ヶ原, 変らぬ生活, 変らぬ自然, 変らぬ頑健さ, 変りない, 変りなきはかな, 変りは, 変り目が, 変わった, 変わった所, 変わらないこれ, 変わらない催し, 変わらない家, 変わらぬ世, 変わらぬ愛情, 変わらぬ袴, 大した変化, 大体変らない, 大変に, 大正の, 寸分ちがわない, 少しもち, 幾分変, 思い切って, 思えば, 思へど, 思われるが, 意味が, 打って, 明らかに, 明治の, 明治七年の, 昭和の, 時代は, 更に選ぶ, 東京の, 様子が, 正反対である, 殆ど変らない, 比較に, 毫も異なる, 照し合せ, 異ならざるを, 相変りませ, 自然に, 觀念し, 言う, 言うばかり, 詮めて, 語り出づるほどでもない, 諦めれば, 諦らめて, 變つ, 變らじ, 變らない, 較べて, 違いました新, 違い非常, 違うお, 違うから, 違うて, 違うの, 違う別, 違う女, 違おうなどとは, 違った実際, 違った幅, 違った意味, 違った新鮮, 違った表情, 違つてな, 違つてなあ, 違つてゐない, 違つて何處へでも, 違つて未亡人の, 違つて気が, 違つて漢學の, 違つて相当資本が, 違ふから独身も, 違ふと, 遙かに, 遠くなる, 鬢髪いまだ

▼ 昔~ (348, 1.6%)

7 風の 5 の夢 3 と思へ, のお, のやう, の我身, の身, は花, 気質の

2 [26件] から尠, のこと, のまま, のよう, の事, の代, の同窓, の哲学者, の羽子板, の自分, の面影, は四方, を偲ぶ, を夢み, を考え, 三千代の, 世に, 代助, 叔父の, 希臘に, 彼が, 此所に, 私が, 私の, 羅馬に, 風に

1 [263件] あるお, ある人, ある人当時有名, ある所, お万, お世話に, からあすこ, からあたかも, からかなり, からの古い, からの特徴, からの習慣上不誠実, からの言い伝え, からほんま, から人, から今日, から使っ, から例, から僧堂, から写生, から名代, から婦人, から子供, から心, から恰も, から推奨, から料理, から本村, から温泉, から物好き, から猪, から町, から言, から豚, から野暮, から長閑, から隣同士, から頑固, から養成, から養蚕期, から黒, が何だか, くさい感じ, この世界, この人, この学習院, この村, ずっと昔しの話, だって恋愛事件, っぽい布, とはどこ, と違っ, ながらとたか, ながらの微か, ながらの春雨, ながらの翠, ながらの薄着, に乾ききり, に脳天, に若返っ, のばる, のもの, のゆかり, のゴーゴン, の主人, の名残り, の商法講習所位, の喧嘩, の坊主, の坊様, の塾, の大, の天主, の女, の姿, の嬢様, の巨匠, の希臘人, の思ひ, の思出, の愚か, の抱え主, の故事, の敏, の日本人, の旦那, の早飛脚, の書生時代, の歌, の法令条目, の法令條目, の涙, の淳朴, の物語, の男, の相弟子, の緑雨, の自由, の舶来縁, の芸術家, の草双紙, の記憶, の通人, の関係, の關所, の養い, の髷, はあんな, はお, はさうだつたんだ, はトマス・モア, は二十年, は儒生実地, は同じ, は女, は我, は時節, は朱子理気, は此処, は武士, は油紙, は真面目, は知らず, は税, は立派, は舟, は蓮花, は講釈師, は隨分これ, や谷風, より他郷, より別れ, より常に, より書きなれたる, より耳, より長い, を思い出そう, を思へ, を憶, アイソクラチスと, オルター・ロリーが, スペインに, タンタラスと, ナポレオンの, ハーキュリスが, ピクト人は, ロビンソンクルッソーという, ヴェニスを, 一番目の, 一網千両の, 三蔵法師も, 両国橋と, 二百年の, 亡くしたわが子, 京都に, 人よもや夢にも, 以太利の, 以太利亜の, 住吉の, 佐倉の, 何處の, 健ちゃんの, 僕が, 僕の, 僕等が, 元寇, 兄と, 其儘で, 其國王と, 其邸の, 出た, 分化作用の, 千句の, 去る國, 去る所, 嘗て春水, 国定と, 堅気の, 大学に, 天慶の, 女達は, 姥子の, 学校で, 学校に, 安井息軒先生青楼に, 宋の, 客間であった, 家を, 寺町の, 尊王を, 小學校, 小田原北條氏の, 小石川の, 島田さんが, 島田は, 巌頭の, 御殿へ, 志保田の, 恋を, 成けりを, 或る, 房州を, 支那の, 新築の, 昔し, 昔しの厚い, 書生を, 曾て, 有た, 本多佐渡守様を, 林檎の, 棄てた男, 棟木一株郡家の, 楚の, 欧洲に, 渡辺崋山が, 烏を, 父から, 獄に, 甘粕大尉の, 田口が, 田舎で, 男宮の, 祖先が, 神妙な, 稚兒, 紀州家の, 美しい女, 老子が, 脚下に, 自分を, 自炊の, 自然は, 芸者を, 蕃山熊沢氏は, 薔薇の, 藤森弘庵藤田東湖に, 藩の, 藩中に, 蘇東坡は, 西洋で, 覚えこんだ清元, 親しくした, 親類に, 覺え, 語より, 豊臣家が, 象嵌の, 赤ん坊と, 踊り子であった, 輸入した, 通り島田姓に, 遊びし, 金を, 銀座の, 錦町に, 鎌倉へ, 阿修羅が, 風だ, 風な, 養育料の, 鶯の, 麦酒の

▼ 昔~ (312, 1.5%)

110 今も 5 同じこと 4 かくやと, 今の, 前に, 変りは 3 そうだった, 今と, 変らないの, 変りない, 変りなく, 変りの, 大昔の, 昔も

2 [11件] あったこと, あつた, いまも, そうだ, なかった, やかましく取締, 前から, 前の, 変りが, 筆一本と, 變り

1 [135件] あちらに, あったに, あったの, あったろうと, あつて, あなたに, あまり立派, ありさうに, ありし人, ありし老婆, ある, あるが, いかに遙, いた, いたか, おなじこと, お角, かく人の, かわらないの, かわらない黄金, かわりは, きわめて人間らし, こういう事, このごろも, この区別, この桜鯛, この池, この通り, この道, こんなに様々悲しみ, こんな時, さう, さぞ威張つたもの, すでに私, すでに老, そして近い, その傾向, その霊山, そんなもの, なかなか賑やか, まずい人, まるでもう然し, やかましい問題, やはり今, やはり温かい, よくそうし, よく使い, モスクワで, 一二度行った, 一人残らず知っ, 一部の, 両方に, 人の, 人命は, 人間が, 人間に, 今にか, 今日と, 以前に, 以前の, 似たよう, 個人の, 全く変る, 出たです, 初会から, 勿論あつ, 医し難き, 古いこと, 同じくまじめ, 同じよう, 同じ事, 否もっと, 在り来りの, 変らないが, 変らないこと, 変らないやう, 変らない心, 変らぬただ, 変らぬ書肆, 変らぬ炭坑, 変らぬ運命, 変ること, 変わらず, 変わらない, 変わらぬ真理, 変わらぬ響きわれわれ誰彼, 変わりが, 変わりの, 変わりは, 多くの, 大差ない, 大概きまっ, 大正の, 大泥棒, 大部分, 子供臭く, 宇治の, 将来も, 平重盛が, 強く吹いた, 御承知, 思い出さしむ, 思い出でまし, 思い合された, 恋しくなり, 恋愛の, 愛人や, 懐かしくは, 或は國民, 戦争を, 昔大昔星霜の, 昔話が, 時々そんな, 本当なら, 此の, 母の, 浮わ, 無く現今, 男の, 相当に, 眼の, 知らねば, 窮し, 経験した, 自信は, 芝居を, 評議を, 變りません, 超えて, 通有の, 道幅の, 降つた, 非常に, 顏を, 顔を

▼ 昔~ (225, 1.1%)

5 の夢 4 の家 3 に言え 2 だ, なところ, なの, な家, な屋敷門, な父, な行燈, に亭主, に頭巾, の門

1 [193件] が御, すなわち千年, そのままな, そのままに, であったに, であって, である, であるが, であるの, でございますから, でどこ, でないか, でなつかしくっ, で何, で悠長, で悲しく, で行き届かない, と当世風, なお伽話, なお手紙, なこと, なしかも, なちりめんの, なほめ, なペチカ, なモッコ, な一徹, な人, な仁義, な信仰, な信用, な地機, な塗り箪笥, な塗色, な大きな, な夫, な家庭, な庭, な径路, な心, な心境談, な性質, な手紙, な接吻, な植木屋, な物語, な狂言暴行, な着尺, な知情意, な羽織, な老人, な英語, な蛭療治, な観測法, な言葉, な農家, な銅壺, な馬鹿正直, な黒船みたい, にお, にふるびた, に一生奉公, に両, に二人, に云, に作っ, に区別, に南側, に咳払い, に姉, に床, に復讐, に悪人, に暗い奥深い, に武者隠し, に神, に荘重, に言, に訳すれ, に進ん, に重き, に限った, に髪, に髮, に黒渋, のいわゆる, のうすぐらい, のお嬢さん風邪, のお辞儀, のごとき, のしとやかさ, のつまり天金, のなつかし, のなんとか, のもの, のポンプ, のランプ, の下町づくり, の便所, の信玄袋, の候ずくめ, の倫理観, の品, の商売振り, の商家, の問屋, の堅固, の堅気, の塀, の大きい, の大きな, の大阪人, の太い, の女, の好み, の姑, の娘, の婆さん, の婦人, の宗教, の家庭, の寺小屋式, の小さな, の広い, の庄屋気質, の式, の形容, の彼女, の必ず, の忠義, の思い付, の懐しい, の指紋, の撥ね釣瓶, の文章, の旅姿, の日本家屋, の曲りくねった, の月見, の朗吟, の柔道, の柘榴口, の歌詠み, の母, の母親, の派手, の温泉, の温泉宿, の港町, の漢学者気質, の煎薬, の煙草, の燈籠, の父母, の獣物, の率直, の王制, の瓦葺き, の登山, の祖母, の科白, の競馬, の糊, の紫房, の絵, の継続, の義人, の老人, の考, の考えかた, の職人, の芝居, の芝居がかり, の茶人好み, の藍色, の蝋燭, の觚, の言葉, の貴族的, の質素, の足, の躾, の運命, の鉄鋲, の長め, の食い物, の髷, の黒い, はいわば, むしろ田舎風, を持ちだす, を攻撃, 吹かぬ昔

▼ 昔より~ (135, 0.6%)

4 垣の 2 かくて, して, 丈夫に, 人の, 天下の, 楽に

1 [119件] あるいは今, いっそう強い, いってる事, いひ伝, いふか, いまに, おびただしく元, かえって多い, かえって苦しく, かりそめ, このかた朝, この郷, これありし, しつこくなってる, ずいぶんながい, ずっとかすれ, ずっとずっと勉強, ずっと剽軽, ずっと自由, ずっと若く, その名, それで, た, ちっともえらくは, はなやかな, はるかに, ひどく暑いこと一, よほどさびしく, 一の, 一層すらりと, 一段と美しく, 七宝を, 下落した, 久受と, 二十三日前よりは, 云ひ伝へし, 人に, 人民に, 人間や, 今に渡りくる, 今に渡り来たる, 今までの, 今日まで, 今日並, 低くなった, 信仰厚き, 力が, 北地に, 厳かに, 吾あらざりし, 吾家に, 哲學が, 哲學において, 国に, 国運は, 外国と, 大変賑やかに, 大阪町人の, 大隠, 女なら, 女らしき遊び, 學派の, 寺院の, 専制政治であっ, 少し痩せ, 山の神出づと, 幾人も, 幾億たび, 幾層堅固の, 廉潔の, 廣く, 弱くなった, 強いに, 往来の, 恋に, 悪くなっ, 悲の, 放浪の, 故に, 斉眉けり, 斎きまつる神等, 斯る, 日本人は, 明治紀元の, 有つた, 朝儀未だ嘗て, 権利の, 歌人の, 深いえ, 無終, 申しても, 男子の, 異なれる性, 皆, 目籠は, 相場の, 祖先傳來われの, 神国日本に, 私なし, 私の, 空肱撫で, 笛吹峠という, 第一, 続いた橋本, 美女多し, 耳に, 蜑どもの, 言い伝えたり, 言い伝えたる詞, 言い伝えて, 言ふごとく, 近頃の, 道楽は, 遙かに, 遥かに, 長足の, 陰気に, 頒暦を, 魂合へる

▼ 昔この~ (100, 0.5%)

6 辺に 5 村の 3 家の, 山が, 辺の, 辺は 2 あたりに, へんに, 国中の, 地に, 山の, 自分は

1 [65件] お后, お城, お寺で, お社, ひとは, へんまで, 世の中に, 世界の, 二物と, 五節句に, 伊勢地方には, 別荘の, 向うの, 唇は, 問題の, 国の, 土地で, 土地に, 土地の, 地の, 地方に, 大神に, 宮の, 寺を, 尊者の, 屋形で, 屋敷の, 山国の, 岩の, 島の, 川の, 広い北海道, 店の, 所に, 村に, 林で, 樹で, 歌を, 武蔵野に, 比丘尼の, 沼の, 沿岸に, 洞窟の, 浜の, 港から, 港の, 男が, 男に, 界隈が, 登り下りの, 目で, 船に, 街を, 街道に, 装置が, 近所に, 道を, 道路の, 鉢が, 長屋が, 附近に, 附近まで, 風車は, 高台から, 鳥は

▼ 昔~ (85, 0.4%)

4 あり 3 思い出されて 2 なつかしいよう, 今に, 思われて, 思われます, 昔だ

1 [68件] あったと, ありありと, あるため, あると, お思い出され, かえって恋しかろ, この頃, しのばれる, そぞろに, たりなり, た馬車, どんな役割, なおさら回顧, なつかしいよ, なつかしくなった, なつかしくなる, なつかしく忍ばれます, なつかしゅうてな, なア, また眼, よかろう, よみがえったよう, わかりましたよ, 今も, 偲ばれた, 勤めて, 口に, 多彩であろう, 子供の, 少しく耳立ち, 帰って, 影も, 忘れたいに, 忘れられないから, 思いだされて, 思い出されまして, 思い出されます, 思はれて, 思われる物哀れ, 恋しい, 恋しいと, 恋しいといふ, 恋しいの, 恋しいもの, 恋しゅうござります, 恋しゅうて, 悔まれて, 懐かしいと, 懐かしく思われ, 懐しいや, 戀しい, 昔です, 昨日の, 本当か, 残って, 残つてゐ, 殘つてゐ, 無くなつた, 痛々しく空, 目に, 眼前に, 羨ましくって, 背景に, 訳も, 追憶ばれた, 量感を, 隠れて, 顕然と

▼ 昔なら~ (76, 0.4%)

2 ばこれ, ば坊主

1 [72件] いざ知らず, お前ひとりを, お嫁, ここで, これで, その生徒, たとい足, たとえば平安時代, とうに吾輩, なんという, ば, ばかずかず, ばこの, ばなる, ばみな非人, ばやさしき, ば五十年以来, ば叡山, ば各地, ば后, ば女御, ば家人, ば当然, ば情な, ば斯, ば明神, ば是, ば槍以上, ば武家屋敷, ば河原者, ば立派, ば誰, ほとんど見られなかった, まあ恋, ハリツケものだ, モリエールに, 三流品でも, 三流品な, 丑満頃って, 仕方が, 佐久間象山ぐらいの, 侍大将です, 十両からは, 十銭した, 危険を, 君公の, 君公御馬前の, 商工業の, 土堤八丁とか, 大名だ, 大問題, 大変である, 女を, 少しは, 御手玉, 恐らくそれ, 武士は, 殿上人の, 殿様に, 洋画家は, 浪人の, 物を, 碁席の, 神隠しに, 私たちは, 私でも, 腹ア切る, 膝を, 苦労も, 身売奉公でも, 醜女と, 銀を

▼ 昔とは~ (69, 0.3%)

4 変って 2 まったく変った, まったく相違, 違って

1 [59件] いくらも, おもへども, すっかり異い, ずいぶん変った, ずいぶん違った, たいした変わり, だいぶ違っ, ちがいますよ, ちがう, ちがった世渡り上手, ちがった新しい美し, ちがった繁華, てんであがり, どだい修業, なれり, なんだか様子, ほとんど比較, また全く, まつたく異, まるでちがった, まるで別, まるで変った, まるで趣, まるで違った, 万事が, 世の中の, 位置が, 全く水, 全然異, 全然違っ, 哂う, 場所が, 変ったなと, 変ったマン, 変つ, 変つて考へる, 大きな相違, 大に, 大分變つて居ります, 大分違っ, 大分違った, 實に, 感ぜられなかった, 打つて, 比較に, 申せ四百余州, 變つた, 負けるまでの, 趣きが, 違いましたね, 違う, 違う身分, 違った帝大出, 違った生活, 違った考え方, 違つて来た, 違ひ, 違ふ, 随分変った

