青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「明白~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

明る~ ~明るい 明るい~ ~明るく 明るく~ ~明日 明日~ 明智~ 明治~ ~明白
明白~
~明瞭 明瞭~ 易~ ~易い 易い~ ~昔 昔~ ~星 星~ ~映る

「明白~」 1443, 16ppm, 7226位

▼ 明白~ (605, 41.9%)

27 して 20 なった 13 なって 10 なりました 9 なつて 7 なるの 6 現われて 4 なったの, なつた, なる, なると 3 これを, なります, なれば, 今日の, 分って, 知ること, 知れて, 述べなければ

2 [31件] あらは, いうと, いって, この老婆, この自然, しなければ, なったので, なった結果, なること, わかって, 不可能な, 区別される, 喝破したる, 意識され, 意識する, 把握し, 教へる, 書いて, 最初の, 理解される, 理解し, 示して, 私の, 自覚し, 表は, 表われる, 証拠だ, 証明し, 詩中に, 語って, 述べて

1 [411件] あらはるべきもの, あるの, いたします, いわせて, お分りいた, お聞かせ致しましょう, かならず善処, きめて, こうだ, こう証言, こちらで, ことわる, ことを, この場合, この意, さらけ出して, された, されたの, されたので, された所, されて, されるの, したくない部分, したの, したもの, しにくい, しはじめた, しみいったの, しようと, し強度, し従って, し得るという, し得るといふ, すべく努めて, すること, するため, するつもり, するであらう, するであろう, するとは, するには, するの, する手段, せぬと, せられなければ, せられる感, そうで, そうである, そこの, そして故意, そのお歌, その特色, それぞれ全く, それとも, それへ, たどること, だれの, だれも, なったが, なったこと, なったじゃ, なったぞ, なったにも, なったばかり, なったもの, なったらかえって, なった私, なっても, なつた感, なりましたから, なりましたね, なりチチコフ, なり身柄, なるかも, なるからと, なるしかし, なるだろう, なるであろう, なるでございましょう, なるに, なるにつれ, なるや, なるわけ, なる体系, なんの, また去る, みるの, ものがたる, わからないの, わかりきって, わかります, わかる, わかること, わかるやう, アメリカの, シュテッヘであっ, ソウいう, チーフメートに, ディグスビイの, ナロードニキ, プラトンの, ボーイ長が, リズムの, 一つの, 且つ夢, 且つ有効, 主の, 之を, 了解された, 予言し, 予言したで, 事実であった, 二つの, 二者を, 云うと, 云える, 云って, 云つた方が, 五輪書の, 人々の, 他人に, 他殺で, 仰せられた, 侮蔑の, 偽なる, 偽の, 僞なる, 僞の, 先生が, 児童しか, 公表された, 共通し, 其の標的, 其の草木, 其哲學上所見を, 其形を, 其意をば, 其詩中に, 処断された, 出て, 出会した仇, 分ったから, 分らぬやに, 分ります, 分り来らん, 分る, 分る事, 分ッ, 分明する, 初めから, 判って, 判らぬと, 判り切った事, 別な, 制限し, 前後の, 前者の, 加はつて, 動かぬ物, 区別が, 区別する, 區別し, 十九世紀の, 南支那の, 単義的, 厭な, 去就を, 双生児であり, 口へ, 口授相傳至漢公羊氏及弟子胡母生等乃始記於竹帛, 吟味を, 吾, 告示され, 嘲る意, 嘲を, 土地草分の, 多数国民の, 天下に対して, 嫌な, 実証し, 