青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「提げ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

揃っ~ ~描い 描い~ ~描いた 描いた~ ~描く 描く~ ~描写 描写~ ~提げ
提げ~
~提出 提出~ ~提灯 提灯~ ~揚げ 揚げ~ ~換 換~ 換え~ ~握っ

「提げ~」 1278, 13ppm, 8342位

▼ 提げ~ (1043, 81.6%)

24 出て 22 いる 17 来て 16 いた 13 立って 10 帰って, 来た, 歩いて 9 ゐる 8 來た 6 いるの, ゐた 5 裏口から 4 いたが, 出た, 居る, 戻って, 来たの, 片手に, 立つて, 行って

3 [14件] いたの, いるが, いると, それなら信さん行, はいって, やって, 外へ, 家を, 帰ること, 来るの, 淀の, 米を, 部屋の, 電車に

2 [55件] いたから, いた刀, いるので, いる古, いる安全燈, くる風呂敷づつみに, やつて, 一二丁ほど, 上って, 世界史的に, 井戸端へ, 先に, 入って, 博士の, 坂を, 大村兵庫は, 奥へ, 宅へ, 家の, 家へ, 居るの, 帰つて来る, 帰りました, 平然として, 廊下に, 押し廻したの, 振りながら, 普通の, 曲者の, 最初一丁が, 来い位, 来た牡丹燈籠, 来ました, 来まして, 松が枝の, 案内人も, 湯に, 玄関へ, 玄関を, 立ちあがった, 立ち上った, 行かう臺處, 行かれる様, 行く, 行くの, 行く燈籠濡れ, 見て, 買物に, 買物にも, 蹣跚と, 近々と見る, 這入って, 這入て, 隣の, 霜を