▼ 昔ある~ (66, 0.3%)

8 ところに 4 人が, 国に 3 男が 2 所に, 村に, 長者の

1 [41件] お姫さまが, とき一人の, とぶっつけ真打, クリスチャンが, ドイツ人が, 仏蘭西人に, 伊太利人は, 作家は, 僧が, 僧の, 僧侶の, 処で, 処に, 北の, 博労の, 国の, 城将が, 場所の, 大名の, 大新聞, 天才が, 女が, 婆さんが, 婦人が, 学会で, 学者は, 家の, 対校試合に, 尊い御方, 山寺に, 文士が, 新進作家が, 日の, 書生が, 正月前の, 絵かきが, 能の, 芸者に, 街の, 農夫が, 辻の

▼ 昔~ (55, 0.3%)

2 がまだ, が母, の家, はどこ

1 [47件] がごく, が二十歳時分, が使, が君, が女学校, が好ん, が教えました, が通っ, が道八, が隠れ, とあなた, と滑稽, と遊んだ, と関係, にもやはり, に恋文, の住ん, の作, の先々代, の先祖, の占め, の同輩, の大好き, の心, の捨てた, の教えた, の書いた, の父親, の物言う, の知っ, の祖父, の美しい, はある, はこの, はびっくり, は一度, は京都伏見, は小さい, は思つて, は東京日日新聞, は歩い, は生きる, は自分, も御, をひどく, を攻撃, を検束

▼ 昔には~ (47, 0.2%)

1 [47件] ありいわゆる, いま村の, この辺, これを, すぐれた人々, そこに, その丸十一ケ月前, それが, それによく, それも, ただ原始エーテル, なかった, なかなか洒落た, まだこういう, やはり浪花, やはり無限大, わずかに, オオケタデすなわち, 丹前風呂などの, 主として旧約聖書, 云えた, 人並に, 今日この, 信者では, 其んな, 及ばずとも, 古賀政男の, 吉原の, 四条の, 多分存在, 天皇崇拝という, 夫唱婦和で, 姓を, 娯楽を, 婦女子の, 戻らぬ, 書を, 望むところ, 柳川という, 武蔵野の, 民衆的であった, 洒落半分, 珍らしい, 種々雑多, 類似の, 鮎は, 龍が

▼ 昔自分~ (47, 0.2%)

2 が夜, の寄寓

1 [43件] がやってきた, が下宿, が使っ, が十, が可愛, が愛し, が拾われた, が接吻, が攻撃, が最も, が此, が殺した, が甲斐, が相, が親しく, が酌, が青梅街道, が非常, が馬車, とひろ子, と一緒, と室生犀星等, に親しかっ, に貰つた蝙蝠, のお, の乳母, の作つた歌, の勤め, の同窓, の姉, の学んだ, の學んだ, の後見人, の感激, の手, の持っ, の発足, の聴い, の高等学校学生時代, は此, は此巨人, を今にも, を恋

▼ 昔~ (41, 0.2%)

3 の中, をし 2 だが, の如く, は

1 [29件] が事実, が始まった, さながらの, しなりとも, である, では, で行く, として笑, と共に俺, にある, にはその, による, のうち, のこと, の一つ, の主人公, の文字, の草双紙, はこれ位, は面白, をかける, をつけ加, をつけ加え, をはぢめよう, をやめ, を一寸法師, を想い出した, を貞坊, 語らせて

▼ 昔~ (40, 0.2%)

5 あつた 4 おざります 3 いえば 2 あつたなら, いうと, 云えば, 言えば

1 [20件] あつたら, いう魔術, いふと, いろいろ事情, お廃, さへ, してねえ, そのころ, その当時, それら幾百の, わたしは, 今では, 今は, 前表, 御座ります, 悉く時効, 既に過去, 明治の, 時代は, 時計なんて

▼ 昔その~ (39, 0.2%)

2 ために

1 [37件] あたりは, ころ東京日日だ, 上に, 丘に, 中で, 中に, 乳母を, 人に, 傍らで, 傍らに, 先祖天兒屋根命が, 唐の, 地を, 城下町の, 夫が, 女と, 居酒屋の, 巣にと, 文庫を, 昔, 本を, 村の, 枝で, 楔形文字の, 歴史に, 母が, 父や, 片隅に, 王ハヌマンに従い, 男と, 祖先の, 窓を, 苗木が, 茶室で, 街の, 辺へ, 辺を

▼ 昔~ (36, 0.2%)

1 [36件] から愛された, がその, がまだ, がわずか, が一時的, が二階, が十三, が単, が友達づきあい, が好ん, が小僧時代, が幼, が幼かっ, が教えた, が玄武門, が現実, が破産, が結婚式, が虚偽, が軽蔑, が青島, が非常, の世話, の先生たち, の情婦, の文覺, の父, の立つ, の識, はあった, は一図, は考えた, は考へた, は見た, をじれ, をアラス

▼ 昔通り~ (35, 0.2%)

2 の心得, の生活

1 [31件] お兄様, ご重用, だ, だった, なれた道, に, にある, になった, になれる, にはなられませぬ, にはゆかない, に健康, に子供, に強調, に文人, に畳, に稚拙, のあの, のくぐり, のべラ棒, の体裁, の勢力, の合宿所, の呼び, の声, の弱, の愛情, の習慣, の車井戸, の食物, の飾りつけ

▼ 昔にも~ (31, 0.1%)

2 あったよう

1 [29件] あったもの, あったわけ, あまり琵琶, えや, かう言, これから先, せよ一月, まさった御, まさって, まさり恋, まさる貧乏, まして愛する, またこれ, 一度つけ, 一度女衒, 亦此, 今にもかつて見た, 今にも嘗て支那, 今にも将来, 何か, 増した友情, 増して, 好い手紙, 沢山ある, 現在と, 神道は, 西洋の, 負けない堂々たる, 鳴り今

▼ 昔物語~ (31, 0.1%)

4 にある

1 [27件] から謀反, がいつの間にか, であ, という書物, にし, にでもあり, になります, にはこんな, には其, にアメノフイス, に伝えられる, に聞く, に見えたる, に語られる, に過ぎない, のなか, のよう, の亞剌比亞, の型, の女, の姫君, の講釈, の軍兵, をし合った, を書こう, を歌, を語る

▼ 昔~ (29, 0.1%)

2 えらいルナチャルスキイ, 紺婆を

1 [25件] とぎばなし, ぼゆる秋, もひ, もほえ, 京の, 兄上と, 千代さんの, 千絵殿の, 国に, 城の, 女郎屋を, 姉さんの, 宅に, 心易く, 情に, 慕われなされたお方, 春が, 江戸が, 父様が, 膳番を, 見知りの, 覚えが, 角が, 角の, 詞そむい

▼ 昔~ (29, 0.1%)

5 である

1 [24件] かも, が, この事, この蛇毒, だけにそれ, でなく実は, と一致, に附き, のため, のはかない, の為, の空想, の縁起, の考, の考え方, の鑑賞, の風雅, はどうにも, は云, も夫子, も有りし, をし, 多からざりし, 謂う男

▼ 昔~ (29, 0.1%)

3 ですから, は今 2 でし

1 [21件] から見る, がいる, だ, だから, でげす, として多少, とは言, にはなんとも, には今, のお, の両親, の叔母, の叔父, の己, の気, の私, の老婆, の言葉, は少ない, は霜, 旧水戸藩

▼ 昔見た~ (29, 0.1%)

2 映画の, 時よりも

1 [25件] ことが, ときは, ものだけをしか, ような, より若返つ, フランスの, ベルリンや, レヴュを, 事の, 人であった, 人形芝居よりも, 友の, 吉野の, 夜よりも, 夢の, 天国の, 女角力の, 想像である, 時と, 時は, 東国諸駅の, 柴野と, 田中君の, 美しいとじ, 鈴鹿峠を

▼ 昔なつかしい~ (28, 0.1%)

2 ような, 家作りの

1 [24件] あのお寺, この館, ようにも, サイレント映画が, サラサ表紙を, ハリー・ケーリーが, ロンドン案内とは, 並蔵と, 事実が, 古女房, 名を, 名称が, 好風景, 子供の, 形勝の, 思いが, 感を, 教壇の, 料理店が, 民間信仰の, 涙が, 鎌倉の, 青春の, 面影は

▼ 昔よりも~ (28, 0.1%)

2 一層もの

1 [26件] いちじるしく綺麗, いっそう恋, いっそう荒れ果て, お手当, かえって新鮮, すでにその, ずっと老人, ほんの少し, またおもしろく, むしろ近年, やさしく言葉, 一層に, 一層丈夫そう, 今の, 低かったであろう, 何層倍という, 六条院の, 尚親しい, 改進した, 新人の, 更に一層の, 深味の, 現在の, 生活が, 若々しくなっ, 高まったという

▼ 昔~ (24, 0.1%)

2 の主人公, をし

1 [20件] から朝空, がし, せば, となつ, となりぬ, と一図, なり, にいろんな, にさる, にもお伽話, に任せ, に被, の嬢子, は, をぞ始め, を画題, を聞い, を色々, を語る, 分けても

▼ 昔あった~ (23, 0.1%)

2 ような, ジェラルミンより

1 [19件] から, からいま, が亡くなった, ことすらも, ことは, ということ, という神, と真山青果君, ものの影, ものを, わ, んだ, 事が, 事実を, 俺の, 有名無名の, 発音上の, 関係は, 青田と

▼ 昔でも~ (23, 0.1%)

2 今でも

1 [21件] あろうか, こんな間違い, そうだった, その通り, ないある, ないやう, ないよう, ない今日, なかなかむずかしく, やはり酒盛り, ギボシの, 人家稠密の, 偉い人, 同じ事, 悪い奴, 手鞠や, 料簡の, 既に出来, 英國人の, 近代でも, 関は

▼ 昔ほど~ (23, 0.1%)

2 では

1 [21件] お情け, お愛し, つらくなくなった, やかましくは, 人を, 人口が, 以前の, 儲かりませんて, 其が, 味いを, 執拗に, 多かった, 宗門の, 愛して, 感興が, 気楽に, 淋しくは, 澄んで, 激しかつ, 物を, 盛んでない

▼ 昔あの~ (22, 0.1%)

2 人を, 辺は

1 [18件] おじいさんは, ときあの, ラザロを, 三本煙突の, 事件の, 人の, 人は, 信楽の, 女は, 日輪に, 時に, 本を, 海べで, 無能で, 男は, 菅原雅平と, 西日も, 赤煉瓦の

▼ 昔~ (20, 0.1%)

1 [20件] るところ, る一人, る人, る人相見, る会, る僧侶, る処, る名人, る国, る大きな, る旗本, る有名, る朱子学, る武士, る特別, る美女, ル美術商カラ手ニ入, 人下界に関する, 御降り, 所の

▼ 昔ここ~ (18, 0.1%)

1 [18件] がロシヤ, で刀, で敗死, で死んだ, で自分たち, で首, にはまだ, に久留米二十余万石, に住ん, に來, に小便, に居る, に都, の杣小屋, の海中, は神谷なにがし, へステーション, へ来

▼ 昔~ (18, 0.1%)

1 [18件] からやっぱり, から今, から出来る, から暴徒, か知らない, が隣村, つて一般世人は, とこれ, ともっと, と仏門, と南蛮寺, と茶, と賭場, なア, ね, のに何と, わ, わね私

▼ 昔ふう~ (18, 0.1%)

2 にいえ, の立派

1 [14件] で土間, な年, な藁, に純潔, のいわゆる, のもの, の住民, の団扇, の婦人, の建築, の暗い, の服装, の荷車, の黒い

▼ 昔~ (18, 0.1%)

10 は今 2 は校内一 1 とも思, の三上於菟吉, は今さ, もある, よりも人間, を語り

▼ 昔~ (18, 0.1%)

2 の胸, は人間全体

1 [14件] がこの, が二科會, が始終, が彼, が芸術至上主義的, であったとき, であつ, のところ, の下宿, はかうした, はしばしば, はドイツ, は人, は小さい

▼ 昔~ (18, 0.1%)

1 [18件] に割合, のいかもの的存在, のこと, のそれ, のイタリア, の事, の回向院, の女性, の新橋, の日本婦人, の日露戦争頃, の書生劇, の美妓, の親父そつくり, の銀座, の静かさ, は青酸加里, までミルク

▼ 昔よく~ (17, 0.1%)

2 友人と, 泣いた子

1 [13件] あったこと, あったよう, でかけた, どこの, 出歩いた街, 唱つた, 屏風などを, 流行った灰色, 濃い口髭, 登つたことの, 逢曳したる, 遊んで, 飲みに

▼ 昔見し~ (17, 0.1%)

5 象の 2 さながらを, 旧き堤, 舊き 1 あまのりなり, ところを, より変, 池の, 芝居の, 花ちる

▼ 昔読んだ~ (17, 0.1%)

4 ことが 2 旧約聖書

1 [11件] のであるひ, のは, ままの, スタンレーの, 孤蝶さんの, 小説には, 小説の, 支那の, 本も, 本を, 物語の

▼ 昔どおり~ (16, 0.1%)

1 [16件] いたわられあたためられて, であった, なわが家, にこの, になお, に愛し, に机, に給仕, の友, の古, の味, の岬, の軍隊, の間柄, 珍しがっ, 至って正直律義

▼ 昔支那~ (16, 0.1%)

1 [16件] から伝えた還, から渡っ, がまだ, でも顏, にあった, にある, において塞外, には神農様, に南泉, に悪, に文天祥, に神秀, の孔子孟子, の或, の皇帝, や朝鮮

▼ 昔~ (15, 0.1%)

2 にいえ, の鞄

1 [11件] に剣, に広い, に歌った, に言え, の主従, の古る, の味, の字, の小説, の振り出し薬, の日本娘

▼ 昔では~ (14, 0.1%)

2 ない

1 [12件] あるまいまさか, こうした雰囲気, ないこと, ない此, なかった, 人は, 例の, 織田信長の, 色町や, 豐太閤現代では, 貴族は, 非常の

▼ 昔びと~ (13, 0.1%)

5 の宿 3 は確実 2 は確實 1 の心, の思想, は伝へ

▼ 昔取った~ (13, 0.1%)

5 杵柄で 2 杵柄だ 1 千代紙なり, 杵づかです, 杵の, 杵柄, 杵柄すっかり, 杵柄とでも

▼ 昔~ (13, 0.1%)

3 ありけり 2 ありけりと 1 ありけりだ, ありけり性, があっ, が旅, と春惜む, と聞く, と道行, の業平

▼ 昔にか~ (12, 0.1%)

3 はらねど 1 はらずと, はらぬもの, はらぬ御, はらぬ物, はる男, へり, へるしばらく, へるわが身, 婦人が

▼ 昔~ (12, 0.1%)

1 [12件] かえりたい, さかのぼりすぎて, とんで, ルプという, 心を, 戻る術, 昔へと, 行くこと, 返して, 返せば, 返つて, 返るよう

▼ 昔ほどの~ (12, 0.1%)

1 [12件] ことは, 元気が, 勢力は, 品格が, 御豊, 手堅い性質, 景気は, 朝市では, 格を, 活気を, 親しみが, 野心も

▼ 昔住ん~ (12, 0.1%)

9 でいた 2 でゐた 1 でゐ

▼ 昔~ (12, 0.1%)

2 あるところ 1 ある所, おお昔, その昔, と何, の, のタイプライター, の女, は今, 大むかし, 或る

▼ 昔馴染み~ (12, 0.1%)

2 の鼠小僧 1 だとか, であるらしくも, でももう, と云う, のお前さん, のこの, の富子, の方, の飲み屋, はやはり

▼ 昔しの人~ (11, 0.1%)

1 [11件] かさ, だつて, でさえ地球, の心的状態, の述作, はこれら, は劇, は己, は想, は言, をしのぶ

▼ 昔~ (11, 0.1%)

1 [11件] からいつも, からお父さん, からヨーロッパ, から一升, から取入れ, から型, から山, から支那, から生, から胡麻, から近江泥棒

▼ 昔中国~ (11, 0.1%)

2 から渡り 1 からそれ, から伝えた, から日本, から来た, から渡っ, から渡った, から渡来, の何とか, の物語

▼ 昔日本~ (11, 0.1%)

1 [11件] がまだ, で使われた, で花, になかっ, には無論, にも丹いね子, にプロレタリア文学, に行われ, の僧侶某, へは中国, へ渡った

▼ 昔どこ~ (10, 0.0%)