実認, 実験したる, 宣揚する, 宣言し, 察しられるの, 寸法に従って, 左利きだ, 己れ, 平心, 弁別しよう, 弁証法的展開の, 形體に, 御座候, 御自覚, 心理学の, 思い出します, 思ひ浮べて, 思想史的な, 恐怖という, 悔悟し, 意識されない, 意識される, 意識し, 意識しなかつた, 意識せる, 意識せるとい, 感じさせるもの, 感ぜられること, 懷疑論者の, 成って, 成畢ぬ, 我々に, 我眼に, 承りたい, 披瀝したなら, 指し示した, 指摘される, 指摘し, 指示され, 指示する, 推定できた, 描かれて, 描きあらわすところ, 描き分けて, 数字で, 数学的事実の, 文化上の, 文字の, 文学の, 断りの, 断り書きし, 斯く言, 新しく始まった, 旗太郎もしくは, 日々の, 早く決定, 映るわけ, 是非を, 書くの, 書て, 有効重要と, 来世ある, 来世的である, 棺中の, 機械的に, 欺いた事実, 正直に, 正真正銘に, 此事を, 死体の, 残って, 毛利の, 決定され, 決定される, 浮び来たり, 測定する, 父の, 物語つて居た, 物語るもの, 物語る自由, 犯罪の, 現はれ, 現れて, 現わ, 現われる, 現代風の, 理解されたで御座いましょう, 理解されます, 申したからは, 申しては, 申し立てて, 申せと, 異なった様式, 異なって, 皆に, 相違する, 看て, 看破せり, 眞である, 真である, 矛盾する, 知つて居る, 知らなければ, 知られた, 知られるから, 知られるはず, 知る者, 知る自由, 知れるもの, 破壞, 確証された, 示さないで, 示さる, 社會主義者たる, 祝賀の, 立ちつつ, 立って, 立証される, 立証する, 筋道立て, 答え, 答えた, 答えよ, 答え得た人, 答え得る確信, 答へ, 結びついて, 統一された, 考えること, 考へ難し, 聞取候, 自分の, 自分は, 自然が, 自然の, 自然死で, 自然的な, 自然科学を, 自覚し得ない, 自身の, 自首します, 花袋の, 薩摩倒さざるべからず, 虚偽を, 行なわれねば, 表明され, 表現する, 表現せん, 裏書され, 見えるもの, 見すかされるよう, 見せつけられたの, 見せるため, 見われ, 見得るため, 規則正しき拍節, 規定しなおす, 規定しなほす, 解す可, 解ってるの, 解つ, 解ること, 解決され, 解決する, 解決の, 解脱の, 解説した, 解説しよう, 解釈する, 触れて, 言うて, 言うの, 言えなければ, 言える, 言って, 言は, 記されて, 記憶してる, 記録し, 訴えて, 証拠立てて, 証明する, 証言し得るであろう, 証言する, 話すこと, 誌され, 認めさせるもの, 認めて, 認められて, 認められること, 認める事, 認め得られる, 認識される, 認識し, 認識する, 認識せらる, 語つてゐる, 語つて居る, 語るもの, 語る通り, 誤りさ, 説いたもの, 説き明かし私, 説明させる, 説明され得る, 説明する, 読まれ得るの, 読めるよう, 論じては, 議会腐敗の, 議會腐敗の, 讀み得ぬところ, 責任の, 贔負に, 述べた末, 迷宮の, 過ぎること, 道徳的な, 部屋の, 酌みとれよう, 開示し, 限定され, 集束し, 露出し, 順を, 順序立て, 顕著に, 類型を, 首や, 高調されたる, 魔よけの

▼ 明白~ (367, 25.4%)

14 ことである 10 事実である 8 事実を 5 のは 4 のだ, 事である, 矛盾を 3 ことで, ものである, 事実であった, 証拠を

2 [24件] ことだ, ことばに, ものと, ものとして, んです, 一事は, 事を, 事実が, 事実だ, 事実であります, 事蹟も, 他殺だ, 判断に, 区別は, 損害を, 救治策は, 方向を, 理由から, 理由が, 目的は, 証拠だ, 誤謬に, 進歩を, 道理である