1 [703件 抜粋] あたらしく入港, あとから, あらわれました, あわただしく上っ, いかにもきまり, いきなり部屋, いくこと, いささか立ち, いたあれ, いたその, いたもの, いたり, いた二つ, いた古, いた抜刀, いた新藤五国光, いた氷, いた腐った烏, いた藁苞, いた醤油樽, いた金剛杖, いた革, いた額, いちいちの, いましたけれど, います, いやな, いらしった, いらっしゃるかた, いるから, いるという, いる子, いる手, いる手籠, いる方, いる梅, いる清子, いる獲もの, いる男, いる白刃, いる百噸あまり, いる踵, いる重箱, いる鞄, いれば, おいでに, おもたさうに, おりました, おりました所, お出でに, お屋敷, お目, お粥, かりそめ, きた, きたぜ, きたはず, きたろうな, きた冬, きた大きな, きた正宗, きた重, きて, くる必要, くる河豚, くれさっせえ, こ, こけつまろびつ, この櫛田神社, この部屋, さっさと奥, さも疲れたらしく, すいと, すたすた巡査, すっと玄関, するすると, そこへ, そのまま下車, その一本一本, その侍, その場, その男, その縁側, それを, そろそろと, ちょこちょこ自分, ちらほらと, とき色の, どかりとばかり, どこという, なほ罐詰をも, ぬつと, のっしのっしと, はいる, はる, ひとりかしこ, ぶらぶら帰宅, まさに来るべき, まだ薄, みし, みると, もう縁, もどれようか, やって来た, やって来たが, やっぱり鳥居際, ゆるゆる二階, よろよろし, わしの, わずかな, ゐた薪, ゐないが, ゐました, ゐるやう, ゐるバケツ, ゐる甑岩, ゐる鞄, クラ暗, コツンと, シキの, スタスタ登り出した, ソロソロと, ティアマートの, ドアの, ノッサノッサと, ヒョコ, ヒョタコラ姿の, ヨチ, ラサ府に, ロス氏へ, 一つ一つ拾つてあるいた, 一と, 一人の, 一歩改札口を, 一直線に, 一行に, 一足先へ, 三人六脚の, 上がり框に, 上つて来る, 上り框に, 下の, 下宿へ, 下谷の, 下駄を, 中門を, 串川の, 乗ったる馬, 乗り越えると, 乗込んだ, 事務室へ, 二時間の, 五月闇の, 井戸に, 井谷の, 京都に, 人力を, 人間全体を, 仲間に, 何の, 何処かへ, 何処へ, 來られる, 來る, 便の, 俥夫等の, 停車場まで, 僕は, 儀に, 先づ仏国に, 先生が, 先生の, 入つて, 全身を, 再び巴里, 再び身内, 凄い目, 出かける, 出たり, 出た卓子, 出ましたから, 出ようと, 出る, 出ること, 出る迄, 出來, 出掛けた, 出掛けたが, 出迎えられたならば, 初めて移り住んだ, 前に, 勘次は, 勝手は, 勢よく, 南を, 厚顔無恥に, 去れり, 参ったの, 参りまして, 友伯父さん達と, 取りに, 右内が, 同じ木蔭, 名残惜しそう, 向ふ, 吻と, 唯一人で, 喬之, 土産に, 土間の, 堅実な, 墓詣, 声高に, 夏服の, 夜中ひそかに, 大小を, 大正六年十二月來任壯者を, 大胆にも, 天の, 夫に, 奈良崎の, 奥庭の, 女と, 好い機嫌, 如何にてんでんばらばら, 妙見様の, 嬉しさうに帰つて, 孝助, 安兵衛は, 安物の, 官庁や, 密っと, 寒さうに慄, 寝巻の, 寢卷の, 寢臺を, 寺中の, 小児たちの, 小屋から, 小屋の, 少しほろ酔い加減, 居た, 居たか, 居らっしゃると, 居るらしい, 居るを, 居る籠, 居る近づいて, 山之, 山谷橋へか, 崖道を, 川を, 川上川下へ, 市川を, 布教の, 帰ったもの, 帰ってからは, 帰つて行つた, 帰ります, 帰り給へ, 帰る積り, 帰る途中, 帰れば, 幽火, 広く我東京日, 店口の, 庭先へ, 庵室へ, 引返して, 弾薬補給の, 彼は, 往く何処, 往った, 往来を, 従いて, 得意に, 御両親様, 御詣り, 応接間へ, 急いで, 悠々と, 悠々として, 悪魔征伐に, 戦陣に, 戰ふたり或は, 戻つた, 戻つて來, 持ち歩くとき, 持った鞭, 持って, 挨拶に, 探りながら, 撞木で, 改めて船内, 敵に, 新入港, 新吉が, 日本橋一丁目の, 日比谷の, 早朝より, 暗い処, 曲った腰, 朦朧として, 本堂を, 杉木立の, 村を, 来させまっ, 来たという, 来たとや, 来たので, 来たらしい網行燈, 来たビール壜, 来た中位, 来た中鯛, 来た大きな, 来た焼酎, 来た石油缶, 来た若, 来た薬籠, 来た道具, 来た酒瓶, 来た革袋, 来ても, 来ないか, 来ますよ, 来よう待って, 来らあ, 来る, 来るけに, 来るん, 来る女, 来る小さき, 来る者, 来る薪, 東京駅から, 案内しました, 梯子段を, 樹明君と, 檻に, 此の, 武蔵が, 武蔵を, 歩き出す, 歩くこと, 歩く訳, 歩るいて, 歸つた, 歸る, 段を, 殺して, 母様に, 毎夜毎夜彷徨わ, 毎日高原を, 水を, 汗を, 汽車から, 泥足袋の, 洋傘を, 浩さんの, 湯アガリが, 漁場へ, 演劇学校創設の, 演壇へ, 無言の, 熊笹の, 燈心土器を, 爼橋の, 片手で, 片袖, 特殊の, 獣群を, 現はれ, 現はれる, 現れた川口君, 現れ相でした, 現われた, 田螺掘る, 町を, 病院らしい, 登場, 登場し, 白足袋に, 百万の, 着ない事, 破壊された, 示談に, 神の, 福井町までは, 突立っ, 立ちあがつた, 立ちかけた, 立ち上りました, 立ち上ると, 立ち並んで, 立ち去って, 立ち掛けた, 立ったの, 立ったま, 立つと, 立上り小, 立帰り主の, 竹藪の, 第二回目, 粕川駅まで, 綱を, 縁側を, 老爺を, 職を, 肩を, 肩幅の, 背負った女房, 腰を, 自転車に, 船で, 良き主, 花道附際まで, 草臥れたよう, 蒲田まで, 蛇の目を, 蜻蛉の, 衆に, 衆議院に, 行かう台処, 行かれるよう, 行き, 行き来し, 行くよう, 行くん, 行けるほどの, 行こうと, 行ったとの, 行つたのは, 行つた水が, 表の, 裏へ, 西洋の, 西郷さんの, 要心深くて, 見た, 見るある, 見舞って, 見舞に, 訪い来たれり, 訪ねて, 詰襟の, 談話の, 議論を, 谷へ, 豆腐買ひ, 買物ある, 走り出た, 走るから, 起って, 起つたと, 起つと, 足音秘めや, 跣足で, 路傍演説によって, 車の, 迎に, 迷える世界人類, 追いかける悪魔, 退却する, 逃げること, 這入つて來, 通う人, 通った, 通り墓の, 通ると, 通るは, 道傍に, 酒を, 重たがっ, 重みを, 野道を, 長いガード, 長持の, 阿園, 附添い, 随い, 集つて来る, 集る婦女, 電車で, 静かに, 頭髪飾りを, 顔の, 風呂竈の, 飛出して, 飛模樣の, 食堂車を, 駆け出した, 駆け集ったとき, 駈通ったもの, 駒下駄の, 駕から, 駕籠の, 驀然として, 黄色い道, 黒塗に, 鼻紙を