1 かでサナカズラ, かで伺, かで見た, かで覚えたらしい, かのホテル, かの国, かへ引っ越し, からか一群, か売店, やらで

▼ 昔まだ~ (10, 0.0%)

1 以前の, 十六七だった, 夢の, 太陽も, 學生だった, 星雲すらも, 村一帯が, 桃割を, 消毒法が, 部屋住の

▼ 昔よりは~ (10, 0.0%)

1 いろいろな, しばしばそれ, 何ほどか, 大分種蒔き, 年功を, 感じよく, 減って, 遙かに, 非常に, 高められて

▼ 昔堅気~ (10, 0.0%)

1 だからな, で長男, なそして, なり, の人, の教育, の武士, の百姓たち, の親, をいひ

▼ 昔~ (10, 0.0%)

1 がロンドン, が五十代, が某, とセエラ, と母, のゐた, の事務所, の愛妾, の書齋, の老

▼ 昔からも~ (9, 0.0%)

2 知られて 1 こうした好意, そういうの, たいへん有名, よくいう, よく云う, 一年の, 申します

▼ 昔だって~ (9, 0.0%)

1 どうだったでしょう, 人間に, 今だって, 切りたい腹, 同じこと, 同じで, 無暗に, 見た事, 黒川との

▼ 昔という~ (9, 0.0%)

2 のは, ものは 1 その西暦一九二〇年, た程, ところでございます, ものの, 複雑さは

▼ 昔ローマ~ (9, 0.0%)

1 では女子, とカルタゴ, には満員電車, の墓地, の英雄シーザー, の貴族, の貴族たち, の高官, を滅ぼした

▼ 昔~ (9, 0.0%)

1 のある, の初め, の宰相, の時代, の李太白, の盗跖, の賈島, の賊黄巣, の顕慶年間

▼ 昔~ (9, 0.0%)

1 むかし, 唐の, 太法師が, 工業の, 慧は, 殿様の, 泥棒か, 變效能の, 銀行だった

▼ 昔~ (9, 0.0%)

2 の家 1 の地方, の屋敷, の島, の幽霊塔, の書, の村, の湖

▼ 昔氣質~ (9, 0.0%)

1 でなか, で容赦, で心, で腕一本, な義理堅い, の一, の三右衞門, の人達, の腹

▼ 昔知っ~ (9, 0.0%)

4 ていた 1 てい, ている, ております, て居た, て居る

▼ 昔ありし~ (8, 0.0%)

4 家は 1 ままだ, もの今生ける, 姉妹なり, 我が屋數

▼ 昔そのまま~ (8, 0.0%)

1 ぢや, で相, なる, にひっそり, に昂然, のおも, の姿, の顔

▼ 昔である~ (8, 0.0%)

2 が高木 1 からそれら, が今, が江戸時代, のを, ように, 私の

▼ 昔において~ (8, 0.0%)

1 やはり取捨選択, 人気が, 人間が, 今度の, 悠々と, 或進化, 既く, 既に平安京初期

▼ 昔~ (8, 0.0%)

2 今の 1 それでもおれ, ちり椿, つてゐる, と十万両献金, みんなそんな, 江戸の

▼ 昔わたし~ (8, 0.0%)

2 の家, の愛人 1 と事務上, に琵琶, の生まれた, はこの

▼ 昔一人~ (8, 0.0%)

1 の司祭, の女, の旅僧, の樵夫, の男, の老翁, の薩摩武士, の馬方

▼ 昔大阪~ (8, 0.0%)

1 から東, で世話, にて名医, に此, のどこ, の二等俳優, の町, の町奉行

▼ 昔~ (8, 0.0%)

1 一緒に, 亭主と, 先代の, 国替への, 奉行所を, 懇意で, 薬園時代かに, 贔屓に

▼ 昔東京~ (8, 0.0%)

1 でなすっ, では提灯引け, で僕ら, に千束町風, の名物, の海, へ行っ, を江戸

▼ 昔江戸~ (8, 0.0%)

1 から流行り出し, っ児, では端唄, などでは, の裏町, の言葉, の道灌山, へ這入った

▼ 昔~ (8, 0.0%)

2 にある 1 であります, に現れた, のあらまし, をなす, を今日, を同行

▼ 昔あつ~ (7, 0.0%)

1 た事物, た千疊敷, た吉野, た四足, た歌, た湊合, た鳩

▼ 昔あなた~ (7, 0.0%)

1 がすすめ, が住ん, が足, と夏休, にユリ, のおいで, の家

▼ 昔それ~ (7, 0.0%)

1 から傷つけられ, がし, が薬品, で子供心, に無い, をただ, をサナカズラ

▼ 昔です~ (7, 0.0%)

2 がその 1 から塗, から金, って, な, わ

▼ 昔はさ~ (7, 0.0%)

2 こそと思われる 1 こそと偲ばるる, こそと思われた, こそと推し量られ, こそと推量られ, ほど気づきませんでした

▼ 昔まで~ (7, 0.0%)

1 たどって, 処女の, 思い出させられた, 溯って, 溯つて, 親と, 遡らしめること

▼ 昔~ (7, 0.0%)

1 かで読んだ, かにつけ, か事, か出た, でも高貴, とかいう名高い, の隼人

▼ 昔子供~ (7, 0.0%)

2 のとき, の時 1 の, の頃, の頃田舎

▼ 昔彼女~ (7, 0.0%)

1 が世話, が跪き, と同棲, に繰り返さした, に逢った, の父, はよく

▼ 昔~ (7, 0.0%)

2 の墓 1 か, かがもう, かが茅針, やらに得し, れが

▼ 昔からと~ (6, 0.0%)

4 言ふ 1 云ふと, 言うの

▼ 昔これ~ (6, 0.0%)

1 とおんなじ, とよう, も兄弟, を受け, を着色, を考えた

▼ 昔そこ~ (6, 0.0%)

1 から生命, で疱瘡, にいた, にゐる, に巨大, に美しい

▼ 昔とった~ (6, 0.0%)

1 きねづかさ, きねづかに, 杵づかだ, 杵柄で, 杵柄に, 杵柄の

▼ 昔~ (6, 0.0%)

2 の町 1 に年, の大原, の東山, の禁裡

▼ 昔京都~ (6, 0.0%)

1 にあった, に利助, のお, の町, の西, の里村某

▼ 昔先生~ (6, 0.0%)

1 からお, から教え, が伯林, が命, に五月蠅, も記憶

▼ 昔友達~ (6, 0.0%)

1 そのままに, とは, と珈琲, の安倍能成氏, を誘う, 小染

▼ 昔~ (6, 0.0%)

1 がこの, が興味, と机, の姉さん, は御, を恍惚

▼ 昔所造~ (6, 0.0%)

6 諸惑業

▼ 昔既に~ (6, 0.0%)

1 土井利位が, 支那に, 文壇ドストエフスキイを, 時間の, 種子無しの, 銀河の

▼ 昔~ (6, 0.0%)

1 が街道筋, で貧乏, の人々, の口, の小学校時代, の雑貨店

▼ 昔~ (6, 0.0%)

1 から弟, から教, の口, の愛詠, の手織, や乳母

▼ 昔貧乏人~ (6, 0.0%)

5 で今お 1 で今

▼ 昔青雲~ (6, 0.0%)

6 の志

▼ 昔あれ~ (5, 0.0%)

1 ほど忙しく, ほど気, ほど自分, ほど苛酷, を読んだ

▼ 昔おも~ (5, 0.0%)

2 ほゆ 1 ふ, へば, へば身

▼ 昔お前~ (5, 0.0%)

1 とよく, と一緒, の先祖, の入っとる, は母さん

▼ 昔かの~ (5, 0.0%)

1 岩代, 猿若, 英国の, 邸で, 鳥熊の

▼ 昔こんな~ (5, 0.0%)

1 ことを, 句を, 話が, 醜い姿, 風に

▼ 昔との~ (5, 0.0%)

1 事情の, 二つの, 二面鏡に, 習慣の, 間に

▼ 昔~ (5, 0.0%)

2 ほりの 1 ほりでは, ほりなつかし, ほり勝手

▼ 昔なつかし~ (5, 0.0%)

2 さに 1 そうに, の思い, の情

▼ 昔ばかり~ (5, 0.0%)

2 では 1 でなくかうした禍, でなく文化, 前か

▼ 昔もの~ (5, 0.0%)

1 だけあっ, の口不調法, の手堅い, の父一人, らしい遠慮な

▼ 昔フランス~ (5, 0.0%)

1 でもネルヴァル, でやった, にふりまき, の宝, へ茶

▼ 昔~ (5, 0.0%)

1 にもてはやされ, に時めいた, の乱れ, の人, は北条

▼ 昔乍ら~ (5, 0.0%)

1 の厠, の姿, の秋田訛, の芝居小屋, の豪士

▼ 昔人間~ (5, 0.0%)

1 がまだ, が椅子, に対して有し, の数, の體内

▼ 昔以上~ (5, 0.0%)

1 で玉鬘, に待ち遠しい, に生気溌剌, に荒んだ, の好意

▼ 昔伊勢~ (5, 0.0%)

2 の国 1 のお, の古市, の松坂

▼ 昔初めて~ (5, 0.0%)

1 假名が, 将軍義満の, 彼と, 江戸の, 逢った時

▼ 昔~ (5, 0.0%)

1 が口, を取った, を取つた, を問われた, を成した

▼ 昔恋しい~ (5, 0.0%)

1 いろいろな, 三遊柳は, 三遊柳当時の, 心を, 時も

▼ 昔懐しい~ (5, 0.0%)

1 もの, 名所の, 故郷の, 眼付を, 長袖らしい

▼ 昔我が~ (5, 0.0%)

1 天稚, 母に, 濁れる目, 邦で, 邦に

▼ 昔~ (5, 0.0%)

2 羅の 1 吉原へ, 石町の, 響の

▼ 昔流行った~ (5, 0.0%)

1 ラジオの, 小唄を, 手風琴を, 猟虎の, 着物の

▼ 昔物語り~ (5, 0.0%)

4 に語られる 1 にて夜

▼ 昔祖父~ (5, 0.0%)

1 が使つて, が読んだ, と知り合い, の俥, の身体

▼ 昔程の~ (5, 0.0%)

2 愛を 1 感激を, 激しさ, 興味を

▼ 昔聞いた~ (5, 0.0%)

1 ことが, しがない博徒, ようにも, 事が, 山荘大夫の

▼ 昔西洋~ (5, 0.0%)

2 の雑誌小説 1 の僧侶, の森, の船乗たち

▼ 昔長崎~ (5, 0.0%)

1 にうた, の出島, の夜, へ来た, を見物

▼ 昔あすこ~ (4, 0.0%)

1 にいた, に心中, の生徒, んとこ

▼ 昔いた~ (4, 0.0%)

1 ことが, という博識, ヴィッカアスという, 家を

▼ 昔かう~ (4, 0.0%)

4 機殿の

▼ 昔かつて~ (4, 0.0%)

1 在つた光, 彼らと, 算哲が, 道具の

▼ 昔がたりの~ (4, 0.0%)

1 ように, タラント灣の, 一目の, 中で

▼ 昔がたりを~ (4, 0.0%)

1 して, 夢に, 知るならん, 聞くこと

▼ 昔しの~ (4, 0.0%)

1 ま, 厚い聖書, 心安きに, 我と今

▼ 昔そんな~ (4, 0.0%)

2 夢から 1 物も, 経験が

▼ 昔だったら~ (4, 0.0%)

1 あれだけの, さぞ顔色, わたしなど, ブーラトリュエルが

▼ 昔であっ~ (4, 0.0%)

1 てみる, て今, て今さら, て浅い

▼ 昔でさえも~ (4, 0.0%)

1 たいていの, たとえば論語, 四九を, 自転車で

▼ 昔とな~ (4, 0.0%)

3 つてし 1 ッた

▼ 昔みた~ (4, 0.0%)

2 ことの 1 セガンテイニの, 人形芝居よりも

▼ 昔もう~ (4, 0.0%)

2 死んで 1 一つの, 数年前の

▼ 昔やった~ (4, 0.0%)

1 ことが, ような, スポーツに, セリフが

▼ 昔ゆかしい~ (4, 0.0%)

2 定紋の 1 信念であった, 御所染の

▼ 昔よりの~ (4, 0.0%)

1 事で, 封建精神が, 習なり, 誼み

▼ 昔よんだ~ (4, 0.0%)

1 ある小説, んだ, ドストイェフスキーの, 日本語訳を

▼ 昔インド~ (4, 0.0%)

1 から此湖, に好戦, の仏教, の王子

▼ 昔ギリシア~ (4, 0.0%)

1 のアテネ, のアポロ神, の哲学者ルクレチウス, やローマ

▼ 昔シダマ~ (4, 0.0%)

1 という言葉, のゆん, のゆんなし, を見る

▼ 昔~ (4, 0.0%)

4 の物語り

▼ 昔以前~ (4, 0.0%)

1 に掘り出された, に溯つ, のお, の私

▼ 昔住んだ~ (4, 0.0%)

1 ことの, 土地が, 家が, 長町裏に

▼ 昔何とか~ (4, 0.0%)

1 いう三味線, いう三味線ひき, 云う名高い, 大夫ちう

▼ 昔取つた~ (4, 0.0%)

2 杵柄で 1 杵柄すつかり, 杵柄と

▼ 昔吉原~ (4, 0.0%)

1 だの浅草, で女郎, に割り部屋, の遊女

▼ 昔同じ~ (4, 0.0%)

1 ような, 病気で, 藩中の, 音の

▼ 昔~ (4, 0.0%)

1 しの, や, を一つ, を聞きたい

▼ 昔大名~ (4, 0.0%)

1 が石高, の奥, の寢泊り, の行列

▼ 昔大昔~ (4, 0.0%)

2 生れて 1 に, のまだ

▼ 昔孔子~ (4, 0.0%)

1 が, が門人たち, は富, 老

▼ 昔少年~ (4, 0.0%)

1 が自転車, だった重吉, の丑松, の頃

▼ 昔弘法大師~ (4, 0.0%)

2 がこの 1 から授かった, が草鞋千足

▼ 昔懐かしい~ (4, 0.0%)

1 ものさえ, 態度に, 町, 話に

▼ 昔日本武尊~ (4, 0.0%)

1 がここ, がこの, が東夷征伐, の御

▼ 昔書いた~ (4, 0.0%)

1 ある論文, ことが, 小説に, 小説は

▼ 昔栄えた~ (4, 0.0%)

1 廃園に, 船着場の, 都が, 都と

▼ 昔~ (4, 0.0%)

4

▼ 昔武士~ (4, 0.0%)

1 が, が三四人集つた話, が戦場, と通人

▼ 昔~ (4, 0.0%)

1 が王国, と同じ, の父, は強く

▼ 昔流行~ (4, 0.0%)

1 したこと, したパノラマ館, した不自然, し帽

▼ 昔~ (4, 0.0%)

1 だった処, だった証左, の王さま, を渡っ

▼ 昔~ (4, 0.0%)

1 で今, の金属, の長持, ほど簡単

▼ 昔祖母~ (4, 0.0%)

1 が世話, が恐ろし, の話, の語った

▼ 昔~ (4, 0.0%)

1 あり水牛皮, がここ, の世, の訪れた

▼ 昔~ (4, 0.0%)

1 増殖する, 村と, 獨逸の, 芒の

▼ 昔自分たち~ (4, 0.0%)

1 が先生, が日本, には決して, の飴チョコ

▼ 昔~ (4, 0.0%)

1 が居ない, となつ, に化け, の住みし

▼ 昔親しく~ (4, 0.0%)

1 いたしました同じ, した大, て今, 交わった雄吉

▼ 昔~ (4, 0.0%)

2 をする 1 や, りに

▼ 昔うち~ (3, 0.0%)

1 で椿, のもの, の隣

▼ 昔おれ~ (3, 0.0%)

1 が会った, が若かっ, を道化者

▼ 昔かいた~ (3, 0.0%)

1 ときは, 水彩画の, 自画像を

▼ 昔がたりに~ (3, 0.0%)

1 なったが, なりました, なるであろうとともに

▼ 昔こそ~ (3, 0.0%)

1 よそにも, 先づ忘られね, 書を

▼ 昔さながら~ (3, 0.0%)

2 の姿 1 の何

▼ 昔さる~ (3, 0.0%)

2 自然生の 1 新聞社の

▼ 昔しから~ (3, 0.0%)

1 ある語, か, この山

▼ 昔しなら~ (3, 0.0%)

1 女御更衣といふ, 文句は, 顔も

▼ 昔しの通り~ (3, 0.0%)

2 でなくとも 1 な気分

▼ 昔すでに~ (3, 0.0%)

1 屈従主義を, 消えて, 電気を

▼ 昔なにがし~ (3, 0.0%)

1 の君, の禅僧, の聖

▼ 昔なり~ (3, 0.0%)