1 [258件] いや計画的, かぎりは, かたちに, かつ直接的, こと, ことであろう, ことです, ことな, ことを, この誤り, さうし, その相違, その綱領, つくりごとを, つながりを, ところである, と其の, のである, のです, のでそれでも, ので上, ので宮方, ので解説, のに, のになぜ, ばかりである, また恐ろしい, ものが, ものさ, ものだ, もので, ものは, ものも, ものを, もの必ずしも, やうである, ようである, ように, んだ, アリバイが, シュルレアリズムに, スピノザの, モチーフが, リアリティーの, リズムの, 一つの, 一群を, 不合理, 不在証明を, 不正義, 主題は, 事が, 事がらが, 事で, 事件を, 事実さえ, 事実すら, 事実だろう, 事実であり, 事実と, 事実として, 事実な, 事実に, 事実について, 事実には, 事実は, 事實だ, 事實で, 事實であります, 事實である, 事實に, 事情さえ, 事柄である, 事理は, 人であります, 他殺である, 例外も, 傾向は, 光の, 内容を, 分化を, 切実な, 判定を, 判断を, 利害に, 利己心に, 動機の, 勘定であろう, 勧誘には, 區別が, 印象を, 原則を, 反ファシズム的政党, 叛乱は, 可能性を, 史的文書の, 命題が, 命題を, 問題です, 問題な, 嘘は, 国がらでは, 地形である, 型に, 報知を, 場合には, 場合のみを, 大間違を, 失神じゃ, 好き説明を, 好奇心と, 存在を, 定義, 実例を, 審判を, 巨視的な, 差別と, 差別や, 平凡な, 幸福と, 形に, 形跡を, 彼の, 御返辞, 心の, 心像と, 心持に, 心臓麻痺であり, 怖ろ, 思想を, 意味の, 意図から, 意思を, 意義さえ, 意識を, 態度を, 敵対行為に, 文字が, 新助, 日常の, 日常生活の, 星雲球の, 時にでも, 時代錯誤場所錯誤及び, 時間と, 暗示に, 有限な, 条理の, 模造を, 欠点に, 次第であります, 次第である, 民衆芸術論であった, 法則である, 法律を, 滑稽味を, 点を, 物理的化学的な, 特徴は, 理を, 理由なし, 理由によって, 理由は, 理由死んだ, 理義は, 理論に, 皮肉が, 目標にも, 目的を, 盲管銃創を, 直道で, 相違が, 眞理な, 真理である, 真理は, 真理を, 眼前の, 矛盾, 矛盾に, 確信の, 立て札は, 第六感の, 筋道の, 答は, 答を, 簡単な, 精神上の, 精神障礙です, 経験を, 結びつきも, 結合動作を, 結果と, 結論を, 統一を, 絶対的な, 綱領が, 縄張りを, 罪状を, 罪跡が, 義である, 義務は, 考えこういう, 肉体の, 自己心中の, 自然の, 自覚の, 自覚を, 自覚を以て, 芸術の, 表示によつ, 裁断を, 観念が, 観念や, 解を, 解答は, 記憶は, 記録が, 証拠から, 証拠が, 証拠であり, 証拠である, 証拠と, 証拠な, 証拠は, 証拠みたいな, 証跡を, 話で, 話である, 誤謬である, 誤謬は, 説明は, 説明を, 談判を, 論理に, 論理を, 諸原理, 謀反氣を, 謝絶に, 證據を, 譬喩の, 豊饒の, 跳躍を, 道理, 道理だ, 道理に, 重たくのしかかる, 関係だ, 関羽の, 限界は, 陳套な, 階級の, 階級意識を, 隙間に, 青酸中毒で, 青酸中毒な, 頭脳を, 頼襄という, 顕著な

▼ 明白なる~ (76, 5.3%)

3 事實である 2 ことである, ものの, もの必ずしも, 一人格としてよりは, 事実なり, 事実を

1 [61件] いかなる規準, が猶, ことで, ことを, ところなれ, にあらざる, により劇作家協会, に当時自由党, に當時自由黨, ものは, も一應, を以て刑事訴訟法, を得たる, 事実では, 事実と, 事実として, 事実なる, 事実なれ, 事実によって, 事実は, 事實が, 事實と, 事實として, 事實なり, 事實は, 例外は, 区画に, 反信長, 可し, 史実に対して, 場合に, 思惟内容の, 意思を, 意見を, 所我当路者は, 断定を, 時勢とも, 時流への, 書違ひ, 次第であろう, 殺人の, 理の, 理を, 眞理に, 社界学上の, 第二級殺人, 答えとして, 答案が, 罪人を, 罪過あるなり, 虚偽である, 記録であります, 証拠に, 誤謬むしろ, 誤謬を, 説明を, 謀略だ, 證據と, 證據に, 通り始皇は, 音樂を