▼ 提げながら~ (39, 3.1%)

1 [39件] やってくると, ズッと, ブランブランと, 一歩先へ, 三人ずつ, 三年坂を, 上陸した, 例の, 先程の, 克明に, 其処を, 出て, 寒そう, 小さな体, 小作りな, 小屋に, 小川べりの, 少しずつ, 帰って, 悠々と, 改札口の, 朝飯前に, 村の, 横町の, 母屋の, 狼狽し, 神聖な, 細くと, 茶店を, 裏道を, 足駄を, 踵を, 躊躇し, 辿り辿りやって来た, 通りかかって, 門の, 静な, 饂飩屋の, 高々と

▼ 提げ~ (12, 0.9%)

2 で立ち, になっ 1 でつかつか, で下, で立つ, で雨戸, のまま, の光, をし, をした

▼ 提げては~ (10, 0.8%)

2 ひつて 1 いるが, 不恰好な, 先生の, 出かけました, 昼間お, 本郷へ, 泊りがけで, 蚊帳を

▼ 提げ片手~ (8, 0.6%)

2 には杖 1 にはステッキ, に剣鞘, に盥, に紙燭, に鉄, を後ろ

▼ 提げたり~ (5, 0.4%)

2 花の 1 かついだり, して, 肩から

▼ 提げ~ (4, 0.3%)

1 おれの, なりません, 出る母, 突込んだ

▼ 提げ~ (4, 0.3%)

1 漆桶などの, 煙草入れから, 煙草入れを, 煙草入を

▼ 提げ~ (4, 0.3%)

4 の手

▼ 提げ~ (4, 0.3%)

1 がかすか, をくわえ, を取っ, を振り落とした

▼ 提げつつ~ (3, 0.2%)

1 なほ奥深く, 曠野の, 衝と

▼ 提げ右手~ (3, 0.2%)

1 で捕吏たち, にて拝み, に茶盆

▼ 提げ~ (3, 0.2%)

2 をうなだれ 1 から肩掛

▼ 提げお次~ (2, 0.2%)