1 けん村, のぞんきな, 我れ

▼ 昔にて~ (3, 0.0%)

1 おなじか, むつれし, 今は

▼ 昔にまで~ (3, 0.0%)

1 その発達, その追憶, 持つて

▼ 昔はず~ (3, 0.0%)

2 ゐぶん 1 ゐぶん変つて

▼ 昔はと~ (3, 0.0%)

1 言っても, 語るもを, 顧る

▼ 昔はね~ (3, 0.0%)

1 このお, この世界, 昔はね

▼ 昔わが~ (3, 0.0%)

1 しかりもし, 子供, 海軍に

▼ 昔アメリカ~ (3, 0.0%)

1 から持ち帰, というところ, の学校

▼ 昔エジプト~ (3, 0.0%)

1 でスフィンクス, のテエベ, の住民

▼ 昔クリストフ~ (3, 0.0%)

1 が子供, はそれ, をもっとも

▼ 昔シナ~ (3, 0.0%)

1 で鐘, にて周, に妙

▼ 昔ドイツ~ (3, 0.0%)

1 で活躍, のカイゼル, の一化学者

▼ 昔ロンドン~ (3, 0.0%)

1 でアーヴィング, でペスト, の画工

▼ 昔世話~ (3, 0.0%)

1 した日本留学生, になった, になつ

▼ 昔二人~ (3, 0.0%)

1 が狎れ合った, で一緒, の縁

▼ 昔伊東~ (3, 0.0%)

1 が中学生, で病気, で療養

▼ 昔伸子~ (3, 0.0%)

1 がニューヨーク, が少女, の小説

▼ 昔佐々成政~ (3, 0.0%)

1 が十五, に攻め立てられ, は雪中

▼ 昔使っ~ (3, 0.0%)

3 ていた

▼ 昔出来た~ (3, 0.0%)

1 アンプリア号という, 日から, 茶碗は

▼ 昔印度~ (3, 0.0%)

1 からし, に一人, に居た

▼ 昔大師~ (3, 0.0%)

1 がこの, が湯殿山, が間口

▼ 昔~ (3, 0.0%)

1 から, が落ち, の火

▼ 昔~ (3, 0.0%)

1 がへら, が紅梅重ね, であつ

▼ 昔~ (3, 0.0%)

1 に先立たれ, の父, を亡くし

▼ 昔~ (3, 0.0%)

1 に使っ, の中, を辭

▼ 昔~ (3, 0.0%)

1 奴と, 新聞が, 鉄工場の

▼ 昔小さかっ~ (3, 0.0%)

2 たとき 1 た時

▼ 昔~ (3, 0.0%)

2 の方 1 を歩い

▼ 昔希臘~ (3, 0.0%)

1 といふ国, といふ國, の芸術家

▼ 昔師匠~ (3, 0.0%)

1 が夫婦, のこしれえ, の売れた

▼ 昔~ (3, 0.0%)

1 に直接, の作家, の巡羅兵

▼ 昔~ (3, 0.0%)

1 に狂う, の罪, 多き少年

▼ 昔恋し~ (3, 0.0%)

1 さの, そうな, た女

▼ 昔~ (3, 0.0%)

1 七兵衛景清は, 源太義平に, 源太義平加藤光正上総介忠輝といった

▼ 昔~ (3, 0.0%)

1 に取つた, をひい, をふれた

▼ 昔持っ~ (3, 0.0%)

1 てい, ていた, ておいで

▼ 昔故郷~ (3, 0.0%)

1 の前橋中学, の鎭守, を出奔

▼ 昔明治~ (3, 0.0%)

1 でいったら, の初期, 初年頃

▼ 昔来た~ (3, 0.0%)

1 事ある, 唐菜は, 時とは

▼ 昔~ (3, 0.0%)

1 えた名家, えた家, えて居

▼ 昔江崎満吉~ (3, 0.0%)

1 からな, との仲, との喧嘩

▼ 昔流儀~ (3, 0.0%)

1 でやる, の, の暗記一点張り

▼ 昔~ (3, 0.0%)

1 の京房, の高祖, の高祖三尺

▼ 昔田舎~ (3, 0.0%)

1 で盛大, にも来, の家

▼ 昔美しかっ~ (3, 0.0%)

1 たこと, た乙女, た人

▼ 昔自慢~ (3, 0.0%)

3 して

▼ 昔若い~ (3, 0.0%)

2 同志たちと 1 時に

▼ 昔菅公~ (3, 0.0%)

2 が筑紫 1 がまだ

▼ 昔葡萄~ (3, 0.0%)

1 なりしも今, にて有徳, をエビ

▼ 昔話し~ (3, 0.0%)

1 にゴージアン・ノット, のみに徴, を思い出させる

▼ 昔讀んだ~ (3, 0.0%)

1 ことの, 事が, 話の

▼ 昔遠い~ (3, 0.0%)

1 北の, 国で, 国の

▼ 昔郷里~ (3, 0.0%)

1 のどこ, の海, の田舍

▼ 昔~ (3, 0.0%)

1 が一度, に宮仕え, の贅沢家

▼ 昔震旦~ (3, 0.0%)

1 から渡つて, から渡つて參, の猟師海辺

▼ 昔鳴らした~ (3, 0.0%)

1 凄味が, 政治家の, 男です

▼ 昔~ (2, 0.0%)

1 地主に, 年貢が

▼ 昔あまり~ (2, 0.0%)

1 ぜいたくした, 旅を

▼ 昔あらたか~ (2, 0.0%)

1 であった神さま, であった神様

▼ 昔あり~ (2, 0.0%)

1 今あり, 後ある

▼ 昔ありました~ (2, 0.0%)

2

▼ 昔あんな~ (2, 0.0%)

1 のは, 事は

▼ 昔いかなる~ (2, 0.0%)

1 王侯が, 野辺の

▼ 昔いかに~ (2, 0.0%)

1 多量に, 海に

▼ 昔いま~ (2, 0.0%)

1 にこの, は足利殿

▼ 昔いや~ (2, 0.0%)

1 それ以前の, もう十三年

▼ 昔おなじ~ (2, 0.0%)

1 ものから, 學びの

▼ 昔おぼえ~ (2, 0.0%)

1 て澄める, の有る

▼ 昔おもえ~ (2, 0.0%)

1 ば見ず知らず, ば身

▼ 昔~ (2, 0.0%)

1 たらふ, 忘れて

▼ 昔かけた~ (2, 0.0%)

1 房附き, 願果たし

▼ 昔からかう~ (2, 0.0%)

2 云ふ

▼ 昔からずつと~ (2, 0.0%)

1 百姓として, 近代迄

▼ 昔かれ~ (2, 0.0%)

1 が老, が若く

▼ 昔きいた~ (2, 0.0%)

1 井戸が, 米兵に

▼ 昔きたえた~ (2, 0.0%)

2 関口流です

▼ 昔こういう~ (2, 0.0%)

1 人々の, 話が

▼ 昔~ (2, 0.0%)

1 うした, う丁度

▼ 昔しさる~ (2, 0.0%)

1 好事家が, 所で

▼ 昔しだ~ (2, 0.0%)

1 から忘れちまった, って今

▼ 昔しなりけり~ (2, 0.0%)

2 浮世に

▼ 昔しも~ (2, 0.0%)

1 ふるけれど, 昔し

▼ 昔し渡った~ (2, 0.0%)

2 鏡の

▼ 昔そう~ (2, 0.0%)

1 して, 云う思い

▼ 昔そういう~ (2, 0.0%)

1 場所で, 風に

▼ 昔それほど~ (2, 0.0%)

2 熱狂したおぼえ

▼ 昔それら~ (2, 0.0%)

1 が存在, のこと

▼ 昔たしか~ (2, 0.0%)

1 ミン笛とか, 南米で

▼ 昔たった~ (2, 0.0%)

1 一つした, 一ツの

▼ 昔だけ~ (2, 0.0%)

1 あったと, あつた

▼ 昔だれ~ (2, 0.0%)

1 かに聞いた, が杜若

▼ 昔~ (2, 0.0%)

1 からのならずもんだ, から芝居

▼ 昔つくった~ (2, 0.0%)

2 自分の

▼ 昔であった~ (2, 0.0%)

1 かそれ, といい得る

▼ 昔であれ~ (2, 0.0%)

1 ば乞胸, ば私

▼ 昔でさえ~ (2, 0.0%)

1 あるか, 殆ん

▼ 昔どころ~ (2, 0.0%)

2 では

▼ 昔~ (2, 0.0%)

1 ぢみのま, んです

▼ 昔ない~ (2, 0.0%)

1 先の, 本で

▼ 昔なかっ~ (2, 0.0%)

1 たの, た筈

▼ 昔なじんだ~ (2, 0.0%)

1 アイルランド文学のに, 女子に

▼ 昔なつかしく~ (2, 0.0%)

1 これを, 胸に

▼ 昔なれ~ (2, 0.0%)

1 ば母, ば藩士

▼ 昔なんか~ (2, 0.0%)

1 問題ぢや, 蝙蝠だって

▼ 昔においても~ (2, 0.0%)

1 こういうこと, やはり存在

▼ 昔にかへ~ (2, 0.0%)

1 つた, つたわけ

▼ 昔のく~ (2, 0.0%)

1 の字は, の字型に

▼ 昔はしらず~ (2, 0.0%)

1 余と, 私が

▼ 昔はじめて~ (2, 0.0%)

1 ナンバンの, 風と

▼ 昔はよ~ (2, 0.0%)

1 かつた, かつたつ

▼ 昔ばかりが~ (2, 0.0%)

1 忘られなく, 恋しく思われる

▼ 昔ひとり~ (2, 0.0%)

1 の小僧さん, の旅人

▼ 昔へと~ (2, 0.0%)

1 岸本の, 遡って

▼ 昔むかし~ (2, 0.0%)

1 その昔, の

▼ 昔めいた~ (2, 0.0%)

1 ものに, 坊主頭の

▼ 昔めかしい~ (2, 0.0%)

1 辨慶橋も, 風俗に

▼ 昔~ (2, 0.0%)

1 てのお, ーワッと

▼ 昔わが国~ (2, 0.0%)

1 ではたまふり, で弓

▼ 昔わたくし~ (2, 0.0%)

1 とお, の小さい

▼ 昔わたし達~ (2, 0.0%)

2 が幼い

▼ 昔われ~ (2, 0.0%)

1 こそ見つれ, ははじめて

▼ 昔ゐた~ (2, 0.0%)

1 ことは, 女中の

▼ 昔アリストテレス~ (2, 0.0%)

1 が論破, は地球

▼ 昔アリストテレス以前~ (2, 0.0%)

2 には人々

▼ 昔アンナ~ (2, 0.0%)

1 がよく, と知り合い

▼ 昔オリンピア~ (2, 0.0%)

1 の選手, の選手達

▼ 昔オレ~ (2, 0.0%)

1 がヒメ, が見納め

▼ 昔キリスト~ (2, 0.0%)

1 というお, は姦淫

▼ 昔ソクラテス~ (2, 0.0%)

2 がアテネ

▼ 昔~ (2, 0.0%)

1 から公事, から盲目

▼ 昔ツオイス~ (2, 0.0%)

2 の神

▼ 昔トリエステ~ (2, 0.0%)

1 で消え失せ, におこった

▼ 昔トルストイ~ (2, 0.0%)

1 に深く, の

▼ 昔~ (2, 0.0%)

1 りト, 随分熱烈

▼ 昔ヘブライ人~ (2, 0.0%)

1 がエジプト, が虜

▼ 昔ペルシャ~ (2, 0.0%)

1 のある, の国

▼ 昔マルセイユ~ (2, 0.0%)

1 から乘つた, でペスト流行

▼ 昔~ (2, 0.0%)

1 しよに, しよにな

▼ 昔一度~ (2, 0.0%)

1 こういう話, 行って

▼ 昔一緒~ (2, 0.0%)

1 にこの, に遊んだ

▼ 昔下宿~ (2, 0.0%)

1 をし, を兼ね

▼ 昔下宿屋~ (2, 0.0%)

2 の二階

▼ 昔世界~ (2, 0.0%)

1 に生きた, のどこ

▼ 昔両親~ (2, 0.0%)

1 がその, が私

▼ 昔中学~ (2, 0.0%)

1 に入る, の同級生

▼ 昔中宮~ (2, 0.0%)

2 がお

▼ 昔丹波国~ (2, 0.0%)

1 から一人, なる或

▼ 昔久しい~ (2, 0.0%)

1 もんで, 間自分の

▼ 昔~ (2, 0.0%)

1 に似た, 梅泉荘是也

▼ 昔二十幾人~ (2, 0.0%)

2 の教師

▼ 昔二条河原~ (2, 0.0%)

2 の落書

▼ 昔人々~ (2, 0.0%)

1 がとびこん, は暗い

▼ 昔仁和寺~ (2, 0.0%)

2 の法師

▼ 昔~ (2, 0.0%)

1 その従弟調達, 阿難

▼ 昔仕置き場~ (2, 0.0%)

2 があっ

▼ 昔以来~ (2, 0.0%)

1 の姿, 少しも

▼ 昔伊太利~ (2, 0.0%)

1 のある, の領土

▼ 昔会った~ (2, 0.0%)

1 ことの, 覚が

▼ 昔住吉明神~ (2, 0.0%)

2 の后

▼ 昔使つて~ (2, 0.0%)

1 た若, ゐた意味

▼ 昔信玄公~ (2, 0.0%)

1 が勝千代時分, が北条

▼ 昔俳句~ (2, 0.0%)

1 を作っ, を作りはじめた

▼ 昔偉い~ (2, 0.0%)

1 代官が, 坊さんたちが

▼ 昔偉大~ (2, 0.0%)

1 なるアッケデヤ人, なるアツケデヤ人

▼ 昔偲ばれ~ (2, 0.0%)

1 ていちだんと, て斯く

▼ 昔先祖~ (2, 0.0%)

1 のだれ, の石神重助

▼ 昔~ (2, 0.0%)

1 に行き逢う, を族霊

▼ 昔~ (2, 0.0%)

1 ていた, でしわ

▼ 昔切支丹~ (2, 0.0%)

1 が初めて, が蔓延っ

▼ 昔北京~ (2, 0.0%)

1 にゐた, の帝

▼ 昔北方~ (2, 0.0%)

1 から押し出, の販馬商客五百馬

▼ 昔北海道~ (2, 0.0%)

1 から樺太, の旅芝居

▼ 昔十分休毎~ (2, 0.0%)

2 によく

▼ 昔博士~ (2, 0.0%)

1 の下, の仕事

▼ 昔受けた~ (2, 0.0%)

1 それとは, 感激の

▼ 昔同国~ (2, 0.0%)

1 から琉球, の白倉村

▼ 昔呉竹~ (2, 0.0%)

1 といったもの, の根岸

▼ 昔咸寧~ (2, 0.0%)

1 の吏, の時

▼ 昔善財童子~ (2, 0.0%)

1 がこの, が五十三人

▼ 昔噺知ら~ (2, 0.0%)

2 へがな

▼ 昔~ (2, 0.0%)

1 たからと, 學し

▼ 昔在った~ (2, 0.0%)

1 事柄で, 事柄を

▼ 昔基督~ (2, 0.0%)

1 がした, の山上

▼ 昔外国~ (2, 0.0%)

1 から船, の船

▼ 昔多少~ (2, 0.0%)

1 の縁, ABCを

▼ 昔大きい~ (2, 0.0%)

1 草地が, 虎がね

▼ 昔大きかっ~ (2, 0.0%)

2 た器官

▼ 昔大きな~ (2, 0.0%)

1 蜜柑の, 鹿が

▼ 昔大伴~ (2, 0.0%)

2 今人

▼ 昔大将~ (2, 0.0%)

2 の母君

▼ 昔天下~ (2, 0.0%)

1 を二分, を経営

▼ 昔天国~ (2, 0.0%)

2 の門

▼ 昔太閤様~ (2, 0.0%)

1 のお, は此処

▼ 昔失った~ (2, 0.0%)

1 妻の, 恋人の

▼ 昔奈良~ (2, 0.0%)

1 の帝様, の東大寺

▼ 昔奈良朝~ (2, 0.0%)

1 のころ, の時

▼ 昔奥州~ (2, 0.0%)

1 の藤義丞, へ通う

▼ 昔~ (2, 0.0%)

2 が女学生

▼ 昔始め~ (2, 0.0%)

1 の, は手近

▼ 昔~ (2, 0.0%)

1 であったとき, であつ

▼ 昔~ (2, 0.0%)

1 もり歌, を欲する

▼ 昔学校~ (2, 0.0%)

1 にあり, の建築費

▼ 昔宇治~ (2, 0.0%)

1 の稚, 稚彦皇子

▼ 昔宮中~ (2, 0.0%)

1 で小, にあった

▼ 昔将軍~ (2, 0.0%)

1 がお, が狩

▼ 昔小学校~ (2, 0.0%)