▼ 明白である~ (54, 3.7%)

2 がこの, がしかし, が其の

1 [48件] か, からこれ, から其所, から初めて, から構図上, が, がこれ, がそういう, がその, が北安曇, が千生, が実物, が枕上, が此, が比較的, が現在, が當時, が要するに, しかし此等, そのシャンマティユー, だから梵語, という意味, とは限らない, と外部, と思いこん, と明智家, と考えられる, と胡, にも拘らず, のだ, のに尚, のみならず, よ, ように, 京師に, 今まで, 今日の, 其の中, 即ち當時, 又景淨, 又波斯, 如何に, 此の, 然るに義淨, 玄牝とは, 第一説, 通り, 連絡者でも

▼ 明白~ (48, 3.3%)

4 なった, なる 2 いって, なった以上, なること, なるであろう

1 [32件] いうか, いわれて, なったので, なって, なつた, なつて, なりかの, なりこちら, なりました, なり万人, なり卓越, なり始めたその, なり旅, なり金森家, なるとともに, なるに, なるまで, なれば, 云うが, 分って, 思われるであろうが, 思われる考え, 憶えて, 成った, 映して, 目に, 眼に, 見える, 見透きましたの, 解りました, 記述し, 読まれるので

▼ 明白~ (42, 2.9%)

8 はない 2 はなかっ, 少しも

1 [30件] あつた, あつて, あるいは座頭, おざる, これが, そのこと, その申立て, それが, それを, はありません, はあるまい, はございませぬ, はないだろう, はなかろう, また南天竺, 五月雨の, 人間の, 今までの, 可い, 基督教の, 容易な, 既に曲者, 普遍的で, 満点の, 猟奇社は, 直ぐ分ります, 私は, 精確と, 自分の, 輕視し

▼ 明白~ (21, 1.5%)

1 [21件] がそこ, が真理諸説, ではあり得ない, として現われ, との関係, と一種, には不易, に歴史上特定, に満足, に立つ, の不, の常識性, の特色, はより, は一般, は明白, は模写説, は繊細, も認めなけれ, や模写説, をいつも

▼ 明白~ (20, 1.4%)

1 [20件] がそう, という様, と云った, と自明感, と裏表, によってカント, によって必ずしも, の一つ, の内, の凡て, の尤, の由来, は自分自身, や素朴的模写性, を与える, を与え得る, を伴う, を伴わざる, を振りまわし, を根拠

▼ 明白~ (19, 1.3%)

2 よ, 何人と

1 [15件] あね, がこの, がそこ, けれどもこれ, しかしこれ, しその, そんな怪しい, という, というもの, とすれ, と思う, などと言っ, 余は, 多分露探, 秀子は

▼ 明白~ (15, 1.0%)

2 のゆえ, を持った

1 [11件] あるもの, である, ではなくし, と同じ, なの, ならば, に新, は事実, は空間表象, を持っ, 当然さ

▼ 明白なり~ (15, 1.0%)

2 としてさて, とせ, 曩に, 矣 1 というべし, として馘首, とす, 吾輩は, 流石の, 然り, 難く脚色

▼ 明白でない~ (13, 0.9%)

2 が彼

1 [11件] か, がそれ, たびごとに, たび毎に, という仰せ, のだ, ものが, ものは, ように, 以上この, 干渉相手の

▼ 明白~ (12, 0.8%)

2 理勢なる, 理由に 1 こと, ことで, ことなるべし, 回答は, 手掛かりは, 次第に候, 理の, 証拠を

▼ 明白です~ (8, 0.6%)