1 へ駈けつけ, 迄御

▼ 提げ小さな~ (2, 0.2%)

1 体を, 鋼鉄の

▼ 提げ干し~ (2, 0.2%)

2 菜を

▼ 提げ~ (2, 0.2%)

2 の大尉はじぶん

▼ 提げ煙草盆~ (2, 0.2%)

1 の火, をひっさげ

▼ 提げ直ぐ~ (2, 0.2%)

1 また外, 又外

▼ 提げ菓子皿~ (2, 0.2%)

1 の取手, を持上げ

▼1* [122件]

提げうしろに敏, 提げ花を, 提げおじさんが半分泥, 提げずかずかと胸, 提げその左の, 提げそれを蚊, 提げつと林冲の, 提げてでも来たもの, 提げてね景気よく, 提げての私の, 提げぼとぼと歩い, 提げとく子の郷里, 提げどこともいわず, 提げながらも忘れて, 提げまた片手には, 提げものに一ぱい, 提げやがて片手に, 提げセルの被布, 提げデーイデーイと押し出す, 提げポケットに一片, 提げ一人で窃か, 提げ一人目の窪んだ, 提げ一巡一同を見廻した, 提げ一片のパン, 提げ不粋の打, 提げ乍ら現れた人, 提げ五丁もある, 提げ人通りも絶え果てた, 提げ玄関を, 提げ仏蘭西の国歌, 提げて勧化, 提げ修正を迫る, 提げ其の後から, 提げ其後から十七八, 提げ勢猛に孔丘, 提げ口笛を吹く, 提げ和泉に出馬, 提げ啣煙管をし, 提げに生, 提げ地図を見い見い歩い, 提げ城内に駈, 提げ外出すと, 提げ大きな弁当を, 提げ大分酔がまわった, 提げ大尉と話し, 提げ天晴一小手進上申し度候ところ, 提げ天狗は注連, 提げ子供の癖, 提げ宴会の庭, 提げ容貌堂々威風凜, 提げに氣, 提げ小躍りしながら, 提げ小野の小町, 提げの手, 提げ帳場の辺, 提げ帽子を頭, 提げの背後, 提げ心安立てに縁, 提げ忍足で来, 提げ惣次郎を送っ, 提げ懷中電燈を持つ, 提げを取った, 提げ手下二三人を後ろ, 提げ手提を持, 提げ抜足して, 提げ数度の戦場, 提げ新しい帽子の, 提げ日暮里停車場より出, 提げ早足に出, 提げの弁当, 提げ林冲の背, 提げ様一つさ, 提げ正直な人ゆえ下足番, 提げを食いしばり, 提げ決然と改札口, 提げ淀屋ごのみ, 提げ煙草入を取出した, 提げ煙草盆見事な蒔絵, 提げ燈心を一束, 提げ爪皮のかかった, 提げ父上は, 提げといふの, 提げ甲板と岸, 提げ白い繃帶の, 提げに組立てた, 提げ直に帰り途, 提げ真新しい赤靴を, 提げ短兵疾駆疾風の威, 提げ社会動乱の趨勢, 提げを椅子, 提げ素槍を構, 提げ継竿になった, 提げ背負籠を背負っ, 提げの前, 提げ臆病そうにヨタヨタ, 提げ自分がまだ, 提げ自転車を押し, 提げ若党下僕を無数, 提げ若者は各々刀, 提げを茵, 提げ蒼生をし, 提げ蝙蝠傘をひらい, 提げを開き見, 提げをかけ, 提げの襞, 提げは草鞋, 提げ足駄の音, 提げを引い, 提げを挺, 提げ道案内の雑兵, 提げ二つに, 提げ重きはかつぎ, 提げ銜煙管をし, 提げ長靴でもはき, 提げ陶賊を厳島, 提げ雄二は小さな, 提げ静かに背後, 提げのカバン, 提げ靴みがきみたいな姿, 提げからピストル, 提げが禿げ, 提げ龕燈でまじまじ