1 で送った, へ行く

▼ 昔小石川~ (2, 0.0%)

1 のある, の仮り住まい

▼ 昔少し~ (2, 0.0%)

1 ばかり恩, 素人芝居を

▼ 昔岩手山~ (2, 0.0%)

2 が何

▼ 昔左翼~ (2, 0.0%)

1 のひと, の方

▼ 昔左褄~ (2, 0.0%)

1 を取っ, を取った

▼ 昔~ (2, 0.0%)

2 きな

▼ 昔市長~ (2, 0.0%)

1 なんぞを務めた, を勤めた

▼ 昔平将門~ (2, 0.0%)

1 が亡びた, が隠した

▼ 昔~ (2, 0.0%)

1 国屋と, 茫たる

▼ 昔広重~ (2, 0.0%)

1 が描いた, や歌麿

▼ 昔~ (2, 0.0%)

1 国, 道場にも

▼ 昔彼女ら~ (2, 0.0%)

1 の会, の組合

▼ 昔~ (2, 0.0%)

2 芬陀利花院さま

▼ 昔徳川幕府~ (2, 0.0%)

1 が維新, の時代

▼ 昔徳川時代~ (2, 0.0%)

1 に渡っ, の学者

▼ 昔心中~ (2, 0.0%)

1 しかけたこと, したこと

▼ 昔忍ばるる~ (2, 0.0%)

1 夕顏瀬橋青銅の, 夕顔瀬橋青銅の

▼ 昔忍ばれ~ (2, 0.0%)

1 て恨みつ, て築

▼ 昔忘れ~ (2, 0.0%)

1 てゐた, もせぬ

▼ 昔忘れぬ~ (2, 0.0%)

1 従僕らしい, 心とて

▼ 昔思え~ (2, 0.0%)

1 ば情けない, ば懐しい

▼ 昔~ (2, 0.0%)

1 になった, になつ

▼ 昔悪い~ (2, 0.0%)

1 ことを, 代官を

▼ 昔懐しく~ (2, 0.0%)

1 あとで, 思うの

▼ 昔~ (2, 0.0%)

1 かしい話, へばふるさと

▼ 昔~ (2, 0.0%)

1 しいやう, しさ

▼ 昔~ (2, 0.0%)

1 を訪いし, を訪え

▼ 昔我々~ (2, 0.0%)

1 の先輩, は天地人間

▼ 昔戦国~ (2, 0.0%)

1 の世, の時

▼ 昔攻撃~ (2, 0.0%)

1 したあらゆる, したこと

▼ 昔~ (2, 0.0%)

1 はつた先生, へてやつ

▼ 昔日本人~ (2, 0.0%)

1 が大, は故意

▼ 昔日本武尊様~ (2, 0.0%)

1 がこの, が大風

▼ 昔早く~ (2, 0.0%)

1 もこの, 支那で

▼ 昔昔王~ (2, 0.0%)

2 がいた

▼ 昔書かれた~ (2, 0.0%)

1 のを, ものが

▼ 昔朝廷~ (2, 0.0%)

1 では毎年七月, で大

▼ 昔朝鮮~ (2, 0.0%)

1 から入った, で李王さま

▼ 昔本国~ (2, 0.0%)

1 から極東, にあっ

▼ 昔村会議員~ (2, 0.0%)

1 になった, の収賄

▼ 昔松永弾正~ (2, 0.0%)

1 というロベスピエール, という老獪陰鬱

▼ 昔染奴~ (2, 0.0%)

1 の偽, の書いた

▼ 昔根津~ (2, 0.0%)

1 で勤め, の七軒町

▼ 昔桃太郎~ (2, 0.0%)

2 に目

▼ 昔楠正成卿~ (2, 0.0%)

1 が刀, は三寸以上の

▼ 昔此辺~ (2, 0.0%)

1 の帝王, の領主

▼ 昔武王~ (2, 0.0%)

1 が病氣, は紂

▼ 昔武田信玄~ (2, 0.0%)

1 が海道筋, と上杉謙信

▼ 昔~ (2, 0.0%)

1 の太甲無道, の紂王

▼ 昔毎日彼~ (2, 0.0%)

1 と顏, と顔

▼ 昔毛利元就~ (2, 0.0%)

1 が子供たち, は三本

▼ 昔江戸時代~ (2, 0.0%)

1 の俳人与謝蕪村, の料理

▼ 昔江戸浅草~ (2, 0.0%)

2 に住める

▼ 昔沢山~ (2, 0.0%)

1 あったもの, にあった

▼ 昔~ (2, 0.0%)

1 が流れ, の中

▼ 昔泉州堺~ (2, 0.0%)

1 の浦, の町

▼ 昔泊った~ (2, 0.0%)

1 ことの, という宿屋

▼ 昔淀川~ (2, 0.0%)

2 の三十石

▼ 昔淋しい~ (2, 0.0%)

1 少女時代の, 川を

▼ 昔清音~ (2, 0.0%)

1 であったか, であった語

▼ 昔源頼朝~ (2, 0.0%)

1 がここ, が伊豆

▼ 昔~ (2, 0.0%)

1 矣, 矣は

▼ 昔熊野~ (2, 0.0%)

1 参り引き, 詣りの

▼ 昔犯した~ (2, 0.0%)

1 さまざまの, 罪でも

▼ 昔独逸~ (2, 0.0%)

1 では戸外, のある

▼ 昔~ (2, 0.0%)

1 が案内, を怕

▼ 昔~ (2, 0.0%)

2 太の

▼ 昔~ (2, 0.0%)

1 であった時代, を射る

▼ 昔~ (2, 0.0%)

2 がいた

▼ 昔琉球~ (2, 0.0%)

1 で盗人, にある

▼ 昔生き~ (2, 0.0%)

1 ていた, て居た

▼ 昔甲府城下~ (2, 0.0%)

1 の夜, の闇

▼ 昔~ (2, 0.0%)

1 でのらくら, の子ども

▼ 昔発狂~ (2, 0.0%)

1 して, し自殺

▼ 昔発表~ (2, 0.0%)

1 せられた時瞥見, とともに読んだ

▼ 昔盛岡~ (2, 0.0%)

2 で名

▼ 昔~ (2, 0.0%)

1 吾の, 許した二人

▼ 昔秀吉~ (2, 0.0%)

1 がこの, が恋着

▼ 昔私達~ (2, 0.0%)

1 がはじめて, は老いたる

▼ 昔~ (2, 0.0%)

1 の商鞅, の始皇帝

▼ 昔~ (2, 0.0%)

1 かりし日, くて

▼ 昔~ (2, 0.0%)

1 が四銭, や青菜

▼ 昔~ (2, 0.0%)

2 の帯上

▼ 昔経験~ (2, 0.0%)

1 した一場面, した漂流談

▼ 昔羅馬~ (2, 0.0%)

1 の北, の民

▼ 昔羅馬皇帝~ (2, 0.0%)

2 が凱旋式

▼ 昔美し~ (2, 0.0%)

2 かつた

▼ 昔習った~ (2, 0.0%)

2 六百米の

▼ 昔考えた~ (2, 0.0%)

1 おにの, 考察を

▼ 昔者ジスレリー~ (2, 0.0%)

2 がメルボルン公

▼ 昔者孔明漢後主~ (2, 0.0%)

2 に上表

▼ 昔聖人~ (2, 0.0%)

1 が泣い, の作法

▼ 昔肥前~ (2, 0.0%)

1 の島原, の松浦領

▼ 昔~ (2, 0.0%)

1 が千羽, は五絃琴

▼ 昔芥川~ (2, 0.0%)

1 が彼女, と堀君

▼ 昔英国~ (2, 0.0%)

1 で, の五月節会

▼ 昔茶人~ (2, 0.0%)

1 であった織部正, の建てた

▼ 昔草原~ (2, 0.0%)

2 であ

▼ 昔行われた~ (2, 0.0%)

1 この遊戯, 印地打ちだ

▼ 昔西~ (2, 0.0%)

1 であったもの, を追われたらしい

▼ 昔~ (2, 0.0%)

1 て記憶, 四従肥坐二

▼ 昔親しかっ~ (2, 0.0%)

1 た人, た青年

▼ 昔言っ~ (2, 0.0%)

2 てしまった

▼ 昔言われた~ (2, 0.0%)

1 人も, 所だった

▼ 昔評判~ (2, 0.0%)

1 したバタバタ, の美人

▼ 昔語部~ (2, 0.0%)

1 が, というもの

▼ 昔読ん~ (2, 0.0%)

1 で大方, で集める

▼ 昔貧小~ (2, 0.0%)

2 な週刊

▼ 昔買っ~ (2, 0.0%)

1 てくれた, て貰った

▼ 昔軍人~ (2, 0.0%)

1 だったという, の拵えた

▼ 昔遊んだ~ (2, 0.0%)

1 娼妓も, 砂丘の

▼ 昔釈尊~ (2, 0.0%)

1 が滞在, は人間苦

▼ 昔鈍物~ (2, 0.0%)

1 として歯牙, として齒牙

▼ 昔鎌倉~ (2, 0.0%)

1 の奥山, の明月谷

▼ 昔~ (2, 0.0%)

1 の日, 降の

▼ 昔願泉寺~ (2, 0.0%)

1 と云, の開基

▼ 昔~ (2, 0.0%)

1 がゐた, を殉葬

▼ 昔~ (2, 0.0%)

1 陽院造らる, 麗人を

▼ 昔高野山~ (2, 0.0%)

1 にあった, の寒気

▼ 昔~ (2, 0.0%)

1 がゐた, が棲んだ

▼1* [1983件]