2 から 1 からご, からついに, がね, が二氏, が金魚, 男に

▼ 明白~ (8, 0.6%)

1 な自白, にはいはない, にはいはぬ, には打出し, にもいはれない, に云, に名前, に指井

▼ 明白ならざる~ (7, 0.5%)

2 人物あり 1 ものである, を以て一政党たる, を以て一政黨たる, 混沌の, 處なき

▼ 明白すぎる~ (6, 0.4%)

3 ほど明白 1 ほどの動機, 形を, 程明白

▼ 明白であり~ (6, 0.4%)

1 その高, またこの, またクレブス, 従ってその, 正しいもの, 然も

▼ 明白なら~ (6, 0.4%)

2 ざるに 1 しむる, ば一体どうして, ば宜しく, む

▼ 明白~ (5, 0.3%)

1 加えたいと, 得難くても, 欠きたりき, 立てます立てますッ, 立てる立てるッ

▼ 明白~ (5, 0.3%)

1 かも知れない, とは少なくとも, に求めよう, の内, は一体

▼ 明白じゃ~ (3, 0.2%)

2 ないか 1 ありませんか

▼ 明白であった~ (3, 0.2%)

1 がしかし, が座敷, のである

▼ 明白であろう~ (3, 0.2%)

1 が, という, と思う

▼ 明白ならしめる~ (3, 0.2%)

2 ことが 1 のである

▼ 明白には~ (3, 0.2%)

1 口に, 源八郎云わなかった, 知らせて

▼ 明白さま~ (2, 0.1%)

1 には何とも, に妻

▼ 明白~ (2, 0.1%)

1 ている, て来る

▼ 明白した~ (2, 0.1%)

1 意思を, 物の

▼ 明白たる~ (2, 0.1%)

1 ことを, 理路整然たる

▼ 明白でなけれ~ (2, 0.1%)

2 ばならない

▼ 明白とは~ (2, 0.1%)

1 解らず物, 言わないけれど

▼ 明白ならしめ~ (2, 0.1%)

1 ている, んと

▼ 明白なる如く~ (2, 0.1%)

1 孔子は, 當時の

▼ 明白なれ~ (2, 0.1%)

1 ばこれ, ば何しろ

▼ 明白以上~ (2, 0.1%)

1 にこの, に立証

▼ 明白去る~ (2, 0.1%)

2 ことも

▼1* [48件]

明白いささかも無理, 明白かつ確乎たる, 明白すぎて小説, 明白そう仰っしゃられては, 明白だったからである, 明白であってもおのずから, 明白であらうと思ふ, 明白でありますが問題, 明白であり書きがいの, 明白でかういふ制度が, 明白でしょうが犯人, 明白でないならば吾, 明白でもそうして自分, 明白で疑ふ余地の, 明白という規定が, 明白となつて來る, 明白とまでは言えないが, 明白ながらも幾分の, 明白ならず耶, 明白な企み事です, 明白にも言えませんでしたが, 明白のべるだけである, 明白高蹈派, 明白アル水ニ鮭鮪ガアル陸ニ石糸ガアル長十郎梨ガアル雄勝, 明白ナラバ未決監中ノ人權蹂躙ハ自ラニシテ跡, 明白ナリと思っ, 明白ナルコト説明ヲ要, 明白ナル社會的機關ヲスラ私人ノ私有タラシメテ, 明白ニ不正不義ヲ殘シテ改造, 明白二二ヶ四的に合理的, 明白何人にも分り, 明白切実に証拠立てられます, 明白判明説は明白説自身, 明白合理なる信念, 明白は欠け, 明白如朝霽捨之不知用甘為西洋隷, 明白当然であること, 明白感情や普遍的理性必然性, 明白感情以外の拠り, 明白ること, 明白極まる原因である, 明白直に分るよう, 明白知らずにいた, 明白簡単なる制度, 明白証拠充分ということ, 明白説自身によって邪魔, 明白過ぎていまさら, 明白顕著な徴標