あそんだ友だちの, 昔あらゆる弁護士によって, 昔ありけり片輪者, 昔あるきこりが山刀, 昔あんたをよく, 昔いかでか今, 昔いくら悪口を言, 昔いったことの, 昔いと久しく大, 昔いろいろこういう種類, 昔いろはの第, 昔うたへる歌, 昔うふぢちう, 昔うら長屋の, 昔うるさ型の師匠連, 昔の人, 昔おいらんがございました, 昔おお昔, 昔おかるという若い, 昔おくらという女, 昔おしおきに使つた竹, 昔おっそろしい力, 昔おとぎ話にあった, 昔おどかされた雷の, 昔おまえの父, 昔おやじさんと一緒, 昔おろした子供の, 昔お世話になった, 昔お前さんと私, 昔お前達がさっと, 昔お宅の御, 昔お寺のできなかった, 昔お松が裏宿, 昔お父さんやお母さん, 昔かういふことを, 昔かけ先きの間違ひで無体に, 昔かごから逃げ, 昔かしこにて大いなる, 昔かすになつて, 昔かたぎだからおやしきにわるいことがあろうとは信じられない, 昔かとそれを, 昔かなしも, 昔からいはゆる, 昔からかうして二人, 昔からがッき, 昔からきまつた, 昔からずゐぶん偉い, 昔からともなくヤシホ, 昔からばくちうち, 昔かりてた金を, 昔かわらぬ趣が, 昔がたりまた途上, 昔がたりでもしながら, 昔ききんの, 昔きれいに刈りこまれた, 昔くさい造りの, 昔くれたもの, 昔くわをお, 昔ぐらいあると, 昔ひしも, 昔こう機殿の, 昔こっそり手を, 昔こつたらごと無, 昔このごろの事, 昔この世から死ん, 昔こまをまわした, 昔これらのもの, 昔のみの, 昔ございました夜更け, 昔さえ半ば以上は, 昔さも確信あり, 昔さりながら田舍もの, 昔さんざんいじめられて, 昔しある御茶屋へ, 昔しかて百姓が, 昔しからからかうと云う, 昔しから言うがこんな, 昔ししゃがんだ人を, 昔した事とは, 昔しなの都, 昔しに過ぎたのに妙, 昔しのガルガンチユアとか言つた人, 昔しの平岡で今, 昔しの様に帰らん, 昔しの色夢を樂, 昔しの話でさあ, 昔しばしありし所, 昔しより廻転する, 昔しりあいの女子, 昔し取った杵柄の, 昔し張抜物や屏風, 昔し思へば珠, 昔し持ってい, 昔し来た時とは, 昔し死んだ赤ん坊については, 昔し流行った勧善懲悪という, 昔し細君の弟, 昔し語るまじき事と, 昔し過つて殿樣御祕藏, 昔じみた行燈の, 昔すぎるが石山, 昔すこしばかり親切, 昔すすめてこの, 昔すてきなかし, 昔すなわち天平宝字二年の, 昔すべてのロシア人, 昔ずいぶん苦しい生活, 昔せしわがかねごと, 昔なたと, 昔そば屋だっただろう, 昔それ以上も久しい, 昔忍ばるる蓬, 昔たい糞の, 昔たいへん貴重な, 昔たくさんあった髪, 昔たくさん買ひこんだゼドリン, 昔たしかに一度けつまずいた, 昔たびたび見たこと, 昔たれか思おう, 昔だけのことだろう, 昔だけは是からでも, 昔だったけれどもこの, 昔だったら構いませんわ, 昔だらうと思ひます, 昔ちかい時代の, 昔ちょいちょい見かけたこと, 昔ちょうど自分が, 昔っぽい月琴を, 昔つづけさまにかの, 昔つていつのこと, 昔つて四五年前だけれど, 昔てぐす飼いの, 昔であったらそのま, 昔でありますが当時, 昔できたものと, 昔でございますから私共, 昔でしたら昔でしたら, 昔ではからだ全体, 昔とかはりなきはかな, 昔として忘れられて, 昔としてはなかなかそんな, 昔とぞなりに, 昔とちッとも, 昔とても時としては, 昔とても決して尠なく, 昔とで変つ, 昔とでは啼きごえ, 昔とにかくカフェに, 昔どうだったという, 昔どおり免役税を持っ, 昔どおり嬌態をつくる, 昔どおり村の子ども, 昔どおり精霊が悪い, 昔どころか橋場の, 昔どちらか死ん, 昔どんなことを, 昔なあ板橋の, 昔なかつた筈は, 昔なくなつて, 昔なしてくれた, 昔なすったことは, 昔なつかしいおもひに, 昔なつかしき松楽館に, 昔などしぬば, 昔ななどと声を, 昔ならい覚えた印度, 昔ならったレース編を, 昔ならむかいめ, 昔なら切られてしまう, 昔なら歩かなければどこ, 昔なら生かして置けない, 昔なら知らずこれから私, 昔なら語り草に, 昔なら退引ならぬ, 昔なら食って掛った, 昔なりけり南翠氏と共に, 昔なりける今日の, 昔なりとす, 昔なるものに, 昔なんかは十五にも, 昔なんたらいう立派な, 昔においてはすてきな, 昔にかへって圓い, 昔にさえさかのぼって, 昔について尼君とは, 昔につれて行つた, 昔になつてこれから, 昔にね私が, 昔にまでもさかのぼること, 昔にゃあお経文, 昔にわたって母とじ, 昔に対して恥じねえだけの, 昔に対するあくがれの, 昔菊池寛が, 昔のすがたを, 昔のぞいた三世相かで, 昔のぞきカラクリという, 昔のつつをきゅうとしばったうしろとんぼの時代, 昔のなあーん, 昔のみ空より, 昔はいさら川, 昔はかの僧院, 昔はじぶんと同格, 昔はずつと短か, 昔はただこのみで買っ, 昔はね愛すべき昔では, 昔はやったが今, 昔はれつきと, 昔はをつたといふ, 昔ばかりのことだろう, 昔ばかりを憶出し, 昔ひとたび沖縄を, 昔ひとりものが風呂, 昔ひどい遊蕩者で, 昔ひどく当たったこと, 昔ひろ子が駒沢, 昔びとにして見れば, 昔ぶりがうれしい, 昔へこそ傾いて, 昔への恐怖と, 昔へばかりさかのぼらないだって, 昔ほこりをもっ, 昔ほどには諸国の, 昔ぼくが成人, 昔まえのいかる, 昔までの流星が, 昔までは十六ヶ村で, 昔みし田鼠う, 昔みたいにあの, 昔みのるがお手玉, 昔みんなして, 昔むかし野ばらが咲い, 昔めかしく寒梅寒菊福寿草その他春待つ花樹, 昔もし私が, 昔ものがたり以上にあ, 昔もんの青銅砲, 昔やすく仕入れて, 昔やっていた, 昔やっぱり米騒動の, 昔やつた法則, 昔やはり黄金の, 昔やむごとなき, 昔ゆかたと称した, 昔ゆき子に君, 昔走川, 昔よい県知事を, 昔よかった所, 昔よき音の, 昔よそのおばさん, 昔よみフランス宮廷という, 昔よりという意気組であります, 昔よろこびそは, 昔よろこんで踊った, 昔よんでい, 昔らしい呑気な, 昔わいが借りた, 昔わすれ顔黒く, 昔われらの伽藍鳥, 昔をかへす夢, 昔をぞ数えたる, 昔をとぶらわ, 昔をとへば春の, 昔をも今をも, 昔アイスランドの西岸ブレイジフイルズ郷, 昔アイヌがイコロ, 昔アイヌ族が繁栄, 昔アインシュタインが日本, 昔アカイア族の使者, 昔アキスにとられ, 昔アスパジアがペリクレス, 昔アズサを弓, 昔アゼンに王, 昔アッシシの, 昔アフリカに奴隷, 昔アラビヤのアブ・ハサン, 昔アラビヤ人というもの, 昔アリア種がインド, 昔アルテミスの祠, 昔アルバロンガの基, 昔アレキサンドリアのプトレマイオス, 昔アレキサンドル王その地, 昔アレッサンドロインドの熱き, 昔アロエと誤称せられ, 昔アントニウスとオクタヴィアヌス, 昔アンブルメディの僧侶, 昔イギリスの社会民主主義的婦人作家マーガレット, 昔イスラエルの民, 昔イスラエル国では正月, 昔イスランドに渡つたノルウェイ人, 昔イチジクの果, 昔イデーの山, 昔イラムがソロモン, 昔イランの国, 昔イラン国で麻薬, 昔イリオンに流血破滅, 昔インドモヴァイヤの一農, 昔イヴトオの王様, 昔ウェッシントン夫人と二人, 昔ウェリントン公は水雷艇, 昔ウーリュンポスの諸, 昔エセックス伯といっしょ, 昔エチオピアに今, 昔エックハルトは, 昔エトルリアの王, 昔エネエアスを戀人, 昔エージナの民, 昔エーヴァに苦き, 昔オウクランド時代にもアンダスン, 昔オスカア・ワイルドがアンドレ・ジイド, 昔オランダ人が上陸, 昔オランダ国で何度, 昔オーストリヤの王様, 昔カイクマと言った, 昔カインの奔, 昔カプレツチイモンテキイの二豪族相爭, 昔カラ大シタ腕前ダカラナ, 昔カラカラ皇帝故, 昔カラドンナ場合デモ読書ヲ廃シタ, 昔カラノ事ヲヨク知ツテ居ルノデ, 昔カラ名高イ物デアル, 昔カラ西洋ヲ見, 昔カルヴィンが好ん, 昔カワセミの嘴, 昔カンポステラ巡礼の盛大, 昔ガリラヤの湖, 昔ガルウェーのダンモーア, 昔キトウスの山, 昔キャヴェンディッシが自分, 昔キヨマサニンジンの名, 昔キリシタン転びというの, 昔キリシタン退治の頃, 昔キリスト教が魔法使い, 昔ギリシア中でテッサリア, 昔ギリシャで絃, 昔ギリシャ詩人タチソレカラボオドレエルヴェルレエヌアノ狡イ爺サンゲエテ閣下モアア忘レルモノカ芥川龍之介先生ハイノチ迄, 昔ギリシヤのこと, 昔ギリシヤ文明の発生期, 昔ギロリと睨まれた, 昔クメール族の名づけ, 昔クリストを揺り動かした, 昔グラント将軍が来た, 昔ケリオンといふ不思議, 昔ケルヴィン卿が水, 昔ゲーテの時代, 昔コクトオに熱中, 昔コムソモールや労農通信員, 昔コリーヌとともに立案, 昔ゴチック式寺院では脇間, 昔ゴットフリートを眼, 昔ゴロになつ, 昔ゴーティア人の残せし, 昔ゴードゥン・クレイグ時代の舞台装置, 昔サガレンに流れ寄った, 昔サマリヤ人のエルサレム, 昔サムライ階級の人々, 昔とス, 昔シイザアが威張り散らし, 昔シカゴ市で見学, 昔シベリアなどに棲ん, 昔シャムガルが牛, 昔シャール十世のうち, 昔シュリイフォオクト氏の大きな, 昔シュヴェツィンゲンの城苑, 昔シルレルは彼ら, 昔ジァン・リシュパンは通りがかり, 昔ジャイアントが居た, 昔ジョナサンスヰフトが用, 昔ジョンソン自身が現代, 昔スウイフトの見た, 昔スウェーデン大凶年で饑飢免, 昔スカンジナヴィアが絶えず, 昔スキーの時, 昔スパルタの教育, 昔スペインの海賊船, 昔スュゼットとゼイラ, 昔セクストン・ブレイクの探偵譚, 昔セザンヌはドラクロア, 昔ゼノが足, 昔ソログーヴの邸宅, 昔タチバナと称した, 昔タルティーニと云う, 昔タルテイーニと云, 昔チイナも切支丹, 昔チュニス本隊付の大尉, 昔ツウレに王, 昔ツクーワのつくった, 昔テムズ河上におけるジョージ一世, 昔テーベーに, 昔ディケンズが描いた, 昔トスカーナとゼーノヴァ兩共和國, 昔トテミズムが行われた, 昔トニオ・クレエゲルが冷, 昔トルコの政府, 昔トロッコを押し, 昔ドストイェフスキーの小説, 昔ナポレオンの参謀, 昔ニガナといった, 昔ニュートンは光, 昔ニーオークとか云っ, 昔ニ倍加スル情熱ヲモッテ妻ヲ溺愛スル, 昔ネラと云, 昔ノルディカの歌った, 昔ハリノキといったハンノキ, 昔ハルトマンなどの考えた如き, 昔ハワイの王様, 昔ハンニバルがフラミウス, 昔ハ御機嫌伺イトイウ事モアリマシタガ今デハ, 昔ハ江州商人ノ出, 昔バビロニア人の間, 昔バビロンと呼ばれた, 昔バルザツクが一晩, 昔パスを持っ, 昔パノラマという見世物, 昔パリーがやたら, 昔パルティア人が馬, 昔パンデン・アチーシャがインド, 昔ピオがこの, 昔ピシストラアッスなる人物, 昔ピル・ナピシュチムの洪水以前, 昔ピロスより遠き, 昔ファンティーヌはそれ, 昔フィッツジェラルド家に一人, 昔フィレンツェの習俗, 昔フィレンツェ市を六區, 昔フォルス公爵の料理場, 昔フォンタン全部が出, 昔フランシスはこの, 昔フランス王によって得られた, 昔フローベルは新年, 昔ブルジョアが建てた, 昔ブルタアニュ海岸の一孤島, 昔ブータンのズクパ派, 昔プトレマイオスはこれら, 昔プロレタリア文学の初期, 昔プーシュキンが勉強, 昔プーライエやカルトゥーシュ, 昔ベスンバ族のゐた, 昔ベルナルドオの我, 昔ベルリンで父, 昔ベルリン留学中かの地, 昔ペルシヤ戦争に於, 昔ペルシヤ戰爭に於, 昔ホイットマンが来, 昔ホットケークと呼ばれた, 昔ホトトギスの若い, 昔ホラオロキア城に毎, 昔ホントに赤大根, 昔ホーヘンスタウフェン末路の皇族ら, 昔ボローニアにて鬼, 昔マアレイが物, 昔マイセンで出来た, 昔マツチのかはり, 昔マドレエヌの家, 昔マヨルカとミノルカ諸島, 昔マンハイムの雑誌, 昔ミダス王の理髪師, 昔ミッシェルとか言つた仏蘭西人, 昔メルバやファーラーの, 昔モオリスさんがよく, 昔モスクワ芸術座にいた, 昔モッコに入れ, 昔ヤスナポリヤナに幾百人, 昔ユダヤの野, 昔ユミールに住みし, 昔ヨリみるめ, 昔ヨリナルベシ又此ハ海藻ニシテ美術的紋様ニ用イラルルモノノ唯一, 昔ヨーロッパの西班牙, 昔ラスキンが人, 昔ラトモスの山, 昔ラフィット家に雇われ, 昔リエと別れる, 昔リノスの夭折, 昔リュクサンブールでなすった, 昔リヨンで踊り子, 昔ルイ十四世の住ん, 昔ルソンで偽っ, 昔レーリーがガラス板, 昔レーリー卿が紅茶茶わん, 昔をもて, 昔ロシア人の気質, 昔ロシア語のタイプ, 昔ロンドン塔でライオン, 昔ローマ人は穀物, 昔ローマ近くのアルバノ地方, 昔ヴェストなどいじった, 昔ヴェスヴィアスに登った, 昔ヴニズの影絵芝居, 昔一たびかの女, 昔一たび煙客翁が張氏, 昔一つの犬, 昔一ルンゼの向こう, 昔一世を驚倒, 昔一九〇二年に, 昔一円なりしランチ, 昔一刀流で山陰随一, 昔一匹の竜, 昔一向交通なかっ, 昔一哲人あり, 昔一四五三年にコンスタンチノープル府, 昔一国一城に代わる, 昔一国王常に優陀摩子, 昔一夜の宿, 昔一女子があっ, 昔一婦淫乱で夫, 昔一家の者, 昔一寸よんで, 昔一度御覧になった, 昔一日百両の売上げ, 昔一条大宮と云う, 昔一条戻り橋にあらわれた, 昔一番はじめの小説, 昔一番有名であって, 昔一粒の種, 昔一般に用いなかった, 昔一葉が, 昔一軒の山, 昔一高の校庭, 昔七世の藤龍軒, 昔七座の神, 昔七重の高, 昔万葉集や金槐集, 昔三井であったか, 昔三仙人の死せし, 昔三位博雅卿が朱雀門, 昔三十年も前, 昔三好家はその, 昔三宅やす子という文筆家, 昔三年間ばかりその, 昔三昔のこと, 昔三月十五日の花, 昔三沢の保証人, 昔三百年前に見た, 昔三輪川を流れ, 昔三題噺という事一時, 昔の掛け軸, 昔上つ方にすてき, 昔上帝人間に住み, 昔上方にあった, 昔上杉憲実遯世して, 昔上田秋成は年頃, 昔上野の袴越, 昔下らない事を, 昔下地がある, 昔下宿時代に遊び, 昔下町の華族女学校, 昔下谷の下宿, 昔下鴨から女専, 昔不幸な一婦人, 昔不義理をした, 昔両国橋畔になじん, 昔並べられてあった, 昔を改めた, 昔中印度迦毘羅城に釈迦族, 昔中央アジアの女国, 昔中央亜細亜の方, 昔中学校で同級, 昔中学生の時分, 昔中村鴈治郎が芝居, 昔中野は, 昔主人がお, 昔主命によって長崎, 昔主婦がどこ, 昔乃木将軍の幕僚, 昔久保とは別れ, 昔久米の仙人, 昔乘宗という一節切, 昔乙女の良人, 昔九州随一の勤王家菊池武時, 昔九郎判官殿や平, 昔九郎判官義経さまが橋, 昔九重という全盛, 昔乞食や浮浪人ら, 昔乾闥婆部の賤民, 昔亀戸の, 昔予備門に這入っ, 昔あるごと, 昔二ツの首瓶, 昔二ツ眼のある, 昔二三人連れで英国, 昔二十七年前にそれら, 昔二十四の時, 昔二十年の昔, 昔二本差したこと, 昔二枚舌を使, 昔云っていた, 昔云つたのが名前, 昔互いに睦み親しみつつ, 昔五つか六つ, 昔五十錢で買, 昔五年前に済ん, 昔五条の大橋, 昔井戸を掘る, 昔い人, 昔亡くなった沼間さんに, 昔亡びたる或る, 昔亡夫は大学教授, 昔亡父が母, 昔交通の不便, 昔享保の頃, 昔京師の伶人, 昔京方の討手, 昔京極家の城跡, 昔京都辺で紫, 昔京順禮江戸順禮といふこと, 昔人丸が詠じたる, 昔人形や壊れもの, 昔人形師をし, 昔人形舞はしの百太夫, 昔人斬庖丁を二本, 昔人柱に立った, 昔人様にいはれない, 昔人民が罪悪, 昔人西方に日, 昔人類を悩ました, 昔今川義元公が戦死者, 昔今戸に住ん, 昔今更に, 昔仏像の製作者, 昔仏印で読んだ, 昔仏教は訓, 昔仏王舎城に在せし, 昔仏蘭西では舞台, 昔仕掛けて置いた, 昔仙台様のうち, 昔仙臺に滯在中, 昔代々そこで油, 昔代官のお, 昔以来余り変らないよう, 昔以来大理石の塊, 昔以来本格派の方, 昔仲間の野田さん, 昔伊勢国で酒一升銭十九文, 昔伊勢屋のお, 昔伊勢本で南竜, 昔伊国などで女, 昔伊豆で過した, 昔伊達家の米船, 昔伊達政宗が支倉六右衛門, 昔伊香保温泉に近い, 昔伏牛山の小林寺, 昔つたこと, 昔が腹, 昔伝わったものだ, 昔伺った二番町の, 昔慣れた町, 昔住みつる木の, 昔佐世保にいた, 昔佐伯部の祀, 昔佐倉義民伝の木内宗, 昔佐竹の太郎, 昔佐竹氏の先祖, 昔佐藤一齋の杉田觀梅記, 昔何代目かの将軍, 昔何処かで, 昔何国のなにがし, 昔何年か前, 昔何年何月に天皇, 昔何度もこんな, 昔何某とかやいえりし, 昔何王の時代, 昔何街道とかの要所, 昔が十二三, 昔余所の犬, 昔の農家, 昔作つた詩に, 昔作られたままに, 昔使ったむすび燈台の, 昔使つた上二段が出, 昔使屋と云, 昔使用したもの, 昔の殖産, 昔例えば平安朝の, 昔俗謡を翻した, 昔保元の合戦, 昔信じていた, 昔信心深くて, 昔信心堅固の尼, 昔信玄が信濃, 昔修行者がこんな, 昔借りた物を, 昔借り放しにし, 昔倭寇に備, 昔に山野, 昔偉くかまへて, 昔健ちゃんの遊び, 昔健三に向っ, 昔備後の下山守村, 昔働いていた, 昔僕たちがゐた, 昔僕らがまだ, 昔僕等が慈父, 昔が引こもった, 昔僧徒一萬八千今漸減少, 昔僭上な役者, 昔儒教という支那思想, 昔歴々, 昔元和七年の初夏, 昔きは, 昔兄弟のよう, 昔先代鴈治郎ガ新富座デコレヲ出シタ時ノコト, 昔先夫の松川, 昔先輩の某, 昔光ったという井戸, 昔光明皇后のお, 昔光明皇后樣の尊き, 昔光源氏という名, 昔兎角女芸人ならずし, 昔入りこんだ蒙古人の, 昔全盛だつた市街, 昔全身全霊を挙げ, 昔八岐の大蛇, 昔八棟造りを建つる, 昔八甲田山と喧嘩, 昔八郎為朝が上陸, 昔六十マイル離れた富士, 昔六祖慧能大師というお方, 昔兵威を振ひ, 昔ものの美し, 昔其の官職に, 昔其処に閉じた, 昔其時にだに人, 昔其處に割據, 昔其角がよんだ, 昔内佛の安置, 昔円本が売れた, 昔円車が歌った, 昔写本を写真, 昔冢穴の闇, 昔凍え死んでこんな, 昔処女の一心, 昔出たベントレイの, 昔出品された, 昔出来の丹念, 昔切り立てには何故, 昔切支丹宗の救い主, 昔切支丹屋敷にゐた, 昔初午に稲荷, 昔判官義経主従が都, 昔別荘の真似事, 昔到る処林野多く, 昔制定された中央集権制, 昔刺子は幾分, 昔前座が原, 昔前橋へ雷, 昔前田利家在城, 昔を吊った, 昔剣聖上泉伊勢守も武人, 昔剣道できたえた, 昔創世の神イムラ金, 昔を吊つた, 昔力奮ひて, 昔加藤清正が朝鮮征伐, 昔加賀公が何千人, 昔六師匠の, 昔助けてあげた, 昔助六といふ人物, 昔勇士ありけりその, 昔勉強したこと, 昔勘づいてゐた, 昔勤めをし, 昔勤めました舞台の, 昔勧コー場だったひろい, 昔匈奴この国, 昔の寒い, 昔北九州地方でよく, 昔北天竺の小月氏国王, 昔北川さんの父, 昔北条早雲が兵学者, 昔北欧を旅行, 昔北狄間にもそんな, 昔北野荒見川の斎場, 昔北面の武士, 昔十一月のある, 昔十二三になった, 昔十年ほど前, 昔十頭鬼王の従弟アヒ, 昔千両の富籤, 昔もまえ, 昔卑俗に鋳型, 昔のある, 昔南北朝といつて二百七十餘年間南北兩つに, 昔南朝の遺臣, 昔南泉という支那, 昔南海に武名, 昔南粂郡の東山村, 昔南蛮国の船, 昔南蛮寺に住, 昔南部といった盛岡附近, 昔単なる大豆得体が, 昔単にヒル, 昔博多の, 昔博文館から出, 昔博通多学の婆羅門, 昔印刷工だった小説家, 昔危険をもの, 昔厚母の家, 昔原住民の酋長, 昔友田喜造が江崎満吉, 昔魚と, 昔取ったる三味の, 昔取られた金を, 昔受けても今, 昔のあった, 昔古い革砥の, 昔古びたる城下の, 昔古今集の歌屑, 昔可愛がってた子供, 昔のショウブ, 昔司教在住の町, 昔司馬相如は武帝, 昔吉原遊廓で何, 昔吉田屋の隱居, 昔吊らふ谷間には, 昔藩の, 昔同地の狩山, 昔同志社は米國人, 昔名づけられたような, 昔名与力と謳われた, 昔名前さ, 昔名古屋の近く, 昔名将真田幸村は, 昔名高かった麗人, 昔向こうから愛せられてた, 昔向島の屋敷, 昔東北に, 昔吾妻屋が盛ん, 昔呉王もあれ, 昔周任という人, 昔周公流言を聞き, 昔周王が東, 昔周防の片田舎, 昔味わった愉悦の, 昔和帝の朝, 昔和泉式部といふ名高き, 昔和蘭の商船, 昔和蘭あたりで作られた, 昔咸陽宮で冬, 昔品川信健が殺された, 昔哲人は時に, 昔唐国より渡りし, 昔唐土の朱文公, 昔唐船入津の時節, 昔商館にい, 昔問題にされた, 昔善きアウグストの, 昔喜ばれたものと, 昔嗹人敗死の蹟, 昔嘉永の頃, 昔噺式で伝説的, 昔囚人ラシャといっ, 昔四十七士の助命, 昔四十何年か前, 昔四国を旅行, 昔四国遍路した老人, 昔四谷通は新宿, 昔団子と書いた, 昔困っていた, 昔国中の牢人, 昔国内の心根, 昔国内麻の葉のごとく乱れた, 昔国境を定める, 昔国家の正式, 昔国王を殺した, 昔国立劇場へ入る, 昔国芳師匠が酔い書き, 昔国頭郡大宜味村喜如加の小学教員, 昔國王はこ, 昔團三郎と言, 昔土佐といひける所, 昔土地に新, 昔土産である, 昔土蜘味という種族, 昔土蜘蛛を誅した, 昔在りし家は, 昔在原業平が遠く, 昔地中海上を横行, 昔地主に欅, 昔地図で見る, 昔地獄谷といっ, 昔地球の上, 昔地球人類は火星, 昔地雷火の厄, 昔地面にたたきつけたく, 昔坊やんの家, 昔坊主の学校, 昔坊主達が君主政治, 昔坐っていた, 昔の地主, 昔城下で金銀, 昔堯舜の時代, 昔場末の名主, 昔堺港の納屋衆, 昔堺真柄などを中心, 昔売り飛された, 昔売買をされた, 昔なお座敷, 昔夏目先生が, 昔夏目漱石が文展, 昔夕方ゴットフリートと話し, 昔外国船の難破, 昔計代が, 昔多くの憤怒, 昔夜中に馬車, 昔夜道でおくれ, 昔夢二が好ん, 昔大した醫者の, 昔大事にし, 昔大井憲太郎と云々, 昔大分地方の鼠, 昔大利根が隅田川, 昔大力サムソンが驢馬, 昔大勢の陶工, 昔大友の皇子, 昔大友宗麟の城下, 昔大口が谷中, 昔大名高家の子供, 昔大和の国葛城山, 昔大地が陥落, 昔大変古い昔, 昔大宮人はどちら, 昔大山つみのな, 昔大島通いの船, 昔大手の門, 昔大昔星霜の帷, 昔大木の根木, 昔大森の城, 昔大極殿で舞った舞い, 昔大歳の夜, 昔大殿様の妹君, 昔大殿樣の姉君, 昔大江山の奥, 昔大炊省の八つ, 昔大石越前守という人, 昔大石金五郎それに山本佐四郎, 昔大竜大湖, 昔大笑いしたこと, 昔大臣が話, 昔大蛇が棲ん, 昔大道で強盗, 昔大雨大風の晩, 昔大須にあふれ, 昔天下分け目の関ヶ原, 昔天人が降つ, 昔天孫降下ましましし時, 昔天平仏が天平時代, 昔天津速駒という勇敢, 昔天狗が住ん, 昔天皇陛下がまだ, 昔天神橋上月明のもと, 昔天竺に閼迦衛奴国, 昔天若日子と申した, 昔天長節の日, 昔太田ケ原と呼ばれた, 昔太閤秀吉が鎮め, 昔と一しょ, 昔夫ピエールと二人, 昔夫人の父, 昔夫婦でいた, 昔失くなしている, 昔失つて今は持たない, 昔失われた眼を, 昔失敗しながらも, 昔奈良春日神社の鹿, 昔奉公して, 昔奥州街道が栄えた, 昔奧州へ通, 昔女人国が他国, 昔女侠客として鳴らした, 昔女優サラ・ベルナアルが, 昔女子アリ人ヲ懐テ至ラズ, 昔女学校の教師, 昔女房と行った, 昔女軽業の一行, 昔女郎の足, 昔奴隷としてエジプト, 昔好きなひと, 昔好きあうて夫婦, 昔如何なる種類の, 昔如来この辺, 昔妖姫クレオパトラの安図尼, 昔妙音院の大臣, 昔妙齢にし, 昔に借金, 昔始めてこの花火, 昔姿を現, 昔姿美しかりし者, 昔娘さん時代に使った, 昔娶りたる夫人, 昔婦人欄は主として, 昔嫦娥という中国人, 昔嫩葉を芽ぐんだ, 昔子供時代に原田重吉, 昔子供等は橋, 昔子分連中がくれた, 昔孔雀のよう, 昔存在した織物, 昔学友であった因縁, 昔学問の盛ん, 昔学生服を着, 昔学者社会に限り, 昔孫悟空が天宮, 昔の書房, 昔宇古木樣の許婚, 昔宇宙には極めて, 昔宇都宮藩で御, 昔宇野浩二が書いた, 昔安塚の城, 昔安政の地震, 昔宋朝医王山の長老, 昔宗七というの, 昔宗和が仁清, 昔宗教的な儀礼, 昔宗教隆盛時代に建築, 昔実物なしに, 昔としてミュケーネー, 昔宮古島川満の邑, 昔宮本武蔵は, 昔宴樂のゆ, 昔家人から聞いた, 昔家屋敷のあつ, 昔容易ならぬ交情, 昔寄宿舎で浜口雄幸, 昔寄附したの, 昔寛保年中に中国, 昔寛永年間に日本, 昔寝床の中, 昔を埋めた, 昔寺侍が住ん, 昔寺田先生にこの, 昔寺院の説, 昔封建の世, 昔封建時代の武士, 昔封建門閥の時代, 昔専光寺の開山蓮開上人, 昔射的場があっ, 昔将軍南蛮を征, 昔将軍家の能, 昔将軍家治に取入った, 昔小さいときオルガンを, 昔小さな本で, 昔小児あり渓傍, 昔小学校時代のこと, 昔小日向水道町に水道, 昔小笠原肥前ガタテ籠リシ折武田信玄コノ城ヘ取懸, 昔小説をかきはじめた, 昔小野の道場, 昔小野神社であつ, 昔小長谷山といはれ, 昔少女と共に遊び暮し, 昔少年名手であったころ, 昔尖塔の頂上, 昔尚侍がお, 昔居たらしいが後世, 昔ここへ, 昔屡々訪問し, 昔山々と市街, 昔山城介三善春家は前, 昔山城宇治の黄檗山万福寺, 昔山姥が麦, 昔山宅にて父様母様, 昔山崩れで押出, 昔山巓でしたやう, 昔山形に小, 昔山王台から北の方, 昔山茱萸をサワグミ, 昔山車や練り物, 昔山陰で鳴らした, 昔岡本一平がフーオンコロコロ, 昔岸本さんは坊主, 昔峰延上人この山, 昔島原の一揆戦, 昔島崎藤村が, 昔島田の橋, 昔崇拜せしアヌンチヤタ, 昔崑崙人の船, 昔の上, 昔嶋田の時主, 昔にわ文字通り鮭, 昔川下の阿多野郷, 昔川中島合戦の時, 昔川端康成が北條民雄, 昔川舟のりをし, 昔を, 昔巴里で仏蘭西人, 昔市原野の鬼童丸, 昔帝劇の廊下, 昔帝政時代にどんな, 昔帯刀ヲ世話ヲシタコトヲ思イ出シタカラ, 昔帳場格子からながめた, 昔常盤御前が操, 昔常陸には蝦夷, 昔常陸坊が松前, 昔幕末のころ, 昔將門が, 昔平中が或, 昔平和博というの, 昔平安朝奈良朝を越え, 昔平家の美しい, 昔平家方のある, 昔平家沒落の砌, 昔平家没落の砌, 昔平林初之輔や青野季吉, 昔平清盛の父, 昔平等の慈悲, 昔経し老, 昔年々の除夜, 昔かりし時, 昔幼く可哀ゆかり, 昔幼年学校にゐる, 昔幽霊というもの, 昔幽霊塔の持主, 昔幾何学はあった, 昔幾度か歩い, 昔広大な森林, 昔広津柳浪が日露戦争前後, 昔床しい感じが, 昔座敷の床, 昔廉頗は年八十, 昔建てた石柱に, 昔建御名命と盤古, 昔弁信が自分, 昔弁士だった松浪錦洋, 昔を作つた材, 昔弘法様が来, 昔弟橘媛が日本武尊, 昔弥勒と僭号, 昔弱者に同類, 昔強かった時分, 昔当家三代の宗親公, 昔当所山中の処, 昔形気の内, 昔彦島で吉田親分, 昔彩色に使つた繪具, 昔の小角, 昔役人が, 昔彼らが攻撃, 昔彼等の家, 昔彼等みな火に燃え, 昔彼輩と人, 昔後水尾帝の御代, 昔御存じの高輪田さん, 昔御法度の賽ころ, 昔復活祭のころ, 昔復讎の対象物, 昔復讐を, 昔徳川の時代, 昔徳川政府勘定所の例, 昔徳川様に見出され, 昔徹男とドライヴ, 昔ばる, 昔忍び泣きしたまふ, 昔志野に用いた, 昔忘れず附合っ, 昔忘れぬたしなみなれど実は, 昔れた玄蕃, 昔ほゆ, 昔思い偲ばれてさだめし, 昔思ひを掛けた, 昔思ふ草の, 昔怠惰のため, 昔恋しき雪も, 昔恋しく御眺めなさる, 昔恋仲だったと, 昔恋愛模様のあった, 昔恐るべき山崩れの, 昔悦子の初節句, 昔悪く思ったこと, 昔悲しさの, 昔意地悪い継母, 昔意気軒昂で名, 昔なる民, 昔愛していた, 昔愛した人に, 昔愛兒達にし, 昔愛用したもの, 昔愛読したこと, 昔慈覚大師仏法を習, 昔慌てて死んだ, 昔慕うて益, 昔慕わしきかな, 昔可大師, 昔慶長年中の相州, 昔憲兵伍長だった男, 昔懇意にした, 昔懐かしの想い, 昔懐しさと, 昔成瀬隼人正が父, 昔成立塾に居た, 昔我等の神, 昔をし, 昔戦場往来の古武士, 昔戦時中に知覧, 昔戰場にわれ, 昔戰爭の事, 昔謂お役人様, 昔所沢に飛行学校, 昔手馴れた水差の, 昔抽斎の父允成, 昔拙者の不, 昔拙者二十九の春, 昔拝火教徒が使った, 昔持ってたのか, 昔挙がっている, 昔捨てられたという新町街道, 昔排斥されたイフィゲニア, 昔掘った金の, 昔推古朝の世, 昔描き慣れて今, 昔揺籃に寝, 昔摂津で美酒, 昔播州に瓢水, 昔播磨国で主人, 昔支那人は頭, 昔支那朝鮮を通して仏教, 昔支那流の伝記家, 昔放心なる物, 昔政党がさかん, 昔政治的思想的に紛糾, 昔故人と一, 昔達天皇の, 昔救われたることを, 昔教えて頂いた, 昔教えたのであった, 昔教会に行けた, 昔教伝という男, 昔教場で教わる, 昔教導兵でありグルノーブル, 昔所法師という, 昔敵兵が攻め, 昔數寄者が建て, 昔文学の領域, 昔文盲の領民, 昔文禄・慶長の役の時, 昔文覚上人が何処, 昔新橋で嬌名, 昔新潮社で出し, 昔新田義貞がこの, 昔新聞の遊覽案内, 昔新聞社の二階, 昔新開地へお, 昔の衣, 昔旗手の地位, 昔日よみを以て民, 昔日向の大, 昔日向国の人, 昔日本一の妖術, 昔日本以外の土地, 昔日本文学の発展途上, 昔日本棋院の女の子, 昔日本橋で繁昌, 昔日本画の技術, 昔日蓮上人は, 昔日蓮様なども清澄, 昔日野資朝といふ公卿さん, 昔日露戦争の当時, 昔旦那様まだ角帽, 昔や菜穂子たち, 昔明日香の地, 昔明治三十年五月一日わたしが二十六歳, 昔明治三十年五月一日私が二十六歳, 昔明治二十三年一八九〇年世界全体としてはまだ, 昔明治音楽界などの演奏会, 昔昔ギリシャ詩人タチソレカラボオドレエルヴェルレエヌアノ狡イ爺サンゲエテ閣下モアア忘レルモノカ芥川龍之介先生ハイノチ迄, 昔昔大昔に, 昔昔少年の丑松, 昔昔昔の女, 昔昔毒草と云う, 昔昔那須の国造, 昔のさかり, 昔春先きに, 昔春太夫がした, 昔春秋の時, 昔春陽会へ参加, 昔春雨にぬれ, 昔昵懇だよ, 昔時候は夏, 昔時鳥は馬, 昔の左思, 昔晝間の十二時, 昔普仏戦争の起こる, 昔景氣のよかっ, 昔智覚禅師という人, 昔かつた, 昔暗黒に包まれ, 昔暴威ふるひし阿久留王首, 昔曙女史のゐた, 昔曹操が一鼓, 昔曹洞宗の大本山総持寺, 昔曽我の十郎五郎兄弟, 昔最初の人類, 昔最初ニ埋メラレタ場所ニ, 昔に百何十圓, 昔有った事実の, 昔有名な八幡太郎義家, 昔朋輩であつ, 昔望之の住んだ, 昔朝鮮のらつぱ卒, 昔木曾殿と云, 昔木村名人は双葉山, 昔木村重成は, 昔木樵があっ, 昔木綿衣の裳, 昔木船の底, 昔未だ自由詩などという, 昔阿弥光悦という, 昔本所の弥勒寺長屋, 昔本道へ來, 昔札つきの道楽者, 昔札幌のバチェラー, 昔朱印船にのっ, 昔机竜之助, 昔の木立, 昔杉山英樹と郡山千冬, 昔村山臥龍先生といふ水泳術, 昔村民が洪水, 昔東京堂の前あたりにミモサ, 昔東北の方, 昔東大の夏期講座, 昔東方より傳來, 昔東洋と西洋, 昔東邦の騎士, 昔東隣の女, 昔松林の間, 昔板倉伊賀守が京都所司代, 昔板小屋の中, 昔林中に牝獅, 昔林道栄が官梅, 昔が繁茂, 昔枝切り人だったので, 昔枯川の訳, 昔の國, 昔染吉の先代, 昔染料に用いた, 昔柘榴のよく, 昔栂尾の明, 昔栄さんのところ, 昔栄華を極めた, 昔桓武天皇が京都, 昔の花, 昔の武帝, 昔梯子乗りの芸当, 昔棄てたと云, 昔棄てられてしまった, 昔森さんの, 昔森鴎外の住ん, 昔棲み古した, 昔植えられた古い庭木, 昔検事で居た, 昔が呉, 昔が我国, 昔く古く, 昔の岸, 昔楽しき炉見捨てぬる, 昔榎本印刷に働い, 昔槌屋と称え, 昔模様謎染の新形浴衣, 昔権現さま逃げるが, 昔権現様戦場お持出し, 昔横井なに右衛門とかいう下, 昔横浜の南京町, 昔横濱の南京町, 昔橘良基が五国守, 昔欧州で珍重, 昔欧羅巴の白人, 昔を張る, 昔ひし曲, 昔歌いながら勢い, 昔歌ったあの歌, 昔歌舞伎で観た, 昔歐米の旅客, 昔正岡子規に手紙, 昔正金に関して行われた, 昔正門内で馬, 昔此川に鉄, 昔此所の主人, 昔此村に産婦, 昔此邊の領主, 昔此附近へ女神, 昔武家に切り殺された, 昔武田衆が武相乱入, 昔武蔵の国, 昔武蔵野の突端, 昔武麟や立信, 昔歩いてゐる, 昔歩き尽していたろう, 昔歩き慣れた場所だ, 昔別れた彼, 昔死んでしまっ, 昔死刑に用いられた, 昔殺すといえ, 昔殿のお, 昔殿様か何, 昔母上を葬りし, 昔母体から生れ, 昔母山羊あり子, 昔母親がかに, 昔毎年冬至の未明, 昔毒草と云う, 昔毒蛇に噛まれた, 昔比叡の氏人, 昔比叡山の或, 昔水戸家へ出入り, 昔水甕として使われた, 昔水産関係の用向き, 昔水茶屋に居る, 昔水見色村の杉橋長者, 昔水車場のあった, 昔求道の行者, 昔求道者は世捨人, 昔江川の玉乗り, 昔江州の小川村, 昔江戸市中のお, 昔江戸氏のこの, 昔江戸護持院ヶ原の野仏, 昔江戸鮫が橋, 昔の尾, 昔池袋にすん, 昔決闘場だったん, 昔沢柳総長の教授馘切り事件, 昔河原乞食とさえいわれた, 昔河童が棲ん, 昔河野君が今, 昔をしぼった, 昔だったン, 昔泉水のあったろう, 昔泉津の代官暴戻, 昔泊つたことのある, 昔法王なりきとて, 昔法隆寺に藏, 昔波羅奈国の梵誉王, 昔泥棒に入っ, 昔泰西の学者, 昔泰造がロンドン, 昔洋服も自転車, 昔洛陽の街, 昔洞庭の神様, 昔活動写真で見た, 昔流罪人の流された, 昔流行つたアナクロニズムをやつ, 昔流行つた着物の殘, 昔流行り過ぎて皆磨滅, 昔流行病と虎豹, 昔浅尾里虹の一座, 昔浅草の駒形, 昔浅草伝法院の印物, 昔浅草猿若町へ三座が, 昔浜寺の別荘, 昔浜田家の玄関番, 昔浜町の豊田, 昔浦島は小児, 昔浦島太郎は助けた, 昔海賊の基地, 昔海野十三のあの, 昔で鼠, 昔淡路国岩屋の浦, 昔深く影響された, 昔清明様という偉い, 昔清盛が摩耶山麓, 昔渇仰した理想, 昔渡り来って, 昔渡辺綱が居た, 昔温泉へ通った, 昔游戲の日, 昔游観物最難忘, 昔湘南地方の一部, 昔源三位頼政はいわゆる, 昔漂浪楽人が唱い歩いた, 昔漢学の素読, 昔漢方医が大抵薬, 昔漢王の使, 昔漢高は十たび, 昔漫談をやっ, 昔漱石虚子によって試みられた, 昔瀬戸内海の海賊, 昔を焚いた, 昔火事は江戸, 昔火葬場だった跡, 昔灸婆をし, 昔炭焼き藤太という者居住, 昔為山君から教えられた, 昔無くなって三度目, 昔無人島などで鳥獣, 昔無礼討にした, 昔焼岳の噴火, 昔煙客先生が見られた, 昔熊襲の征伐, 昔熱湯へ手, 昔ひ將棋, 昔父秀康卿の臨終, 昔父道斎の作った, 昔父道齋の作つた, 昔片山のお父さん, 昔牛若丸と弁慶, 昔牛込区の坂, 昔物ゆえ気には入るまい, 昔物臭太郎がい, 昔犬頭という好, 昔犬頭痛甚だしくほとんど, 昔狂人でしたそれだけ, 昔狂月坊に汝, 昔が美しい, 昔独断と畏怖, 昔独逸人に擁立, 昔猟犬だったジャック, 昔の大王, 昔玉門関を出, 昔王位にあった, 昔王化の盛, 昔王女が伊勢, 昔王家と武家, 昔王政の墜落, 昔王者の大礼, 昔現代劇に浄るり, 昔現在の家, 昔ころがしの, 昔理工科学校の学生, 昔瓜上と称し, 昔瓶沙王登極の初め, 昔生きてた人々の, 昔生まれて世, 昔生存して, 昔用いておった, 昔用いられなかった音が, 昔田内新整形外科術, 昔田村麻呂将軍が玉造柵, 昔田端に天然, 昔田舍にゐた, 昔田舎者が京, 昔田道間守が常世の国, 昔由縁英のうち, 昔男先生が小学校, 昔男物の洋服地, 昔町火消の数, 昔畑仕事をした, 昔畜生皆言語, 昔畢生の智恵, 昔疑問を晴らすべく, 昔発明マニアといわれた, 昔発見された事実自身, 昔登蓮法師を悩ました, 昔白山詣での盛ん, 昔白竜清冷の淵, 昔白系華やかなりし頃, 昔白耳義文学を紹介, 昔白耳義文學を紹介, 昔白船の温泉, 昔白金の學窓, 昔白馬会の研究所, 昔も承知, 昔百姓弥之助がまだ, 昔皇子誕生あるべきよう三井寺, 昔皇帝なりしを, 昔皇都のあった, 昔盆栽の一番, 昔盗人だと, 昔なりしとは, 昔盛況を極めた, 昔監獄医を勤めた, 昔盤古の神, 昔盤古氏之死也, 昔の前, 昔相川の町, 昔相当にやっ, 昔相模太郎北条時宗は祖, 昔真紅の胴, 昔眼病に真珠, 昔着た物に, 昔知った人々の, 昔知つて居るもの, 昔知らぬ若殿原に, 昔知られたる先祖が, 昔知りしところ, 昔知る人薄紅葉, 昔知事や市長, 昔知合いの立派, 昔知識に餓えた, 昔短篇をたのまれた, 昔石崎の漁村, 昔石炭かつぎ, 昔石造の四壁, 昔砂丘の畑, 昔研究された条件, 昔研究所長としてはなはだ, 昔かお寺, 昔と木田, 昔示した冷淡な, 昔社会事業とか慈善事業, 昔祇園祭の警固, 昔祇園街で全盛, 昔祖先と同じ, 昔祖禰より躬, 昔神代より, 昔神功皇后が三韓, 昔神樂坂の鳥屋, 昔神武天皇様が御, 昔神田の祭礼, 昔神秘神学の一派, 昔神聖の郷土ピロス, 昔神變不思議の術, 昔神霊の存在, 昔神風連が命, 昔禅師あって, 昔禅師南泉が道, 昔福岡の海岸, 昔秀次公の御, 昔私らの書生, 昔私飛行機の墜ち, 昔の風, 昔秋田町の道, 昔科学の力, 昔科學精神の幼稚, 昔稀大な大, 昔空谷老人が何, 昔竜宮城より伝, 昔の中, 昔一に, 昔笹乃雪などという名物, 昔管仲は敵, 昔築地の方, 昔米二升さへ持つ, 昔粗略にした, 昔粟津の冠者, 昔精神家と云つた, 昔の國屋文左衛門, 昔紀州の山奥, 昔紀貫之の時代, 昔約束をし, 昔紅海の底, 昔紅葉山人の書いた, 昔紐育に居, 昔素人でも通人, 昔素朴でありある, 昔素顔君に肩, 昔紡いだ絲の, 昔紡績女の手仕事, 昔細川幽斎丹後の白杉, 昔細見を売りあるいた, 昔結べる契りにて, 昔結核を患った, 昔を見る, 昔絶句と呼ん, 昔絶望だったもの, 昔綱手の使った, 昔綺麗な乙女達, 昔綾子刀自の娘盛り, 昔織田信長があの, 昔織田右馬助人の賄, 昔繼體天皇の御, 昔ありし者, 昔罪人を石山, 昔あたって, 昔羅馬人たちはどうして, 昔羅馬武士が出陣, 昔なる白綿羊, 昔美しい女達の, 昔美しくしかもその, 昔美濃の大垣, 昔美濃国小川の市, 昔羨しがらせた朋輩, 昔義経が暫く, 昔義雄が熱心, 昔羽後の国象潟, 昔羽柴秀吉の城地, 昔羽根尾長門守の臣篠原玄蕃, 昔ありけりという, 昔翌日の糧, 昔習い覚えた危い, 昔翻訳したこと, 昔の生えた, 昔老婆あって, 昔考へたおにの, 昔考察が向けられた, 昔者カーライル弊衣を着, 昔者プラトーソクラテスの口, 昔者印度に瑜伽, 昔にした, 昔耶蘇教伝道師見習の真似, 昔耶馬渓を見た, 昔聖マリア館と云っ, 昔聖徳太子の日本六十余州, 昔聖書を日本語, 昔聖武天皇大唐, 昔聞きましたよりもずっと, 昔聞き慣れた物売りの, 昔聞き馴れた田舎言葉が, 昔聞く暁月坊国に, 昔聯隊で同僚, 昔肋膜に沢山水, 昔肺病で長逝, 昔胆吹の弥三郎, 昔胡麻の名産地, 昔く憩ん, 昔脚本朗読会に加わっ, 昔脱獄を為遂げた, 昔腕木にし, 昔臆病な大人, 昔臣連の大, 昔天王が, 昔自ら悟ったと, 昔自分らの学生時代, 昔自分達が若かっ, 昔自転車周回競争の選手, 昔臼井竹若丸, 昔舜帝が天下, 昔で渡っ, 昔船のりだったその, 昔船箪笥の産地, 昔船頭として京浜地方, 昔船頭小屋で見た, 昔色男を作っ, 昔芝居茶屋の混雑, 昔芥川龍之介の書い, 昔芥川龍之介論で, 昔芭蕉の弟子, 昔に修行, 昔花冠にした, 昔花山院の御, 昔芳幾が描いた, 昔芸術の大, 昔若かった時一度亭主, 昔若木であ, 昔苦学をし, 昔英国心理学者のいった, 昔英米から売りつけられた, 昔茂雄君の依, 昔茶屋奉公したこと, 昔草競馬で一等, 昔菜穂子さんと遠乗り, 昔落第なさったこと, 昔葉子に誓った, 昔葡萄牙や和蘭, 昔葱大蒜等の如く, 昔古の, 昔が麻畠, 昔蔵原惟人や中野重治その他, 昔蕉門の詩人等, 昔蕭繹兵を挙げ, 昔で焼い, 昔藤原宮の御, 昔藤原忠通の歌, 昔藤原豊成の女, 昔藤堂家の支城, 昔藤村が, 昔藤花の宴, 昔藩権の精神, 昔の鉢, 昔蘭学時代にはオリーブ, 昔處刑せられし罪人, 昔處女であつ, 昔虚無僧たちにとっては修道, 昔虹汀様がその, 昔蛇体となった, 昔を採る, 昔蝦夷と呼ばれた, 昔融禅師がまだ, 昔はれた戸籍, 昔行き隠れた女性, 昔行われていた, 昔街路から修道院, 昔街頭にマーブル, 昔と荊, 昔を別, 昔裁縫の名人, 昔を着けた, 昔の田, 昔西園寺公が夏目漱石, 昔西方に至り, 昔西村の祖母, 昔西村家という待合, 昔西片町のお家, 昔西行法師がやってき, 昔見しかば, 昔見た映畫の, 昔見逃がさなかつたのである, 昔ゆる花, 昔覚えのある, 昔覚えたさる使い, 昔の少, 昔親しかつた, 昔親しいつきあいが, 昔親切によく, 昔親父の世話, 昔親鸞がこの, 昔親鸞聖人が越後, 昔観世太夫が, 昔覺悟まできめた, 昔討取られて遠慮, 昔討幕攘夷の論盛ん, 昔訣れた幾人もの, 昔の本文, 昔はちがう, 昔話し喜んで手伝う, 昔詳細に支那, 昔語それを聞け, 昔語学校時代にフランス人, 昔誤った恨みで, 昔読み馴れた書でない, 昔読売新聞にあなた, 昔誰それもあんな, 昔課長や重役, 昔諸国の大藩, 昔謙信が能登, 昔りあった愛人, 昔議会がここ, 昔讀本でよんだ, 昔之助, 昔谷崎潤一郎先生にご, 昔豊太閤様から拝領, 昔豪勇なる武士, 昔豪奢を尽した, 昔貞之助と新婚旅行, 昔夫人を, 昔貴き聖が, 昔貴族階級や武士階級, 昔貸し倒れになった, 昔賈客海上で大, 昔かであつ, 昔賑やかな街, 昔に置いた, 昔赤ん坊だったこと, 昔赤染衛門若衆に化け, 昔赤瀬の村, 昔赤牛江を渡り, 昔赤玉で見た, 昔起つた事と, 昔越前守為時とて才有, 昔越山の蜥蜴, 昔越後之国魚沼の僻地, 昔趙人藺相如が手, 昔趙州禅師は, 昔足利の時代, 昔裂明神の, 昔身分のある, 昔身禄という行者, 昔軍配河原ととなえられた, 昔辞書を手写, 昔辰巳という国民新聞, 昔農夫あり, 昔近くに住み, 昔近郷で名, 昔迦葉仏の時, 昔迦葉仏入滅せるを, 昔追いまわした事が, 昔這っていた, 昔通られた通りの, 昔通り教主に立て, 昔通り活動写真でもかま, 昔通り自分の部屋, 昔造りの広間, 昔の跡歴々, 昔遊女の船, 昔遊曾酒楼旧日紅粧女, 昔道元禅師が支那, 昔達磨大師は慧, 昔州だって, 昔遼東の鮮卑, 昔那須の国造, 昔郎従なりしを, 昔郡下の亭主ども, 昔郡役所のあつ, 昔酒樽を灘, 昔釈迦の法, 昔釈迦如来天竺の大国, 昔釈迦牟尼孔子老子が人生, 昔釈雲解という人, 昔重慶相場というの, 昔の草, 昔に飽かし, 昔金丸氏の家臣杉浦吉之丞, 昔金博士を教えた, 昔金尾文淵堂主の依頼, 昔金持の脛, 昔金持ちや身分, 昔金沢で中村皓さん, 昔金満家の大, 昔金玉均が暗殺, 昔鈴鹿峠にも旅人, 昔の橋, 昔銀座裏に, 昔錬金術というもの, 昔鎌倉時代に遊行衆, 昔鎌倉開府のころ, 昔鎖国の世, 昔鎮守さまが隣り, 昔鎮西八郎が大, 昔鏡川で水泳, 昔鐘釣温泉へ通った, 昔長く家に, 昔長者の子, 昔長髮亂す, 昔開業以来はじめてです, 昔間貫一が兄事, 昔間違って狼罠, 昔関係のあった, 昔関寛斎と云った, 昔關係した女, 昔阪神鉄の社長, 昔阿修羅は天帝, 昔阿波には, 昔阿部頼時が桜一万株, 昔附近の部落, 昔陶人は袋, 昔陸上競技の選手, 昔陸前国気仙郡今の猪川村, 昔陸奥に磐城判官正氏, 昔陽明学者の歌, 昔隅田川をまだ, 昔隠元禅師が帰化, 昔の地所, 昔隣りの郡, 昔隣家に住ん, 昔隱者これを肌, 昔と時鳥, 昔雄弁大会というの, 昔集めた矢の根石が, 昔難破した商船, 昔雪山下に雑類無量無辺, 昔雷隠居に高座, 昔青山にさう, 昔青島の海, 昔青年あり老, 昔青橿鳥その長子, 昔青波の限り, 昔青田の畔, 昔静岡の東西館, 昔面会したこと, 昔韓信に股, 昔音楽学校にも御, 昔音楽青年だつた頃, 昔順徳天皇がこの, 昔須磨驛の近く, 昔領主戦場に向う, 昔頼朝公がこの, 昔頼朝時代などには鎌倉へん, 昔頼母しがられた頃, 昔あり千身, 昔願人坊主が住ん, 昔風呂に入っ, 昔風流の道, 昔風論者の反対, 昔飛行上人がこの, 昔飯山の正, 昔飼い馴らして戦陣, 昔飼つてゐた犬, 昔養母殺しで有罪, 昔のありし, 昔香以の恩蔭, 昔香取鹿島兩神の雄, 昔馬方蕎麦を打っ, 昔馬術巧みのペーリュウス, 昔馬賊の荒武者, 昔馬関と門司, 昔馬首獣の者, 昔馴染みてえので今, 昔馴染んだ飛田の, 昔駆役せられた奴隷が, 昔駒寄せのあった, 昔駕屋さんが腹, 昔騎士道が栄え, 昔騒擾で一年, 昔騷擾で一年くつ, 昔高い處に, 昔高久靄崖は一文無し, 昔高僧あり灼然, 昔高円寺の寺, 昔高帝升遐したもう, 昔高木さんの比較神話学, 昔高野山の寺の内, 昔魏収は魏書, 昔鳥羽僧正ある侍法師絵, 昔鳴きけんほと, 昔鳴らせたあの一種特別, 昔の台, 昔と烏, 昔鷹匠が住ん, 昔鹿島大盡, 昔麦僊が庭園, 昔麹室に使つた床下, 昔麻薬中毒になった, 昔黄疸をやった, 昔黒人に対する迫害, 昔黒田先生が別荘, 昔O川の上流